TED日本語 - 二人の若き科学者、バクテリアでプラスチックを分解

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

プラスチックは、ひとたび作られると、(ほぼ)なくなることはありません。高校3年のとき、ミランダ・ワンとジニー・ヤオは新しいバクテリアを探す旅に出ます。プラスチックを生分解する、正確には、有害な可塑剤であるフタル酸エステル類を分解するバクテリアです。二人が見つけた答えは、ビックリするくらい身近なところにありました。

Script

今日は アクシデントについてお話しします アクシデントについて どう思いますか? アクシデントと聞いて 思い浮かべるのはたいてい 有害とか 不運とか 危険なことです確かに そういう場合もあります でも 悪いことばかりでしょうか? 例えば ペニシリンにつながる発見は 今までで最高のアクシデントによるものです 生物学者 アレクサンダー・フレミングがずさんな実験をして カビを生やしてしまうアクシデントがなければ これだけ多くの細菌感染症に私たちは対抗できていないでしょう

今日 ミランダと私はここで 私たちのアクシデントがどう発見に結びついたか お話ししたいと思います 2011年 私たちはバンクーバーのゴミ処理場に行き 大量のプラスチック廃棄物を目の当たりにしました そこで気づいたのはゴミの集積所では プラスチックの分別は難しいということですみんな同じような密度で 有機ゴミや建築廃材と混ざろうものなら プラスチックだけ取り出して 環境に優しい形で処理するのは本当に不可能になります

プラスチックは便利です 耐久性や柔軟性があり 様々な形に成型して使うことができます でも この便利さの裏返しとして 高い犠牲を払わないといけません プラスチックは深刻な問題を引き起こします 例えば 生態系の破壊 天然資源の汚染 そして 処理にも場所を取ります この写真は 太平洋ゴミベルトです プラスチックによる汚染や 海洋環境を考えるとき このゴミベルトを思い浮かべます プラスチックのゴミからなる浮島のようなものです でも それはもはや海洋環境における― プラスチック汚染の実態を正しく表わさなくなっています 今 海全体がプラスチック廃棄物のスープの状態で 海のどこを探しても プラスチックの破片がないところなんてありません

プラスチック依存社会において プラスチックの減産は良い目標ですが十分ではありません だって すでに作られたプラスチック廃棄物はそのままでしょう? プラスチックの生分解には何百年 何千年とかかります そこで 私たちは考えました ただ ゴミがたまって積みあがるのを見ているのではなくて 分解する方法を見つけよう バクテリアでです クールでしょ?

(会場から「イエス」)ありがとう でも 問題がありました プラスチックは とても複雑な構造をしていて 生分解は難しいんです でも 好奇心と希望にあふれていた私たちは それでも やってみたいと思いました

このアイデアをもとに ジニーと私は ネット上にある何百という科学論文を読み 研究計画書をまとめました 高校3年の初めのことです 考えたのは 地元のフレーザー川でフタル酸エステル類と言われる― 有害な可塑剤を分解できるバクテリアを見つけることです フタル酸エステル類は一般的なプラスチック製品に 柔軟性 耐性 透明性を向上させる添加剤として使われています それは プラスチックの一部ですが プラスチックの構造自体とは共有結合していないので 簡単に 外の環境に流れ出てしまうのです フタル酸エステル類は環境を汚染するだけでなく 私たちの体まで汚染してしまいます さらに悪いことにフタル酸エステル類は 私たちがよく使う物に使われています例えば 赤ちゃんのおもちゃ 飲料容器 化粧品食品用ラップフィルムにもです フタル酸エステル類が怖いのは 簡単に体に取り込まれてしまうからです 肌と触れたり 口にしたり吸い込むだけで 体に吸収されてしまいます

毎年 21万トン以上のフタル酸エステル類が 私たちの空気 水 土を汚染しています 環境保護庁は フタル酸エステル類を最優先取組み汚染物質としています ガンや出生異常を引き起こすとされるからです ホルモンかく乱物質として作用するのです 毎年 バンクーバー市は 河川でのフタル酸エステル類の汚染レベルを監視し 安全性を評価しています それで思いましたフレーザー川沿いで フタル酸エステル類に汚染されている場所で 生きているバクテリアがあるとすれば たぶん ひょっとしたらそのバクテリアは フタル酸エステル類を 分解できるよう進化しているのではないか

私たちは この素敵なアイデアを ブリティッシュコロンビア大のリンズィー・エルティス博士に提案しました すると驚くことに博士の研究室で受け入れてくれ 院生のアダムとジェームズをサポートにあててくれました 当時は夢にも思っていませんでした ゴミ集積場に行ってインターネットで調査をして 思い切って ヒラメキをもとに行動したら 人生を変えるような― アクシデントと発見の旅が始まるなんて

プロジェクトの最初のステップとして フレーザー川沿いの3つの場所から 土のサンプル採取をしました 何千もいるバクテリアの中からフタル酸エステル類を― 分解できるものを見つけるため フタル酸エステル類が唯一の炭素源となるよう 集積培養を行いました つまり この培養物に何かが増殖すれば それはフタル酸エステル類を食べて生きていることになる 万事うまく行き 私たちは素晴らしい科学者になりましたとさ(笑)

あー ジニー冗談よ

そう あれは私の失敗でもありました フラスコをうっかり割ってしまったんです 3つ目の集積培養物が入っていました それで 培養室を隅々まで拭くはめに 漂白とエタノールで2回も しかも これは私たちの実験で起こった― 数々のアクシデントの一つに過ぎません でも このミスが予期せぬ発見を導きます 無事に残った培養物は 汚染レベルが正反対の所からのものだったので このミスのお蔭で こう思い至ったんです 汚染レベルが全く違う場所から バクテリアを取って 分解能力を比べればいいんじゃないか

バクテリアは育てたので これを培地上に画線培養をして菌株を単離することにしました これなら安全で アクシデントも起こりにくいと思ったからでも また間違っていました 培地に画線を引いているとき寒天に穴をあけて いくつかのサンプルと菌を汚染してしまいました それで 何度も培地に画線を引き直すはめになりました フタル酸エステル類の利用と バクテリアの増殖を観察し 両者には逆相関関係があると気づきました バクテリアが増えれば フタル酸エステル類の濃度は減少する つまり このバクテリアがフタル酸エステル類を食べているのです

フタル酸エステル類を分解するバクテリアを発見して このバクテリアが何か気になりました ジニーと私は 最も効率的な3つの菌株で 遺伝子を増幅して配列を解析し そして そのデータをオンラインの総合データベースで照合 嬉しいことに 3つの菌株は すでに発見されていたものの うち2つは これまでフタル酸エステル類分解とは 関係づけられていなかったので新しい発見をしたことになりました

この生分解がどう作用するのか良く理解するため この3つの菌の異化経路を検証する必要がありました そのために バクテリアから酵素を抽出し フタル酸の中間体と反応させました

