TED日本語 - デイモン・ホロヴィッツ: 道徳のオペレーティングシステムを提言する

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TEDxSiliconValley でデイモン・ホロヴィッツは技術が我々に大きな力を与え、お互いのことがかつてないほど分かるようになってきたと述べます。観客を哲学的議論に引き込み、世界を塗り替えるようなイノベーションが巻き起こる中で、倫理原則となる哲学の基本に、新たに注目するよう促します。我々に取って意味のある道徳のオペレーティングシステムはどこにあるでしょうか

Script

「力(ちから)」 そんな言葉が頭に浮かびます 我々は新しい技術者です 多くのデータ すなわち大きな力を手にしています どれほどの力があるのでしょう 「地獄の黙示録」を思いだしてください 素晴らしい映画です 主人公のウィラード大尉は カーツ大佐を追跡するために ナン河の河口に向かわねばなりません そこで空路で運んで彼を降下させる そんな場面です 彼を乗せたヘリコプター軍団が空いっぱいに広がり スリリングな音楽が大きく響きます この力強い音楽です ♪ダンダラダーダン ダンダラダーダン ダダラダー♪ 凄まじい力です ここでもその種の力を感じます 私たちの手に入れたデータに由来する力は この種の力です

例を示します ある一人の個人データから 何ができるでしょうか たとえば 彼のデータでは? 財務記録を見て 支払いに遅れがないかを調べ お金を貸し付けて大丈夫とわかります 医療記録を調べて 心臓に問題がなければ 保険を勧めて良いことがわかります クリックの癖も調べられます 私のウェブサイトに来たときには どう振る舞うかお見通しです これまでの無数のサイト訪問を見ているからです 申し訳ないですが 手の内を見透かされたポーカープレイヤーは 何かする前から やろうとしていることを 見抜かれています あなたが好きなものも あなたが何者かも メールや電話を見なくたって わかるのです

我々が集めているデータで こんなことができるのです でも今日は 何ができるかでなく 何をすべきかについて 話します 「正しい行い」とは何か?

戸惑った顔の方もいます 「何が正しい行動か?なんてどうして聞くんだ 僕らは何かを作る それを使うのは他の人だ」 いいでしょう では昔を振り返って 第二次世界大戦のことを考えましょう 当時の偉大な技術者と 偉大な物理学者で 核分裂や核融合などの 原子核物理を研究していた人たちが ロス・アラモスに集まって 何を作ったのでしょう 技術を作っている人たちには 技術をどう使うべきか考えて欲しいのです

つまり あの人のデータをどう扱うべきでしょうか データを集めて蓄積し より良いオンライン生活を 提供するために役立てますか? お金を稼ぐために使いますか? もしも彼が問題人物だったときに 自分たちを守るために使いますか? あるいは 彼のプライバシーを尊重して 彼の尊厳を守り そっとしておきますか どちらにしましょうか どうやって決めましょうか

そうだ クラウドソースです まず手始めに 簡単な質問から始めます これは 誰もが自分の考えを持っているはずです iPhone とアンドロイドです 手を挙げてください -- iPhone ふむふむ アンドロイド こんなに賢い人たちの集まりに 電話のことだけ聞いたらマズイですよね (笑) 次の質問は 少し手応えがあります 彼のデータを全て集めて よりよい経験を提供し もし問題人物なら身を守るために使ってよいか? それとも データ収集は止めますか データを集める人 集めない人 安心していいよ 大丈夫です (笑) では 最後の質問は もっと厄介な質問です このケースで何を行うべきか 評価するときに カントの義務論に従うべきでしょうか それともミルの帰結主義に従いますか カント ミル 挙手が減ってしまいました (笑) いや ぞっとするような結果です 恐ろしいのは 携帯機器に対して 明確な意見があるのに 意思決定を導くべき道徳観には それほどの意見がないからです

手にした力をどう使うべきかを 道徳観を持たずして どう決められますか? 皆さんはモバイルの OS のほうに詳しいですが 本当に必要なのは道徳のOSなのです 道徳の OS とは何でしょうか 良し悪しは誰もが分かることです 良いことをすれば気分が良いし 悪いことをすると気分が良くない 両親は 良いことを褒め 悪いことを叱って教えます では 良し悪しはどう判断するのでしょう? 日常的に 使われている方法があります 直感で決めるかもしれません 投票 --クラウドソースかもしれません あるいは回避して 法務部門の意見を聞いてみるかもしれません 言い換えれば ランダムなのです 間に合わせの方法で 「何をすべきか」を決めるのです 足場をしっかりさせたいなら そもそも物事の正誤を明らかにして 状況に応じて何をすべきかを示し 導いてくれる道徳観が求められます

では道徳観を獲得しましょう 皆さん数字で暮らす 数字人間ですね いったいどうすれば 数字を道徳の基準に使えるでしょう まさにこのことを考えた人がいます 明晰な人物で 2千5百年前に亡くなりました そう プラトンです 昔の哲学者ですが 覚えていますか? あの授業のときは寝てましたか? プラトンは 我々と同じ多くの心配を抱え 善悪について悩みました 「正しい」とは何かを追求しました 皆 意見を交換しているだけではないかと 彼は心配していました 彼はこれが正しいと言い 彼女は別のことが正しいと言う 彼の話に納得し 彼女の話にも納得する 堂々巡りで どこにも行き着きません 欲しいのは意見ではなく知識です 数学で真理があるように 正義についての 真理を知りたいのです 数学では客観的な真実があります どんな数字でも -- 例えば 2 です いい番号です 私は好きです 2 についてはこんな真実があります 何かが 2 つあるときに あと 2 つ加えると 4 つになります モノが何であっても これは真です 2 という形式 -- 抽象的な形式における 客観的な真実です どんなものでも 2 つあれば -- 目や耳 鼻 単なる突起が 2 つでも 全ては 2 という形式を引き継ぎ 2 に伴う真実を共有します 全てが「2 らしさ」を有します だからそれは意見の問題ではありません

プラトンは考えました もし倫理も数学のようなものだったら? 純粋な正義というものがあるとしたら? 正義についての真実があるとしたら この世界をよく眺めることで 物事が引き継ぎ 共有している 正義という形式を見いだせるのではないだろうか そうすれば 何が本当に正しく 何が正しくないか分かるだろう 意見の問題や 外見の問題ではなくなるだろう とても魅力的なビジョンです 考えてみてください 実に壮大で 実に野心的です 私たちとおなじくらい野心的です プラトンは倫理の答えを求め 客観的な真実を求めました 皆さんもこういうふうに考えるなら プラトン派の道徳観を持っています

こう考えない人は 西洋の哲学の歴史においては多数派で この整然とした考えは批判されてきました とくに アリストテレスはこれが気にいりませんでした 実用的ではないと考えたのです 「それぞれの主題ごとに許される範囲内でのみ正確さを追求すべきだ」 とアリストテレスは言いました 彼は倫理と数学はあまり似ていないと考えました 彼の考える倫理とは 今ここで 最良の判断で意思決定をして 正しい道を探すことでした そう思うならプラトン派ではありません でもあきらめないで もしかすると他にも 数量を基準とする道徳観があるかもしれません

これはどうでしょう ある状況で選択肢を比べて それぞれについて推定をして どれが良い選択で何をすべきか明らかにできるとしたら? 聞いたことはありませんか これは功利主義の道徳観です ジョン・スチュワート・ミルは功利主義を 大いに推進して ー いい男ですし 200 年ほど前に亡くなりました 功利主義の基本ですが 多くの方 ー 少なくとも 先ほどミルに投票した3人はご存知でしょう こんな仕組みです 道徳や何かを道徳たらしめるものは 快楽を最大化し苦痛を最小化させる ものである としたらどうでしょう 行動に固有の何かが作用します 何かの抽象的な形式との関係とは違って 結果だけを問題とします 結果だけを考え 全体としてこれが良いか悪いかを判断します これは単純です そして何をすべきか分かります

例で考えてみましょう もし私がこう言ったとします 「お電話を預からせていただきます」 さっき鳴ったからではなく 簡単に推測してみたからです あの人はどうも怪しいと考えたからです もしも彼がビンラディンの隠れ家と あるいは誰でもその後継者と通信していたら そして彼が潜伏中のテロリストのようであったら これは はっきりさせないといけません 当たっていたら 重大な損害を防ぐことになるでしょう この損害を防ぐことは大いなる便益となります 電話を調べたときの少々の苦痛と比べても ? FarmVille にハマっていることなど バレてしまうのは不愉快ですが 電話を調査することの価値と比べれば 小さな問題です こういうふうに考える人は 功利主義を選んでいます

でもこれも違うと思われるかもしれません 彼の電話なのだ それを取り上げるのは 間違いだとお考えかもしれません 人としての彼は 権利と尊厳を有し それを妨げてはいけません 彼は自立した存在で どういう推定がなされても問題ではない そもそも正しくないこともあります ウソを付くことが間違いであるとか 罪のないこどもを拷問することとか カントはこの点を巧みに捕らえて 私よりも上手に述べています 自分の理性を使って 自分の行動を? 導くルールを明らかにするべきだと言っています そうしたらそのルールに従うのは義務です 推測などの問題ではありません

これは終わりにしましょう 我々はこの哲学的な密林の真ん中にいます こう言った話は果てしなく続きます 難しい問題だからです 15分しかありません 単刀直入に言いましょう 決定をどのように下すべきなのか プラトンかアリストテレス カントかミル 何をするべきなのか 答えは何か どんな状況であっても何をするべきか決められる 公式は何でしょう あの人のデータを使ってよいかどうか 決めるための公式は何でしょう 公式はありません 単純な答えはありません

倫理は難しいものです 倫理は思考を求めます それは快適なものではありません 私はこれまで長いこと 人工知能を研究し このような思考を代行できる装置を作ろうとしてきました 答えを与えるような装置です しかしそれはできません 人の思考を取り出して 機械に入れることはできません 自分たちで考えなければいけないのです 幸い 私たちは機械ではなく 考えることができます 単にできるだけではなく 考えなければなりません ハンナ・アーレントが言っています 「悲しいかな この世のほとんどの悪は 悪をなそうと覚悟した人が 行うのではない 悪は考えないことから生じるのである」 このことを彼女は「悪の陳腐さ」と呼びました これを踏まえて 全ての良識ある人は 思考を練習するよう求められるのです

