TED日本語 - ハース&ハーン: 色を塗って地域を変えるには

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アーティストのイェロン・クールハースとドレ・ウルハーンは、地域全体をペンキで塗装し、住民を巻き込みながらコミュニティ・アートを作っています。場所はリオデジャネイロのファヴェーラから、ノース・フィラデルフィアの街並みにまで及びます。どうして彼らのプロジェクトは成功したのでしょうか?この面白く感動的な話を通して2人が説明しているのは、アート優先のアプローチについて、そして、ご近所を誘ってバーベキューをすることの大切さです。

Script

(ドレ・ウルハーン) この会場が建っているのは 世界一有名なビーチ コパカバーナです 一方ここから25km離れた リオデジャネイロの北地区には ヴィラ・クルゼイロという貧民街があって およそ6万人が暮らしています リオの住人は ヴィラ・クルゼイロのことを 主にニュースで知ります ただ残念なことに そこからのニュースには 良くないものが多いんです でもそんなヴィラ・クルゼイロから 私たちの話は始まります

(イェロン・クールハース) 私たちは10年前に初めてリオに来ました ファヴェーラの暮らしを ドキュメンタリーに撮るためです それでファヴェーラが 不法居住者の街だと知りました 地方出身者が 仕事を求めて都会に出てきて 何年もかけて出来上がりました まるで都市の中の都市です 犯罪や貧困 それから警察と麻薬組織との 血みどろの 麻薬戦争で知られています 私たちはこう感じました この街は そこに暮らす人々が 全体計画なんか立てずに 自分たちの手で作り上げた 巨大な工事現場のようだと 私たちの出身地オランダでは すべてが計画されています 規則の守り方にまで 規則があるんですから (笑)

(ウルハーン)撮影最終日に ヴィラ・クルゼイロにたどり着き 腰を下ろしてお酒を飲みながら 家々が立ち並ぶ この丘を 眺めていました ほとんどの家は未完成のようで 壁のレンガはむき出しでしたが 何軒か 漆喰仕上げで ペンキを塗った家がありました その時急に思いついたんです この家々が全部 漆喰仕上げで 塗装されていたら どんな風になるだろう? こうして私たちは ひとつの大規模なデザイン ― ひとつの大規模な芸術作品を 思い描いたんです 誰がこんな場所で そんなことを考えるでしょう? そもそも そんなことが 出来るんだろうか? そこで まず家の軒数を数え始めましたが すぐに分からなくなりました でもなぜかこのアイデアが 頭から離れなかったんです

(クールハース) 私たちには友人がいました 彼はヴィラ・クルゼイロで NGOを運営していました 名前はナンコといいます 彼もこのアイデアを気に入って こう言いました 「ここの人はみんな ― 外壁を仕上げて 塗装したら大喜びするだろう それでやっと家が完成するんだから」 そして彼がふさわしい人々を 紹介してくれて ヴィトールとマウリーが スタッフになりました 私たちは街の中心にある 3軒を選びそこから始めました いくつかデザインしましたが みんなが気に入ったのは 凧をあげる少年のデザインでした それから色を塗り始めました まず全体をブルーで塗りました それだけでも結構いいと思ったのに 住民はひどく嫌がり こう言いました 「お前ら何てことしたんだ? 俺たちの家を 警察署と 同じ色に塗るなんて」 (笑) ファヴェーラには ふさわしくありません それに刑務所の監房も同じ色なんです だからすぐ作業を進めて 少年を描きあげました 完成したと思って 私たちは満足しましたが まだダメでした 子供たちがやって来て言うんです 「凧をあげてる子は見えるけど 凧はどこにあるの?」 私たちは こう答えました 「これはアートなんだ 凧は想像しなよ」 (笑) それでも子供たちは 「ダメだよ 凧が見たいよ」と言うんです それで 丘のずっと上の方に 凧を設置して 凧をあげる少年も 凧も見えるようにしました 地元の新聞が記事にしてくれました すごい事です ガーディアン紙にまで載りました 「悪名高いスラム街が 青空ギャラリーに」

(クールハース)私たちは この成功で自信をつけて 次のプロジェクトのために リオへ戻ってきました そして偶然 ある通りを見つけたんです 地滑り防止のコンクリートで覆われていて 何だか川みたいでした そこで私たちは この通りを 錦鯉が上っている ― 日本風の川に見立てたんです そんな川を描くことに決めて ロブ・アドミラールに声をかけました 彼はタトゥーアーティストで 日本風の刺青が専門です その川を描くのに 丸一年近くもかかるとは 思いもしませんでした 一緒に作業したのは近所に住む ジョバーニとロビーニョと ヴィトールでした さらに私たちは ここに引っ越して来ました この通りに住むエリアスという人が 自分の家族と一緒に住まないかと 誘ってくれたんです 素晴らしい経験でした ところが残念なことに この頃 警察と麻薬組織が また抗争を始めたんです (ビデオ)(銃声) この時 私たちが学んだのは こういう大変な時こそ地域の人々が 助け合うということです 他にも とても大切な事を学びました バーベキューの大切さです (笑) バーベキューをやれば 客である私たちも みんなをもてなせるんですから だからほぼ1週おきに バーベキューをやって 近所のみんなと知り合いになりました

(クールハース)ただ 丘の計画はまだ頭にありました

(ウルハーン)そうだね 2人でこの計画の 規模について話していました この作品は物凄く巨大で 呆れるほど細かいせいで 計画を立てていると すっかり頭が変になりそうでした ただ私たちは思いました このプロセス つまり 地域で過ごす時間が 色を塗ることそのものよりも 本当はずっと大事じゃないかって

(クールハース)その後もずっと 丘の計画は頭にあったので スケッチや模型を作り始めて ある結論に達しました アイデアやデザインを 前回のプロジェクトより 少しだけシンプルにすれば もっと多くの人が参加できるし 同時により多くの家を カバーできると考えたんです それを試す機会にも恵まれました リオの中心部にある ― サンタ・マルタという地域です 私たちはこの場所向けに こんなデザインをして 人々に協力を求めました 結局アイデアが呆れるほど大規模なら むしろ喜んで協力してくれるのです (笑) サンタ・マルタの人々が力を合わせて 1か月余りで 一区画を こんな風に仕上げました (拍手) この画像は なぜか世界中に広まりました

