TED日本語 - ルイス・フォン・アーン: ネットを使った大規模共同作業

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

CAPTCHAを作り変え、ユーザ入力で本の文字データ化に貢献できるようにした後、ルイス・フォン・アーンは膨大なインターネットユーザの小さな貢献を結集することで何か大きな目的を達成できるようなものが他にないかと考えました。TEDxCMUで彼は、何百万という人に外国語の学習をしてもらいつつ、ウェブの翻訳を素早く正確にタダでやってもらおうという、野心的な新しいプロジェクトDuolingoの紹介をしています。

Script

こんな風にゆがんだ文字を読んで フォーム入力をしたことある人? すっごく煩わしいと思った人は? やっぱりみんなそうですよね 考案したのは私です (笑) まあ 考案者の1人ですね

これはCAPTCHAと呼ばれています これの目的は 入力しているのが 確かに人間で 何百万回もフォームを送信するように作られた プログラムではないと確認するためです どうしてこれがうまくいくのかというと 目の見える人であれば こんな ゆがんだ文字でも問題なく読み取れますが コンピュータには まだそれができないからです 例えばチケット販売サイトのチケットマスターが ユーザにゆがんだ文字を読ませるのは 一度に何百万枚もチケットを注文する? プログラムをダフ屋に作らせないためです

CAPTCHAはネットの至る所で使われ あまりに多く使われているので ランダムに選ばれた文字列が 不運な結果になることがあります これはヤフーのユーザ登録ページの例ですが ランダムな文字列がたまたま 「W A I T」(待て)という 意味ある単語になっています ここで傑作なのは ヤフーのヘルプデスクが20分後に受け取ったメッセージです 「どうなってるんでしょう? 20分以上待っても何も起きないんですが?」

「どうなってるんでしょう? 20分以上待っても何も起きないんですが?」 この人は待たなきゃいけないと思ったようです しかしそれも この人ほど不運ではないでしょう 「RESTART」(やり直せ) (笑)

CAPTCHAは 私たちが10年以上前に ここカーネギーメロン大学で開発し 広く使われるようになりました 次に その何年か後に作った CAPTCHAの進化形の話をしましょう これは reCAPTCHAと呼んでいるもので ここカーネギーメロン大学でやり始めて それをベンチャー企業にしました そして1年半ほど前に グーグルがその会社を買収しました

そのプロジェクトがどう始まったかですが あるすごいことに気づいたのがきっかけでした CAPTCHAは世界中の人によって 毎日2億回も入力されているのが分かったのです 最初このことを聞いて 自分の研究成果の 影響の大きさに 随分誇らしく思えたのですが それから申し訳ない気持ちになりました それというのも CAPTCHAの入力には 毎回10秒ほど時間を無駄にすることになりますが これを2億回と掛け合わせると 人類は全体として この煩わしいCAPTCHAへの入力のため 毎日50万時間も無駄にしているわけです 申し訳ない気にもなります

(笑)

ある意味 ウェブの安全に貢献しているCAPTCHAを 単になくしてしまう訳にはいかないのですが この労力を何か人類の役に立つことに 利用できないかと考えました どういうことかと言うと CAPTCHAに入力する10秒間で 人の脳は実はものすごいことをしています コンピュータには未だできないことです その10秒でユーザに何か有益な作業をさせられないか? 言い換えると 現在のコンピュータでは解けない 巨大な問題を10秒分の断片に分割して CAPTCHA入力の際 人間に 解かせられないかと考えたのです 答えはイエスで それが私たちの今していることです

実は CAPTCHAを入力するとき 皆さんは 人間だと証明するだけでなく 本の電子化にも貢献しているのです その仕掛けを説明しましょう 本の電子化プロジェクトはいろいろあって グーグルもやっていますし インターネット・アーカイブでもやっています アマゾンも今やキンドルで本を電子化しています それには まず古い本を取り上げて・・・ こういう形のあるやつですが・・・ あの 見たことありますよね? 本っていうんですけど? (笑) まず本を選んで それをスキャンします

本のスキャンでは 各ページのデジタル写真を撮ります すべてのページについて 文字部分を画像にするわけです 次にその画像の中の語を コンピュータで解読する必要があります そのために OCR (光学文字認識) という技術を使います 文字を写真に撮って 写真の中の文字を読み取ろうとするわけです 問題はOCRが完璧ではないということで とくに文字がかすれたり ページが黄色くなっているような古い本では OCRで読めない語がたくさん出てきます 50年以上昔に印刷されたような本では 語の3割はコンピュータで読み取れません それで私たちがやっているのは コンピュータで認識できなかった語を CAPTCHAの入力をする人に 読んでもらうということです

皆さんがCAPTCHAの入力をするときに表示される文字は 電子化中の本で コンピュータが 認識できなかった部分なのです この頃では 語が1つでなく2つ 出てくるようになっていますが 1つはシステムが本から取ってきたもので コンピュータが読めなかったものを出しています 正解を知らないので ユーザの入力が正しいのか分かりません それで確認のために もう1つ 正解の分かっている問題を出します どっちがどっちかは言わず 両方入力してもらいます 正解の分かっている方の問題に 正しい答えが入力されたら 入力しているのは人間で もう一方の入力も 正しいだろうと期待できます これを違う人で10回ほど繰り返して 入力がすべて一致していたら 本の1語が新たに電子化されるわけです

それがこのシステムの仕組みです このシステムを公開したのは3、4年前ですが すでに多くのウェブサイトが 時間を無駄にする古いCAPTCHAから 本を電子化する新しいCAPTCHAに切替えています だからチケットマスターでチケットを買うときも 皆さんは本の電子化に貢献しているのです フェイスブックで友達の追加や挨拶をするときも 何かの本の電子化に貢献しているのです ツイッターをはじめとする35万のサイトがreCAPTCHAを使っています reCAPTCHAを使っているサイトは非常に多く 1日に電子化される語の数は相当なものになります 1日に1億語 1年では本にして250万冊分にもなります それがすべて? 1度に1語ずつ 人々によるCAPCHA入力だけで行われているのです 1度に1語ずつ 人々によるCAPCHA入力だけで行われているのです

(拍手)

毎日それほど? 多くの語を扱っているので おかしなことも起こります 今はランダムに選ばれた 2つの単語を繋げて出しているので 余計おかしなことが起きやすくなっています たとえばある時 「クリスチャン」という語が出ました これ自体おかしいことは何もありませんが 別のランダムに選ばれた語と組み合わせると まずいことになり得ます こんな風に (悪しき クリスチャン) さらに不運なことに この文字が表示されたのは たまたま「神の国の大使館」というウェブサイトでした (笑) まずっ (笑) もう1つまずかった例は 民主党議員ジョン・エドワーズのサイトです (リベラル派のサイトで「くそ リベラル」と表示されている) (笑) (リベラル派のサイトで「くそ リベラル」と表示されている) (笑) 誰彼となく侮辱して回っているわけです

もちろん侮辱ばかりというわけではありません ランダムに選んだ2つの語を出しているので 何か面白いものになることもあります 実際これはインターネット上で 大きなミームになっていて 何万という人がこの 「CAPTCHAアート」で遊んでいます お聞きになったことのある人もいるでしょう どんなことをするかというと インターネットを使っていて CAPTCHAで何か変なものが出たとします たとえば 「見えない トースター」とか とりあえず画面コピーを取って それからもちろん CAPTCHAの入力をします 本の電子化にまずは貢献するためです それからCAPTCHAの画像に 関連する絵を描き加えます

“見えない トースター” (笑) これが遊び方です こういう作品が何十万とあります 中には可愛らしいのもあります “それを 握りしめた” (笑) もっと おかしいのもあります “ラリってる 建国者たち” (笑) “ラリってる 建国者たち” (笑) この 「古生物学的 シャベル」みたいに ラッパーが登場するやつもあります (相棒よう 取ってくれよう そのシャベル) (笑)

次にこの数字は reCAPTCHAについて 私がとても嬉しく思っている点で reCAPTCHAを通して本の電子化に 多少なりとも貢献している人の数は 7億5千万人に上ります 世界人口の10%以上が 人類の知識のデジタル化に貢献しているのです このような大規模な数字こそが 私の研究の原動力になっています こんな疑問を持ったのです 人類が達成した偉業 人々の協力によって為された 歴史的大事業に目を向けてみると エジプトのピラミッドにしても パナマ運河にしても 月に人を送ることにしても 興味深い共通点があります いずれも携わった人の数が同じで 不思議なことに どれも10万人によって成し遂げられているのです その理由は インターネット以前の時代には 10万より多くの人を協調させるのは 資金の有無にかかわらず そもそも不可能だったのです しかしインターネットのおかげで 人類の知識の電子データ化には 7億5千万もの人が参加しているわけです 私の研究の契機となった疑問は 10万人で月に人を送れるのなら その千倍の 1億人では何ができるだろう ということです

この疑問から出発して いろんなプロジェクトに取り組みました 中でも特にワクワクしているものについてお話ししましょう 1年半ほど密かに取り組んできて まだ公開していませんが Duolingoという名前で 公開前なのでどうか内密に (笑) みなさん信頼していますから このプロジェクトが始まったのは 院生のセベリン・ハッカーに ある問いを投げかけたときでした これがセベリン・ハッカー 私のところの院生です ちなみに聞き間違いじゃなく 本当に「ハッカー」という名字なんです 私は彼に聞きました 「1億人を使って ウェブを無料で 各主要言語に翻訳しようと思ったら どうすればいい?」

この質問にはいろいろ考えるべきことがあります 第一にまず ウェブを翻訳するということ 現在ウェブでは様々な言語が使われていますが 大きな部分を英語が占めています 英語を知らなければ その情報にアクセスはできません しかし他の言語の部分もたくさんあって その言語を知らなければ それにアクセスすることはできません だからウェブの全体 少なくともその大部分を 主要なすべての言語に翻訳したい それが私のやりたいことです

コンピュータで翻訳したらいいと思う人もいるかもしれません 機械翻訳でいいのでは? 今や方々で機械翻訳が使われるようになっています ウェブ全体をそれで訳してしまったら? 問題は 精度が不十分だということです この先15?20年は駄目でしょう たくさんの間違いをします 仮に間違っていなかったとしても いつも間違ってばかりいるので 信頼していいのか分かりません

