TED日本語 - ダニット・ペレグ: ショッピングなんて忘れましょう ― 新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - ダニット・ペレグ: ショッピングなんて忘れましょう ― 新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます

TED Talks

ショッピングなんて忘れましょう ― 新しい服をダウンロードする時代がすぐにやってきます
Forget Shopping. Soon You'll Download Your New Clothes
ダニット・ペレグ
Danit Peleg

内容

ダウンロードして印刷できる服が、私たちのクローゼットを飾る日はそんなに遠くないのかもしれません。ファッション・デザイナーであるダニット・ペレグの学校でのプロジェクトとして始まったものは、日常的に着られる柔軟性と強度を持つ3Dプリントされたコレクションになりました。彼女は思っています。「ファッションはとても物質的なものだけど、私たちの着る服がデジタルになったとき、世の中はどんな風になるんだろう」と。

Script

In the past few months, I've been traveling for weeks at a time with only one suitcase of clothes. One day, I was invited to an important event, and I wanted to wear something special and new for it. So I looked through my suitcase and I couldn't find anything to wear. I was lucky to be at the technology conference on that day, and I had access to 3D printers. So I quickly designed a skirt on my computer, and I loaded the file on the printer. It just printed the pieces overnight. The next morning, I just took all the pieces, assembled them together in my hotel room, and this is actually the skirt that I'm wearing right now.

(Applause)

So it wasn't the first time that I printed clothes. For my senior collection at fashion design school, I decided to try and 3D print an entire fashion collection from my home. The problem was that I barely knew anything about 3D printing, and I had only nine months to figure out how to print five fashionable looks.

I always felt most creative when I worked from home. I loved experimenting with new materials, and I always tried to develop new techniques to make the most unique textiles for my fashion projects. I loved going to old factories and weird stores in search of leftovers of strange powders and weird materials, and then bring them home to experiment on. As you can probably imagine, my roommates didn't like that at all.

(Laughter)

So I decided to move on to working with big machines, ones that didn't fit in my living room. I love the exact and the custom work I can do with all kinds of fashion technologies, like knitting machines and laser cutting and silk printing.

One summer break, I came here to New York for an internship at a fashion house in Chinatown. We worked on two incredible dresses that were 3D printed. They were amazing -- like you can see here. But I had a few issues with them. They were made from hard plastics and that's why they were very breakable. The models couldn't sit in them, and they even got scratched from the plastics under their arms.

With 3D printing, the designers had so much freedom to make the dresses look exactly like they wanted, but still, they were very dependent on big and expensive industrial printers that were located in a lab far from their studio.

Later that year, a friend gave me a 3D printed necklace, printed using a home printer. I knew that these printers were much cheaper and much more accessible than the ones we used at my internship. So I looked at the necklace, and then I thought, "If I can print a necklace from home, why not print my clothes from home, too?" I really liked the idea that I wouldn't have to go to the market and pick fabrics that someone else chose to sell -- I could just design them and print them directly from home.

I found a small makerspace, where I learned everything I know about 3D printing. Right away, they literally gave me the key to the lab, so I could experiment into the night, every night.

The main challenge was to find the right filament for printing clothes with. So what is a filament? Filament is the material you feed the printer with. And I spent a month or so experimenting with PLA, which is a hard and scratchy, breakable material.

The breakthrough came when I was introduced to Filaflex, which is a new kind of filament. It's strong, yet very flexible. And with it, I was able to print the first garment, the red jacket that had the word "Liberte" -- "freedom" in French -- embedded into it. I chose this word because I felt so empowered and free when I could just design a garment from my home and then print it by myself. And actually, you can easily download this jacket, and easily change the word to something else. For example, your name or your sweetheart's name.

(Laughter)

So the printer plates are small, so I had to piece the garment together, just like a puzzle.

And I wanted to solve another challenge. I wanted to print textiles that I would use just like regular fabrics. That's when I found an open-source file from an architect who designed a pattern that I love. And with it, I was able to print a beautiful textile that I would use just like a regular fabric. And it actually even looks a little bit like lace.

So I took his file and I modified it, and changed it, played with it -- many kinds of versions out of it. And I needed to print another 1,500 more hours to complete printing my collection. So I brought six printers to my home and just printed 24-7. And this is actually a really slow process, but let's remember the Internet was significantly slower 20 years ago, so 3D printing will also accelerate and in no time you'll be able to print a T-Shirt in your home in just a couple of hours, or even minutes.

So you guys, you want to see what it looks like?

Audience: Yeah!

(Applause)

Danit Peleg: Rebecca is wearing one of my five outfits. Almost everything here she's wearing, I printed from my home. Even her shoes are printed.

Audience: Wow!

Audience: Cool!

(Applause)

Danit Peleg: Thank you, Rebecca. (To audience) Thank you, guys.

So I think in the future, materials will evolve, and they will look and feel like fabrics we know today, like cotton or silk. Imagine personalized clothes that fit exactly to your measurements.

Music was once a very physical thing. You would have to go to the record shop and buy CDs, but now you can just download the music -- digital music -- directly to your phone. Fashion is also a very physical thing. And I wonder what our world will look like when our clothes will be digital, just like this skirt is.

Thank you so much.

