TED日本語 - ケイティ・バウマン: ブラックホールの写真を撮影する

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

天の川銀河系の中心には超大質量ブラックホールがあり、回転している円盤状の熱いガスを吸い込んでいます。そのブラックホールは近づくものは何でも、光でさえも飲み込んでしまいます。そのため、ブラックホールを見ることはできません。しかし、その「事象の地平面」はガスに影を落とすので、その影の写真を撮ることで宇宙についての重要な謎を解く鍵が得られるでしょう。科学者はその写真を撮るには地球サイズの望遠鏡が必要だと考えてきました。しかし、ケイティ・バウマンと天文学者たちのチームは、賢い解決策を見出しました。どのように究極の闇を見ることができるかをご覧ください。

Script

映画『インターステラー』では 超大質量ブラックホールの姿を 間近に見ることができました 明るいガスを背景として ブラックホールの巨大な重力によって 光がリング状に曲げられています しかし これは実際の写真ではなく コンピュータグラフィックによるもので ブラックホールの姿についての イラストレーターによる想像図です

100年前に アインシュタインが 一般相対性理論を発表しました それ以来 科学者は この理論を裏付ける 様々な証拠を発見しています しかし この理論で予言された ブラックホールは まだ 直接は観測されていません ブラックホールの姿についてのアイデアは いくつかあるのですが まだ 実際の写真は 1枚も撮られていません しかし まもなく可能になるとすれば 皆さんは驚かれるでしょう この数年の間に ブラックホールを撮影した 初めての写真を見ることになるでしょう 最初の1枚の撮影は 世界中の科学者からなるチームと 地球サイズの望遠鏡と 1枚の写真に構成する アルゴリズムによるものです 今日 皆さんにブラックホールの写真を 実際にお見せできませんが その最初の1枚を撮るための舞台裏を ちらりとお見せします

私は ケイティ・バウマンと申します MITの大学院生で コンピュータサイエンス研究室で コンピュータに写真やビデオを認識させる 研究をしています 私が天文学者ではないのに この刺激的なプロジェクトに どのように貢献してきたかをお見せします

今夜 都会の明かりから逃れて郊外へ行けば 天の川銀河系の素晴らしい姿を 目にすることができるでしょう 何百万もの星を通り抜けて 2万6千光年先にある渦巻き銀河の中心を 拡大して見られれば 最後には 中心にある星の集団に たどり着くことでしょう 天文学者たちが 宇宙空間の塵に隠れて 見えにくいこれらの星を 赤外線望遠鏡で観測し始めてから 16年以上経ちます しかし 一番見たいものを見てはいません 銀河系の中心の星は 見えない物体の周りを 周回するように見えます この星々の軌道を追跡した結果 天文学者は この運動を引き起こすような サイズと質量の天体は 超大質量ブラックホールだけと結論づけました それは 密度がとても高いため 近づいたものを全て ― 光さえも 飲み込みます

もっと拡大して見たらどうなるでしょう? 定義からして見えるはずのない物を 見ることはできるでしょうか? 電波望遠鏡で観測すれば ブラックホールの周囲の高温プラズマが 重力で曲がることによってできる 光のリングを観測できるはずです つまり ブラックホールは この明るい物質を背景に影を作り 球状の暗闇を作りだすのです この明るい輪は ブラックホールの 事象の地平面と呼ばれ ここから先は あまりに重力が強いので 光でさえ逃れられなくなります アインシュタインの方程式で この輪の大きさと形が予測されます ですから その写真を撮ることは とてもかっこいいだけではなく アインシュタインの方程式が ブラックホール周辺の 極限状態でも成り立つかを 確認するのに役立ちます

しかし このブラックホールは 私たちの地球からとても遠いので この輪は信じられないほど 小さくしか見えません 月の表面にある1個のオレンジを 観測するのと同じ位に小さいのです ですから この輪の写真を撮るのは とてつもなく難しいのです どうしてでしょうか? その答えは 一つの単純な方程式によって示されます 回折という現象のために 私たちが観測できる対象のサイズには 根本的に限界があります その方程式によれば 小さいものを見ようとすればするほど 望遠鏡を大きくしなければならないのです しかし 地球上の最大の光学望遠鏡でさえ 月の表面の写真を撮るのに 必要な解像度に近づくことさえできません これは現時点での最高の解像度で撮影された 地球から見た月の写真です この写真は約1万3千画素ですが 1画素に 150万個以上のオレンジが 収まってしまいます

月面にある1個のオレンジを さらに あのブラックホールを観測するには どんな大きさの望遠鏡が必要なのでしょうか? まじめに計算してみると 地球と同じ大きさの望遠鏡が必要であることが 簡単に分かります

(笑)

もし地球サイズの望遠鏡を建設できれば ブラックホールの事象の地平面を示す 特別な光の輪を見分け始められるのです この写真は コンピュータグラフィックほど 詳細ではありませんが これによって 初めて ブラックホールの周辺の状況を 確実に 一目見ることができます

しかし ご想像の通り 地球と同じ大きさの一枚の反射鏡で 望遠鏡を造ることは不可能です でもミック・ジャガーも歌っているように 「欲しいものがいつも手に入るわけではない でも 何度もトライすれば 必要なものは 手にいれられるだろう」 そして 世界中の望遠鏡を繋ごうという 「事象の地平面望遠鏡」という 国際プロジェクトでは 地球サイズの望遠鏡を コンピュータの力で実現し ブラックホールの事象の地平面を 捉えられる解像度に達しようとしています 2017年には この望遠鏡ネットワークを使って 最初のブラックホール写真の撮影を 計画しています この計画では 世界規模で繋いだ望遠鏡を連動させます 原子時計による精密なタイミングで同期させ 各々の観測点では 研究者のチームが 光を全部捉えて 数千兆バイトのデータを収集します それから このデータは ここマサチューセッツの天文台で処理されます

仕組みをもう少し説明します 私たちの銀河系の中心にある ブラックホールを観測したいなら 有り得ないほど大きい地球サイズの 望遠鏡が必要ですよね でも一旦 地球サイズの望遠鏡が 造れるとしましょう 地球を巨大な回転するミラーボールだと 考えてみましょう 各々の鏡が光を集め 1つにまとめられて1枚の写真となります ここで ほとんどの鏡は無くして ほんの少しだけ残しましょう まだ これらの情報を まとめることはできますが 今回は 多くの穴があります この残った鏡が 望遠鏡のある観測点を示しています 1枚の写真にするには 信じられないほど 少ない観測データです 望遠鏡が設置されている数少ない場所でしか 光を集めることはできませんが 地球が自転するので 別の観測データを得られます つまり ミラーボールが回転すると 鏡は場所を変えるので 像の別の部分を観測することができます 開発中の画像処理アルゴリズムによって ミラーボールの欠けている部分を埋めて そこに隠されているブラックホールの 像を再現します もし 地表の全面に望遠鏡を設置できたとして つまり ミラーボールが完璧ならば この作業は難しくはありません しかし 手に入れられるのは わずかな観測データだけなので 望遠鏡によるわずかな観測データと 完全に一致する 像は無限に存在します しかし 全ての画像が同等ではありません 私たちがブラックホールだと考える姿に 他のものよりも近い画像があります 最初のブラックホールの写真を撮るために 私が担当をしているのは 望遠鏡の観測データに合致する 最も合理的な画像を見つけるための アルゴリズムを開発することです

似顔絵捜査官がわずかな特徴の情報から 顔の構造についての知識を用いて 1枚の絵を描きあげるのと同じように 私が開発中の画像処理アルゴリズムを使って 限られた観測データを 宇宙にある天体としてふさわしい 1枚の絵にまとめます このアルゴリズムを使うと このまばらでノイズだらけのデータを 写真へとまとめあげられるのです では 天の川銀河系の中心にあるブラックホールに 望遠鏡を向けたとする シミュレーションのデータを使った 再構成の例をお見せします これはシミュレーションに過ぎませんが このように再構成できることで まもなく 初のブラックホールの 写真を確実に撮影し その輪の大きさを決められるという 希望を持てます このアルゴリズムの詳細を全て お話ししたいのはやまやまなのですが 皆さんには幸いなことに 十分な時間がありませんが

宇宙の見え方を決定する方法や アルゴリズムを 再構成や結果の確認に使う方法を ざっと紹介します さて 望遠鏡の観測データに 完全に合う画像は 無限にあり得るので 何らかの方法で その中から選び出さなくてはなりません ブラックホールの像に近い 度合いに応じて これらの画像をランク付けして 最も適切な1枚を選びだします

もう少し分かりやすくして フェイスブックに ある写真が ありそうかどうかを 決めるモデルを考えましょう このモデルを使った場合 左のノイズだらけの写真が投稿された 可能性はほとんどなく 右の自撮り写真が投稿された可能性が かなり高いという 結果を期待します 真ん中の写真はぼやけていて フェイスブック上に 左のノイズの写真よりは 見られそうですが 自撮り写真と比べると可能性は低そうです

