TED日本語 - スカイラー・ティビッツ: 自己構築する物をつくる事は可能か?

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

MIT研究者のスカイラー・ティビッツは自己組織化と呼ばれる、DNA鎖が自身を結合するように、何かをつくる(椅子や、超高層ビル)代わりに物が自身をつくるというアイディアに取り組んでいます。これは初期段階における大きなコンセプトです。ティビッツは3つの研究室内のプロジェクトを通して自己組織化の未来の展望を紹介します。

Script

今日は皆さんに 物づくりの未来をお見せします 私はやがて建物や機械が 自己組織化するようになり 自ら複製や 修復をするようになると信じています これから 私が信じる 物づくりの現状と それらに対する自然界のシステムを比較します

物づくりの現状として 高層ビルが例に挙げられます 建築期間は2年半 部品数は50万から100万個 かなり複雑であり 鋼鉄やコンクリート ガラスにおける最新の素晴らしい技術でできています 私たちが持つ宇宙に運ぶ 素晴らしい機械は 製造期間が5年 部品数は250万個です

一方で 自然界のシステムに目を向けると 200万種類もの タンパク質が 1万ナノ秒のうちに折り畳んだり 30億塩基対のDNAが およそ1時間以内に複製が出来たりします このように自然界のシステムには こんなに多くの複雑性が存在していますが これらは極めて効率が良く 私たちがつくるものよりもはるかに 効率的で複雑なのです エネルギーの観点からもずっと効率的です これらは滅多にミスをしません そして状態を保つ為に自己修復が可能です

このように自然界のシステムには大変興味深い点があります そしてこれらを 私たちの構築した環境に取り入れられれば 物づくりに面白い可能性が備わります そしてその鍵となるのは自己組織化です

物理環境において自己組織化を活用する場合 4つの要素があると考えます 1つは 建物や機械などといった 私たちが作りたいあらゆる複雑なものを 復元する必要があります そして簡単な配列に復元する必要があります つまり建物がどのように機能するかといったDNAです 次にそれらの配列を用いて 折り畳んだり 再構成するための プログラム可能な部品が必要です それらを稼働させ 部品をプログラムによって 折り畳めるようにするためのエネルギーが必要です そして 一種の冗長なエラー修正機能によって 望んだ物がうまく組み立てられたか保証するものが必要です

それでは 私と私のMITの同僚たちが この自己組織化した未来を実現するために 取り組んでいるプロジェクトを紹介します 始めの2つはMacroBotとDeciBotです これらは大型の再構成可能ロボットで 縦幅2.5メートル 横幅3.5メートルもの物体で構成されています 機械電子機器やセンサーが内蔵されており 実現したい折り畳み方法を 角度を表す配列で復元します マイナス120度 マイナス120度 0度 0度 120度 マイナス120度 といった感じです このような角度を表す配列に 配線を通してこの配列を送信します それぞれのユニットがこのメッセージを受信し マイナス120度なら このように回転し 到達したか確認後 次のユニットの入力待ちとなります

彼らがこのプロジェクトに参加している 素晴らしい科学者やエンジニア そしてデザイナーです 私は本当に実現すると考えています これは本当に拡張性があるでしょうか? この2.5メートルものロボットの製作に 膨大なお金と 手間がかかりました 本当にこれが拡張し 全ての部品にロボット工学を組み込めるでしょうか? 次のロボットでは それを命題に 受動的な性質 もしくは 受動的に再構成プログラミング能力を獲得させようとしています さらに一歩進んで 実際に演算能力を持たせようとしています これにコンピューティングの最も基本的な 要素であるデジタルロジックゲートを 部品の中に直接組み込んでいます

これがNANDゲートです コンピューティングを行うゲートである 四面体が1つあり 2つ入力用の四面体があります 一方が部品を組み立てるユーザーの入力用に使われ もう一方が前に設置された部品の入力用です そして3次元空間上に出力を行います これが何を意味するかというと ユーザーが部品の動作を指示することができるということです これは前に行ったことと ユーザーの指示を演算します そしてこのように3次元空間を 上下に動き始めます 左側では 入力[1,1]は 出力0のため 下に向き 右側では 入力[0,0]は 出力1のため 上に向かいます これが本当に意味するのは この構造物には 今や私たちが作りたい物の 設計図が含まれているということです

