TED日本語 - アンジェロ・フェルマーレン: 宇宙に行かずに宇宙に行く方法

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「我々は、宇宙空間に住み始めます」と、NASAの乗組員の司令官であるアンジェロ・フェルマーレンは言います。「50年かかるかもしれないし、500年かもしれないが、いつかその時は来る」と。TEDのシニア・フェローが、宇宙の彼方で、人類が生活していくことに備えた彼の仕事を紹介する魅力的なトークです。さらには、彼が世界中の人々に投げかけている、地球外で人類が住む家を設計する、興味深いアートプロジェクトを紹介します。

Script

私はいくつかの専門分野を持っています

科学者としては 昨年来 NASAの 火星シミュレーションの乗組員の司令官であり 芸術家としては 全地球上の 多文化コミュニティー芸術を創造し 最近では その両者の統合をしています でも最初に NASAのミッションについて もう少し話をさせてください

ハワイ宇宙探査模擬実験(HI-SEAS)計画です HI-SEASはNASAの出資による 惑星表面の模擬体験で ハワイのマウナ・ロア火山で行われています この研究プログラムは 特に少人数の乗組員が 長期間 隔離状態に置かれた場合の影響を 研究するために計画されました 私はこのドームの中で 6名の乗組員と共に4ヶ月間生活しました もちろん とても興味深い経験でした 我々はあらゆる研究を行いました 主な研究のテーマは 食べ物に関するものですが 食べ物の研究以外にも ― 宇宙のかなたで宇宙飛行士達が 新しい食料システムを作り上げることや ― その他 あらゆる研究を行いました ここに見えるように実物大の宇宙服を着込んでの 船外活動なども行いましたが 他にも1日の終わりに行われる アンケート調査のような こまごまとした仕事も沢山ありました とても とても忙しい仕事です

ご想像の通り 狭い場所で長期間 少人数だけで生活することは とても困難なことです あらゆる精神的なチャレンジがあります この環境でどのようにチームを維持するのか このような環境で 人々が感じることになる 時間感覚のゆがみ 例えば 睡眠障害に どう対処するのか といった問題です しかし 学ぶことも多くありました 私は個々の乗組員達が このような状況をいかに克服するのか いかに乗組員を生産的で幸せに保つのか 例えば 彼らに多くの自主性をもたせることが 良い解決法の1つになります そして正直なところ 私は乗組員の司令官だったので リーダーシップについても多くを学びました

そして このミッションを通じて 宇宙空間での人類の未来について より深く考えるようになりました 人類は宇宙へと飛び出して そして宇宙空間で住み始めるでしょう 私はそう確信しています 50年かかるかもしれません もしかしたら500年かかるかもしれません しかし いつか必ずその時は来ます さて私はSeekerと呼ばれる 新しいアートプロジェクトを思いつきました Seekerプロジェクトは 世界中の意欲的な団体が 人類が生活し 生存するための 宇宙船の試作品を考えるというものです それがプロジェクトの核心です

ここで 1つ重要なことがあります これは反ユートピア・プロジェクトではありません 「神よ 世界は間違った方向に進んでいます 我々は別の場所で違う未来が必要なので 脱出します」 というものではありません いやいや 基本的には このプロジェクトは人々が 地球という制約から踏み出し 我々の将来について もう一度想像してもらおうというものです このプロジェクトは実に有益で とてもうまく行っています だからこれは我々の仕事の中でも 本当に重要な要素です

