TED日本語 - キース・ムーリカー: 死んだカモが私の人生をどう変えたか

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

ある日の午後、キース・ムーリカーが見つけた研究対象は、ほとんどの鳥類学者が見向きもしないようなものでした。1羽のカモが彼のオフィスがあるガラス張りの建物に衝突して死に、そして... その後に見たものが彼の人生を変えることになります。[注意: 刺激の強い映像や動物の性行動の描写が含まれます。]

Script

私は ロッテルダム自然史博物館で 学芸員をしています 私の仕事はコレクションの管理と 標本を収集すること ― つまり動物の死骸を収集することです 1995年に 博物館の隣に新しい棟ができました ガラス張りだったので 本当に仕事が はかどりました 鳥がよくビルにぶつかって死んだからです ご存知かもしれませんが 鳥はガラスが何かわかっていません ガラスが見えないので衝突して死んでしまいます 私は死骸を拾いに行って 標本にしてコレクションに加えるだけでいいんです (笑) その頃 私は ガラスにぶつかる音だけで 鳥の種類がわかるようになっていました

1995年6月5日のことです 窓に衝突する大きな音が聞こえました それが私の人生を変え一羽のカモの人生に終止符を打ちました 外をのぞくとこんな光景が見えました 窓に激突したカモの死骸です うつぶせで死んでいます 近くにいるカモは生きています よく見てください どちらもオスです そして次の瞬間 ― 生きたカモが死骸の上に乗り 交尾を始めたのです

私は生物学者で鳥類学者ですから 「何かおかしいぞ」と思いました 一羽は死に もう一羽は生きているから屍姦です よく見ましたが どちらもオスです だからホモセクシャルの屍姦です

そこで ―(笑)

カメラとノートと椅子を用意して 行動を観察しはじめました 75分も経つと ― (笑) 私は満足しましたしお腹も空いて 家に帰りたくなりました そこで外に出てカモを回収し 冷凍庫に入れる前に その死骸が本当にオスなのか確かめました これは とても珍しいカモの男性器の写真です 確かにオスでした 珍しいというのは1万種いる鳥類の中で 男性器があるのは300種に過ぎないからです

『マガモにおける同性愛屍姦の初めての事例』

珍しいものを観察したという認識はありましたが 論文の発表を決意するまでに6年もかかりました (笑) 誕生パーティーやコーヒー・ブレイクには うってつけの話題でも ― 学会での発表となると話は別です 理論的な枠組みも ありませんでした 6年経って友人や同僚に急かされる形で 『マガモにおける同性愛屍姦の初めての事例』を 公表することになりました 状況を整理しましょう "a" は私のオフィス ― "b" はカモがガラスに当たった場所 ― "c" は私が観察していた場所です これは先ほどの写真です

皆さん ご存知かもしれませんが 科学論文を書いても内容が特殊だと ― 読者は せいぜい6~7人です (笑) でも いい知らせがありました マーク・エイブラハムズという人が電話をしてきたのです 「あなたのカモの論文が ― イグノーベル賞を受賞しました」 イグノーベル賞とは ― (笑)(拍手) イグノーベル賞とは まず人を笑わせそして考えさせる研究に ― 贈られる賞でより多くの人が 科学に関心をもつことを目指しています それはいいことだと思って賞をもらうことにしたのです (笑)

ところで マークの電話はストックホルムからではなく マサチューセッツ州のケンブリッジからでした 私はボストンを経てケンブリッジへ向かい ハーバード大学で開かれた ― 素晴らしい授賞式に出席しました とても楽しい体験でした 本物のノーベル賞受賞者が表彰してくれるのです それでも ほんの序の口です 他に9人の受賞者がいました 彼は一緒に受賞したチャールズ・パクストンです 彼の[2002年]の生物学賞 受賞論文は 『イギリスでの飼育条件下における ― 人間に対するダチョウの求愛行動』 でした (笑) 今 ここにもイグノーベル賞の 受賞者がいるはずです ダン・アリエリーはどこですか? 彼に拍手を (拍手) ダンは 安価な偽薬よりも 高価な偽薬の方が効果が高いことを立証して 医学賞を受賞しました (笑)

これが私のいわば「1分間の栄光」 ― 受賞スピーチの様子です これが そのカモです アメリカ西海岸では初公開になります 今 まわします (笑) どうぞ 皆にまわしてください これは標本資料です 鳥インフルエンザにかかる心配はありませんよ

受賞後 私の人生は一変しました まず カモにまつわる ― いろいろな物が送られてきて 充実したコレクションができたことです

(笑) もっと良いことに驚くべき動物の行動に関する ― 記録が集まってきたのです だから動物の倒錯した行動なら何でも知っています 本当です (笑)

これはムースです 交尾しようとしているのはバイソンの銅像です 2008年 モンタナ州での記録です これは金魚と交尾しようとするカエル 2011年 オランダです オーストラリアのオオヒキガエルです 車に轢かれていて 屍姦の事例です 体位も目を引きます 正常位は動物界では非常に珍しいのです ロッテルダムで観察されたハトです 2004年 香港のツバメです ウィスコンシン州のシチメンチョウです イーサン・アレン少年院の構内で観察されました 交尾は一日がかりだったので 受刑者も楽しむことができました

さて この行動は何を意味するのでしょう? なぜ自然界でこんなことが起こるのか? これが私の疑問です そこで事例を検討して ある結論に至りました 屍姦が起こる重要な要素とは 突然かつ劇的な死と 交尾に適した姿勢である と 少なくとも このスライドを見るまでは そう考えていました カモの死骸が写っています 死後3日が経過している上に 仰向けになっています 私の屍姦の理論も水の泡です

もう一つ建物のガラスが鳥の命を左右する例を紹介します ロッテルダムにいるクロウタドリのマッド・マックスです この鳥は2004~08年に渡り来る日も来る日も ― 窓にぶつかり続けました ビデオをご覧ください

