TED日本語 - ダン・バーケンストック: 世界は一つのデータセットです。それをどのように撮影するのかというと・・・

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

衛星画像は我々にとって身近なものですが、それらの多くが実は古いデータです。というのも人工衛星は大きくて高価なので、それ程たくさん存在しないからです。ダン・バーケンストックは新たな解決策を提案します。それはリアルタイムで地上を撮影可能な新型の小型人工衛星です。

Script

5年前 私は2足のわらじを履く 博士課程の学生でした 一つ目ですが NASAのスーパーコンピュータを使っていました 次世代の宇宙船を作るためです 二つ目ですが 私はデータサイエンティストでした 原子力の機密データを盗み出す 可能性のある人間を探し出していました データサイエンティストとして いろいろな解析をしました 世界中の多くの産業施設の解析です そして これらすべてを結びつける 良いアイディアを探していました ある日 すべてのデータがどのように 位置情報を持っているかを考えていました そして気づいたのです 目の前に答えがあることに 私は人工衛星のエンジニアですが 自分の仕事に衛星画像を使うことは 考えたことがありませんでした

今では 皆さんと同じく 私はオンライン環境にあり 自分の家をみることができます それなら そこに飛び込んで その施設を探してみようと そして 驚くべきことがわかりました 私が探していた写真は 何年も前のものでした 今の仕事に 何の役にも立たなかったのです でも そこに興味がわきました 衛星画像はとてもすばらしいものだと いまでは無数の衛星が私たちの周りを 取り巻いています でも 私達には知らないことばかりです 中国の石油の備蓄量は? コーンの生産量は? 世界中の港に停泊している船舶数は? 理論的には 衛星画像により そうした質問に答えることができます ただし その写真が古くなければです こういった画像に価値があるのならば どうして最新のデータを 入手できないのでしょうか

こういった話は50年前からありました 米国政府が偵察用の衛星を 初めて打ち上げた時からです 今では 冷戦時代に作られた 衛星の後継機の多くが 民間企業によって運用されていて 多くの私たちが目にする写真は それらの衛星が撮影したものなのです 現在 ロケットで宇宙へ 衛星を送り込むだけでも 数百万ドルかかります 時々しか飛ばさないので 大きなプレッシャーです そして たくさんの機能を詰め込みます こうして 人工衛星は 巨大化し 費用がかさみ 1台あたり約10億ドルもするようになりました とても高価なので 人工衛星はそれほど存在しないのです そのため普段 我々が見る画像は 古くなりがちです

実際に 多くの人が理解していますが 地球上の収集データが 点在していることを 可視化するために 2000年から2010年の間に 衛星が収集した 3000万枚のデータをまとめました 広大な青色の部分 ここが撮影されるのは年1回以下です 赤い部分は頻繁に撮影されますが それでも3ヶ月に1回もありません 航空宇宙工学の卒業生にとって このデータは 大きな挑戦を投げかけます どうしてこのデータは高価なのでしょうか? 衛星一機あたり ボーイング747機3台分の 費用もかかるのはなぜでしょうか? より小さくシンプルな新型衛星を 作る方法はないのでしょうか? タイムリーに撮影できる人工衛星です

ちょっとおかしいのはわかっていますが 我々は新型衛星の設計に着手しました 運良く手助けしてもらえたのです 1990年代後半に 数名の教授が 宇宙に機器を搬送する費用を 著しく減らす方法を考えました 小さな衛星をヒッチハイクするのです より大きな衛星のそばにある これによりコストは 100分の1以下に下がりました そして突然ですが 実験できるようになり 多くのイノベーションを実現しました 新しい世代のエンジニアや科学者が 多くは大学の者ですが 「CubeSats」と呼ばれる パン入れサイズの小型衛星を打ち上げ始めました これはホームセンターで手に入れた 電子部品でできており

友人と衛星のデザインを始めた 開発初期のアイデアが活かされています 衛星開発の決断をした 具体的な日は思い出せませんが この世界を一つのデータセットと捉え 世界経済を表す 大量のデータを取得し 今まで知られていなかった関係性を掘り起こす そんなアイデアを思いついた日から それ以外の仕事には目もくれなくなりました

私たちはPalo Altoにある 窓もないオフィスに缶詰めになり 単なるデザインを元に 試作機の開発を進めました 解決しなければならない最初の問題は モノの大きさでした 宇宙では サイズはコストに直結します 小さなパン入れサイズの衛星の 製作に取り掛かっていましたが 物理法則から この衛星の画質の限界を知ります その物理法則によると 望遠鏡で見える画質は 望遠鏡の直径に依存します 私たちの衛星はとても小さかったのです 予想されていた画質はこのくらいでした 安くて済むけれども ぼやけ過ぎていて はっきり言って 役に立ちそうにありません そこで3、4週間の間に いろんなエンジニアに会いました 彼らは初期の個人衛星開発に携わっていました 彼らによると1970年代 米国政府は強力で 最適なトレードオフを見つけました 1mの解像度で画像を撮ると 1mのサイズでものが見えます 高画質ではなかったけれど 程よい値段で画像が撮れました シミュレーションから初めてわかったのは グローバル経済の担い手を見るのに 最低限1mは必要ということです 担い手というのは 我々の身の回りにある 船 車 輸送コンテナ トラックのことです 人間を数えることはできませんが 妥協点を見つけました パン入れよりも大きな衛星を 作らなくてはいけない 小さな冷蔵庫くらいでしょうか 軽トラックほど 大きい必要はありません 物理学的な制約により 望遠鏡の最小サイズはわかりました

