TED日本語 - ポール・ルート・ウォルプ: バイオエンジニアリングを問うべき時

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ポール・ルート・ウォルプ: バイオエンジニアリングを問うべき時

TED Talks

バイオエンジニアリングを問うべき時
It's time to question bio-engineering
ポール・ルート・ウォルプ
Paul Root Wolpe

内容

TEDxPeachtree において、生命倫理学者であるポール・ルート・ウォルプがハイブリッドペットから人間の耳を生やすマウスなど、最近の驚愕的なバイオエンジニアリングの実験について話します。彼は問いかけます。今こそ基本ルールを定めるときではないでしょうか?

Script

Today I want to talk about design, but not design as we usually think about it. I want to talk about what is happening now in our scientific, biotechnological culture, where, for really the first time in history, we have the power to design bodies, to design animal bodies, to design human bodies. In the history of our planet, there have been three great waves of evolution.

The first wave of evolution is what we think of as Darwinian evolution. So, as you all know, species lived in particular ecological niches and particular environments, and the pressures of those environments selected which changes, through random mutation in species, were going to be preserved. Then human beings stepped out of the Darwinian flow of evolutionary history and created the second great wave of evolution, which was we changed the environment in which we evolved. We altered our ecological niche by creating civilization. And that has been the second great -- couple 100,000 years,150,000 years -- flow of our evolution. By changing our environment, we put new pressures on our bodies to evolve. Whether it was through settling down in agricultural communities, all the way through modern medicine, we have changed our own evolution. Now we're entering a third great wave of evolutionary history, which has been called many things: "intentional evolution," "evolution by design" -- very different than intelligent design -- whereby we are actually now intentionally designing and altering the physiological forms that inhabit our planet.

So I want to take you through a kind of whirlwind tour of that and then at the end talk a little bit about what some of the implications are for us and for our species, as well as our cultures, because of this change. Now we actually have been doing it for a long time. We started selectively breeding animals many, many thousands of years ago. And if you think of dogs for example, dogs are now intentionally-designed creatures. There isn't a dog on this earth that's a natural creature. Dogs are the result of selectively breeding traits that we like. But we had to do it the hard way in the old days by choosing offspring that looked a particular way and then breeding them. We don't have to do it that way anymore.

This is a beefalo. A beefalo is a buffalo-cattle hybrid. And they are now making them, and someday, perhaps pretty soon, you will have beefalo patties in your local supermarket. This is a geep, a goat-sheep hybrid. The scientists that made this cute little creature ended up slaughtering it and eating it afterwards. I think they said it tasted like chicken. This is a cama. A cama is a camel-llama hybrid, created to try to get the hardiness of a camel with some of the personality traits of a llama. And they are now using these in certain cultures. Then there's the liger. This is the largest cat in the world -- the lion-tiger hybrid. It's bigger than a tiger. And in the case of the liger, there actually have been one or two that have been seen in the wild. But these were created by scientists using both selective breeding and genetic technology. And then finally, everybody's favorite, the zorse. None of this is Photoshopped. These are real creatures. And so one of the things we've been doing is using genetic enhancement, or genetic manipulation, of normal selective breeding pushed a little bit through genetics. And if that were all this was about, then it would be an interesting thing. But something much, much more powerful is happening now.

These are normal mammalian cells genetically engineered with a bioluminescent gene taken out of deep-sea jellyfish. We all know that some deep-sea creatures glow. Well, they've now taken that gene, that bioluminescent gene, and put it into mammal cells. These are normal cells. And what you see here is these cells glowing in the dark under certain wavelengths of light. Once they could do that with cells, they could do it with organisms. So they did it with mouse pups, kittens. And by the way, the reason the kittens here are orange and these are green is because that's a bioluminescent gene from coral, while this is from jellyfish. They did it with pigs. They did it with puppies. And, in fact, they did it with monkeys. And if you can do it with monkeys -- though the great leap in trying to genetically manipulate is actually between monkeys and apes -- if they can do it in monkeys, they can probably figure out how to do it in apes, which means they can do it in human beings. In other words, it is theoretically possible that before too long we will be biotechnologically capable of creating human beings that glow in the dark. Be easier to find us at night.

