TED日本語 - クリストファー・ソゴイアン: 盗聴の歴史と対処法

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - クリストファー・ソゴイアン: 盗聴の歴史と対処法

TED Talks

盗聴の歴史と対処法
How to avoid surveillance ... with the phone in your pocket
クリストファー・ソゴイアン
Christopher Soghoian

内容

「あなたの電話を盗聴しているのは誰か。固定電話なら誰でもできるのです。」とプライバシー活動家のクリストファー・ソゴイアンは言います。監視用のバックドアが電話にデフォルト設定されているので、政府が盗聴できるのです。外国の諜報機関も犯罪者もまた然り。そのため、「ハイテク企業の中には携帯電話や新しいメッセージング・システムに同様のバックドア設けよという政府の要請を拒んでいるハイテク企業もある」とソグホアンは語ります。ハイテク企業が、盗聴やテキスト・メッセージの読み取りにどのように対抗しているのかを学んでください。

Script

For more than 100 years, the telephone companies have provided wiretapping assistance to governments.

For much of this time, this assistance was manual. Surveillance took place manually and wires were connected by hand. Calls were recorded to tape. But as in so many other industries, computing has changed everything. The telephone companies built surveillance features into the very core of their networks. I want that to sink in for a second: Our telephones and the networks that carry our calls were wired for surveillance first. First and foremost.

So what that means is that when you're talking to your spouse, your children, a colleague or your doctor on the telephone, someone could be listening. Now, that someone might be your own government; it could also be another government, a foreign intelligence service, or a hacker, or a criminal, or a stalker or any other party that breaks into the surveillance system, that hacks into the surveillance system of the telephone companies.

But while the telephone companies have built surveillance as a priority, Silicon Valley companies have not. And increasingly, over the last couple years, Silicon Valley companies have built strong encryption technology into their communications products that makes surveillance extremely difficult.

For example, many of you might have an iPhone, and if you use an iPhone to send a text message to other people who have an iPhone, those text messages can not easily be wiretapped. And in fact, according to Apple, they're not able to even see the text messages themselves. Likewise, if you use FaceTime to make an audio call or a video call with one of your friends or loved ones, that, too, can not be easily wiretapped.

And it's not just Apple. WhatsApp, which is now owned by Facebook and used by hundreds of millions of people around the world, also has built strong encryption technology into its product, which means that people in the Global South can easily communicate without their governments, often authoritarian, wiretapping their text messages.

So, after 100 years of being able to listen to any telephone call -- anytime, anywhere -- you might imagine that government officials are not very happy. And in fact, that's what's happening. Government officials are extremely mad. And they're not mad because these encryption tools are now available. What upsets them the most is that the tech companies have built encryption features into their products and turned them on by default. It's the default piece that matters.

In short, the tech companies have democratized encryption. And so, government officials like British Prime Minister David Cameron, they believe that all communications -- emails, texts, voice calls -- all of these should be available to governments, and encryption is making that difficult.

Now, look -- I'm extremely sympathetic to their point of view. We live in a dangerous time in a dangerous world, and there really are bad people out there. There are terrorists and other serious national security threats that I suspect we all want the FBI and the NSA to monitor.

But those surveillance features come at a cost. The reason for that is that there is no such thing as a terrorist laptop, or a drug dealer's cell phone. We all use the same communications devices. What that means is that if the drug dealers' telephone calls or the terrorists' telephone calls can be intercepted, then so can the rest of ours, too. And I think we really need to ask: Should a billion people around the world be using devices that are wiretap friendly?

So the scenario of hacking of surveillance systems that I've described -- this is not imaginary. In 2009, the surveillance systems that Google and Microsoft built into their networks -- the systems that they use to respond to lawful surveillance requests from the police -- those systems were compromised by the Chinese government, because the Chinese government wanted to figure out which of their own agents the US government was monitoring.

By the same token, in 2004, the surveillance system built into the network of Vodafone Greece -- Greece's largest telephone company -- was compromised by an unknown entity, and that feature, the surveillance feature, was used to wiretap the Greek Prime Minister and members of the Greek cabinet. The foreign government or hackers who did that were never caught.

And really, this gets to the very problem with these surveillance features, or backdoors. When you build a backdoor into a communications network or piece of technology, you have no way of controlling who's going to go through it. You have no way of controlling whether it'll be used by your side or the other side, by good guys, or by bad guys.

And so for that reason, I think that it's better to build networks to be as secure as possible. Yes, this means that in the future, encryption is going to make wiretapping more difficult. It means that the police are going to have a tougher time catching bad guys. But the alternative would mean to live in a world where anyone's calls or anyone's text messages could be surveilled by criminals, by stalkers and by foreign intelligence agencies. And I don't want to live in that kind of world.

And so right now, you probably have the tools to thwart many kinds of government surveillance already on your phones and already in your pockets, you just might not realize how strong and how secure those tools are, or how weak the other ways you've used to communicate really are.

And so, my message to you is this: We need to use these tools. We need to secure our telephone calls. We need to secure our text messages. I want you to use these tools. I want you to tell your loved ones, I want you to tell your colleagues: Use these encrypted communications tools. Don't just use them because they're cheap and easy, but use them because they're secure.

