TED日本語 - ピーター・モリニュー: バーチャルボーイ「マイロ」のデモ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ピーター・モリニューが、マイクロソフト社開発キネクト対応の待望ビデオゲーム「マイロ」のデモを行います。まるで本物の11歳のように鋭く感受性の高いこのバーチャルボーイは、見つめ、耳を傾け、学習し、そしてあなたを認識し、あなたに反応します。

Script

以前はナタル と呼ばれていた― キネクト というテクノロジを初めて見たとき これで ストーリーテリングの 一方通行の味気無さが なくなる!と思いました 生きているかのように プレイヤーを認識でき 見つめ返してくる― そんなキャラクタと共に 物語をつむぐことも 夢ではない!と思いました 1年前に私は ゲーム展示会 “E3”で この技術のデモ映像を 公開しました クレアという女性が 男の子と話すものでした するとネット上で “できっこないさ!” という声が 飛び交いました ですから 今日は ゲームの実際のデモを ご覧に入れようと思います

このテクノロジには 大きな要素が 3つあります 1つ目は 11月発売の キネクトカメラです 2つ目は 優秀なAIです マイクロソフト社の片隅で 見向きもされず 埃をかぶっていた物です 3つ目は 我々が ライオンヘッド社でやっていた 荒削りなAIの試みです これらを組み合わせ コンピュータ上に 生きた人間を作り出す夢を 実現しようとしました 種を明かしますと この技術のほとんどは 単なるトリックです ですが 巧妙なトリックです

では 早速 デモに移りましょう こちらは ディミトリです 手を 動かしてくれますか? 彼は座ったままです コントローラもなければ キーボードもありません マウスも ジョイスティックも ゲームパッドもありません 彼が使うのは 自分の手と 体と 声だけです まるで 人間同士のコミュニケーションです

続けて見ていきましょう マイロを ご紹介します ここだけの話… 生まれてきたとき マイロは ちょっと わがままでした 知ったかぶりだし お調子者でもあった彼に 私たちは 課題を与えるべく 引越しをさせました ロンドンを離れ やってきたのは アメリカのニューイングランドです 両親は とても忙しく かまってくれないので マイロは 心の中に あなたを作り出します あなたは マイロの歩く あちら側の世界と やりとりができます あなたとの交流を通して マイロの精神は 絶えず 影響を受けるので 二人として 同じマイロは 存在しません 各プレイヤーが 人格を育みます 何か 見つけたようですね お手伝い しましょうか カタツムリを 指差してみましょう 最初は とても単純です ちなみに男の子なら カタツムリで 女の子なら チョウです 彼女ら― カタツムリがダメ なんでしょう?

(笑)

これが マイロとの出会いの場面です ゲームに引き込む工夫が 沢山あります 彼の表情は完全に AIで作られています たとえば 赤面の具合から 怒ったときの 鼻孔の直径まで すべて制御されています ボディ マッチングを採用しており プレイヤーが顔を近づけると マイロは緊張して 表情に変化が現れます これは 本物らしさを 追求した結果です では 手の次に 体での操作に移りましょう マウスや ゲームパッドを 左右に押す代わりに 椅子に腰かけて リラックスしてください ゆったり座っていても プレイヤーの視線に応じて 視界が変わります

今から ディミトリが 手や 体の次に 声を使った操作を 披露してくれます 音声操作と言えば 上手くいかない場合が 多くありませんか? 音声操作で 航空券を買うと 見当違いなとこへ飛ばされたり… 私たちは それを克服し こちらを実現させました

マイロ:踏み潰そうかな…

ピーター:どうします ディミトリ?

女性:潰すか否かの 小さな選択も マイロの人格形成に 影響します 踏み潰させますか? マイクが表示されたら “はい” と言いましょう (ピーター:潰せ)

ディミトリ:よし マイロ 潰せ!

ピーター:あらら 悪い子ですね(笑) マイロの行動 見ました? “よし マイロ 潰せ” に反応しましたね ここで使われているのは マイクロソフト社が買収した Tellme という技術です 言語データベースが プレイヤーの話す 言葉を拾ったら 声調データベースが そのトーンを識別した上で その意味が解釈されます もう少し 遊んでみましょう 体を使った操作を 見てみましょう こういう感じです

マイロ:深いのかな? 深いや…

ピーター:では 今から マイロに 水切りを 教えましょう 興味深い点ですが 男性はここで すぐに 競争に持っていこうとします 最初の数回 教えると すぐに 負かしにかかります それに比べ 女性は 丁寧に育成しようとします 水切りを やってみましょう やり方は 簡単です まずは 立って 石で 水を切る 簡単ですね このテクノロジは あなたの位置や 動きから 座っていたあなたが 今は立っていることを 把握します ちょうど人間がやるように そう把握するのです このテクノロジが マイロを より人間らしく しています

女性:もっと上達させましょう ボートを狙いましょう

マイロ:ああ… 惜しい

ピーター:勝負モード全開のディミトリに 打ち負かされた11歳…お見事です(笑)

マイロ:はーい

ピーター:マイロが両親に呼ばれました せっかくなので 少し 別行動しましょう 実は マイロは両親から 部屋を片付けるよう 言われていました ここは 私たちの出番です 部屋をきれいにして 彼の深層心理に 働きかけましょう とうとうマイロと 言葉を交わす時が来ました これが このテクノロジの 醍醐味だと思っています これには 場面設定が 必要でしたので 私たちはマイロに 問題を起こさせました

ディミトリが 片付けを始めると 両親とマイロの 言い争いが 聞こえてくるはずです

母:なによ このシミ! (マイロ:わざとじゃないさ)

母:これ新品なのよ!

