TED日本語 - ダニエル・デネット: かわいさ、セクシーさ、甘さ、おかしさ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

なぜ赤ちゃんはかわいいのか?なぜケーキは甘いのか?かわいさ、甘さ、セクシーさ(とおかしさのマシュー・ハーレーによる新理論)について、哲学者ダニエル・デネットは予想もできない進化の推論を紹介します。

Script

世界中でダーウィンに関する講演をしていて 彼の推論の奇妙な逆転について よく話しています このフレーズは初期の批評家によるものです 私はこの一節が好きです ご紹介しましょう

「いま問題としている理論においては 絶対的な無知が考案者である それゆえ 全システムの基本原理はこう明言できる "完璧で美しい機械を作るために それを作る方法を知る必要はない" 注意深く検討すれば この提案は ダーウィン氏の理論の要点を凝縮して表現し 彼の意味することを簡潔に表現している 奇妙な推論の逆転によって 彼は 完全なる無知が 完全なる知恵に代わって 創造たる技をすべて達成できると考えているようだ」

まさにこれです 推論の奇妙な逆転ですね 創造論者のパンフレットに面白いページがあります 「質問2: 建築者のいない建物を知っていますか? はい、いいえ 画家のいない絵画を知っていますか? はい、いいえ 製造者のいない車を知っていますか? はい、いいえ どれかに"はい"と答えた人は、詳細を書いてください」

なるほど!これによると ダーウィンの推論は全く奇妙に逆転していますね 設計には優れた設計者が必要なのは もっともだと思うでしょう しかし ダーウィンは違うと言います

さて 今日はダーウィンの逆転した奇妙な推論の他の例を話します 始めは混乱しますがこちらも同じように重要なことです チョコレートケーキは甘いから好きというのはもっともです 男性がこういう女性を好むのはセクシーだから 赤ちゃんを溺愛するのはかわいいから そして ジョークが楽しいのはおかしいから

これらは全て反対です なぜなのかダーウィンが示してくれます まずは甘さですが 私達が甘味が好きなのは糖分探知機として進化したからです 大雑把に言えば 糖分は高エネルギーなので それを好む様に 脳の配線が組まれたのです 私達が好きだからハチミツは甘いのです 「甘いから 私達はハチミツを好む」ではないです 本質的にハチミツに甘さがあるわけではありません ブドウ糖分子を凝視しても それがなぜ甘いのかはわからないでしょう なぜ甘いのかを知るには脳の中を見なければいけません ですから始めに甘さがあり 私達が甘さを好むように進化したと考えるのは 順番が違っています 本当はその反対です 甘さは進化上の関係付けの中で生まれました

同じように この女性たちが本質的にセクシーなのではありません これはいいことです さもなければ 自然の摂理に問題が起こります チンパンジーはどうやって相手を見つければいいのでしょう? 妄想を頼りにするやり方もあるかもしれないですが もっと手っ取り早い方法があります こういう外見を好む様に脳を配線すればいいのです 実際 そうなっているようです たったそれだけのことです 600万年以上にわたりヒトとチンパンジーは別々の進化を経ました おかしなことに 私達の体毛は退化しました そうでなければこれが最高のセクシーさだったでしょう

私達の甘味嗜好も高エネルギーの食物を本能的に好むように進化した結果です チョコレートケーキのためにデザインされたわけではありません チョコレートケーキは超正常刺激です この用語はカモメの有名な実験をした ニコラース・ティンバーゲンによるものです 彼はカモメのクチバシに着目し オレンジの斑点を大きくすると ヒナはより強くその部分をつつくようになることを発見しました それは過剰な刺激ですが ヒナはそれを好みます このことから言えるのは チョコレートケーキは 私達の脳の配線を圧迫する超正常刺激ということです 超正常刺激はたくさんあります まずチョコレートケーキ セクシーさにも超正常刺激はたくさんあります

かわいさにも超正常刺激があります これが良い例です 私達は赤ちゃんが好きで 汚れたおむつにも嫌気がさしません 赤ちゃんは私達の注意を引いて愛され育てられることに成功しています ところで最近の研究によると 母親は自分の赤ちゃんの汚れたおむつのにおいの方を好むようです 自然の仕組みは上手くはたらいています もし赤ちゃんの外見が違っていて こんなふうだったら もしこんな赤ちゃんをかわいがらなければいけないとしても 抱きしめたいとはなかなか思わないでしょう これが 奇妙な逆転です

