TED日本語 - タヴィ・ジェヴィンソン: 10代はまだまだ模索中

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

10代の女の子の手本となるような、強い女性像を探すことはなかなか難しいと気づいたタヴィ・ジェビンソンは、同じ気持ちを持った子が集まれる場を作りました。10代の女の子のため、そして彼女たちによって作られるの人気オンライン雑誌ルーキー。TEDxTeenで、ダヴィは、ルーキーのような場でのやり取りを通じて生まれた、ためらうことのない迷いと、複雑さに満ちた現代フェミニズムの新しい一面を紹介します。(TEDxTeenで撮影)

Script

4年前のまさに今日 『スタイルルーキー』というファッションブログを始めました 2011年9月には10代の女の子向けオンライン雑誌 『ルーキーマグ・ドット・コム』を始めました 私の名前は タヴィ・ジェヴィンソン 今日は 「まだまだ模索中」というタイトルでお話します お絵かきソフトで作ったようなスライドはー 今日のテーマに合わせたからであって 苦手なパワーポイントを 避けたわけではありません(笑)

さて このサイトは 10代の女の子向けで私はフェミニストです それに ポップカルチャーオタクの私は 「強い女性」とは何かと考えてきました 映画やテレビとかの影響も大きいですから 私のウェブサイトも 私は 「強い女性」の特徴が よく誤解されていると感じます 言われるのは典型的な「スーパーウーマン」 ひとつの才能だけが強調されたー キャットウーマンみたいなタイプ もしくは女性のセクシーさを強調して それを武器にしているタイプ これらの強い登場人物が たまたま女性だった訳ではありません 単調でー 現実味もありません 何が問題かと言えば 女性を単純なものにとらえようとしていることです そして女性は単純になれない自分にー 腹を立てています 実際 女性は複雑で 様々な側面があるのに…それは女性がクレイジーだからではなく そもそも 人間はクレイジーだから たまたま女性が人間だっただけなんです(笑)

ここで鍵となるのは 「欠点」です 今までも よく言われてきました では 「強い女性」とは何か? 強い女性とは弱さも欠点もあって すぐには 好きにはなれない でも 次第に親しみが持てる人だと思います

問題を指摘するだけは嫌いなので この問題に懸命に取り組まれている例も紹介します 例えば『マッドメン』みたいなテレビ番組や 『ブライズメイズ』のような映画では主人公や登場する女性たちは 複雑かつ多面的に描かれています ここにも書いていますがHBOで来月 放送が始まるー レナ・ダナムのドラマ『ガールズ』 彼女いわく 作品のきっかけはどの女友達も みんな矛盾の塊みたいと感じたからだそうです 男女問わず人は矛盾を抱えているはずなのに 女性が そのように表現されることはごく稀です やったね!(笑)

でも 私はいまだに十分は表現されていないー 女性たちがいると感じます その例として今日は 10代に焦点を当てます 10代の子たちは特に矛盾を抱えていて まだまだ模索の段階にいると思うから 90年代に放送された『フリークス学園』や 『アンジェラ 15歳の日々』に出てくる リンジー・ウィアーとアンジェラ・チェイスみたいに これらの番組は そもそも 登場人物たちが自身を模索することを描くことにありましたが 残念ながらワンシーズンで放送は終わり それ以来 同じような番組を見たことはありません

さて これは科学的に解析した私の脳内です(笑) ちょうど私が先ほどのような テレビ番組を見始めたときあたりですね 今は高校2年生ですがー あれは高校に入ったときでした ”どちらかしか なれない”ものを どうにかできないか と考えていたのです 女の子は こう聞いて育ちます 「賢くて可愛い」の両方なんて高望み 「おしゃれなフェミニスト」なんて無理 「周りの人や 特に男性からー どう思われたいかで服は選ぶもの」とか

だから 私なりにどう受け止めればいいのか 模索しながらも混乱していました だから ブログにそう書きました そして 「10代の女の子向けのー サイトを始めたい しかも 女性のある一面だけをー 強調するものではないものを」と なぜなら フェミニズムが敬遠される誤解の一つに 女の子たちの こんな思いがあるからです フェミニストになるには自らの信念をー 貫徹しないといけない 不安になっても 疑念を抱いてもダメ 全てに答えを持っていないといけないでも これは違います 実際 フェミニズムを知ることで私は 自らの矛盾に折り合いがー つけやすくなりました フェミニズムは 規則ではなくて 話し合い 対話 プロセスなんです これは 私が去年作ったネットのミニコミ特集記事です そう このあたりからちょっとイラストを使いすぎに なったかなって思います それで

ブログに書きました10代の女の子向けの連載を 始めたいと思ってるからスタッフになりたい人は 作文 写真 なんでもいいから 送ってね と これに対して3000通ものメールがありました 編集長と私ですべてに目を通して スタッフチームを立ち上げて 去年の9月から始動しました これは 私が書いた最初の編集者からのメッセージ 「ルーキーに答えは書いていません 私たちも まだ模索中だから」目的は― 女の子たちに 答えを教えたり自らが模索するー 許可を与えることではないんです 彼女たち自身に気づいてほしかったのです 自問自答を繰り返して 自分の答えを探せばいいんだって 模索をする女の子たちにとって 居心地の良い場を作ろうと私たちは努力しています