やってみましょう 考えてみましょう つまり 今から始めましょう 会場のみなさん これをやってください 一番最近 正しく行えるか気になって 「どうしたらいいのだろう」と思った 決断のことを考えてください そのことを思い出してください それを思いだしたら考えてください 「どうやってその決断に達したのか 自分は何をしたのか?直感に従ったのか? 投票してもらったのか?法務部に聞いたのか?」 選択肢は他にもいくつかあります 「ミルのように何が便益を最大化するかと 評価したのか」 それともカントのように 理性を用いて固有の正しさを見いだしたか 考えてみてください きちんと思いだすこと これが大事です 大変重要なことなので この貴重な TED Talk の30秒を使いましょう 何もせず このことを考えるのです 用意して 始め

おしまい ごくろうさま 今やって頂いたことが なすべきことに対して責任を持って 我々の力を行使するための第一歩です

次のステップです これも挑戦してください 誰か友達に 決定を下した経緯を 説明してください 今ではありません トークが終わるまで待ってください 昼食のときにやってください 技術者の友人ではなくて 自分と違うタイプを探してください 芸術家やライターや ありえないかもしれませんが 哲学者をみつけて話してください 人文科学の誰かを見つけてください なぜか? 彼らの問題の考え方は 技術者とは違うからです 数日前ですが ここから通りの向かいで 数百人の人が 集まりました 技術者と人文科学者が ビブリオテック会議に集まったのです 集まった理由は 人文科学の見方で思考すると どうなるかを技術者が知りたかったからです グーグルから来た人が 比較文化論の研究者と話しました 17 世紀のフランスの劇場とベンチャーキャピタルが どう関係するのかとお考えでしょう 面白い点です 考え方が違うのです こういうふうに考えたときに 人への配慮について もっと敏感になるでしょう それは倫理的決断に大事なことです

出かけて行って音楽家の友人と会うことを 今 想像してください 聞いたことを彼に伝え 我々のデータ革命とかこれらのこと全部 テーマ音楽も数小節鼻歌で歌ってもいいです ♪ダンダダダーダンタダダダン♪ 音楽家の友達が制止して言うでしょう 「データ革命の そのテーマ曲は オペラだ それはワーグナーだ 北欧の神話が元になっていて 神と神話世界の住人が 魔法の指輪を巡って戦う話だ」 これは興味深いことです 美しいオペラでもあったのです 感動的なオペラです それは善と悪の戦いを 描いているので 感動するのです 善と悪とが気になります オペラで何が起きるのかも気になります 「地獄の黙示録」で何が起きたかも気になります もちろん 我々の技術に何が起きるのかも 気になることです

これほどの力を手に入れた今日 それをどうするかは我々の手に委ねられています それは朗報と言えます 我々がこのオペラを書くのです これは我々の映画です この技術で何が起こるか明らかにしましょう どういう結末を迎えるのか決めましょう

ありがとうございます

(拍手)

Power. That is the word that comes to mind. We're the new technologists. We have a lot of data, so we have a lot of power. How much power do we have? Scene from a movie: "Apocalypse Now" -- great movie. We've got to get our hero, Captain Willard, to the mouth of the Nung River so he can go pursue Colonel Kurtz. The way we're going to do this is fly him in and drop him off. So the scene: the sky is filled with this fleet of helicopters carrying him in. And there's this loud, thrilling music in the background, this wild music. ♪ Dum da ta da dum ♪ ♪ Dum da ta da dum ♪ ♪ Da ta da da ♪ That's a lot of power. That's the kind of power I feel in this room. That's the kind of power we have because of all of the data that we have.

Let's take an example. What can we do with just one person's data? What can we do with that guy's data? I can look at your financial records. I can tell if you pay your bills on time. I know if you're good to give a loan to. I can look at your medical records; I can see if your pump is still pumping -- see if you're good to offer insurance to. I can look at your clicking patterns. When you come to my website, I actually know what you're going to do already because I've seen you visit millions of websites before. And I'm sorry to tell you, you're like a poker player, you have a tell. I can tell with data analysis what you're going to do before you even do it. I know what you like. I know who you are, and that's even before I look at your mail or your phone.

Those are the kinds of things we can do with the data that we have. But I'm not actually here to talk about what we can do. I'm here to talk about what we should do. What's the right thing to do?

Now I see some puzzled looks like, "Why are you asking us what's the right thing to do? We're just building this stuff. Somebody else is using it." Fair enough. But it brings me back. I think about World War II -- some of our great technologists then, some of our great physicists, studying nuclear fission and fusion -- just nuclear stuff. We gather together these physicists in Los Alamos to see what they'll build. We want the people building the technology thinking about what we should be doing with the technology.

So what should we be doing with that guy's data? Should we be collecting it, gathering it, so we can make his online experience better? So we can make money? So we can protect ourselves if he was up to no good? Or should we respect his privacy, protect his dignity and leave him alone? Which one is it? How should we figure it out?

I know: crowdsource. Let's crowdsource this. So to get people warmed up, let's start with an easy question -- something I'm sure everybody here has an opinion about: iPhone versus Android. Let's do a show of hands -- iPhone. Uh huh. Android. You'd think with a bunch of smart people we wouldn't be such suckers just for the pretty phones. (Laughter) Next question, a little bit harder. Should we be collecting all of that guy's data to make his experiences better and to protect ourselves in case he's up to no good? Or should we leave him alone? Collect his data. Leave him alone. You're safe. It's fine. (Laughter) Okay, last question -- harder question -- when trying to evaluate what we should do in this case, should we use a Kantian deontological moral framework, or should we use a Millian consequentialist one? Kant. Mill. Not as many votes. (Laughter) Yeah, that's a terrifying result. Terrifying, because we have stronger opinions about our hand-held devices than about the moral framework we should use to guide our decisions.

How do we know what to do with all the power we have if we don't have a moral framework? We know more about mobile operating systems, but what we really need is a moral operating system. What's a moral operating system? We all know right and wrong, right? You feel good when you do something right, you feel bad when you do something wrong. Our parents teach us that: praise with the good, scold with the bad. But how do we figure out what's right and wrong? And from day to day, we have the techniques that we use. Maybe we just follow our gut. Maybe we take a vote -- we crowdsource. Or maybe we punt -- ask the legal department, see what they say. In other words, it's kind of random, kind of ad hoc, how we figure out what we should do. And maybe, if we want to be on surer footing, what we really want is a moral framework that will help guide us there, that will tell us what kinds of things are right and wrong in the first place, and how would we know in a given situation what to do.

So let's get a moral framework. We're numbers people, living by numbers. How can we use numbers as the basis for a moral framework? I know a guy who did exactly that. A brilliant guy -- he's been dead 2,500 years. Plato, that's right. Remember him -- old philosopher? You were sleeping during that class. And Plato, he had a lot of the same concerns that we did. He was worried about right and wrong. He wanted to know what is just. But he was worried that all we seem to be doing is trading opinions about this. He says something's just. She says something else is just. It's kind of convincing when he talks and when she talks too. I'm just going back and forth; I'm not getting anywhere. I don't want opinions; I want knowledge. I want to know the truth about justice -- like we have truths in math. In math, we know the objective facts. Take a number, any number -- two. Favorite number. I love that number. There are truths about two. If you've got two of something, you add two more, you get four. That's true no matter what thing you're talking about. It's an objective truth about the form of two, the abstract form. When you have two of anything -- two eyes,two ears,two noses, just two protrusions -- those all partake of the form of two. They all participate in the truths that two has. They all have two-ness in them. And therefore, it's not a matter of opinion.

What if, Plato thought, ethics was like math? What if there were a pure form of justice? What if there are truths about justice, and you could just look around in this world and see which things participated, partook of that form of justice? Then you would know what was really just and what wasn't. It wouldn't be a matter of just opinion or just appearances. That's a stunning vision. I mean, think about that. How grand. How ambitious. That's as ambitious as we are. He wants to solve ethics. He wants objective truths. If you think that way, you have a Platonist moral framework.

If you don't think that way, well, you have a lot of company in the history of Western philosophy, because the tidy idea, you know, people criticized it. Aristotle, in particular, he was not amused. He thought it was impractical. Aristotle said, "We should seek only so much precision in each subject as that subject allows." Aristotle thought ethics wasn't a lot like math. He thought ethics was a matter of making decisions in the here-and-now using our best judgment to find the right path. If you think that, Plato's not your guy. But don't give up. Maybe there's another way that we can use numbers as the basis of our moral framework.

How about this: What if in any situation you could just calculate, look at the choices, measure out which one's better and know what to do? That sound familiar? That's a utilitarian moral framework. John Stuart Mill was a great advocate of this -- nice guy besides -- and only been dead 200 years. So basis of utilitarianism -- I'm sure you're familiar at least. The three people who voted for Mill before are familiar with this. But here's the way it works. What if morals, what if what makes something moral is just a matter of if it maximizes pleasure and minimizes pain? It does something intrinsic to the act. It's not like its relation to some abstract form. It's just a matter of the consequences. You just look at the consequences and see if, overall, it's for the good or for the worse. That would be simple. Then we know what to do.

Let's take an example. Suppose I go up and I say, "I'm going to take your phone." Not just because it rang earlier, but I'm going to take it because I made a little calculation. I thought, that guy looks suspicious. And what if he's been sending little messages to Bin Laden's hideout -- or whoever took over after Bin Laden -- and he's actually like a terrorist, a sleeper cell. I'm going to find that out, and when I find that out, I'm going to prevent a huge amount of damage that he could cause. That has a very high utility to prevent that damage. And compared to the little pain that it's going to cause -- because it's going to be embarrassing when I'm looking on his phone and seeing that he has a Farmville problem and that whole bit -- that's overwhelmed by the value of looking at the phone. If you feel that way, that's a utilitarian choice.

But maybe you don't feel that way either. Maybe you think, it's his phone. It's wrong to take his phone because he's a person and he has rights and he has dignity, and we can't just interfere with that. He has autonomy. It doesn't matter what the calculations are. There are things that are intrinsically wrong -- like lying is wrong, like torturing innocent children is wrong. Kant was very good on this point, and he said it a little better than I'll say it. He said we should use our reason to figure out the rules by which we should guide our conduct, and then it is our duty to follow those rules. It's not a matter of calculation.

