TED日本語 - タヴィ・ジェヴィンソン: 10代はまだまだ模索中

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - タヴィ・ジェヴィンソン: 10代はまだまだ模索中

TED Talks

10代はまだまだ模索中
A teen just trying to figure it out
タヴィ・ジェヴィンソン
Tavi Gevinson

内容

10代の女の子の手本となるような、強い女性像を探すことはなかなか難しいと気づいたタヴィ・ジェビンソンは、同じ気持ちを持った子が集まれる場を作りました。10代の女の子のため、そして彼女たちによって作られるの人気オンライン雑誌ルーキー。TEDxTeenで、ダヴィは、ルーキーのような場でのやり取りを通じて生まれた、ためらうことのない迷いと、複雑さに満ちた現代フェミニズムの新しい一面を紹介します。(TEDxTeenで撮影)

Script

Four years ago today, exactly, actually, I started a fashion blog called Style Rookie. Last September of 2011, I started an online magazine for teenage girls called Rookiemag.com. My name's Tavi Gevinson, and the title of my talk is "Still Figuring It Out," and the MS Paint quality of my slides was a total creative decision in keeping with today's theme, and has nothing to do with my inability to use PowerPoint. (Laughter)

So I edit this site for teenage girls. I'm a feminist. I am kind of a pop culture nerd, and I think a lot about what makes a strong female character, and, you know, movies and TV shows, these things have influence. My own website. So I think the question of what makes a strong female character often goes misinterpreted, and instead we get these two-dimensional superwomen who maybe have one quality that's played up a lot, like a Catwoman type, or she plays her sexuality up a lot, and it's seen as power. But they're not strong characters who happen to be female. They're completely flat, and they're basically cardboard characters. The problem with this is that then people expect women to be that easy to understand, and women are mad at themselves for not being that simple, when, in actuality, women are complicated, women are multifaceted -- not because women are crazy, but because people are crazy, and women happen to be people. (Laughter)

So the flaws are the key. I'm not the first person to say this. What makes a strong female character is a character who has weaknesses, who has flaws, who is maybe not immediately likable, but eventually relatable.

I don't like to acknowledge a problem without also acknowledging those who work to fix it, so just wanted to acknowledge shows like "Mad Men," movies like "Bridesmaids," whose female characters or protagonists are complex, multifaceted. Lena Dunham, who's on here, her show on HBO that premiers next month, "Girls," she said she wanted to start it because she felt that every woman she knew was just a bundle of contradictions, and that feels accurate for all people, but you don't see women represented like that as much. Congrats, guys. (Laughs)

But I don't feel that - I still feel that there are some types of women who are not represented that way, and one group that we'll focus on today are teens, because I think teenagers are especially contradictory and still figuring it out, and in the '90s there was "Freaks and Geeks" and "My So-Called Life," and their characters, Lindsay Weir and Angela Chase, I mean, the whole premise of the shows were just them trying to figure themselves out, basically, but those shows only lasted a season each, and I haven't really seen anything like that on TV since.

So this is a scientific diagram of my brain - (Laughter) - around the time when I was, when I started watching those TV shows. I was ending middle school, starting high school -- I'm a sophomore now - and I was trying to reconcile all of these differences that you're told you can't be when you're growing up as a girl. You can't be smart and pretty. You can't be a feminist who's also interested in fashion. You can't care about clothes if it's not for the sake of what other people, usually men, will think of you.

So I was trying to figure all that out, and I felt a little confused, and I said so on my blog, and I said that I wanted to start a website for teenage girls that was not this kind of one-dimensional strong character empowerment thing because I think one thing that can be very alienating about a misconception of feminism is that girls then think that to be a feminist, they have to live up to being perfectly consistent in your beliefs, never being insecure, never having doubts, having all of the answers. And this is not true, and, actually, reconciling all the contradictions I was feeling became easier once I understood that feminism was not a rulebook but a discussion, a conversation, a process, and this is a spread from a zine that I made last year when I -- I mean, I think I've let myself go a bit on the illustration front since. But, yeah.

So I said on my blog that I wanted to start this publication for teenage girls and ask people to submit their writing, their photography, whatever, to be a member of our staff. I got about 3,000 emails. My editorial director and I went through them and put together a staff of people, and we launched last September. And this is an excerpt from my first editor's letter, where I say that Rookie, we don't have all the answers, we're still figuring it out too, but the point is not to give girls the answers, and not even give them permission to find the answers themselves, but hopefully inspire them to understand that they can give themselves that permission, they can ask their own questions, find their own answers, all of that, and Rookie, I think we've been trying to make it a nice place for all of that to be figured out.

So I'm not saying, "Be like us," and "We're perfect role models," because we're not, but we just want to help represent girls in a way that shows those different dimensions. I mean, we have articles called "On Taking Yourself Seriously: How to Not Care What People Think of You," but we also have articles like, oops -- I'm figuring it out! Ha ha. (Laughter) If you use that, you can get away with anything. We also have articles called "How to Look Like You Weren't Just Crying in Less than Five Minutes."

So all of that being said, I still really appreciate those characters in movies and articles like that on our site, that aren't just about being totally powerful, maybe finding your acceptance with yourself and self-esteem and your flaws and how you accept those.

