TED日本語 - ケイト・ストーン: 紙で作った...DJデッキ

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

「私は、紙とテクノロジーが大好きです」物理学者で元羊飼いのケイト・ストーンは言います。彼女は、過去10年間、紙とテクノロジーを統合しようとしてきました。通常の紙に伝導性インクを印刷し、小さな回路基板を載せる実験は、ユニークで不思議な体験をさせてくれます。今まで制作してきた、オーディオとビデオを組み込んだ新聞や、リアルタイムでエネルギー使用状況がわかるポスターをはじめ、最高に格好いい紙製ドラムとDJデッキセットをステージで披露してくれます。

Script

私は 紙とテクノロジーが大好きです そして 紙をインタラクティブにすることが仕事です 人に仕事を聞かれた時は そう答えます そう聞くと たいていの人は困惑します ですから 私の仕事内容を伝える 最も良い方法は テクノロジーを使って クリエイティブな体験をしていただくことです

その為に この場で出来ることを 考えていました 数週間前に クレイジーな考えが浮かびました DJのデッキ2台を紙に印刷して 音楽をミックスしようと 思いついたのです トークの最後に その演奏をお見せしますが ちゃんとお見せできるかどうか ドキドキしています 私は DJでもミュージシャンでもありませんので 少し不安です 私の経歴をお話しする 最も良い方法を見つけました それは 私の人生で起きた いくつかの 小さな出来事に触れることです まず 私が経験した3つの出来事を ご説明します その後に 私の仕事についてお話しします

子供の頃 私はワイヤに心を奪われていました カーペットの下にワイヤを通したり 壁の裏に通したりして 小さなスイッチやスピーカーをつなげ 人目に付かない方法で 自分の部屋を インタラクティブにしたかったのです 同時にワイヤレスにも とても興味がありました 小さなFM送信機を作れる キットを買い 古い本の中身をくり抜き その中に送信機を 隠し入れました それを父の部屋に置き 自分の部屋にこっそり戻って ラジオをつけ 盗み聞きをしました 父の話す内容には 興味がありませんでした 興味があったのは 身近にあるものに 何かを入れるだけで いつもと違うことができる ということでした

数年後 私は すべての試験に見事に落ちました 私は たいした成果もないまま 学校を去りました 恐らく その褒美として 両親から 渡されたものはオーストラリアへの 片道切符でした 4年後に 帰国するまで

私は人里はなれた農場で過ごしました ニューサウスウェールズ州の西部にある 約500k㎡の広さの農場です 22,000頭の羊が飼育され 気温は 摂氏40度前後 つまり 華氏100度くらいでした この農場には 農夫とその妻 4歳の娘が暮らしていました 彼らは私を農家の一員として 迎え入れ 農場での生き方や働き方を 教えてくれました もちろん 最も大事な物は羊です 私の仕事は 何から何まで すべてでした 羊を敷地に戻すことに関するすべてです 私達は フェンスを建てたり バイクや馬を使ったりして 季節になると羊を 毛刈り小屋まで移動させるのです そこで私が学んだのは その当時は 誰もが思うように 指示どおりに動かない羊は 馬鹿だと思っていましたが 今 思えば― ここ数週間 過去を振り返って気付いたのですが 羊はまったく 馬鹿ではなく 私たちが 彼らの望まない環境を 作っていたから 羊は私たちの指示を 実行したくなかっただけなのです ですから 苦労したことは どの様に羊を思い通りに 動かすかでした 天候や地勢を読み 環境を整え 私たちの意図する方向に 羊が流れるようにしていたのです

数年後 私は ケンブリッジ大学の キャヴェンディッシュ研究所で 物理学の博士課程にいました 博士号のテーマは 電子を一つずつ動かすことでした ここで再び「気付き」がありました 私が何をしていたか振り返ると この研究が 羊を動かすことと ほぼ 同じだと気付きました 本当に同じなのです 動かすのではなく 動くように環境を整えるのです ここで大事なことを学びました 物に働きかけるのではなく 環境を変えることで 物が動くのです そこで私たちは スケールを小さくし 30ナノメートルくらいの大きさで 行っていたわけです 液体ヘリウム程の低温度にして 電圧を変えて 環境を変えることで 電子が一つずつ動き 電流は グラフ上で輪を描くように変化し オン・オフの形になり 小さなメモリの役割を果たします

私は さらに一歩進めて 電子を一つ動かすだけで オンとオフ それぞれの状態を実現したいと思いました 周りからは それは無理だと言われました 他の人からそう言われると 実現したくなります 私は決心し 実現できるのだと 証明できました この過程で役立ったのは あの農場の経験でした 農場で働いていた時は 周りにある物を使うしかなく 環境を味方にすると 「できない」 ような事は 何もなかったのです なぜなら 必要なことが できなければ 命の危機を感じるような 環境だったからです そのような危機的状況も目にしました

今 私が夢中になっているのは 印刷です 私が魅力を感じるのは 私たちの身近な物によく印刷されているような 既存のプリント技術を使い 紙やカードを インタラクティブにするというアイデアです 私が このプロジェクトを始めた時 印刷会社に説明し 伝導性インクで紙に印刷したいと 伝えました 彼らは 「無理だ」と言いました また 私の好きな状況です そこで私は クレジットカード10枚と ローンを組み ほとんど 破産しかけましたが 大きな印刷機を購入しました 使い方をまったく知らずに です それは 長さ5mもあり 床と私がインクまみれになりました そこら辺インクだらけになりましたが 印刷方法をマスターしました 印刷会社に戻り 出来あがった印刷物を見せると 彼らは 「もちろん出来るさ」 「どうして最初から ここに来なかったんだい?」 いつも こんな調子です

私たちが行っているのは 既存の印刷機を使って 伝導性インクを作り プリンターを使って印刷します そうして 何枚もの紙に何十万もの 電子を流します 紙をインタラクティブにするのです とても シンプルな工程です 以前からあるものを 集めただけですが 違う方法でまとめたのです 例えば 伝導性インクで印刷した紙に 小さな基盤を取り付け チップを2つ載せます 1つは容量性タッチソフトウェアを動かし 触った場所を検知します 通常 もう1つのチップで 無線制御ソフトを走らせ 紙がワイヤレスで接続できるようにします

それでは 私達が創った作品を いくつかご紹介します 私達は 様々な物を創りました これは その1つです 私はケーキが大好きだからです そして これは 大きなポスターです 後ろにスピーカーがあり 触ってみると ポスターがあなたに話しかけます そして 質問します その答えから ピッタリのケーキを考えます ですが その場では該当するケーキを教えません あなたにピッタリのケーキの その画像と理由を 私達のフェイスブックやツイッターで ご覧になれます 私達は 物質世界とデジタル世界の間を このような方法で 繋ごうとしています スクリーンではなく 普通に眺める ポスターのような ものでつなげるのです

私達は 複数の大学と連携し インタラクティブな 新聞印刷用紙に取り組んでいます 例えばこんな新聞も作りました 一見 普通の新聞ですが ワイヤレスヘッドフォンを着け 新聞を触ると 音楽が聞こえます 上に説明はありますが 読むことはできないものです 記者会見の様子を聞くこともできます と同時に その記者の書いた 会見に関する 社説を読むことができます フェイスブックの「いいね!」ボタンを押したり アンケートに答えたりすることも 可能です

