TED日本語 - ダニエレ・クエルチャ: 最も楽しい経路が選べる地図

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

地図アプリは、目的地への最短経路を見つけてくれる便利なものですが、少し遠回りしたい気分の時はどうでしょう?研究者のダニエレ・クエルチャ が、単に早いだけでなく、その道のりでどう感じられるかまで考慮に入れた「ハッピーマップ」をご覧に入れます。

Script

告白することがあります 私は科学者として エンジニアとして 長年効率を追求して来ましたが 効率というのも カルトであり得るのです それで今日は 私がこのカルトを捨てて もっと豊かな現実へと戻ってきた旅路について お話ししたいと思います

数年前 私はロンドンでの博士課程を終え ボストンに越してきました そしてボストンから ケンブリッジの職場に通っていました その夏に ロードレース用の 自転車を買って 毎日自転車で 通勤していました 経路をスマホで調べると マサチューセッツ通りを 行くようにと出ました それがボストンからケンブリッジへの 最短経路だと 1ヶ月ほど 車の往来の激しい その道を通っていましたが ある日 違う道を選びました なぜその日に限って 遠回りすることにしたのか覚えていません ただその時の驚きは よく覚えています その通りには 車がいなかったんです すぐ側の車ばかりの マサチューセッツ通りとは大違いです その通りには木が沢山あって 緑に覆われていたのも驚きでした しかし驚きの気持ちが過ぎると 私は恥ずかしさを感じました どうして自分は そんなにも盲目だったのかと 丸1ヶ月もの間 自分はモバイルアプリに 捕らわれ 最短経路で 職場に行くことしか 頭にありませんでした その過程で 道を走るのを楽しむとか 自然を肌で感じるとか 行き会う人と視線を交わすといったことは まるで考えませんでした それも単に ― 通勤時間を1分 短縮するためです

皆さんにも伺いましょう そういうのは私だけでしょうか? 道順を調べるのに 地図アプリを使ったことがない人いますか? たいていの人はあるでしょう 確かに地図アプリというのは とても便利なもので 人々にもっと街を探索するよう 促します スマホを見るだけで 行くべき道が即座に分かります しかし地図アプリは 目的地への行き方として 限られた道順しか示しません それが目的地に行く 唯一正しい道だと 思い込ませます

この体験は私を変えました 研究対象も それまでのデータマイニングから 人々が街をどう体験するか 理解することへと変わりました それまで社会科学で 行われていた実験を コンピュータサイエンスの道具を使って 大規模に行うようになりました 伝統的な社会科学の実験の 見事さや巧みさに 魅了されました ジェイン・ジェイコブズや スタンレー・ミルグラムや ケヴィン・リンチなどです その研究の結果として 新しい地図ができあがりました 青で示した 最短経路を見つけるだけでなく 赤で示した 最も楽しめる経路も 教えてくれる地図です どうやって実現したのか?

かつてアインシュタインは言いました 「論理ではA地点から B地点にしか行けないが 想像力はどこへでも 連れて行ってくれる」 それで想像力を働かせ まず人々が 街の中のどこを 美しいと思っているか 知る必要に気付き ケンブリッジ大の 同僚と一緒に 簡単な実験を 考案しました この2つの都市の 景観を見せて どっちが美しいと 思うか聞いたら 何と答えますか? 遠慮しないで Aだと思う人? Bだと思う人? そうでしょうとも このアイデアに基づいて クラウドソーシングを使った ウェブゲームを作りました 参加者は 一組の都市の風景を見て どちらが美しいか 静かか 楽しそうかを答えます 何千というユーザーの答えを 集約することで どの場所をみんなが より好ましく感じるか 分かりました