光度分析法で この実験を観察し 得られたのが この美しいグラフです このグラフによれば私たちのバクテリアには 遺伝的に フタル酸エステル類を生分解する経路があり 有害な毒であるフタル酸エステル類を 分解して 二酸化炭素や水アルコールなどの― 最終生成物にできます

こう思っている方もいるでしょう 二酸化炭素なんて最悪だ温暖化ガスじゃないかって でも このバクテリアがフタル酸エステル類を生分解しなくても 他の炭素源を使って 好気呼吸をするので どっちみち 二酸化炭素などの最終生成物を生み出します

面白いことには 生分解力を持つバクテリアの種類は 鳥類生息地でより多く見つかりましたが 埋立地のバクテリアの生分解力が最も効率的でした だから 自然淘汰によって 自然は進化するんです

ミランダと私は この研究を サノフィ・バイオジニアス・チャレンジ・カナダに出し 商業化可能性が最も高いと評価されました フタル酸エステル類を分解するバクテリアを初めて発見したわけではありません でも 地元の川に行って地元の問題を解決する方法を 探したのは 私たちが初めてです 私たちが示したのは バクテリアが プラスチック汚染の解決策になりうることだけでなく 不確実なことを受け入れリスクを取ることによって 予期せぬ発見の機会を生み出せるということです

この旅を通して 私たちは科学への熱い思いを確認し 今も 大学で 他の化石燃料の化学物質について研究を続けています 近い将来 モデル生物を作りたいと思っています フタル酸エステル類だけでなく たくさんの汚染物質を分解できる生物です これを汚水処理場で利用して 私たちの川をきれいにしたり 他の天然資源をきれいにしたり したいです きっと いつか 私たちは プラスチック廃棄物そのものの問題を解決できるでしょう

この旅によって私たちの微生物への見方は 本当に変わりました ジニーと私が示したのは ミスでさえ 発見を生み出しうること アインシュタインによれば 「問題を生み出した時と同じやり方で 考えている限り 問題は解けない」のです 合成によってプラスチックを作っているとしたら 解決策は 生化学的にそれを分解することでしょう

ありがとうございました

(拍手)

Miranda Wang: We're here to talk about accidents. How do you feel about accidents? When we think about accidents, we usually consider them to be harmful, unfortunate or even dangerous, and they certainly can be. But are they always that bad? The discovery that had led to penicillin, for example, is one of the most fortunate accidents of all time. Without biologist Alexander Fleming's moldy accident, caused by a neglected workstation, we wouldn't be able to fight off so many bacterial infections.

Jeanny Yao: Miranda and I are here today because we'd like to share how our accidents have led to discoveries. In 2011, we visited the Vancouver Waste Transfer Station and saw an enormous pit of plastic waste. We realized that when plastics get to the dump, it's difficult to sort them because they have similar densities, and when they're mixed with organic matter and construction debris, it's truly impossible to pick them out and environmentally eliminate them.

MW: However, plastics are useful because they're durable, flexible, and can be easily molded into so many useful shapes. The downside of this convenience is that there's a high cost to this. Plastics cause serious problems, such as the destruction of ecosystems, the pollution of natural resources, and the reduction of available land space. This picture you see here is the Great Pacific Gyre. When you think about plastic pollution and the marine environment, we think about the Great Pacific Gyre, which is supposed to be a floating island of plastic waste. But that's no longer an accurate depiction of plastic pollution in the marine environment. Right now, the ocean is actually a soup of plastic debris, and there's nowhere you can go in the ocean where you wouldn't be able to find plastic particles.

JY: In a plastic-dependent society, cutting down production is a good goal, but it's not enough. And what about the waste that's already been produced? Plastics take hundreds to thousands of years to biodegrade. So we thought, you know what? Instead of waiting for that garbage to sit there and pile up, let's find a way to break them down with bacteria. Sounds cool, right?

Audience: Yeah. JY: Thank you. But we had a problem. You see, plastics have very complex structures and are difficult to biodegrade. Anyhow, we were curious and hopeful and still wanted to give it a go.

MW: With this idea in mind, Jeanny and I read through some hundreds of scientific articles on the Internet, and we drafted a research proposal in the beginning of our grade 12 year. We aimed to find bacteria from our local Fraser River that can degrade a harmful plasticizer called phthalates. Phthalates are additives used in everyday plastic products to increase their flexibility, durability and transparency. Although they're part of the plastic, they're not covalently bonded to the plastic backbone. As a result, they easily escape into our environment. Not only do phthalates pollute our environment, but they also pollute our bodies. To make the matter worse, phthalates are found in products to which we have a high exposure, such as babies' toys, beverage containers, cosmetics, and even food wraps. Phthalates are horrible because they're so easily taken into our bodies. They can be absorbed by skin contact, ingested, and inhaled.

JY: Every year, at least 470 million pounds of phthalates contaminate our air, water and soil. The Environmental Protection Agency even classified this group as a top-priority pollutant because it's been shown to cause cancer and birth defects by acting as a hormone disruptor. We read that each year, the Vancouver municipal government monitors phthalate concentration levels in rivers to assess their safety. So we figured, if there are places along our Fraser River that are contaminated with phthalates, and if there are bacteria that are able to live in these areas, then perhaps, perhaps these bacteria could have evolved to break down phthalates.

MW: So we presented this good idea to Dr. Lindsay Eltis at the University of British Columbia, and surprisingly, he actually took us into his lab and asked his graduate students Adam and James to help us. Little did we know at that time that a trip to the dump and some research on the Internet and plucking up the courage to act upon inspiration would take us on a life-changing journey of accidents and discoveries.

JY: The first step in our project was to collect soil samples from three different sites along the Fraser River. Out of thousands of bacteria, we wanted to find ones that could break down phthalates, so we enriched our cultures with phthalates as the only carbon source. This implied that, if anything grew in our cultures, then they must be able to live off of phthalates. Everything went well from there, and we became amazing scientists. (Laughter)

MW: Um ... uh, Jeanny. JY: I'm just joking.

MW: Okay. Well, it was partially my fault. You see, I accidentally cracked the flask that had contained our third enrichment culture, and as a result, we had to wipe down the incubator room with bleach and ethanol twice. And this is only one of the examples of the many accidents that happened during our experimentation. But this mistake turned out to be rather serendipitous. We noticed that the unharmed cultures came from places of opposite contamination levels, so this mistake actually led us to think that perhaps we can compare the different degradative potentials of bacteria from sites of opposite contamination levels.

JY: Now that we grew the bacteria, we wanted to isolate strains by streaking onto mediate plates, because we thought that would be less accident-prone, but we were wrong again. We poked holes in our agar while streaking and contaminated some samples and funghi. As a result, we had to streak and restreak several times. Then we monitored phthalate utilization and bacterial growth, and found that they shared an inverse correlation, so as bacterial populations increased, phthalate concentrations decreased. This means that our bacteria were actually living off of phthalates.