だから「私たちを見習って」とか 「これがお手本よ」なんて言わない 実際に そうじゃないからただ 女の子たちが いろんな自分を表現する手助けがしたいのです 例えば 掲載している記事には「自分を大事に」 「他の人がどう思うか気にしない方法」 それから えーっと…模索中です! はは(笑) どんな時でも使える魔法の言葉です さて他の記事としては 「5分で泣き顔を消す方法」など

とは言うものの やっぱり 映画や 私たちのサイトにあるような記事で 表される女性を尊重します 単にパワフルなだけではない 自分との折り合いを探し自尊心と欠点を どう受け入れるのか模索している女性像です

今日 覚えて帰ってほしいことは単純 それは「スティービー・ニックスになろう」 たったそれだけです(笑) スティービーの好きなところは 全部ですけど 何よりも 彼女は これまでずっと ステージ上で堂々としていて 自身の欠点にも 矛盾する感情にも悪びれず 堂々としていて 自らの声を聴き自らについて考えさせてくれる人だからです だから スティービーを目指してください どうもありがとうございました (拍手)

Four years ago today, exactly, actually, I started a fashion blog called Style Rookie. Last September of 2011, I started an online magazine for teenage girls called Rookiemag.com. My name's Tavi Gevinson, and the title of my talk is "Still Figuring It Out," and the MS Paint quality of my slides was a total creative decision in keeping with today's theme, and has nothing to do with my inability to use PowerPoint. (Laughter)

So I edit this site for teenage girls. I'm a feminist. I am kind of a pop culture nerd, and I think a lot about what makes a strong female character, and, you know, movies and TV shows, these things have influence. My own website. So I think the question of what makes a strong female character often goes misinterpreted, and instead we get these two-dimensional superwomen who maybe have one quality that's played up a lot, like a Catwoman type, or she plays her sexuality up a lot, and it's seen as power. But they're not strong characters who happen to be female. They're completely flat, and they're basically cardboard characters. The problem with this is that then people expect women to be that easy to understand, and women are mad at themselves for not being that simple, when, in actuality, women are complicated, women are multifaceted -- not because women are crazy, but because people are crazy, and women happen to be people. (Laughter)

So the flaws are the key. I'm not the first person to say this. What makes a strong female character is a character who has weaknesses, who has flaws, who is maybe not immediately likable, but eventually relatable.

I don't like to acknowledge a problem without also acknowledging those who work to fix it, so just wanted to acknowledge shows like "Mad Men," movies like "Bridesmaids," whose female characters or protagonists are complex, multifaceted. Lena Dunham, who's on here, her show on HBO that premiers next month, "Girls," she said she wanted to start it because she felt that every woman she knew was just a bundle of contradictions, and that feels accurate for all people, but you don't see women represented like that as much. Congrats, guys. (Laughs)

But I don't feel that - I still feel that there are some types of women who are not represented that way, and one group that we'll focus on today are teens, because I think teenagers are especially contradictory and still figuring it out, and in the '90s there was "Freaks and Geeks" and "My So-Called Life," and their characters, Lindsay Weir and Angela Chase, I mean, the whole premise of the shows were just them trying to figure themselves out, basically, but those shows only lasted a season each, and I haven't really seen anything like that on TV since.

So this is a scientific diagram of my brain - (Laughter) - around the time when I was, when I started watching those TV shows. I was ending middle school, starting high school -- I'm a sophomore now - and I was trying to reconcile all of these differences that you're told you can't be when you're growing up as a girl. You can't be smart and pretty. You can't be a feminist who's also interested in fashion. You can't care about clothes if it's not for the sake of what other people, usually men, will think of you.

So I was trying to figure all that out, and I felt a little confused, and I said so on my blog, and I said that I wanted to start a website for teenage girls that was not this kind of one-dimensional strong character empowerment thing because I think one thing that can be very alienating about a misconception of feminism is that girls then think that to be a feminist, they have to live up to being perfectly consistent in your beliefs, never being insecure, never having doubts, having all of the answers. And this is not true, and, actually, reconciling all the contradictions I was feeling became easier once I understood that feminism was not a rulebook but a discussion, a conversation, a process, and this is a spread from a zine that I made last year when I -- I mean, I think I've let myself go a bit on the illustration front since. But, yeah.

So I said on my blog that I wanted to start this publication for teenage girls and ask people to submit their writing, their photography, whatever, to be a member of our staff. I got about 3,000 emails. My editorial director and I went through them and put together a staff of people, and we launched last September. And this is an excerpt from my first editor's letter, where I say that Rookie, we don't have all the answers, we're still figuring it out too, but the point is not to give girls the answers, and not even give them permission to find the answers themselves, but hopefully inspire them to understand that they can give themselves that permission, they can ask their own questions, find their own answers, all of that, and Rookie, I think we've been trying to make it a nice place for all of that to be figured out.

