TED日本語 - ソール・グリフィス: 未来の再生可能エネルギーとしての凧

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ソール・グリフィスが、彼の新しい会社Makani Powerの仕事について明らかにします。それは、巨大な凧を用いて驚くほど大量の、クリーンで再生可能なエネルギーを作り出すことです。

Script

もしあなたが私と同類なら 晴れた夏のサンフランシスコではこういうことをしているでしょう 凧を動力とする実験的な水中翼船 30ノット以上出ます 風には信じられならい力があり いろいろと びっくりするようなことができるのです そしてある日 これとさほど違わない船が たぶん世界最高速記録を打ち破るでしょう

凧は ただの子どものおもちゃではありません 凧:その歴史を簡単に述べてから 子どものお気に入りのおもちゃの 壮大な未来をお話ししましょう 凧は1000年以上の歴史を持ち 中国ではそれを軍事用に応用し 人間まで乗せました その時点で重いものも運べると知っていたのです この男に穴があるのがなぜかは分かりませんが

(笑)

1827年に ジョージ・ポコックという男が イギリスの田舎で 凧に二輪馬車を引かせて 馬の引く四輪馬車と競争しました そしてもちろん 航空産業の黎明期には たくさんの発明家たち ― ハーグリーヴズ ラングレー 電話の発明者アレグザンダー・グレアム・ベルはこれで ― 凧の飛行を試みていました

そしてこの二人がやって来て 飛行制御システムを開発するために凧を飛ばし 最後は有人動力飛行を可能にしました もちろんオーヴィルとウィルバーのライト兄弟 ライトフライヤー号です 彼らの凧による実験が この 歴史的瞬間を生み 動力で離陸して 世界最初の 12秒の有人飛行ができたのです 商用航空産業の未来の素晴らしい幕開けでした

しかし残念なことに これで凧はもとの子どものおもちゃに戻されました でもそれも 1970年代のエネルギー危機までのことです マイルス・ロイドという信じられない男が サンフランシスコ郊外にに住んでいますが 「the Journal of Energy」誌に 当時完全に無視された 画期的な論文を発表しました それはヒモの先につけた飛行機を使って 莫大な電気エネルギーを 発生させることでした 彼の発見の鍵は 自由に飛行する翼は 固定翼タービンよりも より多く空中を移動し 単位時間に より多くの力を発生させる可能性があるということでした

固定翼タービンは発達し ハブ高が100メートルまできましたが さらにそれ以上には行けません しかしさらに高いところにはもっと風があり ― 電力は2倍にもなります

現在に飛びましょう エネルギー危機はいまだに存在し 気象異状もあります 人類は12兆ワット あるいは 12テラワットを化石燃料から発電しています アル・ゴアが なぜこれら三つの目標の一つを達成する必要があるか それはつまりこの30年か40年で10兆ワットのクリーンエネルギーを なんとかして生み出す必要があることを語りました 風力は 太陽光に次ぐ二番目の再生可能な資源です 3600テラワットあり 人類をまかなう200倍の力があります その大半は高度100メートル以上の高空にあり そこに到達する技術がまだありません

そこで凧の新しい時代の夜明けになるわけです これは私たちのマウイ島の実験場で 凧を飛ばしています お見せしているのは 全ての子どものお気に入りのおもちゃによる 最初の 自律的な発電です こういうものを何千時間も飛ばすにはロボットにでもならない限り無理ですね ちょっと気分が悪くなりますよね これが 実際に10キロワットの発電をしているところで アメリカの家庭ほぼ5つを十分まかなえるもので 凧の大きさはこのピアノよりちょっと大きいくらいです そしてここで一番意義があるのは 我々が制御システムを開発していて それにより ライト兄弟のように 長時間の持続的な飛行ができることです こういう場所でも問題ありません

これは凧版の「雪の上におしっこ」で 空に航跡で名前を書いています

今後の計画をお見せします ライト兄弟の段階は越えていて メガワット級の機材を開発中で それは600メートル以上の高空で莫大なクリーンエネルギーを生み出します

この機械はどれくらい大きいのか? そう この紙飛行機が ― おっと! これがだいたい携帯電話を起動できます セスナ機なら230キロワットくらいでしょう ガルフストリーム機を貸していただけるなら 羽をもぎとって1メガワットを発電します ボーイング747だったら 6メガワット それは 今日の最大の風力タービンを凌駕します スプルースグースH-4なら15メガワットになります