MW: So now that we found bacteria that could break down phthalates, we wondered what these bacteria were. So Jeanny and I took three of our most efficient strains and then performed gene amplification sequencing on them and matched our data with an online comprehensive database. We were happy to see that, although our three strains had been previously identified bacteria,two of them were not previously associated with phthalate degradation, so this was actually a novel discovery.

JY: To better understand how this biodegradation works, we wanted to verify the catabolic pathways of our three strains. To do this, we extracted enzymes from our bacteria and reacted with an intermediate of phthalic acid.

MW: We monitored this experiment with spectrophotometry and obtained this beautiful graph. This graph shows that our bacteria really do have a genetic pathway to biodegrade phthalates. Our bacteria can transform phthalates, which is a harmful toxin, into end products such as carbon dioxide, water and alcohol.

I know some of you in the crowd are thinking, well, carbon dioxide is horrible, it's a greenhouse gas. But if our bacteria did not evolve to break down phthalates, they would have used some other kind of carbon source, and aerobic respiration would have led it to have end products such as carbon dioxide anyway.

We were also interested to see that, although we've obtained greater diversity of bacteria biodegraders from the bird habitat site, we obtained the most efficient degraders from the landfill site. So this fully shows that nature evolves through natural selection.

JY: So Miranda and I shared this research at the Sanofi BioGENEius Challenge competition and were recognized with the greatest commercialization potential. Although we're not the first ones to find bacteria that can break down phthalates, we were the first ones to look into our local river and find a possible solution to a local problem. We have not only shown that bacteria can be the solution to plastic pollution, but also that being open to uncertain outcomes and taking risks create opportunities for unexpected discoveries.

Throughout this journey, we have also discovered our passion for science, and are currently continuing research on other fossil fuel chemicals in university. We hope that in the near future, we'll be able to create model organisms that can break down not only phthalates but a wide variety of different contaminants. We can apply this to wastewater treatment plants to clean up our rivers and other natural resources. And perhaps one day we'll be able to tackle the problem of solid plastic waste.

MW: I think our journey has truly transformed our view of microorganisms, and Jeanny and I have shown that even mistakes can lead to discoveries. Einstein once said, "You can't solve problems by using the same kind of thinking you used when you created them." If we're making plastic synthetically, then we think the solution would be to break them down biochemically.

Thank you. JY: Thank you.

(Applause)

Miranda Wang:/ We're here/ to talk about accidents.//

今日は アクシデントについてお話しします

How do you feel about accidents?//

アクシデントについて どう思いますか?

When we think about accidents,/ we usually consider them/ to be harmful,/ unfortunate or even dangerous,/ and they certainly can be.//

アクシデントと聞いて 思い浮かべるのはたいてい 有害とか 不運とか 危険なことです確かに そういう場合もあります

But are they always that bad?//

でも 悪いことばかりでしょうか?

The discovery/ that had led to penicillin,/ for example,/ is one of the most fortunate accidents of all time.//

例えば ペニシリンにつながる発見は 今までで最高のアクシデントによるものです

Without biologist Alexander Fleming's moldy accident,/ caused by a neglected workstation,/ we wouldn't be able to fight off/ so many bacterial infections.//

生物学者 アレクサンダー・フレミングがずさんな実験をして カビを生やしてしまうアクシデントがなければ これだけ多くの細菌感染症に私たちは対抗できていないでしょう

Jeanny Yao:/ Miranda/ and I are here today/ because we'd like to share/ how our accidents have led to discoveries.//

今日 ミランダと私はここで 私たちのアクシデントがどう発見に結びついたか お話ししたいと思います

In 2011,/ we visited the Vancouver Waste Transfer Station/ and saw an enormous pit of plastic waste.//

2011年 私たちはバンクーバーのゴミ処理場に行き 大量のプラスチック廃棄物を目の当たりにしました

We realized/ that/ when plastics get to the dump,/ it's difficult/ to sort them/ because they have similar densities,/ and when they're mixed/ with organic matter and construction debris,/ it's truly impossible/ to pick them out/ and environmentally eliminate them.//

そこで気づいたのはゴミの集積所では プラスチックの分別は難しいということですみんな同じような密度で 有機ゴミや建築廃材と混ざろうものなら プラスチックだけ取り出して 環境に優しい形で処理するのは本当に不可能になります

MW:/ However,/ plastics are useful/ because they're durable,/ flexible,/ and can be easily molded into so many useful shapes.//

プラスチックは便利です 耐久性や柔軟性があり 様々な形に成型して使うことができます

The downside of this convenience is/ that there's a high cost/ to this.//

でも この便利さの裏返しとして 高い犠牲を払わないといけません

プラスチックは深刻な問題を引き起こします 例えば 生態系の破壊 天然資源の汚染 そして 処理にも場所を取ります

This picture/ you see/ here is the Great Pacific Gyre.//

この写真は 太平洋ゴミベルトです

When you think about plastic pollution and the marine environment,/ we think about the Great Pacific Gyre,/ which is supposed to be a floating island of plastic waste.//

プラスチックによる汚染や 海洋環境を考えるとき このゴミベルトを思い浮かべます プラスチックのゴミからなる浮島のようなものです

でも それはもはや海洋環境における― プラスチック汚染の実態を正しく表わさなくなっています

Right now,/ the ocean is actually a soup of plastic debris,/ and there's nowhere/ you can go in the ocean/ where you wouldn't be able to find plastic particles.//

今 海全体がプラスチック廃棄物のスープの状態で 海のどこを探しても プラスチックの破片がないところなんてありません

JY:/ In a plastic-dependent society,/ cutting down/ production is a good goal,/ but it's not enough.//

プラスチック依存社会において プラスチックの減産は良い目標ですが十分ではありません

And what about the waste/ that's already been produced?//

だって すでに作られたプラスチック廃棄物はそのままでしょう?

Plastics take hundreds/ to thousands of years/ to biodegrade.//

プラスチックの生分解には何百年 何千年とかかります

So/ we thought,/ you know/ what?//

そこで 私たちは考えました

Instead of waiting for that garbage to sit there/ and pile up,/ let's find a way/ to break them down/ with bacteria.//

ただ ゴミがたまって積みあがるのを見ているのではなくて 分解する方法を見つけよう バクテリアでです

Sounds cool,/ right?//

クールでしょ?