And in fact, right now in many states, you can go out and you can buy bioluminescent pets. These are zebra fish. They're normally black and silver. These are zebra fish that have been genetically engineered to be yellow, green, red, and they are actually available now in certain states. Other states have banned them. Nobody knows what to do with these kinds of creatures. There is no area of the government -- not the EPA or the FDA -- that controls genetically-engineered pets. And so some states have decided to allow them, some states have decided to ban them.

Some of you may have read about the FDA's consideration right now of genetically-engineered salmon. The salmon on top is a genetically engineered Chinook salmon, using a gene from these salmon and from one other fish that we eat, to make it grow much faster using a lot less feed. And right now the FDA is trying to make a final decision on whether, pretty soon, you could be eating this fish -- it'll be sold in the stores. And before you get too worried about it, here in the United States, the majority of food you buy in the supermarket already has genetically-modified components to it. So even as we worry about it, we have allowed it to go on in this country -- much different in Europe -- without any regulation, and even without any identification on the package.

These are all the first cloned animals of their type. So in the lower right here, you have Dolly, the first cloned sheep -- now happily stuffed in a museum in Edinburgh; Ralph the rat, the first cloned rat; CC the cat, for cloned cat; Snuppy, the first cloned dog -- Snuppy for Seoul National University puppy -- created in South Korea by the very same man that some of you may remember had to end up resigning in disgrace because he claimed he had cloned a human embryo, which he had not. He actually was the first person to clone a dog, which is a very difficult thing to do, because dog genomes are very plastic. This is Prometea, the first cloned horse. It's a Haflinger horse cloned in Italy, a real "gold ring" of cloning, because there are many horses that win important races who are geldings. In other words, the equipment to put them out to stud has been removed. But if you can clone that horse, you can have both the advantage of having a gelding run in the race and his identical genetic duplicate can then be put out to stud. These were the first cloned calves, the first cloned grey wolves, and then, finally, the first cloned piglets: Alexis, Chista, Carrel, Janie and Dotcom.

(Laughter)

In addition, we've started to use cloning technology to try to save endangered species. This is the use of animals now to create drugs and other things in their bodies that we want to create. So with antithrombin in that goat -- that goat has been genetically modified so that the molecules of its milk actually include the molecule of antithrombin that GTC Genetics wants to create. And then in addition, transgenic pigs, knockout pigs, from the National Institute of Animal Science in South Korea, are pigs that they are going to use, in fact, to try to create all kinds of drugs and other industrial types of chemicals that they want the blood and the milk of these animals to produce for them, instead of producing them in an industrial way.

These are two creatures that were created in order to save endangered species. The guar is an endangered Southeast Asian ungulate. A somatic cell, a body cell, was taken from its body, gestated in the ovum of a cow, and then that cow gave birth to a guar. Same thing happened with the mouflon, where it's an endangered species of sheep. It was gestated in a regular sheep body, which actually raises an interesting biological problem. We have two kinds of DNA in our bodies. We have our nucleic DNA that everybody thinks of as our DNA, but we also have DNA in our mitochondria, which are the energy packets of the cell. That DNA is passed down through our mothers. So really, what you end up having here is not a guar and not a mouflon, but a guar with cow mitochondria, and therefore cow mitochondrial DNA, and a mouflon with another species of sheep's mitochondrial DNA. These are really hybrids, not pure animals. And it raises the question of how we're going to define animal species in the age of biotechnology -- a question that we're not really sure yet how to solve.

This lovely creature is an Asian cockroach. And what they've done here is they've put electrodes in its ganglia and its brain and then a transmitter on top, and it's on a big computer tracking ball. And now, using a joystick, they can send this creature around the lab and control whether it goes left or right, forwards or backwards. They've created a kind of insect bot, or bugbot. It gets worse than that -- or perhaps better than that. This actually is one of DARPA's very important -- DARPA is the Defense Research Agency -- one of their projects. These goliath beetles are wired in their wings. They have a computer chip strapped to their backs, and they can fly these creatures around the lab. They can make them go left, right. They can make them take off. They can't actually make them land. They put them about one inch above the ground, and then they shut everything off and they go pfft. But it's the closest they can get to a landing.

