TED日本語 - ピーター・ヴァン・マネン: フォーミュラ1が赤ちゃんを救う?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

フォーミュラ1のレーシングカーは、1レース走行中に何億ものデータポイントをピット・ガレージに送信し、リアルタイムでの分析・フィードバックを受けます。この詳細で緻密なデータシステムを他でも応用しない手はありません――例えば、小児病院で。ピーター・ヴァン・マネンが語ります。

Script

カーレースの世界は面白いものです 毎年 新しいレーシングカーを作っては 残りのシーズン全てを使って どうやったら そのマシンを良く 速くできるかを模索していきます そして 次の年になれば同じことを繰り返します

目の前にあるレーシングカーはかなり複雑な構造をしています シャシーは1万1千もの部品からなり エンジンだけで6千 電気系は8千5百の部品を使っています つまり 故障を招きかねない部品が2万5千もあるわけです カーレースは まさに細部にいかに注意を払えるかです

特にフォーミュラ1に関しては 常にマシンに手を加えて 速くしようとしています 2週間ごとに そのマシンに使う― 部品を 5千も新調しています レーシングカーの5~10%が 一年を通じて 2週間ごとに変わっていくわけです

どうやってやるのか? まず レーシングカーから始めます 車体にたくさんの計測センサーをつけます ここにあるレーシングカーで言えば レースで走るときにはおよそ120のセンサーをつけます そのマシンに関する あらゆることを計測し データが記録されます記録するのは データーシステム内の500のパラメーター 1万3千の異常察知パラメーターそして 予定通りに動いていないことを示す事象です それらのデータは ピット・ガレージに 無線で 毎秒2~4メガビットの速度でデータが送られます つまり 2時間のレースで 各マシンは 7.5億もの数字を送信するのです それは 私たちが一生で話す単語の数の 2倍に当たります ものすごい量のデータです

でも データを取り 計測するだけでは十分ではなく それで何かができないといけません だから 私たちは多くの時間と労力を費やして データから 様々なことが 語れるようにしてきましたエンジンの状態がどうだとか タイヤのすり減り具合がどうだとか 燃料消費がどうか といったことです 要するに データを取って それを 行動に結び付けられる情報に変えるのです

では データについてちょっと見てみましょう こちらで見るのは 生後3ヶ月の患者のデータです これは子どもで今ご覧いただいているのは実際のデータです 画面の右側に行くと いろんなことが ぐちゃぐちゃになっています 患者が心不全になっていっているのです これは予見できないこととされていました 誰も予期しえない心臓発作でした でも ここの情報を見れば 心不全になる5分ほどくらい前から 少し乱れてきているのが分かります 小さな変化が見て取れます 例えば 心拍数もそうです これらは全て通常備わっている異常検知機能では 検知されませんでした では なぜ 分からなかったのでしょう? これは予期しうる出来事だったのでしょうか? データのパターンをもっとよく見たら 助けるために何かできたのでしょうか?

この子は ここにあるレーシングカーとほぼ同じで 生後3ヶ月です この子は心臓に問題がありました 上のスクリーンに表示されているデータ 心拍数や脈拍 酸素 呼吸数などを見ると それらは全て普通の子どもとは違います でも この子にとっては それが普通なのです 医療における課題の一つは 目の前にいる患者を診て その患者特有の状態を把握し 状態が変わり悪化しそうなときを どうやって見出すかなのです レーシングカーのように どの患者も 容体が悪くなり始めたら手を打つのに もう一刻の猶予もありません

そこで私たちが行ったのがフォーミュラ1で 2週間ごとに稼働させるデータシステムを 病院のコンピュータに導入することでした バーミンガム小児病院で行いました 小児集中治療で使われている― ベッドサイドモニタからデータをストリーミングし リアルタイムでデータを見ると同時に こちらがより重要ですがデータを蓄積して そこから学習できるようにしました まず アプリケーションを適用してリアルタイムで データからパターンを認識できるようにしました 何が起こっているか見て 変化が起こりそうなときを察知するためです

カーレースではみんな ちょっと野心に満ちていて 恐れを知らず 時にちょっと傲慢です だから 私たちは病院に救急搬送されてくる― 子どもたちも見ることにしました 病院に到着するまで 待たないといけない理由なんてないでしょう そこで リアルタイムのネットワークを 救急車と病院との間でも作りました 通常の3G回線を使ってデータを送るのです 救急車が まさに集中治療室の ベッドになるのです

