TED日本語 - ジョナサン・ドローリ: すべての花粉に物語がある

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジョナサン・ドローリ: すべての花粉に物語がある

TED Talks

すべての花粉に物語がある
Every pollen grain has a story
ジョナサン・ドローリ
Jonathan Drori

内容

私たちは、花粉症にでもならない限り、花粉の存在には気付きません。しかし、電子顕微鏡を使えば、花粉が素晴らしい色や形をしており、はるか遠くまで飛んでいくことも確認できます。ジョナサン・ドローリが、大変魅力的な植物の求愛方法について、ミクロレベルで紹介します。

Script

Thank you. I have two missions here today. The first is to tell you something about pollen, I hope, and to convince you that it's more than just something that gets up your nose. And, secondly, to convince you that every home really ought to have a scanning electron microscope. (Laughter) Pollen is a flower's way of making more flowers. It carries male sex cells from one flower to another. This gives us genetic diversity, or at least it gives the plants genetic diversity. And it's really rather better not to mate with yourself. That's probably true of humans as well, mostly.

Pollen is produced by the anthers of flowers. Each anther can carry up to 100,000 grains of pollen, so, it's quite prolific stuff. And it isn't just bright flowers that have pollen; it's also trees and grasses. And remember that all our cereal crops are grasses as well.

Here is a scanning electron micrograph of a grain of pollen. The little hole in the middle, we'll come to a bit later, but that's for the pollen tube to come out later on. A very tiny tube. So, that's 20 micrometers across, that pollen grain there. That's about a 50th of a millimeter. But not all pollen is quite so simple looking.

This is Morina. This is a plant -- which I've always thought to be rather tedious -- named after Morin, who was an enterprising French gardener, who issued the first seed catalog in 1621. But anyway, take a look at its pollen. This is amazing, I think. That little hole in the middle there is for the pollen tube, and when the pollen finds its special female spot in another Morina flower, just on the right species, what happens? Like I said, pollen carries the male sex cells. If you actually didn't realize that plants have sex, they have rampant, promiscuous and really quite interesting and curious sex. Really. (Laughter) A lot.

My story is actually not about plant propagation, but about pollen itself. "So, what are pollen's properties?" I hear you ask. First of all, pollen is tiny. Yes we know that. It's also very biologically active, as anyone with hay fever will understand. Now, pollen from plants, which are wind-dispersed -- like trees and grasses and so on -- tend to cause the most hay fever. And the reason for that is they've got to chuck out masses and masses of pollen to have any chance of the pollen reaching another plant of the same species.

Here are some examples -- they're very smooth if you look at them -- of tree pollen that is meant to be carried by the wind. Again -- this time, sycamore -- wind-dispersed. So, trees: very boring flowers, not really trying to attract insects. Cool pollen, though. This one I particularly like. This is the Monterey Pine, which has little air sacks to make the pollen carry even further. Remember, that thing is just about 30 micrometers across.

Now, it's much more efficient if you can get insects to do your bidding. This is a bee's leg with the pollen glommed onto it from a mallow plant. And this is the outrageous and beautiful flower of the mangrove palm. Very showy, to attract lots of insects to do its bidding. The pollen has little barbs on it, if we look. Now, those little barbs obviously stick to the insects well, but there is something else that we can tell from this photograph, and that is that you might be able to see a fracture line across what would be the equator of this, if it was the Earth. That tells me that it's actually been fossilized, this pollen. And I'm rather proud to say that this was found just near London, and that 55 million years ago London was full of mangroves. Isn't that cool? (Laughter)

Okay, so this is another species evolved to be dispersed by insects. You can tell that from the little barbs on there. All these pictures were taken with a scanning electron microscope, actually in the lab at Kew Laboratories. No coincidence that these were taken by Rob Kesseler, who is an artist, and I think it's someone with a design and artistic eye like him that has managed to bring out the best in pollen. (Laughter)

Now, all this diversity means that you can look at a pollen grain and tell what species it came from, and that's actually quite handy if you maybe have a sample and you want to see where it came from. So, different species of plants grow in different places, and some pollen carries further than others. So, if you have a pollen sample, then in principle, you should be able to tell where that sample came from. And this is where it gets interesting for forensics.