And in fact, this technology has gotten so developed that this creature -- this is a moth -- this is the moth in its pupa stage, and that's when they put the wires in and they put in the computer technology, so that when the moth actually emerges as a moth, it is already prewired. The wires are already in its body, and they can just hook it up to their technology, and now they've got these bugbots that they can send out for surveillance. They can put little cameras on them and perhaps someday deliver other kinds of ordinance to warzones.

It's not just insects. This is the ratbot, or the robo-rat by Sanjiv Talwar at SUNY Downstate. Again, it's got technology -- it's got electrodes going into its left and right hemispheres; it's got a camera on top of its head. The scientists can make this creature go left, right. They have it running through mazes, controlling where it's going. They've now created an organic robot. The graduate students in Sanjiv Talwar's lab said, "Is this ethical? We've taken away the autonomy of this animal." I'll get back to that in a minute.

There's also been work done with monkeys. This is Miguel Nicolelis of Duke. He took owl monkeys, wired them up so that a computer watched their brains while they moved, especially looking at the movement of their right arm. The computer learned what the monkey brain did to move its arm in various ways. They then hooked it up to a prosthetic arm, which you see here in the picture, put the arm in another room. Pretty soon, the computer learned, by reading the monkey's brainwaves, to make that arm in the other room do whatever the monkey's arm did. Then he put a video monitor in the monkey's cage that showed the monkey this prosthetic arm, and the monkey got fascinated. The monkey recognized that whatever she did with her arm, this prosthetic arm would do. And eventually she was moving it and moving it, and eventually stopped moving her right arm and, staring at the screen, could move the prosthetic arm in the other room only with her brainwaves -- which means that monkey became the first primate in the history of the world to have three independent functional arms.

And it's not just technology that we're putting into animals. This is Thomas DeMarse at the University of Florida. He took 20,000 and then 60,000 disaggregated rat neurons -- so these are just individual neurons from rats -- put them on a chip. They self-aggregated into a network, became an integrated chip. And he used that as the IT piece of a mechanism which ran a flight simulator. So now we have organic computer chips made out of living, self-aggregating neurons. Finally, Mussa-Ivaldi of Northwestern took a completely intact, independent lamprey eel brain. This is a brain from a lamprey eel. It is living -- fully-intact brain in a nutrient medium with these electrodes going off to the sides, attached photosensitive sensors to the brain, put it into a cart -- here's the cart, the brain is sitting there in the middle -- and using this brain as the sole processor for this cart, when you turn on a light and shine it at the cart, the cart moves toward the light; when you turn it off, it moves away. It's photophilic. So now we have a complete living lamprey eel brain. Is it thinking lamprey eel thoughts, sitting there in its nutrient medium? I don't know, but in fact it is a fully living brain that we have managed to keep alive to do our bidding.

So, we are now at the stage where we are creating creatures for our own purposes. This is a mouse created by Charles Vacanti of the University of Massachusetts. He altered this mouse so that it was genetically engineered to have skin that was less immunoreactive to human skin, put a polymer scaffolding of an ear under it and created an ear that could then be taken off the mouse and transplanted onto a human being. Genetic engineering coupled with polymer physiotechnology coupled with xenotransplantation. This is where we are in this process.

Finally, not that long ago, Craig Venter created the first artificial cell, where he took a cell, took a DNA synthesizer, which is a machine, created an artificial genome, put it in a different cell -- the genome was not of the cell he put it in -- and that cell then reproduced as the other cell. In other words, that was the first creature in the history of the world that had a computer as its parent -- it did not have an organic parent. And so, asks The Economist: "The first artificial organism and its consequences."