私たちはデータを分析し始めました 上のグラフにある いろんな色の波線は 通常 モニターで見るデータで 心拍数 脈拍 血中酸素濃度 呼吸数です 下にある 青と赤色のラインが 興味深いものです 赤のラインは 自動で算出された― 早期警告スコアで バーミンガム小児病院ではすでに使用しています 2008年から導入していて 病院内での 心不全や 心停止を防いできました 青のラインが示すのは パターンの変化で それは即座に見て取れます 医学的な解釈をするまでもなく データが語りかけるのです データは 何かがおかしいと訴えています

そして 赤と緑の固まりで示されているのは 細かなデータを それぞれ互いに プロットしたものです 緑色は その子にとっては普通の範囲のことで 「通常のクラウド」と呼んでいます 状態が変わり始める― 状態が悪くなり始めると ラインは赤色になります ここに高度な科学はありません すでにあるデータを違った形で表示しているだけです データを増幅させ医者や看護師に手がかりを与え 何が起こっているか可視化するのです 同じように 優秀なレーシング・ドライバーは こうした手がかりを頼りにブレーキや コーナーを曲がるタイミングを 判断しています 医者や看護師が問題を察知できるよう 手助けする必要があります

私たちには とても野心的なプログラムがあります もう 変革に向けたレースが始まっているのです 大きなことを考えていますがそうすべきなんです 私たちのアプローチはもしうまく行けば 病院の中だけで終わりません その壁を越え 広めることができます 今のように ワイヤレス接続の環境があれば 患者や医者 看護師たちが 常に 同じ場所にいる必要はありませんし 全員が一緒にいなくてもいいんです そして 私たちの3ヶ月のかわいい車も レース場で走らせ 安全を確保しながら より速く より良いものにしていくのです

ありがとうございました

(拍手)

Motor racing is a funny old business. We make a new car every year, and then we spend the rest of the season trying to understand what it is we've built to make it better, to make it faster. And then the next year, we start again.

Now, the car you see in front of you is quite complicated. The chassis is made up of about 11,000 components, the engine another 6,000, the electronics about eight and a half thousand. So there's about 25,000 things there that can go wrong. So motor racing is very much about attention to detail.

The other thing about Formula 1 in particular is we're always changing the car. We're always trying to make it faster. So every two weeks, we will be making about 5,000 new components to fit to the car. Five to 10 percent of the race car will be different every two weeks of the year.

So how do we do that? Well, we start our life with the racing car. We have a lot of sensors on the car to measure things. On the race car in front of you here there are about 120 sensors when it goes into a race. It's measuring all sorts of things around the car. That data is logged. We're logging about 500 different parameters within the data systems, about 13,000 health parameters and events to say when things are not working the way they should do, and we're sending that data back to the garage using telemetry at a rate of two to four megabits per second. So during a two-hour race, each car will be sending 750 million numbers. That's twice as many numbers as words that each of us speaks in a lifetime. It's a huge amount of data.

But it's not enough just to have data and measure it. You need to be able to do something with it. So we've spent a lot of time and effort in turning the data into stories to be able to tell, what's the state of the engine, how are the tires degrading, what's the situation with fuel consumption? So all of this is taking data and turning it into knowledge that we can act upon.

Okay, so let's have a look at a little bit of data. Let's pick a bit of data from another three-month-old patient. This is a child, and what you're seeing here is real data, and on the far right-hand side, where everything starts getting a little bit catastrophic, that is the patient going into cardiac arrest. It was deemed to be an unpredictable event. This was a heart attack that no one could see coming. But when we look at the information there, we can see that things are starting to become a little fuzzy about five minutes or so before the cardiac arrest. We can see small changes in things like the heart rate moving. These were all undetected by normal thresholds which would be applied to data. So the question is, why couldn't we see it? Was this a predictable event? Can we look more at the patterns in the data to be able to do things better?