今では このプロジェクトでは 私は共創アプローチを用いています 皆さんが多くの芸術家から 想像されるものとは 少し異なったアプローチです 私は基本的な着想を グループやコミュニティの中に投げ込みます 人々がそれに引きつけられます そして共同で 作品を構想し 作り上げていきます まさに シロアリみたいな感じです 我々はただ一緒に作業しているため たとえば建築家が訪問して 我々の作業を見た時に 基本計画もなく建造する方法を理解するのに 少々苦しむことがあります 我々はいつも幻想的でかつ居住可能な 巨大な彫刻物を提案しています 最初のバージョンは ベルギーとオランダで作成されました ほぼ50人のチームによって作られました このプロジェクトのバージョン2は 別の国 スロベニアで 新しいグループにより 別のやり方で建築されました 彼らは建造物の上部を取り除き 作品の基礎だけを残し 全く新しいもの より生物の形に近い 建造物を作り上げました そしてこのプロジェクトのもう1つの肝心な点は 進化する作品であり 進化する建造物である点です これがたった数週間前にオランダで発表された 最新のバージョンです 宇宙船を建設するためのモジュールとして キャンピングカーを使っています 我々はいくつかの中古のキャラバンを購入し 切断し 宇宙船へと組み立て直したのです

我々が宇宙船について考える時 技術的な問題にだけ 取り組んでいるわけではありません 我々は3つのシステムの統合について 考えているのです 生態系、人、そして技術です そのため プロジェクトには常に 生態系の要素が多く取り込まれています ご覧の通り アクアポニック(水耕・養殖)装置が 宇宙飛行士の周りを取り囲んでいます ですから彼らはいつも 自分たちが食する食物に接しています

そして このプロジェクトで最も典型的なのは このアートとデザインというプロジェクトと共に 隔離ミッションが遂行されるという点です 我々は実際に数日間連続で 閉じこもり 建造したものをテストするのです 例えば 右側の写真は スロベニアのリュブリャナにある モダンアート美術館での 隔離ミッションの様子です そこでは6名の芸術家とデザイナーが ― 私もその中の1人ですが ― 4日間美術館に閉じこもっています もちろん これ自体がパフォーマンスであり チーム全員にとても大きな経験になります

さて 次のプロジェクトは TEDフェローでもある カミロ・ロドリゲス・ベルトランと共に 神秘的な土地 チリのアタカマ砂漠で現在進行中です まず ここは火星の環境に近いと考えられており 実際にある場所の風景は 火星そっくりで ここはNASAが機材をテストする為に 使われています そして 星の観察を通じて宇宙とつながってきた 長い歴史があります そして 現在は ここに建設された 巨大な天体望遠鏡 ALMAの拠点です しかし 同時にここは地球上で 最も乾燥した場所であり それが 我々のプロジェクトを とても興味深くさせています なぜなら図らずも 持続可能性の 完全な研究が必要となるからです 他に選択肢はありません 私は何がここで起こるのか とても興味を持って見ています

プロジェクトの この特定のバージョンにおいて 特に チームが現地の人たち 原住民の人たちと いかにつながれるかという点に 私は強い興味を抱いています 原住民の人々は この場所に長い間住んできており 持続性のプロだと考えることが できるでしょう だから私は彼らから何を学べるのかに とても興味があり 原住民の知識を宇宙開発に役立てたいのです

我々は宇宙空間で人類の未来の見かたを 再定義しようとしています 生物学、技術と人々の統合を探求したり 共創アプローチを用いたり 地域的な伝統の使用と探究することによる 試みです こうして過去から何を学べるかを考え それを遥かな未来に活かそうとしています

どうもありがとう

(拍手)

I am multidisciplinary.

As a scientist, I've been a crew commander for a NASA Mars simulation last year, and as an artist, I create multicultural community art all over the planet. And recently, I've actually been combining both. But let me first talk a little more about that NASA mission.

This is the HI-SEAS program. HI-SEAS is a NASA-funded planetary surface analogue on the Mauna Loa volcano in Hawaii, and it's a research program that is specifically designed to study the effects of long-term isolation of small crews. I lived in this dome for four months with a crew of six, a very interesting experience, of course. We did all kinds of research. Our main research was actually a food study, but apart from that food study -- developing a new food system for astronauts living in deep space -- we also did all kinds of other research. We did extra-vehicular activities, as you can see here, wearing mock-up space suits, but we also had our chores and lots of other stuff to do, like questionnaires at the end of every day. Busy, busy work.

