TED日本語 - アンドレア・ゲッズ: 超大質量ブラックホールを探す

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ケック望遠校の最新データを元に、アンドレア・ゲッズは、宇宙最大の謎であるブラックホールの理解を、最高水準の補償光学がいかに助けているかを示します。彼女は、天の川銀河の中心に超大質量ブラックホールが存在する証拠について話します。

Script

見えないものはどうやって観察できるでしょうか? ブラックホールを発見し、研究しようとする者にとって これは基本的な問いです なぜならブラックホールは その重力があまりに強力で 光でさえもそこから出てこられず つまり直接、目に見えないからです

今日私がお話するのは 特別なブラックホールについてです 私が興味を持っているのは 銀河の中心に、非常に大きい 「超大質量」のブラックホールがあるかどうかです なぜそれに興味があるかというと このような奇妙な物体が本当に 存在するかどうかを証明できる機会があるのと、 二つ目の理由は、それによって 超大質量ブラックホールが、どうやって 周辺環境と相互作用するか、また その周りにある銀河の形成と進化にどう影響するかを 理解する機会があるからです

まずはじめに ブラックホールの存在を信じられるよう ブラックホールについて理解しましょう ブラックホールとは何か? ある意味でそれは非常に単純な物体です なぜなら物理特性が三つしかないからです 質量と、 スピン(回転)と、電荷です 今日は質量についてだけお話します つまりある意味では非常に単純な物体ですが 別の意味では非常に複雑な物体で 奇妙な物理法則で記述しなくてはならず また、それが我々の宇宙に関す物理学的解釈の 崩壊を意味するからです

でも今日は ブラックホールを理解し それが実在することを理解していただくために その質量が体積ゼロの空間に 押し込められた物体を考えてみてください つまり超大質量を持つ 物体なのに 有限の大きさを持たないような物体がとはどんなものかを ご説明します ちょっとムズカシイわよね

でも、理解可能な有限の大きさがあり それは「シュヴァルツシルト半径」として知られています その大きさがいかに重要かを発見した 人の名前にちなみます これは仮想的な半径で、実在のものではありません ブラックホールには大きさがありませんから なぜ重要なのか? なぜならそれは、どんな物体でも ブラックホールになり得ることを示すからです つまりあなたや、隣人や、あなたの携帯電話や、 このホールなども、それを シュヴァルツシルト半径以下に押し縮めれば ブラックホールになるのです

そこまで行くとどうなるか? そこで重力が打ち勝ちます 他のすべての力に重力が打ち勝ち 物体は収縮を続け 無限に小さい物体になるのです それがブラックホールです 地球を角砂糖の大きさにまで押し縮めれば ブラックホールになります この場合、角砂糖の大きさがシュヴァルツシルト半径だからです

ここでの鍵は、シュヴァルツシルト半径は幾つか、ということです それを知るのはとても簡単だと分かりました それは物体の質量のみに依存します 大きい物体のシュヴァルツシルト半径は大きい 小さい物体では、小さい もし太陽を オックスフォード大学の大きさに押し縮めれば ブラックホールになるでしょう

シュヴァルツシルト半径はわかりましたね これはとても役に立つ概念で ブラックホールがいつできるかを 示すだけでなく ブラックホールの証明の鍵となる要素も与えてくれます 必要なのは二つだけ: ブラックホールだと証明したい 物体の質量と、 そのシュヴァルツシルト半径です そしてシュヴァルツシルト半径は質量で決まるので 実際知る必要があるのは質量だけです

つまり皆さんに、ブラックホールが 実在すると納得させるために そのシュヴァルツシルト半径内に収まる 物体が存在することを示すのが私の役割で 皆さんの役割は、疑い深くなることです それで、私は普通のブラックホールについては話しません 超大質量ブラックホールの話をします

そこでまず普通のブラックホールについて少し触れます 「普通の」ブラックホールがあるみたいにね 普通のブラックホールは、超巨星の生涯の 終末と考えられています つまり、太陽より遥かに巨大な質量をもって生まれた 恒星は、その生涯を終える時 爆発を起こし、 ご覧のような美しい超新星爆発の残骸を残します そしてその超新星爆発の残骸の中に 小さなブラックホールができます おおよそ太陽の質量の3倍くらいです 天文学的規模で言えば とても小さいブラックホールです

これからは超大質量ブラックホールについてお話します 超大質量ブラックホールは銀河の中心にあると考えられています ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したこの美しい写真で 銀河があらゆる形をとることがわかります 大きいのもあるし、小さいのもあります この写真に見えるほとんど全てが銀河です その左上にとてもいい感じの渦巻状銀河があります その銀河には1千億個の恒星があります 大きさの感覚がわかりますか そしてちょうどご覧のこの銀河のような 銀河からやってくる全ての光は 恒星からやって来ます つまり恒星の光があるから銀河が見えます

中には非常に変わった銀河があります 「目立ちたがり」なので、私はそれを銀河世界の プリマンドンナと呼びます それは「活動銀河中心核」と呼ばれます なぜならその銀河中心核、あるいは 中央部は非常に活動的だからです つまりあの中心部分から ほとんどの星の光がやって来ます しかも恒星の光だけでは 説明できない光が見えているのです 予想よりずっとエネルギーが高い ちょうど私たちが見ているこういう銀河がです また、中央部からジェットが吹き出しています 銀河が恒星だけで出来ていると考えると このエネルギー源も説明がつきません

そこで超大質量ブラックホールがあり 物質がそこに落ち込んでいるのだろうと 推定されています つまりブラックホールを見ることはできないが そこの重力エネルギーが光に変換されて 見えているということです それが超大質量ブラックホールが銀河中央にあるかもしれないという 考え方が成立する理由です しかしそれは間接的な議論です

にもかかわらず、そこから 超大質量ブラックホールは プリマドンナ銀河だけでなく むしろ全ての銀河の中央に 存在するのではないかと考えられています もしそうなら―これは普通の銀河です 見えているのは恒星の光です もしここに超大質量ブラックホールがあるとするならば それはダイエット中だ、ということになります なぜならそれが、活動銀河中心核でみられるエネルギー現象を 抑制しているからです

もしこのような目に見えないブラックホールを 銀河中心に探すとしたら 一番適切なのは我々の銀河「天の川」でです これは天の川銀河の中心部を 広角撮影した写真です 星の帯が見えています 私たちが、平たく、円盤のような形の銀河に 住んでいるからです 私たちはその中間地帯に住んでいて、そこから中心方向を見ると 銀河面を形成する面、あるいは その線が見えるわけです

自分たちの銀河を研究する利点は 単にそれが自分たちに一番近い 銀河中心だからです その次に近い銀河でも 100倍遠くにありますから 他のどこよりも自分たちの銀河のほうが 細部を見られるのです そしてこれからお見せしますが、どれくらい細部が見えるかが 研究の鍵なのです

さて、天文学者はどうやって小さな空間に大質量があると 証明するのでしょうか? それをこれからご覧に入れます その方法は、恒星がブラックホールの周りを回るのを 観察することです 恒星は、惑星が太陽の周りを回るのと同じように ブラックホールの周りを回ります 重力による引力で 物体の周回軌道が決まります もしそこに大質量がないとすれば、星は飛び去ってしまうか、 もっとゆっくり周回するでしょう なぜならどう周回するかを決めるのは 軌道内にある質量だからです

ちょうどいいですよね なぜなら私の仕事は 小さな空間に大質量があると証明することですから つまり星が周回する速度がわかれば、質量がわかります そして軌道の大きさがわかれば半径がわかる だから私は、銀河中心に できる限り近い恒星を見たいのです なるだけ小さい領域に、質量があることを示したいのですから つまり、なるべく詳細な姿を見たいということです だからこの研究のために世界最大の望遠鏡を 使っています

これはケック天文台です 10メートルの主鏡の 望遠鏡が二つあり、だいたいテニスコートくらいの 半径があります これは素晴らしいモノです なぜなら、巨大望遠鏡の公約は 「大きければ大きいほど 細部が見える」だからです しかし、こういう地上にある全ての望遠鏡は 公約を果たすには少しばかり問題があります それは大気のせいです 大気のおかげで私たちが地球に生存でき すばらしいものです しかし大気を通して天文光源をみる天文学者には かなりの問題をもたらします

ちょうど小川の水を通して 底にある小石を 見るようなものです 水底の小石を見ていると 水の流れがずっと乱れを起こし続けていて 流れの底にある小石を見るのはとても困難です 同じような理屈で、絶え間なく動いている 大気を通して天文光源を観測するのは 非常に困難なのです

そこで私はキャリアの多くの時間を 大気のゆらぎを補正し、明瞭な画像を得ることに費やしています 大体20倍ほど結果が向上します もし生活を20倍改善できる方法がわかれば ライフスタイルも 全然ちがうものになりますよね 給料にしても そうでしょう 子供のことにしても そうでしょう

お見せしている動画が、私たちが使っている 補償光学系とよばれる技術の例です ご覧の映像で その技術を使わなかった場合に見える映像、つまり 普通に見える星の映像が見えます 囲みの部分は銀河の中心にセットされていて そこにブラックホールがあるはずです 補正なしには星が見えません 補償光学技術を使うと、とたんに星が見え始めます この技術で、望遠鏡の光学システムに 大気のゆらぎに対抗して持続的に 変形する鏡を導入してあります 望遠鏡に、とっても素敵なメガネがついているわけね

ここから何枚かのスライドでは、あの小さな四角の部分に 注目します 他の部分も見えていますが 小さな四角の中にある星にだけ 注目して見てみます 私は恒星がどう動いたかを知りたいのですが この研究では、恒星が非常に大きく 動いています この研究を15年間やっていますが 恒星が周回運動しているのを観察してきました

大抵の天文学者にはお気に入りの恒星があり、 今日の私のお気に入りはこれです SO-2 世界で一番好きな恒星です たった15年で一周してくれたから それがどれくらい短いかというと 太陽だと銀河中心を一周するには2億年かかります これまで知られていた星で、銀河中心に一番近い星で 500年かかります この星は人の一生以内の時間で一周する これは有り難いことです

