TED日本語 - ジョナサン・ドローリ: すべての花粉に物語がある

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

私たちは、花粉症にでもならない限り、花粉の存在には気付きません。しかし、電子顕微鏡を使えば、花粉が素晴らしい色や形をしており、はるか遠くまで飛んでいくことも確認できます。ジョナサン・ドローリが、大変魅力的な植物の求愛方法について、ミクロレベルで紹介します。

Script

ありがとうございます 今日私には2つのミッションがあります 1つ目は 皆さんに花粉についてお話をして 花粉が単に「鼻に付く」ものではないと分かっていただくこと そして2つ目は皆さんに 全ての家庭が電子顕微鏡を持つべきだと分かっていただくことです (笑) 花粉によって花は繁殖します おしべから出る細胞を 1つの花から別の花へと運ぶのです これにより 私達に遺伝的多様性を与えてくれます 少なくとも 植物種の遺伝的多様性は高くなります 同じ個体間で交配しないほうがいいのです これは人間にも同様に当てはまることでしょう

花粉はおしべのやくでつくられます 1つのやくが10万個もの花粉を蓄えることができます とても多産だと言えますね そして鮮やかな花だけでなく 木や草にも花粉があります 私たちが食べる穀物も全て草ですね

これが 電子顕微鏡で見た花粉です 中央にある小さな穴については 少し後でお話しますが これは花粉管という とても小さな管が 後で出てくるためのものです さて これは20マイクロメートルの 花粉です 1ミリメートルの50分の1の大きさです 全ての花粉が こんなにシンプルな見た目をしているわけではありません

これはモリナという植物です あまり見た目は冴えませんよね モランという人物が名前の由来です 彼は熱意あふれるフランス人造園師で 「たね」のカタログを 初めて出版した人物でもあります 1621年のことです とにかく その花粉を見てみましょう 素晴らしいと思います 中央の小さな穴は花粉管のためにあるのですが 花粉が めしべの特別な場所を 別のモリナの花に見つけたら さて何が起こるでしょうか? お話したように 花粉はおしべ つまりオスの細胞を運びます お分かりにならなかった方のために説明すると 植物は 自由で入り乱れた 極めて興味深いセックスを 行っているわけです (笑)

さて 私の話は植物の繁殖についてではなく 花粉そのものについてです そもそも 花粉の特徴とは何かとお尋ねになるかもしれません まず第一に花粉は小さいです 皆さんご存知ですね また 生物学的にとても活発です 花粉症の方は 誰でもお分かりになると思います 風を使って 花粉を散布する植物には 木や草などがあり 花粉症のほとんどは これが原因です なぜなら そのような植物は 大量の花粉を散布して その中の一部が運良く 自分と同じ種類の別の個体にたどり着くようにするのです

いくつか例を挙げてみましょう 写真を見ると 花粉がとても滑らかで 風に運ばれやすいようになっていることが分かります これはシカモアという風を使って花粉を散布する植物です 木です とても冴えない花をつけます 昆虫を 惹き付けようとしていないからです しかし 花粉はイケてます これは 私がとりわけ好きなものです モンテレー松の花粉で 空気を入れる小さな袋が付いており 花粉を より遠くへ散布することができます いいですか これは全てわずか30マイクロメートルの話です

さて 花粉散布に昆虫を利用できたら はるかに効率的になります これはミツバチの脚です 葵の花からくっついてきた花粉が付いています そして これは奇抜で美しい マングローブ椰子の花です とても派手ですよね 昆虫を惹き付けるためです 花粉にはよく見ると 小さな突起があります この小さな突起のおかげで 昆虫によくくっつくのです しかし この写真から分かることが他にもあります 花粉に割れ目が見えると思います 地球に例えると赤道にあたる部分です これにより この花粉が化石化していたことが分かります そして 光栄なことに この花粉はロンドンのすぐ近くで発見されました つまり5500年前は ロンドンは マングローブ松で溢れていたのです うらやましい限りです (笑)

これも 昆虫による花粉散布型へと進化した植物です 小さな突起を見れば そのことが分かりますね これらの写真は全て 電子顕微鏡で撮られたものです キュー国立植物園の研究室で撮られました このような写真を撮影したのが アーティストの ロブ・ケセラー氏であることは 偶然ではありません そして 芸術的な目を持ち合わせている 彼のような人物が なんと「花粉」の美しさを引き出したことも 偶然ではないでしょう (笑)

さて 花粉がこれだけ多様ということは 花粉を一粒見ただけで それが 何の植物なのか分かるということです つまり 花粉のサンプルがあれば それが どこから来たのか知りたいとき とても便利なのです 様々な種類の植物が 様々な場所で育ちます 花粉の中には 他の花粉より遠くに飛ぶものもあります 花粉のサンプルがあれば 原則として それがどこから来たのか 言い当てることができるはずなのです この点で 花粉は鑑識学にとって興味深いのです

花粉は小さいです 物にくっついて離れません 花粉それぞれが違う外見をしているだけでなく 土地によって 生息する植物の組み合わせも違います 花粉のサイン もしくは 花粉の指紋 とでも言えるかもしれません なので サンプルの中の花粉の組み合わせや割合を 調べることによって それがどこから来たのか とても正確に言い当てることができます これは 綿のシャツに付いた花粉です 今私が着ているようなものです 花粉のほとんどは付いたまま離れないでしょう たとえ何回洗濯をしてもです どこから来たのでしょうか? この4つの違う場所は全て同じように見えますが 花粉はそれぞれ全く違う特徴を持っています 実はこれは特に簡単なケースで これらの写真は全て 違う国で撮られたものです