(音楽)(コン) (コン) (コン)

実は この鳥は 窓に映った自分とけんかしているのです 縄張りが侵されたと思っています ここに来る度に侵入者が見えるので 終わりはありません 私は この鳥を2年間観察しましたが はじめは脳の障害を疑っていました でもそうではありません ビデオから取った画像を見てください ガラスにぶつかる瞬間に 足を前に出し それから当たっています

最後に 皆さんを「死んだカモの日」にご招待します 毎年6月5日 ― 午後6時 5分前に 私達はロッテルダム自然史博物館に集い ― 例のカモを博物館から持ち出して 鳥が窓と衝突するの防ぐための 新しい方法について検討するのです 皆さん ご存じかわかりませんが 世界的に 鳥の主な死因の一つが衝突死なのです 米国だけでも 10億羽がガラスの建物に衝突して死んでいます 式典が終わると皆で中華料理店に行き アヒルのフルコースを食べます

来年は皆さんと オランダ ロッテルダムでお会いできることを 楽しみにしています ありがとうございます

(拍手)

あぁ すみません 私のカモを返していただけますか?

(笑)(拍手)

ありがとう

This is the Natural History Museum in Rotterdam, where I work as a curator. It's my job to make sure the collection stays okay, and that it grows, and basically it means I collect dead animals. Back in 1995, we got a new wing next to the museum. It was made of glass, and this building really helped me to do my job good. The building was a true bird-killer. You may know that birds don't understand the concept of glass. They don't see it, so they fly into the windows and get killed. The only thing I had to do was go out, pick them up, and have them stuffed for the collection. (Laughter) And in those days, I developed an ear to identify birds just by the sound of the bangs they made against the glass.

And it was on June 5,1995, that I heard a loud bang against the glass that changed my life and ended that of a duck. And this is what I saw when I looked out of the window. This is the dead duck. It flew against the window. It's laying dead on its belly. But next to the dead duck is a live duck, and please pay attention. Both are of the male sex. And then this happened. The live duck mounted the dead duck, and started to copulate.

Well, I'm a biologist. I'm an ornithologist. I said, "Something's wrong here." One is dead,one is alive. That must be necrophilia. I look. Both are of the male sex. Homosexual necrophilia.

So I -- (Laughter)

I took my camera, I took my notebook, took a chair, and started to observe this behavior. After 75 minutes - (Laughter) - I had seen enough, and I got hungry, and I wanted to go home. So I went out, collected the duck, and before I put it in the freezer, I checked if the victim was indeed of the male sex. And here's a rare picture of a duck's penis, so it was indeed of the male sex. It's a rare picture because there are 10,000 species of birds and only 300 possess a penis.

[ The first case of homosexual necrophilia in the mallard Anas platyrhynchos (Aves: Anatidae) ]

I knew I'd seen something special, but it took me six years to decide to publish it. (Laughter) I mean, it's a nice topic for a birthday party or at the coffee machine, but to share this among your peers is something different. I didn't have the framework. So after six years, my friends and colleagues urged me to publish, so I published "The first case of homosexual necrophilia in the mallard." And here's the situation again. A is my office, B is the place where the duck hit the glass, and C is from where I watched it. And here are the ducks again.

As you probably know, in science, when you write a kind of special paper, only six or seven people read it. (Laughter) But then something good happened. I got a phone call from a person called Marc Abrahams, and he told me, "You've won a prize with your duck paper: the Ig Nobel Prize." And the Ig Nobel Prize - (Laughter) (Applause) - the Ig Nobel Prize honors research that first makes people laugh, and then makes them think, with the ultimate goal to make more people interested in science. That's a good thing, so I accepted the prize. (Laughter)

I went -- let me remind you that Marc Abrahams didn't call me from Stockholm. He called me from Cambridge, Massachusetts. So I traveled to Boston, to Cambridge, and I went to this wonderful Ig Nobel Prize ceremony held at Harvard University, and this ceremony is a very nice experience. Real Nobel laureates hand you the prize. That's the first thing. And there are nine other winners who get prizes. Here's one of my fellow winners. That's Charles Paxton who won the 2000 biology prize for his paper, "Courtship behavior of ostriches towards humans under farming conditions in Britain." (Laughter) And I think there are one or two more Ig Nobel Prize winners in this room. Dan, where are you? Dan Ariely? Applause for Dan. (Applause) Dan won his prize in medicine for demonstrating that high-priced fake medicine works better than low-priced fake medicine. (Laughter)

So here's my one minute of fame, my acceptance speech, and here's the duck. This is its first time on the U.S. West Coast. I'm going to pass it around. (Laughter) Yeah? You can pass it around. Please note it's a museum specimen, but there's no chance you'll get the avian flu.

After winning this prize, my life changed. In the first place, people started to send me all kinds of duck-related things, and I got a real nice collection.

(Laughter) More importantly, people started to send me their observations of remarkable animal behavior, and believe me, if there's an animal misbehaving on this planet, I know about it. (Laughter)

This is a moose. It's a moose trying to copulate with a bronze statue of a bison. This is in Montana, 2008. This is a frog that tries to copulate with a goldfish. This is the Netherlands, 2011. These are cane toads in Australia. This is roadkill. Please note that this is necrophilia. It's remarkable: the position. The missionary position is very rare in the animal kingdom. These are pigeons in Rotterdam. Barn swallows in Hong Kong, 2004. This is a turkey in Wisconsin on the premises of the Ethan Allen juvenile correctional institution. It took all day, and the prisoners had a great time.

So what does this mean? I mean, the question I ask myself, why does this happen in nature? Well, what I concluded from reviewing all these cases is that it is important that this happens only when death is instant and in a dramatic way and in the right position for copulation. At least, I thought it was till I got these slides. And here you see a dead duck. It's been there for three days, and it's laying on its back. So there goes my theory of necrophilia.