機械で翻訳されたものがどんなものか 例をお見せしましょう これはあるフォーラムの投稿で JavaScriptについての質問をしています 日本語から英語に機械翻訳されています 読んで頂ければと思いますが この人は最初に 機械翻訳であることを謝っています 次の文は質問の前置きで 何かの説明をしています JavaScriptの質問だということをお忘れなく (よくヤギ時にインストールするエラーがゲロになります) (笑) それから質問の最初の部分が来ます (風や竿やドラゴンのようになるのは何回ですか?) (笑) 次は私のお気に入りの部分です (これは父の石への侮辱でしょうか?) (笑) そして最後が極めつけです (あなたの愚かさを謝ってください ありがとうがいっぱいです) (笑) 機械翻訳は まだ不十分だということです 元の話に戻りましょう

ウェブ全体の翻訳をしてくれる人が必要です さて次の疑問は「別にタダでなくても いいのでは?」ということでしょう ウェブ全体をプロの翻訳家にお金を払って翻訳してもらえばいい そうしてもいいかもしれませんが あいにくと ものすごくお金がかかります たとえば巨大なウェブ全体からすればほんの小さな部分 ウィキペディアの英語版をスペイン語に訳すとしましょう ウィキペディアにはスペイン語版もありますが 英語版にくらべたらずっと小さく サイズにして20%くらいしかありません 残りの80%をスペイン語に翻訳しようと思ったら 少なくとも5千万ドルはかかります 甚だしく搾取された国にアウトソースした場合でそうなんです プロの翻訳というのは高くつくのです それで私たちがやろうとしているのは ウェブの各言語への翻訳を 1億人の人に タダでやってもらうということです

そうしたときにすぐ直面する 大きな壁が 2つあります 1つはバイリンガルの不足です インターネット利用者に 翻訳ができるほどのバイリンガルが そもそも1億人もいるのか分かりません これは大きな問題です もう1つの問題は動機付けの欠如です どうすればウェブをタダで翻訳するよう 動機付けられるのか? 通常はお金を出して翻訳してもらいます どうすればタダでやりたくなるのか? ウェブの翻訳を考え始めてすぐ この2つの問題にぶつかりました それから 2つの問題を同時に解決できる 方法があることに気づきました 一石二鳥の方法があるのです 翻訳を 何億という人がやりたがることに変え それがバイリンガル不足の問題の 解決にもなるということ それは語学教育です

今日 外国語を学習している人は 12億人以上います みんな本当に外国語を学びたがっているのです 学校で勉強させられるからというばかりではありません たとえばアメリカだけでも 外国語学習ソフトに500ドル以上使う人が 5百万人以上います みんな本当に外国語を習いたがっているのです それで私たちがこの1年半取り組んできたのは Duolingoというウェブサイトで その基本的な仕組みは みんなが外国語をタダで学び 同時にウェブの翻訳もするということです つまり実践を通して学ぶわけです

初心者に対しては ごく単純な文を提示します ウェブにはもちろん使える文がふんだんにあります すごく単純な文と それぞれの単語の意味が提示されます 翻訳しながら 他の人はどう訳しているか見て 外国語を学んでいきます 上達するにつれ より複雑な文が提示されるようになります しかし実践して学ぶという点はいつも変わりません

この方法の何がすごいかというと 実際非常によく機能するということです 何より みんな本当に外国語を学びたがっています システム構築が済んで テスト中ですが 本当に外国語を学ぶことができます 優れた外国語学習ソフトを使った場合に劣らず上達し 本当に外国語を身に付けているのです しかも同様に上達できるだけではありません はるかに楽しく学べるのです Duolingoでは本物のコンテンツを使って学ぶからです 作り物の文章で学ぶのではなく 本物のコンテンツで学ぶ方が 本質的に興味深いものですし 本当に外国語を学ぶことができます

それだけでなく さらに驚くのは このサイトから得られる翻訳は 彼らが初心者であるにもかかわらず プロの翻訳者に劣らず正確だということで 驚くほどです 例をお見せしましょう これはドイツ語から英語に翻訳された文章です 一番上がドイツ語 真ん中が プロの翻訳家による英訳で 1語につき20セント払っています 一番下がDuolingoユーザによる英訳で 彼らは元々 ドイツ語は全く知りませんでした ほとんど完璧なことがお分かりになると思います プロの翻訳家並の翻訳にするため ちょっとした仕掛けをしてあります 複数の初心者の翻訳から良い所を取って 組み合わせているのです

しかし組み合わせているのにかかわらず このサイトでは翻訳を非常に早く行えます それでウィキペディアを英語から スペイン語に翻訳するのにかかる時間を 見積もってみました これは5千万ドルに値する仕事だということを思い出してください ウィキペディアをスペイン語に訳すには アクティブユーザ10万人なら5週間でできます アクティブユーザ百万人なら80時間です これまで私のプロジェクトはどれも数百万のユーザを得ていたので このプロジェクトでも非常に早い翻訳が できるようになると期待しています

Duolingoの最も刺激的な点は 語学教育に公平さをもたらすビジネスモデルだということです 何が問題だったかというと 今までの語学教育のビジネスモデルは 学習者にお金を払わせるということです つまり ロゼッタストーンに500ドル払うわけです (笑) それが現在のビジネスモデルです このモデルが問題なのは 世界の人口の95%は500ドル払うことができないからです 貧しい人たちにはとても不公平な お金持ち向けに特化したモデルです 一方Duolingoでは 学びながら翻訳をして 価値を生み出すので たとえば どこかに翻訳料を払ってもらうこともでき それが収益を得る方法になります 学習者は学習しながら価値を生んでいるので 授業料は必要ありません 時間で支払っているのですから そして その時間にしても 語学学習にはどの道必要なもので 時間を余計無駄にするわけではない というのが素晴らしいところです 貧しい人の不利にならないフェアなモデルというのが Duolingoの優れたところです

これがDuolingoのアドレスです (拍手) このサイトは正式公開前ですが ここに来れば 非公開ベータへの参加申し込みができます 3、4週間以内には開始されるでしょう Duolingoの開始をお待ちください

ここでお話ししているのは私ひとりですが Duolingoの開発は ここに挙げた人をはじめとする優れたチームによって行われています どうもありがとうございました

(拍手)

How many of you had to fill out some sort of web form where you've been asked to read a distorted sequence of characters like this? How many of you found it really, really annoying? Okay, outstanding. So I invented that. (Laughter) Or I was one of the people who did it.

That thing is called a CAPTCHA. And the reason it is there is to make sure you, the entity filling out the form, are actually a human and not some sort of computer program that was written to submit the form millions and millions of times. The reason it works is because humans, at least non-visually-impaired humans, have no trouble reading these distorted squiggly characters, whereas computer programs simply can't do it as well yet. So for example, in the case of Ticketmaster, the reason you have to type these distorted characters is to prevent scalpers from writing a program that can buy millions of tickets,two at a time.

CAPTCHAs are used all over the Internet. And since they're used so often, a lot of times the precise sequence of random characters that is shown to the user is not so fortunate. So this is an example from the Yahoo registration page. The random characters that happened to be shown to the user were W, A, I, T, which, of course, spell a word. But the best part is the message that the Yahoo help desk got about 20 minutes later. Text: "Help! I've been waiting for over 20 minutes, and nothing happens."

(Laughter) This person thought they needed to wait. This of course, is not as bad as this poor person. (Laughter)

CAPTCHA Project is something that we did here at Carnegie Melllon over 10 years ago, and it's been used everywhere. Let me now tell you about a project that we did a few years later, which is sort of the next evolution of CAPTCHA. This is a project that we call reCAPTCHA, which is something that we started here at Carnegie Mellon, then we turned it into a startup company. And then about a year and a half ago, Google actually acquired this company.

So let me tell you what this project started. So this project started from the following realization: It turns out that approximately 200 million CAPTCHAs are typed everyday by people around the world. When I first heard this, I was quite proud of myself. I thought, look at the impact that my research has had. But then I started feeling bad. See here's the thing, each time you type a CAPTCHA, essentially you waste 10 seconds of your time. And if you multiply that by 200 million, you get that humanity as a whole is wasting about 500,000 hours every day typing these annoying CAPTCHAs. So then I started feeling bad.

(Laughter)

And then I started thinking, well, of course, we can't just get rid of CAPTCHAs, because the security of the Web sort of depends on them. But then I started thinking, is there any way we can use this effort for something that is good for humanity? So see, here's the thing. While you're typing a CAPTCHA, during those 10 seconds, your brain is doing something amazing. Your brain is doing something that computers can not yet do. So can we get you to do useful work for those 10 seconds? Another way of putting it is, is there some humongous problem that we can not yet get computers to solve, yet we can split into tiny 10-second chunks such that each time somebody solves a CAPTCHA they solve a little bit of this problem? And the answer to that is "yes," and this is what we're doing now.

So what you may not know is that nowadays while you're typing a CAPTCHA, not only are you authenticating yourself as a human, but in addition you're actually helping us to digitize books. So let me explain how this works. So there's a lot of projects out there trying to digitize books. Google has one. The Internet Archive has one. Amazon, now with the Kindle, is trying to digitize books. Basically the way this works is you start with an old book. You've seen those things, right? Like a book? (Laughter) So you start with a book, and then you scan it.

Now scanning a book is like taking a digital photograph of every page of the book. It gives you an image for every page of the book. This is an image with text for every page of the book. The next step in the process is that the computer needs to be able to decipher all of the words in this image. That's using a technology called OCR, for optical character recognition, which takes a picture of text and tries to figure out what text is in there. Now the problem is that OCR is not perfect. Especially for older books where the ink has faded and the pages have turned yellow, OCR can not recognize a lot of the words. For example, for things that were written more than 50 years ago, the computer can not recognize about 30 percent of the words. So what we're doing now is we're taking all of the words that the computer can not recognize and we're getting people to read them for us while they're typing a CAPTCHA on the Internet.

So the next time you type a CAPTCHA, these words that you're typing are actually words that are coming from books that are being digitized that the computer could not recognize. And now the reason we have two words nowadays instead of one is because, you see,one of the words is a word that the system just got out of a book, it didn't know what it was, and it's going to present it to you. But since it doesn't know the answer for it, it can not grade it for you. So what we do is we give you another word,one for which the system does know the answer. We don't tell you which one's which, and we say, please type both. And if you type the correct word for the one for which the system already knows the answer, it assumes you are human, and it also gets some confidence that you typed the other word correctly. And if we repeat this process to like 10 different people and all of them agree on what the new word is, then we get one more word digitized accurately.

