TED日本語 - アミーナ・グリブ・ファキム: 目立たぬ植物に秘められた驚くべき神秘性

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

この興味をかきたてるトークで、生物学者のアミーナ・グリブ・ファキムが、隔絶した島々やアフリカの希少種を紹介します。異形葉を持つ安息香、喘息の新薬候補である「平らな島のレモンバーム」、食料の未来にとって鍵になり得る象徴的なバオバブの木、そしてモンキーアップルなどをご覧ください。

Script

「ホットスポット」 (生物多様性の危機にある地域)の国で 働けることを大変光栄に思っております それは インド洋のマスカリン諸島です これらの島々 ― モーリシャス島、ロドリゲス島、レユニオン島と マダガスカル島は 世界で類を見ないほど 珍しい植物に恵まれています 今日はその中の5つの植物の 固有の特徴や なぜ珍しいのかを説明します

この植物をご覧ください 現地の言葉で「安息香の木」を意味します 学名はターミナリア・アンソクコウノキ 亜種 アンソクコウノキです これは モーリシャスの固有種で その特徴は異形葉性です 異形葉性とは何でしょうか? 1つの植物の中に 形や大きさの異なる葉があることです この植物は大陸から 遠く離れた 特定の生態系で進化してきました 多くの場合 これら固有の特徴は 現地の動物相の脅威 ― この場合は葉を食するカメに対応して 進化した結果なのです カメは視力が悪いことで知られており 識別できない植物を 避ける傾向があります このようにして葉っぱの形を進化させ こういった むしろかわいらしい動物から 身を守るのです 身を守れば 生き残れるのです

おそらく皆さんは 「どうしてこんな話をするのだろう?」 と思われるはずです なぜなら 私たちは自然界の多様性を 見落とす傾向にあるからです これらの特定の生息地は 独特なところで 多くの植物が自生しています 私たちは これらの資源の価値や 大切さに気づかず 無関心のうちに 生息地を破壊し続けているのです 私たちは都市化の大規模な影響 気候変動や資源開発には詳しいですが 絶滅寸前の動植物については 最後の一頭もしくは一株が この地上から消えて初めて 私たちは 地上のある動植物を まるごと失ったことに気付くのです それらは 薬効があるかもしれない 重要な植物や 化粧品、栄養食品、医薬の材料に なるものだったかもしれません 民族獣医の分野までも 永遠に失ってしまうのです 典型例は モーリシャスに生息していた 偶像的存在のドードーです もちろん 今や絶滅種の象徴として 知られています

植物は基本的な役割を果たしています まず 我々の食料です 呼吸する酸素を与えてくれます また 生物学的に活性を持つ重要な成分を含み まさに とても注意深く研究しているところです というのも 人間の社会は数千年に渡り 利用を発展させて 重要な知識や 文化的伝統 そして 大切な植物由来の医薬の原料を得てきました データをご覧ください 地表の1.4%が 高等植物の40%の種 脊椎動物 35%の種の 住処となっています そして この1.4%が 世界の生物多様性ホットスポット 25の地域にあたります この陸地全体の1.4%の場所が 脆弱な人類が必要とする 生態系サービスの35%を供給しています ご覧の通り 私が働き 暮らしている モーリシャス島は 生物多様性ホットスポットの1つであり 生物医学の応用のため 私は島に植生する珍しい植物を 研究しています

最初にお見せした植物に戻りましょう 葉っぱの形や大きさの異なる ターミナリア・アンソクコウノキ 亜種 アンソクコウノキは モーリシャスでのみ見つかった植物です 現地の人々は 伝染病の予防のために 葉っぱを 煎じ薬として使っていました 私たちの研究は 伝統的な情報に対して科学的な検証を試みたもので まさにその葉からの抽出物から 人間にとっての病原体となる 広範囲の細菌に対して 薬効が得られることを示しました この植物が 抗生物質に対する耐性の 解決となり得るのでしょうか? ご存じの通り 抗生物質に対する耐性は 世界的に見ても難題です 新薬となるかどうかか分りませんが 1つだけ確かなことは この植物に絶滅して欲しくないということです しかし 現実は厳しく この特定の植物は 実際 自然の生息地において 脆弱であると考えられています

別の事例を紹介します この灌木は現地の言葉で 「平らな島のレモンバーム」を意味します 学名はシアディア・アーギタです 珍しい植物で モーリシャスの固有種です 本土に自生していましたが 都市化の影響で 本土から押しやられました 絶滅の危機から救うため 培養により発芽させ 現在は野生で育っています 一言申し上げておきますが すべての植物で培養が 可能なわけではありません 人間が落ち着ける場所で幸せを感じるように これらの植物にとっても 生態系が保護されていることが必要なのです この種は適応できません ― この固有種は生態系の激しい変化に 適応できず 例えば気候変動が これらの植物に影響し 困難をもたらしていることを 我々は知っています 現地の人々は やはり葉っぱを伝統薬として 呼吸器系疾患に使います 葉の抽出物に関する初期段階の実験で 分ったことは まさに この葉っぱに含まれる成分が 化学構造的に薬局で販売している 喘息の薬の成分と とても似ているということです この植物の秘密が 全て解き明かされたときに 人類はどんな恩恵を受けることでしょうか

さて 私は発展途上国の出身で 人口爆発という問題に ずっと取り組んできました アフリカは若い世代が増加し 人口爆発について語る時は いつでも 食糧安全保障についても話します 表裏一体の問題だからです このバオバブという植物が その答えとなり得るのです これは食料となり得る植物ですが 利用されることなく見過ごされてきました バオバブは「命の木」として知られており 西アフリカの景観を織り成しています なぜアフリカ人が「命の木」と見なすのかは 後ほどお話しいたします 興味深いことに バオバブには 多くの伝説があります とても大きいため バオバブは小さな植物を 支配するものとみなされ この横柄さを嫌った神が バオバブを引っこ抜いて 逆さまに植えましたので 特殊な形になったのです さて この木をアフリカ大陸や 西アフリカの視点で 見てみましょう 西アフリカではその社会的役割から 「 おしゃべりの木」と呼ばれています 村で何か問題が起こると おしゃべりの木の下で 村長や部族民が同席する 集会が開かれます 「おしゃべりの木」での集会は 特定の問題の 解決策を模索することを意味します 村民たちは 協議の結果について 信頼し 尊重します 科学的に観点からすると 世界には8種類のバオバブがあります アフリカに1種類 オーストラリアに1種類 マダガスカル島の固有種は 6種類もあります 私がお見せしたのは アフリカのもので アフリカバオバブです さて この美しい小さく白い花は 夜に咲き コウモリによって受粉し そこから育った果実には 「モンキーアップル」という 面白い名前が付けられています サルは賢い動物なので 体に良いものを知っているのです バオバブの実を開いてみると 白い粉がふいた果肉があります それは とても栄養価が高く 人間の母乳よりもタンパク質が多いのです 聞き違いではありません 人間の母乳よりもタンパク質が多いのです だから 世界の栄養食品会社が 栄養補助食品として この果実を求めています 種はとても良質なオイルとなるので 化粧品会社が 例えばボディローションを作るのに 使っています 幹に目を向けると 幹は水分を含んでいるので 喉の渇いた旅人に飲まれます 葉っぱは伝染病を防ぐ 伝統薬に使われます アフリカ人がなぜ「命の木」として見るのか もうお分りですよね 全てを備えた植物なのです 実際 大きさの中には 物凄い可能性が秘められています 医薬、栄養食品、化粧品業界 だけではありません ここでお見せしたのは アフリカの唯一の種である アフリカバオバブです マダガスカルには6種類ありますが この植物の潜在力は よく分かっていませんが この植物相が絶滅の危惧に 瀕していることは確かです

もう一度 アフリカに戻り 私のお気に入りの テマリカタヒバ(復活草)を ご紹介しましょう お分かりのように キリストの競争相手です (笑) さて この植物は干ばつに強く 年間を通じ 98%までの脱水状態に ダメージなく耐えるのです 一昼夜 24時間かけて 完全に復活し 花を咲かせます 私たち人間は いつでも若さの万能薬を求め 老いを嫌います それを買えるのであれば買うでしょう この植物は元どおりに 若返るように見えます ガーデニングの初心者であれば 庭に出て 枯れ死したと思ってテマリカタヒバを 抜くかもしれません でも水をやれば このとおり復活するのです 本当に不思議ですよね 人間の老化現象を見てみると これはまさに皮膚の外層の 水分の消失のことで 結果として皺になります 特に女性は 皺を気にしますよね テマリカタヒバは実際 化粧品化学者にとっては 大変重要な成分を含んでおり 実際に老化現象を遅らせる方法と同時に 環境毒素の攻撃に対し 細胞を強化する方法も模索しています

