TED日本語 - フレディ・ペセレリ: 「消えた人」を法人類学で取り戻す

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - フレディ・ペセレリ: 「消えた人」を法人類学で取り戻す

TED Talks

「消えた人」を法人類学で取り戻す
A forensic anthropologist who brings closure for the "disappeared"
フレディ・ペセレリ
Fredy Peccerelli

内容

36年に渡るグアテマラの内戦では、20万人もの民間人が殺され、4万人以上が未だに見つかっていません。法人類学者の先駆けであるフレディ・ペセレリとチームは、DNAと考古学と証言を用いて、愛する人の遺体を家族の元に取り戻す手助けをしています。現実を思い知らされる作業ですが、これによって心の平安と、時には正義がもたらされているのです。

Script

Guatemala is recovering from a 36-year armed conflict. A conflict that was fought during the Cold War. It was really just a small leftist insurgency and a devastating response by the state. What we have as a result is 200,000 civilian victims,160,000 of those killed in the communities: small children, men, women, the elderly even. And then we have about 40,000 others, the missing, the ones we're still looking for today. We call them the Desaparecidos.

Now,83 percent of the victims are Mayan victims, victims that are the descendants of the original inhabitants of Central America. And only about 17 percent are of European descent. But the most important thing here is that the very people who are supposed to defend us, the police, the military, are the ones that committed most of the crimes.

Now the families, they want information. They want to know what happened. They want the bodies of their loved ones. But most of all, what they want is they want you, they want everyone to know that their loved ones did nothing wrong.

Now, my case was that my father received death threats in 1980. And we left. We left Guatemala and we came here. So I grew up in New York, I grew up in Brooklyn as a matter of fact, and I went to New Utrecht High School and I graduated from Brooklyn College. The only thing was that I really didn't know what was happening in Guatemala. I didn't care for it; it was too painful. But it wasn't till 1995 that I decided to do something about it. So I went back. I went back to Guatemala, to look for the bodies, to understand what happened and to look for part of myself as well.

The way we work is that we give people information. We talk to the family members and we let them choose. We let them decide to tell us the stories, to tell us what they saw, to tell us about their loved ones. And even more important, we let them choose to give us a piece of themselves. A piece, an essence, of who they are. And that DNA is what we're going to compare to the DNA that comes from the skeletons.

While we're doing that, though, we're looking for the bodies. And these are skeletons by now, most of these crimes happened 32 years ago. When we find the grave, we take out the dirt and eventually clean the body, document it, and exhume it. We literally bring the skeleton out of the ground.

Once we have those bodies, though, we take them back to the city, to our lab, and we begin a process of trying to understand mainly two things: One is how people died. So here you see a gunshot wound to the back of the head or a machete wound, for example. The other thing we want to understand is who they are. Whether it's a baby, or an adult. Whether it's a woman or a man. But when we're done with that analysis what we'll do is we'll take a small fragment of the bone and we'll extract DNA from it. We'll take that DNA and then we'll compare it with the DNA of the families, of course.

The best way to explain this to you is by showing you two cases. The first is the case of the military diary. Now this is a document that was smuggled out of somewhere in 1999. And what you see there is the state following individuals, people that, like you, wanted to change their country, and they jotted everything down. And one of the things that they wrote down is when they executed them. Inside that yellow rectangle, you see a code, it's a secret code: 300. And then you see a date. The 300 means "executed" and the date means when they were executed. Now that's going to come into play in a second. What we did is we conducted an exhumation in 2003, where we exhumed 220 bodies from 53 graves in a military base. Grave 9, though, matched the family of Sergio Saul Linares. Now Sergio was a professor at the university. He graduted from Iowa State University and went back to Guatemala to change his country. And he was captured on February 23,1984. And if you can see there, he was executed on March 29,1984, which was incredible. We had the body, we had the family's information and their DNA, and now we have documents that told us exactly what happened.

But most important is about two weeks later, we go another hit, another match from the same grave to Amancio Villatoro. The DNA of that body also matched the DNA of that family. And then we noticed that he was also in the diary. But it was amazing to see that he was also executed on March 29,1984. So that led us to think, hmm, how many bodies were in the grave? Six. So then we said, how many people were executed on March 29,1984? That's right,six as well. So we have Juan de Dios, Hugo, Moises and Zoilo. All of them executed on the same date, all captured at different locations and at different moments. All put in that grave. The only thing we needed now was the DNA of those four families So we went and we looked for them and we found them. And we identified those six bodies and gave them back to the families.