他に私が創ったのは 数年前に思いついたアイデアですが こんなプロジェクトです 政府から助成を受け エネルギー効率の良い建物向けに ユーザー主体の設計をしました 私も 最初は理解していませんでした ですが ワークショップに行くと すぐに理解できました 人々がエネルギーを効率的に 使う気になるものを 作りたいと思いました 電力計の目盛を読んで エネルギー使用量を確認する代わりに ワイヤレスで接続する ポスターを作ることにしました 色が変化するインクを使い エネルギーを効率よく使うと 葉が現れ ウサギが現れ すべてが良くなるのです 効率が悪ければ 落書きが現れ 葉は落ちてしまいます つまり身近なものに気を配るように 仕向けるわけです 『良いこと』のための 生活改善を期待するより 身の回りを気持ちよく保つほうが 行動してもらえるのです そして 農場の経験を思い出すと すべては 人に指示を出して動かすよりも 自然に動くように環境を整えるという話なのです

それでは ここからは 私がとても不安な部分です 私が創ったいくつかの ドラムを演奏できる ポスターがここにあります 私はミュージシャンではありませんが 面白そうなので作ってみました ドラムを演奏してみたい方は だれでも楽しめます 簡単に仕組みを説明します このポスターは ワイヤレスで 私の携帯に繋がっています そして ポスターに触ると アプリが起動します

(ドラム音)

とても すばやい反応です ブルートゥース4を使っているので かなり機敏です ありがとうございます (拍手)

他にもあります これは サウンドボードです 触ってみると この酷い音が大好きなんです

(サイレン、爆発音、ガラスを割る音)

それから これがDJテーブルです ワイヤレスで私のiPadに繋がっています そして これがiPadのソフトウェアです そう これは最高です DJではありませんが 一度こうしてみたかったのです (スクラッチ音) ここにクロスフェーダーとデッキが2台あります 新しいテクノロジーを作りました 私は クリエイティブな事が大好きで クリエイティブな人と 協力し合うのも大好きです そこで15歳の姪 -- シャーロットという素晴らしい子に 何か録音するように頼みました 友人のエリオットとも一緒に いくつかのビートをミックスしました これが私の姪 シャーロットです

(音楽)

イェイ!

(拍手)

私のやっている事をご紹介しました テクノロジーを組み合わせ クリエイティブな事をして 楽しんでいます でも大切なのはテクノロジーではなく 素晴らしい体験を創りだしたいのです

ありがとうございました

(拍手)

I love paper, and I love technology, and what I do is I make paper interactive. And that's what I say when people ask me what I do, but it really confuses most people, so really, the best way for me to convey it is to take the technology and be creative and create experiences.

So I tried to think what I could use for here, and a couple of weeks ago I had a crazy idea that I wanted to print two DJ decks and to try and mix some music. And I'm going to try and show that at the end, and the suspense will be as much mine if it works. And I'm not a DJ, and I'm not a musician, so I'm a little bit scared of that. So I think, I found the best way to describe my journey is just to mention a few little things that have happened to me throughout my life. There's three particular things that I've done, and I'll just describe those first, and then talk about some of my work.

So when I was a kid, I was obsessed with wires, and I used to thread them under my carpet and thread them behind the walls and have little switches and little speakers, and I wanted to make my bedroom be interactive but kind of all hidden away. And I was also really interested in wireless as well. So I bought one of those little kits that you could get to make a radio transmitter, and I got an old book and I carved out the inside and I hid it inside there, and then I placed it next to my dad and snuck back to my bedroom and tuned in on the radio so I could eavesdrop. I was not at all interested in what he was saying. It's more that I just liked the idea of an everyday object having something inside and doing something different.

Several year later, I managed to successfully fail all of my exams and didn't really leave school with much to show for at all, and my parents, maybe as a reward, bought me what turned out to be a one-way ticket to Australia, and I came back home about four years later.

I ended up on a farm in the middle of nowhere. It was in far western New South Wales. And this farm was 120,000 acres. There were 22,000 sheep, and it was about 40 degrees, or 100 or so Fahrenheit. And on this farm there was the farmer, his wife, and there was the four-year-old daughter. And they kind of took me into the farm and showed me what it was like to live and work. Obviously,one of the most important things was the sheep, and so my job was, well, pretty much to do everything, but it was about bringing the sheep back to the homestead. And we'd do that by building fences, using motorbikes and horses, and the sheep would make their way all the way back to the shearing shed for the different seasons. And what I learned was, although at the time, like everyone else, I thought sheep were pretty stupid because they didn't do what we wanted them to do, what I realize now, probably only just in the last few weeks looking back, is the sheep weren't stupid at all. We'd put them in an environment where they didn't want to be, and they didn't want to do what we wanted them to do. So the challenge was to try and get them to do what we wanted them to do by listening to the weather, the lay of the land, and creating things that would let the sheep flow and go where we wanted them to go.

Another bunch of years later, I ended up at Cambridge University at the Cavendish Laboratory in the U.K. doing a Ph.D. in physics. My Ph.D. was to move electrons around,one at a time. And I realize -- again, it's kind of these realizations looking back as to what I did -- I realize now that it was pretty much the same as moving sheep around. It really is. It's just you do it by changing an environment. And that's kind of been a big lesson to me, that you can't act on any object. You change its environment, and the object will flow. So we made it very small, so things were about 30 nanometers in size; making it very cold, so at liquid helium temperatures; and changing environment by changing the voltage, and the electrons could make flow around a loop one at a time, on and off, a little memory node.

And I wanted to go one step further, and I wanted to move one electron on and one electron off. And I was told that I wouldn't be able to do this, which, you know, as we've heard from other people, that's the thing that makes you do it. And I was determined, and I managed to show that I could do that. And a lot of that learning, I think, came from being on that farm, because when I was working on the farm, we'd have to use what was around us, we'd have to use the environment, and there was no such thing as something can't be done, because you're in an environment where, if you can't do what you need to do, you can die, and, you know, I had seen that sort of thing happen.

So now my obsession is printing, and I'm really fascinated by the idea of using conventional printing processes, so the types of print that are used to create many of the things around us to make paper and card interactive. When I spoke to some printers when I started doing this and told them what I wanted to do, which was to print conductive inks onto paper, they told me it couldn't be done, again, that kind of favorite thing. So I got about 10 credit cards and loans and got myself very close to bankruptcy, really, and bought myself this huge printing press, which I had no idea how to use at all. It was about five meters long, and I covered myself and the floor with ink and made a massive mess, but I learned to print. And then I took it back to the printers and showed them what I've done, and they were like, "Of course you can do that. Why didn't you come here in the first place?" That's always the case.

So what we do is we take conventional printing presses, we make conductive inks, and run those through a press, and basically just letting hundreds of thousands of electrons flow through pieces of paper so we can make that paper interactive. And it's pretty simple, really. It's just a collection of things that have been done before, but bringing them together in a different way. So we have a piece of paper with conductive ink on, and then add onto that a small circuit board with a couple of chips,one to run some capacitive touch software, so we know where we've touched it, and the other to run, quite often, some wireless software so the piece of paper can connect.

So I'll just describe a couple of things that we've created. There's lots of different things we've created. This is one of them, because I love cake. And this one, it's a large poster, and you touch it and it has a little speaker behind it, and the poster talks to you when you touch it and asks you a series of questions, and it works out your perfect cake. But it doesn't tell you the cake there and then. It uploads a picture, and the reason why it chose that cake for you, to our Facebook page and to Twitter. So we're trying to create that connection between the physical and the digital, but have it not looking on a screen, and just looking like a regular poster.

