TED日本語 - ジェレミー・カスディン: 地球に似た惑星を発見できるかもしれない ― 花形スターシェード

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

天文学者によると、この銀河系内にある全ての恒星には必ず一つ惑星が存在し、その内5分の1の惑星に生命が存在するといいます。しかし、まだ我々はそれを直接見ることができません。ジェレミー・カスディンらのチームは、突拍子もないデザインと技術でこれに挑もうとしています。花びら型の「スターシェード」を使うことによって、5万km離れた所から、望遠鏡で惑星の写真を撮ることができるのです。彼曰く、これは「科学研究として実現できる最もすごいこと」なのです。

Script

この宇宙は惑星に満ちています 今後10年で 地球に似た惑星を発見し ― 生命の有無を確認できる 宇宙望遠鏡を開発したいと思っています NASAジェット推進研究所や プリンストンのメンバーと共同で こうした技術を開発中です 天文学者によると 恒星には必ず一つの惑星があり その5分の1は生命がいる 地球に似た惑星だと推測されています その5分の1は生命がいる 地球に似た惑星だと推測されています しかし まだ見れてはいません 間接的に検出しただけです

これはNASAの有名な 青白い点をとらえた写真です 1990年 宇宙探査機ボイジャーが ― 60億km離れた太陽系の外から 地球を撮影しました 地球に似た別の惑星を この写真のように撮影したいのです

なぜそれが難しいのでしょうか? 例えばハッブル宇宙望遠鏡を 火星の軌道に持っていくと 例えばハッブル宇宙望遠鏡を 火星の軌道に持っていくと このように 地球は少しぼやけて見えます 火星の軌道に比べると 望遠鏡が小さすぎるからです さらに10倍離れた距離にある 天王星の軌道に移動しましょう より小さくなり詳細がわかりません 月はまだ小さく見えます さらに10倍離れた太陽系の外縁にある カイパーベルトに移動すると さらに10倍離れた太陽系の外縁にある カイパーベルトに移動すると 今度はほとんど像になりません カール・セーガン氏によるものです さらに10倍離れた距離にある オールトの雲に移動しましょう 太陽系の外です 太陽が視界に入り 惑星の位置に重なります 太陽が視界に入り 惑星の位置に重なります さらに10倍離れた距離にある ケンタウルス座アルファ星では ここは太陽に最も近い恒星ですが 惑星は消えてしまいました 見えているのは惑星よりも 100億倍明るい恒星の光だけです 赤い丸に惑星があるはずですが これを発見するのだから難しい 恒星からの光は回折し 望遠鏡の内部で散乱します これで画像が明るくなりすぎ 惑星が見えなくなるのです

惑星を見るためにはこの光を 取り除く必要があります 惑星を見るためにはこの光を 取り除く必要があります そこで多くの仲間と共に 素晴らしい技術を開発しています これから一つをご紹介しますが おそらく10年以内に 地球に似た惑星を捉えられる技術です

1962年 宇宙望遠鏡の父 ライマン・スピッツァーが考案しました 皆さんが見たことのある 日食のような現象「食」からヒントを得ています 月が太陽の前に移動し 光を遮っているため 周りにコロナがぼんやりと見えます 目に入るスポットライトの光を 親指で遮ると 後ろの席の人が見えるのと同じです どうなっているのでしょうか? 月は地球に影を投げかけています 影に望遠鏡やカメラを置き そこから太陽を見ると 光の大部分が取り除かれ コロナ内の詳しい様子を見ることができます 光の大部分が取り除かれ コロナ内の詳しい様子を見ることができます スピッツァーの考えは これを宇宙でやるということです 大きなスクリーンを作り それを宇宙で操縦します 恒星の前に移動し 光の大部分を遮断します できた影の中に望遠鏡を置くと 惑星を見ることができます このように見えるはずです こんなに大きなスクリーンでも 惑星は見つかりません 残念なことに これはうまく機能しておらず 光波がスクリーンの周りで 回折しているからです 望遠鏡の時と同様です これは川の水が岩をよけるように 流れるようなものです 光が影を消してしまい これでは惑星を見ることができません

しかしスピッツァーは どうすれば良いか知っていました 境界をぼかして回折を抑えれば 惑星を見ることができます 境界をぼかして回折を抑えれば 惑星を見ることができます ここ10年でその最適な方法を見つけました これです 花びらスターシェードと呼んでいます 花びらの端を直立させ形状を変えると 回折を制御することができます 花びらの端を直立させ形状を変えると 回折を制御することができます 良い影が出来ました これで約100億倍暗くなります そして惑星を見ることができました スターシェードの大きさは もちろん親指よりは大きく フットボール競技場の約半分のサイズです 5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば 惑星を見ることができるのです 5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば 惑星を見ることができるのです

