TED日本語 - リー・クローニン: 物質に生命を吹き込む

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

生命が誕生する前に地球上にあったものは、無機質の死んだ「物質」だけでした。生命の誕生する可能性は、いかにはかないものだったのでしょうか?そして、生命の誕生には、未知の化学反応が作用したのでしょうか?化学者であるリー・クローニン氏は、いかなる物質も進化することができるという、生命についての素晴らしい定義を打ち出し、炭素を含まない無機分子の「レゴブロック・キット」を組み立て、増殖させ、競争させつつ、完全に無機的な細胞を作ることで、これらの疑問に答えようとしています。

Script

これから約15分かけてお伝えしたいのは いかにして物質に生命を 吹き込むかということです これはやや大それたことのようですが ご自身やご自身の手を ご覧になれば 生きていることが分かります さあ始めましょう この旅は40億年前の地球から始まります 有機的かつ生物学的な生命は 40億年前に登場しました 無機化学の専門家である 私の友人や同僚は分別しています 有機的な生きた世界と 無機的な死んだ世界を 私がお話ししたいのは 無機的な死んだ世界を 生きた世界に 無機生物へと変える いくつかの方法です

しかし まずは 生物学の話から始めましょう 私は生物学のとりこです 合成生物学が好きで 生きたものが好きです 生命の装置をいじるのが好きです しかし 生命の装置というのは まさに進化により 駆動していることを 忘れてはいけません また 進化は 100年以上も前に チャールズ・ダーウィンにより 確立しましたが 大勢の人にとって 依然として つかみどころのないものです ダーウィン進化論とは 一言で言うと 適者生存です ここでは 概念的に 進化を考えるのではなく 生存競争の末 生き残る者がいると言う意味での 進化を考えて見ましょう

このことを胸に 私は 化学者として 生物学で答えられていない ある問いに挑戦してみました ダーウィンの進化を起こすために 必要な物の最小単位は何か? これは極めて深遠な問いです 我々 化学者は日頃 深遠な問いには慣れていません この問題を考えてみて ふと気づきました 答えは生物学にあると そして 事実 独自に進化出来る 最小単位の物は 単一の細胞 すなわち 細菌なのです

ここから とても重要な疑問が 3つ生まれます 生命とは何か? 生物学は特別か? 生物学者はそう信じているようです 物質は進化できるか? これらの質問を逆の順番で答えると つまり 3つ目の問い 「物質は進化できるか」の 答えが分かったなら 生物学がどれだけ特別かが分かり そして あくまでも おそらくですが 生命が何たるかが 少しはわかることでしょう

ここに無機生命体があります これは死んだ結晶です これに手を加えると 生命が吹き込まれるのです そして 見ての通り 授粉、発芽、生育している感じになります この無機物は管になりました この顕微鏡下の結晶はすべて 数分前には死んでいたのに 生きているようです もちろん 生きてはいません これは私が化学実験で作った 結晶の庭です しかし これを目にしたとき 夢中になりました 生命体のように見えたからです 2、3秒間 画面の方に注目してください 構造物が育って 空間を埋めていっていますね そして これは死んでいるのです 私は確信しました 生命を真似たものを作れるのなら さらに一歩踏み出せると 生命を作れるか試してみようと

しかし 困ったことに 約10年前までは 生命体を作るのは不可能で 生命は宇宙で最も素晴らしい 奇跡だと言われていました 実際 我々は宇宙で唯一の ヒトなのです でも それじゃあ少しつまらないですよね ですので 私は化学者として 「少し待て! 本当に生命は作れないのか?」 と声を上げたかったのです そしてこれこそが 私の追求しているものなのです 私は 最初の細胞が誕生する確率は 星が誕生する確率と 同じぐらいだと思います さらに一歩踏み込んでみましょう 宇宙に融合の物理過程が あらかじめ組み込まれていたとしたら 生命の物理過程もそうでしょう 化学者の短所は ― 同時に大きな長所でもありますが ― 元素に着目したがることです 生物学では炭素が主役です そして炭素が存在する宇宙と 有機生物学では 素晴らしい生命の多様性がもたらされます 事実 遺伝子操作が可能な 素晴らしい生命体が存在します バイオハザードが起こらないよう 研究室では細心の注意を払っています

では 物質はどうでしょうか? もし物質に生命が宿れば 物質ハザードが起こるでしょうか? これは真剣な問題です 考えて下さいね もしペンが増殖できたら 困ったことになるでしょう 物質に生命を吹き込みたいなら 見方を変えなくてはいけませんし さっきのような課題もあります しかし 生命体を作る前に ちょっと考えて見ましょう 生命の特徴とは何かを この入り組んだ図を見て下さい これは細胞の反応経路の一覧です 私たちにとって細胞は間違いなく 素晴らしいものです 合成生物学者はこれらを操作します 化学者は病気の研究で 分子を調べます これらの反応経路は同時進行します 制御機構もあり 情報は転写され 触媒が作られ 色々と起こっています しかし 細胞は何をするのでしょう? 細胞は分裂し 競争し 生き残ります これこそが 生命について考える際の 原点となるのです

そして 他にどんな特徴があるでしょう? 私は 瓶の中の 炎を連想します ここに示したのは 単細胞についての記述です 単細胞は 増殖し 代謝し 化学反応によって燃焼します ですので 人工生命体を作ったり 生命の起源を知るためには エネルギーの供給源を 考える必要があります 生命を作るためには まず その起源について 考えなければいけません ダーウィンも同僚に宛てた手紙の中で 生命が誕生したのはおそらく どこかの暖かい池で ― スコットランドではなく アフリカか どこかだろう と述べています しかし 正直なところ 誰もその答えを知りません 生命の起源には問題があるからです 45億年前に遡って 化学物質に満たされた 巨大な池があるとします この物質から我々が生まれました

これから数分の話の中で 不可能に近いと感じることがあれば 思い出してください 我々は地球上の物質から生まれたのだと 我々は様々な世界を生き抜いてきました RNAの専門家は RNAの世界を語ることでしょう やがて タンパク質とDNAが生まれ 共有祖先へとつながります そして進化が起こり ― 一番面白い所です ― その結果 私たちがいます ところが 越えられない障壁があります 遺伝子を解読し 過去を遡って 皆をミトコンドリアDNAで 結びつけることは ― 可能ですが共通祖先 --DNAが読める最初の細胞 ― より前までは遡れません ここまでの道のりは謎なのです

二つ選択肢があります 一つはインテリジェント・デザイン 直接的もしくは間接的 神か宇宙人の仕業です ここでE.T.や他の生命体を持ち出すと 問題を遠くに置きなおすだけです 私は政治家ではなく科学者です 我々が考えなければいけないのは 化学的な複雑さの誕生です 最もありえそうですよね なので ある原始のスープがあり これがたまたま 20種もの アミノ酸のいい供給源でした そして何らかの形で このアミノ酸が組み合わさり 生命の誕生です しかし 「生命の誕生」とは何か? 生命とは何か? 生命の物質とは何か?

1950年代に ミラー・ユーレイは化学の フランケンシュタイン創造とも言える 素晴らしい実験を行いました 彼らは基本となる材料を反応容器に入れ これに点火し 高電流を流しました そしてスープの中身を調べたところ アミノ酸が作られていました しかし 細胞はありませんでした このため この分野の研究は 一時下火になりましたが 分析技術やコンピュータ技術の発達と共に 1980年代に再燃しました

私の研究室では 様々な反応様式で無機的生命体を 作ろうとしています 我々は1つのフラスコではなく 数十個のフラスコがつながる 循環システムの中で 反応を起こそうとしています これは3Dプリンターで流路を彫り 数滴分のわずかな流体だけで 行うことができます 大事なのは たくさんの複雑な 化学反応が 絶えず起こり続けることです しかし これはおそらく失敗に終わるでしょう もう少し集中しなくてはいけません

答えは もちろんM・I・C・Eにあります これは 化学から見て 必要となるものの覚えかたです 分子は必要でしょう しかし 代謝(Metabolism)も エネルギー(Energy)も必要です 情報(Information)も 容器(Container)も必要です 進化を起こすためには 互いに競合する容器が必要です 容器を手にするのは 車を手にするようなものです 「これが私の車だ ドライブして車を見せびらかそう」 細胞生物学でも生命の誕生について 似たような状況が あったと思います 多分 これらの組み合わせが 進化を起こします それを実験で証明するには 最小限に抑えなければいけません