花粉を使う鑑識はとても緻密です 今では 花粉を使って 偽造された薬がどこでつくられたのか 紙幣がどこから来たのか 骨董品の出所はどこか 調査し 突き止めているのです 犯人が認めているので確かです そして 殺人罪の容疑者についても 彼らの衣服を使って捜査を行い イギリス国内の地域を特定し 警察犬が犠牲者を見つけられる範囲にまで 絞ることができるのです 衣服の一片から 1キロメートル範囲内ほどまで絞ることができ その衣服の一片が最近どこにあったのか分かります そして警察犬を送り込めばいいのです 最後に 非常にむごい出来事 ボスニア戦争でのことですが ある裁判で 花粉から分かった事実が証拠となり 遺体が埋められ 掘り返され 違う場所へ再び埋められたことが発覚したのです

皆さんの花粉に対する目を この写真のように開いて 新しい見方を提供できたとしたらうれしいです これは 西洋栃の木の花粉でした 私たちの周りには 私たちの目には見えない美があります そして 花粉一粒一粒に物語があるのです ちょうど 私たち一人一人に物語があるのと同じように 指紋のように 私たちを語るのです キュー国立植物園で働く私の仲間たちと 世界中の花粉学者たちに感謝します (拍手)

Thank you. I have two missions here today. The first is to tell you something about pollen, I hope, and to convince you that it's more than just something that gets up your nose. And, secondly, to convince you that every home really ought to have a scanning electron microscope. (Laughter) Pollen is a flower's way of making more flowers. It carries male sex cells from one flower to another. This gives us genetic diversity, or at least it gives the plants genetic diversity. And it's really rather better not to mate with yourself. That's probably true of humans as well, mostly.

Pollen is produced by the anthers of flowers. Each anther can carry up to 100,000 grains of pollen, so, it's quite prolific stuff. And it isn't just bright flowers that have pollen; it's also trees and grasses. And remember that all our cereal crops are grasses as well.

Here is a scanning electron micrograph of a grain of pollen. The little hole in the middle, we'll come to a bit later, but that's for the pollen tube to come out later on. A very tiny tube. So, that's 20 micrometers across, that pollen grain there. That's about a 50th of a millimeter. But not all pollen is quite so simple looking.

This is Morina. This is a plant -- which I've always thought to be rather tedious -- named after Morin, who was an enterprising French gardener, who issued the first seed catalog in 1621. But anyway, take a look at its pollen. This is amazing, I think. That little hole in the middle there is for the pollen tube, and when the pollen finds its special female spot in another Morina flower, just on the right species, what happens? Like I said, pollen carries the male sex cells. If you actually didn't realize that plants have sex, they have rampant, promiscuous and really quite interesting and curious sex. Really. (Laughter) A lot.

My story is actually not about plant propagation, but about pollen itself. "So, what are pollen's properties?" I hear you ask. First of all, pollen is tiny. Yes we know that. It's also very biologically active, as anyone with hay fever will understand. Now, pollen from plants, which are wind-dispersed -- like trees and grasses and so on -- tend to cause the most hay fever. And the reason for that is they've got to chuck out masses and masses of pollen to have any chance of the pollen reaching another plant of the same species.

Here are some examples -- they're very smooth if you look at them -- of tree pollen that is meant to be carried by the wind. Again -- this time, sycamore -- wind-dispersed. So, trees: very boring flowers, not really trying to attract insects. Cool pollen, though. This one I particularly like. This is the Monterey Pine, which has little air sacks to make the pollen carry even further. Remember, that thing is just about 30 micrometers across.

Now, it's much more efficient if you can get insects to do your bidding. This is a bee's leg with the pollen glommed onto it from a mallow plant. And this is the outrageous and beautiful flower of the mangrove palm. Very showy, to attract lots of insects to do its bidding. The pollen has little barbs on it, if we look. Now, those little barbs obviously stick to the insects well, but there is something else that we can tell from this photograph, and that is that you might be able to see a fracture line across what would be the equator of this, if it was the Earth. That tells me that it's actually been fossilized, this pollen. And I'm rather proud to say that this was found just near London, and that 55 million years ago London was full of mangroves. Isn't that cool? (Laughter)

Okay, so this is another species evolved to be dispersed by insects. You can tell that from the little barbs on there. All these pictures were taken with a scanning electron microscope, actually in the lab at Kew Laboratories. No coincidence that these were taken by Rob Kesseler, who is an artist, and I think it's someone with a design and artistic eye like him that has managed to bring out the best in pollen. (Laughter)

Now, all this diversity means that you can look at a pollen grain and tell what species it came from, and that's actually quite handy if you maybe have a sample and you want to see where it came from. So, different species of plants grow in different places, and some pollen carries further than others. So, if you have a pollen sample, then in principle, you should be able to tell where that sample came from. And this is where it gets interesting for forensics.

