TED日本語 - フィオレンゾ・オメネト: 絹―歴史ある、未来の素材

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

自然界で最もエレガントな素材の1つ、絹。フィオレンゾ・オメネトが、光の伝送・持続可能性の向上・耐久性の増加・医療の飛躍や限界への挑戦など、20以上の驚くべき絹の新利用法を紹介し、ステージではこの万能素材でできた品々を披露します。

Script

ありがとう ここに来れてうれしいです 古くて新しい素材についてお話します 私たちを驚嘆させ続けていて 材料科学や高度技術に対する 考え方に影響を与えるかもしれない素材です 今後もしかすると 医学や 世界的保健や森林再生にも貢献するかもしれません 少し大胆な発言ですね もう少しお話しましょう この素材は実際信じられない特性を備えています 素材は持続可能で 全ての加工は常温の水の中でされます 時間設定した生分解ができ コップの水に瞬時に溶けるようにも 何年も変化しないようにもできます 食べることもでき 免疫反応を起こさず 人体に埋め込むこともできます 実際 身体と一体化してしまいます 技術的な特性もあるので ミクロ電子工学にも使え 光通信学的なこともできそうです その素材は このようなものです 見たとおり この素材は透明です 構成要素は水分とタンパク質のみです

この素材は絹でできています なじみのある絹とは 少し違います では5千年の歴史があるものを どうやって作り変えるのか? 発見過程とは概して自然からヒントを得るものです そこで蚕の興味を向けます この蚕は繊維を紡いでいるところです 蚕は驚くことをします 分泌腺から出るタンパク質と 水の2つの材料を使い 非常に耐久性のある保護素材を作るのです ケブラーのような 工業用繊維に匹敵します 私たちが知っていて なじみのある リバースエンジニアリングで 繊維工業を見ると 繊維工業は繭をほぐして 華やかなものを作り出しています 知りたいのは どうやって水とタンパク質を ケブラーの溶液 この自然ケブラーにするかです

実際にこれをどのように リバースエンジニアして 繭から分泌腺へと逆行し 出発物質である水とタンパク質にたどり着くかです これに関しては 私も一緒に働く光栄にあずかった デイビッド・カプランという人物が 約20年前に解き明かしました そして出発物質が得られ これが基本的な構成要素に戻ります そしてこれを使って様々なもの 例えばフィルムなどを作ります 非常に簡単なことを利用します フィルムの作り方は タンパク質に高度な特性が あることを活用したものなのです 自己組織化ができることです レシピは簡単で 絹の溶液を流し込み タンパク質が 自己組織化するのを待ちます そして水分が蒸発しタンパク質が集合したら フィルムになったタンパク質を取り外します

フィルムは技術的でもあると言いましたが それはどういう意味か? それは典型的な技術のいくつかと 連結できるということです ミクロ電子工学やナノスケール技術などです このDVDの画像は 絹は表面の非常に僅かな 起伏をたどることを説明するためで このため ナノスケールで起伏を複製できるということです つまりDVDに記録された 情報を複製できるということです 情報を水とタンパク質のフィルムに記録できるのです 試しに絹の一片にメッセージを書いてみました これです メッセージはここです DVDのように光学的に情報を読み取れます 手が震えるとダメなので ステージで大勢の人たちを前にしてやれるか やってみましょう 透明のフィルムですが こうすると― (拍手) ここで一番すごい業は やっている間 手が震えなかったことです

そして一旦 素材のこのような 特性が手に入ると たくさんのことができます 実際フィルムに限られません この素材は様々な形態にすることができます ちょっと凝ったことをして 色々な光学素子や ランニングシューズの反射テープのような マイクロプリズムを作ったりできます 美しいものも作れます カメラで写せますか? フィルムに立体感を加えて ちょうどいい角度で見ると 絹のフィルムにホログラムが浮かび上がります 他のこともでできます 純タンパク質で光を導くことが できるかもと考え 光ファイバーも作りました

でも絹は万能で光学以上のことができます 様々な形態が考えられます 例えば医者に行って注射されるのが怖いなら 極細の針を作ればよいのです 画面にあるのは人間の髪の毛に 絹でできた針を重ね合わせたものです 細さが分かると思います もっと大きなものも作れます 歯車やネジやボルト これらはWhole Foodsで買うことができます 歯車は水中でも使用できます 機械の代替部品について考えると ケブラーの溶液は 例えば末梢静脈や 骨丸ごと1本を交換する耐久性のあるものとして 使えるかもしれません ちょっとした見本として ミニチュアの頭蓋骨があります ミニ・ヨリックと呼んでいます (笑) でも例えばカップのようなものも作れます 金と半導体を少し加えれば 食品の表面に貼り付けられるセンサーが作れます 折り曲げたり包んだりできる 電子装置も作れます ファッションに敏感な人なら絹のLEDタトゥーでも

ご覧のとおり 絹には 素材形態の 多用途性があります まだ他にも独特の特性があります どうして実際にこれが役立つのか? 最初に少し述べましたが タンパク質は生分解性や生体適合性があります これは組織切片の写真です 生分解性と生体適合性があるから何だと言うのか? 身体に埋め込んだ後 取り除く必要がないということです つまりお見せしたすべての装置や形態は理論上では 身体に埋め込まれた後 消えてしまうということです この組織切片に見えるのは 実は反射テープです 車からあなたのことが見えるように 光を当てれば組織の奥まで見ることが できるというアイデアです 絹でできた反射テープがあるからです 更にこれは組織と一体化します 人体と 一体化するだけではなく 環境と一体化することも重要です タンパク質の時間設定をすると このような絹のカップができ 罪悪感なしで捨てることができます (拍手) 残念なことに埋立地に日々溜まっていく 発砲スチロールのカップとは違います 食べることもできるので そのまま調理できる 食品用のスマート包装も作れます 味はよくないので 助けが必要なんですが

でも最も素晴らしい点は元に戻るということです 絹は自己組織化の過程で 生体物質の繭として機能します そこでレシピを変えて 流し込む時に何か加え― 絹の溶液に何か加え それが酵素であろうが 抗体やワクチンであろうが 自己組織化の過程が これらのドーパントの生体機能を守ります つまり素材は環境に対して活性を持つようにも 持たないようにもできるのです 先ほどお見せしたネジも 実際に折れた骨を 繋ぎ合わせるネジとして使えるのです 骨が治癒している間 同時に薬品を投与することもできます 要冷蔵の薬品を財布に入れておくこともできます そこでペニシリンの入った 絹カードを作りました これを2ヶ月間摂氏60度 つまり華氏140度で保存しましたが ペニシリンの薬効は失われませんでした ですからこれは― (拍手) これはソーラー冷蔵庫を背負った ラクダより良い案かもしれません もちろん使用できなければ保存の意味はありません

それにはもう1つの独特の素材特性があります 素材の分解を設定することができるのです ここに見えるのがその差です 上は分解しないよう設定されたフィルムで 下は水中で分解するよう設定されたフィルムです ご覧のとおり 下のフィルムは 中身を放出しています このように保存したものを使用することができます 時間制御した薬品投与や 環境への還元も可能となります 見て頂いた形態のどれでも可能です

これらの発見を繋いでいるのは実際に糸なのです 静脈や骨の差し替えや もっと持続可能な ミクロ電子学を行うこと コーヒーを飲んだあと罪悪感なく カップを捨てたり 薬をポケットに入れて持ち歩て それをそのまま飲んだり そのまま砂漠を渡って届けたり したいことが何であれ 答えは絹糸に あるかもしれないことには感動させられます

ありがとう

(拍手)

Thank you. I'm thrilled to be here. I'm going to talk about a new, old material that still continues to amaze us, and that might impact the way we think about material science, high technology -- and maybe, along the way, also do some stuff for medicine and for global health and help reforestation. So that's kind of a bold statement. I'll tell you a little bit more. This material actually has some traits that make it seem almost too good to be true. It's sustainable; it's a sustainable material that is processed all in water and at room temperature -- and is biodegradable with a clock, so you can watch it dissolve instantaneously in a glass of water or have it stable for years. It's edible; it's implantable in the human body without causing any immune response. It actually gets reintegrated in the body. And it's technological, so it can do things like microelectronics, and maybe photonics do. And the material looks something like this. In fact, this material you see is clear and transparent. The components of this material are just water and protein.

