TED日本語 - パール・アレドンド: ギャングの娘からスター教師へ

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - パール・アレドンド: ギャングの娘からスター教師へ

TED Talks

ギャングの娘からスター教師へ
My story, from gangland daughter to star teacher
パール・アレドンド
Pearl Arredondo

内容

刑務所入りを繰り返すギャングの親を持つパール・アレドンドは、治安の悪いイーストロサンジェルスで育ちました。教員のいう事が聞けず沢山の教師に見捨てられましたが、後に自分自身が教師になり、新しく学校を築きました。生徒達に自分が彼らと同じくらいの年齢だった時の話をし、学校の宿題が出来ない状況の時もある、それはそれでいいんだと教えます。

Script

So I grew up in East Los Angeles, not even realizing I was poor. My dad was a high-ranking gang member who ran the streets. Everyone knew who I was, so I thought I was a pretty big deal, and I was protected, and even though my dad spent most of my life in and out of jail, I had an amazing mom who was just fiercely independent. She worked at the local high school as a secretary in the dean's office, so she got to see all the kids that got thrown out of class, for whatever reason, who were waiting to be disciplined. Man, her office was packed.

So, see, kids like us, we have a lot of things to deal with outside of school, and sometimes we're just not ready to focus. But that doesn't mean that we can't. It just takes a little bit more. Like, I remember one day I found my dad convulsing, foaming at the mouth, OD-ing on the bathroom floor. Really, do you think that doing my homework that night was at the top of my priority list? Not so much.

But I really needed a support network, a group of people who were going to help me make sure that I wasn't going to be a victim of my own circumstance, that they were going to push me beyond what I even thought I could do. I needed teachers, in the classroom, every day, who were going to say, "You can move beyond that." And unfortunately, the local junior high was not going to offer that. It was gang-infested, huge teacher turnover rate.

So my mom said, "You're going on a bus an hour and a half away from where we live every day." So for the next two years, that's what I did. I took a school bus to the fancy side of town. And eventually, I ended up at a school where there was a mixture. There were some people who were really gang-affiliated, and then there were those of us really trying to make it to high school. Well, trying to stay out of trouble was a little unavoidable. You had to survive. You just had to do things sometimes. So there were a lot of teachers who were like, "She's never going to make it. She has an issue with authority. She's not going to go anywhere." Some teachers completely wrote me off as a lost cause.

But then, they were very surprised when I graduated from high school. I was accepted to Pepperdine University, and I came back to the same school that I attended to be a special ed assistant.

And then I told them, "I want to be a teacher."

And boy, they were like, "What? Why? Why would you want to do that?"

So I began my teaching career at the exact same middle school that I attended, and I really wanted to try to save more kids who were just like me. And so every year, I share my background with my kids, because they need to know that everyone has a story, everyone has a struggle, and everyone needs help along the way. And I am going to be their help along the way.

So as a rookie teacher, I created opportunity. I had a kid one day come into my class having been stabbed the night before.

I was like, "You need to go to a hospital, the school nurse, something."

He's like, "No, Miss, I'm not going. I need to be in class because I need to graduate." So he knew that I was not going to let him be a victim of his circumstance, but we were going to push forward and keep moving on. And this idea of creating a safe haven for our kids and getting to know exactly what they're going through, getting to know their families -- I wanted that, but I couldn't do it in a school with 1,600 kids, and teachers turning over year after year after year. How do you get to build those relationships?

So we created a new school. And we created the San Fernando Institute for Applied Media. And we made sure that we were still attached to our school district for funding, for support. But with that, we were going to gain freedom: freedom to hire the teachers that we knew were going to be effective; freedom to control the curriculum so that we're not doing lesson 1.2 on page five, no; and freedom to control a budget, to spend money where it matters, not how a district or a state says you have to do it. We wanted those freedoms. But now, shifting an entire paradigm, it hasn't been an easy journey, nor is it even complete. But we had to do it. Our community deserved a new way of doing things.

And as the very first pilot middle school in all of Los Angeles Unified School District, you better believe there was some opposition. And it was out of fear -- fear of, well, what if they get it wrong? Yeah, what if we get it wrong? But what if we get it right? And we did. So even though teachers were against it because we employ one-year contracts -- you can't teach, or you don't want to teach, you don't get to be at my school with my kids.