作り上げられるべき物の全ての情報が組み込まれているのです これはつまり 自己複製のようなことが行えることを意味します このようなものを私は 自己誘導複製と呼んでいます これに完全な設計図が含まれているからです エラーがあれば 一部を取り替えることができます 全ての局所情報は修復用に組み込まれています 従って例えば 平行して動作し データを読み込み 出力を行うようなことができるでしょう 情報は直接組み込まれており 外部命令に依存しません

最後にお見せするプロジェクトは Biased Chainsと呼びます これは おそらく受動的自己組織化システムにおける 最も面白い例であるといえます 再構築機能を持ち プログラミング要素があり 完全に受動的なシステムです 物体の鎖があるとします それぞれの物体は全く同一であり それらは偏っています それぞれの鎖 もしくは物体は 左右に動こうとします 鎖の組み立ては 基本的にはプログラミングに相当します それぞれのユニットに左に曲がるか 右に曲がるか伝えているのです そして鎖を振ると プログラムした あらゆる構造に折り畳まれます この場合は 螺旋ですし この場合では 2つの正四面体が重なっています このようにあらゆる 3次元形状 もしくは1次元 2次元のものを この鎖で受動的にプログラムすることができます

では これが示す未来とは何でしょうか? 私が思うに これによって 物理的構造や建築 機械に対し自己組織化や 複製 修復といった新たな可能性をもたらすと考えます これらに新しくプログラミング要素が付与され コンピューティングの新しい可能性が生まれるのです 空間コンピューティングが可能です 建築や橋 機械などあらゆる部品が 演算能力を持つことを想像してください 並列で分散的な驚くべき演算能力であり 新しいデザインの可能性が広がります このようにこれは素晴らしい潜在能力を持っています ご紹介したこれらのプロジェクトは そんな未来に向けてのほんの小さな一歩です これらの新しい技術を新たな自己組織化世界に 向けて導入できればと考えます

ありがとうございました

(拍手)

Today I'd like to show you the future of the way we make things. I believe that soon our buildings and machines will be self-assembling, replicating and repairing themselves. So I'm going to show you what I believe is the current state of manufacturing, and then compare that to some natural systems.

So in the current state of manufacturing, we have skyscrapers -- two and a half years [ of assembly time ],500,000 to a million parts, fairly complex, new, exciting technologies in steel, concrete, glass. We have exciting machines that can take us into space -- five years [ of assembly time ],2.5 million parts.

But on the other side, if you look at the natural systems, we have proteins that have two million types, can fold in 10,000 nanoseconds, or DNA with three billion base pairs we can replicate in roughly an hour. So there's all of this complexity in our natural systems, but they're extremely efficient, far more efficient than anything we can build, far more complex than anything we can build. They're far more efficient in terms of energy. They hardly ever make mistakes. And they can repair themselves for longevity.

So there's something super interesting about natural systems. And if we can translate that into our built environment, then there's some exciting potential for the way that we build things. And I think the key to that is self-assembly.

So if we want to utilize self-assembly in our physical environment, I think there's four key factors. The first is that we need to decode all of the complexity of what we want to build -- so our buildings and machines. And we need to decode that into simple sequences -- basically the DNA of how our buildings work. Then we need programmable parts that can take that sequence and use that to fold up, or reconfigure. We need some energy that's going to allow that to activate, allow our parts to be able to fold up from the program. And we need some type of error correction redundancy to guarantee that we have successfully built what we want.

So I'm going to show you a number of projects that my colleagues and I at MIT are working on to achieve this self-assembling future. The first two are the MacroBot and DeciBot. So these projects are large-scale reconfigurable robots -- 8 ft.,12 ft. long proteins. They're embedded with mechanical electrical devices, sensors. You decode what you want to fold up into, into a sequence of angles -- so negative 120, negative 120,0,0,120, negative 120 -- something like that; so a sequence of angles, or turns, and you send that sequence through the string. Each unit takes its message -- so negative 120 -- it rotates to that, checks if it got there and then passes it to its neighbor.

So these are the brilliant scientists, engineers, designers that worked on this project. And I think it really brings to light: Is this really scalable? I mean, thousands of dollars, lots of man hours made to make this eight-foot robot. Can we really scale this up? Can we really embed robotics into every part? The next one questions that and looks at passive nature, or passively trying to have reconfiguration programmability. But it goes a step further, and it tries to have actual computation. It basically embeds the most fundamental building block of computing, the digital logic gate, directly into your parts.