ブラックホールの写真となると これは難問です なぜなら私たちは ブラックホールを見たことがないからです この場合 ブラックホールの 像らしいのはどれで その構造として仮定すべきなのは どれでしょうか? 「インターステラー」のブラックホールの イメージのような シミュレーションは使えるでしょう しかし そうすると重大な問題が起きます もし アインシュタインの理論が 成立しなかったらどうなるのでしょうか? 私たちは 今起こっていることの 正確な写真を再構成したいのです もし 私たちのアルゴリズムに アインシュタインの理論を反映させすぎれば 予想した通りのものを 見ることになってしまいます つまり 銀河の中心には 大きな象がいるという可能性を 残しておきたいのです

(笑)

異なるタイプの画像は 全く別個の特徴を持ちます ブラックホールのシミュレーションの画像と 地球上で日常的に撮る写真の 違いは明らかです そこで 特定のタイプの特徴を 強調しすぎていない画像はどのようなものか アルゴリズムに教えてやらなければなりません その方法の1つは 各種ある中から ある画像タイプの特徴を強調して用い それが再構成に どのように反映されるかを調べる方法です もし それぞれの画像タイプ全てから 同じような画像が得られれば 出来上がった画像が 私たちが設定した仮定から 大きな影響を受けていないだろうという 確信を強める方向です

このことは 世界のあちこちから集められた 3人の似顔絵描きに 同じ情報を提供するのに少し似ています もし 3人ともが 非常に似た顔を描けば 出来上がった絵が 各々の文化の影響を受けていないという 確信を強める方向です 色々な画像タイプが持つ特徴を 反映させるには 既にある画像の部分を使う方法があります 画像を大量に集めて 小さな画像のかけらに分解します そうすると 一つ一つの画像のかけらを パズルのピースのように使えます そのよくあるパズルピースを使って 望遠鏡の観測データに合致する画像を まとめあげます

異なるタイプの画像からは 違った特徴のピースセットが得られます 同じ観測データに基づいて 異なるピースセットを使い 画像を再構成すると どのようになるのでしょうか? ブラックホールのシミュレーションから 取ったピースを使いましょう まあ 妥当ですね これは私たちが思うブラックホールの姿と 似ています でも こうなったのは ブラックホールのシミュレーションの ピースを使ったからでしょうか? では 別のセットを使いましょう 今度は ブラックホールではない 天体からのものです いいですね よく似ています 最後に 自分のカメラで撮影したような 日常の写真から作った パズルピースではどうでしょう? やりました 同じ写真が出来ました 異なるパズルピースのセット全てから 同じ画像が出来上がれば 最後に得られた画像が 私たちが設定をした仮定から 大きな影響を受けていないと 確信を持てるようになり始めます

もう1つの方法は ある1つのパズルピースのセットー 例えば日常の写真から得られたセットを使って 色々な種類の画像を再構成する方法です シミュレーションでは ブラックホールが それ以外の天体と 似ているという仮定だけではなく 同様に象のような日常の写真と似た形が 銀河系の中心にあることも仮定します 図の下にある アルゴリズムを使ってできた画像が 図の上の本当の写真とよく似ていれば このアルゴリズムの確信を強める方向です 皆さんにお伝えしておきたいことは この全ての画像には 皆さんがご自分のカメラで撮った 日常の写真からのピースが使われたことです 私たちが見たこともない ブラックホールの写真は 人々や建物 木 犬 それから猫のような いつも見ているような写真を まとめあげれば 最終的にできるでしょう このような画像処理の考え方によって ブラックホールの最初の写真を撮り さらには 科学者たちが常に根拠としている 有名な理論を裏付けることができるでしょう

もちろん このような画像処理のアイデアは 光栄なことに私が一緒に働ける 素晴らしい研究者のチームなしには 不可能でした 素晴らしいことに 私はこの仕事を始めた時には 天文学の素養がありませんでしたが この他に類をみない共同研究を通じて 最初のブラックホールの画像に 至ることができるかもしれません この「事象の地平面望遠鏡」のような 大規模な共同研究は 様々な人が学際的な専門知識を持ち寄ることで 成功へと繋がります 私たちのチームは 天文学者と物理学者 数学者と技術者のるつぼです かつては不可能と考えられていたことが もうすぐ可能になります

皆さんにも 外に出て 科学の限界を広げるのを 手伝っていただきたいのです たとえそれがブラックホールのように 初めは不可思議に見えても

ありがとうございました

(拍手)

In the movie "Interstellar," we get an up-close look at a supermassive black hole. Set against a backdrop of bright gas, the black hole's massive gravitational pull bends light into a ring. However, this isn't a real photograph, but a computer graphic rendering -- an artistic interpretation of what a black hole might look like.

A hundred years ago, Albert Einstein first published his theory of general relativity. In the years since then, scientists have provided a lot of evidence in support of it. But one thing predicted from this theory, black holes, still have not been directly observed. Although we have some idea as to what a black hole might look like, we've never actually taken a picture of one before. However, you might be surprised to know that that may soon change. We may be seeing our first picture of a black hole in the next couple years. Getting this first picture will come down to an international team of scientists, an Earth-sized telescope and an algorithm that puts together the final picture. Although I won't be able to show you a real picture of a black hole today, I'd like to give you a brief glimpse into the effort involved in getting that first picture.

My name is Katie Bouman, and I'm a PhD student at MIT. I do research in a computer science lab that works on making computers see through images and video. But although I'm not an astronomer, today I'd like to show you how I've been able to contribute to this exciting project.

If you go out past the bright city lights tonight, you may just be lucky enough to see a stunning view of the Milky Way Galaxy. And if you could zoom past millions of stars,26,000 light-years toward the heart of the spiraling Milky Way, we'd eventually reach a cluster of stars right at the center. Peering past all the galactic dust with infrared telescopes, astronomers have watched these stars for over 16 years. But it's what they don't see that is the most spectacular. These stars seem to orbit an invisible object. By tracking the paths of these stars, astronomers have concluded that the only thing small and heavy enough to cause this motion is a supermassive black hole -- an object so dense that it sucks up anything that ventures too close -- even light.

But what happens if we were to zoom in even further? Is it possible to see something that, by definition, is impossible to see? Well, it turns out that if we were to zoom in at radio wavelengths, we'd expect to see a ring of light caused by the gravitational lensing of hot plasma zipping around the black hole. In other words, the black hole casts a shadow on this backdrop of bright material, carving out a sphere of darkness. This bright ring reveals the black hole's event horizon, where the gravitational pull becomes so great that not even light can escape. Einstein's equations predict the size and shape of this ring, so taking a picture of it wouldn't only be really cool, it would also help to verify that these equations hold in the extreme conditions around the black hole.

However, this black hole is so far away from us, that from Earth, this ring appears incredibly small -- the same size to us as an orange on the surface of the moon. That makes taking a picture of it extremely difficult. Why is that? Well, it all comes down to a simple equation. Due to a phenomenon called diffraction, there are fundamental limits to the smallest objects that we can possibly see. This governing equation says that in order to see smaller and smaller, we need to make our telescope bigger and bigger. But even with the most powerful optical telescopes here on Earth, we can't even get close to the resolution necessary to image on the surface of the moon. In fact, here I show one of the highest resolution images ever taken of the moon from Earth. It contains roughly 13,000 pixels, and yet each pixel would contain over 1.5 million oranges.

So how big of a telescope do we need in order to see an orange on the surface of the moon and, by extension, our black hole? Well, it turns out that by crunching the numbers, you can easily calculate that we would need a telescope the size of the entire Earth.

(Laughter)

If we could build this Earth-sized telescope, we could just start to make out that distinctive ring of light indicative of the black hole's event horizon. Although this picture wouldn't contain all the detail we see in computer graphic renderings, it would allow us to safely get our first glimpse of the immediate environment around a black hole.

However, as you can imagine, building a single-dish telescope the size of the Earth is impossible. But in the famous words of Mick Jagger, "You can't always get what you want, but if you try sometimes, you just might find you get what you need." And by connecting telescopes from around the world, an international collaboration called the Event Horizon Telescope is creating a computational telescope the size of the Earth, capable of resolving structure on the scale of a black hole's event horizon. This network of telescopes is scheduled to take its very first picture of a black hole next year. Each telescope in the worldwide network works together. Linked through the precise timing of atomic clocks, teams of researchers at each of the sites freeze light by collecting thousands of terabytes of data. This data is then processed in a lab right here in Massachusetts.

So how does this even work? Remember if we want to see the black hole in the center of our galaxy, we need to build this impossibly large Earth-sized telescope? For just a second, let's pretend we could build a telescope the size of the Earth. This would be a little bit like turning the Earth into a giant spinning disco ball. Each individual mirror would collect light that we could then combine together to make a picture. However, now let's say we remove most of those mirrors so only a few remained. We could still try to combine this information together, but now there are a lot of holes. These remaining mirrors represent the locations where we have telescopes. This is an incredibly small number of measurements to make a picture from. But although we only collect light at a few telescope locations, as the Earth rotates, we get to see other new measurements. In other words, as the disco ball spins, those mirrors change locations and we get to observe different parts of the image. The imaging algorithms we develop fill in the missing gaps of the disco ball in order to reconstruct the underlying black hole image. If we had telescopes located everywhere on the globe -- in other words, the entire disco ball -- this would be trivial. However, we only see a few samples, and for that reason, there are an infinite number of possible images that are perfectly consistent with our telescope measurements. However, not all images are created equal. Some of those images look more like what we think of as images than others. And so, my role in helping to take the first image of a black hole is to design algorithms that find the most reasonable image that also fits the telescope measurements.