その研究の後 私はYahoo Labsに加わって ルカとロッサーノと チームを組み ロンドンで好まれている場所の データを集めて 新しい地図を作りました 人の感情によって 重み付けられた地図です この地図では 地点Aから地点Bへの 最短経路を 見つけられるだけでなく 楽しい経路 美しい経路 静かな経路も 見つけられます 実験の参加者は 楽しい経路や 美しい経路や 静かな経路の方が 最短経路よりも ずっと快適だと言っています しかも移動時間は ほんの数分長くなるだけです 参加者はまた 場所と思い出の 結び付きも素敵だと考えています 昔のBBCがあった場所のような みんなが共有する思い出や ファーストキスをした場所のような 個人的な思い出です 人はまた場所特有の 匂いや音も記憶しています だから見た目の 美しさだけでなく 匂いや 音や 思い出との 結びつきから 最も好ましい経路を 見つけてくれる 地図があったら どうでしょう? それが今 私たちの 研究していることです より大きな意味では 私の研究は 単一の経路の 危険を避けること 人々から街の総体的な体験を 奪わないようにするということです 駐車場の代わりに 公園を通ることにすると 道のりは全く 違ったものになります 車ばかりの道の代わりに 好きな人に沢山出会える 道を選ぶことで 道のりは全く 違ったものになります 単純な話です

最後のまとめですが 『トゥルーマン・ショー』は 覚えてますか? メディアを風刺した映画で 主人公は自分が番組用の 作り物の世界に住んでいることを知りません 私たちもまた効率という名の 作り物の世界に住んでいるのかもしれません 自分の日頃の習慣を 振り返って あの映画の主人公のように 作り物の世界から脱出することにしましょう なぜなら ― 「冒険は危険だと思うかもしれないが 決まり切った日常こそ致命的だ」からです

ありがとうございました

(拍手)

I have a confession to make. As a scientist and engineer, I've focused on efficiency for many years. But efficiency can be a cult, and today I'd like to tell you about a journey that moved me out of the cult and back to a far richer reality.

A few years ago, after finishing my Ph.D. in London, I moved to Boston. I lived in Boston and worked in Cambridge. I bought a racing bicycle that summer, and I bicycled every day to work. To find my way, I used my phone. It sent me over Mass. Ave., Massachusetts Avenue, the shortest route from Boston to Cambridge. But after a month that I was cycling every day on the car-packed Mass. Ave., I took a different route one day. I'm not entirely sure why I took a different route that day, a detour. I just remember a feeling of surprise; surprise at finding a street with no cars, as opposed to the nearby Mass. Ave. full of cars; surprise at finding a street draped by leaves and surrounded by trees. But after the feeling of surprise, I felt shame. How could I have been so blind? For an entire month, I was so trapped in my mobile app that a journey to work became one thing only: the shortest path. In this single journey, there was no thought of enjoying the road, no pleasure in connecting with nature, no possibility of looking people in the eyes. And why? Because I was saving a minute out of my commute.

Now let me ask you: Am I alone here? How many of you have never used a mapping app for finding directions? Most of you, if not all, have. And don't get me wrong -- mapping apps are the greatest game-changer for encouraging people to explore the city. You take your phone out and you know immediately where to go. However, the app also assumes there are only a handful of directions to the destination. It has the power to make those handful of directions the definitive direction to that destination.

After that experience, I changed. I changed my research from traditional data-mining to understanding how people experience the city. I used computer science tools to replicate social science experiments at scale, at web scale. I became captivated by the beauty and genius of traditional social science experiments done by Jane Jacobs, Stanley Milgram, Kevin Lynch. The result of that research has been the creation of new maps, maps where you don't only find the shortest path, the blue one, but also the most enjoyable path, the red one. How was that possible?

Einstein once said, "Logic will get you from A to B. Imagination will take you everywhere." So with a bit of imagination, we needed to understand which parts of the city people find beautiful. At the University of Cambridge, with colleagues, we thought about this simple experiment. If I were to show you these two urban scenes, and I were to ask you which one is more beautiful, which one would you say? Don't be shy. Who says A? Who says B? Brilliant. Based on that idea, we built a crowdsourcing platform, a web game. Players are shown pairs of urban scenes, and they're asked to choose which one is more beautiful, quiet and happy. Based on thousands of user votes, then we are able to see where consensus emerges. We are able to see which are the urban scenes that make people happy.

After that work, I joined Yahoo Labs, and I teamed up with Luca and Rossano, and together, we aggregated those winning locations in London to build a new map of the city, a cartography weighted for human emotions. On this cartography, you're not only able to see and connect from point A to point B the shortest segments, but you're also able to see the happy segment, the beautiful path, the quiet path. In tests, participants found the happy, the beautiful, the quiet path far more enjoyable than the shortest one, and that just by adding a few minutes to travel time. Participants also love to attach memories to places. Shared memories -- that's where the old BBC building was; and personal memories -- that's where I gave my first kiss. They also recalled how some paths smelled and sounded. So what if we had a mapping tool that would return the most enjoyable routes based not only on aesthetics but also based on smell, sound, and memories? That's where our research is going right now. More generally, my research, what it tries to do is avoid the danger of the single path, to avoid robbing people of fully experiencing the city in which they live. Walk the path through the park, not through the car park, and you have an entirely different path. Walk the path full of people you love and not full of cars, and you have an entirely different path. It's that simple.