次の問題は 衛星の残りの部分を どれだけ小さくシンプルにするかです 四方を囲まれた箱に入る望遠鏡と 電話帳よりも小さく 100Wも消費しない 電子機器をどうするかということです 大きな課題は望遠鏡を通して 実際に画像を撮ることです 古くからある衛星写真は ラインスキャナを使います それはコピー機に似ています 地球を横切りながら写真を撮ります 何度も繰り返しスキャンし 画像を完成させます 光量が多く 現在主流の方法です ノイズを低減でき 低価格の携帯電話で使われています その課題は 非常に精密な ポインティングが必要であることです 上空1000kmから 50cmの目標物を とらえ続けなくてはなりません 秒速7kmで飛行中にです これはとても高度なことです そこで次世代ビデオセンサーに 目をつけました 元々は暗視ゴーグルに 使われていたものです 高画質画像を使う代わりに ビデオストリームを使います 一枚一枚にはノイズが乗りますが それらを組み合わせて 高画質の画像にすることができます 高精度な画像処理技術が それを可能にします コストは従来の1/100です 私たちはこの技術を 衛星の他のシステムにも適用しました 日々 私たちの設計は進化しました CADからプロトタイプ 完成品へと

数週間前 SkySat 1号を完成させ サインをしました 地球上での最後の時に 向け別れを告げました 今は 発射台に据え付けられ あと数週間で発射されます そして すぐに 24基以上の衛星を 打ち上げる予定です そして大規模な分析を始めます ペタバイト級のデータから いろいろな洞察ができるでしょう

我々の目的は? どうして衛星を作るのか? 要するに 衛星画像は 世界規模の透明性を与え リアルタイムの透明性は 今まさに必要とされているものです 私たちは新しい時代を築いています そして 単なる経済データを越えて 少しずつ 人類の物語を 解き明かすでしょう データサイエンティストとして スペースキャンプに行く子供のような気分です これほどワクワクすることは他にありません

ありがとうございました

(拍手)

Five years ago, I was a Ph.D. student living two lives. In one, I used NASA supercomputers to design next-generation spacecraft, and in the other I was a data scientist looking for potential smugglers of sensitive nuclear technologies. As a data scientist, I did a lot of analyses, mostly of facilities, industrial facilities around the world. And I was always looking for a better canvas to tie these all together. And one day, I was thinking about how all data has a location, and I realized that the answer had been staring me in the face. Although I was a satellite engineer, I hadn't thought about using satellite imagery in my work.

Now, like most of us, I'd been online, I'd see my house, so I thought, I'll hop in there and I'll start looking up some of these facilities. And what I found really surprised me. The pictures that I was finding were years out of date, and because of that, it had relatively little relevance to the work that I was doing today. But I was intrigued. I mean, satellite imagery is pretty amazing stuff. There are millions and millions of sensors surrounding us today, but there's still so much we don't know on a daily basis. How much oil is stored in all of China? How much corn is being produced? How many ships are in all of our world's ports? Now, in theory, all of these questions could be answered by imagery, but not if it's old. And if this data was so valuable, then how come I couldn't get my hands on more recent pictures?

So the story begins over 50 years ago with the launch of the first generation of U.S. government photo reconnaissance satellites. And today, there's a handful of the great, great grandchildren of these early Cold War machines which are now operated by private companies and from which the vast majority of satellite imagery that you and I see on a daily basis comes. During this period, launching things into space, just the rocket to get the satellite up there, has cost hundreds of millions of dollars each, and that's created tremendous pressure to launch things infrequently and to make sure that when you do, you cram as much functionality in there as possible. All of this has only made satellites bigger and bigger and bigger and more expensive, now nearly a billion, with a b, dollars per copy. Because they are so expensive, there aren't very many of them. Because there aren't very many of them, the pictures that we see on a daily basis tend to be old.

I think a lot of people actually understand this anecdotally, but in order to visualize just how sparsely our planet is collected, some friends and I put together a dataset of the 30 million pictures that have been gathered by these satellites between 2000 and 2010. As you can see in blue, huge areas of our world are barely seen, less than once a year, and even the areas that are seen most frequently, those in red, are seen at best once a quarter. Now as aerospace engineering grad students, this chart cried out to us as a challenge. Why do these things have to be so expensive? Does a single satellite really have to cost the equivalent of three 747 jumbo jets? Wasn't there a way to build a smaller, simpler, new satellite design that could enable more timely imaging?

I realize that it does sound a little bit crazy that we were going to go out and just begin designing satellites, but fortunately we had help. In the late 1990s, a couple of professors proposed a concept for radically reducing the price of putting things in space. This was hitchhiking small satellites alongside much larger satellites. This dropped the cost of putting objects up there by over a factor of 100, and suddenly we could afford to experiment, to take a little bit of risk, and to realize a lot of innovation. And a new generation of engineers and scientists, mostly out of universities, began launching these very small, breadbox-sized satellites called CubeSats. And these were built with electronics obtained from RadioShack instead of Lockheed Martin.