ご説明したこれら4つの事例を 心に留めておいてください 私たちの健康や生存に 生態系の健全性や耐久力が いかに密接に結びついているのか そして ― なぜ生物の多様性を保護すべきなのかを 忘れないでください 森林が切り倒されるたびに 湿地が埋め立てられるたびに 可能性を秘めた実験室が失われ 決して元に戻せなくなるのです モーリシャスの ドードーの絶滅をお話ししました

最後に別の事例で締めくくります 保護の問題というと 通常は 希少種や固有種の植物について 語られますが 世界の様々な生息地で育つ 外来植物に対しても考慮されなければ なりません どうしてでしょうか? 環境がその植物の成分の修正に とても重要な役割を果たしているからです

ここで この植物を見てみましょう ツボクサです 一種の雑草です 雑草と呼んでいます ツボクサは世界中の 様々な生息地 ― アフリカやアジアで生息しています 1940年代にマダガスカルで流行した ハンセン病という恐ろしい病に 効果があります ツボクサは世界中で ― アフリカやアジアで生育していますが 最も良質のツボクサは マダガスカルで育つもので ここのツボクサは 医薬品会社や化粧品会社が求める 3つの重要な成分を含んでいるからです 化粧品会社は 再生クリームの成分に ツボクサを使っています

昔の諺に 「いかなる病気にも それを治癒する植物が 存在する」とあります 皆さんは昔の諺を信じず 時代遅れと思うかもしれません 現在は 科学とテクノロジーが 有力な手段だからです ツボクサは役立たずで地味な雑草で いなくなっても 振り返られることがないと 思われるかもしれませんが 雑草とは そういうものではないのです 植物なのです 生きている生物による自然の実験室で 我々が抱える質問の答えが 見つかるかもしれないのです 私たちは 植物の生きる権利も 保証しなければなりません

ありがとうございました

(拍手)

You know, it's a big privilege for me to be working in one of the biodiversity hotspots in the world: the Mascarene Islands in the Indian Ocean. These islands -- Mauritius, Rodrigues, and Reunion -- along with the island of Madagascar, they are blessed with unique plants found nowhere else in the world. And today I will tell you about five of them and their particular features and why these plants are so unique.

Take a look at this plant. I call it benjoin in the local vernacular, and the botanical name is Terminalia bentzoe, subspecies bentzoe. This subspecies is endemic to Mauritius, and its particular feature is its heterophylly. What do I mean by heterophylly? It's that the same plant has got leaves that are different shapes and sizes. Now, these plants have evolved very far away from the mainland, and within specific ecosystems. Often, these particular features have evolved as a response to the threat presented by the local fauna, in this case, grazing tortoises. Tortoises are known to have poor eyesight, and as such, they tend to avoid the plants they don't recognize. So this evolutionary foil safeguards the plant against these rather cute animals, and protects it and of course ensures its survival.

Now the question you're probably asking yourself is, why is she telling us all these stories? The reason for that is that we tend to overlook the diversity and the variety of the natural world. These particular habitats are unique and they are host to a whole lot of plants. We don't realize how valuable and how precious these resources are, and yet, through our insouciance, we keep on destroying them. We're all familiar with the macro impact of urbanization, climate change, resource exploitation, but when that one last plant -- or animal for that matter -- when that very last specimen has disappeared from the face of this Earth, we would have lost an entire subset of the Earth's biology, and with it, important plants with medicinal potential or which could have ingredients that would speak to the cosmetic, nutrition, pharma, and even the ethno-veterinary sectors, be gone forever. And here we have a very prime example of the iconic dodo, which comes from Mauritius, and, of course, we know is now a symbol of extinction.

We know plants have a fundamental role to play. Well, first of all, they feed us and they also give us the oxygen we breathe, but plants are also the source of important, biologically active ingredients that we should be studying very carefully, because human societies over the millennia, they have developed important knowledge, cultural traditions, and important plant-based medicinal resources. Here's a data point: 1.4 percent of the entire land surface is home to 40 percent of the species of higher plants,35 percent of the species of vertebrates, and this 1.4 percent represents the 25 biodiversity hotspots in the world, and this 1.4 percent of the entire land surface already provides for 35 percent of the ecosystem services that vulnerable people depend on. And as you can see, the island of Mauritius where I work and where I live, belongs to one such biodiversity hotspot, and I study the unique plants on the island for their biomedical applications.

Now, let's go back again to that first plant I showed you, the one, of course, with different-shaped leaves and different sizes, Terminalia bentzoe, subspecies bentzoe, a plant only found in Mauritius. Now, the local people, they used a decoction of the leaves against infectious diseases. Now our work, that is, the scientific validation of this traditional information, has shown that precisely that leaf extract shows activity, potent activity, against a wide range of bacteria that could be pathogenic to humans. Now, could this plant be the answer to antibiotic resistance? You know, antibiotic resistance is proving to be a big challenge globally. While we may not be sure,one thing is certain: we will not want this plant to disappear. But the harsh reality is that this particular plant is in fact considered to be vulnerable in its natural habitat.

This brings me to another example. This bush here is known as baume de l'ile plate in the local vernacular. The botanical name is Psiadia arguta. It's a plant which is rare, which is endemic to Mauritius. It used to grow on the mainland, but through the sheer pressures of urbanization has been pushed out of the mainland, and we've managed to bring it back from the brink of extinction by developing in vitro plants which are now growing in the wild. Now,one thing I must point out straightaway is that not all plants can be developed in vitro. While we humans, we are happy in our comfort zone, these plants also need their ecosystem to be preserved, and they don't react -- endemic plants don't react to very harsh changes in their ecosystem, and yet we know what are the challenges that climate change, for example, is posing to these plants. Now, the local people again use the leaves in traditional medicine against respiratory problems. Now, our preliminary labwork on the leaf extract has shown that precisely these leaves contain ingredients that are very close, in terms of structures, chemical structures, to those medicines which are sold in the chemist's shop against asthma. So who knows what humanity will benefit from should this plant decide to reveal all its secrets.

Now, I come from the developing world where we are forever being challenged with this issue of population explosion. Africa is the continent which is getting younger, and whenever one talks about population explosion,one talks about the issue of food security as being the other side of the same coin. Now this plant here, the baobab, could be part of the answer. It's an underutilized, neglected food plant. It defines the landscape of West Africa, where it is known as the tree of life, and later on I will tell you why the Africans consider it to be the tree of life. Now interestingly, there are many legends which are associated with this plant. Because of its sheer size, it was meant to be lording over lesser plants, so God didn't like this arrogance, uprooted it, and planted it upside down, hence its particular shape. And if you look at this tree again within the African context, in West Africa, it's known as the palaver tree, because it performs great social functions. Now if you have a problem in the community, meeting under the palaver tree with the chiefs or the tribesmen would be synonymous to trying to find a solution to that particular problem, and also to reinforce trust and respect among members of the community. From the scientific point of view, there are eight species of baobab in the world. There's one from Africa,one from Australia, and six are endemic to the island of Madagascar. The one I have showed you is the one from Africa, Adansonia digitata. Now, the flower, this beautiful white flower, it opens at night, is pollinated by bats, and it gives rise to the fruit which is curiously known as the monkey apple. The monkeys are not stupid animals. They know what's good for them. Now, if you open the fruit of the baobab, you'll see a white, floury pulp, which is very rich in nutrients and has got protein, more protein than in human milk. Yes, you heard right: more protein than in human milk. And this is one of the reasons why the nutrition companies of this world, they are looking for this fruit to provide what we know as reinforced food. The seeds give an oil, a very stable oil which is sought after by the cosmetic industry to give to produce body lotions, for example. And if you look at the trunk, the trunk, of course, safeguards water, which is often harvested by a thirsty traveler, and the leaves are used in traditional medicine against infectious disease. Now, you can see now why the Africans consider it to be the tree of life. It's a complete plant, and in fact, the sheer size of these trees is hiding a massive potential, not only for the pharma, nutrition, and the cosmetic industry. What I have showed you here is only the species from Africa, Adansonia digitata. We have six species yet in Madagascar, and we don't know what is the potential of this plant, but one thing we know is that the flora is considered to be threatened with extinction.

