TED日本語 - メーガン・ワシントン: なぜ人前で話す恐怖の中で生き続けるのか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

メーガン・ワシントンはオーストラリアを代表する歌手の一人であり、ソングライターです。そして子供の頃から吃音を抱えています。この大胆に自分をさらけ出したトークの中で、彼女はどうやってこの言語障がいとつきあっているかを打ち明けます。「st」の文字が組み合わせられた単語をさけることに始まり、発話直前に言い変えて脳をだますことまで。そして、そうです、彼女は伝えるべき事を話す代わりに歌うのです。

Script

TEDに出る事を承諾した時 私は話せばいいのか 歌えばいいのか分かりませんでした でもトピックは「言葉」だと言われて ちょっとの間 何かを話さなければと思いました

私には問題があります 世の中で最悪という訳ではないので 大丈夫です ピリピリしていません 世の中には他に もっとずっと重い障がいを 抱えている人がいるのは知っていますが 私にとって 言葉と音楽とは ある一つの事を通して 密接に繋がっているのです

私に吃音があるということを通してです そんな私が人生の多くの時間を ステージで過ごしているのは おかしなことに思えるかもしれません 皆さんの中には私が人前にいて 心地良いと 皆さんに話しかけて ここで 落ち着いた 気持ちになっていると そう思っている方がいるかもしれません でも実は今までずっと そして この瞬間を含めて 私は皆の前で話をする 恐怖の中で 生き続けてきたのです 皆の前で歌うのは全く別物です (笑) でも皆さんもすぐに慣れるでしょう これ程はっきりと この事について 話をしたことは本当に一度もありません それはいつもこんな希望を持って 生きてきたからだと思います 大人になったら 吃音がなくなるだろうと 大きくなったらこうなるだろうなという 考えを持って思って生きていました フランス語がしゃべれるようになるだろうとか 大きくなったら お金の管理が できるようになるだろうとか 大きくなったら 吃音がなくなるだろうとか それで 演説が出来て おそらく首相になれるだろうと そして何でも出来て そうですね (笑) それで今このことについて お話ができるようになった訳です ここまで辿り着いたからです つまり 私は28歳です もう十分大きくなったと確信しています (笑) それに私は一人の大人の女性です パフォーマーとして人生を生き 言語障がいを持った だから真実を話した方が良いと思うのです

吃音だと面白い事もあるのですよ 私にとって 起こり得る最悪の事は もう一人の吃音者と出会うことです (笑) それはハンブルグで起こりました その時 出会った男性はこう言いました 「こんにちは ぼぼぼ僕の名前はジョーです」 私は言いました「ああこんにちは わわわ私の名前はメグです」 彼がからかわれていると思った時の 私の恐怖を想像してみてください (笑)

私はいつも酔っぱらっていると 思われていますし (笑)

自分の名前を忘れてしまったのかと 思われたりもします 何かを言う前に ためらったりすると とても変な事を言いたいのだと思われます 固有名詞なんて最悪です 文の中で「水曜日」という 単語を使おうとすると こんな言葉になってしまいます つっかえるか何かしそうだと感じて 「明日」という言葉に変えてしまうのです 又は「火曜の次の日」といった 何か他の言葉に変えてしまいます 厄介ですが でもそうしてやり過ごすしかないのです そうやって何度も この抜け穴式スピーチに磨きをかけ 正に土壇場になって言葉を変え 脳をだましてきたのですから でも人の名前は変えられませんね (笑) ジャズをよく歌っていた時 スティーブという名前のピアニストと 一緒によく仕事をしました おそらくご想像の通り SとTの発音は くっついても別々でも 私の弱点以外の何物でもありません しかしこのジャズの即興伴奏をしながら バンドの紹介をしなければならず スティーブの周りを回っている時 よく「ストゥ」で声が詰まってしまうのに気づいたものです それでちょっと気まずくて居心地が悪くなり すっかり雰囲気は台無しになってしまいました そこで何度かこれを繰り返した後 スティーブは喜んで「スィーブ」になってくれました 私達はこんな風にして切り抜けてきたのです (笑)

色々な療法も受けました 一般的な治療の形は スムーズスピーチと呼ばれる このテクニックを使うことです これは言うこと全てを殆ど歌うようにし 全てを繋げて口にするのです 幼稚園の先生が歌うように そうすると 安定剤を大量に飲んだみたいに とても穏やかに聞こえます 全てが平穏です(笑) それは実際の私ではありません でも本当にやるのですよ やっているんです テレビ番組に出なければならない時や ラジオのインタビューを受ける時に これを使っています 放送時間の節約は一番重要ですからね (笑) 仕事の為にはこうやって切り抜けています でも自分の仕事が単に 正直で真実を表現する拠り所だと 感じているアーティストとしては いかさまをしているような気が よくします