Now it was using the lessons learned from these early missions that my friends and I began a series of sketches of our own satellite design. And I can't remember a specific day where we made a conscious decision that we were actually going to go out and build these things, but once we got that idea in our minds of the world as a dataset, of being able to capture millions of data points on a daily basis describing the global economy, of being able to unearth billions of connections between them that had never before been found, it just seemed boring to go work on anything else.

And so we moved into a cramped, windowless office in Palo Alto, and began working to take our design from the drawing board into the lab. The first major question we had to tackle was just how big to build this thing. In space, size drives cost, and we had worked with these very small, breadbox-sized satellites in school, but as we began to better understand the laws of physics, we found that the quality of pictures those satellites could take was very limited, because the laws of physics dictate that the best picture you can take through a telescope is a function of the diameter of that telescope, and these satellites had a very small, very constrained volume. And we found that the best picture we would have been able to get looked something like this. Although this was the low-cost option, quite frankly it was just too blurry to see the things that make satellite imagery valuable. So about three or four weeks later, we met a group of engineers randomly who had worked on the first private imaging satellite ever developed, and they told us that back in the 1970s, the U.S. government had found a powerful optimal tradeoff -- that in taking pictures at right about one meter resolution, being able to see objects one meter in size, they had found that they could not just get very high-quality images, but get a lot of them at an affordable price. From our own computer simulations, we quickly found that one meter really was the minimum viable product to be able to see the drivers of our global economy, for the first time, being able to count the ships and cars and shipping containers and trucks that move around our world on a daily basis, while conveniently still not being able to see individuals. We had found our compromise. We would have to build something larger than the original breadbox, now more like a mini-fridge, but we still wouldn't have to build a pickup truck. So now we had our constraint. The laws of physics dictated the absolute minimum-sized telescope that we could build.

What came next was making the rest of the satellite as small and as simple as possible, basically a flying telescope with four walls and a set of electronics smaller than a phone book that used less power than a 100 watt lightbulb. The big challenge became actually taking the pictures through that telescope. Traditional imaging satellites use a line scanner, similar to a Xerox machine, and as they traverse the Earth, they take pictures, scanning row by row by row to build the complete image. Now people use these because they get a lot of light, which means less of the noise you see in a low-cost cell phone image. The problem with them is they require very sophisticated pointing. You have to stay focused on a 50-centimeter target from over 600 miles away while moving at more than seven kilometers a second, which requires an awesome degree of complexity. So instead, we turned to a new generation of video sensors, originally created for use in night vision goggles. Instead of taking a single, high quality image, we could take a videostream of individually noisier frames, but then we could recombine all of those frames together into very high-quality images using sophisticated pixel processing techniques here on the ground, at a cost of one one hundredth a traditional system. And we applied this technique to many of the other systems on the satellite as well, and day by day, our design evolved from CAD to prototypes to production units.

A few short weeks ago, we packed up SkySat 1, put our signatures on it, and waved goodbye for the last time on Earth. Today, it's sitting in its final launch configuration ready to blast off in a few short weeks. And soon, we'll turn our attention to launching a constellation of 24 or more of these satellites and beginning to build the scalable analytics that will allow us to unearth the insights in the petabytes of data we will collect.

So why do all of this? Why build these satellites? Well, it turns out imaging satellites have a unique ability to provide global transparency, and providing that transparency on a timely basis is simply an idea whose time has come. We see ourselves as pioneers of a new frontier, and beyond economic data, unlocking the human story, moment by moment. For a data scientist that just happened to go to space camp as a kid, it just doesn't get much better than that.

Thank you.

(Applause)

Five years ago,/ I was a Ph.D. student/ living two lives.//

5年前 私は2足のわらじを履く 博士課程の学生でした

In one,/ I used NASA supercomputers/ to design next-generation spacecraft,/ and in the other/ I was a data scientist/ looking for potential smugglers of sensitive nuclear technologies.//

一つ目ですが NASAのスーパーコンピュータを使っていました 次世代の宇宙船を作るためです 二つ目ですが 私はデータサイエンティストでした 原子力の機密データを盗み出す 可能性のある人間を探し出していました

As a data scientist,/ I did a lot of analyses,/ mostly of facilities,/ industrial facilities/ around the world.//

データサイエンティストとして いろいろな解析をしました 世界中の多くの産業施設の解析です

And I was always looking for a better canvas/ to tie these all together.//

そして これらすべてを結びつける 良いアイディアを探していました

And one day,/ I was thinking about how all data has a location,/ and I realized/ that the answer had been staring me/ in the face.//

ある日 すべてのデータがどのように 位置情報を持っているかを考えていました そして気づいたのです 目の前に答えがあることに

Although I was a satellite engineer,/ I hadn't thought about using satellite imagery/ in my work.//

私は人工衛星のエンジニアですが 自分の仕事に衛星画像を使うことは 考えたことがありませんでした

Now,/ like most of us,/ I'd been online,/ I'd see my house,/ so I thought,/ I'll hop in there/ and I'll start looking up/ some of these facilities.//