ピーター:どうやら ソーセージを 新品の絨毯に落として 叱られたようですね 誰にでも 経験のある話です ここで ディミトリの出番です 元気付けてやりましょう マイロは今 大変なのです まだ 友達もいません だから 今こそが あちらと こちらを繋ぐ 扉を開く時なのです

女性:どうぞマイロを 励ましてやってください

なあ マイロ 元気出せよ 親なんてみんな あんなさ

どうして ここへ来たんだろう? 知り合いも いないのに…

新しい学校に 行くんだろ 良い友達が いっぱいできるぞ 前の家が 恋しいんだ それだけさ…

この家も悪くないぞ マイロ 庭もあるし 池もあるだろ

水切り 楽しかったよ あれ この部屋… 掃除してくれたの? ありがとう

ピーター:45分程で マイロは 初めてあなたに気が付きます これを実際に体験すると 実に感動的です さあ ぜひとも マイロの人生の 物語をつむいでください マイロは たくさんの冒険をします 中には やばいのもありますが 勇気づけられる冒険も いっぱいです 学校にも通います

そして何より これは あなたの物語でもあるのです こちらにある物を マイロに理解させることもできます 彼の“心”は クラウド内に 存在します つまり― 何百万人が 使うごとに どんどん 賢くなっていくのです 物体の認識力も 上がり 言語能力も 上がります

私は 大きな 感動を覚えます とうとう 邪魔物なく テクノロジと繋がれるのです コントローラが消えましたし ストーリーテリングの観点から言えば 一方通行だった味気無さが 一気に解消されました こういう大変革が 大好きです マイロがもたらす未来も 大好きです

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

When I saw a piece of technology called Kinect -- it was called Natal -- I was inspired, and I thought for a moment, maybe it's possible to address that one problem of storytelling, to create a character which seemed alive, which noticed me, that could look me in the eyes and feel real, and sculpt a story about our relationship. And so a year ago, I showed this off at a computer show called E3. And this was a piece of technology with someone called Claire interacting with this boy. And there was a huge row online about, "Hey, this can't be real." And so I waited till now to have an actual demo of the real tech.

Now, this tech incorporates three big elements. The first is a Kinect camera, which will be out in November, some incredible AI that was hidden in the dusty vaults, collecting dust in Microsoft, plus our quite crude attempts at AI at a company called Lionhead, mixing all those things together just to get to this one simple idea: to create a real, living being in a computer. Now, I'll be honest with you and say that most of it is just a trick, but it's a trick that actually works.

So why don't we go over and have a look at the demo now. This is Dimitri. Dimitri, just waggle your arm around. Now, you notice he's sitting. There are no controllers, no keyboards, or mice, or joysticks, or joypads. He is just going to use his hand, his body and his voice, just like humans interact with their hands, body and voice.

So let's move forward. You're going to meet Milo for the first time. We had to give him a problem because when we first created Milo, we realized that he came across as a little bit of a brat, to be honest with you. He was quite a know-it-all, and he wanted to kind of make you laugh. So the problem we introduced to him was this: he's just moved house. He's moved from London to New England, over in America. His parents are too busy to listen to his problems, and that's when he starts almost conjuring you up. So here he is walking through the grass. And you're able to interact with his world. The cool thing is, what we're doing is we're changing the mind of Milo constantly. That means no two people's Milos can be the same. You're actually sculpting a human being here. So, he's discovering the garden. You're helping him discover the garden by just pointing out these snails. Very simple at the start. By the way, if you are a boy, it's snails; if you're a girl, it's butterflies because what we found was that girls hate snails.

(Laughter)

So remember, this is the first time you've met him, and we really want to draw you in and make you more curious. His face, by the way, is fully AI-driven. We have complete control over his blush responses, the diameter of his nostrils to denote stress. We actually do something called body matching. If you're leaning forward, he will try and slightly change the neuro-linguistic nature of his face, because we went out with this strong idea: how can we make you believe that something's real? Now we've used the hand. The other thing to use is your body. Why not just, instead of pushing left and right with a mouse or with a joypad, why not use your body just to lean on the chair -- again, relaxed? You can lean back, but the camera will change its perspective depending on which way you're looking.

So Dimitri's now going to use -- he's used his hand; he's used his body. He's now going to use the other thing which is essential, and that's his voice. Now, the thing about voice is, our experience with voice recognition is pretty awful, isn't it? It never works. You order an airline ticket; you end up in Timbuktu. So we've tackled that problem, and we've come up with a solution, which we'll see in a second.

Milo: I could just squish it.

Peter Molyneux: What are you going to do, Dimitri?

Female Voice: Squashing a snail may not seem important, but remember, even this choice will affect how Milo develops. Do you want Milo to squash it? When you see the microphone, say ... (PM: Squash.) ... yes to decide.

Dimitri: Go on, Milo. Squash it.

PM: No. That's the wrong thing to do. Now look at his response. He said, "Go on, Milo. Squash it." What we're using there is, we're using something, a piece of technology called Tellme. It's a company that Microsoft acquired some years ago. We've got a database of words which we recognize. We pick those words out. We also reference that with the tonation database that we build up of Dimitri's voice, or the user's voice. Now we need to have a bit more engagement, and again, what we can do is we can look at the body. And we'll do that in a second.

Milo: I wonder how deep it is. Deep.

PM: Okay. So what we're going to do now is teach Milo to skim stones. We're actually teaching him. It's very, very interesting that men, more than women, tend to be more competitive here. They're fine with teaching Milo for the first few throws, but then they want to beat Milo, where women, they're more nurturing about this. Okay, this is skimming stones. How do you skim stones? You stand up, and you skim the stone. It's that simple. Just recognizing your body, recognizing the body's motions, the tech, understanding that you've gone from sitting down to standing up. Again, all of this is done in the way us humans do things, and that's crucially important if we want Milo to appear real.

Female Voice: See if you can inspire him to do any better. Try hitting the boat.

Milo: Ahhh. So close.

PM: That's Dimitri at his most competitive. Now beaten an 11-year-old child. Well done.

Milo: Okay.