Thank you.

(Applause)

百年以上もの間 電話会社は政府の盗聴の 手助けをしてきました

この時代 大部分が人の手で行われていました 監視は人手によるもので 盗聴器を人が接続して 通話内容をテープに録音しました しかし 多くの他の産業のように コンピュータの登場で 様変わりしました 電話会社は監視機能を ネットワークの中核に構築したのです このことをちょっと深く 考えてみたいと思います まず通話をつなぐ電話とネットワークに 監視をするため 盗聴器を仕掛けたのです 真っ先にです

ということは 配偶者や子ども 同僚、かかりつけ医と電話で話すと 盗聴されることもあり得るのです さて盗聴をするのは自国の政府や 他国の政府、外国の諜報機関 ハッカー、犯罪者、ストーカー 電話会社の監視システムに侵入できるような 監視システムに侵入する組織など

しかし 電話会社は優先事項として 監視システムを構築したのに対し シリコンバレーの企業はしませんでした 過去20年間に渡り 徐々に シリコンバレーの企業は 強力な暗号化技術を 通信関連製品に構築して 監視をとても難しくしています

例えば 多くの人がiPhoneをお持ちですが ご自分のiPhoneから テキスト・メッセージを 誰かのiPhoneに送る場合 そのテキスト・メッセージを簡単に 盗聴できません 実際 Appleによると Appleでもテキスト・メッセージを 見られないのです 同様にFaceTimeで知人や恋人と 音声通話やビデオ通話をしても 簡単には盗聴できないのです

Appleだけではありません 現在 Facebookが買収した 世界中に何億人ものユーザーがいる WhatsAppも 自社の製品に 強力な暗号化技術を構築しており グローバル・サウスの人々が 政府や独裁政権によって 簡単にテキスト・メッセージを 読み取られることなく 通信できるのです

あらゆる通話を盗聴できた 百年の後 ― いつでも どこでも 可能だった時代の後 ― 政府高官は苦虫を噛み潰す かもしれません それが実際 起こっているのです 政府高官たちは かなり腹をたてています 暗号化ツールが使われるようになったので 腹をたてているのではなく 最も政府高官を怒らせたのは ハイテク企業が自社の製品に 暗号化機能を構築し デフォルト設定にしたことです デフォルト設定がミソなのです

要するに ハイテク企業は 誰でも暗号化ができるようにしました 英国のデーヴィッド・キャメロン首相のような 政府高官は Eメール、テキストメッセージ、音声通話など あらゆる通信を 政府が読み取れるようにすべきと考えていますが 暗号化がそれを困難にしています

そういう考え方も非常によくわかります 私たちは危険な時代 危険な世界で暮らしているからです 本当に悪い輩がいるのです テロリストや 国家の安全を脅かす人々に対しては 皆がFBIや国家安全保障局に 監視してほしいと思うでしょう

しかし 監視は両刃の剣なのです テロリスト専用のノートパソコンや 麻薬ディーラー専用の携帯電話 というものはないからです 私たち 全員が同じ通信機器を 使っているので 麻薬ディーラーや テロリストの電話が 盗聴できるのなら 一般市民の電話も 盗聴できるのです 真に聞きたいのは 「世界の10億人は 盗聴し放題の電話を使うべきか?」 ということです

ご説明する監視システムへの 不法侵入のシナリオは 想像の産物ではありません 2009年 GoogleやMicrosoftの ネットワーク上の監視システムは 警察からの 合法的な監視要請への対応 として使われていますが 中国政府によって 不正アクセスされました なぜなら 中国政府は 米国政府が監視している 自国の工作員を把握したいからです

同じように 2004年 ギリシャ最大の電話会社である ボーダフォン・ギリシャの ネットワークに構築した監視システムが 何者かによって不正アクセスされ 監視機能を使って ギリシャの首相や閣僚の通話が 盗聴されましたが 犯人である外国の政府やハッカーは 逮捕されませんでした

まさに バックドアという監視機能が問題なのです 通信ネットワークや技術の一部に バックドアを作ると 不正アクセスを 制御できなくなります 敵であれ 味方であれ 良い人であれ 悪い人であれ 制御する手立てはありません

そういう理由から 私はできるだけ安全な ネットワークを構築すべきだ と思います 将来的に暗号を読み取ることは より難しくなっていきます つまり 警察が悪い人を捕まえるのも より難しくなっていくのです そうしない限り 犯罪者、ストーカー、外国の諜報機関などに 誰かの通話やテキスト・メッセージを 監視されうる 世界で暮らすことになるのです 私はそんな世界に 暮らしたくありません

目下のところ 皆さんは 政府の監視を妨害するツールを 固定電話や携帯電話に 取り付けるかもしれません そういうツールが いかに強力で安全なのか 他の方法での通信が脆弱なのか 気付いてないかもしれません

だから私がお伝えしたいのは こういうツールを使う必要性です 通話を盗聴されないために テキスト・メッセージを 読み取られないために こういうツールを使ってください 大切に思う人たちや同僚に 伝えてくだい 暗号化された通信ツールを 使ってください 安いとか 簡単だからだけではなく 安全のために使ってください

ありがとう

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画