Now, as you can imagine, it's quite challenging to live with just a small group of people in a small space for a long time. There's all kinds of psychological challenges: how to keep a team together in these circumstances; how to deal with the warping of time you start to sense when you're living in these circumstances; sleep problems that arise; etc. But also we learned a lot. I learned a lot about how individual crew members actually cope with a situation like this; how you can keep a crew productive and happy, for example, giving them a good deal of autonomy is a good trick to do that; and honestly, I learned a lot about leadership, because I was a crew commander.

So doing this mission, I really started thinking more deeply about our future in outer space. We will venture into outer space, and we will start inhabiting outer space. I have no doubt about it. It might take 50 years or it might take 500 years, but it's going to happen nevertheless. So I came up with a new art project called Seeker. And the Seeker project is actually challenging communities all over the world to come up with starship prototypes that re-envision human habitation and survival. That's the core of the project.

Now,one important thing: This is not a dystopian project. This is not about, "Oh my God, the world is going wrong and we have to escape because we need another future somewhere else." No, no. The project is basically inviting people to take a step away from earthbound constraints and, as such, reimagine our future. And it's really helpful, and it works really well, so that's really the important part of what we're doing.

Now, in this project, I'm using a cocreation approach, which is a slightly different approach from what you would expect from many artists. I'm essentially dropping a basic idea into a group, into a community, people start gravitating to the idea, and together, we shape and build the artwork. It's a little bit like termites, really. We just work together, and even, for example, when architects visit what we're doing, sometimes they have a bit of a hard time understanding how we build without a master plan. We always come up with these fantastic large-scale scupltures that actually we can also inhabit. The first version was done in Belgium and Holland. It was built with a team of almost 50 people. This is the second iteration of that same project, but in Slovenia, in a different country, and the new group was like, we're going to do the architecture differently. So they took away the architecture, they kept the base of the artwork, and they built an entirely new, much more biomorphic architecture on top of that. And that's another crucial part of the project. It's an evolving artwork, evolving architecture. This was the last version that was just presented a few weeks ago in Holland, which was using caravans as modules to build a starship. We bought some second-hand caravans, cut them open, and reassembled them into a starship.

Now, when we're thinking about starships, we're not just approaching it as a technological challenge. We're really looking at it as a combination of three systems: ecology, people and technology. So there's always a strong ecological component in the project. Here you can see aquaponic systems that are actually surrounding the astronauts, so they're constantly in contact with part of the food that they're eating.

Now, a very typical thing for this project is that we run our own isolation missions inside these art and design projects. We actually lock ourselves up for multiple days on end, and test what we build. And this is, for example, on the right hand side you can see an isolation mission in the Museum of Modern Art in Ljubljana in Slovenia, where six artists and designers locked themselves up -- I was part of that -- for four days inside the museum. And, of course, obviously, this is a very performative and very strong experience for all of us.

Now, the next version of the project is currently being developed together with Camilo Rodriguez-Beltran, who is also a TED Fellow, in the Atacama Desert in Chile, a magical place. First of all, it's really considered a Mars analogue. It really does look like Mars in certain locations and has been used by NASA to test equipment. And it has a long history of being connected to space through observations of the stars. It's now home to ALMA, the large telescope that's being developed there. But also, it's the driest location on the planet, and that makes it extremely interesting to build our project, because suddenly, sustainability is something we have to explore fully. We have no other option, so I'm very curious to see what's going to happen.

Now, a specific thing for this particular version of the project is that I'm very interested to see how we can connect with the local population, the native population. These people have been living there for a very long time and can be considered experts in sustainability, and so I'm very interested to see what we can learn from them, and have an input of indigenous knowledge into space exploration.

So we're trying to redefine how we look at our future in outer space by exploring integration, biology, technology and people; by using a cocreation approach; and by using and exploring local traditions and to see how we can learn from the past and integrate that into our deep future.

Thank you.