I would like to end with this thought: do you remember "The Truman Show?" It's a media satire in which a real person doesn't know he's living in a fabricated world. Perhaps we live in a world fabricated for efficiency. Look at some of your daily habits, and as Truman did in the movie, escape the fabricated world. Why? Well, if you think that adventure is dangerous, try routine. It's deadly.

Thank you.

(Applause)

I have a confession/ to make.//

告白することがあります

As a scientist and engineer,/ I've focused on efficiency/ for many years.//

私は科学者として エンジニアとして 長年効率を追求して来ましたが

But efficiency can be a cult,/ and today/ I'd like to tell/ you/ about a journey/ that moved me/ out of the cult/ and back/ to a far richer reality.//

効率というのも カルトであり得るのです それで今日は 私がこのカルトを捨てて もっと豊かな現実へと戻ってきた旅路について お話ししたいと思います

A few years ago,/ after finishing my Ph.D./ in London,/ I moved to Boston.//

数年前 私はロンドンでの博士課程を終え ボストンに越してきました

I lived in Boston/ and worked in Cambridge.//

そしてボストンから ケンブリッジの職場に通っていました

I bought a racing bicycle/ that summer,/ and I bicycled every day/ to work.//

その夏に ロードレース用の 自転車を買って 毎日自転車で 通勤していました

To find my way,/ I used my phone.//

経路をスマホで調べると

It sent me/ over Mass.// Ave.//,/ Massachusetts Avenue,/ the shortest route/ from Boston/ to Cambridge.//

マサチューセッツ通りを 行くようにと出ました それがボストンからケンブリッジへの 最短経路だと

But after a month/ that I was cycling every day/ on the car-packed Mass.// Ave.//,/ I took a different route/ one day.//

1ヶ月ほど 車の往来の激しい その道を通っていましたが ある日 違う道を選びました

I'm not entirely sure/ why I took a different route/ that day,/ a detour.//

なぜその日に限って 遠回りすることにしたのか覚えていません

I just remember a feeling of surprise;/ surprise/ at finding a street/ with no cars,/ as opposed to the nearby Mass.// Ave. full of cars;/ surprise/ at finding a street draped by leaves/ and surrounded by trees.//

ただその時の驚きは よく覚えています その通りには 車がいなかったんです すぐ側の車ばかりの マサチューセッツ通りとは大違いです その通りには木が沢山あって 緑に覆われていたのも驚きでした

But after the feeling of surprise,/ I felt shame.//

しかし驚きの気持ちが過ぎると 私は恥ずかしさを感じました

How could I have been so blind?//

どうして自分は そんなにも盲目だったのかと

For an entire month,/ I was so trapped in my mobile app/ that a journey/ to work became one thing only:/ the shortest path.//

丸1ヶ月もの間 自分はモバイルアプリに 捕らわれ 最短経路で 職場に行くことしか 頭にありませんでした

In this single journey,/ there was no thought of enjoying the road,/ no pleasure/ in connecting with nature,/ no possibility of looking people/ in the eyes.//

その過程で 道を走るのを楽しむとか 自然を肌で感じるとか 行き会う人と視線を交わすといったことは まるで考えませんでした

And why?//

それも単に ―

Because I was saving a minute/ out of my commute.//

通勤時間を1分 短縮するためです

Now let me/ ask you:/ Am I alone/ here?//

皆さんにも伺いましょう そういうのは私だけでしょうか?

How many of you have never used a mapping app/ for finding directions?//

道順を調べるのに 地図アプリを使ったことがない人いますか?