We've worked with a bunch of universities on a project looking at interactive newsprint. So for example, we've created a newspaper, a regular newspaper. You can wear a pair of headphones that are connected to it wirelessly, and when you touch it, you can hear the music that's described on the top, which is something you can't read. You can hear a press conference as well as reading what the editor has determined that press conference was about. And you can press a Facebook "like" button or you can vote on something as well.

Something else that we created, and this was an idea that I had a couple of years ago, and so we've done a project on this. It was for funding from the government for user-centered design for energy-efficient buildings, difficult to say, and something I had no idea what it was when I went into the workshop, but quickly learned. And we wanted to try and encourage people to use energy better. And I really liked the idea that, instead of looking at dials and reading things to say -- looking at your energy usage, I wanted to create a poster that was wirelessly connected and had color-changing inks on it, and so if your energy usage was trending better, than the leaves would appear and the rabbits would appear and all would be good. And if it wasn't, then there'd be graffiti and the leaves would fall off the trees. So it was trying to make you look after something in your immediate environment, which you don't want to see not looking so good, rather than expecting people to do things in the local environment because of the effect that it has a long way off. And I think, kind of like going back to the farm, it's about how to let people do what you want them to do rather than making people do what you want them to do.

Okay. So this is the bit I'm really scared of. So a couple of things I've created are, there's a poster over here that you can play drums on. And I am not a musician. It seemed like a good idea at the time. If anyone wants to try and play drums, then they can. I'll just describe how this works. This poster is wirelessly connected to my cell phone, and when you touch it, it connects to the app.

(Drums)

And it has really good response time. It's using Bluetooth 4, so it's pretty instantaneous. Okay. Thanks. (Applause)

And there's a couple of other things. So this one is like a sound board, so you can touch it, and I just love these horrible noises.

(Sirens, explosions, breaking glass)

Okay, and this is a D.J. turntable. So it's wirelessly linked to my iPad, and this is a software that's running on the iPad. Oh, yes. I just love doing that. I'm not a D.J., though, but I just always wanted to do that. (Scratching) So I have a crossfader, and I have the two decks. So I've made some new technology, and I love things being creative, and I love working with creative people. So my 15-year-old niece, she's amazing, and she's called Charlotte, and I asked her to record something, and I worked with a friend called Elliot to put some beats together. So this is my niece, Charlotte.

(Music)

Yay!

(Applause)

So that's pretty much what I do. I just love bringing technology together, having a lot of fun, being creative. But it's not about the technology. It's just about, I want to create some great experiences.

So thank you very much.

(Applause)

I love paper,/ and I love technology,/ and what I do/ is I make paper interactive.//

私は 紙とテクノロジーが大好きです そして 紙をインタラクティブにすることが仕事です

And that's/ what I say/ when people ask me/ what I do,/ but it really confuses most people,/ so really,/ the best way/ for me to convey it is to take the technology/ and be creative and create experiences.//

人に仕事を聞かれた時は そう答えます そう聞くと たいていの人は困惑します ですから 私の仕事内容を伝える 最も良い方法は テクノロジーを使って クリエイティブな体験をしていただくことです

So I tried to think/ what I could use for here,/ and a couple of weeks ago/ I had a crazy idea/ that I wanted to print/ two DJ decks/ and to try and mix some music.//

その為に この場で出来ることを 考えていました 数週間前に クレイジーな考えが浮かびました DJのデッキ2台を紙に印刷して 音楽をミックスしようと 思いついたのです

And I'm going to try/ and show/ that at the end,/ and the suspense will be as much mine/ if it works.//

トークの最後に その演奏をお見せしますが ちゃんとお見せできるかどうか ドキドキしています

And I'm not a DJ,/ and I'm not a musician,/ so I'm/ a little bit scared of that.//

私は DJでもミュージシャンでもありませんので 少し不安です

So I think,/ I found the best way/ to describe my journey is just to mention a few little things/ that have happened to me/ throughout my life.//

私の経歴をお話しする 最も良い方法を見つけました それは 私の人生で起きた いくつかの 小さな出来事に触れることです

There's three particular things/ that I've done,/ and I'll just describe those first,/ and then talk about some of my work.//

まず 私が経験した3つの出来事を ご説明します その後に 私の仕事についてお話しします

So/ when I was a kid,/ I was obsessed with wires,/ and I used to thread/ them/ under my carpet/ and thread them/ behind the walls/ and have little switches and little speakers,/ and I wanted to make/ my bedroom be interactive but kind of all hidden away.//

子供の頃 私はワイヤに心を奪われていました カーペットの下にワイヤを通したり 壁の裏に通したりして 小さなスイッチやスピーカーをつなげ 人目に付かない方法で 自分の部屋を インタラクティブにしたかったのです

And I was also really interested/ in wireless/ as well.//

同時にワイヤレスにも とても興味がありました

So I bought one of those little kits/ that you could get to make/ a radio transmitter,/ and I got an old book/ and I carved out/ the inside/ and I hid it/ inside there,/ and then/ I placed it next/ to my dad/ and snuck back/ to my bedroom/ and tuned in/ on the radio/ so I could eavesdrop.//

小さなFM送信機を作れる キットを買い 古い本の中身をくり抜き その中に送信機を 隠し入れました それを父の部屋に置き 自分の部屋にこっそり戻って ラジオをつけ 盗み聞きをしました

I was not at all interested/ in what he was saying.//

父の話す内容には 興味がありませんでした

It's more/ that I just liked the idea of an everyday object/ having something inside/ and doing something/ different.//

興味があったのは 身近にあるものに 何かを入れるだけで いつもと違うことができる ということでした

Several year later,/ I managed to successfully fail all of my exams/ and didn't really leave school/ with much/ to show for at all,/ and my parents,/ maybe/ as a reward,/ bought me/ what turned out/ to be a one-way ticket/ to Australia,/ and I came back home about four years later.//

数年後 私は すべての試験に見事に落ちました 私は たいした成果もないまま 学校を去りました 恐らく その褒美として 両親から 渡されたものはオーストラリアへの 片道切符でした 4年後に 帰国するまで

I ended up/ on a farm/ in the middle of nowhere.//

私は人里はなれた農場で過ごしました

It was in far western New South Wales.//

ニューサウスウェールズ州の西部にある

And this farm was 120,000 acres.//

約500k㎡の広さの農場です

There were 22,000 sheep,/ and it was about 40 degrees,/ or 100 or so/ Fahrenheit.//

22,000頭の羊が飼育され 気温は 摂氏40度前後 つまり 華氏100度くらいでした

And/ on this farm/ there was the farmer,/ his wife,/ and there was the four-year-old daughter.//

この農場には 農夫とその妻 4歳の娘が暮らしていました

And they kind of took me/ into the farm/ and showed me/ what it was like to live and work.//

彼らは私を農家の一員として 迎え入れ 農場での生き方や働き方を 教えてくれました

Obviously,/one of the most important things was the sheep,/ and so/ my job was,/ well,/ pretty much to do everything,/ but it was about bringing the sheep back/ to the homestead.//

もちろん 最も大事な物は羊です 私の仕事は 何から何まで すべてでした 羊を敷地に戻すことに関するすべてです

And we'd do that/ by building fences,/ using motorbikes and horses,/ and the sheep would make their way/ all the way back/ to the shearing shed for the different seasons.//