So this is a NAND gate. You have one tetrahedron which is the gate that's going to do your computing, and you have two input tetrahedrons. One of them is the input from the user, as you're building your bricks. The other one is from the previous brick that was placed. And then it gives you an output in 3D space. So what this means is that the user can start plugging in what they want the bricks to do. It computes on what it was doing before and what you said you wanted it to do. And now it starts moving in three-dimensional space -- so up or down. So on the left-hand side, [ 1,1 ] input equals 0 output, which goes down. On the right-hand side, [ 0,0 ] input is a 1 output, which goes up. And so what that really means is that our structures now contain the blueprints of what we want to build.

So they have all of the information embedded in them of what was constructed. So that means that we can have some form of self-replication. In this case I call it self-guided replication, because your structure contains the exact blueprints. If you have errors, you can replace a part. All the local information is embedded to tell you how to fix it. So you could have something that climbs along and reads it and can output at one to one. It's directly embedded; there's no external instructions.

So the last project I'll show is called Biased Chains, and it's probably the most exciting example that we have right now of passive self-assembly systems. So it takes the reconfigurability and programmability and makes it a completely passive system. So basically you have a chain of elements. Each element is completely identical, and they're biased. So each chain, or each element, wants to turn right or left. So as you assemble the chain, you're basically programming it. You're telling each unit if it should turn right or left. So when you shake the chain, it then folds up into any configuration that you've programmed in -- so in this case, a spiral, or in this case,two cubes next to each other. So you can basically program any three-dimensional shape -- or one-dimensional, two-dimensional -- up into this chain completely passively.

So what does this tell us about the future? I think that it's telling us that there's new possibilities for self-assembly, replication, repair in our physical structures, our buildings, machines. There's new programmability in these parts. And from that you have new possibilities for computing. We'll have spatial computing. Imagine if our buildings, our bridges, machines, all of our bricks could actually compute. That's amazing parallel and distributed computing power, new design possibilities. So it's exciting potential for this. So I think these projects I've showed here are just a tiny step towards this future, if we implement these new technologies for a new self-assembling world.

Thank you.

(Applause)

Today/ I'd like to show/ you/ the future of the way/ we make things.//

今日は皆さんに 物づくりの未来をお見せします

I believe/ that soon our buildings and machines will be self-assembling,/ replicating and repairing themselves.//

私はやがて建物や機械が 自己組織化するようになり 自ら複製や 修復をするようになると信じています

So/ I'm going to show/ you/ what I believe is the current state of manufacturing,/ and then compare/ that to some natural systems.//

これから 私が信じる 物づくりの現状と それらに対する自然界のシステムを比較します

So/ in the current state of manufacturing,/ we have skyscrapers --/ two and a half years [ of assembly time ],/500,000/ to a million parts,/ fairly complex, new, exciting technologies/ in steel,/ concrete,/ glass.//

物づくりの現状として 高層ビルが例に挙げられます 建築期間は2年半 部品数は50万から100万個 かなり複雑であり 鋼鉄やコンクリート ガラスにおける最新の素晴らしい技術でできています

We have exciting machines/ that can take us/ into space --/ five years [ of assembly time ],/2.5 million parts.//

私たちが持つ宇宙に運ぶ 素晴らしい機械は 製造期間が5年 部品数は250万個です

But on the other side,/ if you look at the natural systems,/ we have proteins/ that have two million types,/ can fold/ in 10,000 nanoseconds,/ or DNA/ with three billion base pairs/ we can replicate in roughly an hour.//

一方で 自然界のシステムに目を向けると 200万種類もの タンパク質が 1万ナノ秒のうちに折り畳んだり 30億塩基対のDNAが およそ1時間以内に複製が出来たりします

So there's all of this complexity/ in our natural systems,/ but they're extremely efficient,/ far more efficient/ than anything/ we can build,/ far more complex/ than anything/ we can build.//

このように自然界のシステムには こんなに多くの複雑性が存在していますが これらは極めて効率が良く 私たちがつくるものよりもはるかに 効率的で複雑なのです

They're far more efficient/ in terms of energy.//

エネルギーの観点からもずっと効率的です

They hardly ever make mistakes.//

これらは滅多にミスをしません

And they can repair themselves/ for longevity.//

そして状態を保つ為に自己修復が可能です

So there's something super interesting/ about natural systems.//

このように自然界のシステムには大変興味深い点があります

And/ if we can translate/ that into our built environment,/ then/ there's some exciting potential/ for the way that/ we build things.//