Most of you,/ if not all,/ have.//

たいていの人はあるでしょう

And don't get me wrong --/ mapping apps are the greatest game-changer/ for encouraging people/ to explore the city.//

確かに地図アプリというのは とても便利なもので 人々にもっと街を探索するよう 促します

You take your phone out/ and you know immediately/ where to go.//

スマホを見るだけで 行くべき道が即座に分かります

However,/ the app also assumes/ there are only a handful of directions/ to the destination.//

しかし地図アプリは 目的地への行き方として 限られた道順しか示しません

It has the power/ to make those handful of directions/ the definitive direction/ to that destination.//

それが目的地に行く 唯一正しい道だと 思い込ませます

After that experience,/ I changed.//

この体験は私を変えました

I changed my research/ from traditional data-mining/ to understanding/ how people experience the city.//

研究対象も それまでのデータマイニングから 人々が街をどう体験するか 理解することへと変わりました

それまで社会科学で 行われていた実験を コンピュータサイエンスの道具を使って 大規模に行うようになりました

I became captivated by the beauty and genius of traditional social science experiments done by Jane Jacobs,/ Stanley Milgram,/ Kevin Lynch.//

伝統的な社会科学の実験の 見事さや巧みさに 魅了されました ジェイン・ジェイコブズや スタンレー・ミルグラムや ケヴィン・リンチなどです

The result of that research has been the creation of new maps,/ maps/ where you don't only find the shortest path,/ the blue one,/ but also/ the most enjoyable path,/ the red one.//

その研究の結果として 新しい地図ができあがりました 青で示した 最短経路を見つけるだけでなく 赤で示した 最も楽しめる経路も 教えてくれる地図です

How was that possible?//

どうやって実現したのか?

Einstein once said,/ "Logic will get you/ from A/ to B.//

かつてアインシュタインは言いました 「論理ではA地点から B地点にしか行けないが

Imagination will take you everywhere."//

想像力はどこへでも 連れて行ってくれる」

So/ with a bit of imagination,/ we needed to understand/ which parts of the city people find beautiful.//

それで想像力を働かせ まず人々が 街の中のどこを 美しいと思っているか 知る必要に気付き

At the University of Cambridge,/ with colleagues,/ we thought about this simple experiment.//

ケンブリッジ大の 同僚と一緒に 簡単な実験を 考案しました

If I were to show/ you/ these two urban scenes,/ and I were to ask/ you/ which one is more beautiful,/ which one would you say?//

この2つの都市の 景観を見せて どっちが美しいと 思うか聞いたら 何と答えますか?

Don't be shy.//

遠慮しないで

Who says A?// Who says B?//

Aだと思う人? Bだと思う人?

そうでしょうとも

Based/ on that idea,/ we built a crowdsourcing platform,/ a web game.//

このアイデアに基づいて クラウドソーシングを使った ウェブゲームを作りました

Players are shown pairs of urban scenes,/ and they're asked to choose/ which one is more beautiful,/ quiet/ and happy.//

参加者は 一組の都市の風景を見て どちらが美しいか 静かか 楽しそうかを答えます

Based on thousands of user votes,/ then/ we are able to see/ where consensus emerges.//

何千というユーザーの答えを 集約することで

We are/ able to see/ which are the urban scenes/ that make people happy.//

どの場所をみんなが より好ましく感じるか 分かりました

After that work,/ I joined Yahoo Labs,/ and I teamed up/ with Luca and Rossano,/ and together,/ we aggregated those winning locations/ in London/ to build a new map of the city,/ a cartography weighted for human emotions.//

その研究の後 私はYahoo Labsに加わって ルカとロッサーノと チームを組み ロンドンで好まれている場所の データを集めて 新しい地図を作りました 人の感情によって 重み付けられた地図です

On this cartography,/ you're not only able/ to see/ and connect from point A/ to point B/ the shortest segments,/ but you're also able/ to see the happy segment,/ the beautiful path,/ the quiet path.//

この地図では 地点Aから地点Bへの 最短経路を 見つけられるだけでなく 楽しい経路 美しい経路 静かな経路も 見つけられます

In tests,/ participants found the happy,/ the beautiful,/ the quiet path far more enjoyable/ than the shortest one,/ and/ that just/ by adding a few minutes to travel time.//

実験の参加者は 楽しい経路や 美しい経路や 静かな経路の方が 最短経路よりも ずっと快適だと言っています しかも移動時間は ほんの数分長くなるだけです

Participants also love to attach/ memories/ to places.//

参加者はまた 場所と思い出の 結び付きも素敵だと考えています

Shared memories --/ that's/ where the old BBC building was;/ and personal memories --/ that's/ where I gave my first kiss.//