これがこの研究の鍵で、恒星の軌道から この非常に小さい半径に、どれだけの質量があるかがわかります 次の図では、この研究以前に 銀河中心の質量を閉じ込めることができると考えていた 大きさを示しています 以前から、この円の中に太陽の400万倍の 質量があることがわかっていました ご覧のように、円の中には様々なものが存在しました 恒星がたくさんあります つまり、様々なものを大量に詰め込むことができるので 銀河中心に超大質量ブラックホールがあるという説意外にも 多くの他の選択肢がありました

しかし我々の研究により 同じ質量が、これまでの1千万分の1という 遥かに小さい空間にあることがわかりました だからそこに超大質量 ブラックホールが存在すると証明できたのです どれくらい小さいかというと だいたい太陽系全体くらいの大きさです つまり太陽の400万倍の質量が、太陽系と 同じ大きさに詰まっているのです

つまり広告どおりよね でしょ? 私の仕事はそれをシュヴァルツシルト半径まで縮めることだと言いましたが 実際はまだそこまではいっていません しかしこの質量の集中を 説明する方法はこれ以外にないのです そして、これは私たちの銀河中心に超大質量 ブラックホールがあるという証拠であるだけでなく 全ての銀河にもあるという証拠でもあります では次はどうなるか? 実際のところ これが現在の技術でできる最大限だと思います そこで問題に取り組んでみましょう

つまり、今日ここで簡単にお話したのは 銀河中心に関して 現在 ご紹介できるもので もっともエキサイティングなことですが つまり銀河中心には 超大質量ブラックホールがある、あるいは そう信じているのです この研究で面白いのは もし銀河中心に超大質量ブラックホールが あった場合の結果に関する仮説を いくつか検討した結果 それらのどれ一つとして 実際に観察できるものと合致しないということです 面白いですよね

例を二つお示しします 質問:「銀河中心に 長期間存在する古い星は、ブラックホールとの 長期間の相互作用で、どうなっているだろうか?」 予想するのは、古い恒星が ブラックホールの周りに集まっている状態でしょう ブラックホールの近くに古い恒星がたくさんあるに違いない

同様に、あるいは対照的に、若い恒星は そこには存在するはずがない ブラックホールは、星の揺籃に関しては、親切な隣人ではありません 恒星ができるには、塊になるための非常に大きなガスと塵のボールが必要です それは非常に壊れやすい ブラックホールは何をすると思います? ガスを奪い去ってしまいます 一方の端を他方よりずっと強い力で引き寄せ 雲がちぎれてしまいます 実は、星の誕生はこういう場所では起きないだろうと予測していました

若い恒星はそこにあるはずがない 実際はどうだったか? 今日はお見せしなかった観測結果によって どの恒星が古く、どの恒星が若いかを知ることができます 赤いのが古い恒星で 青いのは若いやつです 黄色は、まだよくわかっていません もう、びっくりな状態がわかりますよね 古い恒星はわずかしかなく 若い恒星がたくさんあります 予想と全く逆だったのです

面白いですよね 現在、このことを私たちは解明しようとしています この結果のミステリー この矛盾をどう解決するのか 実際、私の院生が 今日この瞬間も、ハワイの あの望遠鏡で観測していて 次の段階の なぜ若い恒星が多く 古い恒星は少ないのかを調べる 段階に行こうとしています さらに進歩するには、もっとずっと遠い恒星の軌道を 調べる必要があります そのためには、おそらく現在よりもっともっと 高度な技術が必要です

なぜなら、実は、私は大気のゆらぎの補正を していますが、実際はエラーの 半分くらいしか補正できていないのです このために大気へ向けてレーザーを投射していますが さらにレーザーを増やせば 残りを補正できるでしょう これから数年間の内に、それができれば良いと思います さらいもっと長いタイムスパンでは さらに大きな望遠鏡を建設したいのです なぜなら天文学では「大きいことはいいこと」なのです

だから30メートルの望遠鏡を建設したい それを使えば、さらにもっと銀河中心に近い 恒星を観測することができるでしょう そしてアインシュタインの 一般相対性理論の一部を検証し 銀河の形成に関する宇宙論を検証したいのです この研究の未来は とても刺激的です

まとめますが、ご覧に入れる動画は これらの軌道が三次元空間で どう動いているかを示したものです そして、他のことはともかく ご理解いただきたいのは:(1)銀河中心に 超大質量ブラックホールが存在すること それは宇宙全体に存在し 私たちはそれに取り組んで、それらが我々の物理学世界に どう組み込めるかを説明しなくてはならないこと

(2)超大質量ブラックホールが どう相互作用するかを観測し あるいは、銀河の形成に果たす役割と その方法を理解するかもしれないこと

そして最後になりましたが これらの結果のどれ一つとして 技術の最前線で果たされた 莫大な進歩なしには起こり得なかったこと そしてその分野は非常に早く進歩していて もっと将来性があることです どうもありがとうございました (拍手)

How do you observe something you can't see? This is the basic question of somebody who's interested in finding and studying black holes. Because black holes are objects whose pull of gravity is so intense that nothing can escape it, not even light, so you can't see it directly.

So, my story today about black holes is about one particular black hole. I'm interested in finding whether or not there is a really massive, what we like to call "supermassive" black hole at the center of our galaxy. And the reason this is interesting is that it gives us an opportunity to prove whether or not these exotic objects really exist. And second, it gives us the opportunity to understand how these supermassive black holes interact with their environment, and to understand how they affect the formation and evolution of the galaxies which they reside in.

So, to begin with, we need to understand what a black hole is so we can understand the proof of a black hole. So, what is a black hole? Well, in many ways a black hole is an incredibly simple object, because there are only three characteristics that you can describe: the mass, the spin, and the charge. And I'm going to only talk about the mass. So, in that sense, it's a very simple object. But in another sense, it's an incredibly complicated object that we need relatively exotic physics to describe, and in some sense represents the breakdown of our physical understanding of the universe.

But today, the way I want you to understand a black hole, for the proof of a black hole, is to think of it as an object whose mass is confined to zero volume. So, despite the fact that I'm going to talk to you about an object that's supermassive, and I'm going to get to what that really means in a moment, it has no finite size. So, this is a little tricky.

But fortunately there is a finite size that you can see, and that's known as the Schwarzschild radius. And that's named after the guy who recognized why it was such an important radius. This is a virtual radius, not reality; the black hole has no size. So why is it so important? It's important because it tells us that any object can become a black hole. That means you, your neighbor, your cellphone, the auditorium can become a black hole if you can figure out how to compress it down to the size of the Schwarzschild radius.

At that point, what's going to happen? At that point gravity wins. Gravity wins over all other known forces. And the object is forced to continue to collapse to an infinitely small object. And then it's a black hole. So, if I were to compress the Earth down to the size of a sugar cube, it would become a black hole, because the size of a sugar cube is its Schwarzschild radius.

Now, the key here is to figure out what that Schwarzschild radius is. And it turns out that it's actually pretty simple to figure out. It depends only on the mass of the object. Bigger objects have bigger Schwarzschild radii. Smaller objects have smaller Schwarzschild radii. So, if I were to take the sun and compress it down to the scale of the University of Oxford, it would become a black hole.

So, now we know what a Schwarzschild radius is. And it's actually quite a useful concept, because it tells us not only when a black hole will form, but it also gives us the key elements for the proof of a black hole. I only need two things. I need to understand the mass of the object I'm claiming is a black hole, and what its Schwarzschild radius is. And since the mass determines the Schwarzschild radius, there is actually only one thing I really need to know.

So, my job in convincing you that there is a black hole is to show that there is some object that's confined to within its Schwarzschild radius. And your job today is to be skeptical. Okay, so, I'm going to talk about no ordinary black hole; I'm going to talk about supermassive black holes.

So, I wanted to say a few words about what an ordinary black hole is, as if there could be such a thing as an ordinary black hole. An ordinary black hole is thought to be the end state of a really massive star's life. So, if a star starts its life off with much more mass than the mass of the Sun, it's going to end its life by exploding and leaving behind these beautiful supernova remnants that we see here. And inside that supernova remnant is going to be a little black hole that has a mass roughly three times the mass of the Sun. On an astronomical scale that's a very small black hole.

Now, what I want to talk about are the supermassive black holes. And the supermassive black holes are thought to reside at the center of galaxies. And this beautiful picture taken with the Hubble Space Telescope shows you that galaxies come in all shapes and sizes. There are big ones. There are little ones. Almost every object in that picture there is a galaxy. And there is a very nice spiral up in the upper left. And there are a hundred billion stars in that galaxy, just to give you a sense of scale. And all the light that we see from a typical galaxy, which is the kind of galaxies that we're seeing here, comes from the light from the stars. So, we see the galaxy because of the star light.

Now, there are a few relatively exotic galaxies. I like to call these the prima donna of the galaxy world, because they are kind of show offs. And we call them active galactic nuclei. And we call them that because their nucleus, or their center, are very active. So, at the center there, that's actually where most of the starlight comes out from. And yet, what we actually see is light that can't be explained by the starlight. It's way more energetic. In fact, in a few examples it's like the ones that we're seeing here. There are also jets emanating out from the center. Again, a source of energy that's very difficult to explain if you just think that galaxies are composed of stars.

So, what people have thought is that perhaps there are supermassive black holes which matter is falling on to. So, you can't see the black hole itself, but you can convert the gravitational energy of the black hole into the light we see. So, there is the thought that maybe supermassive black holes exist at the center of galaxies. But it's a kind of indirect argument.

Nonetheless, it's given rise to the notion that maybe it's not just these prima donnas that have these supermassive black holes, but rather all galaxies might harbor these supermassive black holes at their centers. And if that's the case -- and this is an example of a normal galaxy; what we see is the star light. And if there is a supermassive black hole, what we need to assume is that it's a black hole on a diet. Because that is the way to suppress the energetic phenomena that we see in active galactic nuclei.