PM: So, Milo's being called back in by his parents, giving us time to be alone and to help him out. Basically -- the bit that we missed at the start -- his parents had asked him to clean up his room. And we're going to help him with this now. But this is going to be an introduction, and this is all about the deep psychology that we're trying to use. We're trying to introduce you to what I believe is the most wonderful part, you being able to talk in your natural voice to Milo. Now, to do that, we needed a set up, like a magician's trick. And what we did was, we needed to give Milo this big problem.

So as Dimitri starts tidying up, you can overhear a conversation that Milo's having with his parents.

Milo's Mom: Oh, you've got gravy all over the floor. (Milo: I didn't mean to!)

Milo's Mom: That carpet is brand new.

PM: So he's just spilled a plate of sausages on the floor, on the brand-new carpet. We've all done it as parents; we've all done it as children. Now's a chance for Dimitri to kind of reassure and calm Milo down. It's all been too much for him. He's just moved house. He's got no friends. Now is the time when we open that portal and allow you to talk to Milo.

Female Voice: Why don't you try saying something encouraging to cheer Milo up.

Dimitri: Come on, Milo. You know what parents are like. They're always getting stressed.

Milo: What do they want to come here for anyway? We don't know anyone.

Dimitri: Well, you've got a new school to go to. You're going to meet loads of cool, new friends. Milo: I just really miss my old house, that's all.

Dimitri: Well, this is a pretty awesome house, Milo. You've got a cool garden to play in and a pond.

Milo: It was good skimming stones. This looks nice. You cleaned up my room. Thanks.

PM: So after three-quarters of an hour, he recognizes you. And I promise you, if you're sitting in front of this screen, that is a truly wonderful moment. And we're ready now to tell a story about his childhood and his life, and it goes on, and he has, you know, many adventures. Some of those adventures are a little bit dark or on the darker side. Some of those adventures are wonderfully encouraging -- he's got to go to school.

The cool thing is that we're doing as well: as you interact with him, you're able to put things into his world; he recognizes objects. His mind is based in a cloud. That means Milo's mind, as millions of people use it, will get smarter and cleverer. He'll recognize more objects and thus understand more words.

But for me, this is a wonderful opportunity where technology, at last, can be connected with, where I am no longer restrained by the finger I hold in my hand -- as far as a computer game's concerned -- or by the blandness of not being noticed if you're watching a film or a book. And I love those revolutions, and I love the future that Milo brings.

Thank you very much indeed.

(Applause)

When I saw a piece of technology called Kinect --/ it was called Natal --/ I was inspired,/ and I thought for a moment,/ maybe/ it's possible/ to address/ that one problem of storytelling,/ to create a character/ which seemed alive,/ which noticed me,/ that could look me/ in the eyes/ and feel real,/ and sculpt a story/ about our relationship.//

以前はナタル と呼ばれていた― キネクト というテクノロジを初めて見たとき これで ストーリーテリングの 一方通行の味気無さが なくなる!と思いました 生きているかのように プレイヤーを認識でき 見つめ返してくる― そんなキャラクタと共に 物語をつむぐことも 夢ではない!と思いました

And so a year ago,/ I showed this off/ at a computer show called E3.//

1年前に私は ゲーム展示会 “E3”で この技術のデモ映像を 公開しました

And this was a piece of technology/ with someone called Claire/ interacting with this boy.//

クレアという女性が 男の子と話すものでした

And there was a huge row online about,/ "Hey,/ this can't be real."//

するとネット上で “できっこないさ!” という声が 飛び交いました

And so I waited till now/ to have an actual demo of the real tech.//

ですから 今日は ゲームの実際のデモを ご覧に入れようと思います

Now,/ this tech incorporates three big elements.//

このテクノロジには 大きな要素が 3つあります

The first is a Kinect camera,/ which will be out in November,/ some incredible AI/ that was hidden in the dusty vaults,/ collecting dust/ in Microsoft,/ plus our quite crude attempts/ at AI/ at a company called Lionhead,/ mixing all those things together just to get to this one simple idea:/ to create a real,/ living/ being in a computer.//

1つ目は 11月発売の キネクトカメラです 2つ目は 優秀なAIです マイクロソフト社の片隅で 見向きもされず 埃をかぶっていた物です 3つ目は 我々が ライオンヘッド社でやっていた 荒削りなAIの試みです これらを組み合わせ コンピュータ上に 生きた人間を作り出す夢を 実現しようとしました

Now,/ I'll be honest/ with you/ and say/ that most of it is just a trick,/ but it's a trick/ that actually/ works.//

種を明かしますと この技術のほとんどは 単なるトリックです ですが 巧妙なトリックです

So/ why don't we go over/ and have a look/ at the demo/ now.//

では 早速 デモに移りましょう

This is Dimitri.//

こちらは ディミトリです

Dimitri,/ just waggle your arm around.//

手を 動かしてくれますか?

Now,/ you notice/ he's sitting.//

彼は座ったままです

There are no controllers,/ no keyboards,/ or mice,/ or joysticks,/ or joypads.//

コントローラもなければ キーボードもありません マウスも ジョイスティックも ゲームパッドもありません

He is just going to use/ his hand,/ his body and his voice,/ just like humans interact with their hands, body and voice.//

彼が使うのは 自分の手と 体と 声だけです まるで 人間同士のコミュニケーションです

So let's move forward.//

続けて見ていきましょう

You're going to meet/ Milo/ for the first time.//

マイロを ご紹介します

We had to give/ him/ a problem/ because/ when we first created Milo,/ we realized/ that he came across/ as a little bit of a brat,/ to be honest/ with you.//

ここだけの話… 生まれてきたとき マイロは ちょっと わがままでした

He was quite a know-it-all,/ and he wanted to kind/ of make you laugh.//

知ったかぶりだし お調子者でもあった彼に

So the problem/ we introduced to him was this:/ he's just moved house.//

私たちは 課題を与えるべく 引越しをさせました

He's moved from London/ to New England,/ over in America.//

ロンドンを離れ やってきたのは アメリカのニューイングランドです

His parents are too busy/ to listen to his problems,/ and that's/ when he starts almost conjuring/ you up.//