So let's stop. We're right in the thick of it, this philosophical thicket. And this goes on for thousands of years, because these are hard questions, and I've only got 15 minutes. So let's cut to the chase. How should we be making our decisions? Is it Plato, is it Aristotle, is it Kant, is it Mill? What should we be doing? What's the answer? What's the formula that we can use in any situation to determine what we should do, whether we should use that guy's data or not? What's the formula? There's not a formula. There's not a simple answer.

Ethics is hard. Ethics requires thinking. And that's uncomfortable. I know; I spent a lot of my career in artificial intelligence, trying to build machines that could do some of this thinking for us, that could give us answers. But they can't. You can't just take human thinking and put it into a machine. We're the ones who have to do it. Happily, we're not machines, and we can do it. Not only can we think, we must. Hannah Arendt said, "The sad truth is that most evil done in this world is not done by people who choose to be evil. It arises from not thinking." That's what she called the "banality of evil." And the response to that is that we demand the exercise of thinking from every sane person.

So let's do that. Let's think. In fact, let's start right now. Every person in this room do this: think of the last time you had a decision to make where you were worried to do the right thing, where you wondered, "What should I be doing?" Bring that to mind, and now reflect on that and say, "How did I come up that decision? What did I do? Did I follow my gut? Did I have somebody vote on it? Or did I punt to legal?" Or now we have a few more choices. "Did I evaluate what would be the highest pleasure like Mill would? Or like Kant, did I use reason to figure out what was intrinsically right?" Think about it. Really bring it to mind. This is important. It is so important we are going to spend 30 seconds of valuable TEDTalk time doing nothing but thinking about this. Are you ready? Go.

Stop. Good work. What you just did, that's the first step towards taking responsibility for what we should do with all of our power.

Now the next step -- try this. Go find a friend and explain to them how you made that decision. Not right now. Wait till I finish talking. Do it over lunch. And don't just find another technologist friend; find somebody different than you. Find an artist or a writer -- or, heaven forbid, find a philosopher and talk to them. In fact, find somebody from the humanities. Why? Because they think about problems differently than we do as technologists. Just a few days ago, right across the street from here, there was hundreds of people gathered together. It was technologists and humanists at that big BiblioTech Conference. And they gathered together because the technologists wanted to learn what it would be like to think from a humanities perspective. You have someone from Google talking to someone who does comparative literature. You're thinking about the relevance of 17th century French theater -- how does that bear upon venture capital? Well that's interesting. That's a different way of thinking. And when you think in that way, you become more sensitive to the human considerations, which are crucial to making ethical decisions.

So imagine that right now you went and you found your musician friend. And you're telling him what we're talking about, about our whole data revolution and all this -- maybe even hum a few bars of our theme music. ♪ Dum ta da da dum dum ta da da dum ♪ Well, your musician friend will stop you and say, "You know, the theme music for your data revolution, that's an opera, that's Wagner. It's based on Norse legend. It's Gods and mythical creatures fighting over magical jewelry." That's interesting. Now it's also a beautiful opera, and we're moved by that opera. We're moved because it's about the battle between good and evil, about right and wrong. And we care about right and wrong. We care what happens in that opera. We care what happens in "Apocalypse Now." And we certainly care what happens with our technologies.

We have so much power today, it is up to us to figure out what to do, and that's the good news. We're the ones writing this opera. This is our movie. We figure out what will happen with this technology. We determine how this will all end.

Thank you.

(Applause)

「力(ちから)」

That is the word/ that comes to mind.//

そんな言葉が頭に浮かびます

We're the new technologists.//

我々は新しい技術者です

We have a lot of data,/ so we have a lot of power.//

多くのデータ すなわち大きな力を手にしています

How much power do we have?//

どれほどの力があるのでしょう

Scene/ from a movie:/ "Apocalypse Now" --/ great movie.//

「地獄の黙示録」を思いだしてください 素晴らしい映画です

We've got to get/ our hero,/ Captain Willard,/ to the mouth of the Nung River/ so he can go pursue Colonel Kurtz.//

主人公のウィラード大尉は カーツ大佐を追跡するために ナン河の河口に向かわねばなりません

The way/ we're going to do/ this is fly him in/ and drop him off.//

そこで空路で運んで彼を降下させる

So the scene:/ the sky is filled with this fleet of helicopters/ carrying him in.//

そんな場面です 彼を乗せたヘリコプター軍団が空いっぱいに広がり

And there's this loud, thrilling music/ in the background,/ this wild music.//

スリリングな音楽が大きく響きます この力強い音楽です

Dum da ta/ da dum/ Dum da ta/ da dum / Da ta da da/ / That's a lot of power.//

♪ダンダラダーダン ダンダラダーダン ダダラダー♪ 凄まじい力です

That's the kind of power/ I feel in this room.//

ここでもその種の力を感じます

That's the kind of power/ we have because of all of the data/ that we have.//

私たちの手に入れたデータに由来する力は この種の力です

Let's take an example.//

例を示します

What can we do with just one person's data?//

ある一人の個人データから 何ができるでしょうか

What can we do with that guy's data?//

たとえば 彼のデータでは?

I can look at your financial records.//

財務記録を見て

I can tell/ if you pay your bills/ on time.//

支払いに遅れがないかを調べ

I know/ if you're good/ to give a loan to.//

お金を貸し付けて大丈夫とわかります

I can look at your medical records;/ I can see/ if your pump is still pumping --/ see/ if you're good/ to offer insurance to.//

医療記録を調べて 心臓に問題がなければ 保険を勧めて良いことがわかります

I can look at your clicking patterns.//

クリックの癖も調べられます

When you come to my website,/ I actually know/ what you're going to do already/ because I've seen you visit millions of websites before.//

私のウェブサイトに来たときには どう振る舞うかお見通しです これまでの無数のサイト訪問を見ているからです

And I'm sorry/ to tell you,/ you're like a poker player,/ you have a tell.//

申し訳ないですが 手の内を見透かされたポーカープレイヤーは

I can tell with data analysis/ what you're going to do/ before you even do it.//

何かする前から やろうとしていることを 見抜かれています

I know/ what you like.// I know/ who you are,/ and that's even/ before I look at your mail or your phone.//

あなたが好きなものも あなたが何者かも メールや電話を見なくたって わかるのです

Those are the kinds of things/ we can do with the data/ that we have.//

我々が集めているデータで こんなことができるのです

But I'm not actually here/ to talk about what we can do.//

でも今日は 何ができるかでなく

I'm here/ to talk about what we should do.//

何をすべきかについて 話します

What's the right thing/ to do?//

「正しい行い」とは何か?

Now/ I see/ some puzzled looks like,/ "Why are you asking us/ what's the right thing/ to do?//

戸惑った顔の方もいます 「何が正しい行動か?なんてどうして聞くんだ

We're just building/ this stuff.// Somebody else is using it."//

僕らは何かを作る それを使うのは他の人だ」

いいでしょう

But it brings me back.//

では昔を振り返って

I think about World War II --/ some of our great technologists then,/ some of our great physicists,/ studying nuclear fission and fusion --/ just nuclear stuff.//

第二次世界大戦のことを考えましょう 当時の偉大な技術者と 偉大な物理学者で 核分裂や核融合などの 原子核物理を研究していた人たちが

We gather together/ these physicists/ in Los Alamos/ to see/ what they'll build.//

ロス・アラモスに集まって 何を作ったのでしょう

We want the people/ building the technology/ thinking about what we should be doing with the technology.//

技術を作っている人たちには 技術をどう使うべきか考えて欲しいのです

So/ what should we be doing with that guy's data?//

つまり あの人のデータをどう扱うべきでしょうか

Should/ we be collecting it,/ gathering it,/ so we can make his online experience better?//

データを集めて蓄積し より良いオンライン生活を 提供するために役立てますか?

So we can make money?//

お金を稼ぐために使いますか?

So we can protect ourselves/ if he was up to no good?//

もしも彼が問題人物だったときに 自分たちを守るために使いますか?

Or should/ we respect his privacy,/ protect his dignity/ and leave him alone?//

あるいは 彼のプライバシーを尊重して 彼の尊厳を守り そっとしておきますか

Which one is it?//

どちらにしましょうか

How should we figure it out?//

どうやって決めましょうか

I know:/ crowdsource.// Let's crowdsource this.//

そうだ クラウドソースです

So to get people warmed up,/ let's start/ with an easy question --/ something/ I'm sure/ everybody here has an opinion about:/ iPhone/ versus Android.//

まず手始めに 簡単な質問から始めます これは 誰もが自分の考えを持っているはずです iPhone とアンドロイドです

Let's do a show of hands --/ iPhone.//

手を挙げてください -- iPhone

ふむふむ

アンドロイド

You'd think with a bunch of smart people/ we wouldn't be such suckers just/ for the pretty phones.//

こんなに賢い人たちの集まりに 電話のことだけ聞いたらマズイですよね

(Laughter)/ Next question,/ a little bit harder.//

(笑) 次の質問は 少し手応えがあります

Should we be collecting all of that guy's data/ to make his experiences better/ and to protect ourselves/ in case/ he's up to no good?//

彼のデータを全て集めて よりよい経験を提供し もし問題人物なら身を守るために使ってよいか?

Or should we leave him alone?//

それとも データ収集は止めますか

データを集める人

Leave him alone.//

集めない人

You're safe.// It's fine.//

安心していいよ 大丈夫です

(Laughter)/ Okay,/ last question --/ harder question --/ when trying to evaluate/ what we should do in this case,/ should/ we use a Kantian deontological moral framework,/ or should we use a Millian consequentialist one?//

(笑) では 最後の質問は もっと厄介な質問です このケースで何を行うべきか 評価するときに カントの義務論に従うべきでしょうか それともミルの帰結主義に従いますか

カント

ミル

Not as many votes.//

挙手が減ってしまいました

(笑) いや ぞっとするような結果です

Terrifying,/ because we have stronger opinions/ about our hand-held devices/ than about the moral framework/ we should use to guide our decisions.//

恐ろしいのは 携帯機器に対して 明確な意見があるのに 意思決定を導くべき道徳観には それほどの意見がないからです

How do we know/ what to do with all the power/ we have/ if we don't have a moral framework?//

手にした力をどう使うべきかを 道徳観を持たずして どう決められますか?

