TED日本語 - ダニエル・H・コーエン: よい議論をするために

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私達はなぜ議論するのでしょう。相手を説き伏せ、誤りを証明し、何より勝つため・・・そうでしょうか。哲学者ダニエル・H・コーエンの説明によれば、最も一般的な議論の仕方、すなわち片方が勝ち片方が負ける戦争のような議論では、前向きに反論する価値は見失われてしまいます。(TEDxColbyColegeにて収録)

Script

私はダン・コーエン学者です だから いつも議論をします生活の大切な要素ですし 議論する事が好きなのです 私は単なる学者ではなく哲学者ですから 議論は かなり上手だと思います 議論について考えることも好きです

考えているうちに何度も難問に出くわしました その一つはこうです 私は議論について考えて もう何十年にもなるしどんどん上達していますが 議論を重ねて上手になればなるほど ― 負けるようになりますこれが難問です もう一つは負けても気にならないことです なぜ負けても平気なのか? 議論が上手な人達は なぜ負けるのが上手なのか?

難問は まだあります なぜ私達は議論するのか?誰が議論で得をするのか? ここで言う議論とは 学問的または認識的議論とでも呼ぶべき 認識にまつわる議論です 例えば この命題は真か?この理論は優れているか? このデータや文章の解釈は妥当か?そういったことです あまり関心がない議論は 誰が食器を洗うかとか誰がゴミを出すかとかです もちろん家庭ではそんな議論もしますし コツを知っているから勝つ自信もあります ただ重要な議論ではありません 関心があるのは現代の学問的議論のほうです 私が抱える疑問を紹介しましょう

まず 議論が上手な人が勝つことで得るものは? 例えば「道徳理論の枠組みとして ― 功利主義は適当でない」と説得して私が得るものは? 議論に勝って得られるものは? そもそもカントの主張は妥当だとか ミルは倫理学者の手本だと相手に考えさせることが 私に関係があるのか? 機能主義は妥当な心の理論だと 誰が考えようと私には関係ないはずです では なぜ議論しようとするのか? なぜ人々を説得して 何かを信じさせようとするのか? それはいい事か? 必要のない事を考えさせるのは人に接する態度として適切か?

私は議論の3つのモデルに触れながら 答えていきたいと思います 1つ目の「弁証法モデル」では 議論を戦争と捉えます何となくわかるでしょう 大声をあげたり怒鳴ったり 勝ち負けがあります 実際にはそれほど役立ちませんが 議論のモデルとしてよく知られ 定着しています

2つ目のモデルは「証明としての議論」です 数学者の議論を考えてください このように進みます議論は適切か? 前提は正しいか?推論は妥当か? 結論は前提から導かれているか? ここには反論も対立もなく 議論の対立は必ずしも必要ではありません

役立つので知ってほしい第3のモデルは 「パフォーマンスとしての議論」です 聴衆の前で行われる議論です 政治家が自分の立場を表明しようとしたり 聴衆を説得する場面が思い浮かぶでしょう さらに このモデルには別の重要な側面があります すなわち議論をする際 ― しばしば聴衆も役割を担うことになります 議論は 評決を下し罪を裁く陪審員を前にした ― 主張のようなものになります これを「修辞モデル」と呼びましょう この場合 議論を聴衆に合わせる必要があります どれほど手堅くよく検討した緻密な議論を 英語で展開しても聞き手がフランス語話者なら 上手くいかないでしょう これで3つのモデルが出そろいました 戦争としての議論 証明としての議論パフォーマンスとしての議論です

そのうち最も一般的なのが戦争としての議論モデルです 議論について語ったり考えたりする時に 通常頭に浮かぶのはこのモデルです だから議論の進め方や実際の振舞いは ここから生じるのです

だから議論を語る時 ― 戦争にまつわる言葉を使うのです 求められるのは「強い」議論や「パンチの利いた」議論 ― 「目標を的確に捉えた」議論です 「防御」しながら「戦略」を整えます 相手を「粉砕する」議論が必要です 求められるのは こんな議論です これが支配的な議論の捉え方です 議論と聞いて思い浮かぶのは このような敵対モデルでしょう でも戦争の比喩 すなわち議論を戦争に喩え 戦争のモデルで捉えるのは 議論の進め方をゆがめてしまいます

まず内容より戦略が重視されるようになります 論理や論証は講義で学べます 議論に勝つための言い回しや 誤りについて学べます そこでは自分達と相手の対立という点が強調され 議論を敵味方に分かれたものと見なします 予想される結果は 華々しい勝利か 惨めで屈辱的な敗北のどちらかです こうして議論はゆがめられ 残念な事に 交渉や ― 検討や妥協や ― 共同作業を妨げます 議論を始める時に こう考えたことは? 「論戦するのではなく論議を尽くしてみよう ― 皆で何が解決できるだろう?」 議論=戦争と捉えてしまうと この様な解決方法を妨げてしまいます 結局 最悪な事に 議論がまとまらないのです 議論は行き詰まり 話が回り道し渋滞し 立ち往生します 収拾がつきません

それから 教育者として頭が痛いのは 議論を戦争として捉えると 学びを敗北と捉えたことになってしまいます どういう事か 説明しましょう あなたと私が議論するとします あなたは命題Pを信じていますが私は信じていません Pと考える理由を聞くとあなたは説明してくれます 私は その説明に反論を加えます あなたは反論に答え 私はさらにたずねますそれはどういうことか? 他にどう適用できるか?あなたは疑問に答え ― 議論の終わりには 反論も質問も 反対意見も出し尽くします あなたは全てに満足のいく答えを出し その結果 議論の終わりに 私はこう言います「君の言う通りPだ」 私は新しい考えを手に入れますが それは単なる考えではなく明確で きちんと検討され 論争を経た考えです

理解が深まりますさて議論に勝ったのは誰でしょう? 戦争に喩えてしまうとこう言うしかありません たとえ理解したのは私でも勝ったのはあなただ と でも 私を説得することであなたは何を理解したでしょう? 確かに満足して自尊心は満たされ ― その分野ではプロの地位を確保できるかも知れません 議論が上手だと言われるかも でも理解の面で勝ったのは誰でしょうか? 戦争に喩えた場合 ― 理解したのは私でもあなたが勝ちで 私は負けになります でも何かおかしいですよね 私が変えたいのはこの状況です

どうしたら私達は肯定的なものを生む ― 議論の仕方がわかるのでしょう? 必要なのは新しい議論の出口戦略です ただし新しい議論の始め方がなければ 新しい出口戦略は望めません 新しい議論の在り方を考える必要があるのです そのためには・・・ ただ私には方法がわかりません 残念なお知らせです 議論=戦争という比喩は怪物のようです 私達の心に巣くっていて それを殺す魔法の銃弾も 消し去る魔法の杖もありません 私に答えはありません ただ いくつか提案はできます