だから歌う前に 伝えたいのです 歌うことが私にとって何を意味するのかを それは 素敵な音を奏でる以上のものです そして素敵な歌を作る以上のものであり 気持ちを伝え 理解してもらう以上のものです 私が感じていることを感じてもらう以上のものです それは神話についてとか 自分自身を神話にするものではありません どういう訳か 人間の脳の 奇跡的なシナプスの機能を通して 歌う時に 吃音が出ることはないのです そして幼い頃 それは私にとって とても有効な治療法だったのです 歌う事です それで 沢山歌いました だから私は今日ここにいるのです

(拍手)

ありがとう

私にとって歌うことは 優しい慰めです 歌っている時だけは流暢になれる気がします その時だけは自分の口から 出た事が徹底的に 自分の言いたいことそのものになります (笑) だからこれはTEDトークだと思っています でもこれからTEDシングをします これは昨年作った歌です

どうも有難うございます ありがとう

(拍手)

(ピアノ)

綺麗かもしれないけど

私の鼻は

ちよっとだけ高すぎる

私の顔には

夢見がちかもしれないけど

私の夢は

ちょっとだけ大きすぎる

今の私には

私は天使になれるかもしれないけど

私の天使の輪は

貴方の優雅さのなかでは

それすらかすんでしまう

私はトランプのジョーカーかもしれないけど

貴方がエースを出すなら

私はバカみたい

知りたいの

どん底でも希望はあるの?

知りたいの

私の知る全てを

貴方が奪ってしまうのかを

選ぶことも手放すこともできないのかを

永遠に待ち続けるけれど

でも私の故郷は

少し遠過ぎる

この場所からは

やってみると誓うわ

ゆっくり行くと

貴方のペースで歩く時には

でも考えられるのは

街をぶらつく事だけ

雨に打たれてキレイに見える?

とっても可愛い他の誰かのせいで

私がみっともなく見えるのは

どういう訳かしら

何てことなの

教えて欲しいの

どん底でも希望はあるの

知りたいの

教えて欲しいの

私の知る全てを貴方が奪ってしまうのかを

選ぶことも手放すこともできない

有難うございました(拍手)

I didn't know when I agreed to do this whether I was expected to talk or to sing. But when I was told that the topic was language, I felt that I had to speak about something for a moment.

I have a problem. It's not the worst thing in the world. I'm fine. I'm not on fire. I know that other people in the world have far worse things to deal with, but for me, language and music are inextricably linked through this one thing.

And the thing is that I have a stutter. It might seem curious given that I spend a lot of my life on the stage. One would assume that I'm comfortable in the public sphere and comfortable here, speaking to you guys. But the truth is that I've spent my life up until this point and including this point, living in mortal dread of public speaking. Public singing, whole different thing. (Laughter) But we'll get to that in a moment. I've never really talked about it before so explicitly. I think that that's because I've always lived in hope that when I was a grown-up, I wouldn't have one. I sort of lived with this idea that when I'm grown, I'll have learned to speak French, and when I'm grown, I'll learn how to manage my money, and when I'm grown, I won't have a stutter, and then I'll be able to public speak and maybe be the prime minister and anything's possible and, you know. (Laughter) So I can talk about it now because I've reached this point, where? I mean, I'm 28. I'm pretty sure that I'm grown now. (Laughter) And I'm an adult woman who spends her life as a performer, with a speech impediment. So, I might as well come clean about it.

There are some interesting angles to having a stutter. For me, the worst thing that can happen is meeting another stutterer. (Laughter) This happened to me in Hamburg, when this guy, we met and he said, "Hello, m-m-m-my name is Joe," and I said, "Oh, hello, m-m-m-my name is Meg." Imagine my horror when I realized he thought I was making fun of him. (Laughter)

People think I'm drunk all the time. (Laughter)

People think that I've forgotten their name when I hesitate before saying it. And it is a very weird thing, because proper nouns are the worst. If I'm going to use the word "Wednesday" in a sentence, and I'm coming up to the word, and I can feel that I'm going to stutter or something, I can change the word to "tomorrow," or "the day after Tuesday," or something else. It's clunky, but you can get away with it, because over time I've developed this loophole method of using speech where right at the last minute you change the thing and you trick your brain. But with people's names, you can't change them. (Laughter) When I was singing a lot of jazz, I worked a lot with a pianist whose name was Steve. As you can probably gather, S's and T's, together or independently, are my kryptonite. But I would have to introduce the band over this rolling vamp, and when I got around to Steve, I'd often find myself stuck on the "St." And it was a bit awkward and uncomfortable and it totally kills the vibe. So after a few instances of this, Steve happily became "Seve," and we got through it that way. (Laughter)