We know more/ about mobile operating systems,/ but what we really need/ is a moral operating system.//

皆さんはモバイルの OS のほうに詳しいですが 本当に必要なのは道徳のOSなのです

What's a moral operating system?//

道徳の OS とは何でしょうか

We/ all know right and wrong,/ right?//

良し悪しは誰もが分かることです

You feel good/ when you do something right,/ you feel bad/ when you do something/ wrong.//

良いことをすれば気分が良いし 悪いことをすると気分が良くない

Our parents teach us/ that:/ praise/ with the good, scold/ with the bad.//

両親は 良いことを褒め 悪いことを叱って教えます

But how do we figure out/ what's right and wrong?//

では 良し悪しはどう判断するのでしょう?

And from day/ to day,/ we have the techniques/ that we use.//

日常的に 使われている方法があります

Maybe/ we just follow our gut.//

直感で決めるかもしれません

Maybe/ we take a vote --/ we crowdsource.//

投票 --クラウドソースかもしれません

Or maybe/ we punt --/ ask the legal department,/ see/ what they say.//

あるいは回避して 法務部門の意見を聞いてみるかもしれません

In other words,/ it's kind of random,/ kind of ad hoc,/ how we figure out/ what we should do.//

言い換えれば ランダムなのです 間に合わせの方法で 「何をすべきか」を決めるのです

And maybe,/ if we want to be on surer footing,/ what we really want/ is a moral framework/ that will help guide us there,/ that will tell us/ what kinds of things are right and wrong/ in the first place,/ and how would/ we know in a given situation/ what to do.//

足場をしっかりさせたいなら そもそも物事の正誤を明らかにして 状況に応じて何をすべきかを示し 導いてくれる道徳観が求められます

So let's get a moral framework.//

では道徳観を獲得しましょう

We're numbers/ people,/ living by numbers.//

皆さん数字で暮らす 数字人間ですね

How can we use numbers/ as the basis/ for a moral framework?//

いったいどうすれば 数字を道徳の基準に使えるでしょう

I know a guy/ who did exactly that.//

まさにこのことを考えた人がいます

A brilliant guy --/ he's been dead/ 2,500 years.//

明晰な人物で 2千5百年前に亡くなりました

Plato,/ that's right.//

そう プラトンです

Remember him --/ old philosopher?//

昔の哲学者ですが 覚えていますか?

You were sleeping during that class.//

あの授業のときは寝てましたか?

And Plato,/ he had a lot of the same concerns/ that we did.//

プラトンは 我々と同じ多くの心配を抱え

He was worried/ about right and wrong.//

善悪について悩みました

He wanted to know/ what is just.//

「正しい」とは何かを追求しました

But he was worried/ that all we seem to be doing is trading opinions/ about this.//

皆 意見を交換しているだけではないかと 彼は心配していました

He says something's just.// She says something else is just.//

彼はこれが正しいと言い 彼女は別のことが正しいと言う

It's kind of convincing/ when he talks/ and when she talks too.//

彼の話に納得し 彼女の話にも納得する

I'm just going/ back and forth;/ I'm not getting/ anywhere.//

堂々巡りで どこにも行き着きません

I don't want opinions;/ I want knowledge.//

欲しいのは意見ではなく知識です

I want to know/ the truth/ about justice --/ like we have truths/ in math.//

数学で真理があるように 正義についての 真理を知りたいのです

In math,/ we know the objective facts.//

数学では客観的な真実があります

Take a number,/ any number --/ two.//

どんな数字でも -- 例えば 2 です

Favorite number.// I love/ that number.//

いい番号です 私は好きです

There are truths/ about two.//

2 についてはこんな真実があります

If you've got two of something,/ you add two more,/ you get four.//

何かが 2 つあるときに あと 2 つ加えると 4 つになります

That's true no matter/ what thing/ you're talking/ about.//

モノが何であっても これは真です

It's an objective truth/ about the form of two,/ the abstract form.//

2 という形式 -- 抽象的な形式における 客観的な真実です

When you have two of anything --/ two eyes,/two ears,/two noses,/ just two protrusions --/ those all partake of the form of two.//

どんなものでも 2 つあれば -- 目や耳 鼻 単なる突起が 2 つでも 全ては 2 という形式を引き継ぎ

They/ all participate in the truths/ that two has.//

2 に伴う真実を共有します

They all have two-ness/ in them.//

全てが「2 らしさ」を有します

And therefore,/ it's not a matter of opinion.//

だからそれは意見の問題ではありません

What if,/ Plato thought,/ ethics was like math?//

プラトンは考えました もし倫理も数学のようなものだったら?

What if there were a pure form of justice?//

純粋な正義というものがあるとしたら?

What if there are truths/ about justice,/ and you could just look around/ in this world/ and see/ which things participated,/ partook of that form of justice?//

正義についての真実があるとしたら この世界をよく眺めることで 物事が引き継ぎ 共有している 正義という形式を見いだせるのではないだろうか

Then/ you would know/ what was really just/ and what wasn't.//

そうすれば 何が本当に正しく 何が正しくないか分かるだろう

It wouldn't be a matter of just opinion/ or just appearances.//

意見の問題や 外見の問題ではなくなるだろう

That's a stunning vision.//

とても魅力的なビジョンです

I mean,/ think about that.// How grand.// How ambitious.//

考えてみてください 実に壮大で 実に野心的です

That's as ambitious/ as we are.//

私たちとおなじくらい野心的です

He wants to solve/ ethics.//

プラトンは倫理の答えを求め

He wants objective truths.//

客観的な真実を求めました

If you think/ that way,/ you have a Platonist moral framework.//

皆さんもこういうふうに考えるなら プラトン派の道徳観を持っています

If you don't think that way,/ well,/ you have a lot of company/ in the history of Western philosophy,/ because the tidy idea,/ you know,/ people criticized it.//

こう考えない人は 西洋の哲学の歴史においては多数派で この整然とした考えは批判されてきました

Aristotle,/ in particular,/ he was not amused.//

とくに アリストテレスはこれが気にいりませんでした

He thought/ it was impractical.//

実用的ではないと考えたのです

Aristotle said,/ "We should seek only so much precision/ in each subject/ as that subject allows."//

「それぞれの主題ごとに許される範囲内でのみ正確さを追求すべきだ」 とアリストテレスは言いました

Aristotle thought/ ethics wasn't a lot/ like math.//

彼は倫理と数学はあまり似ていないと考えました

He thought/ ethics was a matter of making decisions/ in the here-and-now/ using our best judgment/ to find the right path.//

彼の考える倫理とは 今ここで 最良の判断で意思決定をして 正しい道を探すことでした

If you think/ that,/ Plato's not your guy.//

そう思うならプラトン派ではありません

But don't give up.//

でもあきらめないで

Maybe/ there's another way/ that we can use numbers/ as the basis of our moral framework.//

もしかすると他にも 数量を基準とする道徳観があるかもしれません

How about this:/ What if in any situation/ you could just calculate, look at the choices,/ measure out/ which one's better/ and know/ what to do?//

これはどうでしょう ある状況で選択肢を比べて それぞれについて推定をして どれが良い選択で何をすべきか明らかにできるとしたら?

That sound familiar?//

聞いたことはありませんか

これは功利主義の道徳観です

John Stuart Mill was a great advocate of this --/ nice guy besides --/ and only been dead 200 years.//

ジョン・スチュワート・ミルは功利主義を 大いに推進して ー いい男ですし 200 年ほど前に亡くなりました

So basis of utilitarianism --/ I'm sure/ you're familiar/ at least.//

功利主義の基本ですが 多くの方 ー 少なくとも

The three people/ who voted for Mill before are familiar/ with this.//

先ほどミルに投票した3人はご存知でしょう

But here's the way/ it works.//

こんな仕組みです

What if morals,/ what if/ what makes something moral is just a matter of if it maximizes pleasure/ and minimizes pain?//

道徳や何かを道徳たらしめるものは 快楽を最大化し苦痛を最小化させる ものである としたらどうでしょう

It does something intrinsic/ to the act.//

行動に固有の何かが作用します

It's not like its relation/ to some abstract form.//

何かの抽象的な形式との関係とは違って

It's just/ a matter of the consequences.//

結果だけを問題とします

You just look at the consequences/ and see/ if,/ overall,/ it's for the good/ or/ for the worse.//

結果だけを考え 全体としてこれが良いか悪いかを判断します

That would be simple.// Then/ we know/ what to do.//

これは単純です そして何をすべきか分かります

Let's take an example.//

例で考えてみましょう

Suppose/ I go up/ and I say,/ "I'm going to take/ your phone."//

もし私がこう言ったとします 「お電話を預からせていただきます」

Not just/ because it rang earlier,/ but I'm going to take/ it/ because I made a little calculation.//

さっき鳴ったからではなく 簡単に推測してみたからです

I thought,/ that guy looks suspicious.//

あの人はどうも怪しいと考えたからです

And what if he's been sending little messages/ to Bin Laden's hideout --/ or whoever took over/ after Bin Laden --/ and he's actually/ like a terrorist,/ a sleeper cell.//

もしも彼がビンラディンの隠れ家と あるいは誰でもその後継者と通信していたら そして彼が潜伏中のテロリストのようであったら

I'm going to find/ that out,/ and when I find/ that out,/ I'm going to prevent/ a huge amount of damage/ that he could cause.//

これは はっきりさせないといけません 当たっていたら 重大な損害を防ぐことになるでしょう

That has a very high utility/ to prevent/ that damage.//

この損害を防ぐことは大いなる便益となります

And compared to the little pain/ that it's going to cause --/ because it's going to be embarrassing/ when I'm looking/ on his phone/ and seeing/ that he has a Farmville problem and/ that whole bit --/ that's overwhelmed/ by the value of looking at the phone.//

電話を調べたときの少々の苦痛と比べても ? FarmVille にハマっていることなど バレてしまうのは不愉快ですが 電話を調査することの価値と比べれば 小さな問題です

If you feel/ that way,/ that's a utilitarian choice.//

こういうふうに考える人は 功利主義を選んでいます

But maybe/ you don't feel that way either.//

でもこれも違うと思われるかもしれません

Maybe/ you think,/ it's his phone.//

彼の電話なのだ それを取り上げるのは

It's wrong/ to take his phone/ because he's a person/ and he has rights/ and he has dignity,/ and we can't just interfere with that.//