So you may have thought that the creation of life was going to happen in something that looked like that. (Laughter) But in fact, that's not what Frankenstein's lab looks like. This is what Frankenstein's lab looks like. This is a DNA synthesizer, and here at the bottom are just bottles of A, T, C and G -- the four chemicals that make up our DNA chain.

And so, we need to ask ourselves some questions. For the first time in the history of this planet, we are able to directly design organisms. We can manipulate the plasmas of life with unprecedented power, and it confers on us a responsibility. Is everything okay? Is it okay to manipulate and create whatever creatures we want? Do we have free reign to design animals? Do we get to go someday to Pets 'R' Us and say, "Look, I want a dog. I'd like it to have the head of a Dachshund, the body of a retriever, maybe some pink fur, and let's make it glow in the dark"? Does industry get to create creatures who, in their milk, in their blood, and in their saliva and other bodily fluids, create the drugs and industrial molecules we want and then warehouse them as organic manufacturing machines? Do we get to create organic robots, where we remove the autonomy from these animals and turn them just into our playthings?

And then the final step of this, once we perfect these technologies in animals and we start using them in human beings, what are the ethical guidelines that we will use then? It's already happening. It's not science fiction. We are not only already using these things in animals, some of them we're already beginning to use on our own bodies.

We are now taking control of our own evolution. We are directly designing the future of the species of this planet. It confers upon us an enormous responsibility that is not just the responsibility of the scientists and the ethicists who are thinking about it and writing about it now. It is the responsibility of everybody because it will determine what kind of planet and what kind of bodies we will have in the future.

Thanks.

(Applause)

今日はデザインについてお話ししたいと思います ただ 普段私たちが考えるデザインではありません 科学やバイオテクノロジーの分野で 今起こっていることをお話ししたいと思います 史上初めて私たちは 動物の体を そして人間の体を デザインする力を得ました 私たちの住む惑星では過去に三回 大きな進化の波が起きています

最初の進化の波は ダーウィン的進化です ご存じの通り 特定の生態的ニッチや 特定の環境 またその環境下のプレッシャーが 種のランダムな変異を促し またどういった変異が 保たれていくかを選択します その後人類は ダーウィン的な進化の流れから足を踏み出し 進化の第二の大きな波を作り出しました 私たちが自ら進化していく 環境を変えたのです 私たちは文明を作ることで 生態的ニッチを変えました これが私たちの進化の 第二の大きな波で 15万~20万年前のことです 環境を変えることで 進化するための新たなプレッシャーを 私たちの体に与えたのです 農耕的文化や 現代医学を通じて 私たちは自らの進化を変化させてきました そして今 私たちは第三の 大きな波へ突入するところです これにはさまざまな呼び方があります 意図的進化 デザインによる進化 知能設計とは違いますよ 私たちはこの惑星の 生物の物理的形態を 意図的にデザインし、変容させています

この第三の進化に関して ざっとツアーのようなものをして 最後にそれらが種としての人類に そして文化に対してどのような影響があるか お話ししたいと思います 生物のデザインはこれまでも長い間行われてきました 私たちは何千年も前に 動物の選択的な飼育を始めました 例えば犬を思い浮かべてください 犬は意図的にデザインされた生物です 地球上に天然の犬は存在しません 犬は私たちが好む性質を 選択的に交配した結果なのです 昔は特定の外見の子供を 選んで交配するという より難しい方法を取る必要がありました もうその必要はありません

こちらはビーファローです バッファローと牛のハイブリッドです 彼らは現在開発中で 遠くないうちに お近くのスーパーで ビーファローのパティが発売されるでしょう こちらはギープで 山羊と羊のハイブリッドです この愛らしい生き物を作った科学者はその後 その子を殺して食べることになりました 確かチキンのような味だったと言っていました こちらはキャマです ラクダとラマのハイブリッドで ラクダのたくましさと ラマの持ついくつかの特性を 求めて作られました 現在キャマを利用している文化圏もあります こちらはライガーです ライオンと虎のハイブリッドで 世界最大の猫です 虎より大きいんですよ ライガーに関しては 野生の存在も確認されていますが ご覧のライガーは 選択的交配と遺伝子技術で作り出されたものです 最後にみんなの人気者 ゾースです いずれもフォトショップ加工ではなく本物です 私たちが行ってきたことの一つは 遺伝子拡張 あるいは遺伝子操作を用いて 通常の選択的交配を 少し発展させたということです これで終わりでしたら 興味深いで済んでいたでしょう しかし現在 もっと大きなことが 起こっているのです