私達は フェンスを建てたり バイクや馬を使ったりして 季節になると羊を 毛刈り小屋まで移動させるのです

And what I learned/ was,/ although at the time,/ like everyone else,/ I thought/ sheep were pretty stupid/ because they didn't do/ what we wanted them/ to do,/ what I realize now,/ probably only just/ in the last few weeks/ looking back,/ is the sheep weren't stupid/ at all.//

そこで私が学んだのは その当時は 誰もが思うように 指示どおりに動かない羊は 馬鹿だと思っていましたが 今 思えば― ここ数週間 過去を振り返って気付いたのですが 羊はまったく 馬鹿ではなく

We'd put them/ in an environment/ where they didn't want to be,/ and they didn't want to do/ what we wanted them/ to do.//

私たちが 彼らの望まない環境を 作っていたから 羊は私たちの指示を 実行したくなかっただけなのです

So the challenge was to try and get them/ to do/ what we wanted them/ to do by listening to the weather,/ the lay of the land,/ and creating things/ that would let the sheep flow/ and go/ where we wanted them/ to go.//

ですから 苦労したことは どの様に羊を思い通りに 動かすかでした 天候や地勢を読み 環境を整え 私たちの意図する方向に 羊が流れるようにしていたのです

Another bunch of years later,/ I ended up/ at Cambridge University/ at the Cavendish Laboratory/ in the U.K./ doing a Ph.D./ in physics.//

数年後 私は ケンブリッジ大学の キャヴェンディッシュ研究所で 物理学の博士課程にいました

My Ph.D. was to move electrons around,/one/ at a time.//

博士号のテーマは 電子を一つずつ動かすことでした

And I realize --/ again,/ it's kind of these realizations/ looking back/ as/ to/ what I did --/ I realize now/ that it was pretty much the same/ as moving sheep around.//

ここで再び「気付き」がありました 私が何をしていたか振り返ると この研究が 羊を動かすことと ほぼ 同じだと気付きました

It really is.//

本当に同じなのです

It's just/ you do it/ by changing an environment.//

動かすのではなく 動くように環境を整えるのです

And that's kind of been a big lesson/ to me,/ that you can't act on any object.//

ここで大事なことを学びました 物に働きかけるのではなく

You change its environment,/ and the object will flow.//

環境を変えることで 物が動くのです

So we made it very small,/ so things were about 30 nanometers/ in size;/ making it very cold,/ so/ at liquid helium temperatures;/ and changing environment/ by changing the voltage,/ and the electrons could make flow/ around a loop one/ at a time,/ on and off,/ a little memory node.//

そこで私たちは スケールを小さくし 30ナノメートルくらいの大きさで 行っていたわけです 液体ヘリウム程の低温度にして 電圧を変えて 環境を変えることで 電子が一つずつ動き 電流は グラフ上で輪を描くように変化し オン・オフの形になり 小さなメモリの役割を果たします

And I wanted to go/ one step further,/ and I wanted to move/ one electron/ on and one electron off.//

私は さらに一歩進めて 電子を一つ動かすだけで オンとオフ それぞれの状態を実現したいと思いました

And I was told/ that I wouldn't be able to do this,/ which,/ you know,/ as we've heard from other people,/ that's the thing/ that makes you do it.//

周りからは それは無理だと言われました 他の人からそう言われると 実現したくなります

And I was determined,/ and I managed to show/ that I could do that.//

私は決心し 実現できるのだと 証明できました

And a lot of that learning,/ I think,/ came from being on that farm,/ because/ when I was working on the farm,/ we'd have to use/ what was around us,/ we'd have to use/ the environment,/ and there was no such thing/ as something can't be done,/ because you're in an environment/ where,/ if you can't do/ what you need to do,/ you can die,/ and,/ you know,/ I had seen/ that sort of thing happen.//

この過程で役立ったのは あの農場の経験でした 農場で働いていた時は 周りにある物を使うしかなく 環境を味方にすると 「できない」 ような事は 何もなかったのです なぜなら 必要なことが できなければ 命の危機を感じるような 環境だったからです そのような危機的状況も目にしました

So now/ my obsession is printing,/ and I'm really fascinated by the idea of using conventional printing processes,/ so the types of print/ that are used to create many of the things/ around us/ to make paper and card interactive.//

今 私が夢中になっているのは 印刷です 私が魅力を感じるのは 私たちの身近な物によく印刷されているような 既存のプリント技術を使い 紙やカードを インタラクティブにするというアイデアです

When I spoke to some printers/ when I started doing/ this/ and told them/ what I wanted to do,/ which was to print conductive inks/ onto paper,/ they told me/ it couldn't be done,/ again,/ that kind of favorite thing.//

私が このプロジェクトを始めた時 印刷会社に説明し 伝導性インクで紙に印刷したいと 伝えました 彼らは 「無理だ」と言いました また 私の好きな状況です

So I got about 10 credit cards and loans/ and got myself very close/ to bankruptcy,/ really,/ and bought myself/ this huge printing press,/ which I had no idea/ how to use at all.//

そこで私は クレジットカード10枚と ローンを組み ほとんど 破産しかけましたが 大きな印刷機を購入しました 使い方をまったく知らずに です

It was about five meters long,/ and I covered myself/ and the floor/ with ink/ and made a massive mess,/ but I learned to print.//

それは 長さ5mもあり 床と私がインクまみれになりました そこら辺インクだらけになりましたが 印刷方法をマスターしました

And then/ I took it back/ to the printers/ and showed them/ what I've done,/ and they were like,/ "Of course/ you can do that.//

印刷会社に戻り 出来あがった印刷物を見せると 彼らは 「もちろん出来るさ」

Why didn't you come here/ in the first place?"//

「どうして最初から ここに来なかったんだい?」

That's always/ the case.//

いつも こんな調子です

So/ what we do is we take conventional printing presses,/ we make conductive inks,/ and run those/ through a press,/ and basically just letting/ hundreds of thousands of electrons flow through pieces of paper/ so we can make/ that paper interactive.//

私たちが行っているのは 既存の印刷機を使って 伝導性インクを作り プリンターを使って印刷します そうして 何枚もの紙に何十万もの 電子を流します 紙をインタラクティブにするのです

And it's pretty simple,/ really.//

とても シンプルな工程です

It's just a collection of things/ that have been done before,/ but bringing them together/ in a different way.//

以前からあるものを 集めただけですが 違う方法でまとめたのです

So/ we have a piece of paper/ with conductive ink on,/ and then add onto/ that a small circuit board/ with a couple of chips,/one to run some capacitive touch software,/ so we know/ where we've touched it,/ and the other to run,/ quite often,/ some wireless software/ so the piece of paper can connect.//

例えば 伝導性インクで印刷した紙に 小さな基盤を取り付け チップを2つ載せます 1つは容量性タッチソフトウェアを動かし 触った場所を検知します 通常 もう1つのチップで 無線制御ソフトを走らせ 紙がワイヤレスで接続できるようにします

So/ I'll just describe a couple of things/ that we've created.//

それでは 私達が創った作品を いくつかご紹介します

There's lots of different things/ we've created.//

私達は 様々な物を創りました

This is one of them,/ because I love cake.//

これは その1つです 私はケーキが大好きだからです

And this one,/ it's a large poster,/ and you touch it/ and it has a little speaker/ behind it,/ and the poster talks/ to you/ when you touch it/ and asks you/ a series of questions,/ and it works out/ your perfect cake.//