間違いだとお考えかもしれません 人としての彼は 権利と尊厳を有し それを妨げてはいけません

He has autonomy.//

彼は自立した存在で

It doesn't matter/ what the calculations are.//

どういう推定がなされても問題ではない

There are things/ that are intrinsically wrong --/ like lying is wrong,/ like torturing innocent children is wrong.//

そもそも正しくないこともあります ウソを付くことが間違いであるとか 罪のないこどもを拷問することとか

Kant was very good/ on this point,/ and he said it a little better/ than I'll say it.//

カントはこの点を巧みに捕らえて 私よりも上手に述べています

He said/ we should use our reason/ to figure out/ the rules/ by which we should guide our conduct,/ and then/ it is our duty/ to follow those rules.//

自分の理性を使って 自分の行動を? 導くルールを明らかにするべきだと言っています そうしたらそのルールに従うのは義務です

It's not a matter of calculation.//

推測などの問題ではありません

So let's stop.//

これは終わりにしましょう

We're right/ in the thick of it,/ this philosophical thicket.//

我々はこの哲学的な密林の真ん中にいます

And this goes on/ for thousands of years,/ because these are hard questions,/ and I've only got 15 minutes.//

こう言った話は果てしなく続きます 難しい問題だからです 15分しかありません

So let's cut/ to the chase.//

単刀直入に言いましょう

How should we be making our decisions?//

決定をどのように下すべきなのか

Is it/ Plato,/ is it/ Aristotle,/ is it/ Kant,/ is it Mill?//

プラトンかアリストテレス カントかミル

What should we be doing?// What's the answer?//

何をするべきなのか 答えは何か

What's the formula/ that we can use in any situation/ to determine/ what we should do,/ whether we should use that guy's data or not?//

どんな状況であっても何をするべきか決められる 公式は何でしょう あの人のデータを使ってよいかどうか

What's the formula?//

決めるための公式は何でしょう

There's not a formula.//

公式はありません

There's not a simple answer.//

単純な答えはありません

Ethics is hard.//

倫理は難しいものです

倫理は思考を求めます

And that's uncomfortable.//

それは快適なものではありません

I know;/ I spent a lot of my career/ in artificial intelligence,/ trying to build machines/ that could do some of this thinking/ for us,/ that could give us/ answers.//

私はこれまで長いこと 人工知能を研究し このような思考を代行できる装置を作ろうとしてきました 答えを与えるような装置です

But they can't.//

しかしそれはできません

You can't just take human thinking/ and put it/ into a machine.//

人の思考を取り出して 機械に入れることはできません

We're the ones/ who have to do it.//

自分たちで考えなければいけないのです

Happily,/ we're not machines,/ and we can do it.//

幸い 私たちは機械ではなく 考えることができます

Not only can/ we think,/ we must.//

単にできるだけではなく 考えなければなりません

Hannah Arendt said,/ "The sad truth is/ that most evil done in this world is not done by people/ who choose to be evil.//

ハンナ・アーレントが言っています 「悲しいかな この世のほとんどの悪は 悪をなそうと覚悟した人が 行うのではない

It arises from not thinking."//

悪は考えないことから生じるのである」

That's/ what she called the "banality of evil."//

このことを彼女は「悪の陳腐さ」と呼びました

And the response/ to that is/ that we demand the exercise of thinking from every sane person.//

これを踏まえて 全ての良識ある人は 思考を練習するよう求められるのです

So let's do that.// Let's think.//

やってみましょう 考えてみましょう

In fact,/ let's start right now.//

つまり 今から始めましょう

Every person/ in this room do this:/ think of the last time/ you had a decision/ to make/ where you were worried to do/ the right thing,/ where you wondered,/ "What should I be doing?"//

会場のみなさん これをやってください 一番最近 正しく行えるか気になって 「どうしたらいいのだろう」と思った 決断のことを考えてください

Bring/ that to mind,/ and now reflect on that/ and say,/ "How did I come up/ that decision?//

そのことを思い出してください それを思いだしたら考えてください 「どうやってその決断に達したのか

What did I do?// Did/ I follow my gut?//

自分は何をしたのか?直感に従ったのか?

Did/ I have somebody vote/ on it?// Or did I punt to legal?"//

投票してもらったのか?法務部に聞いたのか?」

Or now/ we have a few more choices.//

選択肢は他にもいくつかあります

"Did I evaluate/ what would be the highest pleasure like Mill would?//

「ミルのように何が便益を最大化するかと 評価したのか」

Or/ like Kant,/ did I use reason/ to figure out/ what was intrinsically right?"//

それともカントのように 理性を用いて固有の正しさを見いだしたか

Think/ about it.// Really bring it/ to mind.// This is important.//

考えてみてください きちんと思いだすこと これが大事です

It is so important/ we are going to spend/ 30 seconds of valuable TEDTalk time/ doing nothing/ but thinking about this.//

大変重要なことなので この貴重な TED Talk の30秒を使いましょう 何もせず このことを考えるのです

Are you ready?// Go.//

用意して 始め

Stop.// Good work.//

おしまい ごくろうさま

What you just did,/ that's the first step/ towards taking responsibility/ for what we should do with all of our power.//

今やって頂いたことが なすべきことに対して責任を持って 我々の力を行使するための第一歩です

Now/ the next step --/ try this.//

次のステップです これも挑戦してください

Go find a friend/ and explain to them/ how you made/ that decision.//

誰か友達に 決定を下した経緯を 説明してください

Not right now.// Wait/ till I finish talking.//

今ではありません トークが終わるまで待ってください

Do it/ over lunch.//

昼食のときにやってください

And don't just find another technologist friend;/ find somebody different/ than you.//

技術者の友人ではなくて 自分と違うタイプを探してください

Find/ an artist or a writer --/ or,/ heaven forbid,/ find a philosopher/ and talk to them.//

芸術家やライターや ありえないかもしれませんが 哲学者をみつけて話してください

In fact,/ find somebody/ from the humanities.//

人文科学の誰かを見つけてください

Why?// Because they think about problems differently/ than we do as technologists.//

なぜか? 彼らの問題の考え方は 技術者とは違うからです

Just a few days ago,/ right across the street/ from here,/ there was hundreds of people gathered together.//

数日前ですが ここから通りの向かいで 数百人の人が 集まりました

It was technologists and humanists/ at that big BiblioTech Conference.//

技術者と人文科学者が ビブリオテック会議に集まったのです

And they gathered together/ because the technologists wanted to learn/ what it would be like to think from a humanities perspective.//

集まった理由は 人文科学の見方で思考すると どうなるかを技術者が知りたかったからです

You have someone/ from Google/ talking to someone/ who does comparative literature.//

グーグルから来た人が 比較文化論の研究者と話しました

You're thinking/ about the relevance of 17th century French theater --/ how does/ that bear/ upon venture capital?//

17 世紀のフランスの劇場とベンチャーキャピタルが どう関係するのかとお考えでしょう

Well/ that's interesting.// That's a different way of thinking.//

面白い点です 考え方が違うのです

And when you think in that way,/ you become more sensitive/ to the human considerations,/ which are crucial/ to making ethical decisions.//

こういうふうに考えたときに 人への配慮について もっと敏感になるでしょう それは倫理的決断に大事なことです

So imagine/ that right now/ you went/ and you found your musician friend.//

出かけて行って音楽家の友人と会うことを 今 想像してください

And you're telling/ him/ what we're talking/ about,/ about our whole data revolution and all this --/ maybe even hum a few bars of our theme music.//

聞いたことを彼に伝え 我々のデータ革命とかこれらのこと全部 テーマ音楽も数小節鼻歌で歌ってもいいです

Dum ta da da dum dum ta da/ da dum Well,/ your musician friend will stop you/ and say,/ "You know,/ the theme music/ for your data revolution,/ that's an opera,/ that's Wagner.//

♪ダンダダダーダンタダダダン♪ 音楽家の友達が制止して言うでしょう 「データ革命の そのテーマ曲は オペラだ それはワーグナーだ

It's based on Norse legend.//

北欧の神話が元になっていて

It's Gods/ and mythical creatures/ fighting over magical jewelry."//

神と神話世界の住人が 魔法の指輪を巡って戦う話だ」

That's interesting.//

これは興味深いことです

Now/ it's also/ a beautiful opera,/ and we're moved by that opera.//

美しいオペラでもあったのです 感動的なオペラです

We're moved/ because it's about the battle/ between good and evil,/ about right and wrong.//

それは善と悪の戦いを 描いているので 感動するのです

And we care about right and wrong.//

善と悪とが気になります

We care/ what happens in that opera.//

オペラで何が起きるのかも気になります

We care/ what happens in "Apocalypse Now."//

「地獄の黙示録」で何が起きたかも気になります

And we certainly care/ what happens with our technologies.//

もちろん 我々の技術に何が起きるのかも 気になることです

We have so much power/ today,/ it is up/ to us/ to figure out/ what to do,/ and that's the good news.//

これほどの力を手に入れた今日 それをどうするかは我々の手に委ねられています それは朗報と言えます

We're the ones/ writing this opera.//

我々がこのオペラを書くのです

This is our movie.//

これは我々の映画です

We figure out/ what will happen with this technology.//

この技術で何が起こるか明らかにしましょう

We determine/ how this will all end.//

どういう結末を迎えるのか決めましょう

Thank you.//

ありがとうございます

(拍手)

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

technologist

科学技術者,工業技術者

datum

dataの単数形

既知の事実

scene

(ある行為・事件の起こる)『現場』,場所

(物語・劇・映画などの)『場面』,舞台,背景

(劇・映画などの)『場』

(物語・劇・映画などの)挿話(そうわ),エピソード

ながめ,光景,風景

《話》(人前で感情をむき出しにする)大さわぎ,醜態

《単数形で》活動分野,…界

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

apocalypse

〈C〉天啓,黙示

《the A-》(新約聖書の)ヨハネの黙示録

hero

(偉業・勇敢な行為などで名を知られた)『英雄』,勇士,ヒーロー

(詩・小説・映画などの)『主人公』,主役

《米話》=hero sandwich

captain

『長』,かしら(chief)