So this is a child, about the same age as the racing car on stage,three months old. It's a patient with a heart problem. Now, when you look at some of the data on the screen above, things like heart rate, pulse, oxygen, respiration rates, they're all unusual for a normal child, but they're quite normal for the child there, and so one of the challenges you have in health care is, how can I look at the patient in front of me, have something which is specific for her, and be able to detect when things start to change, when things start to deteriorate? Because like a racing car, any patient, when things start to go bad, you have a short time to make a difference.

So what we did is we took a data system which we run every two weeks of the year in Formula 1 and we installed it on the hospital computers at Birmingham Children's Hospital. We streamed data from the bedside instruments in their pediatric intensive care so that we could both look at the data in real time and, more importantly, to store the data so that we could start to learn from it. And then, we applied an application on top which would allow us to tease out the patterns in the data in real time so we could see what was happening, so we could determine when things started to change.

Now, in motor racing, we're all a little bit ambitious, audacious, a little bit arrogant sometimes, so we decided we would also look at the children as they were being transported to intensive care. Why should we wait until they arrived in the hospital before we started to look? And so we installed a real-time link between the ambulance and the hospital, just using normal 3G telephony to send that data so that the ambulance became an extra bed in intensive care.

And then we started looking at the data. So the wiggly lines at the top, all the colors, this is the normal sort of data you would see on a monitor -- heart rate, pulse, oxygen within the blood, and respiration. The lines on the bottom, the blue and the red, these are the interesting ones. The red line is showing an automated version of the early warning score that Birmingham Children's Hospital were already running. They'd been running that since 2008, and already have stopped cardiac arrests and distress within the hospital. The blue line is an indication of when patterns start to change, and immediately, before we even started putting in clinical interpretation, we can see that the data is speaking to us. It's telling us that something is going wrong.

The plot with the red and the green blobs, this is plotting different components of the data against each other. The green is us learning what is normal for that child. We call it the cloud of normality. And when things start to change, when conditions start to deteriorate, we move into the red line. There's no rocket science here. It is displaying data that exists already in a different way, to amplify it, to provide cues to the doctors, to the nurses, so they can see what's happening. In the same way that a good racing driver relies on cues to decide when to apply the brakes, when to turn into a corner, we need to help our physicians and our nurses to see when things are starting to go wrong.

So we have a very ambitious program. We think that the race is on to do something differently. We are thinking big. It's the right thing to do. We have an approach which, if it's successful, there's no reason why it should stay within a hospital. It can go beyond the walls. With wireless connectivity these days, there is no reason why patients, doctors and nurses always have to be in the same place at the same time. And meanwhile, we'll take our little three-month-old baby, keep taking it to the track, keeping it safe, and making it faster and better.

Thank you very much.

(Applause)

カーレースの世界は面白いものです

We make a new car/ every year,/ and then/ we spend the rest of the season/ trying to understand/ what it is we've built to make/ it better,/ to make it faster.//

毎年 新しいレーシングカーを作っては 残りのシーズン全てを使って どうやったら そのマシンを良く 速くできるかを模索していきます

And then/ the next year,/ we start again.//

そして 次の年になれば同じことを繰り返します

Now,/ the car/ you see in front of you is quite complicated.//

目の前にあるレーシングカーはかなり複雑な構造をしています

The chassis is made up/ of about 11,000 components,/ the engine/ another 6,000,/ the electronics about eight and a half thousand.//

シャシーは1万1千もの部品からなり エンジンだけで6千 電気系は8千5百の部品を使っています

So there's about 25,000 things/ there/ that can go wrong.//

つまり 故障を招きかねない部品が2万5千もあるわけです

So motor racing is very much/ about attention/ to detail.//

カーレースは まさに細部にいかに注意を払えるかです

The other thing/ about Formula 1/ in particular is we're always changing the car.//

特にフォーミュラ1に関しては 常にマシンに手を加えて

We're always trying to make/ it faster.//

速くしようとしています

So every two weeks,/ we will be making about 5,000 new components to fit to the car.//

2週間ごとに そのマシンに使う― 部品を 5千も新調しています

Five to 10 percent of the race car will be different/ every two weeks of the year.//

レーシングカーの5~10%が 一年を通じて 2週間ごとに変わっていくわけです

So/ how do we do that?//

どうやってやるのか?