I've had a lot of therapy, and a common form of treatment is to use this technique that's called smooth speech, which is where you almost sing everything that you say. You kind of join everything together in this very singsong, kindergarten teacher way, and it makes you sound very serene, like you've had lots of Valium, and everything is calm. (Laughter) That's not actually me. And I do use that. I do. I use it when I have to be on panel shows, or when I have to do radio interviews, when the economy of airtime is paramount. (Laughter) I get through it that way for my job. But as an artist who feels that their work is based solely on a platform of honesty and being real, that feels often like cheating.

Which is why before I sing, I wanted to tell you what singing means to me. It's more than making nice sounds, and it's more than making nice songs. It's more than feeling known, or understood. It's more than making you feel the things that I feel. It's not about mythology, or mythologizing myself to you. Somehow, through some miraculous synaptic function of the human brain, it's impossible to stutter when you sing. And when I was younger, that was a method of treatment that worked very well for me, singing, so I did it a lot. And that's why I'm here today.

(Applause)

Thank you.

Singing for me is sweet relief. It is the only time when I feel fluent. It is the only time when what comes out of my mouth is comprehensively exactly what I intended. (Laughter) So I know that this is a TED Talk, but now i'm going to TED sing. This is a song that I wrote last year.

Thank you very much. Thank you.

(Applause)

(Piano)

I would be a beauty

but my nose

is slightly too big

for my face.

And I would be a dreamer

but my dream

is slightly too big

for this space.

And I would be an angel

but my halo

it pales in the glow

of your grace.

And I would be a joker

but that card looks silly when you play

your ace.

I'd like to know.

Are there stars in hell?

And I'd like to know

know if you can tell

that you make me lose everything I know

That I can not choose to or not let go.

And I'd stay forever

but my home

is slightly too far

from this place.

And I swear I tried to

slow it down

when I am walking at your pace.

But all I could think

idling through the cities

do I look pretty in the rain?

And I don't know how someone

quite so lovely

makes me feel ugly.

So much shame.

And I'd like to know.

Are there stars in hell?

And I'd like to know

know if you can tell

that you make me lose everything I know

that I can not choose to or not let go.

Thank you very much. (Applause)

I didn't know/ when I agreed to do/ this/ whether I was expected to talk/ or to sing.//

TEDに出る事を承諾した時 私は話せばいいのか 歌えばいいのか分かりませんでした

But when I was told/ that the topic was language,/ I felt/ that I had to speak/ about something/ for a moment.//

でもトピックは「言葉」だと言われて ちょっとの間 何かを話さなければと思いました

I have a problem.//

私には問題があります

It's not the worst thing/ in the world.//

世の中で最悪という訳ではないので

I'm fine.//

大丈夫です

I'm not on fire.//

ピリピリしていません

I know/ that other people/ in the world have far worse things/ to deal with,/ but for me,/ language and music are inextricably linked through this one thing.//

世の中には他に もっとずっと重い障がいを 抱えている人がいるのは知っていますが 私にとって 言葉と音楽とは ある一つの事を通して 密接に繋がっているのです

And the thing is/ that I have a stutter.//

私に吃音があるということを通してです

It might seem curious/ given/ that I spend a lot of my life/ on the stage.//

そんな私が人生の多くの時間を ステージで過ごしているのは おかしなことに思えるかもしれません

One would assume/ that I'm comfortable/ in the public sphere/ and comfortable here,/ speaking to you guys.//

皆さんの中には私が人前にいて 心地良いと 皆さんに話しかけて ここで 落ち着いた 気持ちになっていると そう思っている方がいるかもしれません

But the truth is/ that I've spent my life up/ until this point and including/ this point,/ living in mortal dread of public speaking.//

でも実は今までずっと そして この瞬間を含めて 私は皆の前で話をする 恐怖の中で 生き続けてきたのです

Public singing,/ whole different thing.// (Laughter)/ But we'll get to that/ in a moment.//

皆の前で歌うのは全く別物です (笑) でも皆さんもすぐに慣れるでしょう

I've never really talked about it/ before so explicitly.//

これ程はっきりと この事について 話をしたことは本当に一度もありません

I think/ that that's/ because I've always lived in hope/ that/ when I was a grown-up,/ I wouldn't have one.//