新しい議論の姿を考えるには 新たな参加者像を考える必要があります 試してみましょう 議論で参加者が果たす役割を考えましょう 対立的で弁証法的な議論では 賛成と反対の立場があります 修辞的議論には聴衆がいます 証明としての議論では推論する人がいます 様々な役割がありますがこんな想像はできるでしょうか? 皆さんは議論をしていますしかも同時に聴衆になり 自分の議論を見ています 自分が議論に負けるところを見ても 議論が終わる時には「いい議論だった」と 言うところを想像できますか? きっとできるはずです もしそんな議論 ― 「いい議論だった」と 敗者は勝者に向けて言い ― 聴衆と陪審員も そう言える議論なら 想像したのは いい議論です さらに それだけでなく 優れた議論をする人皆さんが目指すべき ― 議論をする人を思い浮かべたことになります

私は議論にたくさん負けてきました 敗北から何かを得られるような ― よい議論には練習が必要です でも幸い私には自分から進んで ― 練習の場を与えてくれる同僚がたくさんいるのです

ありがとう

(拍手)

My name is Dan Cohen, and I am academic, as he said. And what that means is that I argue. It's an important part of my life, and I like to argue. And I'm not just an academic, I'm a philosopher, so I like to think that I'm actually pretty good at arguing. But I also like to think a lot about arguing.

And thinking about arguing, I've come across some puzzles, and one of the puzzles is that as I've been thinking about arguing over the years, and it's been decades now, I've gotten better at arguing, but the more that I argue and the better I get at arguing, the more that I lose. And that's a puzzle. And the other puzzle is that I'm actually okay with that. Why is it that I'm okay with losing and why is it that I think that good arguers are actually better at losing?

Well, there's some other puzzles. One is, why do we argue? Who benefits from arguments? And when I think about arguments now, I'm talking about, let's call them academic arguments or cognitive arguments, where something cognitive is at stake. Is this proposition true? Is this theory a good theory? Is this a viable interpretation of the data or the text? And so on. I'm not interested really in arguments about whose turn it is to do the dishes or who has to take out the garbage. Yeah, we have those arguments too. I tend to win those arguments, because I know the tricks. But those aren't the important arguments. I'm interested in academic arguments today, and here are the things that puzzle me.

First, what do good arguers win when they win an argument? What do I win if I convince you that utilitarianism isn't really the right framework for thinking about ethical theories? So what do we win when we win an argument? Even before that, what does it matter to me whether you have this idea that Kant's theory works or Mill's the right ethicist to follow? It's no skin off my back whether you think functionalism is a viable theory of mind. So why do we even try to argue? Why do we try to convince other people to believe things that they don't want to believe? And is that even a nice thing to do? Is that a nice way to treat another human being, try and make them think something they don't want to think?

Well, my answer is going to make reference to three models for arguments. The first model, let's call this the dialectical model, is that we think of arguments as war, and you know what that's like. There's a lot of screaming and shouting and winning and losing, and that's not really a very helpful model for arguing but it's a pretty common and entrenched model for arguing.

But there's a second model for arguing: arguments as proofs. Think of a mathematician's argument. Here's my argument. Does it work? Is it any good? Are the premises warranted? Are the inferences valid? Does the conclusion follow from the premises? No opposition, no adversariality, not necessarily any arguing in the adversarial sense.

But there's a third model to keep in mind that I think is going to be very helpful, and that is arguments as performances, arguments as being in front of an audience. We can think of a politician trying to present a position, trying to convince the audience of something. But there's another twist on this model that I really think is important, namely that when we argue before an audience, sometimes the audience has a more participatory role in the argument, that is, arguments are also audiences in front of juries who make a judgment and decide the case. Let's call this the rhetorical model, where you have to tailor your argument to the audience at hand. You know, presenting a sound, well-argued, tight argument in English before a francophone audience just isn't going to work. So we have these models -- argument as war, argument as proof, and argument as performance.

Of those three, the argument as war is the dominant one. It dominates how we talk about arguments, it dominates how we think about arguments, and because of that, it shapes how we argue, our actual conduct in arguments.

Now, when we talk about arguments, yeah, we talk in a very militaristic language. We want strong arguments, arguments that have a lot of punch, arguments that are right on target. We want to have our defenses up and our strategies all in order. We want killer arguments. That's the kind of argument we want. It is the dominant way of thinking about arguments. When I'm talking about arguments, that's probably what you thought of, the adversarial model. But the war metaphor, the war paradigm or model for thinking about arguments, has, I think, deforming effects on how we argue.

First it elevates tactics over substance. You can take a class in logic, argumentation. You learn all about the subterfuges that people use to try and win arguments, the false steps. It magnifies the us-versus-them aspect of it. It makes it adversarial. It's polarizing. And the only foreseeable outcomes are triumph, glorious triumph, or abject, ignominious defeat. I think those are deforming effects, and worst of all, it seems to prevent things like negotiation or deliberation or compromise or collaboration. Think about that one. Have you ever entered an argument thinking, "Let's see if we can hash something out rather than fight it out. What can we work out together?" And I think the argument-as-war metaphor inhibits those other kinds of resolutions to argumentation. And finally, this is really the worst thing, arguments don't seem to get us anywhere. They're dead ends. They are roundabouts or traffic jams or gridlock in conversation. We don't get anywhere.

Oh, and one more thing, and as an educator, this is the one that really bothers me: If argument is war, then there's an implicit equation of learning with losing. And let me explain what I mean. Suppose you and I have an argument. You believe a proposition, P, and I don't. And I say, "Well why do you believe P?" And you give me your reasons. And I object and say, "Well, what about ...?" And you answer my objection. And I have a question: "Well, what do you mean? How does it apply over here?" And you answer my question. Now, suppose at the end of the day, I've objected, I've questioned, I've raised all sorts of counter-considerations, and in every case you've responded to my satisfaction. And so at the end of the day, I say, "You know what? I guess you're right. P." So I have a new belief. And it's not just any belief, but it's a well-articulated, examined, it's a battle-tested belief.

Great cognitive gain. Okay. Who won that argument? Well, the war metaphor seems to force us into saying you won, even though I'm the only one who made any cognitive gain. What did you gain cognitively from convincing me? Sure, you got some pleasure out of it, maybe your ego stroked, maybe you get some professional status in the field. This guy's a good arguer. But cognitively, now -- just from a cognitive point of view -- who was the winner? The war metaphor forces us into thinking that you're the winner and I lost, even though I gained. And there's something wrong with that picture. And that's the picture I really want to change if we can.