Just as a forensic sketch artist uses limited descriptions to piece together a picture using their knowledge of face structure, the imaging algorithms I develop use our limited telescope data to guide us to a picture that also looks like stuff in our universe. Using these algorithms, we're able to piece together pictures from this sparse, noisy data. So here I show a sample reconstruction done using simulated data, when we pretend to point our telescopes to the black hole in the center of our galaxy. Although this is just a simulation, reconstruction such as this give us hope that we'll soon be able to reliably take the first image of a black hole and from it, determine the size of its ring. Although I'd love to go on about all the details of this algorithm, luckily for you, I don't have the time.

But I'd still like to give you a brief idea of how we define what our universe looks like, and how we use this to reconstruct and verify our results. Since there are an infinite number of possible images that perfectly explain our telescope measurements, we have to choose between them in some way. We do this by ranking the images based upon how likely they are to be the black hole image, and then choosing the one that's most likely.

So what do I mean by this exactly? Let's say we were trying to make a model that told us how likely an image were to appear on Facebook. We'd probably want the model to say it's pretty unlikely that someone would post this noise image on the left, and pretty likely that someone would post a selfie like this one on the right. The image in the middle is blurry, so even though it's more likely we'd see it on Facebook compared to the noise image, it's probably less likely we'd see it compared to the selfie.

But when it comes to images from the black hole, we're posed with a real conundrum: we've never seen a black hole before. In that case, what is a likely black hole image, and what should we assume about the structure of black holes? We could try to use images from simulations we've done, like the image of the black hole from "Interstellar," but if we did this, it could cause some serious problems. What would happen if Einstein's theories didn't hold? We'd still want to reconstruct an accurate picture of what was going on. If we bake Einstein's equations too much into our algorithms, we'll just end up seeing what we expect to see. In other words, we want to leave the option open for there being a giant elephant at the center of our galaxy.

(Laughter)

Different types of images have very distinct features. We can easily tell the difference between black hole simulation images and images we take every day here on Earth. We need a way to tell our algorithms what images look like without imposing one type of image's features too much. One way we can try to get around this is by imposing the features of different kinds of images and seeing how the type of image we assume affects our reconstructions. If all images' types produce a very similar-looking image, then we can start to become more confident that the image assumptions we're making are not biasing this picture that much.

This is a little bit like giving the same description to three different sketch artists from all around the world. If they all produce a very similar-looking face, then we can start to become confident that they're not imposing their own cultural biases on the drawings. One way we can try to impose different image features is by using pieces of existing images. So we take a large collection of images, and we break them down into their little image patches. We then can treat each image patch a little bit like pieces of a puzzle. And we use commonly seen puzzle pieces to piece together an image that also fits our telescope measurements.

Different types of images have very distinctive sets of puzzle pieces. So what happens when we take the same data but we use different sets of puzzle pieces to reconstruct the image? Let's first start with black hole image simulation puzzle pieces. OK, this looks reasonable. This looks like what we expect a black hole to look like. But did we just get it because we just fed it little pieces of black hole simulation images? Let's try another set of puzzle pieces from astronomical, non-black hole objects. OK, we get a similar-looking image. And then how about pieces from everyday images, like the images you take with your own personal camera? Great, we see the same image. When we get the same image from all different sets of puzzle pieces, then we can start to become more confident that the image assumptions we're making aren't biasing the final image we get too much.

Another thing we can do is take the same set of puzzle pieces, such as the ones derived from everyday images, and use them to reconstruct many different kinds of source images. So in our simulations, we pretend a black hole looks like astronomical non-black hole objects, as well as everyday images like the elephant in the center of our galaxy. When the results of our algorithms on the bottom look very similar to the simulation's truth image on top, then we can start to become more confident in our algorithms. And I really want to emphasize here that all of these pictures were created by piecing together little pieces of everyday photographs, like you'd take with your own personal camera. So an image of a black hole we've never seen before may eventually be created by piecing together pictures we see all the time of people, buildings, trees, cats and dogs. Imaging ideas like this will make it possible for us to take our very first pictures of a black hole, and hopefully, verify those famous theories on which scientists rely on a daily basis.

But of course, getting imaging ideas like this working would never have been possible without the amazing team of researchers that I have the privilege to work with. It still amazes me that although I began this project with no background in astrophysics, what we have achieved through this unique collaboration could result in the very first images of a black hole. But big projects like the Event Horizon Telescope are successful due to all the interdisciplinary expertise different people bring to the table. We're a melting pot of astronomers, physicists, mathematicians and engineers. This is what will make it soon possible to achieve something once thought impossible.

I'd like to encourage all of you to go out and help push the boundaries of science, even if it may at first seem as mysterious to you as a black hole.

Thank you.

(Applause)

In the movie "Interstellar,/"/ we get an up-close look/ at a supermassive black hole.//

映画『インターステラー』では 超大質量ブラックホールの姿を 間近に見ることができました

明るいガスを背景として ブラックホールの巨大な重力によって 光がリング状に曲げられています

However,/ this isn't a real photograph,/ but a computer graphic rendering --/ an artistic interpretation of what a black hole might look like.//

しかし これは実際の写真ではなく コンピュータグラフィックによるもので ブラックホールの姿についての イラストレーターによる想像図です

A/ hundred years ago,/ Albert Einstein first published his theory of general relativity.//

100年前に アインシュタインが 一般相対性理論を発表しました

In the years/ since then,/ scientists have provided a lot of evidence/ in support of it.//

それ以来 科学者は この理論を裏付ける 様々な証拠を発見しています

But one thing predicted from this theory,/ black holes,/ still have not been directly observed.//

しかし この理論で予言された ブラックホールは まだ 直接は観測されていません

Although we have some idea/ as/ to/ what a black hole might look like,/ we've never actually taken a picture of one before.//

ブラックホールの姿についてのアイデアは いくつかあるのですが まだ 実際の写真は 1枚も撮られていません

However,/ you might be surprised to know/ that/ that may soon change.//

しかし まもなく可能になるとすれば 皆さんは驚かれるでしょう

We may be seeing our first picture of a black hole/ in the next couple years.//

この数年の間に ブラックホールを撮影した 初めての写真を見ることになるでしょう

Getting this first picture will come down/ to an international team of scientists,/ an Earth-sized telescope/ and an algorithm/ that puts together/ the final picture.//

最初の1枚の撮影は 世界中の科学者からなるチームと 地球サイズの望遠鏡と 1枚の写真に構成する アルゴリズムによるものです

Although I won't be able to show you/ a real picture of a black hole/ today,/ I'd like to give/ you/ a brief glimpse/ into the effort involved in getting/ that first picture.//

今日 皆さんにブラックホールの写真を 実際にお見せできませんが その最初の1枚を撮るための舞台裏を ちらりとお見せします

My name is Katie Bouman,/ and I'm a PhD student/ at MIT.//

私は ケイティ・バウマンと申します MITの大学院生で

I do research/ in a computer science lab/ that works on making computers see through images and video.//

コンピュータサイエンス研究室で コンピュータに写真やビデオを認識させる 研究をしています

But/ although I'm not an astronomer,/ today/ I'd like to show/ you/ how I've been able to contribute to this exciting project.//

私が天文学者ではないのに この刺激的なプロジェクトに どのように貢献してきたかをお見せします

If you go out/ past the bright city lights tonight,/ you may just be lucky enough/ to see a stunning view of the Milky Way Galaxy.//

今夜 都会の明かりから逃れて郊外へ行けば 天の川銀河系の素晴らしい姿を 目にすることができるでしょう

And/ if you could zoom past millions of stars,/26,000 light-years/ toward the heart of the spiraling Milky Way,/ we'd eventually reach a cluster of stars right/ at the center.//

何百万もの星を通り抜けて 2万6千光年先にある渦巻き銀河の中心を 拡大して見られれば 最後には 中心にある星の集団に たどり着くことでしょう

Peering/ past all the galactic dust/ with infrared telescopes,/ astronomers have watched these stars/ for over 16 years.//

天文学者たちが 宇宙空間の塵に隠れて 見えにくいこれらの星を 赤外線望遠鏡で観測し始めてから 16年以上経ちます

But it's/ what they don't see that is the most spectacular.//

しかし 一番見たいものを見てはいません

銀河系の中心の星は 見えない物体の周りを 周回するように見えます

By tracking the paths of these stars,/ astronomers have concluded/ that the only thing small/ and heavy enough/ to cause this motion is a supermassive black hole --/ an object so dense/ that it sucks up/ anything/ that ventures too close --/ even/ light.//

この星々の軌道を追跡した結果 天文学者は この運動を引き起こすような サイズと質量の天体は 超大質量ブラックホールだけと結論づけました それは 密度がとても高いため 近づいたものを全て ― 光さえも 飲み込みます

But what happens/ if we were to zoom/ in even further?//

もっと拡大して見たらどうなるでしょう?