最後におかしさについてです 私の答えはここまでと全く同じです しかし難しくてよくわかっていません だからおかしさを最後にしました あまり多くのことは語れません 非常に難しい問題ですが 誰かがやれなければなりません そして 成し遂げられたとき 努力に値する報酬を受けとることは大切です 私と同僚がついに答えを見つけました それは 忌まわしい事務作業をこなす脳への報酬として 配線された神経システムです この考察のキャッチフレーズは デバッグする楽しさです 全てを詳しく説明する時間はありませんが 一部のデバッグだけが報酬の対象になると言えます ジョークのスイッチを操作してユーモアのオンとオフを切り替えることで ユーモアを神経科学の道具として活用しています 今はおかしくない…今はおかしくなった もう少しおかしくなった…今はおかしくない… このようにして脳の構造について 脳の機能的構造について 実際に分かってくることがあるのです

マシュー・ハーレーがこの理論の考案者です これをハーレーモデルと呼んでいます 彼はコンピュータ科学者です レジナルド・アダムズは心理学者です そこに私が加わって 3人で研究成果をまとめています どうもありがとうございます

I'm going around the world giving talks about Darwin, and usually what I'm talking about is Darwin's strange inversion of reasoning. Now that title, that phrase, comes from a critic, an early critic, and this is a passage that I just love, and would like to read for you.

"In the theory with which we have to deal, Absolute Ignorance is the artificer; so that we may enunciate as the fundamental principle of the whole system, that, in order to make a perfect and beautiful machine, it is not requisite to know how to make it. This proposition will be found on careful examination to express, in condensed form, the essential purport of the Theory, and to express in a few words all Mr. Darwin's meaning; who, by a strange inversion of reasoning, seems to think Absolute Ignorance fully qualified to take the place of Absolute Wisdom in the achievements of creative skill."

Exactly. Exactly. And it is a strange inversion. A creationist pamphlet has this wonderful page in it: "Test Two: Do you know of any building that didn't have a builder? Yes/No. Do you know of any painting that didn't have a painter? Yes/No. Do you know of any car that didn't have a maker? Yes/No. If you answered 'Yes' for any of the above, give details."

A-ha! I mean, it really is a strange inversion of reasoning. You would have thought it stands to reason that design requires an intelligent designer. But Darwin shows that it's just false.

Today, though, I'm going to talk about Darwin's other strange inversion, which is equally puzzling at first, but in some ways just as important. It stands to reason that we love chocolate cake because it is sweet. Guys go for girls like this because they are sexy. We adore babies because they're so cute. And, of course, we are amused by jokes because they are funny.

This is all backwards. It is. And Darwin shows us why. Let's start with sweet. Our sweet tooth is basically an evolved sugar detector, because sugar is high energy, and it's just been wired up to the preferer, to put it very crudely, and that's why we like sugar. Honey is sweet because we like it, not "we like it because honey is sweet." There's nothing intrinsically sweet about honey. If you looked at glucose molecules till you were blind, you wouldn't see why they tasted sweet. You have to look in our brains to understand why they're sweet. So if you think first there was sweetness, and then we evolved to like sweetness, you've got it backwards; that's just wrong. It's the other way round. Sweetness was born with the wiring which evolved.

And there's nothing intrinsically sexy about these young ladies. And it's a good thing that there isn't, because if there were, then Mother Nature would have a problem: How on earth do you get chimps to mate? Now you might think, ah, there's a solution: hallucinations. That would be one way of doing it, but there's a quicker way. Just wire the chimps up to love that look, and apparently they do. That's all there is to it. Over six million years, we and the chimps evolved our different ways. We became bald-bodied, oddly enough; for one reason or another, they didn't. If we hadn't, then probably this would be the height of sexiness.

Our sweet tooth is an evolved and instinctual preference for high-energy food. It wasn't designed for chocolate cake. Chocolate cake is a supernormal stimulus. The term is owed to Niko Tinbergen, who did his famous experiments with gulls, where he found that that orange spot on the gull's beak -- if he made a bigger, oranger spot the gull chicks would peck at it even harder. It was a hyperstimulus for them, and they loved it. What we see with, say, chocolate cake is it's a supernormal stimulus to tweak our design wiring. And there are lots of supernormal stimuli; chocolate cake is one. There's lots of supernormal stimuli for sexiness.