Well,/ we start our life/ with the racing car.//

まず レーシングカーから始めます

We have a lot of sensors/ on the car/ to measure things.//

車体にたくさんの計測センサーをつけます

On the race car/ in front of you here/ there are about 120 sensors/ when it goes into a race.//

ここにあるレーシングカーで言えば レースで走るときにはおよそ120のセンサーをつけます

It's measuring all sorts of things/ around the car.//

そのマシンに関する あらゆることを計測し

That data is logged.// We're logging/ about 500 different parameters/ within the data systems,/ about 13,000 health parameters and events to say/ when things are not working the way/ they should do,/ and we're sending/ that data back/ to the garage/ using telemetry/ at a rate of two to four megabits/ per second.//

データが記録されます記録するのは データーシステム内の500のパラメーター 1万3千の異常察知パラメーターそして 予定通りに動いていないことを示す事象です それらのデータは ピット・ガレージに 無線で 毎秒2~4メガビットの速度でデータが送られます

So/ during a two-hour race,/ each car will be sending 750 million numbers.//

つまり 2時間のレースで 各マシンは 7.5億もの数字を送信するのです

That's twice/ as many numbers/ as words/ that each of us speaks in a lifetime.//

それは 私たちが一生で話す単語の数の 2倍に当たります

It's a huge amount of data.//

ものすごい量のデータです

But it's not enough just/ to have data/ and measure it.//

でも データを取り 計測するだけでは十分ではなく

You need to be able to do something/ with it.//

それで何かができないといけません

So we've spent a lot of time and effort/ in turning the data/ into stories/ to be able to tell,/ what's the state of the engine,/ how are the tires/ degrading,/ what's the situation/ with fuel consumption?//

だから 私たちは多くの時間と労力を費やして データから 様々なことが 語れるようにしてきましたエンジンの状態がどうだとか タイヤのすり減り具合がどうだとか 燃料消費がどうか といったことです

So all of this is taking data/ and turning it/ into knowledge/ that we can act upon.//

要するに データを取って それを 行動に結び付けられる情報に変えるのです

Okay,/ so let's have a look/ at a little bit of data.//

では データについてちょっと見てみましょう

Let's pick/ a bit of data/ from another three-month-old patient.//

こちらで見るのは 生後3ヶ月の患者のデータです

This is a child,/ and what you're seeing/ here is real data, and/ on the far right-hand side,/ where everything starts getting/ a little bit catastrophic,/ that is the patient/ going into cardiac arrest.//

これは子どもで今ご覧いただいているのは実際のデータです 画面の右側に行くと いろんなことが ぐちゃぐちゃになっています 患者が心不全になっていっているのです

It was deemed to be an unpredictable event.//

これは予見できないこととされていました

This was a heart attack/ that no one could see coming.//

誰も予期しえない心臓発作でした

But when we look at the information there,/ we can see/ that things are starting to become/ a little fuzzy about five minutes or so/ before the cardiac arrest.//

でも ここの情報を見れば 心不全になる5分ほどくらい前から 少し乱れてきているのが分かります

We can see small changes/ in things/ like the heart rate moving.//

小さな変化が見て取れます 例えば 心拍数もそうです

These were all undetected/ by normal thresholds/ which would be applied to data.//

これらは全て通常備わっている異常検知機能では 検知されませんでした

So the question is,/ why couldn't we see it?//

では なぜ 分からなかったのでしょう?

Was this a predictable event?//

これは予期しうる出来事だったのでしょうか?

Can we look more/ at the patterns/ in the data/ to be able to do things better?//

データのパターンをもっとよく見たら 助けるために何かできたのでしょうか?

So this is a child,/ about the same age/ as the racing car/ on stage,/three months old.//

この子は ここにあるレーシングカーとほぼ同じで 生後3ヶ月です

It's a patient/ with a heart problem.//

この子は心臓に問題がありました

Now,/ when you look at some of the data/ on the screen above,/ things/ like heart rate,/ pulse,/ oxygen,/ respiration rates,/ they're all unusual/ for a normal child,/ but they're quite normal/ for the child there,/ and so one of the challenges/ you have in health care is,/ how can/ I look at the patient/ in front of me,/ have something/ which is specific/ for her,/ and be able to detect/ when things start to change,/ when things start to deteriorate?//