Is it possible to see something/ that,/ by definition,/ is impossible to see?//

定義からして見えるはずのない物を 見ることはできるでしょうか?

Well,/ it turns out/ that if we were to zoom in/ at radio wavelengths,/ we'd expect to see/ a ring of light caused by the gravitational lensing of hot plasma/ zipping around the black hole.//

電波望遠鏡で観測すれば ブラックホールの周囲の高温プラズマが 重力で曲がることによってできる 光のリングを観測できるはずです

In other words,/ the black hole casts a shadow/ on this backdrop of bright material,/ carving out/ a sphere of darkness.//

つまり ブラックホールは この明るい物質を背景に影を作り 球状の暗闇を作りだすのです

This bright ring reveals the black hole's event horizon,/ where the gravitational pull becomes so great/ that not even light can escape.//

この明るい輪は ブラックホールの 事象の地平面と呼ばれ ここから先は あまりに重力が強いので 光でさえ逃れられなくなります

Einstein's equations predict the size and shape of this ring,/ so/ taking a picture of it wouldn't only be really cool,/ it would also help to verify/ that these equations hold in the extreme conditions/ around the black hole.//

アインシュタインの方程式で この輪の大きさと形が予測されます ですから その写真を撮ることは とてもかっこいいだけではなく アインシュタインの方程式が ブラックホール周辺の 極限状態でも成り立つかを 確認するのに役立ちます

However,/ this black hole is so far away/ from us,/ that from Earth,/ this ring appears incredibly small --/ the same size/ to us/ as an orange/ on the surface of the moon.//

しかし このブラックホールは 私たちの地球からとても遠いので この輪は信じられないほど 小さくしか見えません 月の表面にある1個のオレンジを 観測するのと同じ位に小さいのです

That makes taking/ a picture of it extremely difficult.//

ですから この輪の写真を撮るのは とてつもなく難しいのです

Why is that?//

どうしてでしょうか?

Well,/ it/ all comes down to a simple equation.//

その答えは 一つの単純な方程式によって示されます

Due to a phenomenon called diffraction,/ there are fundamental limits/ to the smallest objects/ that we can possibly see.//

回折という現象のために 私たちが観測できる対象のサイズには 根本的に限界があります

This governing equation says/ that in order to see smaller and smaller,/ we need to make/ our telescope bigger/ and bigger.//

その方程式によれば 小さいものを見ようとすればするほど 望遠鏡を大きくしなければならないのです

But even/ with the most powerful optical telescopes here/ on Earth,/ we can't even get close/ to the resolution necessary/ to image on the surface of the moon.//

しかし 地球上の最大の光学望遠鏡でさえ 月の表面の写真を撮るのに 必要な解像度に近づくことさえできません

In fact,/ here/ I show one of the highest resolution images ever taken of the moon/ from Earth.//

これは現時点での最高の解像度で撮影された 地球から見た月の写真です

It contains roughly 13,000 pixels,/ and yet/ each pixel would contain over 1.5 million oranges.//

この写真は約1万3千画素ですが 1画素に 150万個以上のオレンジが 収まってしまいます

So how big of a telescope do/ we need/ in order to see an orange/ on the surface of the moon and,/ by extension,/ our black hole?//

月面にある1個のオレンジを さらに あのブラックホールを観測するには どんな大きさの望遠鏡が必要なのでしょうか?

Well,/ it turns out/ that by crunching the numbers,/ you can easily calculate/ that we would need a telescope/ the size of the entire Earth.//

まじめに計算してみると 地球と同じ大きさの望遠鏡が必要であることが 簡単に分かります

(笑)

If we could build this Earth-sized telescope,/ we could just start to make out/ that distinctive ring of light/ indicative of the black hole's event horizon.//

もし地球サイズの望遠鏡を建設できれば ブラックホールの事象の地平面を示す 特別な光の輪を見分け始められるのです

Although this picture wouldn't contain all the detail/ we see in computer graphic renderings,/ it would allow us/ to safely get our first glimpse of the immediate environment/ around a black hole.//

この写真は コンピュータグラフィックほど 詳細ではありませんが これによって 初めて ブラックホールの周辺の状況を 確実に 一目見ることができます

However,/ as you can imagine,/ building a single-dish telescope/ the size of the Earth is impossible.//

しかし ご想像の通り 地球と同じ大きさの一枚の反射鏡で 望遠鏡を造ることは不可能です

But in the famous words of Mick Jagger,/ "You can't always get/ what you want,/ but/ if you try sometimes,/ you just might find/ you get/ what you need."//

でもミック・ジャガーも歌っているように 「欲しいものがいつも手に入るわけではない でも 何度もトライすれば 必要なものは 手にいれられるだろう」

And by connecting telescopes/ from around the world,/ an international collaboration called/ the Event Horizon Telescope is creating a computational telescope/ the size of the Earth,/ capable of resolving structure/ on the scale of a black hole's event horizon.//

そして 世界中の望遠鏡を繋ごうという 「事象の地平面望遠鏡」という 国際プロジェクトでは 地球サイズの望遠鏡を コンピュータの力で実現し ブラックホールの事象の地平面を 捉えられる解像度に達しようとしています

This network of telescopes is scheduled to take/ its very first picture of a black hole/ next year.//

2017年には この望遠鏡ネットワークを使って 最初のブラックホール写真の撮影を 計画しています

Each telescope/ in the worldwide network works together.//

この計画では 世界規模で繋いだ望遠鏡を連動させます

Linked through the precise timing of atomic clocks,/ teams of researchers/ at each of the sites freeze light/ by collecting thousands of terabytes of data.//

原子時計による精密なタイミングで同期させ 各々の観測点では 研究者のチームが 光を全部捉えて 数千兆バイトのデータを収集します

This data is then processed in a lab right here/ in Massachusetts.//

それから このデータは ここマサチューセッツの天文台で処理されます

So/ how does this even work?//

仕組みをもう少し説明します

Remember/ if we want to see/ the black hole/ in the center of our galaxy,/ we need to build/ this impossibly large Earth-sized telescope?//

私たちの銀河系の中心にある ブラックホールを観測したいなら 有り得ないほど大きい地球サイズの 望遠鏡が必要ですよね

For just a second,/ let's pretend we could build a telescope/ the size of the Earth.//

でも一旦 地球サイズの望遠鏡が 造れるとしましょう

This would be a little bit/ like turning the Earth/ into a giant spinning disco ball.//

地球を巨大な回転するミラーボールだと 考えてみましょう

Each individual mirror would collect light/ that we could then combine together/ to make a picture.//

各々の鏡が光を集め 1つにまとめられて1枚の写真となります

However,/ now let's say we remove most of those mirrors so/ only a few remained.//

ここで ほとんどの鏡は無くして ほんの少しだけ残しましょう

We could still try to combine/ this information together,/ but now/ there are a lot of holes.//

まだ これらの情報を まとめることはできますが 今回は 多くの穴があります

These remaining mirrors represent the locations/ where we have telescopes.//

この残った鏡が 望遠鏡のある観測点を示しています

This is an incredibly small number of measurements/ to make a picture from.//

1枚の写真にするには 信じられないほど 少ない観測データです

But/ although we only collect light/ at a few telescope locations,/ as the Earth rotates,/ we get to see/ other new measurements.//

望遠鏡が設置されている数少ない場所でしか 光を集めることはできませんが 地球が自転するので 別の観測データを得られます

In other words,/ as the disco ball spins,/ those mirrors change locations/ and we get to observe/ different parts of the image.//

つまり ミラーボールが回転すると 鏡は場所を変えるので 像の別の部分を観測することができます

開発中の画像処理アルゴリズムによって ミラーボールの欠けている部分を埋めて そこに隠されているブラックホールの 像を再現します

If we had/ telescopes located everywhere/ on the globe --/ in other words,/ the entire disco ball --/ this would be trivial.//

もし 地表の全面に望遠鏡を設置できたとして つまり ミラーボールが完璧ならば この作業は難しくはありません

However,/ we only see a few samples,/ and for that reason,/ there are an infinite number of possible images/ that are perfectly consistent/ with our telescope measurements.//

しかし 手に入れられるのは わずかな観測データだけなので 望遠鏡によるわずかな観測データと 完全に一致する 像は無限に存在します

However,/ not all images are created equal.//

しかし 全ての画像が同等ではありません

Some of those images look more/ like what we think of as images/ than others.//

私たちがブラックホールだと考える姿に 他のものよりも近い画像があります

And so,/ my role/ in helping to take the first image of a black hole is to design algorithms/ that find the most reasonable image/ that also fits the telescope measurements.//

最初のブラックホールの写真を撮るために 私が担当をしているのは 望遠鏡の観測データに合致する 最も合理的な画像を見つけるための アルゴリズムを開発することです

Just/ as a forensic sketch artist uses limited descriptions/ to piece together/ a picture/ using their knowledge of face structure,/ the imaging algorithms/ I develop use our limited telescope data/ to guide us/ to a picture/ that also looks like stuff/ in our universe.//