So this material is silk. So it's kind of different from what we're used to thinking about silk. So the question is, how do you reinvent something that has been around for five millennia? The process of discovery, generally, is inspired by nature. And so we marvel at silk worms -- the silk worm you see here spinning its fiber. The silk worm does a remarkable thing: it uses these two ingredients, protein and water, that are in its gland, to make a material that is exceptionally tough for protection -- so comparable to technical fibers like Kevlar. And so in the reverse engineering process that we know about, and that we're familiar with, for the textile industry, the textile industry goes and unwinds the cocoon and then weaves glamorous things. We want to know how you go from water and protein to this liquid Kevlar, to this natural Kevlar.

So the insight is how do you actually reverse engineer this and go from cocoon to gland and get water and protein that is your starting material. And this is an insight that came, about two decades ago, from a person that I'm very fortunate to work with, David Kaplan. And so we get this starting material. And so this starting material is back to the basic building block. And then we use this to do a variety of things -- like, for example, this film. And we take advantage of something that is very simple. The recipe to make those films is to take advantage of the fact that proteins are extremely smart at what they do. They find their way to self-assemble. So the recipe is simple: you take the silk solution, you pour it, and you wait for the protein to self-assemble. And then you detach the protein and you get this film, as the proteins find each other as the water evaporates.

But I mentioned that the film is also technological. And so what does that mean? It means that you can interface it with some of the things that are typical of technology, like microelectronics and nanoscale technology. And the image of the DVD here is just to illustrate a point that silk follows very subtle topographies of the surface, which means that it can replicate features on the nanoscale. So it would be able to replicate the information that is on the DVD. And we can store information that's film with water and protein. So we tried something out, and we wrote a message in a piece of silk, which is right here, and the message is over there. And much like in the DVD, you can read it out optically. And this requires a stable hand, so this is why I decided to do it onstage in front of a thousand people. So let me see. So as you see the film go in transparently through there, and then ... (Applause) And the most remarkable feat is that my hand actually stayed still long enough to do that.

So once you have these attributes of this material, then you can do a lot of things. It's actually not limited to films. And so the material can assume a lot of formats. And then you go a little crazy, and so you do various optical components or you do microprism arrays, like the reflective tape that you have on your running shoes. Or you can do beautiful things that, if the camera can capture, you can make. You can add a third dimensionality to the film. And if the angle is right, you can actually see a hologram appear in this film of silk. But you can do other things. You can imagine that then maybe you can use a pure protein to guide light, and so we've made optical fibers.

But silk is versatile and it goes beyond optics. And you can think of different formats. So for instance, if you're afraid of going to the doctor and getting stuck with a needle, we do microneedle arrays. What you see there on the screen is a human hair superimposed on the needle that's made of silk -- just to give you a sense of size. You can do bigger things. You can do gears and nuts and bolts -- that you can buy at Whole Foods. And the gears work in water as well. So you think of alternative mechanical parts. And maybe you can use that liquid Kevlar if you need something strong to replace peripheral veins, for example, or maybe an entire bone. And so you have here a little example of a small skull -- what we call mini Yorick. (Laughter) But you can do things like cups, for example, and so, if you add a little bit of gold, if you add a little bit of semiconductors you could do sensors that stick on the surfaces of foods. You can do electronic pieces that fold and wrap. Or if you're fashion forward, some silk LED tattoos.

So there's versatility, as you see, in the material formats, that you can do with silk. But there are still some unique traits. I mean, why would you want to do all these things for real? I mentioned it briefly at the beginning; the protein is biodegradable and biocompatible. And you see here a picture of a tissue section. And so what does that mean, that it's biodegradable and biocompatible? You can implant it in the body without needing to retrieve what is implanted. Which means that all the devices that you've seen before and all the formats, in principle, can be implanted and disappear. And what you see there in that tissue section, in fact, is you see that reflector tape. So, much like you're seen at night by a car, then the idea is that you can see, if you illuminate tissue, you can see deeper parts of tissue because there is that reflective tape there that is made out of silk. And you see there, it gets reintegrated in tissue. And reintegration in the human body is not the only thing, but reintegration in the environment is important. So you have a clock, you have protein, and now a silk cup like this can be thrown away without guilt -- (Applause) unlike the polystyrene cups that unfortunately fill our landfills everyday. It's edible, so you can do smart packaging around food that you can cook with the food. It doesn't taste good, so I'm going to need some help with that.

But probably the most remarkable thing is that it comes full circle. Silk, during its self-assembly process, acts like a cocoon for biological matter. And so if you change the recipe, and you add things when you pour -- so you add things to your liquid silk solution -- where these things are enzymes or antibodies or vaccines, the self-assembly process preserves the biological function of these dopants. So it makes the materials environmentally active and interactive. So that screw that you thought about beforehand can actually be used to screw a bone together -- a fractured bone together -- and deliver drugs at the same, while your bone is healing, for example. Or you could put drugs in your wallet and not in your fridge. So we've made a silk card with penicillin in it. And we stored penicillin at 60 degrees C, so 140 degrees Fahrenheit, for two months without loss of efficacy of the penicillin. And so that could be -- - (Applause) that could be potentially a good alternative to solar powered refrigerated camels. (Laughter) And of course, there's no use in storage if you can't use [ it ] .

And so there is this other unique material trait that these materials have, that they're programmably degradable. And so what you see there is the difference. In the top, you have a film that has been programmed not to degrade, and in the bottom, a film that has been programmed to degrade in water. And what you see is that the film on the bottom releases what is inside it. So it allows for the recovery of what we've stored before. And so this allows for a controlled delivery of drugs and for reintegration in the environment in all of these formats that you've seen.

So the thread of discovery that we have really is a thread. We're impassioned with this idea that whatever you want to do, whether you want to replace a vein or a bone, or maybe be more sustainable in microelectronics, perhaps drink a coffee in a cup and throw it away without guilt, maybe carry your drugs in your pocket, deliver them inside your body or deliver them across the desert, the answer may be in a thread of silk.

Thank you.

(Applause)

Thank you.//

ありがとう

I'm thrilled to be here.//

ここに来れてうれしいです

I'm going to talk/ about a new, old material/ that still continues to amaze/ us,/ and that might impact the way/ we think about material science,/ high technology --/ and maybe,/ along the way,/ also do some stuff/ for medicine/ and/ for global health/ and help reforestation.//

古くて新しい素材についてお話します 私たちを驚嘆させ続けていて 材料科学や高度技術に対する 考え方に影響を与えるかもしれない素材です 今後もしかすると 医学や 世界的保健や森林再生にも貢献するかもしれません

So/ that's kind of a bold statement.//

少し大胆な発言ですね

I'll tell you/ a little bit more.//

もう少しお話しましょう

This material actually has some traits/ that make it seem almost too good/ to be true.//

この素材は実際信じられない特性を備えています

It's sustainable;/ it's a sustainable material/ that is processed all/ in water/ and/ at room temperature --/ and is biodegradable/ with a clock,/ so you can watch/ it dissolve instantaneously/ in a glass of water/ or have it stable/ for years.//

素材は持続可能で 全ての加工は常温の水の中でされます 時間設定した生分解ができ コップの水に瞬時に溶けるようにも 何年も変化しないようにもできます

It's edible;/ it's implantable/ in the human body/ without causing any immune response.//

食べることもでき 免疫反応を起こさず 人体に埋め込むこともできます

It actually gets reintegrated in the body.//

実際 身体と一体化してしまいます

And it's technological,/ so it can do things/ like microelectronics,/ and maybe/ photonics do.//

技術的な特性もあるので ミクロ電子工学にも使え 光通信学的なこともできそうです

And the material looks something/ like this.//

その素材は このようなものです

In fact,/ this material/ you see/ is clear/ and transparent.//

見たとおり この素材は透明です

The components of this material are just water and protein.//

構成要素は水分とタンパク質のみです

So this material is silk.//

この素材は絹でできています

So it's kind of different/ from what we're used to thinking about silk.//

なじみのある絹とは 少し違います

So the question is,/ how do you reinvent something/ that has been around for five millennia?//

では5千年の歴史があるものを どうやって作り変えるのか?