そして これは 大きなポスターです 後ろにスピーカーがあり 触ってみると ポスターがあなたに話しかけます そして 質問します その答えから ピッタリのケーキを考えます

But it doesn't tell you/ the cake there and then.//

ですが その場では該当するケーキを教えません

It uploads a picture,/ and the reason/ why it chose/ that cake/ for you,/ to our Facebook page/ and/ to Twitter.//

あなたにピッタリのケーキの その画像と理由を 私達のフェイスブックやツイッターで ご覧になれます

So/ we're trying to create/ that connection/ between the physical and the digital,/ but have/ it not looking/ on a screen,/ and just looking/ like a regular poster.//

私達は 物質世界とデジタル世界の間を このような方法で 繋ごうとしています スクリーンではなく 普通に眺める ポスターのような ものでつなげるのです

We've worked with a bunch of universities/ on a project/ looking at interactive newsprint.//

私達は 複数の大学と連携し インタラクティブな 新聞印刷用紙に取り組んでいます

So/ for example,/ we've created a newspaper,/ a regular newspaper.//

例えばこんな新聞も作りました 一見 普通の新聞ですが

You can wear a pair of headphones/ that are connected to it wirelessly,/ and when you touch it,/ you can hear the music/ that's described on the top,/ which is something/ you can't read.//

ワイヤレスヘッドフォンを着け 新聞を触ると 音楽が聞こえます 上に説明はありますが 読むことはできないものです

You can hear a press conference/ as well as/ reading/ what the editor has determined/ that press conference was about.//

記者会見の様子を聞くこともできます と同時に その記者の書いた 会見に関する 社説を読むことができます

And you can press a Facebook "like"/ button/ or you can vote on something/ as well.//

フェイスブックの「いいね!」ボタンを押したり アンケートに答えたりすることも 可能です

Something else/ that we created,/ and this was an idea/ that I had a couple of years ago,/ and/ so we've done a project/ on this.//

他に私が創ったのは 数年前に思いついたアイデアですが こんなプロジェクトです

It was for funding from the government/ for user-centered design/ for energy-efficient buildings,/ difficult to say,/ and something/ I had no idea/ what it was/ when I went into the workshop,/ but quickly/ learned.//

政府から助成を受け エネルギー効率の良い建物向けに ユーザー主体の設計をしました 私も 最初は理解していませんでした ですが ワークショップに行くと すぐに理解できました

And we wanted to try and encourage people/ to use energy better.//

人々がエネルギーを効率的に 使う気になるものを 作りたいと思いました

And I really liked the idea/ that,/ instead of looking at dials/ and reading things to say --/ looking at your energy usage,/ I wanted to create/ a poster/ that was wirelessly connected/ and had color-changing inks/ on it,/ and so/ if your energy usage was trending better,/ than the leaves would appear/ and the rabbits would appear/ and all would be good.//

電力計の目盛を読んで エネルギー使用量を確認する代わりに ワイヤレスで接続する ポスターを作ることにしました 色が変化するインクを使い エネルギーを効率よく使うと 葉が現れ ウサギが現れ すべてが良くなるのです

And/ if it wasn't,/ then/ there'd be graffiti/ and the leaves would fall off/ the trees.//

効率が悪ければ 落書きが現れ 葉は落ちてしまいます

So it was trying to make/ you look after something/ in your immediate environment,/ which you don't want to see not looking so good,/ rather than expecting people to do things/ in the local environment/ because of the effect/ that it has a long way off.//

つまり身近なものに気を配るように 仕向けるわけです 『良いこと』のための 生活改善を期待するより 身の回りを気持ちよく保つほうが 行動してもらえるのです

And I think,/ kind of/ like going back/ to the farm,/ it's about how to let people do/ what you want them/ to do rather than/ making people do/ what you want them/ to do.//

そして 農場の経験を思い出すと すべては 人に指示を出して動かすよりも 自然に動くように環境を整えるという話なのです

それでは

So/ this is the bit/ I'm really scared of.//

ここからは 私がとても不安な部分です

So a couple of things/ I've created/ are,/ there's a poster/ over here/ that you can play drums on.//

私が創ったいくつかの ドラムを演奏できる ポスターがここにあります

And I am not a musician.// It seemed like a good idea/ at the time.//

私はミュージシャンではありませんが 面白そうなので作ってみました

If anyone wants to try and play drums,/ then/ they can.//

ドラムを演奏してみたい方は だれでも楽しめます

I'll just describe/ how this works.//

簡単に仕組みを説明します

This poster is wirelessly connected to my cell phone,/ and when you touch it,/ it connects to the app.//

このポスターは ワイヤレスで 私の携帯に繋がっています そして ポスターに触ると アプリが起動します

(Drums)/ And it has really good response time.//

(ドラム音) とても すばやい反応です

It's using Bluetooth 4,/ so it's pretty instantaneous.//

ブルートゥース4を使っているので かなり機敏です

ありがとうございます

(Applause)/ And there's a couple of other things.//

(拍手) 他にもあります

So this one is like a sound board,/ so you can touch it,/ and I just love these horrible noises.//

これは サウンドボードです 触ってみると この酷い音が大好きなんです

(Sirens,/ explosions,/ breaking glass)/ Okay,/ and this is a D.J. turntable.//

(サイレン、爆発音、ガラスを割る音) それから これがDJテーブルです

So it's wirelessly linked to my iPad,/ and this is a software/ that's running on the iPad.//

ワイヤレスで私のiPadに繋がっています そして これがiPadのソフトウェアです

Oh,/ yes.// I just love doing/ that.//

そう これは最高です

I'm not a D.J.//,/ though,/ but I just always wanted to do that.//

DJではありませんが 一度こうしてみたかったのです

(Scratching)/ So I have a crossfader,/ and I have the two decks.//

(スクラッチ音) ここにクロスフェーダーとデッキが2台あります

So I've made some new technology,/ and I love things/ being creative,/ and I love working/ with creative people.//

新しいテクノロジーを作りました 私は クリエイティブな事が大好きで クリエイティブな人と 協力し合うのも大好きです

So my 15-year-old niece,/ she's amazing,/ and she's called Charlotte,/ and I asked her/ to record something,/ and I worked with a friend called Elliot/ to put some beats together.//

そこで15歳の姪 -- シャーロットという素晴らしい子に 何か録音するように頼みました 友人のエリオットとも一緒に いくつかのビートをミックスしました

So this is my niece,/ Charlotte.//

これが私の姪 シャーロットです

(Music) Yay!//

(音楽) イェイ!

