TED日本語 - ミッコ・ヒッポネン: 3種類のオンライン攻撃

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

サイバー犯罪の専門家ミッコ・ヒッポネンは、私たちのプライバシーやデータを狙うオンライン攻撃には3種類あり、そのうちの2つだけが犯罪とみなされていると言います。「将来の政府をみんな盲目的に信じるのでしょうか? 権利を手放すなら、それは永遠に手放すことになるのです」

Script

1980年代 共産主義の東ドイツでは タイプライターを所持するには 政府に届け出る必要がありました タイプライターの 出力サンプルを 登録する必要があったのです それは政府が 文書の出所を追跡できるようにするためでした 悪い思想の書かれた 文書が見つかったとき その作者を 突き止められるように 私たち西側の人間には 考えがたいことでした これが言論の自由をどれほど制限することか 私たちの国で このようなことが行われたことはないでしょう

しかし2011年の今日 どこでも主要なメーカーの カラーレーザープリンタを買って ページを印刷してみると どのページにも 微かな黄色い点が 見つかります そしてそのパターンは 個々のプリンタに固有のものになっているのです これは今日 私たちに起きていることです しかしそのことで騒ぎ立てる人は誰もいないようです これは 政府が 私たち市民に対し テクノロジーを行使している ひとつの例です そしてこれは 今日 ネット上の問題の 主要な3つの源の1つです

ネットの世界で何が起きているかをよく見ると 攻撃は攻撃者によって分類できます 主なグループが3つあります まずオンライン犯罪者がいます このウクライナはキエフ市の ディミトリ・ゴルボフ氏のような オンライン犯罪者の動機は ごく分かりやすいものです 彼らは金を稼いでいるのです オンライン攻撃で 金を稼いでいます たくさんの金です 実際オンライン攻撃で 財を築いた億万長者は 何人もいます これはエストニアのタルトゥ市出身のウラディミール・チャスツィン これはアルフレッド・ゴンザレス スティーブン・ワット ビョルン・サンディーン マシュー・アンダーソンに タリク・アルデウア まだまだいます

彼らは ネットで富を築きましたが 違法な手段を使ってのことです トロイの木馬を使って ネットバンキング利用者から 金を盗んだり キーロガーを使って 感染したコンピュータでオンラインショッピングする人から クレジットカード情報を抜いたりしています 米国のシークレットサービスは 2ヶ月前に サム・ジェイン氏のスイス銀行口座を 凍結しました その口座には米ドルで 1490万ドルありました ジェイン氏自身は逃亡中です どこにいるのか誰も知りません 今日の時点ですでに リアルの世界で犯罪に遭うより オンライン犯罪の被害者になる可能性の方が 高いのではと考えています そして当然のこととして 状況は悪くなる一方です 将来 犯罪の大部分は ネット上で起こっているのではないでしょうか

今日私たちが目にするオンライン攻撃者の 主要なグループの2つ目は お金で動機づけられてはいません 彼らは何か別の理由 何かへの抗議や 主義主張のため あるいは悪ふざけで活動しています Anonymousというグループは この12ヶ月ほど活気づいていて オンライン攻撃において 大きな存在になってます

ですから主要な攻撃者には3種類 金のためにやっている犯罪者や Anonymousのような抗議活動をする ハクティビストがいて そして最後のグループとして 国家があります 政府が攻撃をしているのです DigiNotarの事例を 見てみましょう これは政府が その国民に攻撃を仕掛けるとき 何が起きるかの良い例です DigiNotarはオランダの 認証局です いや 認証局でした ハックされたことが元で この秋に 潰れたのです 何者かに侵入され 徹底的にハックされました 先週 オランダ政府関係者と会談したとき 彼らの代表者に DigiNotarのハッキングが原因で 死人が出たと思われるか 尋ねてみたところ 答えはイエスでした

このようなハッキングの結果として どうして人が死んだりするのでしょう? DigiNotarは認証局です 彼らは証明書を発行しています 証明書は何に使うのでしょう? Webサイトがhttpsを使うためには 証明書が必要です SSL暗号化されたサービスです Gmailなどはその例です 私たちの多くが Gmailのようなサービスを使っていますが こういったサービスは イランみたいな全体主義国家で 特に人気があり 反体制活動家は Gmailのような外国のサービスを使っています その方が国内のサービスよりも信頼でき SSL暗号化されているので 政府にスパイされる心配も ありません ただし認証局がハックされて 偽の証明書を発行されたら話は別です そしてまさにそれが DigiNotarの事件で起きたことでした

