TED日本語 - タイラー・デウィット:科学の先生へ呼びかけ – 楽しくしましょう!

TED日本語

プレゼンテーション動画

TED日本語 - タイラー・デウィット:科学の先生へ呼びかけ – 楽しくしましょう!

TED Talks

科学の先生へ呼びかけ - 楽しくしましょう!
Hey science teachers -- make it fun
タイラー・デウィット
Tyler DeWitt

内容

高校の科学の教師であるタイラー・デウィットはバクテリアについて教えるのに熱が入ります。(面白いだろう!)。ところが生徒達がそれを嫌がっていると知り愕然とします。問題は教科書です。理解できないように書かれているのです。専門用語や極端に高度な説明を排除して、そのかわり物語にたとえたり、実演を通して科学を教えるよう、教師達に呼びかけます。(TEDxBeaconStreet にて収録)

Script

Let me tell you a story.

It's my first year as a new high school science teacher, and I'm so eager. I'm so excited, I'm pouring myself into my lesson plans. But I'm slowly coming to this horrifying realization that my students just might not be learning anything.

This happens one day: I'd just assigned my class to read this textbook chapter about my favorite subject in all of biology: viruses and how they attack. And so I'm so excited to discuss this with them, and I come in and I say, "Can somebody please explain the main ideas and why this is so cool?"

There's silence. Finally, my favorite student, she looks me straight in the eye, and she says, "The reading sucked." And then she clarified. She said, "You know what, I don't mean that it sucks. It means that I didn't understand a word of it. It's boring. Um, who cares, and it sucks."

These sympathetic smiles spread all throughout the room now, and I realize that all of my other students are in the same boat, that maybe they took notes or they memorized definitions from the textbook, but not one of them really understood the main ideas. Not one of them can tell me why this stuff is so cool, why it's so important.

I'm totally clueless. I have no idea what to do next. So the only thing I can think of is say, "Listen. Let me tell you a story. The main characters in the story are bacteria and viruses. These guys are blown up a couple million times. The real bacteria and viruses are so small we can't see them without a microscope, and you guys might know bacteria and viruses because they both make us sick. But what a lot of people don't know is that viruses can also make bacteria sick."

Now, the story that I start telling my kids, it starts out like a horror story. Once upon a time there's this happy little bacterium. Don't get too attached to him. Maybe he's floating around in your stomach or in some spoiled food somewhere, and all of a sudden he starts to not feel so good. Maybe he ate something bad for lunch, and then things get really horrible, as his skin rips apart, and he sees a virus coming out from his insides. And then it gets horrible when he bursts open and an army of viruses floods out from his insides. If -- Ouch is right! -- If you see this, and you're a bacterium, this is like your worst nightmare. But if you're a virus and you see this, you cross those little legs of yours and you think, "We rock." Because it took a lot of crafty work to infect this bacterium. Here's what had to happen. A virus grabbed onto a bacterium and it slipped its DNA into it. The next thing is, that virus DNA made stuff that chopped up the bacteria DNA. And now that we've gotten rid of the bacteria DNA, the virus DNA takes control of the cell and it tells it to start making more viruses. Because, you see, DNA is like a blueprint that tells living things what to make. So this is kind of like going into a car factory and replacing the blueprints with blueprints for killer robots. The workers still come the next day, they do their job, but they're following different instructions. So replacing the bacteria DNA with virus DNA turns the bacteria into a factory for making viruses -- that is, until it's so filled with viruses that it bursts. But that's not the only way that viruses infect bacteria. Some are much more crafty. When a secret agent virus infects a bacterium, they do a little espionage. Here, this cloaked, secret agent virus is slipping his DNA into the bacterial cell, but here's the kicker: It doesn't do anything harmful -- not at first. Instead, it silently slips into the bacteria's own DNA, and it just stays there like a terrorist sleeper cell, waiting for instructions. And what's interesting about this is now whenever this bacteria has babies, the babies also have the virus DNA in them. So now we have a whole extended bacteria family, filled with virus sleeper cells. They're just happily living together until a signal happens and -- BAM! -- all of the DNA pops out. It takes control of these cells, turns them into virus-making factories, and they all burst, a huge, extended bacteria family, all dying with viruses spilling out of their guts, the viruses taking over the bacterium. So now you understand how viruses can attack cells. There are two ways: On the left is what we call the lytic way, where the viruses go right in and take over the cells. On the [ right ] is the lysogenic way that uses secret agent viruses.

So this stuff is not that hard, right? And now all of you understand it. But if you've graduated from high school, I can almost guarantee you've seen this information before. But I bet it was presented in a way that it didn't exactly stick in your mind.