And there's even supernormal stimuli for cuteness. Here's a pretty good example. It's important that we love babies, and that we not be put off by, say, messy diapers. So babies have to attract our affection and our nurturing, and they do. And, by the way, a recent study shows that mothers prefer the smell of the dirty diapers of their own baby. So nature works on many levels here. But now, if babies didn't look the way they do -- if babies looked like this, that's what we would find adorable, that's what we would find -- we would think, oh my goodness, do I ever want to hug that. This is the strange inversion.

Well now, finally what about funny. My answer is, it's the same story, the same story. This is the hard one, the one that isn't obvious. That's why I leave it to the end. And I won't be able to say too much about it. But you have to think evolutionarily, you have to think, what hard job that has to be done -- it's dirty work, somebody's got to do it -- is so important to give us such a powerful, inbuilt reward for it when we succeed. Now, I think we've found the answer -- I and a few of my colleagues. It's a neural system that's wired up to reward the brain for doing a grubby clerical job. Our bumper sticker for this view is that this is the joy of debugging. Now I'm not going to have time to spell it all out, but I'll just say that only some kinds of debugging get the reward. And what we're doing is we're using humor as a sort of neuroscientific probe by switching humor on and off, by turning the knob on a joke -- now it's not funny ... oh, now it's funnier ... now we'll turn a little bit more ... now it's not funny -- in this way, we can actually learn something about the architecture of the brain, the functional architecture of the brain.

Matthew Hurley is the first author of this. We call it the Hurley Model. He's a computer scientist, Reginald Adams a psychologist, and there I am, and we're putting this together into a book. Thank you very much.

I'm going/ around the world/ giving talks/ about Darwin,/ and usually/ what I'm talking/ about is Darwin's strange inversion of reasoning.//

世界中でダーウィンに関する講演をしていて 彼の推論の奇妙な逆転について よく話しています

Now/ that title,/ that phrase,/ comes from a critic,/ an early critic,/ and this is a passage/ that I just love,/ and would like to read/ for you.//

このフレーズは初期の批評家によるものです 私はこの一節が好きです ご紹介しましょう

"In the theory/ with which we have to deal,/ Absolute Ignorance is the artificer;/ so that we may enunciate as the fundamental principle of the whole system,/ that,/ in order to make a perfect and beautiful machine,/ it is not requisite to know/ how to make it.//

「いま問題としている理論においては 絶対的な無知が考案者である それゆえ 全システムの基本原理はこう明言できる "完璧で美しい機械を作るために それを作る方法を知る必要はない"

This proposition will be found on careful examination/ to express,/ in condensed form,/ the essential purport of the Theory,/ and to express in a few words/ all Mr. Darwin's meaning;/ who,/ by a strange inversion of reasoning,/ seems to think/ Absolute Ignorance fully qualified to take the place of Absolute Wisdom/ in the achievements of creative skill."//

注意深く検討すれば この提案は ダーウィン氏の理論の要点を凝縮して表現し 彼の意味することを簡潔に表現している 奇妙な推論の逆転によって 彼は 完全なる無知が 完全なる知恵に代わって 創造たる技をすべて達成できると考えているようだ」

まさにこれです 推論の奇妙な逆転ですね

A creationist pamphlet has this wonderful page/ in it:/ "Test Two:/ Do you know of any building/ that didn't have a builder?// Yes/No.//

創造論者のパンフレットに面白いページがあります 「質問2: 建築者のいない建物を知っていますか? はい、いいえ

Do you know of any painting/ that didn't have a painter?// Yes/No.//

画家のいない絵画を知っていますか? はい、いいえ

Do you know of any car/ that didn't have a maker?// Yes/No.//

製造者のいない車を知っていますか? はい、いいえ

If you answered 'Yes'/ for any of the above,/ give details."//

どれかに"はい"と答えた人は、詳細を書いてください」

A-ha!// I mean,/ it really is a strange inversion of reasoning.//

なるほど!これによると ダーウィンの推論は全く奇妙に逆転していますね

You would have thought/ it stands to reason/ that design requires an intelligent designer.//

