TED日本語 - ポール・ルート・ウォルプ: バイオエンジニアリングを問うべき時

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDxPeachtree において、生命倫理学者であるポール・ルート・ウォルプがハイブリッドペットから人間の耳を生やすマウスなど、最近の驚愕的なバイオエンジニアリングの実験について話します。彼は問いかけます。今こそ基本ルールを定めるときではないでしょうか?

Script

今日はデザインについてお話ししたいと思います ただ 普段私たちが考えるデザインではありません 科学やバイオテクノロジーの分野で 今起こっていることをお話ししたいと思います 史上初めて私たちは 動物の体を そして人間の体を デザインする力を得ました 私たちの住む惑星では過去に三回 大きな進化の波が起きています

最初の進化の波は ダーウィン的進化です ご存じの通り 特定の生態的ニッチや 特定の環境 またその環境下のプレッシャーが 種のランダムな変異を促し またどういった変異が 保たれていくかを選択します その後人類は ダーウィン的な進化の流れから足を踏み出し 進化の第二の大きな波を作り出しました 私たちが自ら進化していく 環境を変えたのです 私たちは文明を作ることで 生態的ニッチを変えました これが私たちの進化の 第二の大きな波で 15万~20万年前のことです 環境を変えることで 進化するための新たなプレッシャーを 私たちの体に与えたのです 農耕的文化や 現代医学を通じて 私たちは自らの進化を変化させてきました そして今 私たちは第三の 大きな波へ突入するところです これにはさまざまな呼び方があります 意図的進化 デザインによる進化 知能設計とは違いますよ 私たちはこの惑星の 生物の物理的形態を 意図的にデザインし、変容させています

この第三の進化に関して ざっとツアーのようなものをして 最後にそれらが種としての人類に そして文化に対してどのような影響があるか お話ししたいと思います 生物のデザインはこれまでも長い間行われてきました 私たちは何千年も前に 動物の選択的な飼育を始めました 例えば犬を思い浮かべてください 犬は意図的にデザインされた生物です 地球上に天然の犬は存在しません 犬は私たちが好む性質を 選択的に交配した結果なのです 昔は特定の外見の子供を 選んで交配するという より難しい方法を取る必要がありました もうその必要はありません

こちらはビーファローです バッファローと牛のハイブリッドです 彼らは現在開発中で 遠くないうちに お近くのスーパーで ビーファローのパティが発売されるでしょう こちらはギープで 山羊と羊のハイブリッドです この愛らしい生き物を作った科学者はその後 その子を殺して食べることになりました 確かチキンのような味だったと言っていました こちらはキャマです ラクダとラマのハイブリッドで ラクダのたくましさと ラマの持ついくつかの特性を 求めて作られました 現在キャマを利用している文化圏もあります こちらはライガーです ライオンと虎のハイブリッドで 世界最大の猫です 虎より大きいんですよ ライガーに関しては 野生の存在も確認されていますが ご覧のライガーは 選択的交配と遺伝子技術で作り出されたものです 最後にみんなの人気者 ゾースです いずれもフォトショップ加工ではなく本物です 私たちが行ってきたことの一つは 遺伝子拡張 あるいは遺伝子操作を用いて 通常の選択的交配を 少し発展させたということです これで終わりでしたら 興味深いで済んでいたでしょう しかし現在 もっと大きなことが 起こっているのです

こちらは通常のほ乳類の細胞です 深海のクラゲから採取した 生物発光遺伝子を組み込みました 光を発する深海生物がいることは周知の通りです さて その発光遺伝子を取り出し ほ乳類の細胞に組み込みます こちらは通常の細胞です 暗い 特定の波長の光の下 これらの細胞が光るのが ご覧頂けます 細胞でできたなら生物にもできます ですので科学者はマウスの赤ちゃんや 子猫でもやりました ところで子猫がオレンジでマウスが緑なのは 一方の発光遺伝子が珊瑚のもので 他方はクラゲのものだからです 豚でも 子犬でも そして 猿でもやりました 猿でもできたのなら 遺伝子操作上大きな隔たりがあるのは 猿と類人猿の間ではありますが おそらく 類人猿でもできるようになり つまり人間でもできるようになるということです 言い換えると 遠くないうちに私たちは 暗闇で光る人類を生み出すことが 理論的にも技術的にも可能になるということです 夜でも見つけやすいですね

また実際 現在多くの州で 生物発光するペットを購入することができます このゼブラフィッシュの色は通常黒と銀です ですが遺伝子操作によって 黄 緑 赤になっており 実際に購入できる州もあります 他の州では禁止されました このような生物の扱い方は誰も知りません EPA や FDA またそれ以外のどの部署も 遺伝子組み換えペットを扱っていません そしてある州は許可し ある州は禁止しています

皆さんの中には 遺伝子組み換えサケに関する FDA の懸念を読んだ人もいるでしょう 上のサケは 遺伝子組み換えキングサーモンで キングサーモンと もう一種 私たちが食用にしている魚の 遺伝子を組み込み 少ない餌で早く成長します 現在 FDA はこのサケを 市場に出すか否かの 最終決定をするところです そこまで心配するには及びません ここアメリカでは スーパーにある食べ物の大部分は 既に遺伝子組み換え物を含んでいます ですので私たちは心配しつつも ヨーロッパとは違い既に広く導入しています 規制もなく パッケージの表示すらありません

こちらは全て それぞれの種で 初めて生み出されたクローンです 右下のは 初のクローン羊であるドリーです 現在はエディンバラ博物館に幸せに飾られています 初のクローンネズミ ラルフ 初のクローン猫 CC 初のクローン犬 スヌッピー ソウル大学校 (SNU) のパピー (puppy) でスヌッピーです 覚えている方もいるでしょうが 韓国でヒトの胚をクローンしたと 研究をでっち上げ 辞職することになったその人によって作られました 彼は高いゲノム塑性のため 非常に難しい犬のクローンに成功した 最初の人物でもあります 初のクローン馬 プロメテアです イタリアでクローンされたハフリンガー種で クローン技術の進歩を真に表すものです なぜなら重要なレースに勝つ馬の多くは 去勢馬だからです つまり種馬として必要な物が 取り除かれているのです. ですがその馬をクローンできるとしたら 去勢馬をレースに出し かつ飼育場へ 同一の遺伝子を送り出すこともできます こちらは初のクローン子牛と クローンハイイロオオカミです そして最後に 初のクローン子豚たち アレクサ クリシー カレル ジェイニー ドットコムです

(笑い)

さらに私たちはクローン技術を用いて 絶滅危惧種の保護に乗り出しました これが現在の動物の使い方です 私たちが利用したい薬物などを その体内に作り出すのです 遺伝子組み換えされたあの山羊の 体内にはアンチトロンビンがあります ミルクの分子に ジェネティックステクノロジー社が望む アンチトロンビンの分子が含まれているのです さらに韓国の国立畜産科学院の 遺伝子組み換えをした ノックアウトピッグは さまざまな薬物や 工業用化学物質を 工業的に作り出すのではなく その体内の 血液やミルクに 作ってもらおうとしています

こちらの二つの種は 絶滅危惧種を救うために 作り出されました グアーは絶滅危惧種で 東南アジアの有蹄動物です 体から 体細胞を採取し 牛の卵子に懐胎させ グアーを出産させました 絶滅危惧種であるオオツノヒツジでも 同様のことが行われました 通常の羊に懐胎させたのですが 興味深い生物学的問題の提起に繋がりました 私たちは二種類の DNA を持っています 私たちが普段 DNA と呼んでいるのは 核 DNA です この他に細胞のエネルギーパックである ミトコンドリア内にも DNA があります こちらの DNA は母系から受け継ぐものです ですので正確には これらはグアーでもオオツノヒツジでもなく 牛のミトコンドリアを持った つまりは 牛ミトコンドリア DNA を持つグアーと 羊のミトコンドリア DNA を持つ オオツノヒツジなのです 本当の意味でのハイブリッドで 純粋な動物ではありません これはバイオテクノロジーの時代に種をどう定義するか どう種を定義するかという問題を提示します 私たちがまだどう解決したら良いか 分からない問題です

こちらの愛らしい生物は オキナワチャバネゴキブリです これは何かというと 神経節と脳に電極を刺し 送信機を取り付け 大きなトラックボールの上にいるところです これはジョイスティックを使って ラボ中を移動させることが できます 左右前後への移動を コントロールできるのです 昆虫ボットないしバグボットというものを 作り出したのです さらに酷いもの -- 凄いものもあります こちらは DARPA -- 防衛研究所のことですが そこの重要なプロジェクトの一つです こちらのゴライアスオオクワガタは 羽にコンピュータチップを 取り付けられており ラボ中を飛び回らせることができます 左右への移動や飛び立つ指示を出せます 着地させることはできません 1 インチほどの高さに降ろしてから 機器を全部シャットダウンし ポロっと落とします これが着地に一番近い方法です

この技術はかなり発達しました こちらの生物は 蛾です 蛹期の蛾です この時点で ワイヤーで コンピュータテクノロジーを組み込みます ですので蛹から蛾として出てきたときには すでに取り付けが完了しているのです ワイヤーは既に体内に入っているので あとはコンピュータにつなげれば 偵察に送り出せる バグボットのできあがりというわけです 小さなカメラを付けて そしていつか 軍需品などを 交戦地帯へと送るようになるかもしれません

昆虫だけではありません こちらはサニーダウンステイト医療センターのサンジヴ・タルワーによる ラットボットまたはロボラットです 同様のテクノロジーが用いられています 両脳半球へ電極を刺し 頭の上にカメラを乗せています 科学者はこの生物を 右へ左へと動かせます 迷路をコントロールして走り抜けさせました 彼らは今や有機体ロボットを作り出したのです サンジヴ・タルワーのラボの 大学院生は言いました 「これは倫理的にどうなのか? 我々はこの動物の自律性を奪ったのだ」 これに関してはまた後ほどお話しします

サルでも同様の研究がなされました こちらはデューク大学のミゲル・ニコレリスです 彼はヨザルに ワイヤーを取り付け 動いているときの脳を 特に右手の動きをコンピュータで見られるようにしました サルが手をいろいろと動かすとき 脳が何をしているかをコンピュータで把握しました それからこの写真にある 義肢を取り付け その腕を別の部屋に配置しました それから間もなくコンピュータで サルの脳波を読み その義肢とサルの腕が 同じ動きをするようにできました それから彼はサルの飼育小屋に モニタを置きました 別の部屋の義肢を映すと サルはそれに見入りました サルは自分の腕とその義肢が同じ動きをすることを 理解したのです サルは腕を動かし続けていましたが 最終的にはそれを止めて モニタを凝視し 別の部屋にある義手を 脳波だけで操作するようになりました つまりそのサルは 霊長類として史上初めて 三つの独立した腕を持つものとなったのです

動物に組み込むのは テクノロジーだけではありません こちらはフロリダ大学のトーマス・デマースです 彼は二万 そして六万の 分散したラットのニューロンを つまりただの独立したたくさんのニューロンを チップに取り付けました それらは自己会合しネットワークとなり 集積回路となりました 彼はそれを IT の部品として使い フライトシミュレーターを走らせました 私たちは生きている自己会合ニューロンから作った 有機コンピュータチップを作り出したのです 最後に ノースウェスタン大学のムッサ・イヴァルディは 独立した完璧な状態の ヤツメウナギの脳を使いました こちらがヤツメウナギの脳です 培養液内で 完璧な状態で生きています 電極を横から出し 脳には感光センサーを取り付け カートに組みました これがカートで 中央に脳があります この脳をカート唯一のプロセッサとして使います 光をこのカートに当てると カートは光の方へ動きます 光を消すと離れていきます 好光性です 私たちは今 完全に生きたヤツメウナギの脳を手に入れました この培養液に浸された ヤツメウナギの脳は思考しているでしょうか? 分かりません ただ事実として これは私たちの命令を受け付ける 完全に生きたままの脳です

さて 私たちは今 目的に応じた生物を 作り出す段階にいます こちらのマウスはマサチューセッツ大学の チャールス・ヴァカンティによって作り出されました 彼はこのマウスを ヒトの肌に対して免疫反応を示さない肌と その肌の下に耳の高分子足場を持ち 後で切り取って 人間に移植できる耳を持つよう 遺伝子工学的に操作しました 遺伝子工学と 高分子生理テクノロジーと 異種移植術の組み合わせです 私たちはここまでする段階にきています

最後に それほど遠くない昔 クレイグ・ベンターが初の人工細胞を作り出しました 彼は細胞と 人工のゲノムを作る DNA シンセサイザーとで 新たな細胞を作りました そのゲノムは彼が用いた細胞のものではなく そしてその細胞は 別の細胞として自己増殖しました つまり これがコンピュータを親に持った つまり有機体を親に持たなかった 史上初めての生物なのです そこでエコノミスト誌は問いかけます 「初の人工生命体とそれがもたらすものとは」

みなさんは 生命の創造とは このようなものになると思ったかもしれません (笑い) しかし実際は フランケンシュタインのラボはこうではありません このような感じでしょう こちらは DNA シンセサイザーで 下にあるのは A T C G のボトルです 私たちの DNA の鎖を作る 四つの化学物質です

私たちは自身に問いかけなければなりません この惑星で史上初めて 私たちは直接生命をデザインできるようになりました かつてない力でもって 生命の原形質を操作できます その力は私たちに責任を与えます 全てが許されるのでしょうか? 私たちは好きなように 生物を操作・創造して良いのでしょうか? 私たちに動物をデザインする 際限ない支配権があるのでしょうか? いつの日かペットショップで このようなことを言うようになるでしょうか? 「ダックスフンドの頭と レトリバーの体と ピンクの毛があって 暗闇で光る犬がほしいな」 産業は ミルク 血液 唾液などの液体に 私たちにとって望ましい 薬物や工業の分子を持つ 生物を作り それを有機的製造機械として 保管するようになって良いのでしょうか? 動物の自律性を奪い 私たちのただのおもちゃとなる 有機ロボットを作るようになって良いのでしょうか?