So how can we find ways to make arguments yield something positive? What we need is new exit strategies for arguments. But we're not going to have new exit strategies for arguments until we have new entry approaches to arguments. We need to think of new kinds of arguments. In order to do that, well, I don't know how to do that. That's the bad news. The argument-as-war metaphor is just, it's a monster. It's just taken up habitation in our mind, and there's no magic bullet that's going to kill it. There's no magic wand that's going to make it disappear. I don't have an answer. But I have some suggestions, and here's my suggestion.

If we want to think of new kinds of arguments, what we need to do is think of new kinds of arguers. So try this. Think of all the roles that people play in arguments. There's the proponent and the opponent in an adversarial, dialectical argument. There's the audience in rhetorical arguments. There's the reasoner in arguments as proofs. All these different roles. Now, can you imagine an argument in which you are the arguer, but you're also in the audience watching yourself argue? Can you imagine yourself watching yourself argue, losing the argument, and yet still, at the end of the argument, say, "Wow, that was a good argument." Can you do that? I think you can. And I think, if you can imagine that kind of argument where the loser says to the winner and the audience and the jury can say, "Yeah, that was a good argument," then you have imagined a good argument. And more than that, I think you've imagined a good arguer, an arguer that's worthy of the kind of arguer you should try to be.

Now, I lose a lot of arguments. It takes practice to become a good arguer in the sense of being able to benefit from losing, but fortunately, I've had many, many colleagues who have been willing to step up and provide that practice for me.

Thank you.

(Applause)

My name is Dan Cohen,/ and I am academic,/ as he said.//

私はダン・コーエン学者です

And what that means/ is/ that I argue.//

だから いつも議論をします生活の大切な要素ですし

It's an important part of my life,/ and I like to argue.//

議論する事が好きなのです

And I'm not just an academic,/ I'm a philosopher,/ so I like to think/ that I'm actually pretty good/ at arguing.//

私は単なる学者ではなく哲学者ですから 議論は かなり上手だと思います

But I also like to think/ a lot/ about arguing.//

議論について考えることも好きです

And thinking about arguing,/ I've come across some puzzles,/ and one of the puzzles is/ that as I've been thinking about arguing over the years,/ and it's been decades now,/ I've gotten better/ at arguing,/ but the more/ that I argue/ and the better/ I get at arguing,/ the more/ that I lose.// And that's a puzzle.//

考えているうちに何度も難問に出くわしました その一つはこうです 私は議論について考えて もう何十年にもなるしどんどん上達していますが 議論を重ねて上手になればなるほど ― 負けるようになりますこれが難問です

And the other puzzle is/ that I'm actually okay/ with that.//

もう一つは負けても気にならないことです

Why is it/ that I'm okay/ with losing/ and why is it/ that I think/ that good arguers are actually better/ at losing?//

なぜ負けても平気なのか? 議論が上手な人達は なぜ負けるのが上手なのか?

Well,/ there's some other puzzles.//

難問は まだあります

One is,/ why do we argue?// Who benefits from arguments?//

なぜ私達は議論するのか?誰が議論で得をするのか?

And when I think about arguments now,/ I'm talking/ about,/ let's call them/ academic arguments or cognitive arguments,/ where something cognitive is at stake.//

ここで言う議論とは 学問的または認識的議論とでも呼ぶべき 認識にまつわる議論です

Is this proposition true?// Is this theory a good theory?//

例えば この命題は真か?この理論は優れているか?

Is this a viable interpretation of the data or the text?//

このデータや文章の解釈は妥当か?そういったことです

And so on.// I'm not interested really/ in arguments/ about whose turn/ it is to do the dishes/ or who has to take out/ the garbage.//

あまり関心がない議論は 誰が食器を洗うかとか誰がゴミを出すかとかです

Yeah,/ we have/ those arguments too.//

もちろん家庭ではそんな議論もしますし

I tend to win/ those arguments,/ because I know the tricks.//

コツを知っているから勝つ自信もあります

But those aren't the important arguments.//

ただ重要な議論ではありません

I'm interested/ in academic arguments/ today,/ and here are the things/ that puzzle me.//

関心があるのは現代の学問的議論のほうです 私が抱える疑問を紹介しましょう

First,/ what do good arguers win/ when they win an argument?//

まず 議論が上手な人が勝つことで得るものは?

What do I win/ if I convince you/ that utilitarianism isn't really the right framework/ for thinking about ethical theories?//

例えば「道徳理論の枠組みとして ― 功利主義は適当でない」と説得して私が得るものは?

So/ what do we win/ when we win an argument?//

議論に勝って得られるものは?

Even/ before that,/ what does it matter to me/ whether you have this idea/ that Kant's theory works/ or Mill's the right ethicist/ to follow?//

そもそもカントの主張は妥当だとか ミルは倫理学者の手本だと相手に考えさせることが 私に関係があるのか?

It's no skin/ off my back/ whether you think functionalism is a viable theory of mind.//

機能主義は妥当な心の理論だと 誰が考えようと私には関係ないはずです

So/ why do we even try to argue?//

では なぜ議論しようとするのか?

Why do we try to convince/ other people/ to believe things/ that they don't want to believe?//

なぜ人々を説得して 何かを信じさせようとするのか?

And is/ that even a nice thing/ to do?// Is/ that a nice way to treat another human being,/ try and make them think something/ they don't want to think?//

それはいい事か? 必要のない事を考えさせるのは人に接する態度として適切か?

Well,/ my answer is going to make/ reference/ to three models/ for arguments.//

私は議論の3つのモデルに触れながら 答えていきたいと思います

The first model,/ let's call/ this the dialectical model,/ is/ that we think of arguments/ as war,/ and you know/ what that's like.//

1つ目の「弁証法モデル」では 議論を戦争と捉えます何となくわかるでしょう

There's a lot of screaming and shouting/ and winning and losing,/ and that's not really/ a very helpful model/ for arguing/ but it's a pretty common and entrenched model/ for arguing.//

大声をあげたり怒鳴ったり 勝ち負けがあります 実際にはそれほど役立ちませんが 議論のモデルとしてよく知られ 定着しています

But there's a second model/ for arguing:/ arguments/ as proofs.//

2つ目のモデルは「証明としての議論」です

Think of a mathematician's argument.//

数学者の議論を考えてください

Here's my argument.// Does it work?// Is it any good?//

このように進みます議論は適切か?

Are the premises warranted?// Are the inferences valid?//

前提は正しいか?推論は妥当か?

Does the conclusion follow/ from the premises?//

結論は前提から導かれているか?