それはいつもこんな希望を持って 生きてきたからだと思います 大人になったら 吃音がなくなるだろうと

I sort of lived with this idea/ that/ when I'm grown,/ I'll have learned to speak/ French,/ and when I'm grown,/ I'll learn/ how to manage my money,/ and when I'm grown,/ I won't have a stutter,/ and then/ I'll be able to public speak/ and maybe be the prime minister and anything's possible and,/ you know.//

大きくなったらこうなるだろうなという 考えを持って思って生きていました フランス語がしゃべれるようになるだろうとか 大きくなったら お金の管理が できるようになるだろうとか 大きくなったら 吃音がなくなるだろうとか それで 演説が出来て おそらく首相になれるだろうと そして何でも出来て そうですね

(Laughter)/ So I can talk about it now/ because I've reached this point,/ where?//

(笑) それで今このことについて お話ができるようになった訳です ここまで辿り着いたからです

I mean,/ I'm 28.//

つまり 私は28歳です

I'm pretty sure/ that I'm grown now.//

もう十分大きくなったと確信しています

(Laughter)/ And I'm an adult woman/ who spends her life/ as a performer,/ with a speech impediment.//

(笑) それに私は一人の大人の女性です パフォーマーとして人生を生き 言語障がいを持った

So,/ I might as well come clean/ about it.//

だから真実を話した方が良いと思うのです

There are some interesting angles/ to having a stutter.//

吃音だと面白い事もあるのですよ

For me,/ the worst thing/ that can happen/ is meeting another stutterer.//

私にとって 起こり得る最悪の事は もう一人の吃音者と出会うことです

(Laughter)/ This happened to me/ in Hamburg,/ when this guy,/ we met/ and he said,/ "Hello,/ m-m-m-my name is Joe,/"/ and I said,/ "Oh,/ hello,/ m-m-m-my name is Meg."//

(笑) それはハンブルグで起こりました その時 出会った男性はこう言いました 「こんにちは ぼぼぼ僕の名前はジョーです」 私は言いました「ああこんにちは わわわ私の名前はメグです」

Imagine/ my horror/ when I realized/ he thought I was making fun of him.//

彼がからかわれていると思った時の 私の恐怖を想像してみてください

(Laughter)/ People think/ I'm drunk/ all the time.//

(笑) 私はいつも酔っぱらっていると 思われていますし

(Laughter)/ People think/ that I've forgotten their name/ when I hesitate before saying it.//

(笑) 自分の名前を忘れてしまったのかと 思われたりもします 何かを言う前に ためらったりすると

And it is a very weird thing,/ because proper nouns are the worst.//

とても変な事を言いたいのだと思われます 固有名詞なんて最悪です

If I'm going to use/ the word "Wednesday"/ in a sentence,/ and I'm coming up to the word,/ and I can feel/ that I'm going/ to stutter or something,/ I can change the word/ to "tomorrow,/"/ or "the day/ after Tuesday,/"/ or something else.//

文の中で「水曜日」という 単語を使おうとすると こんな言葉になってしまいます つっかえるか何かしそうだと感じて 「明日」という言葉に変えてしまうのです 又は「火曜の次の日」といった 何か他の言葉に変えてしまいます

It's clunky,/ but you can get away/ with it,/ because over time/ I've developed this loophole method of using speech/ where right/ at the last minute/ you change the thing/ and you trick your brain.//

厄介ですが でもそうしてやり過ごすしかないのです そうやって何度も この抜け穴式スピーチに磨きをかけ 正に土壇場になって言葉を変え 脳をだましてきたのですから

But with people's names,/ you can't change them.//

でも人の名前は変えられませんね

(Laughter)/ When I was singing a lot of jazz,/ I worked a lot/ with a pianist/ whose name was Steve.//

(笑) ジャズをよく歌っていた時 スティーブという名前のピアニストと 一緒によく仕事をしました

As you can probably gather,/ S's and T's,/ together or independently,/ are my kryptonite.//

おそらくご想像の通り SとTの発音は くっついても別々でも 私の弱点以外の何物でもありません

But I would have to introduce/ the band/ over this rolling vamp,/ and when I got around/ to Steve,/ I'd often find myself/ stuck on the "St."//