Another example of the impact of glass buildings on the life of birds. This is Mad Max, a blackbird who lives in Rotterdam. The only thing this bird did was fly against this window from 2004 to 2008, day in and day out. Here he goes, and here's a short video.

(Music) (Clunk) (Clunk) (Clunk) (Clunk)

So what this bird does is fight his own image. He sees an intruder in his territory, and it's coming all the time and he's there, so there is no end to it. And I thought, in the beginning -- I studied this bird for a couple of years -- that, well, shouldn't the brain of this bird be damaged? It's not. I show you here some slides, some frames from the video, and at the last moment before he hits the glass, he puts his feet in front, and then he bangs against the glass.

So I'll conclude to invite you all to Dead Duck Day. That's on June 5 every year. At five minutes to six in the afternoon, we come together at the Natural History Museum in Rotterdam, the duck comes out of the museum, and we try to discuss new ways to prevent birds from colliding with windows. And as you know, or as you may not know, this is one of the major causes of death for birds in the world. In the U.S. alone, a billion birds die in collision with glass buildings. And when it's over, we go to a Chinese restaurant and we have a six-course duck dinner.

So I hope to see you next year in Rotterdam, the Netherlands, for Dead Duck Day. Thank you.

(Applause)

Oh, sorry. May I have my duck back, please?

(Laughter) (Applause)

Thank you.

This is the Natural History Museum/ in Rotterdam,/ where I work as a curator.//

私は ロッテルダム自然史博物館で 学芸員をしています

It's my job/ to make sure/ the collection stays okay,/ and/ that it grows,/ and basically/ it means/ I collect dead animals.//

私の仕事はコレクションの管理と 標本を収集すること ― つまり動物の死骸を収集することです

Back/ in 1995,/ we got a new wing next/ to the museum.//

1995年に 博物館の隣に新しい棟ができました

It was made of glass,/ and this building really helped me/ to do my job good.//

ガラス張りだったので 本当に仕事が はかどりました

The building was a true bird-killer.//

鳥がよくビルにぶつかって死んだからです

You may know/ that birds don't understand the concept of glass.// They don't see it,/ so they fly into the windows/ and get killed.//

ご存知かもしれませんが 鳥はガラスが何かわかっていません ガラスが見えないので衝突して死んでしまいます

The only thing/ I had to do/ was go out,/ pick them up,/ and have them/ stuffed for the collection.//

私は死骸を拾いに行って 標本にしてコレクションに加えるだけでいいんです

(Laughter) And in those days,/ I developed an ear/ to identify birds just/ by the sound of the bangs/ they made against the glass.//

(笑) その頃 私は ガラスにぶつかる音だけで 鳥の種類がわかるようになっていました

And it was on June 5,1995,/ that I heard a loud bang/ against the glass/ that changed my life/ and ended that of a duck.//

1995年6月5日のことです 窓に衝突する大きな音が聞こえました それが私の人生を変え一羽のカモの人生に終止符を打ちました

And this is/ what I saw/ when I looked out of the window.//

外をのぞくとこんな光景が見えました

This is the dead duck.// It flew against the window.//

窓に激突したカモの死骸です

It's laying dead/ on its belly.//

うつぶせで死んでいます

But next/ to the dead duck is a live duck,/ and please pay attention.//

近くにいるカモは生きています よく見てください

Both are of the male sex.//

どちらもオスです

And then/ this happened.//

そして次の瞬間 ―

The live duck mounted the dead duck,/ and started to copulate.//

生きたカモが死骸の上に乗り 交尾を始めたのです

Well,/ I'm a biologist.// I'm an ornithologist.//

私は生物学者で鳥類学者ですから

I said,/ "Something's wrong here."//

「何かおかしいぞ」と思いました

One is dead,/one is alive.// That must be necrophilia.//

一羽は死に もう一羽は生きているから屍姦です

I look.// Both are of the male sex.//

よく見ましたが どちらもオスです

だからホモセクシャルの屍姦です

So I --/ (Laughter)//

そこで ―(笑)

I took my camera,/ I took my notebook,/ took a chair,/ and started to observe/ this behavior.//

カメラとノートと椅子を用意して 行動を観察しはじめました

After 75 minutes - (Laughter) -/ I had seen enough,/ and I got hungry,/ and I wanted to go home.//

75分も経つと ― (笑) 私は満足しましたしお腹も空いて 家に帰りたくなりました

So I went out,/ collected the duck,/ and/ before I put it/ in the freezer,/ I checked/ if the victim was indeed of the male sex.//

そこで外に出てカモを回収し 冷凍庫に入れる前に その死骸が本当にオスなのか確かめました

And here's a rare picture of a duck's penis,/ so it was indeed of the male sex.//

これは とても珍しいカモの男性器の写真です 確かにオスでした

It's a rare picture/ because there are 10,000 species of birds/ and only 300 possess a penis.//

珍しいというのは1万種いる鳥類の中で 男性器があるのは300種に過ぎないからです

[ The first case of homosexual necrophilia/ in the mallard Anas platyrhynchos (Aves:/ Anatidae) ]//

『マガモにおける同性愛屍姦の初めての事例』

I knew/ I'd seen something special,/ but it took me/ six years/ to decide to publish/ it.//

珍しいものを観察したという認識はありましたが 論文の発表を決意するまでに6年もかかりました

(Laughter)/ I mean,/ it's a nice topic/ for a birthday party/ or/ at the coffee machine,/ but to share this/ among your peers is something different.//

(笑) 誕生パーティーやコーヒー・ブレイクには うってつけの話題でも ― 学会での発表となると話は別です

I didn't have the framework.//

理論的な枠組みも ありませんでした

So/ after six years,/ my friends and colleagues urged me/ to publish,/ so I published "The first case of homosexual necrophilia/ in the mallard."//