No opposition,/ no adversariality,/ not necessarily/ any arguing/ in the adversarial sense.//

ここには反論も対立もなく 議論の対立は必ずしも必要ではありません

But there's a third model/ to keep in mind/ that I think is going to be very helpful,/ and that is arguments/ as performances,/ arguments/ as being in front of an audience.//

役立つので知ってほしい第3のモデルは 「パフォーマンスとしての議論」です 聴衆の前で行われる議論です

We can think of a politician/ trying to present/ a position,/ trying to convince the audience of something.//

政治家が自分の立場を表明しようとしたり 聴衆を説得する場面が思い浮かぶでしょう

But there's another twist/ on this model/ that I really think is important,/ namely/ that/ when we argue before an audience,/ sometimes/ the audience has a more participatory role/ in the argument,/ that is,/ arguments are also audiences/ in front of juries/ who make a judgment/ and decide the case.//

さらに このモデルには別の重要な側面があります すなわち議論をする際 ― しばしば聴衆も役割を担うことになります 議論は 評決を下し罪を裁く陪審員を前にした ― 主張のようなものになります

Let's call/ this the rhetorical model,/ where you have to tailor/ your argument/ to the audience/ at hand.//

これを「修辞モデル」と呼びましょう この場合 議論を聴衆に合わせる必要があります

You know,/ presenting a sound, well-argued, tight argument/ in English/ before a francophone audience just isn't going to work.//

どれほど手堅くよく検討した緻密な議論を 英語で展開しても聞き手がフランス語話者なら 上手くいかないでしょう

So/ we have these models --/ argument/ as war,/ argument/ as proof,/ and argument/ as performance.//

これで3つのモデルが出そろいました 戦争としての議論 証明としての議論パフォーマンスとしての議論です

Of those three,/ the argument/ as war is the dominant one.//

そのうち最も一般的なのが戦争としての議論モデルです

It dominates/ how we talk about arguments,/ it dominates/ how we think about arguments,/ and because of that,/ it shapes/ how we argue,/ our actual conduct/ in arguments.//

議論について語ったり考えたりする時に 通常頭に浮かぶのはこのモデルです だから議論の進め方や実際の振舞いは ここから生じるのです

Now,/ when we talk about arguments,/ yeah,/ we talk in a very militaristic language.//

だから議論を語る時 ― 戦争にまつわる言葉を使うのです

We want strong arguments,/ arguments/ that have a lot of punch,/ arguments/ that are right/ on target.//

求められるのは「強い」議論や「パンチの利いた」議論 ― 「目標を的確に捉えた」議論です

We want to have/ our defenses up and our strategies all/ in order.//

「防御」しながら「戦略」を整えます

We want killer arguments.//

相手を「粉砕する」議論が必要です

That's the kind of argument/ we want.//

求められるのは こんな議論です

It is the dominant way of thinking about arguments.//

これが支配的な議論の捉え方です

When I'm talking/ about arguments,/ that's probably/ what you thought of,/ the adversarial model.//

議論と聞いて思い浮かぶのは このような敵対モデルでしょう

But the war metaphor,/ the war paradigm or model/ for thinking about arguments,/ has,/ I think,/ deforming effects/ on how we argue.//

でも戦争の比喩 すなわち議論を戦争に喩え 戦争のモデルで捉えるのは 議論の進め方をゆがめてしまいます

First/ it elevates tactics/ over substance.//

まず内容より戦略が重視されるようになります

You can take a class/ in logic,/ argumentation.//

論理や論証は講義で学べます

You learn all/ about the subterfuges/ that people use to try and win arguments,/ the false steps.//

議論に勝つための言い回しや 誤りについて学べます

It magnifies the us-versus-them aspect of it.//

そこでは自分達と相手の対立という点が強調され

It makes it/ adversarial.// It's polarizing.//

議論を敵味方に分かれたものと見なします

予想される結果は 華々しい勝利か 惨めで屈辱的な敗北のどちらかです

I think/ those are deforming effects,/ and worst of all,/ it seems to prevent/ things/ like negotiation or deliberation or compromise or collaboration.//

こうして議論はゆがめられ 残念な事に 交渉や ― 検討や妥協や ― 共同作業を妨げます

Think about that one.// Have you ever entered an argument thinking,/ "Let's see/ if we can hash something out/ rather than fight it out.// What can we work out/ together?"//

議論を始める時に こう考えたことは? 「論戦するのではなく論議を尽くしてみよう ― 皆で何が解決できるだろう?」

And I think/ the argument-as-war metaphor inhibits those other kinds of resolutions/ to argumentation.//

議論=戦争と捉えてしまうと この様な解決方法を妨げてしまいます

And finally,/ this is really the worst thing,/ arguments don't seem to get/ us anywhere.//

結局 最悪な事に 議論がまとまらないのです

They're dead ends.// They are roundabouts or traffic jams or gridlock/ in conversation.//

議論は行き詰まり 話が回り道し渋滞し 立ち往生します

We don't get anywhere.//

収拾がつきません

Oh,/ and one more thing,/ and as an educator,/ this is the one/ that really bothers me:/ If argument is war,/ then/ there's an implicit equation of learning with losing.//

それから 教育者として頭が痛いのは 議論を戦争として捉えると 学びを敗北と捉えたことになってしまいます

And let me/ explain/ what I mean.//

どういう事か 説明しましょう

Suppose you/ and I have an argument.//

あなたと私が議論するとします

You believe a proposition,/ P,/ and I don't.//

あなたは命題Pを信じていますが私は信じていません

And I say,/ "Well/ why do you believe P?"//

Pと考える理由を聞くとあなたは説明してくれます

And you give me/ your reasons.//

And I object/ and say,/ "Well,/ what about ...//?"//

私は その説明に反論を加えます

And you answer my objection.//

あなたは反論に答え

And I have a question:/ "Well,/ what do you mean?//

私はさらにたずねますそれはどういうことか?

How does it apply over here?"// And you answer my question.//

他にどう適用できるか?あなたは疑問に答え ―

Now,/ suppose at the end of the day,/ I've objected,/ I've questioned,/ I've raised all sorts of counter-considerations,/ and in every case/ you've responded to my satisfaction.//

議論の終わりには 反論も質問も 反対意見も出し尽くします あなたは全てに満足のいく答えを出し

And so/ at the end of the day,/ I say,/ "You know/ what?// I guess/ you're right.// P."//

その結果 議論の終わりに 私はこう言います「君の言う通りPだ」

So I have a new belief.// And it's not just any belief,/ but it's a well-articulated,/ examined,/ it's a battle-tested belief.//

私は新しい考えを手に入れますが それは単なる考えではなく明確で きちんと検討され 論争を経た考えです

Great cognitive gain.// Okay.// Who won that argument?//

理解が深まりますさて議論に勝ったのは誰でしょう?

Well,/ the war metaphor seems to force/ us/ into saying you won,/ even though I'm the only one/ who made any cognitive gain.//

戦争に喩えてしまうとこう言うしかありません たとえ理解したのは私でも勝ったのはあなただ と

What did you gain cognitively/ from convincing me?//

でも 私を説得することであなたは何を理解したでしょう?