今では 皆さんと同じく 私はオンライン環境にあり 自分の家をみることができます それなら そこに飛び込んで その施設を探してみようと

And what I found really surprised me.//

そして 驚くべきことがわかりました

The pictures/ that I was finding were years/ out of date,/ and because of that,/ it had relatively little relevance/ to the work/ that I was doing today.//

私が探していた写真は 何年も前のものでした 今の仕事に 何の役にも立たなかったのです

But I was intrigued.//

でも そこに興味がわきました

衛星画像はとてもすばらしいものだと

There are millions and millions of sensors/ surrounding us/ today,/ but there's still so much/ we don't know on a daily basis.//

いまでは無数の衛星が私たちの周りを 取り巻いています でも 私達には知らないことばかりです

How much oil is stored in all of China?//

中国の石油の備蓄量は?

How much corn is being produced?//

コーンの生産量は?

How many ships are in all of our world's ports?//

世界中の港に停泊している船舶数は?

Now,/ in theory,/ all of these questions could be answered by imagery,/ but not/ if it's old.//

理論的には 衛星画像により そうした質問に答えることができます ただし その写真が古くなければです

And/ if this data was so valuable,/ then/ how come I couldn't get my hands/ on more recent pictures?//

こういった画像に価値があるのならば どうして最新のデータを 入手できないのでしょうか

So the story begins over 50 years ago/ with the launch of the first generation of U.S. government photo reconnaissance satellites.//

こういった話は50年前からありました 米国政府が偵察用の衛星を 初めて打ち上げた時からです

And today,/ there's a handful of the great, great grandchildren of these early Cold War machines/ which are now operated by private companies/ and/ from which the vast majority of satellite imagery/ that you and I see on a daily basis comes.//

今では 冷戦時代に作られた 衛星の後継機の多くが 民間企業によって運用されていて 多くの私たちが目にする写真は それらの衛星が撮影したものなのです

During this period,/ launching things/ into space,/ just the rocket to get the satellite up there,/ has cost hundreds of millions of dollars/ each,/ and that's created tremendous pressure/ to launch things infrequently/ and to make sure/ that/ when you do,/ you cram as much functionality/ in there/ as possible.//

現在 ロケットで宇宙へ 衛星を送り込むだけでも 数百万ドルかかります 時々しか飛ばさないので 大きなプレッシャーです そして たくさんの機能を詰め込みます

All of this has only made satellites bigger and bigger and bigger and more expensive,/ now/ nearly a billion,/ with a b,/ dollars/ per copy.//

こうして 人工衛星は 巨大化し 費用がかさみ 1台あたり約10億ドルもするようになりました

Because they are so expensive,/ there aren't very many of them.//

とても高価なので 人工衛星はそれほど存在しないのです

Because there aren't very many of them,/ the pictures/ that we see on a daily basis tend to be old.//

そのため普段 我々が見る画像は 古くなりがちです

I think a lot of people actually understand this anecdotally,/ but/ in order to visualize just how sparsely/ our planet is collected,/ some friends/ and I put together/ a dataset of the 30 million pictures/ that have been gathered by these satellites/ between 2000 and 2010.//

実際に 多くの人が理解していますが 地球上の収集データが 点在していることを 可視化するために 2000年から2010年の間に 衛星が収集した 3000万枚のデータをまとめました

As you can see in blue, huge areas of our world are barely seen,/ less/ than once/ a year,/ and even the areas/ that are seen most frequently,/ those/ in red,/ are seen at best once/ a quarter.//

広大な青色の部分 ここが撮影されるのは年1回以下です 赤い部分は頻繁に撮影されますが それでも3ヶ月に1回もありません

Now/ as aerospace engineering grad students,/ this chart cried out to us/ as a challenge.//

航空宇宙工学の卒業生にとって このデータは 大きな挑戦を投げかけます

Why do these things have to be so expensive?//

どうしてこのデータは高価なのでしょうか?

Does a single satellite really have to cost/ the equivalent of three 747 jumbo jets?//

衛星一機あたり ボーイング747機3台分の 費用もかかるのはなぜでしょうか?

Wasn't there a way/ to build a smaller, simpler, new satellite design/ that could enable more timely imaging?//

より小さくシンプルな新型衛星を 作る方法はないのでしょうか? タイムリーに撮影できる人工衛星です

I realize/ that it does sound a little bit crazy/ that we were going to go out/ and just begin designing satellites,/ but fortunately/ we had help.//

ちょっとおかしいのはわかっていますが 我々は新型衛星の設計に着手しました 運良く手助けしてもらえたのです

In the late 1990s,/ a couple of professors proposed a concept/ for radically/ reducing the price of putting things/ in space.//

1990年代後半に 数名の教授が 宇宙に機器を搬送する費用を 著しく減らす方法を考えました

小さな衛星をヒッチハイクするのです より大きな衛星のそばにある

This dropped the cost of putting objects up there/ by over a factor of 100,/ and suddenly/ we could afford to experiment,/ to take a little bit of risk,/ and to realize a lot of innovation.//

これによりコストは 100分の1以下に下がりました そして突然ですが 実験できるようになり 多くのイノベーションを実現しました

And a new generation of engineers and scientists,/ mostly/ out of universities,/ began launching/ these very small, breadbox-sized satellites called CubeSats.//