(Applause)

I am multidisciplinary.//

私はいくつかの専門分野を持っています

As a scientist,/ I've been a crew commander/ for a NASA Mars simulation/ last year,/ and as an artist,/ I create multicultural community art all/ over the planet.//

科学者としては 昨年来 NASAの 火星シミュレーションの乗組員の司令官であり 芸術家としては 全地球上の 多文化コミュニティー芸術を創造し

And recently,/ I've actually been combining both.//

最近では その両者の統合をしています

But let me first talk a little more/ about that NASA mission.//

でも最初に NASAのミッションについて もう少し話をさせてください

This is the HI-SEAS program.//

ハワイ宇宙探査模擬実験(HI-SEAS)計画です

HI-SEAS is a NASA-funded planetary surface analogue/ on the Mauna Loa volcano/ in Hawaii,/ and it's a research program/ that is specifically designed to study/ the effects of long-term isolation of small crews.//

HI-SEASはNASAの出資による 惑星表面の模擬体験で ハワイのマウナ・ロア火山で行われています この研究プログラムは 特に少人数の乗組員が 長期間 隔離状態に置かれた場合の影響を 研究するために計画されました

I lived in this dome/ for four months/ with a crew of six,/ a very interesting experience,/ of course.//

私はこのドームの中で 6名の乗組員と共に4ヶ月間生活しました もちろん とても興味深い経験でした

We did all kinds of research.//

我々はあらゆる研究を行いました

Our main research was actually a food study,/ but apart/ from that food study --/ developing a new food system/ for astronauts/ living in deep space --/ we also did all kinds of other research.//

主な研究のテーマは 食べ物に関するものですが 食べ物の研究以外にも ― 宇宙のかなたで宇宙飛行士達が 新しい食料システムを作り上げることや ― その他 あらゆる研究を行いました

We did extra-vehicular activities,/ as you can see here,/ wearing mock-up space suits,/ but we also had our chores and lots of other stuff/ to do,/ like questionnaires/ at the end of every day.//

ここに見えるように実物大の宇宙服を着込んでの 船外活動なども行いましたが 他にも1日の終わりに行われる アンケート調査のような こまごまとした仕事も沢山ありました

Busy,/ busy work.//

とても とても忙しい仕事です

Now,/ as you can imagine,/ it's quite challenging/ to live with just a small group of people/ in a small space/ for a long time.//

ご想像の通り 狭い場所で長期間 少人数だけで生活することは とても困難なことです

There's all kinds of psychological challenges:/ how to keep a team together/ in these circumstances;/ how to deal with the warping of time/ you start to sense/ when you're living/ in these circumstances;/ sleep problems/ that arise;/ etc.//

あらゆる精神的なチャレンジがあります この環境でどのようにチームを維持するのか このような環境で 人々が感じることになる 時間感覚のゆがみ 例えば 睡眠障害に どう対処するのか といった問題です

But also/ we learned a lot.//

しかし 学ぶことも多くありました

I learned a lot/ about how individual crew members actually cope with a situation/ like this;/ how you can keep a crew productive and happy,/ for example,/ giving them/ a good deal of autonomy is a good trick/ to do that;/ and honestly,/ I learned a lot/ about leadership,/ because I was a crew commander.//

私は個々の乗組員達が このような状況をいかに克服するのか いかに乗組員を生産的で幸せに保つのか 例えば 彼らに多くの自主性をもたせることが 良い解決法の1つになります そして正直なところ 私は乗組員の司令官だったので リーダーシップについても多くを学びました

So doing/ this mission,/ I really started thinking/ more deeply/ about our future/ in outer space.//

そして このミッションを通じて 宇宙空間での人類の未来について より深く考えるようになりました

We will venture into outer space,/ and we will start inhabiting/ outer space.//

人類は宇宙へと飛び出して そして宇宙空間で住み始めるでしょう

I have no doubt/ about it.//

私はそう確信しています

It might take 50 years/ or it might take 500 years,/ but it's going to happen nevertheless.//