If we're going to look for these stealth black holes at the center of galaxies, the best place to look is in our own galaxy, our Milky Way. And this is a wide field picture taken of the center of the Milky Way. And what we see is a line of stars. And that is because we live in a galaxy which has a flattened, disk-like structure. And we live in the middle of it, so when we look towards the center, we see this plane which defines the plane of the galaxy, or line that defines the plane of the galaxy.

Now, the advantage of studying our own galaxy is it's simply the closest example of the center of a galaxy that we're ever going to have, because the next closest galaxy is 100 times further away. So, we can see far more detail in our galaxy than anyplace else. And as you'll see in a moment, the ability to see detail is key to this experiment.

So, how do astronomers prove that there is a lot of mass inside a small volume? Which is the job that I have to show you today. And the tool that we use is to watch the way stars orbit the black hole. Stars will orbit the black hole in the very same way that planets orbit the sun. It's the gravitational pull that makes these things orbit. If there were no massive objects these things would go flying off, or at least go at a much slower rate because all that determines how they go around is how much mass is inside its orbit.

So, this is great, because remember my job is to show there is a lot of mass inside a small volume. So, if I know how fast it goes around, I know the mass. And if I know the scale of the orbit I know the radius. So, I want to see the stars that are as close to the center of the galaxy as possible. Because I want to show there is a mass inside as small a region as possible. So, this means that I want to see a lot of detail. And that's the reason that for this experiment we've used the world's largest telescope.

This is the Keck observatory. It hosts two telescopes with a mirror 10 meters, which is roughly the diameter of a tennis court. Now, this is wonderful, because the campaign promise of large telescopes is that is that the bigger the telescope, the smaller the detail that we can see. But it turns out these telescopes, or any telescope on the ground has had a little bit of a challenge living up to this campaign promise. And that is because of the atmosphere. Atmosphere is great for us; it allows us to survive here on Earth. But it's relatively challenging for astronomers who want to look through the atmosphere to astronomical sources.

So, to give you a sense of what this is like, it's actually like looking at a pebble at the bottom of a stream. Looking at the pebble on the bottom of the stream, the stream is continuously moving and turbulent, and that makes it very difficult to see the pebble on the bottom of the stream. Very much in the same way, it's very difficult to see astronomical sources, because of the atmosphere that's continuously moving by.

So, I've spent a lot of my career working on ways to correct for the atmosphere, to give us a cleaner view. And that buys us about a factor of 20. And I think all of you can agree that if you can figure out how to improve life by a factor of 20, you've probably improved your lifestyle by a lot, say your salary, you'd notice, or your kids, you'd notice.

And this animation here shows you one example of the techniques that we use, called adaptive optics. You're seeing an animation that goes between an example of what you would see if you don't use this technique -- in other words, just a picture that shows the stars -- and the box is centered on the center of the galaxy, where we think the black hole is. So, without this technology you can't see the stars. With this technology all of a sudden you can see it. This technology works by introducing a mirror into the telescope optics system that's continuously changing to counteract what the atmosphere is doing to you. So, it's kind of like very fancy eyeglasses for your telescope.

Now, in the next few slides I'm just going to focus on that little square there. So, we're only going to look at the stars inside that small square, although we've looked at all of them. So, I want to see how these things have moved. And over the course of this experiment, these stars have moved a tremendous amount. So, we've been doing this experiment for 15 years, and we see the stars go all the way around.

Now, most astronomers have a favorite star, and mine today is a star that's labeled up there, SO-2. Absolutely my favorite star in the world. And that's because it goes around in only 15 years. And to give you a sense of how short that is, the sun takes 200 million years to go around the center of the galaxy. Stars that we knew about before, that were as close to the center of the galaxy as possible, take 500 years. And this one, this one goes around in a human lifetime. That's kind of profound, in a way.

But it's the key to this experiment. The orbit tells me how much mass is inside a very small radius. So, next we see a picture here that shows you before this experiment the size to which we could confine the mass of the center of the galaxy. What we knew before is that there was four million times the mass of the sun inside that circle. And as you can see, there was a lot of other stuff inside that circle. You can see a lot of stars. So, there was actually lots of alternatives to the idea that there was a supermassive black hole at the center of the galaxy, because you could put a lot of stuff in there.

But with this experiment, we've confined that same mass to a much smaller volume that's 10,000 times smaller. And because of that, we've been able to show that there is a supermassive black hole there. To give you a sense of how small that size is, that's the size of our solar system. So, we're cramming four million times the mass of the sun into that small volume.

Now, truth in advertising. Right? I have told you my job is to get it down to the Schwarzchild radius. And the truth is, I'm not quite there. But we actually have no alternative today to explaining this concentration of mass. And, in fact, it's the best evidence we have to date for not only existence of a supermassive black hole at the center of our own galaxy, but any in our universe. So, what next? I actually think this is about as good as we're going to do with today's technology, so let's move on with the problem.

So, what I want to tell you, very briefly, is a few examples of the excitement of what we can do today at the center of the galaxy, now that we know that there is, or at least we believe, that there is a supermassive black hole there. And the fun phase of this experiment is, while we've tested some of our ideas about the consequences of a supermassive black hole being at the center of our galaxy, almost every single one has been inconsistent with what we actually see. And that's the fun.

So, let me give you the two examples. You can ask, "What do you expect for the old stars, stars that have been around the center of the galaxy for a long time, they've had plenty of time to interact with the black hole." What you expect there is that old stars should be very clustered around the black hole. You should see a lot of old stars next to that black hole.

Likewise, for the young stars, or in contrast, the young stars, they just should not be there. A black hole does not make a kind neighbor to a stellar nursery. To get a star to form, you need a big ball of gas and dust to collapse. And it's a very fragile entity. And what does the big black hole do? It strips that gas cloud apart. It pulls much stronger on one side than the other and the cloud is stripped apart. In fact, we anticipated that star formation shouldn't proceed in that environment.

So, you shouldn't see young stars. So, what do we see? Using observations that are not the ones I've shown you today, we can actually figure out which ones are old and which ones are young. The old ones are red. The young ones are blue. And the yellow ones, we don't know yet. So, you can already see the surprise. There is a dearth of old stars. There is an abundance of young stars, so it's the exact opposite of the prediction.

So, this is the fun part. And in fact, today, this is what we're trying to figure out, this mystery of how do you get -- how do you resolve this contradiction. So, in fact, my graduate students are, at this very moment, today, at the telescope, in Hawaii, making observations to get us hopefully to the next stage, where we can address this question of why are there so many young stars, and so few old stars. To make further progress we really need to look at the orbits of stars that are much further away. To do that we'll probably need much more sophisticated technology than we have today.

Because, in truth, while I said we're correcting for the Earth's atmosphere, we actually only correct for half the errors that are introduced. We do this by shooting a laser up into the atmosphere, and what we think we can do is if we shine a few more that we can correct the rest. So this is what we hope to do in the next few years. And on a much longer time scale, what we hope to do is build even larger telescopes, because, remember, bigger is better in astronomy.

So, we want to build a 30 meter telescope. And with this telescope we should be able to see stars that are even closer to the center of the galaxy. And we hope to be able to test some of Einstein's theories of general relativity, some ideas in cosmology about how galaxies form. So, we think the future of this experiment is quite exciting.

So, in conclusion, I'm going to show you an animation that basically shows you how these orbits have been moving, in three dimensions. And I hope, if nothing else, I've convinced you that,one, we do in fact have a supermassive black hole at the center of the galaxy. And this means that these things do exist in our universe, and we have to contend with this, we have to explain how you can get these objects in our physical world.

Second, we've been able to look at that interaction of how supermassive black holes interact, and understand, maybe, the role in which they play in shaping what galaxies are, and how they work.

And last but not least, none of this would have happened without the advent of the tremendous progress that's been made on the technology front. And we think that this is a field that is moving incredibly fast, and holds a lot in store for the future. Thanks very much. (Applause)

How do you observe something/ you can't see?//

見えないものはどうやって観察できるでしょうか?

This is the basic question of somebody/ who's interested/ in finding and studying/ black holes.//

ブラックホールを発見し、研究しようとする者にとって これは基本的な問いです

Because black holes are objects/ whose pull of gravity is so intense/ that nothing can escape it,/ not even light,/ so you can't see/ it directly.//

なぜならブラックホールは その重力があまりに強力で 光でさえもそこから出てこられず つまり直接、目に見えないからです

So,/ my story/ today/ about black holes is about one particular black hole.//

今日私がお話するのは 特別なブラックホールについてです

I'm interested/ in finding/ whether or not there is a really massive,/ what we like to call/ "supermassive"/ black hole/ at the center of our galaxy.//

私が興味を持っているのは 銀河の中心に、非常に大きい 「超大質量」のブラックホールがあるかどうかです

And the reason/ this is interesting is/ that it gives us/ an opportunity/ to prove/ whether or not these exotic objects really exist.//

なぜそれに興味があるかというと このような奇妙な物体が本当に 存在するかどうかを証明できる機会があるのと、

And second,/ it gives us/ the opportunity/ to understand/ how these supermassive black holes interact with their environment,/ and to understand/ how they affect the formation and evolution of the galaxies/ which they reside in.//

二つ目の理由は、それによって 超大質量ブラックホールが、どうやって 周辺環境と相互作用するか、また その周りにある銀河の形成と進化にどう影響するかを 理解する機会があるからです

So,/ to begin with,/ we need to understand/ what a black hole is/ so we can understand the proof of a black hole.//

まずはじめに ブラックホールの存在を信じられるよう ブラックホールについて理解しましょう

So,/ what is a black hole?//

ブラックホールとは何か?