So when my students were first learning this, why did they hate it so much? Well, there were a couple of reasons.

First of all, I can guarantee you that their textbooks didn't have secret agent viruses, and they didn't have horror stories. You know, in the communication of science there is this obsession with seriousness. It kills me. I'm not kidding. I used to work for an educational publisher, and as a writer, I was always told never to use stories or fun, engaging language, because then my work might not be viewed as "serious" and "scientific." Right? I mean, because God forbid somebody have fun when they're learning science. So we have this field of science that's all about slime, and color changes. Check this out. And then we have, of course, as any good scientist has to have, explosions! But if a textbook seems too much fun, it's somehow unscientific.

Now another problem was that the language in their textbook was truly incomprehensible. If we want to summarize that story that I told you earlier, we could start by saying something like, "These viruses make copies of themselves by slipping their DNA into a bacterium." The way this showed up in the textbook, it looked like this: "Bacteriophage replication is initiated through the introduction of viral nucleic acid into a bacterium." That's great, perfect for 13-year-olds.

But here's the thing. There are plenty of people in science education who would look at this and say there's no way that we could ever give that to students, because it contains some language that isn't completely accurate. For example, I told you that viruses have DNA. Well, a very tiny fraction of them don't. They have something called RNA instead. So a professional science writer would circle that and say, "That has to go. We have to change it to something much more technical." And after a team of professional science editors went over this really simple explanation, they'd find fault with almost every word I've used, and they'd have to change anything that wasn't serious enough, and they'd have to change everything that wasn't 100 percent perfect. Then it would be accurate, but it would be completely impossible to understand. This is horrifying.

You know, I keep talking about this idea of telling a story, and it's like science communication has taken on this idea of what I call the tyranny of precision, where you can't just tell a story. It's like science has become that horrible storyteller that we all know, who gives us all the details nobody cares about, where you're like, "Oh, I met my friend for lunch the other day, and she was wearing these ugly jeans. I mean, they weren't really jeans, they were more kind of, like, leggings, but, like, I guess they're actually kind of more like jeggings, like, but I think - "and you're just like, "Oh my God. What is the point?" Or even worse, science education is becoming like that guy who always says, "Actually." Right? You want to be like, "Oh, dude, we had to get up in the middle of the night and drive a hundred miles in total darkness." And that guy's like, "Actually, it was 87.3 miles." And you're like, "Actually, shut up! I'm just trying to tell a story."

Because good storytelling is all about emotional connection. We have to convince our audience that what we're talking about matters. But just as important is knowing which details we should leave out so that the main point still comes across. I'm reminded of what the architect Mies van der Rohe said, and I paraphrase, when he said that sometimes you have to lie in order to tell the truth. I think this sentiment is particularly relevant to science education.

Now, finally, I am often so disappointed when people think that I'm advocating a dumbing down of science. That's not true at all. I'm currently a Ph.D. student at MIT, and I absolutely understand the importance of detailed, specific scientific communication between experts, but not when we're trying to teach 13-year-olds. If a young learner thinks that all viruses have DNA, that's not going to ruin their chances of success in science. But if a young learner can't understand anything in science and learns to hate it because it all sounds like this, that will ruin their chances of success.

This needs to stop, and I wish that the change could come from the institutions at the top that are perpetuating these problems, and I beg them, I beseech them to just stop it. But I think that's unlikely. So we are so lucky that we have resources like the Internet, where we can circumvent these institutions from the bottom up. There's a growing number of online resources that are dedicated to just explaining science in simple, understandable ways. I dream of a Wikipedia-like website that would explain any scientific concept you can think of in simple language any middle schooler can understand. And I myself spend most of my free time making these science videos that I put on YouTube. I explain chemical equilibrium using analogies to awkward middle school dances, and I talk about fuel cells with stories about boys and girls at a summer camp. The feedback that I get is sometimes misspelled and it's often written in LOLcats, but nonetheless it's so appreciative, so thankful that I know this is the right way we should be communicating science.

There's still so much work left to be done, though, and if you're involved with science in any way I urge you to join me. Pick up a camera, start to write a blog, whatever, but leave out the seriousness, leave out the jargon. Make me laugh. Make me care. Leave out those annoying details that nobody cares about and just get to the point. How should you start? Why don't you say, "Listen, let me tell you a story"?

Thank you.