しかしこのジャズの即興伴奏をしながら バンドの紹介をしなければならず スティーブの周りを回っている時 よく「ストゥ」で声が詰まってしまうのに気づいたものです

And it was a bit awkward and uncomfortable/ and it totally kills the vibe.//

それでちょっと気まずくて居心地が悪くなり すっかり雰囲気は台無しになってしまいました

So/ after a few instances of this,/ Steve happily became "Seve,/"/ and we got through it/ that way.// (Laughter)/ I've had a lot of therapy,/ and a common form of treatment is to use this technique/ that's called smooth speech,/ which is/ where you almost/ sing everything/ that you say.//

そこで何度かこれを繰り返した後 スティーブは喜んで「スィーブ」になってくれました 私達はこんな風にして切り抜けてきたのです (笑) 色々な療法も受けました 一般的な治療の形は スムーズスピーチと呼ばれる このテクニックを使うことです これは言うこと全てを殆ど歌うようにし

You/ kind of join everything together/ in this very singsong, kindergarten teacher way,/ and it makes/ you sound very serene,/ like you've had lots of Valium,/ and everything is calm.// (Laughter)/ That's not actually/ me.//

全てを繋げて口にするのです 幼稚園の先生が歌うように そうすると 安定剤を大量に飲んだみたいに とても穏やかに聞こえます 全てが平穏です(笑) それは実際の私ではありません

And I do use/ that.// I do.//

でも本当にやるのですよ やっているんです

I use it/ when I have to be on panel shows,/ or when I have to do/ radio interviews,/ when the economy of airtime is paramount.//

テレビ番組に出なければならない時や ラジオのインタビューを受ける時に これを使っています 放送時間の節約は一番重要ですからね

(Laughter)/ I get through it/ that way/ for my job.//

(笑) 仕事の為にはこうやって切り抜けています

But as an artist/ who feels/ that their work is based solely/ on a platform of honesty/ and being real,/ that feels often/ like cheating.//

でも自分の仕事が単に 正直で真実を表現する拠り所だと 感じているアーティストとしては いかさまをしているような気が よくします

Which is/ why before I sing,/ I wanted to tell/ you/ what singing means/ to me.//

だから歌う前に 伝えたいのです 歌うことが私にとって何を意味するのかを

It's more/ than making nice sounds,/ and it's more/ than making nice songs.//

それは 素敵な音を奏でる以上のものです そして素敵な歌を作る以上のものであり

It's more/ than feeling known,/ or understood.//

気持ちを伝え 理解してもらう以上のものです

It's more/ than making you feel the things/ that I feel.//

私が感じていることを感じてもらう以上のものです

It's not about mythology,/ or mythologizing myself to you.//

それは神話についてとか 自分自身を神話にするものではありません

Somehow,/ through some miraculous synaptic function of the human brain,/ it's impossible/ to stutter/ when you sing.//

どういう訳か 人間の脳の 奇跡的なシナプスの機能を通して 歌う時に 吃音が出ることはないのです

And when I was younger,/ that was a method of treatment/ that worked very well/ for me,/ singing,/ so I did it/ a lot.//

そして幼い頃 それは私にとって とても有効な治療法だったのです 歌う事です それで 沢山歌いました

And that's/ why I'm here/ today.//

だから私は今日ここにいるのです

(Applause)/ Thank you.//

(拍手) ありがとう

Singing/ for me is sweet relief.//

私にとって歌うことは 優しい慰めです

It is the only time/ when I feel fluent.//

歌っている時だけは流暢になれる気がします

It is the only time/ when/ what comes out of my mouth is comprehensively exactly/ what I intended.//

その時だけは自分の口から 出た事が徹底的に 自分の言いたいことそのものになります

(Laughter)/ So I know/ that this is a TED Talk,/ but now/ i'm/ going to TED sing.//

(笑) だからこれはTEDトークだと思っています でもこれからTEDシングをします

This is a song/ that I wrote last year.//

これは昨年作った歌です

Thank/ you/ very much.// Thank you.//

どうも有難うございます ありがとう

(Applause) (Piano)/ I would be a beauty/ but my nose is slightly too big/ for my face.//

(拍手) (ピアノ) 綺麗かもしれないけど 私の鼻は ちよっとだけ高すぎる 私の顔には

And I would be a dreamer/ but my dream is slightly too big/ for this space.//

夢見がちかもしれないけど 私の夢は ちょっとだけ大きすぎる 今の私には

And I would be an angel/ but my halo/ it pales in the glow of your grace.//

私は天使になれるかもしれないけど 私の天使の輪は 貴方の優雅さのなかでは それすらかすんでしまう

And I would be a joker/ but/ that card looks silly/ when you play your ace.//

私はトランプのジョーカーかもしれないけど 貴方がエースを出すなら 私はバカみたい

I'd like to know.//

知りたいの

Are there stars in hell?//

どん底でも希望はあるの?