Well,/ in many ways/ a black hole is an incredibly simple object,/ because there are only three characteristics/ that you can describe:/ the mass,/ the spin,/ and the charge.//

ある意味でそれは非常に単純な物体です なぜなら物理特性が三つしかないからです 質量と、 スピン(回転)と、電荷です

And I'm going to only talk about the mass.//

今日は質量についてだけお話します

So,/ in that sense,/ it's a very simple object.//

つまりある意味では非常に単純な物体ですが

But in another sense,/ it's an incredibly complicated object/ that we need relatively exotic physics/ to describe,/ and in some sense represents the breakdown of our physical understanding of the universe.//

別の意味では非常に複雑な物体で 奇妙な物理法則で記述しなくてはならず また、それが我々の宇宙に関す物理学的解釈の 崩壊を意味するからです

But today,/ the way/ I want you/ to understand a black hole,/ for the proof of a black hole,/ is to think of it/ as an object/ whose mass is confined to zero volume.//

でも今日は ブラックホールを理解し それが実在することを理解していただくために その質量が体積ゼロの空間に 押し込められた物体を考えてみてください

So,/ despite the fact/ that I'm going to talk/ to you/ about an object/ that's supermassive,/ and I'm going to get/ to/ what/ that really means in a moment,/ it has no finite size.//

つまり超大質量を持つ 物体なのに 有限の大きさを持たないような物体がとはどんなものかを ご説明します

So,/ this is a little tricky.//

ちょっとムズカシイわよね

But fortunately/ there is a finite size/ that you can see,/ and that's known as the Schwarzschild radius.//

でも、理解可能な有限の大きさがあり それは「シュヴァルツシルト半径」として知られています

And that's named after the guy/ who recognized/ why it was such an important radius.//

その大きさがいかに重要かを発見した 人の名前にちなみます

This is a virtual radius, not reality;/ the black hole has no size.//

これは仮想的な半径で、実在のものではありません ブラックホールには大きさがありませんから

So/ why is it so important?//

なぜ重要なのか?

It's important/ because it tells us/ that any object can become a black hole.//

なぜならそれは、どんな物体でも ブラックホールになり得ることを示すからです

That means you,/ your neighbor,/ your cellphone,/ the auditorium can become a black hole/ if you can figure out/ how to compress it down/ to the size of the Schwarzschild radius.//

つまりあなたや、隣人や、あなたの携帯電話や、 このホールなども、それを シュヴァルツシルト半径以下に押し縮めれば ブラックホールになるのです

At that point,/ what's going to happen?//

そこまで行くとどうなるか?

At that point gravity wins.//

そこで重力が打ち勝ちます

Gravity wins over all other known forces.//

他のすべての力に重力が打ち勝ち

And the object is forced to continue/ to collapse/ to an infinitely small object.//

物体は収縮を続け 無限に小さい物体になるのです

And then/ it's a black hole.//

それがブラックホールです

So,/ if I were to compress/ the Earth/ down/ to the size of a sugar cube,/ it would become a black hole,/ because the size of a sugar cube is its Schwarzschild radius.//

地球を角砂糖の大きさにまで押し縮めれば ブラックホールになります この場合、角砂糖の大きさがシュヴァルツシルト半径だからです

Now,/ the key here is to figure out/ what that Schwarzschild radius is.//

ここでの鍵は、シュヴァルツシルト半径は幾つか、ということです

And it turns out/ that it's actually pretty simple/ to figure out.//

それを知るのはとても簡単だと分かりました

It depends only/ on the mass of the object.//

それは物体の質量のみに依存します

Bigger objects have bigger Schwarzschild radii.//

大きい物体のシュヴァルツシルト半径は大きい

Smaller objects have smaller Schwarzschild radii.//

小さい物体では、小さい

So,/ if I were to take/ the sun/ and compress it down/ to the scale of the University of Oxford,/ it would become a black hole.//

もし太陽を オックスフォード大学の大きさに押し縮めれば ブラックホールになるでしょう

So,/ now/ we know/ what a Schwarzschild radius is.//

シュヴァルツシルト半径はわかりましたね

And it's actually/ quite a useful concept,/ because it tells us not only/ when a black hole will form,/ but it also gives us/ the key elements/ for the proof of a black hole.//

これはとても役に立つ概念で ブラックホールがいつできるかを 示すだけでなく ブラックホールの証明の鍵となる要素も与えてくれます

I only need two things.//

必要なのは二つだけ:

I need to understand/ the mass of the object/ I'm claiming/ is a black hole,/ and what its Schwarzschild radius is.//

ブラックホールだと証明したい 物体の質量と、 そのシュヴァルツシルト半径です

And/ since the mass determines the Schwarzschild radius,/ there is actually only one thing/ I really need to know.//

そしてシュヴァルツシルト半径は質量で決まるので 実際知る必要があるのは質量だけです

So,/ my job/ in convincing you/ that there is a black hole is to show/ that there is some object/ that's confined to/ within its Schwarzschild radius.//

つまり皆さんに、ブラックホールが 実在すると納得させるために そのシュヴァルツシルト半径内に収まる 物体が存在することを示すのが私の役割で

And your job/ today is to be skeptical.//

皆さんの役割は、疑い深くなることです

Okay,/ so,/ I'm going to talk/ about no ordinary black hole;/ I'm going to talk/ about supermassive black holes.//

それで、私は普通のブラックホールについては話しません 超大質量ブラックホールの話をします

So,/ I wanted to say/ a few words/ about what an ordinary black hole is,/ as if there could be such a thing/ as an ordinary black hole.//

そこでまず普通のブラックホールについて少し触れます 「普通の」ブラックホールがあるみたいにね

An ordinary black hole is thought to be the end state of a really massive star's life.//

普通のブラックホールは、超巨星の生涯の 終末と考えられています

So,/ if a star starts its life off/ with much more mass/ than the mass of the Sun,/ it's going to end/ its life/ by exploding and leaving/ behind these beautiful supernova remnants/ that we see here.//

つまり、太陽より遥かに巨大な質量をもって生まれた 恒星は、その生涯を終える時 爆発を起こし、 ご覧のような美しい超新星爆発の残骸を残します

And inside/ that supernova remnant is going to be a little black hole/ that has a mass/ roughly three times the mass of the Sun.//

そしてその超新星爆発の残骸の中に 小さなブラックホールができます おおよそ太陽の質量の3倍くらいです

On an astronomical scale/ that's a very small black hole.//

天文学的規模で言えば とても小さいブラックホールです

Now,/ what I want to talk about are the supermassive black holes.//

これからは超大質量ブラックホールについてお話します

And the supermassive black holes are thought to reside/ at the center of galaxies.//

超大質量ブラックホールは銀河の中心にあると考えられています

And this beautiful picture taken with the Hubble Space Telescope shows you/ that galaxies come in all shapes and sizes.//

ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したこの美しい写真で 銀河があらゆる形をとることがわかります

There are big ones.// There are little ones.//

大きいのもあるし、小さいのもあります

Almost every object/ in that picture/ there is a galaxy.//

この写真に見えるほとんど全てが銀河です

And there is a very nice spiral up/ in the upper left.//

その左上にとてもいい感じの渦巻状銀河があります

And there are a hundred billion stars/ in that galaxy,/ just to give you/ a sense of scale.//

その銀河には1千億個の恒星があります 大きさの感覚がわかりますか

And all the light/ that we see from a typical galaxy,/ which is the kind of galaxies/ that we're seeing/ here,/ comes from the light/ from the stars.//

そしてちょうどご覧のこの銀河のような 銀河からやってくる全ての光は 恒星からやって来ます

So,/ we see the galaxy/ because of the star light.//

つまり恒星の光があるから銀河が見えます

Now,/ there are a few relatively exotic galaxies.//

中には非常に変わった銀河があります

I like to call/ these the prima donna of the galaxy world,/ because they are kind of show offs.//

「目立ちたがり」なので、私はそれを銀河世界の プリマンドンナと呼びます

And we call them/ active galactic nuclei.//

それは「活動銀河中心核」と呼ばれます

And we call them/ that because their nucleus,/ or their center,/ are very active.//

なぜならその銀河中心核、あるいは 中央部は非常に活動的だからです

So,/ at the center there,/ that's actually/ where most of the starlight comes out/ from.//

つまりあの中心部分から ほとんどの星の光がやって来ます

And yet,/ what we actually see/ is light/ that can't be explained by the starlight.//

しかも恒星の光だけでは 説明できない光が見えているのです

It's way/ more energetic.//

予想よりずっとエネルギーが高い

In fact,/ in a few examples/ it's like the ones/ that we're seeing/ here.//

ちょうど私たちが見ているこういう銀河がです

There are also jets/ emanating out/ from the center.//

また、中央部からジェットが吹き出しています

Again,/ a source of energy/ that's very difficult/ to explain/ if you just think/ that galaxies are composed of stars.//

銀河が恒星だけで出来ていると考えると このエネルギー源も説明がつきません

So,/ what people have thought/ is/ that perhaps/ there are supermassive black holes/ which matter is falling on to.//

そこで超大質量ブラックホールがあり 物質がそこに落ち込んでいるのだろうと 推定されています

So,/ you can't see the black hole/ itself,/ but you can convert the gravitational energy of the black hole/ into the light/ we see.//

つまりブラックホールを見ることはできないが そこの重力エネルギーが光に変換されて 見えているということです

So,/ there is the thought/ that maybe supermassive black holes exist at the center of galaxies.//

それが超大質量ブラックホールが銀河中央にあるかもしれないという 考え方が成立する理由です

But it's a kind of indirect argument.//

しかしそれは間接的な議論です

Nonetheless,/ it's given rise/ to the notion/ that maybe/ it's not just these prima donnas/ that have these supermassive black holes,/ but rather/ all galaxies might harbor these supermassive black holes/ at their centers.//

にもかかわらず、そこから 超大質量ブラックホールは プリマドンナ銀河だけでなく むしろ全ての銀河の中央に 存在するのではないかと考えられています

And/ if that's the case --/ and this is an example of a normal galaxy;/ what we see/ is the star light.//