新しい世代のエンジニアや科学者が 多くは大学の者ですが 「CubeSats」と呼ばれる パン入れサイズの小型衛星を打ち上げ始めました

And/ these were built with electronics obtained from RadioShack/ instead of Lockheed Martin.//

これはホームセンターで手に入れた 電子部品でできており

Now/ it was using the lessons learned from these early missions/ that my friends/ and I began a series of sketches of our own satellite design.//

友人と衛星のデザインを始めた 開発初期のアイデアが活かされています

And I can't remember a specific day/ where we made a conscious decision/ that we were actually going to go out/ and build these things,/ but/ once we got/ that idea/ in our minds of the world/ as a dataset,/ of being able to capture millions of data points/ on a daily basis/ describing the global economy,/ of being able to unearth billions of connections/ between them/ that had never before been found,/ it just seemed boring to go/ work/ on anything else.//

衛星開発の決断をした 具体的な日は思い出せませんが この世界を一つのデータセットと捉え 世界経済を表す 大量のデータを取得し 今まで知られていなかった関係性を掘り起こす そんなアイデアを思いついた日から それ以外の仕事には目もくれなくなりました

And so/ we moved into a cramped, windowless office/ in Palo Alto,/ and began working to take/ our design/ from the drawing board/ into the lab.//

私たちはPalo Altoにある 窓もないオフィスに缶詰めになり 単なるデザインを元に 試作機の開発を進めました

The first major question/ we had to tackle/ was just how big/ to build this thing.//

解決しなければならない最初の問題は モノの大きさでした

In space,/ size drives cost,/ and we had worked with these very small, breadbox-sized satellites/ in school,/ but/ as we began to better understand the laws of physics,/ we found/ that the quality of pictures/ those satellites could take was very limited,/ because the laws of physics dictate/ that the best picture/ you can take through/ a telescope is a function of the diameter of that telescope,/ and these satellites had a very small, very constrained volume.//

宇宙では サイズはコストに直結します 小さなパン入れサイズの衛星の 製作に取り掛かっていましたが 物理法則から この衛星の画質の限界を知ります その物理法則によると 望遠鏡で見える画質は 望遠鏡の直径に依存します 私たちの衛星はとても小さかったのです

And we found/ that the best picture/ we would have been able to get looked something/ like this.//

予想されていた画質はこのくらいでした

Although this was the low-cost option,/ quite frankly/ it was just too blurry to see/ the things/ that make satellite imagery valuable.//

安くて済むけれども ぼやけ過ぎていて はっきり言って 役に立ちそうにありません

So about three or four weeks later,/ we met a group of engineers randomly/ who had worked on the first private imaging satellite ever developed,/ and they told us/ that back/ in the 1970s,/ the U.S. government had found a powerful optimal tradeoff --/ that in taking pictures/ at right about one meter resolution,/ being able to see objects/ one meter/ in size,/ they had found/ that they could not just get very high-quality images,/ but get a lot of them/ at an affordable price.//

そこで3、4週間の間に いろんなエンジニアに会いました 彼らは初期の個人衛星開発に携わっていました 彼らによると1970年代 米国政府は強力で 最適なトレードオフを見つけました 1mの解像度で画像を撮ると 1mのサイズでものが見えます 高画質ではなかったけれど 程よい値段で画像が撮れました

From our own computer simulations,/ we quickly found/ that one meter really was the minimum viable product/ to be able to see the drivers of our global economy,/ for the first time,/ being able to count the ships and cars/ and shipping containers and trucks/ that move around our world/ on a daily basis,/ while conveniently still not being able to see individuals.//

シミュレーションから初めてわかったのは グローバル経済の担い手を見るのに 最低限1mは必要ということです 担い手というのは 我々の身の回りにある 船 車 輸送コンテナ トラックのことです 人間を数えることはできませんが

We had found our compromise.//

妥協点を見つけました

We would have to build/ something larger/ than the original breadbox,/ now more/ like a mini-fridge,/ but we still wouldn't have to build/ a pickup truck.//

パン入れよりも大きな衛星を 作らなくてはいけない 小さな冷蔵庫くらいでしょうか 軽トラックほど 大きい必要はありません

So now/ we had our constraint.//

物理学的な制約により

The laws of physics dictated the absolute minimum-sized telescope/ that we could build.//

望遠鏡の最小サイズはわかりました

What came/ next was making the rest of the satellite/ as small and as simple/ as possible,/ basically/ a flying telescope/ with four walls/ and a set of electronics smaller/ than a phone book/ that used less power/ than a 100 watt lightbulb.//

次の問題は 衛星の残りの部分を どれだけ小さくシンプルにするかです 四方を囲まれた箱に入る望遠鏡と 電話帳よりも小さく 100Wも消費しない 電子機器をどうするかということです

The big challenge became actually taking/ the pictures/ through that telescope.//

大きな課題は望遠鏡を通して 実際に画像を撮ることです

Traditional imaging satellites use a line scanner,/ similar/ to a Xerox machine,/ and/ as they traverse the Earth,/ they take pictures,/ scanning row/ by row/ by row to build the complete image.//