こちらは通常のほ乳類の細胞です 深海のクラゲから採取した 生物発光遺伝子を組み込みました 光を発する深海生物がいることは周知の通りです さて その発光遺伝子を取り出し ほ乳類の細胞に組み込みます こちらは通常の細胞です 暗い 特定の波長の光の下 これらの細胞が光るのが ご覧頂けます 細胞でできたなら生物にもできます ですので科学者はマウスの赤ちゃんや 子猫でもやりました ところで子猫がオレンジでマウスが緑なのは 一方の発光遺伝子が珊瑚のもので 他方はクラゲのものだからです 豚でも 子犬でも そして 猿でもやりました 猿でもできたのなら 遺伝子操作上大きな隔たりがあるのは 猿と類人猿の間ではありますが おそらく 類人猿でもできるようになり つまり人間でもできるようになるということです 言い換えると 遠くないうちに私たちは 暗闇で光る人類を生み出すことが 理論的にも技術的にも可能になるということです 夜でも見つけやすいですね

また実際 現在多くの州で 生物発光するペットを購入することができます このゼブラフィッシュの色は通常黒と銀です ですが遺伝子操作によって 黄 緑 赤になっており 実際に購入できる州もあります 他の州では禁止されました このような生物の扱い方は誰も知りません EPA や FDA またそれ以外のどの部署も 遺伝子組み換えペットを扱っていません そしてある州は許可し ある州は禁止しています

皆さんの中には 遺伝子組み換えサケに関する FDA の懸念を読んだ人もいるでしょう 上のサケは 遺伝子組み換えキングサーモンで キングサーモンと もう一種 私たちが食用にしている魚の 遺伝子を組み込み 少ない餌で早く成長します 現在 FDA はこのサケを 市場に出すか否かの 最終決定をするところです そこまで心配するには及びません ここアメリカでは スーパーにある食べ物の大部分は 既に遺伝子組み換え物を含んでいます ですので私たちは心配しつつも ヨーロッパとは違い既に広く導入しています 規制もなく パッケージの表示すらありません

こちらは全て それぞれの種で 初めて生み出されたクローンです 右下のは 初のクローン羊であるドリーです 現在はエディンバラ博物館に幸せに飾られています 初のクローンネズミ ラルフ 初のクローン猫 CC 初のクローン犬 スヌッピー ソウル大学校 (SNU) のパピー (puppy) でスヌッピーです 覚えている方もいるでしょうが 韓国でヒトの胚をクローンしたと 研究をでっち上げ 辞職することになったその人によって作られました 彼は高いゲノム塑性のため 非常に難しい犬のクローンに成功した 最初の人物でもあります 初のクローン馬 プロメテアです イタリアでクローンされたハフリンガー種で クローン技術の進歩を真に表すものです なぜなら重要なレースに勝つ馬の多くは 去勢馬だからです つまり種馬として必要な物が 取り除かれているのです. ですがその馬をクローンできるとしたら 去勢馬をレースに出し かつ飼育場へ 同一の遺伝子を送り出すこともできます こちらは初のクローン子牛と クローンハイイロオオカミです そして最後に 初のクローン子豚たち アレクサ クリシー カレル ジェイニー ドットコムです

(笑い)

さらに私たちはクローン技術を用いて 絶滅危惧種の保護に乗り出しました これが現在の動物の使い方です 私たちが利用したい薬物などを その体内に作り出すのです 遺伝子組み換えされたあの山羊の 体内にはアンチトロンビンがあります ミルクの分子に ジェネティックステクノロジー社が望む アンチトロンビンの分子が含まれているのです さらに韓国の国立畜産科学院の 遺伝子組み換えをした ノックアウトピッグは さまざまな薬物や 工業用化学物質を 工業的に作り出すのではなく その体内の 血液やミルクに 作ってもらおうとしています