And I'd like to know/ know/ if you can tell/ that you make me lose everything/ I know/ That I can not choose to/ or not let go.//

知りたいの 私の知る全てを 貴方が奪ってしまうのかを 選ぶことも手放すこともできないのかを

And I'd stay forever/ but my home is slightly too far/ from this place.//

永遠に待ち続けるけれど でも私の故郷は 少し遠過ぎる この場所からは

And I swear/ I tried to slow/ it down/ when I am walking at your pace.//

やってみると誓うわ ゆっくり行くと 貴方のペースで歩く時には

But all I could think idling/ through the cities do I look pretty/ in the rain?//

でも考えられるのは 街をぶらつく事だけ 雨に打たれてキレイに見える?

And I don't know/ how someone quite so lovely makes me feel ugly.//

とっても可愛い他の誰かのせいで 私がみっともなく見えるのは どういう訳かしら

So much shame.//

何てことなの

And I'd like to know.//

教えて欲しいの

Are there stars in hell?//

どん底でも希望はあるの

And I'd like to know/ know/ if you can tell/ that you make me lose everything/ I know/ that I can not choose to/ or not let go.//

知りたいの 教えて欲しいの 私の知る全てを貴方が奪ってしまうのかを 選ぶことも手放すこともできない

Thank you very much.// (Applause)//

有難うございました(拍手)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

sing

『歌う』;(…に)歌って聞かせる《+『to』(『for』)+『名』》;(楽器に合わせて)歌う《+『to』+『名』》・〈小鳥・虫などが〉『鳴く』,さえずる

《文》(…を)詩(歌)にする,(詩(歌)を詠んで)賛美する《+『of』+『名』》・〈小川・風・弾丸・湯沸かし・耳などが〉歌うように鳴る・《米語》自白する;密告する・〈歌〉‘を'歌う・《副詞[句]を伴って》歌って…‘を'(…に)する・…‘を'唱える,詠唱する・《文》…‘を'詩(歌)にする,(詩(歌)に詠んで)賛美する・合唱の集い

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

inextricably

解けないほど,解決できないほど

stutter

どもる,口ごもる,どもりながら言う

…‘を'どもりながら言う

どもり,口ごもり

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

mortal

『必ず死ぬ運命の』

『致命題な』,命とりの(fatal)

《名詞の前にのみ用いて》(はかない)人間の,現世の

《名詞の前にのみ用いて》死ぬまで続く;殺さずにはおかない

死の;死のぎわの

《名詞の前にのみ用いて》《話》非常な,はなはだしい

許すことのできない,永遠の死を招く

《しばしばおどけて》人間

dread

…‘を'『非常にこわがる』(『心配する,いやがる』)

(何か起こりそうなものに対する)『恐れ』,心配,不安

非常に恐ろしい

おそれ多い

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

singing

〈U〉歌,歌唱,声楽

〈U〉〈C〉歌うこと;歌声

〈U〉ヒューヒュー(ブンブンなど)と鳴る音;耳鳴り

歌を歌う,さえずる

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

laughter

『笑い』,笑い声

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

grown

growの過去分詞

成長した,大きくなった

《複合語を作って》「…の茂った」「…産の」の意を表す

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

prime minister

『首相』,『総理大臣』({略}P.M.)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

adult

『おとなの』,成人した,成熟した

成人向きの

『おとな』,成人

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

performer

《修飾語を伴って》実行する人,遂行する人

演奏者,上演者;(特に)芸人

impediment

(…における)障害《+『in』+『名』(doing)》;(…に対する)妨げ《+『to』+『名』》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

stutterer

どもる人,口ごもる人

Hamburg

ハンブルク(西ドイツ北部,ヨーロッパ大陸最大の港湾都市)

meg

megohm[s](メガオーム)・〔俗〕(コンピュータ)megabyte(メガバイト)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

horror

〈U〉『恐怖』,身の毛のよだつ思い

《a~》(…の)『嫌悪』(けんお),毛ぎらい《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)恐ろしさ《+『of』+『名』》