Pollen is tiny. It gets on to things, and it sticks to them. So, not only does each type of pollen look different, but each habitat has a different combination of plants. A different pollen signature, if you like, or a different pollen fingerprint. By looking at the proportions and combinations of different kinds of pollen in a sample, you can tell very precisely where it came from. This is some pollen embedded in a cotton shirt, similar to the one that I'm wearing now. Now, much of the pollen will still be there after repeated washings. Where has it been? Four very different habitats might look similar, but they've got very different pollen signatures. Actually this one is particularly easy, these pictures were all taken in different countries.

But pollen forensics can be very subtle. It's being used now to track where counterfeit drugs have been made, where banknotes have come from, to look at the provenance of antiques and see that they really did come from the place the seller said they did. And murder suspects have been tracked using their clothing, certainly in the U.K., to within an area that's small enough that you can send in tracker dogs to find the murder victim. So, you can tell from a piece of clothing to within about a kilometer or so, where that piece of clothing has been recently and then send in dogs. And finally, in a rather grizzly way, the Bosnia war crimes; some of the people brought to trial were brought to trial because of the evidence from pollen, which showed that bodies had been buried, exhumed and then reburied somewhere else.

I hope I've opened your eyes, if you'll excuse the visual pun, (Laughter) to some of pollen's secrets. This is a horse chestnut. There is an invisible beauty all around us, each grain with a story to tell ... each of us, in fact, with a story to tell from the pollen fingerprint that's upon us. Thank you to the colleagues at Kew, and thank you to palynologists everywhere. (Applause)

ありがとうございます 今日私には2つのミッションがあります 1つ目は 皆さんに花粉についてお話をして 花粉が単に「鼻に付く」ものではないと分かっていただくこと そして2つ目は皆さんに 全ての家庭が電子顕微鏡を持つべきだと分かっていただくことです (笑) 花粉によって花は繁殖します おしべから出る細胞を 1つの花から別の花へと運ぶのです これにより 私達に遺伝的多様性を与えてくれます 少なくとも 植物種の遺伝的多様性は高くなります 同じ個体間で交配しないほうがいいのです これは人間にも同様に当てはまることでしょう

花粉はおしべのやくでつくられます 1つのやくが10万個もの花粉を蓄えることができます とても多産だと言えますね そして鮮やかな花だけでなく 木や草にも花粉があります 私たちが食べる穀物も全て草ですね

これが 電子顕微鏡で見た花粉です 中央にある小さな穴については 少し後でお話しますが これは花粉管という とても小さな管が 後で出てくるためのものです さて これは20マイクロメートルの 花粉です 1ミリメートルの50分の1の大きさです 全ての花粉が こんなにシンプルな見た目をしているわけではありません

これはモリナという植物です あまり見た目は冴えませんよね モランという人物が名前の由来です 彼は熱意あふれるフランス人造園師で 「たね」のカタログを 初めて出版した人物でもあります 1621年のことです とにかく その花粉を見てみましょう 素晴らしいと思います 中央の小さな穴は花粉管のためにあるのですが 花粉が めしべの特別な場所を 別のモリナの花に見つけたら さて何が起こるでしょうか? お話したように 花粉はおしべ つまりオスの細胞を運びます お分かりにならなかった方のために説明すると 植物は 自由で入り乱れた 極めて興味深いセックスを 行っているわけです (笑)

さて 私の話は植物の繁殖についてではなく 花粉そのものについてです そもそも 花粉の特徴とは何かとお尋ねになるかもしれません まず第一に花粉は小さいです 皆さんご存知ですね また 生物学的にとても活発です 花粉症の方は 誰でもお分かりになると思います 風を使って 花粉を散布する植物には 木や草などがあり 花粉症のほとんどは これが原因です なぜなら そのような植物は 大量の花粉を散布して その中の一部が運良く 自分と同じ種類の別の個体にたどり着くようにするのです