6年経って友人や同僚に急かされる形で 『マガモにおける同性愛屍姦の初めての事例』を 公表することになりました

And here's the situation again.//

状況を整理しましょう

A is my office,/ B is the place/ where the duck hit the glass,/ and C is from where I watched it.//

"a" は私のオフィス ― "b" はカモがガラスに当たった場所 ― "c" は私が観察していた場所です

And here are the ducks again.//

これは先ほどの写真です

As you probably know,/ in science,/ when you write a kind of special paper,/ only six or seven people read it.//

皆さん ご存知かもしれませんが 科学論文を書いても内容が特殊だと ― 読者は せいぜい6~7人です

(Laughter)/ But then/ something good happened.//

(笑) でも いい知らせがありました

I got a phone call/ from a person called Marc Abrahams,/ and he told me,/ "You've won a prize/ with your duck paper:/ the Ig Nobel Prize."//

マーク・エイブラハムズという人が電話をしてきたのです 「あなたのカモの論文が ― イグノーベル賞を受賞しました」

And the Ig Nobel Prize - (Laughter) (Applause) -/ the Ig Nobel Prize honors research/ that first makes people laugh,/ and then makes them/ think,/ with the ultimate goal to make more people interested/ in science.//

イグノーベル賞とは ― (笑)(拍手) イグノーベル賞とは まず人を笑わせそして考えさせる研究に ― 贈られる賞でより多くの人が 科学に関心をもつことを目指しています

That's a good thing,/ so I accepted the prize.//

それはいいことだと思って賞をもらうことにしたのです

(笑)

I went --/ let me/ remind you/ that Marc Abrahams didn't call me/ from Stockholm.//

ところで マークの電話はストックホルムからではなく

He called me/ from Cambridge,/ Massachusetts.//

マサチューセッツ州のケンブリッジからでした

So I traveled to Boston,/ to Cambridge,/ and I went to this wonderful Ig Nobel Prize ceremony held at Harvard University,/ and this ceremony is a very nice experience.//

私はボストンを経てケンブリッジへ向かい ハーバード大学で開かれた ― 素晴らしい授賞式に出席しました とても楽しい体験でした

Real Nobel laureates hand/ you/ the prize.//

本物のノーベル賞受賞者が表彰してくれるのです

That's the first thing.//

それでも ほんの序の口です

And there are nine other winners/ who get prizes.//

他に9人の受賞者がいました

Here's one of my fellow winners.// That's Charles Paxton/ who won the 2000 biology prize/ for his paper,/ "Courtship behavior of ostriches/ towards humans/ under farming conditions/ in Britain."//

彼は一緒に受賞したチャールズ・パクストンです 彼の[2002年]の生物学賞 受賞論文は 『イギリスでの飼育条件下における ― 人間に対するダチョウの求愛行動』 でした

(Laughter)/ And I think/ there are one or two more Ig Nobel Prize winners/ in this room.//

(笑) 今 ここにもイグノーベル賞の 受賞者がいるはずです

Dan,/ where are you?// Dan Ariely?//

ダン・アリエリーはどこですか?

Applause/ for Dan.//

彼に拍手を

(Applause)/ Dan won his prize/ in medicine/ for demonstrating/ that high-priced fake medicine works better/ than low-priced fake medicine.//

(拍手) ダンは 安価な偽薬よりも 高価な偽薬の方が効果が高いことを立証して 医学賞を受賞しました

(笑)

So here's my one minute of fame,/ my acceptance speech,/ and here's the duck.//

これが私のいわば「1分間の栄光」 ― 受賞スピーチの様子です これが そのカモです

This is its first time/ on the U.S.// West Coast.//

アメリカ西海岸では初公開になります

I'm going to pass/ it around.//

今 まわします

(Laughter)/ Yeah?//

(笑) どうぞ

You can pass it around.//

皆にまわしてください

Please note/ it's a museum specimen,/ but there's no chance/ you'll get the avian flu.//

これは標本資料です 鳥インフルエンザにかかる心配はありませんよ

After winning this prize,/ my life changed.//

受賞後 私の人生は一変しました

In the first place,/ people started to send/ me/ all kinds of duck-related things,/ and I got a real nice collection.//

まず カモにまつわる ― いろいろな物が送られてきて 充実したコレクションができたことです

(Laughter) More importantly,/ people started to send/ me/ their observations of remarkable animal behavior,/ and believe me,/ if there's an animal/ misbehaving on this planet,/ I know about it.//

(笑) もっと良いことに驚くべき動物の行動に関する ― 記録が集まってきたのです だから動物の倒錯した行動なら何でも知っています 本当です

(笑)

This is a moose.//

これはムースです

It's a moose/ trying to copulate/ with a bronze statue of a bison.//

交尾しようとしているのはバイソンの銅像です

This is in Montana,/ 2008.//

2008年 モンタナ州での記録です

This is a frog/ that tries to copulate/ with a goldfish.//

これは金魚と交尾しようとするカエル

This is the Netherlands,/ 2011.//

2011年 オランダです

These are cane toads/ in Australia.//

オーストラリアのオオヒキガエルです

This is roadkill.//

車に轢かれていて

Please note/ that this is necrophilia.//

屍姦の事例です

It's remarkable:/ the position.//

体位も目を引きます

The missionary position is very rare/ in the animal kingdom.//

正常位は動物界では非常に珍しいのです

These are pigeons/ in Rotterdam.//

ロッテルダムで観察されたハトです

Barn swallows in Hong Kong,/ 2004.//

2004年 香港のツバメです

This is a turkey/ in Wisconsin/ on the premises of the Ethan Allen juvenile correctional institution.//

ウィスコンシン州のシチメンチョウです イーサン・アレン少年院の構内で観察されました

It took all day,/ and the prisoners had a great time.//

交尾は一日がかりだったので 受刑者も楽しむことができました

So/ what does this mean?//

さて この行動は何を意味するのでしょう?