アラブの春はどうでしょう? たとえばエジプトで起きていることは? エジプトでは 2011年4月に 秘密警察の本部を 暴徒が占拠しました そのときに彼らはたくさんの文書を見つけました その中に“FINFISHER”という バインダがありました そのバインダには ドイツを本拠とする企業の文書があり その企業はエジプト政府に 傍受のためのツールを 売っていたのです とても大規模な傍受で すべての国民の通信が対象でした その企業は傍受ツールを 28万ユーロでエジプト政府に売りました 今出ている写真は その会社の本社です

欧米の政府が 全体主義国家が国民に対して使う ツールを提供しているのです しかし欧米の政府もまた 自国民に同じことをしています たとえばドイツで ほんの2週間ほど前に “State Trojan”というトロイの木馬が見つかりました これはドイツ政府が 自国民の調査をするために 使っているものです 犯罪の容疑者であれば 電話は盗聴されることになるでしょう しかし今日ではそれ以上です インターネット接続に侵入し コンピュータをState Trojanのような トロイの木馬に感染させ それを使って すべての通信を監視し ネット上の会話を盗み見 パスワードを抜き取っているのです

このようなことを よく考えた時 人々の典型的な反応はこんな感じでしょう 「まずいことに聞こえるけど 実際は影響ないよ 法を守っているんだから なぜ心配しなきゃいけないの? 隠すことなんてないよ」 そのような議論は 意味がありません プライバシーは黙示の権利です プライバシーは議論の対象ではありません これは プライバシー 対 治安 という話ではなく 自由 対 統制 という問題なのです 私たちは2011年現在の政府を 信頼しているかもしれませんが 権利を手放すなら それは永遠に手放すことになるのです 将来の政府をみんな 盲目的に 信頼するのでしょうか? 50年後の政府も? これは私たちが今後50年間 心配しなければならない問なのです

In the 1980s in the communist Eastern Germany, if you owned a typewriter, you had to register it with the government. You had to register a sample sheet of text out of the typewriter. And this was done so the government could track where text was coming from. If they found a paper which had the wrong kind of thought, they could track down who created that thought. And we in the West couldn't understand how anybody could do this, how much this would restrict freedom of speech. We would never do that in our own countries.

But today in 2011, if you go and buy a color laser printer from any major laser printer manufacturer and print a page, that page will end up having slight yellow dots printed on every single page in a pattern which makes the page unique to you and to your printer. This is happening to us today. And nobody seems to be making a fuss about it. And this is an example of the ways that our own governments are using technology against us, the citizens. And this is one of the main three sources of online problems today.

If we take a look at what's really happening in the online world, we can group the attacks based on the attackers. We have three main groups. We have online criminals. Like here, we have Mr. Dimitry Golubov from the city of Kiev in Ukraine. And the motives of online criminals are very easy to understand. These guys make money. They use online attacks to make lots of money, and lots and lots of it. We actually have several cases of millionaires online, multimillionaires, who made money with their attacks. Here's Vladimir Tsastsin form Tartu in Estonia. This is Alfred Gonzalez. This is Stephen Watt. This is Bjorn Sundin. This is Matthew Anderson, Tariq Al-Daour and so on and so on.

These guys make their fortunes online, but they make it through the illegal means of using things like banking trojans to steal money from our bank accounts while we do online banking, or with keyloggers to collect our credit card information while we are doing online shopping from an infected computer. The U.S. Secret Service,two months ago, froze the Swiss bank account of Mr. Sam Jain right here, and that bank account had 14.9 million U.S. dollars on it when it was frozen. Mr. Jain himself is on the loose; nobody knows where he is. And I claim it's already today that it's more likely for any of us to become the victim of a crime online than here in the real world. And it's very obvious that this is only going to get worse. In the future, the majority of crime will be happening online.

The second major group of attackers that we are watching today are not motivated by money. They're motivated by something else -- motivated by protests, motivated by an opinion, motivated by the laughs. Groups like Anonymous have risen up over the last 12 months and have become a major player in the field of online attacks.

So those are the three main attackers: criminals who do it for the money, hacktivists like Anonymous doing it for the protest, but then the last group are nation states, governments doing the attacks. And then we look at cases like what happened in DigiNotar. This is a prime example of what happens when governments attack against their own citizens. DigiNotar is a Certificate Authority from The Netherlands -- or actually, it was. It was running into bankruptcy last fall because they were hacked into. Somebody broke in and they hacked it thoroughly. And I asked last week in a meeting with Dutch government representatives, I asked one of the leaders of the team whether he found plausible that people died because of the DigiNotar hack. And his answer was yes.