古くからある衛星写真は ラインスキャナを使います それはコピー機に似ています 地球を横切りながら写真を撮ります 何度も繰り返しスキャンし 画像を完成させます

Now/ people use these/ because they get a lot of light,/ which means less of the noise/ you see in a low-cost cell phone image.//

光量が多く 現在主流の方法です ノイズを低減でき 低価格の携帯電話で使われています

The problem/ with them is they require very sophisticated pointing.//

その課題は 非常に精密な ポインティングが必要であることです

You have to stay focused on a 50-centimeter target/ from over 600 miles away/ while moving at more than seven kilometers/ a second,/ which requires an awesome degree of complexity.//

上空1000kmから 50cmの目標物を とらえ続けなくてはなりません 秒速7kmで飛行中にです これはとても高度なことです

So instead,/ we turned to a new generation of video sensors,/ originally created for use/ in night vision goggles.//

そこで次世代ビデオセンサーに 目をつけました 元々は暗視ゴーグルに 使われていたものです

Instead of taking a single, high quality image,/ we could take a videostream of individually noisier frames,/ but then/ we could recombine all of those frames together/ into very high-quality images/ using sophisticated pixel processing techniques here/ on the ground,/ at a cost of one one hundredth/ a traditional system.//

高画質画像を使う代わりに ビデオストリームを使います 一枚一枚にはノイズが乗りますが それらを組み合わせて 高画質の画像にすることができます 高精度な画像処理技術が それを可能にします コストは従来の1/100です

And we applied this technique/ to many of the other systems/ on the satellite as well,/ and day/ by day,/ our design evolved from CAD/ to prototypes/ to production units.//

私たちはこの技術を 衛星の他のシステムにも適用しました 日々 私たちの設計は進化しました CADからプロトタイプ 完成品へと

A few short weeks ago,/ we packed up/ SkySat 1,/ put our signatures/ on it,/ and waved goodbye/ for the last time/ on Earth.//

数週間前 SkySat 1号を完成させ サインをしました 地球上での最後の時に 向け別れを告げました

Today,/ it's sitting in its final launch configuration ready/ to blast off/ in a few short weeks.//

今は 発射台に据え付けられ あと数週間で発射されます

And soon,/ we'll turn our attention/ to launching a constellation of 24 or more of these satellites/ and beginning to build/ the scalable analytics/ that will allow us/ to unearth the insights/ in the petabytes of data/ we will collect.//

そして すぐに 24基以上の衛星を 打ち上げる予定です そして大規模な分析を始めます ペタバイト級のデータから いろいろな洞察ができるでしょう

So/ why do all of this?// Why build these satellites?//

我々の目的は? どうして衛星を作るのか?

Well,/ it turns out/ imaging satellites have a unique ability/ to provide global transparency,/ and providing that transparency/ on a timely basis is simply an idea/ whose time has come.//

要するに 衛星画像は 世界規模の透明性を与え リアルタイムの透明性は 今まさに必要とされているものです

We see ourselves/ as pioneers of a new frontier,/ and beyond economic data,/ unlocking the human story,/ moment/ by moment.//

私たちは新しい時代を築いています そして 単なる経済データを越えて 少しずつ 人類の物語を 解き明かすでしょう

For a data scientist/ that just happened to go/ to space camp/ as a kid,/ it just doesn't get much better/ than that.//

データサイエンティストとして スペースキャンプに行く子供のような気分です これほどワクワクすることは他にありません

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

lives

lifeの複数形

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

spacecraft

宇宙船

datum

dataの単数形

既知の事実

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

smuggler

密輸業者

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

data

『資料』,事実;情報

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

facility

〈U〉『容易さ』,便利さ

〈C〉〈U〉(…の)能力,(…する)才能《+『in』(『for』)+『名』(do『ing』),『with』+『名』》

〈C〉便,便宜;《複数形で》(…のための)施設,設備《+for+名》

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

tie

(縄・ひも・包帯などで…に)『…を縛る』,結わえる,縛り付ける《+名+up+(+up+名)+to+名+with+名》

〈ひも・ネクタイ・リボンなど〉‘を'『結ぶ』;〈衣類など〉‘の'ひもを結ぶ

〈結び目・ちょう結びなど〉‘を'結んで作る

(仕事・時間・場所などに)〈人〉‘を'縛り付けたようにする,束縛する《+名+up(+up+名)+to(at)+名》

(競技などで)〈相手・相手の得点・記録〉‘と'『同じになる』,タイになる

〈同じ高さの2音符〉‘を'タイ(連結線)で結ぶ

『結べる』,結び目を作る,縛られる

(…と)『同じになる』《+with+名》

(縛るのに用いる)糸,ひも,綱

《しばしば複数形で》『つながり』,きずな,縁

(また《おもに米》necktie)『ネクタイ』

(競技・試合・投票などの)『同点』;引き分けの試合

《米》(鉄道の)まくら木《英》sleeper);(建築の)つなぎ材

《英》束縛するもの,じゃまもの,やっかいもの

(音譜の)連結線,タイ(同じ高さの2音を結んで,「切らずに奏せよ」の記号)