設計には優れた設計者が必要なのは もっともだと思うでしょう

But Darwin shows/ that it's just false.//

しかし ダーウィンは違うと言います

Today,/ though,/ I'm going to talk/ about Darwin's other strange inversion,/ which is equally puzzling/ at first,/ but in some ways just/ as important.//

さて 今日はダーウィンの逆転した奇妙な推論の他の例を話します 始めは混乱しますがこちらも同じように重要なことです

It stands to reason/ that we love chocolate cake/ because it is sweet.//

チョコレートケーキは甘いから好きというのはもっともです

Guys go for girls/ like this/ because they are sexy.//

男性がこういう女性を好むのはセクシーだから

We adore babies/ because they're so cute.//

赤ちゃんを溺愛するのはかわいいから

And,/ of course,/ we are amused by jokes/ because they are funny.//

そして ジョークが楽しいのはおかしいから

This is all backwards.// It is.// And Darwin shows us why.//

これらは全て反対です なぜなのかダーウィンが示してくれます

Let's start/ with sweet.// Our sweet tooth is basically an evolved sugar detector,/ because sugar is high energy,/ and it's just been wired up to the preferer,/ to put it very crudely,/ and that's/ why we like sugar.//

まずは甘さですが 私達が甘味が好きなのは糖分探知機として進化したからです 大雑把に言えば 糖分は高エネルギーなので それを好む様に 脳の配線が組まれたのです

Honey is sweet/ because we like it,/ not "we like it/ because honey is sweet."//

私達が好きだからハチミツは甘いのです 「甘いから 私達はハチミツを好む」ではないです

There's nothing intrinsically sweet/ about honey.//

本質的にハチミツに甘さがあるわけではありません

If you looked at glucose molecules till you were blind,/ you wouldn't see/ why they tasted sweet.//

ブドウ糖分子を凝視しても それがなぜ甘いのかはわからないでしょう

You have to look/ in our brains/ to understand/ why they're sweet.//

なぜ甘いのかを知るには脳の中を見なければいけません

So/ if you think first/ there was sweetness,/ and then/ we evolved to like/ sweetness,/ you've got it backwards;/ that's just wrong.// It's the other way round.//

ですから始めに甘さがあり 私達が甘さを好むように進化したと考えるのは 順番が違っています 本当はその反対です

Sweetness was born with the wiring/ which evolved.//

甘さは進化上の関係付けの中で生まれました

And there's nothing intrinsically sexy/ about these young ladies.//

同じように この女性たちが本質的にセクシーなのではありません

And it's a good thing/ that there isn't,/ because/ if there were,/ then/ Mother Nature would have a problem:/ How on earth do you get chimps/ to mate?//

これはいいことです さもなければ 自然の摂理に問題が起こります チンパンジーはどうやって相手を見つければいいのでしょう?

Now/ you might think,/ ah,/ there's a solution:/ hallucinations.//

妄想を頼りにするやり方もあるかもしれないですが

That would be one way of doing it,/ but there's a quicker way.//

もっと手っ取り早い方法があります

Just wire the chimps up/ to love that look,/ and apparently/ they do.//

こういう外見を好む様に脳を配線すればいいのです 実際 そうなっているようです

That's all/ there is to it.//

たったそれだけのことです

Over six million years,/ we/ and the chimps evolved our different ways.//

600万年以上にわたりヒトとチンパンジーは別々の進化を経ました

We became bald-bodied,/ oddly enough;/ for one reason or another,/ they didn't.//

おかしなことに 私達の体毛は退化しました

If we hadn't,/ then probably/ this would be the height of sexiness.//

そうでなければこれが最高のセクシーさだったでしょう

Our sweet tooth is an evolved and instinctual preference/ for high-energy food.//

私達の甘味嗜好も高エネルギーの食物を本能的に好むように進化した結果です

It wasn't designed for chocolate cake.//

チョコレートケーキのためにデザインされたわけではありません

Chocolate cake is a supernormal stimulus.//

チョコレートケーキは超正常刺激です

The term is owed to Niko Tinbergen,/ who did his famous experiments/ with gulls,/ where he found/ that that orange spot/ on the gull's beak --/ if he made a bigger, oranger spot/ the gull chicks would peck at it even harder.//