Sure,/ you got some pleasure/ out of it,/ maybe/ your ego stroked,/ maybe/ you get some professional status/ in the field.//

確かに満足して自尊心は満たされ ― その分野ではプロの地位を確保できるかも知れません

This guy's a good arguer.//

議論が上手だと言われるかも

But cognitively,/ now --/ just/ from a cognitive point of view --/ who was the winner?//

でも理解の面で勝ったのは誰でしょうか?

The war metaphor forces us/ into thinking/ that you're the winner/ and I lost,/ even though I gained.//

戦争に喩えた場合 ― 理解したのは私でもあなたが勝ちで 私は負けになります

And there's something wrong/ with that picture.//

でも何かおかしいですよね

And that's the picture/ I really want to change/ if we can.//

私が変えたいのはこの状況です

So/ how can we find ways/ to make arguments yield something positive?//

どうしたら私達は肯定的なものを生む ― 議論の仕方がわかるのでしょう?

What we need/ is new exit strategies/ for arguments.//

必要なのは新しい議論の出口戦略です

But we're not going to have/ new exit strategies/ for arguments/ until we have new entry approaches to arguments.//

ただし新しい議論の始め方がなければ 新しい出口戦略は望めません

We need to think/ of new kinds of arguments.//

新しい議論の在り方を考える必要があるのです

In order to do that,/ well,/ I don't know/ how to do that.//

そのためには・・・ ただ私には方法がわかりません

That's the bad news.//

残念なお知らせです

The argument-as-war metaphor is just,/ it's a monster.//

議論=戦争という比喩は怪物のようです

It's just taken up/ habitation/ in our mind,/ and there's no magic bullet/ that's going to kill/ it.//

私達の心に巣くっていて それを殺す魔法の銃弾も

There's no magic wand/ that's going to make/ it disappear.//

消し去る魔法の杖もありません

I don't have an answer.//

私に答えはありません

But I have some suggestions,/ and here's my suggestion.//

ただ いくつか提案はできます

If we want to think/ of new kinds of arguments,/ what we need to do/ is think of new kinds of arguers.//

新しい議論の姿を考えるには 新たな参加者像を考える必要があります

So try this.//

試してみましょう

Think of all the roles/ that people play in arguments.//

議論で参加者が果たす役割を考えましょう

There's the proponent and the opponent/ in an adversarial, dialectical argument.//

対立的で弁証法的な議論では 賛成と反対の立場があります

There's the audience/ in rhetorical arguments.//

修辞的議論には聴衆がいます

There's the reasoner/ in arguments/ as proofs.//

証明としての議論では推論する人がいます

All these different roles.// Now,/ can/ you imagine an argument/ in which you are the arguer,/ but you're also/ in the audience watching yourself argue?//

様々な役割がありますがこんな想像はできるでしょうか? 皆さんは議論をしていますしかも同時に聴衆になり 自分の議論を見ています

Can/ you imagine yourself/ watching yourself argue,/ losing the argument,/ and yet still,/ at the end of the argument,/ say,/ "Wow,/ that was a good argument."//

自分が議論に負けるところを見ても 議論が終わる時には「いい議論だった」と 言うところを想像できますか?

Can you do that?// I think/ you can.//

きっとできるはずです

And I think,/ if you can imagine that kind of argument/ where the loser says to the winner/ and the audience/ and the jury can say,/ "Yeah,/ that was a good argument,/"/ then/ you have imagined a good argument.//

もしそんな議論 ― 「いい議論だった」と 敗者は勝者に向けて言い ― 聴衆と陪審員も そう言える議論なら 想像したのは いい議論です

And more/ than that,/ I think/ you've imagined a good arguer,/ an arguer/ that's worthy of the kind of arguer/ you should try to be.//

さらに それだけでなく 優れた議論をする人皆さんが目指すべき ― 議論をする人を思い浮かべたことになります

Now,/ I lose a lot of arguments.//

私は議論にたくさん負けてきました

It takes practice/ to become a good arguer/ in the sense of being able to benefit from losing,/ but fortunately,/ I've had many, many colleagues/ who have been willing/ to step up/ and provide/ that practice/ for me.//

敗北から何かを得られるような ― よい議論には練習が必要です でも幸い私には自分から進んで ― 練習の場を与えてくれる同僚がたくさんいるのです

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

academic

学園の,大学の

(職業教育に対して)純粋学問の

理論的な;非実際的な

大学教師,大学生

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

decade

『10年間』

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

okay

=OK,O.K.

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

cognitive

認識の(に関する,を要する)

stake

(境界標・植物の支えなどの)『くい』

火刑用の柱;《the~》火刑,火あぶり

《しばしば複数形で》(競馬・ゲーム・かけ事などの)かけ金,賞金;(賞金のかかった)レース,(特に)競馬

(…に対する)(金銭的・感情的な)利害関系《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈境界など〉‘を'『くいで印をする』,くいで区画する《+『out』(『off』)+『名』,+『名』+『out』(『off』)》

〈動物など〉‘を'くいにつなぐ;〈植物など〉‘を'くい支える

(…に)〈金・名誉・命など〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

《米》〈人〉‘に'(…の)金を出してやる《+『名』+『to』+『名』》

proposition

『提案』,申し出

陳述,飽張

(論理学の)命題;(数学の)定理

《話》(扱わなければならない)仕事,事柄;相手

〈人〉‘に'提案する,事を持ちかける

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

viable

生存できる,生活できる,生育できる

実行できる

interpretation

(…の)意味を明らかにすること,解明,説明《+『of』+『名』》

(芸術作品・夢などの)解釈《+『of』+『名』》

(音楽作品や劇の役割に一つの解釈を示す)演奏,演技《+『of』+『名』》

通訳

datum

dataの単数形

既知の事実

text

〈U〉〈C〉(翻訳などに対し)『原文』

〈C〉〈U〉(題名・イラストなどに対する)『本文』

〈C〉(聖書の)一節

〈C〉(議論・演説などの)主題,題目

=textbook

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

garbage

(台所から出る)生ごみ,食べかす,残飯

くだらないもの,がらくた

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

trick

『芸当』,妙技;手品,奇術

(物事をする)秘けつ,こつ,技,巧みなやり方《+of+名(doing)》・(相手を欺こうとする)『たくらみ』,策略,ごまかし・(特に視覚・聴覚などを欺く) 幻影, 幻覚

『いたずら』,悪さ,悪ふざけ・卑劣な(ばかげた,幼稚な)行為

(態度・言葉などの)癖,習慣《+of+名(doing)・(カードゲームの)トリック(一巡に打ち出された札;通例4枚で得点の基礎となる) ・(船員などの)一交替勤務時間・芸当(曲芸,奇術)の;(映画などの)トリックの・錯覚を起こす,迷わせる・芸当(曲芸,奇術)に用いられる・(体など)よく動かない・〈人〉‘を'『だます』,欺く;〈人〉‘に'手品のトリックを仕掛ける・売春婦のひと仕事・売春婦から見た「客」

convince

〈人〉'を'『納得させる』

utilitarianism

功利説(主義)(「最大多数の最大幸福」を主義とする倫理学説)