無謀なことですか? ですよね しかし無謀さは過去の歴史に何度もあることです これは冷蔵庫の工場でしたが 第二次大戦中は飛行機を量産していました 第二次大戦以前 飛行機生産は毎年1000機でした 1945年には 10万機を作っていました こんな生産体制で しかも年間10万機を作れるなら 10年もあればアメリカの総電力需要を満たせます

それで これは 夢に満ちた若者の無謀な話であり たくさんの仲間がいます 幸運にも私も30人の仲間と一緒です そして 我々はあそこでクレイジーなことしている 人たちの夢を支援する必要があるのです ありがとう (拍手)

If you're at all like me, this is what you do with the sunny summer weekends in San Francisco: you build experimental kite-powered hydrofoils capable of more than 30 knots. And you realize that there is incredible power in the wind, and it can do amazing things. And one day, a vessel not unlike this will probably break the world speed record.

But kites aren't just toys like this. Kites: I'm going to give you a brief history, and tell you about the magnificent future of every child's favorite plaything. So, kites are more than a thousand years old, and the Chinese used them for military applications, and even for lifting men. So they knew at that stage they could carry large weights. I'm not sure why there is a hole in this particular man.

(Laughter)

In 1827, a fellow called George Pocock actually pioneered the use of kites for towing buggies in races against horse carriages across the English countryside. Then of course, at the dawn of aviation, all of the great inventors of the time -- like Hargreaves, like Langley, even Alexander Graham Bell, inventor of the telephone, who was flying this kite -- were doing so in the pursuit of aviation.

Then these two fellows came along, and they were flying kites to develop the control systems that would ultimately enable powered human flight. So this is of course Orville and Wilbur Wright, and the Wright Flyer. And their experiments with kites led to this momentous occasion, where we powered up and took off for the first-ever 12-second human flight. And that was fantastic for the future of commercial aviation.

But unfortunately, it relegated kites once again to be considered children's toys. That was until the 1970s, where we had the last energy crisis. And a fabulous man called Miles Loyd who lives on the outskirts of San Francisco, wrote this seminal paper that was completely ignored in the Journal of Energy about how to use basically an airplane on a piece of string to generate enormous amounts of electricity. The real key observation he made is that a free-flying wing can sweep through more sky and generate more power in a unit of time than a fixed-wing turbine.

So turbines grew. And they can now span up to three hundred feet at the hub height, but they can't really go a lot higher, and more height is where the more wind is, and more power -- as much as twice as much.

So cut to now. We still have an energy crisis, and now we have a climate crisis as well. You know, so humans generate about 12 trillion watts, or 12 terawatts, from fossil fuels. And Al Gore has spoken to why we need to hit one of these targets, and in reality what that means is in the next 30 to 40 years, we have to make 10 trillion watts or more of new clean energy somehow. Wind is the second-largest renewable resource after solar: 3600 terawatts, more than enough to supply humanity 200 times over. The majority of it is in the higher altitudes, above 300 feet, where we don't have a technology as yet to get there.

So this is the dawn of the new age of kites. This is our test site on Maui, flying across the sky. I'm now going to show you the first autonomous generation of power by every child's favorite plaything. As you can tell, you need to be a robot to fly this thing for thousands of hours. It makes you a little nauseous. And here we're actually generating about 10 kilowatts -- so, enough to power probably five United States households -- with a kite not much larger than this piano. And the real significant thing here is we're developing the control systems, as did the Wright brothers, that would enable sustained, long-duration flight. And it doesn't hurt to do it in a location like this either.

So this is the equivalent for a kite flier of peeing in the snow -- that's tracing your name in the sky.

And this is where we're actually going. So we're beyond the 12-second steps. And we're working towards megawatt-scale machines that fly at 2000 feet and generate tons of clean electricity.

So you ask, how big are those machines? Well, this paper plane would be maybe a -- oop! That would be enough to power your cell phone. Your Cessna would be 230 killowatts. If you'd loan me your Gulfstream, I'll rip its wings off and generate you a megawatt. If you give me a 747, I'll make six megawatts, which is more than the largest wind turbines today. And the Spruce Goose would be a 15-megawatt wing.

So that is audacious, you say. I agree. But audacious is what has happened many times before in history. This is a refrigerator factory, churning out airplanes for World War II. Prior to World War II, they were making 1000 planes a year. By 1945, they were making 100,000. With this factory and 100,000 planes a year, we could make all of America's electricity in about 10 years.