似顔絵捜査官がわずかな特徴の情報から 顔の構造についての知識を用いて 1枚の絵を描きあげるのと同じように 私が開発中の画像処理アルゴリズムを使って 限られた観測データを 宇宙にある天体としてふさわしい 1枚の絵にまとめます

Using these algorithms,/ we're able/ to piece together/ pictures/ from this sparse,/ noisy data.//

このアルゴリズムを使うと このまばらでノイズだらけのデータを 写真へとまとめあげられるのです

So here/ I show/ a sample reconstruction done using/ simulated data,/ when we pretend to point/ our telescopes/ to the black hole/ in the center of our galaxy.//

では 天の川銀河系の中心にあるブラックホールに 望遠鏡を向けたとする シミュレーションのデータを使った 再構成の例をお見せします

Although this is just a simulation,/ reconstruction/ such as this give/ us hope/ that we'll soon be able to reliably take the first image of a black hole/ and/ from it,/ determine the size of its ring.//

これはシミュレーションに過ぎませんが このように再構成できることで まもなく 初のブラックホールの 写真を確実に撮影し その輪の大きさを決められるという 希望を持てます

Although I'd love to go on/ about all the details of this algorithm,/ luckily/ for you,/ I don't have the time.//

このアルゴリズムの詳細を全て お話ししたいのはやまやまなのですが 皆さんには幸いなことに 十分な時間がありませんが

But I'd still like to give/ you/ a brief idea of how we define/ what our universe looks like,/ and how we use this to reconstruct and verify our results.//

宇宙の見え方を決定する方法や アルゴリズムを 再構成や結果の確認に使う方法を ざっと紹介します

Since there are an infinite number of possible images/ that perfectly explain our telescope measurements,/ we have to choose/ between them/ in some way.//

さて 望遠鏡の観測データに 完全に合う画像は 無限にあり得るので 何らかの方法で その中から選び出さなくてはなりません

We do this/ by ranking the images based upon how likely/ they are to be the black hole image,/ and then/ choosing the one/ that's most likely.//

ブラックホールの像に近い 度合いに応じて これらの画像をランク付けして 最も適切な1枚を選びだします

So/ what do I mean by this exactly?//

もう少し分かりやすくして

Let's say/ we were trying to make/ a model/ that told us/ how likely/ an image were to appear/ on Facebook.//

フェイスブックに ある写真が ありそうかどうかを 決めるモデルを考えましょう

We'd probably want the model/ to say it's pretty unlikely/ that someone would post this noise image/ on the left,/ and pretty likely/ that someone would post a selfie/ like this one/ on the right.//

このモデルを使った場合 左のノイズだらけの写真が投稿された 可能性はほとんどなく 右の自撮り写真が投稿された可能性が かなり高いという 結果を期待します

The image/ in the middle is blurry,/ so/ even though it's more likely/ we'd see it/ on Facebook compared to the noise image,/ it's probably less likely/ we'd see it/ compared/ to the selfie.//

真ん中の写真はぼやけていて フェイスブック上に 左のノイズの写真よりは 見られそうですが 自撮り写真と比べると可能性は低そうです

But when it comes to images/ from the black hole,/ we're posed with a real conundrum:/ we've never seen a black hole before.//

ブラックホールの写真となると これは難問です なぜなら私たちは ブラックホールを見たことがないからです

In that case,/ what is a likely black hole image,/ and what should we assume about the structure of black holes?//

この場合 ブラックホールの 像らしいのはどれで その構造として仮定すべきなのは どれでしょうか?

We could try to use/ images/ from simulations/ we've done,/ like the image of the black hole/ from "Interstellar,/"/ but/ if we did this,/ it could cause some serious problems.//

「インターステラー」のブラックホールの イメージのような シミュレーションは使えるでしょう しかし そうすると重大な問題が起きます

What would happen/ if Einstein's theories didn't hold?//

もし アインシュタインの理論が 成立しなかったらどうなるのでしょうか?

We'd still want to reconstruct/ an accurate picture of what was going on.//

私たちは 今起こっていることの 正確な写真を再構成したいのです

If we bake Einstein's equations too much/ into our algorithms,/ we'll just end up/ seeing/ what we expect to see.//

もし 私たちのアルゴリズムに アインシュタインの理論を反映させすぎれば 予想した通りのものを 見ることになってしまいます

In other words,/ we want to leave/ the option open/ for there/ being a giant elephant/ at the center of our galaxy.//

つまり 銀河の中心には 大きな象がいるという可能性を 残しておきたいのです

(笑)

Different types of images have very distinct features.//

異なるタイプの画像は 全く別個の特徴を持ちます

We can easily tell the difference/ between black hole simulation images and images/ we take every day here/ on Earth.//

ブラックホールのシミュレーションの画像と 地球上で日常的に撮る写真の 違いは明らかです

We need a way/ to tell our algorithms/ what images look like without imposing one type of image's features/ too much.//

そこで 特定のタイプの特徴を 強調しすぎていない画像はどのようなものか アルゴリズムに教えてやらなければなりません

One way/ we can try to get/ around this is by imposing the features of different kinds of images/ and seeing/ how the type of image/ we assume affects our reconstructions.//

その方法の1つは 各種ある中から ある画像タイプの特徴を強調して用い それが再構成に どのように反映されるかを調べる方法です

If all images/' types produce a very similar-looking image,/ then/ we can start to become/ more confident/ that the image assumptions/ we're making/ are not biasing this picture/ that much.//

もし それぞれの画像タイプ全てから 同じような画像が得られれば 出来上がった画像が 私たちが設定した仮定から 大きな影響を受けていないだろうという 確信を強める方向です

This is a little bit/ like giving the same description/ to three different sketch artists/ from all/ around the world.//

このことは 世界のあちこちから集められた 3人の似顔絵描きに 同じ情報を提供するのに少し似ています

If they/ all produce a very similar-looking face,/ then/ we can start to become confident/ that they're not imposing/ their own cultural biases/ on the drawings.//

もし 3人ともが 非常に似た顔を描けば 出来上がった絵が 各々の文化の影響を受けていないという 確信を強める方向です

One way/ we can try to impose/ different image features is by using pieces of existing images.//

色々な画像タイプが持つ特徴を 反映させるには 既にある画像の部分を使う方法があります

So we take a large collection of images,/ and we break them down/ into their little image patches.//

画像を大量に集めて 小さな画像のかけらに分解します

We then can treat each image patch/ a little bit/ like pieces of a puzzle.//

そうすると 一つ一つの画像のかけらを パズルのピースのように使えます

And we use commonly seen puzzle pieces/ to piece together/ an image/ that also fits our telescope measurements.//

そのよくあるパズルピースを使って 望遠鏡の観測データに合致する画像を まとめあげます

Different types of images have very distinctive sets of puzzle pieces.//

異なるタイプの画像からは 違った特徴のピースセットが得られます

So/ what happens/ when we take the same data/ but we use different sets of puzzle pieces/ to reconstruct the image?//

同じ観測データに基づいて 異なるピースセットを使い 画像を再構成すると どのようになるのでしょうか?

ブラックホールのシミュレーションから 取ったピースを使いましょう

OK,/ this looks reasonable.//

まあ 妥当ですね

This looks like what we expect a black hole/ to look like.//

これは私たちが思うブラックホールの姿と 似ています

But did we just get it/ because we just fed it/ little pieces of black hole simulation images?//

でも こうなったのは ブラックホールのシミュレーションの ピースを使ったからでしょうか?

Let's try/ another set of puzzle pieces/ from astronomical, non-black hole objects.//

では 別のセットを使いましょう 今度は ブラックホールではない 天体からのものです

OK,/ we get a similar-looking image.//

いいですね よく似ています

And then/ how about pieces from everyday images,/ like the images/ you take with your own personal camera?//

最後に 自分のカメラで撮影したような 日常の写真から作った パズルピースではどうでしょう?