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

Kant

カント(『Immanuel~』;1724‐1804;ドイツの哲学者)

mill

『製粉所』

『製粉機』;(手動の)ひき器

製造所,工場

〈穀物・コーヒーなど〉‘を'ひいて粉にする,製粉する

〈金属・鋼鉄〉‘を'圧延機(断裁機,打出機など)にかける

〈貨幣など〉‘の'へりにぎざぎざをつける

〈家畜・人の群れが〉目的もなくうろうろする;ぞろぞろ歩く《+『about(around)』》

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

functionalism

(建築などにおける)機能主義(美観のみならず機能本位の建物を作るべきだという考え)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

dialectical

=dialectic

《廃》=dialectal

war

〈U〉『戦争』,戦争状態;交戦期間;〈C〉(個々の)戦争

〈U〉(ある特定の目的のための)『争い』,戦い,闘争;〈C〉(個々の)争い

(…と)戦争をする,戦う,争う《+with(against)+名》

scream

(恐怖・苦痛などで)〈人が〉『悲鳴をあげる』,金切り声を出す

〈鳥・気笛などが〉『かん高い音を出す』

どなる,わめく,金切り声で言う

…‘を'『金切り声で言う』,大声で叫ぶ・金切り声,かん高い(鋭い)音

《俗》とてもおもしろおかしい人(物)

shout

『叫ぶ,大声を出す』,どなる《+『out』》

…‘を'大声で言う,叫ぶ《+『名』+『out,』+『out』+『名』》・『叫び』,大きな呼び声

helpful

『助けになる』,役に伝つ

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

entrench

…‘を'ざんごうに入れる

《しばしば副詞[句]を伴って》(ざんごうに入れたように)…‘を'安泰[なもの]にする

ざんごうを掘る

proof

〈U〉『証拠』,証明;〈C〉『証拠となるもの』,証拠品

〈C〉(真実性・品質などの)試験,吟味

〈U〉アルコール性飲料の標準強度

〈C〉〈U〉校正刷り(proof sheet);試し刷り,(写真の)試し焼き

《補語にのみ用いて》(…に)耐えられる,負けない《+『against』+『名』》

(アルコール飲料など)標準強度の

…‘を'校正する

(…に対して)…‘を'耐久性にする;…‘を'耐水性にする《+『名』+『against』+『名』》

mathematician

数学者

premise

〈C〉(推理を行う上で結論の根拠となる)『前提』;(…という)根拠《+『that節』》

《the premises》前述の事項,前述の物件

《複数形で》家屋敷,土地建物;敷地,構内

…‘を'前置きとして(あらかじめ)述べる;…ということを前提とする《+『that節』》

warrant

〈C〉(逮捕・差し押さえなどの)『令状』《+for+名》

〈U〉(…の)『正当な理由』,権限《+for+名(doing)》

〈C〉『保証[となるもの]』,保証人,担保物件

…‘を'『認可する』,公式に認める

〈行為など〉‘を'正当化する

〈品物・品質など〉‘を'『保証する』,確約する(guarantee)

《話》…‘を'確信(断言)する;断じて請け合う

inference

〈U〉推量,推論,推測

〈C〉推量の結果,結論

valid

(理論・理由などが)『妥当な』,しっかりした根拠のある

(契約・法律などが)『合法的な』,正式な手続きを踏んだ

(ある期間,またある条件のもとで)有効な

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

opposition

〈U〉〈C〉(…に)『反対すること』,(…に対する)反対,対立,抵抗,敵対《+『to』+『名』(a person's do『ing』)》

《時にO-》《the~》野党,反対党

necessarily

『必ず』,必然的に

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

politician

『政治家』

(利権をあさる)政略家,政治屋

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

twist

〈糸・なわなど〉‘を'『よる』,より合わせる(糸・なわなどに)…‘を'よる《+名+into(in)+名》

…‘を'よって(より合わせて)作る,なう;(…から)…‘を'よって作る《+名+from(out of)+名》

(…に)…‘を'『巻きつける』,からませる《+名+around(《英》round)+名》

…‘を'ねじる,よじる,しぼる

〈足首・関節など〉‘を'くじく,ねんざする

〈顔など〉‘を'ゆがめる,しかめる;…‘を'ゆがめて(…に)する《+名+into+名》

〈言葉・文章など〉‘の'意味を曲げる,‘を'曲解する

…‘を'回す,‘の'向きを変える

よじれる,ねじれる,ゆがむ

身をよじる,体をくねらせる

縫うように進む,曲がりくねる

〈C〉『より合わせること』;より,ねじれ,ゆがみ

〈C〉より合わせて(よって)作ったもの(より糸,なわ,ねじりパンなど)

〈C〉(意味などを)ねじ曲げること,曲解,こじつけ

〈C〉(道・流れなどの)曲がり,くねり

〈C〉(性質・態度などの)癖,かたより,ゆがみ

〈C〉(事件などの)意外な急変

〈C〉〈U〉(野球で)カーブ,曲球

《the ~》ツイスト(1960年代に流行した体をひねって踊る強烈な踊り)

namely

『すなわち』,つまり(that is to say)

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

jury

《集合的に》『陪審』[『員団』](普通民間人12人から成り,裁判において被告の有罪無罪を評決し裁判所に答申する)

《集合的に》(コンテストなどの)審査員

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

rhetorical

修辞学の

(文体が)華麗な,(弁舌が)美辞を弄する(ろうする)

tailor

(男子服の)『洋服屋』,仕立て屋

〈男子服〉‘を'『仕立てる』

(特定の目的に合うように)〈物・計画など〉‘を'『作る』《+名+to+名》

洋服屋(仕立て屋)をする

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

tight

『きっちり締まった(結ばれた)』

『すきまのない』,(水・空気などの)漏らない

『ぴんと張った』

(衣服などが)『きつい』

(時間的・空間的に)余裕のない,ぎっしり詰まった

(立場などが)困難な,扱いにくい

厳しい

《話》けちな(stingy)

《話》(試合などが)互角の

《俗》酔った

(品物・仕事・取り引きなどが)試底した,詰まった,(金融が)ひっ迫した

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

dominate

…‘を'『支配する』,‘に'君臨する

…‘で'優位を占める,幅を利かす

…‘を'見下ろす位置にある;…‘の'上にそびえ立つ

(…を)支配する,威圧する《+『over』+『名』》

《副詞[句]を伴って》優勢である

shape

〈C〉〈U〉『形』,外形,形状・〈U〉状態、調子・〈U〉申分のない体調・〈U〉《時にa~》体つき,姿,なり・〈U〉(物事の)状態・…‘を'『形を作る』・‘を'形づける(give form to);(…の形に)‥・‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》・…‘を'形を整える・‘を'合わせる・(…に)…‘を'形を合わせる《+『名』+『to』+『名』》・〈進路・方針など〉‘を'定める・形ができる・具体化する・発展する《+『up』》