両親は とても忙しく かまってくれないので マイロは 心の中に あなたを作り出します

So here/ he is walking through the grass.//

あなたは マイロの歩く あちら側の世界と

And you're able/ to interact with his world.//

やりとりができます

The cool thing is,/ what we're doing/ is we're changing the mind of Milo constantly.//

あなたとの交流を通して マイロの精神は 絶えず 影響を受けるので

That means no two people's Milos can be the same.//

二人として 同じマイロは 存在しません

You're actually sculpting/ a human/ being here.//

各プレイヤーが 人格を育みます

So,/ he's discovering the garden.//

何か 見つけたようですね

You're helping/ him/ discover the garden/ by just/ pointing out/ these snails.//

お手伝い しましょうか カタツムリを 指差してみましょう

Very simple/ at the start.//

最初は とても単純です

By the way,/ if you are a boy,/ it's snails;/ if you're a girl,/ it's butterflies/ because/ what we found was/ that girls hate snails.//

ちなみに男の子なら カタツムリで 女の子なら チョウです 彼女ら― カタツムリがダメ なんでしょう?

(笑)

So remember,/ this is the first time/ you've met him,/ and we really want to draw/ you in/ and make you more curious.//

これが マイロとの出会いの場面です ゲームに引き込む工夫が 沢山あります

His face,/ by the way,/ is fully AI-driven.//

彼の表情は完全に AIで作られています

We have complete control/ over his blush responses,/ the diameter of his nostrils to denote stress.//

たとえば 赤面の具合から 怒ったときの 鼻孔の直径まで すべて制御されています

We actually do/ something called body matching.//

ボディ マッチングを採用しており

If you're leaning/ forward,/ he will try/ and slightly change the neuro-linguistic nature of his face,/ because we went out/ with this strong idea:/ how can we make you believe/ that something's real?//

プレイヤーが顔を近づけると マイロは緊張して 表情に変化が現れます これは 本物らしさを 追求した結果です

Now/ we've used the hand.//

では 手の次に

The other thing to use is your body.//

体での操作に移りましょう

Why not just,/ instead of pushing left and right/ with a mouse/ or with a joypad,/ why not use your body just/ to lean on the chair --/ again,/ relaxed?//

マウスや ゲームパッドを 左右に押す代わりに 椅子に腰かけて リラックスしてください

You can lean back,/ but the camera will change its perspective/ depending/ on which way you're looking.//

ゆったり座っていても プレイヤーの視線に応じて 視界が変わります

So Dimitri's now going to use --/ he's used his hand;/ he's used his body.//

今から ディミトリが 手や 体の次に

He's now going to use/ the other thing/ which is essential,/ and that's his voice.//

声を使った操作を 披露してくれます

Now,/ the thing/ about voice is,/ our experience/ with voice recognition is pretty awful,/ isn't it?//

音声操作と言えば 上手くいかない場合が 多くありませんか?

It never works.//

音声操作で 航空券を買うと

You order an airline ticket;/ you end up/ in Timbuktu.//

見当違いなとこへ飛ばされたり…

So/ we've tackled/ that problem,/ and we've come up/ with a solution,/ which we'll see in a second.//

私たちは それを克服し こちらを実現させました

Milo:/ I could just squish it.//

マイロ:踏み潰そうかな…

Peter Molyneux:/ What are you/ going to do,/ Dimitri?//

ピーター:どうします ディミトリ?

Female Voice:/ Squashing a snail may not seem important,/ but remember,/ even this choice will affect/ how Milo develops.//

女性:潰すか否かの 小さな選択も マイロの人格形成に 影響します

Do you want Milo/ to squash it?//

踏み潰させますか?

When you see the microphone,/ say ...// (PM:/ Squash.//) ...// yes to decide.//

マイクが表示されたら “はい” と言いましょう (ピーター:潰せ)

Dimitri:/ Go on,/ Milo.// Squash/ it.//

ディミトリ:よし マイロ 潰せ!

PM:/ No.// That's the wrong thing/ to do.//

ピーター:あらら 悪い子ですね(笑)

Now look at his response.//

マイロの行動 見ました?

He said,/ "Go on,/ Milo.// Squash it."//

“よし マイロ 潰せ” に反応しましたね

What we're using/ there is,/ we're using/ something,/ a piece of technology called Tellme.//

ここで使われているのは マイクロソフト社が買収した

It's a company/ that Microsoft acquired some years ago.//

Tellme という技術です

We've got a database of words/ which we recognize.//

言語データベースが

We pick/ those words out.//

プレイヤーの話す

We also reference/ that with the tonation database/ that we build up/ of Dimitri's voice,/ or the user's voice.//

言葉を拾ったら 声調データベースが そのトーンを識別した上で その意味が解釈されます

Now/ we need to have/ a bit more engagement,/ and again,/ what we can do/ is we can look at the body.//

もう少し 遊んでみましょう 体を使った操作を 見てみましょう

And we'll do that/ in a second.//

こういう感じです

Milo:/ I wonder how deep/ it is.//

マイロ:深いのかな?