Audience:/ Yeah.// JY:/ Thank you.//

(会場から「イエス」)ありがとう

But we had a problem.//

でも 問題がありました

You see,/ plastics have very complex structures/ and are difficult/ to biodegrade.//

プラスチックは とても複雑な構造をしていて 生分解は難しいんです

Anyhow,/ we were curious and hopeful/ and still wanted to give/ it/ a go.//

でも 好奇心と希望にあふれていた私たちは それでも やってみたいと思いました

MW:/ With this idea/ in mind,/ Jeanny/ and I read through some hundreds of scientific articles/ on the Internet,/ and we drafted a research proposal/ in the beginning of our grade 12 year.//

このアイデアをもとに ジニーと私は ネット上にある何百という科学論文を読み 研究計画書をまとめました 高校3年の初めのことです

We aimed to find/ bacteria/ from our local Fraser River/ that can degrade a harmful plasticizer called phthalates.//

考えたのは 地元のフレーザー川でフタル酸エステル類と言われる― 有害な可塑剤を分解できるバクテリアを見つけることです

フタル酸エステル類は一般的なプラスチック製品に 柔軟性 耐性 透明性を向上させる添加剤として使われています

Although they're part of the plastic,/ they're not covalently bonded to the plastic backbone.//

それは プラスチックの一部ですが プラスチックの構造自体とは共有結合していないので

As a result,/ they easily escape into our environment.//

簡単に 外の環境に流れ出てしまうのです

Not only do phthalates pollute our environment,/ but they also pollute our bodies.//

フタル酸エステル類は環境を汚染するだけでなく 私たちの体まで汚染してしまいます

To make the matter worse,/ phthalates are found in products/ to/ which we have a high exposure,/ such as babies/' toys,/ beverage containers,/ cosmetics,/ and even food wraps.//

さらに悪いことにフタル酸エステル類は 私たちがよく使う物に使われています例えば 赤ちゃんのおもちゃ 飲料容器 化粧品食品用ラップフィルムにもです

Phthalates are horrible/ because they're so easily taken into our bodies.//

フタル酸エステル類が怖いのは 簡単に体に取り込まれてしまうからです

They can be absorbed by skin contact,/ ingested,/ and inhaled.//

肌と触れたり 口にしたり吸い込むだけで 体に吸収されてしまいます

JY:/ Every year,/ at least 470 million pounds of phthalates contaminate our air,/ water/ and soil.//

毎年 21万トン以上のフタル酸エステル類が 私たちの空気 水 土を汚染しています

The Environmental Protection Agency even classified this group/ as a top-priority pollutant/ because it's been shown to cause/ cancer and birth defects/ by acting as a hormone disruptor.//

環境保護庁は フタル酸エステル類を最優先取組み汚染物質としています ガンや出生異常を引き起こすとされるからです ホルモンかく乱物質として作用するのです

We read/ that each year,/ the Vancouver municipal government monitors phthalate concentration levels/ in rivers/ to assess their safety.//

毎年 バンクーバー市は 河川でのフタル酸エステル類の汚染レベルを監視し 安全性を評価しています

So we figured,/ if there are places/ along our Fraser River/ that are contaminated with phthalates,/ and/ if there are bacteria/ that are able to live in these areas,/ then perhaps,/ perhaps/ these bacteria could have evolved to break down/ phthalates.//

それで思いましたフレーザー川沿いで フタル酸エステル類に汚染されている場所で 生きているバクテリアがあるとすれば たぶん ひょっとしたらそのバクテリアは フタル酸エステル類を 分解できるよう進化しているのではないか

MW:/ So we presented this good idea/ to Dr.// Lindsay Eltis/ at the University of British Columbia,/ and surprisingly,/ he actually took us/ into his lab/ and asked his graduate students Adam and James/ to help us.//

私たちは この素敵なアイデアを ブリティッシュコロンビア大のリンズィー・エルティス博士に提案しました すると驚くことに博士の研究室で受け入れてくれ 院生のアダムとジェームズをサポートにあててくれました

Little did/ we know at that time/ that a trip/ to the dump/ and some research/ on the Internet/ and plucking up/ the courage/ to act upon inspiration would take us/ on a life-changing journey of accidents and discoveries.//

当時は夢にも思っていませんでした ゴミ集積場に行ってインターネットで調査をして 思い切って ヒラメキをもとに行動したら 人生を変えるような― アクシデントと発見の旅が始まるなんて

JY:/ The first step/ in our project was to collect soil samples/ from three different sites/ along the Fraser River.//

プロジェクトの最初のステップとして フレーザー川沿いの3つの場所から 土のサンプル採取をしました

Out of thousands of bacteria,/ we wanted to find/ ones/ that could break down/ phthalates,/ so we enriched our cultures/ with phthalates/ as the only carbon source.//

何千もいるバクテリアの中からフタル酸エステル類を― 分解できるものを見つけるため フタル酸エステル類が唯一の炭素源となるよう 集積培養を行いました

This implied/ that,/ if anything grew in our cultures,/ then/ they must be able to live off/ of phthalates.//

つまり この培養物に何かが増殖すれば それはフタル酸エステル類を食べて生きていることになる

Everything went well/ from there,/ and we became amazing scientists.// (Laughter)//

万事うまく行き 私たちは素晴らしい科学者になりましたとさ(笑)

MW:/ Um ...// uh,/ Jeanny.// JY:/ I'm just joking.//

あー ジニー冗談よ

MW:/ Okay.// Well,/ it was partially my fault.//

そう あれは私の失敗でもありました

You see,/ I accidentally cracked the flask/ that had contained our third enrichment culture,/ and as a result,/ we had to wipe down/ the incubator room/ with bleach and ethanol twice.//

フラスコをうっかり割ってしまったんです 3つ目の集積培養物が入っていました それで 培養室を隅々まで拭くはめに 漂白とエタノールで2回も

And this is only one of the examples of the many accidents/ that happened during our experimentation.//

しかも これは私たちの実験で起こった― 数々のアクシデントの一つに過ぎません

But this mistake turned out/ to be rather serendipitous.//

でも このミスが予期せぬ発見を導きます

We noticed/ that the unharmed cultures came from places of opposite contamination levels,/ so/ this mistake actually led us/ to think/ that perhaps/ we can compare the different degradative potentials of bacteria/ from sites of opposite contamination levels.//

無事に残った培養物は 汚染レベルが正反対の所からのものだったので このミスのお蔭で こう思い至ったんです 汚染レベルが全く違う場所から バクテリアを取って 分解能力を比べればいいんじゃないか

JY:/ Now/ that we grew the bacteria,/ we wanted to isolate/ strains/ by streaking onto mediate plates,/ because we thought/ that would be less accident-prone,/ but we were wrong again.//

バクテリアは育てたので これを培地上に画線培養をして菌株を単離することにしました これなら安全で アクシデントも起こりにくいと思ったからでも また間違っていました

We poked holes/ in our agar/ while streaking/ and contaminated some samples/ and funghi.//

培地に画線を引いているとき寒天に穴をあけて いくつかのサンプルと菌を汚染してしまいました

As a result,/ we had to streak and restreak several times.//

それで 何度も培地に画線を引き直すはめになりました

Then/ we monitored phthalate utilization and bacterial growth,/ and found/ that they shared an inverse correlation,/ so as bacterial populations increased,/ phthalate concentrations decreased.//