手ごわそうに思えますが NASAジェット推進研究所の優秀な仲間は 素晴らしいデザインを発明しました このように巻き付いている状態から 望遠鏡から分離し 花びらは広がり 望遠鏡は回転します 望遠鏡から5万kmの地点へ 飛び出していくのがわかります このように恒星の前に移動し 素晴らしい影を作り出します 軌道を回る惑星を 見ることができました(拍手) ありがとう

SFの話などではありません この開発に5、6年間取り組んできました 去年の夏 カリフォルニアで すごい試験をしてきました 花びらが4つの スターシェードのミニチュア版です さっきの半分ぐらいの大きさです 花びらが広がっていきます 4名のインターンの学部生が作ったものです 花びらが広がっていきます 4名のインターンの学部生が作ったものです 花びらは回転して 正しい位置につかなければなりません 花びらの基底部は0.1mmという単位で 毎回同じ場所に動く必要があるのです 花びらの基底部は0.1mmという単位で 毎回同じ場所に動く必要があるのです 16回の試験全てで 0.1mm単位の 正確な移動を行うことができました 16回の試験全てで 0.1mm単位の 正確な移動を行うことができました 正確に行わなければならないですが この技術を確立し宇宙に応用できれば このようなものを見ることができるかもしれません ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された 太陽に最も近い恒星の写真です 少し大きい宇宙望遠鏡を使用し この前に遮光器を置くと このように見えるかもしれません この前に遮光器を置くと このように見えるかもしれません これは太陽系の家族写真ですが 見たいのは別の太陽系です 遮光器 ― スターシェイドを通して 見られたらと思っています 木星や土星 天王星や海王星などが見えます そして中央の光の隣にある 青白い点が地球です これを見つけ そこに水や酸素や オゾンがあるかどうかがわかれば 生命の存在を確認できるかもしれません

これは科学で可能な最もすごいことだと思います だからこそ我々は取り組んでいるのです これで世界は変わると考えているからです 惑星が見られれば全てが変わるのです

ありがとうございました

(拍手)

The universe is teeming with planets. I want us, in the next decade, to build a space telescope that'll be able to image an Earth about another star and figure out whether it can harbor life. My colleagues at the NASA Jet Propulsion Laboratory at Princeton and I are working on technology that will be able to do just that in the coming years. Astronomers now believe that every star in the galaxy has a planet, and they speculate that up to one fifth of them have an Earth-like planet that might be able to harbor life, but we haven't seen any of them. We've only detected them indirectly.

This is NASA's famous picture of the pale blue dot. It was taken by the Voyager spacecraft in 1990, when they turned it around as it was exiting the solar system to take a picture of the Earth from six billion kilometers away. I want to take that of an Earth-like planet about another star.

Why haven't we done that? Why is that hard? Well to see, let's imagine we take the Hubble Space Telescope and we turn it around and we move it out to the orbit of Mars. We'll see something like that, a slightly blurry picture of the Earth, because we're a fairly small telescope out at the orbit of Mars. Now let's move ten times further away. Here we are at the orbit of Uranus. It's gotten smaller, it's got less detail, less resolve. We can still see the little moon, but let's go ten times further away again. Here we are at the edge of the solar system, out at the Kuiper Belt. Now it's not resolved at all. It's that pale blue dot of Carl Sagan's. But let's move yet again ten times further away. Here we are out at the Oort Cloud, outside the solar system, and we're starting to see the sun move into the field of view and get into where the planet is. One more time,ten times further away. Now we're at Alpha Centauri, our nearest neighbor star, and the planet is gone. All we're seeing is the big beaming image of the star that's ten billion times brighter than the planet, which should be in that little red circle. That's what we want to see. That's why it's hard. The light from the star is diffracting. It's scattering inside the telescope, creating that very bright image that washes out the planet.

So to see the planet, we have to do something about all of that light. We have to get rid of it. I have a lot of colleagues working on really amazing technologies to do that, but I want to tell you about one today that I think is the coolest, and probably the most likely to get us an Earth in the next decade.