So this is how the system works. And basically, since we released it about three or four years ago, a lot of websites have started switching from the old CAPTCHA where people wasted their time to the new CAPTCHA where people are helping to digitize books. So for example, Ticketmaster. So every time you buy tickets on Ticketmaster, you help to digitize a book. Facebook: Every time you add a friend or poke somebody, you help to digitize a book. Twitter and about 350,000 other sites are all using reCAPTCHA. And in fact, the number of sites that are using reCAPTCHA is so high that the number of words that we're digitizing per day is really, really large. It's about 100 million a day, which is the equivalent of about two and a half million books a year. And this is all being done one word at a time by just people typing CAPTCHAs on the Internet.

(Applause)

Now of course, since we're doing so many words per day, funny things can happen. And this is especially true because now we're giving people two randomly chosen English words next to each other. So funny things can happen. For example, we presented this word. It's the word "Christians"; there's nothing wrong with it. But if you present it along with another randomly chosen word, bad things can happen. So we get this. (Text: bad christians) But it's even worse, because the particular website where we showed this actually happened to be called The Embassy of the Kingdom of God. (Laughter) Oops. (Laughter) Here's another really bad one. JohnEdwards.com (Text: Damn liberal) (Laughter) So we keep on insulting people left and right everyday.

Now, of course, we're not just insulting people. See here's the thing, since we're presenting two randomly chosen words, interesting things can happen. So this actually has given rise to a really big Internet meme that tens of thousands of people have participated in, which is called CAPTCHA art. I'm sure some of you have heard about it. Here's how it works. Imagine you're using the Internet and you see a CAPTCHA that you think is somewhat peculiar, like this CAPTCHA. (Text: invisible toaster) Then what you're supposed to do is you take a screen shot of it. Then of course, you fill out the CAPTCHA because you help us digitize a book. But then, first you take a screen shot, and then you draw something that is related to it.

(Laughter) That's how it works. There are tens of thousands of these. Some of them are very cute. (Text: clenched it) (Laughter) Some of them are funnier. (Text: stoned founders) (Laughter) And some of them, like paleontological shvisle, they contain Snoop Dogg. (Laughter)

Okay, so this is my favorite number of reCAPTCHA. So this is the favorite thing that I like about this whole project. This is the number of distinct people that have helped us digitize at least one word out of a book through reCAPTCHA: 750 million, which is a little over 10 percent of the world's population, has helped us digitize human knowledge. And it is numbers like these that motivate my research agenda. So the question that motivates my research is the following: If you look at humanity's large-scale achievements, these really big things that humanity has gotten together and done historically -- like for example, building the pyramids of Egypt or the Panama Canal or putting a man on the Moon -- there is a curious fact about them, and it is that they were all done with about the same number off people. It's weird; they were all done with about 100,000 people. And the reason for that is because, before the Internet, coordinating more than 100,000 people, let alone paying them, was essentially impossible. But now with the Internet, I've just shown you a project where we've gotten 750 million people to help us digitize human knowledge. So the question that motivates my research is, if we can put a man on the Moon with 100,000, what can we do with 100 million?

So based on this question, we've had a lot of different projects that we've been working on. Let me tell you about one that I'm most excited about. This is something that we've been semi-quietly working on for the last year and a half or so. It hasn't yet been launched. It's called Duolingo. Since it hasn't been launched, shhhhh! (Laughter) Yeah, I can trust you'll do that. So this is the project. Here's how it started. It started with me posing a question to my graduate student, Severin Hacker. Okay, that's Severin Hacker. So I posed the question to my graduate student. By the way, you did hear me correctly; his last name is Hacker. So I posed this question to him: How can we get 100 million people translating the Web into every major language for free?

Okay, so there's a lot of things to say about this question. First of all, translating the Web. So right now the Web is partitioned into multiple languages. A large fraction of it is in English. If you don't know any English, you can't access it. But there's large fractions in other different languages, and if you don't know those languages, you can't access it. So I would like to translate all of the Web, or at least most of the Web, into every major language. So that's what I would like to do.

Now some of you may say, why can't we use computers to translate? Why can't we use machine translation? Machine translation nowadays is starting to translate some sentences here and there. Why can't we use it to translate the whole Web? Well the problem with that is that it's not yet good enough and it probably won't be for the next 15 to 20 years. It makes a lot of mistakes. Even when it doesn't make a mistake, since it makes so many mistakes, you don't know whether to trust it or not.

So let me show you an example of something that was translated with a machine. Actually it was a forum post. It was somebody who was trying to ask a question about JavaScript. It was translated from Japanese into English. So I'll just let you read. This person starts apologizing for the fact that it's translated with a computer. So the next sentence is is going to be the preamble to the question. So he's just explaining something. Remember, it's a question about JavaScript. (Text: At often, the goat-time install a error is vomit.) (Laughter) Then comes the first part of the question. (Text: How many times like the wind, a pole, and the dragon?) (Laughter) Then comes my favorite part of the question. (Text: This insult to father's stones?) (Laughter) And then comes the ending, which is my favorite part of the whole thing. (Text: Please apologize for your stupidity. There are a many thank you.) (Laughter) Okay, so computer translation, not yet good enough. So back to the question.

So we need people to translate the whole Web. So now the next question you may have is, well why can't we just pay people to do this? We could pay professional language translators to translate the whole Web. We could do that. Unfortunately, it would be extremely expensive. For example, translating a tiny, tiny fraction of the whole Web, Wikipedia, into one other language, Spanish. Wikipedia exists in Spanish, but it's very small compared to the size of English. It's about 20 percent of the size of English. If we wanted to translate the other 80 percent into Spanish, it would cost at least 50 million dollars -- and this is at even the most exploited, outsourcing country out there. So it would be very expensive. So what we want to do is we want to get 100 million people translating the Web into every major language for free.

Now if this is what you want to do, you pretty quickly realize you're going to run into two pretty big hurdles,two big obstacles. The first one is a lack of bilinguals. So I don't even know if there exists 100 million people out there using the Web who are bilingual enough to help us translate. That's a big problem. The other problem you're going to run into is a lack of motivation. How are we going to motivate people to actually translate the Web for free? Normally, you have to pay people to do this. So how are we going to motivate them to do it for free? Now when we were starting to think about this, we were blocked by these two things. But then we realized, there's actually a way to solve both these problems with the same solution. There's a way to kill two birds with one stone. And that is to transform language translation into something that millions of people want to do, and that also helps with the problem of lack of bilinguals, and that is language education.

So it turns out that today, there are over 1.2 billion people learning a foreign language. People really, really want to learn a foreign language. And it's not just because they're being forced to do so in school. For example, in the United States alone, there are over five million people who have paid over $ 500 for software to learn a new language. So people really, really want to learn a new language. So what we've been working on for the last year and a half is a new website -- it's called Duolingo -- where the basic idea is people learn a new language for free while simultaneously translating the Web. And so basically they're learning by doing.

So the way this works is whenever you're a just a beginner, we give you very, very simple sentences. There's, of course, a lot of very simple sentences on the Web. We give you very, very simple sentences along with what each word means. And as you translate them, and as you see how other people translate them, you start learning the language. And as you get more and more advanced, we give you more and more complex sentences to translate. But at all times, you're learning by doing.

Now the crazy thing about this method is that it actually really works. First of all, people are really, really learning a language. We're mostly done building it, and now we're testing it. People really can learn a language with it. And they learn it about as well as the leading language learning software. So people really do learn a language. And not only do they learn it as well, but actually it's way more interesting. Because you see with Duolingo, people are actually learning with real content. As opposed to learning with made-up sentences, people are learning with real content, which is inherently interesting. So people really do learn a language.

But perhaps more surprisingly, the translations that we get from people using the site, even though they're just beginners, the translations that we get are as accurate as those of professional language translators, which is very surprising. So let me show you one example. This is a sentence that was translated from German into English. The top is the German. The middle is an English translation that was done by somebody who was a professional English translator who we paid 20 cents a word for this translation. And the bottom is a translation by users of Duolingo, none of whom knew any German before they started using the site. You can see, it's pretty much perfect. Now of course, we play a trick here to make the translations as good as professional language translators. We combine the translations of multiple beginners to get the quality of a single professional translator.

Now even though we're combining the translations, the site actually can translate pretty fast. So let me show you, this is our estimates of how fast we could translate Wikipedia from English into Spanish. Remember, this is 50 million dollars-worth of value. So if we wanted to translate Wikipedia into Spanish, we could do it in five weeks with 100,000 active users. And we could do it in about 80 hours with a million active users. Since all the projects that my group has worked on so far have gotten millions of users, we're hopeful that we'll be able to translate extremely fast with this project.

Now the thing that I'm most excited about with Duolingo is I think this provides a fair business model for language education. So here's the thing: The current business model for language education is the student pays, and in particular, the student pays Rosetta Stone 500 dollars. (Laughter) That's the current business model. The problem with this business model is that 95 percent of the world's population doesn't have 500 dollars. So it's extremely unfair towards the poor. This is totally biased towards the rich. Now see, in Duolingo, because while you learn you're actually creating value, you're translating stuff -- which for example, we could charge somebody for translations. So this is how we could monetize this. Since people are creating value while they're learning, they don't have to pay their money, they pay with their time. But the magical thing here is that they're paying with their time, but that is time that would have had to have been spent anyways learning the language. So the nice thing about Duolingo is I think it provides a fair business model -- one that doesn't discriminate against poor people.

So here's the site. Thank you. (Applause) So here's the site. We haven't yet launched, but if you go there, you can sign up to be part of our private beta, which is probably going to start in about three or four weeks. We haven't yet launched this Duolingo.

By the way, I'm the one talking here, but actually Duolingo is the work of a really awesome team, some of whom are here. So thank you.

(Applause)

How many of you had to fill out/ some sort of web form/ where you've been asked to read a distorted sequence of characters/ like this?//

こんな風にゆがんだ文字を読んで フォーム入力をしたことある人?

How many of you found it really,/ really/ annoying?//

すっごく煩わしいと思った人は?