(ウルハーン)そして 思いがけない所から電話がきました それはフィラデルフィア 壁画アートプログラムからで 尋ねたいことがあると言うんです 私たちのアイデアや方法が アメリカ有数の貧困地区である ― ノース・フィラデルフィアでも 上手くいくだろうか という質問でした 私たちは即イエスと答えました 方法は決めていませんでしたが すごく面白そうだと思ったんです だからまずリオの時と全く同じように その地域に引っ越して バーベキューを始めました (笑) このプロジェクトは完成までに 約2年かかりました 色を塗った街路に面する家は 全部 1軒ずつデザインしました 地元の商店主や ビルの所有者や 十数人の若者達と 一緒になってデザインしたんです 彼らを雇って塗装の訓練をし みんなで自分たちの 地域の街並み全体を 巨大な色のパッチワークに変えたんです (拍手) 最終的にフィラデルフィア市は 彼ら一人ひとりに 感謝の意を表し功績を称えました

(クールハース)私たちは 街並み全体を塗りました じゃあ丘全体なら どうなるでしょう? 資金の調達先を探し始めてはみたものの たくさんの問題に 突き当たるばかりでした 例えば 家は何軒塗ればいいのか? どれ位の面積になるのか? ペンキはどれだけ必要になるのか? 何人雇えばいいのか? 私たちは実際に 何年もかけて資金計画を書き あらゆる疑問に答えを出そうとしました ただその一方で 疑問に全部答えるには 現場で作業を始める前に やろうとする事を正確に 知っている必要があるんです でも そんな考え方自体 間違っているのかも知れません 私たちが学んできた魔法 つまり どこかに出かけて行って そこで過ごしていれば 計画は自然に膨らんでいって 生命が宿るという 魔法が消えてしまうんじゃないか

(ウルハーン)だから私たちは この計画から数字も発想も仮定も 全部取り除いて 最初のアイデアに 立ち返ろうと決めたんです この丘を巨大な アートにするというアイデアです そしてスポンサーを探す代わりに クラウドファンディングの キャンペーンを始め 1か月ちょっとで 1,500人以上が協力して 10万ドル以上を寄付してくれました これは私たちにとって 素晴らしい瞬間でした なぜなら ― (拍手) なぜなら私たちはこの時やっと 学んできた事を生かして ― ファヴェーラが出来たのと同じ様に プロジェクトを進められるように なったんですから つまり全体計画など立てず 一からボトムアップで 作り上げるんです

(クールハース)私たちは戻って アンジェロを雇いました 彼はヴィラ・クルゼイロ出身の アーティストで 多才な上に顔が広いんです それからエリアスも雇いました 以前 私たちを自分の家に 住み込ませてくれた人で 大工の親方です 彼らと どこから着手するか決めました これはヴィラ・クルゼイロの 一画を選んで 漆喰を塗っているところです 彼らのいい所は 次にどの家にするか決めていることです さらにTシャツまで作り 誰にでも全てが分かるように 説明が書かれた横断幕を掲げ メディアの取材にも答えます アンジェロを取り上げた こんな記事も出ました

(ウルハーン)その一方で私たちは このアイデアを 世界中に広めています フィラデルフィアでの プロジェクトと同じ様に キュラソーなどに招かれて ワークショップを開催していますし ハイチでは大規模な プロジェクトを計画中です

(クールハース) ファヴェーラは このアイデアの 発信源というだけではありません そこは全体計画などなくても 作品を作れる場所でもあったんです それは ここが不法住居地域だからです これは啓示でした そして地域の人々と共に汗をかくことで オーケストラみたいに作業できます そこでは100種類の楽器を 一斉に奏でて シンフォニーを生み出せます

(ウルハーン)だから 私たちはこの夢に参加して ずっと支えてくれた みんなに感謝したいし これからも続けるつもりです

(クールハース)そうだね だから近い将来 ― いろんな色が 壁を彩り始める時には もっと多くの人々に この壮大な夢に加わって欲しいですね そうすれば いつか ヴィラ・クルゼイロ全体が 美しく彩られることになるでしょう

(ウルハーン)ありがとう

(拍手)

Dre Urhahn: This theater is built on Copacabana, which is the most famous beach in the world, but 25 kilometers away from here in the North Zone of Rio lies a community called Vila Cruzeiro, and roughly 60,000 people live there. Now, the people here in Rio mostly know Vila Cruzeiro from the news, and unfortunately, news from Vila Cruzeiro often is not good news. But Vila Cruzeiro is also the place where our story begins.

Jeroen Koolhaas: Ten years ago, we first came to Rio to shoot a documentary about life in the favelas. Now, we learned that favelas are informal communities. They emerged over the years when immigrants from the countryside came to the cities looking for work, like cities within the cities, known for problems like crime, poverty, and the violent drug war between police and the drug gangs. So what struck us was that these were communities that the people who lived there had built with their own hands, without a master plan and like a giant work in progress. Where we're from, in Holland, everything is planned. We even have rules for how to follow the rules. (Laughter)

DU: So the last day of filming, we ended up in Vila Cruzeiro, and we were sitting down and we had a drink, and we were overlooking this hill with all these houses, and most of these houses looked unfinished, and they had walls of bare brick, but we saw some of these houses which were plastered and painted, and suddenly we had this idea: what would it look like if all these houses would be plastered and painted? And then we imagined one big design,one big work of art. Who would expect something like that in a place like this? So we thought, would that even be possible? So first we started to count the houses, but we soon lost count. But somehow the idea stuck.

JK: We had a friend. He ran an NGO in Vila Cruzeiro. His name was Nanko, and he also liked the idea. He said, "You know, everybody here would pretty much love to have their houses plastered and painted. It's when a house is finished." So he introduced us to the right people, and Vitor and Maurinho became our crew. We picked three houses in the center of the community and we start here. We made a few designs, and everybody liked this design of a boy flying a kite the best. So we started painting, and the first thing we did was to paint everything blue, and we thought that looked already pretty good. But they hated it. The people who lived there really hated it. They said, "What did you do? You painted our house in exactly the same color as the police station." (Laughter) In a favela, that is not a good thing. Also the same color as the prison cell. So we quickly went ahead and we painted the boy, and then we thought we were finished, we were really happy, but still, it wasn't good because the little kids started coming up to us, and they said, "You know, there's a boy flying the kite, but where is his kite?" We said, "Uh, it's art. You know, you have to imagine the kite." (Laughter) And they said, "No, no, no, we want to see the kite." So we quickly installed a kite way up high on the hill, so that you could see the boy flying the kite and you could actually see a kite. So the local news started writing about it, which was great, and then even The Guardian wrote about it: "Notorious slum becomes open-air gallery."

