歌詞 - エド・シーラン (Ed Sheeran) : Drunk

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

エド・シーランのファースト・アルバム「+(プラス)」に収録のシングル曲です。

ドランク
Drunk

作詞:

Ed Sheeran, Jake Gosling

作曲:

Ed Sheeran, Jake Gosling

Lyrics

アイ ワナ ビー ドランク/ ウェン アイ ウェイク アップ//
オン ザ ライト サイド オブ ザ ローング ベッド//
アンド ネバー/ アン エクスキューズ/ アイ メイド アップ//
テル/ ユー/ ザ トゥルース アイ/ ホワット ディドゥント キル ミー//
イット ネバー メイド ミー ストロンガー/ アット オール//
ラブ ウィル スカー ユア メイク アップ//
リップス スティックス トゥー ミー,/ ソー ナウ/ アイ メイビー リーン バック ゼアー//
アイム サット ヒア/ ウィッシング アイ ワズ ソウバー//
アイ ノウ/ アイル ネバー ホールド ユー/ ライク アイ ユースト トゥー//

バット ア ハウス ゲッツ コールド/ ウェン ユー カット ザ ヒーティング//
ウィズアウト ユー トゥー ホールド アイル ビー フリージング//
キャント リライ オン マイ ハート/ トゥー ビート イン//
コス/ ユー テイク パーツ オブ イット/ エブリ イブニング//
テイク ワーズ/ アウト オブ マイ マウス ジャスト/ フロム ブリージング//
リプレース/ ウィズ フレージズ/ ライク "ウェン ユー/ リービング ミー?"//

シュッド アイ?// シュッド アイ?//
メイビー/ アイル ゲット ドランク アゲイン//
アイル ビー ドランク アゲイン,/
アイル ビー ドランク アゲイン//
トゥー フィール ア リトル ラブ//

アイ ワナ ホールド ユア ハート/ イン ボース ハンズ//
ノット ウォッチ/ イット フィズル アット ザ ボトム オブ ア コーク キャン//
アンド アイ ガット ノー プランズ/ フォー ザ ウィークエンド,/
ソー シュッド ウィ スピーク ゼン?// キープ イット/ ビトイーン フレンズ//
ゾー アイ ノウ/ ユール ネバー ラブ ミー/
ライク ユー ユースト トゥー//

ゼアー メイビー/ アザー ピープル/ ライク アス//
フー シー ザ フリッカー オブ ア クリッパー/ ウェン ゼイ ライト アップ//
フレームズ ジャスト クリエイト アス/
バット バーンズ ドント ヒール ライク ビフォー//
アンド ユー ドント ホールド ミー エニモア//

オン コールド デイズ コールド/ プレイズ アウト/ ライク ザ バンドズ ネーム//
アイ ノウ/ アイ キャント ヒール シングス/ ウィズ ア ハンドシェイク//
ユー ノウ/ アイ キャン チェンジ,/ アズ アイ ビギャン セイイング//
ユー カット ミー/ ワイド オープン/ ライク ランドスケープ//
オープン ボトルズ オブ ビール/ バット ネバー/ シャンペン//
トゥー アプロード ユー/ ウィズ ザ サウンド/ ザット マイ ハンズ メイク//

シュッド アイ?// シュッド アイ?//
メイビー/ アイル ゲット ドランク アゲイン//
アイル ビー ドランク アゲイン,/
アイル ビー ドランク アゲイン//
トゥー フィール ア リトル ラブ//

オール/ バイ マイセルフ,/ アイム ヒア アゲイン//
オール/ バイ マイセルフ,/ ユー ノウ/ アイル ネバー チェンジ//
オール/ バイ マイセルフ//
オール/ バイ マイセルフ//

アイム ジャスト ドランク アゲイン//
アイル ビー ドランク アゲイン//
アイル ビー ドランク アゲイン//
トゥー フィール ア リトル ラブ//

I wanna be drunk when I wake up.
On the right side of the wrong bed.
And never an excuse I made up.
Tell you the truth I what didn't kill me.
It never made me stronger at all.
Love will scar your make up.
Lips sticks to me, so now I maybe lean back there.
I'm sat here wishing I was sober.
I know I'll never hold you like I used to.

