TED日本語 - リチャード・シアーズ: 「脱石油」について語る

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - リチャード・シアーズ: 「脱石油」について語る

TED Talks

「脱石油」について語る
Planning for the end of oil
リチャード・シアーズ
Richard Sears

内容

世界が石油探査の危機的状況に注目している現在、2010年2月初旬に行われたリチャード・シアーズのTalkをお届けしたい。新エネルギー資源開発の専門家として、石油依存から抜け出すことは不可避かつ必要な行動であることを語る。その後の向き先は?

Script

For the next few minutes we're going to talk about energy, and it's going to be a bit of a varied talk. I'll try to spin a story about energy, and oil's a convenient starting place. The talk will be broadly about energy, but oil's a good place to start. And one of the reasons is this is remarkable stuff. You take about eight or so carbon atoms, about 20 hydrogen atoms, you put them together in exactly the right way and you get this marvelous liquid: very energy-dense and very easy to refine into a number of very useful products and fuels. It's great stuff. Now, as far as it goes, there's a lot of oil out there in the world.

Here's my little pocket map of where it's all located. A bigger one for you to look at. But this is it, this is the oil in the world. Geologists have a pretty good idea of where the oil is. This is about 100 trillion gallons of crude oil still to be developed and produced in the world today. Now, that's just one story about oil, and we could end it there and say, "Well, oil's going to last forever because, well, there's just a lot of it." But there's actually more to the story than that. Oh, by the way, if you think you're very far from some of this oil,1000 meters below where you're all sitting is one of the largest producing oil fields in the world. Come talk to me about it, I'll fill in some of the details if you want.

So, that's one of the stories of oil; there's just a lot of it. But what about oil? Where is it in the energy system? Here's a little snapshot of 150 years of oil, and it's been a dominant part of our energy system for most of those 150 years. Now, here's another little secret I'm going to tell you about: For the last 25 years, oil has been playing less and less of a role in global energy systems. There was one kind of peak oil in 1985, when oil represented 50 percent of global energy supply. Now, it's about 35 percent. It's been declining and I believe it will continue to decline. Gasoline consumption in the U.S. probably peaked in 2007 and is declining.

So oil is playing a less significant role every year. And so,25 years ago, there was a peak oil; just like, in the 1920s, there was a peak coal; and a hundred years before that, there was a peak wood. This is a very important picture of the evolution of energy systems. And what's been taking up the slack in the last few decades? Well, a lot of natural gas and a little bit of nuclear, for starters. And what goes on in the future? Well, I think out ahead of us a few decades is peak gas, and beyond that, peak renewables.

Now, I'll tell you another little, very important story about this picture. Now, I'm not pretending that energy use in total isn't increasing, it is -- that's another part of the story. Come talk to me about it, we'll fill in some of the details -- but there's a very important message here: This is 200 years of history, and for 200 years we've been systematically decarbonizing our energy system. Energy systems of the world becoming progressively -- year on year, decade on decade, century on century -- becoming less carbon intense. And that continues into the future with the renewables that we're developing today, reaching maybe 30 percent of primary energy by mid century. Now that might be the end of the story -- Okay, we just replace it all with conventional renewables -- but I think, actually, there's more to the story than that.

And to tell the next part of the story -- and this is looking out say 2100 and beyond. What is the future of truly sustainable, carbon-free energy? Well, we have to take a little excursion, and we'll start in central Texas. Here's a piece of limestone. I picked it up outside of Marble Falls, Texas. It's about 400 million years old. And it's just limestone, nothing really special about it. Now, here's a piece of chalk. I picked this up at MIT. It's a little younger. And it's different than this limestone, you can see that. You wouldn't build a building out of this stuff, and you wouldn't try to give a lecture and write on the chalkboard with this. Yeah, it's very different -- no, it's not different. It's not different, it's the same stuff: calcium carbonate, calcium carbonate. What's different is how the molecules are put together.

Now, if you think that's kind of neat, the story gets really neat right now. Off the coast of California comes this: It's an abalone shell. Now, millions of abalone every year make this shell. Oh, by the way, just in case you weren't already guessing, it's calcium carbonate. It's the same stuff as this and the same stuff as this. But it's not the same stuff; it's different. It's thousands of times, maybe 3,000 times tougher than this. And why? Because the lowly abalone is able to lay down the calcium carbonate crystals in layers, making this beautiful, iridescent mother of pearl. Very specialized material that the abalone self-assembles, millions of abalone, all the time, every day, every year. This is pretty incredible stuff. All the same, what's different? How the molecules are put together.

Now, what does this have to do with energy? Here's a piece of coal. And I'll suggest that this coal is about as exciting as this chalk. Now, whether we're talking about fuels or energy carriers, or perhaps novel materials for batteries or fuel cells, nature hasn't ever built those perfect materials yet because nature didn't need to. Nature didn't need to because, unlike the abalone shell, the survival of a species didn't depend on building those materials, until maybe now when it might just matter. So, when we think about the future of energy, imagine what would it be like if instead of this, we could build the energy equivalent of this just by rearranging the molecules differently.

And so that is my story. The oil will never run out. It's not because we have a lot of it. It's not because we're going to build a bajillion windmills. It's because, well, thousands of years ago, people invented ideas -- they had ideas, innovations, technology -- and the Stone Age ended, not because we ran out of stones. (Laughter) It's ideas, it's innovation, it's technology that will end the age of oil, long before we run out of oil.

Thank you very much.