50年かかるかもしれません もしかしたら500年かかるかもしれません しかし いつか必ずその時は来ます

So I came up/ with a new art project called Seeker.//

さて私はSeekerと呼ばれる 新しいアートプロジェクトを思いつきました

And the Seeker project is actually challenging communities all/ over the world/ to come up/ with starship prototypes/ that re-envision human habitation and survival.//

Seekerプロジェクトは 世界中の意欲的な団体が 人類が生活し 生存するための 宇宙船の試作品を考えるというものです

That's the core of the project.//

それがプロジェクトの核心です

Now,/one important thing:/ This is not a dystopian project.//

ここで 1つ重要なことがあります これは反ユートピア・プロジェクトではありません

This is not about,/ "Oh my/ God,/ the world is going wrong/ and we have to escape/ because we need another future somewhere else."//

「神よ 世界は間違った方向に進んでいます 我々は別の場所で違う未来が必要なので 脱出します」 というものではありません

No, no.//

いやいや

The project is basically inviting people/ to take a step away/ from earthbound constraints and,/ as such,/ reimagine our future.//

基本的には このプロジェクトは人々が 地球という制約から踏み出し 我々の将来について もう一度想像してもらおうというものです

And it's really helpful,/ and it works really well,/ so that's really/ the important part of what we're doing.//

このプロジェクトは実に有益で とてもうまく行っています だからこれは我々の仕事の中でも 本当に重要な要素です

Now,/ in this project,/ I'm using/ a cocreation approach,/ which is a slightly different approach/ from what you would expect from many artists.//

今では このプロジェクトでは 私は共創アプローチを用いています 皆さんが多くの芸術家から 想像されるものとは 少し異なったアプローチです

I'm essentially dropping/ a basic idea/ into a group,/ into a community,/ people start gravitating/ to the idea,/ and together,/ we shape/ and build the artwork.//

私は基本的な着想を グループやコミュニティの中に投げ込みます 人々がそれに引きつけられます そして共同で 作品を構想し 作り上げていきます

It's a little bit/ like termites,/ really.//

まさに シロアリみたいな感じです

We just work together,/ and even,/ for example,/ when architects visit/ what we're doing,/ sometimes/ they have a bit of a hard time/ understanding/ how we build without a master plan.//

我々はただ一緒に作業しているため たとえば建築家が訪問して 我々の作業を見た時に 基本計画もなく建造する方法を理解するのに 少々苦しむことがあります

We always come up/ with these fantastic large-scale scupltures/ that actually/ we can also inhabit.//

我々はいつも幻想的でかつ居住可能な 巨大な彫刻物を提案しています

The first version was done in Belgium and Holland.//

最初のバージョンは ベルギーとオランダで作成されました

It was built with a team of almost 50 people.//

ほぼ50人のチームによって作られました

This is the second iteration of that same project,/ but in Slovenia,/ in a different country,/ and the new group was like,/ we're going to do/ the architecture differently.//

このプロジェクトのバージョン2は 別の国 スロベニアで 新しいグループにより 別のやり方で建築されました

So they took away/ the architecture,/ they kept the base of the artwork,/ and they built an entirely new,/ much more/ biomorphic architecture/ on top of that.//

彼らは建造物の上部を取り除き 作品の基礎だけを残し 全く新しいもの より生物の形に近い 建造物を作り上げました

And that's another crucial part of the project.//

そしてこのプロジェクトのもう1つの肝心な点は

It's an evolving artwork,/ evolving architecture.//

進化する作品であり 進化する建造物である点です

This was the last version/ that was just presented a few weeks ago/ in Holland,/ which was using caravans/ as modules/ to build a starship.//

これがたった数週間前にオランダで発表された 最新のバージョンです 宇宙船を建設するためのモジュールとして キャンピングカーを使っています

We bought some second-hand caravans,/ cut them open,/ and reassembled them/ into a starship.//

我々はいくつかの中古のキャラバンを購入し 切断し 宇宙船へと組み立て直したのです

Now,/ when we're thinking/ about starships,/ we're not just approaching/ it/ as a technological challenge.//