そしてこれらを 私たちの構築した環境に取り入れられれば 物づくりに面白い可能性が備わります

And I think the key/ to that is self-assembly.//

そしてその鍵となるのは自己組織化です

So/ if we want to utilize/ self-assembly/ in our physical environment,/ I think/ there's four key factors.//

物理環境において自己組織化を活用する場合 4つの要素があると考えます

The first is/ that we need to decode/ all of the complexity of what we want to build --/ so our buildings and machines.//

1つは 建物や機械などといった 私たちが作りたいあらゆる複雑なものを 復元する必要があります

And we need to decode/ that into simple sequences --/ basically/ the DNA of how our buildings work.//

そして簡単な配列に復元する必要があります つまり建物がどのように機能するかといったDNAです

Then/ we need programmable parts/ that can take that sequence/ and use that to fold up,/ or reconfigure.//

次にそれらの配列を用いて 折り畳んだり 再構成するための プログラム可能な部品が必要です

We need some energy/ that's going to allow/ that to activate,/ allow our parts/ to be able to fold up/ from the program.//

それらを稼働させ 部品をプログラムによって 折り畳めるようにするためのエネルギーが必要です

And we need some type of error correction redundancy/ to guarantee/ that we have successfully built/ what we want.//

そして 一種の冗長なエラー修正機能によって 望んだ物がうまく組み立てられたか保証するものが必要です

So I'm going to show/ you/ a number of projects/ that my colleagues/ and I/ at MIT are working on/ to achieve this self-assembling future.//

それでは 私と私のMITの同僚たちが この自己組織化した未来を実現するために 取り組んでいるプロジェクトを紹介します

The first two are the MacroBot and DeciBot.//

始めの2つはMacroBotとDeciBotです

So/ these projects are large-scale reconfigurable robots --/ 8 ft.//,/12 ft. long proteins.//

これらは大型の再構成可能ロボットで 縦幅2.5メートル 横幅3.5メートルもの物体で構成されています

機械電子機器やセンサーが内蔵されており

You decode/ what you want to fold up/ into,/ into a sequence of angles --/ so negative/ 120,/ negative 120,0,0,120,/ negative 120 --/ something/ like that;/ so a sequence of angles,/ or turns,/ and you send/ that sequence/ through the string.//

実現したい折り畳み方法を 角度を表す配列で復元します マイナス120度 マイナス120度 0度 0度 120度 マイナス120度 といった感じです このような角度を表す配列に 配線を通してこの配列を送信します

Each unit takes its message --/ so negative/ 120 --/ it rotates to that,/ checks/ if it got there/ and then passes it/ to its neighbor.//

それぞれのユニットがこのメッセージを受信し マイナス120度なら このように回転し 到達したか確認後 次のユニットの入力待ちとなります

So these are the brilliant scientists,/ engineers,/ designers/ that worked on this project.//

彼らがこのプロジェクトに参加している 素晴らしい科学者やエンジニア そしてデザイナーです

And I think it really brings to light:/ Is this really scalable?//

私は本当に実現すると考えています これは本当に拡張性があるでしょうか?

I mean,/ thousands of dollars,/ lots of man hours made to make this eight-foot robot.//

この2.5メートルものロボットの製作に 膨大なお金と 手間がかかりました

Can we really scale this up?// Can we really embed robotics/ into every part?//

本当にこれが拡張し 全ての部品にロボット工学を組み込めるでしょうか?

The next one questions/ that and looks at passive nature,/ or passively trying to have/ reconfiguration programmability.//

次のロボットでは それを命題に 受動的な性質 もしくは 受動的に再構成プログラミング能力を獲得させようとしています

But it goes a step further,/ and it tries to have/ actual computation.//

さらに一歩進んで 実際に演算能力を持たせようとしています

It basically embeds the most fundamental building block of computing,/ the digital logic gate,/ directly/ into your parts.//

これにコンピューティングの最も基本的な 要素であるデジタルロジックゲートを 部品の中に直接組み込んでいます

So this is a NAND gate.//

これがNANDゲートです

You have one tetrahedron/ which is the gate/ that's going to do/ your computing,/ and you have two input tetrahedrons.//