It was first suggested by Lyman Spitzer, the father of the space telescope, in 1962, and he took his inspiration from an eclipse. You've all seen that. That's a solar eclipse. The moon has moved in front of the sun. It blocks out most of the light so we can see that dim corona around it. It would be the same thing if I put my thumb up and blocked that spotlight that's getting right in my eye, I can see you in the back row. Well, what's going on? Well the moon is casting a shadow down on the Earth. We put a telescope or a camera in that shadow, we look back at the sun, and most of the light's been removed and we can see that dim, fine structure in the corona. Spitzer's suggestion was we do this in space. We build a big screen, we fly it in space, we put it up in front of the star, we block out most of the light, we fly a space telescope in that shadow that's created, and boom, we get to see planets. Well that would look something like this. So there's that big screen, and there's no planets, because unfortunately it doesn't actually work very well, because the light waves of the light and waves diffracts around that screen the same way it did in the telescope. It's like water bending around a rock in a stream, and all that light just destroys the shadow. It's a terrible shadow. And we can't see planets.

But Spitzer actually knew the answer. If we can feather the edges, soften those edges so we can control diffraction, well then we can see a planet, and in the last 10 years or so we've come up with optimal solutions for doing that. It looks something like that. We call that our flower petal starshade. If we make the edges of those petals exactly right, if we control their shape, we can control diffraction, and now we have a great shadow. It's about 10 billion times dimmer than it was before, and we can see the planets beam out just like that. That, of course, has to be bigger than my thumb. That starshade is about the size of half a football field and it has to fly 50,000 kilometers away from the telescope that has to be held right in its shadow, and then we can see those planets.

This sounds formidable, but brilliant engineers, colleagues of mine at JPL, came up with a fabulous design for how to do that and it looks like this. It starts wrapped around a hub. It separates from the telescope. The petals unfurl, they open up, the telescope turns around. Then you'll see it flip and fly out that 50,000 kilometers away from the telescope. It's going to move in front of the star just like that, creates a wonderful shadow. Boom, we get planets orbiting about it. (Applause) Thank you.

That's not science fiction. We've been working on this for the last five or six years. Last summer, we did a really cool test out in California at Northrop Grumman. So those are four petals. This is a sub-scale star shade. It's about half the size of the one you just saw. You'll see the petals unfurl. Those four petals were built by four undergraduates doing a summer internship at JPL. Now you're seeing it deploy. Those petals have to rotate into place. The base of those petals has to go to the same place every time to within a tenth of a millimeter. We ran this test 16 times, and 16 times it went into the exact same place to a tenth of a millimeter. This has to be done very precisely, but if we can do this, if we can build this technology, if we can get it into space, you might see something like this. That's a picture of one our nearest neighbor stars taken with the Hubble Space Telescope. If we can take a similar space telescope, slightly larger, put it out there, fly an occulter in front of it, what we might see is something like that -- that's a family portrait of our solar system -- but not ours. We're hoping it'll be someone else's solar system as seen through an occulter, through a starshade like that. You can see Jupiter, you can see Saturn, Uranus, Neptune, and right there in the center, next to the residual light is that pale blue dot. That's Earth. We want to see that, see if there's water, oxygen, ozone, the things that might tell us that it could harbor life.

I think this is the coolest possible science. That's why I got into doing this, because I think that will change the world. That will change everything when we see that.

Thank you.

(Applause)

The universe is teeming with planets.//

この宇宙は惑星に満ちています

I want us,/ in the next decade,/ to build a space telescope/ that'll be able to image an Earth/ about another star and figure/ out whether it can harbor life.//

今後10年で 地球に似た惑星を発見し ― 生命の有無を確認できる 宇宙望遠鏡を開発したいと思っています

My colleagues/ at the NASA Jet Propulsion Laboratory/ at Princeton/ and I are working on technology/ that will be able to do just that/ in the coming years.//

NASAジェット推進研究所や プリンストンのメンバーと共同で こうした技術を開発中です

Astronomers now believe/ that every star/ in the galaxy has a planet,/ and they speculate/ that up to one fifth of them have an Earth-like planet/ that might be able to harbor life,/ but we haven't seen any of them.//

天文学者によると 恒星には必ず一つの惑星があり その5分の1は生命がいる 地球に似た惑星だと推測されています その5分の1は生命がいる 地球に似た惑星だと推測されています しかし まだ見れてはいません

We've only detected them/ indirectly.//

間接的に検出しただけです

This is NASA's famous picture of the pale blue dot.//

これはNASAの有名な 青白い点をとらえた写真です

It was taken by the Voyager spacecraft/ in 1990,/ when they turned it around/ as it was exiting the solar system/ to take a picture of the Earth/ from six billion kilometers away.//

1990年 宇宙探査機ボイジャーが ― 60億km離れた太陽系の外から 地球を撮影しました

I want to take/ that of an Earth-like planet/ about another star.//

地球に似た別の惑星を この写真のように撮影したいのです

Why haven't we done that?// Why is that hard?//

なぜそれが難しいのでしょうか?