昔のBBCがあった場所のような みんなが共有する思い出や ファーストキスをした場所のような 個人的な思い出です

They also recalled/ how some paths smelled/ and sounded.//

人はまた場所特有の 匂いや音も記憶しています

So/ what if we had a mapping tool/ that would return the most enjoyable routes based not only/ on aesthetics/ but also/ based/ on smell,/ sound,/ and memories?//

だから見た目の 美しさだけでなく 匂いや 音や 思い出との 結びつきから 最も好ましい経路を 見つけてくれる 地図があったら どうでしょう?

That's/ where our research is going right now.//

それが今 私たちの 研究していることです

More generally,/ my research,/ what it tries to do/ is avoid the danger of the single path,/ to avoid robbing people of fully experiencing/ the city/ in which they live.//

より大きな意味では 私の研究は 単一の経路の 危険を避けること 人々から街の総体的な体験を 奪わないようにするということです

Walk the path/ through the park, not through the car park,/ and you have an entirely different path.//

駐車場の代わりに 公園を通ることにすると 道のりは全く 違ったものになります

Walk the path full of people/ you love and not full of cars,/ and you have an entirely different path.//

車ばかりの道の代わりに 好きな人に沢山出会える 道を選ぶことで 道のりは全く 違ったものになります

It's/ that simple.//

単純な話です

I would like to end/ with this thought:/ do you remember "The Truman Show?"//

最後のまとめですが 『トゥルーマン・ショー』は 覚えてますか?

It's a media satire/ in which a real person doesn't know he's living in a fabricated world.//

メディアを風刺した映画で 主人公は自分が番組用の 作り物の世界に住んでいることを知りません

Perhaps/ we live in a world fabricated for efficiency.//

私たちもまた効率という名の 作り物の世界に住んでいるのかもしれません

Look/ at some of your daily habits,/ and/ as Truman did in the movie,/ escape the fabricated world.//

自分の日頃の習慣を 振り返って あの映画の主人公のように 作り物の世界から脱出することにしましょう

Why?//

なぜなら ―

Well,/ if you think/ that adventure is dangerous,/ try routine.// It's deadly.//

「冒険は危険だと思うかもしれないが 決まり切った日常こそ致命的だ」からです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

confession

(罪などの)『自白』,自認《+『of』+『名』》

〈C〉《文》(信仰の)告白《+『of』+『名』》

(罪の)ざんげ

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

cult

(宗教的)儀式;信仰,祭礼

(人・物に対する)崇拝,礼賛,…熱《+『of』+『名』》

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

bicycle

(2輪の)『自転車』

自転車に乗る,自転車で行く

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

ave

ばんざい;ようこそ

ごきげんよう

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

route

『道筋』,路線,ルート

《米》(南商人・配達人などの)巡回路;巡回区域

…‘を'道筋を決める

…‘を'(…の)ルートで送る《+『名』+『by』(『through』)+『名』》

cycle

『周期』,循環期;一巡り

周波,サイクル

(英雄・伝説などを扱った)一連の詩(物語)

『自転車』;三輪車;オートバイ

自転車に乗る

循環する,反復する

entirely

『全く』,『すっかり』,完全に

detour

回り道,遠回り

回り道をする《+『around』(『round』)》

…‘に'回り道をさせる

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

nearby

《名詞の前にのみ用いて》すぐ近くの,そばの(close by)

《名詞・動詞の後に用いて》近くに

《前置詞的に》…の近くの(に)

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

drape

…‘を'掛け布でおおう;(垂れ布などで)…‘を'飾る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

…‘を'ぞんざいに置く,だらりと下げる

〈布・服など〉‘に'ゆるい優美なひだをつける

〈掛け布などが〉優美なひだになって垂れ下がる

〈C〉《通例複数形で》掛け布,垂れ布;《米》特に左右に開閉する1対の長いカーテン

〈U〉《またa~》(布などの)たれぐあい

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

surround

…‘を'『囲む』,取り巻く

(…で)…‘に'『囲いをする』《+名+with+名》

(窓回りなどの)装飾的な枠取り;(じゅうたんと壁との間の)ほり敷物

(ある区域・範囲を)取り囲む物

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

trap

(獲物をとる)『わな』

(人を陥れる)わな,計略,策略

防臭弁(水をためて臭気を防ぐ排水管のUまたはS字刑の部分)