上のスクリーンに表示されているデータ 心拍数や脈拍 酸素 呼吸数などを見ると それらは全て普通の子どもとは違います でも この子にとっては それが普通なのです 医療における課題の一つは 目の前にいる患者を診て その患者特有の状態を把握し 状態が変わり悪化しそうなときを どうやって見出すかなのです

Because like a racing car,/ any patient,/ when things start to go/ bad,/ you have a short time/ to make a difference.//

レーシングカーのように どの患者も 容体が悪くなり始めたら手を打つのに もう一刻の猶予もありません

So/ what we did/ is we took a data system/ which we run every two weeks of the year/ in Formula 1/ and we installed it/ on the hospital computers/ at Birmingham Children's Hospital.//

そこで私たちが行ったのがフォーミュラ1で 2週間ごとに稼働させるデータシステムを 病院のコンピュータに導入することでした バーミンガム小児病院で行いました

We streamed data/ from the bedside instruments/ in their pediatric intensive care/ so that we could both look at the data/ in real time and,/ more importantly,/ to store the data/ so that we could start to learn/ from it.//

小児集中治療で使われている― ベッドサイドモニタからデータをストリーミングし リアルタイムでデータを見ると同時に こちらがより重要ですがデータを蓄積して そこから学習できるようにしました

And then,/ we applied an application/ on top/ which would allow us/ to tease out/ the patterns/ in the data/ in real time/ so we could see/ what was happening,/ so we could determine/ when things started to change.//

まず アプリケーションを適用してリアルタイムで データからパターンを認識できるようにしました 何が起こっているか見て 変化が起こりそうなときを察知するためです

Now,/ in motor racing,/ we're all a little bit ambitious,/ audacious,/ a little bit arrogant sometimes,/ so we decided/ we would also look at the children/ as they were being transported to intensive care.//

カーレースではみんな ちょっと野心に満ちていて 恐れを知らず 時にちょっと傲慢です だから 私たちは病院に救急搬送されてくる― 子どもたちも見ることにしました

Why should we wait/ until they arrived in the hospital/ before we started to look?//

病院に到着するまで 待たないといけない理由なんてないでしょう

And so/ we installed a real-time link/ between the ambulance and the hospital,/ just/ using normal 3G telephony to send/ that data/ so that the ambulance became an extra bed/ in intensive care.//

そこで リアルタイムのネットワークを 救急車と病院との間でも作りました 通常の3G回線を使ってデータを送るのです 救急車が まさに集中治療室の ベッドになるのです

And then/ we started looking/ at the data.//

私たちはデータを分析し始めました

So the wiggly lines/ at the top,/ all the colors,/ this is the normal sort of data/ you would see on a monitor --/ heart rate,/ pulse,/ oxygen/ within the blood,/ and respiration.//

上のグラフにある いろんな色の波線は 通常 モニターで見るデータで 心拍数 脈拍 血中酸素濃度 呼吸数です

The lines/ on the bottom,/ the blue and the red,/ these are the interesting ones.//

下にある 青と赤色のラインが 興味深いものです

The red line is showing an automated version of the early warning score/ that Birmingham Children's Hospital were already running.//

赤のラインは 自動で算出された― 早期警告スコアで バーミンガム小児病院ではすでに使用しています

They'd been running/ that since 2008,/ and already have stopped cardiac arrests and distress/ within the hospital.//

2008年から導入していて 病院内での 心不全や 心停止を防いできました

The blue line is an indication of when patterns start to change,/ and immediately,/ before we even started putting/ in clinical interpretation,/ we can see/ that the data is speaking to us.//

青のラインが示すのは パターンの変化で それは即座に見て取れます 医学的な解釈をするまでもなく データが語りかけるのです

It's telling us/ that something is going wrong.//

データは 何かがおかしいと訴えています

The plot/ with the red and the green blobs,/ this is plotting different components of the data/ against each other.//

そして 赤と緑の固まりで示されているのは 細かなデータを それぞれ互いに プロットしたものです

The green is us/ learning/ what is normal/ for that child.//

緑色は その子にとっては普通の範囲のことで

We call it/ the cloud of normality.//

「通常のクラウド」と呼んでいます

And when things start to change,/ when conditions start to deteriorate,/ we move into the red line.//