JK: So, encouraged by this success, we went back to Rio for a second project, and we stumbled upon this street. It was covered in concrete to prevent mudslides, and somehow we saw a sort of river in it, and we imagined this river to be a river in Japanese style with koi carp swimming upstream. So we decided to paint that river, and we invited Rob Admiraal, who is a tattoo artist, and he specialized in the Japanese style. So little did we know that we would spend almost an entire year painting that river, together with Geovani and Robinho and Vitor, who lived nearby. And we even moved into the neighborhood when one of the guys that lived on the street, Elias, told us that we could come and live in his house, together with his family, which was fantastic. Unfortunately, during that time, another war broke out between the police and the drug gangs. (Video) (Gunfire) We learned that during those times, people in communities really stick together during these times of hardship, but we also learned a very important element, the importance of barbecues. (Laughter) Because, when you throw a barbecue, it turns you from a guest into a host, so we decided to throw one almost every other week, and we got to know everybody in the neighborhood.

JK: We still had this idea of the hill, though.

DU: Yeah, yeah, we were talking about the scale of this, because this painting was incredibly big, and it was insanely detailed, and this process almost drove us completely insane ourselves. But we figured that maybe, during this process, all the time that we had spent in the neighborhood was maybe actually even more important than the painting itself.

JK: So after all that time, this hill, this idea was still there, and we started to make sketches, models, and we figured something out. We figured that our ideas, our designs had to be a little bit more simple than that last project so that we could paint with more people and cover more houses at the same time. And we had an opportunity to try that out in a community in the central part of Rio, which is called Santa Marta, and we made a design for this place which looked like this, and then we got people to go along with it because turns out that if your idea is ridiculously big, it's easier to get people to go along with this. (Laughter) And the people of Santa Marta got together and in a little over a month they turned that square into this. (Applause) And this image somehow went all over the world.

DU: So then we received an unexpected phone call from the Philadelphia Mural Arts Program, and they had this question if this idea, our approach, if this would actually work in North Philly, which is one of the poorest neighborhoods in the United States. So we immediately said yes. We had no idea how, but it seemed like a very interesting challenge, so we did exactly the same as we did in Rio, and we moved into the neighborhood and started barbecuing. (Laughter) So the project took almost two years to complete, and we made individual designs for every single house on the avenue that we painted, and we made these designs together with the local store owners, the building owners, and a team of about a dozen young men and women. They were hired, and then they were trained as painters, and together they transformed their own neighborhood, the whole street, into a giant patchwork of color. (Applause) And at the end, the city of Philadelphia thanked every single one of them and gave them a merit for their accomplishment.

JK: So now we had painted a whole street. How about we do this whole hill now? We started looking for funding, but instead, we just ran into questions, like, how many houses are you going to paint? How many square meters is that? How much paint are you going to use, and how many people are you going to employ? And we did try for years to write plans for the funding and answer all those questions, but then we thought, in order to answer all those questions, you have to know exactly what you're going to do before you actually get there and start. And maybe it's a mistake to think like that. It would lose some of the magic that we had learned about that if you go somewhere and you spend time there, you can let the project grow organically and have a life of its own.

DU: So what we did is we decided to take this plan and strip it away from all the numbers and all the ideas and presumptions and just go back to the base idea, which was to transform this hill into a giant work of art. And instead of looking for funding, we started a crowdfunding campaign, and in a little over a month, more than 1,500 people put together and donated over 100,000 dollars. So for us, this was an amazing moment, because now -- (Applause) -- because now we finally had the freedom to use all the lessons that we had learned and create a project that was built the same way that the favela was built, from the ground on up, bottom up, with no master plan.

JK: So we went back, and we employed Angelo, and he's a local artist from Vila Cruzeiro, very talented guy, and he knows almost everybody there, and then we employed Elias, our former landlord who invited us into his house, and he's a master of construction. Together with them, we decided where to start. We picked this spot in Vila Cruzeiro, and houses are being plastered as we speak. And the good thing about them is that they are deciding which houses go next. They're even printing t-shirts, they're putting up banners explaining everything to everybody, and talking to the press. This article about Angelo appeared.

DU: So while this is happening, we are bringing this idea all over the world. So, like the project we did in Philadelphia, we are also invited to do workshops, for instance in Curacao, and right now we're planning a huge project in Haiti.

JK: So the favela was not only the place where this idea started: it was also the place that made it possible to work without a master plan, because these communities are informal -- this was the inspiration -- and in a communal effort, together with the people, you can almost work like in an orchestra, where you can have a hundred instruments playing together to create a symphony.

DU: So we want to thank everybody who wanted to become part of this dream and supported us along the way, and we are looking at continuing.

JK: Yeah. And so one day pretty soon, when the colors start going up on these walls, we hope more people will join us, and join this big dream, and maybe one day, the whole of Vila Cruzeiro will be painted.

DU: Thank you.

(Applause)

Dre Urhahn:/ This theater is built on Copacabana,/ which is the most famous beach/ in the world,/ but 25 kilometers away/ from here/ in the North Zone of Rio lies/ a community called Vila Cruzeiro,/ and roughly 60,000 people live there.//

(ドレ・ウルハーン) この会場が建っているのは 世界一有名なビーチ コパカバーナです 一方ここから25km離れた リオデジャネイロの北地区には ヴィラ・クルゼイロという貧民街があって およそ6万人が暮らしています

Now,/ the people here/ in Rio mostly know Vila Cruzeiro/ from the news,/ and unfortunately,/ news/ from Vila Cruzeiro often is not good news.//

リオの住人は ヴィラ・クルゼイロのことを 主にニュースで知ります ただ残念なことに そこからのニュースには 良くないものが多いんです

But Vila Cruzeiro is also the place/ where our story begins.//

でもそんなヴィラ・クルゼイロから 私たちの話は始まります

Jeroen Koolhaas:/ Ten years ago,/ we first came to Rio/ to shoot a documentary/ about life/ in the favelas.//