これらの最終段階として 動物でこのテクノロジーを極め 人類に対して用いるようになったら そのとき私たちが則る 倫理指針は何になるでしょう? 以上は既に現実のものです サイエンスフィクションではありません 動物でこのテクノロジーを使っているだけでなく そのいくつかは既に 私たち自身の体に使い始めているのです

私たちは今 自身の進化を管理しています この惑星の種の未来を 直接デザインしています それは私たちに 多大な責任を委ねるもので それを扱っている科学者や 倫理学者だけの責任ではありません 全ての人の責任なのです なぜならそれはこの先私たちが どんな体でどんな星に住むかを決定するものだからです

ありがとうございます

(拍手)

Today I want to talk about design, but not design as we usually think about it. I want to talk about what is happening now in our scientific, biotechnological culture, where, for really the first time in history, we have the power to design bodies, to design animal bodies, to design human bodies. In the history of our planet, there have been three great waves of evolution.

The first wave of evolution is what we think of as Darwinian evolution. So, as you all know, species lived in particular ecological niches and particular environments, and the pressures of those environments selected which changes, through random mutation in species, were going to be preserved. Then human beings stepped out of the Darwinian flow of evolutionary history and created the second great wave of evolution, which was we changed the environment in which we evolved. We altered our ecological niche by creating civilization. And that has been the second great -- couple 100,000 years,150,000 years -- flow of our evolution. By changing our environment, we put new pressures on our bodies to evolve. Whether it was through settling down in agricultural communities, all the way through modern medicine, we have changed our own evolution. Now we're entering a third great wave of evolutionary history, which has been called many things: "intentional evolution," "evolution by design" -- very different than intelligent design -- whereby we are actually now intentionally designing and altering the physiological forms that inhabit our planet.

So I want to take you through a kind of whirlwind tour of that and then at the end talk a little bit about what some of the implications are for us and for our species, as well as our cultures, because of this change. Now we actually have been doing it for a long time. We started selectively breeding animals many, many thousands of years ago. And if you think of dogs for example, dogs are now intentionally-designed creatures. There isn't a dog on this earth that's a natural creature. Dogs are the result of selectively breeding traits that we like. But we had to do it the hard way in the old days by choosing offspring that looked a particular way and then breeding them. We don't have to do it that way anymore.

This is a beefalo. A beefalo is a buffalo-cattle hybrid. And they are now making them, and someday, perhaps pretty soon, you will have beefalo patties in your local supermarket. This is a geep, a goat-sheep hybrid. The scientists that made this cute little creature ended up slaughtering it and eating it afterwards. I think they said it tasted like chicken. This is a cama. A cama is a camel-llama hybrid, created to try to get the hardiness of a camel with some of the personality traits of a llama. And they are now using these in certain cultures. Then there's the liger. This is the largest cat in the world -- the lion-tiger hybrid. It's bigger than a tiger. And in the case of the liger, there actually have been one or two that have been seen in the wild. But these were created by scientists using both selective breeding and genetic technology. And then finally, everybody's favorite, the zorse. None of this is Photoshopped. These are real creatures. And so one of the things we've been doing is using genetic enhancement, or genetic manipulation, of normal selective breeding pushed a little bit through genetics. And if that were all this was about, then it would be an interesting thing. But something much, much more powerful is happening now.

These are normal mammalian cells genetically engineered with a bioluminescent gene taken out of deep-sea jellyfish. We all know that some deep-sea creatures glow. Well, they've now taken that gene, that bioluminescent gene, and put it into mammal cells. These are normal cells. And what you see here is these cells glowing in the dark under certain wavelengths of light. Once they could do that with cells, they could do it with organisms. So they did it with mouse pups, kittens. And by the way, the reason the kittens here are orange and these are green is because that's a bioluminescent gene from coral, while this is from jellyfish. They did it with pigs. They did it with puppies. And, in fact, they did it with monkeys. And if you can do it with monkeys -- though the great leap in trying to genetically manipulate is actually between monkeys and apes -- if they can do it in monkeys, they can probably figure out how to do it in apes, which means they can do it in human beings. In other words, it is theoretically possible that before too long we will be biotechnologically capable of creating human beings that glow in the dark. Be easier to find us at night.

And in fact, right now in many states, you can go out and you can buy bioluminescent pets. These are zebra fish. They're normally black and silver. These are zebra fish that have been genetically engineered to be yellow, green, red, and they are actually available now in certain states. Other states have banned them. Nobody knows what to do with these kinds of creatures. There is no area of the government -- not the EPA or the FDA -- that controls genetically-engineered pets. And so some states have decided to allow them, some states have decided to ban them.

Some of you may have read about the FDA's consideration right now of genetically-engineered salmon. The salmon on top is a genetically engineered Chinook salmon, using a gene from these salmon and from one other fish that we eat, to make it grow much faster using a lot less feed. And right now the FDA is trying to make a final decision on whether, pretty soon, you could be eating this fish -- it'll be sold in the stores. And before you get too worried about it, here in the United States, the majority of food you buy in the supermarket already has genetically-modified components to it. So even as we worry about it, we have allowed it to go on in this country -- much different in Europe -- without any regulation, and even without any identification on the package.

These are all the first cloned animals of their type. So in the lower right here, you have Dolly, the first cloned sheep -- now happily stuffed in a museum in Edinburgh; Ralph the rat, the first cloned rat; CC the cat, for cloned cat; Snuppy, the first cloned dog -- Snuppy for Seoul National University puppy -- created in South Korea by the very same man that some of you may remember had to end up resigning in disgrace because he claimed he had cloned a human embryo, which he had not. He actually was the first person to clone a dog, which is a very difficult thing to do, because dog genomes are very plastic. This is Prometea, the first cloned horse. It's a Haflinger horse cloned in Italy, a real "gold ring" of cloning, because there are many horses that win important races who are geldings. In other words, the equipment to put them out to stud has been removed. But if you can clone that horse, you can have both the advantage of having a gelding run in the race and his identical genetic duplicate can then be put out to stud. These were the first cloned calves, the first cloned grey wolves, and then, finally, the first cloned piglets: Alexis, Chista, Carrel, Janie and Dotcom.

(Laughter)

In addition, we've started to use cloning technology to try to save endangered species. This is the use of animals now to create drugs and other things in their bodies that we want to create. So with antithrombin in that goat -- that goat has been genetically modified so that the molecules of its milk actually include the molecule of antithrombin that GTC Genetics wants to create. And then in addition, transgenic pigs, knockout pigs, from the National Institute of Animal Science in South Korea, are pigs that they are going to use, in fact, to try to create all kinds of drugs and other industrial types of chemicals that they want the blood and the milk of these animals to produce for them, instead of producing them in an industrial way.

These are two creatures that were created in order to save endangered species. The guar is an endangered Southeast Asian ungulate. A somatic cell, a body cell, was taken from its body, gestated in the ovum of a cow, and then that cow gave birth to a guar. Same thing happened with the mouflon, where it's an endangered species of sheep. It was gestated in a regular sheep body, which actually raises an interesting biological problem. We have two kinds of DNA in our bodies. We have our nucleic DNA that everybody thinks of as our DNA, but we also have DNA in our mitochondria, which are the energy packets of the cell. That DNA is passed down through our mothers. So really, what you end up having here is not a guar and not a mouflon, but a guar with cow mitochondria, and therefore cow mitochondrial DNA, and a mouflon with another species of sheep's mitochondrial DNA. These are really hybrids, not pure animals. And it raises the question of how we're going to define animal species in the age of biotechnology -- a question that we're not really sure yet how to solve.

This lovely creature is an Asian cockroach. And what they've done here is they've put electrodes in its ganglia and its brain and then a transmitter on top, and it's on a big computer tracking ball. And now, using a joystick, they can send this creature around the lab and control whether it goes left or right, forwards or backwards. They've created a kind of insect bot, or bugbot. It gets worse than that -- or perhaps better than that. This actually is one of DARPA's very important -- DARPA is the Defense Research Agency -- one of their projects. These goliath beetles are wired in their wings. They have a computer chip strapped to their backs, and they can fly these creatures around the lab. They can make them go left, right. They can make them take off. They can't actually make them land. They put them about one inch above the ground, and then they shut everything off and they go pfft. But it's the closest they can get to a landing.

And in fact, this technology has gotten so developed that this creature -- this is a moth -- this is the moth in its pupa stage, and that's when they put the wires in and they put in the computer technology, so that when the moth actually emerges as a moth, it is already prewired. The wires are already in its body, and they can just hook it up to their technology, and now they've got these bugbots that they can send out for surveillance. They can put little cameras on them and perhaps someday deliver other kinds of ordinance to warzones.

It's not just insects. This is the ratbot, or the robo-rat by Sanjiv Talwar at SUNY Downstate. Again, it's got technology -- it's got electrodes going into its left and right hemispheres; it's got a camera on top of its head. The scientists can make this creature go left, right. They have it running through mazes, controlling where it's going. They've now created an organic robot. The graduate students in Sanjiv Talwar's lab said, "Is this ethical? We've taken away the autonomy of this animal." I'll get back to that in a minute.

There's also been work done with monkeys. This is Miguel Nicolelis of Duke. He took owl monkeys, wired them up so that a computer watched their brains while they moved, especially looking at the movement of their right arm. The computer learned what the monkey brain did to move its arm in various ways. They then hooked it up to a prosthetic arm, which you see here in the picture, put the arm in another room. Pretty soon, the computer learned, by reading the monkey's brainwaves, to make that arm in the other room do whatever the monkey's arm did. Then he put a video monitor in the monkey's cage that showed the monkey this prosthetic arm, and the monkey got fascinated. The monkey recognized that whatever she did with her arm, this prosthetic arm would do. And eventually she was moving it and moving it, and eventually stopped moving her right arm and, staring at the screen, could move the prosthetic arm in the other room only with her brainwaves -- which means that monkey became the first primate in the history of the world to have three independent functional arms.

And it's not just technology that we're putting into animals. This is Thomas DeMarse at the University of Florida. He took 20,000 and then 60,000 disaggregated rat neurons -- so these are just individual neurons from rats -- put them on a chip. They self-aggregated into a network, became an integrated chip. And he used that as the IT piece of a mechanism which ran a flight simulator. So now we have organic computer chips made out of living, self-aggregating neurons. Finally, Mussa-Ivaldi of Northwestern took a completely intact, independent lamprey eel brain. This is a brain from a lamprey eel. It is living -- fully-intact brain in a nutrient medium with these electrodes going off to the sides, attached photosensitive sensors to the brain, put it into a cart -- here's the cart, the brain is sitting there in the middle -- and using this brain as the sole processor for this cart, when you turn on a light and shine it at the cart, the cart moves toward the light; when you turn it off, it moves away. It's photophilic. So now we have a complete living lamprey eel brain. Is it thinking lamprey eel thoughts, sitting there in its nutrient medium? I don't know, but in fact it is a fully living brain that we have managed to keep alive to do our bidding.