Let me take you to Africa again, and introduce you to one of my very favorite, the resurrection plant. Now here you'll find that even Jesus has competition. (Laughter) Now, this plant here has developed remarkable tolerance to drought, which enables it to withstand up to 98 percent dehydration over the period of a year without damage, and yet it can regenerate itself almost completely overnight, over 24 hours, and flower. Now, us human beings, we're always on the lookout for the elixir of youth. We don't want to get old, and rightly so. Why should we, especially if you can afford it? And this gives you an indication of what the plant looks like before. Now, if you are an inexperienced gardener, the first thing you'll do when you visit the garden is to uproot this plant because it's dead. But if you water it, this is what you get. Absolutely amazing. Now, if you look at our aging process, the aging process is in fact the loss of water from the upper epidermis, resulting in wrinkling as we know it, especially women, we are so conscious of this. And this plant, in fact, is giving the cosmetic chemists very important ingredients that are actually finding ways to slow down the aging process and at the same time reinforce the cells against the onslaught of environmental toxins.

Now, these four examples I have just given you are just a very tiny reminder as to how our health and our survival are closely linked to the health and the resilience of our ecosystem, and why we should be very careful about preserving biodiversity. Every time a forest is cut down, every time a marsh is filled in, it is a potential lab that goes with it, and which we will never, ever recover. And I know what I'm talking about, coming from Mauritius and missing the dodo.

Let me finish with just one last example. Conservation issues are normally guided towards rare, endemic plants, but what we call exotic plants, that is, the ones which grow in many different habitats across the world, they also need to be considered. You know why? Because the environment plays a very important role in modifying the composition of that plant.

So let's take a look at this plant here, Centella asiatica. It's a weed. We call it a weed. Now, Centella asiatica grows across the world in many different habitats -- in Africa, in Asia -- and this plant has been instrumental in providing a solution to that dreadful disease called leprosy in Madagascar in the 1940s. Now, while Centella grows across the world -- in Africa, in Asia -- the best quality Centella comes from Madagascar, because that Centella contains the three vital ingredients which are sought after by the pharma and the cosmetic companies. And the cosmetic companies are already using it to make regenerating cream.

Now, there is an ancient saying that for every disease known to mankind, there is a plant to cure it. Now, you may not believe in ancient sayings. You may think they're obsolete now that our science and technology are so powerful. So you may look on Centella as being an insignificant, humble weed, which, if destroyed, won't be missed. But you know, there is no such thing as a weed. It's a plant. It's a living biological lab that may well have answers to the question that we may have, but we have to ensure that it has the right to live.

Thank you.

(Applause)

You know,/ it's a big privilege/ for me/ to be working in one of the biodiversity hotspots/ in the world:/ the Mascarene Islands/ in the Indian Ocean.//

「ホットスポット」 (生物多様性の危機にある地域)の国で 働けることを大変光栄に思っております それは インド洋のマスカリン諸島です

These islands --/ Mauritius,/ Rodrigues,/ and Reunion --/ along with the island of Madagascar,/ they are blessed with unique plants found nowhere else/ in the world.//

これらの島々 ― モーリシャス島、ロドリゲス島、レユニオン島と マダガスカル島は 世界で類を見ないほど 珍しい植物に恵まれています

And today/ I will tell you/ about five of them/ and their particular features/ and why these plants are so unique.//

今日はその中の5つの植物の 固有の特徴や なぜ珍しいのかを説明します

Take a look/ at this plant.//

この植物をご覧ください

I call it/ benjoin/ in the local vernacular,/ and the botanical name is Terminalia bentzoe,/ subspecies bentzoe.//

現地の言葉で「安息香の木」を意味します 学名はターミナリア・アンソクコウノキ 亜種 アンソクコウノキです

This subspecies is endemic/ to Mauritius,/ and its particular feature is its heterophylly.//

これは モーリシャスの固有種で その特徴は異形葉性です

What do I mean by heterophylly?//

異形葉性とは何でしょうか?

It's/ that the same plant has got leaves/ that are different shapes and sizes.//

1つの植物の中に 形や大きさの異なる葉があることです

Now,/ these plants have evolved very far away/ from the mainland,/ and within specific ecosystems.//

この植物は大陸から 遠く離れた 特定の生態系で進化してきました

Often,/ these particular features have evolved as a response/ to the threat presented by the local fauna,/ in this case,/ grazing tortoises.//

多くの場合 これら固有の特徴は 現地の動物相の脅威 ― この場合は葉を食するカメに対応して 進化した結果なのです

Tortoises are known to have/ poor eyesight,/ and as such,/ they tend to avoid/ the plants/ they don't recognize.//

カメは視力が悪いことで知られており 識別できない植物を 避ける傾向があります

So this evolutionary foil safeguards/ the plant/ against these rather cute animals,/ and protects it/ and of course ensures its survival.//

このようにして葉っぱの形を進化させ こういった むしろかわいらしい動物から 身を守るのです 身を守れば 生き残れるのです

Now/ the question/ you're probably asking/ yourself/ is,/ why is she telling us/ all these stories?//

おそらく皆さんは 「どうしてこんな話をするのだろう?」 と思われるはずです

The reason/ for that is/ that we tend to overlook/ the diversity and the variety of the natural world.//

なぜなら 私たちは自然界の多様性を 見落とす傾向にあるからです

These particular habitats are unique/ and they are host/ to a whole lot of plants.//

これらの特定の生息地は 独特なところで 多くの植物が自生しています

We don't realize how valuable/ and how precious/ these resources are,/ and yet,/ through our insouciance,/ we keep on destroying them.//

私たちは これらの資源の価値や 大切さに気づかず 無関心のうちに 生息地を破壊し続けているのです

We're all familiar/ with the macro impact of urbanization,/ climate change,/ resource exploitation,/ but when that one last plant --/ or animal/ for that matter --/ when that very last specimen has disappeared from the face of this Earth,/ we would have lost an entire subset of the Earth's biology,/ and with it,/ important plants/ with medicinal potential/ or which could have ingredients/ that would speak to the cosmetic,/ nutrition,/ pharma,/ and even the ethno-veterinary sectors,/ be gone forever.//

私たちは都市化の大規模な影響 気候変動や資源開発には詳しいですが 絶滅寸前の動植物については 最後の一頭もしくは一株が この地上から消えて初めて 私たちは 地上のある動植物を まるごと失ったことに気付くのです それらは 薬効があるかもしれない 重要な植物や 化粧品、栄養食品、医薬の材料に なるものだったかもしれません 民族獣医の分野までも 永遠に失ってしまうのです

And here/ we have a very prime example of the iconic dodo,/ which comes from Mauritius,/ and,/ of course,/ we know/ is now a symbol of extinction.//

典型例は モーリシャスに生息していた 偶像的存在のドードーです もちろん 今や絶滅種の象徴として 知られています

We know/ plants have a fundamental role/ to play.//

植物は基本的な役割を果たしています

Well,/ first of all,/ they feed us/ and they also give us/ the oxygen/ we breathe,/ but plants are also the source of important, biologically active ingredients/ that we should be studying very carefully,/ because human societies/ over the millennia,/ they have developed important knowledge,/ cultural traditions,/ and important plant-based medicinal resources.//

まず 我々の食料です 呼吸する酸素を与えてくれます また 生物学的に活性を持つ重要な成分を含み まさに とても注意深く研究しているところです というのも 人間の社会は数千年に渡り 利用を発展させて 重要な知識や 文化的伝統 そして 大切な植物由来の医薬の原料を得てきました

Here's a data point:/ 1.4 percent of the entire land surface is home to 40 percent of the species of higher plants,/35 percent of the species of vertebrates,/ and this 1.4 percent represents the 25 biodiversity hotspots/ in the world,/ and this 1.4 percent of the entire land surface already provides for 35 percent of the ecosystem services/ that vulnerable people depend on.//

データをご覧ください 地表の1.4%が 高等植物の40%の種 脊椎動物 35%の種の 住処となっています そして この1.4%が 世界の生物多様性ホットスポット 25の地域にあたります この陸地全体の1.4%の場所が 脆弱な人類が必要とする 生態系サービスの35%を供給しています