The other case I want to tell you about is that of a military base called CREOMPAZ. It actually means, "to believe in peace," but the acronym really means Regional Command Center for Peacekeeping Operations. And this is where the Guatemalan military trains peacekeepers from other countries, the ones that serve with the U.N. and go to countries like Haiti and the Congo. Well, we have testimony that said that within this military base, there were bodies, there were graves. So we went in there with a search warrant and about two hours after we went in, we found the first of 84 graves, a total of 533 bodies. Now, if you think about that, peacekeepers being trained on top of bodies. It's very ironic.

But the bodies -- face down, most of them, hands tied behind their backs, blindfolded, all types of trauma -- these were people who were defenseless who were being executed. People that 533 families are looking for. So we're going to focus on Grave 15. Grave 15, what we noticed, was a grave full of women and children,63 of them. And that immediately made us think, my goodness, where is there a case like this? When I got to Guatemala in 1995, I heard of a case of a massacre that happened on May 14,1982, where the army came in, killed the men, and took the women and children in helicopters to an unknown location. Well, guess what? The clothing from this grave matched the clothing from the region where these people were taken from, where these women and children were taken from.

So we conducted some DNA analysis, and guess what? We identified Martina Rojas and Manuel Chen. Both of them disappeared in that case, and now we could prove it. We have physical evidence that proves that this happened and that those people were taken to this base. Now, Manuel Chen was three years old. His mother went to the river to wash clothes, and she left him with a neighbor. That's when the army came and that's when he was taken away in a helicopter and never seen again until we found him in Grave 15.

So now with science, with archaeology, with anthropology, with genetics, what we're doing is, we're giving a voice to the voiceless. But we're doing more than that. We're actually providing evidence for trials, like the genocide trial that happened last year in Guatemala where General Rios Montt was found guilty of genocide and sentenced to 80 years.

So I came here to tell you today that this is happening everywhere -- it's happening in Mexico right in front of us today -- and we can't let it go on anymore. We have to now come together and decide that we're not going to have any more missing. So no more missing, guys. Okay? No more missing.

Thank you.

(Applause)

グアテマラは36年間の 武力衝突から回復中です この紛争は冷戦時代に起こりました 元々は小さな左派が起こした 反乱にすぎませんでしたが 政府による反撃は凄惨なものでした その結果 民間人の被害者は20万に及び その内の16万人は自分が暮らしていた 地元で殺されました 小さな子供に男性 女性 お年寄りに至るまでです さらに行方が分からない人々が 4万人もおり 今なお見つかっていません “Desaparecidos” 「消えた人達」と呼ばれています

さて 犠牲者の83パーセントはマヤ人で つまり犠牲者は中央アメリカの原住民の 子孫だったということです そして ヨーロッパ系の人は 17パーセントほどでした しかし ここで最も重要なことは この罪を犯したほとんどの者は 本来は私たちを守るべき 警察や軍隊だったということです

家族は情報を求めました 何が起きたのかを知りたいのです 愛する家族の遺体を取り返したいのです しかし 家族が何より知ってほしいことは 犠牲者には何の非もなかったことです

さて 私の場合ですが 父が1980年に殺害の脅迫を受けました それで家族は亡命したのです グアテマラを離れて ここへ来ました 私はニューヨークの ブルックリンで育ち ニュー・ユトレヒト高校へ通い ブルックリンカレッジを卒業しました 私はグアテマラで 何が起きているのか 本当に知りませんでした 考えないようにしていたのです あまりにも辛すぎました でも 1995年に行動することを 決意したのです 私は戻りました グアテマラに戻って遺体を探すことで そこで起きたことを理解し 自身の一部を見つけようと思ったのです

私たちはまず 人々に情報を提供しました それから親族と話して 自分たちで選んでもらいました 彼らの意思に委ねたのは 私たちに話をしてくれるか 目撃したことを教えてくれるか 家族のことを話してくれるかです また さらに重要だったのは 自分の一部を提供してくれるか どうかでした 自分が誰であるのかを示す一片です そうやって得たDNAを 遺骨のDNAと比較するのです

それと並行して 遺体を探し続けました この犯罪は約32年前に起きており 遺体はもう骨になっています 墓場を見つけると 土を取り除いて 遺体を綺麗にし 記録して掘り起こします 文字通り 骸骨を地面から 掘り出すのです

その後 市内の研究所へ運び込み 主に2つの点を分析します まず その人が死亡した原因です 例えば このように 後頭部を銃撃された傷や なたによる傷があります もう一つは どんな人だったかです それが赤ちゃんなのか 大人なのか 女性か男性かを確認します その分析が終わると 骨の一部を使って DNAを抽出します そのDNAを使って 遺族のDNAと比較するわけです