トラップ(クレイ射撃で標的の粘土のハトを飛ばす装置)

(犬の競走で)犬の飛び出し口

《おもに英》軽二輪馬車

《俗》口

《複数形で》打楽器[類]

〈動物〉‘を'わなに掛ける

〈人〉‘を'計略に掛ける,‘に'いっぱい食わせる

〈ガス・液体など〉‘を'防臭弁で防ぐ;…‘を'ふさぐ,さえぎる

わなを仕掛ける

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

road

『道路』,『道』;街道

(都市・町の)…街,…通り(street);《the…Roadとして》…街道;通例Rdと訳し固有名詞に付て

(ある目的に至る)『道』(course),手段(means)《+『to』+『名』》

鉄道(railroad)

=roadstead

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

commute

《文》(別のものに)…'を'振り替える,切り替える《+『名』+『to』(『for』)+『名』》

〈刑罰・責務など〉'を'(軽いものに)代える《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈電流〉'を'整流する

(…間を)定期(回数)券で通勤する《+『between』+『名』》,(…から…まで)定期で通勤する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

(定期券による)通勤

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

mapping

(数学で)関数

地図製作

(時間の)割当て

direction

〈C〉〈U〉『方向』,方角;方面

〈C〉(思想・行動の)『傾向』,(事態が向かう)方向,(情報の)線

〈U〉『監督』,管理;指揮,指導

〈C〉《通例複数形で》(…についての)『指示』,指図,命令《+『for』(『about』)+『名』

+『asto』『名』(『wh-句』)》

〈U〉(音楽・演劇・映画などの)『指揮』,演出,監督

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

handful

(…の)『一握り』,一つかみ《+『of』+『名』》

《a handful》(…の)わずか,少量,少数《+of+名》

《話》手に負えない人(物事)

destination

(旅行・航海などの)『目的地』,行き先;(物の)『送付先』,到着地

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

definitive

決定的な,最終的な(final)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

computer

『計算機』;『電子計算機』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

social science

社会科学(歴史・経済学・政治学・社会学・人類学など)

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

captivate

〈物事が〉〈人〉‘の'心を捕える,'を'魅惑する

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

genius

〈U〉(特に科学・芸術における)『天才』《+『in』+『名』》

〈C〉(…の)『天才』[『の人』]《+『in』+『名』》

〈C〉知能指数の非常に高い人

《a ~》(一般的に)(…に対する)才能,素質《+『for』+『名』(do『ing』)》

《単数形で》(時代・人々・言語などの)特質,精神《+『of』+『名』》

〈C〉(一般的に)才能のある人

〈C〉影響力の強い人

〈C〉《文》(人・場所の)守り神

lynch

…‘に'私刑(リンチ)を加える

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

enjoyable

楽しろい,愉快な,楽しめる

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

imagination

〈U〉〈C〉『想像』,空想

〈U〉《話》想像の産物,空想的な考え,気の迷い

〈U〉創作力,創意

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

urban

都市(都会)の

都市に住む

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

shy

(人が)『恥ずかしがり屋の』,内気な;(態度などが)恥ずかしそうな,引っ込み思案の・(動物が)『おく病な』,びくびくする・《補語にのみ用いて》(…を)用心する,警戒する,ためらう,いやがる《+『of』+『名』(do『ing』)》・《補語にのみ用いて》《米語》(…が)足りない,欠けている(short)《+『of』+『名』》・(…に)〈馬が〉驚いて(おびえて)後ずさりする《+『at』+『名』》;(…から)しりごみする(…に)おじける《《+『away』『from』+『名』(do『ing』)》

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

quiet

『静かな』,ひっそりした,閑静な

『音を出さない』(『立てない』),沈黙した(silent)

『動きのない』,静止した

『平穏な』,穏やかな,安らかな

(色などが)落ち着いた,じみな

静かさ,静寂・平穏(tranquility);安静(rest)・平静・〈人・騒ぎなど〉‘を'静める;…‘を'なだめる・静まる;落ち着く

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

consensus

(多人数の意見などの)一致,調和《+『of』+『名』》;一致した意見,総意

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

yahoo

粗野な武骨者・野蛮な人間・獣のような人間[Swift のガリヴァー旅行記より]・(Yahooとして)ヤフー (米国スタンフォード大学の学生だったジェリー・ヤン(Jerry Young)とデービッド・ファイロ(David Filo)が創設したインターネット上の検索エンジン) ・田舎者・やっほー・わーい・大声でしゃべりまくる人

lab

実験室(laboratory)