But a house gets cold when you cut the heating.
Without you to hold I'll be freezing.
Can't rely on my heart to beat in.
'Cos you take parts of it every evening.
Take words out of my mouth just from breathing.
Replace with phrases like "when you leaving me?"

Should I? Should I?
Maybe I'll get drunk again.
I'll be drunk again,
I'll be drunk again.
To feel a little love.

I wanna hold your heart in both hands.
Not watch it fizzle at the bottom of a Coke can.
And I got no plans for the weekend,
so should we speak then? Keep it between friends.
Though I know you'll never love me
like you used to.

There maybe other people like us.
Who see the flicker of a clipper when they light up.
Flames just create us
but burns don't heal like before.
And you don't hold me anymore.

On cold days cold plays out like the band's name.
I know I can't heal things with a handshake.
You know I can change, as I began saying.
You cut me wide open like landscape.
Open bottles of beer but never champagne.
To applaud you with the sound that my hands make.

Should I? Should I?
Maybe I'll get drunk again.
I'll be drunk again,
I'll be drunk again.
To feel a little love.

All by myself, I'm here again.
All by myself, you know I'll never change.
All by myself.
All by myself.

I'm just drunk again.
I'll be drunk again.
I'll be drunk again.
To feel a little love.

I wanna be drunk/ when I wake up.//

アイ ワナ ビー ドランク/ ウェン アイ ウェイク アップ//

On the right side of the wrong bed.//

オン ザ ライト サイド オブ ザ ローング ベッド//

And never/ an excuse/ I made up.//

アンド ネバー/ アン エクスキューズ/ アイ メイド アップ//

Tell/ you/ the truth I/ what didn't kill me.//

テル/ ユー/ ザ トゥルース アイ/ ホワット ディドゥント キル ミー//

It never made me stronger/ at all.//

イット ネバー メイド ミー ストロンガー/ アット オール//

Love will scar your make up.//

ラブ ウィル スカー ユア メイク アップ//

Lips sticks to me,/ so now/ I maybe lean back there.//

リップス スティックス トゥー ミー,/ ソー ナウ/ アイ メイビー リーン バック ゼアー//

I'm sat here/ wishing I was sober.//

アイム サット ヒア/ ウィッシング アイ ワズ ソウバー//

I know/ I'll never hold you/ like I used to.//

アイ ノウ/ アイル ネバー ホールド ユー/ ライク アイ ユースト トゥー//

But a house gets cold/ when you cut the heating.//

バット ア ハウス ゲッツ コールド/ ウェン ユー カット ザ ヒーティング//

Without you to hold I'll be freezing.//

ウィズアウト ユー トゥー ホールド アイル ビー フリージング//

Can't rely on my heart/ to beat in.//

キャント リライ オン マイ ハート/ トゥー ビート イン//

'Cos/ you take parts of it/ every evening.//

コス/ ユー テイク パーツ オブ イット/ エブリ イブニング//

Take words/ out of my mouth just/ from breathing.//

テイク ワーズ/ アウト オブ マイ マウス ジャスト/ フロム ブリージング//

Replace/ with phrases/ like "when you/ leaving me?"//

リプレース/ ウィズ フレージズ/ ライク "ウェン ユー/ リービング ミー?"//

Should I?// Should I?//

シュッド アイ?// シュッド アイ?//

Maybe/ I'll get drunk again.//

メイビー/ アイル ゲット ドランク アゲイン//

I'll be drunk again,/ I'll be drunk again.//

アイル ビー ドランク アゲイン,/ アイル ビー ドランク アゲイン//

To feel a little love.//

トゥー フィール ア リトル ラブ//

I wanna hold your heart/ in both hands.//

アイ ワナ ホールド ユア ハート/ イン ボース ハンズ//

Not watch/ it fizzle at the bottom of a Coke can.//

ノット ウォッチ/ イット フィズル アット ザ ボトム オブ ア コーク キャン//

And I got no plans/ for the weekend,/ so should we speak then?// Keep it/ between friends.//