この用語はカモメの有名な実験をした ニコラース・ティンバーゲンによるものです 彼はカモメのクチバシに着目し オレンジの斑点を大きくすると ヒナはより強くその部分をつつくようになることを発見しました

It was a hyperstimulus/ for them,/ and they loved it.//

それは過剰な刺激ですが ヒナはそれを好みます

What we see with,/ say,/ chocolate cake is it's a supernormal stimulus/ to tweak our design wiring.//

このことから言えるのは チョコレートケーキは 私達の脳の配線を圧迫する超正常刺激ということです

And there are lots of supernormal stimuli;/ chocolate cake is one.//

超正常刺激はたくさんあります まずチョコレートケーキ

There's lots of supernormal stimuli/ for sexiness.//

セクシーさにも超正常刺激はたくさんあります

And there's even supernormal stimuli/ for cuteness.// Here's a pretty good example.//

かわいさにも超正常刺激があります これが良い例です

It's important/ that we love babies,/ and/ that we not be put off/ by,/ say,/ messy diapers.//

私達は赤ちゃんが好きで 汚れたおむつにも嫌気がさしません

So babies have to attract/ our affection and our nurturing,/ and they do.//

赤ちゃんは私達の注意を引いて愛され育てられることに成功しています

And,/ by the way,/ a recent study shows/ that mothers prefer the smell of the dirty diapers of their own baby.//

ところで最近の研究によると 母親は自分の赤ちゃんの汚れたおむつのにおいの方を好むようです

So nature works on many levels here.//

自然の仕組みは上手くはたらいています

But now,/ if babies didn't look the way/ they do --/ if babies looked like this,/ that's/ what we would find adorable,/ that's/ what we would find --/ we would think,/ oh my goodness,/ do I ever want to hug/ that.//

もし赤ちゃんの外見が違っていて こんなふうだったら もしこんな赤ちゃんをかわいがらなければいけないとしても 抱きしめたいとはなかなか思わないでしょう

This is the strange inversion.//

これが 奇妙な逆転です

Well now,/ finally/ what about funny.// My answer is,/ it's the same story,/ the same story.//

最後におかしさについてです 私の答えはここまでと全く同じです

This is the hard one,/ the one/ that isn't obvious.// That's/ why I leave it/ to the end.//

しかし難しくてよくわかっていません だからおかしさを最後にしました

And I won't be able to say too much/ about it.//

あまり多くのことは語れません

But you have to think evolutionarily,/ you have to think,/ what hard job/ that has to be done --/ it's dirty work,/ somebody's got to do it --/ is so important/ to give us/ such a powerful, inbuilt reward/ for it/ when we succeed.//

非常に難しい問題ですが 誰かがやれなければなりません そして 成し遂げられたとき 努力に値する報酬を受けとることは大切です

Now,/ I think/ we've found the answer --/ I and a few of my colleagues.//

私と同僚がついに答えを見つけました

It's a neural system/ that's wired up/ to reward the brain/ for doing a grubby clerical job.//

それは 忌まわしい事務作業をこなす脳への報酬として 配線された神経システムです

Our bumper sticker/ for this view is/ that this is the joy of debugging.//

この考察のキャッチフレーズは デバッグする楽しさです

Now/ I'm not going to have/ time/ to spell it/ all out,/ but I'll just say/ that only some kinds of debugging get the reward.//

全てを詳しく説明する時間はありませんが 一部のデバッグだけが報酬の対象になると言えます

And what we're doing/ is we're using humor/ as a sort of neuroscientific probe/ by switching humor on and off,/ by turning the knob/ on a joke --/ now/ it's not funny ...// oh,/ now/ it's funnier ...//

ジョークのスイッチを操作してユーモアのオンとオフを切り替えることで ユーモアを神経科学の道具として活用しています 今はおかしくない…今はおかしくなった

now/ we'll turn a little bit/ more ...// now/ it's not funny --/ in this way,/ we can actually learn something/ about the architecture of the brain,/ the functional architecture of the brain.//

もう少しおかしくなった…今はおかしくない… このようにして脳の構造について 脳の機能的構造について 実際に分かってくることがあるのです

Matthew Hurley is the first author of this.// We call it/ the Hurley Model.//

マシュー・ハーレーがこの理論の考案者です これをハーレーモデルと呼んでいます

He's a computer scientist,/ Reginald Adams/ a psychologist,/ and there/ I am,/ and we're putting/ this together/ into a book.//