I mean,/ the question/ I ask myself,/ why does this happen/ in nature?//

なぜ自然界でこんなことが起こるのか? これが私の疑問です

Well,/ what I concluded from reviewing all these cases is/ that it is important/ that this happens only/ when death is instant and in a dramatic way/ and/ in the right position/ for copulation.//

そこで事例を検討して ある結論に至りました 屍姦が起こる重要な要素とは 突然かつ劇的な死と 交尾に適した姿勢である と

At least,/ I thought/ it was till I got these slides.//

少なくとも このスライドを見るまでは そう考えていました

And here/ you see a dead duck.//

カモの死骸が写っています

It's been there for three days,/ and it's laying on its back.//

死後3日が経過している上に 仰向けになっています

So there goes my theory of necrophilia.//

私の屍姦の理論も水の泡です

Another example of the impact of glass buildings/ on the life of birds.//

もう一つ建物のガラスが鳥の命を左右する例を紹介します

This is Mad Max,/ a blackbird/ who lives in Rotterdam.//

ロッテルダムにいるクロウタドリのマッド・マックスです

The only thing/ this bird did/ was fly against this window/ from 2004/ to 2008,/ day/ in and day out.//

この鳥は2004~08年に渡り来る日も来る日も ― 窓にぶつかり続けました

Here/ he goes,/ and here's a short video.//

ビデオをご覧ください

(Music) (Clunk) (Clunk) (Clunk) (Clunk)//

(音楽)(コン) (コン) (コン)

So/ what this bird does/ is fight his own image.//

実は この鳥は 窓に映った自分とけんかしているのです

He sees an intruder/ in his territory,/ and it's coming all the time/ and he's there,/ so there is no end/ to it.//

縄張りが侵されたと思っています ここに来る度に侵入者が見えるので 終わりはありません

And I thought,/ in the beginning --/ I studied this bird/ for a couple of years --/ that,/ well,/ shouldn't the brain of this bird be damaged?//

私は この鳥を2年間観察しましたが はじめは脳の障害を疑っていました

It's not.// I show you here/ some slides,/ some frames/ from the video,/ and at the last moment/ before he hits the glass,/ he puts his feet/ in front,/ and then/ he bangs against the glass.//

でもそうではありません ビデオから取った画像を見てください ガラスにぶつかる瞬間に 足を前に出し それから当たっています

So I'll conclude to invite/ you all/ to Dead Duck Day.//

最後に 皆さんを「死んだカモの日」にご招待します

That's on June 5/ every year.//

毎年6月5日 ―

At five minutes/ to six/ in the afternoon,/ we come together/ at the Natural History Museum/ in Rotterdam,/ the duck comes out of the museum,/ and we try to discuss/ new ways/ to prevent birds/ from colliding with windows.//

午後6時 5分前に 私達はロッテルダム自然史博物館に集い ― 例のカモを博物館から持ち出して 鳥が窓と衝突するの防ぐための 新しい方法について検討するのです

And/ as you know,/ or/ as you may not know,/ this is one of the major causes of death/ for birds/ in the world.//

皆さん ご存じかわかりませんが 世界的に 鳥の主な死因の一つが衝突死なのです

In the U.S. alone,/ a billion birds die in collision/ with glass buildings.//

米国だけでも 10億羽がガラスの建物に衝突して死んでいます

And when it's over,/ we go to a Chinese restaurant/ and we have a six-course duck dinner.//

式典が終わると皆で中華料理店に行き アヒルのフルコースを食べます

So I hope to see/ you/ next year/ in Rotterdam,/ the Netherlands,/ for Dead Duck Day.//

来年は皆さんと オランダ ロッテルダムでお会いできることを 楽しみにしています

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

Oh,/ sorry.//

あぁ すみません

May/ I have my duck back,/ please?//

私のカモを返していただけますか?

(笑)(拍手)

Thank you.//

ありがとう

natural history

博物学(動物学・植物学・鉱物学など自然物の研究を扱う)

museum

『博物館』;美術館

Rotterdam

ロッテルダム(オランダの港市)

curator

(博物館・図書館などの)管理者,館長

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

okay

=OK,O.K.

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

basically

基本的に,根本的に;元来は

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

building

〈C〉『建物』,ビルディング;(一般に)建造物

〈U〉建築,建築術

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

concept

(特に哲学用語として)(…の)概念,観念《+『of』+『名』》,(…という)概念《+『that』節》

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

window

『窓』;(銀行などの)窓口;(店の)飾り窓

『窓ガラス』(windowpane)

窓状の物;(封筒のあて名を見えるようにした)窓

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

laughter

『笑い』,笑い声

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

bang

バン(ドカン,ズドン,バタン)という音

バン(ドン)という一撃(強打)

《話》活力,気力

…'を'『バン(ドン)と打つ』;(…に)…'を'バン(ドン)と打ちつける《+『名』+『on』(『against』『,at』)『+『名』》;〈戸など〉'を'バタンとしめる

『バン(ドン)と音を立てる』;(…を)ドン(バン)と打つ《+『on』(『against』,『at』+『名』》

性交する(相手は女)

まさに,全く,ちょうど

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

June

『6月』(《略》『Je.,Jun.』)

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

duck

〈C〉『アヒル』,『カモ』

〈C〉雌のカモ,雌のアヒル

〈U〉(食用にする)カモ,アヒルの肉

〈C〉《おもに英話》かわいい人

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

belly

『腹』,腹部(abdomen)

(物の)内側,内部(inside)

ふくれた部分,胴

前面[部],下面[部]

…'を'ふくらませる ふくらむ

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

mount

…‘を'『登る』(ascend, climb)