アンド アイ ガット ノー プランズ/ フォー ザ ウィークエンド,/ ソー シュッド ウィ スピーク ゼン?// キープ イット/ ビトイーン フレンズ//

Though I know/ you'll never love me/ like you used to.//

ゾー アイ ノウ/ ユール ネバー ラブ ミー/ ライク ユー ユースト トゥー//

There maybe/ other people/ like us.//

ゼアー メイビー/ アザー ピープル/ ライク アス//

Who see the flicker of a clipper/ when they light up.//

フー シー ザ フリッカー オブ ア クリッパー/ ウェン ゼイ ライト アップ//

Flames just create us/ but burns don't heal like before.//

フレームズ ジャスト クリエイト アス/ バット バーンズ ドント ヒール ライク ビフォー//

And you don't hold me anymore.//

アンド ユー ドント ホールド ミー エニモア//

On cold days cold/ plays out/ like the band's name.//

オン コールド デイズ コールド/ プレイズ アウト/ ライク ザ バンドズ ネーム//

I know/ I can't heal things/ with a handshake.//

アイ ノウ/ アイ キャント ヒール シングス/ ウィズ ア ハンドシェイク//

You know/ I can change,/ as I began saying.//

ユー ノウ/ アイ キャン チェンジ,/ アズ アイ ビギャン セイイング//

You cut me/ wide open/ like landscape.//

ユー カット ミー/ ワイド オープン/ ライク ランドスケープ//

Open bottles of beer/ but never/ champagne.//

オープン ボトルズ オブ ビール/ バット ネバー/ シャンペン//

To applaud you/ with the sound/ that my hands make.//

トゥー アプロード ユー/ ウィズ ザ サウンド/ ザット マイ ハンズ メイク//

Should I?// Should I?//

シュッド アイ?// シュッド アイ?//

Maybe/ I'll get drunk again.//

メイビー/ アイル ゲット ドランク アゲイン//

I'll be drunk again,/ I'll be drunk again.//

アイル ビー ドランク アゲイン,/ アイル ビー ドランク アゲイン//

To feel a little love.//

トゥー フィール ア リトル ラブ//

All/ by myself,/ I'm here again.//

オール/ バイ マイセルフ,/ アイム ヒア アゲイン//

All/ by myself,/ you know/ I'll never change.//

オール/ バイ マイセルフ,/ ユー ノウ/ アイル ネバー チェンジ//

All/ by myself.//

オール/ バイ マイセルフ//

All/ by myself.//

オール/ バイ マイセルフ//

I'm just drunk again.//

アイム ジャスト ドランク アゲイン//

I'll be drunk again.//

アイル ビー ドランク アゲイン//

I'll be drunk again.//

アイル ビー ドランク アゲイン//

To feel a little love.//

トゥー フィール ア リトル ラブ//

drunk

drinkの過去分詞

酒に酔って,酔っぱらって

(感動・喜びなどに)酔いしれて,夢中になって《+『with』+『名』》

酔っぱらい

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

right side

(布・紙・用材などの)表側

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

scar

(皮膚の)『傷跡』;(物の表面の)傷跡

心の傷跡,痛手;(名誉などを傷つける)汚点

(植物の茎などに残る)葉印,葉痕(ようこん)

…‘に'傷跡を残す

〈傷などが〉傷跡を残す《+『over』》

lip

〈C〉『くちびる』,口もと

《複数形で》(発音器官としての)くちびる,口

〈U〉《俗》生意気な言葉

〈C〉(容器などの)口,へり,縁;(峡谷・火山などの)口

〈C〉(植物の)唇弁(しんべん)