発見過程とは概して自然からヒントを得るものです

And so/ we marvel at silk worms --/ the silk worm/ you see here spinning/ its fiber.//

そこで蚕の興味を向けます この蚕は繊維を紡いでいるところです

The silk worm does a remarkable thing:/ it uses these two ingredients,/ protein and water,/ that are in its gland,/ to make a material/ that is exceptionally tough/ for protection --/ so comparable/ to technical fibers/ like Kevlar.//

蚕は驚くことをします 分泌腺から出るタンパク質と 水の2つの材料を使い 非常に耐久性のある保護素材を作るのです ケブラーのような 工業用繊維に匹敵します

And so/ in the reverse engineering process/ that we know about,/ and/ that we're familiar with,/ for the textile industry,/ the textile industry goes and unwinds the cocoon/ and then weaves glamorous/ things.//

私たちが知っていて なじみのある リバースエンジニアリングで 繊維工業を見ると 繊維工業は繭をほぐして 華やかなものを作り出しています

We want to know/ how you go from water and protein/ to this liquid Kevlar,/ to this natural Kevlar.//

知りたいのは どうやって水とタンパク質を ケブラーの溶液 この自然ケブラーにするかです

So the insight is/ how do you actually reverse engineer/ this/ and go from cocoon/ to gland and get water and protein/ that is your starting material.//

実際にこれをどのように リバースエンジニアして 繭から分泌腺へと逆行し 出発物質である水とタンパク質にたどり着くかです

And this is an insight/ that came,/ about two decades ago,/ from a person/ that I'm very fortunate/ to work with,/ David Kaplan.//

これに関しては 私も一緒に働く光栄にあずかった デイビッド・カプランという人物が 約20年前に解き明かしました

And/ so we get this starting material.//

そして出発物質が得られ

And so/ this starting material is back to the basic building block.//

これが基本的な構成要素に戻ります

And then/ we use this to do a variety of things --/ like,/ for example,/ this film.//

そしてこれを使って様々なもの 例えばフィルムなどを作ります

And we take advantage of something/ that is very simple.//

非常に簡単なことを利用します

The recipe to make those films is to take advantage of the fact/ that proteins are extremely smart/ at what they do.//

フィルムの作り方は タンパク質に高度な特性が あることを活用したものなのです

They find their way/ to self-assemble.//

自己組織化ができることです

So the recipe is simple:/ you take the silk solution,/ you pour it,/ and you wait for the protein/ to self-assemble.//

レシピは簡単で 絹の溶液を流し込み タンパク質が 自己組織化するのを待ちます

And then/ you detach the protein/ and you get this film,/ as the proteins find each other/ as the water evaporates.//

そして水分が蒸発しタンパク質が集合したら フィルムになったタンパク質を取り外します

But I mentioned/ that the film is also technological.//

フィルムは技術的でもあると言いましたが

And so/ what does/ that mean?//

それはどういう意味か?

It means/ that you can interface it/ with some of the things/ that are typical of technology,/ like microelectronics and nanoscale technology.//

それは典型的な技術のいくつかと 連結できるということです ミクロ電子工学やナノスケール技術などです

And the image of the DVD here is just to illustrate a point/ that silk follows very subtle topographies of the surface,/ which means/ that it can replicate features/ on the nanoscale.//

このDVDの画像は 絹は表面の非常に僅かな 起伏をたどることを説明するためで このため ナノスケールで起伏を複製できるということです

So/ it would be able to replicate the information/ that is on the DVD.//

つまりDVDに記録された 情報を複製できるということです

And we can store information/ that's film/ with water and protein.//

情報を水とタンパク質のフィルムに記録できるのです

So we tried something out,/ and we wrote a message/ in a piece of silk,/ which is right here,/ and the message is over there.//

試しに絹の一片にメッセージを書いてみました これです メッセージはここです

And much/ like in the DVD,/ you can read it out optically.//

DVDのように光学的に情報を読み取れます

And this requires a stable hand,/ so/ this is/ why I decided to do/ it/ onstage/ in front of a thousand people.//

手が震えるとダメなので ステージで大勢の人たちを前にしてやれるか

So let me/ see.//

やってみましょう

So/ as you see/ the film go in transparently/ through there,/ and then ...//

透明のフィルムですが こうすると―

(Applause)/ And the most remarkable feat is/ that my hand actually stayed still long enough/ to do/ that.//

(拍手) ここで一番すごい業は やっている間 手が震えなかったことです

So/ once you have these attributes of this material,/ then/ you can do a lot of things.//

そして一旦 素材のこのような 特性が手に入ると たくさんのことができます

It's actually not limited/ to films.//

実際フィルムに限られません

And so/ the material can assume a lot of formats.//

この素材は様々な形態にすることができます

And then/ you go a little crazy,/ and so/ you do various optical components/ or you do microprism arrays,/ like the reflective tape/ that you have on your running shoes.//

ちょっと凝ったことをして 色々な光学素子や ランニングシューズの反射テープのような マイクロプリズムを作ったりできます

Or you can do beautiful things/ that,/ if the camera can capture,/ you can make.//

美しいものも作れます カメラで写せますか?

You can add a third dimensionality/ to the film.//

フィルムに立体感を加えて

And/ if the angle is right,/ you can actually see/ a hologram appear in this film of silk.//

ちょうどいい角度で見ると 絹のフィルムにホログラムが浮かび上がります

But you can do other things.//

他のこともでできます

You can imagine/ that then maybe/ you can use a pure protein/ to guide light,/ and/ so we've made optical fibers.//

純タンパク質で光を導くことが できるかもと考え 光ファイバーも作りました

But silk is versatile/ and it goes beyond optics.//

でも絹は万能で光学以上のことができます

And you can think of different formats.//

様々な形態が考えられます

So/ for instance,/ if you're afraid of going to the doctor/ and getting stuck with a needle,/ we do microneedle arrays.//

例えば医者に行って注射されるのが怖いなら 極細の針を作ればよいのです

What you see there/ on the screen is a human hair superimposed on the needle/ that's made of silk --/ just to give you/ a sense of size.//

画面にあるのは人間の髪の毛に 絹でできた針を重ね合わせたものです 細さが分かると思います

You can do bigger things.//

もっと大きなものも作れます

You can do gears and nuts and bolts --/ that you can buy at Whole Foods.//

歯車やネジやボルト これらはWhole Foodsで買うことができます

And the gears work in water/ as well.//

歯車は水中でも使用できます

So you think of alternative mechanical parts.//

機械の代替部品について考えると

And maybe/ you can use/ that liquid Kevlar/ if you need something strong/ to replace peripheral veins,/ for example,/ or maybe/ an entire bone.//

ケブラーの溶液は 例えば末梢静脈や 骨丸ごと1本を交換する耐久性のあるものとして 使えるかもしれません

And so/ you have here/ a little example of a small skull --/ what we call mini/ Yorick.//

ちょっとした見本として ミニチュアの頭蓋骨があります ミニ・ヨリックと呼んでいます

(Laughter)/ But you can do things/ like cups,/ for example,/ and so,/ if you add a little bit of gold,/ if you add a little bit of semiconductors/ you could do sensors/ that stick on the surfaces of foods.//

(笑) でも例えばカップのようなものも作れます 金と半導体を少し加えれば 食品の表面に貼り付けられるセンサーが作れます

You can do electronic pieces/ that fold and wrap.//

折り曲げたり包んだりできる 電子装置も作れます

Or/ if you're fashion forward,/ some silk LED tattoos.//

ファッションに敏感な人なら絹のLEDタトゥーでも

So there's versatility,/ as you see,/ in the material formats,/ that you can do with silk.//

ご覧のとおり 絹には 素材形態の 多用途性があります

But there are still some unique traits.//

まだ他にも独特の特性があります

I mean,/ why would you want to do all these things/ for real?//

どうして実際にこれが役立つのか?