〈C〉ぞっとさセルもの,いやな人

〈C〉《話》実にひどいもの

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

hesitate

『ためらう』,ちゅうちょする

口ごもる,どもる

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

proper noun

固有名詞

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

loophole

(要さいなどの監視・射撃用の)小窓,銃眼

(特に法律・規則の)抜け穴,逃れ道

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

last minute

どたん場の,締切りまぎわの

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

jazz

『ジャズ』

《俗》大ぼら,大うそ,ナンセンス

〈曲〉‘を'ジャズふうに演奏(編曲)する

《俗》〈パーティーなど〉‘を'活気づける,〈曲など〉‘を'陽気にする《+『up』+『名』》

pianist

『ピアニスト』,ピアノをひく人

probably

『たぶん』,『おそらく』

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

independently

独立して,自主的に

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

roll

〈球などが〉『転がる』,転がって行く;〈車輪などが〉回る

〈車が〉『動く』,進む

〈人・動物などが〉『転がり回る』

〈波などが〉うねる,〈煙などが〉漂う,立ち上る

〈時が〉過ぎ去る《+『by』(『away』)》

〈目が〉ぐるぐる回る

〈船などが〉横ゆれする

〈雷・太鼓などが〉ごろごろ鳴る,とどろく

《話》始める(start)

〈球など〉‘を'『転がす』;〈車輪など〉‘を'回転させる

〈車など〉‘を'転がせる;〈家具など〉‘を'ころで動かす,転がして運ぶ

…‘を'『丸める』,巻く《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…に)…‘を'包む,くるむ《+『名』+『up in』+『名』》

(ローラーなどで)…‘を'伸ばす,平らにする《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

〈船・航空機など〉‘を'横揺れさせる

〈r音など〉‘を'巻舌で発音する

〈目〉‘を'ぐるぐる回す,きょろりとさせる

〈さいころ〉‘を'投げる

《米俗》〈酔っぱらいなど〉‘から'盗む(rob)

(球形・円筒形に)『巻いた物』,巻物;(…の)一巻き《+『of』+『名』》

名簿,出席簿;目録

(…の)丸いかたまり《+『of』+『名』》

(食事用の)ロールパン

巻き肉;巻き菓子(ロールカステラなど)

(船などの)横揺れ

(雷・太鼓などの)ごろごろいう音,とどろき

=roller・転がり,回転

vamp

(靴の)つま先革

《話》即席伴奏

〈靴〉‘に'新しいつま先革をつける

…‘に'つぎをあてる,‘を'直す

《話》〈曲・踊り〉‘に'即席で伴奏をつける《+名+up(out),+up(out)+名》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

awkward

(人・動作などが)『ぶかっこうな』,『ぎごちない』,無器用な(clumsy)

(物が)『扱いにくい』,使いにくい

(状態・問題などが)『やっかいな』,始末に困る

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

totally

全く,完全に

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

therapy

(病気の)治療,療法

=psychotherapy

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

singsong

〈U〉単調な調子(リズム),抑揚のない話し方

〈C〉単調な詩[歌]

〈C〉《英》(一般会衆による)即席合唱会

単調な,抑揚のない

kindergarten

幼稚園

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

serene

(生活・風景などが)『穏やかな』,平穏な

うららかな,晴れた

《S-》やんごとなき

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

economy

〈U〉〈C〉『節約』,倹約

〈U〉(国家・社会などの)『経済』,財政;〈C〉経済組織(機構)

paramount

最高の,優れた

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

solely

『一人で』,『単独で』(alone)

ただ,全く,もっぱら(only)

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

honesty

『正直』,実直,誠実

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

song

〈C〉『歌』,『歌曲』,唱歌

〈C〉〈U〉(歌うための)詩,詩歌

〈U〉歌うこと

〈U〉〈C〉(鳥・小川などの)『歌うような声』(『音』)

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

understood

understandの過去・過去分詞

了承された,合意された

(文中で)省略されているがそれと分かる(名えば He is older than my father [is].の文の[is]のこと);言外の,暗黙の

mythology

〈U〉《集合的に》神話(myths);〈C〉神話集

〈U〉神話学

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

miraculous

奇跡の,奇跡による

驚くべき,信じがたい

奇跡を行う力のある

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

applause

『拍手かっさい』;称賛

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

relief

〈U〉〈C〉(苦通・悩みなどの)『軽減』,除去《+『from』+『名』》

〈U〉(苦通・悩みなどから解放されて)ほっとすること,安心

〈C〉《単数形で》『ほっとさせるもの』,気味らし,慰み

〈U〉(難民などへの)救済,救援[物資];(軍隊の)救援,援軍

〈U〉職務(任務)の交替;〈C〉《集合的に》交替者(班)

fluent

(人が)『流ちょうにしゃべれる』,すらすら書くことができる

流ちょうに話された,すらすら書かれた(演奏された);(言葉が)流ちょうな

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

intended

意図した,目指した,故意の(intentional)