深いや…

PM:/ Okay.// So/ what we're going to do now is teach Milo/ to skim stones.//

ピーター:では 今から マイロに 水切りを

We're actually teaching/ him.//

教えましょう

It's very, very interesting/ that men,/ more/ than women,/ tend to be more competitive here.//

興味深い点ですが 男性はここで すぐに 競争に持っていこうとします

They're fine/ with teaching Milo/ for the first few throws,/ but then/ they want to beat/ Milo,/ where women,/ they're more/ nurturing about this.//

最初の数回 教えると すぐに 負かしにかかります それに比べ 女性は 丁寧に育成しようとします

Okay,/ this is skimming stones.//

水切りを やってみましょう

How do you skim stones?//

やり方は 簡単です

You stand up,/ and you skim the stone.//

まずは 立って 石で 水を切る

It's/ that simple.//

簡単ですね

Just recognizing/ your body,/ recognizing the body's motions,/ the tech,/ understanding/ that you've gone from sitting down to standing up.//

このテクノロジは あなたの位置や 動きから 座っていたあなたが 今は立っていることを 把握します

Again,/ all of this is done in the way/ us/ humans do things,/ and that's crucially important/ if we want Milo/ to appear real.//

ちょうど人間がやるように そう把握するのです このテクノロジが マイロを より人間らしく しています

Female Voice:/ See/ if you can inspire him/ to do any better.//

女性:もっと上達させましょう

Try/ hitting the boat.//

ボートを狙いましょう

Milo:/ Ahhh.// So close.//

マイロ:ああ… 惜しい

PM:/ That's Dimitri/ at his most competitive.//

ピーター:勝負モード全開のディミトリに

Now beaten an 11-year-old child.// Well done.//

打ち負かされた11歳…お見事です(笑)

Milo:/ Okay.//

マイロ:はーい

PM:/ So,/ Milo's being called back/ in by his parents,/ giving us/ time to be alone/ and to help him out.//

ピーター:マイロが両親に呼ばれました せっかくなので 少し 別行動しましょう

Basically --/ the bit/ that we missed at the start --/ his parents had asked him/ to clean up/ his room.//

実は マイロは両親から 部屋を片付けるよう 言われていました

And we're going to help/ him/ with this now.//

ここは 私たちの出番です

But this is going to be an introduction,/ and this is all about the deep psychology/ that we're trying to use.//

部屋をきれいにして 彼の深層心理に 働きかけましょう

We're trying to introduce/ you/ to/ what I believe is the most wonderful part,/ you/ being able to talk in your natural voice/ to Milo.//

とうとうマイロと 言葉を交わす時が来ました これが このテクノロジの 醍醐味だと思っています

Now,/ to do that,/ we needed a set up,/ like a magician's trick.//

これには 場面設定が 必要でしたので

And what we did/ was,/ we needed to give/ Milo/ this big problem.//

私たちはマイロに 問題を起こさせました

So/ as Dimitri starts tidying up,/ you can overhear a conversation/ that Milo's having with his parents.//

ディミトリが 片付けを始めると 両親とマイロの 言い争いが 聞こえてくるはずです

Milo's Mom:/ Oh,/ you've got gravy all/ over the floor.// (Milo:/ I didn't mean to!//)//

母:なによ このシミ! (マイロ:わざとじゃないさ)

Milo's Mom:/ That carpet is brand new.//

母:これ新品なのよ!

PM:/ So he's just spilled a plate of sausages/ on the floor,/ on the brand-new carpet.//

ピーター:どうやら ソーセージを 新品の絨毯に落として 叱られたようですね

We've all done it/ as parents;/ we've all/ done it/ as children.//

誰にでも 経験のある話です

Now's a chance/ for Dimitri/ to kind of reassure and calm Milo down.//

ここで ディミトリの出番です 元気付けてやりましょう

It's all been too much/ for him.//

マイロは今 大変なのです

He's just moved house.// He's got no friends.//

まだ 友達もいません

Now is the time/ when we open/ that portal/ and allow you/ to talk to Milo.//

だから 今こそが あちらと こちらを繋ぐ 扉を開く時なのです

Female Voice:/ Why don't you try saying/ something/ encouraging to cheer/ Milo up.//

女性:どうぞマイロを 励ましてやってください

Dimitri:/ Come on,/ Milo.// You know/ what parents are/ like.//

なあ マイロ 元気出せよ

They're always getting stressed.//

親なんてみんな あんなさ

Milo:/ What do they want to come here/ for anyway?//

どうして ここへ来たんだろう?

We don't know anyone.//

知り合いも いないのに…

Dimitri:/ Well,/ you've got a new school/ to go to.//

新しい学校に 行くんだろ

You're going to meet/ loads of cool, new friends.//

良い友達が いっぱいできるぞ

Milo:/ I just really miss my old house,/ that's all.//

前の家が 恋しいんだ それだけさ…

Dimitri:/ Well,/ this is a pretty awesome house,/ Milo.//

この家も悪くないぞ マイロ

You've got a cool garden/ to play in and a pond.//

庭もあるし 池もあるだろ

Milo:/ It was good skimming stones.//

水切り 楽しかったよ

This looks nice.//

あれ この部屋…

You cleaned up/ my room.//

掃除してくれたの?

ありがとう

PM:/ So/ after three-quarters of an hour,/ he recognizes you.//

ピーター:45分程で マイロは 初めてあなたに気が付きます

And I promise you,/ if you're sitting/ in front of this screen,/ that is a truly wonderful moment.//

これを実際に体験すると 実に感動的です

And we're ready now/ to tell a story/ about his childhood and his life,/ and it goes on,/ and he has,/ you know,/ many adventures.//

さあ ぜひとも マイロの人生の 物語をつむいでください マイロは たくさんの冒険をします

Some of those adventures are a little bit dark/ or/ on the darker side.//

中には やばいのもありますが

Some of those adventures are wonderfully encouraging --/ he's got to go/ to school.//

勇気づけられる冒険も いっぱいです 学校にも通います

The cool thing is/ that we're doing/ as well:/ as you interact with him,/ you're able/ to put things/ into his world;/ he recognizes objects.//

そして何より これは あなたの物語でもあるのです こちらにある物を マイロに理解させることもできます

His mind is based in a cloud.//

彼の“心”は クラウド内に

That means Milo's mind,/ as millions of people use it,/ will get smarter and cleverer.//