コンピューティングを行うゲートである 四面体が1つあり 2つ入力用の四面体があります

One of them is the input/ from the user,/ as you're building/ your bricks.//

一方が部品を組み立てるユーザーの入力用に使われ

The other one is from the previous brick/ that was placed.//

もう一方が前に設置された部品の入力用です

And then/ it gives you/ an output/ in 3D space.//

そして3次元空間上に出力を行います

So/ what this means/ is/ that the user can start plugging/ in what they want the bricks/ to do.//

これが何を意味するかというと ユーザーが部品の動作を指示することができるということです

It computes on what it was doing before and what you said you wanted it/ to do.//

これは前に行ったことと ユーザーの指示を演算します

And now/ it starts moving/ in three-dimensional space --/ so up or down.//

そしてこのように3次元空間を 上下に動き始めます

So/ on the left-hand side,/ [ 1,1 ]/ input equals 0 output,/ which goes down.//

左側では 入力[1,1]は 出力0のため 下に向き

On the right-hand side,/ [ 0,0 ]/ input is a 1 output,/ which goes up.//

右側では 入力[0,0]は 出力1のため 上に向かいます

And so/ what/ that really means/ is/ that our structures now contain the blueprints of what we want to build.//

これが本当に意味するのは この構造物には 今や私たちが作りたい物の 設計図が含まれているということです

So they have all of the information embedded in them of what was constructed.//

作り上げられるべき物の全ての情報が組み込まれているのです

So/ that means/ that we can have some form of self-replication.//

これはつまり 自己複製のようなことが行えることを意味します

In this case/ I call it/ self-guided replication,/ because your structure contains the exact blueprints.//

このようなものを私は 自己誘導複製と呼んでいます これに完全な設計図が含まれているからです

If you have errors,/ you can replace a part.//

エラーがあれば 一部を取り替えることができます

All the local information is embedded to tell/ you/ how to fix it.//

全ての局所情報は修復用に組み込まれています

So you could have something/ that climbs along/ and reads it/ and can output at one to one.//

従って例えば 平行して動作し データを読み込み 出力を行うようなことができるでしょう

情報は直接組み込まれており 外部命令に依存しません

So the last project/ I'll show/ is called Biased Chains,/ and it's probably/ the most exciting example/ that we have right now of passive self-assembly systems.//

最後にお見せするプロジェクトは Biased Chainsと呼びます これは おそらく受動的自己組織化システムにおける 最も面白い例であるといえます

So it takes the reconfigurability and programmability/ and makes it/ a completely passive system.//

再構築機能を持ち プログラミング要素があり 完全に受動的なシステムです

So basically/ you have a chain of elements.//

物体の鎖があるとします

Each element is completely identical,/ and they're biased.//

それぞれの物体は全く同一であり それらは偏っています

So each chain,/ or each element,/ wants to turn/ right or left.//

それぞれの鎖 もしくは物体は 左右に動こうとします

So/ as you assemble the chain,/ you're basically programming/ it.//

鎖の組み立ては 基本的にはプログラミングに相当します

You're telling/ each unit/ if it should turn right or left.//

それぞれのユニットに左に曲がるか 右に曲がるか伝えているのです

So/ when you shake the chain,/ it then folds up/ into any configuration/ that you've programmed in --/ so/ in this case,/ a spiral,/ or in this case,/two cubes next/ to each other.//

そして鎖を振ると プログラムした あらゆる構造に折り畳まれます この場合は 螺旋ですし この場合では 2つの正四面体が重なっています

So you can basically program any three-dimensional shape --/ or one-dimensional,/ two-dimensional --/ up/ into this chain completely passively.//

このようにあらゆる 3次元形状 もしくは1次元 2次元のものを この鎖で受動的にプログラムすることができます

So/ what does this tell us/ about the future?//

では これが示す未来とは何でしょうか?