So how do people die as the result of a hack like this? Well DigiNotar is a C.A. They sell certificates. What do you do with certificates? Well you need a certificate if you have a website that has https, SSL encrypted services, services like Gmail. Now we all, or a big part of us, use Gmail or one of their competitors, but these services are especially popular in totalitarian states like Iran, where dissidents use foreign services like Gmail because they know they are more trustworthy than the local services and they are encrypted over SSL connections, so the local government can't snoop on their discussions. Except they can if they hack into a foreign C.A. and issue rogue certificates. And this is exactly what happened with the case of DigiNotar.

What about Arab Spring and things that have been happening, for example, in Egypt? Well in Egypt, the rioters looted the headquarters of the Egyptian secret police in April 2011, and when they were looting the building they found lots of papers. Among those papers, was this binder entitled "FINFISHER." And within that binder were notes from a company based in Germany which had sold the Egyptian government a set of tools for intercepting -- and in very large scale -- all the communication of the citizens of the country. They had sold this tool for 280,000 Euros to the Egyptian government. The company headquarters are right here.

So Western governments are providing totalitarian governments with tools to do this against their own citizens. But Western governments are doing it to themselves as well. For example, in Germany, just a couple of weeks ago the so-called State Trojan was found, which was a trojan used by German government officials to investigate their own citizens. If you are a suspect in a criminal case, well it's pretty obvious, your phone will be tapped. But today, it goes beyond that. They will tap your Internet connection. They will even use tools like State Trojan to infect your computer with a trojan, which enables them to watch all your communication, to listen to your online discussions, to collect your passwords.

Now when we think deeper about things like these, the obvious response from people should be that, "Okay, that sounds bad, but that doesn't really affect me because I'm a legal citizen. Why should I worry? Because I have nothing to hide." And this is an argument, which doesn't make sense. Privacy is implied. Privacy is not up for discussion. This is not a question between privacy against security. It's a question of freedom against control. And while we might trust our governments right now, right here in 2011, any right we give away will be given away for good. And do we trust, do we blindly trust, any future government, a government we might have 50 years from now? And these are the questions that we have to worry about for the next 50 years.

In the 1980s/ in the communist Eastern Germany,/ if you owned a typewriter,/ you had to register/ it/ with the government.//

1980年代 共産主義の東ドイツでは タイプライターを所持するには 政府に届け出る必要がありました

You had to register/ a sample sheet of text/ out of the typewriter.//

タイプライターの 出力サンプルを 登録する必要があったのです

And this was done/ so the government could track/ where text was coming from.//

それは政府が 文書の出所を追跡できるようにするためでした

If they found a paper/ which had the wrong kind of thought,/ they could track down/ who created/ that thought.//

悪い思想の書かれた 文書が見つかったとき その作者を 突き止められるように

And we/ in the West couldn't understand/ how anybody could do this,/ how much/ this would restrict freedom of speech.//

私たち西側の人間には 考えがたいことでした これが言論の自由をどれほど制限することか

We would never do that/ in our own countries.//

私たちの国で このようなことが行われたことはないでしょう

But today/ in 2011,/ if you go/ and buy a color laser printer/ from any major laser printer manufacturer/ and print a page,/ that page will end up/ having slight yellow dots printed on every single page/ in a pattern/ which makes the page unique/ to you/ and/ to your printer.//

しかし2011年の今日 どこでも主要なメーカーの カラーレーザープリンタを買って ページを印刷してみると どのページにも 微かな黄色い点が 見つかります そしてそのパターンは 個々のプリンタに固有のものになっているのです

This is happening to us/ today.//

これは今日 私たちに起きていることです

And nobody seems to be making a fuss/ about it.//

しかしそのことで騒ぎ立てる人は誰もいないようです

And this is an example of the ways/ that our own governments are using technology/ against us,/ the citizens.//

これは 政府が 私たち市民に対し テクノロジーを行使している ひとつの例です

And this is one of the main three sources of online problems today.//

そしてこれは 今日 ネット上の問題の 主要な3つの源の1つです

If we take a look/ at what's really happening/ in the online world,/ we can group/ the attacks based on the attackers.//