フタル酸エステル類の利用と バクテリアの増殖を観察し 両者には逆相関関係があると気づきました バクテリアが増えれば フタル酸エステル類の濃度は減少する

This means/ that our bacteria were actually living off/ of phthalates.//

つまり このバクテリアがフタル酸エステル類を食べているのです

MW:/ So now/ that we found bacteria/ that could break down/ phthalates,/ we wondered/ what these bacteria were.//

フタル酸エステル類を分解するバクテリアを発見して このバクテリアが何か気になりました

So Jeanny/ and I took three of our most efficient strains/ and then performed gene amplification sequencing/ on them/ and matched our data/ with an online comprehensive database.//

ジニーと私は 最も効率的な3つの菌株で 遺伝子を増幅して配列を解析し そして そのデータをオンラインの総合データベースで照合

We were happy/ to see/ that,/ although our three strains had been previously identified bacteria,/two of them were not previously associated with phthalate degradation,/ so this was actually a novel discovery.//

嬉しいことに 3つの菌株は すでに発見されていたものの うち2つは これまでフタル酸エステル類分解とは 関係づけられていなかったので新しい発見をしたことになりました

JY:/ To better understand/ how this biodegradation works,/ we wanted to verify/ the catabolic pathways of our three strains.//

この生分解がどう作用するのか良く理解するため この3つの菌の異化経路を検証する必要がありました

To do this,/ we extracted enzymes/ from our bacteria/ and reacted with an intermediate of phthalic acid.//

そのために バクテリアから酵素を抽出し フタル酸の中間体と反応させました

MW:/ We monitored this experiment/ with spectrophotometry/ and obtained this beautiful graph.//

光度分析法で この実験を観察し 得られたのが この美しいグラフです

This graph shows/ that our bacteria really do have a genetic pathway/ to biodegrade phthalates.//

このグラフによれば私たちのバクテリアには 遺伝的に フタル酸エステル類を生分解する経路があり

Our bacteria can transform phthalates,/ which is a harmful toxin,/ into end products/ such as carbon dioxide,/ water and alcohol.//

有害な毒であるフタル酸エステル類を 分解して 二酸化炭素や水アルコールなどの― 最終生成物にできます

I know some of you/ in the crowd are thinking,/ well,/ carbon dioxide is horrible,/ it's a greenhouse gas.//

こう思っている方もいるでしょう 二酸化炭素なんて最悪だ温暖化ガスじゃないかって

But/ if our bacteria did not evolve to break down/ phthalates,/ they would have used some other kind of carbon source,/ and aerobic respiration would have led it/ to have end products/ such as carbon dioxide anyway.//

でも このバクテリアがフタル酸エステル類を生分解しなくても 他の炭素源を使って 好気呼吸をするので どっちみち 二酸化炭素などの最終生成物を生み出します

We were also interested/ to see/ that,/ although we've obtained greater diversity of bacteria biodegraders/ from the bird habitat site,/ we obtained the most efficient degraders/ from the landfill site.//

面白いことには 生分解力を持つバクテリアの種類は 鳥類生息地でより多く見つかりましたが 埋立地のバクテリアの生分解力が最も効率的でした

So this fully shows/ that nature evolves through natural selection.//

だから 自然淘汰によって 自然は進化するんです

JY:/ So Miranda/ and I shared this research/ at the Sanofi BioGENEius Challenge competition/ and were recognized with the greatest commercialization potential.//

ミランダと私は この研究を サノフィ・バイオジニアス・チャレンジ・カナダに出し 商業化可能性が最も高いと評価されました

Although we're not the first ones/ to find bacteria/ that can break down/ phthalates,/ we were the first ones/ to look into our local river/ and find a possible solution/ to a local problem.//

フタル酸エステル類を分解するバクテリアを初めて発見したわけではありません でも 地元の川に行って地元の問題を解決する方法を 探したのは 私たちが初めてです

We have not only shown/ that bacteria can be the solution/ to plastic pollution,/ but also/ that being open/ to uncertain outcomes/ and taking risks create opportunities/ for unexpected discoveries.//

私たちが示したのは バクテリアが プラスチック汚染の解決策になりうることだけでなく 不確実なことを受け入れリスクを取ることによって 予期せぬ発見の機会を生み出せるということです

Throughout this journey,/ we have also discovered our passion/ for science,/ and are currently continuing research/ on other fossil fuel chemicals/ in university.//

この旅を通して 私たちは科学への熱い思いを確認し 今も 大学で 他の化石燃料の化学物質について研究を続けています

We hope/ that in the near future,/ we'll be able to create model organisms/ that can break down not only phthalates but a wide variety of different contaminants.//

近い将来 モデル生物を作りたいと思っています フタル酸エステル類だけでなく たくさんの汚染物質を分解できる生物です

We can apply this/ to wastewater treatment plants/ to clean up/ our rivers and other natural resources.//

これを汚水処理場で利用して 私たちの川をきれいにしたり 他の天然資源をきれいにしたり したいです

And perhaps one day/ we'll be able to tackle the problem of solid plastic waste.//

きっと いつか 私たちは プラスチック廃棄物そのものの問題を解決できるでしょう

MW:/ I think/ our journey has truly transformed our view of microorganisms,/ and Jeanny/ and I have shown/ that even mistakes can lead to discoveries.//

この旅によって私たちの微生物への見方は 本当に変わりました ジニーと私が示したのは ミスでさえ 発見を生み出しうること

Einstein once said,/ "You can't solve problems/ by using the same kind of thinking you used/ when you created them."//

アインシュタインによれば 「問題を生み出した時と同じやり方で 考えている限り 問題は解けない」のです

If we're making/ plastic synthetically,/ then/ we think/ the solution would be to break them down/ biochemically.//

合成によってプラスチックを作っているとしたら 解決策は 生化学的にそれを分解することでしょう

Thank you.// JY:/ Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

harmful

『有害な』,害になる

unfortunate

『不運な』,不幸な

不適当な,不適切な

不運な人,不幸な人

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

penicillin

ペニシリン(坑生物質の一種)

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

biologist

生物学者

Fleming

フランダース人,フラマン人;フランダース(フラマン)語を話すベルギー人

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

neglect

…‘を'『無視する』,かまわない,ほっておく

(特に不注意で)…‘を'怠る』,忘れる(disregard)

(…の)『無視』,怠慢,(…を)ほったらかしにすること《+『of』+『名』》

無視(放置)されていること(状態)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

bacterial

バクテリアの,細菌の

infection

〈U〉(病気の)伝染;感染

〈C〉伝染病

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

Vancouver

バンクーバー(カナダの British Columbia 州の南西部にある港市)

バンクーバー島(バンクーバーの南西海岸の沖にある島)