I think/ that it's telling us/ that there's new possibilities/ for self-assembly,/ replication,/ repair/ in our physical structures,/ our buildings,/ machines.//

私が思うに これによって 物理的構造や建築 機械に対し自己組織化や 複製 修復といった新たな可能性をもたらすと考えます

There's new programmability/ in these parts.//

これらに新しくプログラミング要素が付与され

And from that you have new possibilities/ for computing.//

コンピューティングの新しい可能性が生まれるのです

We'll have spatial computing.//

空間コンピューティングが可能です

Imagine/ if our buildings,/ our bridges,/ machines,/ all of our bricks could actually compute.//

建築や橋 機械などあらゆる部品が 演算能力を持つことを想像してください

That's amazing parallel and distributed computing power,/ new design possibilities.//

並列で分散的な驚くべき演算能力であり 新しいデザインの可能性が広がります

So it's exciting potential/ for this.//

このようにこれは素晴らしい潜在能力を持っています

So I think these projects/ I've showed here are just a tiny step/ towards this future,/ if we implement these new technologies/ for a new self-assembling world.//

ご紹介したこれらのプロジェクトは そんな未来に向けてのほんの小さな一歩です これらの新しい技術を新たな自己組織化世界に 向けて導入できればと考えます

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

repair

…‘を'『修繕する』,修理する

…‘を'『償う』;…‘を'訂正する』

…‘を'回復する

修繕(修理)できる

『修繕』,『修理』,修繕作業

〈U〉手入れ(修理)の状態

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

skyscraper

摩天楼,超高層ビル

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

assembly

〈C〉(特定の目的をもった)『集会』,『会合』,会議

《A-》(米国州議会の)下院

〈U〉(機械の)組立て;〈C〉組立て部品

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

fairly

『公平に』,公正に(justly)

『かなり』,相当に(somewhat)

全く,すっかり,まさしく

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

exciting

(物事が)『興奮させる』

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

steel

〈U〉『鋼鉄』,鋼(はがね)(炭素を含む鉄)

〈U〉〈C〉『鋼鉄製品』;刀,剣;《文》武器

鋼鉄でできた

(色・堅そ・強さなどが)鋼のような

…‘に'鋼鉄をかぶせる

(鋼鉄のように)〈心〉‘を'かたくナにする,冷酷にする

concrete

『具体的な』,有形の,実在する

コンクリート製の

凝固した,固体の

『コンクリート』

凝固したもの

…'を'コンクリートで固める

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

protein

蛋白(たんばく)質

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

nanosecond

10億分の1秒

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

extremely

『極端に』,非常に過度に

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

hardly

『ほとんど』…『ない』,おそらく…ない;《遠回しに》少しも(全く)…ない

mistake

『誤り』,『間違い』;誤解,思い違い

…‘を'『間違って考える』,誤解する

《『mistake』+『名』+『for』+『名』》(別の物・人と)…‘を'『取り違える』

longevity

長生き,長寿

super

(アパートなどの)管理人,長官,所長,監督(superintendent)

(映画の)エキストラ,端(は)役(supernumerary)

特等品,特製品

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

translate

(ある言吾から他の言吾へ)〈話・文章〉‘を'『翻訳する』《+名+from+名+into+名》

…‘を'他の言葉で説明する;(…に)…‘を'言い換える《+名+into+名》

《文》(…に)…‘の'性質(状態など)を変える,‘を'変化させる《+名+into+名》

『翻訳する』,翻訳者を務める

〈文章などが〉(…に)翻訳できる《+into+名》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

factor

(…の)『要因』,(…を生み出す)要素《+『in』+『名』(do『ing』)》

囲数,約数

代理人,《おもに英》仲買人

=factorize

decode

…‘の'暗号(code)を解く

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

basically

基本的に,根本的に;元来は

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

activate

…'を'活動的にする

…‘に'放射能を与える

〈物質〉'を'活性化する

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

correction

〈U〉『訂正』,修正,調整

〈C〉訂正箇所,訂正の書き入れ

〈U〉(よくするための)処罰,叱責(しっせき)

redundancy

〈U〉余分な言葉を使うこと,冗長,冗漫

余分なもの;不必要な言葉

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

large-scale

大規模な,広範囲の

(地図・設計図が)縮尺率の大きい

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

electrical

電気と関係のある

電気を扱う

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

negative

『否定の』,反対の

『消極的な』,控えめの

陰電気の;(数値が)負の,マイナスの(minus);(写真が)陰画の,ネガの;(医学検査結果が)陰性の

『否定』,拒否,「いやだ」と言うこと

否定語[句]

《the~》(特に討論会の)反対者側,反対派

(電気分解に用いる)陰極板

(数値の)負数

(写真の)陰画,ネガ

《しばしば受動態に用いて》…‘に'反対投票をする

=negate

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

designer

『設計者』,デザイナー

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

dollar

『ドル』(米国の貨幣単位で100セント;記号は$,$)