So I'm not saying, "Be like us," and "We're perfect role models," because we're not, but we just want to help represent girls in a way that shows those different dimensions. I mean, we have articles called "On Taking Yourself Seriously: How to Not Care What People Think of You," but we also have articles like, oops -- I'm figuring it out! Ha ha. (Laughter) If you use that, you can get away with anything. We also have articles called "How to Look Like You Weren't Just Crying in Less than Five Minutes."

So all of that being said, I still really appreciate those characters in movies and articles like that on our site, that aren't just about being totally powerful, maybe finding your acceptance with yourself and self-esteem and your flaws and how you accept those.

So what I you to take away from my talk, the lesson of all of this, is to just be Stevie Nicks. Like, that's all you have to do. (Laughter) Because my favorite thing about her, other than, like, everything, is that she is very -- has always been unapologetically present on stage, and unapologetic about her flaws and about reconciling all of her contradictory feelings and she makes you listen to them and think about them, and yeah, so please be Stevie Nicks. Thank you. (Applause)

Four years/ ago today,/ exactly,/ actually,/ I started/ a fashion blog called Style Rookie.//

4年前のまさに今日 『スタイルルーキー』というファッションブログを始めました

Last September of 2011,/ I started an online magazine/ for teenage girls called Rookiemag.com.//

2011年9月には10代の女の子向けオンライン雑誌 『ルーキーマグ・ドット・コム』を始めました

My name's Tavi Gevinson,/ and the title of my talk is "Still Figuring It/ Out,/"/ and the MS Paint quality of my slides was a total creative decision/ in keeping/ with today's theme,/ and has nothing/ to do with my inability/ to use PowerPoint.// (Laughter)//

私の名前は タヴィ・ジェヴィンソン 今日は 「まだまだ模索中」というタイトルでお話します お絵かきソフトで作ったようなスライドはー 今日のテーマに合わせたからであって 苦手なパワーポイントを 避けたわけではありません(笑)

So I edit this site/ for teenage girls.// I'm a feminist.//

さて このサイトは 10代の女の子向けで私はフェミニストです

I am kind of a pop culture nerd,/ and I think a lot/ about what makes a strong female character,/ and,/ you know,/ movies and TV shows,/ these things have influence.// My own website.//

それに ポップカルチャーオタクの私は 「強い女性」とは何かと考えてきました 映画やテレビとかの影響も大きいですから 私のウェブサイトも

So I think the question of what makes a strong female character often goes misinterpreted,/ and instead/ we get these two-dimensional superwomen/ who maybe have one quality/ that's played up/ a lot,/ like a Catwoman type,/ or she plays her sexuality up/ a lot,/ and it's seen as power.//

私は 「強い女性」の特徴が よく誤解されていると感じます 言われるのは典型的な「スーパーウーマン」 ひとつの才能だけが強調されたー キャットウーマンみたいなタイプ もしくは女性のセクシーさを強調して それを武器にしているタイプ

But they're not strong characters/ who happen to be female.//

これらの強い登場人物が たまたま女性だった訳ではありません

They're completely flat,/ and they're basically/ cardboard characters.//

単調でー 現実味もありません

The problem/ with this is/ that then/ people expect women/ to be that easy/ to understand,/ and women are mad/ at themselves/ for not being that simple,/ when,/ in actuality,/ women are complicated,/ women are multifaceted --/ not/ because women are crazy,/ but/ because people are crazy,/ and women happen to be people.// (Laughter)//

何が問題かと言えば 女性を単純なものにとらえようとしていることです そして女性は単純になれない自分にー 腹を立てています 実際 女性は複雑で 様々な側面があるのに…それは女性がクレイジーだからではなく そもそも 人間はクレイジーだから たまたま女性が人間だっただけなんです(笑)

So the flaws are the key.//

ここで鍵となるのは 「欠点」です

I'm not the first person/ to say this.//

今までも よく言われてきました

What makes/ a strong female character is a character/ who has weaknesses,/ who has flaws,/ who is maybe not immediately likable,/ but eventually relatable.//

では 「強い女性」とは何か? 強い女性とは弱さも欠点もあって すぐには 好きにはなれない でも 次第に親しみが持てる人だと思います

I don't like to acknowledge/ a problem/ without also/ acknowledging those/ who work to fix/ it,/ so just wanted to acknowledge/ shows/ like "Mad Men,/"/ movies/ like "Bridesmaids,/"/ whose female characters or protagonists are complex, multifaceted.//

問題を指摘するだけは嫌いなので この問題に懸命に取り組まれている例も紹介します 例えば『マッドメン』みたいなテレビ番組や 『ブライズメイズ』のような映画では主人公や登場する女性たちは 複雑かつ多面的に描かれています

Lena Dunham,/ who's on here,/ her show/ on HBO/ that premiers next month,/ "Girls,/"/ she said/ she wanted to start/ it/ because she felt/ that every woman/ she knew was just a bundle of contradictions,/ and/ that feels accurate/ for all people,/ but you don't see/ women represented like that/ as much.//