(Applause)/ So that's pretty much/ what I do.//

(拍手) 私のやっている事をご紹介しました

I just love bringing/ technology together,/ having a lot of fun,/ being creative.//

テクノロジーを組み合わせ クリエイティブな事をして 楽しんでいます

But it's not about the technology.//

でも大切なのはテクノロジーではなく

It's just about,/ I want to create/ some great experiences.//

素晴らしい体験を創りだしたいのです

So thank you very much.//

ありがとうございました

(拍手)

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

convey

(…に)…'を'『運ぶ』,運搬する《+『名』+『to』+『名』》

〈思想・意味など〉'を'伝達する

(…に)〈財産など〉'を'正式に譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

creative

『創造力のある』

『独創的な』

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

deck

『デッキ,甲板』

デッキ状の部分(バス・電車の床,トラックの荷台,電気装置の配置台など)

《おもに米》(カードの)1組(《英》pack)

《話》地面

(…で)…'を'飾る,装飾する《+『out』+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'美しくする,めかす《+『out』+『名』+『in』+『名』》

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

suspense

未決定の(不確かな)状態

(どうなるだらうかという)気がかり,不安,サスペンス

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

journey

『旅行』,旅

『旅程』,行程

《比喩(ひゆ)的に》旅路;(…への)道程,道《+『to』+『名』》

旅行する

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

kid

〈C〉『子ヤギ』

〈U〉子ヤギの皮,キッド

《おもに米話》《複数形で》子供(child),若者

子ヤギの皮製の

《米俗》若い,年下の

obsess

〈悪魔・妄想などが〉〈人〉‘に'とりつく,‘の'心につきまとう

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

thread

〈U〉〈C〉(縫ったり,織ったりするための)『糸』

〈C〉(…の)糸状の物,細長い物《+of+名》

〈C〉(話などの)『筋道』,脈絡《+of+名》

ねじ筋,ねじ山

<針など>‘に'『糸を通す』

<真珠など>‘を'糸でつなぐ

…‘を'縫うように進む

…‘に'ねじ山をつける

縫うように進む

(煮詰まったシロップが)糸を引く,細い糸状になる

carpet

(部屋いっぱいに敷く)『じゅうたん』,もうせん

《比喩(ひゆ)的に》『一面をおおうもの』,辺りいっぱいに広がるもの

…‘に'じゅうたんを敷く

(…で)…'を'一面におおう《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

behind

《場所・位置》…『の後ろに』,『の陰に』[隠れて]

《比喩的に》…の陰に隠されて,の裏に(at the back of)

…を支持して,…に味方して

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》…『の後に』,が去った後に

(定められた時刻)『に遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

過ぎ去って,過去に

《場所・位置》『後ろに』,陰に[隠れて]

《leave,remain,stayなどの動詞と共に用いて》『後に』

(定められた時刻に)『遅れて』;(知識・仕事・進歩などが)遅れて

(人の)しり

wall

{C}(石・れんがなどの)『壁』,へい

{U}(胃などの)内壁,内側

{C}(…の)壁[のようなもの]《+of+名》

…‘を'壁(へい)で囲む

…‘を'壁で仕切る

〈窓・入り口など〉‘を'壁ぃふさぐ《+up+名,+名+up》

switch

(特にむち打ち用の)『しなやかな小枝』(棒)

(しなやかな小枝・棒などで)むち打つこと

(…における)『変更』《+in+名》;(…から…への)転換《+from+名+to+名》

(電気の)『スイッチ』,開閉器

(電話の)交換台

(鉄道の)転てつ器,ポイント

(女性の髪用の)入れ毛,かもじ

〈人・動物〉‘を'むちで打つ,むち打つ(whip)

〈むちなど〉‘を'振る,(むちを打つように)…‘を'さっと振る

(…に)…‘を'『転換する,』変更する《+名+to+名(doing)》

…‘を'交換する(exchange)

〈線路のポイント〉‘を'転換する,転てつする

(ある方向・進路に)変わる,転じる,移る《+to(into)+名》

交換する,取り替える

speaker

〈C〉『話す人』;演説者

《the S-》(議会の)議長

〈C〉拡声器(loudspeaker)

bedroom

『寝室』;(列車内の)寝室

hidden

隠された,隠れた,秘密の

wireless

〈U〉『無線』,無線電信

〈U〉《the wireless》《英》ラジオ[放送,番組];〈C〉『ラジオ』[受信機]

無線[電信,電話,電報]の

《英》ラジオの

kit

〈C〉(特定の目的のための)用具(器具など)一式

〈C〉一式の用具を入れる箱(袋など)

〈U〉《おもに英》(旅行者・水夫・兵士などの衣類など)身の回り品一式

〈C〉(全体を構成する)部品(材料)の一そろい

radio

『ラジオ』[『放送』]

〈C〉『ラジオ』[『受信機』]

〈U〉無線電信;〈C〉無線による通信

『ラジオの』;無電(無線)の

〈通信〉‘を'『無電』(『無線』)『で送る』;〈人・船など〉‘に'無電を打つ

無電を打つ

transmitter

送る(伝える)人(物)

(テレビ・ラジオの)送信機

(電話の)送話器,(電報の)送信器

carve

…'を'『刻んで作る』,彫る,彫刻する

(食べやすいように)〈肉〉'を'切り分ける

肉を切り分ける

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

dad

『おとうちゃん』

snuck

sneakの過去・過去分詞

tune

(音楽の)『曲』,節(ふし),メロディー(melody)

〈楽器〉‘の'調子を合わせる,‘を'調律する《+up+名,+名+up》

〈エンジンなど〉‘を'調整する《+up+名,+名+up》

(…に)〈受信機〉‘を'同調させる,‘の'波長を合わせる《+名+to+名》

eavesdrop

(…を)立ち(盗み)聞きする《+『on』+『名』》

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

successfully

首尾よく,うまく,みどこに,成功して

fail

『失敗』する,しくじる;落第する

不足する,欠けている

『衰える』,弱くなる

〈会社などが〉破産する,倒産する

(いざというときに)〈人〉‘の'『役にたたない』,期待を裏切る,〈人〉‘を'見捨てる

〈教師が〉〈学生・生徒〉‘を'落とす,‘に'落第点をつける

〈学科・試験など〉‘に'『落第する』

=failure

exam

試験

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

reward

〈U〉〈C〉(…に対する)『報酬』,お礼,ほうび《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…に対する)『報奨金』,礼金《+『for』(『of』)+『名』》

《複数形で》(…の)価値《+『of』+『名』(do『ing』)》

(…のことで…で)〈人〉‘に'『報いる』,お礼をする《+『名』〈人″+『by』(『with』)+『名』(do『ing』)+『for』+『名』(do『ing』)〉

〈仕事・功績など〉‘に'報いる,‘の'報酬となる

one-way

一方向だけの

《米》(切符の)片道の

(話など)一方的な

ticket

『切符』,乗車券;入道券;(宝くじなどの)券,礼

正礼,値札,(品質・サイズなどの)表示札

《米》(政党の)公認候補者名簿

《話》交通違反者の呼び出し状

《the~》《 話》必要なもの

《the ~》《古・話》正しいこと,適なこと

〈商品〉に正礼(品質標示礼など)を付ける,〈荷物など〉‘に'礼を付ける

《米》…‘に'交通違反の呼び出し状を渡す

farm

『農場』,農園(通例住宅・納屋などを伴い,しばしば家畜も飼育される)

(家畜の)『飼育場』,(魚貝の)養殖場

〈土地〉‘を'耕作する;〈農場・飼育場〉‘を'経営する

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

Wales

ウェールズ(Great Britain 島南西部の地域)

acre

『エーカー』(面積の単位;約4,047平方メートル)

《複数形で》田畑,土地

sheep

気の弱い人,人に引きずられやすい人

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

Fahrenheit

華氏温度計の,華氏の

華氏温度計[華氏温度計を発明したドイツの物理学者(1686‐1736)の名から]

farmer

『農場経営者』,農場主

農業労働者,耕作する人

wife

『妻』,女房,奥さん,夫人

《古》(特に結婚した)女

daughter

『娘』

女の子孫

(娘のように)生み出されたもの

obviously

明らかに,明白に

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

homestead

家屋敷;(建物も含めた)農場

《米史》(入植者へ移譲される)自作農場

…‘に'入植する

入植する

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

fence

〈C〉(通例,木材・鉄線・針金などでできた)『囲い』,垣根,柵(さく),へい

〈U〉剣術,フェシング(fencing)