Great,/ we see the same image.//

やりました 同じ写真が出来ました

When we get the same image/ from all different sets of puzzle pieces,/ then/ we can start to become/ more confident/ that the image assumptions/ we're making/ aren't biasing the final image/ we get too much.//

異なるパズルピースのセット全てから 同じ画像が出来上がれば 最後に得られた画像が 私たちが設定をした仮定から 大きな影響を受けていないと 確信を持てるようになり始めます

Another thing/ we can do/ is take the same set of puzzle pieces,/ such as the ones derived from everyday images,/ and use them/ to reconstruct many different kinds of source images.//

もう1つの方法は ある1つのパズルピースのセットー 例えば日常の写真から得られたセットを使って 色々な種類の画像を再構成する方法です

So/ in our simulations,/ we pretend/ a black hole looks like astronomical non-black hole objects,/ as well as/ everyday images/ like the elephant/ in the center of our galaxy.//

シミュレーションでは ブラックホールが それ以外の天体と 似ているという仮定だけではなく 同様に象のような日常の写真と似た形が 銀河系の中心にあることも仮定します

When the results of our algorithms/ on the bottom look very similar/ to the simulation's truth image/ on top,/ then/ we can start to become/ more confident/ in our algorithms.//

図の下にある アルゴリズムを使ってできた画像が 図の上の本当の写真とよく似ていれば このアルゴリズムの確信を強める方向です

And I really want to emphasize here/ that all of these pictures were created by piecing together little pieces of everyday photographs,/ like you'd take with your own personal camera.//

皆さんにお伝えしておきたいことは この全ての画像には 皆さんがご自分のカメラで撮った 日常の写真からのピースが使われたことです

So an image of a black hole/ we've never seen/ before may eventually be created by piecing together/ pictures/ we see all the time of people,/ buildings,/ trees,/ cats and dogs.//

私たちが見たこともない ブラックホールの写真は 人々や建物 木 犬 それから猫のような いつも見ているような写真を まとめあげれば 最終的にできるでしょう

Imaging ideas/ like this will make it possible/ for us/ to take our very first pictures of a black hole,/ and hopefully,/ verify those famous theories/ on which scientists rely on a daily basis.//

このような画像処理の考え方によって ブラックホールの最初の写真を撮り さらには 科学者たちが常に根拠としている 有名な理論を裏付けることができるでしょう

But of course,/ getting imaging ideas/ like this working would never have been possible/ without the amazing team of researchers/ that I have the privilege/ to work with.//

もちろん このような画像処理のアイデアは 光栄なことに私が一緒に働ける 素晴らしい研究者のチームなしには 不可能でした

It still amazes me/ that although I began this project/ with no background/ in astrophysics,/ what we have achieved through this unique collaboration could result in the very first images of a black hole.//

素晴らしいことに 私はこの仕事を始めた時には 天文学の素養がありませんでしたが この他に類をみない共同研究を通じて 最初のブラックホールの画像に 至ることができるかもしれません

But big projects/ like the Event Horizon Telescope are successful/ due/ to all the interdisciplinary expertise different people bring to the table.//

この「事象の地平面望遠鏡」のような 大規模な共同研究は 様々な人が学際的な専門知識を持ち寄ることで 成功へと繋がります

私たちのチームは 天文学者と物理学者 数学者と技術者のるつぼです

This is/ what will make it soon possible/ to achieve something once thought impossible.//

かつては不可能と考えられていたことが もうすぐ可能になります

I'd like to encourage/ all of you/ to go out/ and help push the boundaries of science,/ even if it may at first seem as mysterious/ to you/ as a black hole.//

皆さんにも 外に出て 科学の限界を広げるのを 手伝っていただきたいのです たとえそれがブラックホールのように 初めは不可思議に見えても

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

interstellar

恒星間の

black hole

ブラックホール(超重力により光さえも吸い込むとされる宇宙空間の穴)

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

backdrop

《米》(舞台の)背景幕(《また英》backcloth)

(物事の)背景;黒幕

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

gas

〈U〉〈C〉『気体』,『ガス』

〈U〉(灯用・燃料用)ガス

〈U〉《米話》=gasoline

〈U〉(麻酔用の)亜酸化窒素,笑気(laughing gas);毒ガス(mustard gas, tear gasなど)

〈U〉《話》むだ話,ばか話

〈C〉《単数形で》とても楽しいこと

〈敵など〉‘を'毒ガスで攻撃する

《米話》〈車〉‘に'ガソリンを入れる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

長々とむだ話をする

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

gravitational

引力の,重力の

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

bend

〈まっすぐな物〉'を'『曲げる』

(…に)〈人〉'を'『従わせる』,屈服させる,〈意志〉'を'曲げさせる《+『名』+『to』+『名』》

(…の方向に)〈視線・歩みなど〉'を'『向ける』,〈心など〉'を'傾ける《+『名』+『to』(『toward』,『on』)+『名

(do『ing』)》

〈物が〉曲がる

身をかがめる;(…に)かがみこむ《+[『down』]『over』+『名』》

(運命・意志,人などに)『従う』,屈服する《+『before』(『to』)+『名』》

(…を方向に)『曲がる』,向かう《+『to』(『toward』)+『名』》

(仕事などに)取り組む,身を入れる《+『to』+『名』》

曲がり,湾曲部,曲がった所

(…を)曲げる(曲がる)こと,(身を)かがめること《+『of』+『名』》

(綱の)結び目

《話》《the bends》ケーソン病,潜水病

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

however

《譲歩の副詞節を導いて》『どんなに…でも』,いかに…であろうとも

《話》[いったい]どんなふうに

『しかしながら』,それにもかかわらず

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

computer

『計算機』;『電子計算機』

graphic

(描写が)絵を見るような,生き生きとした(vivid)

グラフで表した,図表を用いた

文字の;書画(彫刻)の

rendering

(劇・楽曲の)演技表現,演出,演奏

翻訳,翻訳文

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

interpretation

(…の)意味を明らかにすること,解明,説明《+『of』+『名』》

(芸術作品・夢などの)解釈《+『of』+『名』》

(音楽作品や劇の役割に一つの解釈を示す)演奏,演技《+『of』+『名』》

通訳

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

Einstein

アインシュタイン(『Albert~』;1879‐1955;物理学者;相対性原理を発見)

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

relativity

関係のあること,関連性,相関,相対性

《時にR-》(アインシュタインによる)相対性理論

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

team

(スポーツの)『チーム』

(共に仕事などをする)『一団』,一組

(荷車を引く2頭以上の牛馬などの)‐

〈動物〉‘を'一組にする

…‘を'一組の動物で運ぶ

(…と)『チームを作る』,チームを組む,協力する《+up with+名》

telescope

『望遠鏡』

(望遠鏡の筒のように順次に)…‘を'はめ込む,たたみ込む

(…に)…‘を'短縮する,圧縮する(compress)《+名+into+名》

順次にはまり込む,(衝突で)折り重なる

algorithm

アルゴリズム(最大公約数を求める互除法などの演算方式)

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

glimpse

(…を)『ちらりと見ること』,いちべつすること《+『of』+『名』》

(…に)ちらっと感づくこと(気づくこと)《+『of』+『名』》

…‘を'ちらりと見る,一目見る

(…を)ちらりと見る,一見する《+『at』+『名』》

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

lab

実験室(laboratory)

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

astronomer

天文学者

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

exciting

(物事が)『興奮させる』

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

tonight

『今晩』,今夜

『今夜[は]』

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

Milky Way

銀河,天の川(the Galaxy)

galaxy

星雲;《the G-》銀河,天の川

《a ~》(人・物の)華やかな大集団《+『of』+『名』》

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

light-year

光年(光が1年に進む距離)

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

spiral

らせん(helix)

らせん状のもの;らせんばね;巻き貝

(物価・賃金などの)らせん状上昇(下降)

らせん状の

… ‘を'らせん形にする

らせん形になる;らせん状に動く

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

cluster

(花・果実などの)『ふさ』《+『of』+『名』》

(密集した人・動物・物などの)『集団』,群れ(group)《+『of』+『名』》

(…の回りに)『群がる』;群生する《+『together around』(『round』)+『名』》

galactic

銀河の

dust

〈U〉『ちり』,ほこり

《a ~》土煙,砂ぼこり

〈U〉粉末,粉

《the ~》《文》遺骨,なきがら

〈U〉(死後の)土

〈U〉屈辱,恥

〈U〉つまらぬもの

…‘の'『ちりを払う』,ごみをふき取る《+『名』+『off』(『down』),+『off』(『down』)+『名』》;(…から)…‘を'払う《+『名』+『from』+『名』》

(粉などを)…‘に'振り掛ける《+『名』+『with』+『名』》

(家具などの)ほこりを払う

infrared

赤外線の

spectacular

見せ物的な,壮観の,めざましい

(テレビ・映画などの)超大作,特別ショー

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

orbit

(天体・人工衛星の)『軌道』;軌道の1周

(活動・影響・知識の)範囲

(軌道に沿って)…‘の'周りを回る

〈人工衛星〉‘を'軌道に乗せる

軌道に沿って回る,軌道に乗る

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

heavy

『重い』,重量のある

(分量・程度・規模・強さなどが)『激しい』,大きい,

『厳しい』,耐えがたい,つらい

悲しい,陰気な

(動作が)のろい,ぎこちない

ものうい,だるい

(空が)曇った,うっとうしい,(海が)荒れた

(食物が)消化の悪い

敵役,悪役

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

motion

〈U〉『動くこと,運動』,運行,移動

〈C〉『動作』;身ぶり,合図

〈C〉(議会などの)『動議』,提案;)法廷での)申請,申し立て

《しばしば副詞[句]を伴って》〈人など〉‘に'『身振りで合図をする』

『身振りで合図する』:《『motion to(for)』+『名』+『to』 do・・・に・・・するよう身振りで合図する》

dense

『密度が濃い』,密集した,目の詰まった

《話》頭の鈍い,のろまな

suck

(…から)〈ミルクなど〉‘を'『吸う』,すする《+名+from(out of)+名》

…‘の'汁を吸う(すする)