So what I you to take away from my talk, the lesson of all of this, is to just be Stevie Nicks. Like, that's all you have to do. (Laughter) Because my favorite thing about her, other than, like, everything, is that she is very -- has always been unapologetically present on stage, and unapologetic about her flaws and about reconciling all of her contradictory feelings and she makes you listen to them and think about them, and yeah, so please be Stevie Nicks. Thank you. (Applause)

4年前のまさに今日 『スタイルルーキー』というファッションブログを始めました 2011年9月には10代の女の子向けオンライン雑誌 『ルーキーマグ・ドット・コム』を始めました 私の名前は タヴィ・ジェヴィンソン 今日は 「まだまだ模索中」というタイトルでお話します お絵かきソフトで作ったようなスライドはー 今日のテーマに合わせたからであって 苦手なパワーポイントを 避けたわけではありません(笑)

さて このサイトは 10代の女の子向けで私はフェミニストです それに ポップカルチャーオタクの私は 「強い女性」とは何かと考えてきました 映画やテレビとかの影響も大きいですから 私のウェブサイトも 私は 「強い女性」の特徴が よく誤解されていると感じます 言われるのは典型的な「スーパーウーマン」 ひとつの才能だけが強調されたー キャットウーマンみたいなタイプ もしくは女性のセクシーさを強調して それを武器にしているタイプ これらの強い登場人物が たまたま女性だった訳ではありません 単調でー 現実味もありません 何が問題かと言えば 女性を単純なものにとらえようとしていることです そして女性は単純になれない自分にー 腹を立てています 実際 女性は複雑で 様々な側面があるのに…それは女性がクレイジーだからではなく そもそも 人間はクレイジーだから たまたま女性が人間だっただけなんです(笑)

ここで鍵となるのは 「欠点」です 今までも よく言われてきました では 「強い女性」とは何か? 強い女性とは弱さも欠点もあって すぐには 好きにはなれない でも 次第に親しみが持てる人だと思います

問題を指摘するだけは嫌いなので この問題に懸命に取り組まれている例も紹介します 例えば『マッドメン』みたいなテレビ番組や 『ブライズメイズ』のような映画では主人公や登場する女性たちは 複雑かつ多面的に描かれています ここにも書いていますがHBOで来月 放送が始まるー レナ・ダナムのドラマ『ガールズ』 彼女いわく 作品のきっかけはどの女友達も みんな矛盾の塊みたいと感じたからだそうです 男女問わず人は矛盾を抱えているはずなのに 女性が そのように表現されることはごく稀です やったね!(笑)

でも 私はいまだに十分は表現されていないー 女性たちがいると感じます その例として今日は 10代に焦点を当てます 10代の子たちは特に矛盾を抱えていて まだまだ模索の段階にいると思うから 90年代に放送された『フリークス学園』や 『アンジェラ 15歳の日々』に出てくる リンジー・ウィアーとアンジェラ・チェイスみたいに これらの番組は そもそも 登場人物たちが自身を模索することを描くことにありましたが 残念ながらワンシーズンで放送は終わり それ以来 同じような番組を見たことはありません

さて これは科学的に解析した私の脳内です(笑) ちょうど私が先ほどのような テレビ番組を見始めたときあたりですね 今は高校2年生ですがー あれは高校に入ったときでした ”どちらかしか なれない”ものを どうにかできないか と考えていたのです 女の子は こう聞いて育ちます 「賢くて可愛い」の両方なんて高望み 「おしゃれなフェミニスト」なんて無理 「周りの人や 特に男性からー どう思われたいかで服は選ぶもの」とか

だから 私なりにどう受け止めればいいのか 模索しながらも混乱していました だから ブログにそう書きました そして 「10代の女の子向けのー サイトを始めたい しかも 女性のある一面だけをー 強調するものではないものを」と なぜなら フェミニズムが敬遠される誤解の一つに 女の子たちの こんな思いがあるからです フェミニストになるには自らの信念をー 貫徹しないといけない 不安になっても 疑念を抱いてもダメ 全てに答えを持っていないといけないでも これは違います 実際 フェミニズムを知ることで私は 自らの矛盾に折り合いがー つけやすくなりました フェミニズムは 規則ではなくて 話し合い 対話 プロセスなんです これは 私が去年作ったネットのミニコミ特集記事です そう このあたりからちょっとイラストを使いすぎに なったかなって思います それで

ブログに書きました10代の女の子向けの連載を 始めたいと思ってるからスタッフになりたい人は 作文 写真 なんでもいいから 送ってね と これに対して3000通ものメールがありました 編集長と私ですべてに目を通して スタッフチームを立ち上げて 去年の9月から始動しました これは 私が書いた最初の編集者からのメッセージ 「ルーキーに答えは書いていません 私たちも まだ模索中だから」目的は― 女の子たちに 答えを教えたり自らが模索するー 許可を与えることではないんです 彼女たち自身に気づいてほしかったのです 自問自答を繰り返して 自分の答えを探せばいいんだって 模索をする女の子たちにとって 居心地の良い場を作ろうと私たちは努力しています

だから「私たちを見習って」とか 「これがお手本よ」なんて言わない 実際に そうじゃないからただ 女の子たちが いろんな自分を表現する手助けがしたいのです 例えば 掲載している記事には「自分を大事に」 「他の人がどう思うか気にしない方法」 それから えーっと…模索中です! はは(笑) どんな時でも使える魔法の言葉です さて他の記事としては 「5分で泣き顔を消す方法」など

とは言うものの やっぱり 映画や 私たちのサイトにあるような記事で 表される女性を尊重します 単にパワフルなだけではない 自分との折り合いを探し自尊心と欠点を どう受け入れるのか模索している女性像です

今日 覚えて帰ってほしいことは単純 それは「スティービー・ニックスになろう」 たったそれだけです(笑) スティービーの好きなところは 全部ですけど 何よりも 彼女は これまでずっと ステージ上で堂々としていて 自身の欠点にも 矛盾する感情にも悪びれず 堂々としていて 自らの声を聴き自らについて考えさせてくれる人だからです だから スティービーを目指してください どうもありがとうございました (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画