ですので 我々が試みるのは 無機的な分子のレゴキットを作ることです 画面上の分子をご覧下さい これは非常に単純なキットで ブロックは3、4種類しかありません これらを組み合わせ まさに数百数千の DNAやタンパク質と同じ大きさの ナノ分子を つくることができます しかし 炭素は含みません 炭素を使うのは禁止です このレゴキットを用いれば DNAに頼らずに 複雑な情報を蓄積するのに必要な 多様性を作り出すことができます そして 容器も必要になりますが 私の研究室で つい2、3ヶ月前 これらの分子から 細胞が作り出されました 画面に写っているのは 細胞が誕生するところです そして 今度はこの中で 化学反応を起こそうとしています 私が本当に見せたいのは 細胞膜の中--本物の細胞の中に 分子を組み込むことができれば ある種の分子ダーウィン進化を 起こせるということです 分子の自然淘汰です

今お見せしている動画は 分子間の競争を示しています 分子たちは物質を巡り競争しています 彼らは全て同じ物質からできていますが 自分たちの形態が勝ち 生き残ろうとしているのです これが鍵となります 何らかの形で 分子が互いに応答し 正しい形を作って 競争するようにできれば 分子は細胞を形成し始め 細胞が増殖して競争することでしょう それが達成できるとしたら まず 分子についての 細かい話を脇に置いて

この話を大局的に考えてみましょう 現在 進化論は唯一 有機生物学の世界でだけ 成り立っています 物質の世界で進化を 起こすことができたなら もっと広義な進化論が提唱できます これはまさに一考の価値があります 宇宙にある物質の調和は 進化によりコントロール されているのでしょうか? 物質の競争を促すような力が 進化によって 働いているのでしょうか? それが出来れば 物質の進化を 探究するための新しい基盤の 開発を始められるでしょう もし自給自足できる 人工生命体を作り出すことができたなら 生命の起源について分かるだけではなく 炭素は生命に必須ではなく なんでも使うことが出来る ということが分かります さらに踏み込めば ソフトウェアに 進化を組み込んで 新技術を開発できます

小さな細胞を作ったとして これを環境中に出し 太陽の ― エネルギーを利用させたいとします 我々はそれを 電灯で照らした箱の中で進化させ 設計の力は借りずに 何が上手くいくかが分かります 生物学からのインスピレーションです 生物学では 生き残ることが出来れば 設計は重要ではありません なので物質の進化は 今後 設計手法を変えるでしょう そればかりではなく 生物学と共生する道を 模索し始めることになるでしょう 人工細胞と 本物の細胞とを融合し これまで 解決策がなかった難問を 解決できれば素晴らしいですよね 細胞生物学における大きな課題は 進化によって問題が多面化しているため 決してすべてを解明できないということです 進化はバラバラに分けて 考えることはできません 適者生存関数をどうにかして 見つけなければいけません 私が強く認識しているのは もしこれが本当に実現すれば 利己的な遺伝子という概念は 利己的な物質という 新たな概念へと発展するでしょう

私たちが最も進化した存在である この宇宙でこれは何を 意味するのでしょう? 皆さんは椅子に座っています 椅子は生物ではなく 動きません ですが 皆さんは物質から成り立ち 物質を利用し 意のままにしています 生物学や有機生物学で 進化を用いることは 私にとって とても魅力的で ワクワクさせてくれます 死んでいる物質に生命を吹き込むのに 重要な段階が 今まさにわかりかけています 繰り返しになりますが これは不可能だと思うのであれば 50億年前 人類はおらず 生命も存在していなかったことを 思い出してください このことから生命の起源と

生命の意味について 何がわかるでしょう? 化学者ですからこの際 一般的な話は止めて 具体的な話をしましょう これが生命の定義にどう影響するか? 生命の定義は難問です ですが物質を進化させ 無機生物学という分野を 切り開くことが出来れば それにより生命が定義できます 私は提言します 進化する物質は生きていると ですから進化する物質は 創ることが出来るのです

ありがとうございました

(拍手)

Chris Anderson(クリス): 時期について 一つ教えてください この研究は成功するとお考えですか? それはいつでしょうか?

Lee Cronin (リー): 多くの人の考えでは 生命は 数百万年がかりで誕生しています 我々は適切な化学反応さえ起これば これは2-3時間で起こると 考えています

クリス: それはいつになるでしょうか?

リー: できれば2年以内を目指しています

クリス: それはとてつもない話ですね (笑) 炭素を含まない生命が 別の惑星に存在する 可能性はどれぐらいあると お考えですか?

リー: 私は100%だと思います 私たちは生物学を熱狂的に 信奉しすぎです 炭素を除けば 別のことが起きます 別の事 つまり 炭素に依存しない生命が出来れば NASAに何を探すべきが提言できます 炭素ではなく 進化する物質を追い求めるべきです

クリス: ご成功をお祈りしています (リー: ありがとうございます)

(拍手)

What I'm going to try and do in the next 15 minutes or so is tell you about an idea of how we're going to make matter come alive. Now this may seem a bit ambitious, but when you look at yourself, you look at your hands, you realize that you're alive. So this is a start. Now this quest started four billion years ago on planet Earth. There's been four billion years of organic, biological life. And as an inorganic chemist, my friends and colleagues make this distinction between the organic, living world and the inorganic, dead world. And what I'm going to try and do is plant some ideas about how we can transform inorganic, dead matter into living matter, into inorganic biology.

Before we do that, I want to kind of put biology in its place. And I'm absolutely enthralled by biology. I love to do synthetic biology. I love things that are alive. I love manipulating the infrastructure of biology. But within that infrastructure, we have to remember that the driving force of biology is really coming from evolution. And evolution, although it was established well over 100 years ago by Charles Darwin and a vast number of other people, evolution still is a little bit intangible. And when I talk about Darwinian evolution, I mean one thing and one thing only, and that is survival of the fittest. And so forget about evolution in a kind of metaphysical way. Think about evolution in terms of offspring competing, and some winning.

So bearing that in mind, as a chemist, I wanted to ask myself the question frustrated by biology: What is the minimal unit of matter that can undergo Darwinian evolution? And this seems quite a profound question. And as a chemist, we're not used to profound questions every day. So when I thought about it, then suddenly I realized that biology gave us the answer. And in fact, the smallest unit of matter that can evolve independently is, in fact, a single cell -- a bacteria.

So this raises three really important questions: What is life? Is biology special? Biologists seem to think so. Is matter evolvable? Now if we answer those questions in reverse order, the third question -- is matter evolvable? -- if we can answer that, then we're going to know how special biology is, and maybe, just maybe, we'll have some idea of what life really is.

So here's some inorganic life. This is a dead crystal, and I'm going to do something to it, and it's going to become alive. And you can see, it's kind of pollinating, germinating, growing. This is an inorganic tube. And all these crystals here under the microscope were dead a few minutes ago, and they look alive. Of course, they're not alive. It's a chemistry experiment where I've made a crystal garden. But when I saw this, I was really fascinated, because it seemed lifelike. And as I pause for a few seconds, have a look at the screen. You can see there's architecture growing, filling the void. And this is dead. So I was positive that, if somehow we can make things mimic life, let's go one step further. Let's see if we can actually make life.

But there's a problem, because up until maybe a decade ago, we were told that life was impossible and that we were the most incredible miracle in the universe. In fact, we were the only people in the universe. Now, that's a bit boring. So as a chemist, I wanted to say, "Hang on. What is going on here? Is life that improbable?" And this is really the question. I think that perhaps the emergence of the first cells was as probable as the emergence of the stars. And in fact, let's take that one step further. Let's say that if the physics of fusion is encoded into the universe, maybe the physics of life is as well. And so the problem with chemists -- and this is a massive advantage as well -- is we like to focus on our elements. In biology, carbon takes center stage. And in a universe where carbon exists and organic biology, then we have all this wonderful diversity of life. In fact, we have such amazing lifeforms that we can manipulate. We're awfully careful in the lab to try and avoid various biohazards.

Well what about matter? If we can make matter alive, would we have a matterhazard? So think, this is a serious question. If your pen could replicate, that would be a bit of a problem. So we have to think differently if we're going to make stuff come alive. And we also have to be aware of the issues. But before we can make life, let's think for a second what life really is characterized by. And forgive the complicated diagram. This is just a collection of pathways in the cell. And the cell is obviously for us a fascinating thing. Synthetic biologists are manipulating it. Chemists are trying to study the molecules to look at disease. And you have all these pathways going on at the same time. You have regulation; information is transcribed; catalysts are made; stuff is happening. But what does a cell do? Well it divides, it competes, it survives. And I think that is where we have to start in terms of thinking about building from our ideas in life.