So really this is a story about the audacious plans of young people with these dreams. There are many of us. I am lucky enough to work with 30 of them. And I think we need to support all of the dreams of the kids out there doing these crazy things. Thank you. (Applause)

If you're at all/ like me,/ this is/ what you do with the sunny summer weekends/ in San Francisco:/ you build experimental kite-powered hydrofoils capable of more than 30 knots.//

もしあなたが私と同類なら 晴れた夏のサンフランシスコではこういうことをしているでしょう 凧を動力とする実験的な水中翼船 30ノット以上出ます

And you realize/ that there is incredible power/ in the wind,/ and it can do amazing things.//

風には信じられならい力があり いろいろと びっくりするようなことができるのです

And one day,/ a vessel not unlike this will probably break the world speed record.//

そしてある日 これとさほど違わない船が たぶん世界最高速記録を打ち破るでしょう

But kites aren't just toys like this.//

凧は ただの子どものおもちゃではありません

Kites:/ I'm going to give/ you/ a brief history,/ and tell you/ about the magnificent future of every child's favorite plaything.//

凧:その歴史を簡単に述べてから 子どものお気に入りのおもちゃの 壮大な未来をお話ししましょう

So,/ kites are more than a thousand years old,/ and the Chinese used them/ for military applications,/ and even/ for lifting men.//

凧は1000年以上の歴史を持ち 中国ではそれを軍事用に応用し 人間まで乗せました

So/ they knew at that stage/ they could carry large weights.//

その時点で重いものも運べると知っていたのです

I'm not sure/ why there is a hole/ in this particular man.//

この男に穴があるのがなぜかは分かりませんが

(Laughter)/ In 1827,/ a fellow called George Pocock actually pioneered the use of kites/ for towing buggies/ in races/ against horse carriages/ across the English countryside.//

(笑) 1827年に ジョージ・ポコックという男が イギリスの田舎で 凧に二輪馬車を引かせて 馬の引く四輪馬車と競争しました

Then of course,/ at the dawn of aviation,/ all of the great inventors of the time --/ like Hargreaves,/ like Langley,/ even Alexander Graham Bell,/ inventor of the telephone,/ who was flying this kite --/ were doing so/ in the pursuit of aviation.//

そしてもちろん 航空産業の黎明期には たくさんの発明家たち ― ハーグリーヴズ ラングレー 電話の発明者アレグザンダー・グレアム・ベルはこれで ― 凧の飛行を試みていました

Then/ these two fellows came along,/ and they were flying kites/ to develop the control systems/ that would ultimately enable powered human flight.//

そしてこの二人がやって来て 飛行制御システムを開発するために凧を飛ばし 最後は有人動力飛行を可能にしました

So this is of course/ Orville and Wilbur Wright,/ and the Wright Flyer.//

もちろんオーヴィルとウィルバーのライト兄弟 ライトフライヤー号です

And/ their experiments/ with kites led to this momentous occasion,/ where we powered up/ and took off/ for the first-ever 12-second human flight.//

彼らの凧による実験が この 歴史的瞬間を生み 動力で離陸して 世界最初の 12秒の有人飛行ができたのです

And that was fantastic/ for the future of commercial aviation.//

商用航空産業の未来の素晴らしい幕開けでした

But unfortunately,/ it relegated kites once again/ to be considered children's toys.//

しかし残念なことに これで凧はもとの子どものおもちゃに戻されました

That was/ until the 1970s,/ where we had the last energy crisis.//

でもそれも 1970年代のエネルギー危機までのことです

And a fabulous man called Miles Loyd/ who lives on the outskirts of San Francisco,/ wrote this seminal paper/ that was completely ignored in the Journal of Energy/ about how to use basically/ an airplane/ on a piece of string to generate/ enormous amounts of electricity.//

マイルス・ロイドという信じられない男が サンフランシスコ郊外にに住んでいますが 「the Journal of Energy」誌に 当時完全に無視された 画期的な論文を発表しました それはヒモの先につけた飛行機を使って 莫大な電気エネルギーを 発生させることでした

The real key observation/ he made/ is/ that a free-flying wing can sweep through more sky/ and generate more power/ in a unit of time/ than a fixed-wing turbine.//

彼の発見の鍵は 自由に飛行する翼は 固定翼タービンよりも より多く空中を移動し 単位時間に より多くの力を発生させる可能性があるということでした

So turbines/ grew.// And they can now span up to three hundred feet/ at the hub height,/ but they can't really go a lot higher,/ and more height is/ where the more wind is,/ and more power --/ as much/ as twice/ as much.//

固定翼タービンは発達し ハブ高が100メートルまできましたが さらにそれ以上には行けません しかしさらに高いところにはもっと風があり ― 電力は2倍にもなります

So cut to now.// We still have an energy crisis,/ and now/ we have a climate crisis/ as well.// You know,/ so humans generate about 12 trillion watts,/ or 12 terawatts,/ from fossil fuels.//