彼はコンピュータ科学者です レジナルド・アダムズは心理学者です そこに私が加わって 3人で研究成果をまとめています

Thank/ you very much.//

どうもありがとうございます

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

strange

『奇妙な』,異常な,変な

『見た(聞いた)ことのない』,未知の

場違いの,勝手が違った

《補語にのみ用いて》(仕事などに)慣れていない,未熟の《+『to』+『名』》

inversion

反対,転倒

(文法で)倒置[法]

reasoning

論理的思考;推論

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

critic

(特に文学・美術・音楽の)『評論家』,『批評家』

あら捜しをする人,酷評する人

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

passage

〈C〉(文章・演説の一つの)『節』,句

〈C〉楽節,楽句,パッセージ

〈C〉通路;細道

〈C〉《おもに英》廊下;ロビー(《米》hall)

〈U〉(…が)『通過すること』;通行の権利(許可,自由)《+『of』+『名』》

〈C〉(特に,海・空の)『旅』

〈U〉乗客となる権利

〈U〉(事の)経過,推移,(時の)経過《+『of』+『名』》

〈U〉(議案の)通過,可決,成立

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

ignorance

『無学』,『無知』,無教育;(…を)知らないこと《+『of』+『名』》

artificer

技術者

(船の機関室の)技術兵

enunciate

〈語・音節〉‘を'(明瞭に)発音する

〈理論・計画など〉‘を'はっきり述べる

(明瞭に)発音する

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

requisite

(…にとって)必要な《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…に)必要なもの,必要品.(…の)必要条件《+『for』+『名』(do『ing』)》

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

examination

〈C〉(…の)『試験』《+『in』(『on』)+『名』ofを用いない》

〈U〉〈C〉(…の)『調査』,検討《+『into』(『of』)+『名』》

〈C〉〈U〉『診察』,診断

〈C〉詩験問題[用紙];詩験答案[用紙]

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

condensed

凝縮(濃縮,圧縮)された

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

purport

《『purport to』 do》…すると偽って言う,偽称する

…‘を'意味する

〈U〉(発言・行動の)意味,趣旨《+『of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

fully

『十分に』,完全に

まるまる

qualify

〈才能・技術などが〉〈人〉‘に'『資格を与える』

(…で)‘を'緩和する,適度にする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'(…と)称する《+『名』〈人〉+『as』+『名』》

(文法で)…‘を'修飾する(modify)

『資格を得る』,検定を取る

(スポーツで)予選を通過する《+『in』+『名』》

wisdom

『賢いこと』,賢明さ,知恵,分別;《集合的に》賢明な思考,名言

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

creative

『創造力のある』

『独創的な』

skill

〈U〉(…の)『熟練』,技量,腕《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『特殊技術』,特殊技能

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

pamphlet

『パンフレット』,小冊子;(特に時事問題の)小論文

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

builder

建築者;建築業者

painting

〈U〉『絵をかくこと』;画法;《集合的に》絵画

〈C〉(1枚の)絵

〈U〉ペンキ塗り

painter

『画家』

ペンキ屋

maker

〈C〉『製作者』,作る人,メーカー

《複合語を作って》…製造業者,…屋

《the M-,our M-》造物主,神(God)

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

designer

『設計者』,デザイナー

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

chocolate

〈U〉〈C〉『チョコレート』;《複数形で》『チョコレート菓子』

〈U〉チョコレート飲料

〈U〉チョコレート色

チョコレート製の,チョコレト入りの

チョコレート色の

cake

〈U〉〈C〉『ケーハ』,洋菓子

〈C〉平たい焼きパン(パンケーキなど)

〈C〉一定の形の塊にした食物

〈C〉(…の)ケーキ状の塊《+『of』+『名』》

固まる,塊になる

(…で)…'を'固める《+『名』+『with』+『名』》,(…に)…'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

sweet

(砂糖のように)『甘い』;砂糖の入った

心地よい,香りのよい,美しい,おいしい

新鮮な,腐っていない

(性質などが)『人好きのする』,気だてのよい,優しい,親切な

(酒が)甘口の

〈C〉《英》甘い料理,(特に)デザート

《複数形で》《英》(ケーキ・キャンデーなどの)『砂糖菓子』(《米》candy)