(Applause)

So in our third year, how did we do it? Well, we're making school worth coming to every day. We make our kids feel like they matter to us. We make our curriculum rigorous and relevant to them, and they use all the technology that they're used to. Laptops, computers, tablets -- you name it, they have it. Animation, software, moviemaking software, they have it all. And because we connect it to what they're doing - For example, they made public service announcements for the Cancer Society. These were played in the local trolley system. Teaching elements of persuasion, it doesn't get any more real than that. Our state test scores have gone up more than 80 points since we've become our own school.

But it's taken all stakeholders, working together -- teachers and principals on one-year contracts, working over and above and beyond their contract hours without compensation. And it takes a school board member who is going to lobby for you and say, "Know, the district is trying to impose this, but you have the freedom to do otherwise." And it takes an active parent center who is not only there, showing a presence every day, but who is part of our governance, making decisions for their kids, our kids.

Because why should our students have to go so far away from where they live? They deserve a quality school in their neighborhood, a school that they can be proud to say they attend, and a school that the community can be proud of as well, and they need teachers to fight for them every day and empower them to move beyond their circumstances. Because it's time that kids like me stop being the exception, and we become the norm.

Thank you.

(Applause)

私は治安の悪いイーストロサンジェルスで育ちました 自分の家が貧乏だってことすら知らずにです 私の父親はギャングの有力メンバーで近所を仕切っていて 皆 私の事を知っていたので 自分は特別で大切にされてると思っていました 父は 私の子供時代のほとんどは 刑務所入りを繰り返していましたが 母親はとてもしっかりした人でした 母は近くの高校で 校長室の秘書として働いていました そのため 母は 何らかの理由で授業から追い出され 校長室に呼び出された生徒を沢山 見てきました いや~ 母のオフィスは こういった生徒でいっぱいでしたよ

私達のような貧しく 治安が悪い場所で育った子供は 家庭に いろいろな問題があり 家に帰っても すぐに勉強に取り組めるわけじゃないんです でも だからと言って 出来ないんじゃない 他の子よりも時間と努力が必要なだけです 例えば 私が覚えてるのは ある日 私の父が 身体をガタガタ震わせ 口から泡を出してました オーバードーズでバスルームに倒れてたんです ホントに そんな夜に宿題をやることが なによりも大切なことだと思いますか? まさか

私は 自分のこういった状況の中で 私自身が犠牲者になってしまわないように 周囲で助けてくれる人達が すごく必要でした これ以上 出来ないと思っている時に がんばれと背中を押してくれる人間が必要でした 授業中に 「あなたなら もっと出来るはず」と 毎日言ってくれる先生が必要でした でも 残念ながら地元の中学には そういう先生はいませんでした ギャングが幅をきかせ 教員の入れ替わりも激しかったんです

それで 母が 「バスに毎日 一時間半乗って 離れた学校に通うしかないわね」と決め それからの2年間 私はバスで通学しました スクールバスに乗って お金持ちが住む地域まで行きました 色々な生徒が混ざった学校に 通う事になりました ギャングに関わってる人もいたし 私と同じく 高校に入るために 一生懸命頑張ってる生徒達もいました 悪いことに関わらないようにするのは避けられないことでした 生き残るため 時には やりたくない事もやらなきゃダメだったんです 先生の中では 「この子はダメだな 教員と うまくいかないし この先も 何をやってもダメだろう  」 私に打つ手はないと見捨てた先生も何人かいました

だから 私が高校を卒業した時 こういった先生達はすごく驚いてました ペッパーダイン大学に入学し 卒業後 特殊教育のアシスタントになる為に 自分が通った中学校に戻りました

そこで 教員達に 「私は教師になりたいんだ」と言いました

そしたら 皆の反応は 「え?なんで?」 「なんで教師になりたいの?」でした

私の教師としてのキャリアは こうして 自分が通った中学校で始まりました 自分のような生徒を沢山 すごく助けたかったんです 毎年 私は自分が中学生だった時の話を生徒にします なぜなら 誰にでも何かしらの経験があり 苦しい経験もある 苦しみを乗り越える上で 人の助けが必要なんだ そして そういう時には私が彼らのそばにいると知ってもらいたいからです