Pollen is tiny. It gets on to things, and it sticks to them. So, not only does each type of pollen look different, but each habitat has a different combination of plants. A different pollen signature, if you like, or a different pollen fingerprint. By looking at the proportions and combinations of different kinds of pollen in a sample, you can tell very precisely where it came from. This is some pollen embedded in a cotton shirt, similar to the one that I'm wearing now. Now, much of the pollen will still be there after repeated washings. Where has it been? Four very different habitats might look similar, but they've got very different pollen signatures. Actually this one is particularly easy, these pictures were all taken in different countries.

But pollen forensics can be very subtle. It's being used now to track where counterfeit drugs have been made, where banknotes have come from, to look at the provenance of antiques and see that they really did come from the place the seller said they did. And murder suspects have been tracked using their clothing, certainly in the U.K., to within an area that's small enough that you can send in tracker dogs to find the murder victim. So, you can tell from a piece of clothing to within about a kilometer or so, where that piece of clothing has been recently and then send in dogs. And finally, in a rather grizzly way, the Bosnia war crimes; some of the people brought to trial were brought to trial because of the evidence from pollen, which showed that bodies had been buried, exhumed and then reburied somewhere else.

I hope I've opened your eyes, if you'll excuse the visual pun, (Laughter) to some of pollen's secrets. This is a horse chestnut. There is an invisible beauty all around us, each grain with a story to tell ... each of us, in fact, with a story to tell from the pollen fingerprint that's upon us. Thank you to the colleagues at Kew, and thank you to palynologists everywhere. (Applause)

Thank you.// I have two missions here today.//

ありがとうございます 今日私には2つのミッションがあります

The first is to tell you/ something/ about pollen,/ I hope,/ and to convince you/ that it's more/ than just/ something/ that gets up/ your nose.//

1つ目は 皆さんに花粉についてお話をして 花粉が単に「鼻に付く」ものではないと分かっていただくこと

And,/ secondly,/ to convince you/ that every home really ought to have/ a scanning electron microscope.//

そして2つ目は皆さんに 全ての家庭が電子顕微鏡を持つべきだと分かっていただくことです

(Laughter)/ Pollen is a flower's way of making more flowers.//

(笑) 花粉によって花は繁殖します

It carries male sex cells/ from one flower/ to another.//

おしべから出る細胞を 1つの花から別の花へと運ぶのです

This gives us/ genetic diversity,/ or at least/ it gives the plants/ genetic diversity.//

これにより 私達に遺伝的多様性を与えてくれます 少なくとも 植物種の遺伝的多様性は高くなります

And it's really rather better not to mate with yourself.//

同じ個体間で交配しないほうがいいのです

That's probably true of humans as well,/ mostly.//

これは人間にも同様に当てはまることでしょう

花粉はおしべのやくでつくられます

Each anther can carry up to 100,000 grains of pollen,/ so,/ it's quite prolific/ stuff.//

1つのやくが10万個もの花粉を蓄えることができます とても多産だと言えますね

And it isn't just bright flowers/ that have pollen;/ it's also/ trees and grasses.//

そして鮮やかな花だけでなく 木や草にも花粉があります

And remember/ that all our cereal crops are grasses/ as well.//

私たちが食べる穀物も全て草ですね

Here is a scanning electron micrograph of a grain of pollen.//

これが 電子顕微鏡で見た花粉です

The little hole/ in the middle,/ we'll come to a bit later,/ but that's for the pollen tube/ to come out later on.// A very tiny tube.//

中央にある小さな穴については 少し後でお話しますが これは花粉管という とても小さな管が 後で出てくるためのものです

So,/ that's 20 micrometers across,/ that pollen grain there.//

さて これは20マイクロメートルの 花粉です

That's about a 50th of a millimeter.//

1ミリメートルの50分の1の大きさです

But not all pollen is quite so/ simple looking.//

全ての花粉が こんなにシンプルな見た目をしているわけではありません

This is Morina.// This is a plant --/ which I've always thought to be rather tedious --/ named after Morin,/ who was an enterprising French gardener,/ who issued the first seed catalog/ in 1621.//

これはモリナという植物です あまり見た目は冴えませんよね モランという人物が名前の由来です 彼は熱意あふれるフランス人造園師で 「たね」のカタログを 初めて出版した人物でもあります 1621年のことです

But anyway,/ take a look/ at its pollen.//

とにかく その花粉を見てみましょう

This is amazing,/ I think.//

素晴らしいと思います

That little hole/ in the middle/ there is for the pollen tube,/ and when the pollen finds its special female spot/ in another Morina flower,/ just/ on the right species,/ what happens?//

中央の小さな穴は花粉管のためにあるのですが 花粉が めしべの特別な場所を 別のモリナの花に見つけたら さて何が起こるでしょうか?