現在に飛びましょう エネルギー危機はいまだに存在し 気象異状もあります 人類は12兆ワット あるいは 12テラワットを化石燃料から発電しています

And Al Gore has spoken to/ why we need to hit/ one of these targets,/ and in reality/ what/ that means/ is in the next 30 to 40 years,/ we have to make/ 10 trillion watts or more of new clean energy somehow.//

アル・ゴアが なぜこれら三つの目標の一つを達成する必要があるか それはつまりこの30年か40年で10兆ワットのクリーンエネルギーを なんとかして生み出す必要があることを語りました

Wind is the second-largest renewable resource/ after solar:/ 3600 terawatts,/ more/ than enough to supply humanity/ 200 times over.//

風力は 太陽光に次ぐ二番目の再生可能な資源です 3600テラワットあり 人類をまかなう200倍の力があります

The majority of it is in the higher altitudes,/ above 300 feet,/ where we don't have a technology as yet/ to get there.//

その大半は高度100メートル以上の高空にあり そこに到達する技術がまだありません

So this is the dawn of the new age of kites.//

そこで凧の新しい時代の夜明けになるわけです

This is our test site/ on Maui,/ flying across the sky.//

これは私たちのマウイ島の実験場で 凧を飛ばしています

I'm now going to show/ you/ the first autonomous generation of power/ by every child's favorite plaything.//

お見せしているのは 全ての子どものお気に入りのおもちゃによる 最初の 自律的な発電です

As you can tell,/ you need to be a robot/ to fly this thing/ for thousands of hours.//

こういうものを何千時間も飛ばすにはロボットにでもならない限り無理ですね

It makes you/ a little nauseous.//

ちょっと気分が悪くなりますよね

And here/ we're actually generating/ about 10 kilowatts --/ so,/ enough to power probably five United States households --/ with a kite not much larger/ than this piano.//

これが 実際に10キロワットの発電をしているところで アメリカの家庭ほぼ5つを十分まかなえるもので 凧の大きさはこのピアノよりちょっと大きいくらいです

And the real significant thing here is we're developing the control systems,/ as did the Wright brothers,/ that would enable sustained, long-duration flight.//

そしてここで一番意義があるのは 我々が制御システムを開発していて それにより ライト兄弟のように 長時間の持続的な飛行ができることです

And it doesn't hurt to do/ it/ in a location/ like this either.//

こういう場所でも問題ありません

So this is the equivalent/ for a kite flier of peeing in the snow --/ that's tracing your name/ in the sky.//

これは凧版の「雪の上におしっこ」で 空に航跡で名前を書いています

And this is/ where we're actually going.//

今後の計画をお見せします

So we're beyond the 12-second steps.//

ライト兄弟の段階は越えていて

And we're working/ towards megawatt-scale machines/ that fly at 2000 feet/ and generate tons of clean electricity.//

メガワット級の機材を開発中で それは600メートル以上の高空で莫大なクリーンエネルギーを生み出します

So you ask,/ how big are those machines?//

この機械はどれくらい大きいのか?

Well,/ this paper plane would be maybe a --/ oop!//

そう この紙飛行機が ― おっと!

That would be enough/ to power your cell phone.//

これがだいたい携帯電話を起動できます

Your Cessna would be 230 killowatts.//

セスナ機なら230キロワットくらいでしょう

If you'd loan me/ your Gulfstream,/ I'll rip its wings off/ and generate you/ a megawatt.//

ガルフストリーム機を貸していただけるなら 羽をもぎとって1メガワットを発電します

If you give me/ a 747,/ I'll make six megawatts,/ which is more/ than the largest wind turbines today.//

ボーイング747だったら 6メガワット それは 今日の最大の風力タービンを凌駕します

And the Spruce Goose would be a 15-megawatt wing.//

スプルースグースH-4なら15メガワットになります

So/ that is audacious,/ you say.// I agree.//

無謀なことですか? ですよね

But audacious is/ what has happened many times/ before in history.//

しかし無謀さは過去の歴史に何度もあることです

This is a refrigerator factory,/ churning out/ airplanes/ for World War II.//

これは冷蔵庫の工場でしたが 第二次大戦中は飛行機を量産していました

Prior/ to World War II,/ they were making 1000 planes/ a year.//

第二次大戦以前 飛行機生産は毎年1000機でした

By 1945,/ they were making 100,000.//

1945年には 10万機を作っていました

With this factory and 100,000 planes/ a year,/ we could make all of America's electricity/ in about 10 years.//