So, we are now at the stage where we are creating creatures for our own purposes. This is a mouse created by Charles Vacanti of the University of Massachusetts. He altered this mouse so that it was genetically engineered to have skin that was less immunoreactive to human skin, put a polymer scaffolding of an ear under it and created an ear that could then be taken off the mouse and transplanted onto a human being. Genetic engineering coupled with polymer physiotechnology coupled with xenotransplantation. This is where we are in this process.

Finally, not that long ago, Craig Venter created the first artificial cell, where he took a cell, took a DNA synthesizer, which is a machine, created an artificial genome, put it in a different cell -- the genome was not of the cell he put it in -- and that cell then reproduced as the other cell. In other words, that was the first creature in the history of the world that had a computer as its parent -- it did not have an organic parent. And so, asks The Economist: "The first artificial organism and its consequences."

So you may have thought that the creation of life was going to happen in something that looked like that. (Laughter) But in fact, that's not what Frankenstein's lab looks like. This is what Frankenstein's lab looks like. This is a DNA synthesizer, and here at the bottom are just bottles of A, T, C and G -- the four chemicals that make up our DNA chain.

And so, we need to ask ourselves some questions. For the first time in the history of this planet, we are able to directly design organisms. We can manipulate the plasmas of life with unprecedented power, and it confers on us a responsibility. Is everything okay? Is it okay to manipulate and create whatever creatures we want? Do we have free reign to design animals? Do we get to go someday to Pets 'R' Us and say, "Look, I want a dog. I'd like it to have the head of a Dachshund, the body of a retriever, maybe some pink fur, and let's make it glow in the dark"? Does industry get to create creatures who, in their milk, in their blood, and in their saliva and other bodily fluids, create the drugs and industrial molecules we want and then warehouse them as organic manufacturing machines? Do we get to create organic robots, where we remove the autonomy from these animals and turn them just into our playthings?

And then the final step of this, once we perfect these technologies in animals and we start using them in human beings, what are the ethical guidelines that we will use then? It's already happening. It's not science fiction. We are not only already using these things in animals, some of them we're already beginning to use on our own bodies.

We are now taking control of our own evolution. We are directly designing the future of the species of this planet. It confers upon us an enormous responsibility that is not just the responsibility of the scientists and the ethicists who are thinking about it and writing about it now. It is the responsibility of everybody because it will determine what kind of planet and what kind of bodies we will have in the future.

Thanks.

(Applause)

Today/ I want to talk/ about design,/ but not design/ as we usually think about it.//

今日はデザインについてお話ししたいと思います ただ 普段私たちが考えるデザインではありません

I want to talk/ about what is happening now/ in our scientific, biotechnological culture,/ where,/ for really/ the first time/ in history,/ we have the power/ to design bodies,/ to design animal bodies,/ to design human bodies.//

科学やバイオテクノロジーの分野で 今起こっていることをお話ししたいと思います 史上初めて私たちは 動物の体を そして人間の体を デザインする力を得ました

In the history of our planet,/ there have been three great waves of evolution.//

私たちの住む惑星では過去に三回 大きな進化の波が起きています

The first wave of evolution is/ what we think of as Darwinian evolution.//

最初の進化の波は ダーウィン的進化です

So,/ as you/ all know,/ species lived in particular ecological niches and particular environments,/ and the pressures of those environments selected/ which changes,/ through random mutation/ in species,/ were going to be preserved.//

ご存じの通り 特定の生態的ニッチや 特定の環境 またその環境下のプレッシャーが 種のランダムな変異を促し またどういった変異が 保たれていくかを選択します

Then human beings stepped out of the Darwinian flow of evolutionary history/ and created the second great wave of evolution,/ which was we changed the environment/ in which we evolved.//

その後人類は ダーウィン的な進化の流れから足を踏み出し 進化の第二の大きな波を作り出しました 私たちが自ら進化していく 環境を変えたのです

私たちは文明を作ることで 生態的ニッチを変えました

And that has been the second great --/ couple 100,000 years,/150,000 years --/ flow of our evolution.//

これが私たちの進化の 第二の大きな波で 15万~20万年前のことです

By changing our environment,/ we put new pressures/ on our bodies/ to evolve.//

環境を変えることで 進化するための新たなプレッシャーを 私たちの体に与えたのです

Whether it was through settling down/ in agricultural communities,/ all the way/ through modern medicine,/ we have changed our own evolution.//

農耕的文化や 現代医学を通じて 私たちは自らの進化を変化させてきました

Now/ we're entering/ a third great wave of evolutionary history,/ which has been called many things:/ "intentional evolution,/"/ "evolution/ by design" --/ very different/ than intelligent design --/ whereby we are actually now intentionally designing and altering/ the physiological forms/ that inhabit our planet.//

そして今 私たちは第三の 大きな波へ突入するところです これにはさまざまな呼び方があります 意図的進化 デザインによる進化 知能設計とは違いますよ 私たちはこの惑星の 生物の物理的形態を 意図的にデザインし、変容させています

So I want to take/ you/ through a kind of whirlwind tour of that/ and then/ at the end talk/ a little bit/ about what some of the implications are for us/ and/ for our species,/ as well as/ our cultures,/ because of this change.//

この第三の進化に関して ざっとツアーのようなものをして 最後にそれらが種としての人類に そして文化に対してどのような影響があるか お話ししたいと思います

Now/ we actually have been doing it/ for a long time.//

生物のデザインはこれまでも長い間行われてきました

We started selectively breeding/ animals many,/ many thousands of years ago.//

私たちは何千年も前に 動物の選択的な飼育を始めました

And if you think of dogs/ for example,/ dogs are now intentionally-designed creatures.//

例えば犬を思い浮かべてください 犬は意図的にデザインされた生物です

There isn't a dog/ on this earth/ that's a natural creature.//

地球上に天然の犬は存在しません

Dogs are the result of selectively/ breeding traits/ that we like.//

犬は私たちが好む性質を 選択的に交配した結果なのです

But we had to do/ it/ the hard way/ in the old days/ by choosing offspring/ that looked a particular way/ and then breeding/ them.//

昔は特定の外見の子供を 選んで交配するという より難しい方法を取る必要がありました

We don't have to do/ it/ that way anymore.//

もうその必要はありません

This is a beefalo.//

こちらはビーファローです

A beefalo is a buffalo-cattle hybrid.//

バッファローと牛のハイブリッドです

And they are now making them,/ and someday,/ perhaps pretty soon,/ you will have beefalo patties/ in your local supermarket.//

彼らは現在開発中で 遠くないうちに お近くのスーパーで ビーファローのパティが発売されるでしょう

This is a geep,/ a goat-sheep hybrid.//

こちらはギープで 山羊と羊のハイブリッドです

The scientists/ that made/ this cute little creature ended up/ slaughtering it/ and eating it afterwards.//

この愛らしい生き物を作った科学者はその後 その子を殺して食べることになりました

I think/ they said it tasted like chicken.//

確かチキンのような味だったと言っていました

This is a cama.//

こちらはキャマです

A cama is a camel-llama hybrid,/ created to try to get/ the hardiness of a camel/ with some of the personality traits of a llama.//

ラクダとラマのハイブリッドで ラクダのたくましさと ラマの持ついくつかの特性を 求めて作られました

And they are now using these/ in certain cultures.//

現在キャマを利用している文化圏もあります

Then/ there's the liger.//

こちらはライガーです

This is the largest cat/ in the world --/ the lion-tiger hybrid.//

ライオンと虎のハイブリッドで 世界最大の猫です

It's bigger/ than a tiger.//

虎より大きいんですよ

And in the case of the liger,/ there actually have been one or two/ that have been seen in the wild.//

ライガーに関しては 野生の存在も確認されていますが

But these were created by scientists/ using both selective breeding and genetic technology.//

ご覧のライガーは 選択的交配と遺伝子技術で作り出されたものです

And then finally,/ everybody's favorite,/ the zorse.//

最後にみんなの人気者 ゾースです

None of this is Photoshopped.// These are real creatures.//

いずれもフォトショップ加工ではなく本物です

And so one of the things/ we've been doing is using genetic enhancement,/ or genetic manipulation,/ of normal selective breeding pushed a little bit/ through genetics.//

私たちが行ってきたことの一つは 遺伝子拡張 あるいは遺伝子操作を用いて 通常の選択的交配を 少し発展させたということです

And/ if that were all this was/ about,/ then/ it would be an interesting thing.//

これで終わりでしたら 興味深いで済んでいたでしょう

But something much,/ much more powerful is happening now.//

しかし現在 もっと大きなことが 起こっているのです

These are normal mammalian cells genetically engineered with a bioluminescent gene taken out of deep-sea jellyfish.//

こちらは通常のほ乳類の細胞です 深海のクラゲから採取した 生物発光遺伝子を組み込みました

We/ all know/ that some deep-sea creatures glow.//

光を発する深海生物がいることは周知の通りです

Well,/ they've now taken that gene,/ that bioluminescent gene,/ and put it/ into mammal cells.//

さて その発光遺伝子を取り出し ほ乳類の細胞に組み込みます

These are normal cells.//

こちらは通常の細胞です

And what you see/ here is these cells/ glowing in the dark/ under certain wavelengths of light.//

暗い 特定の波長の光の下 これらの細胞が光るのが ご覧頂けます

Once/ they could do that/ with cells,/ they could do it/ with organisms.//

細胞でできたなら生物にもできます

So/ they did it/ with mouse pups,/ kittens.//

ですので科学者はマウスの赤ちゃんや 子猫でもやりました

And/ by the way,/ the reason/ the kittens here are orange/ and these are green is/ because that's a bioluminescent gene/ from coral,/ while this is from jellyfish.//

ところで子猫がオレンジでマウスが緑なのは 一方の発光遺伝子が珊瑚のもので 他方はクラゲのものだからです

They did it/ with pigs.//

豚でも

They did it/ with puppies.//

子犬でも

And,/ in fact,/ they did it/ with monkeys.//

そして 猿でもやりました

And/ if you can do it/ with monkeys --/ though the great leap/ in trying to genetically manipulate is actually between monkeys and apes --/ if they can do it/ in monkeys,/ they can probably figure out/ how to do it/ in apes,/ which means/ they can do it/ in human beings.//

猿でもできたのなら 遺伝子操作上大きな隔たりがあるのは 猿と類人猿の間ではありますが おそらく 類人猿でもできるようになり つまり人間でもできるようになるということです

In other words,/ it is theoretically possible/ that before too long/ we will be biotechnologically capable of creating human beings/ that glow in the dark.//

言い換えると 遠くないうちに私たちは 暗闇で光る人類を生み出すことが 理論的にも技術的にも可能になるということです

Be easier to find us/ at night.//

夜でも見つけやすいですね

And in fact,/ right now/ in many states,/ you can go out/ and you can buy bioluminescent pets.//

また実際 現在多くの州で 生物発光するペットを購入することができます

These are zebra fish.// They're normally black and silver.//

このゼブラフィッシュの色は通常黒と銀です

These are zebra fish/ that have been genetically engineered to be yellow, green, red,/ and they are actually available now/ in certain states.//

ですが遺伝子操作によって 黄 緑 赤になっており 実際に購入できる州もあります

Other states have banned them.//

他の州では禁止されました

Nobody knows/ what to do with these kinds of creatures.//

このような生物の扱い方は誰も知りません

There is no area of the government --/ not the EPA or the FDA --/ that controls genetically-engineered pets.//

EPA や FDA またそれ以外のどの部署も 遺伝子組み換えペットを扱っていません

And so/ some states have decided to allow/ them,/ some states have decided to ban/ them.//

そしてある州は許可し ある州は禁止しています

Some of you may have read about the FDA's consideration right now of genetically-engineered salmon.//

皆さんの中には 遺伝子組み換えサケに関する FDA の懸念を読んだ人もいるでしょう

The salmon/ on top is a genetically engineered Chinook salmon,/ using a gene/ from these salmon/ and from one other fish/ that we eat,/ to make it grow much faster/ using a lot/ less feed.//

上のサケは 遺伝子組み換えキングサーモンで キングサーモンと もう一種 私たちが食用にしている魚の 遺伝子を組み込み 少ない餌で早く成長します

And right now/ the FDA is trying to make/ a final decision/ on whether,/ pretty soon,/ you could be eating this fish --/ it'll be sold in the stores.//

現在 FDA はこのサケを 市場に出すか否かの 最終決定をするところです

And/ before you get too worried/ about it,/ here/ in the United States,/ the majority of food/ you buy in the supermarket already has genetically-modified components/ to it.//