But what else is life characterized by? Well, I like think of it as a flame in a bottle. And so what we have here is a description of single cells replicating, metabolizing, burning through chemistries. And so we have to understand that if we're going to make artificial life or understand the origin of life, we need to power it somehow. So before we can really start to make life, we have to really think about where it came from. And Darwin himself mused in a letter to a colleague that he thought that life probably emerged in some warm little pond somewhere -- maybe not in Scotland, maybe in Africa, maybe somewhere else. But the real honest answer is, we just don't know, because there is a problem with the origin. Imagine way back,four and a half billion years ago, there is a vast chemical soup of stuff. And from this stuff we came.

So when you think about the improbable nature of what I'm going to tell you in the next few minutes, just remember, we came from stuff on planet Earth. And we went through a variety of worlds. The RNA people would talk about the RNA world. We somehow got to proteins and DNA. We then got to the last ancestor. Evolution kicked in -- and that's the cool bit. And here we are. But there's a roadblock that you can't get past. You can decode the genome, you can look back, you can link us all together by a mitochondrial DNA, but we can't get further than the last ancestor, the last visible cell that we could sequence or think back in history. So we don't know how we got here.

So there are two options: intelligent design, direct and indirect -- so God, or my friend. Now talking about E.T. putting us there, or some other life, just pushes the problem further on. I'm not a politician, I'm a scientist. The other thing we need to think about is the emergence of chemical complexity. This seems most likely. So we have some kind of primordial soup. And this one happens to be a good source of all 20 amino acids. And somehow these amino acids are combined, and life begins. But life begins, what does that mean? What is life? What is this stuff of life?

So in the 1950s, Miller-Urey did their fantastic chemical Frankenstein experiment, where they did the equivalent in the chemical world. They took the basic ingredients, put them in a single jar and ignited them and put a lot of voltage through. And they had a look at what was in the soup, and they found amino acids, but nothing came out, there was no cell. So the whole area's been stuck for a while, and it got reignited in the '80s when analytical technologies and computer technologies were coming on.

In my own laboratory, the way we're trying to create inorganic life is by using many different reaction formats. So what we're trying to do is do reactions -- not in one flask, but in tens of flasks, and connect them together, as you can see with this flow system, all these pipes. We can do it microfluidically, we can do it lithographically, we can do it in a 3D printer, we can do it in droplets for colleagues. And the key thing is to have lots of complex chemistry just bubbling away. But that's probably going to end in failure, so we need to be a bit more focused.

And the answer, of course, lies with mice. This is how I remember what I need as a chemist. I say, "Well I want molecules." But I need a metabolism, I need some energy. I need some information, and I need a container. Because if I want evolution, I need containers to compete. So if you have a container, it's like getting in your car. "This is my car, and I'm going to drive around and show off my car." And I imagine you have a similar thing in cellular biology with the emergence of life. So these things together give us evolution, perhaps. And the way to test it in the laboratory is to make it minimal.

So what we're going to try and do is come up with an inorganic Lego kit of molecules. And so forgive the molecules on the screen, but these are a very simple kit. There's only maybe three or four different types of building blocks present. And we can aggregate them together and make literally thousands and thousands of really big nano-molecular molecules the same size of DNA and proteins, but there's no carbon in sight. Carbon is banned. And so with this Lego kit, we have the diversity required for complex information storage without DNA. But we need to make some containers. And just a few months ago in my lab, we were able to take these very same molecules and make cells with them. And you can see on the screen a cell being made. And we're now going to put some chemistry inside and do some chemistry in this cell. And all I wanted to show you is we can set up molecules in membranes, in real cells, and then it sets up a kind of molecular Darwinism, a molecular survival of the fittest.

And this movie here shows this competition between molecules. Molecules are competing for stuff. They're all made of the same stuff, but they want their shape to win. They want their shape to persist. And that is the key. If we can somehow encourage these molecules to talk to each other and make the right shapes and compete, they will start to form cells that will replicate and compete. If we manage to do that, forget the molecular detail.

Let's zoom out to what that could mean. So we have this special theory of evolution that applies only to organic biology, to us. If we could get evolution into the material world, then I propose we should have a general theory of evolution. And that's really worth thinking about. Does evolution control the sophistication of matter in the universe? Is there some driving force through evolution that allows matter to compete? So that means we could then start to develop different platforms for exploring this evolution. So you imagine, if we're able to create a self-sustaining artificial life form, not only will this tell us about the origin of life -- that it's possible that the universe doesn't need carbon to be alive; it can use anything -- we can then take [ it ] one step further and develop new technologies, because we can then use software control for evolution to code in.

So imagine we make a little cell. We want to put it out in the environment, and we want it to be powered by the Sun. What we do is we evolve it in a box with a light on. And we don't use design anymore. We find what works. We should take our inspiration from biology. Biology doesn't care about the design unless it works. So this will reorganize the way we design things. But not only just that, we will start to think about how we can start to develop a symbiotic relationship with biology. Wouldn't it be great if you could take these artificial biological cells and fuse them with biological ones to correct problems that we couldn't really deal with? The real issue in cellular biology is we are never going to understand everything, because it's a multidimensional problem put there by evolution. Evolution can not be cut apart. You need to somehow find the fitness function. And the profound realization for me is that, if this works, the concept of the selfish gene gets kicked up a level, and we really start talking about selfish matter.

And what does that mean in a universe where we are right now the highest form of stuff? You're sitting on chairs. They're inanimate, they're not alive. But you are made of stuff, and you are using stuff, and you enslave stuff. So using evolution in biology, and in inorganic biology, for me is quite appealing, quite exciting. And we're really becoming very close to understanding the key steps that makes dead stuff come alive. And again, when you're thinking about how improbable this is, remember,five billion years ago, we were not here, and there was no life. So what will that tell us

about the origin of life and the meaning of life? But perhaps, for me as a chemist, I want to keep away from general terms; I want to think about specifics. So what does it mean about defining life? We really struggle to do this. And I think, if we can make inorganic biology, and we can make matter become evolvable, that will in fact define life. I propose to you that matter that can evolve is alive, and this gives us the idea of making evolvable matter.

Thank you very much.

(Applause)

Chris Anderson: Just a quick question on timeline. You believe you're going to be successful in this project? When?

Lee Cronin: So many people think that life took millions of years to kick in. We're proposing to do it in just a few hours, once we've set up the right chemistry.

CA: And when do you think that will happen?

LC: Hopefully within the next two years.

CA: That would be a big story. (Laughter) In your own mind, what do you believe the chances are that walking around on some other planet is non-carbon-based life, walking or oozing or something?

LC: I think it's 100 percent. Because the thing is, we are so chauvinistic to biology, if you take away carbon, there's other things that can happen. So the other thing that if we were able to create life that's not based on carbon, maybe we can tell NASA what really to look for. Don't go and look for carbon, go and look for evolvable stuff.

CA: Lee Cronin, good luck. (LC: Thank you very much.)

(Applause)

What I'm going to try and do in the next 15 minutes or so is tell you/ about an idea of how we're going to make/ matter come alive.//

これから約15分かけてお伝えしたいのは いかにして物質に生命を 吹き込むかということです

Now/ this may seem a bit ambitious,/ but when you look at yourself,/ you look at your hands,/ you realize/ that you're alive.//

これはやや大それたことのようですが ご自身やご自身の手を ご覧になれば 生きていることが分かります

So this is a start.//

さあ始めましょう

Now/ this quest started four billion years ago/ on planet Earth.//

この旅は40億年前の地球から始まります

There's been four billion years of organic, biological life.//

有機的かつ生物学的な生命は 40億年前に登場しました

And/ as an inorganic chemist,/ my friends and colleagues make this distinction/ between the organic, living world and the inorganic, dead world.//

無機化学の専門家である 私の友人や同僚は分別しています 有機的な生きた世界と 無機的な死んだ世界を

And what I'm going to try and do/ is plant some ideas/ about how we can transform inorganic, dead matter/ into living matter,/ into inorganic biology.//

私がお話ししたいのは 無機的な死んだ世界を 生きた世界に 無機生物へと変える いくつかの方法です

Before we do that,/ I want to kind/ of put biology/ in its place.//

しかし まずは 生物学の話から始めましょう

And I'm absolutely enthralled by biology.//

私は生物学のとりこです

I love to do/ synthetic biology.//

合成生物学が好きで

I love things/ that are alive.//

生きたものが好きです

生命の装置をいじるのが好きです

But within that infrastructure,/ we have to remember/ that the driving force of biology is really coming from evolution.//

しかし 生命の装置というのは まさに進化により 駆動していることを 忘れてはいけません

And evolution,/ although it was established well over 100 years ago/ by Charles Darwin and a vast number of other people,/ evolution still is a little bit intangible.//

また 進化は 100年以上も前に チャールズ・ダーウィンにより 確立しましたが 大勢の人にとって 依然として つかみどころのないものです

And when I talk about Darwinian evolution,/ I mean one thing/ and one thing only,/ and that is survival of the fittest.//

ダーウィン進化論とは 一言で言うと 適者生存です

And so forget about evolution/ in a kind of metaphysical way.//

ここでは 概念的に 進化を考えるのではなく

Think about evolution/ in terms of offspring/ competing,/ and some winning.//

生存競争の末 生き残る者がいると言う意味での 進化を考えて見ましょう

So bearing/ that in mind,/ as a chemist,/ I wanted to ask/ myself/ the question frustrated by biology:/ What is the minimal unit of matter/ that can undergo Darwinian evolution?//

このことを胸に 私は 化学者として 生物学で答えられていない ある問いに挑戦してみました ダーウィンの進化を起こすために 必要な物の最小単位は何か?