Well to see, let's imagine/ we take the Hubble Space Telescope/ and we turn it around/ and we move it out/ to the orbit of Mars.//

例えばハッブル宇宙望遠鏡を 火星の軌道に持っていくと 例えばハッブル宇宙望遠鏡を 火星の軌道に持っていくと

We'll see something/ like that,/ a slightly blurry picture of the Earth,/ because we're a fairly small telescope out/ at the orbit of Mars.//

このように 地球は少しぼやけて見えます 火星の軌道に比べると 望遠鏡が小さすぎるからです

Now let's move/ ten times further away.//

さらに10倍離れた距離にある

Here/ we are at the orbit of Uranus.//

天王星の軌道に移動しましょう

It's gotten smaller,/ it's got less detail,/ less resolve.//

より小さくなり詳細がわかりません 月はまだ小さく見えます

We can still see the little moon,/ but let's go ten times further away again.//

さらに10倍離れた太陽系の外縁にある カイパーベルトに移動すると

Here/ we are at the edge of the solar system,/ out/ at the Kuiper Belt.//

さらに10倍離れた太陽系の外縁にある カイパーベルトに移動すると

Now/ it's not resolved at all.//

今度はほとんど像になりません

It's/ that pale blue dot of Carl Sagan's.//

カール・セーガン氏によるものです

But let's move yet again/ ten times further away.//

さらに10倍離れた距離にある オールトの雲に移動しましょう

Here/ we are out at the Oort Cloud,/ outside the solar system,/ and we're starting to see/ the sun move/ into the field of view/ and get into where the planet is.//

太陽系の外です 太陽が視界に入り 惑星の位置に重なります 太陽が視界に入り 惑星の位置に重なります

One more time,/ten times further away.//

さらに10倍離れた距離にある ケンタウルス座アルファ星では

Now/ we're at Alpha Centauri,/ our nearest neighbor star,/ and the planet is gone.//

ここは太陽に最も近い恒星ですが 惑星は消えてしまいました

All we're seeing/ is the big beaming image of the star/ that's ten billion times brighter/ than the planet,/ which should be in that little red circle.//

見えているのは惑星よりも 100億倍明るい恒星の光だけです 赤い丸に惑星があるはずですが

That's/ what we want to see.// That's/ why it's hard.//

これを発見するのだから難しい

The light/ from the star is diffracting.//

恒星からの光は回折し 望遠鏡の内部で散乱します

It's scattering inside the telescope,/ creating/ that very bright image/ that washes out/ the planet.//

これで画像が明るくなりすぎ 惑星が見えなくなるのです

So to see the planet,/ we have to do/ something/ about all of that light.//

惑星を見るためにはこの光を 取り除く必要があります

We have to get/ rid of it.//

惑星を見るためにはこの光を 取り除く必要があります

I have a lot of colleagues/ working on really amazing technologies/ to do that,/ but I want to tell/ you/ about one/ today/ that I think is the coolest,/ and probably the most likely to get us/ an Earth/ in the next decade.//

そこで多くの仲間と共に 素晴らしい技術を開発しています これから一つをご紹介しますが おそらく10年以内に 地球に似た惑星を捉えられる技術です

It was first suggested by Lyman Spitzer,/ the father of the space telescope,/ in 1962,/ and he took his inspiration/ from an eclipse.//

1962年 宇宙望遠鏡の父 ライマン・スピッツァーが考案しました 皆さんが見たことのある

You've all seen that.// That's a solar eclipse.//

日食のような現象「食」からヒントを得ています

The moon has moved in front of the sun.//

月が太陽の前に移動し 光を遮っているため

It blocks out/ most of the light/ so we can see/ that dim corona/ around it.//

周りにコロナがぼんやりと見えます

It would be the same thing/ if I put my thumb up/ and blocked/ that spotlight/ that's getting right/ in my eye,/ I can see you/ in the back row.//

目に入るスポットライトの光を 親指で遮ると 後ろの席の人が見えるのと同じです

Well,/ what's going on?//

どうなっているのでしょうか?