『船長』,艦長;(吾行機の)機長

(チームの)『主将』,キャプテン;組長

陸軍大慰;海軍大佐;《米》(空軍・海兵隊の)大慰,《英》空軍大佐

…'を'統率する,指揮する

mouth

(人・動物の物を食べたり,音を発する)『口』,口腔

(口に似た)開口部;(袋・びんなどの)口,(銅穴・峡谷などの)入り口;河口,港口

…‘を'大げさに口を動かし気どってしゃべる

〈信じていないこと・理解していないこと〉‘を'口にする

…‘を'口に入れる,かむ,なめる

river

『川』

(水以外のものの)流れ,多量の流出《+『of』+『名』》

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

colonel

『陸軍大佐』,《米》陸軍(空軍,海兵隊)大佐

fly

<鳥などが>『飛ぶ』

<人が>『飛行機で飛ぶ』,飛行する;<飛行機などが>飛ぶ

(風などで)<物が>空中を飛ぶ

(風に)<旗・髪などが>ひるがえる,なびく

《副詞[句]を伴なって》『飛ぶように動く』(走る)

(ある状態・位置から)急に(…に)なる《+『形』<補>》;ぱっと(…)する《+『into』+『名』》

(野球で)フライを打つ;<ボールが>フライになる

《話》急いで立ち去る

逃げる

(空中に)<たこ・鳥など>‘を'『飛ばす』

<旗>を揚げる,翻す

<飛行機など>‘を'飛ばす,操縦する

(人・物が)…‘を'飛行機で飛ぶ

<飛行便>‘を'利用する

<人・物>‘を'空輸する

ボタン隠し,ファスナー隠し(服のボタンやファスナーを隠す布)

(野球の)飛球,フライ(=fly ball)

(テントの入口の)垂れ幕

飛行,飛ぶこと

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

sky

『空』,上空

《しばしば複数形で》空模様,天候,気候

《しばしば複数形で》『天国』,天

〈ボール〉‘を'高く打ち上げる

fill

〈容器など〉‘を'『いっぱいにする』,満たす,‘に'つぐ

〈人・物が〉〈場所・空間〉‘を'『占める』,いっぱいにする

(…で)…‘を'満たす,埋める,ふさぐ《+『名』+『with』+『名』》

〈人の要求など〉‘を'満たす,かなえる

〈注文〉‘に'応じる;〈処方箋〉‘を'調剤する

〈地位〉‘を'占める;〈職務〉‘を'果たす

(…で)『いっぱいになる』,満る《+『with』+『名』》

《ones fill》欲しいだけ,存分

《a fill》(…の)1杯の量《+『of』+『名』》

〈C〉盛り土(石)

fleet

『艦隊』

(車・飛行機などの)隊,団《+『of』+『名』》

helicopter

『ヘリコプター』

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

loud

(音・声が)『大きい』,大きな音を出す

『騒々しい』;はでな,人目を引く

『大声で』,声高に

thrilling

ぞくぞく(わくわく)させるような,血わき肉おどる

background

(景色・絵などの)『背景』,遠景

(模様などの)地

(事件などの)背景

(人の)経歴,前歴

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

ta

ありがと

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

pay

〈金・税金・負債など〉‘を'『支払う』;…‘に'支払う

(収益・利潤として)〈物事が〉…‘を'もたらす,支払う

〈物事が〉…‘の'利益になる,役に立つ

〈注意・敬意など〉‘を'『払う』;〈あいさつ・訪問など〉‘を'『する』

(…の)支払い(償い)をする《+『for』+『名』(do『ing』)》

利益がある,役に立つ

『支払い』;(特に)『賃金』,給料,俸給

(…の)雇用,雇い(employment)《+『of』+『名』》

有料の,コイン式の

bill

『勘定書』,請求書,つけ

証書;手形

《米》『紙弊』,札(さつ)(《英》note)

(議会を)『法案』,議案

張り札,ビラ(poster);番組,(芝居の)番付

目録,表(list)

=billhook

…‘に'(…の)勘定書(請求書)を送る《+『名』+『for』+『名』》

…ポスター(ビラ)で宣伝する

loan

〈U〉(…の)『貸し付け』《+『of』+『名』》

〈C〉貸し付け金,貸与物

《『loan』+『名』〈間〉+『名』〈直〉=『loan』+『名』+『to』+『名』》《米》…‘に'…‘を'『貸す』(《英》lend)

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

insurance

〈U〉『保険』保険契約

〈U〉『保険金』,保険料

〈U〉保険業

〈C〉(一般に)予防(保護)手段

pattern

(壁紙・織物などの)『模様』,柄,デザイン

『模範』,手本

『原型』,ひな型

(行動・性資の)『型』,様式パターン

(…の型)・手本に従って)…‘を'型どる,作る,まねる《+『名』+『upon』(『on, after』)+『名』》

…‘を'模様をつける

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

poker

火かき棒

突く人(物)

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

analysis

(内容・状況などの)『分析』,分解;(詳細な)検討

(化学・物理で)分析;《米》(心理学で)[精神]分析;(数学で)解析

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

mail

鎖かたびら,よろい

…‘に'鎖かたびらを着せる,武装させる

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

puzzle

《単数形で》(頭を)『悩ませる物』(『事』,『人』),難問,難物

《しばしば複合語で用いて》(遊び用の)『パズル』,判じ物,なぞ

〈難問が〉〈人〉‘の'頭を悩ませる;(…について)〈頭〉をひねって考える《+『名』+『about』(『over』)+『名』》

(…に)頭を悩ませる,(…を)頭をひねって考える《+『about』(『as to, over』)+『名』》

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

fair

《米》(農産物・家畜などの)『品評会』;(一般に)『博覧会』

《英》定期市,縁日(特に祭日などに定期的に開かれ,見世物などが出てにぎわう)

慈善市(bazaar)

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

world war

『世界大戦』

physicist

物理学者

nuclear fission

核分裂

fusion

〈U〉(金属などが)溶けること,融解,融合《+『of』+『名』》

〈C〉融合物

〈C〉(政党・党派などの)連合,合同;(民族などの)融合《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉核融合(nuclear fusion)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

lo

見よ,そら

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

collect

(趣味として)…'を'『集』,収集する

〈税金・代金など〉'を'『徴集する』,集金する;〈寄付など〉'を'募る,集める

〈勇気・冷静さなど〉'を'取り戻す,回復する;〈考えなど〉'を'まとめる,集中する

〈人が〉『集まる』,集合する

〈雨水・ほこりなどが〉たまる,積もる

集金する;募金する

料金先払いの(で),着払いの(で)

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

experience

〈U〉(…の)『経験』,体験《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉『経験(体験)したこと』

…‘を'『経験(体験)する』

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

ourselves

《強意用法》《weと同格に用いて》『私たち自身』,自分たちみずから

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私たち自身を』(『に』),自分たちを(に)

《まれ》《おもにthan,butなどの後でweの代用として》我々,私たち

respect

〈U〉(…に対する)『尊敬』,敬意《+『for』(『to』)+『名』》

〈U〉(…に対する)『尊重』,注意,関心《+『for』(to)》+『名』》

《pay one's respectsで》尊敬の表現,よろしくとの伝言

〈C〉(特定の)点,箇所(point)

〈U〉(…との)関係,関連(relation)《+『to』+『名』》

…‘を'『尊敬する』,敬う

…‘を'『尊敬する』,重んずる

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

dignity

〈U〉『尊厳』,威厳,気高さ

〈U〉品位,気品

〈C〉〈U〉高位

〈C〉《古》高位の人

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

android

人造人間

uh

あの‐ええその‐(ちゅうちょうなどで次の言葉が出ないときのつなぎ語)

huh

ふん,へえ;えっ(驚き・軽べつ・質問などを表し,鼻にかけて発音する)

bunch

(…の)『ふさ』(cluster),束《+『of』+『名』(複数)》

《話》(…の)群れ《+『of』+『名』(複数)》

一団(束)になる《+『up』》

…'を'束(ふさ)にする

smart

(頭の働きが)機敏な,気のきいた,抜け目のない;悪知恵が働く;(動作が)機敏な,てきぱきした(lively)・現代風の,流行の(fashionable) ・(人・服装などが)きちんとした,いきな,スマートな・ずきんとくる,厳しい,激しい・〈物事が〉ずきんとこたえる・〈傷口などが〉(…が原因で)ずきずき痛む,うずく《+『from』+『名』》・(…で)〈人が〉ずきんと心が痛む《+『from』(『under』)+『名』》・(心・傷口などの)鋭い痛み,うずき《+『of』+『名』(do『ing』)》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

sucker

吸う人(物);乳児

(動物の)吸盤

サッカー(北米産の歯のない淡水魚)

(植物の木の根から出る)吸枝,吸根

《米話》(棒の先につけた)あめ玉(lollipop)

《話》だまされやすい人

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

laughter

『笑い』,笑い声

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

data

『資料』,事実;情報

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

okay

=OK,O.K.

evaluate

…‘を'評価する,‘の'数量を見積る

moral

《名詞の前にのみ用いて》(人・行為などが)『道徳的な』,道徳を守る;(人が)善悪の区別がつく

《名詞の前にのみ用いて》『倫理』(『道徳』)『上の』,道徳の(ethical)

『教訓的な』,道徳を教うる

精神的な

(物語・でき事などに含まれた)『教訓』,寓意(ぐうい)

《複数形で》(社会の)モラル,風儀;(個人の)『素行』,

framework

(建物などの)骨組み;(…の)枠組《+『of』+『名』》

(…の)構成;組織《+『of』+『名』》

Kant

カント(『Immanuel~』;1724‐1804;ドイツの哲学者)

mill

『製粉所』

『製粉機』;(手動の)ひき器

製造所,工場

〈穀物・コーヒーなど〉‘を'ひいて粉にする,製粉する

〈金属・鋼鉄〉‘を'圧延機(断裁機,打出機など)にかける

〈貨幣など〉‘の'へりにぎざぎざをつける

〈家畜・人の群れが〉目的もなくうろうろする;ぞろぞろ歩く《+『about(around)』》

vote

〈C〉『票』

〈C〉『投票』;(投票・挙手・起立などの)意志表示

〈C〉(…に関する)(投票・挙手・起立などによる)『決定』,票決《+on(about)+名》

《the vote》《時に複数形で》『投票権』,選挙権

《the vote,時に a vote》《集合的に》投票数,得票[数]