Like/ I said,/ pollen carries the male sex cells.//

お話したように 花粉はおしべ つまりオスの細胞を運びます

If you actually didn't realize/ that plants have sex,/ they have rampant, promiscuous and really quite interesting and curious sex.// Really.//

お分かりにならなかった方のために説明すると 植物は 自由で入り乱れた 極めて興味深いセックスを 行っているわけです

(Laughter)/ A lot.//

(笑)

My story is actually not about plant propagation,/ but about pollen itself.//

さて 私の話は植物の繁殖についてではなく 花粉そのものについてです

"So,/ what are pollen's properties?"// I hear/ you ask.//

そもそも 花粉の特徴とは何かとお尋ねになるかもしれません

First of all,/ pollen is tiny.// Yes/ we know/ that.//

まず第一に花粉は小さいです 皆さんご存知ですね

It's also very biologically active,/ as anyone/ with hay fever will understand.//

また 生物学的にとても活発です 花粉症の方は 誰でもお分かりになると思います

Now,/ pollen from plants,/ which are wind-dispersed --/ like trees and grasses/ and so on --/ tend to cause/ the most hay fever.//

風を使って 花粉を散布する植物には 木や草などがあり 花粉症のほとんどは これが原因です

And the reason/ for that is they've got to chuck out/ masses and masses of pollen/ to have any chance of the pollen/ reaching another plant of the same species.//

なぜなら そのような植物は 大量の花粉を散布して その中の一部が運良く 自分と同じ種類の別の個体にたどり着くようにするのです

Here are some examples --/ they're very smooth/ if you look at them --/ of tree pollen/ that is meant to be carried by the wind.//

いくつか例を挙げてみましょう 写真を見ると 花粉がとても滑らかで 風に運ばれやすいようになっていることが分かります

Again --/ this time,/ sycamore --/ wind-dispersed.//

これはシカモアという風を使って花粉を散布する植物です

So,/ trees:/ very boring flowers,/ not really trying to attract/ insects.//

木です とても冴えない花をつけます 昆虫を 惹き付けようとしていないからです

Cool pollen,/ though.//

しかし 花粉はイケてます

This one/ I particularly like.//

これは 私がとりわけ好きなものです

This is the Monterey Pine,/ which has little air sacks/ to make the pollen carry/ even further.//

モンテレー松の花粉で 空気を入れる小さな袋が付いており 花粉を より遠くへ散布することができます

Remember,/ that thing is just about 30 micrometers across.//

いいですか これは全てわずか30マイクロメートルの話です

Now,/ it's much more efficient/ if you can get insects/ to do your bidding.//

さて 花粉散布に昆虫を利用できたら はるかに効率的になります

This is a bee's leg/ with the pollen glommed onto it/ from a mallow plant.//

これはミツバチの脚です 葵の花からくっついてきた花粉が付いています

And this is the outrageous and beautiful flower of the mangrove palm.//

そして これは奇抜で美しい マングローブ椰子の花です

Very showy,/ to attract lots of insects to do its bidding.//

とても派手ですよね 昆虫を惹き付けるためです

The pollen has little barbs/ on it,/ if we look.//

花粉にはよく見ると 小さな突起があります

Now,/ those little barbs obviously stick to the insects well,/ but there is something else/ that we can tell from this photograph,/ and that is/ that you might be able to see a fracture line/ across what would be the equator of this,/ if it was the Earth.//

この小さな突起のおかげで 昆虫によくくっつくのです しかし この写真から分かることが他にもあります 花粉に割れ目が見えると思います 地球に例えると赤道にあたる部分です

That tells me/ that it's actually been fossilized,/ this pollen.//

これにより この花粉が化石化していたことが分かります

And I'm rather proud/ to say/ that this was found just/ near London,/ and/ that 55 million years ago/ London was full of mangroves.//

そして 光栄なことに この花粉はロンドンのすぐ近くで発見されました つまり5500年前は ロンドンは マングローブ松で溢れていたのです

Isn't/ that cool?//

うらやましい限りです

(笑)

Okay,/ so/ this is another species evolved to be dispersed by insects.//

これも 昆虫による花粉散布型へと進化した植物です

You can tell/ that from the little barbs/ on there.//

小さな突起を見れば そのことが分かりますね

All these pictures were taken with a scanning electron microscope,/ actually/ in the lab/ at Kew Laboratories.//

これらの写真は全て 電子顕微鏡で撮られたものです キュー国立植物園の研究室で撮られました

No coincidence/ that these were taken by Rob Kesseler,/ who is an artist,/ and I think/ it's someone/ with a design and artistic eye/ like him/ that has managed to bring out/ the best/ in pollen.//

このような写真を撮影したのが アーティストの ロブ・ケセラー氏であることは 偶然ではありません そして 芸術的な目を持ち合わせている 彼のような人物が なんと「花粉」の美しさを引き出したことも 偶然ではないでしょう

(笑)

Now,/ all this diversity means/ that you can look at a pollen grain/ and tell/ what species/ it came from,/ and that's actually quite handy/ if you maybe have a sample/ and you want to see/ where it came from.//

さて 花粉がこれだけ多様ということは 花粉を一粒見ただけで それが 何の植物なのか分かるということです つまり 花粉のサンプルがあれば それが どこから来たのか知りたいとき とても便利なのです

So,/ different species of plants grow in different places,/ and some pollen carries further/ than others.//

様々な種類の植物が 様々な場所で育ちます 花粉の中には 他の花粉より遠くに飛ぶものもあります

So,/ if you have a pollen sample,/ then/ in principle,/ you should be able to tell/ where that sample came from.//

花粉のサンプルがあれば 原則として それがどこから来たのか 言い当てることができるはずなのです

And this is/ where it gets interesting/ for forensics.//

この点で 花粉は鑑識学にとって興味深いのです

Pollen is tiny.// It gets on to things,/ and it sticks to them.//

花粉は小さいです 物にくっついて離れません

So,/ not only does each type of pollen look different,/ but each habitat has a different combination of plants.//