Well/ the moon is casting a shadow down/ on the Earth.//

月は地球に影を投げかけています

We put a telescope or a camera/ in that shadow,/ we look back/ at the sun,/ and most of the light's been removed/ and we can see that dim,/ fine structure/ in the corona.//

影に望遠鏡やカメラを置き そこから太陽を見ると 光の大部分が取り除かれ コロナ内の詳しい様子を見ることができます 光の大部分が取り除かれ コロナ内の詳しい様子を見ることができます

Spitzer's suggestion was we do this/ in space.//

スピッツァーの考えは これを宇宙でやるということです

We build a big screen,/ we fly it/ in space,/ we put it up/ in front of the star,/ we block out/ most of the light,/ we fly a space telescope/ in that shadow/ that's created,/ and boom,/ we get to see/ planets.//

大きなスクリーンを作り それを宇宙で操縦します 恒星の前に移動し 光の大部分を遮断します できた影の中に望遠鏡を置くと 惑星を見ることができます

Well/ that would look something/ like this.//

このように見えるはずです

So/ there's/ that big screen,/ and there's no planets,/ because unfortunately/ it doesn't actually work very well,/ because the light waves of the light/ and waves diffracts/ around that screen/ the same way/ it did in the telescope.//

こんなに大きなスクリーンでも 惑星は見つかりません 残念なことに これはうまく機能しておらず 光波がスクリーンの周りで 回折しているからです 望遠鏡の時と同様です

It's like water/ bending around a rock/ in a stream,/ and all that light just destroys the shadow.//

これは川の水が岩をよけるように 流れるようなものです 光が影を消してしまい

It's a terrible shadow.// And we can't see planets.//

これでは惑星を見ることができません

But Spitzer actually knew the answer.//

しかしスピッツァーは どうすれば良いか知っていました

If we can feather the edges,/ soften/ those edges/ so we can control diffraction,/ well then/ we can see a planet,/ and in the last 10 years or so/ we've come up/ with optimal solutions/ for doing that.//

境界をぼかして回折を抑えれば 惑星を見ることができます 境界をぼかして回折を抑えれば 惑星を見ることができます ここ10年でその最適な方法を見つけました

It looks something/ like that.//

これです

We call/ that our flower petal starshade.//

花びらスターシェードと呼んでいます

If we make the edges of those petals exactly right,/ if we control their shape,/ we can control diffraction,/ and now/ we have a great shadow.//

花びらの端を直立させ形状を変えると 回折を制御することができます 花びらの端を直立させ形状を変えると 回折を制御することができます 良い影が出来ました これで約100億倍暗くなります

It's about 10 billion times dimmer/ than it was before,/ and we can see/ the planets beam out/ just like that.//

そして惑星を見ることができました

That,/ of course,/ has to be bigger/ than my thumb.//

スターシェードの大きさは

That starshade is about the size of half a football field/ and it has to fly/ 50,000 kilometers away/ from the telescope/ that has to be held right/ in its shadow,/ and then/ we can see those planets.//

もちろん親指よりは大きく フットボール競技場の約半分のサイズです 5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば 惑星を見ることができるのです 5万km離れた所から望遠鏡に影を作れば 惑星を見ることができるのです

This sounds formidable,/ but brilliant engineers,/ colleagues of mine/ at JPL,/ came up/ with a fabulous design/ for how to do that/ and it looks like this.//

手ごわそうに思えますが NASAジェット推進研究所の優秀な仲間は 素晴らしいデザインを発明しました

It starts wrapped around a hub.//

このように巻き付いている状態から

It separates from the telescope.//

望遠鏡から分離し

The petals unfurl,/ they open up,/ the telescope turns around.//

花びらは広がり 望遠鏡は回転します

Then/ you'll see/ it flip/ and fly out/ that 50,000 kilometers away/ from the telescope.//

望遠鏡から5万kmの地点へ 飛び出していくのがわかります

It's going to move/ in front of the star just/ like that,/ creates a wonderful shadow.//

このように恒星の前に移動し 素晴らしい影を作り出します

Boom,/ we get planets/ orbiting about it.//

軌道を回る惑星を 見ることができました(拍手)

(Applause)/ Thank you.//

ありがとう

That's not science fiction.//

SFの話などではありません

We've been working on this/ for the last five or six years.//

この開発に5、6年間取り組んできました

Last summer,/ we did a really cool test out/ in California/ at Northrop Grumman.//

去年の夏 カリフォルニアで すごい試験をしてきました

So/ those are four petals.//

花びらが4つの

This is a sub-scale star shade.//

スターシェードのミニチュア版です

It's about half the size of the one/ you just saw.//

さっきの半分ぐらいの大きさです

You'll see the petals unfurl.//

花びらが広がっていきます 4名のインターンの学部生が作ったものです

Those four petals were built by four undergraduates/ doing a summer internship/ at JPL.//

