TED日本語 - エリザベス・リンジー: 人類の遺産を収集する訳

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - エリザベス・リンジー: 人類の遺産を収集する訳

TED Talks

人類の遺産を収集する訳
Curating humanity's heritage
エリザベス・リンジー
Elizabeth Lindsey

内容

老人が亡くなることは、図書館が焼失するようなものだと言われています。ナショナル・ジオグラフィック・フェローであり文化人類学者のエリザベス・リンジーは文化に根付き、口伝えで継承されてきた知識を収集しているのです。

Script

As a child, I was raised by native Hawaiian elders -- three old women who took care of me while my parents worked. The year is 1963. We're at the ocean. It's twilight. We're watching the rising of the stars and the shifting of the tides. It's a stretch of beach we know so well. The smooth stones on the sand are familiar to us. If you saw these women on the street in their faded clothes, you might dismiss them as poor and simple. That would be a mistake. These women are descendants of Polynesian navigators, trained in the old ways by their elders, and now they're passing it on to me. They teach me the names of the winds and the rains, of astronomy according to a genealogy of stars. There's a new moon on the horizon. Hawaiians say it's a good night for fishing. They begin to chant.

[ Hawaiian chant ]

When they finish, they sit in a circle and ask me to come to join them. They want to teach me about my destiny. I thought every seven-year-old went through this. (Laughter) "Baby girl, someday the world will be in trouble. People will forget their wisdom. It will take elders' voices from the far corners of the world to call the world into balance. You will go far away. It will sometimes be a lonely road. We will not be there. But you will look into the eyes of seeming strangers, and you will recognize your ohana, your family. And it will take all of you. It will take all of you." These words, I hold onto all my life. Because the idea of doing it alone terrifies me.

The year is 2007. I'm on a remote island in Micronesia. Satawal is one half-mile long by one mile wide. It's the home of my mentor. His name is Pius Mau Piailug. Mau is a palu, a navigator priest. He's also considered the greatest wave finder in the world. There are fewer than a handful of palu left on this island. Their tradition is so extraordinary that these mariners sailed three million square miles across the Pacific without the use of instruments. They could synthesize patterns in nature using the rising and setting of stars, the sequence and direction of waves, the flight patterns of certain birds. Even the slightest hint of color on the underbelly of a cloud would inform them and help them navigate with the keenest accuracy.

When Western scientists would join Mau on the canoe and watch him go into the hull, it appeared that an old man was going to rest. In fact, the hull of the canoe is the womb of the vessel. It is the most accurate place to feel the rhythm and sequence and direction of waves. Mau was, in fact, gathering explicit data using his entire body. It's what he had been trained to do since he was five years old. Now science may dismiss this methodology, but Polynesian navigators use it today because it provides them an accurate determination of the angle and direction of their vessel.

The palu also had an uncanny ability to forecast weather conditions days in advance. Sometimes I'd be with Mau on a cloud-covered night and we'd sit at the easternmost coast of the island, and he would look out, and then he would say, "Okay, we go." He saw that first glint of light -- he knew what the weather was going to be three days from now.

Their achievements, intellectually and scientifically, are extraordinary, and they are so relevant for these times that we are in when we are riding out storms. We are in such a critical moment of our collective history. They have been compared to astronauts -- these elder navigators who sail vast open oceans in double-hulled canoes thousands of miles from a small island. Their canoes, our rockets; their sea, our space. The wisdom of these elders is not a mere collection of stories about old people in some remote spot. This is part of our collective narrative. It's humanity's DNA. We can not afford to lose it.

The year is 2010. Just as the women in Hawaii that raised me predicted, the world is in trouble. We live in a society bloated with data, yet starved for wisdom. We're connected 24/7, yet anxiety, fear, depression and loneliness is at an all-time high. We must course-correct. An African shaman said, "Your society worships the jester while the king stands in plain clothes." The link between the past and the future is fragile. This I know intimately, because even as I travel throughout the world to listen to these stories and record them, I struggle. I am haunted by the fact that I no longer remember the names of the winds and the rains.

Mau passed away five months ago, but his legacy and lessons live on. And I am reminded that throughout the world there are cultures with vast sums of knowledge in them, as potent as the Micronesian navigators, that are going dismissed, that this is a testament to brilliant, brilliant technology and science and wisdom that is vanishing rapidly. Because when an elder dies a library is burned, and throughout the world, libraries are ablaze.

I am grateful for the fact that I had a mentor like Mau who taught me how to navigate. And I realize through a lesson that he shared that we continue to find our way. And this is what he said: "The island is the canoe; the canoe, the island." And what he meant was, if you are voyaging and far from home, your very survival depends on everyone aboard. You can not make the voyage alone, you were never meant to. This whole notion of every man for himself is completely unsustainable. It always was.

So in closing I would offer you this: The planet is our canoe, and we are the voyagers. True navigation begins in the human heart. It's the most important map of all. Together, may we journey well.