こちらの二つの種は 絶滅危惧種を救うために 作り出されました グアーは絶滅危惧種で 東南アジアの有蹄動物です 体から 体細胞を採取し 牛の卵子に懐胎させ グアーを出産させました 絶滅危惧種であるオオツノヒツジでも 同様のことが行われました 通常の羊に懐胎させたのですが 興味深い生物学的問題の提起に繋がりました 私たちは二種類の DNA を持っています 私たちが普段 DNA と呼んでいるのは 核 DNA です この他に細胞のエネルギーパックである ミトコンドリア内にも DNA があります こちらの DNA は母系から受け継ぐものです ですので正確には これらはグアーでもオオツノヒツジでもなく 牛のミトコンドリアを持った つまりは 牛ミトコンドリア DNA を持つグアーと 羊のミトコンドリア DNA を持つ オオツノヒツジなのです 本当の意味でのハイブリッドで 純粋な動物ではありません これはバイオテクノロジーの時代に種をどう定義するか どう種を定義するかという問題を提示します 私たちがまだどう解決したら良いか 分からない問題です

こちらの愛らしい生物は オキナワチャバネゴキブリです これは何かというと 神経節と脳に電極を刺し 送信機を取り付け 大きなトラックボールの上にいるところです これはジョイスティックを使って ラボ中を移動させることが できます 左右前後への移動を コントロールできるのです 昆虫ボットないしバグボットというものを 作り出したのです さらに酷いもの -- 凄いものもあります こちらは DARPA -- 防衛研究所のことですが そこの重要なプロジェクトの一つです こちらのゴライアスオオクワガタは 羽にコンピュータチップを 取り付けられており ラボ中を飛び回らせることができます 左右への移動や飛び立つ指示を出せます 着地させることはできません 1 インチほどの高さに降ろしてから 機器を全部シャットダウンし ポロっと落とします これが着地に一番近い方法です

この技術はかなり発達しました こちらの生物は 蛾です 蛹期の蛾です この時点で ワイヤーで コンピュータテクノロジーを組み込みます ですので蛹から蛾として出てきたときには すでに取り付けが完了しているのです ワイヤーは既に体内に入っているので あとはコンピュータにつなげれば 偵察に送り出せる バグボットのできあがりというわけです 小さなカメラを付けて そしていつか 軍需品などを 交戦地帯へと送るようになるかもしれません

昆虫だけではありません こちらはサニーダウンステイト医療センターのサンジヴ・タルワーによる ラットボットまたはロボラットです 同様のテクノロジーが用いられています 両脳半球へ電極を刺し 頭の上にカメラを乗せています 科学者はこの生物を 右へ左へと動かせます 迷路をコントロールして走り抜けさせました 彼らは今や有機体ロボットを作り出したのです サンジヴ・タルワーのラボの 大学院生は言いました 「これは倫理的にどうなのか? 我々はこの動物の自律性を奪ったのだ」 これに関してはまた後ほどお話しします

サルでも同様の研究がなされました こちらはデューク大学のミゲル・ニコレリスです 彼はヨザルに ワイヤーを取り付け 動いているときの脳を 特に右手の動きをコンピュータで見られるようにしました サルが手をいろいろと動かすとき 脳が何をしているかをコンピュータで把握しました それからこの写真にある 義肢を取り付け その腕を別の部屋に配置しました それから間もなくコンピュータで サルの脳波を読み その義肢とサルの腕が 同じ動きをするようにできました それから彼はサルの飼育小屋に モニタを置きました 別の部屋の義肢を映すと サルはそれに見入りました サルは自分の腕とその義肢が同じ動きをすることを 理解したのです サルは腕を動かし続けていましたが 最終的にはそれを止めて モニタを凝視し 別の部屋にある義手を 脳波だけで操作するようになりました つまりそのサルは 霊長類として史上初めて 三つの独立した腕を持つものとなったのです