I mentioned it briefly/ at the beginning;/ the protein is biodegradable and biocompatible.//

最初に少し述べましたが タンパク質は生分解性や生体適合性があります

And you see here/ a picture of a tissue section.//

これは組織切片の写真です

And so/ what does/ that mean,/ that it's biodegradable and biocompatible?//

生分解性と生体適合性があるから何だと言うのか?

You can implant it/ in the body/ without needing to retrieve/ what is implanted.//

身体に埋め込んだ後 取り除く必要がないということです

Which means/ that all the devices/ that you've seen before and all the formats,/ in principle,/ can be implanted and disappear.//

つまりお見せしたすべての装置や形態は理論上では 身体に埋め込まれた後 消えてしまうということです

And what you see there/ in that tissue section,/ in fact,/ is you see/ that reflector tape.//

この組織切片に見えるのは 実は反射テープです

So,/ much/ like you're seen at night/ by a car,/ then/ the idea is/ that you can see,/ if you illuminate tissue,/ you can see deeper parts of tissue/ because there is/ that reflective tape/ there/ that is made out of silk.//

車からあなたのことが見えるように 光を当てれば組織の奥まで見ることが できるというアイデアです 絹でできた反射テープがあるからです

And you see there,/ it gets reintegrated in tissue.//

更にこれは組織と一体化します

And reintegration/ in the human body is not the only thing,/ but reintegration/ in the environment is important.//

人体と 一体化するだけではなく 環境と一体化することも重要です

So you have a clock,/ you have protein,/ and now/ a silk cup/ like this can be thrown away/ without guilt --/ (Applause)/ unlike the polystyrene cups/ that unfortunately fill our landfills everyday.//

タンパク質の時間設定をすると このような絹のカップができ 罪悪感なしで捨てることができます (拍手) 残念なことに埋立地に日々溜まっていく 発砲スチロールのカップとは違います

It's edible,/ so you can do smart packaging/ around food/ that you can cook with the food.//

食べることもできるので そのまま調理できる 食品用のスマート包装も作れます

It doesn't taste good,/ so I'm going to need/ some help/ with that.//

味はよくないので 助けが必要なんですが

But probably the most remarkable thing is/ that it comes full circle.//

でも最も素晴らしい点は元に戻るということです

Silk,/ during its self-assembly process,/ acts like a cocoon/ for biological matter.//

絹は自己組織化の過程で 生体物質の繭として機能します

And so/ if you change the recipe,/ and you add things/ when you pour --/ so you add things/ to your liquid silk solution --/ where these things are enzymes or antibodies or vaccines,/ the self-assembly process preserves the biological function of these dopants.//

そこでレシピを変えて 流し込む時に何か加え― 絹の溶液に何か加え それが酵素であろうが 抗体やワクチンであろうが 自己組織化の過程が これらのドーパントの生体機能を守ります

So it makes the materials/ environmentally active and interactive.//

つまり素材は環境に対して活性を持つようにも 持たないようにもできるのです

So/ that screw/ that you thought about beforehand can actually be used to screw a bone together --/ a fractured bone together --/ and deliver drugs/ at the same,/ while your bone is healing,/ for example.//

先ほどお見せしたネジも 実際に折れた骨を 繋ぎ合わせるネジとして使えるのです 骨が治癒している間 同時に薬品を投与することもできます

Or you could put drugs/ in your wallet and not in your fridge.//

要冷蔵の薬品を財布に入れておくこともできます

So we've made a silk card/ with penicillin/ in it.//

そこでペニシリンの入った 絹カードを作りました

And we stored penicillin/ at 60 degrees C,/ so/ 140 degrees Fahrenheit,/ for two months/ without loss of efficacy of the penicillin.//

これを2ヶ月間摂氏60度 つまり華氏140度で保存しましたが ペニシリンの薬効は失われませんでした

And so/ that could be --/ - (Applause)/ that could be potentially a good alternative/ to solar powered refrigerated camels.// (Laughter) And of course,/ there's no use/ in storage/ if you can't use [ it ] .//

ですからこれは― (拍手) これはソーラー冷蔵庫を背負った ラクダより良い案かもしれません もちろん使用できなければ保存の意味はありません

And so/ there is this other unique material trait/ that these materials have,/ that they're programmably degradable.//

それにはもう1つの独特の素材特性があります 素材の分解を設定することができるのです

And so/ what you see/ there is the difference.//

ここに見えるのがその差です

In the top,/ you have a film/ that has been programmed not to degrade,/ and in the bottom,/ a film/ that has been programmed to degrade/ in water.//

上は分解しないよう設定されたフィルムで 下は水中で分解するよう設定されたフィルムです

And what you see/ is/ that the film/ on the bottom releases/ what is inside it.//

ご覧のとおり 下のフィルムは 中身を放出しています

So it allows for the recovery of what we've stored before.//

このように保存したものを使用することができます

And so/ this allows for a controlled delivery of drugs/ and/ for reintegration/ in the environment/ in all of these formats/ that you've seen.//

時間制御した薬品投与や 環境への還元も可能となります 見て頂いた形態のどれでも可能です

So the thread of discovery/ that we have/ really is a thread.//

これらの発見を繋いでいるのは実際に糸なのです

We're impassioned with this idea/ that/ whatever you want to do,/ whether you want to replace/ a vein or a bone,/ or maybe be more sustainable/ in microelectronics,/ perhaps drink a coffee/ in a cup/ and throw it away/ without guilt,/ maybe carry your drugs/ in your pocket,/ deliver them/ inside your body/ or deliver them/ across the desert,/ the answer may be in a thread of silk.//

静脈や骨の差し替えや もっと持続可能な ミクロ電子学を行うこと コーヒーを飲んだあと罪悪感なく カップを捨てたり 薬をポケットに入れて持ち歩て それをそのまま飲んだり そのまま砂漠を渡って届けたり したいことが何であれ 答えは絹糸に あるかもしれないことには感動させられます

Thank you.//

ありがとう

(拍手)

thrill

(喜び・恐れ・興奮などで)『ぞくぞくする感じ』,ぞっとする(わくわくする)感じ,スリル

『ぞくぞくさせるもの』,ぞっと(わくわく)させるもの

…‘を'『ぞくぞくさせる』,ぞっと(わくわく)させる

(…に)ぞくぞくする,ぞっとする,わくわくする《+at(to)+名》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

amaze

…'を'『ひどくびっくりさせる』,驚きあきれさせる

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

reforestation

再植林

bold

『大胆な,恐れを知らない』(fearless)