〈馬・車〉‘に'『乗る』,〈台の上など〉‘に'上がる,乗る

(馬などに)〈人〉‘を'『乗せる』《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

(…の上に)…‘を'『載せる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)…‘を'据え付ける,はめる,取り付ける,はる《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

〈劇〉‘に'舞台装置や衣装を用意する

〈攻撃など〉‘を'仕掛ける;〈作戦など〉‘を'展開する

『登る』,上がる《+『up』》

『馬』(乗用の動物)『に乗る』

(数・量において)ふえる,(程度において)高まる,強まる《+『up』》

乗用の動物,(特に)馬

台紙;(宝石などの)台;(顕微鏡用の)スライド板

copulate

(…と)交接(交尾)する《+『with』+『名』》

biologist

生物学者

ornithologist

鳥類学者

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

necrophilia

死体姦(かん)症(死体に性的魅力を感じること)

homosexual

同性愛の

同性愛の人

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

notebook

『ノート』,筆記帳

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

hungry

『飢えた』,空腹の;空腹にさせる

《補語にのみ用いて》(…を)熱望して,渇望して《+『after』(『for』)+『名』》

(土地などが)不毛の,やせた

freezer

冷凍器,フリーザー,冷凍室,冷凍庫

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

rare

『まれな』,『珍しい』,めったにない

(空気などが)薄い,希薄な(thin)

《話》すてきな,たいへんな

penis

陰茎,ペニス

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

possess

(財産として)…‘を'『所有する』,持っている

(性質・特性として)…‘を'持っている,備えている

《しばしば受動態で》〈悪霊・悪い考えなどが〉〈人〉‘に'『とりつく』,‘に'乗り移る

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

mallard

マガモ(野ガモの一種)

ave

ばんざい;ようこそ

ごきげんよう

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

topic

(…の)『話題』;論題《+of+名》

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

peer

(…を)『じっと見つめる』《+『at』(『into, through』)+『名』》

見えてくる,一部見える《+『out』》

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

urge

〈人・馬など〉‘を'『駆り立てる』,〈進行・活動など〉‘を'急がせる,早める

〈人〉‘を'『促す』,せきたてる:《urge+名〈人〉+to do 人をせかして…させる》

(人に)…‘を'『力説する』,強く主張する(支持する,すすめる)《+名+upon(on)+名〈人〉》

《しばしば an ~》強い衝動,駆り立てる欲望:《urge for(to)+名…への衝動》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

office

〈C〉『事務所』,事務室;営業所,会社

《集合的に》《単数扱い》事務所(営業所)の全員

〈C〉〈U〉(特に政府・会社などの)『公職』,官職,職務

〈C〉(一般に)任務,務め,役目(duty)

〈C〉『官庁』,役所;〈U〉《O-》《米》局,《英》省

〈C〉《複数形で》(…の)尽力,親切,世話《+『of』+『名』》

〈C〉《時にO-》(宗教上の)儀会,葬会;(定められた時間の)礼拝

hit

〈人・物〉‘を'『打つ』,なぐる

…‘に'『ぶつかる』,衝突する

(…に)〈自分の体〉‘を'『ぶつける』《+『名』+『against』(『on』,『upon』)』+『名』》

《話》…‘に'達する

…‘に'ひどい打撃(結果)を与える

《米》〈事が〉〈人〉‘に'ふと思い浮かぶ;〈人が〉…‘を'ふと見つける

(野球で)〈安打〉‘を'打つ;(クリケットで)〈…点〉‘を'取る

(武器などで)(…を)『打つ』,攻撃する《+『at』+『名』》

(…に)『ぶつかる』,衝突する《+『against(on, upon)』+『名』》

襲う,急に現れる

『打撃』,命中

ヒット,大当たり,大成功

(野球で)ヒット,安打(base hit)

風刺,当てこすり

probably

『たぶん』,『おそらく』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

paper

〈U〉『紙』

〈C〉(1枚の)『紙』

〈C〉論文,研究論文(口頭で発表するものをさす);(学生の)レポート

〈C〉試験問題[用紙];答案[用紙]

〈C〉《話》『新聞』(newspaper)

《複数形で》『書類』,文書;(身分・資格などを示す)証明書

〈U〉紙幣(paper money);手形類

〈C〉〈U〉壁紙(wallpaper)

紙[製]の

紙の上だけの,実祭には存在しない

新聞[用]の

…‘に'紙をはる

…‘を'紙で包む《+『over』(『up』)+『名,』+『名』+『over』(『up』)》

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

marc

マーク(ぶどうやりんごのしぼりかすで作ったブランデー)

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

prize

『賞』,賞品,賞金,ほうび

(努力して手に入れる)『価値あるもの』,貴重なもの

入賞した

賞品の

《話》《しばしば皮肉に》賞に値する

…‘を'高く評価する,重んずる

Nobel Prize

ノーベル賞

applause

『拍手かっさい』;称賛

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

ultimate

『最後の』,最後の,究極の

『最大限の』,極限の

根本的な

最も遠い

最終(究極,最高)のもの

goal

『ゴール』,決勝点

(ゴールに球を入れて得た)得点

=goalkeeper

『目標』(aim),目的;目的地

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

Stockholm

ストックホルム(スウェーデンの首都)

Cambridge

ケンブリッジ(England 東部の都市;ケンブリッジ大学の所在地) ケンブリッジ(米国マサチューセッツ州東部の都市;Harvard大学の所在地) ケンブリッジ大学(Oxford大学とともに有名)

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

travel

(特に遠くへ)『旅行する』

〈セールスマンなどが〉(…の)注文取りに出る,外交をして回る《+for+名》

〈視線・気持ちなどが〉移る,移動する

《副詞[句]を伴って》〈音・光などが〉伝わる,進む

(…と)つきあう《+with(in)+名》

《俗》すばやく走る,進む

〈ある場所〉‘を'『旅行する』

〈ある距離〉‘を'行く,進む

〈U〉旅行すること,旅行

《複数形で》(特に外国への)旅行

Boston

『ボストン』(米国Massachusetts州の州都)