ネットの世界で何が起きているかをよく見ると 攻撃は攻撃者によって分類できます

We have three main groups.//

主なグループが3つあります

We have online criminals.//

まずオンライン犯罪者がいます

Like here,/ we have Mr.// Dimitry Golubov/ from the city of Kiev/ in Ukraine.//

このウクライナはキエフ市の ディミトリ・ゴルボフ氏のような

And the motives of online criminals are very easy/ to understand.//

オンライン犯罪者の動機は ごく分かりやすいものです

These guys make money.//

彼らは金を稼いでいるのです

They use online attacks/ to make lots of money,/ and lots and lots of it.//

オンライン攻撃で 金を稼いでいます たくさんの金です

We actually have several cases of millionaires online,/ multimillionaires,/ who made money/ with their attacks.//

実際オンライン攻撃で 財を築いた億万長者は 何人もいます

Here's Vladimir Tsastsin form Tartu/ in Estonia.//

これはエストニアのタルトゥ市出身のウラディミール・チャスツィン

This is Alfred Gonzalez.//

これはアルフレッド・ゴンザレス

This is Stephen Watt.//

スティーブン・ワット

This is Bjorn Sundin.//

ビョルン・サンディーン

This is Matthew Anderson,/ Tariq Al-Daour/ and so/ on and so on.//

マシュー・アンダーソンに タリク・アルデウア まだまだいます

These guys make their fortunes online,/ but they make it/ through the illegal means of using things/ like banking trojans/ to steal money/ from our bank accounts/ while we do online banking,/ or with keyloggers to collect our credit card information/ while we are doing online shopping/ from an infected computer.//

彼らは ネットで富を築きましたが 違法な手段を使ってのことです トロイの木馬を使って ネットバンキング利用者から 金を盗んだり キーロガーを使って 感染したコンピュータでオンラインショッピングする人から クレジットカード情報を抜いたりしています

The U.S.// Secret Service,/two months ago,/ froze the Swiss bank account of Mr.// Sam Jain right here,/ and/ that bank account had 14.9 million U.S. dollars/ on it/ when it was frozen.//

米国のシークレットサービスは 2ヶ月前に サム・ジェイン氏のスイス銀行口座を 凍結しました その口座には米ドルで 1490万ドルありました

Mr.// Jain/ himself is on the loose;/ nobody knows/ where he/ is.//

ジェイン氏自身は逃亡中です どこにいるのか誰も知りません

And I claim/ it's already/ today/ that it's more likely/ for any of us/ to become the victim of a crime online/ than here/ in the real world.//

今日の時点ですでに リアルの世界で犯罪に遭うより オンライン犯罪の被害者になる可能性の方が 高いのではと考えています

And it's very obvious/ that this is only going to get worse.//

そして当然のこととして 状況は悪くなる一方です

In the future,/ the majority of crime will be happening online.//

将来 犯罪の大部分は ネット上で起こっているのではないでしょうか

The second major group of attackers/ that we are watching today are not motivated by money.//

今日私たちが目にするオンライン攻撃者の 主要なグループの2つ目は お金で動機づけられてはいません

They're motivated by something else --/ motivated by protests,/ motivated by an opinion,/ motivated by the laughs.//

彼らは何か別の理由 何かへの抗議や 主義主張のため あるいは悪ふざけで活動しています

Groups/ like Anonymous have risen up/ over the last 12 months/ and have become a major player/ in the field of online attacks.//

Anonymousというグループは この12ヶ月ほど活気づいていて オンライン攻撃において 大きな存在になってます

So those are the three main attackers:/ criminals/ who do it/ for the money,/ hacktivists/ like Anonymous/ doing it/ for the protest,/ but then/ the last group are nation states,/ governments/ doing the attacks.//

ですから主要な攻撃者には3種類 金のためにやっている犯罪者や Anonymousのような抗議活動をする ハクティビストがいて そして最後のグループとして 国家があります 政府が攻撃をしているのです

And then/ we look at cases/ like what happened in DigiNotar.//

DigiNotarの事例を 見てみましょう

This is a prime example of what happens/ when governments attack against their own citizens.//

これは政府が その国民に攻撃を仕掛けるとき 何が起きるかの良い例です

DigiNotar is a Certificate Authority/ from The Netherlands --/ or actually,/ it was.//

DigiNotarはオランダの 認証局です いや 認証局でした

It was running into bankruptcy/ last fall/ because they were hacked into.//

ハックされたことが元で この秋に 潰れたのです

Somebody broke in and they hacked it/ thoroughly.//

何者かに侵入され 徹底的にハックされました

And I asked last week/ in a meeting/ with Dutch government representatives,/ I asked one of the leaders of the team/ whether he found plausible/ that people died because of the DigiNotar hack.//

先週 オランダ政府関係者と会談したとき 彼らの代表者に DigiNotarのハッキングが原因で 死人が出たと思われるか 尋ねてみたところ

And his answer was yes.//

答えはイエスでした

So/ how do people die/ as the result of a hack/ like this?//

このようなハッキングの結果として どうして人が死んだりするのでしょう?