もしそうなら―これは普通の銀河です 見えているのは恒星の光です

And/ if there is a supermassive black hole,/ what we need to assume/ is/ that it's a black hole/ on a diet.//

もしここに超大質量ブラックホールがあるとするならば それはダイエット中だ、ということになります

Because that is the way/ to suppress the energetic phenomena/ that we see in active galactic nuclei.//

なぜならそれが、活動銀河中心核でみられるエネルギー現象を 抑制しているからです

If we're going to look/ for these stealth black holes/ at the center of galaxies,/ the best place to look is in our own galaxy,/ our Milky Way.//

もしこのような目に見えないブラックホールを 銀河中心に探すとしたら 一番適切なのは我々の銀河「天の川」でです

And this is a wide field picture taken of the center of the Milky Way.//

これは天の川銀河の中心部を 広角撮影した写真です

And/ what we see/ is a line of stars.//

星の帯が見えています

And that is/ because we live in a galaxy/ which has a flattened, disk-like structure.//

私たちが、平たく、円盤のような形の銀河に 住んでいるからです

And we live in the middle of it,/ so/ when we look towards the center,/ we see this plane/ which defines the plane of the galaxy,/ or line/ that defines the plane of the galaxy.//

私たちはその中間地帯に住んでいて、そこから中心方向を見ると 銀河面を形成する面、あるいは その線が見えるわけです

Now,/ the advantage of studying our own galaxy is it's simply/ the closest example of the center of a galaxy/ that we're ever going to have,/ because the next closest galaxy is 100 times further away.//

自分たちの銀河を研究する利点は 単にそれが自分たちに一番近い 銀河中心だからです その次に近い銀河でも 100倍遠くにありますから

So,/ we can see far more detail/ in our galaxy/ than anyplace else.//

他のどこよりも自分たちの銀河のほうが 細部を見られるのです

And/ as you'll see in a moment,/ the ability to see detail is key/ to this experiment.//

そしてこれからお見せしますが、どれくらい細部が見えるかが 研究の鍵なのです

So,/ how do astronomers prove/ that there is a lot of mass/ inside a small volume?//

さて、天文学者はどうやって小さな空間に大質量があると 証明するのでしょうか?

Which is the job/ that I have to show/ you/ today.//

それをこれからご覧に入れます

And the tool/ that we use/ is to watch the way/ stars orbit the black hole.//

その方法は、恒星がブラックホールの周りを回るのを 観察することです

Stars will orbit the black hole/ in the very same way/ that planets orbit the sun.//

恒星は、惑星が太陽の周りを回るのと同じように ブラックホールの周りを回ります

It's the gravitational pull/ that makes these things orbit.//

重力による引力で 物体の周回軌道が決まります

If there were no massive objects/ these things would go flying/ off,/ or at least go at a much slower rate/ because all/ that determines/ how they go around/ is/ how much mass is inside its orbit.//

もしそこに大質量がないとすれば、星は飛び去ってしまうか、 もっとゆっくり周回するでしょう なぜならどう周回するかを決めるのは 軌道内にある質量だからです

So,/ this is great,/ because remember/ my job is to show there is a lot of mass/ inside a small volume.//

ちょうどいいですよね なぜなら私の仕事は 小さな空間に大質量があると証明することですから

So,/ if I know how fast/ it goes around,/ I know the mass.//

つまり星が周回する速度がわかれば、質量がわかります

And/ if I know the scale of the orbit/ I know the radius.//

そして軌道の大きさがわかれば半径がわかる

So,/ I want to see/ the stars/ that are as close/ to the center of the galaxy as possible.//

だから私は、銀河中心に できる限り近い恒星を見たいのです

Because I want to show/ there is a mass inside/ as small a region/ as possible.//

なるだけ小さい領域に、質量があることを示したいのですから

So,/ this means/ that I want to see/ a lot of detail.//

つまり、なるべく詳細な姿を見たいということです

And that's the reason that/ for this experiment/ we've used the world's largest telescope.//

だからこの研究のために世界最大の望遠鏡を 使っています

This is the Keck observatory.// It hosts two telescopes/ with a mirror/ 10 meters,/ which is roughly the diameter of a tennis court.//

これはケック天文台です 10メートルの主鏡の 望遠鏡が二つあり、だいたいテニスコートくらいの 半径があります

Now,/ this is wonderful,/ because the campaign promise of large telescopes is that is/ that the bigger/ the telescope,/ the smaller/ the detail/ that we can see.//

これは素晴らしいモノです なぜなら、巨大望遠鏡の公約は 「大きければ大きいほど 細部が見える」だからです

But it turns out/ these telescopes,/ or any telescope/ on the ground has had a little bit of a challenge/ living up/ to this campaign promise.//

しかし、こういう地上にある全ての望遠鏡は 公約を果たすには少しばかり問題があります

And that is because of the atmosphere.//

それは大気のせいです

Atmosphere is great/ for us;/ it allows us/ to survive here/ on Earth.//

大気のおかげで私たちが地球に生存でき すばらしいものです

But it's relatively challenging/ for astronomers/ who want to look/ through the atmosphere/ to astronomical sources.//

しかし大気を通して天文光源をみる天文学者には かなりの問題をもたらします

So,/ to give you/ a sense of what this is like,/ it's actually/ like looking at a pebble/ at the bottom of a stream.//

ちょうど小川の水を通して 底にある小石を 見るようなものです

Looking at the pebble/ on the bottom of the stream,/ the stream is continuously moving and turbulent,/ and that makes it very difficult/ to see the pebble/ on the bottom of the stream.//

水底の小石を見ていると 水の流れがずっと乱れを起こし続けていて 流れの底にある小石を見るのはとても困難です

Very much/ in the same way,/ it's very difficult/ to see astronomical sources,/ because of the atmosphere/ that's continuously moving/ by.//

同じような理屈で、絶え間なく動いている 大気を通して天文光源を観測するのは 非常に困難なのです

So,/ I've spent a lot of my career/ working on ways/ to correct for the atmosphere,/ to give us/ a cleaner view.//

そこで私はキャリアの多くの時間を 大気のゆらぎを補正し、明瞭な画像を得ることに費やしています

And that buys us/ about a factor of 20.//

大体20倍ほど結果が向上します

And I think all of you can agree/ that if you can figure out/ how to improve life/ by a factor of 20,/ you've probably improved your lifestyle/ by a lot,/ say/ your salary,/ you'd notice,/ or your kids,/ you'd notice.//

もし生活を20倍改善できる方法がわかれば ライフスタイルも 全然ちがうものになりますよね 給料にしても そうでしょう 子供のことにしても そうでしょう

And this animation here shows you/ one example of the techniques/ that we use,/ called adaptive optics.//

お見せしている動画が、私たちが使っている 補償光学系とよばれる技術の例です

You're seeing/ an animation/ that goes between an example of what you would see/ if you don't use this technique --/ in other words,/ just a picture/ that shows the stars --/ and the box is centered on the center of the galaxy,/ where we think the black hole is.//

ご覧の映像で その技術を使わなかった場合に見える映像、つまり 普通に見える星の映像が見えます 囲みの部分は銀河の中心にセットされていて そこにブラックホールがあるはずです

So,/ without this technology/ you can't see the stars.//

補正なしには星が見えません

With this technology/ all of a sudden/ you can see it.//

補償光学技術を使うと、とたんに星が見え始めます

This technology works by introducing a mirror/ into the telescope optics system/ that's continuously changing to counteract/ what the atmosphere is doing to you.//

この技術で、望遠鏡の光学システムに 大気のゆらぎに対抗して持続的に 変形する鏡を導入してあります

So,/ it's kind of like very fancy eyeglasses/ for your telescope.//

望遠鏡に、とっても素敵なメガネがついているわけね

Now,/ in the next few slides/ I'm just going to focus/ on that little square there.//

ここから何枚かのスライドでは、あの小さな四角の部分に 注目します

So,/ we're only going to look/ at the stars inside/ that small square,/ although we've looked at all of them.//

他の部分も見えていますが 小さな四角の中にある星にだけ 注目して見てみます

So,/ I want to see/ how these things have moved.//

私は恒星がどう動いたかを知りたいのですが

And over the course of this experiment,/ these stars have moved a tremendous amount.//

この研究では、恒星が非常に大きく 動いています

So,/ we've been doing this experiment/ for 15 years,/ and we see/ the stars go all the way around.//

この研究を15年間やっていますが 恒星が周回運動しているのを観察してきました

Now,/ most astronomers have a favorite star,/ and mine/ today is a star/ that's labeled up/ there,/ SO-2.//

大抵の天文学者にはお気に入りの恒星があり、 今日の私のお気に入りはこれです SO-2

Absolutely/ my favorite star/ in the world.//

世界で一番好きな恒星です

And that's/ because it goes around/ in only 15 years.//

たった15年で一周してくれたから

And to give you/ a sense of how short/ that is,/ the sun takes 200 million years/ to go around the center of the galaxy.//

それがどれくらい短いかというと 太陽だと銀河中心を一周するには2億年かかります

Stars/ that we knew about before,/ that were as close/ to the center of the galaxy/ as possible,/ take 500 years.//

これまで知られていた星で、銀河中心に一番近い星で 500年かかります

And this one,/ this one goes around/ in a human lifetime.//

この星は人の一生以内の時間で一周する

That's kind of profound,/ in a way.//

これは有り難いことです

But it's the key/ to this experiment.// The orbit tells me/ how much mass is inside a very small radius.//

これがこの研究の鍵で、恒星の軌道から この非常に小さい半径に、どれだけの質量があるかがわかります

So,/ next/ we see a picture here/ that shows you/ before this experiment/ the size/ to/ which we could confine the mass of the center of the galaxy.//

次の図では、この研究以前に 銀河中心の質量を閉じ込めることができると考えていた 大きさを示しています

What we knew/ before is/ that there was four million times/ the mass of the sun/ inside that circle.//

以前から、この円の中に太陽の400万倍の 質量があることがわかっていました

And/ as you can see,/ there was a lot of other stuff/ inside that circle.//

ご覧のように、円の中には様々なものが存在しました

You can see a lot of stars.//

恒星がたくさんあります

So,/ there was actually lots of alternatives/ to the idea/ that there was a supermassive black hole/ at the center of the galaxy,/ because you could put a lot of stuff/ in there.//

つまり、様々なものを大量に詰め込むことができるので 銀河中心に超大質量ブラックホールがあるという説意外にも 多くの他の選択肢がありました

But with this experiment,/ we've confined/ that same mass/ to a much smaller volume/ that's 10,000 times smaller.//

しかし我々の研究により 同じ質量が、これまでの1千万分の1という 遥かに小さい空間にあることがわかりました

And because of that,/ we've been able to show/ that there is a supermassive black hole there.//

だからそこに超大質量 ブラックホールが存在すると証明できたのです

To give you/ a sense of how small/ that size is,/ that's the size of our solar system.//

どれくらい小さいかというと だいたい太陽系全体くらいの大きさです

So,/ we're cramming/ four million times/ the mass of the sun/ into that small volume.//

つまり太陽の400万倍の質量が、太陽系と 同じ大きさに詰まっているのです

Now,/ truth/ in advertising.// Right?//

つまり広告どおりよね でしょ?