こんな生産体制で しかも年間10万機を作れるなら 10年もあればアメリカの総電力需要を満たせます

So really/ this is a story/ about the audacious plans of young people/ with these dreams.// There are many of us.//

それで これは 夢に満ちた若者の無謀な話であり たくさんの仲間がいます

I am lucky enough/ to work with 30 of them.//

幸運にも私も30人の仲間と一緒です

And I think/ we need to support/ all of the dreams of the kids/ out there/ doing these crazy things.//

そして 我々はあそこでクレイジーなことしている 人たちの夢を支援する必要があるのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

sunny

(天候・場所などが)『日のよくさす(当たる)』

雲のない

(物事が)明るい,陽気な,快活な

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

San Francisco

『サンフランシスコ』(米国California州西部にある港市)

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

experimental

実験の,実験に基づく:

実験に使われる,実験用の

実験的な,試験的な

hydrofoil

水中翼,水中翼船

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

knot

『結び目』,結び

(リボンなどで作った)飾り結び

(人・物の,通例小さな)群れ,一団

(板・木材の)節,節目;(筋肉などの)隆起

困難(difficulty)

縁,絆(きずな)

ノット(1時間に1海里(約1,852m)進む速さの単位)

…‘を'『結びなわせる』《+『名』+『together』,+『together』+『名』》

…‘に'結び目をつける,‘を'結ぶ

(こぶになって)堅く結ばれる,もつれる

incredible

『信じられない』,信用できない

途方もない,驚くべき(surprising)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

vessel

(比較的大型の)『船』

(特に液体を入れる)容器,器

(動植物の)『管』,導管,脈管

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

probably

『たぶん』,『おそらく』

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

speed

〈U〉(運動・動作の)『速いこと』,速さ・〈C〉『速度』,速力(velocity) ・〈C〉(自動車などの)変速ギア・〈U〉〈C〉(写真で)

(フィルムの)感度,感光性

レンズの明るさ・シャッター速度・覚醒(かくせい)剤,興奮剤

・『急ぐ』,疾走する・《通例現在分詞形で》制限速度以上で運転する,反則の速度で走る・〈仕事・車など〉‘の'速度を上げる

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

kite

『トビ』(ワシタカ科の猛鳥)

『たこ』(凧)

toy

『おもちゃ』,玩具

小さくてちゃちな物

《名詞の前にのみ用いて》

おもちゃの,愛玩用の

(…を)いじくり回す,もてあそぶ《+with+名(doing)》

brief

『短時間の』;短期間の(short)

言葉数の少ない,簡潔な

(弁護士が裁判所に提出する)弁輪趣意書

《複数形で》(下着の)ブリーフ

〈人〉‘に'必要な指示(情報)を与える

‥‘を'要約する

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

magnificent

『壮大な』,壮麗な

すばらしい,無類の

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

plaything

遊び道具,おもちゃ

慰みもの

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

application

〈U〉(…の…への)『適用』,応用《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉『申し込み』,志願;〈C〉願書

〈U〉(薬などを)塗ること,はること;〈C〉外用薬,化粧品

〈U〉(…に)心を傾けること,専心すること《+『to』+『名』》

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

lift

(上の位置まで)…‘を'『持ち上げる』,引き上げる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘を'『上に向ける』《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(上の程度・段階まで)…‘を'『高める』,上げる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

〈禁止令・税金など〉‘を'徹廃する;〈封鎖・妨害など〉‘を'解除する

《話》(…から)…‘を'失敬する《+『名』+『from』+『名』》

〈雲・霧などが〉晴れる

『持ち上げる(『持ち上がる』)こと』

(物が)持ち上げられる距離(高さ);持ち上げる重量(分量)

(自動車などに)『乗せること』

《通例単数形で》手助け,援助

《話》《a~》精神の高揚,感情の高まり

《英》=elevator

(特にスキーヤーを運ぶ)リフト;起重機

(飛行機の翼にかかる)揚力

(靴の)かかとの皮[の1枚]

men

manの複数形

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

laughter

『笑い』,笑い声

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

George

聖ジョージ(Saint(St.)~;英国の伝説的英雄;Englandの守護聖者)

6人の英国王の名(George1世からGeorge6世まで)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pioneer

(未開地の)『開拓者』

(研究・事業などの)『駆者』,開拓者《+『in』(『of』)+『名』》

(先発して本隊のために道路や橋を作る)工兵

先駆動物(植物)(動・植物のなかった地域に最初にはいり定着した動・植物)