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

imagery

《集合的に》像,心像

(文学における)比喩(ひゆ)的表現

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

surprised

驚いた,びっくりした

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

relevance

適切

(…に対する)関連性《+『to』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

corn

〈U〉(米,カナダ,オーストラリアで)『とうもろこし』;〈C〉とうもろこしの実(おもに《英》maize, Indian corn)

〈U〉《英》《集合的に》『穀草』(wheat, oatsなど);『穀物』,穀類;穀粒

〈C〉《話》古くさい(お涙ちょうだい的な)もの(こと)

〈牛肉など〉'を'塩づけにする

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

port

〈C〉〈U〉『港』

〈C〉『港町』,『港市』

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

photo

『写真』[photographの短縮形]

reconnaissance

調査.(特に軍事的な)偵察

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

grandchild

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

cold war

冷戦

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

cram

(…に)…'を'ぎっしり詰める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…で)〈物〉'を'いっぱいにする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'(…の)詰め込み勉強をさせる《+『名』+『with』+『名』》;〈学科〉'を'詰め込む

(…の)詰め込み勉強をする《+『for』+『名』》

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

expensive

『費用のかかる』,高価な

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

sparsely

まばらに

planet

『惑星』,遊星

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

barely

『かろうじて』,『やっと』[…する],わずかに[ある]

むきだしに,あからさまに

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

frequently

『しばしば』,たびたび

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

quarter

〈C〉(…の)『4分の1』《+『of』+『名』》

〈C〉(時間の)『15分』

〈C〉(米国・カナダの)25セント銀貨(4分の1ドルの銀貨)

〈C〉1年の4分の1,四半期

〈C〉弦(月の満ち欠けの周期の4分の1;約7日間)

〈C〉(フットボール・バスケットボールなどで)クォーター(競技時間の4分の1)

〈C〉(《米》4学期制の学校の)学期

〈C〉(四つ足動物の)四半分(足1本を含む)《+『of』+『名』》

〈C〉(羅針盤の示す)方角,方向

〈C〉(特に都市のある特定の)地域,地区

《複数形で》寝泊まりする場所,宿所;(軍隊の)宿舎;(海軍の)部署

〈C〉ある方面の人(団体),その筋

〈C〉(特に降服した者に示す)慈悲,助命

…‘を'4等分する,四つに分ける

〈軍隊など〉‘を'宿泊(宿営)させる

4分の1の

(ある量を表す単位の)4分の1の

aerospace

気圏,航空宇宙(大気圏と大気圏外をまとめた名称)

気圏の,航空宇宙の

engineering

『工学』

土木工事

grad

(大学の)卒業生

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

jumbo

巨大な人(もの・動物);ジャンボジェット機

巨大な,でかい

jet

(水・ガス・蒸気などの)『噴出』,噴射;噴出物,噴射物

噴出口,(ホースなどの)筒口

=jet plane

=jet engine

噴出する,噴射する

ジェット機で行く(旅行する)

…‘を'噴出する,噴射する

…‘を'ジェット機で運ぶ

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

timely

時宜を得た

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

fortunately

『運よく』,幸いにも

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

professor

(大学の)『教授』

(一般に)教師,先生

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

radically

根本的に,徹底的に

急進的に,過激に

reduce

(あるところまで)〈数量など〉‘を'『減らす』,小さくする;〈程度・地位など〉‘を'『下げる』《+『名』+『to』+『名』》

《しばしば受動態で》(ある状態・形に)…‘を'『する,』変える,至らせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(単純な要素・部分に)…‘を'分解する,還元する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'(…に)換算する,約分する《+『名』+『to』+『名』》

《話》〈人が〉減量する

〈数量などが〉減る;〈程度・位などが〉下がる

price

〈C〉(売買の)『値段』,『価格』

〈U〉《しばしばa~》(何かを手に入れるための金銭以外の)『代償』,代価

〈C〉(犯人逮捕などの)賞金,ほうび

〈C〉(競馬などの)賭(か)け率

《しばしば受動態で》〈商品〉‘に'(…の)値段をつける《+『名』〈商品〉+『at』+『名』〈金額〉》

《話》…‘の'値段を確かめる

hitchhike

通りがかりの自動車に無料で便乗して旅行する,ヒッチハイクする

alongside

そばに,並んで

…のそばに,と並んで

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

suddenly

『突然に』,だしぬけに

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

innovation

〈U〉革新,刷新

〈C〉新機軸,新制度,改革の行為

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

electronic

『電子の』,エレクトロンの

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

instead

『その代りとして』,それよりも

martin

イワツバメ

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

unearth

…‘を'発掘する,掘り出す

(調査などで)〈事実・証拠など〉‘を'明るみに出す,あばく,明らかにする

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

bore

bear(実をつける)の過去形

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

cramped

狭苦しい

(文字が)読みにくい

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

alto

〈U〉アルト,中高音(おもに女性の最低音;以前は男性の高音も意味した)

〈C〉アルト歌手;アルト音域の楽器

アルトの

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

lab

実験室(laboratory)