ずぶとい,ずうずうしい

太くて目立つ;(文字が)肉太の

けわしい

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

trait

特性,特質,特色

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

biodegradable

(紙や台所くずのように)腐敗環元できる

clock

『時計』

(時計・ストップウォッチなどで)…‘の'時間を計る;〈ある時間〉'を'計る

dissolve

…‘を'『溶かす』,溶液にする

…‘を'解消する,終りにする

…‘を'分解する;…‘を'解明する

〈物質が〉『溶ける』,溶解する,液化する

〈霧などが〉消散する,四散する(disperse)

次第に消滅する,次第に薄れる(fade away)

(強い感情に)負ける

instantaneously

即座に,瞬時に,即刻

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

stable

『安定した』,しっかりした(steady)

(人・意見などが)『着実な』,堅実な,信頼できる

(物理的に)安定な,復元力のある

(化学的に)安定した,簡単に分解しない

edible

(毒性がなく)食用になる,食べられる

食料品

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

technological

科学技術の(に関する)

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

clear

『晴れた』;明るい(bright)

『透き通った』,透明な

(形・輪郭などが)『はっきりした』,くっきりした

(音が)はっきり聞こえる(聞き取れる)

『分かりやすい』,あいまいさのない

《補語にのみ用いて》はっきり知っている,確信している

明せきな,理路整然とした

妨害(支障)のない

汚れ(しみ,きず)がない

《補語のみ用いて》(…を)免れた,(…が)ない,(…から)解放された《+『of』+『名』》

《名詞の前,時に名詞の後に用いて》丸々の;正味の

はっきりと,明瞭に,明確に

(…から)離れて《+『of』+『名』》

全く,まるまる

(…を)…‘から'『取り除く』,片付ける;(人を)…‘から'立ち去らせる《+『名』+『of』+『名』》

(…から)〈物〉'を'『取り除く』,片付ける;(…から)〈人〉'を'立ち去らせる《『名』『+『from』(『out of』,『off』)+『名』》

'を'きれいにする,清らかにする;…を明るくする

…‘に'触れないで越す

(罪・疑い・責任などから)…'を'逃れさせる』,免除する《+『名』+『of』+『名』》

〈議会・税関・手形交換所など〉'を'すんなりと通過する,‘の'許可を簡単に得る

《話》…'を'まるまるもうける,‘の'純益を上げる

〈負債〉を清算する,〈手形〉を釧済する;〈小切手〉を現金化する

『明るくなる』;澄む

消え去る,過ぎ去る

(じゃま物のない)開けた場所,あき地

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

component

構成している,成分の

構成要素,成分

protein

蛋白(たんばく)質

silk

〈U〉『生糸』,絹糸

『絹織物』,絹布

〈C〉《しばしば複数形で》絹の衣服,絹物

〈C〉《複数形で》《米》競馬の騎手が着るはでな色の服

〈U〉トウモロコシの盲

《英》勅選弁護士

絹の,絹製の,絹のような

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

inspire

〈人〉‘を'『鼓舞する』

〈作品など〉‘を'霊感を与えて生み出させる

(人に)〈考え・感情〉‘を'『呼び起こす』《+『名+『in』+『名』〈人〉》

(考え・穏情を)〈人〉‘に'『呼び起こす』《+『名』+『with』+『名』》

空気を吸う(吸い込む)

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

marvel

〈C〉『驚異』,驚き

〈C〉《話》《a~》驚くほど(…)の人(物)《+『of』+『名』(抽象名詞)》

(…に)『驚嘆する』,驚く《+『at』+『名』(do『ing』)》

《『marvel』+『that節』(『wh-節』)》〈…ということ,…かどうか〉‘に'『驚嘆する』,‘を'不思議に思う

worm

〈C〉(細長く柔らかい)『虫』(毛虫・うじ虫・ミミズ・回虫など)

〈C〉(形・動きが)ミミズなどに似たもの,(いも虫状の)ねじのらせん

〈C〉虫けらのような人間;哀れな(下劣な)人

《複数形で;単数扱い》寄生虫病

(虫のように)体をくねらせて進む

…から寄生虫を駆除する

spin

(羊毛などから)〈糸など〉‘を'『紡ぐ』《+『名』+『out of』+『名』〈羊毛〉》,(糸などに)〈羊毛など〉‘を'紡ぐ《+『名』〈羊毛〉+『into』+『名』》

〈クモ・カイコなどが〉〈糸〉‘を'『吐く』;〈巣・繭〉‘を'かける

…‘を'くるくる回す

〈物語など〉‘を'作る,話す

『糸を紡ぐ』;〈クモ・カイコなどが〉糸を吐く

〈こまなどが〉くるくる回る

〈車などが〉疾走する

〈頭などが〉くらくらする

〈C〉〈U〉くるくる回すこと;回転

〈C〉《単数形で》(車などの)一走り

〈C〉(飛行機の)きりもみ降下

〈C〉《単数形で》(価値などの)急落

remarkable

『注目すべき』,『目につく』

並々ならぬ,非凡な(uncommon)

ingredient

(混合物の)成分,原料

構成要素

gland

(生物体内の)腺(せん)

exceptionally

例外的に;非常に

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

comparable

比較できる,類以点がある;(…と)比較できる《+『with』(『to』)+『名』》

匹敵する,肩を並べられる;(…に)匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

reverse

(位置・方向・順序などにおいて)『逆の』;裏側の』

逆に動かす(動く),バックの

〈U〉《the reverse》(…の)『反対』,『逆』《+『of』+『名』(『wh』‐節)》》

〈U〉《the reverse》(貨幣・メダルなどの)『裏側』,(一般に)(…の)裏面《+『of』+『名』》

〈C〉(運命などの)逆転,不運

〈U〉後退[装置],逆転[装置]

…‘を'『逆にする』,反対にする;…‘を'裏返す

〈機械など〉‘を'逆転させる,逆方向に動かす

〈判決など〉‘を'取り消す,破棄する

(ダンスで)逆に回る

〈機械などが〉逆方向に動く

engineering

『工学』

土木工事

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

textile

織物の

織物;織物材料(綿糸・ナイロンなど)

industry

〈U〉(一般に)『産業』

〈C〉(特定分野の)事業,実業,生事業

〈U〉勤勉

unwind

〈巻いたもの〉‘を'ほどく

〈もつれ〉‘を'解く

〈巻いたものが〉ほどける

《話》緊張がほぐれる

cocoon

(カイコなどの)まゆ

weave

織物を織る,機を織る

縫うように進む

〈毛糸・綿糸など〉‘を'『織って』(織物などを)『作る』《+名+into+名》

(毛糸・綿糸などから)〈織物〉‘を'『織る』,編む《+名+from(of)+名》

〈かごなど〉‘を'編む,編み上げる

(かごなどに)…‘を'編んで作る《+名+into+名》

(いくつかの事実・材料から)〈物語・計画など〉‘を'作り上げる,組み立てる《+名+from+名》

(ある物語・計画などに)〈事実・材料など〉‘を'組み立てる《+名+into+名》

《weave one's way の形で》縫うように進む

織り[方];編み[方]

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

decade

『10年間』

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

David

ダビデ(イスラエル王で旧約聖書「資篇」の作者)

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

building block

建築用ブロック

(おもちゃの)積み木

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

film

〈C〉(…の)『薄皮』,薄膜,薄い層《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(写真の)『フイルム』

〈C〉《おもに英》『映画』;《the films》《集合的に》映画

…‘を'薄膜でおおう

…‘を'フイルムに写す,(映画に)撮影する

〈小説など〉‘を'映画化する

(ほこり・氷などで)うっすらとおおわれる《+『over with』+『名』》

映画化される

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

recipe

(食物・飲物などの)作り方,処方《+『for』+『名』》

(…の)秘けつ,妙法《+『for』+『名』》

extremely

『極端に』,非常に過度に

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

solution

〈U〉(問題などを)『解くこと』,解明,解決法《+『of』(『for, to』)+『名』》

〈C〉(問題などの)『解答』,説明《+『of』(『to, for』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)『溶液』《+『of』+『名』》