(Applause)

しばらくの間 エネルギーについて話をしたいと思います 様々なことをお話しすることになりますが あまり話が逸れないようにしたいと思います 最初に石油について話すのが良いでしょう エネルギー一般についてお話ししますが 石油の話から始めたいと思います まず何と言っても 石油は驚嘆すべき物質です 炭素原子を8個ほどと 水素原子を20個ほどを 正確に組み合わせることができれば この素晴らしい液体となります エネルギー密度が高く 精製も簡単で 数多くの有用な製品や燃料となります 優れた物質なのです 今のところ 世界には十分な石油があります

どこに石油があるかを示した ポケット・サイズの地図があります 大きな地図をご覧下さい 世界中の石油のありかを示しています 地質学者は石油の埋蔵場所をかなり正確に把握しています まだ世界で 約100兆ガロンの石油が 採掘あるいは精製可能な状態で存在しているのです ここまでが石油に関するお話しです 「石油の時代は終わらない 十分な量が存在しているのだから」 と言って話を終わることもできます しかし話はここでは終わらないのです 話が逸れますが 石油は遠いところにあるんだなと思われる方 皆さんが座っている場所の千メートル下は 世界でも有数の油田なのです 後で聞いていただければ 詳しいお話しができますよ

石油についてお話することは他にもたくさんあります では石油とは?エネルギー・システムでの位置はどこにあるのでしょうか? 過去150年間の石油についての簡単な歴史です 過去150年間にわたって石油は エネルギー・システムを支配してきました もうひとつ ちょっとした秘密をお話ししましょう 過去25年間 世界のエネルギー・システムにおいて 石油の役割は低下を続けてきました そのピークは1985年で 世界のエネルギー供給の半分を担っていました 現在は35%に過ぎません 低下を続けてきた石油の割合ですが 今後もこの傾向は続くと思います 米国内におけるガソリン消費量のピークは2007年です それから消費量は減少しています

毎年 石油の重要性は 下がり続けています また 25年前に 石油がピークを迎えたように 1920年代には 石炭のピークがありました その百年前には 木材のピークもあったのです これはエネルギー・システムの進化に関する重要なグラフです 過去数十年間 石油の穴を埋めてきたのは何だったのでしょうか? それは天然ガスです 核エネルギーも使用されるようになりました それでは未来はどうなるでしょうか 数十年先には ガスがピークを迎えるのでは ないかと思います そしてその後 再生可能エネルギーがピークに達します

この図の重要な点について お話ししましょう 私は決して エネルギーの総使用量が 増加しないとしているのはありません それは別の話です 別の機会に 詳しく検討することができると思います しかし ここには重要なメッセージがあります この200年間にわたって 過去200年の間 我々は組織的にエネルギー・システムから 炭酸ガスを取り除いてきました 世界のエネルギー・システムは 1年前に比べても 10年前に比べても 1世紀前に比べても 炭酸ガスの排出量を減らしてきています 現在 我々が開発している再生可能エネルギーが 今世紀半ばには主要エネルギーの 30%を占めるようになるため 炭酸ガス排出量の減少はさらに続きます このお話しはここまでにしておきましょう もちろん 核以外の再生可能エネルギーですべて置き換えることもできます しかし 実際には様々な点を考慮しなければならないのです

次のお話しに移りたいと思いますが ここでは ずっと先 例えば2100年以降を考えてみましょう 真に維持可能な 炭酸ガスを排出しない エネルギーはどうなっているでしょうか? ちょっと遠出をしてみましょう まず テキサスの中央部へ これは石灰岩ですが テキサスのマーブル・フォールス郊外で採ったものです 約4億年前のものです ありふれた石灰岩で 特に変わった点はありません チョークがあります M.I.Tで拾ったものですが 少しばかり新しいものです 石灰岩とは異なるということはお分かりいただけるでしょう チョークではビルを建築することはできません 石灰岩で黒板に文字を書いて授業をすることはできません これが違いです しかし同じなのです この二つは同じ物質なのです どちらも炭酸カルシウムなのです 違いは分子の結合の仕方にあります

この種の話が好きな方には ここからが興味深い話になるはずです これはカリフォルニアの海岸で拾った アワビの貝殻です 毎年 数百万のアワビが このような貝殻を作ります もう既にお気づきかもしれませんが 炭酸カルシウムでできています これと同じ物質であり こちらとも同じ物質です しかし同じではありません 違いがあるのです 何千倍も おそらく三千倍も丈夫なのです なぜでしょうか? この小さなアワビは 炭酸カルシウムの結晶を 何層にも積み重ねることができるからです 美しく輝く 真珠を生み出すことができるのです それは アワビが生み出すことができる 非常に特殊な素材なのです 何百万というアワビが 毎年 毎日 この素材を作り続けています 信じられないほど美しいものです その違いはというと 分子の結びつき方にあります

これがエネルギーの話とどう繋がるのでしょうか? 石炭があります この石炭が このチョークと同様に 興味深いものであることを話しましょう 燃料にせよ エネルギー担体にせよ バッテリーや燃料電池の 新素材にせよ 自然はこういった完全な素材を作り出してはいません なぜなら その必要がなかったからです アワビと違って 自然は このような素材を作ることに 種の存続が かかっているという訳ではなかったからです おそらく今まで これが問題になるまでは そうだったのです エネルギーの未来を考えると 想像してください 未来はどのようになるでしょうか これの代わりに 分子の並び方を修正するだけで エネルギー的に等価な物質を作ることができます

これがお話ししたかった内容です 石油が枯渇することはありません 大量に存在しているからではありません 風車を大量に建設するからでもありません 数千年前に 人々は 新しいことを思いつき アイデア イノベーション テクノロジーを 得ることが出来たからです そして石器時代に終止符が打たれました 決して石が枯渇したからではありません (笑) アイデア イノベーション テクノロジーによって 石油が枯渇する前に 石油の時代に終止符が打たれます

ありがとうございました

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画