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

physics

『物理学』

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

constrained

強制された

(体度・表情・声などが)不自然な,無理な

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

frankly

『率直に』;あからさまに

率直に言えば

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

optimal

=optimum

tradeoff

取り引き

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

computer

『計算機』;『電子計算機』

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

minimum

《通例単数形で》『最小限』,最小量

(数学で)極小,最小値,極小値

《名詞の前にのみ用いて》『最小限の』,最小量の

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

shipping

船積み,積み出し,発送

海運業,運送業

《集合的に》(一港・一国・一海運会社などの)船舶;船舶トン数

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

truck

『運搬車』,手押し車,トロッコ

《おもに米》『トラック』,貨物自動車《英》lorry)

《英》無蓋貨車

…‘を'トラックで運ぶ(に積む)

トラックを運転する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

conveniently

『都合よく』,便利に

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

original

『以前にはなかった』,新しい

『独創的な』

《名詞の前にのみ用いて》『最初の』,原始の,本来の

(コピーや翻訳でない)もとの,原文(原作・原型)の

『原物』;原作

《the~》『原文』;原語

《軽べつして》奇人,変人

pickup truck

(荷台の屋根のない)小型集配用トラック

constraint

〈U〉〈C〉(‥の)強制,無理じい;(自由などの)制限,束縛《+『on』+『名』》

〈U〉窮屈,気がね,圧迫感

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

basically

基本的に,根本的に;元来は

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

watt

ワット(電力の単位)

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

scanner

精密に調べる人

スキャナー(テレビ・レーダーの映像走査機・走査板)・ 光学式走査器(文字を読み取りコンピーターに記憶させる機器)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

traverse

…‘を'『横切る』,横断する,渡る,越える

…‘を'あちこち動く,行ったり来たりする

あちこち動く;(山などを)ジグザグに登る

横切る,旋回する

横切ること,横断

トラバース(登山での斜面横断)

横木,横ばり

ざんごう内での方向転換

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

goggle

(…に)目をぎょろつかせる,(…を)目を丸くして見る《+『at』+『名』》

〈C〉(目を丸くした)凝視

《複数形で》ゴーグル(オートバイやスキーなどのときにかける防塵(ぼうじん)めがね

individually

個々に,個別的に

個人として,個人的に

個性的に,独自のやり方で

noisy

(人・声などが)『やかましい』,騒々しい,(場所が)騒音に満ちている

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

hundredth

《the ~》『第100の』,100番目の

100分の1の

〈U〉《the ~》『第100』,100番目[のもの]

〈C〉100分の1

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

cad

きたないやつ

prototype

(…の)原型;典型,模範《+『of』+『名』》

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

pack

『包み』,『束』;荷物

(…の一つの)『包み』,組,そろい《+『of』+『名』》

(人・動物などの一つの)『隊』,群れ《+『of』+『塁』》

《a~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

(傷口などに当てる)湿布

(美容のための)パック

〈物など〉‘を'『包む』,『束ねる』,荷作りする

(物)〈容器など〉‘に'『詰める』,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(容器に)〈物など〉‘を'『詰め込む』,いっぱいに入れる《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

《しばしば受動態で》(人・物が)〈城所・乗り物など〉‘を'『いっぱいにする』

《米話》…‘を'身につけている

(運搬・保管などのために)『荷作りする』,『包装する』《+『up』》

〈物が〉荷作りできる,包装し得る

(…に)〈が〉ぎっしりはいる《+『into』+『名』》

signature

『署名』

音楽記号(拍子記号・調記号など)

(本の)1ページの大きさに折り畳んだ大きな紙

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

configuration

(全体の)形状,外形;(部分の)配置;(星の)星位;原子配列

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

blast

〈C〉(風の)『一吹き』,一陣の風;突風,疾風《+『of』+『名』》

〈C〉(穴から吹き出す空気の)一吹き

〈C〉(笛・らっぱなどの)突然の大きな[不快な]音《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉爆破(explosion)《+『of』+『名』》

〈C〉(1回分の)発破,爆薬

〈C〉〈U〉爆風

…'を'『爆破する』;…'を'爆破して作る(開く)

《文》…'を'孫なう,台なしにする;〈霜などが〉…'を'枯

〈らっぱなど〉'を'急に大きく鳴らす

…'を'酷評する;(…について)〈人〉'を'こっぴどく叱る《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》

…'を'のろう(damn)

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

constellation

〈C〉星座;星位

〈C〉《胚》(名士・美女などの)きら星のように並んだ集まり《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

frontier

『国境』,国境地方

辺境(米国の西部開拓時代の開拓地と未開拓地の境界地方)

《しばしば複数形で》(学問・知識などの)最前線,未研究の分野

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

economic

『経済の』

『経済学の』

unlock

〈戸.箱など〉‘の'錠を開ける

〈つかんでいた手など〉'を'離す

〈秘密など〉'を'もらす,打ち明ける

錠が開く

拘束が解かれる(緩む)

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

camp

〈C〉(軍隊・登山隊・探検隊などの)『野営地』

〈C〉〈U〉野営のテント,仮設小屋

〈U〉野営,キャンプ[生活];軍隊生活

〈C〉夏季キャンプ場,サマーキャンプ

《集合的に》野営する人たち,キャンプする人たち

〈C〉(主義・信条などを同じくする)同志たち,同じ陣営;同じ立場

『野営する』,キャンプ生活を送る《+『out』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画