ここにも書いていますがHBOで来月 放送が始まるー レナ・ダナムのドラマ『ガールズ』 彼女いわく 作品のきっかけはどの女友達も みんな矛盾の塊みたいと感じたからだそうです 男女問わず人は矛盾を抱えているはずなのに 女性が そのように表現されることはごく稀です

Congrats,/ guys.// (Laughs)//

やったね!(笑)

But I don't feel/ that -/ I still feel/ that there are some types of women/ who are not represented that way,/ and one group/ that we'll focus on today are teens,/ because I think/ teenagers are especially contradictory/ and still/ figuring it out,/ and in the '90s/ there was "Freaks and Geeks"/ and "My So-Called Life,/"/ and their characters,/ Lindsay Weir and Angela Chase,/ I mean,/ the whole premise of the shows were just them/ trying to figure/ themselves out,/ basically,/ but those shows only lasted a season/ each,/ and I haven't really seen anything/ like that/ on TV since.//

でも 私はいまだに十分は表現されていないー 女性たちがいると感じます その例として今日は 10代に焦点を当てます 10代の子たちは特に矛盾を抱えていて まだまだ模索の段階にいると思うから 90年代に放送された『フリークス学園』や 『アンジェラ 15歳の日々』に出てくる リンジー・ウィアーとアンジェラ・チェイスみたいに これらの番組は そもそも 登場人物たちが自身を模索することを描くことにありましたが 残念ながらワンシーズンで放送は終わり それ以来 同じような番組を見たことはありません

So this is a scientific diagram of my brain - (Laughter) -/ around the time/ when I was,/ when I started watching/ those TV shows.//

さて これは科学的に解析した私の脳内です(笑) ちょうど私が先ほどのような テレビ番組を見始めたときあたりですね

I was ending middle school,/ starting high school --/ I'm a sophomore now -/ and I was trying to reconcile/ all of these differences/ that you're told you can't be/ when you're growing up/ as a girl.//

今は高校2年生ですがー あれは高校に入ったときでした ”どちらかしか なれない”ものを どうにかできないか と考えていたのです 女の子は こう聞いて育ちます

You can't be smart and pretty.//

「賢くて可愛い」の両方なんて高望み

You can't be a feminist/ who's also interested/ in fashion.//

「おしゃれなフェミニスト」なんて無理

You can't care about clothes/ if it's not for the sake of what other people,/ usually/ men,/ will think of you.//

「周りの人や 特に男性からー どう思われたいかで服は選ぶもの」とか

So I was trying to figure/ all that out,/ and I felt a little confused,/ and I said so/ on my blog,/ and I said/ that I wanted to start/ a website/ for teenage girls/ that was not this kind of one-dimensional strong character empowerment thing/ because I think one thing/ that can be very alienating/ about a misconception of feminism is/ that girls then think that to be a feminist,/ they have to live up to being perfectly consistent/ in your beliefs,/ never/ being insecure,/ never/ having doubts,/ having all of the answers.// And this is not true,/ and,/ actually,/ reconciling all the contradictions/ I was feeling became easier/ once I understood/ that feminism was not a rulebook but a discussion,/ a conversation,/ a process,/ and this is a spread/ from a zine/ that I made last year/ when I --/ I mean,/ I think/ I've let myself go a bit/ on the illustration front since.//

だから 私なりにどう受け止めればいいのか 模索しながらも混乱していました だから ブログにそう書きました そして 「10代の女の子向けのー サイトを始めたい しかも 女性のある一面だけをー 強調するものではないものを」と なぜなら フェミニズムが敬遠される誤解の一つに 女の子たちの こんな思いがあるからです フェミニストになるには自らの信念をー 貫徹しないといけない 不安になっても 疑念を抱いてもダメ 全てに答えを持っていないといけないでも これは違います 実際 フェミニズムを知ることで私は 自らの矛盾に折り合いがー つけやすくなりました フェミニズムは 規則ではなくて 話し合い 対話 プロセスなんです これは 私が去年作ったネットのミニコミ特集記事です そう このあたりからちょっとイラストを使いすぎに なったかなって思います

But,/ yeah.//

それで

So I said on my blog/ that I wanted to start/ this publication/ for teenage girls/ and ask people/ to submit their writing,/ their photography,/ whatever,/ to be a member of our staff.//

ブログに書きました10代の女の子向けの連載を 始めたいと思ってるからスタッフになりたい人は 作文 写真 なんでもいいから 送ってね と

I got about 3,000/ emails.//

これに対して3000通ものメールがありました

My editorial director/ and I went through them/ and put together/ a staff of people,/ and we launched last September.//

編集長と私ですべてに目を通して スタッフチームを立ち上げて 去年の9月から始動しました

And/ this is an excerpt/ from my first editor's letter,/ where I say/ that Rookie,/ we don't have all the answers,/ we're still figuring/ it out too,/ but the point is not to give girls/ the answers,/ and not even give them/ permission/ to find the answers/ themselves,/ but hopefully inspire them/ to understand/ that they can give themselves/ that permission,/ they can ask their own questions,/ find their own answers,/ all of that,/ and Rookie,/ I think/ we've been trying to make/ it/ a nice place/ for all of that to be figured out.//