And/ as you can see,/ the island of Mauritius/ where I work/ and where I live,/ belongs to one such biodiversity hotspot,/ and I study the unique plants/ on the island/ for their biomedical applications.//

ご覧の通り 私が働き 暮らしている モーリシャス島は 生物多様性ホットスポットの1つであり 生物医学の応用のため 私は島に植生する珍しい植物を 研究しています

Now,/ let's go back again/ to that first plant/ I showed you,/ the one,/ of course,/ with different-shaped leaves and different sizes,/ Terminalia bentzoe,/ subspecies bentzoe,/ a plant only found in Mauritius.//

最初にお見せした植物に戻りましょう 葉っぱの形や大きさの異なる ターミナリア・アンソクコウノキ 亜種 アンソクコウノキは モーリシャスでのみ見つかった植物です

Now,/ the local people,/ they used a decoction of the leaves/ against infectious diseases.//

現地の人々は 伝染病の予防のために 葉っぱを 煎じ薬として使っていました

Now/ our work,/ that is,/ the scientific validation of this traditional information,/ has shown/ that precisely that leaf extract shows activity,/ potent activity,/ against a wide range of bacteria/ that could be pathogenic/ to humans.//

私たちの研究は 伝統的な情報に対して科学的な検証を試みたもので まさにその葉からの抽出物から 人間にとっての病原体となる 広範囲の細菌に対して 薬効が得られることを示しました

Now,/ could this plant be the answer to antibiotic resistance?//

この植物が 抗生物質に対する耐性の 解決となり得るのでしょうか?

You know,/ antibiotic resistance is proving to be a big challenge globally.//

ご存じの通り 抗生物質に対する耐性は 世界的に見ても難題です

While we may not be sure,/one thing is certain:/ we will not want this plant/ to disappear.//

新薬となるかどうかか分りませんが 1つだけ確かなことは この植物に絶滅して欲しくないということです

But the harsh reality is/ that this particular plant is in fact considered to be vulnerable/ in its natural habitat.//

しかし 現実は厳しく この特定の植物は 実際 自然の生息地において 脆弱であると考えられています

This brings me/ to another example.//

別の事例を紹介します

This bush here is known as baume de l'ile plate/ in the local vernacular.//

この灌木は現地の言葉で 「平らな島のレモンバーム」を意味します

The botanical name is Psiadia arguta.//

学名はシアディア・アーギタです

It's a plant/ which is rare,/ which is endemic/ to Mauritius.//

珍しい植物で モーリシャスの固有種です

It used to grow/ on the mainland,/ but through the sheer pressures of urbanization has been pushed out of the mainland,/ and we've managed to bring/ it back/ from the brink of extinction/ by developing in vitro plants/ which are now growing in the wild.//

本土に自生していましたが 都市化の影響で 本土から押しやられました 絶滅の危機から救うため 培養により発芽させ 現在は野生で育っています

Now,/one thing/ I must point out/ straightaway is/ that not all plants can be developed in vitro.//

一言申し上げておきますが すべての植物で培養が 可能なわけではありません

While we humans,/ we are happy/ in our comfort zone,/ these plants also need their ecosystem/ to be preserved,/ and they don't react --/ endemic plants don't react to very harsh changes/ in their ecosystem,/ and yet/ we know/ what are the challenges/ that climate change,/ for example,/ is posing to these plants.//

人間が落ち着ける場所で幸せを感じるように これらの植物にとっても 生態系が保護されていることが必要なのです この種は適応できません ― この固有種は生態系の激しい変化に 適応できず 例えば気候変動が これらの植物に影響し 困難をもたらしていることを 我々は知っています

Now,/ the local people again use the leaves/ in traditional medicine/ against respiratory problems.//

現地の人々は やはり葉っぱを伝統薬として 呼吸器系疾患に使います

Now,/ our preliminary labwork/ on the leaf extract has shown/ that precisely/ these leaves contain ingredients/ that are very close,/ in terms of structures,/ chemical structures,/ to those medicines/ which are sold in the chemist's shop/ against asthma.//

葉の抽出物に関する初期段階の実験で 分ったことは まさに この葉っぱに含まれる成分が 化学構造的に薬局で販売している 喘息の薬の成分と とても似ているということです

So/ who knows/ what humanity will benefit from should/ this plant decide to reveal/ all its secrets.//

この植物の秘密が 全て解き明かされたときに 人類はどんな恩恵を受けることでしょうか

Now,/ I come from the developing world/ where we are forever being challenged with this issue of population explosion.//

さて 私は発展途上国の出身で 人口爆発という問題に ずっと取り組んできました

Africa is the continent/ which is getting younger,/ and whenever one talks/ about population explosion,/one talks/ about the issue of food security/ as being the other side of the same coin.//

アフリカは若い世代が増加し 人口爆発について語る時は いつでも 食糧安全保障についても話します 表裏一体の問題だからです

Now/ this plant here,/ the baobab,/ could be part of the answer.//

このバオバブという植物が その答えとなり得るのです

It's an underutilized, neglected food plant.//

これは食料となり得る植物ですが 利用されることなく見過ごされてきました

It defines the landscape of West Africa,/ where it is known as the tree of life,/ and later/ on I will tell you/ why the Africans consider it/ to be the tree of life.//

バオバブは「命の木」として知られており 西アフリカの景観を織り成しています なぜアフリカ人が「命の木」と見なすのかは 後ほどお話しいたします

Now interestingly,/ there are many legends/ which are associated with this plant.//

興味深いことに バオバブには 多くの伝説があります

Because of its sheer size,/ it was meant to be lording over lesser plants,/ so/ God didn't/ like this arrogance,/ uprooted it,/ and planted it upside down,/ hence/ its particular shape.//

とても大きいため バオバブは小さな植物を 支配するものとみなされ この横柄さを嫌った神が バオバブを引っこ抜いて 逆さまに植えましたので 特殊な形になったのです

And/ if you look at this tree again/ within the African context,/ in West Africa,/ it's known as the palaver tree,/ because it performs great social functions.//

さて この木をアフリカ大陸や 西アフリカの視点で 見てみましょう 西アフリカではその社会的役割から 「 おしゃべりの木」と呼ばれています

Now/ if you have a problem/ in the community,/ meeting under the palaver tree/ with the chiefs/ or the tribesmen would be synonymous/ to trying to find/ a solution/ to that particular problem,/ and also to reinforce trust and respect/ among members of the community.//

村で何か問題が起こると おしゃべりの木の下で 村長や部族民が同席する 集会が開かれます 「おしゃべりの木」での集会は 特定の問題の 解決策を模索することを意味します 村民たちは 協議の結果について 信頼し 尊重します

From the scientific point of view,/ there are eight species of baobab/ in the world.//

科学的に観点からすると 世界には8種類のバオバブがあります

There's one/ from Africa,/one/ from Australia,/ and six are endemic/ to the island of Madagascar.//

アフリカに1種類 オーストラリアに1種類 マダガスカル島の固有種は 6種類もあります

The one/ I have showed/ you is the one/ from Africa,/ Adansonia digitata.//

私がお見せしたのは アフリカのもので アフリカバオバブです

Now,/ the flower,/ this beautiful white flower,/ it opens at night,/ is pollinated by bats,/ and it gives rise/ to the fruit/ which is curiously known as the monkey apple.//

さて この美しい小さく白い花は 夜に咲き コウモリによって受粉し そこから育った果実には 「モンキーアップル」という 面白い名前が付けられています

The monkeys are not stupid animals.//

サルは賢い動物なので

They know/ what's good/ for them.//

体に良いものを知っているのです

Now,/ if you open the fruit of the baobab,/ you'll see a white, floury pulp,/ which is very rich/ in nutrients/ and has got protein,/ more protein/ than in human milk.//

バオバブの実を開いてみると 白い粉がふいた果肉があります それは とても栄養価が高く 人間の母乳よりもタンパク質が多いのです

Yes, you heard right:/ more protein/ than in human milk.//

聞き違いではありません 人間の母乳よりもタンパク質が多いのです

And this is one of the reasons/ why the nutrition companies of this world,/ they are looking for this fruit/ to provide/ what we know as reinforced food.//