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

station

〈C〉(人・物の定められた)場所,位置,持ち場,部署

〈C〉『駅』,発着所,停留所;駅舎

〈C〉(官庁などの)『署』,局,本部

〈C〉(テレビ・ラジオの)放送局

〈C〉事業所,研究所

〈C〉(軍隊の)駐留地,軍港,基地

〈U〉〈C〉《文》身分,社会的地位

・・・‘を'部署につける,配置する

enormous

『巨大な』,ばく大な

pit

(自然の,または掘った)『地面の穴』,『くぼみ』

《しばしば単数形で》《the pit》立て坑,採掘場

落とし穴

《単数形で》《the pit》《英》(劇場の)平土間(1階正面後部の安い料金の席全体を指す);平土間の観客;《米》(舞台手前の1段低くなった)オーケストラ席

(身体や物の表面の自然にできた)くぼみ

《しばしば複数形で》(傷・天然痘などでできた皮膚の)小さなくぼんだ跡,あばた

(動物を入れておく)囲い;闘鶏場(cockpit),闘犬場

《the ~》地獄(hell)

ピット

自動車修理店などで,車体の下で作業するために床に設けたくぼみ

《the pits》自動車レースで給油・タイヤ交換などの場所

…‘に'点々と穴をあける;…‘を'あばたにする

(…と)…‘を'取り組ませる,対坑させる《+『名』+『against』+『名』》

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

dump

〈重い荷物など〉‘を'『どさっと落とす』(降ろす);〈ごみなど〉‘を'どさっと捨てる

(特に外国市場で)〈商品〉‘を'投げ売りする,ダンピングする

ごみ捨て場

(捨てられた)ごみの山

(弾薬・軍需品などの)臨時集積場

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

density

〈U〉『密集』;『密度』,濃さ

〈U〉〈C〉(物質の)密度,濃度,比重

〈U〉《話》頭の鈍さ,愚鈍さ

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

construction

〈U〉(…の)『組立て』,建築,建造《+『of』+『名』》;その工事,作業・〈U〉『構造』,造り,建築様式・〈C〉『建築物』,建物・〈C〉文の構成,構文・〈C〉(語句・法律などの)解釈,説明

debris

(壊れた物の)破片,残骸

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

eliminate

(…から)…‘を'『取り除く』,削除する(get rid of)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'考慮に入れない,無視する(disregard)

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

durable

耐久力のある,もちのよい

永く続く

flexible

曲げられる;『曲げやすい』;しなやかな

(人・計画などが)柔軟な,融通のきく

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

convenience

〈U〉『都合のよいこと』,便利,便宜・〈C〉『便利なもの』;好都合な事情;《複数形で》衣食住の便,便利な設備・《英》《文》=public convenience

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

destruction

『破壊』[行為]

破壊された状態,破滅,絶滅

破壊手段,破壊をもたらすもの

ecosystem

生態系

pollution

(…を)『汚すこと』,汚染すること;(…が)『汚されていること』《+『of』+『名』》

汚染物質(地域)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

reduction

〈U〉〈C〉(…を)『減らすこと』,減少,縮小,格下げ,(…の)割り引き《+『in』+『名』》

〈C〉減少(縮小)した量;割引額

〈C〉縮図,縮写

〈U〉換算約分

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

marine

『海の』,海洋の;海産の,海洋に住む

海事の;航海[用]の;船舶[用]の

〈U〉《集合的に》(一国の)『船舶』

〈C〉『海兵』;《通例M-》『米国海兵隊員』(the Marine Corpsの一員)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

float

(液体・気体に)『浮く』,浮かぶ

《副詞[句]を伴って》漂うように移動する;ふわふわと動く

(眼前・心に)浮かぶ;〈うわさなどが〉広まる

〈為替相場が〉変動する

《副詞[句]を伴って》(水中・空中に)…‘を'『浮かせる』,漂わせる

〈会社・計画など〉‘を'起こす;〈債券〉‘を'発行する

〈為替〉‘を'変動相場制にする

浮くもの(釣りのうき,いかだ,浮標,浮き袋,救命具など)

(パレードなどの)山車(だし),台車

フロート(アイスクリームを浮かせた軽い飲みもの)

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

accurate

『正確な』,的確な,精密な

depiction

描くこと,描写,叙述

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

soup

『スープ』

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

particle

小片,(ごく)少量,微量

粒子

不変化詞(冠詞・前置詞・接続詞・感嘆詞など語形変化のない語);小詞,小辞

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

production

〈U〉(…を)『生み出すこと』,(…の)『生産』,産出,製造《+『of』+『名』》

〈U〉『生産高』,産出額(量)

〈C〉『産物』,製品

〈U〉(…の)提出,提示《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・映画などの)製作;(文学などの)作品

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

instead

『その代りとして』,それよりも

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

pile

〈C〉(…の)『積み重ね』《+『of』+『名』》

《話》『多数』(…の),たくさん(の…),大量(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》大金

〈C〉大建築物[群]

〈C〉=nuclear reactor

《副詞[句]を伴って》…‘を'『積み重ねる』,積み上げる

(…を)〈容器〉‘に'積み上げる,盛る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'畜積する,ためる《+『輝箇』+『名,』+『名』+『up』》

『積み重なる』,積もる《+『up』》

《話》《方向・状熊を表す副詞[句]を伴って》どやどやと動く

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

bacteria

『バクテリア』,細菌

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

anyhow

《否定文で》『どうしても』,なんとしても(by any means)

《接続詞的に》いずれにせよ,とにかく(in any case)

どうにかこうにか

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

aim

(…に)〈銃・矢・ミサイルなど〉‘の'『ねらいをつける』,'を'向ける,〈物〉'を'ねらって投げつける《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈批判・皮肉など〉'を'『向ける』《+『名』+『at』+『名』》

(…を)『ねらう』,(…に)ねらいをつける《+『at』+『名』》

『目ざす』,目的とする

〈U〉(銃などの)『照準』,ねらい

〈C〉〈U〉『目的』,意図,ねらい

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

additive

(製造品に)添加された;足し算の

添加物

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

flexibility

柔軟性,しなやかさ;適応性,融通性

durability

永続性,耐久性

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

bond

〈C〉『縛る物』

《通例複数形で》『束縛』,拘束,かせ

《しばしば複数形で》(血縁,義理などの)『きずな』,縁

〈C〉契約

〈C〉『証書』,証文;『債券』,公債

〈U〉(石・れんがなどの)つなぎ方,組積み

〈U〉保税倉庫入り

〈U〉接着,接合;接着剤,接合剤

〈品物〉'を'担保とする

…‘の'保証人となる

(債券などを発行して)…‘の'支払いを保証する

…'を'つなぐ,結ぶ(bind together)

つながる

backbone

〈C〉《the~》《話》背骨(=spine)