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

aggregate

…'を'集める

総計(…に)なる《+『to』+『名』》

集まった,総計の

集合体

〈U〉〈C〉(砂利など)骨材

《the ~》総計,総額

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

cartography

地図製作[法]

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

emotion

『強い感情』,感動,感激

(喜怒哀楽などの)『感情』,情緒:

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

segment

区分,部分

切片(円などの一部);(直線の)線分

…‘を'分ける

分かれている,分裂する

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

participant

(…の)関係者,(…への)参加者《+『in』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

BBC

British Broadcasting Corporation 英国放送協会

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

kiss

…‘に'『口づけする』,『キスする』

…‘に'軽く触れる

口づけする,キスをする

《俗》(前の車に)追突する

『口づけ,キス』

軽く触れること

(1個ずつ紙・銀紙に包まれたチョコレートなどの)小さなキャンデー

recall

…‘を'『思い出す』,…‘が'思い出される

(…から…へ)〈人〉‘を'『呼び戻す』,召還する;〈物〉‘を'回収する《+『名』+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈命令・決定など〉‘を'『取り消す』,徹回する

《米》…‘を'任期満了前に解雇する

〈U〉(人・物事を)『思い出すこと』,(…の)回想《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa ~》(人の)召還;(物の)回収

〈U〉取り消し,徹回

〈U〉〈C〉リコール(有権者による公職者の罷免)

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

return

(…から元の場所・状態などに)『帰る』,戻る《+from+名+to+『名』》

再び起こる,再発する

(元の持ち主・場所・状態に)…‘を'『返す』,戻す《+『名』+『to』+『名』》

(同じようなやり方で)(…に対して)…‘を'『お返しする』,…‘で'こたえる《+『名』+『for』+『名』》

…‘を'公式に報告する,答申する

〈利子・利益など〉‘を'生む,生ずる

(国会議員などに)…‘を'選出する

《しばしば引用節を従えて》…‘と'言葉を返す,返答する

〈C〉(…から…べ)『帰って来ること』,帰還《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…が)再び起ること(来ること);(病気の)再発《+『of』+『名』》

〈U〉(…を)戻すこと,(…の)返却《+『fo』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)返礼,返報《+『for』+『名』》

〈C〉公式の報告[書],答申,(所得の)申告

〈C〉《しばしば複数形で》収入;利潤

《英》(国会議員などの)選挙

《米》『帰りの』;《英》往復の(《米》round・trip))

返しの,返報の

aesthetic

美学の;審美的な

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

danger

〈U〉『危険』,おそれ(peril)

〈C〉(…に対して)『危険を引き起こすもの』,脅威(menace)《+『to』+『名』》

fully

『十分に』,完全に

まるまる

car park

=parking lot

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

Truman

トルーマン(Harry S~;1884‐1972);米国第33代大統領1945‐53)

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

satire

〈U〉(…についての)『風刺』,皮肉,いやみ,ひやかし《+『on』+『名』》

〈C〉(…についての)風刺小説(劇),風刺詩文《+『on』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

fabricate

…‘を'組み立てる,(組み立てて)…を制作(建造)する

〈うそなど〉‘を'作り上げる;〈文書など〉‘を'偽造する

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

habit

〈C〉

〈U〉〈C〉(個人の)『習慣』;(動・植物の)習性

〈C〉(麻薬などの)常用癖

〈C〉(僧衣など,特殊な)衣服

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

routine

『いつもの手順』,『決まりきった仕事』

(喜劇・踊りの)型どおりの演技

(することや,やり方に)変化がないこと,単調

『いつもの』,型どおりの

独創性のない

deadly

『致命的な』,命にかかわる(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》殺そう(滅ぼそう)とねらっている;生かしておけない

《名詞の前にのみ用いて》死(死人)のような

《名詞の前にのみ用いて》はなはだしい,過度の

耐えられないほど退屈な

『死んだように』,死人のように

はなはだしく,びどく(extremely)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画