動物に組み込むのは テクノロジーだけではありません こちらはフロリダ大学のトーマス・デマースです 彼は二万 そして六万の 分散したラットのニューロンを つまりただの独立したたくさんのニューロンを チップに取り付けました それらは自己会合しネットワークとなり 集積回路となりました 彼はそれを IT の部品として使い フライトシミュレーターを走らせました 私たちは生きている自己会合ニューロンから作った 有機コンピュータチップを作り出したのです 最後に ノースウェスタン大学のムッサ・イヴァルディは 独立した完璧な状態の ヤツメウナギの脳を使いました こちらがヤツメウナギの脳です 培養液内で 完璧な状態で生きています 電極を横から出し 脳には感光センサーを取り付け カートに組みました これがカートで 中央に脳があります この脳をカート唯一のプロセッサとして使います 光をこのカートに当てると カートは光の方へ動きます 光を消すと離れていきます 好光性です 私たちは今 完全に生きたヤツメウナギの脳を手に入れました この培養液に浸された ヤツメウナギの脳は思考しているでしょうか? 分かりません ただ事実として これは私たちの命令を受け付ける 完全に生きたままの脳です

さて 私たちは今 目的に応じた生物を 作り出す段階にいます こちらのマウスはマサチューセッツ大学の チャールス・ヴァカンティによって作り出されました 彼はこのマウスを ヒトの肌に対して免疫反応を示さない肌と その肌の下に耳の高分子足場を持ち 後で切り取って 人間に移植できる耳を持つよう 遺伝子工学的に操作しました 遺伝子工学と 高分子生理テクノロジーと 異種移植術の組み合わせです 私たちはここまでする段階にきています

最後に それほど遠くない昔 クレイグ・ベンターが初の人工細胞を作り出しました 彼は細胞と 人工のゲノムを作る DNA シンセサイザーとで 新たな細胞を作りました そのゲノムは彼が用いた細胞のものではなく そしてその細胞は 別の細胞として自己増殖しました つまり これがコンピュータを親に持った つまり有機体を親に持たなかった 史上初めての生物なのです そこでエコノミスト誌は問いかけます 「初の人工生命体とそれがもたらすものとは」

みなさんは 生命の創造とは このようなものになると思ったかもしれません (笑い) しかし実際は フランケンシュタインのラボはこうではありません このような感じでしょう こちらは DNA シンセサイザーで 下にあるのは A T C G のボトルです 私たちの DNA の鎖を作る 四つの化学物質です

私たちは自身に問いかけなければなりません この惑星で史上初めて 私たちは直接生命をデザインできるようになりました かつてない力でもって 生命の原形質を操作できます その力は私たちに責任を与えます 全てが許されるのでしょうか? 私たちは好きなように 生物を操作・創造して良いのでしょうか? 私たちに動物をデザインする 際限ない支配権があるのでしょうか? いつの日かペットショップで このようなことを言うようになるでしょうか? 「ダックスフンドの頭と レトリバーの体と ピンクの毛があって 暗闇で光る犬がほしいな」 産業は ミルク 血液 唾液などの液体に 私たちにとって望ましい 薬物や工業の分子を持つ 生物を作り それを有機的製造機械として 保管するようになって良いのでしょうか? 動物の自律性を奪い 私たちのただのおもちゃとなる 有機ロボットを作るようになって良いのでしょうか?

これらの最終段階として 動物でこのテクノロジーを極め 人類に対して用いるようになったら そのとき私たちが則る 倫理指針は何になるでしょう? 以上は既に現実のものです サイエンスフィクションではありません 動物でこのテクノロジーを使っているだけでなく そのいくつかは既に 私たち自身の体に使い始めているのです

私たちは今 自身の進化を管理しています この惑星の種の未来を 直接デザインしています それは私たちに 多大な責任を委ねるもので それを扱っている科学者や 倫理学者だけの責任ではありません 全ての人の責任なのです なぜならそれはこの先私たちが どんな体でどんな星に住むかを決定するものだからです

ありがとうございます

(拍手)

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画