状態が変わり始める― 状態が悪くなり始めると ラインは赤色になります

There's no rocket science here.//

ここに高度な科学はありません

It is displaying data/ that exists already/ in a different way,/ to amplify it,/ to provide cues/ to the doctors,/ to the nurses,/ so they can see/ what's happening.//

すでにあるデータを違った形で表示しているだけです データを増幅させ医者や看護師に手がかりを与え 何が起こっているか可視化するのです

In the same way that/ a good racing driver relies on cues/ to decide/ when to apply the brakes,/ when to turn into a corner,/ we need to help/ our physicians/ and our nurses/ to see/ when things are starting to go/ wrong.//

同じように 優秀なレーシング・ドライバーは こうした手がかりを頼りにブレーキや コーナーを曲がるタイミングを 判断しています 医者や看護師が問題を察知できるよう 手助けする必要があります

So we have a very ambitious program.//

私たちには とても野心的なプログラムがあります

We think/ that the race is on/ to do something differently.//

もう 変革に向けたレースが始まっているのです

We are thinking big.// It's the right thing/ to do.//

大きなことを考えていますがそうすべきなんです

We have an approach/ which,/ if it's successful,/ there's no reason/ why it should stay within a hospital.//

私たちのアプローチはもしうまく行けば 病院の中だけで終わりません

It can go beyond the walls.//

その壁を越え 広めることができます

With wireless connectivity/ these days,/ there is no reason/ why patients,/ doctors and nurses always have to be in the same place/ at the same time.//

今のように ワイヤレス接続の環境があれば 患者や医者 看護師たちが 常に 同じ場所にいる必要はありませんし 全員が一緒にいなくてもいいんです

And meanwhile,/ we'll take our little three-month-old baby,/ keep taking/ it/ to the track,/ keeping it safe,/ and making it faster/ and better.//

そして 私たちの3ヶ月のかわいい車も レース場で走らせ 安全を確保しながら より速く より良いものにしていくのです

Thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

motor

(電気の)『モーター』,電動機

エンジン,(特に)内燃機関

《英》自動車(motorcar)

《名詞の前にのみ用いて》

モーターの;エンジンの;自動車の

モーター(エンジン)による,自動車による

(神経・筋肉について)運動の

自動車で行く

…‘を'自動車で運ぶ

racing

競走・競馬・ボートレース

競走用の;競馬[好き]の

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

complicated

『複雑な』,込み入った(complex)

chassis

(自動車などの)車台

(飛行機の)脚部,機台

シャーシー(ラジオ・テレビの部品を組立てる金属板)

component

構成している,成分の

構成要素,成分

engine

『エンジン』,発動機,機関

『機関車』(locomotive)

消防ポンプ(fire engine)

《古》(一般に)機械装置

electronic

『電子の』,エレクトロンの

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

datum

dataの単数形

既知の事実

log

『丸太』,丸木

(また『logbook』)航海(航空)日誌

測程儀(船の速力を測る器械)

〈木〉‘を'丸太に切る

〈土地〉‘の'立ち木を切り倒す

…‘を'航海(航空)日誌に記入する

(船・飛行機で)〈ある距離・時間〉‘を'航行する,飛ぶ

木材を伐採する

丸太の

parameter

(数学で)媒介変数,補助変数

(統計で)母数

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

garage

(自動車の)『車庫』

自動車修理場

〈車〉‘を'車庫に入れる(入れておく)

telemetry

遠隔計測[法](テレメーターによる情報収集)

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

data

『資料』,事実;情報

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

tire

〈人など〉‘を'『疲れさせる』,疲労させる

〈人など〉‘を'『飽きさせる』,うんざりさせる

疲れる

(…に)飽きる《+of+名(doing)》

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

consumption

『消費』《時に形容詞を伴ってa~》(…の)消費高(量)

(体力の)消耗

《古》肺病,肺結核

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

upon

『…の上に』

okay

=OK,O.K.

