TED日本語 - マルテ・スピッツ: あなたの携帯会社は見張っている

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - マルテ・スピッツ: あなたの携帯会社は見張っている

TED Talks

あなたの携帯会社は見張っている
Your phone company is watching
マルテ・スピッツ
Malte Spitz

内容

あなたの携帯会社は、使用者のどんな情報を収集しているのでしょうか?マルテ・スピッツが、彼の契約しているドイツの携帯会社に対して、自身に関する情報の開示を要求した時は、情報収集についてそれほど心配はしてませんでした。数回に渡って要求が無視され、訴訟を経て、スピッツは35,830行に渡るデータを受け取りました。このデータは、ほぼ一分単位で更新されている彼の人生の6ヶ月を映し出すものでした。

Script

Hi. This is my mobile phone. A mobile phone can change your life, and a mobile phone gives you individual freedom. With a mobile phone, you can shoot a crime against humanity in Syria. With a mobile phone, you can tweet a message and start a protest in Egypt. And with a mobile phone, you can record a song, load it up to SoundCloud and become famous. All this is possible with your mobile phone.

I'm a child of 1984, and I live in the city of Berlin. Let's go back to that time, to this city. Here you can see how hundreds of thousands of people stood up and protested for change. This is autumn 1989, and imagine that all those people standing up and protesting for change had a mobile phone in their pocket.

Who in the room has a mobile phone with you? Hold it up. Hold your phones up, hold your phones up! Hold it up. An Android, a Blackberry, wow. That's a lot. Almost everybody today has a mobile phone.

But today I will talk about me and my mobile phone, and how it changed my life. And I will talk about this. These are 35,830 lines of information. Raw data. And why are these informations there? Because in the summer of 2006, the E.U. Commission tabled a directive.

This directive [ is ] called Data Retention Directive. This directive says that each phone company in Europe, each Internet service company all over Europe, has to store a wide range of information about the users. Who calls whom? Who sends whom an email? Who sends whom a text message? And if you use your mobile phone, where you are. All this information is stored for at least six months, up to two years by your phone company or your Internet service provider.

And all over Europe, people stood up and said, "We don't want this." They said, we don't want this data retention. We want self-determination in the digital age, and we don't want that phone companies and Internet companies have to store all this information about us. They were lawyers, journalists, priests, they all said: "We don't want this."

And here you can see, like 10 thousands of people went out on the streets of Berlin and said, "Freedom, not fear." And some even said, this would be Stasi 2.0. Stasi was the secret police in East Germany.

And I also ask myself, does it really work? Can they really store all this information about us? Every time I use my mobile phone? So I asked my phone company, Deutsche Telekom, which was at that time the largest phone company in Germany, and I asked them, please, send me all the information you have stored about me. And I asked them once, and I asked them again, and I got no real answer. It was only blah blah answers.

But then I said, I want to have this information, because this is my life you are protocoling. So I decided to start a lawsuit against them, because I wanted to have this information. But Deutsche Telekom said, no, we will not give you this information. So at the end, I had a settlement with them. I'll put down the lawsuit and they will send me all the information I ask for. Because in the mean time, the German Constitutional Court ruled that the implementation of this E.U. directive into German law was unconstitutional.

So I got this ugly brown envelope with a C.D. inside. And on the C.D., this was on. Thirty-five thousand eight hundred thirty lines of information. At first I saw it, and I said, okay, it's a huge file. Okay. But then after a while I realized, this is my life. This is six months of my life, into this file.

So I was a little bit skeptical, what should I do with it? Because you can see where I am, where I sleep at night, what I am doing. But then I said, I want to go out with this information. I want to make them public. Because I want to show the people what does data retention mean.

So together with Zeit Online and Open Data City, I did this. This is a visualization of six months of my life. You can zoom in and zoom out, you can wind back and fast forward. You can see every step I take. And you can even see how I go from Frankfurt by train to Cologne, and how often I call in between.