〈土地など〉‘を'開拓する,開拓して定住する

〈研究・事業など〉‘を'開拓する,創始する

(新しい土地の)開拓者となる《+『in』+『名』》

(…において)先駆者となる《+『in』+『名』(do『ing』)》

tow

(ロープや鎖で)〈自動車など〉‘を'引く,引っ張って行く

〈C〉引くこと;〈U〉引かれている状態

〈C〉引かれて行く車(船)

buggy

(通例)1頭立ての軽装車《米》では4輪,《英》では2輪)

《米》=baby carriage

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

carriage

〈C〉(特に自家用)『四輪馬車』

〈C〉《米》うば車(=baby carriage)

〈C〉(機械などの)可動部分,往復台;(車付き)砲架,台架

〈U〉(歩いたり立ったりしているときの)身のこなし,動作,悌度

〈C〉《粟》(列車の)車両,客車

〈U〉運搬,輸送,運送料,運賃

countryside

『いなか』,地方,田園

《集合的に》地方の住民

dawn

〈U〉〈C〉『夜明け』,暁(daybreak)

《the ~》(物事の)『始まり』,端緒《+『of』+『名』》

『夜が明ける』,明るくなる

〈物事が〉はっきりして来る,現れ始める

aviation

飛行,航空;飛行術

航空機産業

inventor

(…の)『発明者』,考案者《+『of』+『名』》

graham

(ふすまを除かない)全麦の

Bell

ベル(『Alexander Graham』~;米国の科学者,電話を発明した;1847‐1922)

telephone

〈C〉『電話機』

〈U〉『電話』(《話》phone)

〈人〉‘に'『電話をかける』

〈場所〉‘に'電話をかける

電話をかける

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

pursuit

〈U〉(…を)『追うこと』,(…の)追跡《+『of』+『名』》

〈U〉(目的・快楽などの)『追求』《+『of』+『名』》

〈C〉(一般に)仕事,趣味

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

ultimately

最後に,ついに

enable

《『enable』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)…‘に'可能(容易)にする,…‘に'(…する)能力(資格)を与える

〈物事〉‘を'可能にする,容易にする

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

flyer

=flier

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

momentous

重要な,重大な(serious)

occasion

〈C〉(事が起こる,特定の)『時』,場合

〈C〉『でき事』;(しばしば)意義深いでき事

〈U〉〈C〉『機会』,好機

〈U〉〈C〉『理由』,根拠;必要

…‘を'引き起こす,生じさせる

fantastic

『異様な』,風変わりな,奇妙な

『想像上の』,根拠のない

《話》とてもすばらしい

法外な,けたはずれの

commercial

『商業上の』,通商上の,貿易上の

営利的な,もうけ主義の;市販用の

広告放送の

(ラジオ・テレビの)コマーシャル

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

relegate

《通例受動態で》(重要でない地位・状態に)〈人・物など〉‘を'追いやる,左遷(させん)する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(人に)〈仕事義務など〉‘を'まかせる,委託する《+『名』+『to』+『名』》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

crisis

(社会上・政治上の)『重大な事態』,『難局』,危機

(人生の)重大な転機(岐路),重大事

最悪状態

fabulous

伝説上の,架空の

信じられないような,驚くべき

《話》とてもすばらしい

mile

〈C〉『マイル』(長さの単位;1609メートル)

《the ~》1マイル競走(mile race)

〈C〉《複数形で》《話》長い距離;多量,たくさん

seminal

独創的な,将来性のある

(比較変化なし)精液の

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

completely

『完全に』,全く,十分に

ignore

…‘を'『無視する』,顧みない

journal

『日誌』,日記(diary)

議事録,議事日誌

(学会・専門職業などの)定期刊行物;雑誌

『新聞』,(特に)日刊新聞

basically

基本的に,根本的に;元来は

airplane

『飛行機』(《英》aeroplane)

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

string

〈C〉〈U〉『ひも』,糸

〈C〉結びひも,リボン

〈U〉(…の)『一つなぎ』,一連《+of+名》

〈C〉(人や物事の)『一続き,』一列,一連《+of+名》

《複数形で》《話》付帯条件,ひも

〈C〉(ギター・バイオリン・ピアノなどの)『弦』

《the strings》《集合的に》(特にオーケストラの)弦楽器[奏者]