花びらが広がっていきます 4名のインターンの学部生が作ったものです

Now/ you're seeing/ it deploy.//

花びらは回転して

Those petals have to rotate/ into place.//

正しい位置につかなければなりません

The base of those petals has to go/ to the same place/ every time/ to/ within a tenth of a millimeter.//

花びらの基底部は0.1mmという単位で 毎回同じ場所に動く必要があるのです 花びらの基底部は0.1mmという単位で 毎回同じ場所に動く必要があるのです

We ran this test/ 16 times,/ and 16 times/ it went into the exact same place/ to a tenth of a millimeter.//

16回の試験全てで 0.1mm単位の 正確な移動を行うことができました 16回の試験全てで 0.1mm単位の 正確な移動を行うことができました

This has to be done very precisely,/ but/ if we can do this,/ if we can build this technology,/ if we can get it/ into space,/ you might see something/ like this.//

正確に行わなければならないですが この技術を確立し宇宙に応用できれば このようなものを見ることができるかもしれません

That's a picture of one our nearest neighbor stars taken with the Hubble Space Telescope.//

ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された 太陽に最も近い恒星の写真です

If we can take a similar space telescope,/ slightly larger,/ put it/ out there,/ fly an occulter/ in front of it,/ what we might see/ is something/ like that --/ that's a family portrait of our solar system --/ but not ours.//

少し大きい宇宙望遠鏡を使用し この前に遮光器を置くと このように見えるかもしれません この前に遮光器を置くと このように見えるかもしれません これは太陽系の家族写真ですが 見たいのは別の太陽系です

We're hoping/ it'll be someone else's solar system/ as seen through an occulter,/ through a starshade/ like that.//

遮光器 ― スターシェイドを通して 見られたらと思っています

You can see Jupiter,/ you can see Saturn,/ Uranus,/ Neptune,/ and right there/ in the center,/ next/ to the residual light is/ that pale blue dot.// That's Earth.//

木星や土星 天王星や海王星などが見えます そして中央の光の隣にある 青白い点が地球です

We want to see/ that,/ see/ if there's water,/ oxygen,/ ozone,/ the things/ that might tell us/ that it could harbor life.//

これを見つけ そこに水や酸素や オゾンがあるかどうかがわかれば 生命の存在を確認できるかもしれません

I think/ this is the coolest possible science.//

これは科学で可能な最もすごいことだと思います だからこそ我々は取り組んでいるのです

That's/ why I got into doing this,/ because I think/ that will change the world.//

これで世界は変わると考えているからです

That will change everything/ when we see that.//

惑星が見られれば全てが変わるのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

teem

(…に)〈人・物が〉たくさんいる,群がる(abound)《+in+名》

(…で)〈場所などが〉いっぱいである,満ちる(be full of)《+with+名》

planet

『惑星』,遊星

decade

『10年間』

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

jet propulsion

ジェット推進

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

astronomer

天文学者

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

speculate

(…について)『推測する』,思い巡らす《+『about』(『on, upon』)+『名』(do『ing』)》

(株・土地などに)『投機する』《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《『speculate』+『that節』》…と推測する

fifth

《the~》『第5の』,5番目の

5分の1の

《the~》『第5』,5番目[のもの];(月の)5日

〈C〉5分の1

〈C〉《米》5分の1ガロン[びん]

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

indirectly

間接に,遠回しに

pale

(顔が)『青白い』,生色がない,青ざめた

(色が)『薄い』,淡い,白色に近い

光が弱い,薄暗い,ぼんやりした

〈人が〉『青ざめる』;〈色・光が〉薄くなる,淡くなる

〈人〉‘を'青白くする;〈色・光〉‘を'薄く(淡く)する

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

voyager

航海者,航行者;旅行者

spacecraft

宇宙船

exit

『出口』

退出,退去;(舞台からの俳優の)退場

solar system

太陽系

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

Mars

マルス(ローマ神話の戦争の神;ギリシア神話のAresにあたる)

火星

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

Uranus

ウラノス(ギリシア神話の天の神で世界の支配者)

天王星

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

belt

『ベルト』,バンド,帯

(特徴のある)地帯,地方

(機械の)ベルト

ベルト状のもの

《話》ピシャリとたたくと

…'を'ベルトで締めてつける《+『名』+『on,』+『on』+『名』》

…'を'ベルトで巻く;(ベルトで締めるように)…'を'取り巻く《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

(革帯などで)…'を'打つ,たたく

《話》…'を'ぶんなぐる

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

alpha

アルファ(ギリシア語アルファベットの第1字A,α;英語のA,aに相当)