我々が宇宙船について考える時 技術的な問題にだけ 取り組んでいるわけではありません

We're really looking/ at it/ as a combination of three systems:/ ecology,/ people and technology.//

我々は3つのシステムの統合について 考えているのです 生態系、人、そして技術です

So there's always/ a strong ecological component/ in the project.//

そのため プロジェクトには常に 生態系の要素が多く取り込まれています

Here/ you can see aquaponic systems/ that are actually surrounding the astronauts,/ so they're constantly/ in contact/ with part of the food/ that they're eating.//

ご覧の通り アクアポニック(水耕・養殖)装置が 宇宙飛行士の周りを取り囲んでいます ですから彼らはいつも 自分たちが食する食物に接しています

Now,/ a very typical thing/ for this project is/ that we run our own isolation missions/ inside these art and design projects.//

そして このプロジェクトで最も典型的なのは このアートとデザインというプロジェクトと共に 隔離ミッションが遂行されるという点です

We actually lock ourselves up/ for multiple days/ on end,/ and test/ what we build.//

我々は実際に数日間連続で 閉じこもり 建造したものをテストするのです

And this is,/ for example,/ on the right hand side/ you can see an isolation mission/ in the Museum of Modern Art/ in Ljubljana/ in Slovenia,/ where six artists and designers locked themselves up --/ I was part of that --/ for four days/ inside the museum.//

例えば 右側の写真は スロベニアのリュブリャナにある モダンアート美術館での 隔離ミッションの様子です そこでは6名の芸術家とデザイナーが ― 私もその中の1人ですが ― 4日間美術館に閉じこもっています

And,/ of course,/ obviously,/ this is a very performative and very strong experience/ for all of us.//

もちろん これ自体がパフォーマンスであり チーム全員にとても大きな経験になります

Now,/ the next version of the project is currently being developed together/ with Camilo Rodriguez-Beltran,/ who is also a TED Fellow,/ in the Atacama Desert/ in Chile,/ a magical place.//

さて 次のプロジェクトは TEDフェローでもある カミロ・ロドリゲス・ベルトランと共に 神秘的な土地 チリのアタカマ砂漠で現在進行中です

First of all,/ it's really considered a Mars analogue.//

まず ここは火星の環境に近いと考えられており

It really does look like Mars/ in certain locations/ and has been used by NASA/ to test equipment.//

実際にある場所の風景は 火星そっくりで ここはNASAが機材をテストする為に 使われています

And it has a long history of being connected to space/ through observations of the stars.//

そして 星の観察を通じて宇宙とつながってきた 長い歴史があります

It's now home/ to ALMA,/ the large telescope/ that's being developed there.//

そして 現在は ここに建設された 巨大な天体望遠鏡 ALMAの拠点です

But also,/ it's the driest location/ on the planet,/ and that makes it extremely interesting/ to build our project,/ because suddenly,/ sustainability is something/ we have to explore fully.//

しかし 同時にここは地球上で 最も乾燥した場所であり それが 我々のプロジェクトを とても興味深くさせています なぜなら図らずも 持続可能性の 完全な研究が必要となるからです

We have no other option,/ so I'm very curious/ to see/ what's going to happen.//

他に選択肢はありません 私は何がここで起こるのか とても興味を持って見ています

Now,/ a specific thing/ for this particular version of the project is/ that I'm very interested/ to see/ how we can connect with the local population,/ the native population.//

プロジェクトの この特定のバージョンにおいて 特に チームが現地の人たち 原住民の人たちと いかにつながれるかという点に 私は強い興味を抱いています

These people have been living there/ for a very long time/ and can be considered experts/ in sustainability,/ and so I'm very interested/ to see/ what we can learn from them,/ and have an input of indigenous knowledge/ into space exploration.//

原住民の人々は この場所に長い間住んできており 持続性のプロだと考えることが できるでしょう だから私は彼らから何を学べるのかに とても興味があり 原住民の知識を宇宙開発に役立てたいのです