花粉それぞれが違う外見をしているだけでなく 土地によって 生息する植物の組み合わせも違います

A different pollen signature,/ if you like,/ or a different pollen fingerprint.//

花粉のサイン もしくは 花粉の指紋 とでも言えるかもしれません

By looking at the proportions and combinations of different kinds of pollen/ in a sample,/ you can tell very precisely/ where it came from.//

なので サンプルの中の花粉の組み合わせや割合を 調べることによって それがどこから来たのか とても正確に言い当てることができます

This is some pollen embedded in a cotton shirt,/ similar/ to the one/ that I'm wearing/ now.//

これは 綿のシャツに付いた花粉です 今私が着ているようなものです

Now,/ much of the pollen will still be there after repeated washings.//

花粉のほとんどは付いたまま離れないでしょう たとえ何回洗濯をしてもです

Where has it been?//

どこから来たのでしょうか?

Four very different habitats might look similar,/ but they've got very different pollen signatures.//

この4つの違う場所は全て同じように見えますが 花粉はそれぞれ全く違う特徴を持っています

Actually/ this one is particularly easy,/ these pictures were all taken in different countries.//

実はこれは特に簡単なケースで これらの写真は全て 違う国で撮られたものです

But pollen forensics can be very subtle.//

花粉を使う鑑識はとても緻密です

It's being used now/ to track/ where counterfeit drugs have been made,/ where banknotes have come from,/ to look at the provenance of antiques/ and see/ that they really did come from the place/ the seller said they did.//

今では 花粉を使って 偽造された薬がどこでつくられたのか 紙幣がどこから来たのか 骨董品の出所はどこか 調査し 突き止めているのです 犯人が認めているので確かです

And murder suspects have been tracked using their clothing,/ certainly/ in the U.K.//,/ to within an area/ that's small enough/ that you can send in tracker dogs/ to find the murder victim.//

そして 殺人罪の容疑者についても 彼らの衣服を使って捜査を行い イギリス国内の地域を特定し 警察犬が犠牲者を見つけられる範囲にまで 絞ることができるのです

So,/ you can tell from a piece of clothing/ to/ within about a kilometer or so,/ where that piece of clothing has been recently/ and then send in dogs.//

衣服の一片から 1キロメートル範囲内ほどまで絞ることができ その衣服の一片が最近どこにあったのか分かります そして警察犬を送り込めばいいのです

And finally,/ in a rather grizzly way,/ the Bosnia war crimes;/ some of the people brought to trial were brought to trial/ because of the evidence/ from pollen,/ which showed/ that bodies had been buried,/ exhumed/ and then reburied somewhere else.//

最後に 非常にむごい出来事 ボスニア戦争でのことですが ある裁判で 花粉から分かった事実が証拠となり 遺体が埋められ 掘り返され 違う場所へ再び埋められたことが発覚したのです

I hope/ I've opened your eyes,/ if you'll excuse the visual pun,/ (Laughter)/ to some of pollen's secrets.//

皆さんの花粉に対する目を この写真のように開いて 新しい見方を提供できたとしたらうれしいです

This is a horse chestnut.//

これは 西洋栃の木の花粉でした

There is an invisible beauty/ all/ around us,/ each grain/ with a story to tell ...//

私たちの周りには 私たちの目には見えない美があります そして 花粉一粒一粒に物語があるのです

each of us,/ in fact,/ with a story to tell from the pollen fingerprint/ that's upon us.//

ちょうど 私たち一人一人に物語があるのと同じように 指紋のように 私たちを語るのです

Thank you/ to the colleagues/ at Kew,/ and thank you/ to palynologists everywhere.//

キュー国立植物園で働く私の仲間たちと 世界中の花粉学者たちに感謝します

(拍手)

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

pollen

花粉

convince

〈人〉'を'『納得させる』

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

secondly

第一に,次に(in the second place)

ought

《義務・当然》…『すべきである』,するのが当然である

《忠告・願望》…するのが望ましい,するのがよい

《見込み・当然の結果》…『するはずである』,きっと…するであろう

electron microscope

電子顕微鏡

laughter

『笑い』,笑い声

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

diversity

相違,差違

《a diversity》(…の)種々さまざま,多様性《+『of』+『名』》

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

plant

(動物に対して)『植物』,草木・(樹木に対して)『草』,草本(そうほん)( 木部があまり発達せず地上部が一年で枯れる植物)・苗,苗木・生産設備,工場,プラント設備,装置・《俗》(人をおとしいれる)わな,おとり

〈苗など〉‘を'『植える』,〈種〉‘を'まく・(植物を) ‘に'植える《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈思想など〉‘を'植えつける《+『名』+『in』+『名』》・《場所の副詞[句]を伴って》(ある場所)…‘を'しっかりと置く(すえる,立てる)

・〈工場・生産設備など〉‘を'建設する・《俗》〈スパイ〉‘を'送りこむ,〈わな〉‘を'仕掛ける・(嫌疑がかかるように)こっそり置く

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

probably

『たぶん』,『おそらく』

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

anther

(雄しべの)やく(葯)

grain

〈C〉(穀類の)『粒』《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『穀物』,穀類

〈C〉(砂・塩などの)粒《+『of』+『名』》

〈C〉《おもに否定文で》『ごく少量』,ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉グレーン(最小の重量単位で約0.0648グラム;《略》『gr.』,『g.』)