All this is possible with this information. That's a little bit scary. But it is not only about me. It's about all of us. First, it's only like, I call my wife and she calls me, and we talk to each other a couple of times. And then there are some friends calling me, and they call each other. And after a while you are calling you, and you are calling you, and you have this great communication network.

But you can see how your people are communicating with each other, what times they call each other, when they go to bed. You can see all of this. You can see the hubs, like who are the leaders in the group. If you have access to this information, you can see what your society is doing. If you have access to this information, you can control your society.

This is a blueprint for countries like China and Iran. This is a blueprint how to survey your society, because you know who talks to whom, who sends whom an email, all this is possible if you have access to this information. And this information is stored for at least six months in Europe, up to two years.

Like I said at the beginning, imagine that all those people on the streets of Berlin in autumn of 1989 had a mobile phone in their pocket. And the Stasi would have known who took part at this protest, and if the Stasi would have known who are the leaders behind it, this may never have happened. The fall of the Berlin Wall would maybe not [ have been ] there. And in the aftermath, also not the fall of the Iron Curtain. Because today, state agencies and companies want to store as much information as they can get about us, online and offline. They want to have the possibility to track our lives, and they want to store them for all time.

But self-determination and living in the digital age is no contradiction. But you have to fight for your self-determination today. You have to fight for it every day. So, when you go home, tell your friends that privacy is a value of the 21st century, and it's not outdated. When you go home, tell your representative only because companies and state agencies have the possibility to store certain information, they don't have to do it. And if you don't believe me, ask your phone company what information they store about you.

So, in the future, every time you use your mobile phone, let it be a reminder to you that you have to fight for self-determination in the digital age. Thank you.

(Applause)

こんにちは これは私の携帯電話です 携帯電話には皆さんの生活を変える力があります さらに皆さんに個人としての自由を与えてくれます 携帯電話があれば シリアでの人道に反する罪を撮影できます 携帯電話があれば ツイートを投稿して エジプトで抗議運動を始めることができます 携帯電話があれば 歌を録音してSoundCloud にアップロードして 有名になることができます 携帯電話にはこれら全てを可能にする力があります

私は1984年に生まれ ベルリンに住んでいました 当時のこの街を見てみましょう 何十万もの人が変革を求めて立ち上がり 抗議している様子です これは1989年の秋のことです 立ち上がり 変革を求め抗議している この人々が皆 ポケットの中に 携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか?

この中で携帯電話を持っている人はいますか? 挙げてみてください 携帯電話を挙げて 挙げてください! 挙げて下さい アンドロイドやブラックベリーを おお たくさんいますね 今日はほとんどの人が携帯電話をお持ちのようです

本日お話しするのは私と私の携帯電話について そしてそれがいかに私の人生を変えたかについてです こちらについて話しましょう ここに35,830行に渡る情報があります 生のデータです どうしてこんな情報がここにあるのでしょうか? なぜなら2006年の夏に 欧州委員会がある指令を出したからです

データ保全指令と呼ばれるものです この指令はヨーロッパの携帯電話会社や インターネットサービス会社に 使用者に関する幅広い情報を保管するよう命じるものです 誰が誰に電話するか?誰が誰にメールを送るか? 誰が誰にテキストメッセージを送るか? 携帯電話をどこで使用したか これら全ての情報が携帯電話会社やプロバイダーによって 少なくとも6ヶ月 最長2年間分保管されています

ヨーロッパ中の人々が「こんなものは求めていない」と 立ち上がったのでした データの保管は望んでいないと叫んだのです 今日のデジタル時代において我々は自己決定を求めており 携帯会社やインターネット会社が私たちに関する あらゆる情報を保管することは望んでいません 彼らは弁護士やジャーナリスト 神父らで 彼らはみな「我々はこれを望まない」と言いました

そしてここから分かるように多くの人々が ベルリンの通りにくりだして 「恐怖ではなく 自由を」と叫びました これは第二のシュタージだと言う人もいます シュタージは東ドイツ時代の秘密警察です