Okay,/ outstanding.// So I invented that.//

やっぱりみんなそうですよね

(Laughter)/ Or I was one of the people/ who did it.//

考案したのは私です (笑) まあ 考案者の1人ですね

That thing is called a CAPTCHA.//

これはCAPTCHAと呼ばれています

And the reason/ it is there is to make sure/ you,/ the entity/ filling out/ the form,/ are actually a human and not some sort of computer program/ that was written to submit/ the form millions and millions of times.//

これの目的は 入力しているのが 確かに人間で 何百万回もフォームを送信するように作られた プログラムではないと確認するためです

The reason/ it works/ is/ because humans,/ at least non-visually-impaired humans,/ have no trouble/ reading these distorted squiggly characters,/ whereas computer programs simply can't do it as well yet.//

どうしてこれがうまくいくのかというと 目の見える人であれば こんな ゆがんだ文字でも問題なく読み取れますが コンピュータには まだそれができないからです

So/ for example,/ in the case of Ticketmaster,/ the reason/ you have to type/ these distorted characters is to prevent scalpers/ from writing a program/ that can buy millions of tickets,/two/ at a time.//

例えばチケット販売サイトのチケットマスターが ユーザにゆがんだ文字を読ませるのは 一度に何百万枚もチケットを注文する? プログラムをダフ屋に作らせないためです

CAPTCHAs are used all/ over the Internet.//

CAPTCHAはネットの至る所で使われ

And/ since they're used so often,/ a lot of times/ the precise sequence of random characters/ that is shown to the user is not so fortunate.//

あまりに多く使われているので ランダムに選ばれた文字列が 不運な結果になることがあります

So this is an example/ from the Yahoo registration page.//

これはヤフーのユーザ登録ページの例ですが

The random characters/ that happened to be shown to the user were W,/ A,/ I,/ T,/ which,/ of course,/ spell a word.//

ランダムな文字列がたまたま 「W A I T」(待て)という 意味ある単語になっています

But the best part is the message/ that the Yahoo help desk got about 20 minutes later.//

ここで傑作なのは ヤフーのヘルプデスクが20分後に受け取ったメッセージです

Text:/ "Help!// I've been waiting for over 20 minutes,/ and nothing happens."//

「どうなってるんでしょう? 20分以上待っても何も起きないんですが?」

(Laughter)/ This person thought/ they needed to wait.//

「どうなってるんでしょう? 20分以上待っても何も起きないんですが?」 この人は待たなきゃいけないと思ったようです

This of course,/ is not as bad/ as this poor person.//

しかしそれも この人ほど不運ではないでしょう

「RESTART」(やり直せ) (笑)

CAPTCHA Project is something/ that we did here/ at Carnegie Melllon/ over 10 years ago,/ and it's been used everywhere.//

CAPTCHAは 私たちが10年以上前に ここカーネギーメロン大学で開発し 広く使われるようになりました

Let me now tell you/ about a project/ that we did a few years later,/ which is sort of the next evolution of CAPTCHA.//

次に その何年か後に作った CAPTCHAの進化形の話をしましょう

This is a project/ that we call reCAPTCHA,/ which is something/ that we started here/ at Carnegie Mellon,/ then/ we turned it/ into a startup company.//

これは reCAPTCHAと呼んでいるもので ここカーネギーメロン大学でやり始めて それをベンチャー企業にしました

And then about a year/ and a half ago,/ Google actually acquired this company.//

そして1年半ほど前に グーグルがその会社を買収しました

So let me/ tell you/ what this project started.//

そのプロジェクトがどう始まったかですが

So this project started from the following realization:/ It turns out/ that approximately 200 million CAPTCHAs are typed everyday/ by people/ around the world.//

あるすごいことに気づいたのがきっかけでした CAPTCHAは世界中の人によって 毎日2億回も入力されているのが分かったのです

When I first heard this,/ I was quite proud of myself.//

最初このことを聞いて 自分の研究成果の

I thought,/ look at the impact/ that my research has had.//

影響の大きさに 随分誇らしく思えたのですが

But then/ I started feeling/ bad.//

それから申し訳ない気持ちになりました

See here's the thing,/ each time/ you type a CAPTCHA,/ essentially/ you waste 10 seconds of your time.//

それというのも CAPTCHAの入力には 毎回10秒ほど時間を無駄にすることになりますが

And/ if you multiply/ that by 200 million,/ you get/ that humanity/ as a whole is wasting about 500,000 hours/ every day/ typing these annoying CAPTCHAs.//

これを2億回と掛け合わせると 人類は全体として この煩わしいCAPTCHAへの入力のため 毎日50万時間も無駄にしているわけです

So then/ I started feeling/ bad.//

申し訳ない気にもなります

(笑)

And then/ I started thinking,/ well,/ of course,/ we can't just get rid of CAPTCHAs,/ because the security of the Web sort of depends/ on them.//

ある意味 ウェブの安全に貢献しているCAPTCHAを 単になくしてしまう訳にはいかないのですが

But then/ I started thinking,/ is there any way/ we can use this effort/ for something/ that is good for humanity?//

この労力を何か人類の役に立つことに 利用できないかと考えました

So see,/ here's the thing.//

どういうことかと言うと

While you're typing/ a CAPTCHA,/ during those 10 seconds,/ your brain is doing something amazing.//

CAPTCHAに入力する10秒間で 人の脳は実はものすごいことをしています

Your brain is doing something/ that computers can not yet do.//

コンピュータには未だできないことです

So can we get you/ to do useful work/ for those 10 seconds?//

その10秒でユーザに何か有益な作業をさせられないか?

Another way of putting it is,/ is there/ some humongous problem/ that we can not yet get computers/ to solve,/ yet/ we can split into tiny 10-second chunks such/ that each time/ somebody solves a CAPTCHA/ they solve a little bit of this problem?//

言い換えると 現在のコンピュータでは解けない 巨大な問題を10秒分の断片に分割して CAPTCHA入力の際 人間に 解かせられないかと考えたのです

And the answer/ to that is "yes,/"/ and this is/ what we're doing/ now.//

答えはイエスで それが私たちの今していることです

So/ what you may not know/ is/ that nowadays/ while you're typing/ a CAPTCHA,/ not only are you/ authenticating yourself/ as a human,/ but in addition/ you're actually helping/ us/ to digitize books.//

実は CAPTCHAを入力するとき 皆さんは 人間だと証明するだけでなく 本の電子化にも貢献しているのです

So let me/ explain/ how this works.//

その仕掛けを説明しましょう

So there's a lot of projects/ out there/ trying to digitize/ books.//

本の電子化プロジェクトはいろいろあって

Google has one.// The Internet Archive has one.//

グーグルもやっていますし インターネット・アーカイブでもやっています

Amazon,/ now/ with the Kindle,/ is trying to digitize/ books.//

アマゾンも今やキンドルで本を電子化しています

Basically/ the way/ this works is you start with an old book.//

それには まず古い本を取り上げて・・・ こういう形のあるやつですが・・・

You've seen those things,/ right?// Like a book?//

あの 見たことありますよね?

(Laughter)/ So you start with a book,/ and then/ you scan it.//

本っていうんですけど? (笑) まず本を選んで それをスキャンします

Now/ scanning a book is like taking a digital photograph of every page of the book.//

本のスキャンでは 各ページのデジタル写真を撮ります

It gives you/ an image/ for every page of the book.//

すべてのページについて

This is an image/ with text/ for every page of the book.//

文字部分を画像にするわけです

The next step/ in the process is/ that the computer needs to be able to decipher all of the words/ in this image.//

次にその画像の中の語を コンピュータで解読する必要があります

That's using a technology called OCR,/ for optical character recognition,/ which takes a picture of text/ and tries to figure out/ what text is in there.//

そのために OCR (光学文字認識) という技術を使います 文字を写真に撮って 写真の中の文字を読み取ろうとするわけです

Now/ the problem is/ that OCR is not perfect.//

問題はOCRが完璧ではないということで

Especially/ for older books/ where the ink has faded/ and the pages have turned yellow,/ OCR can not recognize a lot of the words.//

とくに文字がかすれたり ページが黄色くなっているような古い本では OCRで読めない語がたくさん出てきます

For example,/ for things/ that were written more than 50 years ago,/ the computer can not recognize about 30 percent of the words.//

50年以上昔に印刷されたような本では 語の3割はコンピュータで読み取れません

So/ what we're doing/ now is we're taking all of the words/ that the computer can not recognize/ and we're getting/ people/ to read them/ for us/ while they're typing/ a CAPTCHA/ on the Internet.//

それで私たちがやっているのは コンピュータで認識できなかった語を CAPTCHAの入力をする人に 読んでもらうということです

So the next time/ you type a CAPTCHA,/ these words/ that you're typing/ are actually words/ that are coming from books/ that are being digitized/ that the computer could not recognize.//

皆さんがCAPTCHAの入力をするときに表示される文字は 電子化中の本で コンピュータが 認識できなかった部分なのです

And now/ the reason/ we have two words nowadays/ instead of one is/ because,/ you see,/one of the words is a word/ that the system just got out of a book,/ it didn't know/ what it was,/ and it's going to present/ it/ to you.//

この頃では 語が1つでなく2つ 出てくるようになっていますが 1つはシステムが本から取ってきたもので コンピュータが読めなかったものを出しています

But/ since it doesn't know the answer/ for it,/ it can not grade it/ for you.//

正解を知らないので ユーザの入力が正しいのか分かりません

So/ what we do/ is we give you/ another word,/one/ for which the system does know the answer.//

それで確認のために もう1つ 正解の分かっている問題を出します

We don't tell you/ which one's/ which,/ and we say,/ please type both.//

どっちがどっちかは言わず 両方入力してもらいます

And/ if you type the correct word/ for the one/ for which the system already knows the answer,/ it assumes/ you are human,/ and it also gets some confidence/ that you typed the other word correctly.//

正解の分かっている方の問題に 正しい答えが入力されたら 入力しているのは人間で もう一方の入力も 正しいだろうと期待できます

And/ if we repeat this process/ to like 10 different people/ and all of them agree on what the new word is,/ then/ we get/ one more word digitized accurately.//

これを違う人で10回ほど繰り返して 入力がすべて一致していたら 本の1語が新たに電子化されるわけです

So this is/ how the system works.//

それがこのシステムの仕組みです

And basically,/ since we released it/ about three or four years ago,/ a lot of websites have started switching/ from the old CAPTCHA/ where people wasted their time/ to the new CAPTCHA/ where people are helping to digitize/ books.//

このシステムを公開したのは3、4年前ですが すでに多くのウェブサイトが 時間を無駄にする古いCAPTCHAから 本を電子化する新しいCAPTCHAに切替えています

So/ for example,/ Ticketmaster.//

だからチケットマスターでチケットを買うときも

So/ every time/ you buy tickets/ on Ticketmaster,/ you help to digitize/ a book.//

皆さんは本の電子化に貢献しているのです

Facebook:/ Every time/ you add a friend or poke somebody,/ you help to digitize/ a book.//

フェイスブックで友達の追加や挨拶をするときも 何かの本の電子化に貢献しているのです

Twitter and about 350,000 other sites are all using reCAPTCHA.//

ツイッターをはじめとする35万のサイトがreCAPTCHAを使っています

And/ in fact,/ the number of sites/ that are using reCAPTCHA is so high/ that the number of words/ that we're digitizing/ per day is really,/ really large.//

reCAPTCHAを使っているサイトは非常に多く 1日に電子化される語の数は相当なものになります

It's about 100 million/ a day,/ which is the equivalent of about two and a half million books/ a year.//

1日に1億語 1年では本にして250万冊分にもなります それがすべて?