Well DigiNotar is a C.A.//

DigiNotarは認証局です

彼らは証明書を発行しています

What do you do with certificates?//

証明書は何に使うのでしょう?

Well/ you need a certificate/ if you have a website/ that has https,/ SSL encrypted services,/ services/ like Gmail.//

Webサイトがhttpsを使うためには 証明書が必要です SSL暗号化されたサービスです Gmailなどはその例です

Now/ we all,/ or a big part of us,/ use Gmail or one of their competitors,/ but these services are especially popular/ in totalitarian states/ like Iran,/ where dissidents use foreign services/ like Gmail/ because they know they are more trustworthy/ than the local services/ and they are encrypted over SSL connections,/ so the local government can't snoop on their discussions.//

私たちの多くが Gmailのようなサービスを使っていますが こういったサービスは イランみたいな全体主義国家で 特に人気があり 反体制活動家は Gmailのような外国のサービスを使っています その方が国内のサービスよりも信頼でき SSL暗号化されているので 政府にスパイされる心配も ありません

Except they can/ if they hack into a foreign C.A. and issue rogue certificates.//

ただし認証局がハックされて 偽の証明書を発行されたら話は別です

And this is exactly/ what happened with the case of DigiNotar.//

そしてまさにそれが DigiNotarの事件で起きたことでした

What about Arab Spring and things/ that have been happening,/ for example,/ in Egypt?//

アラブの春はどうでしょう? たとえばエジプトで起きていることは?

Well/ in Egypt,/ the rioters looted the headquarters of the Egyptian secret police/ in April 2011,/ and when they were looting the building/ they found lots of papers.//

エジプトでは 2011年4月に 秘密警察の本部を 暴徒が占拠しました そのときに彼らはたくさんの文書を見つけました

Among those papers,/ was this binder entitled "FINFISHER."//

その中に“FINFISHER”という バインダがありました

And within that binder were notes/ from a company based in Germany/ which had sold the Egyptian government/ a set of tools/ for intercepting --/ and in very large scale --/ all the communication of the citizens of the country.//

そのバインダには ドイツを本拠とする企業の文書があり その企業はエジプト政府に 傍受のためのツールを 売っていたのです とても大規模な傍受で すべての国民の通信が対象でした

They had sold this tool/ for 280,000 Euros/ to the Egyptian government.//

その企業は傍受ツールを 28万ユーロでエジプト政府に売りました

The company headquarters are right here.//

今出ている写真は その会社の本社です

欧米の政府が 全体主義国家が国民に対して使う ツールを提供しているのです

But Western governments are doing it/ to themselves/ as well.//

しかし欧米の政府もまた 自国民に同じことをしています

For example,/ in Germany,/ just a couple of weeks ago/ the so-called State Trojan was found,/ which was a trojan used by German government officials/ to investigate their own citizens.//

たとえばドイツで ほんの2週間ほど前に “State Trojan”というトロイの木馬が見つかりました これはドイツ政府が 自国民の調査をするために 使っているものです

If you are a suspect/ in a criminal case,/ well/ it's pretty obvious,/ your phone will be tapped.//

犯罪の容疑者であれば 電話は盗聴されることになるでしょう

But today,/ it goes beyond that.//

しかし今日ではそれ以上です

They will tap your Internet connection.//

インターネット接続に侵入し

They will even use tools/ like State Trojan/ to infect your computer/ with a trojan,/ which enables them/ to watch all your communication,/ to listen to your online discussions,/ to collect your passwords.//

コンピュータをState Trojanのような トロイの木馬に感染させ それを使って すべての通信を監視し ネット上の会話を盗み見 パスワードを抜き取っているのです

Now/ when we think deeper/ about things/ like these,/ the obvious response/ from people should be/ that,/ "Okay,/ that sounds bad,/ but that doesn't really affect me/ because I'm a legal citizen.//

このようなことを よく考えた時 人々の典型的な反応はこんな感じでしょう 「まずいことに聞こえるけど 実際は影響ないよ 法を守っているんだから

Why should I worry?//

なぜ心配しなきゃいけないの?