存在します つまり― 何百万人が 使うごとに どんどん 賢くなっていくのです

He'll recognize more objects/ and thus understand more words.//

物体の認識力も 上がり 言語能力も 上がります

But for me,/ this is a wonderful opportunity/ where technology,/ at last,/ can be connected with,/ where I am no longer restrained by the finger/ I hold in my hand --/ as far/ as a computer game's concerned --/ or by the blandness of not being noticed/ if you're watching/ a film or a book.//

私は 大きな 感動を覚えます とうとう 邪魔物なく テクノロジと繋がれるのです コントローラが消えましたし ストーリーテリングの観点から言えば 一方通行だった味気無さが 一気に解消されました

And I love those revolutions,/ and I love the future/ that Milo brings.//

こういう大変革が 大好きです マイロがもたらす未来も 大好きです

Thank you very much indeed.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

natal

《おもに文》誕生の

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

notice

〈U〉『人目を引くこと』,注意,注目,関心

〈U〉『通告,通知』,警告;(契約解除の正式な)通知,予告

〈C〉(…の)『掲示』,はり紙,びら《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》(新聞・雑誌などにのる)批評,紹介

(赤ちゃんが)知恵がつく

(視覚・聴覚など五感で)…‘に'『気がつく』,‘を'認める;(心で)‥‘に'気がつく(進行形にできない)

…‘に'注意を払う,関心を持つ

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

sculpt

…‘を'彫刻する

彫刻をする

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

computer

『計算機』;『電子計算機』

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

row

(人や物の)(特にまっすぐな)『列』,並び《+『of』+『名』》

(劇場・教室などの)座席の列

(両側に建物の並んだ)通り;《しばしば町名として》…通り

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

hey

おや,おい,へえ,ちょっと(注意を促したり,喜び・驚き・困惑などの突然わき起こった感情の発声)

ca

circa

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

incorporate

〈事業など〉‘を'法人[組織]にする

(…に)…‘を'合併する,編入する,組み入れる,加入させる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》,(…と)…‘を'合併する《+『名』+『with』+『名』》

〈団体などが〉(…と)合併する,一体となる《+『with』+『名』》

法人[組織]の

合併した,一体となった

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

November

11月(《略》Nov.)

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

dusty

『ほこりっぽい』,ほこりだらけの

ほこりのような色の,つやのない

ほこりのような,粉末状の

vault

〈C〉(石・コンクリート・れんがなどでできた)『アーチ型天井』,『丸屋根』,丸天井

〈U〉《the ~》《詩》丸天井に似たもの,青天井,大空

〈C〉(特に貯蔵用に使われる)『地下室』

〈C〉(特に銀行などの)金庫宝,貴重品管理室

〈C〉(教会・墓地の)地下納骨堂

〈建物など〉‘に'丸天井をつける

〈建物など〉‘を'丸天井様式にする

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

crude

(原材料が)『天然のままの』,未加工の

(製品・作品などが)仕上がりの悪い,荒造りの

(言葉・態度・考え方などが)粗雑な,不作法な

=crude oil

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

waggle

…‘を'振る,揺り動かす(wag)

揺れ動く

揺れ,振ること

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

sitting

〈U〉座ること,着席・〈C〉(読書・モデル・その他の仕事などをするために)座ること,ポーズをとること;一座りの時間;一仕事

〈C〉(議会・法廷などの)開会[期間],開廷[期間]

〈C〉(鳥の)巣ごもり,抱卵[期];1回に抱く卵

〈C〉(教会・劇場などの)座席

〈C〉(多人数に出す)1回分の食事の用意

座っている;(鳥が)卵を抱いている

(議会などで)現職の

《英》(ある場所に)現住の

controller

管理する人,監督者,取締人

(また『comptroller』)(会計などの)監査役;会計検査官

keyboard

(ピアノ・タイプライターなどの)鍵盤(けんばん)

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたいて〈情報〉‘を'入れる

(計算器・コンピューターなどの)キーをたたく

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

joystick

(航空機の)操縦桿; (機械の)操作レバー;(コンピュータ、テレビゲーム用の)ジョイスティック・(俗語)ペニス、陰茎、おちんちん

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

voice

〈U〉(人間の)『声』

〈U〉声を出す力,物を言う力

〈C〉〈U〉声の質,声の状態(調子)

〈C〉(人の声を思わせる)(…の)音《+of+名》

〈C〉(人の声にたとえた)(…の)音《+of+名》

〈U〉〈C〉『発言権』,選択権,投票権

〈U〉表現,表明;意見

〈C〉(声楽の)声

〈C〉(文法で)態

〈気持ちなど〉‘を'言い表す,口に出す

〈音〉‘を'有声音で発音する

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

brat

《軽べつして》小僧,がき

know-it-all

=know-all

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

New England

ニューイングランド(Connecticut,Massachusetts,Rhode Island,Vermont,New Hampshire,Maineの米国北東部6州)

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

conjure

…'を'魔法で出す(呼び出す)《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(魔法をかけられたかのように)〈記憶など〉'を'思い起こす,呼び起こす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに文》…'を'懇願する;〈人〉‘に'懇願する

魔法を使う;手品(奇術)をする

grass

〈U〉《集合的に》『草』;牧草;イネ科の植物

〈U〉『草地』;牧草地,芝生

〈U〉《俗》マリファナ(marijuana)