And this seems quite a profound question.//

これは極めて深遠な問いです

And/ as a chemist,/ we're not used to profound questions/ every day.//

我々 化学者は日頃 深遠な問いには慣れていません

So/ when I thought about it,/ then suddenly/ I realized/ that biology gave us/ the answer.//

この問題を考えてみて ふと気づきました 答えは生物学にあると

And/ in fact,/ the smallest unit of matter/ that can evolve/ independently is,/ in fact,/ a single cell --/ a bacteria.//

そして 事実 独自に進化出来る 最小単位の物は 単一の細胞 すなわち 細菌なのです

So this raises three really important questions:/ What is life?//

ここから とても重要な疑問が 3つ生まれます 生命とは何か?

生物学は特別か?

Biologists seem to think/ so.//

生物学者はそう信じているようです

Is matter evolvable?//

物質は進化できるか?

Now/ if we answer those questions/ in reverse order,/ the third question --/ is matter evolvable?// --/ if we can answer/ that,/ then/ we're going to know/ how special biology is,/ and maybe,/ just maybe,/ we'll have some idea of what life really is.//

これらの質問を逆の順番で答えると つまり 3つ目の問い 「物質は進化できるか」の 答えが分かったなら 生物学がどれだけ特別かが分かり そして あくまでも おそらくですが 生命が何たるかが 少しはわかることでしょう

So here's some inorganic life.//

ここに無機生命体があります

This is a dead crystal,/ and I'm going to do/ something/ to it,/ and it's going to become alive.//

これは死んだ結晶です これに手を加えると 生命が吹き込まれるのです

And you can see,/ it's kind of pollinating,/ germinating,/ growing.//

そして 見ての通り 授粉、発芽、生育している感じになります

This is an inorganic tube.//

この無機物は管になりました

And all these crystals here/ under the microscope were dead/ a few minutes ago,/ and they look alive.//

この顕微鏡下の結晶はすべて 数分前には死んでいたのに 生きているようです

Of course,/ they're not alive.//

もちろん 生きてはいません

It's a chemistry experiment/ where I've made a crystal garden.//

これは私が化学実験で作った 結晶の庭です

But when I saw this,/ I was really fascinated,/ because it seemed lifelike.//

しかし これを目にしたとき 夢中になりました 生命体のように見えたからです

And/ as I pause for a few seconds,/ have a look/ at the screen.//

2、3秒間 画面の方に注目してください

You can see/ there's architecture/ growing,/ filling the void.//

構造物が育って 空間を埋めていっていますね

And this is dead.//

そして これは死んでいるのです

So I was positive/ that,/ if somehow/ we can make/ things mimic life,/ let's go one step further.//

私は確信しました 生命を真似たものを作れるのなら さらに一歩踏み出せると

Let's see/ if we can actually make life.//

生命を作れるか試してみようと

But there's a problem,/ because up/ until maybe/ a decade ago,/ we were told/ that life was impossible/ and/ that we were the most incredible miracle/ in the universe.//

しかし 困ったことに 約10年前までは 生命体を作るのは不可能で 生命は宇宙で最も素晴らしい 奇跡だと言われていました

In fact,/ we were the only people/ in the universe.//

実際 我々は宇宙で唯一の ヒトなのです

Now,/ that's a bit boring.//

でも それじゃあ少しつまらないですよね

So/ as a chemist,/ I wanted to say,/ "Hang on.// What is going on/ here?//

ですので 私は化学者として 「少し待て! 本当に生命は作れないのか?」

Is life/ that improbable?"//

と声を上げたかったのです

And this is really the question.//

そしてこれこそが 私の追求しているものなのです

I think/ that perhaps/ the emergence of the first cells was as probable/ as the emergence of the stars.//

私は 最初の細胞が誕生する確率は 星が誕生する確率と 同じぐらいだと思います

And/ in fact,/ let's take/ that one step further.//

さらに一歩踏み込んでみましょう

Let's say/ that if the physics of fusion is encoded into the universe,/ maybe/ the physics of life is as well.//

宇宙に融合の物理過程が あらかじめ組み込まれていたとしたら 生命の物理過程もそうでしょう

And so/ the problem/ with chemists --/ and this is a massive advantage as well --/ is we like to focus/ on our elements.//

化学者の短所は ― 同時に大きな長所でもありますが ― 元素に着目したがることです

In biology,/ carbon takes center stage.//

生物学では炭素が主役です

And in a universe/ where carbon exists and organic biology,/ then/ we have all this wonderful diversity of life.//

そして炭素が存在する宇宙と 有機生物学では 素晴らしい生命の多様性がもたらされます

In fact,/ we have such amazing lifeforms/ that we can manipulate.//

事実 遺伝子操作が可能な 素晴らしい生命体が存在します

We're awfully careful/ in the lab/ to try and avoid various biohazards.//

バイオハザードが起こらないよう 研究室では細心の注意を払っています

Well/ what about matter?//

では 物質はどうでしょうか?

If we can make matter alive,/ would we have a matterhazard?//

もし物質に生命が宿れば 物質ハザードが起こるでしょうか?

So think,/ this is a serious question.//

これは真剣な問題です 考えて下さいね

If your pen could replicate,/ that would be a bit of a problem.//

もしペンが増殖できたら 困ったことになるでしょう

So/ we have to think differently/ if we're going to make/ stuff come alive.//

物質に生命を吹き込みたいなら 見方を変えなくてはいけませんし

And we also have to be aware of the issues.//

さっきのような課題もあります

But/ before we can make life,/ let's think/ for a second what life really is characterized by.//

しかし 生命体を作る前に ちょっと考えて見ましょう 生命の特徴とは何かを

この入り組んだ図を見て下さい

This is just a collection of pathways/ in the cell.//

これは細胞の反応経路の一覧です

And the cell is obviously for us/ a fascinating thing.//

私たちにとって細胞は間違いなく 素晴らしいものです

合成生物学者はこれらを操作します

Chemists are trying to study/ the molecules/ to look at disease.//

化学者は病気の研究で 分子を調べます

And you have all these pathways/ going on/ at the same time.//

これらの反応経路は同時進行します

制御機構もあり 情報は転写され 触媒が作られ 色々と起こっています

But what does a cell do?//

しかし 細胞は何をするのでしょう?

Well/ it divides,/ it competes,/ it survives.//

細胞は分裂し 競争し 生き残ります

And I think/ that is/ where we have to start/ in terms of thinking about building from our ideas/ in life.//

これこそが 生命について考える際の 原点となるのです

But what else is life characterized by?//

そして 他にどんな特徴があるでしょう?