So we're trying to redefine/ how we look at our future/ in outer space/ by exploring integration, biology, technology and people;/ by using a cocreation approach;/ and by using and exploring local traditions/ and to see/ how we can learn from the past and integrate/ that into our deep future.//

我々は宇宙空間で人類の未来の見かたを 再定義しようとしています 生物学、技術と人々の統合を探求したり 共創アプローチを用いたり 地域的な伝統の使用と探究することによる 試みです こうして過去から何を学べるかを考え それを遥かな未来に活かそうとしています

Thank you.//

どうもありがとう

(拍手)

crew

(船・飛行機の)『乗組員』[全員];(高級船員を除いた)船員,(高級乗務員を除いた)搭乗(とうじょう)員

(共同の仕事をする)従業員[全員],作業団[全員]

(ボートレースの)クルー

《話》仲間,連中

commander

(軍隊の)『指揮官』…司令官;(探検隊などの)隊長

海軍中佐;(小型艦艇の)艦長,(大型艦の)副長

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

planet

『惑星』,遊星

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

planetary

惑星の,遊星の

惑星(遊星)のような

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

volcano

『火山』

Hawaii

『ハワイ州』(ハワイ諸島より成る米国の州;州都はHonolulu)

ハワイ島(ハワイ諸島中の最大の島)

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

long-term

長期の,長い目で見ての

isolation

孤立;隔離,分離

dome

(半球形の)『丸屋根』,丸天井,ドーム

丸屋根状のもの

…‘に'ドームをつける,‘を'ドームでおおう

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

astronaut

宇宙飛行士

deep space

太陽系外宇宙

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

suit

〈C〉『スーツ』

〈C〉《複合語を作って》(…用の)服

〈C〉『訴訟,』告訴(lawsuit)

〈C〉(カードゲームで)同種のカードの一組;同種のカードの持ち札

〈U〉〈C〉嘆願,懇願

〈U〉《古》求愛,求婚;嘆願

〈C〉(…の)一組,一そろい《+of+名》

…‘に'『適する,』合う

《しばしば受動遠で》(…に)…‘を'合わせる,適応させる

〈人〉‘に'『似合う』

〈人〉‘に'都合がよい,‘を'満足させる

適する,合う

似合う

都合がよい

chore

(家庭や農場の)雑用,毎日のきまりきった仕事

(きまりきっていて)つまらない仕事

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

questionnaire

質問表,アンケート

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

psychological

《名詞の前にのみ用いて》心理学の,心理学的な

精神的な,心理的な

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

cope

対抗する;(難局に)対処する,打ち勝つ《+『with』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

productive

生産的な,好ましい結果を生み出す

たくさん産出(生産)する,多産の

autonomy

〈U〉(行動などの)自主性

〈U〉自治,自治権

〈C〉自治体,自治団体

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

honestly

正直に,公正に;

《文全体を修飾し,通例文頭で用いて》正直なとこと,正直に用って;ほんとうに(really)

leadership

『指導者の地位』(任務)

『指導』,指揮

『指導力』,統率力

《言合的に》指導者たち

deeply

『深く』

(色が)濃く

(声が)太く,(音調が)低く

(程度が)非常に,深く

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

outer space

(地球の大気圏外の)宇宙,宇宙空間

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

inhabit

…‘に'『住む』,居る

no doubt

確かに,きっと,恐らく

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

nevertheless

『それでもやはり』

『それにもかかわらず』

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

seeker

(…の)追求者,探求者《+『for』(『after, of』)+『名』》

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

habitation

〈U〉居住

〈C〉住所,住み家

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

basically

基本的に,根本的に;元来は

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

earthbound

地球から離れない

(宇宙船など)地球に向かう

俗事にとらわれた

constraint

〈U〉〈C〉(‥の)強制,無理じい;(自由などの)制限,束縛《+『on』+『名』》

〈U〉窮屈,気がね,圧迫感

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

helpful

『助けになる』,役に伝つ

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

gravitate

〈物体が〉(…のほうに)引力で引かれる《+『to』(『toward』)+『名』》

(自然に)(…のほうへ)向かって行く《+『to』(『toward』)+『名』》;(…することに)なっていく《+『into』 do『ing』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

termite

シロアリ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

architect

『建築家』,建築技師

(特に長期にわたる作業計画・事業などの)創始者,創案者,計画者

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

Belgium

ベルギー(ヨーロッパ西部,フランス北部にある北海に臨む王国;首都Brussels;《略》『Belg.』)