〈C〉《英俗》密告者

〈人が〉仕事を離れて休養する

〈人〉を休ませる,に暇を出す

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

constantly

『絶えず』,しきりに

(規則的に)しばしば,たびたび

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

snail

カタツムリ

butterfly

〈C〉『チョウ』

(またbutterfly stroke)〈U〉(水泳で)バタフライ

hate

…‘を'『憎む』,『ひどくきらう』;《話》…‘を'いやだと思う

憎しみ,憎悪(hatred)

laughter

『笑い』,笑い声

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

fully

『十分に』,完全に

まるまる

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

blush

(当惑・恥ずかしさのために)『顔を赤らめる』,赤面する

〈C〉(当惑・恥ずかしさによる)『赤面』

〈U〉〈C〉赤み,ばら色

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

diameter

『直径』

(レンズなどの)倍率

nostril

鼻孔

denote

…‘を'示す,表す;…‘の'記号である

stress

〈U〉〈C〉(精神的・感情的な)『緊張』,ストレス

〈U〉(…に対する)『強調』,力説《+on+名》

〈C〉〈U〉『強勢』,アクセント

〈U〉(一般に)『圧迫』,圧力

…‘を'『強調する』,力説する

〈音節・語〉‘に'強勢(アクセント)を置く

《まれ》(に)圧力をかける

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

slightly

『わずかに』,少し

(人・体格などが)ほっそりと;(建物などが)もろく

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

instead

『その代りとして』,それよりも

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

awful

(光景・事故などが)『恐ろしい』,すさまじい

《話》(行為が)『ひどい』,見苦しい

《話》(程度が)大きい,すごい(great)

《俗》ひどく,すごく(very, extremely)

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

airline

航空路(airway)

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

tackle

〈U〉(スポーツ,特に釣りなどの)『道具』,装具

〈C〉〈U〉『滑車装置』,巻き上げ装具・〈C〉(ラグビー・アメリカンフットボールで)『タックル』

〈問題・仕事など〉‘に'『取り組む』;(…について)〈人〉‘と'渡り合う《+名〈人〉+about(on, over)+名》

〈人〉‘を'組み伏せる,‘に'タックルする

(ラグビー・フットボールで)〈ボールを持っている相手〉‘に'タックルする

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

squish

…‘を'絞る,押しつぶす

(水・ぬかるみの中で)ビチャビチャ音をたてる

ビヂャビヂャという音

Peter

ペテロ(『Saint』(『St.』)~;?‐67?;聖ペテロ(キリストの12使徒のひとり))

(新約聖書の)ペテロの手紙

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

squash

…‘を'押しつぶす,ぐしゃぐしゃにする

(…の中に)…‘を'押し込める,詰め込む《+名+into(in)+名》

〈暴動など〉‘を'鎮圧する;《話》〈人〉‘を'やり込めて黙らせる

つぶれる,ぺしゃんこになる

(…の中に)割り込んでいく《+『into』(『in』)+『名』》

《a~》雑踏,群衆(crowd)

〈U〉押しつぶすこと;押しつぶされた状態;〈C〉ペシャッ]とつぶれる音],ペタン]と落ちる音]

〈U〉《英》スカッシュ(果汁(かじゅう)をもとにした清涼飲料)

=squash rackets

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

acquire

(不断の努力・習慣などで)…'を'『習得する』,身につける

〈財産・権利など〉'を'手に入れる,取得する

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

engagement

〈C〉『約束』,契約,取り決め;(会合などの)約束,予約《+『for』+『名』》;(人との)約束《+『with』+『名』》

〈C〉『婚約』;婚約期間

〈C〉雇用;雇用期間

〈C〉会戦,交戦

《複数形で》債務,負債

〈U〉〈C〉(歯車などの)かみ合わせ

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

okay

=OK,O.K.

skim

〈液体〉‘から'『上澄みを取る』,浮遊物をすくい取る

(液体から)〈浮遊物〉‘を'『すくい取る』,〈上澄み〉‘を'取る《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

…‘を'『ざっと読む』

〈水面など〉‘を'『滑るように進む』,かすめて飛ぶ;(水面などすれすれに)…‘を'飛ばす(skip)

《副詞[句]を伴って》『滑るように進む』,かすめて飛ぶ

(…を)ざっと読む《+『through』(over)+『名』(do『ing』)》

(牛乳が)脱脂の(skimmed)

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

competitive

競争の,競争による

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

nurture

…‘を'養う,養育する

…‘を'発展させる,伸ばす

食物,栄養物

《文》養育,養成

stand

〈人・動物が〉『立つ』,立っている

(すわっていたのが)『立ち上がる』,起立する《+『up』》

〈物が〉(ある場所に)『立っている』,立てかけてある,置かれている

《副詞[句]を伴って》『位置する』ある(進行形にできない)

〈人物が〉状態(関係)にある

〈人が〉(…に)(賛成・反対の)態度をとる,主張をする《+『for』(『against』)+『名』》

《『stand』+『名』(『形』)〈補〉》〈身長・得点・温度・順位などが〉(…で)ある

立ち止まる;〈車・機械などが〉停止している

〈主張などが〉変わらないでいる,ぐらつかない;〈規則などが〉有効である(進行形にできない)

〈水などが〉よどむ;〈涙・汗などが〉たまる

《副詞[句]を伴って》(船が)針路をとる

…‘を'『立てる』,立たせる,立てかける;…‘を'置く,すえる

…‘に'『立ち向かう』;…‘に'ひるまない;…‘を'守り通す

《追例否定文で》…‘に'『耐える』,‘を'がまんする(進行形にできない)

〈検査など〉‘を'受ける;〈運命など〉‘に'従う

《話》…‘を'おごる

〈任務など〉‘を'務める

『立つこと;立ち止まること』,停止

防御,抵抗

立場,(明確な)態度,意見

位置,場所

《しばしば複合語を作って》『台』,…立て,…掛け

《米》=witness stand

『屋台店』,売店

(タクシー・バスなどの)駐車場・乗り場

《通例the stands》『観覧席』,さじき,スタンド

(同一の地域・種類・樹齢の)立ち木,樹木,草木,作物

(巡業興行団の)巡業[先],巡回[地]

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

boat

『小型の船』,小舟,ボート

《話》(大小に関係なく一般に)船,汽船

舟形の容器

舟に乗る

…'を'舟で運ぶ

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

beaten

beatの過去分詞

打たれた

打ち負かされた

(金属など)打ち延ばされた;踏み固められた

よく混ぜられた

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

basically

基本的に,根本的に;元来は

miss

〈C〉未婚婦人;《複数形で》少女(girl)