〈U〉(木・石などの)きめ,はだ,木目(もくめ),石目

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

prolific

(動植物が)多産の;(…を)たくさん生む《+『of』(『in』)+『名』》

(作家が)多作の

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

bright

『輝いている』,びかびかの(shining)

うららかな,晴れた

『生き生きした』,元気のよい(cheerful)

未望な(promising)

(色が)『鮮やかな』,鮮明な(clear)

りこうな(clever),気のきいた(smart)

明るく,輝いて(brightly)

cereal

〈C〉《通例複数形で》『穀物』,穀類

(また《米》breakfast food)〈U〉〈C〉朝食用の穀類加工食品(oatmealやcornflakesなど)

〈C〉穀類を生ずる植物

穀類の

crop

〈C〉《しばしば服数形で》『作物』,『収穫物』

〈C〉(一地域で一期にとれる農作物の)『収穫』[『高』],生産[高],作柄

〈U〉作付け,植う付け,耕作

〈C〉《通例単数形で》(同時に,または続々と出てくる人・物の)群れ《+『of』+『名』》

〈C〉《通例単数形で》(髪の)刈込み,いがぐり頭

〈C〉(鳥の)え袋,そのう

〈C〉(動物の耳を切って目じるしにする)耳じるし

〈C〉乗馬むち;むちの柄

〈草・毛などの先〉'を'刈り込む,かみ切る

(…を)…‘に'植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

作物ができる;作物を植える

electron

『電子』,エレクトロン

micrograph

顕微鏡図,顕微鏡写真

hole

(壁などにあいた)『穴』,割れ目;(衣類などの)破れ穴,裂け目;(道路などにできた)くぼみ,へこみ

(動物の住む)巣穴

《話》あばら家

(議論・計画などの)欠点(fault)

《話》窮地,苦境

ホール(ゴルフで球を打ち込む穴);(球をホールに入れた)得点

〈物〉‘に'穴をあける(掘る)

(ゴルフで)〈球〉‘を'打ってホールに入れる(ゴルフで)球を打ってホールに入れる《+『out』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

tube

(金属・ガラス・ゴムなどの)管,筒

(絵の具・歯みがきなどの)チューブ

《米》(列車・地下鉄の)トンネル

《英》地下鉄(《米》subway)

(ラジオ・テレビなどの)真空管(vacuum tube)

(動植物の)管状器官

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

micrometer

測微計,マイクロメーター(微小な寸法・距離・角度などを精密に測定する各種の装置)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

tedious

『退屈な』,飽き飽きする

enterprising

進取の気性に富んだ,積極的な

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

gardener

『植木屋』,庭師,園丁

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

seed

〈U〉〈C〉『種』,種子

〈C〉《複数形で》(物事・事件などの)原因,根源,種

〈U〉(聖書で)子供たち,子孫

〈土地〉‘に'『種をまく』,まく;(…を)…‘に'まく《+『名』+『with』+『名』》

〈果物など〉‘の'種を除く

〈チーム・競技者など〉‘を'シードする

(人工雨を降らすため)〈雲〉‘に'ドライアイス(その他の化学薬品)を散布する

〈植物が〉種(実)を生ずる;種(実)を落とす

anyway

=anyhow

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

spot

『斑点』(はんてん),まだら,ぶち;(太陽の)黒点

『しみ』,よごれ;吹出物,にきび

(…に対する)汚名,汚点《+『on』+『名』》

『場所』,地点;部分,箇所

(順序・組織における)位置;立場,おかれた状況

《a spot》《英話》(…の)少量,ちょっぴり(の…);(…の)1杯《+『of』+『名』》

(ラジオ・テレビ番組の)構成区分

…‘を'『しみで汚す』,‘に'汚れをつける;…‘に'斑点(はんてん)をつける,‘を'まだら(ぶち)にする;( …で)…‘に'しみ(斑点)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈人格・名声など〉‘を'汚す,傷つける

(特定の場所に)…‘を'置く,配置する

…‘を'見つける;(…だと)…‘を'見抜く《+『名』+『as』(『for』)+『名』》

〈インクなどが〉『しみになる』;〈布などが〉汚れる

即座になされる,即時払いの(引き渡しの)

現場での,現地の

(ラジオ・テレビで)番組の間に放送される

ちょうど,ぴったり(exactly)

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

rampant

(雑草などが)はびこった

(病気などが)流行した

《名詞の後に置いて》(紋章のライオンなどが)後ろ脚で立ち上がって前脚を振り上げた

promiscuous

ごたまぜの

乱交の

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

curious

『好奇心の強い』,物を知りたがる

『奇妙な』,不思議な;珍しい

propagation

(動植物などの)繁殖,増殖

伝達,伝播(でんぱ)

宣伝,普及

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

property

動産

ye

=you

《主格で特に呼びかけとして》なんじ[ら]は(が)

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

hay fever

枯草熱,花粉熱(花粉などで目や鼻の粘膜が冒されるアレルギー性の病気)

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

chuck

(ふざけて,または愛情をこめ)…'を'軽くたたく

…'を'ぽいと投げる,ほうる

《話》(いやになって)…'を'ぽんと投げ出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(特に,あごの下を)軽くたたくこと