これは 私が書いた最初の編集者からのメッセージ 「ルーキーに答えは書いていません 私たちも まだ模索中だから」目的は― 女の子たちに 答えを教えたり自らが模索するー 許可を与えることではないんです 彼女たち自身に気づいてほしかったのです 自問自答を繰り返して 自分の答えを探せばいいんだって 模索をする女の子たちにとって 居心地の良い場を作ろうと私たちは努力しています

So I'm not saying,/ "Be/ like us,/"/ and "We're perfect role models,/"/ because we're not,/ but we just want to help represent girls/ in a way/ that shows those different dimensions.//

だから「私たちを見習って」とか 「これがお手本よ」なんて言わない 実際に そうじゃないからただ 女の子たちが いろんな自分を表現する手助けがしたいのです

I mean,/ we have/ articles called "On Taking Yourself Seriously:/ How to Not Care What People Think of You,/"/ but we also have articles like,/ oops --/ I'm figuring it out!//

例えば 掲載している記事には「自分を大事に」 「他の人がどう思うか気にしない方法」 それから えーっと…模索中です!

Ha ha.// (Laughter)/ If you use/ that,/ you can get away/ with anything.//

はは(笑) どんな時でも使える魔法の言葉です

We also have/ articles called "How to Look Like You Weren't Just Crying in Less/ than Five Minutes."//

さて他の記事としては 「5分で泣き顔を消す方法」など

So all of that being said,/ I still really appreciate those characters/ in movies and articles/ like that/ on our site,/ that aren't just/ about being totally powerful,/ maybe finding/ your acceptance/ with yourself/ and self-esteem/ and your flaws/ and how you accept those.//

とは言うものの やっぱり 映画や 私たちのサイトにあるような記事で 表される女性を尊重します 単にパワフルなだけではない 自分との折り合いを探し自尊心と欠点を どう受け入れるのか模索している女性像です

So/ what I/ you to take away/ from my talk,/ the lesson of all of this,/ is to just be Stevie Nicks.//

今日 覚えて帰ってほしいことは単純 それは「スティービー・ニックスになろう」

Like,/ that's all you have to do.// (Laughter)/ Because my favorite thing/ about her,/ other than,/ like,/ everything,/ is/ that she is very --/ has always been unapologetically present/ on stage,/ and unapologetic/ about her flaws/ and about reconciling all of her contradictory feelings/ and she makes/ you listen to them/ and think about them,/ and yeah,/ so please be Stevie Nicks.//

たったそれだけです(笑) スティービーの好きなところは 全部ですけど 何よりも 彼女は これまでずっと ステージ上で堂々としていて 自身の欠点にも 矛盾する感情にも悪びれず 堂々としていて 自らの声を聴き自らについて考えさせてくれる人だからです だから スティービーを目指してください

Thank you.// (Applause)//

どうもありがとうございました (拍手)

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

style

〈C〉〈U〉(服装などの)『流行[型]』,スタイル

〈C〉(衣服・物腰・ふん囲気などの)優雅さ,上品

〈C〉〈U〉(個人・集団・時代などに特有の)『様式』,型;文体,口調

〈C〉(商品などの)種類,形式

〈C〉称号,肩書き,呼び名

〈C〉鉄筆(stylus)

〈C〉(植物の)花柱

〈U〉〈C〉印刷様式,体裁

〈服装・家具など〉‘を'流行に合わせてデザインする(作る)

(特定の印刷様式に合わせるため)〈原稿など〉‘に'手を加える

《style+名+名〈補〉》(…と)…‘を'呼ぶ,称する

rookie

新任計官;新兵

初心者(beginner)

(特に野球で)新人選手,ルーキー

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

magazine

『雑誌』

武器弾薬庫,火薬庫

(連発銃の)弾倉

(カメラの)フイルム巻き取り枠

title

〈C〉(…の)『題名』,題目,題《+of(to)+名》

〈C〉『肩書き』,称号,爵位

〈C〉(スポーツの)選手権,タイトル

〈C〉〈U〉(家屋・土地の)『所有権』;権利書;権限《+to+名》

〈C〉〈U〉正当な権利

…に表題を付ける;…に称号(肩書き)を与える

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

paint

〈U〉『ペンキ』,『塗料』

〈U〉〈C〉(油性・水性の)絵の具(チューブ入りおよび水に溶かす前の固型状のもの)

〈U〉《しばしば軽べつして》(化粧品の)口紅,ほお紅

…‘を'『絵の具でかく』

…‘に'ペンキ(塗料)を塗る

…‘を'言葉で描き出す

(薬・化粧品などを)〈傷口・顔など〉‘に'塗る《+『名』+『with』+『名』》

〈人が〉ペンキ(塗料)を塗る,絵の具で絵をかく

〈物が〉よく塗れる,絵の具がよくつく

《しばしば軽べつして》化粧する

quality

〈C〉(人・物の)『特質』,『特性』《+of+名》

〈U〉(…の)『本質』(nature)《+『of』+『名』》

〈U〉『質』,品質

〈U〉良質(excellence),優秀性(superiority)