(イェロン・クールハース) 私たちは10年前に初めてリオに来ました ファヴェーラの暮らしを ドキュメンタリーに撮るためです

Now,/ we learned/ that favelas are informal communities.//

それでファヴェーラが 不法居住者の街だと知りました

They emerged over the years/ when immigrants/ from the countryside came to the cities/ looking for work,/ like cities/ within the cities,/ known for problems/ like crime,/ poverty,/ and the violent drug war/ between police and the drug gangs.//

地方出身者が 仕事を求めて都会に出てきて 何年もかけて出来上がりました まるで都市の中の都市です 犯罪や貧困 それから警察と麻薬組織との 血みどろの 麻薬戦争で知られています

So/ what struck us/ was/ that these were communities/ that the people/ who lived there had built with their own hands,/ without a master plan/ and/ like a giant work/ in progress.//

私たちはこう感じました この街は そこに暮らす人々が 全体計画なんか立てずに 自分たちの手で作り上げた 巨大な工事現場のようだと

Where we're from,/ in Holland,/ everything is planned.//

私たちの出身地オランダでは すべてが計画されています

We even have rules/ for how to follow the rules.//

規則の守り方にまで 規則があるんですから

(笑)

DU:/ So the last day of filming,/ we ended up/ in Vila Cruzeiro,/ and we were sitting down/ and we had a drink,/ and we were overlooking this hill/ with all these houses,/ and most of these houses looked unfinished,/ and they had walls of bare brick,/ but we saw some of these houses/ which were plastered/ and painted,/ and suddenly/ we had this idea:/ what would it look like if all these houses would be plastered and painted?//

(ウルハーン)撮影最終日に ヴィラ・クルゼイロにたどり着き 腰を下ろしてお酒を飲みながら 家々が立ち並ぶ この丘を 眺めていました ほとんどの家は未完成のようで 壁のレンガはむき出しでしたが 何軒か 漆喰仕上げで ペンキを塗った家がありました その時急に思いついたんです この家々が全部 漆喰仕上げで 塗装されていたら どんな風になるだろう?

And then/ we imagined one big design,/one big work of art.//

こうして私たちは ひとつの大規模なデザイン ― ひとつの大規模な芸術作品を 思い描いたんです

Who would expect something/ like that/ in a place/ like this?//

誰がこんな場所で そんなことを考えるでしょう?

So we thought,/ would/ that even be possible?//

そもそも そんなことが 出来るんだろうか?

So first/ we started to count/ the houses,/ but we soon lost count.//

そこで まず家の軒数を数え始めましたが すぐに分からなくなりました

But somehow/ the idea stuck.//

でもなぜかこのアイデアが 頭から離れなかったんです

JK:/ We had a friend.//

(クールハース) 私たちには友人がいました

He ran an NGO/ in Vila Cruzeiro.//

彼はヴィラ・クルゼイロで NGOを運営していました

His name was Nanko,/ and he also liked the idea.//

名前はナンコといいます 彼もこのアイデアを気に入って こう言いました

He said,/ "You know,/ everybody here would pretty much love to have/ their houses plastered/ and painted.//

「ここの人はみんな ― 外壁を仕上げて 塗装したら大喜びするだろう

It's/ when a house is finished."//

それでやっと家が完成するんだから」

So he introduced us/ to the right people,/ and Vitor and Maurinho became our crew.//

そして彼がふさわしい人々を 紹介してくれて ヴィトールとマウリーが スタッフになりました

We picked three houses/ in the center of the community/ and we start here.// We made a few designs,/ and everybody liked this design of a boy/ flying a kite/ the best.//

私たちは街の中心にある 3軒を選びそこから始めました いくつかデザインしましたが みんなが気に入ったのは 凧をあげる少年のデザインでした

So/ we started painting,/ and the first thing/ we did/ was to paint/ everything blue,/ and we thought/ that looked already pretty good.//

それから色を塗り始めました まず全体をブルーで塗りました それだけでも結構いいと思ったのに

But they hated it.// The people/ who lived/ there really hated/ it.//

住民はひどく嫌がり こう言いました

They said,/ "What did you do?//

「お前ら何てことしたんだ?

You painted our house/ in exactly the same color/ as the police station."//

俺たちの家を 警察署と 同じ色に塗るなんて」

(笑)

In a favela,/ that is not a good thing.//

ファヴェーラには ふさわしくありません

Also the same color/ as the prison cell.//

それに刑務所の監房も同じ色なんです

So we quickly went ahead/ and we painted the boy,/ and then/ we thought/ we were finished,/ we were really happy,/ but still,/ it wasn't good/ because the little kids started coming up to us,/ and they said,/ "You know,/ there's a boy/ flying the kite,/ but where is his kite?"//

だからすぐ作業を進めて 少年を描きあげました 完成したと思って 私たちは満足しましたが まだダメでした 子供たちがやって来て言うんです 「凧をあげてる子は見えるけど 凧はどこにあるの?」

We said,/ "Uh,/ it's art.//

私たちは こう答えました

You know,/ you have to imagine/ the kite."//

「これはアートなんだ 凧は想像しなよ」

(笑)

And they said,/ "No, no,/ no,/ we want to see/ the kite."//

それでも子供たちは 「ダメだよ 凧が見たいよ」と言うんです

So we quickly installed a kite way up high/ on the hill,/ so that you could see the boy/ flying the kite/ and you could actually see a kite.//

それで 丘のずっと上の方に 凧を設置して 凧をあげる少年も 凧も見えるようにしました

So the local news started writing/ about it,/ which was great,/ and then/ even The Guardian wrote about it:/ "Notorious slum becomes open-air gallery."//

地元の新聞が記事にしてくれました すごい事です ガーディアン紙にまで載りました 「悪名高いスラム街が 青空ギャラリーに」

JK:/ So,/ encouraged by this success,/ we went back/ to Rio/ for a second project,/ and we stumbled upon this street.//

(クールハース)私たちは この成功で自信をつけて 次のプロジェクトのために リオへ戻ってきました そして偶然 ある通りを見つけたんです

It was covered in concrete/ to prevent mudslides,/ and somehow/ we saw a sort of river/ in it,/ and we imagined this river/ to be a river/ in Japanese style/ with koi carp swimming upstream.//