And this is all/ being done one word/ at a time/ by just people/ typing CAPTCHAs/ on the Internet.//

1度に1語ずつ 人々によるCAPCHA入力だけで行われているのです 1度に1語ずつ 人々によるCAPCHA入力だけで行われているのです

(拍手)

Now of course,/ since we're doing/ so many words/ per day,/ funny things can happen.//

毎日それほど? 多くの語を扱っているので おかしなことも起こります

And this is especially true/ because now/ we're giving/ people/ two randomly chosen English words next/ to each other.//

今はランダムに選ばれた 2つの単語を繋げて出しているので

So funny things can happen.//

余計おかしなことが起きやすくなっています

For example,/ we presented this word.//

たとえばある時 「クリスチャン」という語が出ました

It's the word "Christians";/ there's nothing wrong/ with it.//

これ自体おかしいことは何もありませんが

But/ if you present it along/ with another randomly chosen word,/ bad things can happen.//

別のランダムに選ばれた語と組み合わせると まずいことになり得ます

So/ we get this.// (Text:/ bad christians)/ But it's even worse,/ because the particular website/ where we showed this actually happened to be called The Embassy of the Kingdom of God.//

こんな風に (悪しき クリスチャン) さらに不運なことに この文字が表示されたのは たまたま「神の国の大使館」というウェブサイトでした

(笑) まずっ

(Laughter) Here's another really bad one.//

(笑) もう1つまずかった例は

JohnEdwards.com (Text:/ Damn liberal) (Laughter)/ So we keep on insulting people/ left and right everyday.//

民主党議員ジョン・エドワーズのサイトです (リベラル派のサイトで「くそ リベラル」と表示されている) (笑) (リベラル派のサイトで「くそ リベラル」と表示されている) (笑) 誰彼となく侮辱して回っているわけです

Now,/ of course,/ we're not just insulting/ people.//

もちろん侮辱ばかりというわけではありません

See here's the thing,/ since we're presenting/ two randomly chosen words,/ interesting things can happen.//

ランダムに選んだ2つの語を出しているので 何か面白いものになることもあります

So this actually has given rise/ to a really big Internet meme/ that tens of thousands of people have participated in,/ which is called CAPTCHA art.//

実際これはインターネット上で 大きなミームになっていて 何万という人がこの 「CAPTCHAアート」で遊んでいます

I'm sure/ some of you have heard about it.//

お聞きになったことのある人もいるでしょう

Here's/ how it works.//

どんなことをするかというと

Imagine/ you're using/ the Internet/ and you see a CAPTCHA/ that you think is somewhat peculiar,/ like this CAPTCHA.// (Text:/ invisible toaster) Then/ what you're supposed to do/ is you take a screen shot of it.//

インターネットを使っていて CAPTCHAで何か変なものが出たとします たとえば 「見えない トースター」とか とりあえず画面コピーを取って

Then of course,/ you fill out/ the CAPTCHA/ because you help us digitize a book.//

それからもちろん CAPTCHAの入力をします 本の電子化にまずは貢献するためです

But then,/ first/ you take a screen shot,/ and then/ you draw something/ that is related/ to it.//

それからCAPTCHAの画像に 関連する絵を描き加えます

(Laughter)/ That's/ how it works.//

“見えない トースター” (笑) これが遊び方です

There are tens of thousands of these.//

こういう作品が何十万とあります

Some of them are very cute.// (Text:/ clenched it) (Laughter)/ Some of them are funnier.//

中には可愛らしいのもあります “それを 握りしめた” (笑) もっと おかしいのもあります

(Text:/ stoned founders) (Laughter) And some of them,/ like paleontological shvisle,/ they contain Snoop Dogg.//

“ラリってる 建国者たち” (笑)

“ラリってる 建国者たち” (笑) この 「古生物学的 シャベル」みたいに ラッパーが登場するやつもあります (相棒よう 取ってくれよう そのシャベル) (笑)

Okay,/ so/ this is my favorite number of reCAPTCHA.//

次にこの数字は reCAPTCHAについて

So this is the favorite thing/ that I like about this whole project.//

私がとても嬉しく思っている点で

This is/ the number of distinct people/ that have helped us digitize at least one word/ out of a book/ through reCAPTCHA:/ 750 million,/ which is a little over 10 percent of the world's population,/ has helped us/ digitize human knowledge.//

reCAPTCHAを通して本の電子化に 多少なりとも貢献している人の数は 7億5千万人に上ります 世界人口の10%以上が 人類の知識のデジタル化に貢献しているのです

And it is numbers/ like these/ that motivate my research agenda.//

このような大規模な数字こそが 私の研究の原動力になっています

So the question/ that motivates/ my research is the following:/ If you look at humanity's large-scale achievements,/ these really big things/ that humanity has gotten together/ and done historically --/ like for example,/ building the pyramids of Egypt/ or the Panama Canal/ or putting a man/ on the Moon --/ there is a curious fact/ about them,/ and it is/ that they were all done with about the same number/ off people.//

こんな疑問を持ったのです 人類が達成した偉業 人々の協力によって為された 歴史的大事業に目を向けてみると エジプトのピラミッドにしても パナマ運河にしても 月に人を送ることにしても 興味深い共通点があります いずれも携わった人の数が同じで

It's weird;/ they were all done with about 100,000 people.//

不思議なことに どれも10万人によって成し遂げられているのです

And the reason/ for that is/ because,/ before the Internet,/ coordinating more than 100,000 people,/ let alone/ paying them,/ was essentially impossible.//

その理由は インターネット以前の時代には 10万より多くの人を協調させるのは 資金の有無にかかわらず そもそも不可能だったのです

But now/ with the Internet,/ I've just shown you/ a project/ where we've gotten 750 million people/ to help us digitize human knowledge.//

しかしインターネットのおかげで 人類の知識の電子データ化には 7億5千万もの人が参加しているわけです

So the question/ that motivates/ my research is,/ if we can put a man/ on the Moon/ with 100,000,/ what can we do with 100 million?//

私の研究の契機となった疑問は 10万人で月に人を送れるのなら その千倍の 1億人では何ができるだろう ということです

So based/ on this question,/ we've had a lot of different projects/ that we've been working on.//

この疑問から出発して いろんなプロジェクトに取り組みました

Let me/ tell you/ about one/ that I'm most excited about.//

中でも特にワクワクしているものについてお話ししましょう

This is something/ that we've been semi-quietly working on for the last year and a half or so.//

1年半ほど密かに取り組んできて まだ公開していませんが

It hasn't yet been launched.// It's called Duolingo.//

Duolingoという名前で

Since it hasn't been launched,/ shhhhh!//

公開前なのでどうか内密に

(Laughter)/ Yeah,/ I can trust/ you'll do that.//

(笑) みなさん信頼していますから

So this is the project.// Here's/ how it started.//

このプロジェクトが始まったのは

It started with me/ posing a question/ to my graduate student,/ Severin Hacker.//

院生のセベリン・ハッカーに ある問いを投げかけたときでした

Okay,/ that's Severin Hacker.//

これがセベリン・ハッカー

So I posed the question/ to my graduate student.//

私のところの院生です

By the way,/ you did hear me correctly;/ his last name is Hacker.//

ちなみに聞き間違いじゃなく 本当に「ハッカー」という名字なんです

So I posed this question/ to him:/ How can we get 100 million people translating the Web/ into every major language/ for free?//

私は彼に聞きました 「1億人を使って ウェブを無料で 各主要言語に翻訳しようと思ったら どうすればいい?」

Okay,/ so there's a lot of things/ to say about this question.//

この質問にはいろいろ考えるべきことがあります

First of all,/ translating the Web.//

第一にまず ウェブを翻訳するということ

So right now/ the Web is partitioned into multiple languages.//

現在ウェブでは様々な言語が使われていますが

A large fraction of it is in English.//

大きな部分を英語が占めています

If you don't know any English,/ you can't access it.//

英語を知らなければ その情報にアクセスはできません

But there's large fractions/ in other different languages,/ and/ if you don't know those languages,/ you can't access it.//

しかし他の言語の部分もたくさんあって その言語を知らなければ それにアクセスすることはできません

So/ I would like to translate/ all of the Web,/ or at least/ most of the Web,/ into every major language.//

だからウェブの全体 少なくともその大部分を 主要なすべての言語に翻訳したい

So/ that's/ what I would like to do.//

それが私のやりたいことです

Now/ some of you may say,/ why can't we use computers/ to translate?//

コンピュータで翻訳したらいいと思う人もいるかもしれません

Why can't we use machine translation?//

機械翻訳でいいのでは?

Machine translation nowadays is starting to translate/ some sentences here and there.//

今や方々で機械翻訳が使われるようになっています

Why can't we use it/ to translate the whole Web?//

ウェブ全体をそれで訳してしまったら?