Because I have nothing/ to hide."//

隠すことなんてないよ」

And this is an argument,/ which doesn't make sense.//

そのような議論は 意味がありません

Privacy is implied.//

プライバシーは黙示の権利です

Privacy is not up/ for discussion.//

プライバシーは議論の対象ではありません

This is not a question/ between privacy/ against security.//

これは プライバシー 対 治安 という話ではなく

It's a question of freedom/ against control.//

自由 対 統制 という問題なのです

And/ while we might trust our governments right now,/ right here/ in 2011,/ any right/ we give/ away will be given away/ for good.//

私たちは2011年現在の政府を 信頼しているかもしれませんが 権利を手放すなら それは永遠に手放すことになるのです

And do/ we trust,/ do we blindly/ trust,/ any future government,/ a government/ we might have 50 years/ from now?//

将来の政府をみんな 盲目的に 信頼するのでしょうか? 50年後の政府も?

And these are the questions/ that we have to worry about/ for the next 50 years.//

これは私たちが今後50年間 心配しなければならない問なのです

communist

『共産主義者』

《しばしばC-》共産党員

共産主義[者]の;《しばしばC-》共産党の

eastern

『東の』;東へ向かう;(風が)東からの

《しばしばEastern》『東洋の』(Oriental)

《しばしばEastern》《米》東部地方の

《Eastern》東欧の,共産圏の

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

typewriter

『タイプライター』

《まれ》タイピスト(typist)

register

(氏名・出生などの)『登録』,届;記録

『登記簿』,『名簿』

自動登録機,レジスター

(暖房器などの)空調装置

音域,声域;(オルガンの)ストップ・…‘を'『記録する』

…‘を'『登録する』,名簿に入れる

〈郵便物〉‘を'書留にする

〈機械・器具が〉…‘を'示す

〈表情などが〉‘を'表す

(…に)『記録する』,記名する《+『with』(『at, in』)+『名』》

(…に)『登録する』;(…の)選挙人名簿に登録する;(…に)入学する《+『for』+『名』》

〈物事が〉心に残る,感銘を与える

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

sheet

『敷布』(しきふ),シーツ

(紙など薄いものの)『1枚』《+『of』+『名』》

印刷物;新聞;(切手の)シート

(火・水などの)『一面の広がり』

…‘に'シーツをかける,‘を'敷布で包む

…‘を'一面におおう

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

anybody

《疑問文・条件節で》『だれか』;《否定文で》『だれも』

《肯定文で》『だれでも』

《否定文・疑問文・条件節で》偉い人,ひとかどの人間

《肯定文で複数に用いて》つまらない人,普通の人

restrict

…‘を'『制限する』,限定する(limit)

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

laser

レーザー(強力な可視光線を発生させる;医療,通信,軍事用)

printer

印刷する人(機械);印刷屋

(コンピューターの)文字打ち出し機 プリンター

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

manufacturer

(大規模な)『製造業者』,工場主;製作者

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

slight

(量・程度が)『わずかの』,少しの

『取るに足りない』,つまらない(trivial)

(人が)『ほっそりした』,やせた

〈人〉‘を'軽んじる

〈物事〉‘を'なおざりにする

(人を)軽んじること,(物事を)なおざりにすること;悔辱,無礼

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

dot

『点』,ぽち,しみ

(ペンで書いたような)小点;終止符(period)

(通信の)短点

…‘に'『点を打つ』

(…を)…‘に'『点在させる』,散在させる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'打つ,なぐる(hit)

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

fuss

(つまらないことに)『騒ぎたてること』,やきもきすること《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことについての)『言い合い』,言い争い《+『about』+『名』(『wh-節』)》

ぶつぶつ文句を言うこと

(しなくてもいいのに)(…を)騒ぎ立てる,(…に)やきもきする《+『about』(『over』)+『名』》

(ささいなことで)(人と)言い争う《+『with』+『名』》

…‘に'気をもませる

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

criminal

『犯罪の』,罪の犯した

《名詞の前にのみ用いて》『研事上の』

《補語にのみ用いて》《語》ばかげた,途方もない

『犯人』

Kiev

キエフ(旧ソ連南西部の都市;ウクライナ(Ukraine)共和国の首都)

Ukraine

ウクライナ(旧ソ連南西部の共和国;豊かな農産地で首都は Kiev)

motive

(・・・の)『動機』,誘因,目的《+『for(of)』+『名』(do『ing』)》

=motif

運動の;運動に関する;運動を起こす

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

millionaire

『百万長者』,大金持ち

multimillionaire

大金持ち,億万長者

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

Estonia

エストニア(バルト海に臨むソビエト連邦内の共和国)

watt

ワット(電力の単位)