(Applause)

幼少時代 私は 歳をとったハワイ先住民の 三人のおばあさんに育てられました 両親が仕事の間 世話してくれたのです 1963年のことでした 私達は浜辺にいて たそがれ時でした 星がのぼり 潮が寄せては返すのを 眺めていました とてもよく知っている浜辺です 砂浜の丸石にすら 絆を感じるほどです おばあさんたちの服は 色あせていたので 街中で見たら 地味で― 質素な人たちに思われがちですが これは間違っています おばあさんたちは 先祖古来の訓練を受けた ポリネシア航海士の 末裔なのです 今 私に受け継がれようとしています 星の系譜に基づいて 風や雨の 名前を教わります 水平線に新月が沈むと ハワイでは 釣りに適した夜と言われます 聖歌が始まります

[ハワイの聖歌]

歌い終えると 車座に座り 私も加わるようにと言います 私の運命について教えたいというのです 7歳の子は 皆こうするんだと思っていました (笑) 「娘よ いずれ 大変なことがおきる 人は知恵を失い 世界の調和を取り戻すため 先人たちの声を求めて 世界の果てまで赴かねばならない お前は遠くへ行くことになる 寂しい旅路になることもあるだろう 私たちは一緒に行けない でも見知らぬ人でも 目を見ればオハナ つまり 家族であると わかるだろう 誰も避けられないことだ 誰ひとりとして」 この言葉は私が生涯 大切にしているものです 1人で行く旅路は考えるだけで ぞっとするからです

2007年 私はミクロネシアの離島にいました サタワル島は縦約800m 横約1.6kmの島です 私の師匠の村です 彼の名はピアス・マウ・ピアルック マウはパルであり 航海司祭者です 波を読ませたら 右に出る者はいません この島のパルの人数は 一握りにも満たないほどです 彼らの伝統は素晴らしく 道具を全く使わないで 太平洋を480km航海し 横断してしまったほどです パルたちは自然のパターンを見いだします 星の出や星の入り 波の続き方や向き 鳥たちの飛び方など 雲の下側の色が わずかに変わっても それを感じ取って 正確無比な航海ができるのです

マウがカヌーに乗り込んで 船体に潜り込むのを 西洋の科学者が見たら 休憩するのかと思うでしょう 実はカヌーの船体は 船の胎内にあたり もっとも正確に波の リズムやつながり 向きを 感じられる場所なのです 実際 マウは 体全体を利用して 系統的にデータを集めています このためのトレーニングを 5歳の頃からしてきました この方法が科学的に認められなくても ポリネシアの航海士は今も この方法を用います 彼らには船の 姿勢と方角とが 正確にわかるからです

パルは数日後の 天候を言い当てる 不思議な力も 持っていました マウと一緒に島の南東の海岸に座って 雲に覆われた夜空の 遠くを見渡していると やがて彼は言います 「じゃあ 行こうか」 かすかな光のきらめきから 3日後の天気が分かっていたのです

彼らの業績は知的にも科学的にも 素晴らしいものですし 私達が嵐の中 船を進めて行くには 欠かせない能力です 先祖からの歴史を引き継ぐのが 危機的に難しい時代です 小さな島から 何千マイルをも ダブルカヌーで 海を渡る年老いた 航海士たちは 宇宙飛行士と 比較されたこともあります 彼らのカヌー 現代のロケット 彼らの海原 我々の宇宙 老人たちの知恵は 辺境の地や老人に 関する物語の単なる 寄せ集めではないのです これは伝承文化の一部なのです これは人類のDNAです これを失うわけにはいきません

時は2010年 ハワイで私を育ててくれた 女性の予言の通り 世界は問題を抱えています 我々は溢れかえるデータを 抱え 今も知恵に飢える 社会に暮らしています 常時つながっていても 不安や恐怖 憂うつや孤独を 抑えられません 道筋を正さなくてはいけません あるアフリカのシャーマンは言いました 「お前たちの社会では 道化師を崇拝し 王は平服で現れるのか」 過去と未来のつながりは もろいものです このことはよくわかっていました 私は世界中を旅して このような物語を聞いて 記録していたからです 私は苦闘しました 風や雨の名前をもう 覚えてはいないという事実に 苦い想いを抱きました

マウは5か月前に 亡くなりましたが 彼の残したものや教えは生き続けます このことから私は思い返します ミクロネシアの航海術と同様に 膨大で有用な知識を 積み重ねた文化が 世界中にあり それが消えつつあるのです 技術 科学 知識に対しての 素晴らしい先代の英知が 急速に失われているということの 証しなのです 老人が死ぬと図書館が消えるようなもの 世界中で図書館が燃え盛っています

私はマウのように航海の方法を 教えてくれる師に恵まれて とても幸運であると感じています 彼の教えを通じて 私達は正しい道を探し続けるのだと 気付きました 彼はこう言っていました 「この島はカヌーなんだ カヌーは島だ」 彼の言いたかったこととは 旅に出て 故郷から遠く離れれば 乗船している全員が 命を託し合っています 一人で旅をすることはできないし そんなことはするものではない 自分の身は自分で守れという 考え方では先が思いやられます 今までもそうだったのです

最後にこの言葉をおくります この地球は我々のカヌーであり 我々は皆旅人です 真に進むべき進路は 人の心から生じるもので これこそ最も価値ある地図です 共に進む旅に幸いあれ

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画