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

ceremony

〈C〉《しばしば複数形で》『儀式』

〈U〉『礼儀』,礼式;社交的作法

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

Harvard

ハーバード大学(マサチューセッツ州ケンブリッジにある米国最古の大学;1636年創立)

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

laureate

《文》(名誉の印として)月桂冠(げっけいかん)をいただいた,桂冠(けいかん)の

(ある分野で)非常にすぐれた,名誉ある

桂冠詩人(poet laureate)

first thing

まず最初に,朝一番に

winner

『勝利者』,優勝者;(競馬の)勝ち馬

受賞者

うまくいくもの(こと),期待できるもの(こと)

fellow

《話》『男』,『やつ』

《話》(一般に)『人』,だれしも(anybody)

《通例複数形で》『仲間』,同僚(comrade, companion)

(学会などの)会員(member)

《英》大学の評議員(理事),《米》(大学の)特別研究員(給費(fellowship)を受けて研究に従事する大学

院生,研究員)

(一対の物の)片方,相手(match, mate)

『仲間同士の』,同類の,同業の

biology

『生物学』

courtship

〈U〉(人・動物の)求愛

〈C〉求婚期間

ostrich

ダチョウ

towards

toward

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

farming

農業

condition

〈U〉(事物の)『状態』;(人の)健康状態

〈C〉《通例複数形で》(周囲の)『状況』,事情,形勢

〈C〉(…の)条件,必要条件《+『of』(『for』)+『名』》;(条件を示す)条項

〈C〉(社会的)地位,身分,境遇

〈C〉(慢性の)病気,症状

(…に備えて)〈体など〉'を'『適当な状態にする』,‘の'調子を整える《+『名』+『for』+『名』》

〈物事が〉…‘の'条件となる,…を左右する,決定する

〈人・動物など〉'を'慣らす,適応させる

Britain

『英国』,ブリテン

大ブリテン島(Great Britain)(England, Wales, Scotlandを含む)

イギリス連合王国(the United Kingdom [of Great Britain and Northern Ireland])

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

demonstrate

〈真理・学説など〉‘を'『輪証する』,証明する(prove)

(実例・実験・標本などによって)…‘を'『説明して見せる』,明示する

〈物事が〉…‘の'証拠となる,‘を'明らかに示す

〈感情など〉‘を'表に出す,あらわに示す

(…に反対して,…を要求して)『示威運動をする』,デモをする《+『against』(『for』)+『名』》

(観察する人々の前で)実験授業をする

fake

《話》…‘の'ふりをする,‘を'装う

…‘を'でっち上げる;(絵・紙幣など)‘を'偽造する,‘に'手を入れてごまかす

(…に)見せかける,(…の)ふりをする

にせ物,偽造(模造)品

いかさま師,詐欺師

にせの,偽造(模造)の

fame

『名声』,高名,声望

評判,世評

acceptance

〈U〉受け取ること,認めること,受け入れられていること;同意

〈U〉(手形の)引受け;〈C〉引受済み手形

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

coast

『海岸』,沿岸;海岸地域

《the C-》《話》(米国の)太平洋岸[地方],西海岸(West Coast)

(そりなどで滑る)斜面;斜面滑降

(そりなどで)斜面を滑降する《+『along』》;(…を)滑降する《+『along』+『名』》

〈人が〉らくらくと(…を)する《+『through』+『名』》

海岸沿いに航行する

…‘の'海岸沿いに航行する

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

specimen

(…の)『見本』,標本,実例《+『of』+『名』》

(検査のため採取された,組織・血液・尿などの)『標本』

《話》《形容詞を伴って》…の人,…なやつ

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

avian

鳥類の,鳥の

flu

インフルエンザ,流感

importantly

重要性をもって;もったいぶって

observation

〈U〉〈C〉(…を)『観察』(『注意』)『すること』;(…の)(特に,科学的)観察《+『of』+『名』》

〈U〉『観察力』,注意力

《複数形で》(…について)観察されたもの,(…の)観察記録《+『of』(『on』)+『名』》

〈C〉(観察に基づく)発言,意見《『observation on』(『about』)+『名』…についての意見》

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

misbehave

無作法にふるまう

無作法にふるまう

planet

『惑星』,遊星

moose

アメリカヘラジカ(北アメリカに住む大きなシカ)

bronze

〈U〉『青銅』,ブロンズ

〈C〉青銅製の美術品

〈U〉青銅色

青銅色の

青銅の,青銅製の

…'を'青銅のようにする,青銅色にする,〈日光などが〉〈皮膚など〉'を'褐色に焼く

青銅色になる,日に焼ける

statue

『像』,彫像,立像

bison

アメリカ野牛(buffalo);ヨーロッパ野牛

Montana

モンタナ州(米国北西部の州;州都はHelena;《略》『Mont.,MT』)

frog

『カエル』

goldfish

金魚

cane

〈C〉(トウ・タケ・サトウキビなどの)『茎』

〈U〉(用材としての)『トウ』(いす・かごなどを作る)

〈C〉ステッキ,トウヅエ

〈C〉むち

〈C〉サトウキビ

〈人〉'を'むち打って罰する

〈家具〉'を'トウで作る(修理する)

toad

ヒキガェル,大形のカエル

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

missionary

使節,(特に外国へ派遺される)宣教師,伝道師

伝道の,布教の

animal kingdom

動物界

pigeon

(野生のまたは飼育されている)『ハト』

《俗》だまされやすい人,のろま,かも

barn

(農家の)『納家』(なや),物置

《米》家畜小屋(家畜・飼料を収容する大きな建物で,映画館ほどの大きさのものもある)