Holland

『オランダ』(王国で公式にはthe Netherlands)

〈U〉《h-》オランダ布(ブラインドなどに用いる目のあらい麻布)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

iteration

反復,繰り返し

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

caravan

『隊商』,(巡礼者などの)旅人隊;(移住民などの)車馬隊

(ジプシーの)ほろ馬車;(サーカス団の)運搬車;《英》(自動車で引く旅行用の)トレーラー(=trailer )

module

(建築・機械工作などの)測定基準;基準単位(寸法)

モジュール(宇宙船の一部を成し,母船から独立して行動できるもの)

reassemble

…‘を'再び集める;…‘を'再び組み立てる

再び集まる

technological

科学技術の(に関する)

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

ecology

生態学(生物と生活環境との関連を研究する学問)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

ecological

生態学の

component

構成している,成分の

構成要素,成分

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

lock

(運河の)水門

(銃砲の)発射(点火)装置

(レスリングの)締めわざ

車輪止め,輪止め

〈戸など〉に『錠をおろす』(しめる)

(錠をかけたように)〈指・腕など〉‘を'締めつける

『錠がかかる』

かみ合う,かみ合って動かなくなる

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

right hand

右の,右側の

右手に関する;右手を用いる

片腕となる,たいへん頼りになる

右手 片腕となる人 有能な補佐役

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

museum

『博物館』;美術館

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

designer

『設計者』,デザイナー

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

obviously

明らかに,明白に

currently

現在は;広く,一般に

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

Chile

チリ(南米太平洋岸の共和国;首都はSantiago)

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

mar

…‘を'汚す,傷つける

《文》…‘を'損なう(spoil)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

dry

『乾いた』,乾燥した

『雨の降らない』,日照り続きの

水のかれた,干上がった

(家畜などが)乳の出ない

涙の出ない

液状でない,固形の

のどが乾く,のどが乾いた

(パンが)バター(ジャム)などのついていない;(パン・ケーキが)古い,固くなった

ありのままの,飾りけのない,そっけない

(ユーモア・皮肉などが)さりげない

(ぶどう酒などが)辛口の

禁酒の,禁酒法実施の

…‘を'『乾かす』《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(手ぬぐい・ハンカチなどで)〈手・足など〉‘を'ぬぐう,ふく《+『名』+『with』(『on』)+『名』》

(保存のために)〈食物〉‘を'乾燥させる

『乾く』,〈水が〉かれる《+『up』(『out』)》

extremely

『極端に』,非常に過度に

suddenly

『突然に』,だしぬけに

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

fully

『十分に』,完全に

まるまる

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

native

《名詞の前にのみ用いて》『出生地の』,母国の

『生まれつきの』,生来の

原産の,土地特有の

《名詞の前にのみ用いて》土着の;《今はまれ》原住民の,原住民特有の

天然のままの;純粋な

(…)『生まれの人』《+『of』+『名』》

(移民・旅行者などと区別して)土着の人;《今はまれ》原住民

(…に)固有の動物(植物);(…の)原産物《+『of』+『名』》

expert

(…の)『専門家』,『熟練者』,大家《+『at(in, on)』+『名』(do『ing』)》

(米陸軍で)特級射手

(特定の知識・技術に)『熟達した』,熟練の,名手の

専門家の(による),権威のある

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

indigenous

固有の,土着の,生まれながらの

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

exploration

(未知・未調査の場所の)『探検』,『実地調査』《+『of』+『名』》

(問題の)探索,調査《+『of』+『名』》

integration

統合,集成,完成

(学校や住居における)人種差別の撤廃

biology

『生物学』

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画