Matthew

聖マタイ(『St.~』;4人の福音書の記者の一人)

新約聖書の「マタイによる福音書」;《略》『Matt.』

fortune

〈U〉『運』,『運勢』,運命

〈U〉〈C〉幸運;《F-》運命の女神

〈U〉『富』(とみ),財産(riches, wealth);〈C〉大金,巨万の富

illegal

『不法の』,違法の

bank

『土手』,堤

川岸;《複数形で》(川の)両岸

(土手のように)長く盛り上がったもの

州(す),浅瀬

(丘などの,通例けわしい)傾斜面,坂

(飛行機が施回するときの)傾斜

|'を'土手で囲う(守る)

…‘に'土手を築く

…'を'土手のように積み上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(長くもたせるために)〈火〉‘に'灰をかぶせる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈機体・車体〉'を'横に傾ける

積み重なる,層を成す《+『up』》

〈車・飛行機が〉横に傾く

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

bank account

銀行勘定,当座預金

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

banking

銀行業務(経営)

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

credit card

クレジットカード

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

shopping

『買物』・買物の,買物のための

computer

『計算機』;『電子計算機』

secret service

《the S- S-》《米》財務省[秘密]検察局(大統領の護衛と紙幣為造者の摘発をする)

《the~》(政府の)秘密情報部(機関)

froze

freezeの過去形

Swiss

『スイス人』;《the ~》《集合的に》スイス人,スイス国民

『スイスの』;スイス人の

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

frozen

freezeの過去分詞

凍った,凍結した

(態度などの)冷たい,冷淡な

(資産などが)凍結された

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

loose

『結んでない』,解けている,ばらの

『解き放たれた』,自由な(free)

『緩い』,だぶだぶの;ぐらぐらの

『散漫な』,不正確な,あいまいな

大ざっぱな,漠然とした

(行為などが)だらしのない,ふしだらな

(織物などが)目の粗い

…‘を'『放す』,自由にする(set free)

…‘を'緩める;〈結び目など〉‘を'解く

〈矢・弾丸など〉‘を'放つ,発射する

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

obvious

(一見して)『明白な』,明らかな,すぐ分かれる;見えすいた

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

motivate

〈物事〉‘の'動機となる,‘を'動機づけする;〈人〉‘に'動機を与える

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

protest

(…に対する)『抗議』,異議の申し立て;(少し軽い意味で,…への)反対,不満《+『against』+『名』》

(…に対して,…について)『抗議をする』,異議を申し立てる《+『about』(『against』)+『名』(do『ing』)+『at』(『to』)+『名』》

(不信に対して,また不満・反対があって)…‘を'『主張する』,『断言する』

《米》…‘に'坑議する(protest against)

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

anonymous

作者不明の

名を伏せた,匿名の

名もない,人に知られていない

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

prime

(重要さ・価値などにおいて)『首位の』,『主要な』

『最上等の』,最高品質の

(数が)素数の;公約数のない

〈U〉《the ~》(…の)『全盛期』・最盛期・青春・盛り《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《文》(…の)初期,初め《+『of』+『名』》

=prime number

〈旧式の火器〉‘に'火薬を詰める

〈ポンプ〉‘に'呼び水をする

〈キャブレター〉‘に'燃料を入れる

〈画面・壁など〉‘に'下塗りする

(…を)〈人〉‘に'前もって教え込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

《話》(飲食物を)〈人〉‘に'詰め込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

certificate

『証明書』,証書,証券

『免証状』,認許状,(学位を伴わない)修業証書

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

bankruptcy

破産[状態],倒産

(性格などの)破たん

hack

《副詞[句]を伴って》(おのなどで)…‘を'たたき切る,めった切りにする

…‘を'たたき切って作る

(…を)たたき切る《+『at』+『名』》

からせきをする

(…を)たたき切ること《+『at』+『名』》;刻み目,切り傷

《おもに米》からせき

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

thoroughly

『徹底的に』,完ぺきに,全く

meeting

〈C〉『集会』,『会合』(assembly)

〈C〉《単数形で》出会い;(人物が)いっしょになること《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《集合的に》参加者,参会者,会衆

〈C〉物がいっしょになる場所(地点);(川の)合流点,(道路の)交差点(junction)