〈U〉《呼びかけで》あなた,おまえ

《複数形で》《the ~》《文》(…の)喜び,楽しみ《+of+名》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

sexy

性に関する;セクシーな,性的魅力のある

adore

〈人〉'を'『深く愛する』,敬愛する

〈神〉'を'あがめる,崇拝する(worship)

《話》…‘が'大好きである

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

amuse

(…で)〈人,自分自身〉'を'『楽しませる』,おかしがらせる《+『名』+『with』+『名』

+『名』+『by』 do『ing』》

joke

『冗談』,『笑い話』

からかい,いたずら

こっけいなもの,物笑いの種

冗談を言う;冗談で言う

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

backwards

=backward

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

sweet tooth

甘いもの好き

basically

基本的に,根本的に;元来は

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

detector

発見者,探知者

探知器,検出器

検波器

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

glucose

ブドウ糖

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

sweetness

甘さ;快さ,心地よさ

やさしさ,親切

round

…『を[ぐるっと]回って』,を一周して

…『を曲がって』

…『の周囲に』,を取り巻いて

…『のあちこちに』,の辺りに

…『ころ』

(ぐるりと)回って,巡って

周囲が(に)

あちこち[に],方々[に];行き渡って

回り道して

(ある場所へ)回って

『球状の』,丸い

(タイヤ・輪のように)円形の,丸い

(断面の丸い)円筒(円錐)形の

(肩・筆跡などが)丸みのある,丸々とした

《名詞の前にのみ用いて》(数量が)完全の,ちょうどの

『丸い物』;円,輪;球,円筒形

(中心・軸をまわる)『回転』,(天体の)回転運動

《しばしば複数形で》(職務上などの)巡回,見回り

《単数形で》(行い・でき事の一つの)連続;繰り返り;(…が)ひとしきり続くこと《+『of』+『名』》

(ボクシングの一勝負の中の)『ラウンド』,回,(ゴルフデ全部のホールを回る)ラウンド,(カードゲームの)一回り

輪唱

(銃砲の)1回の射撃,一斉射撃

(射撃用弾薬の)1回分

(牛のもも肉の)丸切り,(パンの)丸切り《+『of』+『名』》

輪舞,円舞

…‘を'『丸くする』,‘に'丸みをつける

…‘を'『回る』,曲がる

〈端数をもつ数字〉‘を'端数を切り捨てて(概数で)表す《+『down』+『名』+『to』+『名』》

…‘を'完成する,仕上げる

…‘を'くちびるを丸くして発音する

『丸くなる』

回る,曲る

完成する

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

wiring

(電気の)配線[工事]

ladies

婦人用公衆便所(《米》Ladies['] room)

Mother Nature

母なる自然(世の中をつかさどる力,自然を意味して言う)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

chimp

=chimpanzee

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

hallucination

〈U〉〈C〉幻覚

〈C〉(幻覚に現れる)幻影,幻

apparently

『明らかに』(obviously)

『見かけは』,見たところは(…らしい)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

oddly

奇妙に;不思議に

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

probably

『たぶん』,『おそらく』

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

sexiness

セクシーなこと,性的魅力のあること

preference

〈U〉〈C〉『好み』

〈U〉〈C〉好みの物を選ぶ権利;優先権

〈C〉『好みのもの』

stimulus

刺激[するもの]

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

owe

…‘を'『借りている』,借金している

…‘の'『おかげをこうむっている』

…‘を'与える義務がある

(…に対して)借りがある,借金をしている《+for+名》

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

gull

カモメ

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

beak

『くちばし』(通例ワシ・タカなどの曲がった,またカメ・タコなどのような角状のもの)

くちばし状のもの;(人の)かぎ鼻,(水差しの)口

(昔の戦艦の)船嘴(せんし)

chick

ひよこ,(一般に)ひな鳥

(親愛の情をこめて)子供

《米俗》小娘

peck

…‘を'『くちばしでつつく』

〈穴など〉‘を'くちばし(とがった道具)でつついて開ける

〈鳥が〉…‘を'ついばむ

《話》(あいさつなどぃ)〈人〉‘に'軽いキスをする

(…を)『くちばしでつつく』《+『at』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

tweak

〈耳・鼻〉‘を'つまむ,ひねる

(耳・鼻を)引っ張ること,ひねること

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

messy

(場所・部屋などが)乱雑な,取り散らかした;(物が)汚れた,きたない

やっかいな,面倒な

diaper

〈C〉《米》おしめ,おむつ(《英》nappy, napkin)