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

smooth

(表面が)『滑らかな』,すべすべした;『平らな』平坦(へいたん)な

(動きが)円滑な,揺れのない

(物事が)すらすら運ぶ,順調な,平隠な

(味など)滑らかな;(練り粉など)つぶつぶ(むら)のない

愛想のよい,取り入るような

…‘を'『滑らかにする』,平らにする,〈髪など〉‘を'なでつける《+『out(down)』+『名,』+『名』+『out(down)』》

〈物事〉‘を'容易にする,円滑にする《+『away(out)』+『名,』+『away(out)』》

〈人・気持ちなど〉‘を'静める,和らげる《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

滑らか(平ら)になる;隠やかになる《+『down』》

=smoothly

wind

〈C〉〈U〉《しばしば the wind》『風』

〈C〉〈U〉『強風』,暴風

〈U〉《the wind》(せんす・扇風機などによる人工的な)『風』,あおり

〈U〉『息』,呼吸[する力],肺活量

〈C〉(風の吹いてくる)方向;《複数形で》方位,方角

〈U〉(風で運ばれてくる獲物・狩人などの)におい,臭跡;(…の)予感,気配《+of+名》

〈U〉《話》実のない話,むだ話,空言,無意味

〈U〉(腸内の)ガス

《the winds》《集合的に》(オーケストラの)管楽器部,管楽器演奏者

〈獲物など〉‘を'においをかぎ出す;〈秘密など〉‘を'かぎつける

(運動などで)…‘を'息切れさせる

〈特に馬〉‘に'一息入れさせる,一休みさせる

sycamore

〈C〉《英》カエデの一種;《米》アメリカスズカケノキ;(中近東産の)イチジクの一種

〈U〉その木材(固く良質)

boring

退屈な,うんざりする

attract

(物理的な力で)…'を'『引きつける』,『引き寄せる』

〈人,人の注意・興味など〉'を'『引きつける』,誘う

insect

『昆虫』;(一般に)虫

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

pine

(また『pine tree』)〈C〉『松』,松の木

〈U〉松材

air

〈U〉『空気』,大気

《the ~》『空中』,空間,空(sky)

《古》〈C〉そよ風,微風(breeze)

《文》〈C〉(音楽の)ふし,旋律(melody)

〈C〉様子,態度,風さい

《複数形で》気どった様子

〈衣服など〉'を'空気にさらす,風にあてる

〈部屋〉‘に'風を通す

〈うわさ・意見など〉'を'言いふらす

sack

〈C〉(丈夫な布(革)製の)『大袋』

〈C〉《おもに米》(一般に)袋,(特に,購入した食料を入れる)紙袋 〈C〉(婦人・子供用の)ゆったりして短い上着

《the ~》《米俗》ベッド,寝袋

〈U〉《the ~》《俗》(…からの)解雇《+『from』+『名』》

…‘を'袋に入れる

《話》〈人〉‘を'解雇する

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

bidding

〈U〉入札,せり

〈C〉言いつけ,命令

〈C〉(カードゲームで)せり札の宣言

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

mallow

ゼニアオイ(ピンク,紫の花が咲く)

outrageous

法外な,とんでもない

乱暴な,残虐な;けしからぬ,ふらちな

mangrove

マングローブ,紅樹林(燃帯の川や海辺に密生する)

palm

(人動物の)『手のひら』;(手袋の)手のひらの部分

パーム(手のひらの幅を基準にした長さ;8‐10`)

…‘を'手で殖れる,手の中に隠す

showy

人目を引く,はなやかな

これ見よがしな;飾り立てた

barb

(矢じり・つり針などの)あご,かかり

(針金につける)さかとげ,針

…‘に'あご(かかり,とげ)をつける

obviously

明らかに,明白に

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

photograph

『写真』,(…の)写真《+『of』+『名』》

‘の'『写真をとる』

写真をとる;《副詞を伴って》写真に写る

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

fracture

〈U〉(特に)骨を折ること;骨を折った状熊

〈C〉割れ(裂け)目,(鉱物の)破砕面

〈足・腕などを〉‘を'骨折する;…‘を'砕く

骨折する;砕ける

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

equator

(地球・天体の)『赤道』

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

London

ロンドン(英国の首都)

《the City of ~》首都ロンドンの商業(金融)中心地である旧市部(他の区とは違った権限を持つ;略称 the City)

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

full

『いっぱいの』,満ちた

(数量が)『たくさんある』,たっぷりある

(程度・量・数などが)『完全な』

《名詞の前にのみ用いて》最大限の

《名詞の前にのみ用いて》正式の,本格的な

《補語にのみ用いて》(…で)(腹・胸・頭が)いっぱいの(で)《+『of』+『名』》

(形・体の一部が)ふっくらした,盛り上がった

(衣服などが)ゆったりしている

《名詞の前にのみ用いて》(声・におい・色が)豊かな,濃い

まともに

非常に(very)

全部;十分;絶頂

okay

=OK,O.K.