《M-》《未婚婦人の姓・姓名の前に付けて》…『嬢』,…『さん』

《通例M-》《おもに英》《生徒が女の先生に対して》…先生

《通例M-》《単独で呼び掛けに用いて》お嬢さん;《ふざけて》おねえちゃん

《M-》《おもに容姿端麗のため一国・一団の代表に選ばれた未婚女性に対して》ミス…

introduction

〈U〉〈C〉(…に人を)『紹介すること』《+『of』+『名』〈人〉+『to』+『名』》

〈U〉(…に物・事を)紹介すること,取り入れること《+『of』+『名』+『into』(『to, among』)+『名』》

〈C〉(本論・主題に入る前の)『序論』,序説

〈C〉(…への)入門[書]《+『to』+『名』》

psychology

『心理学』

《話》(個人・団体の)『心理』[『状態』]

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

magician

『魔法使い』;手品師,奇術師(conjurer)

tidy

『きちんとした』,整然とした;(人・動物などが)きれい好きな,自分をきれいにしている

《話》かなりの

…‘を'きちんとする,整とんする《+名+up,+up+名》

かたづける,整とんする《+up》

overhear

…‘を'ふと耳にする,小耳にはさむ

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

mom

=mother

oh

《喜び・驚き・失望などを表して》『おお』,ああ,まあ

gravy

グレービー(肉を焼くときに出る肉汁,またそれをもとにして作った肉汁ソース)

《俗》楽に手に入った金,あぶく銭

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

brand

(商品などの)『種類』,『品質』《+『of』+『名』》

『商標』,『銘柄』

(家蓄・商品などに付けて所有主・品質などを示す)焼き印,焼きごて

(昔罪人に押した)烙印(らくいん);汚名

《文》燃えさし

…‘に'焼き印を押す

…‘に'(…という)汚名を着せる,烙印(らくいん)を押す《+『名』[+『as』]+『名』(『形』)》

(…に)…'を'強く印象づける《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

spill

(特に,うっかりして)〈液体・粉など〉‘を'『こぼす』

《しばしば受動態で》《おもに文》(人を傷つけて)〈血〉‘を'流す

〈馬・車などか〉〈人など〉‘を'ほうり出す,振り落す

《話》〈秘密など〉‘を'もらす;(…に)…‘を'もらす《+『名』+『to』+『名』》

〈液体・粉などが〉『こぼれる』,流れ出る

こぼれること,こぼすこと

こぼれたもの

落ちること;落馬

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

sausage

『ソーセージ』,腸詰め

brand-new

《よい意味で》真新しい

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

reassure

〈人〉‘に'自信を取り戻させる

calm

(海・湖などが)『穏やかな』,静かな;(天候などが)穏やかな

(心・態度などが)『平静な』,落ち着いた(composed)

''を'『なだめる』,静かにさせる

〈U〉〈C〉『静けさ』,平穏;無風,凪(なぎ)

〈U〉平静,落ち着き,沈着

portal

〈C〉(堂々とした)門,入り口

《複数形》《文》(大きな建物の)正門,表玄関

《複数形》《文》(…の)発端《+『of』+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

cheer

〈C〉『歓呼』,かっさい

〈U〉『励まし』,激励,応援

〈U〉陽気,元気,浮き浮きした気分

〈U〉気分,きげん

〈人〉'を'『元気づける』,励ます

〈人〉‘に'歓呼する,かっさいする

〈人が〉『歓呼する』,かっさいする

anyway

=anyhow

load

荷,積み荷,(バス・旅客機などの)乗客数

《しばしば複合語を作って》1台(1そう)分(の…)《+『of』+『名』》

(精神上の)『重荷』,心配

(個人または機械に割り当てられた)仕事量

(鉄砲の1回の)装てん(charge)

《複数形で》《俗》たくさん,多数(の…)《+『of』+『名』》

(荷・乗客などを)〈車・船など〉‘に'『積む』,載せる《+『名』〈車など〉+『with』+『名』》

(車・船などに)〈荷など〉‘を'『積む』,載せる《+『名』〈荷〉+『into』(『in,on,onto』)+『名』》

〈質問・結果など〉‘を'ねじ曲げる

(フイルム・弾丸などを)〈カメラ・銃など〉‘に'装てんする,入れる《+『名』+『with』+『名』》

(カメラ・銃などに)〈フイルム・弾丸など〉‘を'装てんする,入れる,込める《+『名』+『into』+『名』》

荷を積む

弾を込める

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

pond

『池』

skimming

(牛乳などの)上皮をすくい取ること

《米俗》(税金をごまかすため)とばくのもうけの一部を隠すこと

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

three-quarter

4分の3分の,7分の

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

childhood

『幼時』,子供時代

adventure

〈U〉〈C〉『冒険』

〈C〉珍しい経験,意外なできごと

=venture

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

wonderfully

『驚くほど』,すばらしく,非同に

encouraging

『元気付ける』,励ましとなる,奨励する

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

thus

『このように』,かくかくして

『従って』,だから

opportunity

『機会』,好機

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

longer

(文学作品などの)長たらしく退屈な箇所,だれ場

restrain

〈感情・行動など〉‘を'『抑える』,『抑制する』

(…しないように)〈人〉‘に'『がまんさせる』,‘を'こらえさせる《+『名』〈人〉+『from』+『名』(do『ing』)》

(逮捕・監禁などによって)〈人〉‘の'自由を奪う,‘を'拘束する

finger

(手の)『指』

指の形をしたもの;(手袋の)指;(メーターなどの)指針

指幅(びん入りの酒の量を測るときなど)

…‘に'指で触れる,‘を'指でいじる

〈楽器など〉‘を'指でひく,つまびく

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

concerned

《通例名詞の後に用いて》関係のある,かかわりのある

心配そうな,気づかっている

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画