だから 世界の栄養食品会社が 栄養補助食品として この果実を求めています

The seeds give an oil,/ a very stable oil/ which is sought/ after by the cosmetic industry/ to give to produce body lotions,/ for example.//

種はとても良質なオイルとなるので 化粧品会社が 例えばボディローションを作るのに 使っています

And/ if you look at the trunk,/ the trunk,/ of course,/ safeguards water,/ which is often harvested by a thirsty traveler,/ and the leaves are used in traditional medicine/ against infectious disease.//

幹に目を向けると 幹は水分を含んでいるので 喉の渇いた旅人に飲まれます 葉っぱは伝染病を防ぐ 伝統薬に使われます

Now,/ you can see now/ why the Africans consider it/ to be the tree of life.//

アフリカ人がなぜ「命の木」として見るのか もうお分りですよね

It's a complete plant,/ and in fact,/ the sheer size of these trees is hiding a massive potential,/ not only/ for the pharma,/ nutrition,/ and the cosmetic industry.//

全てを備えた植物なのです 実際 大きさの中には 物凄い可能性が秘められています 医薬、栄養食品、化粧品業界 だけではありません

What I have showed you here is only the species/ from Africa,/ Adansonia digitata.//

ここでお見せしたのは アフリカの唯一の種である アフリカバオバブです

We have six species yet/ in Madagascar,/ and we don't know/ what is the potential of this plant,/ but one thing/ we know/ is/ that the flora is considered to be threatened with extinction.//

マダガスカルには6種類ありますが この植物の潜在力は よく分かっていませんが この植物相が絶滅の危惧に 瀕していることは確かです

Let me/ take you/ to Africa again,/ and introduce you/ to one of my very favorite,/ the resurrection plant.//

もう一度 アフリカに戻り 私のお気に入りの テマリカタヒバ(復活草)を ご紹介しましょう

Now here/ you'll find/ that even/ Jesus has competition.//

お分かりのように キリストの競争相手です

(笑)

Now,/ this plant here has developed remarkable tolerance/ to drought,/ which enables it/ to withstand up to 98 percent dehydration/ over the period of a year/ without damage,/ and yet/ it can regenerate itself almost completely overnight,/ over 24 hours,/ and flower.//

さて この植物は干ばつに強く 年間を通じ 98%までの脱水状態に ダメージなく耐えるのです 一昼夜 24時間かけて 完全に復活し 花を咲かせます

Now,/ us/ human beings,/ we're always/ on the lookout/ for the elixir of youth.//

私たち人間は いつでも若さの万能薬を求め

We don't want to get/ old,/ and rightly so.//

老いを嫌います

Why should/ we,/ especially/ if you can afford it?//

それを買えるのであれば買うでしょう

And this gives you/ an indication of what the plant looks like before.//

この植物は元どおりに 若返るように見えます

Now,/ if you are an inexperienced gardener,/ the first thing/ you'll do/ when you visit the garden is to uproot this plant/ because it's dead.//

ガーデニングの初心者であれば 庭に出て 枯れ死したと思ってテマリカタヒバを 抜くかもしれません

But/ if you water it,/ this is/ what you get.//

でも水をやれば このとおり復活するのです

本当に不思議ですよね

Now,/ if you look at our aging process,/ the aging process is in fact/ the loss of water/ from the upper epidermis,/ resulting in wrinkling/ as we know it,/ especially/ women,/ we are so conscious of this.//

人間の老化現象を見てみると これはまさに皮膚の外層の 水分の消失のことで 結果として皺になります 特に女性は 皺を気にしますよね

And this plant,/ in fact,/ is giving the cosmetic chemists/ very important ingredients/ that are actually finding ways/ to slow down/ the aging process/ and/ at the same time reinforce the cells/ against the onslaught of environmental toxins.//

テマリカタヒバは実際 化粧品化学者にとっては 大変重要な成分を含んでおり 実際に老化現象を遅らせる方法と同時に 環境毒素の攻撃に対し 細胞を強化する方法も模索しています

Now,/ these four examples/ I have just given/ you are just a very tiny reminder/ as/ to/ how our health/ and our survival are closely linked to the health and the resilience of our ecosystem,/ and why we should be very careful/ about preserving biodiversity.//

ご説明したこれら4つの事例を 心に留めておいてください 私たちの健康や生存に 生態系の健全性や耐久力が いかに密接に結びついているのか そして ― なぜ生物の多様性を保護すべきなのかを 忘れないでください

Every time/ a forest is cut down,/ every time/ a marsh is filled in,/ it is a potential lab/ that goes with it,/ and which we will never,/ ever/ recover.//

森林が切り倒されるたびに 湿地が埋め立てられるたびに 可能性を秘めた実験室が失われ 決して元に戻せなくなるのです

And I know/ what I'm talking/ about,/ coming from Mauritius/ and missing the dodo.//

モーリシャスの ドードーの絶滅をお話ししました

Let me/ finish with just one last example.//

最後に別の事例で締めくくります

Conservation issues are normally guided towards rare, endemic plants,/ but what we call exotic plants,/ that is,/ the ones/ which grow in many different habitats/ across the world,/ they also need to be considered.//

保護の問題というと 通常は 希少種や固有種の植物について 語られますが 世界の様々な生息地で育つ 外来植物に対しても考慮されなければ なりません

You know/ why?// Because the environment plays a very important role/ in modifying the composition of that plant.//

どうしてでしょうか? 環境がその植物の成分の修正に とても重要な役割を果たしているからです

So let's take a look/ at this plant here,/ Centella asiatica.// It's a weed.//

ここで この植物を見てみましょう ツボクサです 一種の雑草です

We call it/ a weed.//

雑草と呼んでいます

Now,/ Centella asiatica grows across the world/ in many different habitats --/ in Africa,/ in Asia --/ and this plant has been instrumental/ in providing a solution/ to that dreadful disease called leprosy/ in Madagascar/ in the 1940s.//

ツボクサは世界中の 様々な生息地 ― アフリカやアジアで生息しています 1940年代にマダガスカルで流行した ハンセン病という恐ろしい病に 効果があります

Now,/ while Centella grows across the world --/ in Africa,/ in Asia --/ the best quality Centella comes from Madagascar,/ because that Centella contains the three vital ingredients/ which are sought after by the pharma and the cosmetic companies.//

ツボクサは世界中で ― アフリカやアジアで生育していますが 最も良質のツボクサは マダガスカルで育つもので ここのツボクサは 医薬品会社や化粧品会社が求める 3つの重要な成分を含んでいるからです

And the cosmetic companies are already using it/ to make regenerating cream.//

化粧品会社は 再生クリームの成分に ツボクサを使っています

Now,/ there is an ancient saying/ that for every disease known to mankind,/ there is a plant/ to cure it.//

昔の諺に 「いかなる病気にも それを治癒する植物が 存在する」とあります

Now,/ you may not believe in ancient sayings.//

皆さんは昔の諺を信じず

You may think/ they're obsolete now/ that our science and technology are so powerful.//

時代遅れと思うかもしれません 現在は 科学とテクノロジーが 有力な手段だからです

So you may look on Centella/ as being an insignificant, humble weed,/ which,/ if destroyed,/ won't be missed.//

ツボクサは役立たずで地味な雑草で いなくなっても 振り返られることがないと 思われるかもしれませんが

But you know,/ there is no such thing/ as a weed.//

雑草とは そういうものではないのです

It's a plant.//

植物なのです

It's a living biological lab/ that may well have answers/ to the question/ that we may have,/ but we have to ensure/ that it has the right/ to live.//

生きている生物による自然の実験室で 我々が抱える質問の答えが 見つかるかもしれないのです 私たちは 植物の生きる権利も 保証しなければなりません

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

privilege

(免除・許可などの)『特権』,『特典』,恩典,恩恵

…‘に'特権(特典)を与える

hotspot

(政治上などの)係争地域

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Indian Ocean

インド洋

Mauritius

モーリシャス(インド洋の西部,モーリシャス島および周辺の小島を含む独立国)

モーリシャス島

reunion

〈U〉再結合すること

〈U〉(親しい者たちの)再会,同窓会

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

Madagascar

マダカスカル(アフリカ南東岸沖にある共和国)

bless

〈神などが〉(…を〈人〉‘に'『授ける』,恵む《『名』〈人〉+『with』+『名』》

…'を'『祝福する』

〈神〉'を'ほめたたえる,賛美する;…‘に'感謝する

…'を'清める

《「…'を'悪から守る」の意から転化して間投詞として用いて》

…'を'のろう

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

vernacular

(言葉が)その土地(国)の,その土地特有の

土地言葉の,土地言葉で書かれた

自国語;(標準語に対して)地方語

職業語,仲間言葉

endemic

(特に病気が)ある地方(住民)に特有の,風土性の;(ある地方・住民に)特有の《+『to』+『名』》

風土病,地方病

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

mainland

《通例 the~》本土,大陸(付近の島と区別した)

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

ecosystem

生態系

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

fauna

フォーナ,動物相(一地域または一時代の動物群)

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

graze

〈家畜が〉『牧草を食う』,草を食う

〈家畜が〉(草などを)食(は)む《+『on』+『名』》

〈家畜〉‘に'『牧草を食べさせる』;〈家畜〉‘を'放牧する

〈草原〉‘を'牧場に使う

〈家畜が〉〈生草〉‘を'食う

tortoise

(特に陸生の)『カメ』(亀)

poor

『貧乏な,貧しい』

『貧相な』,みすぼらしい

(一定規準よりも)劣る,落ちる

《名詞の前にのみ用いて》哀れな,不運な,かわいそうな

《名詞の前にのみ用いて》故人となった,なくなった

《名詞の前にのみ用いて》《謙そん,またはおどけて》つまらない,取るに足らない

《the~》《名詞的に》《複数扱い》貧しい人々;かわいそうな人々

eyesight

視力

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

foil

〈U〉金属の薄片,箔(はく)

〈C〉(比較・対照により他者の)引き立て役となる人(物)《+『for(to)』+『名』》

safeguard

(…に逐して)保護(予防)するもの(手段)《+『from』(『against』)+『名』》

(…から)…‘を'保護する,守る(protect)《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

probably

『たぶん』,『おそらく』

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

overlook

…‘を'『見落とす』,見逃す

‥‘を'『大目に見る』,‘に'目をつぶる

〈人が〉…‘を'『見おろす』

〈場所が〉…‘を'『見渡せる』,見おろす

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

habitat

(動・植物の)産地,生息地

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

precious

『高価な』;『貴重な』,大切な

『かけがえのない』,無駄にできない

『愛する』,いとしい(dear・beloved)

《話》《名詞の前にのみ用いて》《強調・皮肉に》とびきりの,大した

いやに気取った,凝り過ぎの

とても,非常に

かわいい人

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

insouciance

のんき,むとんじゃく

destroy

…‘を'『破壊する』,打ち壊す

〈計画・希望など〉‘を'くじく

…‘を'殺す

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

exploitation

(鉱山・資源などの)開発;活用《+『of』+『名』》

(…の)利己的な利用,(労働などの)搾取《+『of』+『名』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

specimen

(…の)『見本』,標本,実例《+『of』+『名』》

(検査のため採取された,組織・血液・尿などの)『標本』

《話》《形容詞を伴って》…の人,…なやつ

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

subset

(一組・一団などの一部を成す)小さな一組

(数学の集合論で)部分集合

biology

『生物学』

medicinal

病気(傷)を治す[力のある];薬用の;効のある

potential

可能性のある,潜在的な

可能性,潜在力

電位

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

cosmetic

(口紅・クリーム・整髪料などの)化粧品

化粧用の

あら隠しの

nutrition

(生物の)栄養摂取

栄養分,食物

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

forever

『永久に』,永遠に

常に,絶えず

prime

(重要さ・価値などにおいて)『首位の』,『主要な』

『最上等の』,最高品質の

(数が)素数の;公約数のない

〈U〉《the ~》(…の)『全盛期』・最盛期・青春・盛り《+『of』+『名』》

〈U〉《the ~》《文》(…の)初期,初め《+『of』+『名』》

=prime number

〈旧式の火器〉‘に'火薬を詰める

〈ポンプ〉‘に'呼び水をする

〈キャブレター〉‘に'燃料を入れる

〈画面・壁など〉‘に'下塗りする

(…を)〈人〉‘に'前もって教え込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

《話》(飲食物を)〈人〉‘に'詰め込む《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

dodo

ドードー(絶滅した大きな飛べない鳥)

symbol

(…の)『象徴』,シンボル《+of+名》

(化学・数学・音楽などに用いられる)(…を表す)『記号』,符号《+for+名》

extinction

消滅(絶滅)すること,(火などが)消えること;(…を)消滅(絶滅)させること,(火などが)消すこと《+『of』+『名』》

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

fee

〈C〉(弁護士などの専門家に払う)(…に対する)『料金』,謝礼,報酬,手数料《+『for』+『名』》

〈U〉(封建時代に領主から与えられた)領地,封土

…‘に'料金を払う,謝礼する

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

breathe

『呼吸する』,息をする

一息いれる,休息する

生きている,生存する

〈風などが〉そよぐ

〈空気〉‘を'『呼吸する』

(…に)…‘を'吹き込む《+『名』+『into』+『名』》

…‘を'口に出す,〈秘密など〉‘を'もらす,ささやく〈ため息など〉‘を'もらす

…‘に'一息入れさせる

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

carefully

『注意深く』,気をつけて

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

society

〈U〉《通例冠詞をつけないで》(全体として見た人間の)『社会』,世間[の人々],すべての人々

〈C〉〈U〉(特定の利害・文化を共にする人間の)『社会』

『会』,協会,クラブ

〈U〉『上流社会』[『の人々』],社交界

〈U〉交際,つきあい,社交

上流社会の,社交界の

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

cultural

『文化的な』;教養の,文化の

『栽培上の』;培養の

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

datum

dataの単数形

既知の事実

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

vertebrate

脊椎(せきつい)動物

背骨のある;脊椎動物の

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

depend

〈人が〉『頼る』,依存する,当てにする

〈物事が〉…次第である,‘に'かかっている(受動態にできない)

belong

(…の)所有である《+『to』+『名』》

(…の)『一部』(付属物)である,(…に)属する,所属する,(…の)一員である《+『to』+『名』》

《場所を表す副詞[句]を伴って》(…に)本来あるべきである,ふさわしい

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

subspecies

(生物分類学上の)亜種

decoction

煎じ出すこと;〈C〉煎出エキス;煎じ薬

infectious

(病気が)伝染する,伝染性の

(影響などが)感化しやすい,うつりやすい

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

validation

立証すること,合法化,批准

traditional

伝説の,慣習の

伝統に従った,伝統的な

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

potent

《文》(特に政治的に)有力な,強力な

(薬・酒などが)効きめのある

(議論などが)説得力のある,力強い

(男性が)性交可能な

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

range

〈U〉《時にa~》(価格・気温などの変動の)『幅』

〈U〉《時にa~》(知覚・知識などの)『範囲』,広がり

〈U〉《時にa~》(銃砲・ミサイルなどの)着弾距離,射程

〈U〉《時a~》(航空機・船舶などの)航続距離

〈C〉(銃砲の)射撃場,(ミサイルナドの)試射場

〈C〉《米》放牧地域

〈C〉(山などの)列,連なり

〈C〉(料理用の)レンジ

〈U〉《しばしばa~》(動植物の)生息(分布)区域

《副詞句を伴って》(価格・気温などがある範囲内で)『変動する』,動く

(…を)さまよう,歩き回る,(…に)及ぶ《+『over』(『through』)+『名』》

一列(一直線)に延びている

(動植物が)分布している

《副詞[句]を伴って》(ある状態に)…‘を'『並べて置く』,配列する,整列させる

…‘を'さまよう,歩き回る(受動態にできない)

《米》〈家畜〉‘を'放牧地に入れる

bacteria

『バクテリア』,細菌

pathogenic

発病させる,病原性の

antibiotic

抗生物質(ペニシリン,ストレプトマイシンなど)

抗生[物質]の

resistance

〈U〉〈C〉(…に)『抵抗』(『反抗』)『すること』;(…を)『こらえること』《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉(病気などに対する)『抵抗力』《+『against』(『to』)+『名』》

〈U〉〈C〉(またresistance movement)(権力・圧制に対する)抵抗運動,レジスタンス

〈U〉(空気の)抵抗;(電気の)抵抗

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

harsh

(感触や目・耳など五感に)『不快な』,いやな

『厳しい』(severe);過酷な(stern)

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

bush

〈C〉『低木』(たけが低く根元から多数の小枝が発生している木)

〈U〉《the bush》未開墾地,森林地

茂る,密生する;〈毛髪などが〉やぶのようになる

plate

〈C〉(通例各人用の丸い)『平皿』

〈C〉(料理の)『1皿』[『分』]《+『of』+『名』》

〈C〉料理の1人前

〈C〉(教会などの)献金皿

〈U〉《集合的に》(スプーン・皿など)金(銀)製の食器類

〈C〉(金属・ガラス・プラスチックなどの)平板,板金

〈C〉(金属・木などの)標札,ナンバープレート

〈C〉金属(石,木)版画;(本文と別刷りの)図版

〈C〉(印刷方法の)電気版,ステロ版

〈C〉(写真の)感光板

〈C〉《the~》(野球の)本塁(home plate)

(…を)…‘に'めっきする《+『名』+『with』+『名』》

(保護のために)…‘を'板金で覆う

(印刷で)…‘を'電気版(ステロ版)にする

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

brink

(がけ・河岸などの)『緑』

まぎわ

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

straightaway

一直線の

一直線の道,直線コース

すぐに,直ちに

comfort

…'を'『慰める』,元気づける

〈苦しみなど〉'を'楽にする,和らげる

〈U〉『慰め』,慰安

〈C〉『慰めを与える人』)『物』);《通例複数形で》生活を楽しくするもの

〈U〉『快適さ』,安楽

zone

(何らかの目的・特徴などによって他の地域と区別された)『地帯』,地域,地区(belt, area)

(気候によって地球を大別した)帯(たい)

《米》(交通・郵便などの)同一料金区域;(郵便番号で分けた)郵便区

(環状の)ベルト,輪,帯

…‘を'地帯(地区)に分ける

(…の目的に)〈地域〉‘を'区画規制する《+名+as(for)+名》

…‘を'帯で巻く,‘に'帯印をつける

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

react

(刺激などに)『反応する』《+『to』+『名』》

(…に)反対する,反抗する《+『against』+『名』》

(…に)影響を与える;(作用するものに)反作用する,はね返る《+『on(upon)』+『名』》

(…と)化学反応を起こす《+『with』+『名』》

pose

(絵や写真のモデルとして)『姿勢をとる』《+『for』+『名』》

(特に他人に印象づけようとして)気どる;(…の)ふりをする《+『as』+『名』》

〈モデルなど〉‘に'姿勢をとらせる;〈被写特など〉‘を'適当な位置に配する

〈『難問など』〉‘が'生じる

〈要求・質問など〉‘を'述べる,提出する

(絵や写真のためにとる)『ポーズ』,『姿勢』

(人に見せるための)ポーズ,見せかけ,気どり

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

respiratory

呼吸の,呼吸作用の,呼吸のための

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

preliminary

『準備する』,『予備の』;前置きの

《通例複数形で》準備の処置,予備行動,下準備

予備試験;前座試合;予選

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

chemist

『化学者』

《英》=pharmacist

shop

〈C〉《おもに英》『小売店』,『商店』(《米》store)

《米》(百貨店などの中にある)小さい専門店

〈C〉(サービス業の)『店』

〈C〉『仕事場』,作業場

(…で)『買物をする』《+『in』(『at』)+『名』》

《英俗》(人を)裏切る,密告する

asthma

喘息(ぜんそく)

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

continent

自制した,禁欲的な

whenever

《時の副詞節を導いて》『…するときはいつでも;』…[する]たびに

《譲歩の副詞節を導いて》『いち…でも』

いったいいつ

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

coin

(1枚の)『硬貨』(金貨・銀貨・銅貨・ニッケル貨など);〈U〉《集合的に》貨幣,硬貨

〈貨幣〉'を'鋳造する

〈金属〉'を'(貨幣に)鋳造する《+『名』+『into』+『名』》

〈新語など〉'を'作り出す;〈理由など〉'を'でっちあげる

baobab

バオバブ樹(熱帯アフリカ産の巨木)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

neglect

…‘を'『無視する』,かまわない,ほっておく

(特に不注意で)…‘を'怠る』,忘れる(disregard)

(…の)『無視』,怠慢,(…を)ほったらかしにすること《+『of』+『名』》

無視(放置)されていること(状態)

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

interestingly

おもしろく;おもしろいことには

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

lord

〈C〉『主人』,支配者;(封建時代の)『君主』,領主

〈U〉《the Lord, our Lord》『主』)しゅ)

《Lord》《呼びかけや感嘆の表現に用いて》

〈C〉『貴族』;《Lords》(英国の)上院議員たち

〈U〉《Lord》…卿(きょう)(英国の貴族および高位の官職の尊称)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

arrogance

傲慢(ごうまん),おうへい,尊大

uproot

…‘を'根こそぎ引き抜く

…‘を'根絶する

(慣れ親しんだ場所から)〈人〉‘を'追い立てる

upside

上側,上部,上方

hence

『それゆえに』,従って

『今から』

《古》ここから,あちらへ

context

〈C〉(文章の)前後関係,文脈

〈U〉(事の)周囲の情況,背景

palaver

〈U〉《話》おしゃべり,むだ話

〈C〉(昔アフリカ原住民とヨーロッパ人の間で行われた)交渉,商談;会談

《話》むだ話をする

perform

〈困難なことなど〉‘を'『成し遂げる』

〈義務・約束など〉‘を'『果たす』,履行する

〈劇など〉‘を'『上演する,演奏する』

成し遂げる,果たす

上演する,演奏する

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

tribesman

部族の一員,部族民

synonymous

同義の,類語の;(…と)同義の《+with+名》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

reinforce

…‘を'増強する,補強する

…‘に'増援する,援兵を送る

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

pollinate

〈めしべなど〉に授粉する

bat

『コウモリ』

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

fruit

〈U〉〈C〉『果物』,(植物の)実,果実

《複数形で》『農作物』(果物・穀物・野菜など)

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『成果』,結果

実を結ぶ

curiously

『物珍しそうに』,好奇心を持って

奇妙にも

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

apple

『リンゴ』;リンゴの木

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

floury

粉だらけの,粉のついた

粉っぽい,粉状の

pulp

〈U〉(果実・野菜などの)果肉

〈U〉髄質(骨髄・歯髄など)

〈U〉(製紙原料の)パルプ

〈U〉《時にa~》どろどろしたもの

《しばしば複数形で》(粗末な紙にきわもの記事を印刷した)低俗雑誌

…‘を'パルプにする;…‘を'どろどろにする

rich

『金持ちの』,『富んだ』,豊かな

《名詞的に》《the~;複数扱い》金持ちの人たち

(衣服・宝石・家具などが)高価でみごとな,ぜいたくな

(想像力などが)豊かな;(土地が)肥えた

(音・声が)豊かな,深みのある;(色が)濃い,あざやかな;(料理・酒の問が)濃くておいしい;(香りが)強い

濃度が高い;(特に食物の)栄養価が高い,(油・卵・バターなどを多く含んで)濃厚な

《話》非常におもしろい,こっけいな;《反晴的に》とんでもない,ばかげた

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

protein

蛋白(たんばく)質

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

oil

〈U〉〈C〉『油』;油状物

=petroleum

《複数形で》=oil paint

=oil painting

…‘に'油を塗る,油を引く,油を差す

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

lotion

外用水薬;化粧水,ローション

trunk

(枝および根と区別して樹木の)『幹』

(人・動物の)胴体

『トランク』旅行用箱型の大型かばん)

象の鼻

《複数形で》(文泳などスポーツ競技用の)男子用パンツ,チランクス

《米》(自動車後部の)荷物入れ,トランク(《英》boot)

=trunk line

harvest

〈C〉(穀物・果物などの)『収穫』,取り入れ

〈C〉『収穫期』,取り入れの時期

〈C〉収穫物;収穫高(量)

《a~,the~》(仕事などの)結果,報い

〈作物〉‘を'取り入れる,〈畑〉‘の'作物を取り入れる

〈結果など〉‘を'獲得する

thirsty

(人が)『のどの渇いた』

(物事が)のどを渇かせる

(土地・植物などが)乾いた

《補語にのみ用いて》《be thirsty for+名》…を『渇望(熱望)している』,しきりに求めている

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

flora

(ある地方・時代の)植物群(相),全植物

threaten

(…で)〈人〉‘を'『脅す』,脅迫する《+名〈人〉+with+名》

…‘を'『言って脅す』

〈災害などが〉…‘を'『脅かす』,‘の'脅威となる

〈物事が〉…‘の'『前兆となる』,おそれがある

脅す,脅迫する

introduce

〈人〉‘を'『紹介する』,引き合わせる

(…に)…‘を'初めて取り入れる《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

(…を)〈人〉‘に'手ほどきする,初めて経験させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈議案など〉‘を'提出する,持ち出す《+『名』+『into』+『名』》

(…に)…‘を'差し込む,持ち込む《+『名』+『into』+『名』》

(…で)…‘を'始める《+『名』+『with』+『名』》

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

resurrection

〈U〉(生命・希望などの)回復,復活,再流行《+『of』+『名』》

《the R-》キリストの復活;(最後の審判の日の)万人の復活

Jesus

『イエス』(キリスト)

これは驚いた,ちくしょう

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

laughter

『笑い』,笑い声

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

tolerance

(自分と異なる他人の意見・行動などを許す)寛大,寛容・我慢(がまん),忍耐力

(薬品・毒物などに対する)耐性,抗毒性

公差,許容誤差

drought

『干ばつ』,日照り続き

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

withstand

…‘に'『抵抗して耐える』,持ちこたえる,‘を'がまんする

dehydration

脱水,乾燥;〈体の〉脱水状態

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

regenerate

(精神的・道徳的に)〈人〉‘を'更生させる

〈願望など〉‘を'よみがえらせる;〈制度など〉‘を'刷新する

〈生物が〉〈失った部分,傷ついた部分〉‘を'再生する

更生する

よみがえる

〈生物が〉再生する

生まり変わった

改良された,再生利用された

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

completely

『完全に』,全く,十分に

overnight

『一晩じゅう』,夜通し

一夜のうちに;にわかに,急に

一晩(一夜)

夜間の;夜通しの

小旅行用の,短期宿泊用の

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

human being

人,人間

lookout

〈U〉《しばしばa~》(…に対する)警戒,注意,見張り《+『for』+『名』》

〈C〉見張り人;見張り所

〈U〉《時にa~》《英話》眺め,見晴らし;前途

〈U〉《英話》(個人の)関心事

elixir

錬金薬液(卑金属を金に変えると信じられた)

万能薬

youth

〈U〉『若さ』,年の若いこと;若々しさ,元気

〈U〉『青年時代』,青春[期];(時代などの)初期

〈C〉《しばしば軽べつして》『青年』,若者,(特に)若い男

〈U〉《集合的に》《単数・複数扱い》《文》青年,若者たち(young people)

rightly

『正確に』,間違いなく

『適切に』,ふさわしく,正当に

(道徳的に)『正しく』,正直に,公正に

especially

『特に』,特別に;きわだって

afford

《can,could,be able toと共に用いて》〈金・時間〉の『余裕がある』

《文》〈物・事が〉…'を'『与える』,供給する(provide with)

indication

〈U〉(…を)指摘(指示,表示)すること《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉表れ,徴候

inexperienced

経験のない,未熟な,不慣れな

gardener

『植木屋』,庭師,園丁

first thing

まず最初に,朝一番に

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

aging

年をとること

(ワイン・チーズなどの)熟成

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

upper

(場所・位置が)『上のほうの』,上部の

『上級の』,上位の

奥地の,上流の

靴の甲皮(こうがわ)(かかとより上の部分)

覚醒剤(これの反意語はdowner:鎮静剤)

epidermis

(動物・植物の)表皮,上皮

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

wrinkle

(布地・皮膚の)『しわ』

…‘に'『しわを寄せる』

『しわが寄る』

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

conscious

《補語にのみ用いて》『気づいている』,知っている,意識している

《補語にのみ用いて》(…に)『反応を示す』,意識(知覚)のある《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『意識した』,わざとらしい

考えることができる,意志のある

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

slow

(速度・動作などが)『遅い』,のろい

《補語または名詞の後にのみ用いて》(時計などが)『遅れている』

『ゆったりした』,あわてない

(人が)理解の遅い,頭の鈍い

(生活・パーティーなどが)『活気のない』,おもしろくない

遅く,ゆっくり(slowly)

『遅くなる』,速度を落とす《+『down』(『up』)》

…‘を'『遅くする』,‘の'速度を落とす《+『名』+『down』(『up』),+『down』(『up』)+『名』》

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

onslaught

(…への)猛攻撃,猛襲《+『on』+『名』》

environmental

環境の;自然環境の

toxin

(特にバクテリアの)毒素

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

reminder

思い出させる人(もの);(思い出させるための)助言;催促状

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

resilience

はね返り;弾力[性]

(病気や不幸などからの)回復

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

forest

〈C〉〈U〉(広い地域にわたる)『森林』,山林

〈C〉《通例単数形で》(…の)林《+『of』+『名』》

marsh

沼地,湿地(swamp)

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

lab

実験室(laboratory)

recover

…‘を'再びおおう;…‘を'張り替える

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

conservation

保存,(特に自然環境の)保護

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

towards

toward

exotic

外来の,外国産の

異国ふうの;風変わりな

considered

よく考えた,熟慮した

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

modify

旨‘を'『修正する』,変更する

…‘を'加滅する,緩和する

〈語・句・節が〉…‘を'修飾する,限定する

composition

〈U〉(文学・美術・音楽作品などの)『創作』,制作[法];『作文』,『作曲』,〈C〉作品,楽曲

〈U〉(混合物などの)『成分』《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)気質,性質,性分(constitution)

〈U〉(文学作品・音楽作品などの)構成,構想,(絵画などの)構図《+『of』+『名』》

(またcompo)〈C〉混合物,合成物

〈U〉(活字の)植字,組み

weed

〈C〉『雑草』

《the Weed》(巻き)たばこ,葉巻き;マリファナ

〈C〉(特にひょろ長い)弱々しい人

〈庭など〉の『雑草を抜く』,草を取る

(…から)〈雑草〉を抜く《+名+out of(from)+名》

Asia

『アジア』

instrumental

役立つ;(…をするのに)役立つ《+『in』 do『ing』》

楽器の,器楽の

dreadful

『恐ろしい』,ものすごい

実に不快な,ひどく悪い

《話》ひどい,つまらない

leprosy

ハンセン病,らい病

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

vital

《名詞の前にのみ用いて》『生命の』,生命に関する(必要な)

『生き生きしとた』,生気に満ちた,エネルギッシュな

『きわめて重大な』,肝要な

『命にかかわる』,致命的な

生命維持に必要な器官(心臓・肺臓・脳など)

cream

〈U〉『クリーム』(牛乳の上部に沙まる脂肪分)

〈C〉〈U〉『クリーム菓子』,クリーム製食品,クリーム状の食品

〈C〉〈U〉『化床クリーム』;クリーム状の薬品

《the cream》(…の)最上の部分,真髄,粋《+『of』+『名』》

〈U〉クリーム色

〈牛乳〉‘から'クリームをとる

…'を'クリーム状にする

〈野菜・乳〉'を'クリーム(または牛乳)で煮る

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

mankind

《集合的に》『人類』(human race),人間(human beings)

《まれ》《集合的に》『男性』,男子(men)

cure

〈病気・病人〉'を'『治療する』,なおす

〈悪癖・弊害など〉'を'『なおす』,取り除く

(塩づけ・燻製(くんせい)などにして)〈魚・肉など〉'を'保存する

〈病気が〉なおる

(塩づけ・燻製などにして)〈魚・肉などが〉保存させる

〈U〉〈C〉(病気の)『回復;治療』

〈C〉(…の)『治療薬』;『治療法』《+『for』+『名』》

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

obsolete

(言葉・習慣などが)すたれた

時代遅れの,旧式の(our of date)

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

insignificant

『無意味な』

『重要でない』,ささいな

(大きさ・量が)小さい

humble

(身分・質などが)『低い』,卑しい,そまつな;わずかな(scanty)

『控え目な』,謙そんな,出しゃばらない(modest)

甘んじて屈辱を受ける,平謝りさせられる

〈人・心など〉‘を'謙虚にする

…‘を'卑しめる,はずかしめる・「eat humble pie」で「屈辱を忍ぶ・ ひたすらわびる・甘んじて屈辱を受ける」

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画