(Applause)

あるお話をしましょう

今年は私が高校の科学の教師になって初めての年で とても気合が入っています わくわくして授業の計画に熱が入ります ところが生徒達は全然理解していないという 恐ろしい事実に徐々に気づかされました

ある日のことです クラスで教科書の一節を読むように言いました 生物学の中でも私が最も好きなテーマ ウィルスとその攻撃方法の文章でした 生徒と議論するのを楽しみにしていたので 私は言いました「誰か要点を説明してください どうしてこれが面白いか説明してくれますか?」

教室は静まり返りました やっと私のお気に入りの生徒が私の目を見て言いました 「こんなの くだらない」 それから彼女は説明してくれました 「科学がくだらないんじゃなくて教科書の意味がわからないの 退屈で誰も気に留めないことでしょうばかばかしい」

同意する笑顔が 教室中に広がりました どの生徒も同じ気持ちだったのです 授業中メモを取ったり教科書の文を暗記しても 誰も要点を掴んでいなかった どうして科学が面白いのか なぜ重要なのか誰もわかっていなかった

私は全然見当違いでした どうしたらよいのか途方にくれました そして これしか頭に浮かばなかった 「では お話をしましょう 主人公はバクテリアとウィルスです 彼らは数百万倍に拡大したものです 本物のバクテリアとウィルスはとても小さく 顕微鏡でしか見られません 皆がバクテリアやウィルスを知っているのは その両方とも病気の元だからですね ただ あまり知られていないことは ウィルスは バクテリアを病気にできることです」

子供達に始めた話は ホラー・ストーリーのように始まりました 昔々あるところに小さな幸せなバクテリア君がいました あまり仲良くならないでください 彼は あなたのお腹の中や傷んだ食べ物の中で ぶらぶらしているかもしれません その彼が突然気分が悪くなりました お昼に変なものを食べたからでしょう だんだん悪化し 皮膚がむけてきて そこからウィルスが出てくるのが見えました 症状はもっとひどくなり 破裂してウィルス軍団が 溢れ出てきました -痛い!-ですよね あなたがバクテリアでこの状況に陥ったら 悪夢です でもあなたがウィルスだったら 小さな足を組んでこう思うでしょう 「僕等の勝利だ」 バクテリアは手強いからです どうしてこうなったか説明しましょう ウィルスはバクテリアにくっつき 自分のDNAを忍び込ませます 次にウィルスDNAは バクテリアDNAを叩きのめします バクテリアDNAが全滅したところで ウィルスDNAが細胞の主導権を握り もっとウィルスを増やすよう命令します DNAは設計図のようなもので 生物に何を生産するか指示するのです つまり車工場で車の設計図を 殺人ロボットの設計図とすりかえるようなものです 翌日 工場員が働きに来て 間違った指示に従ってしまいます つまりバクテリアDNAとウィルスDNAがすり替わり バクテリアをウィルス製造工場に仕立てたのです それはバクテリアがウィルスで満たされて破裂するまで続きます バクテリアがウィルスに感染するのはそれだけではありません もっと悪質な方法があります ウィルス秘密工作部員がバクテリアを捕まえ スパイ工作をします 黒服ウィルス秘密工作部員はバクテリア細胞に自分のDNAを侵入させます ポイントは それが何の害もないこと最初はですが― バクテリア内にそっと自分のDNAを滑り込ませ 眠ったテロリスト細胞のようにとどまり 次の指示を待ちます 面白いのはこのバクテリアに子供ができたら 必ずウィルスのDNAを持った子供が生まれることです そして眠ったウィルス細胞一杯の バクテリア大家族になるのです バクテリア達は幸せに暮らしていますがある合図を機に突然 -バーン!-DNAが飛び出します 細胞の全てを牛耳りウィルス製造工場に仕上げます 皆 炸裂し 繁栄していたバクテリア族は 力尽きてウィルスに負けて滅びるのです ウィルスがバクテリアに代わり世界を制覇するのです ウィルスが細胞をどう攻撃するかわかりましたね 方法は2つです左側の溶菌性の方法 ウィルスが細胞内に入り主導権を握る方法 右側の溶原性の方法 ウィルス秘密工作部員を使う方法

そんなに難しくないでしょう? 皆さん理解できましたね 高校を卒業した人なら 以前に聞いたことがあるはずです しかし頭の中にのこるようには 説明されていなかった

私の生徒達がこれを勉強したとき なぜあんなに嫌がったのでしょう? 二つの理由が挙げられます

まず最初に教科書にはウィルス秘密工作部員や ホラー・ストーリーは登場しないからです 科学を伝えるとき 常に真面目にという固定観念が定着しています 最悪です冗談ではありません 教育用出版社向けに執筆していた時 いつも言われました物語は入れるな 面白い魅力的な言葉は使うな そうすると君の論文が 「不真面目」で「非科学的」になるから と つまり科学は楽しんで学ぶべきではない 決められているかのようです 科学の分野では、スライムや 色の変化に関するものもあります見てください もちろんいい科学者なら誰でも取り扱うだろう 爆発という分野もあります! ところが教科書が楽しすぎたら 非科学的だというのです