アルファ星(星座の主星)

gone

goの過去分詞

過ぎ去った,行ってしまった

使い果たした(spent)

死んだ(dead)

絶望的な

beam

〈C〉(建設の)『はり』,『けた』,横材

〈C〉(船の甲板を支える)横はり

〈C〉(はかりの)さお;(織機の)糸巻き

〈C〉『光線』,光束

〈C〉(顔などの)『輝き』,晴れやかさ

〈C〉(船舶・航空機用の)信号電波

〈U〉最大船幅

《副詞[句]を伴って》『輝く』,光を発する

(…に)顔を輝かせる《+『at』(『on, upon』)+『名』》

〈光・熱〉'を'出す,発散する

(…に向けて)〈放送・無線信号〉'を'送る《+『名』+『at』(『to』)+『名』》

…'を'顔を輝かせて言う

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

scatter

(…に)…‘を'『ばらまく』,まき散らす《+『名』+『on』(『over』)+『名』》;(…の回りに)…‘を'ばらまく《+『名』+『around』(『round』,『about』)+『名』》

(…を)〈場所〉‘に'ばらまく,まき散らす《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'追い散らす,散乱させる・散乱する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

wash

…‘を'洗う,洗濯する

〈汚れ・しみなど〉‘を'『洗い落とす』《+名+away(off, out),+away(off, out)+名》;(…から)…‘を'洗い落とす《+名+off(out of)+名》

〈人・舟・家屋など〉‘を'『洗い流す』,押し流す《+名+away(along,down,up),+away(along,down,up)+名》,(…から)…‘を'洗い流す《+名+off(away from)+名》

〈波などが〉〈岸など〉‘を'『洗う』,‘に'打ち寄せる;〈雨などが〉…‘を'ぬらす,うるおす

(塗料などで)…‘を'薄く塗る;…‘を'メッキする《+名+with+名》

〈雨水などが〉…‘を'浸食する《+名+away(out),+away(out)+名》;〈雨だれなどが〉〈穴など》‘を'うがつ

(特に手・顔・体を)『洗う』

『洗濯する』

〈布地が〉洗濯がきく;〈洗剤などが〉よごれを落とす;〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out);(…から)〈しみなどが〉洗って落ちる《+off(out of)+名》

〈波などが〉(…に)『打ち寄せる』,(…を)洗う《+against(over)+名》

〈U〉《しばしば a~》『洗うこと』,洗濯

〈U〉《時に a~》《集合的に》(一度の洗濯の)『洗い物』,洗濯物

〈U〉〈C〉《しばしば複合語を作って》洗い薬,洗浄剤;(…のための)洗い薬《+for+名》

〈U〉《the~》(波の)打ち寄せ,(波の)打ち寄る音《+of+名》

〈C〉(絵の具・塗料などの)薄い一塗り;薄いメッキ

〈U〉(船のあとに引く)白波,航跡;(飛行機などのあとに残る)気流の渦

洗濯のきく

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

probably

『たぶん』,『おそらく』

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

eclipse

(太陽・月の)食)しょく)

(権力・名声などの)失墜,衰退

〈天体が〉〈他の天体〉‘を'食する

…‘を'色をあせさせる

solar eclipse

日食

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

dim

『薄暗い』,ほの暗い

はっきり見えない(聞こえない,理解できない)

(考え・記憶などが)はっきりしない,ぼんやりした

(色などが)くすんだ,光沢のない

批判的な,悲観的な

《話》(人が)ばかな,愚かな

(目が)かすんだ

…‘を'『薄暗くする』,ぼんやりさせる

『薄暗くなる』,かすかになる

corona

コロナ(皆既日食のときに見える光冠)

(太陽・月などの)かさ

thumb

『親指』;(手袋などの)親指の部分

〈本のページ〉‘を'親指でめくる

《話》〈ヒッチハイカーが〉〈便乗〉‘を'親指を立てて頼む

ヒッチハイクする

spotlight

〈C〉(舞台上で用いる)スポットライト;その照明器具,ランプ

《the~》(世間の)注目,注視

…‘に'スポットライトを当てる;‘を'目立つようにする

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

boom

〈遠雷・砲声・波などが〉とどろく

『にわか景気,急な人気』,プーム

(数の)急速な増加,(価格の)急騰

〈遠雷・砲声・波などが〉『とどろく』;〈ハチなどが〉ブーンという

〈商売などが〉にわかに景気づく…急に人気が出る

…'を'とどろくような音で告げる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…'を'人気(発殿)をあおる