〈U〉高い身分

slide

『滑る』,滑って進む《+『on』(『down』)+『名』》

(ある場所から)(バランスを崩して)〈人が〉『つるりと滑る』,〈物が〉するっと動く《+『from』(『out of』)+『名』》・(ある状態・習慣などに)いつの間にか陥る《+『into』+『名』》・〈時が〉いつの間にか過ぎ去る《+『by』(『past』)》・(…に,…から)(滑るように)そっと動く,人目に立たないように動く《+『into』(『out of』,『from』)+『名』(do『ing』)》・(野球で,走者がタッチを避けようとして,ベースに)滑り込む《+『in』(『into』)+『名』》・《副詞[句]を伴って》…‘を'滑らせる

(…に)…‘を'そっと入れる,滑り込ませる《+『名』+『into』(『under』)+『名』》

落ちること,下落

滑ること,ひと滑り・滑る面;滑り台・(写真の)スライド・(顕微鏡の)スライド,検鏡板・《複合語を作って》「地滑り,なだれ」の意を表す

total

『総計の』,全体の

『全くの』,完全な(absolute)

『合計』,総額,総数,総量(sum)

…‘を'合計する

合計…‘に'なる,総額が…‘に'のぼる(amount to)

creative

『創造力のある』

『独創的な』

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

inability

無力,無能,不能

laughter

『笑い』,笑い声

edit

…‘を'編集する

〈原稿など〉‘を'校訂する,〈本など〉‘を'監修する

(…から)〈文章など〉‘を'削除する《+『名』+『out of』+『名』》

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

feminist

博女同権主義者,女性解放論者

pop

ポンと音がする;ポンとはじける

《話》《副詞[句]を伴って》ひょいと動く

《話》《副詞[句]を伴って》〈目が〉ポンととび出るほど開く

《話》(…を)ズドンと撃つ《+『at』+『名』》

(野球で)小飛球を打ち上げる《+『up(out)』》

…‘を'ポンと鳴らす,ポンとはじく

《話》《副詞[句]を伴って》…‘を'ひょいと動かす

《話》〈鉄砲〉‘を'ズドンと撃つ

《話》〈質問〉‘を'だしぬけにする

《話》〈人〉‘を'ポンとたたく《+『名』+『on』+『名』》

〈C〉『ポン(パチン,パン)という音』

〈U〉ポップ,発泡飲料水

ポンと[音をたてて];ふいに

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

misinterpret

…‘を'誤って解釈する,誤訳する

instead

『その代りとして』,それよりも

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

sexuality

(両性の)性的特質

性欲,性的関心

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

completely

『完全に』,全く,十分に

flat

平『平らな』,平たんな

《補語にのみ用いて》べったりと広がった(横になった)

薄っぺらな(shallow)

《名詞の前にのみ用いて》露骨な,あからさまな;(positive)

(料金・価格などが)均一(一律)の(uniform)

たいくつな,おもしろくない,気の抜けた

(発泡飲料が)気の抜けた

空気のはいっていない,しぼんだ

(絵画で色調が)変化に乏しい,光沢を消した

(音楽で)変音の,半音下がった

『きっぱりと』

正確に,きっかり

本来の音程より下げて

『平面』,平たい部分

平地,低地;《複数形で》湿地,沼地,浅瀬

枠張り物(舞台背景用のベニヤ・布などを張った枠組み)

《おもに米》空気の抜けたタイヤ;パンク

半音低い音,変音;変音記号

basically

基本的に,根本的に;元来は

cardboard

厚紙,ボール紙

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

woman

〈C〉(成人した)『女』,女性,婦人

〈U〉《冠詞をつけずに》『女性[全体]』,女

〈C〉《the womanhood》女らしさ,女性特有の感情(性格,言葉づかいなど)

〈C〉(主婦の代りに)家事をする女性,お手伝いさん;(女王に仕える)侍女,女官

〈C〉《修飾語[句]を伴って》妻,恋人,愛人

mad

『気が狂った』,気違いの

ばかげた,無謀の,向こう見ずな

《補語にのみ用いて》《話》(人・物事に)夢中になって,(…を)熱望して《+『about』(『for』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《話》『怒った』,腹を立てた(angry)

狂ったように興奮した,熱狂した

(イヌが)狂犬病にかかった

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

actuality

〈U〉現実,実在,現実性

《複数形で》現状;事実

complicate

…'を'複雑にする

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

flaw

(ガラス・陶器などの)割れ目,ひび,傷

(…の)欠点,欠陥《+『in』+『名』》

…‘に'傷をつける

傷ができる

key

(…の)『かぎ』《+『to』+『名』》

《the ~》(達成・理解・解決などの)『かぎ』,手がかり,秘訣(ひけつ)《+『to』+『名』(do『ing 』》

(練習問題などの)解答の手引き(ヒント)