Well,/ I like think of it/ as a flame/ in a bottle.//

私は 瓶の中の 炎を連想します

And so/ what we have/ here is a description of single cells/ replicating,/ metabolizing,/ burning through chemistries.//

ここに示したのは 単細胞についての記述です 単細胞は 増殖し 代謝し 化学反応によって燃焼します

And so/ we have to understand/ that if we're going to make/ artificial life/ or understand the origin of life,/ we need to power/ it somehow.//

ですので 人工生命体を作ったり 生命の起源を知るためには エネルギーの供給源を 考える必要があります

So/ before we can really start to make/ life,/ we have to really think about where it came from.//

生命を作るためには まず その起源について 考えなければいけません

And Darwin himself mused in a letter/ to a colleague/ that he thought/ that life probably emerged in some warm little pond somewhere --/ maybe not in Scotland,/ maybe/ in Africa,/ maybe somewhere else.//

ダーウィンも同僚に宛てた手紙の中で 生命が誕生したのはおそらく どこかの暖かい池で ― スコットランドではなく アフリカか どこかだろう と述べています

But the real honest answer is,/ we just don't know,/ because there is a problem/ with the origin.//

しかし 正直なところ 誰もその答えを知りません 生命の起源には問題があるからです

Imagine way back,/four/ and a half/ billion years ago,/ there is a vast chemical soup of stuff.//

45億年前に遡って 化学物質に満たされた 巨大な池があるとします

And from this stuff/ we came.//

この物質から我々が生まれました

So/ when you think about the improbable nature of what I'm going to tell/ you/ in the next few minutes,/ just remember,/ we came from stuff/ on planet Earth.//

これから数分の話の中で 不可能に近いと感じることがあれば 思い出してください 我々は地球上の物質から生まれたのだと

And we went through a variety of worlds.//

我々は様々な世界を生き抜いてきました

The RNA people would talk about the RNA world.//

RNAの専門家は RNAの世界を語ることでしょう

We somehow got to proteins/ and DNA.//

やがて タンパク質とDNAが生まれ

We then got to the last ancestor.//

共有祖先へとつながります

Evolution kicked in --/ and that's the cool bit.//

そして進化が起こり ― 一番面白い所です ―

And here/ we are.//

その結果 私たちがいます

But there's a roadblock/ that you can't get past.//

ところが 越えられない障壁があります

You can decode the genome,/ you can look back,/ you can link us all together/ by a mitochondrial DNA,/ but we can't get further/ than the last ancestor,/ the last visible cell/ that we could sequence or think back/ in history.//

遺伝子を解読し 過去を遡って 皆をミトコンドリアDNAで 結びつけることは ― 可能ですが共通祖先 --DNAが読める最初の細胞 ― より前までは遡れません

So we don't know/ how we got here.//

ここまでの道のりは謎なのです

So there are two options:/ intelligent design,/ direct and indirect --/ so God,/ or my friend.//

二つ選択肢があります 一つはインテリジェント・デザイン 直接的もしくは間接的 神か宇宙人の仕業です

Now talking/ about E.T./ putting us there,/ or some other life,/ just pushes the problem further/ on.//

ここでE.T.や他の生命体を持ち出すと 問題を遠くに置きなおすだけです

I'm not a politician,/ I'm a scientist.//

私は政治家ではなく科学者です

The other thing/ we need to think/ about is the emergence of chemical complexity.//

我々が考えなければいけないのは 化学的な複雑さの誕生です

This seems most likely.//

最もありえそうですよね

So we have some kind of primordial soup.//

なので ある原始のスープがあり

And this one happens to be a good source of all 20 amino acids.//

これがたまたま 20種もの アミノ酸のいい供給源でした

And somehow/ these amino acids are combined,/ and life begins.//

そして何らかの形で このアミノ酸が組み合わさり 生命の誕生です

But life begins,/ what does/ that mean?//

しかし 「生命の誕生」とは何か?

What is life?// What is this stuff of life?//

生命とは何か? 生命の物質とは何か?

So/ in the 1950s,/ Miller-Urey did their fantastic chemical Frankenstein experiment,/ where they did the equivalent/ in the chemical world.//

1950年代に ミラー・ユーレイは化学の フランケンシュタイン創造とも言える 素晴らしい実験を行いました

They took the basic ingredients,/ put them/ in a single jar/ and ignited them/ and put a lot of voltage through.//

彼らは基本となる材料を反応容器に入れ これに点火し 高電流を流しました

And they had a look/ at what was in the soup,/ and they found amino acids,/ but nothing came out,/ there was no cell.//

そしてスープの中身を調べたところ アミノ酸が作られていました しかし 細胞はありませんでした

So the whole area's been stuck for a while,/ and it got reignited in the '80s/ when analytical technologies/ and computer technologies were coming on.//

このため この分野の研究は 一時下火になりましたが 分析技術やコンピュータ技術の発達と共に 1980年代に再燃しました

In my own laboratory,/ the way/ we're trying to create/ inorganic life is by using many different reaction formats.//

私の研究室では 様々な反応様式で無機的生命体を 作ろうとしています

So/ what we're trying to do/ is do reactions --/ not in one flask,/ but in tens of flasks,/ and connect them together,/ as you can see with this flow system,/ all these pipes.//

我々は1つのフラスコではなく 数十個のフラスコがつながる 循環システムの中で 反応を起こそうとしています

We can do it microfluidically,/ we can do it lithographically,/ we can do it/ in a 3D printer,/ we can do it/ in droplets/ for colleagues.//

これは3Dプリンターで流路を彫り 数滴分のわずかな流体だけで 行うことができます

And the key thing is to have lots of complex chemistry just bubbling/ away.//

大事なのは たくさんの複雑な 化学反応が 絶えず起こり続けることです

But that's probably going to end/ in failure,/ so we need to be a bit more focused.//

しかし これはおそらく失敗に終わるでしょう もう少し集中しなくてはいけません

And the answer,/ of course,/ lies with mice.//

答えは もちろんM・I・C・Eにあります

This is/ how I remember/ what I need as a chemist.//

これは 化学から見て 必要となるものの覚えかたです

I say,/ "Well/ I want molecules."//

分子は必要でしょう

But I need a metabolism,/ I need some energy.//

しかし 代謝(Metabolism)も エネルギー(Energy)も必要です

I need some information,/ and I need a container.//

情報(Information)も 容器(Container)も必要です

Because/ if I want evolution,/ I need containers/ to compete.//

進化を起こすためには 互いに競合する容器が必要です

So/ if you have a container,/ it's like getting in your car.//

容器を手にするのは 車を手にするようなものです

"This is my car,/ and I'm going to drive around/ and show off/ my car."//

「これが私の車だ ドライブして車を見せびらかそう」

And I imagine/ you have a similar thing/ in cellular biology/ with the emergence of life.//

細胞生物学でも生命の誕生について 似たような状況が あったと思います

So these things together give us/ evolution,/ perhaps.//

多分 これらの組み合わせが 進化を起こします

And the way to test it/ in the laboratory is to make it minimal.//

それを実験で証明するには 最小限に抑えなければいけません

So/ what we're going to try and do/ is come up/ with an inorganic Lego kit of molecules.//

ですので 我々が試みるのは 無機的な分子のレゴキットを作ることです

And so forgive the molecules/ on the screen,/ but these are a very simple kit.//

画面上の分子をご覧下さい これは非常に単純なキットで

There's only maybe/ three or four different types of building blocks present.//

ブロックは3、4種類しかありません

And we can aggregate them together/ and make literally thousands and thousands of really big nano-molecular molecules/ the same size of DNA and proteins,/ but there's no carbon/ in sight.//

これらを組み合わせ まさに数百数千の DNAやタンパク質と同じ大きさの ナノ分子を つくることができます しかし 炭素は含みません

Carbon is banned.//

炭素を使うのは禁止です

And so/ with this Lego kit,/ we have/ the diversity required for complex information storage/ without DNA.//

このレゴキットを用いれば DNAに頼らずに 複雑な情報を蓄積するのに必要な 多様性を作り出すことができます

But we need to make/ some containers.//

そして 容器も必要になりますが

And just a few months ago/ in my lab,/ we were able to take these very same molecules/ and make cells/ with them.//

私の研究室で つい2、3ヶ月前 これらの分子から 細胞が作り出されました

And you can see on the screen/ a cell/ being made.//

画面に写っているのは 細胞が誕生するところです

And we're now going to put/ some chemistry inside/ and do some chemistry/ in this cell.//

そして 今度はこの中で 化学反応を起こそうとしています

And all I wanted to show/ you is we can set up/ molecules/ in membranes,/ in real cells,/ and then/ it sets up/ a kind of molecular Darwinism,/ a molecular survival of the fittest.//

私が本当に見せたいのは 細胞膜の中--本物の細胞の中に 分子を組み込むことができれば ある種の分子ダーウィン進化を 起こせるということです 分子の自然淘汰です

And this movie here shows this competition/ between molecules.//

今お見せしている動画は 分子間の競争を示しています

分子たちは物質を巡り競争しています

They're all made of the same stuff,/ but they want their shape/ to win.//

彼らは全て同じ物質からできていますが 自分たちの形態が勝ち

They want their shape/ to persist.//

生き残ろうとしているのです

And that is the key.//

これが鍵となります

If we can somehow encourage these molecules/ to talk to each other/ and make the right shapes/ and compete,/ they will start to form/ cells/ that will replicate/ and compete.//

何らかの形で 分子が互いに応答し 正しい形を作って 競争するようにできれば 分子は細胞を形成し始め 細胞が増殖して競争することでしょう

If we manage to do/ that,/ forget the molecular detail.//

それが達成できるとしたら まず 分子についての 細かい話を脇に置いて

Let's zoom out/ to/ what/ that could mean.//

この話を大局的に考えてみましょう

So/ we have this special theory of evolution/ that applies only/ to organic biology,/ to us.//

現在 進化論は唯一 有機生物学の世界でだけ 成り立っています

If we could get evolution/ into the material world,/ then/ I propose/ we should have a general theory of evolution.//

物質の世界で進化を 起こすことができたなら もっと広義な進化論が提唱できます

And that's really worth/ thinking about.//

これはまさに一考の価値があります

宇宙にある物質の調和は 進化によりコントロール されているのでしょうか?