〈C〉(特にクエーカー教徒の)礼拝集会,宗教会

Dutch

『オランダの』

オランダ人(語)の

〈U〉『オランダ語』

《the ~》《集合的;複数扱い》『オランダ人』

representative

『描写する』,表現する,象徴する

『代表する』,代理の;代議制の

『典型的な』

(…の)『代表人』,代理者《+『of』+『名』》

代議士;《Representative》《米》下院議員

見本,典型

leader

『指導者』,先導者,主将

《英》(また『leading article』)(新聞などの)社説,論説)editorial)

《米》(釣り針を釣り糸に連結する)はりす

《米》合唱団の指揮者;《英》(オーケストラの)首席第1バイオリン奏者

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

plausible

(話などが)もっともらしい;(人が)口先じょうずな

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

competitor

競争者,競争相手

especially

『特に』,特別に;きわだって

totalitarian

全体主義の

全体主義者

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

dissident

違った意見の;(…と)意見が違う《+『from』+『名』》

意見が違う人,反対者

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

trustworthy

(人・言明など)信頼に値する,信頼できる

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

ca

circa

snoop

うろうろのぞき回る

のぞき回る人

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

except

…『を除いて』,のほかは

(…から)…‘を'『除く』,除外する《+『名』+『from』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

rogue

『悪党』(vagrant),いんちき野郎(scoundrel)

いたずらなひょうきん者,(特に)いたずらっ子

群れを離れた危険な野生動物(特に象)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

Arab

(またArabian)アラブ人

=Arabian horse

アラブ[人]の

Egypt

『エジプト』(エジプトアラブ共和国(the Arab Republic of Egypt);首都はCairo)

rioter

暴動を起す(に加わる)人;暴徒

loot

戦利品;略奪物;(官吏などの)不正所得

…‘を'略奪する;…‘を'荒らす

略奪行為をする;不正利得をする

headquarters

『本部』,(軍隊の)司令部,(警察の)本署

(一般に)活動の中心,本拠,本社

《集合的に》本部員,司令部員

Egyptian

エジプトの;エジプト人(語)の

〈C〉エジプト人

〈U〉(古代の)エジプト語

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

police

《the~》『警察』

《複数扱い》『警察官』(policemen)

(警察的な組織をもつ)治安隊,保安隊

(警察力で)…‘を'取り締まる;〈場所〉‘の'治安を保つ

…‘を'管理する,監視する

April

『4月』(《略》『Apr』.)

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

binder

〈C〉製本屋,装丁者

〈C〉バインダー(ルースリーフのとじ込み表紙)

〈C〉〈U〉縛るもの;包帯,帯封

〈C〉刈り取り結束機

entitle

〈本など〉‘に'『表題をつける』,〈人など〉‘に'名称を与える

〈人〉‘に'『権利』(『資格』)‐を与える』

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

tool

(金づち・スパナー・のこぎりなど大工・指物仕事をするための)『道具』,工具

(機械の部品を切削・加工する)『動力機械』(器具)

(2の)切削(加工)部分

道具に使われる人,手先

《比喩的に》(一般に)道具,手段

…‘を'道具で造る(形作る)

道具で造る(形作る)

intercept

〈進行する人・物〉‘を'途中で捕まえる(奪う)

…‘の'進行をさえぎる;…‘を'妨げる,中断する

(数学で)〈線・平面〉‘を'2点(2線)で切り取る

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

so-called

いわゆる,名ばかりの

Trojan

トロイ(Troy)の;トロイ人の

トロイ人

勇気(精力)のある人

German

『ドイツの』;『ドイツ人の』;ドイツ語の

〈C〉『ドイツ人』

〈U〉《無冠詞で》『ドイツ語』

official

『公務』[『木』]『の』,職務[上]の

『公式の』,正式の(formal);公認の

お役織式の

『公務員』,役人(会社などの)『職員』,役員

investigate

(注意深く)〈問題・事件など〉‘を'『調べる』,研究する

(…を)『調査する』《+『into』+『名』》

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

tap

…‘の'(…を)『軽く打つ』;(…に)…‘を'トントン(コツコツ)と打ちつける《+名+on+名》

…‘を'トントン(コツコツ)とたたいて作る《+out+名,+名+out》

(…を)『軽く打つ』,トントンたたく《+on+名》

『軽く打つこと』;(…を)トントン(コツコツ)と打つ音《+on+名》

(靴の裏の)張り替え革;(タップダンス用に)つま先やかかとに付けた金具

《複数形で》(米軍隊の)消灯ラッパ

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

password

(敵味方を識別する)合い言葉(watchword)

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

okay

=OK,O.K.

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

blindly

盲目的に,向こうみずに

関連動画