そこまで心配するには及びません ここアメリカでは スーパーにある食べ物の大部分は 既に遺伝子組み換え物を含んでいます

So/ even as we worry about it,/ we have allowed it/ to go on/ in this country --/ much different/ in Europe --/ without any regulation,/ and even/ without any identification/ on the package.//

ですので私たちは心配しつつも ヨーロッパとは違い既に広く導入しています 規制もなく パッケージの表示すらありません

These are all the first cloned animals of their type.//

こちらは全て それぞれの種で 初めて生み出されたクローンです

So/ in the lower right here,/ you have Dolly,/ the first cloned sheep --/ now happily stuffed in a museum/ in Edinburgh;/ Ralph/ the rat,/ the first cloned rat;/ CC/ the cat,/ for cloned cat;/ Snuppy,/ the first cloned dog --/ Snuppy/ for Seoul National University puppy --/ created in South Korea/ by the very same man/ that some of you may remember had to end up/ resigning in disgrace/ because he claimed he had cloned a human embryo,/ which he had not.//

右下のは 初のクローン羊であるドリーです 現在はエディンバラ博物館に幸せに飾られています 初のクローンネズミ ラルフ 初のクローン猫 CC 初のクローン犬 スヌッピー ソウル大学校 (SNU) のパピー (puppy) でスヌッピーです 覚えている方もいるでしょうが 韓国でヒトの胚をクローンしたと 研究をでっち上げ 辞職することになったその人によって作られました

He actually was the first person/ to clone a dog,/ which is a very difficult thing/ to do,/ because dog genomes are very plastic.//

彼は高いゲノム塑性のため 非常に難しい犬のクローンに成功した 最初の人物でもあります

This is Prometea,/ the first cloned horse.//

初のクローン馬 プロメテアです

It's a Haflinger horse cloned in Italy,/ a real "gold ring"/ of cloning,/ because there are many horses/ that win important races/ who are geldings.//

イタリアでクローンされたハフリンガー種で クローン技術の進歩を真に表すものです なぜなら重要なレースに勝つ馬の多くは 去勢馬だからです

In other words,/ the equipment to put them out/ to stud has been removed.//

つまり種馬として必要な物が 取り除かれているのです.

But/ if you can clone that horse,/ you can have/ both the advantage of having a gelding run in the race/ and his identical genetic duplicate can then be put out/ to stud.//

ですがその馬をクローンできるとしたら 去勢馬をレースに出し かつ飼育場へ 同一の遺伝子を送り出すこともできます

These were the first cloned calves,/ the first cloned grey wolves,/ and then,/ finally,/ the first cloned piglets:/ Alexis,/ Chista,/ Carrel,/ Janie and Dotcom.//

こちらは初のクローン子牛と クローンハイイロオオカミです そして最後に 初のクローン子豚たち アレクサ クリシー カレル ジェイニー ドットコムです

(笑い)

In addition,/ we've started to use/ cloning technology/ to try to save/ endangered species.//

さらに私たちはクローン技術を用いて 絶滅危惧種の保護に乗り出しました

This is the use of animals now/ to create drugs/ and other things/ in their bodies/ that we want to create.//

これが現在の動物の使い方です 私たちが利用したい薬物などを その体内に作り出すのです

So/ with antithrombin/ in that goat --/ that goat has been genetically modified/ so that the molecules of its milk actually include the molecule of antithrombin/ that GTC Genetics wants to create.//

遺伝子組み換えされたあの山羊の 体内にはアンチトロンビンがあります ミルクの分子に ジェネティックステクノロジー社が望む アンチトロンビンの分子が含まれているのです

And then/ in addition,/ transgenic pigs,/ knockout pigs,/ from the National Institute of Animal Science/ in South Korea,/ are pigs/ that they are going to use,/ in fact,/ to try to create all kinds of drugs/ and other industrial types of chemicals/ that they want the blood/ and the milk of these animals/ to produce for them,/ instead of producing them/ in an industrial way.//

さらに韓国の国立畜産科学院の 遺伝子組み換えをした ノックアウトピッグは さまざまな薬物や 工業用化学物質を 工業的に作り出すのではなく その体内の 血液やミルクに 作ってもらおうとしています

These are two creatures/ that were created/ in order to save endangered species.//

こちらの二つの種は 絶滅危惧種を救うために 作り出されました

グアーは絶滅危惧種で 東南アジアの有蹄動物です

A somatic cell,/ a body cell,/ was taken from its body,/ gestated in the ovum of a cow,/ and then/ that cow gave birth/ to a guar.//

体から 体細胞を採取し 牛の卵子に懐胎させ グアーを出産させました

Same thing happened with the mouflon,/ where it's an endangered species of sheep.//

絶滅危惧種であるオオツノヒツジでも 同様のことが行われました

It was gestated in a regular sheep body,/ which actually raises an interesting biological problem.//

通常の羊に懐胎させたのですが 興味深い生物学的問題の提起に繋がりました

We have two kinds of DNA/ in our bodies.//

私たちは二種類の DNA を持っています

We have our nucleic DNA/ that everybody thinks of as our DNA,/ but we also have DNA/ in our mitochondria,/ which are the energy packets of the cell.//

私たちが普段 DNA と呼んでいるのは 核 DNA です この他に細胞のエネルギーパックである ミトコンドリア内にも DNA があります

That DNA is passed down/ through our mothers.//

こちらの DNA は母系から受け継ぐものです

So really,/ what you end up/ having here is not a guar/ and not a mouflon,/ but a guar/ with cow mitochondria,/ and therefore cow mitochondrial DNA,/ and a mouflon/ with another species of sheep's mitochondrial DNA.//

ですので正確には これらはグアーでもオオツノヒツジでもなく 牛のミトコンドリアを持った つまりは 牛ミトコンドリア DNA を持つグアーと 羊のミトコンドリア DNA を持つ オオツノヒツジなのです

These are really hybrids, not pure animals.//

本当の意味でのハイブリッドで 純粋な動物ではありません

And it raises the question of how we're going to define/ animal species/ in the age of biotechnology --/ a question/ that we're not really sure yet/ how to solve.//

これはバイオテクノロジーの時代に種をどう定義するか どう種を定義するかという問題を提示します 私たちがまだどう解決したら良いか 分からない問題です

こちらの愛らしい生物は オキナワチャバネゴキブリです

And what they've done/ here is they've put electrodes/ in its ganglia and its brain/ and then/ a transmitter/ on top,/ and it's on a big computer/ tracking ball.//

これは何かというと 神経節と脳に電極を刺し 送信機を取り付け 大きなトラックボールの上にいるところです

And now,/ using a joystick,/ they can send this creature/ around the lab and control/ whether it goes left or right,/ forwards/ or backwards.//

これはジョイスティックを使って ラボ中を移動させることが できます 左右前後への移動を コントロールできるのです

They've created a kind of insect bot,/ or bugbot.//

昆虫ボットないしバグボットというものを 作り出したのです

It gets worse/ than that --/ or perhaps better/ than that.//

さらに酷いもの -- 凄いものもあります

This actually is one of DARPA's very important --/ DARPA is the Defense Research Agency --/ one of their projects.//

こちらは DARPA -- 防衛研究所のことですが そこの重要なプロジェクトの一つです

These goliath beetles are wired in their wings.//

こちらのゴライアスオオクワガタは 羽にコンピュータチップを

They have/ a computer chip strapped to their backs,/ and they can fly these creatures/ around the lab.//

取り付けられており ラボ中を飛び回らせることができます

They can make them/ go left,/ right.// They can make them/ take off.//

左右への移動や飛び立つ指示を出せます

They can't actually make them/ land.//

着地させることはできません

They put them/ about one inch/ above the ground,/ and then/ they shut everything off/ and they go pfft.//

1 インチほどの高さに降ろしてから 機器を全部シャットダウンし ポロっと落とします

But it's the closest/ they can get to a landing.//

これが着地に一番近い方法です

And in fact,/ this technology has gotten so developed/ that this creature --/ this is a moth --/ this is the moth/ in its pupa stage,/ and that's/ when they put the wires/ in and they put in the computer technology,/ so that/ when the moth actually emerges as a moth,/ it is already prewired.//

この技術はかなり発達しました こちらの生物は 蛾です 蛹期の蛾です この時点で ワイヤーで コンピュータテクノロジーを組み込みます ですので蛹から蛾として出てきたときには すでに取り付けが完了しているのです

The wires are already in its body,/ and they can just hook it/ up/ to their technology,/ and now/ they've got these bugbots/ that they can send out/ for surveillance.//

ワイヤーは既に体内に入っているので あとはコンピュータにつなげれば 偵察に送り出せる バグボットのできあがりというわけです

They can put little cameras/ on them/ and perhaps someday deliver other kinds of ordinance/ to warzones.//

小さなカメラを付けて そしていつか 軍需品などを 交戦地帯へと送るようになるかもしれません

It's not just insects.//

昆虫だけではありません

This is the ratbot,/ or the robo-rat/ by Sanjiv Talwar/ at SUNY Downstate.//

こちらはサニーダウンステイト医療センターのサンジヴ・タルワーによる ラットボットまたはロボラットです

Again,/ it's got technology --/ it's got electrodes/ going into its left and right hemispheres;/ it's got a camera/ on top of its head.//

同様のテクノロジーが用いられています 両脳半球へ電極を刺し 頭の上にカメラを乗せています

The scientists can make/ this creature go left,/ right.//

科学者はこの生物を 右へ左へと動かせます

They have it/ running through mazes,/ controlling/ where it's going.//

迷路をコントロールして走り抜けさせました

They've now created an organic robot.//

彼らは今や有機体ロボットを作り出したのです

The graduate students/ in Sanjiv Talwar's lab said,/ "Is this ethical?//

サンジヴ・タルワーのラボの 大学院生は言いました 「これは倫理的にどうなのか?

We've taken away/ the autonomy of this animal."//

我々はこの動物の自律性を奪ったのだ」

I'll get back/ to that/ in a minute.//

これに関してはまた後ほどお話しします

There's also been work done with monkeys.//

サルでも同様の研究がなされました

This is Miguel Nicolelis of Duke.//

こちらはデューク大学のミゲル・ニコレリスです

He took owl monkeys,/ wired them up/ so that a computer watched their brains/ while they moved,/ especially/ looking at the movement of their right arm.//

彼はヨザルに ワイヤーを取り付け 動いているときの脳を 特に右手の動きをコンピュータで見られるようにしました

The computer learned/ what the monkey brain did to move/ its arm/ in various ways.//

サルが手をいろいろと動かすとき 脳が何をしているかをコンピュータで把握しました

They then hooked it/ up/ to a prosthetic arm,/ which you see here/ in the picture,/ put the arm/ in another room.//

それからこの写真にある 義肢を取り付け その腕を別の部屋に配置しました

Pretty soon,/ the computer learned,/ by reading the monkey's brainwaves,/ to make that arm/ in the other room do/ whatever the monkey's arm did.//

それから間もなくコンピュータで サルの脳波を読み その義肢とサルの腕が 同じ動きをするようにできました

Then/ he put a video monitor/ in the monkey's cage/ that showed the monkey/ this prosthetic arm,/ and the monkey got fascinated.//

それから彼はサルの飼育小屋に モニタを置きました 別の部屋の義肢を映すと サルはそれに見入りました

The monkey recognized/ that/ whatever she did with her arm,/ this prosthetic arm would do.//

サルは自分の腕とその義肢が同じ動きをすることを 理解したのです

And eventually/ she was moving it/ and moving it,/ and eventually stopped moving/ her right arm and,/ staring at the screen,/ could move the prosthetic arm/ in the other room only/ with her brainwaves --/ which means/ that monkey became the first primate/ in the history of the world/ to have three independent functional arms.//

サルは腕を動かし続けていましたが 最終的にはそれを止めて モニタを凝視し 別の部屋にある義手を 脳波だけで操作するようになりました つまりそのサルは 霊長類として史上初めて 三つの独立した腕を持つものとなったのです

And it's not just technology/ that we're putting/ into animals.//

動物に組み込むのは テクノロジーだけではありません

This is Thomas DeMarse/ at the University of Florida.//

こちらはフロリダ大学のトーマス・デマースです

He took 20,000 and then 60,000 disaggregated rat neurons --/ so/ these are just individual neurons/ from rats --/ put them/ on a chip.//

彼は二万 そして六万の 分散したラットのニューロンを つまりただの独立したたくさんのニューロンを チップに取り付けました

They self-aggregated into a network,/ became an integrated chip.//

それらは自己会合しネットワークとなり 集積回路となりました

And he used/ that as the IT piece of a mechanism/ which ran a flight simulator.//

彼はそれを IT の部品として使い フライトシミュレーターを走らせました

So now/ we have/ organic computer chips made out of living,/ self-aggregating neurons.//

私たちは生きている自己会合ニューロンから作った 有機コンピュータチップを作り出したのです

最後に ノースウェスタン大学のムッサ・イヴァルディは 独立した完璧な状態の ヤツメウナギの脳を使いました

This is a brain/ from a lamprey eel.//

こちらがヤツメウナギの脳です

It is living --/ fully-intact brain/ in a nutrient medium/ with these electrodes/ going off/ to the sides,/ attached photosensitive sensors/ to the brain,/ put it/ into a cart --/ here's the cart,/ the brain is sitting there/ in the middle --/ and using this brain/ as the sole processor/ for this cart,/ when you turn on/ a light/ and shine it/ at the cart,/ the cart moves toward the light;/ when you turn it off,/ it moves away.//

培養液内で 完璧な状態で生きています 電極を横から出し 脳には感光センサーを取り付け カートに組みました これがカートで 中央に脳があります この脳をカート唯一のプロセッサとして使います 光をこのカートに当てると カートは光の方へ動きます 光を消すと離れていきます

It's photophilic.//

好光性です

So now/ we have a complete living lamprey eel brain.//

私たちは今 完全に生きたヤツメウナギの脳を手に入れました

Is it/ thinking lamprey eel thoughts,/ sitting there/ in its nutrient medium?//

この培養液に浸された ヤツメウナギの脳は思考しているでしょうか?