〈C〉《the》(…の)最も強力な(重要な)部分,主力《+『of』+『名』》

〈U〉気骨,精神力

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

pollute

(…で)〈水・空気・土など〉‘を'『汚す』,『汚染する』,不潔にする《+『名』+『with』(『by』)+『名』(do『ing』)》

(道徳的に)〈精神〉‘を'汚す,堕落せせる

〈聖地など〉‘を'冒涜(とく)する

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

exposure

〈U〉(風雨・危険などに)『さらすこと』,『さらされること』《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(秘密などの)暴露,(犯罪などの)摘発《+『of』+『名』》

〈C〉(家・部屋などの)向き

〈U〉(商品の)陳列

〈C〉(写真の)露出;露出時間;(フィルムの)露出された部分,一こま

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

beverage

《文》『飲み物』,飲料(drink)

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

cosmetic

(口紅・クリーム・整髪料などの)化粧品

化粧用の

あら隠しの

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

absorb

〈液体〉'を'『吸収する』,吸い込む

〈光・音・熱・エネルギーなど〉'を'吸収する

〈思想など〉'を'取り入れる

〈国・町・村など〉'を'併合する;(…に)…'を'併合する《+『名』+『into』+『名』》

〈心・注意・時間〉'を'『すっかり奪う』

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

contact

〈U〉(体・物などの)(…との)『接触』,(…と)触れること《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『連絡』,接続《+『with』+『名』》

〈U〉〈C〉(…との)『つきあい』,関係,交際《+『with』+『名』》

〈C〉《話》縁故,つて

〈U〉(電気の)接触,接続

〈C〉(患者と接触した)保菌容疑者

…'を'接触させる,接続させる

《話》…‘と'連絡する

接触による

ingest

<食物>‘を'摂取する

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

contaminate

(汚ないものなどとの接触・混合によって)…'を'汚す,汚染する;〈人など〉‘に'悪影響を及ぼす

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

soil

〈U〉(植物の成長に適する)『土』,土壌(どじょう)

〈U〉(特殊な)土

〈U〉〈C〉《気取って》国,地方;《the~》土地,農地

environmental

環境の;自然環境の

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

classify

(…に)…'を'『分類する』,類別する,等級別にする《+『名』+『into』+『名』》

《米》〈文書類など〉'を'機密扱いにする

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

pollutant

汚染物質(特に産業廃棄物など)

cancer

〈U〉〈C〉『がん』

〈U〉〈C〉害悪

《Cancer》(星座の)カニ座

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

defect

〈C〉『欠点』,弱点,欠陥

〈U〉〈C〉《古》不足,欠乏

(国・党・主義などから)離脱する,裏切って出る《+『from』+『名』》;離反して(…に)転向する《+『to』+『名』》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

hormone

ホルモン

municipal

『市の』,『町の』,地方自治体の;市政の;市営の,市立の

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

assess

(課税額を決定するために)(…の金額に)〈財産・収入など〉'を'評価する,査定する《+『名』+『at』+『名』》

(…に)〈税金・料金など〉'を'課する,割り当てる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

…'を'評価する,判断する

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

British Columbia

ブリティッシュコロンビア(カナダ西部,太平洋岸の州;州都Victoria)

surprisingly

驚くほどに

lab

実験室(laboratory)

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

Adam

アダム(聖書によれば,神が天地を創造したとき,最初Adamをつくり,そのろっ骨の1本から最初の女Eveを造ったという)

James

ヤコブ書(新約聖書の一書;《略》『jas.』)

pluck

〈花・果物など〉‘を'『摘む』,もぐ(pick)

(…から)〈羽毛など〉‘を'『むしる』,引き抜く《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

…‘を'羽毛を引き抜く

(指・つめなどで)〈楽器の弦〉‘を'はじく,かき鳴らす

(…を)ぐいと引く,引っ張る《+『at』+『名』》

〈C〉ぐいと引くこと

〈U〉(特に危険や困難に際して見せる)勇気,胆力

〈U〉《the~》(動物の)臓物

courage

『勇気』,度胸

upon

『…の上に』

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

enrich

(…で)〈社会・人など〉‘を'『裕福にする』,金持ちにする《+『名』+『by』+『名』》

(…で)〈生活・心・文化など〉‘を'『豊かにする』,充実させる《+『名』+『by』(『with, through』)+『名』》

(ある成分・要素などを加えて)…‘の'質を向上させる《+『名』+『by』+『名』(do『ing』)》

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

imply

…‘を'『ほのめかす』,暗に示す

…‘を'意味を含む,…[の存在]‘を'当然の前提とする

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

laughter

『笑い』,笑い声

okay

=OK,O.K.

partially

部分的に,一部分

不公平に,偏って

fault

〈C〉『欠点』,短所(defect)

〈C〉『誤り』,落ち度

〈U〉(過失の)『責任』,罪

〈C〉断層(地層の食い違い)

〈C〉フォールト(テニスなどでサーブの失敗)

…‘の'あら捜しをする

あやまちを犯す

断層を生じる

accidentally

偶然に,思いがけなく

crack

『割れ目』,ひび,きず;(戸・窓の)わずかの開き

『パチッ,ピシッ,バン,ガチャッ』(物が壊れたり銃声などの音)

強い一撃

(声の)しゃがれ,うわずり;声変り

《話》瞬間,一瞬

気のきいた言葉;皮肉;冗談

《話》(…の)機会,試み《+『at』+『名』(do『ing』)》

…‘に'『ひびを入れる』

…'を'パチッと割る,砕く

…'を'パチッ(ビシッ)と鳴らす

…'を'ピシャリと打つ

〈声〉'を'かすれさせる,うわずらせる

《話》〈家など〉‘に'押し入る;〈金庫など〉'を'破る

《話》…'を'解く;〈暗号など〉'を'解読する

《話》〈冗談など〉'を'とばす

《話》〈酒びんなど〉'を'ポンとあけて飲む

〈石油〉'を'分解蒸留する

『割れる』,くだける;ひびがはいる

『パチッ』(『ビシッ,バン,ガチャッ』)『と鳴る』

〈声が〉かすれる;うわずる

(疲労・苦痛などに)参る,屈する

第一級の,優秀な

パチッと

flask

(実験用の)フラスコ

(一般に)びん;(特に携帯用の)薄型の小びん

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

enrichment

〈U〉豊かにすること;質を向上させること

〈U〉裕福,豊富;質の向上

〈C〉豊かにするもの;装飾

wipe

〈物など〉‘を'『ふく』,ふぐう

〈よごれなど〉‘を'『ふき取る』,ぬぐい去る《+『away』(『off』)+『名,』+『名』+『away』(『off』)》;(…から)…‘を'ふき取る《+『名』+『off』(『from, out of』)+『名』》

(…に)〈布など〉‘を'こすりつけてふく(ぬぐう)《+名+over(across)+鳴》

ふくこと,ぬぐうこと

incubator

ふ卵器,早産児保育器;細菌培養器

bleach

(日光・薬品で)…'を'漂白する,さらす

白くなる

〈C〉漂白剤

〈U〉漂白作用

ethanol

=alcohol

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

experimentation

実験,実験演習

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

unharmed

傷害を受けていない,無事な(safe)