ドル(カナダ・ニュージーランド・オーストラリアなどの貨幣単位)

1ドル紙幣,1ドル金貨,1ドル銀貨

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

passive

『受動的な』,消極的な

服従的な,言いなりになる

(文法で)受動態の,受身の

《the~》受動態,受身の構文

動詞の受動形

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

computation

計算;〈C〉(その結果出た)算定額

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

gate

(…への)『門』,通用門《+『to』(『of』)+『名』》;(門の)とびら

(ダム・運河などの)水門

(競技場・劇場などの)[有料]入場者数

(またgate money)総入場料

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

tetrahedron

四面体

input

投入,投入量

(機械・電気)などの入力

インプット(電子計算機の入力)

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

brick

〈C〉(1個の)『れんが』

〈U〉(材料としての)『れんが』

〈C〉(形が)れんがに似た物

れんがの,れんが造りの

〈建築物〉を=れんがで囲う,れんがで作る,…‘に'れんがを敷く《+『in』(『on』)+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

placed

《英》《補語のみに用いて》(競馬などで)3着までに入賞する

output

生産高

(コンピューターなどの)アウトプット,出力

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

compute

…'を'計算する,見積もる

計算する,算定する

three-dimensional

三次元の,立体の;立体感のある

left-hand

《名詩の前にのみ用いて》

左側の,左方の

左手による,左手の

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

replication

写し,複写,複製

《文》(被告の訴答に対する)原告の訴答

exact

《名紙の前にのみ用いて》(数量など)『正確な』,きっかりの;(物事が)そのままの,そっくりの

(人が)『厳密な』;(機械など)精密な

〈事柄が〉…‘を'要求する

(人に)〈支払・服従など〉‘を'強要する,強いる《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

climb

…'を'『よじ登る』,登る《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…に)『よじ登る』,登る《+[『up』]『to』+『名』》

《副詞[句]を伴って》はうように進む

『上がっている』,上昇する《+『up』》

〈つるなどが棒壁などを〉つたい登る《+『up』+『名』》

『よじ登ること』,登り;登る所

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

external

『外側の』,外部の

(作用・動作などが)『外側からの』,外部からの

表面上の,見せかけの

体外の;体外用の

外国の(foreign)

(…の)外観,外形《+『of』+『名』》

instruction

〈U〉(…の)『教育』,教授(teaching)《+『in』+『名』》

《複数形で》『命令』,指図(orders, directions);(…せよとの)命令《+『to』 do》

〈U〉(教えられた)知識,教訓

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

probably

『たぶん』,『おそらく』

completely

『完全に』,全く,十分に

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

assemble

(ある目的で)〈人・物〉'を'『集める』,集合させる

(部品を集めて)〈機械など〉'を'『組み立てる』

…'を'整とんする,きちんと並べる

(人が)集まる,会合する(meet)

shake

(前後・上下・左右などに)…‘を'『振る,』揺り動かす,揺する

(…から)…‘を'『振り落とす』《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈地震・爆発などが〉…‘を'『震動される』

〈基礎・信念など〉‘を'『動揺させる,』ぐらつかせる

〈人〉‘を'動揺させる,』‘を'心をかき乱す

〈ちり・病気・悪習・追っ手など〉‘を'振り払う,振り切る,除く《+『off』+『名,』+『名』+『off』》

『揺れる,』震動する

(恐布・寒さなどで)『振える』《+『with』+『名』》

揺り動かす

〈C〉『揺ること』;揺れ;震え

《the shakes》《話》(熱・寒けによる)身震い,悪寒(おかん)

configuration

(全体の)形状,外形;(部分の)配置;(星の)星位;原子配列

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

cube

〈C〉『立方体』;立方体の物(さいころ,敷石,木れんがなど)

〈U〉立方,3乗

〈数〉'を'3乗する

''を'立方体に切る

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

spatial

空間の

空間に存在する(で起こる)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

bridge

船橋,艦橋

鼻柱

(めがねの)ブリッジ(2つのレンズを接続し鼻の上にのせる部分)

(弦楽器の)こま

ブリッジ(隣接する歯に両端を固定した義歯)

〈川・道路・線路など〉‘に'橋渡しをする,‘を'連結する

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

towards

toward

implement

(通例簡単な)『道具』,器具

…‘を'履行する,果たす(execute)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画