これはうまくいくのか?と私は疑問に思っています 我々に関する全ての情報を蓄えるなんて 本当に出来るでしょうか? 私が携帯電話を使用するたびに? なので私が契約をしているドイツテレコムに尋ねました 当時はドイツで最大の携帯会社でした 彼らが蓄えている私に関する 全ての情報を送るよう求めました 何度も何度も要求したんですが くだらない回答ばかりで まともな回答は得られませんでした

しかし私はこの情報を手元に欲しいんだと説明しました なぜならこの情報は私の人生の記録だからです この情報の取得を求めた私は 彼らを相手に裁判を起こそうと決めました しかしドイツテレコムは反対して あなたにこの情報は提供できないと言いました 最終的には 私は彼らと和解をしました 私は訴訟を取り下げて 彼らは情報を全て私に送ることになりました ちょうどその頃 ドイツ憲法裁判所が 今回のEUの指令を施行することは 違憲であるという判決を下したためです

CDが入ったこの不格好な 茶封筒が送られてきました そして このCDに先ほどお見せした 35,830行に渡る情報が入っていました 最初に見たときは「よし 非常に大きなファイルだ 問題ない」と思いました でもしばらくしてから これは私の人生だと 気付きました これはファイルに収められた 私の人生の6ヶ月なんだと

私はどうすべきなのか?と少し当惑しました なぜなら私がどこにいて 夜どこで寝て 何をしているか分かってしまうんですから その後 私はこの情報を共有したいと言いました これを公表したい 人々にデータ保全指令が何を意味するのか示したかったんです

Zeit OnlineやOpen Data Cityを使って公表しました これは私の人生の6ヶ月間を可視化したものです 拡大したり縮小したりできますし 巻き戻したり早送りもできます 私の行動を全て見ることができます 私がフランクフルトからケルンまで どのような路線を行くのか その間に何回 電話をするのかさえ分かってしまいます

この情報によりこれら全てが可能になるんです ちょっとぞっとしますね でもこのことは私だけの問題ではありません 私たち全員に関わることです 初めは私が妻に電話をし 妻が私に電話したりと 何度か通話するだけです 更に 私に電話をしてくる友人がいて 彼ら同士でも通話をします あなたがあなたに電話をして そんなこんなでネットワークは 本当に大きなものになります

でも 皆さんの通信記録や 通話回数から就寝時間まで分かります 全てが分かってしまうんです 誰がグループのリーダーであるかも分かります この情報をがあれば 皆さんの 交際状況が分かってしまいます この情報を入手できれば 皆さんの人間関係を支配することができます

これは中国やイランのような国々のための青写真です これは皆さんの人間関係を調べ上げるための青写真です なぜなら誰が誰と通話をして 誰が誰にEメールを送っているか分かるからです この情報があればこれら全てが可能となります この情報はヨーロッパでは最低6ヶ月間 最長では2年間保管されます

冒頭でお話したように 1989年の秋にベルリンで 立ち上がった人々みんなが ポケットに携帯電話を持っていたらどうなるでしょうか? シュタージはこの抗議の参加者を特定できたでしょうし 抗議の裏にいる 指導者たちが事前に発覚していたら 抗議は決して起こらなかったでしょう ベルリンの壁崩壊はなかったでしょう その影響で鉄のカーテンの崩壊もなかったでしょう 今日では国家機関や企業は 私たちに関する情報をオンライン オフライン問わず できるだけ蓄えたいと思っています 彼らは私たちの生活を追跡する能力を欲しており 情報をいつまでも確保していたいのです

しかし自己決定とデジタル時代に生きることは 矛盾することではありません しかし今日 自己決定のためには闘う必要があります そのためには毎日闘っていかなくてはいけません 家に帰ったら プライバシーは21世紀の財産であり 時代遅れではないことを 友人に伝えてください 家に帰ったら企業や国家機関側に 情報を蓄積する能力が少しあるからといって そうする必要はないということを伝えてください もし私のことを信じられなければ 携帯会社に尋ねてみてください 皆さんのどんな情報を蓄えているのかと

今後 皆さんが携帯電話を使うときは必ず思い出して欲しいと思います デジタル時代における自己決定を求めて 闘っていかなければならないことを ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画