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

contamination

〈U〉汚すこと,汚染[状態]

〈C〉汚染するもの

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

strain

…‘を'『引っ張る』

(使い過ぎて)〈体など〉‘を'『痛める』,弱める

…‘を'『最大限に働かせる』,精一杯使う

〈意味・規則など〉‘を'曲げる,こじつける,拡大解釈する

〈液体〉‘を'『こす』;(液体から)〈固形分〉‘を'こして取る《+『out(off)』+『名』+『from』+『名』》

全力を尽くす,懸命に努力する

ぱんと張る

〈C〉〈U〉『張りつめること』,張る力

〈C〉『筋違い』,ねんざ,くじき

〈U〉(精神的に,極度に)緊張,重荷,過労

〈C〉骨のおれる仕事,激務

streak

(…の)『筋』,線,しま(stripe)《+『of』+『名』》

(…の)かすかな徴候,傾向,気味《+『of』+『名』》

《米話》(運・不運の)一続き《+『of』+『名』》

(…で)…‘に'筋(しま)をつける《+『名』+『with』+『名』》

筋(しま)がつく

筋(しま)になる

(全速力)で走る

裸で公衆の面前を走る

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

mediate

〈紛争・相違点など〉‘を'調停する,仲裁する

〈妥協・和解・同意など〉‘を'仲裁して成立させる

(両者の)調停をする《+『between』+『名』》

仲介者(媒介物)を通じての,間接の

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

accident-prone

(普通の人より)事故を起こしやすい

poke

(とがったもので)…‘を'『突く』,つつく《+『名』+『名』+『with』+『名』》

(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'突き出す《+『名』+『out of』+『名』》

(…に)〈穴〉‘を'つついて作る《+『名』+『in(through)』+『名』》

《話》…‘を'こぶしでなぐる(打つ)

(…を)『突く』,つつく《+『at』+『名』》

(…から)突き出る《+『out of』+『名』》

(指ひじ・棒などで)突くこと

《話》(こぶしで)打つこと

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

agar

寒天;(細菌の培養などに用いる)寒天培養基

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

times

…掛ける

growth

〈U〉(…の)『成長』,発育;『発達』,発展《+『of』+『名』》

〈U〉(数・量,重要性・力などの)『増加』,増大,拡張《+『of』+『名』》

〈U〉《修飾語[句]を伴って》栽培,生産,…産

〈C〉成育した物,(草,木,髪,ひげなどの)生えたもの

〈C〉腫瘍(しゅよう)

inverse

(順序・位置・方向などが)逆の,反対の

(…の)逆,反対[のもの]《+『of』+『名』》

逆数

correlation

〈C〉(…間の)相互関係《+『between』+『名』》;(…との)関連《+『with』+『名』》

〈U〉《文》関連させること;相関関係にある状態

〈C〉相関グラフ

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

gene

遺伝子

amplification

拡大,拡張,増大

(電気の)増幅;(レンズの)倍率

sequencing

配列,接続;(特に時間の)調整

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

datum

dataの単数形

既知の事実

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

comprehensive

理解力のある,分かりのいい

包括的な,範囲の広い

previously

『以前に』,先に;前もって

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

degradation

(地位の)格下げ

(品位などの)下落

novel

『新奇な』,ざん新な

verify

〈できごと・事実などが〉…‘を'『立証する』,…‘の'真実を証明する

(真実・正確であるかどうか)…‘を'確かめる,調べる

〈証拠物件〉‘を'立証する

pathway

道,小道(path)

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

enzyme

酵素

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

intermediate

(程度・距離・時間などにおいて)中間の,中間にある(起こる)

acid

酸性の

酸味のある,すっぱい(sour)

(言葉・態度などが)厳しい,しんらつな

すっぱいもの

《俗》=LSD

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

graph

グラフ,図表

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

toxin

(特にバクテリアの)毒素

end product

(産業の)最終製品;(ある過程の)最終結果

carbon dioxide

二酸化炭素,炭酸ガス

alcohol

『アルコール』,酒精

『アルコール飲料』,酒

crowd

(秩序・統制のない)(…の)『群衆』,人こみ《+『of』+『名』》

《the+》『一般大衆』,庶民

(…の)たくさん寄り集まっているもの《+『of』+『名』》

《話》(特定の)グルーパ,連中

『群らがる』,大勢集まる

《副詞句を伴って》群らがって押し進む(押し寄せる)

(…に)〈人・物〉'を'『詰め力む』,押し力む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)〈場所〉'を'いっぱいにする,(…を)…‘に'詰め込む《+『名』+『with』+『名』》

《話》せがむ,強要する

greenhouse

温室

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

aerobic

(有機体が)好気性の

respiration

〈U〉呼吸すること(breathing)〈C〉一呼吸,一息

〈U〉(生物の)呼吸作用

anyway

=anyhow

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

habitat

(動・植物の)産地,生息地

landfill

〈C〉ごみ埋め立て地

〈U〉埋め立てごみ

fully

『十分に』,完全に

まるまる

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

natural selection

(ダーウィンの進化論でいう)自然選択,自然淘汰

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

uncertain

《補語にのみ用いて》(人が)『確信が持てない』,はっきり分からない

(結果などが)『確かでない』,はっきりしない,疑わしい

『変わりやすい』,不安定な

明確でない,ぼんやりした

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

opportunity

『機会』,好機

unexpected

『予期しない』,思いがけない

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

passion

〈U〉〈C〉『激しい感情』,情念,熱情

〈U〉《しばしばa passion》(…に対する)『熱中』,熱,強い好み《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉熱中の対象,大好物

〈U〉(;に対する)恋愛感情,松情;情欲《+『for』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》突然の激しい怒り,激怒,かんしゃく

《the P-》キリストの受難;福音書のキリスト受難の物語;受難(キリストの受難の物語に曲をつけたもの)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

currently

現在は;広く,一般に

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

contaminant

汚染物質(放射能,毒ガスなど)

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

treatment

〈U〉(人・物の)『取り扱い』,扱い方《+of+名》

〈U〉治療;〈C〉(…に対する)治療法《+for+名》

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

natural resources

《複数形》天然資源

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

solid

『固体の』,『固形の』

『うつろでない』,中身のつまった

(物質の)密度が高い,密な;(印刷の)行の詰まった

《名詞の前にのみ用いて》『混じりもののない』,純正の

(構造的に)『堅固な』

(人が)『信頼できる』,堅実な

健全な,しっかりした

一致した,団結した

(時間が)まるまる,切れ目のない;(物が)連続した

三次元の,立体の,立方の

『固体』,固形物

立方体

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

microorganism

微生物

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

synthetically

総合して,総合的に;合成的に

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画