〈U〉菱形模様;菱形地紋の麻布(タオル・ナプキン用)

〈赤ん坊〉‘に'おむつを当てる

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

affection

〈U〉(…に対する)『愛情』,好意,《しばしば複数形で》恋情《+『for』(『toward』)+『名』》

〈C〉(体のある部分の)病気

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

prefer

『むしろ』…『のほうを好む』(『選ぶ』)

(法廷なでに)…‘を'提出する,申し出る

《文》(特に教会などで)〈人〉‘を'(…に)昇進させる《+『名』+『to』+『名』》

smell

(調べたりするために)…‘を'『かぐ』,‘の'においをかぐ

…‘を'においで気づく,‘の'においに感づく

…‘に'感づく,‘を'かぎ出す《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物が〉『においがする』,におう

〈人・動物が〉においがわかる;(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

(特に)いやなにおいがする

〈物事が〉何かにおう,(…の)感じがする《+『of』+『名』(doing)》

〈U〉『嗅覚』(きゅうかく)

〈C〉(…の)『におい』《+『of』+『名』(do『ing』)》;《形容詞句を伴なって》悪臭

〈C〉《a smell》(…を)かぐこと《+『at(of)』+『名』》

dirty

『汚い』,汚れた,不潔な;泥だらけの,泥んこの

『不正な』,卑劣な,下劣な

『下品な』,卑わいな,わいせつな

《話》(天気が)荒れ模様の(stormy)

(原子兵器が)汚れた,放射性降下物の多い,放射能の多い

…‘を'『汚す』;〈名誉・名声など〉‘を'汚す,傷つける

汚れる

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

adorable

《話》ほれぼれする,とてもすてきな

敬愛すべき

goodness

(一般に)『優秀さ』,質のよさ,よい状態

(人の)『親切』,優しさ,寛容,親切

(食物などの)『よいところ』,精髄,滋養分

《Godを遠回しに言って驚きを表す句に用いて》

hug

《副詞[句]を伴って》(特に愛情を持って)…‘を'『抱き締める』;(両腕・ひざなどで)…‘を'ぎゅっと締めつける

(船・車・人などが)…‘に'接近して進む

〈考えなど〉‘に'固執する(cling to)

(特に愛情の印としての)抱擁

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

dirty work

いやな仕事,下働き,よごれ仕事

《話》ごまかし,ぺてん

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

succeed

〈計画などが〉『成功する』,うまくいく

〈人が〉(…に)『成功する』《+in+名(doing)》

〈人が〉(…を)『継承する』,相続する《+to+名》

〈物事が〉続く,後に来る

〈人〉‘の'『後任となる』

…‘に'『続く』

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

neural

神経[系統]の

grubby

汚い

clerical

事務員の書記の

聖職者の,牧師の

牧師

《複数形で》僧服

bumper sticker

自動車のバンパーにはりつけるスローガンや広告のついたステッカー

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

joy

〈U〉(大きな)『喜び』,歓喜,うれしさ

〈C〉喜びのもと(種)

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

debug

…‘の'欠陥(誤り)を調べて除く;〈部屋など〉‘から'盗聴装置を取り除く

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

probe

(傷の深さを調べる)さぐり針

(…を)厳密に調べること,精査《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

(また『space probe』)(ロケットの)宇宙探測機

…‘を'厳密に調べる

〈傷〉‘を'さぐり針で調べる

(…を)厳密に調べる《+『into』(『for』,『at』)+『名』》

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

knob

(幹などの)『節』,こぶ

(戸・引き出しなどの)『取っ手』,つまみ,握り

小高い丘;(バター・石炭などの)丸い小さな塊

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

Matthew

聖マタイ(『St.~』;4人の福音書の記者の一人)

新約聖書の「マタイによる福音書」;《略》『Matt.』

author

『著者』,作者,作家,著作者

(…の)『創始者』,創造者,張本人《+『of』+『名』》

(ある著者の)著書,作品

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

computer

『計算機』;『電子計算機』

psychologist

心理学者

関連動画