〈U〉溶解

pour

《副詞[句]を伴って》〈液体〉‘を'『注ぐ』,『つぐ』,流す

(…に)…‘を'『注ぎかける』,溶びせる,〈努力など〉‘を'注ぐ《+『out』(forth』)+『名,』+『名』+out』(『forth』)》

《副詞[句]を伴って》〈水・煙などが〉『流れる』;《比喩(ひゆ)的に》〈人・物が〉『流れ出る』

〈雨が〉『激しく降る』《+『down』》

《話》(レセプションなどで)〈婦人が〉お茶(コーヒーなど)をつぐ,接待役をする

どしゃ降り

detach

(…から)…‘を'引き離す,分離する,取り外す《+『名』+『from』+『名』》

(特別任務に)〈部隊・軍艦など〉‘を'派遣する,分遣する

evaporate

『蒸発する』,蒸発して消える,消散する

…‘を'蒸発させる,蒸気にする

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

interface

中間面,界面(2物体・空間の接触面)・(異なる物の)境界面, 中間共通面; 共有領域; (コンピュータ)インタフェース

typical

『典型的な』,代表的な

特色をよく示す,特徴的な

image

(鏡に映った)『像』,(レンズによる)映像

(心に浮かぶ)『像』,心像,イメージ

(絵・彫刻などによる人・動物などの)『像』,肖像;偶像《+『of』+『名』》

(…に)『そっくりの人』(『物』)《+『of』+『名』》

(…の)典型;(…の)化身《+『of』+『名』》

(直喩(ちょくゆ)・隠喩などの)比喩

…‘の'像を描く;…‘を'思い描く

illustrate

…‘を'『説明する』,例証する

〈本・雑誌など〉‘に'図解(挿絵)を入れる

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

subtle

(知覚しにくいほど)『かすかな』,ほのかな,微妙な

(頭脳・感覚などが)鋭い

ずるい,こうかつな

難解な

巧みな,精巧な

topography

〈U〉地形学,(ある地域の)地形図作成

〈C〉地形,地勢

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

decide

〈人が〉〈論争・問題など〉'を'『解決する』

〈人が〉『決心する』

〈物事が〉…'を'決定する

〈物事が〉〈人〉‘に'決意させる,決定させる

『決定する』

(…に不利な,有利な)判決を下す《+『against』(『for』,『in favor of』)+『名』》

onstage

舞台の上で(に)

舞台上の

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

feat

『手柄』,功績

芸当,離れ業

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

limit

(空間・行為などの)『限界』,《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で;単数扱い》『境界』,境界線範囲,区域

(数量などの)許容量,制限

適度に

…‘を'『制限する』

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

format

(書籍の)体裁,型,判

(ラジオ・テレビ番組などの)構成

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

optical

視覚の,視力の

光学用の

array

〈軍隊など〉'を'整列させる,配置する

《文》〈人〉‘に'衣類を着せる,(特に)〈人〉'を'盛装させる

〈U〉整列,陳列

(…の)整列(配置)した物(人),勢ぞろい《+『of』+『名』(複数)》

〈U〉衣装,(特に)美しい装い

reflective

反射(反映,反響)する

熟考する,思慮深い,内省的な

tape

〈U〉(細長い紙・布などの荷造り用)『テープ』,ひも

〈C〉(決勝線用の)テープ

=tape measure

〈C〉〈U〉録音用テープ

=tape recording

=tape measure

…‘を'テープをくくる,テープをくっつける

=tape-record

…‘を'巻き尺で測る

《しばしば受動態で》《米》…‘に'包帯をする(《英》strap)

=tape-record

shoe

『靴』;《英》短靴

靴形の物;(馬の)てい鉄(horseshoe);(杖・棒の)石突き;(自動車の)タイヤの外包み;(ブレーキの )輪止め;(そりの)すべり金

…‘に'靴をはかせる;〈馬〉‘に'てい鉄を打つ

…‘の'先端(表面)に金具をつける

camera

『カメラ』,写真機

テレビ[用]カメラ

capture

〈動物・犯人・敵兵など〉'を'『捕える』,つかまえる

〈物〉'を'手に入れる

〈注意・関心など〉'を'ひきつける

〈U〉(…を)『つかまえること』,(…の)捕獲,逗捕《+『of』+『名』》

〈C〉捕虜;捕獲した物(動物)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

angle

『かど』,すみ(corner)

『角』,角度

《話》(ものを見る)角度,観点(point of view)

…'を'ある角度に動かす(向ける,曲げる)

…'を'ある角度から見る

hologram

レーザー写真

appear

『姿を現す』,出現する

〈本・記事などが〉公になる,出版される

(劇などに)出演する;(法廷などに)出廷する,出頭する

(…のように)『見える』,『思われる』

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

versatile

(哲が)多才の,多芸な,なんでもじょうずな

(道具などが)用途が広い,万能の

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

optics

光学

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

stick

(とがったもので)…‘を'『刺す』,突く《+『名』+『with』+『名』》

(…に)〈とがったもの〉‘を'『突き刺す』,突き立てる《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

(…で…に)…‘を'『刺して留める』,刺す《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

(のりなどで…に)…‘を'『はる』,くっける《+『名』+『on』+『名』+『with』+『名』》

《話》(…に)…‘を'置く,すえる(put)《+『名』+『on』(『in』)+『名』》

《受動態で》〈人・車など〉‘を'『動けなくする』,〈仕事など〉‘を'行き詰まらせる

《話》〈人〉‘を'困惑させる;〈人〉‘を'だます,‘に'たかる

(…に)『突す刺さる』,刺さっている《+『in』+『名』》

『くっついて離れない』,はりつく

動かなくなる,立往生する

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

screen

(わくのついた)『金網』,網戸

『ついたて』,びょうぶ

『隠すもの』,遮蔽(しゃへい)物,保護物

(映画・スライドの)映写幕,スクリーン

(テレビなどの)映像スクリーン

《the screen》《集合的に》映画[産業];映画界

(じゃり・砂などの)ふるい

…‘に'網戸をつける,金網を付ける

《しばしば受動態で》…‘を'『隠す』,保護する

(…から)…‘を'仕切る《+『off』+『名』(+『名』+『out』)+『from』+『名』》

〈じゃり・砂など〉‘を'ふるいにかける

(ふるいにかけるように)…‘を'除去する,濾過(ろか)する《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

《しばしば受動態で》…‘を'えり分ける,選別(選抜)する

《通例受動態で》〈映画〉‘を'上映する

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

superimpose

〈ある物〉‘を'(…の)上に置く(重ねる)《+名+on(upon, over)+名》

(フイルムに)字幕‘を'焼きつける

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

size

〈U〉〈C〉(人や物の)『大きさ』

〈U〉大きいこと

〈U〉数量,規模

〈C〉(帽子・靴・シャツなどの)『サイズ』,『寸法』,型

〈U〉《話》実情,真相

…‘を'大きさ(寸法)によって分類する

…‘を'ある寸法に作る

gear

〈C〉(動力を伝動する)『歯車』,ギヤ

〈U〉歯車装置,伝動装置,ギヤ

〈U〉(特定の機能を果たす)装置

〈U〉(ある仕事・活動のための)道具一式

…‘に'ギヤ(伝動装置)を取り付ける

(…に)…‘を'かみ合わせる,連係させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)ギヤがかみ合う《+『into』+『名』》

nut

『木の実』,堅果(けんか)(クリ・ドングリなど)

(堅果の皮をむいた)中の実,仁(じん)(しばしば食用になる)