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

lean

(人・動物が)『やせた』,肉の落ちた

(肉などが)脂肪が少ない

乏しい,貧弱な(poor, scanty);(土地などが)やせた

脂肪のない肉,赤身(lean meat)

sat

sitの過去・過去分詞

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

sober

(酒に)『酔っていない』,しらふの;(ふだん)酒を飲まない

『まじめな』,謹厳な,重々しい

(色彩・衣服などが)『はででない』,落ち着いた,地味な

『冷静な』,分別ある

〈人〉‘の'酔いをさまさせる《+『名』+『up,』+『up』+『名』》

〈人〉‘を'冷静にする《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

酔いがさめる《+『up』》

冷静になる《+『down』》

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

heating

加熱;暖房[装置]

freezing

凍るように寒い,(雨などが)氷混じりの

冷凍する

冷淡な,よそよそしい

《副詞的に》凍るように

rely

『あてにする』,たよる

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

'cos

=because

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

breathing

〈U〉呼吸;一息

〈C〉一呼吸の間,瞬時

〈C〉休息,休止

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

phrase

〈C〉(文法で)『句』(2語以上の語の集まりで,節(clause)と違って「主語+述語動詞」の構造を持たず,文中で一つの品詞の働きをするもの)

〈C〉成句,熟語,慣用句;語群,連語

〈C〉〈U〉『言葉づかい』,言い回し

〈C〉簡潔な言葉;名言,寸言,警句

〈C〉(メロディーの一単位を構成する)楽句

…‘を'言葉で表す

〈曲〉‘を'各楽句に分ける,楽句に区切って演奏する

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

fizzle

(消え入りそうな)シューという音をたてる

《話》しりすぼみになる《+『out』》

〈C〉〈U〉(…の)かすかにシューシユーという音《+『of』+『名』》

〈C〉《話》失敗,しくじり

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

coke

(燃料の)コークス

〈石炭〉'を'コークスにする

plan

『計画』,『案』,プラン,設計

『設計図』,『図面』;(小区域の)地図,市街図

…‘を'『計画する』,‘の'案を立てる

…の設計図をかく,‘を'設計する

計画を立てる

weekend

『週末』(通例金曜日の夕方から日曜日の夜まで);週末休暇

週末の

《状態・場所を表す副詞[句]を伴って》週末を過ごす;週末旅行をする

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

flicker

〈火・炎・光が〉『ゆらめく』,ちらちらする,明滅する

〈木の葉・影などが〉ゆらゆら動く,ひらひらする

ゆらゆら燃える炎;明滅する光;(木の葉などの)そよぎ

《a ~》(希望などの)つかの間のひらめき《+『of』+『名』》

clipper

《複数形で》はさみ,バリカン

(昔の)快速大型帆船,大型旅客機

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

flame

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『炎』

〈U〉炎のような輝き;炎色

〈C〉《おもに文》(…の)(燃えるような)情熱,激情《+『of』+『名』》

『炎をあげて燃える』,燃えさかる《+『up』》

(炎のように)照え映える《+『up』》

〈怒り・情熱などが〉燃え上がる;〈人が〉かっと怒り出す《+『out』(『up, forth』)》

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

band

『帯』,『バンド』,ひも,(おけの)たが

(色の)すじ,しま

周波数

…‘に'バンドを付ける

ca

circa

handshake

握手

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

saying

〈U〉『言うこと』;〈C〉言われた言葉

〈C〉『格言』,『ことわざ』

wide

『幅の広い』

《修飾語を伴って》『幅が…の』,…の幅の

『広範囲な』,多方面にわたる;広大な

『大きく開いた』

(球が)大きくそれた

『広く』,広範囲に

『広く開いて』,十分に開けて

landscape

〈C〉(土地の)『風景』,ながめ,けしき

〈C〉風景画(写真);〈U〉風景画法

(樹木を植えたり地形を変えたりして)〈土地〉‘を'造園する,美化する

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

beer

〈U〉『ビール』;〈C〉コップ1派(びん1本)のビール

〈C〉発酵性飲料(アルコール分の有無に関係ない)

champagne

(また《俗》『bubbly』)シャンペン(パーティーなどに使われる白ぶどう酒)

シャンペン色(あわい黄色または黄緑色)

applaud

『拍手かっさいする』,拍手してほめる

…‘に'『拍手かっさいする』;…'を'拍手してほめる

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

洋楽歌詞: