TED日本語 - ニーナ・ジャブロンスキー: 肌の色にまつわる幻想を打砕く

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ニーナ・ジャブロンスキーは、肌の色の違いは、多様な気候と紫外線量への単なる身体の適応だと話します。チャールズ・ダーウィンは、この説に反対していました。しかしこれを彼女は、ダーウィンがNASAを知らなかった為に起こった事だと説明します。

Script

興味深い事に チャールズ・ダーウィンは この色素で色づけされた世界の中で 肌の色がとても薄く生まれました ダーウィンは生涯 とても恵まれていました かなり裕福な家庭で 子どもに関心を持つ協力的な両親に育てられました ダーウィンは20代の頃 あの有名なビーグル号の航海に参加しました その旅の間 彼は 多くの素晴らしいものを見ました 植物や動物や人間の多様性です 壮大な旅での観察は 最終的にあの素晴らしい 1冊の本にまとめられました 『種の起源』 出版は150年前です

『種の起源』について 興味深く 時には疑問に思われるのは 本書の中では たったの1行しか 人類の進化について触れられていません 「人類の起源とその歴史にもやがて光が当てられるだろう」 人類の事に関しては その後長い間 ダーウィン自身が語ったり 書いたりすることはありませんでした

ビーグル号で ダーウィンが 旅をした数年間 探検家や学者から 聞いた話を元にして 人間の多様性において 皮膚の色が 最も重要な特徴の1つであると 彼は知っていました また彼は 皮膚の色の分布に興味を抱きました 肌の色の濃い人々は 赤道近くに多く見られ 彼のように肌の色が薄い人々は 両極に近づく程多い と知っていました

これを どう捉えたのでしょう? これらを『種の起源』では何も書いてはいません しかし後になって 1871年に ダーウィンは 発言しました 奇妙な内容です彼曰く 「人種間におけるあらゆる差異のうち 肌の色は最も目立ち そして最も良く特徴付けるものだ」 さらに続けて 「これらの差異は 気候の違いとは一致しない」 彼はあちこちを旅して 各地に住む様々な色の人々と 出会いました それなのに 人間の肌の色が 気候に関係するという説を 否定したのです

もしもダーウィンが現代に生きていたら - NASAの時代に生きていたらと思います NASAの素晴らしい活動の1つは 多くの衛星を打上げ 環境について様々な事柄を観測することです 開始から数十年が経ちます 衛星群TOMSは 地球表面の放射線データを収集しています 衛星TOMS 7のデータで - 画面の通り 年間平均での 地表に到達する紫外線の量を見ることが出来ます ピンクと赤の部分が 1年間で最も多くの紫外線を 受けている地域です 寒色になるにつれて - 青、緑、黄色 そして灰色になるにつれて 紫外線放射はより少なくなります

皮膚の色素について 重大なことは 北半球のどれだけの部分が この灰色の地域にあたるのかということです 肌の色の進化を理解する上で 大きな影響があるからです そして ダーウィンが受け入れられなかった事 多分 認めたくなかった事は 紫外線の強さと 皮膚の色素の量との間に 強い関連があるということです また 皮膚の色素の量それ自体が 進化の産物であるという事です 私達が現在知っている 肌の色の分布図を見ると 赤道への濃い色から 両極への薄い色へと 美しいグラデーションになっています

ここで とても重要なことは 初期の人類は 強い紫外線の環境下 赤道アフリカで進化したことです 私達の祖先 初期のヒト属は 色素を多く持っていました 私たち全員これを受け継いでいるのです 元々は肌の色が濃かったのです 全員 もっと濃い色の肌だったのです 150~200万年前のことです

人類の歴史には何が起こったでしょうか? まずは 紫外線と 地表の関係を見ましょう 人類の進化の初期 赤道付近は 高レベルの紫外線にさらされていました UVCという最も活発なタイプは 地球の大気によってブロックされます しかしUVBとUVAは そのまま通過します UVBは非常に重要です とても破壊的ですが 同時に皮膚内でビタミンDの生成を引き起こします ビタミンDは強い骨や健常な免疫システム その他多くの重要な機能を保つため 私たちの身体に欠かせません

ですから 赤道付近に暮らすことで 私たちはとても多くの紫外線と メラニンを得られました メラニンという 皮膚中にある複雑で素晴らしい 古代の高分子化合物は 最高の「天然紫外線ブロッカー」です メラニンの面白いところは 実に多くの生命体内に存在していることです メラニンは様々な形態で 地球上に 恐らく10億年前には存在していました そして何度も何度も 進化の度に体内にどんどん取り込まれました 有用ならば 何故変化したのか?

メラニンは 私たちの祖先の中に 具体的にはアフリカの最も初期の人類に 天然の紫外線ブロッカーとして 取り込まれました 紫外線による劣化や破壊 DNAへのダメージから 身体を保護するのです また 細胞生成を助ける葉酸という 重要な分子を破壊から防ぎ 体内での再生を促します すごいですね私たちは メラニンという 素晴らしい保護カバーを進化によって得たのです

しかしその後人類は移動しました そして 散らばったのです1度ならず2度も 大移動が行われたのです 赤道アフリカの故郷から旧大陸へと そして 最近では 新大陸へ広がりました 人類がこのような緯度上に散らばると 何に直面するでしょう? 著しく寒くなりますが 同時に 紫外線は 厳しさが和らぎます

北半球に来た人類にとって 紫外線放射はどうなったでしょう まだ多くのUVAを浴びています しかしUVBは全て または そのほとんどが 大気の厚さで失われます 冬に雪山でスキーをすると 紫外線を浴びますね しかしそれは全てUVAです UVAには なんと 皮膚中でビタミンDを生成する能力はないのです

つまり北半球に住む人々は 1年のほとんど ビタミンDを生成する 機会に恵まれないということです このことは 肌の色の進化に 大きな影響を与えました 高緯度でも健康を維持できるように 北半球に移動した 人類の祖先は 色素を失ってしまったのです 自然選択により 肌の色が薄くなるよう 進化したのです

さて 現在の人間を特徴づける セピア色の皮膚のグラデーションの 進化の過程を見てみましょう 薄い肌の色に進化したのは1度ではなく 2度でもなく 恐らく3度です 進化は 現代の人類にだけではなく 関係の薄い遠縁の祖先にも起こりました ネアンデルタール人です これは 進化のパワーの 注目すべき証です 人類は長い間 移動してきました そして ここ5,000年の間は その人数も移動距離も増加し続けています 人々の自発的なこの大移動は この5,000年間に起きています

主要な緯度上の移動を見て下さい 人々は高紫外線地域から 低紫外線地域へと流れています逆もありますね これらの全てが自発的な移動というわけではありません 1520年から1867年の間 1,200万人以上が 高紫外線地域から 低紫外線地域へと 奴隷貿易で大西洋を渡りました これは現代の様々な社会問題の原因となりましたが そして同時に人々にとって 健康への悪影響も引き起こしました

でも 人類は常に移動してきたし 生物学上の障害を 克服する知恵を持っているはずです そうですね しかし私達は 私達の皮膚が生まれつき 十分に適応出来ていない環境で 生きているという事実を忘れがちです 肌の色が薄いのに 紫外線の強い地域で暮らす人もいます 肌の色が濃いのに 紫外線の少ない地域に住む人もいます これらは健康に重大な影響を及ぼすのです

もし皮膚の色素が少ないならば 太陽光線による皮膚ガンや 体内での葉酸の破壊に 気をつける必要があります 疫学者や医師は 皮膚の保護については よく人々に伝えてきましたが 彼らが大衆に対してしっかりと伝えきれていない問題は 皮膚の色素の多い人々が 高緯度地域や ずっと室内にいる 場合についてです

この問題はとても深刻で とても悪質です UVBの不足による ビタミンDの欠乏が 一番の問題です ビタミンDの欠乏は 人々に忍び寄り 多くの健康問題を起こします 影響は骨にも起こり免疫システムは次第に蝕まれ 免疫機能は低下し また おそらくは 気分やメンタルヘルスの 問題も起こします

私達が進化の過程で得た 肌の色という素晴らしい産物は現代の私たちに 未だ影響を及ぼし続けています 社会への影響は とても深刻なものです 私達が住む世界は 肌の色の薄い人と濃い人が 互いに隣り合う世界ですが しかし多くの場合 最初は 不公平な社会作用の結果近くに住むようになりました さて これをどう克服しましょう? どこから理解し始めましょうか? 進化が鍵になります

ダーウィンの生誕から200年が経ち アメリカに初めて 肌の色素が適度にある大統領が誕生しました (拍手) 素晴らしいですね (拍手) 彼はいろいろな理由で素晴らしい方ですが 彼の肌の色を世界の他の人と 比較すると どうでしょう 複雑なバックグランドを持った都会人の一員として 彼は 多様な血筋や 多様な肌の色を象徴しています そしてアフリカや東南アジアの 中程度に色素を持つ人々と 非常に近い共通点を持っています

彼らは日光に当たると 日焼けをし 皮膚内に色素を増やす 傾向を持っています 彼らが 例えば大統領のようなデスクワークをすると ビタミンD欠乏症に陥る危険性があります どうか彼がずっと元気でありますように また 自分の肌の色素の量を自覚してくれますように

さて 人間の肌の色の進化や 肌の色の働きについて 何が素晴らしいのかと言うと それが自然淘汰による 進化の証拠であり それが実際に現れている事です 正に皆さんの身体で起きています もし「進化の証拠は何?」と聞かれて 素晴らしい例や化石を思い浮かべる必要はありません 自分の肌を見て下さい

これにはダーウィンもきっと賛成すると思います 色素の量の進化における気候の重要性を 彼は生涯ずっと避けていましたが 現在の私たちが認識している証拠を ダーウィンが知ることが出来たら 理解し 受入れたでしょう 何よりまず 彼が唱えていたでしょう

皆さんも この考えを広め 実際に手で触れ 理解できるのです この会場の外に広めましょう 自分の肌の色を受入れて 讃えましょう 知識を広めましょう 私たちの種の進化の 歴史の一部は あなたの肌に刻まれています 理解して 感謝して 讃えましょう 素晴らしくないですか?素敵ではないですか? 皆さんは進化の賜物なのです ありがとうございました (拍手)

Interestingly, Charles Darwin was born a very lightly pigmented man, in a moderately-to-darkly pigmented world. Over the course of his life, Darwin had great privilege. He lived in a fairly wealthy home. He was raised by very supportive and interested parents. And when he was in his 20s he embarked upon a remarkable voyage on the ship the Beagle. And during the course of that voyage, he saw remarkable things: tremendous diversity of plants and animals, and humans. And the observations that he made on that epic journey were to be eventually distilled into his wonderful book, "On the Origin of Species," published 150 years ago.

Now what is so interesting and to some, the extent, what's a bit infamous about "The Origin of Species," is that there is only one line in it about human evolution. "Light will be thrown on the origin of man and his history." It wasn't until much longer, much later, that Darwin actually spoke and wrote about humans.

Now in his years of traveling on the Beagle, and from listening to the accounts or explorers and naturalists, he knew that skin color was one of the most important ways in which people varied. And he was somewhat interested in the pattern of skin color. He knew that darkly pigmented peoples were found close to the equator; lightly pigmented peoples, like himself, were found closer to the poles.

So what did he make of all this? Well he didn't write anything about it in The Origin of Species. But much later, in 1871, he did have something to say about it. And it was quite curious. He said, "Of all the differences between the races of men, the color of the skin is the most conspicuous and one of the best marked." And he went on to say, "These differences do not coincide with corresponding differences in climate." So he had traveled all around. He had seen people of different colors living in different places. And yet he rejected the idea that human skin pigmentation was related to the climate.

If only Darwin lived today. If only Darwin had NASA. Now,one of the wonderful things that NASA does is it puts up a variety of satellites that detect all sort of interesting things about our environment. And for many decades now there have been a series of TOMS satellites that have collected data about the radiation of the Earth's surface. The TOMS 7 satellite data, shown here, show the annual average ultraviolet radiation at the Earth's surface. Now the really hot pink and red areas are those parts of the world that receive the highest amounts of UV during the year. The incrementally cooler colors -- blues, greens, yellows, and finally grays -- indicate areas of much lower ultraviolet radiation.

What's significant to the story of human skin pigmentation is just how much of the Northern Hemisphere is in these cool gray zones. This has tremendous implications for our understanding of the evolution of human skin pigmentation. And what Darwin could not appreciate, or didn't perhaps want to appreciate at the time, is that there was a fundamental relationship between the intensity of ultraviolet radiation and skin pigmentation. And that skin pigmentation itself was a product of evolution. And so when we look at a map of skin color, and predicted skin color, as we know it today, what we see is a beautiful gradient from the darkest skin pigmentations toward the equator, and the lightest ones toward the poles.

What's very, very important here is that the earliest humans evolved in high-UV environments, in equatorial Africa. The earliest members of our lineage, the genus Homo, were darkly pigmented. And we all share this incredible heritage of having originally been darkly pigmented,two million to one and half million years ago.

Now what happened in our history? Let's first look at the relationship of ultraviolet radiation to the Earth's surface. In those early days of our evolution, looking at the equator, we were bombarded by high levels of ultraviolet radiation. The UVC, the most energetic type, was occluded by the Earth's atmosphere. But UVB and UVA especially, came in unimpeded. UVB turns out to be incredibly important. It's very destructive, but it also catalyzes the production of vitamin D in the skin, vitamin D being a molecule that we very much need for our strong bones, the health of our immune system, and myriad other important functions in our bodies.

So, living at the equator, we got lots and lots of ultraviolet radiation and the melanin -- this wonderful, complex, ancient polymer compound in our skin -- served as a superb natural sunscreen. This polymer is amazing because it's present in so many different organisms. Melanin, in various forms, has probably been on the Earth a billion years, and has been recruited over and over again by evolution, as often happens. Why change it if it works?

So melanin was recruited, in our lineage, and specifically in our earliest ancestors evolving in Africa, to be a natural sunscreen. Where it protected the body against the degradations of ultraviolet radiation, the destruction, or damage to DNA, and the breakdown of a very important molecule called folate, which helps to fuel cell production, and reproduction in the body. So, it's wonderful. We evolved this very protective, wonderful covering of melanin.

But then we moved. And humans dispersed -- not once, but twice. Major moves, outside of our equatorial homeland, from Africa into other parts of the Old World, and most recently, into the New World. When humans dispersed into these latitudes, what did they face? Conditions were significantly colder, but they were also less intense with respect to the ultraviolet regime.

So if we're somewhere in the Northern Hemisphere, look at what's happening to the ultraviolet radiation. We're still getting a dose of UVA. But all of the UVB, or nearly all of it, is dissipated through the thickness of the atmosphere. In the winter, when you are skiing in the Alps, you may experience ultraviolet radiation. But it's all UVA, and, significantly, that UVA has no ability to make vitamin D in your skin.

So people inhabiting northern hemispheric environments were bereft of the potential to make vitamin D in their skin for most of the year. This had tremendous consequences for the evolution of human skin pigmentation. Because what happened, in order to ensure health and well-being, these lineages of people dispersing into the Northern Hemisphere lost their pigmentation. There was natural selection for the evolution of lightly pigmented skin.

Here we begin to see the evolution of the beautiful sepia rainbow that now characterizes all of humanity. Lightly pigmented skin evolved not just once, not just twice, but probably three times. Not just in modern humans, but in one of our distant unrelated ancestors, the Neanderthals. A remarkable, remarkable testament to the power of evolution. Humans have been on the move for a long time. And just in the last 5,000 years, in increasing rates, over increasing distances. Here are just some of the biggest movements of people, voluntary movements, in the last 5,000 years.

Look at some of the major latitudinal transgressions: people from high UV areas going to low UV and vice versa. And not all these moves were voluntary. Between 1520 and 1867,12 million,500 people were moved from high UV to low UV areas in the transatlantic slave trade. Now this had all sorts of invidious social consequences. But it also had deleterious health consequences to people.

So what? We've been on the move. We're so clever we can overcome all of these seeming biological impediments. Well, often we're unaware of the fact that we're living in environments in which our skin is inherently poorly adapted. Some of us with lightly pigmented skin live in high-UV areas. Some of us with darkly pigmented skin live in low-UV areas. These have tremendous consequences for our health.

We have to, if we're lightly pigmented, be careful about the problems of skin cancer, and destruction of folate in our bodies, by lots of sun. Epidemiologists and doctors have been very good about telling us about protecting our skin. What they haven't been so good about instructing people is the problem of darkly pigmented people living in high latitude areas, or working inside all the time.

Because the problem there is just as severe, but it is more sinister, because vitamin D deficiency, from a lack of ultraviolet B radiation, is a major problem. Vitamin D deficiency creeps up on people, and causes all sorts of health problems to their bones, to their gradual decay of their immune systems, or loss of immune function, and probably some problems with their mood and health, their mental health.

So we have, in skin pigmentation,one of these wonderful products of evolution that still has consequences for us today. And the social consequences, as we know, are incredibly profound. We live in a world where we have lightly and darkly pigmented people living next to one another, but often brought into proximity initially as a result of very invidious social interactions. So how can we overcome this? How can we begin to understand it? Evolution helps us.

200 years after Darwin's birthday, we have the first moderately pigmented President of the United States. (Applause) How wonderful is that? (Applause) This man is significant for a whole host of reasons. But we need to think about how he compares, in terms of his pigmentation, to other people on Earth. He, as one of many urban admixed populations, is very emblematic of a mixed parentage, of a mixed pigmentation. And he resembles, very closely, people with moderate levels of pigmentation who live in southern Africa, or Southeast Asia.

These people have a tremendous potential to tan, to develop more pigment in their skin, as a result of exposure to sun. They also run the risk of vitamin D deficiency, if they have desk jobs, like that guy. So lets all wish for his great health, and his awareness of his own skin pigmentation.

Now what is wonderful about the evolution of human skin pigmentation, and the phenomenon of pigmentation, is that it is the demonstration, the evidence, of evolution by natural selection, right on your body. When people ask you, "What is the evidence for evolution?" You don't have to think about some exotic examples, or fossils. You just have to look at your skin.

Darwin, I think, would have appreciated this, even though he eschewed the importance of climate on the evolution of pigmentation during his own life. I think, were he able to look at the evidence we have today, he would understand it. He would appreciate it. And most of all, he would teach it.

You, you can teach it. You can touch it. You can understand it. Take it out of this room. Take your skin color, and celebrate it. Spread the word. You have the evolution of the history of our species, part of it, written in your skin. Understand it. Appreciate it. Celebrate it. Go out. Isn't it beautiful? Isn't it wonderful? You are the products of evolution. Thank you. (Applause)

Interestingly,/ Charles Darwin was born a very lightly pigmented man,/ in a moderately-to-darkly pigmented world.//

興味深い事に チャールズ・ダーウィンは この色素で色づけされた世界の中で 肌の色がとても薄く生まれました

Over the course of his life,/ Darwin had great privilege.//

ダーウィンは生涯 とても恵まれていました

He lived in a fairly wealthy home.//

かなり裕福な家庭で

He was raised by very supportive and interested parents.//

子どもに関心を持つ協力的な両親に育てられました

And when he was in his 20s/ he embarked upon a remarkable voyage/ on the ship/ the Beagle.//

ダーウィンは20代の頃 あの有名なビーグル号の航海に参加しました

And/ during the course of that voyage,/ he saw remarkable things:/ tremendous diversity of plants and animals,/ and humans.//

その旅の間 彼は 多くの素晴らしいものを見ました 植物や動物や人間の多様性です

And the observations/ that he made on that epic journey were to be eventually distilled into his wonderful book,/ "On the Origin of Species,/"/ published 150 years ago.//

壮大な旅での観察は 最終的にあの素晴らしい 1冊の本にまとめられました 『種の起源』 出版は150年前です

Now/ what is so interesting and to some,/ the extent,/ what's a bit infamous/ about "The Origin of Species,/"/ is/ that there is only one line/ in it/ about human evolution.//

『種の起源』について 興味深く 時には疑問に思われるのは 本書の中では たったの1行しか 人類の進化について触れられていません

"Light will be thrown on the origin of man and his history."//

「人類の起源とその歴史にもやがて光が当てられるだろう」

It wasn't until much longer,/ much later,/ that Darwin actually spoke/ and wrote about humans.//

人類の事に関しては その後長い間 ダーウィン自身が語ったり 書いたりすることはありませんでした

Now/ in his years of traveling on the Beagle, and from listening to the accounts or explorers and naturalists,/ he knew/ that skin color was one of the most important ways/ in which people varied.//

ビーグル号で ダーウィンが 旅をした数年間 探検家や学者から 聞いた話を元にして 人間の多様性において 皮膚の色が 最も重要な特徴の1つであると 彼は知っていました

And he was somewhat interested/ in the pattern of skin color.//

また彼は 皮膚の色の分布に興味を抱きました

He knew/ that darkly pigmented peoples were found close/ to the equator;/ lightly pigmented peoples,/ like himself,/ were found closer/ to the poles.//

肌の色の濃い人々は 赤道近くに多く見られ 彼のように肌の色が薄い人々は 両極に近づく程多い と知っていました

So/ what did he make of all this?//

これを どう捉えたのでしょう?

Well/ he didn't write anything/ about it/ in The Origin of Species.//

これらを『種の起源』では何も書いてはいません

But much later,/ in 1871,/ he did have something/ to say about it.//

しかし後になって 1871年に ダーウィンは 発言しました

And it was quite curious.// He said,/ "Of all the differences/ between the races of men,/ the color of the skin is the most conspicuous and one of the best marked."//

奇妙な内容です彼曰く 「人種間におけるあらゆる差異のうち 肌の色は最も目立ち そして最も良く特徴付けるものだ」

And he went on/ to say,/ "These differences do not coincide with corresponding differences/ in climate."//

さらに続けて 「これらの差異は 気候の違いとは一致しない」

So he had traveled all/ around.//

彼はあちこちを旅して

He had seen people of different colors/ living in different places.//

各地に住む様々な色の人々と 出会いました

And yet/ he rejected the idea/ that human skin pigmentation was related to the climate.//

それなのに 人間の肌の色が 気候に関係するという説を 否定したのです

If only Darwin lived today.//

もしもダーウィンが現代に生きていたら -

If only Darwin had NASA.//

NASAの時代に生きていたらと思います

Now,/one of the wonderful things/ that NASA does/ is it puts up/ a variety of satellites/ that detect all sort of interesting things/ about our environment.//

NASAの素晴らしい活動の1つは 多くの衛星を打上げ 環境について様々な事柄を観測することです

And for many decades now/ there have been a series of TOMS satellites/ that have collected data/ about the radiation of the Earth's surface.//

開始から数十年が経ちます 衛星群TOMSは 地球表面の放射線データを収集しています

The TOMS 7 satellite data,/ shown here,/ show the annual average ultraviolet radiation/ at the Earth's surface.//

衛星TOMS 7のデータで - 画面の通り 年間平均での 地表に到達する紫外線の量を見ることが出来ます

Now/ the really hot pink and red areas are those parts of the world/ that receive the highest amounts of UV/ during the year.//

ピンクと赤の部分が 1年間で最も多くの紫外線を 受けている地域です

The incrementally cooler colors --/ blues,/ greens,/ yellows,/ and finally grays --/ indicate areas of much lower ultraviolet radiation.//

寒色になるにつれて - 青、緑、黄色 そして灰色になるにつれて 紫外線放射はより少なくなります

What's significant/ to the story of human skin pigmentation is just how much of the Northern Hemisphere is in these cool gray zones.//

皮膚の色素について 重大なことは 北半球のどれだけの部分が この灰色の地域にあたるのかということです

肌の色の進化を理解する上で 大きな影響があるからです

And what Darwin could not appreciate,/ or didn't perhaps want to appreciate/ at the time,/ is/ that there was a fundamental relationship/ between the intensity of ultraviolet radiation and skin pigmentation.//

そして ダーウィンが受け入れられなかった事 多分 認めたくなかった事は 紫外線の強さと 皮膚の色素の量との間に 強い関連があるということです

And/ that skin pigmentation/ itself was a product of evolution.//

また 皮膚の色素の量それ自体が 進化の産物であるという事です

And so/ when we look at a map of skin color,/ and predicted skin color,/ as we know it/ today,/ what we see/ is a beautiful gradient/ from the darkest skin pigmentations/ toward the equator,/ and the lightest ones/ toward the poles.//

私達が現在知っている 肌の色の分布図を見ると 赤道への濃い色から 両極への薄い色へと 美しいグラデーションになっています

What's very,/ very important here is/ that the earliest humans evolved in high-UV environments,/ in equatorial Africa.//

ここで とても重要なことは 初期の人類は 強い紫外線の環境下 赤道アフリカで進化したことです

The earliest members of our lineage,/ the genus Homo,/ were darkly pigmented.//

私達の祖先 初期のヒト属は 色素を多く持っていました

And we/ all share this incredible heritage of having originally been darkly pigmented,/two million/ to one and half million years ago.//

私たち全員これを受け継いでいるのです 元々は肌の色が濃かったのです 全員 もっと濃い色の肌だったのです 150~200万年前のことです

Now/ what happened in our history?//

人類の歴史には何が起こったでしょうか?

Let's first look/ at the relationship of ultraviolet radiation/ to the Earth's surface.//

まずは 紫外線と 地表の関係を見ましょう

In those early days of our evolution,/ looking at the equator,/ we were bombarded by high levels of ultraviolet radiation.//

人類の進化の初期 赤道付近は 高レベルの紫外線にさらされていました

The UVC,/ the most energetic type,/ was occluded by the Earth's atmosphere.//

UVCという最も活発なタイプは 地球の大気によってブロックされます

But UVB and UVA especially,/ came in unimpeded.//

しかしUVBとUVAは そのまま通過します

UVB turns out/ to be incredibly important.//

UVBは非常に重要です

It's very destructive,/ but it also catalyzes the production of vitamin D/ in the skin,/ vitamin D/ being a molecule/ that we/ very much need/ for our strong bones,/ the health of our immune system,/ and myriad other important functions/ in our bodies.//

とても破壊的ですが 同時に皮膚内でビタミンDの生成を引き起こします ビタミンDは強い骨や健常な免疫システム その他多くの重要な機能を保つため 私たちの身体に欠かせません

So,/ living at the equator,/ we got lots and lots of ultraviolet radiation and the melanin --/ this wonderful, complex, ancient polymer compound/ in our skin --/ served as a superb natural sunscreen.//

ですから 赤道付近に暮らすことで 私たちはとても多くの紫外線と メラニンを得られました メラニンという 皮膚中にある複雑で素晴らしい 古代の高分子化合物は 最高の「天然紫外線ブロッカー」です

This polymer is amazing/ because it's present/ in so many different organisms.//

メラニンの面白いところは 実に多くの生命体内に存在していることです

Melanin,/ in various forms,/ has probably been on the Earth/ a billion years,/ and has been recruited over and over again/ by evolution,/ as often happens.//

メラニンは様々な形態で 地球上に 恐らく10億年前には存在していました そして何度も何度も 進化の度に体内にどんどん取り込まれました

Why change it/ if it works?//

有用ならば 何故変化したのか?

So melanin was recruited,/ in our lineage,/ and specifically/ in our earliest ancestors/ evolving in Africa,/ to be a natural sunscreen.//

メラニンは 私たちの祖先の中に 具体的にはアフリカの最も初期の人類に 天然の紫外線ブロッカーとして 取り込まれました

Where it protected the body/ against the degradations of ultraviolet radiation,/ the destruction,/ or damage/ to DNA,/ and the breakdown of a very important molecule called folate,/ which helps to fuel/ cell production,/ and reproduction/ in the body.//

紫外線による劣化や破壊 DNAへのダメージから 身体を保護するのです また 細胞生成を助ける葉酸という 重要な分子を破壊から防ぎ 体内での再生を促します

So,/ it's wonderful.// We evolved this very protective, wonderful covering of melanin.//

すごいですね私たちは メラニンという 素晴らしい保護カバーを進化によって得たのです

But then/ we moved.//

しかしその後人類は移動しました

And humans dispersed --/ not once,/ but twice.//

そして 散らばったのです1度ならず2度も

Major moves,/ outside of our equatorial homeland,/ from Africa/ into other parts of the Old World,/ and most recently,/ into the New World.//

大移動が行われたのです 赤道アフリカの故郷から旧大陸へと そして 最近では 新大陸へ広がりました

When humans dispersed into these latitudes,/ what did they face?//

人類がこのような緯度上に散らばると 何に直面するでしょう?

Conditions were significantly colder,/ but they were also less intense/ with respect/ to the ultraviolet regime.//

著しく寒くなりますが 同時に 紫外線は 厳しさが和らぎます

So/ if we're somewhere/ in the Northern Hemisphere,/ look/ at what's happening to the ultraviolet radiation.//

北半球に来た人類にとって 紫外線放射はどうなったでしょう

We're still getting/ a dose of UVA.//

まだ多くのUVAを浴びています

But all of the UVB,/ or nearly all of it,/ is dissipated through the thickness of the atmosphere.//

しかしUVBは全て または そのほとんどが 大気の厚さで失われます

In the winter,/ when you are skiing in the Alps,/ you may experience ultraviolet radiation.//

冬に雪山でスキーをすると 紫外線を浴びますね

But it's all UVA,/ and,/ significantly,/ that UVA has no ability/ to make vitamin D/ in your skin.//

しかしそれは全てUVAです UVAには なんと 皮膚中でビタミンDを生成する能力はないのです

So people/ inhabiting northern hemispheric environments were bereft of the potential/ to make vitamin D/ in their skin/ for most of the year.//

つまり北半球に住む人々は 1年のほとんど ビタミンDを生成する 機会に恵まれないということです

このことは 肌の色の進化に 大きな影響を与えました

Because/ what happened,/ in order to ensure health and well-being,/ these lineages of people/ dispersing into the Northern Hemisphere lost their pigmentation.//

高緯度でも健康を維持できるように 北半球に移動した 人類の祖先は 色素を失ってしまったのです

自然選択により 肌の色が薄くなるよう 進化したのです

Here/ we begin to see/ the evolution of the beautiful sepia rainbow/ that now characterizes all of humanity.//

さて 現在の人間を特徴づける セピア色の皮膚のグラデーションの 進化の過程を見てみましょう

Lightly pigmented skin evolved not just once,/ not just twice,/ but probably/ three times.//

薄い肌の色に進化したのは1度ではなく 2度でもなく 恐らく3度です

Not just/ in modern humans,/ but in one of our distant unrelated ancestors,/ the Neanderthals.//

進化は 現代の人類にだけではなく 関係の薄い遠縁の祖先にも起こりました ネアンデルタール人です

これは 進化のパワーの 注目すべき証です

Humans have been on the move/ for a long time.//

人類は長い間 移動してきました

And just/ in the last 5,000 years,/ in increasing rates,/ over increasing distances.//

そして ここ5,000年の間は その人数も移動距離も増加し続けています

Here are just some of the biggest movements of people,/ voluntary movements,/ in the last 5,000 years.//

人々の自発的なこの大移動は この5,000年間に起きています

Look at some of the major latitudinal transgressions:/ people/ from high UV areas/ going to low UV and vice versa.//

主要な緯度上の移動を見て下さい 人々は高紫外線地域から 低紫外線地域へと流れています逆もありますね

And not all these moves were voluntary.//

これらの全てが自発的な移動というわけではありません

Between 1520 and 1867,12 million,500 people were moved from high UV/ to low UV areas/ in the transatlantic slave trade.//

1520年から1867年の間 1,200万人以上が 高紫外線地域から 低紫外線地域へと 奴隷貿易で大西洋を渡りました

Now/ this had all sorts of invidious social consequences.//

これは現代の様々な社会問題の原因となりましたが

But it also had deleterious health consequences/ to people.//

そして同時に人々にとって 健康への悪影響も引き起こしました

So/ what?// We've been on the move.//

でも 人類は常に移動してきたし

We're so clever/ we can overcome all of these seeming biological impediments.//

生物学上の障害を 克服する知恵を持っているはずです

Well,/ often/ we're unaware of the fact/ that we're living/ in environments/ in which our skin is inherently poorly adapted.//

そうですね しかし私達は 私達の皮膚が生まれつき 十分に適応出来ていない環境で 生きているという事実を忘れがちです

Some of us/ with lightly pigmented skin live in high-UV areas.//

肌の色が薄いのに 紫外線の強い地域で暮らす人もいます

Some of us/ with darkly pigmented skin live in low-UV areas.//

肌の色が濃いのに 紫外線の少ない地域に住む人もいます

These have tremendous consequences/ for our health.//

これらは健康に重大な影響を及ぼすのです

We have to,/ if we're lightly pigmented,/ be careful/ about the problems of skin cancer,/ and destruction of folate/ in our bodies,/ by lots of sun.//

もし皮膚の色素が少ないならば 太陽光線による皮膚ガンや 体内での葉酸の破壊に 気をつける必要があります

Epidemiologists/ and doctors have been very good/ about telling us/ about protecting our skin.//

疫学者や医師は 皮膚の保護については よく人々に伝えてきましたが

What they haven't been so good/ about instructing people is the problem of darkly pigmented people/ living in high latitude areas,/ or working inside all the time.//

彼らが大衆に対してしっかりと伝えきれていない問題は 皮膚の色素の多い人々が 高緯度地域や ずっと室内にいる 場合についてです

Because the problem/ there is just as severe,/ but it is more sinister,/ because vitamin D deficiency,/ from a lack of ultraviolet B radiation,/ is a major problem.//

この問題はとても深刻で とても悪質です UVBの不足による ビタミンDの欠乏が 一番の問題です

Vitamin D deficiency creeps up/ on people,/ and causes all sorts of health problems/ to their bones,/ to their gradual decay of their immune systems,/ or loss of immune function,/ and probably/ some problems/ with their mood and health,/ their mental health.//

ビタミンDの欠乏は 人々に忍び寄り 多くの健康問題を起こします 影響は骨にも起こり免疫システムは次第に蝕まれ 免疫機能は低下し また おそらくは 気分やメンタルヘルスの 問題も起こします

So we have,/ in skin pigmentation,/one of these wonderful products of evolution/ that still has consequences/ for us/ today.//

私達が進化の過程で得た 肌の色という素晴らしい産物は現代の私たちに 未だ影響を及ぼし続けています

And the social consequences,/ as we know,/ are incredibly profound.//

社会への影響は とても深刻なものです

We live in a world/ where we have lightly and darkly pigmented people/ living next/ to one another,/ but often brought into proximity initially/ as a result of very invidious social interactions.//

私達が住む世界は 肌の色の薄い人と濃い人が 互いに隣り合う世界ですが しかし多くの場合 最初は 不公平な社会作用の結果近くに住むようになりました

So/ how can we overcome this?//

さて これをどう克服しましょう?

How can we begin to understand/ it?//

どこから理解し始めましょうか?

Evolution helps us.//

進化が鍵になります

200 years/ after Darwin's birthday,/ we have the first moderately pigmented President of the United States.//

ダーウィンの生誕から200年が経ち アメリカに初めて 肌の色素が適度にある大統領が誕生しました

(Applause) How wonderful is that?//

(拍手) 素晴らしいですね

(Applause)/ This man is significant/ for a whole host of reasons.//

(拍手) 彼はいろいろな理由で素晴らしい方ですが

But we need to think/ about how he compares,/ in terms of his pigmentation,/ to other people/ on Earth.//

彼の肌の色を世界の他の人と 比較すると どうでしょう

He,/ as one of many urban admixed populations,/ is very emblematic of a mixed parentage,/ of a mixed pigmentation.//

複雑なバックグランドを持った都会人の一員として 彼は 多様な血筋や 多様な肌の色を象徴しています

And he resembles,/ very closely,/ people/ with moderate levels of pigmentation/ who live in southern Africa,/ or Southeast Asia.//

そしてアフリカや東南アジアの 中程度に色素を持つ人々と 非常に近い共通点を持っています

These people have a tremendous potential/ to tan,/ to develop more pigment/ in their skin,/ as a result of exposure to sun.//

彼らは日光に当たると 日焼けをし 皮膚内に色素を増やす 傾向を持っています

They also run the risk of vitamin D deficiency,/ if they have desk jobs,/ like that guy.//

彼らが 例えば大統領のようなデスクワークをすると ビタミンD欠乏症に陥る危険性があります

So lets all wish/ for his great health,/ and his awareness of his own skin pigmentation.//

どうか彼がずっと元気でありますように また 自分の肌の色素の量を自覚してくれますように

Now/ what is wonderful/ about the evolution of human skin pigmentation,/ and the phenomenon of pigmentation,/ is/ that it is the demonstration,/ the evidence,/ of evolution/ by natural selection,/ right/ on your body.//

さて 人間の肌の色の進化や 肌の色の働きについて 何が素晴らしいのかと言うと それが自然淘汰による 進化の証拠であり それが実際に現れている事です 正に皆さんの身体で起きています

When people ask you,/ "What is the evidence for evolution?"//

もし「進化の証拠は何?」と聞かれて

You don't have to think/ about some exotic examples,/ or fossils.//

素晴らしい例や化石を思い浮かべる必要はありません

You just have to look/ at your skin.//

自分の肌を見て下さい

Darwin,/ I think,/ would have appreciated this,/ even though he eschewed the importance of climate/ on the evolution of pigmentation/ during his own life.//

これにはダーウィンもきっと賛成すると思います 色素の量の進化における気候の重要性を 彼は生涯ずっと避けていましたが

I think,/ were he able/ to look at the evidence/ we have today,/ he would understand it.//

現在の私たちが認識している証拠を ダーウィンが知ることが出来たら

He would appreciate it.//

理解し 受入れたでしょう

And most of all,/ he would teach it.//

何よりまず 彼が唱えていたでしょう

You,/ you can teach it.//

皆さんも この考えを広め

You can touch it.//

実際に手で触れ

You can understand it.//

理解できるのです

Take it/ out of this room.//

この会場の外に広めましょう

Take your skin color,/ and celebrate it.//

自分の肌の色を受入れて 讃えましょう

Spread/ the word.//

知識を広めましょう

You have the evolution of the history of our species,/ part of it,/ written in your skin.//

私たちの種の進化の 歴史の一部は あなたの肌に刻まれています

Understand it.// Appreciate it.// Celebrate it.//

理解して 感謝して 讃えましょう

Go out.// Isn't it beautiful?// Isn't it wonderful?//

素晴らしくないですか?素敵ではないですか?

You are the products of evolution.//

皆さんは進化の賜物なのです

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

lightly

(重さ・力について)『軽く』;そっと

(程度については)『少しばかり』,わずかに

『軽快に』;軽やかに

軽率に,軽々しく

陽気に,快活に

pigment

〈U〉〈C〉(おもに紛末の)絵の具,顔料

〈U〉色素

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

wealthy

(人が)『富裕な』,富んだ

豊富に持っている;(…に)富んだ《+in+名》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

supportive

支える;維持する;扶養する

embark

〈人が〉乗船する;《おもに米》飛行機に乗る

〈客・荷〉‘を'(飛行機)に載せる

upon

『…の上に』

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

voyage

(…への,を巡る)(遠距離の)『航海』,航行《+to(around)+名》

(…への,を巡る)(飛行機による長い)空の旅;宇宙旅行《+to(around)+名》

航海する;旅行する

ship

(おもに大洋を航行する)船,大型船

(船の)乗組員

《話》飛行機,飛行船;宇宙船

シップ型帆船

…‘を'『船で送る』,船に積む;(郵便・鉄道・トラック・飛行機などで)…‘を'『送る』,輸送する

〈船が〉〈波〉‘を'かぶる

〈船具〉‘を'船に取り付ける

乗船する;船旅をする

(…として)船で働く,船員になる《+『as』+『名』》

beagle

ビーグル犬(短脚で耳が垂れ,通例褐色・黒・白の斑点のある猟犬)

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

epic

『叙事詩』

叙事詩の,叙事詩に似た

叙事詩に歌われているような,壮大な

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

infamous

不名誉な,恥ずべき

評判の悪い,悪名の高い

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

explorer

探検家

naturalist

博物学者;(特に)動物(植物)学者

(文学・芸術・哲学などの)自然主義者

=naturalistic

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

varied

『さまざまな』,いろいろな

変化のある,変転する

somewhat

『幾分か』,少し

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

darkly

暗く,黒ずんで

陰気に(gloomily)

ぼんやりと,ばく然と

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

equator

(地球・天体の)『赤道』

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

pole

(木製・金属性などの)『棒』,さお

(牛車・馬車の)ながえ

ボール(長さの単位,5.03メートル;面積の単位,25.3平方メートル)

…‘を'棒で動かす(押す,突く,たたく)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

conspicuous

『はっきり見える』,人目を引く,目につきやすい

marked

印(記号)のついた

(物・行為などが)著しい,目立つ,明らかな

(嫌疑などの対象として)目星をつけられている

coincide

(…と)『同時に起こる』《+『with』+『名』》

〈人・性格・意見などが〉(…と)『一致する』,ぴったり合う《+『with』(『in』)+『名』》

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

reject

…‘を'『断る』,『拒絶する』,はねつける

(役に立たないものとして)…‘を'捨てる,取り除く

断られた人(事)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

pigmentation

色素の沈着

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

satellite

衛星(主惑星を回転する天体物)・人工衛星・衛星国家・従者

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

decade

『10年間』

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

tom

(動物の)雄;(特に)雄猫

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

datum

dataの単数形

既知の事実

radiation

〈U〉(光・熱・放射能などの)発散,放射

〈C〉放射物;放射線;輻射(ふくしゃ)熱

〈C〉(喜び・幸福感などの)発散《+『of』+『名』》

=radioactivity

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

annual

『1年の』,1年間の

年々の,例年の

1年1回の,(雑誌など)年刊の

(植物が)1年生の

年報,年鑑(yearbook);年1回の行事

1年生植物

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

ultraviolet

紫外[線]の

《名詞の前にのみ用いて》紫外線を生じる(用いる)

紫外線

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

receive

〈贈与・送付されたもの〉‘を'『受け取る』,受ける

〈情報・知識など〉‘を'知る,理解する;〈電波など〉‘を'受信する

…‘を'経験する,‘に'出くわす(meet with)

〈被害など〉‘を'受ける,被る(suffer)

…‘を'入れる,収める(hold)

《文》〈客など〉‘を'迎える(welcome)

受け取る,受ける・客を迎える

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

UV

ultraviolet

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

Northern Hemisphere

北半球

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

intensity

(感情・行動・熱・色などの)『強烈さ』,熱烈さ,強度

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

map

(1枚1枚の)『地図』;天体図

…‘の'地図を作る;…‘を'地図にかく

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

gradient

(道路・鉄道などの)勾配(こうばい),傾斜度,グラジエント・斜面

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

equatorial

(地球・天体の)赤道の,赤道上の

赤道特有の

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

lineage

血統,家系

《集合的に》子孫,一族

genus

(生物分類上の)属(family(科)の下でspecies(種)の上)

(一般に)種類

Homo

ヒト属(霊長目ヒト科の一属),ヒト[の学名]

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

heritage

世襲財産

祖先から伝えられたもの,(有形・無形の)遺産,伝統

originally

『もとは』,元来;最初は

独創的に,ざん新に

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bombard

…'を'砲撃する,爆撃する

(質問などで)〈人〉'を'攻めたてる《+『名』+『with』+『名』》

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

energetic

『精力的な』,元気旺盛な

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

occlude

〈通路・穴など〉‘を'ふさぐ

…‘を'遮る

〈ある化合物が〉〈他の化合物〉‘を'吸収する,〈ガス〉‘を'吸蔵する

〈上あごと下あごの歯が〉よくかみ合う

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

especially

『特に』,特別に;きわだって

incredibly

信じられないほど

destructive

『破壊的な』,破滅的な

破壊主義的な,否定的な

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

vitamin D

ビタミン D

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

myriad

無数

《古》1万

無数の

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

melanin

メラニン(皮膚・毛髪などに見られる黒色色素)

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

polymer

重合体(合一化物の分子が重合した高分子化合物)

compound

(…になるように)〈要素・成分など〉'を'混ぜ合わせる《+『名』+『into』+『名』》;(…から)〈薬など〉'を'調合する,混ぜ合わせて作る《+『名』+『from』(『of』)+『名』》

《しばしば受動態で》〈めんどうな事・損害など〉'を'もっとひどくする

〈利子〉'を'複利で計算する

(…と)話し合いをつける,妥協する《+『with』+『名』》

複合の,合成の

『合成物』,混合物,調合物;化合物

複合語,合成語(classroom, heart-to-heartなどをいう)

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

superb

(形・内容などが)りっぱな,一流の

(建物などが)堂々とした,壮麗な

(衣装などが)豪華な,目もあやな

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

recruit

(軍隊・団体などに)〈新兵・新会員など〉‘を'入れる,募る《+『名』+『for』+『名』》

《古》〈健康・元気など〉‘を'回復する

新兵(新会員)を募集する

新兵

新会員,新社員

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

degradation

(地位の)格下げ

(品位などの)下落

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

breakdown

(列車・機械などの)故障,破損

病気で倒れること,衰弱

分析

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

reproduction

〈U〉繁殖,生殖[作用]

〈U〉(…を)再生(再現)すること;模写(複製)すること《+『of』+『名』》

〈C〉再生(再現)された物,複写(複製)した物

protective

保護の,保護する;(…を)保護する《+『toward』+『名』》

covering

〈U〉おおうこと;援護

〈C〉おおう物(布,ふた,屋根など)

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

homeland

故国,自国

Old World

旧世界,東半球(ヨーロッパ・アジアおよびアフリカ)

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

New World

新世界(西半球,つまり南北米大陸を言う)

latitude

〈U〉『緯度』(《略》『lat.』)

《複数形で》(緯度からみた)地帯,地方

〈U〉(思想・行動などの)自由;自由の範囲,許容の程度

〈U〉(露出の)寛容度(最少露出から最高露出までのフイルムの許容感度の幅)

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

significantly

意味ありげに,意味深長に

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

regime

政治体制;制度

=regimen

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

dose

(おもに飲み薬1回分の)『服用量』

(痛いこと・いやなことの)1回分,一定量

(人などが受ける放射線の)線量

性病

(…を)…‘に'投薬する,服用させる《+『名』+『with』+『名』》

nearly

『ほとんど』,もう少しで

《まれ》(血縁・利害・関連などについて)密接に,親密に(closely)

dissipate

〈軍勢・霧・雲など〉‘を'散らす

〈心配・恐怖など〉‘を'消し去る,晴らす

〈金・精力など〉‘を'浪費する

〈軍勢・霧・心配などが〉消散(消失)する,消える

放蕩(ほうとう)する

thickness

〈U〉〈C〉厚さ,太さ,濃さ,密集,繁茂

〈C〉層,重ね(layer)

ski

『スキー』

『スキーで滑走する』

…‘を'スキーで滑る

スキーの,スキー用の

Alps

アルプス山脈

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

inhabit

…‘に'『住む』,居る

northern

『北の』,河[部]にある;北に向かう

北からの

《しばしばN-》北部特有の,北部ふうの;(特に)米国北部の

bereft

bereaveの過去・過去分詞

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

well-being

幸福な状態,(特に)健康

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

natural selection

(ダーウィンの進化論でいう)自然選択,自然淘汰

sepia

セピア(イカの墨から作る暗かっ色の絵の具)

セピア色,暗かっ色

セピア色の

rainbow

『にじ』

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

times

…掛ける

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

distant

(距離が)『遠い』,遠方の

(時間的に)『離れた』,隔たった;遠い[過去の]

《名詞の前にのみ用いて》(関係が)薄い,遠い

(態度などが)よそよそしい

《名詞の前にのみ用いて》遠方からの,遠方への

unrelated

無関係の;語られていない

testament

《T-》聖書

〈C〉遺言

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

distance

(二つの物・場所の間の)『距離』,間隔

(時間の)間隔,隔たり

遠方,離れた地点

《通例複数形で》視界の広がった場所;(絵画の)遠景

(競走・学力などで)〈人〉‘を'引き離す,…‘に'差をつける

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

voluntary

(強制ではなく)『自由意志でなされる』

(報酬なしで)『みずから進んでする』,自発の

(生理学で)随意の

《名詞の前にのみ用いて》篤志によってできた,任意寄付で維持される

(教会の礼拝前後の)オルガン独奏

latitudinal

《名詞の前にのみ用いて》緯度の

transgression

(法律・規則などに)違反すること,(…の)違反《+of+名》

vice versa

逆に,反対に,逆もまた同様({略}V.V.)

transatlantic

大西洋の向こう岸の

大西洋横断の

大西洋両岸の国々の(に関する)

slave trade

奴隷売買

invidious

(人・言葉などが)しゃくにさわる;不快な

分けへだてする,不公平な

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

deleterious

心身に有害な

clever

『リコウな』,頭のよい,才気のある,気のきいた

『器用な』,じょうずな(skillful)

overcome

(試合・戦闘などで)…‘に'『打ち勝つ』,‘を'圧倒する(conquer)

〈困難・障害・恐怖心など〉‘に'『打ち勝つ』,‘を'克服する,乗り越える

《通例受動態で》〈人〉‘を'『参らせる』,へとへとにさせる

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

impediment

(…における)障害《+『in』+『名』(doing)》;(…に対する)妨げ《+『to』+『名』》

unaware

気づかない,知らない

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

poorly

『貧しく』,乏しく,不十分に

『へたに』,まずく

健康がすぐれない,病身な

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

instruct

…‘に'知識(情報,技術など)を与える,教える,知らせる

〈人〉‘に'『指示する』,名令する

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

severe

(人・法律などが)『厳しい』,厳格な

(態度・表情が)厳粛な,いかめしい

(病気などが)『重い』,危険な

(様式・趣味などが)簡素な,じみな,飾りのない

(人の体に)厳しくこたえる,激しい

(試験などが)難しい,厳しい

sinister

不吉な,縁起の悪い

悪意のある,邪悪な(evil)

deficiency

〈U〉〈C〉(…の)(量・額などの)不足,欠乏《+『of』(『in』)+『名』》

〈C〉不足分,不足量,不足額

〈C〉(精神・肉体などの)欠陥

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

vitamin

『ビタミン』,栄養素(身体の喜常な機能を維持するために少量ながら必要な有機化合物)

creep

〈動物・昆虫などが〉『はう』,〈赤ん坊などが〉腹ばいにはう

〈つた・ぶどうのつるが〉『はう』

《副詞[句]を伴って》ゆっくり(こっそり)近づく

《副詞[句]を伴って》〈時間などが〉徐々に過ぎる

(虫がはうように)〈体が〉むずむずする,ぞっとする

〈C〉『はうこと』,忍び歩き

《the creeps》《話》ぞっとする感じ

《俗》(人に取り入ろうと)はいつく回る奴

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

gradual

『段階的な』,漸次の,徐々の

(勾配(こうばい)が)ゆるやかな

decay

『腐る』,朽ちる

〈繁栄・健康などが〉『衰える』,衰退する;〈活力などが〉低下する

〈他〉

…'を'『腐らせる』

『腐敗』;腐朽

『衰微』,衰え

(放射性物質の)自然崩壊

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

mood

(ある時の,一時的な)『気分』,機嫌

(会合・作品などの)『雰囲気』,ムード,(時代・国民などの)風潮,一般的な傾向《+『of』+『名』》

《複数形で》むら気,ふきげん

mental

『精神の』,心の

頭脳の,知能の

《名詞の前にのみ用いて》精神病の

《名詞の前にのみ用いて》頭の中で行う

《英話》《補語にのみ用いて》頭のおかしい,気がふれた

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

proximity

(場所・時間・血族関係など)(…に)近いこと,近接《+『to』+『名』》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

moderately

ほどよく,適度に

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

applause

『拍手かっさい』;称賛

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

urban

都市(都会)の

都市に住む

admix

(…と)…'を'混合する《+『名』+『with』+『名』》

混合する,まざる(mix)

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

emblematic

象徴の,象徴的や;(…を)象徴する《+『of』+『名』》

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

parentage

生まれ(birth);血統;家柄

親であること

resemble

…‘に'『似ている』,‘と'共通点がある(受動態や進行形にできない)

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

moderate

『適度の』,度を越さない

(量・大きさ・質などが)『中くらいの』,並の

《遠回しに》並以下の,平均以下の

(天候などが)『穏やかな』,温和な(mild)

(思想・考え方などが)穏健な

(特に政治上)穏健な人,中道主義者

…‘を'適度にする,和らげる

〈集会など〉‘の'司会をする

穏やかになる,和らぐ

司会をつとめる

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

Southeast Asia

東南アジア

tan

〈皮〉‘を'『なめす』(生皮を皮革に変えること)

〈皮膚〉‘を'『日焼けさせる』

《話》…‘を'ひっぱたく

日焼けする

〈U〉黄褐色

〈C〉日焼けした色

〈U〉タンニン(tannin)

褐色の

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

awareness

(…に)気づいていること《+『of』+『名』(do『ing,wh-節』)》,(…であることに)気づいていること《+『that節』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

demonstration

〈U〉〈C〉『論証』,立証;(…であることの)実証《+『that節』》

(の)実物説明,実演;(観察者の前で行う)実地授業,公開授業《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(感情の)『表示』,表明《+『of』+『名』》

『示威運動』,デモ

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

eschew

〈ある行為・悪癖・食物など〉を避ける,控える,慎む

importance

『重要性』,重大さ

重要な地位,高い身分

尊大さ

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

celebrate

(儀式・祝典などを行って)…'を'『祝う』

〈人・行為など〉'を'世に知らせて賞賛する

〈儀式・結婚式など〉'を'挙行する,執り行う

ミサを行う

《話》浮かれ騒ぐ

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

関連動画