もう1つの問題は 理解不可能な教科書用語にあります 先ほどの私の話をまとめると この様になります 「ウィルスはバクテリア内に DNAを侵入させコピーを作る」 ところが教科書に載せられるとこうなります 「バクテリアファージの増殖は ウィルスの核酸がバクテリア内で 溶菌現象を起こす事により始まる」 結構まさに13歳向けです

しかしまだ問題があるのです 科学教育に携わる人達の中ではこの様なテキストは― 生徒達に渡せないと思っている人がたくさんいます 完全に正確ではない表現があるというのです 例えばウィルスにはDNAがあるといいましたね ところが少数はそれを持っていません かわりにRNAと呼ばれるものを持っています プロの科学記者はそこを指摘します 「そうではなく 専門的な表現にしなくては」 プロの科学誌編集者チームは この簡単な説明文を熟考した後 私が使った言葉はほとんど間違っているとみなし 全て真面目な表現に置き換え 100%正確なものになるように 全文書き直してしまうのです そして正確な文章にはなっても 理解不可能なテキストになってしまうのです これは恐ろしいことです

私は物語にたとえるという考えを 広げようとしているのですが 科学のコミュニケーションは 正確性至上主義に則られ 物語を話せないようにしている 科学は最悪のストーリーテラーのように 誰も気に留めない細かいことを説明し始めるのです 例えばこんな風です「この間 友達と昼食を食べたんだけど 彼女は変なジーンズを履いていたよ ジーンズというよりレギンスに近いかな 本当はジェギンズのようなものかなつまり・・・だから・・・」 そこであなたはこう思うでしょう 「何 いったい何が言いたいの?」 そしてもっとひどいのは科学の教育では 常に「正確には」という言葉を使いたがるということです あなたがこう言ったとします 「聞いてよ真夜中に起こされて 真っ暗闇を100マイル運転する羽目になったんだ」 すると相手はこう答えます「正確には 87.3マイルでしょう」 あなたは―「正確には 君に黙っててほしいんだ! ただ話をしようとしていただけなんだ」と言いたくなりますね

よい話は気持ちを伝えることだからです 聴衆に大事な話だと 思わせる必要があるのです どれが省略すべき詳細な情報か 理解して初めて 重要事項が明解になるのです ドイツの建築家ミース・ファン・デル・ローエの言葉を思い出します 私の言葉で言い換えてみます -真実を伝えるときには時々うそが必要だ- この感覚は科学の教育にも 該当すると思います

最後になりますが 私は自分が科学の価値を引き下げる 張本人だと思われて がっかりしています それは事実ではありません 現在 マサチューセッツ工科大学の博士課程に在籍していて 専門家の間で 科学について詳細かつ具体的に話すことが 重要だということは私自身 よくわかっています ただ13歳の子供達を教えるときは別なのです 子供達が全てのウィルスにDNAがあると考えたからといって 科学で成功するチャンスをダメにすることはありません 若い生徒達が科学を理解できず 嫌いになるということ自体が 彼等の成功のチャンスを台無しにしているのです

これを止めなければならない この問題の根源である―教育社会の上層部から 変化してくれるよう望みます 彼らに科学嫌いを減らすようお願いしているのですが なかなかそうは行かないようです ありがたい事に今はインターネットのような情報源に 恵まれていて教育社会を根底から 覆すことができるかもしれない 科学を簡単に理解可能な方法で 説明しているオンライン情報が 増えてきています 私の夢はウィキペディアのように 科学の内容を 高校生でもわかるような簡単な言葉で説明するウェブページです 私自身 空いた時間のほとんどを使って 科学ビデオを作りYouTubeに載せています 化学平衡を説明する時 高校のぎこちないダンスにたとえます 燃料電池について教える時は サマーキャンプの少年と少女の話をします 受け取るフィードバックは時々 スペルが間違っていたり ネコ語だったりしますが それはそれで とても感謝しています 私はこれが科学を伝えるのに 正しい方法だと信じています

まだまだやることはたくさんあります もしあなたが何らかの形で科学に関わっていたら すぐに私に続いてください カメラを手に取り ブログを始めてください何でもいいです 真面目にならず専門用語も使わないで下さい 笑いを誘ってください大切な事だと思わせてください 誰も気にしないような煩わしい詳細は抜きにして 要点をついてください どう始めたらいいですか? こう始めたらどうでしょう?「さて お話を始めましょう」

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画