I don't know,/ but in fact/ it is a fully living brain/ that we have managed to keep/ alive/ to do our bidding.//

分かりません ただ事実として これは私たちの命令を受け付ける 完全に生きたままの脳です

So,/ we are now at the stage/ where we are creating creatures/ for our own purposes.//

さて 私たちは今 目的に応じた生物を 作り出す段階にいます

This is a mouse created by Charles Vacanti of the University of Massachusetts.//

こちらのマウスはマサチューセッツ大学の チャールス・ヴァカンティによって作り出されました

He altered this mouse/ so that it was genetically engineered to have/ skin/ that was less immunoreactive/ to human skin,/ put a polymer scaffolding of an ear/ under it/ and created an ear/ that could then be taken off/ the mouse/ and transplanted onto a human being.//

彼はこのマウスを ヒトの肌に対して免疫反応を示さない肌と その肌の下に耳の高分子足場を持ち 後で切り取って 人間に移植できる耳を持つよう 遺伝子工学的に操作しました

Genetic engineering coupled with polymer physiotechnology coupled with xenotransplantation.//

遺伝子工学と 高分子生理テクノロジーと 異種移植術の組み合わせです

This is/ where we are in this process.//

私たちはここまでする段階にきています

Finally,/ not that long ago,/ Craig Venter created the first artificial cell,/ where he took a cell,/ took a DNA synthesizer,/ which is a machine,/ created an artificial genome,/ put it/ in a different cell --/ the genome was not of the cell/ he put it in --/ and/ that cell then reproduced as the other cell.//

最後に それほど遠くない昔 クレイグ・ベンターが初の人工細胞を作り出しました 彼は細胞と 人工のゲノムを作る DNA シンセサイザーとで 新たな細胞を作りました そのゲノムは彼が用いた細胞のものではなく そしてその細胞は 別の細胞として自己増殖しました

In other words,/ that was the first creature/ in the history of the world/ that had a computer/ as its parent --/ it did not have an organic parent.//

つまり これがコンピュータを親に持った つまり有機体を親に持たなかった 史上初めての生物なのです

And so,/ asks The Economist:/ "The first artificial organism and its consequences."//

そこでエコノミスト誌は問いかけます 「初の人工生命体とそれがもたらすものとは」

So you may have thought/ that the creation of life was going to happen/ in something/ that looked like that.//

みなさんは 生命の創造とは このようなものになると思ったかもしれません

(Laughter) But in fact,/ that's not/ what Frankenstein's lab looks like.//

(笑い) しかし実際は フランケンシュタインのラボはこうではありません

This is/ what Frankenstein's lab looks like.//

このような感じでしょう

This is a DNA synthesizer,/ and here/ at the bottom are just bottles of A, T, C and G --/ the four chemicals/ that make up/ our DNA chain.//

こちらは DNA シンセサイザーで 下にあるのは A T C G のボトルです 私たちの DNA の鎖を作る 四つの化学物質です

And so,/ we need to ask/ ourselves/ some questions.//

私たちは自身に問いかけなければなりません

For the first time/ in the history of this planet,/ we are able to directly design organisms.//

この惑星で史上初めて 私たちは直接生命をデザインできるようになりました

We can manipulate the plasmas of life/ with unprecedented power,/ and it confers on us/ a responsibility.//

かつてない力でもって 生命の原形質を操作できます その力は私たちに責任を与えます

Is everything okay?//

全てが許されるのでしょうか?

Is it okay to manipulate and create/ whatever creatures/ we want?//

私たちは好きなように 生物を操作・創造して良いのでしょうか?

Do we have free reign/ to design animals?//

私たちに動物をデザインする 際限ない支配権があるのでしょうか?

Do/ we get to go someday/ to Pets 'R/' Us/ and say,/ "Look,/ I want a dog.//

いつの日かペットショップで このようなことを言うようになるでしょうか?

I'd like it/ to have the head of a Dachshund,/ the body of a retriever,/ maybe/ some pink fur,/ and let's make it glow/ in the dark"?//

「ダックスフンドの頭と レトリバーの体と ピンクの毛があって 暗闇で光る犬がほしいな」

Does industry get to create/ creatures/ who,/ in their milk,/ in their blood,/ and in their saliva and other bodily fluids,/ create the drugs and industrial molecules/ we want/ and then warehouse them/ as organic manufacturing machines?//

産業は ミルク 血液 唾液などの液体に 私たちにとって望ましい 薬物や工業の分子を持つ 生物を作り それを有機的製造機械として 保管するようになって良いのでしょうか?

Do/ we get to create/ organic robots,/ where we remove the autonomy/ from these animals/ and turn them just/ into our playthings?//

動物の自律性を奪い 私たちのただのおもちゃとなる 有機ロボットを作るようになって良いのでしょうか?

And then/ the final step of this,/ once we perfect these technologies/ in animals/ and we start using/ them/ in human beings,/ what are the ethical guidelines/ that we will use then?//

これらの最終段階として 動物でこのテクノロジーを極め 人類に対して用いるようになったら そのとき私たちが則る 倫理指針は何になるでしょう?

It's already happening.// It's not science fiction.//

以上は既に現実のものです サイエンスフィクションではありません

We are not only already using these things/ in animals,/ some of them/ we're already beginning to use/ on our own bodies.//

動物でこのテクノロジーを使っているだけでなく そのいくつかは既に 私たち自身の体に使い始めているのです

We are now taking control of our own evolution.//

私たちは今 自身の進化を管理しています

We are directly designing the future of the species of this planet.//

この惑星の種の未来を 直接デザインしています

It confers upon us/ an enormous responsibility/ that is not just the responsibility of the scientists/ and the ethicists/ who are thinking about it/ and writing about it now.//

それは私たちに 多大な責任を委ねるもので それを扱っている科学者や 倫理学者だけの責任ではありません

It is the responsibility of everybody/ because it will determine/ what kind of planet/ and what kind of bodies/ we will have in the future.//

全ての人の責任なのです なぜならそれはこの先私たちが どんな体でどんな星に住むかを決定するものだからです

ありがとうございます

(拍手)

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

scientific

(比較変化なし)『科学の』(に関する),学術的な

(科学のように)体系的な,正確な

culture

〈U〉『教養』;修養;教化

〈C〉〈U〉『文化』(主として精神面をさし,生活・習慣・物の考え方などを含む)Greek cultureギリシア文化

〈U〉(…の)『耕作』;『栽培』,養殖,培養《+『of』+『名』》

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

planet

『惑星』,遊星

wave

(前後左右・上下に)『揺れる』,ひらめく,ひらひらする

(波形に)『起伏する』,うねる

(手・旗などを振って)『合図する』,手を振る;(…のために,…に向かって)手を振る《+in(to, at)+名》

(に向かって)‘…を'振る,揺り動かす,ひらめかす《+名+at+名》

《方向を表す副詞[句]を伴って》(手・旗などを振って)〈人〉‘に'『合図する』

‘…を'起伏させる,うねらせる:〈頭髪〉‘を'ウエーブさせる

『波』,波浪

(…の)『波のような動き』,うねり《+of+名》

(感情・景気などの一時的な)高まり,強まり;(寒暑の)急激な波《+of+名》

(手・旗などを)振ること,振ってする合図;(…を)振ること《+of+名》

(髪の)縮れ,ウエーブ

(光・音・電気などの)波

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

ecological

生態学の

niche

壁がん(像・花びんなどを置く壁のくぼみ)

(…に)ふさわしい場所(地位,仕事),適所《+『for』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

select

(最高・最適のものとして)…‘を'『選ぶ』,選抜する,選出する

(人が)『えり抜きの』,精選された

《名詞の前にのみ用いて》(製品・産物などが)『品質の良い』,粒よりの,高級(上もの)の

(クラブなどが)人選のやかましい,閉鎖的な

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

human being

人,人間

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

flow

《副詞巳句始を伴って》〈気体・液体・電気などが〉『流れる』

《副詞[句]を伴って》〈言葉・人々などず〉流れるように続く

〈心・場所などが〉(…で)いっぱいになる,満ちあふれる《+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》〈髪・服などが〉長く垂れる;風になびく

〈潮が〉満ちる

(…から)生じる,発生する《+『from』+『名』》

〈C〉《単数形で》(気体・液体・電気などの)『流れ』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(言葉・人などの)絶え間のない(よどみのない)流れ《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…の)洪水,はんらん《+『of』+『名』》

〈U〉《the flow》満ち潮,上げ潮

evolutionary

発展の

進化の;進化論に関する

create

(神・自分などが)…'を'『創造する』,産み出す

(思考力・想像力によって)…'を'『創作する』

''を'『引き起こす』

《create+名〈目〉+名〈補〉》〈人〉'を'(…に)任じる,…‘に'(爵位を)授ける

怒って騒ぎたてる

alter

(形・性質などの点で)…'を'変える,改める

変わる,改まる

civilization

〈U〉〈C〉(物質的・社会的・科学的・政治的に高度な)『文明』;(特定の地域・国民・時代に発達した)『文明』[様式]

《集合的に》文明世界;文明人

〈U〉(…の)文明化,開化《+『of』+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

settle

…‘を'『決定する』,〈日取りなど〉‘を'決める,〈問題など〉‘を'解決する

…‘を'整理する,整とんする

〈勘定など〉‘を'清算する,支払う

(…に)〈財産など〉‘を'譲る《+『名』+『on』+『名』》

〈ある地域〉‘に'植民する

…‘を'『安定させる』,調節する

〈神経・胃など〉‘を'『静める』,落ち着かせる

〈液体〉‘を'澄ませる

〈かす・おりなど〉‘を'沈ませる,沈殿させる

(…に)決定する,決める《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)定住する《+『in』+『名』》

〈鳥などが〉(…に)とまる,降りる《+『on』+『名』》

徐々に沈む

agricultural

『農業の』,農耕の;農学[上]の

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

enter

…‘に'『入る』,入り込む

〈弾丸などが〉…‘を'突き通す,‘に'入り込む(penetrate)

…‘の'『一員となる』,‘に'入る;…‘に'参加する

(…に)〈人〉‘を'入学させる;(競争などに)〈人・動物など〉‘を'参加させる《+『名』+『in』(『for』)+『名』》

(…に)…‘を'記入する,登録する《+『名』+『in』(『into, on』)+『名』》

〈新しい生活・局面など〉‘に'入る

〈異議など〉‘を'正式に申し出る

『入る』

登場する

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

intentional

故意の;意図的な

intelligent

『理且力のある』,そう明な,知能の高い

whereby

[…の手段によって]

…によって…するところの(according to which)