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

militaristic

軍国主義の,軍人精神の

language

〈U〉『言語』,言葉

〈C〉(一国家・一民族の持つ)『国語』,…語

〈U〉(文字・話し言葉為外の)伝達記号,人工言語;(動物の)伝達手段(鳴き声・身ぶりなど)

〈U〉(個人・特定のグループなどの)『言葉遣い』,語法,(専門の)用語,術語

〈U〉語学,言語学(linguistics)

punch

…‘を'『げんこつでなぐる』

(機械などを動かすために)…‘を'押す

《話》〈家畜〉‘を'追う・げんこつでなぐる

〈C〉『げんこつの一打ち』

〈U〉《話》迫力

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

killer

殺人者;屠殺(とさつ)者;殺し屋

probably

『たぶん』,『おそらく』

metaphor

隠喩,暗喩(like, asなどを用いない比喩;たとえばLife is as long and hard as a journey.(人生は旅のように長くつらいものだ)といえば直喩で,Life is a journey.(人生は旅だ)といえば隠喩)

paradigm

範例,規範

語形変化表

deform

…‘の'形をくずす,'を'変形させる

…'を'ぶかっこうにする,醜くする

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

elevate

(ある高さに)…‘を'『上げる』,‘の'程度を高める《『名』+『to』+『名』》

(知的・精神的に)…‘を'向上させる,高める

(…から…に)〈人〉‘を'昇進させる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

substance

〈U〉『物質』,物

〈U〉《the~》(…の)『趣旨』,本音《+of+名》

〈U〉(スープなどの)濃さ,こく,中身[の詰まっていること]

〈U〉『実質』,実

〈U〉《古》財産,資産

logic

『論理学』

『論理』,論法

《話》いやおうを言わせぬ力,必然性

《話》もっともな考え

argumentation

議論,討論

立論,論証

subterfuge

〈C〉いい逃れ,口実;ごまかし

〈U〉策略,諜略

false

『正しくない』,誤った

『本物でない』,作りものの(artificial)

人を誤らせるような,人を惑わせる(deceptive)

信頼を裏切る,不実な

うそを言う,正直でない

だまして

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

magnify

〈レンズなどが〉…‘を'『拡大うる』

〈危険・問題など〉‘を'誇張する

〈レンズなどが〉物を拡大して見せる

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

foreseeable

予知できる,予測できる

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

triumph

(…に)『勝利を収める』,勝つ《+over+名》

勝利を喜ぶ,勝ち誇る

〈C〉(…に対する)『勝利』,成功,功績《+over+名》

〈U〉勝利(成功)の喜び,勝ち誇り,得意の色

glorious

『光栄ある』,名誉ある

『壮麗な』,荘厳な

《話》『とても楽しい』;(天気などが)大変すばらしい

《英話》ひどい

abject

(人・行為が)下劣な,あさましい

みじめな

ignominious

不面目な,恥ずべき,卑しむべき

defeat

(戦いや試合で)〈相手〉'を'『負かす』,打ち破る《+『名』+『in』(『at』)+『名』》

‘目的・希望など''を'くじく,くつがえす

(…を)『破ること』,(…に)打ち勝つこと《+『of』+『名』》

『敗北』,挫折(ざせつ)

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

negotiation

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》(物事についての人との)『取り決め』,『交渉』,話し合い《+『with』(『between』)+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

〈U〉(手形などの)換金,譲渡

〈U〉《話》(障害・因難などの)克服

deliberation

〈U〉熟慮,熟考

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》正式の協議,討議,審議

〈U〉(思考・行動などの)慎重さ

compromise

〈U〉〈C〉(…との)『妥協』,和解,和解《+『with』+『名』》

〈C〉妥協案,折衷案;折衷したもの

〈信用・名声など〉'を'危うくする,傷つける,汚す

(…と)『妥協する』,和解する《+『with』+『名』》

collaboration

(…しの)共同,協力;共作,合作,共著《+『with』+『名』》

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

hash

〈U〉〈C〉刻み肉料理,ハヤシ料理

《a~》寄せ集め,ごた混ぜ

〈C〉(古い作品などの)焼き直し

〈肉〉‘を'細かく刻む

《話》…‘を'検討する,討論する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《話》…‘を'だいなしにする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

inhibit

〈感情・欲望・行動・作用など〉‘を'抑制する

(…しないように)〈人〉‘を'抑制する,妨げる《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

resolution

〈U〉『決心』(『決定』)すること;〈U〉『決意』,誓い

〈C〉(集会・議会などの)『決議』,決議案

〈U〉強固な意志,不屈

〈U〉(問題などの)解決,解明,解答《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)分解,分析《+『of』+『名』》

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

dead end

(通路・水道管などの)行き仕まり

(事態などの)行き詰まり

roundabout

遠回りの,回り道の・(言葉などが)遠回しの,間接の・= merry-go-round・traffic circle

traffic

(車・船・人などの)『往来,交通』,通行;(鉄道・船などによる)輸送,運輸

《集合的に》交通量,輸送量

売買,商売(trade),(特に不正な)取り引き

運輸業,[旅客]輸送業

(特に不正に)(…と…の)取り引きをする《+in+名+with+名》

jam

ジャム

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

educator

教育者,教師

教育学者

bother

〈人など〉'を'『悩ます』,迷惑をかける

(…について)『悩む』,心配する《『about』+『名』》

《『bother to』do》わざわざ…する

〈C〉〈U〉『やっかい』,めんどう

《a~》(…にとって)やかっいなこと(人)《+『to』+『名』》

implicit

(同意・反対などが)暗に示された,暗黙の

無条件の,絶対の

equation

等式; 方程式

losing

負ける,損をする,勝ち目がない

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

object

(見たり,触れたりできる)『物』,物体

(…の)『対象となる人』(『物』,『事』),(…の)的《+『of』+『名』》

(…の)『目的』,目当て(aim)《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

(文法で)『目的語』

(…に)『反対する』,異議を唱える《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh-節』)》

(…を)いやに思う《+『to』(『against』)+『名』(a person's do『ing』,『wh』‐『節』)》

《『object』+『that節』》…‘だと'反対して言う

objection

(…に対する)『反対』,異議,異論《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh-節』)》

(…に対する)嫌悪,不満《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

(…に)反対する理由(根拠)《+『to』(『against』)+『名』(do『ing』,『wh』‐『節』)》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

respond

(…に)『返事をする』,応答する《+『to』+『名』》

(…に)『反応する』,応じる(react),好反応を示す《+『to』+『名』(do『ing』)》

(牧師の言葉に対して)応唱する

《respond+that節》〈…である〉‘と'答える,応答する

satisfaction

〈U〉(…を)『満足させること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に)『満足すること』《+『at』(『with』)+『名』》