2つの実例で 説明したいと思います まずは軍事記録の例です これは1999年に密かに 持ち出された記録です この記録から分かることは 自分の国の変革を望んだ 皆さんと同じ普通の人々を 政府が追跡し その行動をひとつひとつ 記録していたことです 記録の1つは 処刑された時期でした この黄色い枠の中に コードがあります 「300」という秘密の暗号です そして日付が記されています 300 は「処刑」を 日付は執行の日を表します 後で重要になりますので 頭に入れておいてください 2003年に軍事基地の発掘を行った際 53か所の墓で220人の遺体を発見しました 9番の墓にあった骨のDNAは セルジオ・サウル・リナレスの家族と一致しました セルジオは大学の教授でした アイオワ州立大学を卒業し 国を変えるためにグアテマラに 戻っていたのです 彼が捕えられたのは1984年2月23日です そして 記録には1984年3月29日に 処刑されたとあります これでつながりました 遺体が見つかり 家族の情報とDNAもあり 何が起こったのか その記録もあります

更に重要なのはその2週間後に 同じ墓のもう一人のDNAが 一致したことです 今度はアマンシオ・ヴィヤトロでした 彼のDNAも家族のものと一致したのです そして軍事記録にも 彼の名があることが判明しました なんと 彼が処刑されたのも 1984年3月29日でした そこで私たちは考えました その墓には何人埋まっていたのか? 6人です では 1984年3月29日に 処刑された人数は? そう やはり6人でした ファン・デ・ディオスとウーゴ モイセスとソイロ 全員 同じ日に処刑され 全員 場所も月日も ばらばらに捕えられ 全員 そこに埋められました 次に必要になったのは 4人の遺族のDNAでした 私たちは遺族を探し 見つけることができました これで6人の身元が判明し 家族の元へ帰すことができたのです

もう一つ皆さんに紹介したいのが CREOMPAZという軍事基地です これはスペイン語で 「平和を信じる」という意味ですが 平和維持活動 地域訓練本部の略称です ここでグアテマラ軍が 他国の平和維持部隊を訓練します この部隊は国連に所属し ハイチやコンゴといった国に向かいます 証言によると この軍事基地には 複数の遺体や墓地があったというのです そこで私たちは捜索令状を持って行き 約2時間後に 84か所に上る墓地の1つを見つけ 最終的に533人もの遺体を見つけました 考えてみてください 平和維持部隊は 遺体の山の上で 訓練を受けていたわけです 何という皮肉でしょうか

遺体は ほとんどが うつぶせで後ろ手に縛られ 目隠しをされ 様々な外傷がありました なす術もなく処刑された人々です 533の家族が この人々を 捜しているのです その内の15番目の墓に注目したいと思います 15番の墓には女性と子供が埋められていました 全部で63人です 真っ先に私たちは どこでこのような事件が 起こったのだろうと考えました 1995年に私がグアテマラへ戻ったとき 1982年5月14日に起こった 虐殺事件の話を聞きました 軍隊がやって来て 男性を殺害した後 女性や子供をヘリコプターで どこかへ連れ去ったというのです 分かりましたね この墓の中の人々の服装は 連れ去れた女性や子供が住んでいた 地域の服装と合致したのです

そこでDNA鑑定を行ったところ マルティナ・ロハスと マニュエル・チェンだと分りました 2人ともこの事件で行方不明でしたが これで証拠がそろいました この事件が実際に起こり この軍事基地へ連れてこられたという 物的証拠を得ることができたのです マニュエル・チェンはたったの3歳でした この子の母親は隣人に息子を預けて 川へ洗濯に行っていたのです その時に軍隊がやってきて ヘリで連れ去られたので 15番の墓の中で見つけるまで 行方不明になっていました

科学と考古学 人類学と遺伝子学を利用することで 声なき人々が語ることができます しかし それだけではなく 裁判で利用できる証拠も提供しています 例えば 去年グアテマラで行われた 大虐殺の裁判で リオス・モント将軍は集団虐殺罪で 懲役80年の判決を言い渡されました

今日 皆さんに伝えたいのは 同じことが至る所で起きていることです メキシコでも目の前で 同じことが起きています 見て見ぬふりはできません 私たちは これ以上 行方不明者を出さないと 皆で決意しなければなりません 行方不明者を 二度と出してはなりません

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画