I have told you/ my job is to get it down/ to the Schwarzchild radius.//

私の仕事はそれをシュヴァルツシルト半径まで縮めることだと言いましたが

And the truth is,/ I'm not quite there.//

実際はまだそこまではいっていません

But we actually have no alternative/ today/ to explaining this concentration of mass.//

しかしこの質量の集中を 説明する方法はこれ以外にないのです

And,/ in fact,/ it's the best evidence/ we have to date/ for not only/ existence of a supermassive black hole/ at the center of our own galaxy,/ but any/ in our universe.//

そして、これは私たちの銀河中心に超大質量 ブラックホールがあるという証拠であるだけでなく 全ての銀河にもあるという証拠でもあります

So,/ what next?// I actually think/ this is about as good/ as we're going to do/ with today's technology,/ so let's move/ on with the problem.//

では次はどうなるか? 実際のところ これが現在の技術でできる最大限だと思います そこで問題に取り組んでみましょう

So,/ what I want to tell/ you,/ very briefly,/ is a few examples of the excitement of what we can do today/ at the center of the galaxy,/ now/ that we know/ that there is,/ or at least/ we believe,/ that there is a supermassive black hole there.//

つまり、今日ここで簡単にお話したのは 銀河中心に関して 現在 ご紹介できるもので もっともエキサイティングなことですが つまり銀河中心には 超大質量ブラックホールがある、あるいは そう信じているのです

And the fun phase of this experiment is,/ while we've tested some of our ideas/ about the consequences of a supermassive black hole/ being at the center of our galaxy,/ almost every single one has been inconsistent/ with what we actually see.//

この研究で面白いのは もし銀河中心に超大質量ブラックホールが あった場合の結果に関する仮説を いくつか検討した結果 それらのどれ一つとして 実際に観察できるものと合致しないということです

And that's the fun.//

面白いですよね

So,/ let me/ give you/ the two examples.//

例を二つお示しします

You can ask,/ "What do you expect for the old stars,/ stars/ that have been around the center of the galaxy/ for a long time,/ they've had plenty of time/ to interact with the black hole."//

質問:「銀河中心に 長期間存在する古い星は、ブラックホールとの 長期間の相互作用で、どうなっているだろうか?」

What you expect/ there is/ that old stars should be very clustered around the black hole.//

予想するのは、古い恒星が ブラックホールの周りに集まっている状態でしょう

You should see a lot of old stars next to that black hole.//

ブラックホールの近くに古い恒星がたくさんあるに違いない

Likewise,/ for the young stars,/ or in contrast,/ the young stars,/ they just should not be there.//

同様に、あるいは対照的に、若い恒星は そこには存在するはずがない

A black hole does not make a kind neighbor/ to a stellar nursery.//

ブラックホールは、星の揺籃に関しては、親切な隣人ではありません

To get a star to form,/ you need a big ball of gas and dust/ to collapse.//

恒星ができるには、塊になるための非常に大きなガスと塵のボールが必要です

And it's a very fragile entity.//

それは非常に壊れやすい

And what does the big black hole do?//

ブラックホールは何をすると思います?

It strips/ that gas cloud apart.//

ガスを奪い去ってしまいます

It pulls much stronger/ on one side/ than the other/ and the cloud is stripped apart.//

一方の端を他方よりずっと強い力で引き寄せ 雲がちぎれてしまいます

In fact,/ we anticipated/ that star formation shouldn't proceed in that environment.//

実は、星の誕生はこういう場所では起きないだろうと予測していました

So,/ you shouldn't see young stars.//

若い恒星はそこにあるはずがない

So,/ what do we see?//

実際はどうだったか?

Using observations/ that are not the ones/ I've shown you/ today,/ we can actually figure out/ which ones are old/ and which ones are young.//

今日はお見せしなかった観測結果によって どの恒星が古く、どの恒星が若いかを知ることができます

The old ones are red.//

赤いのが古い恒星で

The young ones are blue.// And the yellow ones,/ we don't know yet.//

青いのは若いやつです 黄色は、まだよくわかっていません

So,/ you can already see the surprise.//

もう、びっくりな状態がわかりますよね

There is a dearth of old stars.//

古い恒星はわずかしかなく

There is an abundance of young stars,/ so it's the exact opposite of the prediction.//

若い恒星がたくさんあります 予想と全く逆だったのです

So,/ this is the fun part.//

面白いですよね

And/ in fact,/ today,/ this is/ what we're trying to figure out,/ this mystery of how do you get --/ how do you resolve this contradiction.//

現在、このことを私たちは解明しようとしています この結果のミステリー この矛盾をどう解決するのか

So,/ in fact,/ my graduate students are,/ at this very moment,/ today,/ at the telescope,/ in Hawaii,/ making observations to get us hopefully/ to the next stage,/ where we can address this question of why are there/ so many young stars,/ and so few old stars.//

実際、私の院生が 今日この瞬間も、ハワイの あの望遠鏡で観測していて 次の段階の なぜ若い恒星が多く 古い恒星は少ないのかを調べる 段階に行こうとしています

To make further progress we really need to look/ at the orbits of stars/ that are much further away.//

さらに進歩するには、もっとずっと遠い恒星の軌道を 調べる必要があります

To do that we'll probably need much more sophisticated technology/ than we have today.//

そのためには、おそらく現在よりもっともっと 高度な技術が必要です

Because,/ in truth,/ while I said/ we're correcting/ for the Earth's atmosphere,/ we actually only correct for half the errors/ that are introduced.//

なぜなら、実は、私は大気のゆらぎの補正を していますが、実際はエラーの 半分くらいしか補正できていないのです

We do this/ by shooting a laser up/ into the atmosphere,/ and what we think/ we can do is/ if we shine a few more/ that we can correct the rest.//

このために大気へ向けてレーザーを投射していますが さらにレーザーを増やせば 残りを補正できるでしょう

So this is/ what we hope to do/ in the next few years.//

これから数年間の内に、それができれば良いと思います

And/ on a much longer time scale,/ what we hope to do/ is build even larger telescopes,/ because,/ remember,/ bigger is better/ in astronomy.//

さらいもっと長いタイムスパンでは さらに大きな望遠鏡を建設したいのです なぜなら天文学では「大きいことはいいこと」なのです

So,/ we want to build/ a 30 meter telescope.//

だから30メートルの望遠鏡を建設したい

And with this telescope/ we should be able to see stars/ that are even closer/ to the center of the galaxy.//

それを使えば、さらにもっと銀河中心に近い 恒星を観測することができるでしょう

And we hope to be able to test some of Einstein's theories of general relativity,/ some ideas/ in cosmology/ about how galaxies form.//

そしてアインシュタインの 一般相対性理論の一部を検証し 銀河の形成に関する宇宙論を検証したいのです

So,/ we think the future of this experiment is quite exciting.//

この研究の未来は とても刺激的です

So,/ in conclusion,/ I'm going to show/ you/ an animation/ that basically shows you/ how these orbits have been moving,/ in three dimensions.//

まとめますが、ご覧に入れる動画は これらの軌道が三次元空間で どう動いているかを示したものです

And I hope,/ if nothing else,/ I've convinced you/ that,/one,/ we do in fact have a supermassive black hole/ at the center of the galaxy.//

そして、他のことはともかく ご理解いただきたいのは:(1)銀河中心に 超大質量ブラックホールが存在すること

And this means/ that these things do exist in our universe,/ and we have to contend/ with this,/ we have to explain/ how you can get these objects/ in our physical world.//

それは宇宙全体に存在し 私たちはそれに取り組んで、それらが我々の物理学世界に どう組み込めるかを説明しなくてはならないこと

Second,/ we've been able to look at that interaction of how supermassive black holes interact,/ and understand,/ maybe,/ the role/ in which they play in shaping/ what galaxies are,/ and how they work.//

(2)超大質量ブラックホールが どう相互作用するかを観測し あるいは、銀河の形成に果たす役割と その方法を理解するかもしれないこと

And last but not least,/ none of this would have happened without the advent of the tremendous progress/ that's been made on the technology front.//

そして最後になりましたが これらの結果のどれ一つとして 技術の最前線で果たされた 莫大な進歩なしには起こり得なかったこと

And we think/ that this is a field/ that is moving incredibly fast,/ and holds a lot/ in store/ for the future.//

そしてその分野は非常に早く進歩していて もっと将来性があることです

Thanks very much.//

どうもありがとうございました

(拍手)

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

ca

circa

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

black hole

ブラックホール(超重力により光さえも吸い込むとされる宇宙空間の穴)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

gravity

(地球の)『引力』,『重力』;重量(weight)

『厳粛さ』,まじめさ

『重大さ』,ゆゆしさ

intense

(感情・性質などが)『激しい』,強烈な,熱心な

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

opportunity

『機会』,好機

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

formation

〈U〉(…の)『形成』,構成,育成《+『of』+『名』》

〈C〉形成されたもの,構成物;(その)構造,組織

〈U〉〈C〉隊形,陣形

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

reside

(…に)『住む』,居住する《+『at』(『in』)+『名』》

〈権力・権利などが〉(…に)『ある』,『存在する』《+『in』+『名』》

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

incredibly

信じられないほど

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

characteristic

『特有の』,独特の

『特性』,特色,特微

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

complicate

…'を'複雑にする

relatively

比較的,相対的に

《まれ》(…と)関連して;(…に)比べて,(…の)割に《+『to』+『名』》

physic

《古》医薬,(特に)下剤

…‘に'薬を飲ませる

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

breakdown

(列車・機械などの)故障,破損

病気で倒れること,衰弱

分析

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

confine

(ある範囲に)…'を'『制限する』,限る(limit)《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈人など〉'を'『閉じ込める』,監禁する《+『名』+『in』(『to』)+『名』》

《通例受動熊で》〈女性〉'を'お産の床につかせる

境界,範囲,限界

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

volume

〈C〉(特に分厚い)『本』,書物

〈C〉(シリーズものの)『巻』,冊(《略》(単数形で)vol.,(複数形で)vols.)