〈C〉《話》(盗品を買い受ける)故買人

〈土地など〉‘を'柵(へい)で囲う;~‘を'柵(へい)で仕切る

《話》〈盗品〉‘を'買い受ける

剣を仕う,フェシングをする

(質問などを)受け流す《+『with』+『名』》

motorbike

《話》

モーターバイク(小型の原動機を取り付けた自転車)

小型オートバイ

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

shear

〈毛・羊毛など〉‘を'刈り取る,刈る,刈り込む《+『off』(『away』)+『名,』+『名』+『off』(『away』)》;(…から)…‘を'刈り取る《+『名』+『from』(『off』)+『名』》;〈羊など〉‘の'毛を刈る

《しばしば受動態で》(…を)〈人〉‘から'はぎ取る,奪い取る《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

大ばさみ,植木ばさみ

shed

〈血・液など〉‘を'『流す』,こぼす

〈葉・毛・外皮など〉‘を'『自然に落とす』;〈衣服〉‘を'脱ぐ

〈光・香りなど〉‘を'放つ

〈布などが〉〈水〉‘を'はじく,通さない

〈動物などが〉脱毛する,脱皮する

〈葉が〉落ちる

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

stupid

(人が)『ばかな』,愚かな

(言になどが)『ばかな』,愚かな,非常識な

(物事が)おもしろくない,たいくつな

probably

『たぶん』,『おそらく』

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

weather

(ある時間・ある一定期間の)『天気』,天候

あらし,悪天候

(外科に)…‘を'当てる,乾かす

〈あらし・危険など〉‘を'切り抜ける,乗り切る

(船などが)…‘の'風上に出る(を通る)

(外気にさらされて)変色する,風化する

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

laboratory

『実験室』,研究室(所),試験室(所);(薬品などの)製造所

physics

『物理学』

electron

『電子』,エレクトロン

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

helium

ヘリウム(希ガス類元素;化学記号は『He』)

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

voltage

電圧,電圧量,ボルト数

loop

(糸・ひも・針金などで作った)『輪』・輪状のもの;(輪状の)湾曲部・(宙返り飛行・スケートなどで描く)輪・ループ (ある条件が成立するまで繰り返し実行される,プログラム中に記述された一連の命令のこと)・仲間、影響}を受け合う間柄・同列の立場・「keep誰々in the loop」として、「keep誰々informed:情報を(人)に絶えず提供し続ける、報告を(人)に欠かさない、(人)に逐次連絡する、(人)に常に通知する」・避妊リング; (鉄道・電線などの)環状線(loop line)・…‘を'輪にする,輪で囲む・…‘を'輪で結ぶ,輪で締める《+『up』+『名,』+『名』+『up』》・輪になる,輪を描く

memory

〈C〉〈U〉『記憶』[『力』]

〈C〉『思い出』,思い出の人(物,事)

〈U〉《the~》記憶している期間

〈C〉死後の名声

node

(茎・幹の)節(ふし)

(体組織にできた)結節,こぶ(リンパ瘤(りゅう)など)

(天体の軌道の)交点

(物事の)中心点

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

learning

(…を)学ぶこと,(…の)学習《+『of』+『名』》

『学問』,学識,博識

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

obsession

〈U〉(悪魔・妄想などが)つきまとうこと;(悪魔・妄想などに)つきまとわれること

〈C〉(…についての)妄想,強迫観念《+『about』+『名』》

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

conventional

『型にはまった』,おきまりの

慣例の,示慣的な,因襲的な

(核兵器に対して)通常兵器の

printing

〈C〉『印刷』;印刷術;印刷業

〈C〉印刷物

〈C〉(1回分の)印刷部数,

〈U〉(手書きの)活字体

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

printer

印刷する人(機械);印刷屋

(コンピューターの)文字打ち出し機 プリンター

conductive

(熱・電気などを伝える)伝導性の

ink

(筆記用・印刷用)の『インク』

(イカなどの出す)墨

…‘を'インクで書く(塗る,しるす,汚す)

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

credit card

クレジットカード

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

bankruptcy

破産[状態],倒産

(性格などの)破たん

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

printing press

(大型の)印刷機

meter

(ガス・水・電気などの)『計器』,メーター

(時間・速度・距離・強度などを測定,記録する)メーター,計器

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

floor

〈C〉『床』

〈C〉底,底面(bottom)

〈C〉(価格の)最低限度

〈C〉『階』,層

《the~》議場,議員席

《the~》(議員などの)発言権

(…で)…‘の'床を張る《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'床(地面)になぐり倒す(knock down)

《話》〈問題・議論などが〉〈人〉‘を'打ち破る,困惑させる(puzzle);〈ニュースなどが〉〈人〉‘を'あ然(ぼう然)とさせる

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

mess

〈U〉《時にa ~》『雑然としていること』,ごちゃごちゃ,混乱

〈C〉《単数形で》雑然とした物,ごちゃごちゃになった物;頭の中が混乱した人

《話》(雑多な種類の混じった,魚などの)1回の捕獲量《+『of』+『名』》

〈C〉《集合的に》(特に陸・海軍の)会食グループ,食事仲間

〈U〉(会食グループがとる)食事

〈C〉=mess hall

…‘を'めちゃくちゃにする,乱雑にする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(…と)会食をする《+『together with』+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

basically

基本的に,根本的に;元来は

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

circuit

『回ること』;一周,一巡

(牧師・裁判官・外交員などの定期的な)巡回

巡回する経路,巡回区域;(特に)巡回裁判区

(電気の)配線系統,回路

(映画館・劇場などの)チェーン,興行系統

(チーム・クラブ・競技場などの)連盟,リーグ

(土地・物などの)周囲,回り

境界線で囲まれた区域

board

〈C〉(ある程度の長さと幅をもった薄い)『板』

〈C〉ボール紙,台紙

〈C〉食卓;〈U〉食事,(特に有料の)まかない

〈C〉甲板(かんぱん),船べり

〈C〉『委員会』;(官庁の)局,部,課

《the boards》舞台

…‘に'板を張る,'を'板で囲う《+『up』(『over』)+『名,』+『名』+『up』(『over』)》

…‘に'食事を出す,'を'まかない付で下宿させる

…‘に'乗り込む

(…に)まかない付きで下宿する,食事つきで滞在する《+『at』+『名』〈場所〉,+『with』+『名』〈人〉》

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

touch

〈人が〉(手・指などで)…‘を'『さわる』,‘に'触れる《+名+with+名》

(…に)…‘を'触れさせる,あてがう《+名+to+名》

〈物が〉…‘に'触れている,‘と'接触している

…‘を'『感動させる』,の感情を動かす

《文》〈事が〉…‘に'『影響する』,関係する,かかわる(concern)