地滑り防止のコンクリートで覆われていて 何だか川みたいでした そこで私たちは この通りを 錦鯉が上っている ― 日本風の川に見立てたんです

So/ we decided to paint/ that river,/ and we invited Rob Admiraal,/ who is a tattoo artist,/ and he specialized in the Japanese style.//

そんな川を描くことに決めて ロブ・アドミラールに声をかけました 彼はタトゥーアーティストで 日本風の刺青が専門です

So little did we know/ that we would spend almost an entire year painting/ that river,/ together/ with Geovani and Robinho and Vitor,/ who lived nearby.//

その川を描くのに 丸一年近くもかかるとは 思いもしませんでした 一緒に作業したのは近所に住む ジョバーニとロビーニョと ヴィトールでした

And we even moved into the neighborhood/ when one of the guys/ that lived on the street,/ Elias,/ told us/ that we could come/ and live in his house,/ together/ with his family,/ which was fantastic.//

さらに私たちは ここに引っ越して来ました この通りに住むエリアスという人が 自分の家族と一緒に住まないかと 誘ってくれたんです 素晴らしい経験でした

Unfortunately,/ during that time,/ another war broke out/ between the police and the drug gangs.//

ところが残念なことに この頃 警察と麻薬組織が また抗争を始めたんです

(ビデオ)(銃声)

We learned/ that during those times,/ people/ in communities really stick together/ during these times of hardship,/ but we also learned a very important element,/ the importance of barbecues.// (Laughter)

この時 私たちが学んだのは こういう大変な時こそ地域の人々が 助け合うということです 他にも とても大切な事を学びました バーベキューの大切さです (笑)

Because,/ when you throw a barbecue,/ it turns you/ from a guest/ into a host,/ so we decided to throw/ one/ almost every other week,/ and we got to know/ everybody/ in the neighborhood.//

バーベキューをやれば 客である私たちも みんなをもてなせるんですから だからほぼ1週おきに バーベキューをやって 近所のみんなと知り合いになりました

JK:/ We still had this idea of the hill,/ though.//

(クールハース)ただ 丘の計画はまだ頭にありました

DU:/ Yeah,/ yeah,/ we were talking about the scale of this,/ because this painting was incredibly big,/ and it was insanely detailed,/ and this process almost drove us completely insane ourselves.//

(ウルハーン)そうだね 2人でこの計画の 規模について話していました この作品は物凄く巨大で 呆れるほど細かいせいで 計画を立てていると すっかり頭が変になりそうでした

But we figured/ that maybe,/ during this process,/ all the time/ that we had spent in the neighborhood was maybe actually even more important/ than the painting/ itself.//

ただ私たちは思いました このプロセス つまり 地域で過ごす時間が 色を塗ることそのものよりも 本当はずっと大事じゃないかって

JK:/ So/ after all that time,/ this hill,/ this idea was still there,/ and we started to make/ sketches,/ models,/ and we figured something out.//

(クールハース)その後もずっと 丘の計画は頭にあったので スケッチや模型を作り始めて ある結論に達しました

We figured/ that our ideas,/ our designs had to be a little bit more simple/ than that last project/ so that we could paint with more people/ and cover more houses/ at the same time.//

アイデアやデザインを 前回のプロジェクトより 少しだけシンプルにすれば もっと多くの人が参加できるし 同時により多くの家を カバーできると考えたんです

And we had an opportunity/ to try/ that out/ in a community/ in the central part of Rio,/ which is called Santa Marta,/ and we made a design/ for this place/ which looked like this,/ and then/ we got people/ to go along/ with it/ because turns out/ that if your idea is ridiculously big,/ it's easier/ to get people/ to go along/ with this.// (Laughter)/

それを試す機会にも恵まれました リオの中心部にある ― サンタ・マルタという地域です 私たちはこの場所向けに こんなデザインをして 人々に協力を求めました 結局アイデアが呆れるほど大規模なら むしろ喜んで協力してくれるのです (笑)

And the people of Santa Marta got together/ and in a little/ over a month/ they turned that square/ into this.//

サンタ・マルタの人々が力を合わせて 1か月余りで 一区画を こんな風に仕上げました

(拍手)

And this image somehow went all/ over the world.//

この画像は なぜか世界中に広まりました

DU:/ So then/ we received an unexpected phone call/ from the Philadelphia Mural Arts Program,/ and they had this question/ if this idea,/ our approach,/ if this would actually work in North Philly,/ which is one of the poorest neighborhoods/ in the United States.//

(ウルハーン)そして 思いがけない所から電話がきました それはフィラデルフィア 壁画アートプログラムからで 尋ねたいことがあると言うんです 私たちのアイデアや方法が アメリカ有数の貧困地区である ― ノース・フィラデルフィアでも 上手くいくだろうか という質問でした

So we immediately said yes.//

私たちは即イエスと答えました

We had no idea/ how,/ but it seemed like a very interesting challenge,/ so we did exactly the same/ as we did in Rio,/ and we moved into the neighborhood/ and started barbecuing.//

方法は決めていませんでしたが すごく面白そうだと思ったんです だからまずリオの時と全く同じように その地域に引っ越して バーベキューを始めました

(笑)

So the project took almost two years/ to complete,/ and we made individual designs/ for every single house/ on the avenue/ that we painted,/ and we made these designs together/ with the local store owners,/ the building owners,/ and a team of about a dozen young men/ and women.//

このプロジェクトは完成までに 約2年かかりました 色を塗った街路に面する家は 全部 1軒ずつデザインしました 地元の商店主や ビルの所有者や 十数人の若者達と 一緒になってデザインしたんです

They were hired,/ and then/ they were trained as painters,/ and together/ they transformed their own neighborhood,/ the whole street,/ into a giant patchwork of color.//

彼らを雇って塗装の訓練をし みんなで自分たちの 地域の街並み全体を 巨大な色のパッチワークに変えたんです

(拍手)

And at the end,/ the city of Philadelphia thanked every single one of them/ and gave them/ a merit/ for their accomplishment.//

最終的にフィラデルフィア市は 彼ら一人ひとりに 感謝の意を表し功績を称えました

JK:/ So now/ we had painted a whole street.//

(クールハース)私たちは 街並み全体を塗りました

How about we do this whole hill now?//

じゃあ丘全体なら どうなるでしょう?