(口の中で)…‘を'『しゃぶる』,なめる

(一般に)…‘を'吸い込む,吸い取る《+in(up)+名》

(…を)吸う《+at+名》

乳を吸う

吸うこと,吸収 ・フェラチオをする・価値がない、最低だ、最悪だ、ひどくいやったらしい、むかつくほどだ、不快だ、不十分だ、低品質{てい ひんしつ}だ   ・ That company sucks. : あの会社は最低だ。 ・ You suck. : あんた最低ね。

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

definition

〈C〉『定義』,語義の記述

〈C〉(本質・特徴を)明確にすること《+『of』+『名』》

〈U〉(映像・音声などの)鮮明度

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

wavelength

〈c〉(音・光などの)波長

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

plasma

(また『blood plasma』)血漿,リンパ漿

原形質

zip

〈U〉(弾丸が飛ぶときまたは布地の裂けるときの)ピュッという音

〈U〉《話》元気,力

〈C〉《英》(また zip fastener)=zipper

ピュッと音ど立てる(音を立てて飛ぶ)

《話》勢いよくやる(進む)

…‘を'チャックで締める(あける)

cast

…'を'『投げる』,ほうる

…'を'『投げ捨てる』,ほうり出す《+『off』+『名』,+『名』+『off』》

(…に)〈影・光〉'を'『投げ掛ける』;〈疑に・魔法など〉'を'かける《+『名』+『on』 (『upon』)+『名』》

〈目・視線など〉'を'『向ける』,投げ掛ける

〈票〉'を'『投じる』

(…に)〈名誉・祝福〉'を'与える,〈非難など〉'を'浴びせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(人に)〈役〉'を'つける《+『名』〈役〉+『to』+『名』》;(ある役に)〈人〉'を'当てる《+『名』+『for』+『名』〈役〉》

(鋳型に流し込んで)…'を'鋳造する

物を投げる,(特に)釣り糸を投げる

鋳造される

〈C〉『投げること』,(光・影・視線などを)投げかけること

〈C〉(物を)投げられる距離,射程

〈C〉(劇・映鹿を)『配役』

〈C〉(骨折した手足を固定する)ギプス

〈C〉(…の)鋳型,鋳造[物]《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人・物の特懲的な)外形,外観;(…の)型,傾向;性質《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)色あい,色調《+『of』+『名』》

《a cast》(材木などの)ゆがみ,そり;《まれ》(軽度の)斜視

shadow

〈U〉陰,暗がり,物陰;《the shadows》夕やみ

〈C〉(輪郭のはっきりした)『影』,人影,影法師

〈U〉(絵課の)陰影,暗部

〈C〉幻, 幻影;幽霊,亡霊

〈C〉(…の)かすかな影(気配)《+『of』+『名』》

《おもに否定文で》《a~》ごくわずか(の…)《+『of』+『名』〈抽象名詞〉》

〈C〉影のようにつきまとう人,尾行者,探偵

〈C〉《比喩的に》(悲しみ・憂うつ・不幸などの)暗影

…‘を'影でおおう,陰にする

…‘を'尾行する

…‘に'暗い影を落とす,‘を'暗く(憂うつに)する

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

carve

…'を'『刻んで作る』,彫る,彫刻する

(食べやすいように)〈肉〉'を'切り分ける

肉を切り分ける

sphere

『球』,球体,球面

(惑星・星などの)『天体』;天球;《詞》天,空

(知識・活動・影響などの)『範囲』,領域《+『of』+『名』》

(社会的)地位,階級

darkness

『暗さ』,『やみ』

徳黒さ

無知,無学

邪悪,腹黒さ

不明りょう,あいまいさ

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

event

(特に重要な)『でき事』,事件;行事

(スポーツの)『種目』;勝負,試合

《文》成り行き,結果

horizon

『地平線』,水平線

(知識・関心・経験などの)限界,範囲,視野《+『of』+『名』》

escape

(危うく…から)『逃げ出す』,脱走する《+『from』(『out of』)+『名』》

(危うく逮捕・危害などから)『免れる』《+『from』+『名』(do『ing』)》

(容器などから)〈気体・液体・粒状物などが〉流出する,漏れる《+『from』(『out of』)+『名』》

(未然に)…‘から'『逃げる』,逃れる,‘を'うまくかわす

〈逮捕・危害など〉‘を'『免れる』,逃れる

〈人〉‘に'忘れられる,‘の'注意を引かない;〈人の注意など〉‘を'引かない

〈言葉・ため息などが〉〈人,人の口〉‘から'思わず出る

〈C〉〈U〉(…から)『逃げ出すこと』,脱走;(…を)免れること《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…から)逃げる(逃れる)手段,逃げ道《+『from』(『out of』)+『名』》

〈C〉(…からの)(ガス・水などの)漏れ《+『of』+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

equation

等式; 方程式

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

verify

〈できごと・事実などが〉…‘を'『立証する』,…‘の'真実を証明する

(真実・正確であるかどうか)…‘を'確かめる,調べる

〈証拠物件〉‘を'立証する

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

extreme

《名詞の前にのみ用いて》『極度の』,はなはだしい

『いちばん端の』,最も遠い

極端な,過激な

月並みでない,異常な

(程度・位置などが)両極端にあるものの一方

極度;《しばしば復数形で》行き過ぎ,過渡

《しばしば復数形で》思い切った処置,徹底的な手段

(数学で)外項(a:b=c:dのaとb);極値

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

incredibly

信じられないほど

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

moon

《the~》(天体の)『月』

〈U〉《しばしばa~》(さまざまに形を変える)『月』

〈C〉(惑星の)『衛星』(satellite)

〈C〉《複数形で》(特に太陰暦の)ひと月

〈U〉月光(moonlight)

《話》(あてもなく)ふらふらさまよう《+『about』(『around』)》;ぼんやり過ごす(眺める)《+『away』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

phenomenon

『現象』

驚くべきこと(物),非凡な人

diffraction

(光線・音波などの)回折

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

govern

(権限をもって)〈国・国民〉‘を'『治める』,統治する

〈学校など〉‘を'管理する,運営する

〈行動など〉‘を'『左右する』,‘に'影響を及ぼす

〈感情など〉‘を'抑制する,抑える

〈文法で〉〈目的語〉‘を'支配する

『治める』,統治する,支配する

管理する,運営する

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

optical

視覚の,視力の

光学用の

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

roughly

『手荒く』,乱暴に,ぞんざいに

『おおよそ』,概略

extension

〈U〉〈C〉(…を)『拡大』(延長)『すること』,(…が)拡大(延長)されること《+『of』+『名』》

〈C〉拡大(延長)された部分(物)

〈C〉(電話の)内線

crunch

…'を'カリカリ(ボリボリ)かむ

〈砂利道・氷雪上など〉'を'バリバリ(ジャリジャリ)音を立てる(立てて進む),'を'ザクザク踏む

カリカリ(ボリボリ)かむ

バリバリ(ジャリジャリ,ザクザク)音を立てる(立てて進む)

〈U〉〈C〉かみ砕くこと(音);踏み砕くこと(音),(砕いて)音を立てて進むこと

《the~》(決断が必要な)危機,緊張

〈U〉金融引締め

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

laughter

『笑い』,笑い声

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

distinctive

はっきりした差異のある,特有の,独特の

indicative

《補語にのみ用いて》(…を)表す,表示する《+『of』+『名』》;(…であると)表す《+『that節』》

(文法で)直説法の

(文法で)直説法

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

safely

『安全に』,無事に

だいじょうぶ,さしつかえなく

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

mick

《俗》《軽べつして》アイルランド人

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

resolve

…‘を'『決心する』,『決意する』

〈問題・疑惑など〉‘を'『解決する』,解明する,解く

〈議会などが〉…‘を'議決する,票決する

(構成要素に)…‘を'分解する《+『名』+『into』+『名』》

(…を)『決定する』,『決心する』《+『on』(『upon』,『against』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『分解する』《+『into』+『名』》

〈U〉《文》強固な意志,分屈

〈C〉決心,決意

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

schedule

《おもに米》(列車などの)『時間表』,時刻表;(授業などの)時間割り

(時間によって定めた)『予定』,計画,スケジュール

(料金などの)一覧表,細目表

…‘の'スケジュール(時間表,一覧表)を作る;…‘を'スケジュールに入れる

《しばしば受動態で》…‘を'予定する

worldwide

全世界に知れ渡った,世界的な

全世界に,世界的に

precise

『正確な』,的確な,明確な

《名詞の前にのみ用いて》まさにその,当の

(必要量などに)ちょうどの

(人,考え・規則などか)厳格な,きちょうめんな

timing

時間の調節;時間を測定[記録]すること

atomic clock

原子時計(原子の固有振動を応用した超精密時計)

researcher

研究者,調査員

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

freeze

『凍る』;冷凍される

《『it』を主語にして》凍るほど寒い;《it・場所を主語にして》氷が張る

〈体が〉凍える,《話》冷えきる

(恐怖・シヨックなどで)〈体などが〉こわばる,〈態度などが〉ぎごちなくなる;ぞっと(ぎょっと)する;〈気持ちなどが〉冷たくなる,ひんやりする

(霜などで)〈植物が〉枯れる

〈物〉‘を'『凍らせる』,冷凍する

〈人〉‘を'『凍えさせる』,凍死させる

…‘を'『ぞっとさせる』;〈体・態度など〉‘を'こわばらせる《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