《通例否定文で》〈飲食物〉‘に'手をつける;〈道具など〉‘を'使う

《しばしば受動態で》(かすかに)…‘に'色合いをつける

(軽く)…‘を'害する,いためる

《通例否定文で》…‘に'匹敵する,‘と'肩を並べる

〈船などが〉…‘に'立ち寄る,寄港する

《俗》《+名+for+名》(金銭などを)〈人に〉‘に'せびる,借りる

さわる,触れる,接触している

(港などに)〈船などが〉立ち寄る,寄港する《+at+名》

〈U〉『触覚』,触感

〈C〉《単数形で》(物の)感触,手ざわり

〈C〉『さわる(触れる)こと』,さわられること

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『気味,微候』,気配《+of+名》

〈C〉少量,少しばかりの(の…)《+of+名》

〈C〉(作品仕上げの)手入れ,一筆

〈U〉《しばしばa ~》(作家などの)筆法,作風

〈U〉《しばしばa ~》(ピアノ・タイプライターなどの)指運び,たたき方,タッチ

software

ソフトウェア(コンピューターに関係するプログラム・手順・規則などの文書類の総称)

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

cake

〈U〉〈C〉『ケーハ』,洋菓子

〈C〉平たい焼きパン(パンケーキなど)

〈C〉一定の形の塊にした食物

〈C〉(…の)ケーキ状の塊《+『of』+『名』》

固まる,塊になる

(…で)…'を'固める《+『名』+『with』+『名』》,(…に)…'を'なすりつける《+『名』+『on』+『名』》

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

poster

ポスター,びら

series

(関連のあるもの・同種のものの)(規則的な)『連続』,一続き《+『of』+『名』》

(同種の貨幣・切手などの)一組(set)《+『of』+『名』》

(テレビ番組などの)連続物;(出版物の)双書,シリーズ

(電気の)直列

(電気が)直列の

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

page

(本・手紙・新聞などの)『ページ』

(新聞などの)欄,記事

《文》注目すべき事件(時期)

…‘に'ページを付ける

twitter

〈鳥が〉さえずる

(神経質に興奮して)(…について)ぺちゃぺちゃしゃべる《+on(about)+名》

くすくす笑う

《the ~》(鳥などの)さえずり,さえずる声

《a ~》(興奮による)身震い,そわそわ

physical

『身体の,肉体の』(bodily)

《名詞の前にのみ用いて》『物質の』(material);『自然[界]の』

《名詞の前にのみ用いて》『物理学の』,物理的な;自然科学の

身体検査(physical examination)

digital

指の

数字の;計数型の

(タイプライターなどの)鍵(けん),キー

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

newsprint

新聞印刷用紙

newspaper

(また《話》『paper』)〈C〉『新聞』

〈C〉新聞社

〈U〉新聞印刷用紙(newsprint)

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

press conference

記者会見

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

button

(衣服の)『ボタン』

記章,バッジ

(ベルなどの)『押しボタン』

〈衣服など〉‘に'ボタンをかける《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈衣服が〉ボタンで留まる,ボタンがかかる

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

fund

(特定の目的のための)『資金』,基金《+『for』+『名』》

《a ~》(すぐに役立つ知職などの)『蓄え』,蓄積(stock)《+『of』+『名』》

《複数形で》手元資金,所持金;《英》公債,国債

〈事業・研究など〉‘に'資金を提供する

〈負債〉‘を'長期公債にする

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

workshop

仕事場,工作場

《米》(セミナー形式の)形究会,討論会

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

learned

『学問のある』,博学な

学問的な,学術的な

《名詞的に;the~》学者たち

encourage

〈人〉‘を'『勇気づける』,励ます

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

instead

『その代りとして』,それよりも

dial

(時計の)『文字盤』;(各種計器類の)目盛り盤,指針盤

(ラジオ・テレビの)『ダイヤル』

(電話の)ダイヤル

日時計(sundial)

〈ラジオ・テレビ〉‘の'ダイヤルを回す;〈番組・波長〉‘に'ダイヤルを合わせる

〈電話・番号〉‘の'ダイヤルを回す;〈人〉‘に'電話をかける

(電話の)ダイヤルを回す

usage

〈U〉(物の)『用い方』,用法

〈C〉〈U〉(言語の)『慣用[法]』,語法

trend

(…に向かう)『傾向』,すう勢,流行《+toward+名》

(川・道路などの)向き

《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向へ)〈川・道路などが〉向かう

(ある方向に)〈事態・考えなどが〉向かう傾向がある《+to(toward)+名》

leaf

〈C〉(木・草の)『葉』

〈C〉花びら

〈C〉(本などのページの裏表)『1枚』

〈U〉(金属の)薄片,箔(はく)

〈C〉(折りたたみ式テーブルの)補助板

《おもに米》〈木が〉葉を出す《+『out』》

(本などの)ページをばらばらとめくる,内容にざっと目を通す》+『through』+『名』》

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

rabbit

〈C〉ウサギ;《米》(一般にhareも含めて)ウサギ

〈U〉ウサギの毛皮(肉)

〈C〉《英話》(ゴルフ・クリケット,特にテニスの)へたなプレーヤー

ウサギを狩る

graffito

(特に,壁・便所などの)落書き

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

okay

=OK,O.K.

drum

『太鼓』,ドラム

太鼓の音;太鼓のような音

(形が)太鼓状のもの;(機械の)ドラム;ドラムかんなど

=tympanic membrane

太鼓を打つ(鳴らす)

(…でテーブル・床などを)ドンドン打つ,トントンたたく,踏みならす《+『on』+『名』+『with』+『名』》

…‘を'ドンドン(トントン)打つ(鳴らす)

《話》(人の頭などに)〈考えなど〉‘を'たたき込む,教え込む《+『名』+『into』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'追放(除名)する《+『名』+『out of』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

instantaneous

即時の,瞬間の

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

applause

『拍手かっさい』;称賛

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

horrible

『恐ろしい』,身の毛のよだつ

《話》『ひどくいやな』;ひどい

noise

〈C〉〈U〉(特に,大きなまたは不快な)『音』,物音

〈C〉〈U〉(街・往来などの)『ざわめき』,騒音,騒々しい声

〈C〉(一般に)物音

〈U〉(ラジオ・テレビなどの)ノイズ,雑音

…‘を'広める,言い触らす《+『名』+『about』(『abroad, around』)》

音を立てる;大声で話す《+『about』(『around, abroad』)》

siren

『サイレン』,『警笛』

サイレン(ギリシア神話で美声で船人を誘い,殺したという半女半鳥の海の精)

美声の歌い手;(男を惑わす)美女,妖婦(ようふ)

explosion

(火薬などの)『爆発』,破裂《+『of』+『名』》

爆発音

《an~》(怒り・笑いなどの)爆発《+『of』+『名』》

急激な増加

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

turntable

転車台(機関車などを載せてその向きを変えるための回転台)

(レコードプレーヤーの) 回転盤

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

scratch

(つめなど,とがった物で)…‘を'『ひっかく』,‘に'ひっかき傷をつける

〈かゆいところ〉‘を'かく

…‘に'かゆみを感じさせる

(線で消したりして)(…から)〈名前など〉‘を'削除する《+『out』(『off』)+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(ひっかいたり,刻んだりして)…‘を'書く,描く

…‘を'走り書きする

(競争・レースなどから)…の参加を取り消す

(つめなどで)『ひっかく』;ひっかきまわす《+『about』》

(…を)ひっかいてガリガリ音をたてる《+『at』(『on』)+『名』》

かき傷(跡)がつく

(競技への)出場を取り止める;手を引く

『かき傷』,かすり傷

ひっかく音,こする音,ガリガリいう音

走り書き用の

《話》かき集めた

niece

『めい』(自分や配偶者の兄弟姉妹の娘)

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

charlotte

シャルロット(りんごなどの果実を入れたプディング)

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

関連動画