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

diffract

〈光線・音波など〉‘を'回折させる(屈折によって散らすこし)

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

rock

〈U〉〈C〉『岩』,岩石;『岩壁』;《しばしば複数形で》岩礁

〈C〉『岩片』;《米話》『石』,小石

〈C〉岩のように強固(堅固)なもの,しっかりして頼りになるもの

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

feather

(1枚の)『羽』,羽毛

羽毛のように軽い(弱い,小さい,つまらない)もの

…‘に'羽毛を付ける;…‘に'羽飾りを付ける

(ボートをこぐとき)〈オール〉‘を'水平に返す

soften

〈革など〉‘を'柔らかにする』

〈声・音・光・色など〉‘を'穏やかにする,和らげる

〈心・言動〉‘を'和らげる

〈身体・精神〉‘を'弱くする

〈硬水〉‘を'軟水にする

〈物質が〉『柔らかになる』

〈声・音・光・色などが〉穏やかになる,静かになる,落ち着く

〈心・言動などが〉和らぐ

〈身体・精神が〉弱くなる

〈硬水が〉軟水になる

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

diffraction

(光線・音波などの)回折

optimal

=optimum

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

petal

花弁,花びら

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

dimmer

制光装置

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

football

〈U〉《米》『フットボール』(《英》 American football)

《英》=soccer

〈C〉フットボール用ボール

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

formidable

『恐ろしい』

手ごわい

恐ろしいほどの

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

separate

…‘を'『分離』する』,引き分ける;(…から)…‘を'引き分ける《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈一つの物〉‘を'『分割する』,分ける《+『名』+『into』+『名』》

〈人が〉別れる;別れて(…に)なる《+『into』+『名』》

(…から)分離する,離れる《+『from』+『名』》

『離れた』,分かれた

(関係がなく)別の,異質な(different)

個々の,個別の(individual)

unfurl

〈巻いた物〉‘を'広げる,開く

〈巻いた物が〉広がる,開く

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

applause

『拍手かっさい』;称賛

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

California

『カリフォルニア州』(米国太平洋岸の州;州都Sacramento;《略》『Calif.,Cal.,CA』)

shade

〈U〉(光がさえぎられてできる)『陰』;《the ~》日陰

《複数形で》《文》夕やみ,夜陰

〈C〉『光をさえぎる(和らげる)もの』;日よけ,ブラインド;(電灯などの)かさ

〈C〉色の明暗の度合い,(濃淡の)色合い

〈U〉(絵画などの)暗部,陰影

《a ~》ほんの少し,ごくわずか(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉(意味などの)微妙な差,ニュアンス《+『of』+『名』》

〈C〉《文》亡霊,幽霊

《the shades》《文》死の世界,よみの国

《複数形で》《話》サングラス

(光・熱などから)…‘を'陰にする,‘に'陰を作る

〈絵〉‘に'明暗(濃淡)をつける

〈色などが〉徐々に(…に)変わる→+『away』(off)『into』+『名』》

undergraduate

大学生,学部在学生

学部学生の

internship

インターンとしての勤務期間

deploy

〈部隊など〉‘を'配置する

(作戦的に)〈部隊などが〉配置につく

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

tenth

《the~》『第10の』,10番目の

10分の1の

《the~》『第10』,10番則[のもの],(月の)10日

〈U〉10分の1

〈C〉(音楽で)10座[音程]

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

portrait

(…の)『肖像画』,肖像(人物)写真《+『of』+『名』》

(人物などの)言葉による描写《+『of』+『名』》

hop

〈人が〉『片足でぴょんぴょんと跳ぶ』

〈鳥・動物が〉足をそろえてぴょんぴょん跳ぶ

…‘を'跳び越える

《話》(特に,ただで)〈乗物〉‘に'乗る

ぴょんぴょんと跳ぶこと,跳躍

《話》(飛行機の)飛行;一航程

《話》ダンス,ダンスパーティー

《話》(ボールの)バウンド

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

Jupiter

(また『Jove』)(ローマ神話の)ジュピター(天地を支配する神々の王;ギリシア神話のZeusに当たる)

木星

Saturn

サトゥルヌス(ローマ神話の農業の神;ギリシア神話のCronus(クロノス)にあたる)

〈U〉土星

Neptune

ネプチューン(ローマ神話の海神で,ギリシャ神話のPoseidonにあたる)

海王星

residual

残りの,残留の

残余

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

ozone

オゾン

《話》(海岸などの)新鮮な空気

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

関連動画