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

physiological

生理学上の;生理的な

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

inhabit

…‘に'『住む』,居る

whirlwind

旋風,つむじ風

tour

(数か所に立ち寄る比較的長期の)(…の)『観光旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(特に,見学,観光などの)(…の)『小旅行』《+around(《英》round)(through,in,of)+名》・(劇団の)巡業,演奏旅行・(外地の一定の場所での)服務期間・…を旅行する・

(…を)旅行する《+at(in,through,around(《英》round))+名》

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

trait

特性,特質,特色

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

offspring

《単数・複数扱い》(人間や動物の)『子;子孫』

(…から)生じたもの,(…の)結果,所産《+『of』+『名』》

hybrid

(動物植の)雑種,(物の)混成物

混種語(語源の異なる二つ以上の要素から成る語;たとえばshortageは英語(short)とフランス語(hybridage)の混種語)

雑種(混成)の

someday

(将来の)『いつか』,そのうち

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

patty

《英》小さな肉パイ

《米》パティ(薄い小さな円盤形に料理したもの)

local

『一地方の』,ある土地の,(特に)自分の住んでいる土地の;地方に特有な

(全体からみて)『部分的な』,局部の,狭い部分の

《米》各駅停車の

《話》《しばしば複数形で》その土地に住んでいる人々

《米話》(新聞の)地方記事

《話》(各駅停車の)列車,電車,バス

《米》(労働組合などの)支部

supermarket

『スーパーマーケット』(食料品や家庭用品などを売るセルフサービス式の大型小売店)

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

slaughter

〈U〉(食肉用の)『屠殺』(とさつ),畜殺

〈C〉(人間・動物の)『大虐殺』;大量殺人

〈C〉《単数形で》《滋》完敗

(食肉用として)〈動物〉‘を'『屠殺する』,畜殺する(butcher)

〈多数の人〉‘を'虐殺する(massacre)

《話》(ゲームで)…‘を'完敗させる

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

chicken

〈C〉『ひよこ』,(一般に)ひな鳥

〈C〉《米》(一般に)鶏《英》fowl)

〈U〉ひな鳥の肉,鶏肉

〈C〉《米話》青二才;小娘

〈C〉《俗》おくびょう者

鶏肉の

小さい

《俗》おくびょうな

hardiness

頑健;耐久力

camel

『ラクダ』

=caisson2

personality

〈C〉〈U〉(他人と区別する)『個性』,性格

〈U〉〈C〉『人格』,人柄,風格

〈C〉(特にある方面での)著名人,有名人

llama

ラマ(南米産ラクダの一種;その毛は織物の材料となる)

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

liger

ライガー(雄のライオンと雌のトラの間に生まれた子)

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

cat

『猫』;(ライオン,トラ,ヒョウなどの)ネコ科の動物

tiger

『トラ』

トラのようにどう猛な(勇敢な)人

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

selective

選択の,染択する

注意して選ばれた

淘汰(とうた)の

(無線が)選択度の高い

breeding

繁殖,植殖;詞育

育ち,しつけ,教育;(特に)よい育ち

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

finally

『最後に』(at the end)

最終的に,決定的に(decisively)

ついに,とうとう(at last)

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

none

《『none of』+『名』の形で》(…の)『どれも』『何も,だれも,少しも』)…『でない』

《no+名詞に代わって》『少しも』(『一人も,一つも』)…『ない』

《文》《主語として単独で用いて》『だれも』…『ない』

《『none too』…の形で》『少しも』(『決して』)…『ない』

《『none the』+『比較級』の形で》(…だからといって)少しも…でない《+『for』+『名』(do『ing』)》

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

enhancement

高揚,増進

manipulation

(…の)巧妙な扱い,操作《+『of』+『名』》

(自分の利益のための)ごまかし,小細工

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

genetics

遺伝学

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

gene

遺伝子

deep-sea

深海の,遠洋の

jellyfish

クラゲ

glow

(炎を上げずに)『赤々と燃える』

光を放つ,輝く

〈花・木の葉などが〉燃えるような色を呈する

(運動後などに)〈顔・体が〉『ほてる』,ぽかぽかする,紅潮する

(感情・誇りなどで)燃える,熱する《+『with』+『名』》

(高温の炎が出す)『輝き』

(色彩の)『燃えるような鮮やかさ』

《時にa ~》(体の)『ほてり』,(顔の)紅潮

(感情の)高まり,熱情

満足感,喜び

mammal

哺(ほ)乳動物

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

wavelength

〈c〉(音・光などの)波長

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

mouse

『ハツカネズミ』(英米の家によく出没する小型のネズミ;ほが国の家に出没する大型のネズミはrat)

《話》臆病者,内気な人

《猫が》ネズミを捜す(捕らえる)

《人が》(…を)あさり歩く《+『about』+『名』》

pup

=puppy

(キツネ・オオカミ・アザラシなどの)子

〈雌犬が〉子犬を生む

kitten

『子猫』

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

orange

〈C〉『オレンジ』,柑橘(かんきつ)類

〈U〉オレンジ色,だいだい(橙)色

オレンジ色の,だいだい色の

オレンジからできた,オレンジで風味を付けた

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

coral

〈U〉サンゴ

〈C〉サンゴ細工

〈U〉サンゴ色,深紅色

サンゴ[製]の

サンゴ色の,深紅色の

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

pig

〈C〉『豚』;子豚

〈U〉豚肉(pork)

〈C〉《話》豚のような人(不潔な人,食いしんぼう,欲張り,非常に太った人など)

〈C〉なまこ(型に流しこんで作った鉄・鉛などの金属塊);なまこを作る型;銑鉄(せんてつ)(pig iron)

《俗》《軽べつして》おまわり

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

monkey

『さる』(猿)(普通小さくて尾のあるサル)

《話》猿に似た顔つきの人(動作をする人);(特に)いたずら小僧

《英俗》500ポンド,500ドル

(…を)いじる《+『around with』+『名』》

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

leap

《しばしば副詞[句]を伴って》『ぴょんと飛ぶ』,はねる,躍る

《副詞[句]を伴って》(飛ぶように)『急に』(『す早く』)『動く』,ぴょんと動く

〈人・動物などが〉…‘を'『飛び越える』

(…を)〈動物など〉‘に'飛び越えさせる《+『名』+『over』(『across』)+『名』》

跳ぶこと,跳躍;《比喩(ひゆ)的に》飛躍,急変

ひと跳びの距離

manipulate

〈道具類〉‘を'巧みに扱う(動かす),〈言葉〉‘を'うまく使う

〈人・世論など〉‘を'巧みに操る,〈問題など〉‘を'うまく処理する(maneuver)

(自分の利益のために)…‘を'ごまかす,小細工する

ape

サル(monkey);(特に,チンパンジー・ゴリラなどの)尾なしザル,類人猿

人まねをする人

…のまねをする,'を'まねる(mimic)

probably

『たぶん』,『おそらく』

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

theoretically

理論上,理論的に

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

capable

『手腕のある』,有能な,才能のある(able, competent)

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

pet

『愛がん動物』,ペット

《単数形で》お気に入りの人(物)

(動物などが)愛がん用の,ペットの

(名前などが)愛情を表す

お気に入りの;お得意の

…‘を'愛撫(あいぶ)する,かわいがる

zebra

シマウマ

fish

{C}『魚』;《集合的に》魚類

{U}魚肉,魚

{C}《話》人,やつ

〈魚〉‘を'『とる』,釣る,捕まえる;〈小川・湖など〉‘で'魚をとる,漁をする

釣りをする,魚をとる,漁をする

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

black

『黒い』,黒色の

『暗い』,まっ暗な(dark)

(特にアフリカ系)黒人の

汚い(dirty),汚れた(soiled)

陰気な(gloomy);不吉な;見通しの暗い

怒った(angry);不きげんな(sullen)

腹黒い,邪悪な(wicked, evil)

《文》不名誉な

(コーヒーに)クリーム(牛乳)を入れない,ブラックの

〈U〉『黒』,『黒色』

〈C〉《しばしば『B-』》黒人

〈U〉黒衣,(特に)喪服

黒くなる;暗くなる

…'を'黒くする;…'を'暗くする(blacken)

(靴墨で)〈靴〉'を'みがく

silver

『銀』(金属元素;化学記号は『Ag』)

(商品・通貨基準としての)銀

『銀貨』(一般に銀白色の)硬貨

《集合的に》『銀(銀めっき)の食器類』,銀器

『銀製の』,銀めっきした

銀色の,銀白色の

…‘に'銀めっきする

《文》…‘を'銀色にする

銀色になる

yellow

『黄色の』

皮膚の黄色い

《俗》おく病な(cowardly)

(新聞が)センセーショナルな,扇情的な

〈U〉『黄色』

〈C〉黄色いもの;卵黄

〈U〉〈C〉黄色の絵の具(顔料,染料),黄色の服

…‘を'黄色にする

黄色になる

red

〈U〉〈C〉『赤,』『赤色;』赤い絵の具(染料)

〈U〉赤い服

〈C〉《しばしば『R-』》《話》《時に軽べつして》アカ,共産主義者;過激論(主義)者

〈U〉《通例the ~》(会計の)赤字,負債

『赤い』,赤色の

(顔・目などが)赤くなった;血に染った

赤い服を着た;赤毛の

《しばしば『R-』》《話》《軽べつして》共産主義の;過激な

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

ban

(法による)(…に対する)『禁止』,禁制(prohibition)《+『on』+『名』》

(世論などの)反対,非難

(教会の)破門

(法律や社会的圧力によって)…'を'『禁ずる』,禁止する

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

FDA

Food and Drug Administration(米国)食品医薬品局

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

consideration

〈U〉(…の)『考慮』,熟慮,考察《+『to』+『名』》

〈C〉『考慮すべき事』

〈U〉(人・物などへの)『思いやり』,配慮《+『for』+『名』》

〈C〉報酬,心づけ,償い

〈U〉《まれ》重要さ,重大さ;尊敬,丁重

salmon

〈C〉(魚の)『サケ』;〈U〉サケの肉

〈U〉サケの肉の色,サーモンピンク(黄色がかったピンク色)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

Chinook

チヌーク(アメリカ北西海岸に吹く暖かい湿った風;またはロッキー山脈の東側に吹く暖かいそよ風)

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

feed

〈人・動物〉‘に'『食物を与える』,‘を'養う;《英》(…で)〈人・動物〉‘を'育てる,飼育する《+『名』+『on』+『名』》

《米》(人・動物に)〈食物〉‘を'与える《+『名』+『to』+『名』》

〈食物ず〉…‘の'食事となる,‘を'まかなう

(必要なものを)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈必要なもの〉‘を'供給する,送り込む《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

〈動物が〉食へる,《話》〈人が〉食べる

〈U〉『飼料』,えさ;〈C〉1回分の飼料

〈C〉《話》《単数形て》食事;ごちそう

final

《名詞の前にのみ用いて》『最終の』,最後の

『最終的な』,決定的な(decisive);究極の(ultimate)

《しばしば複数形で》(競技などの)『決勝戦』

《米》学期末試験;《英》《複数形で》(大学などの)最終試験

《the ~》《話》(新聞のその日の)最終版

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

worried

(人・表情などが)心配そうな

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

component

構成している,成分の

構成要素,成分

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

regulation

〈C〉『規則』,『規定』;法規,条例

〈U〉(…の)『規制』,『調整』《+『of』+『名』》

正規の,規定どおりの

identification

〈U〉同一であることの確認(証明),身元確認,身分証明

身分証明書

package

(あまり大きくない)『包み』,梱包(こんぽう);詰め合わせ品

(箱・ケースなど,荷作り用の)容器

…‘を'荷作りする,包む;…‘を'箱に入れる

clone

クロン(一個体から無性生殖で増殖した有機体群);(植物の)栄養系,(動物の)分技系

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

low

(高さ・位置が)『低い』,低い所にある

(価格・数量・程度などが)『低い』,少ない

(身分・地位などが)『低い』,卑しい

(人格・行為などが)『卑しい』,下劣な,下品な

《補語にのみ用いて》(体が)『弱った』;元気のない,憂うつな

(供給が)不十分な;(…が)乏しい《+『in』(『on』)+『名』》

(音・声が)低い,小さい

(生物が)下等な

『低く』,低い所に

(価格・程度などが)『安く』,低く

低い声(調子)で;静かに

最低点,最低水準

dolly

《小児語》お人形ちゃん

(重い物を運ぶ小車輪つきの低い)手押し車;(映画・テレビの)移動式カメラ台

=dolly bird

sheep

気の弱い人,人に引きずられやすい人

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

museum

『博物館』;美術館

Edinburgh

エジンバラ(スコットランドの首都)