Well/ the problem/ with that is/ that it's not yet good enough/ and it probably won't be for the next 15 to 20 years.//

問題は 精度が不十分だということです この先15?20年は駄目でしょう

It makes a lot of mistakes.//

たくさんの間違いをします

Even/ when it doesn't make a mistake,/ since it makes so many mistakes,/ you don't know/ whether to trust it/ or not.//

仮に間違っていなかったとしても いつも間違ってばかりいるので 信頼していいのか分かりません

So let me/ show you/ an example of something/ that was translated with a machine.//

機械で翻訳されたものがどんなものか 例をお見せしましょう

Actually/ it was a forum post.//

これはあるフォーラムの投稿で

It was somebody/ who was trying to ask/ a question/ about JavaScript.//

JavaScriptについての質問をしています

It was translated from Japanese/ into English.//

日本語から英語に機械翻訳されています

So/ I'll just let/ you read.//

読んで頂ければと思いますが

This person starts apologizing/ for the fact/ that it's translated with a computer.//

この人は最初に 機械翻訳であることを謝っています

So the next sentence is is going to be the preamble/ to the question.//

次の文は質問の前置きで

So he's just explaining something.//

何かの説明をしています

Remember,/ it's a question/ about JavaScript.//

JavaScriptの質問だということをお忘れなく

(Text:/ At often,/ the goat-time install/ a error is vomit.//) (Laughter) Then comes the first part of the question.//

(よくヤギ時にインストールするエラーがゲロになります) (笑) それから質問の最初の部分が来ます

(Text:/ How many times/ like the wind,/ a pole,/ and the dragon?//) (Laughter) Then comes my favorite part of the question.//

(風や竿やドラゴンのようになるのは何回ですか?) (笑) 次は私のお気に入りの部分です

(Text:/ This insult to father's stones?//) (Laughter)/ And then comes the ending,/ which is my favorite part of the whole thing.//

(これは父の石への侮辱でしょうか?) (笑) そして最後が極めつけです

(Text:/ Please apologize for your stupidity.// There are a many thank you.//) (Laughter)/ Okay,/ so computer translation,/ not yet/ good enough.//

(あなたの愚かさを謝ってください ありがとうがいっぱいです) (笑) 機械翻訳は まだ不十分だということです

So back/ to the question.//

元の話に戻りましょう

So we need people/ to translate the whole Web.//

ウェブ全体の翻訳をしてくれる人が必要です

So now/ the next question/ you may have/ is,/ well/ why can't we just pay people/ to do this?//

さて次の疑問は「別にタダでなくても いいのでは?」ということでしょう

ウェブ全体をプロの翻訳家にお金を払って翻訳してもらえばいい

We could do that.//

そうしてもいいかもしれませんが

あいにくと ものすごくお金がかかります

For example,/ translating a tiny, tiny fraction of the whole Web,/ Wikipedia,/ into one other language,/ Spanish.//

たとえば巨大なウェブ全体からすればほんの小さな部分 ウィキペディアの英語版をスペイン語に訳すとしましょう

Wikipedia exists in Spanish,/ but it's very small/ compared/ to the size of English.//

ウィキペディアにはスペイン語版もありますが 英語版にくらべたらずっと小さく

It's about 20 percent of the size of English.//

サイズにして20%くらいしかありません

If we wanted to translate/ the other 80 percent/ into Spanish,/ it would cost at least 50 million dollars --/ and this is at even the most exploited,/ outsourcing country/ out there.//

残りの80%をスペイン語に翻訳しようと思ったら 少なくとも5千万ドルはかかります 甚だしく搾取された国にアウトソースした場合でそうなんです

So it would be very expensive.//

プロの翻訳というのは高くつくのです

So/ what we want to do/ is we want to get/ 100 million people/ translating the Web/ into every major language/ for free.//

それで私たちがやろうとしているのは ウェブの各言語への翻訳を 1億人の人に タダでやってもらうということです

Now/ if this is/ what you want to do,/ you pretty quickly realize/ you're going to run/ into two pretty big hurdles,/two big obstacles.//

そうしたときにすぐ直面する 大きな壁が 2つあります

The first one is a lack of bilinguals.//

1つはバイリンガルの不足です

So I don't even know/ if there exists 100 million people out there/ using the Web/ who are bilingual enough/ to help us translate.//

インターネット利用者に 翻訳ができるほどのバイリンガルが そもそも1億人もいるのか分かりません

That's a big problem.//

これは大きな問題です

The other problem/ you're going to run/ into is a lack of motivation.//

もう1つの問題は動機付けの欠如です

How are we going to motivate people to actually translate the Web/ for free?//

どうすればウェブをタダで翻訳するよう 動機付けられるのか?

Normally,/ you have to pay/ people/ to do this.//

通常はお金を出して翻訳してもらいます

So/ how are we going to motivate them to do it/ for free?//

どうすればタダでやりたくなるのか?

Now/ when we were starting to think/ about this,/ we were blocked by these two things.//

ウェブの翻訳を考え始めてすぐ この2つの問題にぶつかりました

But then/ we realized,/ there's actually/ a way/ to solve both these problems/ with the same solution.//

それから 2つの問題を同時に解決できる 方法があることに気づきました

There's a way/ to kill two birds/ with one stone.//

一石二鳥の方法があるのです

And that is to transform language translation/ into something/ that millions of people want to do,/ and/ that also helps with the problem of lack of bilinguals,/ and that is language education.//

翻訳を 何億という人がやりたがることに変え それがバイリンガル不足の問題の 解決にもなるということ それは語学教育です

So it turns out that/ today,/ there are over 1.2 billion people/ learning a foreign language.//

今日 外国語を学習している人は 12億人以上います

People really,/ really want to learn/ a foreign language.//

みんな本当に外国語を学びたがっているのです

And it's not just/ because they're being forced to do so/ in school.//

学校で勉強させられるからというばかりではありません

For example,/ in the United States alone,/ there are over five million people/ who have paid over $ 500/ for software/ to learn a new language.//

たとえばアメリカだけでも 外国語学習ソフトに500ドル以上使う人が 5百万人以上います

So people really,/ really want to learn/ a new language.//

みんな本当に外国語を習いたがっているのです

So/ what we've been working on for the last year/ and a half is a new website --/ it's called Duolingo --/ where the basic idea is people learn a new language/ for free/ while simultaneously/ translating the Web.//

それで私たちがこの1年半取り組んできたのは Duolingoというウェブサイトで その基本的な仕組みは みんなが外国語をタダで学び 同時にウェブの翻訳もするということです

And so basically/ they're learning/ by doing.//

つまり実践を通して学ぶわけです

So the way/ this works/ is/ whenever you're a just a beginner,/ we give you very,/ very simple sentences.//

初心者に対しては ごく単純な文を提示します

There's,/ of course,/ a lot of very simple sentences/ on the Web.//

ウェブにはもちろん使える文がふんだんにあります

We give you very,/ very simple sentences/ along with what each word means.//

すごく単純な文と それぞれの単語の意味が提示されます

And/ as you translate them,/ and/ as you see/ how other people translate them,/ you start learning/ the language.//

翻訳しながら 他の人はどう訳しているか見て 外国語を学んでいきます

And/ as you get more and more advanced,/ we give you more and/ more complex sentences/ to translate.//

上達するにつれ より複雑な文が提示されるようになります

But at all times,/ you're learning/ by doing.//

しかし実践して学ぶという点はいつも変わりません

Now/ the crazy thing/ about this method is/ that it actually really works.//

この方法の何がすごいかというと 実際非常によく機能するということです

First of all,/ people are really,/ really/ learning a language.//

何より みんな本当に外国語を学びたがっています

We're mostly done building/ it,/ and now/ we're testing/ it.//

システム構築が済んで テスト中ですが

People really can learn a language/ with it.//

本当に外国語を学ぶことができます

And they learn it about/ as well as/ the leading language/ learning software.//

優れた外国語学習ソフトを使った場合に劣らず上達し

So people really do learn a language.//

本当に外国語を身に付けているのです

And not only do they learn it as well,/ but actually/ it's way/ more interesting.//

しかも同様に上達できるだけではありません はるかに楽しく学べるのです

Because you see with Duolingo,/ people are actually learning with real content.//

Duolingoでは本物のコンテンツを使って学ぶからです

As opposed to learning with made-up sentences,/ people are learning with real content,/ which is inherently interesting.//

作り物の文章で学ぶのではなく 本物のコンテンツで学ぶ方が 本質的に興味深いものですし

So people really do learn a language.//

本当に外国語を学ぶことができます

But perhaps more surprisingly,/ the translations/ that we get from people/ using the site,/ even though they're just beginners,/ the translations/ that we get/ are as accurate/ as those of professional language translators,/ which is very surprising.//

それだけでなく さらに驚くのは このサイトから得られる翻訳は 彼らが初心者であるにもかかわらず プロの翻訳者に劣らず正確だということで 驚くほどです

So let me/ show you/ one example.//

例をお見せしましょう

This is a sentence/ that was translated from German/ into English.//

これはドイツ語から英語に翻訳された文章です

The top is the German.//

一番上がドイツ語

The middle is an English translation/ that was done by somebody/ who was a professional English translator/ who we paid 20 cents/ a word/ for this translation.//

真ん中が プロの翻訳家による英訳で 1語につき20セント払っています

And the bottom is a translation/ by users of Duolingo,/ none of whom knew any German/ before they started using/ the site.//

一番下がDuolingoユーザによる英訳で 彼らは元々 ドイツ語は全く知りませんでした

You can see,/ it's pretty much perfect.//

ほとんど完璧なことがお分かりになると思います

Now of course,/ we play a trick here/ to make the translations as good/ as professional language translators.//

プロの翻訳家並の翻訳にするため ちょっとした仕掛けをしてあります

複数の初心者の翻訳から良い所を取って 組み合わせているのです

Now/ even though we're combining/ the translations,/ the site actually can translate/ pretty fast.//

しかし組み合わせているのにかかわらず このサイトでは翻訳を非常に早く行えます

So let me show you,/ this is our estimates of how fast/ we could translate Wikipedia/ from English/ into Spanish.//

それでウィキペディアを英語から スペイン語に翻訳するのにかかる時間を 見積もってみました

Remember,/ this is 50 million dollars-worth of value.//

これは5千万ドルに値する仕事だということを思い出してください

So/ if we wanted to translate/ Wikipedia/ into Spanish,/ we could do it/ in five weeks/ with 100,000 active users.//

ウィキペディアをスペイン語に訳すには アクティブユーザ10万人なら5週間でできます

And we could do it/ in about 80 hours/ with a million active users.//

アクティブユーザ百万人なら80時間です

Since all the projects/ that my group has worked/ on so far have gotten millions of users,/ we're hopeful/ that we'll be able to translate extremely fast/ with this project.//

これまで私のプロジェクトはどれも数百万のユーザを得ていたので このプロジェクトでも非常に早い翻訳が できるようになると期待しています

Now/ the thing/ that I'm most excited about/ with Duolingo is I think this provides a fair business model/ for language education.//

Duolingoの最も刺激的な点は 語学教育に公平さをもたらすビジネスモデルだということです

So here's the thing:/ The current business model/ for language education is the student pays,/ and in particular,/ the student pays Rosetta Stone 500 dollars.//

何が問題だったかというと 今までの語学教育のビジネスモデルは 学習者にお金を払わせるということです つまり ロゼッタストーンに500ドル払うわけです

(笑) それが現在のビジネスモデルです

The problem/ with this business model is/ that 95 percent of the world's population doesn't have 500 dollars.//

このモデルが問題なのは 世界の人口の95%は500ドル払うことができないからです

So it's extremely unfair/ towards the poor.//

貧しい人たちにはとても不公平な

This is totally biased towards the rich.//

お金持ち向けに特化したモデルです

Now see,/ in Duolingo,/ because/ while you learn/ you're actually creating/ value,/ you're translating/ stuff --/ which for example,/ we could charge somebody/ for translations.//