新米の教師の時からそうしたわけです ある日 一人の生徒が私の教室に入って来ました 前の晩 ナイフで刺されたのにもかかわらずに

「病院に行った方がいいわよ。」 「保健室でもいい、 とにかく何処かに行った方がいいわよ。」と告げると

彼は 「先生 僕 行きませんよ 卒業したいから 授業をサボれないんです。」って言ったんです この生徒は 自分のこういった不運な状況の中で 犠牲者になってしまうことを私が許さないって知ってたんです そこで止めてしまわず 前進し続けるしかなかったんです 私は 生徒達に安全な場所を作り 彼らの状況を細かく把握し 家族とも関係を築けたらいいなと 思っていました でも 1600人もの生徒を相手に それも 毎年 教員の入れ替わりが激しい学校でやるのは無理でした そんな中でどうやって生徒と教師の親しい関係を築けますか?

そこで新しい学校を設立する事にしました マルチメディアに力を入れる サンフェルナンド高校を設立しました 資金や支援をきちんと受けられるよう 今までの学区に属するよう設置しましたが こうすることによって もっと自由な方法が取れたからです 例えば学校の目的に合う先生を雇うとか カリキュラムを作る自由です 決まった教科書の決まったページを教えなくても良いんです そして 学校の予算を 自由にコントロールでき お金を最も必要な事に使える 単に学区や州の言いなりになる必要はないのです こういった自由が欲しかったんです でも やり方をすっかり変えるのは 簡単ではありませんし まだ完成すらしていません でも やるしかなかったんです 私たちのコミュニティには新しい物のやり方があるべきだったんです

ロスアンジェルスの統一学区内の学校の中で 初めて さまざまな新しい方法を取り入れて 試験的に作られた中学として もちろん 私たちに反対する人もいました それは恐れから来たものです この人達の計画が間違ってたらどうする?といった恐れからです でも ホントに 私たちが完全に間違ってたらどうしよう? でも もし正しかったら? だから やりました これには教員も反対しましたが 教員の雇用契約期間は1年としました 教えるのが下手だったり やる気がない先生は 私の学校で教える資格はありませんから

(拍手)

創立3年目でどうのような成果があったか? そうですね毎日来る価値のある学校にしました 生徒達みんなは 私たちにとって大切なんだと気づかせました 学校の教科課程を厳しくし 生徒達に適したものにしました そして パソコンやタブレットといった 彼らが使い慣れてるテクノロジー これらは全て学校に用意しました アニメーションのソフト 映画作成のソフト これらも全て用意しました そして 生徒たちがやってる事に結びつけ 例えば 生徒たちはこれらのソフトを使って ガン協会のCMを作ったのです このCMは地元のトローリー電車内で流れたんです 説得要素を彼らに教えるのに これ以上 相応しいものはありません 州レベルの学力テストの点数は 私たちの学校が独立してから 80点以上もあがりました

これは この学校の成功に興味を持つ全ての人達 一年任期で雇われている校長を含めた全ての教員が 共に無報酬で残業までして 力を合わせてがんばったお蔭なのです そして 「いくつかの規則を守れば 他は 自分達の好きなようにできる 自由があるんですよ」と言ってくれる 教育委員会のお蔭でもあります そして 生徒の親たちのグループが活発に 毎日 学校に出入りするだけでなく 学校の人間の一人となって 子供たちの為に こうした方が良い ああした方が良いと考えてくれたお陰です

なぜ 私たちの生徒が わざわざ 自分の家から遠く離れた学校に行かなきゃならないんですか? 質の良い学校が彼らの家のそばにあっていい筈なんです あの学校に行ったと誇りを持って言える学校です そして コミュニーティーも誇りに持てる学校です そのために 毎日頑張って指導に当たり 生徒達の状況に流されないように 力を貸してくれる先生達が必要なんです なぜなら 私みたいな子供が 例外じゃなく 普通になる時が来たからです

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画