(ボトルを留める)『留めねじ』,ナット

(バイオリンなどの)糸受け;毛止め

《話》変人;気違い

《話》あることに熱中する人,ファン,(…)狭

木の実を捜す(拾う)

bolt

『ボルト』(木・鉄板を締め合わせる締めくぎ)

(戸締まりの)『かんぬき』,差し錠

石弓(crossbow)用の短く太い矢

『いなずま』,電光

《単数形で》(突然の)脱走,逃亡

(布・紙の)一巻き《+『of』+『名』》

《米》脱党

〈戸・窓など〉‘に'かんぬきを掛ける;…'を'かんぬきを掛けて閉じ込める

《米》…‘と'関係を絶つ

〈食べ物〉'を'うのみにする,大急ぎで食べる

急に飛び出す,急に駆け出す

まっすぐに

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

mechanical

『機械の』,道具の;機械(道具)を必要とする

機械仕掛けの,機械操作の,機械製の

機械に適した,機械向きの;(人・行動などが)機械的な,自動的な

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

replace

(…として)…‘に'『取って代わる』《+『名』+『as』+『名』》

(…と)…‘を'取り替える《+『名』+『with』(『by』)+『名』》

…‘を'元の所に置く,戻す

peripheral

周囲の; 周辺(装置)の・末梢的な・重要でない; (...に比べて)瑣末な (to); 【医】末端部の; コンピュータの周辺装置

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

skull

『頭がい骨』,しゃれこうべ

《話》おつむ,頭

mini

ミニスカート

ミニカー

(一般に)小型の物

laughter

『笑い』,笑い声

cup

(紅茶・コーヒー用の)『茶わん』

『茶わん1杯』(の…)《+『of』+『名』》

カップ(容量の単位,約240,)

賞杯

《修飾語を伴って》(悲しみ・楽しみなど)人生の経験

《複数形で》酒・飲酒

〈手のひら〉'を'杯状にする

…'を'茶わん(杯状の物)の中へ入れる

gold

『金』,黄金(おうごん)

《集合的に》『金貨』(gold coins)

金銭,富,財宝

黄金色,金色

《しばしば…of goldの形で》(金のように)価値のあるもの;純真,親切

『金の』,金製の

金色の

semiconductor

(電気の)半導体

sensor

(光・温度・放射能などの)感知器

electronic

『電子の』,エレクトロンの

fold

《副語[句]を伴って》〈紙など〉‘を'『折る』,折り重ねる

〈両手など〉‘を'『組む』;〈鳥が〉〈翼〉‘を'畳む

(…に)…‘を'巻き付ける《+『around(about)』+『名』》

…‘を'抱き締める(embrace)

《副語[句]を伴って》〈扇などが〉折リ畳める

《話》〈事業などが〉つぶれる,閉じる《+『up』》

ひだ

折り目,畳み目

(土地の)くぼみ

起伏

wrap

(人・物に)…‘を'『巻きつける』,掛ける《+『名』+around(about)+『名』〈人・物〉》

(…で)〈人・物〉‘を'『くるむ』,包む〈+『名』〈人・物〉+『up』(+『up』+『名』+『in』+『名』》

《話》…‘を'終了する《+up+『名』,+『名』+up》

衣服の上に着る外衣(スカーフ,ショール,コートなど)

fashion

〈C〉〈U〉(…の)『流行』,はやり《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(特に婦人服の)ファション

《the~》人気のある人(もの)

〈C〉〈U〉《文》(…の)『方法』,仕方《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(…の)作り(make),様式(style),型(shape)《+『of』+『名』》

《古》《集合的に》上流会社[の人々]

(…から)…‘を'作る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;…‘を'細工して(…を)作る《+『名』+『into』+『名』》

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

LED

light-emitting diode

tattoo

(軍隊の)帰営ラッパ

(軍隊の)夜間軍楽行進

トントン(コツコツ)たたく音;(心臓の)ドキドキいう音

versatility

多才,多芸;用途が広いこと,万能

unique

『ただ一つしかない』,唯一[無二]の

『比類のない』,無比の,卓絶した

《話》『珍しい』(rare);独特の,特異な

real

(想像でなく)『現実の』,実際の,真実の

(まがいものでなく)『本物の』

不動産の

ほんとうに,とても(very)

briefly

手短に,簡単に

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

tissue

〈U〉〈C〉(生物体の)『組織』

〈U〉〈C〉『薄織物』

〈U〉〈C〉水を吸収する柔らかな薄紙

〈C〉カーボンコピー用薄紙

〈C〉《a ~》(…を)織り交ぜて作ったもの《+of+名》

=tissue paper

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

implant

(心・人に)〈思想・感情など〉‘を'刻み込む,植え付ける《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(思想

・感情などを)〈心・人〉‘に'刻み込む,植え付ける《+『名』+『with』+『名』》

(体に)〈組織・器具など〉‘を'はめ込む,移植する《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

retrieve

(…から)…‘を'取り戻す,回収する《+『名』+『from』+『名』》

〈罪など〉‘を'償う,〈誤りなど〉‘を'訂正する

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'捜して持って来る

〈猟犬が〉獲物を持って来る

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

principle

〈C〉『原理,原則』;法則

〈C〉『主義,信条』,基本方針,行動指針

〈U〉道義,節繰

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

reflector

反射物;反射鏡;反射望遠鏡

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

illuminate

…‘を'『照らす』,照明する,明るくする

…‘を'『照明で飾る』

…‘を'明らかにする,解明する

〈ページ・写本など〉‘を'色模様(飾り字)で飾る

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

throw

…‘を'『投げる』,ほうる

(…に)…‘を'『投げつける』,〈ミサイル・弾丸など〉‘を'発射する《+名+at+名》

《副詞[句]を伴って》〈相手〉‘を'投げ倒す,振り落とす

(…に)〈光・影〉‘を'投げかける,浴びせる,向ける《+名+on(over)+名》

〈視線・言葉など〉‘を'投げる,投げかける

《副詞[句]を伴って》(ある場所・位置・状態に)…‘を'投げ込む;…‘を'急に(…の)状態に落とし込む

…‘を'急いで着る(脱ぐ)《+on(off)+名,+名+on(off)》;(…に)…‘を'さっと掛ける《+名+over+名》

《副詞[句]を伴って》〈手・足など〉‘を'ぐいと動かす

〈声〉‘を'張り上げる;(腹話術で)〈声〉‘を'別の場所から聞こえてくるように思わせる

〈スイッチ・連結レバー〉‘を'動かす

〈陶器〉‘を'ろくろにかけて形造る

〈家畜が〉〈子〉‘を'産み落とす

《話》〈パーティーなど〉‘を'催す

《米話》〈試合・勝負事〉‘を'投げる,わざと負ける,八百長で負ける

《俗》〈人〉‘を'仰天させる,めんくらわせる

投げる,ほうる

『投げること』,投球;発射

投げて届く距離,射程

ショール,スカーフ,えりまき

guilt

『有罪』;『罪』;犯罪[行為]

罪の意識,やましさ

unlike

『…と[は]違って』,と異なって

…に似ていない;…らしくない

『似ていない』,異なる

polystyrene

ポリスチレン,スチロール樹脂(温遅調節装置の絶縁材などに用いる)