いくつか例を挙げてみましょう 写真を見ると 花粉がとても滑らかで 風に運ばれやすいようになっていることが分かります これはシカモアという風を使って花粉を散布する植物です 木です とても冴えない花をつけます 昆虫を 惹き付けようとしていないからです しかし 花粉はイケてます これは 私がとりわけ好きなものです モンテレー松の花粉で 空気を入れる小さな袋が付いており 花粉を より遠くへ散布することができます いいですか これは全てわずか30マイクロメートルの話です

さて 花粉散布に昆虫を利用できたら はるかに効率的になります これはミツバチの脚です 葵の花からくっついてきた花粉が付いています そして これは奇抜で美しい マングローブ椰子の花です とても派手ですよね 昆虫を惹き付けるためです 花粉にはよく見ると 小さな突起があります この小さな突起のおかげで 昆虫によくくっつくのです しかし この写真から分かることが他にもあります 花粉に割れ目が見えると思います 地球に例えると赤道にあたる部分です これにより この花粉が化石化していたことが分かります そして 光栄なことに この花粉はロンドンのすぐ近くで発見されました つまり5500年前は ロンドンは マングローブ松で溢れていたのです うらやましい限りです (笑)

これも 昆虫による花粉散布型へと進化した植物です 小さな突起を見れば そのことが分かりますね これらの写真は全て 電子顕微鏡で撮られたものです キュー国立植物園の研究室で撮られました このような写真を撮影したのが アーティストの ロブ・ケセラー氏であることは 偶然ではありません そして 芸術的な目を持ち合わせている 彼のような人物が なんと「花粉」の美しさを引き出したことも 偶然ではないでしょう (笑)

さて 花粉がこれだけ多様ということは 花粉を一粒見ただけで それが 何の植物なのか分かるということです つまり 花粉のサンプルがあれば それが どこから来たのか知りたいとき とても便利なのです 様々な種類の植物が 様々な場所で育ちます 花粉の中には 他の花粉より遠くに飛ぶものもあります 花粉のサンプルがあれば 原則として それがどこから来たのか 言い当てることができるはずなのです この点で 花粉は鑑識学にとって興味深いのです

花粉は小さいです 物にくっついて離れません 花粉それぞれが違う外見をしているだけでなく 土地によって 生息する植物の組み合わせも違います 花粉のサイン もしくは 花粉の指紋 とでも言えるかもしれません なので サンプルの中の花粉の組み合わせや割合を 調べることによって それがどこから来たのか とても正確に言い当てることができます これは 綿のシャツに付いた花粉です 今私が着ているようなものです 花粉のほとんどは付いたまま離れないでしょう たとえ何回洗濯をしてもです どこから来たのでしょうか? この4つの違う場所は全て同じように見えますが 花粉はそれぞれ全く違う特徴を持っています 実はこれは特に簡単なケースで これらの写真は全て 違う国で撮られたものです

花粉を使う鑑識はとても緻密です 今では 花粉を使って 偽造された薬がどこでつくられたのか 紙幣がどこから来たのか 骨董品の出所はどこか 調査し 突き止めているのです 犯人が認めているので確かです そして 殺人罪の容疑者についても 彼らの衣服を使って捜査を行い イギリス国内の地域を特定し 警察犬が犠牲者を見つけられる範囲にまで 絞ることができるのです 衣服の一片から 1キロメートル範囲内ほどまで絞ることができ その衣服の一片が最近どこにあったのか分かります そして警察犬を送り込めばいいのです 最後に 非常にむごい出来事 ボスニア戦争でのことですが ある裁判で 花粉から分かった事実が証拠となり 遺体が埋められ 掘り返され 違う場所へ再び埋められたことが発覚したのです

皆さんの花粉に対する目を この写真のように開いて 新しい見方を提供できたとしたらうれしいです これは 西洋栃の木の花粉でした 私たちの周りには 私たちの目には見えない美があります そして 花粉一粒一粒に物語があるのです ちょうど 私たち一人一人に物語があるのと同じように 指紋のように 私たちを語るのです キュー国立植物園で働く私の仲間たちと 世界中の花粉学者たちに感謝します (拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画