〈C〉満足させるもの(こと)

《文》〈U〉(損害などの)賠償;(借金の)返済;(義務の)履行

〈U〉(決闘などによる)名誉回復の機会

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

examine

…‘を'『調べる』,検討する

〈人・身体〉‘を'『診察する』

〈人〉‘に'(…の)『試験をする』《+『名』〈人〉+『in』(『on, upon』)+『名』》

〈証人・被告など〉‘を'尋問する,審問する

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

ego

〈U〉〈C〉自我;《しばしばE・go》主観

〈U〉《話》うぬぼれ,自尊心(conceit)

stroke

(こぶし・武器・金づちなどの)『一打ち』,一撃,打告《+of+名》

《単数形で》(運の)巡り合わせ《+of+名》

《単数形で》(…の)ひと仕事,ひと働き;みごとな成果《+of+名》

(鐘・時計などの)『打つ音』《+of+名》

(時計などが打って示す)時刻

(繰り返される動作・運動の)『一動作』,一行程

(ペン・鉛筆・筆などの)ひと筆,ひとなで;筆の運び,筆致

卒中

(ゴルフ・テニスなどの)一打ち,ストローク

(心臓などの)一打ち,鼓動,脈搏

(ボートの)整調[手]

〈ボート〉‘の'整調をこぐ

《副詞[句]を伴って》〈ボール〉‘を'打つ

professional

《名詞の前にのみ用いて》『専門職の』;(一般に)職業の

《名詞の前にのみ用いて》専門職に従事する;専門食の訓練を受けた

(また《話》『pro』)『本職の』,プロの

職業人;(特に)専門職にたずさわる人

(また《話》『pro』)『職業選手』

status

〈C〉〈U〉『地位』,身分;資格

〈U〉高い地位,

〈C〉『状態』,事態

field

〈C〉『野原』,[牧]草地;田;畑;《the fields》田野,田畑

〈C〉(雪・氷などの)原,広がり

〈C〉(鉱物などの)産出地,埋蔵地

〈C〉『戦場』(battlefield);戦闘(battle)

〈C〉(スポーツの)『競技場』;(陸上のトラックに対して)フィールド

〈C〉(ある用途の)場,地面

〈C〉(研究・活動などの)『分野』,領域

《the~》現地

〈C〉(電気・磁気などの)場;(レンズの)視界

〈C〉(絵・旗などの)地,下地

《the~》《集合的に》(キツネ狩り・競技の)参加者;(競馬の)出走馬;(野球の)守備選手

(野球・クリケットで)〈打球〉‘を'さばく

〈選手〉‘を'出場させる,守備につける

(野球・クリケットで)野手をつとめる

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

yield

…‘を'『産出する』,生ずる(produce);〈利益など〉‘を'生む

(圧迫・強制などによって)(…に)…‘を'『明け渡す』,放棄する《+up+名(+名+up)+to+名》

…‘を'譲る,与える

〈自分〉‘の'身を任せる

〈土地が〉『作物がてきてる』

(…に)『屈する』,負ける,従う;(…に)応ずる,譲歩する《+to+名》

(圧力・力などによって)動く,開く,曲がる,へこむ,壊れる《+to+名》

〈U〉〈C〉産出[高],収穫[高]

positive

『肯定した,同意の』

『実際的な,』積極的な,建設的な

《補語にのみ用いて》『確信のある』,自信のある

(事が)疑問の余地がない,明確な;(言葉が)はっきりした

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの,文字どおりの

(生体の反応が)陽性の

(数が)正の,プラスの;(気電が)陽の;(写真で)陽画の

(形容詞・副詞の比較変化で)原級の

明確(明白)なもの

(形容詞・副詞の)原級

(写真の)陽画,ポジ

(数学で)正数

exit

『出口』

退出,退去;(舞台からの俳優の)退場

entry

〈C〉〈U〉(場所などに)『入ること』,『入場』,登場;(団体・競技などへの)参加,加入(entrance)《+『into』+『名』》

〈C〉《おもに米》(‥への)入り口(entrance),玄関《+『of』(『to』)+『名』》

〈C〉(帳簿・日記・表などの)『記載事項』,項目;(…の)『記入』《+『of』+『名』》

〈C〉(競技・コンテストなどの)『参加者』,参加作品《+『for』(『in』)+『名』》

〈C〉(辞書などの)見出し語

approach

〈ある時間・場所・状態〉‘に'『近づく』,接近する

(ある目的・要求で)〈人〉‘に'近づく,交渉する《+『名』〈人〉+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈研究・仕事など〉‘に'取りかかる,〈問題など〉'を'扱う

〈時・事などが〉『近づく』

(程度・性質などにおいて)(…に)似ている,近い《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『接近』,近づくこと《+『to』+『名』》

《しばしば複数形で》(ある目的で)(人に)近づくこと,取り入ること《+『to』+『名』》

〈U〉(…との)近似,類似《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)近づく道,(…への)入り口《+『to』+『名』》

〈C〉(問題・作品などの)扱い方,手引き;(…の)学習(研究)法《+『to』+『名』》

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

monster

(想像・伝説上の)『怪物』,化け物

《a ~》(…の)巨大な(怪異な)物,怪物(のような…)《+『of』+『名』》

(動・植物の)奇形

極悪非道の人,人非人

巨大な

habitation

〈U〉居住

〈C〉住所,住み家

magic

『魔法』,魔術;呪術(じゅじゅつ)

『手品』,奇術

心を奪う力,魔力;(…の)神秘的な魅力《+『of』+『名』》

魔法の

手品の,奇術の

bullet

『弾丸』,銃弾,小銃弾

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

wand

棒,(特に奇術師の)つえ

(職権を表す)職杖

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

suggestion

〈U〉〈C〉『提案,』提案すること

〈C〉『提案されたもの(こと)』

〈C〉〈U〉そりとなく言うこと,暗に示すこと;連想させること

〈C〉《a~》『少しばかり』(の…),少量(の…)《+of+名》

proponent

(…の)提案者,主唱者《+『of』+『名』》

(…の)弁護者,支持者《+『of』+『名』》

opponent

(討論・試合などで)(…の)『相手』;敵対者,反対者《+『of』+『名』》

相手の,反対の,敵対する

reasoner

論証者

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

wow

(賞賛・驚き・喜びなどを表して)まあ,わあ,あら

大成功,大当り

loser

負ける,(負けた)人,敗北者

worthy

『価値のある』,尊敬するべき

お偉方,名士,ごりっぱな人

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

fortunately

『運よく』,幸いにも

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画