《米》電車(バス)車庫

ばかでかくてがらんとした建物

swallow

『ツバメ』

Hong Kong

ホンコン(香港;英国植民地)

=Victoria 4

turkey

〈C〉『シチメンチョウ』(七面鳥)

〈U〉シチメンチョウに肉

〈C〉《話》失敗作,だめなもの,だめな人,いやなやつ

Wisconsin

ウィスコンシン州(米国中北部,ミシガン湖に接する州;州都は Madison;《略》WI,Wis.,Wisc

premise

〈C〉(推理を行う上で結論の根拠となる)『前提』;(…という)根拠《+『that節』》

《the premises》前述の事項,前述の物件

《複数形で》家屋敷,土地建物;敷地,構内

…‘を'前置きとして(あらかじめ)述べる;…ということを前提とする《+『that節』》

juvenile

少年少女向きの

少年の,少女の,若い

子供じみた,未熟な

少年,少女

子役の俳優

institution

〈U〉『設立』,制定,開始

〈C〉『慣例』,制度,慣習

〈C〉『公共機関』(学校・病院など);学会,協会;その建物

prisoner

(服役中の)『囚人』;(未決の)拘置人,刑事被告人

=prisoner of war

自由を奪われた人,動きがとれなくなった人(動物)

補虜

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

review

…‘を'『調べ直す』,再検討する;《米》〈学科など〉‘を'復習する

…‘を'(改良の目的で)精密に検査する

…‘を'回顧する,振り返る

…‘を'批評する,論評する

…‘を'視察する;…‘を'閲兵する

〈上級審が〉〈下級審の判決〉‘を'再審査する

〈C〉(…の)『再調査』,再検討;《米》復習

《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉回顧,反省

〈C〉(…についての)『概観』,概説《+『of』+『名』》

〈C〉『批評』『評論』;評論雑誌

〈C〉観兵式

death

〈U〉〈C〉『死』,死亡;死に方,死にざま

〈U〉死んだ[ような]状体

《the~》(…の)絶滅,破滅《+『of』+『名』》

《the~》(…の)死の原因,命取り《+『of』+『名』》

《通例『D-』》死神(手に鎌(かマ)を持った黒装束の骸骨(がいこつ)で表される)

instant

『一瞬の間』,瞬間(moment)

《the,this,thatなどを伴って》(…の)ちょうどその瞬間,まさに(…の)時

『即時の』,すぐの,即刻の

《名詞の前にのみ用いて》『急の』,緊急の(urgent)

『即席の』,インスタント[料理]の

《古》今月の

dramatic

『劇の』,演劇の,劇に関する

『劇的な』,感動的な,印象的な

芝居がかりの

copulation

性交,交接

連結,結合

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

theory

〈C〉(…の)(学問的な)『理論』,学説《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の実地に対する)『理論』《+of+名》

〈C〉(…という)『推測』,憶測;見解,孝え《+that節》

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

blackbird

黒鳥(ツリスドリ科の鳥);《英》ツグミ[雄が黒い羽をしているところから]

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

clunk

(物がぶつかり合ったときのにぶい)ガーン(ゴツン)という音

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

intruder

侵入者;出しゃばり

territory

〈C〉〈U〉(広い)『地域』,地方

〈C〉〈U〉(領海を含む)『領土』,領地

〈C〉〈U〉(セールスマン・代理店などの)『受け持ち区域』,担当区域;縄張り

〈C〉〈U〉(学問などの)領域,分野

〈C〉《T-》(アメリカ・カナダなどの)準州

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

frame

〈C〉(建造物・機械などの)『骨組み』《+『of』+『名』》

〈C〉(戸・窓などの)『枠』;額縁《+『of』+『名』》《複数形で》めがねの枠

〈C〉『体格』

〈C〉(…の)構造,体制《+『of』+『名』》

〈C〉(簡略な)温室,温床

〈C〉(ボーリングで)フレーム(10回で1ゲームを構成するその各回);各回の得点を記入する枠

〈C〉(映画のフイルムの)一こま

《修飾語を伴って》《a~》気持ち,気分

(組み合わせて)…‘を'『形作る』,組み立てる;(ある目的などに合うように)〈人・物〉‘を'作り上げる

〈考え・構想など〉‘を'心に抱く

〈絵など〉‘を'粋に入れる,縁どる

〈言葉など〉‘を'言う

《話》〈人〉‘に'ぬれぎぬを着せる

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

foot

〈C〉(人間・動物の)『足』(くるぶしから先の部分);(生物体の)足状の部分

〈C〉《通例the~》(高い物・長い物の)『足部』,下部,低部《+『of』+『名』》

〈C〉《通例the foot》(階級・地位などの)最下位《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉『歩み』,足取り

〈C〉『フィート』(長さの単位で12インチ,30.48センチ)

〈C〉詩脚(詩における韻律の単位)

〈C〉《通例単数形で》(靴下の)足の部分

〈勘定など〉‘を'支払う

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

invite

(…に)〈人〉‘を'『招待する』,招く《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

…‘を'丁重に依頼する

〈物事が〉…‘を'誘い起こす,誘発する

you all

《二人またはそれ以上の人たちに,また家族・団体などを代表する一人に直接呼びかけて》君たち,諸君 みなさん(アメリカ南部でよく使われます)

《方言》《一人に用いて》あなたは

discuss

…‘を'『論ずる』,討議する,検討する

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

collide

(…と)『ぶつかる』,衝突する《+『with』(『against』)+『名』》

〈意志・利害・犠的などが〉(…と)一致しない,〈人が〉(…と)衝突する《+『with』+『名』》

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

collision

(列車などの…との)『衝突』《+『of』+『名』+『with』+『名』》

(意見・利害などの…との)衝突,不調和《+『of』+『名』+『with』+『名』》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

Netherlands

『オランダ』(Hollandの公式名;首都はAmsterdam,政府所在地はThe Hague)

関連動画