Is there some driving force/ through evolution/ that allows matter/ to compete?//

物質の競争を促すような力が 進化によって 働いているのでしょうか?

So that means/ we could then start to develop/ different platforms/ for exploring this evolution.//

それが出来れば 物質の進化を 探究するための新しい基盤の 開発を始められるでしょう

So you imagine,/ if we're able/ to create a self-sustaining artificial life form,/ not only will/ this tell us/ about the origin of life --/ that it's possible/ that the universe doesn't need carbon/ to be alive;/ it can use anything --/ we can then take [ it ]/ one step further/ and develop new technologies,/ because we can then use software control/ for evolution/ to code in.//

もし自給自足できる 人工生命体を作り出すことができたなら 生命の起源について分かるだけではなく 炭素は生命に必須ではなく なんでも使うことが出来る ということが分かります さらに踏み込めば ソフトウェアに 進化を組み込んで 新技術を開発できます

So imagine/ we make a little cell.//

小さな細胞を作ったとして

We want to put/ it out/ in the environment,/ and we want it/ to be powered by the Sun.//

これを環境中に出し 太陽の ― エネルギーを利用させたいとします

What we do/ is we evolve it/ in a box/ with a light on.//

我々はそれを 電灯で照らした箱の中で進化させ

And we don't use design anymore.// We find/ what works.//

設計の力は借りずに 何が上手くいくかが分かります

We should take our inspiration/ from biology.//

生物学からのインスピレーションです

Biology doesn't care about the design/ unless it works.//

生物学では 生き残ることが出来れば 設計は重要ではありません

So this will reorganize the way/ we design things.//

なので物質の進化は 今後 設計手法を変えるでしょう

But not only just/ that,/ we will start to think/ about how we can start to develop/ a symbiotic relationship/ with biology.//

そればかりではなく 生物学と共生する道を 模索し始めることになるでしょう

Wouldn't it be great/ if you could take these artificial biological cells/ and fuse them/ with biological ones/ to correct problems/ that we couldn't really deal with?//

人工細胞と 本物の細胞とを融合し これまで 解決策がなかった難問を 解決できれば素晴らしいですよね

The real issue/ in cellular biology is we are never going to understand/ everything,/ because it's a multidimensional problem put there/ by evolution.//

細胞生物学における大きな課題は 進化によって問題が多面化しているため 決してすべてを解明できないということです

Evolution can not be cut apart.//

進化はバラバラに分けて 考えることはできません

You need to somehow find the fitness function.//

適者生存関数をどうにかして 見つけなければいけません

And the profound realization/ for me is/ that,/ if this works,/ the concept of the selfish gene gets kicked up/ a level,/ and we really start talking/ about selfish matter.//

私が強く認識しているのは もしこれが本当に実現すれば 利己的な遺伝子という概念は 利己的な物質という 新たな概念へと発展するでしょう

And what does/ that mean/ in a universe/ where we are right now the highest form of stuff?//

私たちが最も進化した存在である この宇宙でこれは何を 意味するのでしょう?

You're sitting/ on chairs.//

皆さんは椅子に座っています

They're inanimate,/ they're not alive.//

椅子は生物ではなく 動きません

But you are made of stuff,/ and you are using stuff,/ and you enslave stuff.//

ですが 皆さんは物質から成り立ち 物質を利用し 意のままにしています

So using evolution/ in biology,/ and in inorganic biology,/ for me is quite appealing,/ quite exciting.//

生物学や有機生物学で 進化を用いることは 私にとって とても魅力的で ワクワクさせてくれます

And we're really becoming/ very close/ to understanding the key steps/ that makes dead stuff come alive.//

死んでいる物質に生命を吹き込むのに 重要な段階が 今まさにわかりかけています

And again,/ when you're thinking/ about how improbable/ this is,/ remember,/five billion years ago,/ we were not here,/ and there was no life.//

繰り返しになりますが これは不可能だと思うのであれば 50億年前 人類はおらず 生命も存在していなかったことを 思い出してください

So/ what will/ that tell us/ about the origin of life and the meaning of life?//

このことから生命の起源と 生命の意味について 何がわかるでしょう?

But perhaps,/ for me/ as a chemist,/ I want to keep/ away/ from general terms;/ I want to think/ about specifics.//

化学者ですからこの際 一般的な話は止めて 具体的な話をしましょう

So/ what does it mean/ about defining life?//

これが生命の定義にどう影響するか?

We really struggle to do/ this.//

生命の定義は難問です

And I think,/ if we can make inorganic biology,/ and we can make/ matter become evolvable,/ that will in fact define life.//

ですが物質を進化させ 無機生物学という分野を 切り開くことが出来れば それにより生命が定義できます

I propose to you/ that matter/ that can evolve is alive,/ and this gives us/ the idea of making evolvable matter.//

私は提言します 進化する物質は生きていると ですから進化する物質は 創ることが出来るのです

Thank/ you very much.//

ありがとうございました

(Applause)/ Chris Anderson:/ Just a quick question/ on timeline.//

(拍手) Chris Anderson(クリス): 時期について 一つ教えてください

You believe you're going to be successful in this project?//

この研究は成功するとお考えですか?

When?//

それはいつでしょうか?

Lee Cronin:/ So many people think/ that life took millions of years/ to kick in.//

Lee Cronin (リー): 多くの人の考えでは 生命は 数百万年がかりで誕生しています

We're proposing to do/ it/ in just a few hours,/ once we've set up/ the right chemistry.//

我々は適切な化学反応さえ起これば これは2-3時間で起こると 考えています

CA:/ And when do you think that will happen?//

クリス: それはいつになるでしょうか?

LC:/ Hopefully/ within the next two years.//

リー: できれば2年以内を目指しています

CA:/ That would be a big story.//

クリス: それはとてつもない話ですね

(Laughter)/ In your own mind,/ what do/ you believe the chances are/ that walking around/ on some other planet is non-carbon-based life,/ walking or oozing or something?//

(笑) 炭素を含まない生命が 別の惑星に存在する 可能性はどれぐらいあると お考えですか?

LC:/ I think/ it's 100 percent.//

リー: 私は100%だと思います

Because the thing is,/ we are so chauvinistic/ to biology,/ if you take away/ carbon,/ there's other things/ that can happen.//

私たちは生物学を熱狂的に 信奉しすぎです 炭素を除けば 別のことが起きます

So the other thing/ that if we were able to create life/ that's not based on carbon,/ maybe/ we can tell NASA/ what really/ to look for.//

別の事 つまり 炭素に依存しない生命が出来れば NASAに何を探すべきが提言できます

Don't go/ and look for carbon,/ go and look for evolvable stuff.//

炭素ではなく 進化する物質を追い求めるべきです

CA:/ Lee Cronin,/ good luck.// (LC:/ Thank you very much.//) (Applause)//

クリス: ご成功をお祈りしています (リー: ありがとうございます) (拍手)

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

quest

(…の)探求,探索(search)《+『of』(『for』)+『名』》

(中世騎士の)冒険の旅;(…を捜し求めての)遠征《+『of』+『名』》

(…を)探索する《+『for』+『名』》

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

planet

『惑星』,遊星

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

inorganic

無生物の

無機の

chemist

『化学者』

《英》=pharmacist

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

distinction

〈U〉〈C〉(…の間の)『区別』,差異,相違《+『between』+『名』》,(…からの)区別《+『from』+『名』》

〈U〉(区別となる)『特徴』,特異性,(特に)優秀さ

〈C〉名誉,栄誉

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

biology

『生物学』

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

synthetic

総合の,統合的な

合成の,人造の

にせの,作りごとの

(言語が)総合的な(統語的関係を表すのに,独立した語より屈折形を広く用いるもの)