〈U〉(…の)『体積』,容積《+of+名》

〈U〉〈C〉)…の)『量』,かさ《+of+名》

〈U〉(…の)『音量』,音の強さ,ボリューム《+of+名》

《複数形で》多量(の…),たくさん(の…)《+of+名》

despite

…『にもかかわらず』

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

finite

限りある,有限の

=finite verb

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

tricky

(人が)こうかつな,ずるい

(物事・仕事などが)手の込んだ;慎重を要する,扱いにくい

fortunately

『運よく』,幸いにも

radius

半径

(行動・活動・能力なのどの)及ぶ範囲《+『of』+『名』》

橈骨(とうこつ)(上腕の骨の一つ)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

virtual

(名目上・表面上はそうではないが)事実上の,実際上の

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

auditorium

(教会・劇場などの)聴衆席,観客席

(学校などの)講堂;(演劇などのための)公会堂

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

compress

〈ガスなど〉'を'(…に)『圧搾する』,圧縮する《+『名』+『into』+『名』》

〈思想・言語など〉'を'(…に)要約する《+『名』+『into』+『名』》

湿布

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

collapse

〈家・いすなどが〉『つぶれる』,陥没する

〈人が〉『倒れる』,〈健康などが〉急に衰える,虚脱状態になる

〈計画・希望などが〉つぶれる,だめになる

〈いす・机などが〉折り畳める

〈計画・運動など〉'を'つぶす,崩壊させる

〈いす・机など〉'を'折り畳む

(建造物などの)『崩壊』,陥没,倒壊《+『of』+『名』》

(健康などの)急激な衰弱,(気力などの)衰え《+『of』+『名』》

(希望・計画・事業などの)挫折,失敗,崩壊《+『of』+『名』》

infinitely

無限に

ばく大に

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

cube

〈C〉『立方体』;立方体の物(さいころ,敷石,木れんがなど)

〈U〉立方,3乗

〈数〉'を'3乗する

''を'立方体に切る

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

radii

radiusの複数形

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

Oxford

オクスフォード(英国南部のテムズ川畔の都市;オクスフォード大学の所在地)

=Oxford University

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

skeptical

疑い深い,懐疑的な

okay

=OK,O.K.

ordinary

『いつもの』(usual)

『普通の』,平凡な

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

explode

〈火薬など爆発物が〉『爆発する』,破裂する

(怒り・笑いなどで)〈人が〉爆発する《+『with』(『in』)+『名』》

〈人口などが〉急激に増す

〈物〉‘を'破裂させる;〈火薬など〉‘を'爆発させる

〈習慣・迷信・学説など〉‘を'くつがえす,‘が'誤りであることを証明する

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

supernova

超新星(太陽の14万倍から1億倍明るい新星)

remnant

(…の)残り,残余,おもかげ,なごり《+『of』+『名』》

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

prima donna

(歌劇の)女性の主役歌手

お姫様気取り

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

galactic

銀河の

nuclei

nucleusの複数形

nucleus

中心,核

(生物の)細胞核

原子核

starlight

星明かり,星の光

=starlit

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

energetic

『精力的な』,元気旺盛な

jet

(水・ガス・蒸気などの)『噴出』,噴射;噴出物,噴射物

噴出口,(ホースなどの)筒口

=jet plane

=jet engine

噴出する,噴射する

ジェット機で行く(旅行する)

…‘を'噴出する,噴射する

…‘を'ジェット機で運ぶ

emanate

〈命令・考え・提案・におい・音などが〉(…から)出る,発する《+『from』+『名』》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

compose

…'を'『構成する』

〈詩など〉'を'『作る』,書く;〈曲〉'を'作る;〈絵の構図〉'を'作る

〈自分,自分の気持〉'を'『静める』

〈活字〉'を'組む;…'を'活字に組む

〈争いなど〉'を'解決する,調停する

詩を作る;作曲する

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

gravitational

引力の,重力の

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

indirect

(道などが)『真っすぐでない』,回り道の

(話し方が)遠回しの,率直でない

(結果などが)『間接的な』,二次的な

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

nonetheless

『それでもなお』

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

notion

〈C〉『心に思うこと』,考え,意見

〈C〉『意図』,望み,思いつき

《複数形で》《米》小間物(針,糸,リボンなど)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

diet

(日本・デンマーク・スウェーデンなどの)『議会』,国会

suppress

〈反乱など〉‘を'『鎮圧する』…,‘の'活動を押える

〈感情・欲望など〉‘を'『抑制する』,抑える

…‘の'発表を禁止する,伏せる

phenomena

phenomenonの複数形

stealth

こっそり,内密

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

Milky Way

銀河,天の川(the Galaxy)

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

towards

toward

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

anyplace

=anywhere

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

astronomer

天文学者

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

planet

『惑星』,遊星

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

rate

〈C〉『割合』,『率』

〈C〉《the~,a~》『速度』(speed),進度

〈C〉『値段』,『相場』;料金

〈U〉等級(class),(…)等

《複数形ぃ》《英》地方税

(…の金額に)…‘の'『値段を決める』,見積もる《+『名』+『at』+『名』》

…‘を'『評価する』,みなす

《米話》…‘に'値する,‘の'価値がある

『評価される』;みなされる

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

region

(地理的な)『地域』,『地帯』;(特に広大な)地方

《複数形で》(宇宙などの)区分,界,属

(身体の)部分

(学問などの)分野,領域

《複数形で》(都会から離れた)地方

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

observatory

(自然現象,特に天体の)観察所

展朋台

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

court

(またcourtyard〈C〉(建物や壁に囲まれた)『中庭』;中庭式の区画

〈C〉(テニス・バスケットボールなどの)『コート』

〈C〉(場末の)路地,袋小路

〈C〉〈U〉《しばしばC-》『宮廷』,皇居;《集合的に》廷臣たち

〈C〉〈U〉『法廷』,裁判所(court of justice);裁判,公判(trial)

《the~》《集合的に》裁判官,判事

〈U〉《まれ》求愛,言い寄り;きげんとり,追従

〈有力者など〉‘の'きげんをとる;〈女〉‘に'求愛する

〈賞賛など〉'を'求める,得るように努める

〈災いなど〉'を'招く〈男女が〉仲よくする

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

campaign

(ある目的を持った一定地域での)『軍事行動』,作戦,戦闘

(政治的・社会的・商業的などの目的で行われる)(…の)『運動』,(特に)宣伝戦,選挙運動《+『against』』(『for』)+『名』》

(…の)運動に参加する,選挙運動をする《+『against』(『for』)+『名』》

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

atmosphere

《the ~》(地球を取り巻く)『大気』

〈C〉(特定の場所の)『空気』

〈C〉『雰囲気』,環境,周囲の状況

〈C〉気圧単位(1cm2に1.013ダインの力が働いたときの圧力《略》『atm』.)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

pebble

『小石』(おもに海岸・川岸で水の作用で丸くなったもの)

〈道など〉‘を'小石で舗装する

〈皮など〉‘に'凹凸模様をつける

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

stream

『小川』,流れ

(気体・液体の)『流れ』《+of+名》

(人・車などの)連続した動き,流れ《+of+名》・《単数形で》世論の動向,風潮;(思考などの)流れ《+of+名》・〈液体が〉『流れる』・(を)流し出す,流す《+with+名》・〈人などが〉流れるように続く,絶えず続く・〈旗などが〉ひるがえる,なびく・〈液体〉‘を'流し出す,流す

turbulent

荒れ狂う,混乱した

不穏な,騒がしい,動乱の

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

probably

『たぶん』,『おそらく』

lifestyle

生き方,生きざま

salary

給料・俸給(を与える、払う)

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

animation

〈U〉活気,生気,活発

〈U〉漫画(動画)製作

〈C〉漫画映画,動画(cartoon)

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

adaptive

適応できる,適応性のある

optics

光学

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

sudden

『突然の』,だしぬけの

急いだ,あわただしい;急な

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

optic

目の;視覚の

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

counteract

…‘の'影響(力)を弱める

〈薬・毒など〉'を'中和する,〈効力〉'を'消す

fancy

〈U〉(取りとめのない)『空想』,想像

空想したもの,根拠のない考え(意見)

〈C〉(…に対する)『好み』(liking)《+『for』+『名』(do『ing』)》

『装飾的な』,意匠をこらした

空想に基づく,気まぐれな

《名詞の前にのみ用いて》(商品が)高級な,特選の,極上の

《名詞の前にのみ用いて》《話》(値段が)法外な

高度の技術の(を要する),こみ入った

《名詞の前にのみ用いて》(動植物が)珍種の

…‘を'『空想する』,想像する(《米》imagine)

…‘を'『好む』

《『fancy doing』》…したい気がする

(なんとなく)…‘と'『思う』

eyeglass

(視力の弱いほうの目に用いる)片眼鏡,単眼鏡

《複数形で》めがね

(望遠鏡・顕微鏡などの)接眼鏡

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

square

『正方形』;四角な物;(チェス・チェッカーなどの盤の,正方形の)目,ます目

(四角い)『広場』(街路の交差点にあって,しばしば中央に植木や芝などが植えてあり,小公園になっている);《おもに英》広場の回りの建物(街路)(《略》Sq.)