We started looking/ for funding,/ but instead,/ we just ran into questions,/ like,/ how many houses are you going to paint?//

資金の調達先を探し始めてはみたものの たくさんの問題に 突き当たるばかりでした 例えば 家は何軒塗ればいいのか?

How many square meters is that?//

どれ位の面積になるのか?

How much paint are you/ going to use,/ and how many people are you going to employ?//

ペンキはどれだけ必要になるのか? 何人雇えばいいのか?

And we did try for years/ to write plans/ for the funding/ and answer all those questions,/ but then/ we thought,/ in order to answer all those questions,/ you have to know/ exactly what you're going to do/ before you actually get there/ and start.//

私たちは実際に 何年もかけて資金計画を書き あらゆる疑問に答えを出そうとしました ただその一方で 疑問に全部答えるには 現場で作業を始める前に やろうとする事を正確に 知っている必要があるんです

And maybe/ it's a mistake/ to think like that.//

でも そんな考え方自体 間違っているのかも知れません

It would lose some of the magic/ that we had learned about that/ if you go somewhere/ and you spend time there,/ you can let/ the project grow organically/ and have a life of its own.//

私たちが学んできた魔法 つまり どこかに出かけて行って そこで過ごしていれば 計画は自然に膨らんでいって 生命が宿るという 魔法が消えてしまうんじゃないか

DU:/ So/ what we did/ is we decided to take/ this plan/ and strip it away/ from all the numbers/ and all the ideas and presumptions/ and just go back/ to the base idea,/ which was to transform this hill/ into a giant work of art.//

(ウルハーン)だから私たちは この計画から数字も発想も仮定も 全部取り除いて 最初のアイデアに 立ち返ろうと決めたんです この丘を巨大な アートにするというアイデアです

And instead of looking for funding,/ we started a crowdfunding campaign,/ and in a little/ over a month,/ more than 1,500 people put together/ and donated over 100,000 dollars.//

そしてスポンサーを探す代わりに クラウドファンディングの キャンペーンを始め 1か月ちょっとで 1,500人以上が協力して 10万ドル以上を寄付してくれました

So/ for us,/ this was an amazing moment,/ because now --/ (Applause) --/ because now/ we finally had the freedom/ to use all the lessons/ that we had learned/ and create a project/ that was built the same way that/ the favela was built,/ from the ground/ on up,/ bottom up,/ with no master plan.//

これは私たちにとって 素晴らしい瞬間でした なぜなら ― (拍手) なぜなら私たちはこの時やっと 学んできた事を生かして ― ファヴェーラが出来たのと同じ様に プロジェクトを進められるように なったんですから つまり全体計画など立てず 一からボトムアップで 作り上げるんです

JK:/ So we went back,/ and we employed Angelo,/ and he's a local artist/ from Vila Cruzeiro,/ very talented guy,/ and he knows almost everybody there,/ and then/ we employed Elias,/ our former landlord/ who invited us/ into his house,/ and he's a master of construction.//

(クールハース)私たちは戻って アンジェロを雇いました 彼はヴィラ・クルゼイロ出身の アーティストで 多才な上に顔が広いんです それからエリアスも雇いました 以前 私たちを自分の家に 住み込ませてくれた人で 大工の親方です

Together/ with them,/ we decided/ where to start.//

彼らと どこから着手するか決めました

We picked this spot/ in Vila Cruzeiro,/ and houses are being plastered/ as we speak.//

これはヴィラ・クルゼイロの 一画を選んで 漆喰を塗っているところです

And the good thing/ about them is/ that they are deciding/ which houses go next.//

彼らのいい所は 次にどの家にするか決めていることです

They're even printing/ t-shirts,/ they're putting up/ banners/ explaining everything/ to everybody,/ and talking to the press.//

さらにTシャツまで作り 誰にでも全てが分かるように 説明が書かれた横断幕を掲げ メディアの取材にも答えます

This article/ about Angelo appeared.//

アンジェロを取り上げた こんな記事も出ました

DU:/ So/ while this is happening,/ we are bringing this idea all/ over the world.//

(ウルハーン)その一方で私たちは このアイデアを 世界中に広めています

So,/ like the project/ we did in Philadelphia,/ we are also invited to do/ workshops,/ for instance/ in Curacao,/ and right now/ we're planning/ a huge project/ in Haiti.//

フィラデルフィアでの プロジェクトと同じ様に キュラソーなどに招かれて ワークショップを開催していますし ハイチでは大規模な プロジェクトを計画中です

JK:/ So the favela was not only/ the place/ where this idea started:/ it was also the place/ that made it possible/ to work without a master plan,/ because these communities are informal --/ this was the inspiration --/ and in a communal effort,/ together/ with the people,/ you can almost work like in an orchestra,/ where you can have a hundred instruments/ playing together/ to create a symphony.//

(クールハース) ファヴェーラは このアイデアの 発信源というだけではありません そこは全体計画などなくても 作品を作れる場所でもあったんです それは ここが不法住居地域だからです これは啓示でした そして地域の人々と共に汗をかくことで オーケストラみたいに作業できます そこでは100種類の楽器を 一斉に奏でて シンフォニーを生み出せます

DU:/ So we want to thank/ everybody/ who wanted to become/ part of this dream/ and supported us/ along the way,/ and we are looking at continuing.//

(ウルハーン)だから 私たちはこの夢に参加して ずっと支えてくれた みんなに感謝したいし これからも続けるつもりです

JK:/ Yeah.// And so/ one day pretty soon,/ when the colors start going up/ on these walls,/ we hope/ more people will join us,/ and join this big dream,/ and maybe/ one day,/ the whole of Vila Cruzeiro will be painted.//

(クールハース)そうだね だから近い将来 ― いろんな色が 壁を彩り始める時には もっと多くの人々に この壮大な夢に加わって欲しいですね そうすれば いつか ヴィラ・クルゼイロ全体が 美しく彩られることになるでしょう

DU:/ Thank you.//

(ウルハーン)ありがとう

(拍手)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

beach

『浜』,海岸

海水浴場

〈ボートなど〉'を'浜に引き上げる

north

《the~》『北』;北方

《the~,the N-》北部[地方],北方[地域]

《the N-》米国の北部諸州(特にOhio川以北のMaryland州・Missouri州を含む諸州;南北戦争で南部同盟諸州と戦った)