一方Duolingoでは 学びながら翻訳をして 価値を生み出すので たとえば どこかに翻訳料を払ってもらうこともでき

So this is/ how we could monetize this.//

それが収益を得る方法になります

Since people are creating value/ while they're learning,/ they don't have to pay/ their money,/ they pay with their time.//

学習者は学習しながら価値を生んでいるので 授業料は必要ありません 時間で支払っているのですから

But the magical thing here is/ that they're paying/ with their time,/ but that is/ time/ that would have had to have been spent anyways learning the language.//

そして その時間にしても 語学学習にはどの道必要なもので 時間を余計無駄にするわけではない というのが素晴らしいところです

So the nice thing/ about Duolingo is/ I think it provides a fair business model --/ one/ that doesn't discriminate against poor people.//

貧しい人の不利にならないフェアなモデルというのが Duolingoの優れたところです

So here's the site.// Thank you.//

これがDuolingoのアドレスです

(Applause) So here's the site.//

(拍手) このサイトは正式公開前ですが

We haven't yet launched,/ but/ if you go there,/ you can sign up/ to be part of our private beta,/ which is probably going to start/ in about three or four weeks.//

ここに来れば 非公開ベータへの参加申し込みができます 3、4週間以内には開始されるでしょう

We haven't yet launched this Duolingo.//

Duolingoの開始をお待ちください

By the way,/ I'm the one/ talking here,/ but actually/ Duolingo is the work of a really awesome team,/ some of whom are here.//

ここでお話ししているのは私ひとりですが Duolingoの開発は ここに挙げた人をはじめとする優れたチームによって行われています

So thank you.//

どうもありがとうございました

(拍手)

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

web

(クモなどが紡ぎ出す)『巣』

(クモの巣のような)網状組織;(張りめぐらした)仕掛け

(製織中の)織物

(アヒルなど水鳥の)水かき

(輪転機の)巻取り紙

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

annoy

《しばしば受動態で》〈物事が〉…'を'『困らせる』,悩ませる,いらいらさせる

okay

=OK,O.K.

outstanding

『目立つ』,顕著な,傑出して

残っている,未決の,未払いの

invent

…‘を'『発明する』,考え出す

…‘を'『でっち上げる』

laughter

『笑い』,笑い声

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

entity

実在するもの,実体

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

computer

『計算機』;『電子計算機』

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

times

…掛ける

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

trouble

〈U〉『苦難』,心配,悩み

〈C〉『苦労の種』,心配事,悩みの種

〈U〉危険[な状態],困難

〈U〉『骨折り』,手数,めんどう,迷惑

〈C〉〈U〉(政治的・社会的)紛争,騒動

〈U〉(機械などの)故障

〈C〉〈U〉病気

〈事が〉〈人・自分〉‘を'『悩ます』,心配させる,苦しめる

《物事を頼むときていねいに》〈人〉‘を'『わずらわす』,じゃまする

〈水・空気など〉‘を'かき乱す

《おもに疑問文・否定文で》心配する,気を遣う;骨を折る

squiggly

よじれた,くねくね曲がった

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

simply

『簡単に』,分かり易く

『飾り気なく』,簡素に;もったいぶらないで,率直に

『単に』,ただ(merely, only)

『全く』,ほんとうに(really);とても,悲常に(very much)

ca

circa

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

scalper

頭皮をはぐ人・〔米話〕 ぴんはねする人, 利ざやを稼ぐ人; 〔米話〕 ダフ屋 (ticket scalper)

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

yahoo

粗野な武骨者・野蛮な人間・獣のような人間[Swift のガリヴァー旅行記より]・(Yahooとして)ヤフー (米国スタンフォード大学の学生だったジェリー・ヤン(Jerry Young)とデービッド・ファイロ(David Filo)が創設したインターネット上の検索エンジン) ・田舎者・やっほー・わーい・大声でしゃべりまくる人

registration

〈U〉(…に)登録すること,(…の)登録;書留《+『of』+『名』》

《米》《集合的に》登録者数;(特に大学の)在籍者数;受講者数

〈C〉登録証明書

〈C〉記録された事がら

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

spell

〈語〉‘を'『つづる』,‘の'つづりを言う(書く) ・〈…の文字が〉〈語〉‘の'『つづりである』・(受動態にできない) ・(結果として)…‘を'招く,意味する・語をつづる,語のつづりを言う(書く)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

desk

『机』,勉強机,事務机

受付所,応接所

(新聞社・役所などの)部局

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

acquire

(不断の努力・習慣などで)…'を'『習得する』,身につける

〈財産・権利など〉'を'手に入れる,取得する

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

waste

(…に)〈金・時間・路力など〉‘を'『むだに使う』,浪費する《+名+on+名》

〈好機など〉‘を'『利用しそこなう』

〈体力など〉‘を'『消耗させる』,衰えさせる

《しばしば受動態で》〈国土など〉‘を'『破壊する』,

《米俗》…‘を'殺す(kill)

〈体が〉(だんだん)衰える,やせる,弱る《+away》

《まれ》〈物が〉(少しずつ)減る,少なくなる

〈U〉《時に a~》(…の)『むだ使い』,浪費《+of+名》

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『廃物』,くず,残り物(garbage)

〈C〉《おもに文》荒野,荒れ地;荒涼とした広がり

『荒れ果てた』,不毛の:耕されていない;使用されていない

『廃物の』,くずの,残り物の

multiply

…‘を'『増す』,ふやす;…‘を'繁殖させる

(ある数を)〈ある数〉‘に'『掛ける』《+『名』〈被乗数〉+『by』+『名』〈乗数〉》

〈数・量などが〉『ふえる』,増大する;繁殖する

掛け算をする

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

rid

《『rid』+『名』〈場所・人〉+『of』+『名』》(やっかいなものを)〈場所・人〉‘から'『取り除く』

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

nowadays

(特に過去と比べて)『今日では』,このごろは

authenticate

〈物〉'を'確か〈本物〉であると証明する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

Amazon

アマゾン(ギリシア神話で,昔黒海の近くにいたという女武者の一族)

《しばしばa-》女傑(じょけつ),勇ましい女

《the ~》アマゾン川(南米にある大河)

kindle

〈火〉‘を'『起こす』;〈物〉‘に'火をつける,点火する

〈感情など〉‘を'『かき立てる』,燃え立たせる

…‘を'輝かせる,明るくする

火がつく,燃え出す

〈人が〉興奮する;〈怒りなどが〉燃え上がる

(…で)輝く;生き生きとする《+『with』+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

scan

…‘を'じっと見る,詳しく調べる;〈広い区域〉‘を'端から端までよく見る

…‘に'さっと目を通す,‘を'ざっと読む

〈詩〉‘の'韻律を調べる,‘を'詩脚に分ける

(テレビ・レーダーで)〈映像〉‘を'走査する

詩の韻律を調べる;〈詩行が〉韻律の法則に合う,音脚が合う

(テレビ・レーダーで)走査をする

じっと見ること,吟味

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

decipher

〈分かりにくい文字など〉'を'判読する

〈暗号〉'を'解読する

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

OCR

~をOCR処理する、~をスキャナで読み込んでデジタル化する・= optical character reader 光学式文字読取装置・= optical character recognition 光学式文字認識

optical

視覚の,視力の

光学用の

recognition

(それであること)『見て気がつくこと』,見覚え

(特に,正当・妥当であるとの)(‥の)『承認』《+of』+『名』》

(業績・貢献などを)認めること,(…の)表彰《+『of』+『名』》

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

especially

『特に』,特別に;きわだって

ink

(筆記用・印刷用)の『インク』

(イカなどの出す)墨

…‘を'インクで書く(塗る,しるす,汚す)

fade

『衰える』,弱くなる;〈植物が〉『しぼむ』,しおれる

『しだいに消えてゆく』,姿を消す《+『away』》

…‘を'衰えさせる;…‘の'色をあせさせる

〈映像・音〉をしだいに消えさせる

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

instead

『その代りとして』,それよりも

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

grade

《米》(小・中・高校の)『学年』(小学校から12年まで通算する)

《おもに米》(学業の)『成績』,評点

(位階・品質・価値などの)『階級』,『等級』

《米》(道路・線路などの)傾斜,勾配(こうばい)(《英》gradient)

…‘を'『等級分けする』,‘の'格づけをする

《米》…‘の'採点をする

〈道路など〉‘の'勾配(こうばい)をゆるくする

等級別になる,徐々に変わる,〈色彩などが〉次第に他の色に移る

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

confidence

〈U〉《修飾語を伴って》『信頼』,信用,信任;(…を)信頼(信用)すること《+『in』+『名』》

〈U〉(自分の思想・能力・行動などに対する)『確信』,自信

〈C〉打ち明け話,秘密(secret)

=confidence game(trick)

correctly

正しく,正確に;正確に言えば

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

accurately

正確に,精密に,綿密に

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

poke

(とがったもので)…‘を'『突く』,つつく《+『名』+『名』+『with』+『名』》

(…に)…‘を'突っ込む《+『名』+『into』+『名』》;(…から)…‘を'突き出す《+『名』+『out of』+『名』》

(…に)〈穴〉‘を'つついて作る《+『名』+『in(through)』+『名』》

《話》…‘を'こぶしでなぐる(打つ)

(…を)『突く』,つつく《+『at』+『名』》

(…から)突き出る《+『out of』+『名』》

(指ひじ・棒などで)突くこと

《話》(こぶしで)打つこと

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

per

…『につき』,…ごとに

《文》…によって,…で,…を通じて

《しばしば『as per』…で》…によって示された通りに,…に従って

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

embassy

〈C〉『大使館』

〈U〉大使の任務(職)