合成品,人造物

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

infrastructure

(組織の機能を助ける)下部構造,下部組織

(NATOなどの)永久[軍事]基地

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

establish

…‘を'『設立する』,創設する

(ある場所・識業などに,…として)〈人・自分〉‘を'落ち着かせる,安定させる《+『名』+『in』(『as』)+『名』》

〈法律など〉‘を'制定する

〈ある慣習・事実など〉‘を'『確立する』,世に認めさせる

〈事実など〉‘を'証明する,立証する

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

vast

『広大な』,広範囲な

(数・量・程度などにおいて)ものすごい,ばく大な

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

intangible

触れることができない

雲をつかむような,はっきりしない

survival

〈U〉(…が)生き残ること,(…の)生存,残存《+of+名》

〈C〉生存者,残存者;残存物,遺物

forget

…‘を'『忘れる』

…‘を'『怠る』,‘に'注意を払わない

…‘を'置き忘れる

…‘を'気に留めない,無視する

(…のことを)『忘れる』《+『about』+『名』(do『ing』)》

metaphysical

形而(けいじ)上学の

推論に基づく,論証的な

(理論・思想などが)きわめて抽象的な,理解しにくい

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

offspring

《単数・複数扱い》(人間や動物の)『子;子孫』

(…から)生じたもの,(…の)結果,所産《+『of』+『名』》

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

winning

決勝の,勝利を得た

(表情・性格などが)魅力のある,愛きょうのある

〈U〉勝つこと,勝利

《複数形で》(特にとばくで)勝った金,賞金

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

frustrate

〈計画・努力など〉‘を'ざ折させる,失敗させる

(計画などで)〈人〉‘を'ざ折させる,‘の'やる気をくじく《+『名』+『in』+『名』》

minimal

最小の,極小の,最近の

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

undergo

〈変化・検査など〉‘を'『受ける』,経験する(experience)

〈困難など〉‘に'耐える,あう

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

profound

『深遠な』,深い洞察力をもった

《名詞の前に用いて》《文》深い,深い所の

心の底からの,深い

『完全な』,全くの

(書物・学説などが)深みのある,難解な

suddenly

『突然に』,だしぬけに

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

independently

独立して,自主的に

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

bacteria

『バクテリア』,細菌

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

biologist

生物学者

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

crystal

〈U〉『水晶』

〈C〉『水晶製品』,水晶玉

〈U〉クリスタルグラス(透明度の高い鉛ガラス);《集合的に》クリスタルグラス製食器類(特にコップ類)

〈C〉『結晶[体]』

〈C〉《米》(時計の)ガラスぶた

『水晶[製]の』;クリスタルグラス製の;透き通った

pollinate

〈めしべなど〉に授粉する

germinate

〈種子・胞子・球根などが〉発生する,発芽する

〈種子・胞子・球根など〉‘を'発生させる,発芽させる

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

microscope

『顕微鏡』

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

chemistry

『化学』

化学的性質,化学反応,化学作用

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

garden

〈C〉『庭』,庭園

〈U〉庭面積

〈C〉《しばしば複数形で》『公園』,遊園

《Gardens》《地名の後に置いて》…街,…通り

庭いじりをする,園芸をする

〈場所・土地〉‘を'耕して庭にする

庭で育つ;庭園用の

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

lifelike

生きているような,生き写しの

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

architecture

〈U〉『建築術』,『建築学』

〈U〉〈C〉(ある時代・国などの)建築様式;(一般に)構成

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

void

(法的に)『無効な』

《文》『空虚な』,からっぽの

《補語にのみ用いて》《be void of+名》(…が)『ない』,欠けた

〈U〉《the ~》(地球の回りの)『空間』,空所,虚空

〈C〉《単数形で》(地面・壁などの)すきま,割れ目

〈C〉《単数形で》『空虚感』,物足りなさ

(法的に)…‘を'無効にする

…‘を'からにする;…‘を'排泄(はいせつ)する

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

mimic

〈人,人の話し方・しぐさなど〉‘を'まねてからかう

(欺くために)…‘に'似せる

ものまねをする人,ものまね役者

人まねをする動物;人の声をまねる鳥

《名詞の前にのみ用いて》

ものまねをする

偽りの,模擬の

擬態の

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

decade

『10年間』

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

miracle

『奇跡』,神わざ

『驚嘆すべきこと』;(…の)驚異《+『of』+『名』》

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

boring

退屈な,うんざりする

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

improbable

ありそうもない,ほんとうらしくない(unlikely)

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

emergence

出現

probable

『ありそうな』,起こりそうな

起こりそうなこと;何かしそうな人,予想される勝利者,有望な候補者

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

physics

『物理学』

fusion

〈U〉(金属などが)溶けること,融解,融合《+『of』+『名』》

〈C〉融合物

〈C〉(政党・党派などの)連合,合同;(民族などの)融合《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉核融合(nuclear fusion)

encode

…‘を'暗号化する

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

awfully

恐ろしく,すさまじく(terribly)

《話》ひどく,とても

careful

(哲が)『注意深い』,慎重な,気をつける

《補語にのみ用いて》(…を)『たいせつにする』,気にかける《+『of』+『名』(『wh-節』)》

《名詞の前にのみ用いて》(仕事などが)『入念な』,綿密な

lab

実験室(laboratory)

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

pen

〈C〉(インクを用いる筆記具全体をさして)『ペン』;万年筆,ポールペン,フェルトペン;ペン先

〈U〉《the~》文筆,著述

〈C〉《単数形で》《文》文筆家

《気どって》…‘を'書く,著す(write)

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

forgive

〈人・罪など〉‘を'『許す』,大目に見る

〈義務など〉‘を'免除する

許す

complicate

…'を'複雑にする

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

pathway

道,小道(path)

obviously

明らかに,明白に

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

disease

(体の)『病気』,疾患

(精神・道徳などの)病気,病弊

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

transcribe

…‘を'書き写す,複写する,タイプする

〈速記・録音・記録など〉‘を'書き直す

〈発音〉‘を'記号で書き表す

(他国語文字に)…‘を'書き直す《+名+into+名》

(他の楽器などのために)〈曲〉‘を'編曲する

(後日放送するために)〈ラジオ番組など〉‘を'録音する

catalyst

触媒[剤]

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

survive

…の後まで生きる, …より長生きする; 助かる; 耐える・生き残る; 残存する

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

flame

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『炎』

〈U〉炎のような輝き;炎色

〈C〉《おもに文》(…の)(燃えるような)情熱,激情《+『of』+『名』》

『炎をあげて燃える』,燃えさかる《+『up』》

(炎のように)照え映える《+『up』》

〈怒り・情熱などが〉燃え上がる;〈人が〉かっと怒り出す《+『out』(『up, forth』)》

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

description

〈U〉〈C〉(…の)『記述』,『描写』《+『of』+『名』》

〈C〉人相書き,人相

〈C〉種類,銘柄

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

himself

《強意用法》

《[代]名詞と同格に用いて》『彼自身』,彼自ら

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『彼自身を』(『に』)

muse

(…について)『深く考える』,瞑想(めいそう)する(meditate)《+『on』(『upon, over』) +『名』(do『ing』)》

probably

『たぶん』,『おそらく』

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

pond

『池』

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

Scotland

『スコットランド』(Great Britain島の北部;首都Edinburgh)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

honest

(人が)『正直な』,信頼できる

(行動などが)誠実さのある,偽りのない,ありさまの

正当[手段で得た]

本物の,混ぜ物のない(genuine)

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

soup

『スープ』

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

RNA

ribonucleic acid・リボ核酸

protein

蛋白(たんばく)質

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

kick

…‘を'『ける』,け飛ばす

(フットボールで)〈ゴール〉‘に'キックで球を入れる

(…を)ける《+『at』+『名』》

(フットボールで)キックする

〈発射した銃などが〉反動を与える,はね返る

《話》(…に)文句を言う,はねつける《+『at』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『けること』,け飛ばし