(四方を街路で囲まれた方形の)一区画,ブロック

直角定規,かね尺

(数の)『2乗』,平方(《略》sq.)

《俗》旧式な人

『正方形の』,四角な,直角の,直角をなす

角ばった,がっかりした

『平方の』,2乗の(《略》『sq.』)

《補語にのみ用いて》対等の,五分五分の(even);貸し借りにない

正直な(honest),公正な(fair),正しい(just)

率直な,はっきりした,きっぱりした(direct)

実質のある,十分な

《俗》しゃちほこばった

=squarely

…‘を'正方形(四角)にする;直角にする

…‘を'正方形(四角)に区切る《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

〈肩・ひじなど〉‘を'張る

(人と)〈勘定〉‘を'決済する,清算する《+『名』〈勘定〉+『with』+『名』〈人〉》

(…と)…‘を'一致させる,適合させる《+『名』+『with』+『名』》

《受動態で》〈数〉‘を'2乗する;〈ある形・図形など〉‘の'平方積(面積)を求める

〈人〉‘を'買収する,抱き込む,…‘に'わいろを使う

〈試合の得点〉‘を'同点にする

(…と)一致する,適合する《+『with』+『名』》

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

tremendous

(大きさ・量・強度などで)『ものすごい』,途方もない

『恐ろしい』,ぞっとさせる

非常にすばらしい(wonderful)

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

label

(品名・製造元などを示す)『はり札』,ラベル;(小包などの)荷札

(団体・運動・政党支持者などの特徴を示す)短い文句,通り名;(辞書の見出し語などにつける)ラベル([物理][化学]など)

…‘に'『ラベルをはる』,荷札をつける;《比喩(ひゆ)的》〈人〉‘に'レッテルをはる

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

lifetime

『生涯』,一生

一生の,終生の

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

circle

『円』

(劇場などの)半円形のさじき

(…の)円形のもの《+『of』+『名』》

(活動・勢力などの)範囲

《時に複数形で》(共通の利害・活動などで結ばれた)『仲間』,団体,…界

一巡;循環

『円を描く』,旋回する

…'を'『円で囲む』;…'を'取り囲む

…‘の'回りを回る

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

solar system

太陽系

cram

(…に)…'を'ぎっしり詰める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…で)〈物〉'を'いっぱいにする《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'(…の)詰め込み勉強をさせる《+『名』+『with』+『名』》;〈学科〉'を'詰め込む

(…の)詰め込み勉強をする《+『for』+『名』》

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

advertising

《集合的に》広告;広告業

広告の

concentration

〈U〉(…への)(光線・注意などの)集中;(仕事などへの)専念,専心《+『on』+『名』》

〈C〉(人口などの)集中

〈U〉濃縮;〈液体の〉濃度

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

existence

〈U〉(…の)『存在』,実在《+『of』+『名』》

〈U〉『生存』

〈C〉『生活』,暮らし(life)

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

briefly

手短に,簡単に

excitement

〈U〉『興奮』,動揺

〈C〉興奮させるもの(事),刺激物

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

phase

(変化・発達の)『段階』,『局面』

(物事の)『面』,様相《+『of』+『名』》

(月・惑星などの)相

…‘を'段階的に調整(整理)する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

inconsistent

食い違っている,矛盾する

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

plenty

(数・量が)『たくさん』(の),『たっぷり』(の)《+『of』+『名』》

(あり余るほどの)豊かさ,豊富(abundance)

たくさんの,十分な

《話》全く(quite)

《米話》とても(very)

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

likewise

『同様に』(in the same way)

…もまた(also);さらに(moreover)

contrast

(違いを示すために)(二つのもの)'を'『対照させる』,対比する;(…と)…'を'対照させる《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『対照する』,対照的に引き立つ《+『with』+『名』》

〈U〉(…との)『対照』,対比《+『with』(『to』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…間の)対照的な差,(特に色・明るさの)対照,コントラスト《+『between』+『名』+『and』+『名』》,(…との)著しい相違《+『to』+『名』》

〈C〉(…と)対照的な人(物)《+『to』+『名』》

stellar

星の;星のような

スターの,花形の

主要な;すぐれた

nursery

『子供部屋』,育児室

苗床,苗木畑

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

fragile

『壊れやすい』,もろい

(体質が)虚弱な(weak);《おどけて》調子が悪い

(幸福などが)はかない

entity

実在するもの,実体

strip

…‘を'『裸にする』;(…を)…からはぎ取って裸にする《+名+of+名》

(…から)…‘を'『取り去る』,はぎ取る《+名+off(+off+名)+from+名》

(権利・栄誉・持と物などを)〈人など〉‘から'『奪う』,剥奪する《+名〈人〉+of+名》

〈ボルト・ギア・ねじなど〉‘の'ねじ山をすり減らす

服を脱ぐ,裸になる《+off》

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

anticipate

…'を'『予想する』,予期する

〈事〉‘に'『前もって(先に)対処する』

〈金など〉'を'見越して使う

〈人〉‘より'『先に行う』,‘に'先んずる

proceed

『取りかかる』,始める

(一度やめてまた)(…を)『続ける』,続行する《+『with』+『名』》

(一度止まってまた)(…へ)進む,前進する《+『to』+『名』》

〈事が〉進行する

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

blue

『青い』,あい色の

青黒い

《話》陰気な,憂うつな

〈U〉『青色』,あい色;青色の着物

〈U〉〈C〉青色絵の具,あい色染料

《the~》《詩》青空,青い海

《the blues》《話》気のふさぎ,うれいの色

《the blues》《ときに単数扱い》(ジャズ音楽の)ブルース

…'を'青色にする

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

dearth

(人・物の)不足,欠乏(lack, scarcity)《+『of』+『名』》

abundance

(あり余るほど)『たくさん』,『豊富』;《an~》たくさん(の…)《+『of』+『名』》

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

opposite

(位置が)『向こう側の』,反対側の,向かい合わせの

(動く方向が)反対の

(性質上)『正反対の』,相入れない

(…の)『正反対の人』(『物』),相入れないもの《+『of』+『名』》

…に向かい合って

prediction

〈U〉予報(予言)すること

〈C〉予報(予言)される事;(…という)予報,予言《+『that節』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

contradiction

否定,反ばく

矛盾

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

Hawaii

『ハワイ州』(ハワイ諸島より成る米国の州;州都はHonolulu)

ハワイ島(ハワイ諸島中の最大の島)

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

progress

(…に向かう)『前進』《+『toward』+『名』》

(目標・完成・解決へ向かう)『進歩』,進展《+『toward』+『名』》;(…における)進歩《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

『前進する』,進む

(…において)『進歩する』,進展する《+『÷≦』(『with』)+『名』》

sophisticated

『世慣れた』,世間ずれした,純真でない

洗練された,気のきいた

(機械・方式などが)極めて複雑な,精巧な

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

shoot

(…に)〈銃・大砲〉‘を'『撃つ』,発射する,〈弓など〉‘を'射る,〈弾丸・矢など〉‘を'放つ《+『名』+『at』(『toward』)+『名』》・〈人・物〉‘を'『撃つ』,射る・(…に)〈質問・用葉・考えなど〉‘を'矢つぎばやに出す,浴びせかける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》

(…に)〈光・視線・微笑など〉‘を'放つ,向ける《+『名』+『at』(『on』)+『名』》・〈手・足など〉‘を'突き出す,〈芽・枝など〉‘を'出す《『out』+『名,』+『名』+『out』》・〈急流など〉‘を'矢のように下る

〈かんぬきなど〉‘を'すっとはめる(はずす) ・《おもに受動態で》(違ったものを)…‘に'織り込む・差し込む,すっと入れる《+『名』+『with』+『名』》・〈写真・映画・テレビ〉‘を'取る,撮影する

〈ボール・アイスホッケーのパック〉‘を'ゴールにシュートする・《英》〈動物〉‘を'銃猟する;〈場所〉‘を'銃猟して歩く・『射撃する』;(…を)ねらった撃つ《+『at』+『名』》・〈銃・大砲などが〉発射される・《副詞[句]を伴って》す早く動く,矢のように走る,勢いよく出る・突き出る;芽(枝)を出す《+『out』》・(ボール・アイスホッケーをパックなどをゴールに)シュートする・《英》銃猟をする・《米話》話し始める・新芽,若枝・射撃試合,競射会;《英》遊猟会

射撃,発砲,発射;《米》)ロケット・宇宙船の)打ち上げ

laser

レーザー(強力な可視光線を発生させる;医療,通信,軍事用)

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

astronomy

『天文学』,星学

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

relativity

関係のあること,関連性,相関,相対性

《時にR-》(アインシュタインによる)相対性理論

cosmology

宇宙論

宇宙の起源・構造などを扱う哲学の一部門

宇宙の構造・進学を研究する天文学の一部門

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

exciting

(物事が)『興奮させる』

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

basically

基本的に,根本的に;元来は

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

contend

(…のことで…と)『争う』(compete),戦う《+『against』(『with』)+『名』+『for』(『about』)+『名』》

(…について…と)論争する《+『against』(『with』)+『名』〈人〉+『about』『against, for』)+『名』〈事〉》

interaction

(…との)相互作用《+『between』(『with』)+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

advent

《the ~》(際立ったもの・事件・人の)出現,到来《+『of』+『名』》

《A-》キリストの降臨;降臨節(クリスマス前のおよそ4週間の期間)

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画