〈C〉《集合的に》大使館員

〈C〉使節団

kingdom

〈C〉『王国』

〈C〉(学問・芸術・活動などの独立した)分野,世界,領域

〈C〉(特に自然界を三大区分した)界

〈U〉神(キリスト)の国,御国(みくに)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

oops

おっとっと,しまった

damn

…'を'『けなす』,酷評する

〈神が〉〈人〉'を'地獄に落とす,永遠に罰する

…'を'破滅させる,だめにする

…'を'のろう

〈U〉〈C〉ののしり,けなし

〈C〉《話》《否定文に用いて》《a~》少し

=damned

=damnation

liberal

(政治・宗教上の)『自由主義の』

『寛大な』,偏見のない,心の広い

『気前がよい』,物惜しみをしない

(物が)豊富な

(翻訳などが)字句通りでない

自由主義者

《またL-》自由党員

insulting

侮辱的な,無礼な

insult

〈人・物など〉‘を'『侮辱する』,はずかしめる

(…に対する)『侮辱』,侮辱的な言動《+『to』+『名』》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

art

〈U〉〈C〉『芸術』;《集合的に》芸術作品

〈C〉『技術』,技法,技巧;(何かをする)わざ,術,こつ

〈U〉人為,人工

《複数形で》《単数扱い》『人文科学』(自然科学と区別して文学・哲学・音楽など);《複数扱い》=liberal arts

〈U〉こうかつさ,ずるさ;(態度などの)わざとらしさ,作為

《通例複数形で》術策,手くだ(artifice)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

somewhat

『幾分か』,少し

peculiar

『変な』,奇妙な,変わった

『独特な』,特有の

《話》(気分・体が)おかしい,ぐあいが悪い

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

toaster

トースター

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

shot

shootの過去・過去分詞

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

clench

〈歯〉'を'くいしばる,〈こぶし・物など〉'を'固く握り締める,〈口〉'を'きっと結ぶ

〈打ち込んだくぎなどの先〉'を'折り曲げる,つぶす

歯をくいしばること,(くやしい時の)歯ぎしり

stone

〈U〉(物質としての)『石』,石材

〈C〉『小石』,岩石の小片

〈C〉《複合語を作って》(特定の目的に用いる)石材

=precious stone

〈C〉(形・堅さが)石に似たもの(あられなど)

〈C〉(腎臓・膀胱(ぼうこう)などの)結石

〈C〉(果実の)種,核

〈C〉《英》(体重を表す重量単位の)ストーン(14ポンド(約5.35キログラム)に相当)

『石造りの』,石の・石器製の

…‘に'石を投げる,石を投げて殺す

…‘に'石を取り付ける(張る,敷く),沿って石を並べる

〈果実〉‘の'種を取る

founder

創設者,設立者

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

snoop

うろうろのぞき回る

のぞき回る人

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

agenda

会議事項,議事日程;備忘録

following

《the following》(時間・順序において)『次の』,次に来る

《the following》次に述べる,下記の

同じ方向に動く

崇拝者,支持者,門下

《the following》《単数・複数扱い》『次に述べるもの』(人・事項),下記のもの

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

achievement

〈U〉(…の)『成就』(じょうじゅ),達成《+『of』+『名』》

〈U〉『業績』,功績,達成されたこと

historically

歴史的に,歴史上

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

pyramid

(エジプト・メキシコなどの)『ピラミッド』

ピラミッド形の物

(幾何の)角錐(かくすい)

ピラミッド形になる

〈物価などが〉上昇する,増加する

…‘を'ピラミッド形にする(積み上げる)

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

Panama Canal

パナマ運河

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

weird

起自然的な,不思議な,気味の悪い

『話』変な,妙な

coordinate

対等の,等位の;(…と)同等の,同位の《+『with』+『名』》

同等の人(人物)

(数学の)座標

《複数形で》コーディネート(色やデザインを組合せた装い・家具)

〈各部分〉'を'調和させる

調和して動く

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

excited

興奮した

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

yeah

=yes

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

last name

(名に対する)姓

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

partition

〈U〉(‥の)分割,区分《+『of』麥『名』》

〈C〉(分割された)部分

〈C〉仕切り壁

(…に)…‘を'分割する,分配する《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'仕切る,区切る《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

fraction

『破片』,断片;(…の)一部,わずか《+『of』+『名』》

『分数』

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

translation

〈U〉『訳すこと,翻訳』

〈C〉翻訳されたもの

sentence

〈C〉『文』,文章

〈C〉〈U〉(…に対する)『判決』,(刑の)『宣告』

〈人〉‘に'宣告する

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

probably

『たぶん』,『おそらく』

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

forum

《the Fo・rum》(古代ローマの)大広場,市場(商業取引や裁判・政治などの集会所として用いられた)

〈C〉(公開討論・批判などの)広場,フォーラム

〈C〉討論会

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

apologize

(人に…について)『わびる』,あやまる;言い訳する,弁解する《+『to』+『名』〈人〉+『for』(『about』)+『名』(do『ing』)》

(口頭・文書で)(…を)弁護する,弁明する《+『for』+『名』》

preamble

(文書の)序文,前文;(演説の)前置き,前口上

install

〈装置など〉‘を'『取り付ける』,設備する

〈人〉‘を'『就任させる』,‘の'就任式を行う

《場所を表す副詞[句]を伴って》…‘を'落ち着かせる,席につける

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

vomit

(胃から)吐く,もどす

〈煙・灰などが〉吹き出る,吐き出される

〈胃の中のもの〉‘を'吐き出す

(勢いよく)…‘を'噴出する,吹き出す

〈U〉吐いた物,嘔吐物

〈C〉へどを吐くこと

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

pole

(木製・金属性などの)『棒』,さお

(牛車・馬車の)ながえ

ボール(長さの単位,5.03メートル;面積の単位,25.3平方メートル)

…‘を'棒で動かす(押す,突く,たたく)

dragon

『リュウ,竜』(翼とうろこがあり,火を吐く伝説上の怪獣)

ending

終り,終了;(物語・映画などの)結末

(文の)語尾

stupidity

〈U〉愚かさ,愚鈍

〈C〉《通例複数形で》愚かな行い(言葉)

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

translator

(特に専門の)翻訳者,翻訳家

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

extremely

『極端に』,非常に過度に

expensive

『費用のかかる』,高価な

Spanish

《the ~》《集合的に》『スペイン人』

『スペイン語』

『スペイン』[人]『の』;スペイン語の

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

cost

〈品物が〉〈ある金額〉‘が'『かかる』,'を'要する

〈物事が〉…'を'『犠牲にさせる』,失わせる

〈仕事など〉‘の'手間(原価)を計算する

『代価』,値段;《しばしば複数形で》経費,費用

《the cost》『犠牲』,損失

《複数形で》訴訟費用

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

exploit

英雄的行為,めざましい功績,偉業

〈鉱山・資源など〉‘を'『開発する』;〈機会など〉‘を'活用する

…‘を'食いものにする,搾取する

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

hurdle

〈C〉(競技用)ハードル,障害物

《複数形で;単数扱い》ハードル競走

〈C〉困難,障害物

〈C〉(臨時に家畜の囲いなどに用いる移動式の)編み垣

(競技で)〈ハードルなど〉‘を'跳び越す

〈困難・障害など〉‘を'克服する,‘に'打ち勝つ(overcome)

obstacle

(…に対する)『障害』[『物』],邪魔[物]《+『to』+『名』》

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

bilingual

2つの言語を話す,母国語と同じように外国語を話す

(書籍など)2か国語で表された(書かれた)

2か国語を話せる人

motivation

動機を与えること,動機づけ

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

block

(木・石などの,通例平らな面のある)『かたまり』

《米》(四団を街路に囲まれた)『区画』,街区

街区の1辺の距離(一般に40メートル前後)

《英》ブロック(アパート・事務所・商店などに区切られている大きな建物)

『妨害物』,障害物(obstacle);(障害によって生じた)停滞,渋滞

台木,台(まないた・肉切り台・まき割り台・せり売り台・帽子の木型など);《the~》炭頭台

(特にアメリカンフットボールで)ブロック(相手の選手の突進を阻止する)

滑車(pulley)

(座席券・株券などの)一組《+『of』+『名』》

〈通路など〉'を'『ふさぐ』,〈通行・進行など〉'を'妨げる

〈帽子など〉の型取りをする

(特にアメリカンフットボールで)〈相手選手の突進〉'を'ブロックする;(ボクシングで)〈相手のパンチ〉'を'ブロックする

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

education

(一般に)『教育』

(身につけた)教育,教養,知識

教育学,教授法

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

simultaneously

同時に

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

beginner

初学者,初心者

創始者

simple sentence

単文(一対の主語・述語動詞から成る文)

means

〈C〉《単数・複数扱い》『方法』,『手段』

《複数扱い》『資力』,『財産』,富

advance

…'を'『前進させる』,前に出す

〈事〉'を'『進める』,促進する

(ある階級・地位などに)〈人〉'を'昇進させる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

《『advance』+『名』〈人〉+『名』〈金〉=『advance』+『名』〈金〉+『to』+『名』〈人〉》 〈人〉‘に'〈金〉'を'前払いする,融資する

〈時間・期日〉'を'早める;〈時計〉‘の'時間を早める

(…に向かって)『前進する』,進む《+『on』(『upon, toward』)+『名』》

(…に)昇進する《+『to』(『in』)+『名』》

〈事が〉進歩する,はかどる

〈時が〉進む

〈値段・価値が〉上がる

〈U〉〈C〉『進むこと』,前進

〈U〉(…の)流れ,進行《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)進歩,発達《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)昇進,出世《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)前払い,前払い金《+『on』+『名』》

《複数形で》(人に)言い寄ること,取り入ること《+『to』+『名』》

前進している

前もっての

complex sentence

複文(従属節を含む文)

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

oppose

…‘に'『反対する』,抵抗する(object to)

(…に)…‘を'対照させる,対抗させる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

made-up

作り上げた,でっちあげた;人工的の

化粧した,メイキャップした

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

surprisingly

驚くほどに

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

accurate

『正確な』,的確な,精密な

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

cent

〈C〉『セント』(1ドルの1

100;米国・カナダの貨幣単位;《略》¢)

〈C〉1セント銅貨

〈U〉(単位としての)100

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

hopeful

『希望に満ちた』

『有望な』,見込みのある,末たのもしい

前途有望な人

excite

〈人〉‘を'『興奮させる』

〈物事が〉〈ある感情・興味など〉‘を'『起こさせる』

〈体の器官〉‘を'刺激する

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

unfair

不公平な,不当な,かたよった

(商取引などが)公正でない,不正の

towards

toward

totally

全く,完全に

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

anyway

=anyhow

discriminate

(…と)…‘を'『見分ける』,識別する《+『名』+『from』+『名』》

(…間の)『差異を見分ける』,識別する《+『between』+『名』》

(…を)分け隔てする,差別待遇する《+『against』+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

private

『私的迭』,個人的な

『私有の』,私営の,私立の

『内密の』,非公開の,秘密の

公職についていない,在野の;(軍隊で)士官(下士官)でない

人目につからい,孤立した

兵卒,兵(軍隊で最も下の三階級)

beta

ベータ(ギリシア語アルファベットの第2文字;B,β;英語のB,b に遭当)

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

関連動画