〈C〉(能力別に分けられた運動競技者の)段階,組,級

〈C〉(植物の)繊維,筋

〈ビーズなど〉‘を'ひも(糸)に通す

〈楽器・ラケット・弓など〉‘に'弦を付ける

〈ひも・糸など〉‘を'張り渡す

…‘を'一列に並べる,一続きに配列する《+out+名,+名+out》

〈植物〉の繊維(筋)を取る

generate

〈電気・熱〉‘を'『発生させる』,生む;〈文〉‘を'生成する

《文》(一般的に)…‘を'起こす,生じる

enormous

『巨大な』,ばく大な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

electricity

『電気』;電流

電気学

極度の緊張(興奮)

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

sweep

…‘を'『掃く』,掃除する

(ほうきで掃くなどして)〈ごみなど〉‘を'『取る』,集める《away(up)+名》;(…から)…‘を'取る《+《away(up)+名+from(off)+名》

(掃くように)…‘の'『上をさっと通る』,…‘を'さっとなでる(吹き抜ける);《副司句を伴って》…‘を'掃くように動かす

…‘を'押し流す,吹き飛ばす《+along(away, off)+名》;(…から)…‘を'押し流す《+『名』+『

off(from)』+『名』》

〈選挙など〉‘に'全面的に勝利をおさめる

『掃く』,掃除をする

《副詞[句]を伴って》(掃くように)『さっと通る(動く)』

《副詞[句]を伴って》〈山などが〉弓なりに伸びる

《副詞[句]を伴って》〈人が〉堂々と通り過ぎる

(…を)『掃くこと』,掃除すること,(…か)一掃《+『of』+『名』》

(…を)『さっと動かすこと』,一振り,(オールなどの)一こぎ《+of+名》

(…の)湾曲,曲線,カーブ《+of+名》

(…の及ぶ)範囲《+of+名》

(物が)押し寄せること,突進

《話》掃除人,(特に)煙突掃除人

長いオール(かい)

全面的勝利

《複数形で》=sweepstakes

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

unit

《集合的に》『構成単位』;(学習の)『単元』;(全体を構成する)部門,部隊

(特定用途の)設備[一式],器具[一そろい]

(測定基準としての)『単位』;(…の)単位《+of+名》,(…する)単位《+for doing》

正の最小整数(1)

turbine

タービン(水・蒸気・ガスの力によって回転する原動機):(a steam turbine:蒸気タービン)

grew

growの過去形

span

『スパン』,親指と小指を広げた長ざ(約9インチ=23センチ)

(ものが及ぶ限りの)長さ,伸び,範囲

(アーチ・はり・橋などの)支柱間の距離,径間,渡間(わたりま)・『短い期間』,つかの間

(親指と小指を広げて)…‘を'測る

〈橋・道路などが〉〈川・土地など〉‘に'架(か)かる,‘を'横切る,‘に'伸びる

〈川・土地など〉‘に'(橋・道路などを)架ける,渡す《+『名』+『with』+『名』》

(空間・時間的に)…‘に'及ぶ,わたる

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

hub

(車輪の)こしき,中心部

(活動などの)中心,中枢《+『of』+『名』》

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

climate

〈U〉〈C〉『気候』

〈C〉(ある特定の気候をもっている)地方,風土

〈U〉〈C〉(地域,時代の)傾向,風潮

trillion

(アメリカ・フランスでは)兆(1に0を12つけた数);(イギリス・ドイツでは)100京(1に0を18つけた数)

watt

ワット(電力の単位)

fossil

化石

時代遅れの人

化石の,化石となった

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

gore

(特に戦い,けんかなどで傷から流れ出た)血,血の塊

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

clean energy

無公害エネルギー

somehow

『どうにかして』,なんとか

《おもに話》『どういうわけか』

renewable

再開可能な

更新可能な;復活可能な;回復可能な

繰り返せる

resource

《複数形で》(国の)『資源』,物資,資産,財源・臨機応変の才,機転

〈C〉(まさかのときの)最後の手段,とっておきの手

〈C〉(…の)源泉,(…を)生み出すもの《+『of』+『名』》

〈C〉退屈しのぎ,気晴らし

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

supply

(…に)〈不足物・必要物〉を『供給する』,与える《+名+to(for)+名》

(不足物・必要物を)〈人・物〉‘に'『供給する』《+名+with+名》;(…に)…‘を'供給する《+名+to+名》

〈損害・不足など〉‘を'補う,埋め合わせる,〈必要など〉‘を'満たす

〈U〉(…の)『供給』,支給《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)『供給量』,在庫量,蓄え《+of+名》

《複数形で》(軍隊・探検隊などの)糧食,補給品

〈U〉(需要に対する)供給

《複数形で》必要品

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

altitude

〈U〉『高さ』(height)