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

Seoul

ソウル,京城(大韓民国の首都)

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

university

{C}『[総合]大学』

〈U〉《the university》《集合的に》大学生,大学当局

puppy

子犬

South Korea

韓国(朝鮮半島の北緯38゜以南の共和国;公式名はthe Republic of Korea(大韓民国);首都Seoul)

resign

『辞職する』,辞任する;(…を)辞める《+『from』(『as』)+『名』》

…‘を'『辞職する』,辞任する,辞める

(…に)〈人〉‘を'任せる,従わせる《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

disgrace

〈U〉『不名誉』,不面目(dishonor),恥辱(shame)

《a disgrace》(…にとって)恥となるもの(こと),名誉を汚すもの,つら汚し《+『to』+『名』》

〈U〉(…に)人気のないこと,不評《+『with』+『名』》

…‘の'面目を失わせる

《通例受動態で》〈役人など〉‘を'失脚させる

claim

〈人が〉(当然の権利として)…'を'『要求する』,『請求する』,'を'自分の物だと主張する;(…から)…'を'要求する《+『名』+『from』+『名』》

〈人が〉…‘と'『主張する』,断言する

〈物事が〉…'を'品要とする,‘に'値する

(…に対して…の)権利を主張する《+on(for)+名+against+名》

〈C〉(…に対する)(当然の)『要求』,請求《+for(to)+名》

〈C〉主張,断言,公言

〈U〉(物事を)要求する権利(資格),請求権《+『to』+『名』〈物事〉》;(人に)要求する権利《+『on』+『名』〈人〉》

〈C〉請求物;(特に入植者に与えられる)一区画の土地;(鉱業権などの設定された)払い下げ精求地

embryo

胎児

発達の初期

胎児の,胚の

未発達の,初期の

first person

第一人称(英語ではIとwe;話し手が自分を指していう語)

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

plastic

〈U〉『寂ラスチック』;〈C〉プラスチック製品

自由な形にできる,可塑(かそ)性の

造形の,塑像の

プラスチック製の

《話》人工的な

horse

〈C〉『馬』,(特に成長した)雄馬

=vaulting horse

〈C〉(物を載せたり,支えたりする)脚付き枠(台など),掛け台,のこひき台,きゃたつ

〈U〉《集合的に;複数扱い》騎兵,騎兵隊

〈人〉‘を'馬に乗せる;〈馬車〉‘に'をつける

Italy

『イタリア』(地中海に臨む共和国;首都はRome)

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

race

競走,レース;競技会,(特に)競馬

(一般に)競争;(…を得るための)競争《+『for』+『名』》

水の速い流れ,急流,早瀬;(水車などの)水路

《おもに文》(事件・話などの)進行;(太陽・月の)運行;)時の)経過;人生の行路

(…と)『競走する』《+『with』(『against』)+『名』》,(…のために)『競争する』《+『for』+『名』》

《方向などの副詞[句]を伴って》疾走する,急ぐ

〈機械などが〉高速で作動する,〈エンジンなどが〉空転する

…と『競走する』

(…と)…‘を'『競走させる』,全速力で走らせる《+『名』+『against』+『名』》

〈機械など〉‘を'高速で作動させる,〈エンジンなど〉‘を'空転させる

gelding

去勢された雄馬

equipment

《集合的に》『備品』;『装備』,したく

(…を)『装備すること』(している状態)《+『with』+『名』》

(仕事などに)必要な知識(能力)《+『for』+『名』(do『ing』)》

stud

《おもに米》種馬

《集合的に》(一群の)繁殖用動物(種馬,種牛など)

removed

(…から)隔った,離れた,遠い(distant)《+『from』+『名』》

関係が離れた;血縁が遠い

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

duplicate

(他のものと)『そっくり同じの』,『複製の』

(同じようなものが)対になっている

(原物とそっくり同じ)『写し』,控え,複写,写本,複製[物](copy)

(2個同時に作製したものの)一方,(そっくり同じものの)片方,片割れ

〈原本・原作など〉‘を'複写する,複製する

…‘を'そっくり模倣する

…‘を'2重(2倍)にする

〈同じこと〉‘を'繰り返す

calf

{C}『子牛』

〈C〉(象・鯨・アザラシ・鹿などの)幼獣

〈U〉=calfskin

grey

=gray

wolf

〈C〉『オオカミ』

〈U〉オオカミの毛皮

〈C〉(オオカミのようにひどく)どん欲な人,残忍な人

〈C〉女たらし,色魔

(オオカミのように)…‘を'がつがつ食う,むさぼり食う《+down+名,+名+down》

piglet

子豚

carrel

書庫内閲覧席

laughter

『笑い』,笑い声

addition

〈U〉(…を…に)『付け加えること』,追加《+『of』+『名』+『to』+『名』》

〈U〉加法,足し算

〈C〉(…に)加えられた物,足した物,《米》(家の)建て増し部分《+『to』+『名』》

save

(危害・損失・危機などから)‘を'『救う』,救援する《+『名』+『from』+『名』》

〈金など〉‘を'』残しておく』,蓄える

…‘を'『節約する』,省く

…‘を'『安全』(『無傷』)『に保つ』,保護する

…‘を'削から急う

(…のために)貯金する《+『up for』+『名』》

(…を)節約する《+『on』+『名』》

(サッカー・ホッケーなどで)敵の得点を妨げること

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

goat

『ヤギ』

《米話》=scapegoat

《俗》好色家

modify

旨‘を'『修正する』,変更する

…‘を'加滅する,緩和する

〈語・句・節が〉…‘を'修飾する,限定する

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

milk

(雌の哺乳(ほにゅう)動物が分泌する)乳,(特に食料としての)『牛乳』,『ミルク』

(植物の)乳汁,乳剤,乳液

〈牛など〉‘の'乳をしぼる

〈情報など〉‘を'引き出す;(…を)〈人〉‘から'しぼり取る《+『名』+『of』+『名』》

(毒を)〈蛇〉‘から'抜き取る《+『名』+『of』+『名』》

〈牛などが〉乳を出す

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

knockout

(ボクシングの)ノックアウト(《略》『KO,K.O.,k.o.』)

《話》すばらしい人(物)

ノックアウトする

institute

〈学校・政府・規則など〉‘を'『設ける』,設立する,制定する

〈調査・訴訟など〉‘を'始める,起こす

(学校・研究所・学会などの)『教育』)『学術』『機関』

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

industrial

『産業』(『工業』)『の』,産業(工業)による

高度に発達した産業(工業)を持つ

産業(工業)用の

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

instead

『その代りとして』,それよりも

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

southeast

〈U〉《the ~》『南東』(《略》『SE,S.E.』)

《the ~》南東地域,南東部;《the S-》米国南東部

南東へ向かう

(風が)南東からの

南東へ(に)

Asian

『アジアの』,アジアに住む人々の

『アジア人』

ungulate

ひづめのある,有蹄の

有蹄類

somatic cell

(生物の)体細胞

ovum

卵,卵子

cow

『雌牛』,乳牛

(鯨・象・サイなどの)雌

birth

〈C〉〈U〉『誕生』,出生

〈U〉『生まれ』,家柄;家系(lineage)

〈C〉『起原』,起こり(origin)

regular

『いつもの』,習慣的な

『規則正しい』,きちんとした

『定まった』決まった;定時の,定期的な

普通の,標準どおりの

均整のとれた,整然とした

《名詞の前にのみ用いて》『正規の』,正式の;本職の

《名詞の前にのみ用いて》《話》好ましい,すてきな;全くの正真正銘の

(文法で)規則変化の

(カトリック教で)修道会に属する宗規に従う

《話》常連

正規兵

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

packet

(小さい)包み;小荷物

(またpacket boat)(郵便・旅客・貨物などを運ぶ)定期船,郵便船

《英俗》大金

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

define

〈語・句〉'を'『定義する』,‘の'意味で明らかにする

〈本質・意義・立場〉'を'『明らかにする』,特徴づける

…‘の'輪郭をはっきりさせる

…‘の'限界(範囲)を決める

age

〈U〉(一般に)『年齢』,寿命;〈C〉(個々の)『年齢』,年

〈U〉成年(おとなとしての資格・権利を得る年齢;通例18または21歳)

〈U〉『老齢』;《集合的に》老人たち

〈U〉(人生の)『一時期』;〈C〉世代(generation)

〈U〉〈C〉《しばしばA-》(歴史上の)『時代』

〈C〉《話》長い間

年をとる,ふける;〈物が〉古くなる

〈年〉'を'とらせる;〈物〉'を'古びさせる

biotechnology

《米》生物工学,人間工学)人が機械で最も能率的に仕事をするための研究)(《英》ergonomics)

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

lovely

『美しい』,ほれぼれするような,かわいらしい

《話》『すばらしい』,愉快な

美人,かわいい娘(こ)

cockroach

ゴキブリ

electrode

電極

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

transmitter

送る(伝える)人(物)

(テレビ・ラジオの)送信機

(電話の)送話器,(電報の)送信器

computer

『計算機』;『電子計算機』

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

ball

〈C〉『球』,まり,『ボール』

〈U〉球技;野球(baseball)

〈C〉(野球で)

ボール

投球;打球

〈C〉弾丸(bullet)

〈C〉球状のもの

〈C〉(特の体の)丸くふくらんだ部分

《複数形》《俗》睾丸(こうがん),きんたま

…'を'球の形にする

球になる

joystick

(航空機の)操縦桿; (機械の)操作レバー;(コンピュータ、テレビゲーム用の)ジョイスティック・(俗語)ペニス、陰茎、おちんちん

lab

実験室(laboratory)

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

backwards

=backward

insect

『昆虫』;(一般に)虫

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

beetle

甲虫,カブトムシ;(一般に)甲虫に似た虫類(ゴキブリなど)

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

wing

(鳥の)『翼』,(昆虫の)羽

(飛行機・風車などの)『翼』,羽

(建物の)翼(よく),そで

(政党などの)『分派』,…翼

《複数形で》(舞台の)そで,たもと(観客から見えない部分)

(サッカーなどの)ウィング,ウィングの選手

(部隊・艦隊の左右の)翼,側面部隊;(空軍の)飛行大隊

《複数形で》パイロット記章

《英》=fender 1

《wing one's way の形で》飛んで行く

…‘を'飛ばす;…‘に'スピードをつける

(…で)…‘に'翼をつける《+名+with+名》

〈鳥〉‘の'翼を傷つける,〈人〉の腕を傷つける

〈芝居の役など〉‘を'せりふを暗記しないで演じる

《方向を表す副詞[句]を伴って》飛ぶ

chip

『木の切れ端』,削りくず;(石・陶器などの)『破片』,かけら

欠けあと,ひび

《複数形で》《英》=French fry

(食物の)薄切り

干からびたもの;無味乾燥なもの

(ポーカーなどのゲームにお金の代りに使われる)チップ,点棒

…'を'『欠く』,削る,そぐ《+『off』+『名,』+『名』+『off』》;(…から)…'を'欠く,そぐ《+『名』+『off』(『from』)+『名』》

欠ける,割れる《+『off』》;(…を)欠く,削る《+『at』+『名』》

strap

(革製や布製の)『ひも』,バンド,帯;(電車の)つり革

(金属製の)帯金,バンド

《the ~》むち打ち,せっかん・ひも(バンド)で縛る,留める《+『名』+『on』(『in, into』)+『名』》・むちで打つ・《英》=tape{動

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

ca

circa

inch

『インチ』(尺度の単位で1

12foot,2.54u;《略》『in.,in』)

わずかな距離,少量,少額,少し

《まれ》《複数形で》身長,背たけ

…‘を'少しずつ動かす

少しずつ動く

above

《方向》《fly,go,riseなどの移動を表す動詞と結びついて》…『の上方へ』,より高いところへ

《場所・位置》…『の上に』,の上方に,さらに高いところに(の)

…『の上流に(で)』,の上手(かみて)に,の北方に,のもっと先(遠く)に

《数・量・程度》…『以上に』,にまさって

《be動詞と結びついて》…『の力の及ばない』,を越えて(beyond)

『上方に(を)』;頭上に高く;上流に

天に,空に

(特に地位において)高位に

(本・ページの)『前に』,前文に

前述の,上述の

前述(上述)のこと

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

landing

上陸,着陸,着水

(貨物の)陸揚げ

(また『landing place』)着陸(上陸)場,荷揚げ場,埠頭(ふとう)