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

patient

(人が)『忍耐強い』,しんぼう強い,がまん強い

(行動が)根気のよい,忍耐を示す

〈C〉『患者』,医者にかかっている人

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

catastrophic

悲劇的な,大異変の,破滅的な

cardiac

心臓の

arrest

(…の罪で)…'を'『逮捕する』,検挙する《+『名』+『for』+『名』》

〈進歩など〉'を'止める

〈注意など〉'を'ひく

逮捕,検挙

止めること,阻止,停止

deem

…‘と'思う(think)

unpredictable

予言できない,予知不可能な

heart attack

心臓発作,心臓まひ

no one

『だれも』…『ない』

coming

『来たるべき』,『次の』

《話》前途有望な,今売り出し中の;新進の

(…の)『到来』,接近,致着(arrival)《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

fuzzy

毛羽立った

薄毛のような

はっきりしない,ぼやけた

small change

小銭(こぜに),釣銭

つまらない物(人)

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

moving

動く,動いている

動きを起こす

感動させる

運搬用の

undetected

見つけられない,発見されない

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

threshold

『敷居』

《単数形で》(…の)『始め』,出発点,発端《+of+名》

閾(心理学で刺激に対して反応を示し始める点)

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

predictable

(現象などが)予報(予言)し得る

(悪い意味で)予想どおりの

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

pulse

《通例単数形で》『脈はく』

(一般に,規則的な)鼓動,律動

(電気の)パルス

(一般的な)傾向

脈を打つ,鼓動する

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

respiration

〈U〉呼吸すること(breathing)〈C〉一呼吸,一息

〈U〉(生物の)呼吸作用

unusual

『普通でない』,異常な;まれな,珍しい(rare)

独特の,特有の

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

detect

〈物事の存在〉‘を'『感知する』,気付く,認める

〈人〉‘の'『正体を見破る』

〈電波〉‘を'検波する,復調する

deteriorate

…‘を'悪化させる;…‘の'品質などを低下させる

〈人格・品質・価値などが〉悪化する,低下する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

short time

操業短縮

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

hospital

『病院』

computer

『計算機』;『電子計算機』

Birmingham

バーミンガム(英国中部の大工業都市)

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

bedside

寝床の側…(病人の)まくら元

寝床のぞばの

instrument

(主として精密な)『器具』,器械,計器・(また『musical instrument』)『楽器』)

手段,方便(means);(人の)手先

法律文書(証書・遺書・協定書・約束手形など)

intensive care

集中医療

real time

実時間(コンピューターで実際に計算にかかる時間)

importantly

重要性をもって;もったいぶって

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

tease

〈人・動物〉‘を'『いじめる』,からかう

《米》(逆にくしを入れて)〈髪〉‘を'逆立てる

〈布〉‘に'毛羽を立てる

(紡ぐため)〈羊毛など〉‘を'すく

人(動物)をしつこくいじめる(からかう)

いじめる人,からかう人

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

audacious

(人・行為が)大胆な,勇敢な(bold)

(悪い意味で,人・行為が)大胆不敵な;厚かましい,ずうずうしい

arrogant

〈人・態度などが〉傲慢な,おうへいな

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

transport

(ある場所からある場所へ)…‘を'『輸送する』,運搬する《+名+from+名+to+名》

《文》《受動態で》(…で)…‘を'夢中にする,有頂天にする《+名+with+名》

〈罪人〉‘を'流刑にする

〈U〉輸送,運送,輸送(交通)機関(transportation)

〈C〉(軍隊や軍需品を運ぶ)輸送船,輸送機

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

real-time

実際にかかる時間の

ambulance

救急車

telephony

電話通信;電話法(術)

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

automate

〈工場・機械〉‘に'自動装置をつける,'を'オートメーション化する

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

warning

〈U〉〈C〉『警告』,戒め

〈C〉(…への)警告となるもの《+to+名》;(…について)注意を俗すもの《OF+名》

〈U〉《古》(雇用契約を解除する)予告,通告

score

(ゲーム・競技の)『スコア』,得点記録

(ゲーム・競技の)『得点』

(試験の)点数,評点

《おもに文》20[の単位]