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

disperse

…‘を'『四方に散らす』

…‘を'追い払う;〈不安など〉‘を'消し去る

〈微粒子〉‘を'分散させる;〈光〉‘を'分光する

…‘を'各所に配置する

『散らばる』,分散(離散)する

〈微粒子が〉分散する,〈光が〉分光する

lab

実験室(laboratory)

coincidence

〈U〉(事件などの)同時発生《+『of』+『名』》

〈U〉偶然の一致,符合;〈C〉一致(符合)したもの(事)

rob

(金品を)〈人・銀行など〉‘から'『力ずくで奪う』,強奪する《+『名』〈人・銀行など〉+『of』+『名』〈金品〉》

〈人・銀行など〉‘から'金品を盗む;…‘の'中身を盗む

(人・銀行などから)〈金品〉‘を'『おどし取る』

(事を)…‘から'むりやりに取ってしまう,無くしてしまう《+『名』+『of』+『名』〈事〉》

略奪する,強盗を働く

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

artistic

『芸術的な』

芸術(美術)の;芸術家(美術家)の

美的感受性に富む,美のわかる

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

handy

『取り扱いに便利な』,手ごろな,重宝な

《話》すぐ手元の,すぐ使える(at hand)

(人が)『器用な』,手先の達者な;(…を)巧みに使う《+『at』(『about, with』)+『名』》

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

sample

(…の)『見本』,標本《+『of』+『名』》

(…の)『実例』(example)《+『of』+『名』》

(無料で進呈する)試供品,サンプル

見本の,標本の

…‘の'見本をとる;(見本をとって)…‘を'試す(調べる,判断する)

…‘を'実際に試す

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

forensic

法廷の,法廷で用いている

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

habitat

(動・植物の)産地,生息地

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

signature

『署名』

音楽記号(拍子記号・調記号など)

(本の)1ページの大きさに折り畳んだ大きな紙

fingerprint

指紋

…指紋おとる

proportion

《the~》(…に対する…の)『割合』,比率《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉(…との)『調和』,均衡《+『to』+『名』》

〈C〉部分;割り前,分け前

《複数形で》大きさ

〈U〉比例

…‘の'調和をとる;(…に)…‘を'釣り合わせる《+『名』+『to』+『名』》

precisely

『正確に』,明確に,はっきり

きちょうめんに

かっきりと,ちょうど

《人に同意して》全くそのとおり

embed

(コンクリートなどに)…‘を'埋める,はめ込む《+『名』+『in』+『名』》;(…を)…‘に'埋める《+『名』+『with』+『名』》

(心などに)…‘を'深くとどめる《+『名』+『in』+『名』》

cotton

『綿』,綿花

綿の木(cotton plant)

『綿布』,もめん

綿糸,もめん糸

綿製の

shirt

(えり付きの男物)『シャツ』,ワイシャツ

《米》(下着の)シャツ,はだ着(undershirt)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

repeat

〈自分がすでに一度言ったこと)‘を'『繰り返して言う』

〈他人の言ったこと〉‘を'おうむ返しに言う;…‘を'他の人に繰り返して言う

…‘を'『暗記して言う』,暗唱する

…‘を'繰り返して行う(do again)

(食べたあとで)〈食物の〉味が残る

〈小数が〉循環する

繰り返すこと,反復すること

繰り返されるもの,(公演の)再演;(番組の)再放送

反復楽節;反復記号(∥: :∥)

washing

洗うこと,洗濯

《しばしば the~》《集合的に》(一度に洗う)洗濯物

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

counterfeit

〈貨幣など〉'を'偽造する

…‘の'ふりをする,…'を'まねる,‘に'似せる

にせ物,模造品,偽作

模造の,偽造の

見せかけの,偽りの

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

banknote

銀行券,銀行紙幣

provenance

起源,由来,出所

antique

(物・形が)古風な,旧式の,時代遅れの(old-fashioned)

古い時代の,古来の

〈C〉古物,古器,骨董(こっとう)品

《the ~》古代美術,古代様式

seller

売る人,売り手

《good,bad,poorなどの形容詞と共に》売れるもの

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

clothing

『衣類』,衣料品

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

tracker

野生動物の足跡をたどる人,狩猟者

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

victim

(…の)『犠牲者』,被害者(物)《+of+名》

『だまされる人』;(…の)食いもの,えじき《+of+名》

(神にささげる)いけにえ

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

grizzly

灰色の

しらが混じりの

=grizzly bear

war crime

戦争犯罪

trial

〈U〉〈C〉『裁判』,公判,審理

〈U〉〈C〉(…の)『試験』,ためし《+of+名》

〈C〉企て,試み;努力

〈C〉(忍耐・徳・信仰などをためす)試練,苦難

〈C〉困りもの,迷惑な(やっかいな)人(もの)

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

bury

〈死体〉'を'『埋葬する』,土葬する,水葬する

(見えないように)…'を'『おおい隠す』

…'を'深く突っ込む

(…に)〈人〉'を'没頭させる《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

exhume

(調べるために)〈埋葬されているもの,特に死体〉‘を'発掘する

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

visual

『視覚の』

目に見える;目で見た

有視界の

pun

駄じゃれ,しゃれ,語呂(ころ)合わせ

しゃれ(語呂合わせ)を言う

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

horse chestnut

トチの木;トチの実

invisible

『目に見えない』;(…に)見えない《+『to』+『名』》

beauty

〈U〉『美しさ』,美

『美点』,美観,よさ

〈C〉『美人』;美しいもの,みごとなもの

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

upon

『…の上に』

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

everywhere

『至る所に(で)』

《接続詞的に》どこへ(で)…しても

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画