〈C〉(サッカーなどのボールの)けり,キック;けられたボール;けられたボールの飛んだ距離

〈U〉(銃などの)反動,はね返り

〈U〉〈C〉《話》(アルコール飲料の)刺激性,強さ

〈C〉〈U〉《俗》快い興奮;スリル

《複数形で》苦情(不平)の種

roadblock

(警察などによる)道路封鎖物

(一般に)進路をはばむもの

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

decode

…‘の'暗号(code)を解く

visible

『目に見える』

明らかな,明白な

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

indirect

(道などが)『真っすぐでない』,回り道の

(話し方が)遠回しの,率直でない

(結果などが)『間接的な』,二次的な

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

complexity

『複雑さ』,〈C〉複雑なもの

likely

《補語にのみ用いて》…『しそうな』,らしい

《名詞の前にのみ用いて》『ほんとうらしい』,ありそうな

『適切な』,あつらえ向きの

『たぶん』,おそらく(probably)

primordial

原始の,最初からある

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

amino acid

アミノ酸

combine

…'を'『結合する』,合同する

…'を'兼ね備える;(…と)…'を'兼ね合わさせる《+『名』+『with』+『名』》

…'を'化合させる;(…と)…'を'化合させる《+『名』+『with』+『名』》

『結合する』,連合する,合同する

(…と)化合する《+『with』+『名』》

連合,合同;(特に)企業合同,政治連合

(また『combine harvester』)(刈り取りと脱穀が同時にできる)複式収穫機,コンバイン

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

Frankenstein

〈C〉自分で創造した物に手をやいたり破滅させられたりする人

(また『Frankenstein's monster』)フランケンシュタイン,破壊的な怪物[Shell夫人の同名小説(1818)にちなんで]

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

jar

(広口の)『つぼ』,かめ,びん,ジャー

一つぼ(びん)(の…)《+『of』+『名』》

ignite

…‘に'火をつける,点火する,‘を'燃やす

火がつく,燃え始める

voltage

電圧,電圧量,ボルト数

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

computer

『計算機』;『電子計算機』

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

flask

(実験用の)フラスコ

(一般に)びん;(特に携帯用の)薄型の小びん

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

pipe

『管』,パイプ,筒(つつ)

(刻み用の)『パイプ』

笛;(1本の管から成る)管楽器(フルート・クラリネット・オーボエなど);(パイプオルガンの)音管

《複数形で》複数の管から成る楽器;パッグパイプ(bagpipe),パンの笛(Panpipe)

(船で)甲板長の号笛(呼び子);その笛の音

(鳥の)鳴き声;(人の)かん高い声

(人間・動物の)管状器官;(特に)気管

《しばしば受動態で》(…に)〈水・ガスなど〉‘を'管で送る《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

〈家・部屋など〉‘に'(…の)配管をする《+『名』+『for』+『名』》

〈曲〉‘を'笛で吹く

…‘を'かん高い声で言う(歌う)

(甲板長が)〈船員〉‘を'号笛を吹いて召集する

〈衣服〉など〉‘に'玉縁飾りをつける,〈ケーキなど〉‘に'砂糖のひも状飾りをする

笛を吹く

かん高い声で言う(歌う)

printer

印刷する人(機械);印刷屋

(コンピューターの)文字打ち出し機 プリンター

droplet

小さなしずく,小滴

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

failure

〈U〉(…における)『失敗』,不成功《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉失敗者,落後者;失敗した企て,不できなもの

〈U〉〈C〉怠慢,不履行

〈U〉〈C〉(…の)不足,欠乏《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…の)破産《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)『衰弱』,減退《+『in』(『of』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

mice

mouseの複数形

metabolism

新陳代謝,物質交代

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

container

容器,入れ物(箱・かんなど);(貨物輸送用の)コンテナ

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

aggregate

…'を'集める

総計(…に)なる《+『to』+『名』》

集まった,総計の

集合体

〈U〉〈C〉(砂利など)骨材

《the ~》総計,総額

literally

字句を追って,文字通りに

全く,ほんとうに

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

sight

〈U〉『視力』,視覚(vision)・〈U〉《時にa ~》(…を)『見ること』《+『of』+『名』》・〈U〉見える範囲,視野,視界・〈C〉『景色』,『光景』,眺め・《the sights》『名所』・〈U〉見解・〈C〉《しばしば複数形で》(望遠鏡などの)照準器,照尺,照星・〈C〉《a ~》《話》ひどいもの・《a ~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》;《副詞的に用いて》うんと,ずっと:a sight of money多額の金・…‘を'見つける,認める・

(照準器で)…‘を'ねらう, ‘に'照準を合わせる

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

membrane

(生物の)膜,皮膜

molecular

分子の,分子による

Darwinism

ダーウィン説,進化論

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

competition

〈U〉〈C〉(…との…の)『競争』《+『with』+『名』+『for』+『名』》

〈C〉試合

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

persist

(困難・障害に屈せず)『あくまでも続ける』(『やり抜く』),がん張る,固執する

『存続する』,生き残る

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

detail

〈U〉〈C〉(全体の中の個々の)『細部』,『細目』,項目;《複数形で》『詳細』

〈U〉〈C〉(全体から見て)ささいなこと

〈U〉(絵画・彫刻・建築などの)細部;細部装飾

〈C〉特別(臨時)派遣兵(部隊);特別任務

(…に)…‘を'詳しく述べる《+『名』+『to』+『名』》

(特別な任務に)〈兵・部隊〉‘を'任命する,臨時(特別)に派遣する(appoint)

zoom

〈飛行機が〉急上昇する;(一般に)急上昇する

ブーンと大きな音を立てる(立てて動く)

(映画・テレビでズームレンズによって)〈映像が〉拡大(縮小)する《+in(out)》 〈他〉

〈飛行機〉‘を'急上昇させる

(飛行機)の急角度上昇[の音];ブーンという音

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

sophistication

世間ずれ,世慣れ

洗練された考え方;高尚な好み

詭弁(きべん)を用いること

(機械・方式などの)複雑さ

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

platform

『壇』,教壇,演壇

(駅の)『プラットホーム』

(特に政党の)政策,考領

explore

〈未知・未調査の場所〉‘を'『探検する』,実地調査する

…‘を'『詳しく調べる』,調査する

探検する

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

sun

《the~》『太陽』,日

〈U〉《the~》『日光』

〈C〉恒星

〈自分〉‘を'日光にさらす

日光浴をする

box

『箱』

(の…)『1箱』《+『of』+『名』》

(劇場などの)さじき席 ます席

番小屋,詰め所

(野球で)バッターボックス;コーチャーズボックス;ピッチャーズマウンド;キャッチャーの定位置

(線で囲った)四角のわく,囲み;(新聞・雑誌の)

(郵便の)私書箱

《the box》《英俗》テレビ

…'を'箱に入れる,箱詰めにする

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

unless

『もし…でなければ』,…でないかぎり

symbiotic

(生物が)共生の

relationship

=relation 1

血縁関係,親族関係

fuse

ヒューズ

(またfuze)(爆発物などの)信管,導火線

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

fitness

(…を)適性,ふさわしさ《+『for』+『名』》

体調の良いこと

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

selfish

(人・言動などが)『利己的な』,自分本位の

gene

遺伝子

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

inanimate

生命のない(lifeless)

生気のない,退屈な(dull)

enslave

〈人〉‘を'(…の)奴隷(どれい)にする《+『名』+『to』+『名』》

appealing

心を動かす,魅力的な

exciting

(物事が)『興奮させる』

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

meaning

(・・・の)『目的』,意義《+『of』+『名』》

(吾・文の)『意味』(sense)《+『of』+『名』》

意味ありげな様子,意味深長

《名詞の前にのみ用いて》意味ありげな,意味常長な

《複合吾を作って》・・・するつもりの,の意図をもった

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

struggle

『もがく』,あがく

『戦う』,奮闘する

《a~》『非常な努力』,奮闘

『戦い』,闘争

applause

『拍手かっさい』;称賛

quick

(動作などが)『速い』,急速な,素早い;(人が)敏しょうな,機敏な

(進行・経過などが)『瞬間の』,短時間内の,すぐ終わる

(人,人の頭が)『理解の早い』,りこうな,利発な;(感覚などが)鋭敏な,鋭い

せっかちな,気の短い

《古》命のある,生きている(living)

(爪の下・傷口などの)最も敏感なところ;(感情の)いちばん痛いところ

素早く,急いで

《複合語を作って》「早く(…する)」の意を表す

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

successful

『成功した』,好結果の,上首尾の

富(地位,名声)を得た,順調な

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

Lee

リー将軍(Robert Edward ~;1807‐70;南北戦争における南軍の総司令官)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

laughter

『笑い』,笑い声

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

chauvinistic

熱狂的[狂信的・盲目的]愛国主義の、熱狂的[狂信的・盲目的]愛国心の、熱狂的忠誠の、熱狂的性差別主義の

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

NASA

The National Aeronautics and Space Administration 米国航空宇宙局

good luck

幸運

ごきげんよう;ご成功(幸運)を祈る

関連動画