投票する

〈人〉‘に'『票を入れる』,投票する

〈法案・予算など〉‘を'可決する

《vote+名+名〈補〉》《話》《しばしば受動態で》世間が一致して…‘を'(…と)見なす

《vote+that 節》《話》…すること‘を'提案する

yeah

=yes

terrifying

恐ろしい

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

decision

〈C〉(問題・疑義などの)『決定』,解決;結論《+『of』+『名』》

〈U〉『決心』,決断

〈C〉(法廷での)『判決』;判定

〈U〉決断力

mobile

動く(動かす)ことができる,移動できる;機動力のある

(心・表情が)次々と移り変わる;表情(感情)の豊かな

(社会・階層が上下に)流動できる

モビール(金属板などを空中につって動きを見せる抽象的な装飾)

《米俗》自動車

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

praise

〈U〉(…を)『ほめること』,(…の)『賞賛』《+『of』+『名』》

〈U〉《文》(詩・歌などで)(神への)賛美

《複数形で》ほめ言葉

《複数形で》《文》神をたたえる言葉(歌)

…‘を'『賞賛する』

《文》(詩・歌などで)〈神〉‘を'たたえる

scold

〈人〉‘を'『しかる』,‘に'小言を言う

しかる;(…に向かって)ののしる《+『at』+『名』(do『ing』)》

口やかましい人;がみがみ女

technique

〈U〉(科学・芸術などの)『技巧』,技術

〈C〉(技術・技巧を示す)『手法』,表現方法;腕前

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

gut

腸;(楽器の弦の材料となる)腸

《複数形で》内臓,腹わた(bowels)

=catgut

《複数形で》元気,勇気,はら,根性

《複数形で》中身,内容

〈鳥・魚〉‘の'腹わたを取り除く

…‘の'中をすっかりやられる

本能的に感じる,生き生きした;切実な

punt

パント舟(長いさおで川底を突いて進む,両端が四角い平底の浅瀬用の小舟)

〈舟〉‘を'長ざおで進める;〈人・物〉‘を'パント舟で運ぶ

パント舟で進む

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

ad hoc

特別の目的のための

特別の目的のために

footing

《a ~》足もと;足がかり,足場

確実な立場,安定した地位,基盤

(…との)間柄,相互関係《+『with』+『名』》

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

brilliant

『光り輝く』;『明るい』

色の鮮やかな,鮮明な

優れた,みごとな(splendid)

知性あふれる,才能豊かな,創意にとむ

ブリリアントカットの宝石(特に,ダイヤモンド);宝石に見えるようにカットした石

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

Plato

プラトン(427?‐347?B.C.;ギリシアの哲学者)

philosopher

『哲学者』;賢人

困難にも冷静(沈着)な人

sleep

〈U〉『眠り』,『睡眠』[『状態』]

〈C〉《a sleep》一眠り[の時間]

〈U〉永眠,死

〈U〉(一時的な手足などの)無感覚,しびれ;冬眠(hibernation)

〈U〉目やに

『眠る』

『文眠なる』,(死んで)葬られている

〈人〉‘を'泊める[設備がある]

《a+形容詞+sleepを目的語にして》…‘を'眠る

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

trade

〈U〉『商業』,商売

〈C〉交換

〈C〉〈U〉『職業』

〈U〉《the trade》《集合的に》堂業者

〈U〉《the trade》…業[界]

〈U〉《形容詞[句]を伴って》売り上げ高;《集合的に》顧客,得意先

《the trades》《話》=trade wind

(…を)『売買する,商う』《+in+名》

交換する

(…と)商売を営む,貿易をする《+with+名》

(人と)〈物〉‘を'『交換する』《+名〈物〉+with+名〈人〉》;(物と)〈物〉‘を'交換する《+名〈物〉+for+名〈物〉》

convince

〈人〉'を'『納得させる』

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

anywhere

《疑問文・条件節で》『どこかへ』(『に』),《否定文で》『どこへも』(『にも』)

《肯定文で》『どこにでも』,どこへでも

(数量が)(…から…まで)ぐらい,(ざっと…)ぐらい

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

math

《米話》=mathematics1(《英話》maths)

objective

(心の中だけでなく)実際に存在する

客観的な

(文法て)目的格の

目標,目的

(文法で)目的格

対物レンズ

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

abstract

『抽象的な』

理論的な,観念的な

(美術において)抽象派の

〈U〉抽象

〈C〉抜粋,摘要(summary)

〈C〉抽象美術作品

(いくつかのものから)〈ある概念〉'を'抽象する,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

〈本・スピーチなど〉'を'要約する(summarize),抜粋する

(…から)〈金属など〉'を'抽出する,分離する《+『名』+『from』+『名』》

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

ear

〈C〉『耳』

《単数形で》『聴覚』,聴力,音感

《単数形で》じっと聞くこと,傾聴

〈C〉耳の形をした物

nose

『鼻』

《単数形で》(…に対する)『嗅覚』(きゅうかく)《+『for』+『名』》

(鼻のように)突起した部分;船首,機首

《単数形で》(…を)かぎつける力《+『for』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'鼻で押す,鼻でさわる(こする)

…‘を'鼻でかぐ,‘を'においをかぐ;…‘を'においで知る

(…の)においをかぐ《+『at』+『名』》

《副詞[句]を伴って》(用心しながら)鼻先を向けて進む

protrusion

〈U〉突き出すこと,突き出ていること

〈C〉突き出た部分,隆起

partake

(…に)『いっしょに加わる』,(…を)共にする《+『of』+(『in』)+名》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

therefore

『それゆえ』,それで;その結果

ethic

倫理,道徳律

=ethical

pure

(金など)『混じりけのない』,純粋の

(水など)『汚れていない』,きれいな

(道徳的に)汚れていない,清らかな

(血統が)純粋の,純血の,きっすいの

《名詞の前にのみ用いて》《話》全くの

《名詞の前にのみ用いて》(応用的に対して)理論的な,純粋の

appearance

〈C〉『現れること』,出現;出演,出廷;出版,発刊

〈U〉〈C〉『外観』,見かけ,風さい(outward look)

《複数形で》形勢

stunning

気絶させるような

すごくすてきな,すばらしく美しい

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

grand

『壮大な』;豪壮な

《名詞の前にのみ用いて》『威厳のある』,気高い

(順位などが)最高の

重大な,重要な

《名詞の前にのみ用いて》全体の,全部を合わせた(complete)

《話》すてきな,すばらしい

尊大な,うぬぼれた

=grand piano

《米俗》1,000ドル

ambitious

『大望を抱いた』,野心のある,大志を抱いた

(仕事・計画などが)野心的な,大がかりな;(悪い意味で)大げさな,高望みの

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

ethics

《単数扱い》『倫理学』

《複数扱い》『倫理』,道徳[律],規範

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

philosophy

〈U〉『哲学』

〈C〉哲学体系

〈U〉(学問・知識などの)原理,理論《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉人生哲学,人生観;信条

〈U〉冷静,沈着;悟り,達観

tidy

『きちんとした』,整然とした;(人・動物などが)きれい好きな,自分をきれいにしている

《話》かなりの

…‘を'きちんとする,整とんする《+名+up,+up+名》

かたづける,整とんする《+up》

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

Aristotle

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者;384‐322B.C.)

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

amused

おもしろがった

impractical

実用的でない,実際的でない,良識(分別)のない

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

precision

正確,きちょうめん

(計器などが)精密な

subject

(思考・議論・研究などの)『主題』,問題,議題,話題《+of+名》

『科目』,教科,学科

(文法で)『主語』,主部

臣下,家来;(特に君主国の)国民,臣民

(批判・実験などの)対象となる人(物)

(楽曲,特にフーガの)主題

『支配を受ける』,従属する

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》(…を)『受けやすい』,(…に)かかりやすい

《補語にのみ用いて》《be subject to+名》)…に)『頼っている』,(|を)条件とする

(…に)〈国・人など〉‘を'『従わせる』《+名+to+名》

〈人・物など〉‘に'(いやなことなどを)『受けさせる』,経験させる《+名+to+名》

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

path

(自然にできた)『小道』,細道;庭内の道

(人・物の)『通り道』,通路・進路,軌道《+『of』+『名』》

(行動の方針としての)(の)道《+『of』+『名』》)への)道程《+『to』+『名』》

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

familiar

(物事が)『よく知られている』;見慣れた,聞き慣れた

《補語にのみ用いて》(物事を)『よく知っている』,(…に)精通している《+『with』+『名』》

(人が)『親しい』,親密な

(文体などが)くだけた,打ち解けた

(…に)なれなれしい,ずうずうしい《+『with』+『名』》

親友

使い魔,使いの精(魔法使い魔女などの召使い;小悪魔)

utilitarian

功利的な;実用の,実利の

功利主義の

功利論者,功利主義者

John

英国王ジョン(『King~』;1167?‐1216)

使徒ヨハネ(『St.~』;キリストの12使徒の一人)

=John the Baptist

ヨハネによる福音書(新約聖書の一書)

Stuart

(また Stewart)英国の王室の名

advocate

〈考え・主義・政策など〉'を'弁護(擁護)して言う,主唱する

擁護者,主唱者

弁護士

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

utilitarianism

功利説(主義)(「最大多数の最大幸福」を主義とする倫理学説)

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

pleasure

(…の)『喜び』,『楽しみ』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『うれしい』(『楽しい』)『こと』

〈U〉〈C〉(とくに肉体的)快楽,悦楽

〈U〉《所有格の次に用いて》(…の)意志,希望

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

intrinsic

(価値・質などが)本質的な,本来備わった

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

relation

(またrelationship)〈U〉『関係』,関連

〈U〉血縁関係,親族関係

〈C〉親類,親戚

《複数形で》(個人・組織・国などの,相互の)利害関係《+『between』(『with』)+『名』》

《文》〈U〉話すこと;〈C〉話,物語

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

worse

(badの比較級)(…より)『もっと悪い』(劣った),いっそう不当な《+than+名(節,句)》

(illの比較級)《補語にのみ用いて》(病気が)(…より)『もっと悪化した』,さらに悪くなった《+than+名(節,句)》

(badlyの比較級)(…より)『もっと悪く』;いっそうひどく《+than+名(節,句)》

いっそう悪いこと,さらに悪化しているもの

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

ring

『指輪』

『輪』,環;輪形,円形

(円形の)サーカス演技場,公演場,競技場;(ボクシング・レスリングの)リング

《複数形で》(体操の)つり輪

(不法な目的で結託した)(…の)徒党,一味《+『of』+『名』》

(原子の)環

…を円形に取り囲む,円で囲む《+『about』(『around』,《英》『round』)+『名,』+『名』+『about』(『around』,《英》『round』)+『名』》