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

landfill

〈C〉ごみ埋め立て地

〈U〉埋め立てごみ

everyday

『毎日の』,日々の

(日曜日などに対して)平日の

日常の,ありふれた・(つづりに注意:一語です・everyとdayが離れずにくっついています)

taste

〈C〉〈U〉『味覚』

〈C〉〈U〉(…の)『味』,風味《+of+名》

〈C〉《単数形で》(食物などの)一口,一なめ《+of+名》

〈C〉《単数形で》(…の)ちょっとした経験《+of+名》

〈C〉〈U〉(…の)『好み』,趣味《+in(for)+名》

〈U〉趣,品

〈U〉鑑賞力,審美眼,センス

…‘を'『味わう』,試食する,試飲する

…‘を'食べる,口にする

…‘の'『味の感ずる』

…‘を'経験する

『味がする』《taste+形〈補〉…の味がする》

〈人が〉味を感じる

probably

『たぶん』,『おそらく』

full circle

一巡して,ひとりめぐりして

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

enzyme

酵素

antibody

抗体,免疫体,抗毒素

vaccine

牛痘種,痘苗(牛痘を起こすビールスで,天然痘予防のために人体に接種される)

(伝染病の病原菌から作った)ワクチン

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

dopant

電磁効果を上げるため半導体に加える少量の不純物

active

『活動的な』,活発な,活気のある

『有効な』,(薬の効力などが)まだ働いている,機能している

(軍務で)現役の

『積極的な』,実際的な

能動態の

interactive

(…と)相互に作用する,影響し合う

screw

『ねじ』ねじくぎ,ねじボルト

ねじ(らせん)状のもの

(ねじの)ひとひねり,ひと回し

(またscrew propeller)(船などの)スクリュー

《英俗》看守

《英俗》給料

《英俗》おいぼれ馬

(…に)…‘を'『ねじでとめる』,ねじくぎ(ねじボルト)で取り付ける《+『down』(『up』)+『名』+『to』(into, on』)+『名』》

(…に)〈ねじ・電球など〉‘を'回してはめる《+『名』+『on』(『into』)+『名』》

(…から)…‘を'紋り取る,無理に取る《+『名』+『out of』+『名』》

《俗》《受動態で》…‘を'だます,だまし取る

《俗》〈男が〉〈女〉‘と'性交をする

〈物が〉(…に)ねじでとまる(つく)《+『to』(『into』)+『名』》

〈ねじ・電球などが〉(…に)回してはめこんである《+『into』+『名』》

《俗》性交する

beforehand

前もって[の],あらかじめ[の]

deliver

(人・場所に)〈手紙・荷物など〉'を'『配達する』,届ける;〈伝言など〉'を'伝える《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈打撃・攻撃など〉'を'『加える』;〈球〉'を'投げる《+『名』+『to』+『名』》

〈意見など〉'を'『述べる』,〈判決など〉'を'申し渡す

(…から)〈人〉'を'『朽う』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

(…に)…'を'引き渡す《+『名』+『to』+『名』》

〈子〉'を'分娩(ぶんべん)させる;〈妊婦〉‘に'分娩させる

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

while

《通例 a while》『時間,』間,(特に)少しの時間

『…する間に(は)』

《譲歩》『…であるが,』…なのに

《比較・対照》(…だが)『一方では』

《類似・対応》そして[その上]

《英北東部》《俗》…まで(until)

heal

〈傷など〉‘を'直す

〈悩み・不和など〉‘を'いやす,治める

〈傷などが〉直る《+『up』(over』)》

wallet

(折りたたみ式で通例皮製の)『紙入れ』,財布

《古》(乞食・巡礼などの)がっさい袋,ずだ袋

fridge

(おもに家庭用の)冷蔵庫(refrigerator)

penicillin

ペニシリン(坑生物質の一種)

degree

〈C〉U〉『程度』,度合

〈U〉《古》(社会的)階級,地位,身分

〈C〉『学位』,称号

〈C〉(寒暖計の)『度』

〈C〉(角度の)度

〈C〉(数学で)次[数]

〈C〉(形容詞・副詞の比較の)級

〈C〉(犯罪の)等級

〈C〉(音階の)度,階

ちょっと,いくぶん

Fahrenheit

華氏温度計の,華氏の

華氏温度計[華氏温度計を発明したドイツの物理学者(1686‐1736)の名から]

loss

〈U〉(…を)『失うこと』,紛失《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『損害』,損失;損失額《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(…に)『負けること』,(…の)敗北;失敗《+『of』+『名』》

〈U〉(状態・程度の)『減少』,低下

《複数形で》(戦場における)(人の)損害,此傷者数

efficacy

(…に対する,における)効きめ,効力《+『against』(『in』)+『名』》

potentially

可能性を秘めて,潜在的に

solar

『太陽の』,太陽からの;太陽の作用による

camel

『ラクダ』

=caisson2

storage

(倉庫などに)貯蔵すること,保管

貯蔵所,倉庫

保管料

ca

circa

degradable

(化学的に)分解できる

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

degrade

(…に)…‘の'地位(身分)を下げる《+『名』+『to』+『名』》

(…にまで)…‘の'品位(評判)を下げる,'を'卑しくする《+『名』+『to』+『名』》

bottom

(物の)『底』《+『of』+『名』》

(海・川・湖・井戸などの)底《+『of』+『名』》

(…の)『下部』,『底部』,根元《+『of』+『名』》

(…の)根底,基礎;(…の)心底,奥底《+『of』+『名』》

船底,船腹;(一般に)船,船舶

《話》しり(posterior)

《複数形で》川沿いの低地(低い牧草地)

最低の;最後の

底の;根底の

release

(束縛・義務などから)〈人・動物など〉‘を'『自由にする』,解放する《+『名』+『from』+『名』》

〈矢など〉‘を'放つ,〈爆弾〉‘を'投下する;〈締めつけた物〉‘を'ゆるめて放す

〈ニュースなど〉‘を'発表する;〈レコード・書籍など〉‘を'発売する,〈映画〉‘を'封切りする

(人に)〈権利など〉‘を'譲渡する《+『名』+『to』+『名』》

(束縛・義務などからの)『解放』,放免,免除《+『from』+『名』》

(ガスなどの)放出;(爆弾の)投下;(感情の)吐露《+『of』(『to』)+『名』》

(ニュースなどの)発表;(映画などの)封切り,(レコードなどの)発表

(機械の)作動装置,レリーズ

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

recovery

〈U〉(…を)『取り戻すこと』《+『of』+『名』》

〈C〉《単数形で》(…からの…の)『回復』《+『of』+『名』+『from』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

thread

〈U〉〈C〉(縫ったり,織ったりするための)『糸』

〈C〉(…の)糸状の物,細長い物《+of+名》

〈C〉(話などの)『筋道』,脈絡《+of+名》

ねじ筋,ねじ山

<針など>‘に'『糸を通す』

<真珠など>‘を'糸でつなぐ

…‘を'縫うように進む

…‘に'ねじ山をつける

縫うように進む

(煮詰まったシロップが)糸を引く,細い糸状になる

whatever

《関係代名詞 what の強調形》…『するもの(こと)は何でも』

《譲歩節を導いて》『いかに…でも』,どんなこと(もの)でも

《疑問代名詞》《驚きを表して》『いったい何が(を)』

《関係形容詞》『どんな…でも』,いかなる…でも

《譲歩節を導いて》『どんな…でも』

《all, any, no などを伴う名詞の後に付けて》『どんな(少しの)…でも』

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

coffee

〈U〉『コーヒー』[『飲料』];〈C〉《話》(1杯の)コーヒー

〈U〉コーヒー豆,コーヒーの粉末

〈C〉=coffee tree

〈U〉コーヒー色,濃褐色

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

pocket

(洋服の)『ポケット』

ポケットに似た物

所持金;資力

(異質の物に囲まれた)(…の)小地域,小グループ《+『of』+『名』》

ポケット(プール式ビリヤードで四隅と横に設けた玉の落ちる穴)

=air pocket

(鉱石を一時ためておく)土中の穴

携帯用の,小型の

…‘を'ポケットに入れる

〈金など〉‘を'着服する

desert

『砂ばく』,荒れ地,乾ききった不毛の土地

『住む人のない』

『砂ばくの』,不毛の

関連動画