《複数形で》多数(の…)《+『of』+『名』》

《まれ》勘定,借金

《単数形で》理由,根拠,原因

(また『score mark』)刻み目,線,印

総譜,楽譜

(ゲーム・競技で)〈点数〉‘を'『得点する』

〈競技〉‘の'得点を記録する

〈得点〉‘を'〈人〉‘に'与える《+『名』〈人〉+『名』〈得点〉=+『名』〈得点〉+『to』(『for』)+『名』〈人〉》

〈試験〉‘を'採点する;(試験で)…‘の'点をとる《+『名』+『on』+『名』》

(…で)…‘に'刻み目(印)をつける,線をひく《+『名』+『with』+『名』》

《米話》…‘を'こきおろす,酷評する

《通例受動態で》(…のために)〈音楽〉‘を'作曲(編曲)する《+『for』+『名』》

(ゲーム・競技で)『得点する』

優勢となる,成功する

《俗》〈男が〉(女を)くどき落とす《+『with』+『名』》

《俗》麻薬を売う

running

走ること,競走,(野球の)走累

走っている

流れている

連続している,絶え間のない

(機械などが)動いている

走りながら行う

うみの出る,汁を出す

続けて,連続して

distress

〈U〉(肉体的・精神的な)『激しい苦しみ』,苦痛,苦悩,非嘆

《a~》(…にとっての)悩みの種《+『to』+『名』》

〈U〉『貧苦』,窮乏

〈U〉『危険状態』,難儀

(精神的・肉体的に)〈人〉‘を'『苦しめる』,苦悩させる

indication

〈U〉(…を)指摘(指示,表示)すること《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉表れ,徴候

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

clinical

臨床の,臨床講義の

病床の

臨床的な,客観的な態度の

interpretation

(…の)意味を明らかにすること,解明,説明《+『of』+『名』》

(芸術作品・夢などの)解釈《+『of』+『名』》

(音楽作品や劇の役割に一つの解釈を示す)演奏,演技《+『of』+『名』》

通訳

plot

『小区画の土地』,小地所

(小説・劇などの)『筋』,プロット

『蔭謀』,たくらみ

〈悪事〉‘を'『ひそかに計画する』,たくらむ

(地図・海図などに)…‘を'書き込む;…‘の'図表(図面)を作る

〈土地〉‘を'区画する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に対して…の)『陰謀を企てる』,たくらむ《+『against』+『名』+『about』(『toward』)+『名』(do『ing』)

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

blob

柔らかくてぐにゃぐにゃしたものの小さいかたまり,どろどろした液体の1滴《+『of』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

normality

正常,常態

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

rocket

『ロケット』;ロケット弾;ロケット推進ミサイル

火矢;打ち上げ花火;のろし

〈電車などが〉(ロケットのように)突進する

〈値段などが〉急上昇する

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

display

〈物〉‘を'『展示する』,陳列する(exhibit)

〈感情など〉‘を'『表に出す』;〈能力など〉‘を'発揮する

…‘を'見せびらかす,誇示する(show off)

(…を)『見せること』;(感情などを)表に出すこと;(能力などの)発揮《+『of』+『名』》

『誇示』,見せびらかし

(商品・作品などの)『展示』,陳列《+『of』+『名』》;展示品

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

amplify

…'を'拡大する,さらに加える

〈電流〉'を'増幅する

(…について)長々と述べる《+『on』(『upon』)+『名』》

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

cue

きっかけ(俳優の登場またはせりふの合図),(せりふの)渡し文句

(行動の)きっかけ,合図

…‘に'きっかけ(指示)を与える

nurse

『看護人』,看護婦

子守(dry nurse)

『乳母』(うば)(wet nurse)

‘を'『看護する』,看病する

〈幼児〉‘に'授乳する

〈病気・けが〉‘を'治そうと努める

《話》…‘を'注意して扱う,たいせつに扱う

…‘を'大事に育てる

(心に)〈ある感情〉‘を'いだく

看護人(看護婦)として働く

授乳する

〈幼児が〉乳を飲む

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

driver

(動物を)追う人,牛追い,馬方

(一般に)『車を運転する人』,(職業としての自動車の)『運転手』

ドライバー(ゴルフで最長打を飛ばすために用いるクラブ)

(くいなどの)打ち込み機

rely

『あてにする』,たよる

brake

『ブレーキ,制動機』,歯止め

…‘に'ブレーキをかける

〈人が〉ブレーキをかける

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

physician

『医者』;(特に)『内科医』

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

wireless

〈U〉『無線』,無線電信

〈U〉《the wireless》《英》ラジオ[放送,番組];〈C〉『ラジオ』[受信機]

無線[電信,電話,電報]の

《英》ラジオの

meanwhile

=meantime

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画