〈気持ちなど〉‘を'冷たくする

〈物価など〉‘を'凍結する

氷結,凍結状態

(物価・賃金などの)凍結

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

data

『資料』,事実;情報

datum

dataの単数形

既知の事実

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

impossibly

不可能なように,越こりえず

がまんのならぬほど

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

pretend

…‘の'『ふりをする』,‘に'見せかける

《話》《『pretend』『to』do》…すると言い張る,主張する

(遊びで)…‘の'まねごとをする

『見せかける』,『取り繕う』,まねごとをする

(知識・才能などがあると)自負する,自任する《+『to』+『名』》

(王位などの権利があると)主張する《+『to』+『名』》

おもちゃの,空想上の

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

disco

discotheque

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

mirror

『鏡』;(物の)鏡のような面

(…の)姿を映す物;(…の)反映,手本(example)《+『of』+『名』》

…‘を'鏡に映す;〈鏡が〉…‘を'映す

(鏡に映すように)…‘を'映し出す,描き出す

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

measurement

〈U〉『測定』,測量

〈C〉《複数形で》『寸法』

〈U〉測定法,測量法

rotate

『回転する』

循環する,交替する

…‘を'回転させる

…‘を'循環させる

〈人〉‘を'交替で服務させる

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

gap

(壁・へいなどの)『割れ目』,『すき間』《+『in』+『名』》

(連続するものの)『途切れ』,空白[部分]《+『in』+『名』》

(意見・性格などの)『大きなずれ』《+『between』+『名』》

(山の尾根を分断する)深い峡谷(峠)

…‘に'割れ目(すき間)を作る

割れ目(すき間)ができる

reconstruct

…‘を'再建する,改造(復興,復元)する

〈でき事〉‘を'再現する

underlie

…‘の'下に横たわる,下にある

〈行動・理論など〉‘の'基礎となる,根拠となる

locate

…‘の'『位置(場所)を突きとめる』,示す

(ある位置・場所に)…‘を'『置く』,設立する《+『名』+『in』(『on』,『at』)+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》

(…に)居住する,落ち着く

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

trivial

『ささいな』,取るに足らない,つまらない

平凡な,普通の,ありふれた

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

infinite

(空間・数・量・程度などについて)『無限の』,限りがない

ばく大な,非常に大きい(very great)

《the I-》神(God)

《the ~》無限なもの,無限の空間(時間)

(数学で)無限

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

fit

『適した』,適切な,ぴったりの

《補語にのみ用いて》よい調子で;健康で

《be fit to do》いまにも…しそうである《explode,burst,fall,dropなど危険な意

を含む動詞と共に用いる》

〈意図・目的など〉‘に'『合う』,ふさわしい

(…に)…‘を'『合わせる』,はめ込む,取り付ける《+『名』+『to』(『into,in,on』)+『名』》;(…を)…‘に'合わせる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘に'資格をつける,‘を'適させる

適する,合う(服・靴などの)でき具合;体に合うもの

〈U〉適合,対応

forensic

法廷の,法廷で用いている

sketch

(…の)『スケッチ』,素描,写生画《+『of』+『名』》

(…の)『草案』,下書き;(事実などの)概略,大要《+『of』+『名』》

(文芸作品の)小品,短編,(レビュー・ミュージカルなどの)寸劇

…‘を'『スケッチする』,写生する

…‘を'略述する《+『in』(『out』)+『名』》

スケッチ(写生)する

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

limited

限られた,狭い

《米》(鉄道・バスなどが)特別の,特急の

《英》(会社が)有限の(《米》incorporated)

特急列車(バスなど)

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

sparse

希薄な,まばらな,女ない;(頭髪などが)薄い:a sparse population希薄な人口

a sparse beard薄いあごひげ

noisy

(人・声などが)『やかましい』,騒々しい,(場所が)騒音に満ちている

reconstruction

〈U〉再建,改造,復興,復元

〈C〉再建(改造,復元)された物

《the R-》《米》南部諸州の再統合期,再建時代(南北戦争後,法律・諸制度を改正した1865年から1877年までの期間)

simulated

まねた,装った

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

simulation

〈U〉ふりをすること,見せかけること

〈C〉まね,模擬実験(コンピューターで,経済,科学などの変化を予測するモデル実験)

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

reliably

あてになるように,確実に

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

luckily

『運よく』,幸運にも

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

rank

〈C〉〈U〉『階級』,等級;)相対的な)『順位』,地位:

〈U〉高い地位(身分)

〈C〉〈U〉(人・物の)『列』,並び;(兵隊)の横列

《the ranks》(また『rank and file』)(将校たちに対して)兵卒,下士官

…‘を'『並べる』

…‘を'『位置づける』,評価する

《米》…‘より'上位にある

『位置する』・「pull one's rank on 誰々」で「(誰々に)地位を悪用する; (意見が衝突したような場合に)階級をかさに着て(誰々に)命令を押しつける」

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

upon

『…の上に』

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

probably

『たぶん』,『おそらく』

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

unlikely

《補語にのみ用いて》『ありそうもない』,考えられない

うまくいきそうもない,見込み(将来性)のない

post

〈C〉(木・金属・石などの)『柱』,『支柱』,くい

《the ~》(競馬の)出発標,決勝標

〈C〉《話》(ラグビーなどの)ゴールポスト(goalpost)

(柱・壁などに)〈掲示物〉‘を'『張る』,張り出す《+『名』〈掲示物〉+『on』+『名』》;(掲示物を)〈柱・壁など〉‘に'張る《+『名』+『with』+『名』〈掲示物〉》

(掲示して)…‘を'公表する,公示する

《通例受動態で》(…として)…‘を'掲示(発表)する《+『名』+『as』+『現分』(過分)》

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

conundrum

(答えにしゃれを含む)なぞ,とんち問答,判じもの;難問

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

accurate

『正確な』,的確な,精密な

bake

(特にオーブンで)〈食物〉'を'『焼く』,焼いて料理する

〈れんがなど〉'を'焼き固める;〈太陽が〉…'を'焦がす

(日にあたって)〈皮膚など〉'を'焼く

〈パンなどが〉焼ける;〈人が〉パンを焼く

〈土地・人などが〉日に焼ける

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

elephant

『ゾウ』

(共和党の象徴としての)象

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

distinct

『別の』,別個の(separate)

『明りょうな』,はっきりした;まぎれもない

特異な,独特な;目立つ,目ざましい

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

impose

(人・物に)〈重荷・税金など〉‘を'『課する』,負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人・物〉》

(人に)〈考えなど〉‘を'『押しつける』,強いる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

affect

…‘に'『影響する』,作用する

〈人〉‘の'『心を動かす』,'を'感動させる

〈人,人の健康など〉'を'冒す

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

confident

(熊度などが)『自信のある』,確信ある

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

drawing

〈U〉『線で描くこと』,線描

〈C〉(鉛筆・ペン・クレヨンなどによる)『絵』,『スケッチ』,デザイン,製図

〈U〉線画(デッサン)の技法

〈C〉くじ引き,抽選

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

patch

(補修・補強のための)『つぎ当て』;当て布;当て板,当て金;(アップリケで縫いつけた)布切れ

(傷口などを覆う)『傷当て』

(色などが周囲と区別できる)(…の)まだら,班点;断片,破片《+『of』+『名』》

小さな地面(畑)

(補修・補強のために)…‘に'『つぎ当てる』;(装飾のために)…‘に'当て布をする

…‘を'つぎ合わせて作る

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

commonly

『一般に』,通例,普通

俗に,下品に

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

derive

《『derive』+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》(…から)…‘を'『引き出す』,得る,求める

《『derive from』+『名』(do『ing』)》《文》(…から)派生する,(…に)由来する

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

rely

『あてにする』,たよる

daily

『毎日の』,日々の

『毎日』,日々(everyday);日ごとに

日刊新聞(daily paper)

(また『daily help』)《おもに英話》通いのメイド

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

working

(機械・器具などが)『動く』,使える

(特に生活にために)『働く』,[肉体]労働に従事する

(知識などが)『実際に役立つ』,実用的な

『労働(仕事)上の』,労働(仕事)用の

(機械などの)動き方,動かし方《+of+名》

(鉱山などの)作業場,現場

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

interdisciplinary

(学問の研究などが)2分野以上にまたがった,学際的な

expertise

〈U〉専門技術[知識]

〈C〉《特に英》専門家の調査報告

melting pot

(金属などを溶かす)るつぼ

(人種・文化の)るつぼ(いろいろな人種・考えの人が同居して一つの文化を作っている所)

physicist

物理学者

mathematician

数学者

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

boundary

『境界線』,境(border)

限界

mysterious

『神秘的な』,不思議な

理解(説明)しがたい,不可解な,なぞの

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画