『北の』,北部の,北向きの;北からの

『北に』,北方へ

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

cruzeiro

クルゼイロ(ブラジルの貨幣単位)

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

documentary

『文書の』,文書に基づく,文書から成る

『事実を扱った』,事実を伝える

(映画・テレビなどの)記録もの,実録,ドキュメンタリー

informal

『正式でない』,略式の

打ち解けた,儀式ばらない

口語体の,会話調の

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

immigrant

(外国からの)『移住者』,移民,入植者

帰化植物

countryside

『いなか』,地方,田園

《集合的に》地方の住民

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

poverty

〈U〉『貧乏』,貧困

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『不足』,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

violent

『暴力による』,乱暴な

『激しい』,猛烈な,すさまじい

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

gang

(人の)『一団』,群れ《+『of』+『名』》

(悪人の)一味,ギャング団《+『of』+『名』》

《話》親しい仲間,遊び仲間

《米》(特に他のグループと争う青少年の)非行グループ

〈人〉‘を'一団にまとめる(組織する)

一団になる,徒党を組む《+『up』》

strike

〈人〉‘を'『なぐる』;〈物〉‘を'『たたく』,打つ

〈打撃・攻撃〉‘を'加える;…‘を'打撃を加える

〈人が〉(;に)…‘を'『ぶつける』,たたきつける,衝突させる《+名+on(against)+名》

〈物が〉…‘に'ぶつかる,突き当たる

(…に)〈刃物など〉‘を'突き刺す《+名+into+名》;(…で)〈人〉‘を'突き刺す《+名+with+名》

〈マッチ〉‘を'する〈火・火花〉‘を'打って出す

〈時計が〉〈時刻〉‘を'『たつ』;(楽企で)〈音〉‘を'出す《+名+on(with)+名》

〈目・耳・鼻〉‘を'打つ,捕らえる

〈人,人の心〉‘を'『打つ』,感じさせる,感銘させる

〈物事が〉〈人,人の心〉‘に'浮かぶ,思い当たる

…に行き当たる,‘を'ふと見つける

〈病気,苦痛などが〉…‘を'襲う,悩ませる《+down+名,+名+down》

《しばしば受動態で》〈物事が〉〈人〉‘を'打ちのめす,圧倒する

(…に)〈恐怖など〉‘を'起こさせる,吹き込む《+名+into+名》

(…から)…‘を',削除する《+名+out of(from, off)+名》

〈貨幣・メダルなど〉‘を'打って造り出す,鋳造する

〈植物が〉〈根〉‘を'張る,降ろす

〈ある態度・姿勢〉‘を'とる

〈契約〉‘を'結ぶ;〈収支〉‘を'決算する;〈平均〉‘を'出す

〈テントなど〉‘を'取りはずす…〈船・旗など〉‘を'降ろす

〈組合・組合員が〉〈仕事〉‘を'中止してストライキに入る;〈工場・雇用者など〉‘に'ストライキを宣言する

(…めがけて)『打さ』,攻撃する;(…を)たたく《+at+名》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+against(on, upon(+名)》

(…に)〈光・音などが〉当たる《+on(upon)+名》

〈物事が〉印象を与える,(ある)感じを与える

(考えなどを)ふと思いつく《+on(upon)+名》

〈マッチなどが〉火が単,発光する

〈時計・鐘などが〉鳴る;〈時刻などが〉打ち鳴らされる

〈さし木などが〉根づく,根が出る

(…の方向へ)向かう,行く,進む《+toward(for,into,to)+名》

〈組合・組合員が〉(…を要求して,…に反対して)ストライキを行う《+for(against)+名》

『ストライキ』

(野球で)『ストライク』

(金鉱・石油などの)掘当て;大もうけ

功撃,(特に)航空攻撃 空襲

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

master

〈C〉『主人』,支配者(人),雇主;(動物の)飼い主

〈C〉(…を)自由に駆使できる人,如理する能力のある人《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『大家』,『名人』,精通者;師匠《+『of』(『in, at』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(商船の)船長

〈C〉(学校の男の)『先生』

《the M-, our M-》主キリスト(Jesus Christ)

〈C〉《しばしばM-》修士;修士号

〈U〉《M-》《古》…様

〈C〉(レコードなどの)原盤,金型,(フイル専の)原板,ネガ

《名詞の前にのみ用いて》

一本立ちで仕事のできる職人の,自営の

主要な,最上の

腕のいい,名人の,達人の

(機械・レコードなどの)親になる,元になる

〈人・物〉‘を'『征服する』,支配する;〈感情・欲望〉‘を'『抑える』

〈特技・技術など〉‘を'修得する,‘に'熟達する

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

Holland

『オランダ』(王国で公式にはthe Netherlands)

〈U〉《h-》オランダ布(ブラインドなどに用いる目のあらい麻布)

planned

計画された

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

laughter

『笑い』,笑い声

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

overlook

…‘を'『見落とす』,見逃す

‥‘を'『大目に見る』,‘に'目をつぶる

〈人が〉…‘を'『見おろす』

〈場所が〉…‘を'『見渡せる』,見おろす

hill

『丘』,小山

(特に道路の)傾斜,坂

盛り上げた土砂,塚

unfinished

未完成の

(塗装などの)仕上げをしていない,荒削りの

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

bare

『裸の』,『おおいのない』;露出した,むき出した

『からの』,なにもない(empty)

『ありのままの』,赤裸々な

《名詞の前にのみ用いて》『かろうじての』,やっとの;ただ…だけの(mere)

…'を'裸にする,あらわにする;〈刀〉'を'燃く

brick

〈C〉(1個の)『れんが』

〈U〉(材料としての)『れんが』

〈C〉(形が)れんがに似た物

れんがの,れんが造りの

〈建築物〉を=れんがで囲う,れんがで作る,…‘に'れんがを敷く《+『in』(『on』)+『名』》

plaster

〈U〉『しっくい』,プラスター〈C〉こう薬

〈壁・天井など〉‘に'しっくいを塗る

(…を)…‘に'べたべた塗る(はる)《+『名』+『with』(『on』)+『名』》;(…に)…‘を'べたべた塗る(はる)《+『名』+『on』+『名』》

〈体など〉‘に'こう薬をはる

《話》…‘を'完敗させる

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

suddenly

『突然に』,だしぬけに

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

count

(一つ一つ順に)〈数〉'を'『数える』,〈物〉'を'数え上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…'を'『勘定に入れる』,含める(include)