(辞書・地図などの)略語(発音)解,記号解

《the ~》(…への)重要地点,要所;(…にとって)重要な人(物)《+『to』+『名』》

(時計のぜんまいを巻く)ねじ

(鍵盤(けんばん)楽器の)キー,鍵(けん);(タイプライター・計算機などの)キー

(音楽で長短)調

(声の)調子

基本的な;重要な

(特定の状態・活動などに)〈言葉・行動など〉‘を'合わせる,調節する《+『名』+『to』+『名』》

(ある音程に)〈曲〉‘の'調子を合わせる《+『名』+『to』+『名』》

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

weakness

〈U〉(体・心・性格か)『弱いこと』《+of+名》

〈C〉『弱点』,短所

〈C〉(特に良くないものに対する)特別な好み,愛好《+for+名》

immediately

『ただちに』,即座に

直接に,じかに(directly)

…するや否や(as soon as)

acknowledge

〈人が〉…'を'『認める』,承認する

〈手紙・贈物など〉'を'受け取ったことを知らせる

〈親切など〉‘に'礼を言う,感謝する

fix

(…に)…‘を'『固定する』,取り付ける《+『名』+『in』(『on, to』)+『名』》

…‘を'『決める』,定める

(…に)…‘を'向ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(…に)…‘を'置く,据える《+『名』+『in』(『on』)+『名』》

《米》…‘を'『修理する』,直す

《話》…‘を'整とんするも,きちんと整える

〈流行・型など〉‘を'定着させる;〈写真のネガ〉‘を'定着する

《話》〈試合〉‘を'八百長に仕組む

《米》〈食事〉‘を'用意する,〈食べ物・飲み物〉‘を'作る

《俗》…‘に'仕返しする

《話》苦境,窮地

(船舶・航空機の)位置の決定

《俗》麻薬の注射する;注射する麻薬[の量]

men

manの複数形

bridesmaid

花嫁の付き添い人(結婚式で花嫁に付き添う若い未婚の女性)

protagonist

(劇の)主役,(小説の)主人公

(主義などの)主唱者;(運動などの)指導者

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

premier

『第1位の』;『首席の』(chief)

(フランス・イタリア・日本などの)『首相』

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

bundle

(…の)『束』,『包み』,巻いたもの(旅行者の荷物など)《+『of』+『名』》

…'を'包みにする,束にする

(…に)…'を'ごっちゃに投げ込む《+『名』+『into』+『名』》

荷物をまとめてさっさと出て行く《+『off』(『out』,『away』)》

contradiction

否定,反ばく

矛盾

accurate

『正確な』,的確な,精密な

represent

〈記号・文字・事物が〉…‘を'『表す』,象徴する

(記号・文字・事物によって)…‘を'表す・…‘を'『代表する』,‘の'代理をする

〈絵画・彫刻などが〉…‘を'描写する,表現する

…‘を'(典型)である

《『represent』+『名』+『as』(『to』『be』)+『名』(『形』)》(ある性質を持つものとして)…‘を'述べる(describe)

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

laugh

(声を立てて)〈人が〉『笑う』

〈目・口もとなどが〉うれしそうに笑う

〈動物,特にハイエナなどが〉笑い声に似た声(音)を出す

…‘を'笑って言う

《a+形容詞+laughを目的語にして》…‘の'笑い方をする

〈人〉‘を'『笑う』

『笑い』;笑い声;笑い方

《話》笑いの種,冗談(joke)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

focus

『焦点』

焦点距離(focal length)

焦点整合,ピント

(活動・興味・重要性などの)焦点,中心

(楕円・放物線・双曲線などの)焦点

震源[地]

(…に)〈レンズなど〉‘の'『焦点を合わせる』《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈注意など〉‘を'集中する《+『名』+『on』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈レンズなどの〉焦点が合う;〈注意などが〉集まる《+『on』+『名』》

teen

=teenage

=teenager

especially

『特に』,特別に;きわだって

contradictory

矛盾した,正反対の;(…に)矛盾する《+『to』+『名』》

否定の言葉,反ばく

矛盾した事実

freak

気まぐれ,移り気

奇形,変態

《話》奇人,変人;熱狂的ファン

奇形の,異常な

so-called

いわゆる,名ばかりの

weir

せき(川に設けた小さなダム)

やな(魚を取るために川の中に作る囲い)

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

premise

〈C〉(推理を行う上で結論の根拠となる)『前提』;(…という)根拠《+『that節』》

《the premises》前述の事項,前述の物件

《複数形で》家屋敷,土地建物;敷地,構内

…‘を'前置きとして(あらかじめ)述べる;…ということを前提とする《+『that節』》

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

diagram

説明図,略図;図表,予定表,グラフ;図解

…‘を'図解する,図示する,‘の'図表を作る

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

middle school

中等学校(特に私立学校の学年区分で5年生から8年生まで)

high school

『ハイスクール』(小学校卒業後に入学する中等学校;8‐4制では9‐12年級の学校;6‐3‐3制では,7‐9年級のjunior high schoolと,10‐12年級のsenior high schoolから成る;6‐2‐4制では7‐8年級のjunior high schoolと,9‐12年級のsenior high schoolから成る)

sophomore

(4年制大学・4年制高校の)『2年生』;(3年生高校の)1年生

reconcile

(…と)…‘を'『和解させる』《+『名』+with』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人・自分〉‘を'甘んじさせる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈不一致・粉争など〉‘を'解決する,調停する