(Applause)

[ Thank You ]

(Applause)

近頃よく 時には1度に何週間も スーツケース1つで旅に出ていました あるとき 重要なイベントに招待され そのために何か特別な新しい服を着たいと思い スーツケースの中を見ましたが 着て行けるようなものがありません さいわい その日は技術系のカンファレンスに参加していて 3Dプリンターが使えました それで手早くパソコンで スカートをデザインすると そのファイルを3Dプリンターに送って 夜通しパーツを印刷しました 翌朝 できたパーツを取り出し ホテルの部屋で組み立てました 今 履いているのが その時のスカートです

(拍手)

服を印刷するのは それが初めてではありませんでした ファッション専門学校の 最終学年にやるコレクションで 出品作をすべて 家で 3Dプリントしようと決めたんです 問題は 当時3Dプリントについて 何も知らなかったのに たった9ヶ月で 素敵な服を5着 印刷できるようになる必要があったことです

私は家で仕事するときに 一番創造的になれると感じていました 新しい素材で実験するのが好きで 自分のファッションプロジェクトのために すごく個性的な生地を作ろうと いつも新しい技法を試していました 古い工場や奇妙な店に よく出向いて 余り物の変った素材や 粉末を見つけては 家に持ち帰り 実験していました 想像できると思いますが ルームメートには 有り難くなかったようです

(笑)

それから リビングには入りきらないような 大きな機械に挑戦することにしました 様々なファッション技法を使って 精密で独自のものを作るのが大好きです 編み機に レーザー裁断に シルクスクリーン印刷

夏休み中に チャイナタウンにある ブティックで見習いをするため ここニューヨークにやってきました 3Dプリントで素晴らしいドレスを2着作りました ご覧のような 見事なものでしたが ちょっと問題がありました 硬いプラスチックで出来ていたため すごく壊れやすく これを着た人は 座ることもできず 脇にひっかき傷を作ることもありました

3Dプリントは デザイナーに大きな自由を与え 望み通りの見た目のドレスを 作ることができましたが 大きく高価な 産業用プリンターが必要で それは仕事場から遠い 工作所にありました

その年に 友達が3Dプリントで作った ネックレスをくれました 家庭用のプリンターで 印刷したものです そういったプリンターは インターンのとき使ったものと比べ ずっと安く扱いやすいのは 知っていましたが そのネックレスを見て 思いました 家でネックレスをプリントできるなら 服だってプリントできるんじゃないかと 布地として 誰かが売ろうと決めたものの中から 市場に行って選ぶ代わりに 自分でデザインして家でプリントできる という考えは とても気に入りました

小さなメーカースペースを見つけ 3Dプリントについて私の知ることのすべてを そこで学びました 彼らはすぐに部屋の鍵を 預けてくれたので 毎日 夜中まで 実験することができました

難しかったのは 服をプリントするのに適したフィラメントを見つけることでした フィラメントというのは 3Dプリンターで使う素材のことです 1ヶ月くらいPLA樹脂で いろいろ実験していましたが 硬くてチクチクし 壊れやすいものでした

FilaFlexという素材を知ったのが 大きな転機になりました これは新種のフィラメントで 強度がありながら とても柔軟です これを使って 1着目の服を プリントすることができました リベルテ(LIBERTE)という言葉が編み込まれた 赤い上着です フランス語で「自由」という意味です この言葉を選んだのは すごく自由と力を感じたからです 家で服をデザインし プリントできるんだということに この服は誰でも簡単にダウンロードでき 言葉を好きなように 変えることもできます 自分の名前でもいいし 恋人の名前でもいいですけど

(笑)

プリントできるサイズは小さいので パズルのように パーツを組み合わせる必要がありました

解決したい問題は もう1つありました 普通の生地と同じように使える 織物をプリントしたかったんです そうして 私の好きなパターンをデザインした設計家による オープンソースのファイルを見つけました それで綺麗な織物をプリントし それを普通の生地のように使って 服を作れます ちょっとレースみたいな感じさえします

私はその人のファイルに手を加えて いろんなバリエーションを作ってみました コレクションを完成させるには プリントするのに さらに1,500時間必要でした それでプリンターを6台家に持ち込んで 1日24時間 休みなく印刷し続けました 3Dプリントというのは 確かに遅いです でもインターネットだって 20年前は ずっと遅かったんです 3Dプリントも やがて高速化されて 誰でもTシャツなんかを家で 数分でプリントできるようになるでしょう

皆さん 私が作った服をご覧になりたいですか?

(観衆) 見たい!

(拍手)

レベッカが着ているのは 私が作った5着のうちの1着で 彼女の身に付けているものの ほとんどすべてを家でプリントしました 靴もプリントしたものです

(観衆) すごい!

(観衆) 素敵!

(拍手)

ありがとう レベッカ ありがとう 皆さん

将来 素材は進歩していき 普通の生地と変わらない 見た目や肌触りのものができるでしょう 木綿や絹みたいなのが サイズがピッタリ合う 個人個人に合わせた服というのを想像してください

音楽は 昔は物質的な商品で レコード屋に行って CDを買わなきゃなりませんでしたが 今では携帯に直接 音楽を ダウンロードできるようになっています ファッションも今は物質的ですが 服がみんな このスカートみたいに デジタルになったとき 世の中はどんな風になることだろうと思います

ありがとうございました

(拍手)

[ありがとう]

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画