…'を'『思う』,みなす(consider)

数を数える,計算する《+『up』》

数にはいる,数に含まれる

価値がある,重大である

〈C〉〈U〉『数えること』,『計算』

〈U〉総数,総計

〈U〉(起訴状の)訴因

《the~》(ボクシングで)カウント(選手がノックダウンされたときレフリーが1から10まで数えること)

〈C〉(野救で打者の)ボールカウント

〈U〉《話》考慮,注目(account)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

stuck

stick の過去・過去分詞

動かない,固定している,粘着している

動けない,(支障があって)進行が止まっている・「stuck on 何々」で「何々に夢中になっている・惚れ込んでいる」

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

finished

《補語にのみ用いて》仕上がった,完成した

《名詞の前にのみ用いて》みごとな,申し分ない

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

crew

(船・飛行機の)『乗組員』[全員];(高級船員を除いた)船員,(高級乗務員を除いた)搭乗(とうじょう)員

(共同の仕事をする)従業員[全員],作業団[全員]

(ボートレースの)クルー

《話》仲間,連中

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

kite

『トビ』(ワシタカ科の猛鳥)

『たこ』(凧)

first thing

まず最初に,朝一番に

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

hat

(回りに縁のついた)『帽子』

…‘に'帽子をかぶせる

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

police station

警察署

prison

〈C〉〈U〉『刑務所』,監獄,拘置所

〈C〉〈U〉(一般に)閉じ込めておく場所,幽閉所

〈U〉監禁

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

ahead

(空間的に)『前方に』,前に(へ)

(時間的に)『前に』,先に

他よりまさって

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

guardian

『保護者』,監視人,管理者

(未成年者などの)後見人

notorious

名高い,(特に)悪名高い,札付きの

slum

《しばしばthe slums》貧民くつ,貧民街,スラム

《話》汚らしい場所

(好奇心・慈善のために)貧民街を訪れる

open-air

戸外の,野外の(outdoor)

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

success

〈U〉『成功』,好結果,上首尾

〈U〉富(地位,名声)を得ること,成功,立身,出世・〈C〉『成功した人(物,事)』・うまく行くこと・成功者

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

stumble

(…に)『つまずく』,とろける《+over(on)+名》

《副詞[句]を伴って》『よろめきながら歩く』よろよろする

『どもる』,とちる;(言葉に)つかえる《+over(at)+名》

《文》まちがいをする,へまをする;(道徳的な)過ちを犯す

(…を)偶然見つける《+on(upon, across)+名(doing)》

つまずき,よろめき

まちがい,へま

upon

『…の上に』

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

carp

コイ

swimming

〈U〉『水泳』

〈C〉めまい

upstream

上流に,流れおさかのぼって

上流の

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

tattoo

(軍隊の)帰営ラッパ

(軍隊の)夜間軍楽行進

トントン(コツコツ)たたく音;(心臓の)ドキドキいう音

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

nearby

《名詞の前にのみ用いて》すぐ近くの,そばの(close by)

《名詞・動詞の後に用いて》近くに

《前置詞的に》…の近くの(に)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

gunfire

砲火,砲撃

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

hardship

〈U〉『辛苦』,苦難,難儀

〈C〉難事

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

barbecue

バーベキュー,《米》バーベキューパーティー(園遊会)

バーベキュー用の台

〈食用肉〉'を'じか火で焼く;…'を'濃く味つけしたソースで料理する

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

incredibly

信じられないほど

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

completely

『完全に』,全く,十分に

insane

狂気の,正気でない

精神異常者のための

気違いじみた,非常識な,とっぴな

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

opportunity

『機会』,好機

central

『中心の』,中央の,中心からの

『主要な』,中心的な(main)

(音声が)中舌音の

電話交換局(《英》[telephone]exchange)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

unexpected

『予期しない』,思いがけない

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

Philadelphia

『フィラデルフィア』(米国Pennsylvania州の大都市;1776年7月4日,米国独立宣言の行われた所)

mural

壁の;壁に掛かった(描いた)

壁画,天井画

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

owner

『持ち主』,所有者

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

women

woman の複数形

hire

〈人〉‘を'『雇う』

(金を払って)〈物〉‘を'『借りる』,賃借する

〈物〉‘を'賃貸しする;〈自分〉‘が'金で雇われる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

借り賃,使用料;雇い賃,給料

(物の)『賃貸し』,賃借り;(人の)雇用

(人が)雇われて

painter

『画家』

ペンキ屋

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

patchwork

〈U〉〈C〉つぎはぎ細工

〈U〉《しばしば》寄せ集め,ごたまぜ

merit

〈U〉『価値』,優秀さ;〈C〉《しばしば複数形で》(賞賛・ほうびに値する)功績,手柄,美点

〈C〉《複数形で》(訴訟などで,物事の)理非(問題になっている事柄そのものの良し悪し,ありのままの事実)

〈賞・罰・非難など〉‘に'値する

accomplishment

〈U〉完成,成就(じょうじゅ)

〈C〉業績

《複数形で》教養,たしなみ,才芸

instead

『その代りとして』,それよりも

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

organically

有機的に,組織的に

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

presumption

〈C〉推定(仮定)すること;(…であるという)推定《+『that節』》

〈U〉でしゃばり,(…する)ずうずうしさ《+『to』do》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

donate

(…に)…‘を'寄贈する,寄付する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)寄贈(寄付)する《+『to』+『名』》

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

talented

才能のある(gifted)

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

landlord

家主

(旅館・下宿などの)『主人』,だんな

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

banner

《文》『旗』,軍旗,国旗

(モットー・スローガンなどを掲げた)旗印,のぼり,たれ幕

(また『banner head』[『line』])(新聞の)全段抜き大見出し

優れた,一流の

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

Haiti

ハイチ(西インド諸島中にある共和国)

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

communal

公共の,共同の(public)

共同社会の,地方自治体の

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

orchestra

『オーケストラ』,管弦楽団

オーケストラの楽器一式

(またorchestra pit)(劇場の)オーケストラ席(舞台と客席の間に一段低く設けられている)

《米》(劇場の1階前方の)上等席;1階[席]

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

symphony

『交響楽』,シンフォニー

=symphony orchestra

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

関連動画