〈C〉標高,海抜(かいばつ)

《しばしば複数形で》高所;高い地位

〈U〉〈C〉(三角形などの底辺からの)高さ;(天体の)高度,高角

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

test

(人の能力などの)『試験』,考査,テスト

(物事の)『試験』,検済,試錬,実験《+of+名》

化学分析;試薬

=test match

…‘を'『試験する』,検査する

…‘を'化学分析する

(…の)試験を受ける,試験をする《+for+名》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

autonomous

自治の,自治権のある

generation

〈C〉《the ~》《集合的に》《単数扱い》『同時代の人人』,[同]世代

〈C〉〈U〉(家の)『一代』

〈C〉世代(ある代の出生から次の代の出生までの期間,約30年)

〈U〉(電気などの)『発生』,生成《+『of』+『名』》

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

nauseous

胸の悪くなるような

kilowatt

キロワット(1000ワット;《略》『kw.,KW,K.W.』)

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

household

(雇い人を含めた)『家中の者』,一家,世帯

一家の,世帯

piano

『ピアノ』

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

sustained

持続した,一様の

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

location

〈U〉(…の)位置(場所)を捜し出すこと《+『of』+『名』》

〈C〉『位置』,場所

〈C〉(映画などの)『野外撮影地』;〈U〉ロケーション

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

pee

《俗》小便する,放尿する

《a~》《俗》小便すること

〈U〉小便

snow

〈U〉『雪』

〈C〉《単数形で》『降雪』;《複数形で》積雪

〈U〉〈C〉雪のような物;(特に)コカイン,ヘロイン

《itを主語にして》『雪が降る』

(…に)雪のように降る《+『on』+『名』》;雪のように舞い込む《+『in』》

…‘を'雪のように降らせる

…‘を'雪でおおう(閉じ込める)《+『名』+『in』(『under, up』)》

trace

〈C〉〈U〉(過去に存在した人・物・事件などの)『跡』,形跡,痕跡;(人・動物・車などの通った)跡,足跡《+of+名》

〈C〉(…の)かすかなきざし,気味,微量《+of+名》

〈C〉(記録計器の描く)線

…‘の'『跡をつける』,‘を'追跡する,〈足跡など〉‘を'たどる

(…まで)…‘の'由来(起源,原因など)をさかのぼる《+名+back(+back+名)+to+名》

(複写紙などを使って)…‘を'『[線をたどって]書き写す』

〈線・図形〉‘を'『描く』《+out+名,+名+out》

〈文字〉‘を'ていねいに書く

'‘を'捜しあてる,見つけ出す

(…に)『さかのぼる』《+back to+名》

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

towards

toward

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

ton

(重量単位の)『トン』

(容積単位の)トン(物によって異なり,木材では40立方フィート,小麦では20立方フィート)

《話》大量(の…),多数(の…)《+of+名》

plane

『平面』,水平面

『水準』,程度

《話》『飛行機』

(面が)平らな,平たんな

平面の,平面図形の;平面上にある

〈飛行機〉滑走する

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

rip

…‘を'『裂く』,破る《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈穴など〉‘を'裂いて(破って)作る

…‘を'裂いて(はうって)取る《+『out』(『off, away』)+『名,』+『名』+『out』(『off, away』)》;(…から)…‘を'破って取る《+『名』+『out of』(『off, away from』)+『名』》

〈木材〉‘を'縦びきする

裂ける,破れる

裂け目,破れ目

引き裂くこと

spruce

小ぎれいな,きちんとした,気のきいた

…‘を'小ぎれにする,きちんとする《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

身なりを整える,めかす《+『up』》

goose

〈C〉『ガチョウ』;ガチョウの雌

〈U〉ガチョウの肉

〈C〉まぬけ,ばか[な女]

audacious

(人・行為が)大胆な,勇敢な(bold)

(悪い意味で,人・行為が)大胆不敵な;厚かましい,ずうずうしい

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

refrigerator

『冷蔵庫』;冷凍室(また《おもに英話》fridge,《米古》icebox)

factory

『工場』,製作所

churn

かく乳器(クリームやミルクをかき老ぜてバターを作る)

〈クリーム・ミルク〉'を'かく乳器に入れてかき混ぜる

〈バター〉'を'かく乳器で作る

…'を'激しくかき混ぜる《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

激しく動く

world war

『世界大戦』

prior

(時間・順序が)『前の』先の;(重要さが)優先する

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

lucky

『幸運の』,運のよい

幸運をもたらす

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画