未来の,いいなずけの

いいなずけ

piano

『ピアノ』

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

dreamer

夢を見る人;夢想家

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

angel

『天使』

(美しさ・親切さなどで)天使のような人

守護神,守り神

halo

(月・太陽などの回りに現れる)かさ

(聖像の)光背,後光,光輪

pal

《話》『友達』,仲間,親友

(…と)仲よくなる《[『up』]『with』+『名』》

glow

(炎を上げずに)『赤々と燃える』

光を放つ,輝く

〈花・木の葉などが〉燃えるような色を呈する

(運動後などに)〈顔・体が〉『ほてる』,ぽかぽかする,紅潮する

(感情・誇りなどで)燃える,熱する《+『with』+『名』》

(高温の炎が出す)『輝き』

(色彩の)『燃えるような鮮やかさ』

《時にa ~》(体の)『ほてり』,(顔の)紅潮

(感情の)高まり,熱情

満足感,喜び

grace

〈U〉(形・動作などの)『優雅さ』,洗練

〈U〉〈C〉食前(食後)の短い祈り

〈U〉(…する)『思いやり』,親切《+『to』do》

〈U〉(神の)恩ちょう,恵み

〈U〉恩恵,恩典;猶予,(特に負債などの)支払い猶予

《複数形で》(人の)美点,長所,魅力

〈C〉《G-》《Your,His,Herを伴って》閣下,閣下夫人

《the Graces》(ギリシア神話の)美の三女神

…‘を'優雅にする,美しく飾る

joker

冗談を言う人,おどけ者

(カードの)ジョーカー

silly

(人・人の用動が)『愚かな』,思慮のない,ばかな,おめでたい

《話》(殴られたりして)目を回した,気絶した

おばかさん

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

hell

〈U〉死者の国,冥土(‘めいど')

〈U〉《しばしば『H』》『地獄』

〈U〉〈C〉地獄のような場所(状熊),苦通,苦悩

〈U〉《時にa~》苦労(悩み)の種

〈U〉《乱暴な強意語として,特に疑問詞の後に置いて》《俗》いったいぜんたい

(怒り・いらだち・驚きなどを表して)ちくしょう,やれやれ

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

swear

(神などにかけて)『誓う,』宣誓する

(宣誓して)(…を)『証言する』《+to+名(doing)》

『罰当たりな言葉を使う,』(…を)ののしる《+at+名》

(神などにかけて)…を‘誓う,'誓って言う

《話》《swear+that節》…だと断言する,主張する

(…を)〈人〉‘に'誓わせる,宣誓させる《+名+to+名(doing)》

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

pace

〈C〉『1歩』;歩幅(ほぼ75‐100cm)

〈C〉〈U〉『歩調』,速度,ペース

〈C〉《単数形で》(馬の)側対歩(同じ側の前後の脚を同時に上げ下げする歩き方)

…‘を'一定の歩調で歩き回る

…‘を'歩いて測る,歩測する《+『off』(『out』)+『名,』+『名』+『off』(『out』)》

…‘の'速度を調整する

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(普通の速さで)歩く,ゆっくりと行ったり来たりする

〈馬が〉側対歩で歩く

idle

(人が)『働いていない』(unemployed),(機械などが)使われていない,(時間が)空いている

(人が)『怠惰な』,怠けている

価値のない,むだな

〈人が〉何もしないでいる,ぶらぶらと時間を過ごす《+『about』》

〈機械などが〉から回りし続ける,アイドリングする

〈時間〉‘を'空費する,ぶらぶらして過ごす《+『名』+『away』,+『away』+『名』》

〈不景気・ストライキなどが〉〈人・機械など〉‘を'遊ばせる,暇にさせる

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

ugly

(外見・容ぼうが)『醜い』,ぶかっこうな

『不快な』,いやな(disagreeable)

(道徳的に)悪い,ひんしゅくを買う

(天侯・事熊などが)『険悪な』,荒れ模様の

《話》不きげんな;気むずかしい;けんか好きな:

shame

〈U〉『恥ずかしさ』,羞恥(しゅうち)心

〈U〉『恥』,恥辱,不名誉

〈C〉》単数形で》《話》『恥になる人』(『物』,『事』),面汚し,名折れ

〈C〉《単数形で》残念なこと,遺憾なこと

〈人〉‘を'『恥じさせる』,赤面させる

〈人〉‘の'不名誉になる,面目をつぶす

関連動画