(階段の)おどり場

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

moth

『ガ』(蛾);(衣類などを食い破る)イガ

pupa

さなぎ

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

hook

(物を引っ掛けたり,つるしたりするための)『掛けくぎ』;『留め金』,ホック

つり針(fishhook)

かぎ状の物(引用符(‘'),音符のひげの部分など);かぎ形の道具(かまなど)

川の湾曲;かぎ形の岬;(動・植物の)かぎ形の器官(突起)

(野球・ボウリング・ゴルフなどの)フックボール(きき腕と反対方向へカーブする)

(ボクシングの)フック(腕をかぎ形にして横から打つ打ち方)

(かぎなどで)…‘を'引っ掛ける,留める,つるす;〈魚〉‘を'釣る

…‘を'かぎ状に曲げる

〈人〉‘を'引っ掛ける,だます

(野球・ゴルフなどで)〈ボール〉‘を'フックで投げる(打つ)

(ボクシングで)…‘を'フックで打つ

かぎで掛かる,ホックで留まる;(かぎのように)引っ掛かる

〈ボールが〉かぎ形に曲がる

surveillance

(特に容疑者・囚人などの)監視,見張り

監督,指揮

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

ordinance

(市または町で作る)条例,法令

downstate

州の南部

州南部へ(で)

州南部の,州南部特有の

hemisphere

(地球の)『半球』

半球体

maze

迷路

混乱,当惑,混迷

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

organic

有機体の,生物の,生物から生じた

(動植物の)器官の

有機肥料を用いる(を用いて育った)・有機的な,組織的な,系統的な・有機質の

robot

ロボット

機械的に働く人間,他人の意のままに働く人

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

autonomy

〈U〉(行動などの)自主性

〈U〉自治,自治権

〈C〉自治体,自治団体

duke

(イギリスの)公爵

(欧州大陸の小国または公国の)君主

owl

『フクロウ』

especially

『特に』,特別に;きわだって

movement

〈U〉(…の)『運動』,『動き』;移動《+『of』+『名』》

〈C〉動作,身振り

〈C〉《複数形で》行動,活動

〈C〉(…に向かう)(事熊の)成り行き,動向《+『toward』+『名』》

〈C〉(目標を達成するための一群の人たちの)運動

〈C〉(賛団の)移動,移住;(人口の)異動《+『of』+『名』》

〈C〉楽章

〈C〉(時計などの)機械装置,動く仕掛け

arm

(人・猿の)『腕』;(四つ足の動物の前肢の)腕(手首から肩までの間;手はhand)

腕のような物;(特に)いすのひじ掛け,樹の大枝

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

brainwave

《しばしば複数形で》脳波

〈C〉《おもに英話》ひらめき,妙案

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

video

〈U〉テレビの映像

〈C〉テレビ

テレビ映像に関する

ビデオテープの

monitor

(人の行為についての)訓戒者,勧告者;監視役

『学級委員』,級長,(学校の)風紀委員

(無電など機械の)監視装置:外国放送受信係

『モニター』(新聞・ラジオに感想・批評を提供する人)

(アフリカ・南アジア・オーストラリア産の)大トカゲ

〈人の行動〉‘を'監視する,監督する

〈機械〉‘を'監視する,‘の'正誤を確かめる

cage

『鳥かご』;(動物の)『おり』

鳥かご(おり)のような物;エレベーターの箱

野球の打撃練習用の移動バックネット

獄舎

…'を'かご(おり)に入れる

star

『星』;恒(fixed star)

『星形のもの』;星章,星標(*)(asterisk)

『スター』,花形

(人の運勢を左右するといわれる)運星;《しばしば複数形で》運勢,運,星回り

(星印で示した)等級

《文》実現不可能な逆標(願望)

星の

花形の,主役の;卓越した,すぐれた

…を星(星形の物)で飾る;…‘に'星印をつける;(…を)…‘に'のようにちりばめる《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'主役にする

主役を務める,主演する

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

primate

霊長類の動物(人間・サルを含む);《複数形で》霊長類

(英国国教会の)大主教;(カトリック教の)首座大司教

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

functional

『機能上の』

(余分なものが無く)機能的な,実用的な

(数学で)関数の

arms

兵器, 武器, 火器

Florida

フロリダ州(米国南東端の州;州都はTallahassee;《略》『Fla.,Flor.,FL』)

neuron

神経単位,神経細胞,ニューロン,ノイロン

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

integrate

(…に)…‘を'統合する,まとめる《+『名』+『into』(『with』)+『名』》

〈学校など〉‘の'人種差別をなくす

(…と)統合する,まとまる《+『with』+『名』》

〈学校などが〉人種差別をなくす

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

simulator

シミュレーター(航空機,宇宙船などの訓練の模擬装置)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

northwestern

北西の;北西へ向かう

北西からの

北西部特有の

completely

『完全に』,全く,十分に

intact

手をつけない,損なわれない

lamprey

ヤツメウナギ(大きな吸盤状の口を持つ)

eel

ウナギ

nutrient

栄養に富む

〈C〉栄養物,栄養剤

medium

中間(中程度)にあるもの,中庸(mean)

媒介物,媒体

《複数形mediaで》=mass media

『手段』,方法(means)

(芸術の)表現手段,手法

(動植物がそこで生存し機能を発揮する)環境;(細菌の)培地,培養基

霊媒者

『中間の』,並みの

side

(物体)『面』

(物体の)『側面』,わき

(紙・レコードなど平らな物の)『面』

(中心線・分離線から見た)『片側』

(中心部分から見て)…『側』

(人間・動物の体の右または左の)『側面』,(特に)横腹,わき腹

《単随形で》(人の)『そば』,わき

(物の)端,へり;(図形の)辺

(競技・争いなどの一方の)『側』,味方

(事柄の持っている)一面,局面

(父方または母方の)血統,…方(かた)

側部の,側面の,わきの

側部(側面)からの(への)

二次的な,従の

〈建物など〉‘に'側面を付ける

(…に賛成の(反対の))側につく《+『with(against)』+『名』》

attach

(…に)…'を'『つける』,『取りつける』,はりつける《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'所属させる,付属させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈サインなど〉'を'添える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈重要性・意味など〉'を'置く,帰する《+『名』+『to』+『名』》

(法律用語で)…'を'逮捕する;…'を'差し押える

(…に)付着する,所属する(belong)《+『to』+『名』》

photosensitive

感光性の

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

cart

(1頭立ての)『二輪車』,荷馬車,荷車

手押し車

…'を'積んで運ぶ

(苦労して)〈物〉'を'かかえて運ぶ

《話》…'を'引きずっていく《+『名』+『off』,+『off』+『名』》

middle

(空間的に)『まん中の』

(時間・順序・数量などが)『中間の』,まん中の

『平均の』,中ぐらいの

《M-》(言語史で)中期の

《the~》(場所・地域の)『まん中』,『中央』《+『of』+『名』》

(時間・順序などの)まん中,(行為などの)最中《+『of』+『名』+(do『ing』)》

《話》《the~,one's~》(人の)胴,腰

sole

足の裏

靴底

〈靴〉‘に'底をつける

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

toward

《運動の方向》『…のほうへ』,に向かって

《位置の方向》『…のほうに』,に面して

《時間・数量の接近》『…近く』

《関係》『…に対して』

《目的・貢献》…のために

まさに起ころうとして,間近に迫って

進行中で

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

thought

think の過去・過去分詞

〈U〉『考えること』,思索,熟考

〈C〉〈U〉(一つの)『考え』,思いつき(idea)

〈U〉(ある個人・グループ・時代・場所に特有の)『思想』,考え方

〈C〉〈U〉(…への)『配慮』,心遣い,思いやり《+for+名》

〈U〉(…する)つもり,意図《+of doing》

《a~》《話》少々,ちょっと

fully

『十分に』,完全に

まるまる

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

bidding

〈U〉入札,せり

〈C〉言いつけ,命令

〈C〉(カードゲームで)せり札の宣言

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

Massachusetts

マサチューセッツ州(米国北東部の州;州都はBoston;《略》『Mass.,MA』)

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

polymer

重合体(合一化物の分子が重合した高分子化合物)

scaffolding

(1個,または幾組かを組み合わせた)足場,足場組み

足場材料

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

transplant

〈植物〉‘を'移植する

(…から他の場所へ)…‘を'移す,〈人〉‘を'移住させる《+名+from+名+to+名》

(…から…へ)〈組織・器官など〉‘を'移植する《+名+from+名+to+名》

移植できる;移住する

〈C〉移植された物

〈U〉移植すること

onto

…[『の上』]『へ』(『に』)

《米話》…に気づいて

engineering

『工学』

土木工事

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

economist

経済学者

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

Frankenstein

〈C〉自分で創造した物に手をやいたり破滅させられたりする人

(また『Frankenstein's monster』)フランケンシュタイン,破壊的な怪物[Shell夫人の同名小説(1818)にちなんで]

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

bottle

『びん』;1びんの量

〈U〉《the~》酒;飲酒

〈U〉《the~》哺乳(ほにゅう)びん;牛乳

…'を'びんに詰める

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

plasma

(また『blood plasma』)血漿,リンパ漿

原形質

unprecedented

先例のない,みぞうの

confer

(同僚・弁護士などと…について)『相談する』,協議する《+『with』+『名』+『on』(『about, over』)+『名』(do『ing』)》

(…に)〈爵位・勲章・恩恵など〉'を'与える,授ける《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《廃》比較する(《略》『cf.』)

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

okay

=OK,O.K.

free

(束縛された状態になく)『自由な』,自由の身の

(国家・国民などが)『独立している』

(思想・行為などが)強制されない,自発的な

(動作が)拘束されない,無理のない

《補語にのみ用いて》(苦痛・制約などを)『免れている』,(誤り・偏見などの)ない《+『from』(『of』)+『名』》

《補語にのみ用いて》《『be free to』do》『自由に』…『できる』

(仕事から)解放された,暇になった;(部屋などが)使用されていない,空いた

『無料の』;無税の

出し惜しみしない

遠慮のない,慎みがない

(道路などが)障害のない,自由に通れる

固定していない,離れた

無料で

自由に,妨げられずに(freely)

(…から)〈人・国など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(困難などから)〈人〉‘を'救う《+『名』+『form』+『名』》

(障害などを)〈人・物〉‘から'取り除く《+『名』+『of』(『from』)+『名』》

(物を)…‘から'片付ける,外す《+『名』+『of』+『名』》

reign

〈U〉(君主などによる)『統治』,『支配』

〈娩〉統治期間,治世,御代(みと)

〈人が〉(…を)『統治する』,支配する,(…に)君臨する《+『over』+『名』》

〈物事が〉勢力をふるう,行き渡る(prevail)

dachshund

ダックスフント(胴長で脚の短い犬)

retriever

射止めた獲物を持って来るように訓練した猟犬

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

pink

〈U〉『桃色,ピング』

〈C〉ナデシコ属の植物(ナデシコ・セキチク・カーネーションなど)

《the pink》《話》最上のもの,極致,粋

〈C〉《しばしばPink》《話》左翼的な人,赤がかった人

桃色の,ピンクの

《しばしばPink》左翼的な,赤がかった

fur

〈U〉(ウサギ・ミンク・キツネなどの柔らかな)『毛皮』

《集合的に》柔らかな毛をした動物

〈C〉《しばしば複数形で》(外とう・えり巻きなどの)『毛皮製品』;(服装用の)毛皮

〈U〉(舌にできる)舌ごけ

〈U〉(やかんなどにつく)湯あか

〈衣服〉‘に'毛皮の裏(へり)をつける

〈舌〉‘に'舌ごけをつける

〈やかんなど〉‘に'湯あかをつける

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

saliva

だ液,つば

bodily

『身体上の』,肉体上の

みずから,自身で(in person)

体ごとそっくり

fluid

『流体』,流動体

『流動性の』,流動する

流体の,流動体から成る

変わりやすい,固定していない,浮動する

warehouse

倉庫

〈商品など〉‘を'倉庫に入れる,貯蔵する

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

plaything

遊び道具,おもちゃ

慰みもの

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

guideline

(未来の行動の)指針,誘指標《+『of』(『for』)+『名』》

happening

《しばしば複数形で》事件,でき事

《おもに米》(劇などで)即興的な展開

science fiction

空想科学小説(《略》『SF,sf』)

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

upon

『…の上に』

enormous

『巨大な』,ばく大な

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

thanks

ありがとう

(…に対する)感謝の言葉(気持ち)《+for+名〈物・事〉,+to+名〈人〉》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画