(…と)…‘を'調和(一致)させる)《+『名』+『with』+『名』》

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

clothe

…‘に'衣服を着せる

…‘に'衣服を与える

《文》…'を'すっかりおおう,一面におおう

《文》(権力・資格などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

sake

『ため』;利益;理由,目的

confused

困惑した,まごついた

ごっちゃになった,混乱した;(思考・言葉など)支離滅裂の

alienate

(…から)…'を'遠ざける,仲たがいさせる《+『名』+『from』+『名』》

misconception

誤解,誤認,思い違い

feminism

男女同権主義(論)

男女同権運動

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

consistent

『矛盾のない』

(主義・考え方などが)不変の,(人が)節操のある

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

insecure

(物が)崩れやすい,ぐらぐらする

保証されていない,不安定な

(人が)自信のない,心配な;(…に)自信のない《+『about(of)+名』》

doubt

『疑い』,疑惑;疑わしさ,疑問

‘を'『疑う』,疑問に思う

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

rulebook

〈C〉規則書;就業規則書

《the rule・book》(競技などの)規則集

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

illustration

〈C〉(説明などのための)『例』,実例(example)

〈U〉(実例・図版・表などによる)(…の)説明,例証《+『of』+『名』》

〈C〉『挿絵』,説明図,図版,イラスト

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

publication

〈U〉(書籍・雑誌などの)『出版』,発行《+『of』+『名』》

〈C〉出版物(書籍,雑誌,新聞など)

〈U〉(…の)『公表』,発表《+『of』+『名』》

submit

(…に)『屈服する』,服従(降伏)する《+to+名(doing)》

(…に)〈書類なと〉‘を'『提出する』《+名+to+名》

《submit+that節》〈弁護士なとが〉…‘と'意見を述へる,主張する

writing

〈U〉『書くこと』

〈U〉筆跡,書掛

〈U〉(口頭に対して)書かれて形式,文書

〈U〉〈C〉『書かれたもの』(手紙,書類,銘など)

《複数形で》文学作品,著作

〈U〉著述業,文筆業

photography

写真術

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

staff

『つえ』,棒,さお;旗ざお

(職能・権威などを示す)つえ,権標・指揮棒

(…の)支え[となるもの],頼り[となるもの]

《集合的に》『職員』,社員,局員,スタッフ;幹部

《集合的に》幕僚

(音譜などを記す)譜表,五線(stave)

〈職場など〉‘に'(…の)職員(部員など)を置く《+『名』+『with』+『名』》

editorial

『社説』,論説(《英》leading article, leader)

『編集者の』;編集上の

社説の,論説の

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

launch

〈ボート〉‘を'水面に降ろす;〈船〉‘を'『進水させる』

(…に向かって)〈やりなど〉‘を'投げる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》;(…に)〈ロケットなど〉‘を'打ち上げる,発射する《+『名』+『into』+『名』》;(艦上などから)〈飛行機〉‘を'飛び立たせる《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈攻撃など〉‘を'加える,〈非難など〉‘を'浴びせる《+『名』+『at』(『against』)+『名』》

〈計画・事業など〉‘を'『始める』

(事業などに)〈人〉‘を'乗り出させる《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

乗り出す

〈船が〉進水する;〈航空機などが〉発進する

(船の)進水;(ロケット・宇宙船などの)発進

excerpt

抜粋,引用句;(学会誌などの)抜き刷り

…‘を'抜粋する,引用する

editor

(出版物・映画などの)『編集者』;(新聞などの)主筆,主幹;(雑誌などの)編集長

(新聞・雑誌などの各部門の)部長

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

permission

『許可』,承諾

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

dimension

〈C〉(長さ・幅・厚さなどの)『寸法』

《通例複数形で》大きさ,範囲,規模

〈C〉広がり,展望(scope)

〈C〉(数学で)次元

article

(新聞・雑誌などの)(…についての)『記事』,論説《+『on』+『名』》

(条約・契約などの)条項,箇条;《複数形で》契約

《複数形で》(また『articles of apprenticeship』)徒弟年季契約

(同種の物の)『一個』,『一品』,品物,商品《+『of』+『名』》

冠詞

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

ha

おや,はああ,ああ(驚き・喜び・疑い・ためらいなどを表す声)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

totally

全く,完全に

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

acceptance

〈U〉受け取ること,認めること,受け入れられていること;同意

〈U〉(手形の)引受け;〈C〉引受済み手形

self-esteem

自尊,うぬぼれ

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

nick

刻み目(notch)

表面だけの切り傷,かすり傷

…‘に'刻み目(傷)をつける・「in the nick of time」で「きわどい時に, ちょうどよく」

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

feeling

〈U〉(身体の)『感覚』,触覚

《a feeling, the feeling》(…の)感じ,意識《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…に対する)同情,共感《+『for』+『名』》

《複数形で》(理性に対して)『感情』,気持ち

《a feeling, the feeling, one's feeling》(しばしば感じに基づく)意見,感想

〈U〉(悪い意味で)興奮

感じやすい;情のこもった

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画