〈動物〉‘に'鼻輪(首輪,足輪)をはめる

(遊びで)…‘に'輪を投げる

環状に動く,輪を描く

calculation

見積もり,算定

予想,推定

意図,熟慮

suspicious

(人物・話などが)『疑わしい』,怪しい

疑い深い,人を疑う

疑っている

message

〈C〉(文書・言葉・信号などによる)『伝書』,通信,メッセージ

〈C〉教書

〈U〉《the~》要旨,意図,訴え;お告げ,神託

bin

(穀物・石炭などを入れる)ふたつきの大箱

(れんがなどで仕切った)貯蔵所

laden

ladeの過去分詞

荷を積んだ;(…を)積み込んだ《+『with』+『名』》

《補語にのみ用いて》(…の重さで)押し下げられた《+『with』+『名』》

hideout

(特に犯人の)隠れ場所

whoever

《名詞節を導く関係代名詞》(先行詞を含む)…『する[ところの]だれでも』

《譲歩節を導く関係代名詞》『だれが…でも』

《疑問代名詞whoの強調形》《話》『いったいだれが』

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

prevent

〈物事〉‘が'『起こらないようにする』,予防する,防ぐ,妨げる

〈物事が〉〈人〉‘の'邪魔をする,妨げる

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

damage

〈U〉『損害』,損傷,被害

《複数形で》損害賠障[金]

《the~》《単数形で》《話》飛用

…‘に'損傷する

cause

〈U〉『原因』,起因;〈C〉原因となる人(物事)

〈U〉『正当な理由』,根拠,動機

《the~》(…という)(身を捧げるべき)主義,主張,目的《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉訴訟[の理由];申し立て

…'を'『原因となる』,'を'引き起こす,もたらす(bring about)

utility

〈U〉『役に立つこと』

〈C〉《しばしば複数形で》(ガス・電気・水道などの)『公益事業』

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

embarrass

〈人〉‘の'『まごつかせる』,困惑させる,きまり悪がらせる

…‘を'『じゃまする』,妨げる

〈人・会社など〉‘を'『財政困難にする』

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

value

〈U〉(…の)『価値』,値打ち,有用性,重要性《+of+名》

〈U〉〈C〉(…の)『価格』,値段《+of+名》

〈U〉〈C〉《米》《修飾語句を伴って》(払った金銭に対する)正当な値打ち

〈C〉(単語の)意味,意義

〈C〉値,数値

〈C〉音の長短

〈C〉色価,(色の)明暗の度

〈C〉《複数形で》(道義・倫理などの)価値基準,価値観

(ある金額に)…‘を'『評価する』,見積もる《+名+at+名〈金額〉》

…‘を'『高く評価する』,尊重する,重んじる

ca

circa

interfere

(‥に)『干渉する』,口出しをする(meddle)《+『in』(with』)+『名』)『wh-節』(『句』,do『ing』)》

(仕事・状況などの)『妨げとなる』,邪魔になる《+『with』+『名』(do『ing』)》

autonomy

〈U〉(行動などの)自主性

〈U〉自治,自治権

〈C〉自治体,自治団体

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

torture

…‘を'『拷問にかける』

(…で)…‘を'『ひどく苦しめる(悩ませる)』《+名+with+名(doing)》

〈U〉『拷問』,ひどく苦しめること

〈U〉〈C〉(心身の)苦痛

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

conduct

《文》(人の)『行為』,行動,品行

《修飾語を伴って》(業務・活動などの)指導,運営

〈人など〉'を'『導く』,〈旅行など〉‘の'案内をする,(…に)…'を'導く《+『名』+『to』+『名』》

〈業務など〉'を'『指導する』,運営する

《オーケストラ・曲目など》‘の'『指揮をする』

〈金属などが〉〈熱・電気など〉'を'伝導する

(オーケストラなどで)指揮する

duty

〈C〉〈U〉(道徳・法律上の)『義務』,本分,義理

〈C〉《しばしば複数形で》(地位・職業などからくる)『任務』,職務,仕事

〈U〉《古》尊敬,敬意

〈C〉《しばしば複数形で》『税』(tax),関税

thick

『厚い』,分厚い;『太い』

《数量を表す名詞の後に用いて》『厚さ…の』,太さ…の

(液体・気体が)『濃い』,濃厚な

『密な』,密生した,密集した

(なまりが)著しい,ひどい

(声が)はっきりしない,かすれた

(頭が)重い,ぼんやりした

《話》ばかな,愚かな

《話》親密な;(…と)親して《+with+名》

《補語にのみ用いて》(…で)いっぱいの,満ちた《+with+名》

『厚く』,分厚く,濃く,密に

《the ~》(…)最も厚い(太い,濃い,密な)部分《+of+名》

《the ~》(活動などの)たけなわ,まっただ中《+of+名》

philosophical

=philosophic

thicket

『低木の茂み』,やぶ

chase

〈C〉『追跡』,追撃;追求

《the ~》狩猟

〈C〉追われる人(動物,船,飛行機)

〈人・動物など〉'を'『追いかける』,追跡する

(…から)〈人・動物など〉'を'『追い払う』,追い出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…を)追う,追跡する《+『after』+『名』》

《話》走り回る《+『about』》,(…を)走り回る《+『about』+『名』》

formula

(あいさつなどの)『決まった言い方』;空虚な言葉

(…の)習慣的なやり方,決まった方法《+『for』+『名』(do『ing』)》

(…の)製法,調理法,処方せん《+『for』+『名』》

(…の)『公式』,式《+『for』+『名』》

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

thinking

『思考力のある』,考える;思慮深い

考えること,思考,思索

考え,意見,判断

uncomfortable

(物が)『心地よくない』

(人が)『不愉快に感じる』

spend

(…に)〈金〉‘を'『使う』《+名〈金〉+on(『for』)+『名』》

〈時〉‘を'『過ごす』

《文》〈力など〉‘を'使い果たす,〈自分〉‘の'力を使い果たす

金(財産など)を使う;浪費する

career

〈C〉『生涯』,(一生の)経歴

〈C〉(特に専門的訓練を要する)『職業』

〈U〉進展,進行;速力;疾走

疾走する,全速力で走る

職業としての,ぷろの

artificial

『人造の』,『人工の』,人為的な

模造の

不自然な,見せかけの

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

machine

『機械』

自動車,飛行機,自転車

加えられた力を強めたり方向を変えたりする機械(器具);てこ,滑車,くさび,斜面など

組織,(特に)派閥

(自主性も意欲もない)機械のような人,機械的に働く人

…‘を'機械で作る(仕上げる);(特に)…‘に'ミシンをかける,‘を'ミシンで作る;(印刷機で)…‘を'印刷する

…‘を'きっちり計って作る《+『down』+『名,』+『名』+『down』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

happily

『幸福に』;愉快に,楽しく

幸いにも,幸運にも(luckily)

evil

(思想・行動などが)『邪悪な』,罪深い

害を与える,有害な

『不吉な』;不運な

〈U〉『悪』,罪悪

〈C〉『害悪』,悪弊

不幸,不運

悪く

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

arise

〈問題・事件などが〉『起こる』,現れる

(…から)生じる(result)《+『from』+『名』》

《古・詩》起き上がる,立ち上がる

《英ではまれ》〈霧・煙などが〉立ちのぼる,湧きあがる

banality

平凡,陳腐

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

demand

〈人が〉(権利として強く)…‘を'『求める』,せがむ

〈物事が〉…‘を'『必要とする』,要する(need)

〈C〉『要求』,請求

〈U〉(…の)『需要』《+『for』+『名』》

請求(要求)のありしだい

exercise

〈U〉(身体の)『運動』;〈C〉体操

〈C〉(…の)『練習』,けいこ;練習問題《+『in』(『for』,『on』)+『名』》

〈U〉〈C〉《the~》(精神力・能力などを)『働かせること』,(権力などの)行使《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》(軍の)演習;《米》式,式典

〈C〉礼拝,勤行

〈手足など,体の器官〉‘を'『働かせる』,動かす,訓練する

〈人〉‘に'(…の)『訓練をさらる』,(…で)〈人〉‘を'鍛練する《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

〈精神力・能力など〉‘を'『働かせる』,〈権力など〉‘を'行使する

《文》《受動態で》(…について)〈人〉‘を'悩ます,心配させる《+『名』〈人〉+『about』(『over』)+『名』》

練習する;運動する

sane

(人が)『正気の』,気の確かな

(考え方・判断などが)『思慮(分別)のある』

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

reflect

〈光・熱・音など〉‘を'『反射する』,はね返す

〈鏡などが〉〈人・物の姿〉‘を'『映す』,反映する

…‘を'表す,示す

〈行為・でき事が〉(人などに)〈名誉・不名誉など〉‘を'もたらす,招く《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

《『reflect』+『that』(『wh-節・句』)》…であると(…かどうか)よく考える,悟る

(…を)よく考える,熟考する《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

〈物事が〉(…に)非難をもたらす,(…の)不名誉となる《+『on』(『upon』)+『名』》

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

valuable

(金銭的に)『価値のある』,高価な

役に立つ,有益な,貴重な

(身の回り品・宝石などの)貴重品

ready

『準備ができた』,仕上がった

《補語にのみ用いて》(進んで喜んで)覚悟している

《補語にのみ用いて》《『be ready to』 do》『今にも…しようとする』,しがちである

す早い,即座の

すぐに使える;手近の

(…に対して)…‘を'『準備する』,用意する《+『名』+『for』+『名』》

(銃の)構えの姿勢

位置について

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

towards

toward

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

finish

…『終える』,済ます

…‘を'食べ尽くす,使い尽くす《+『名』+『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

…『の仕上げをする』,磨きをかける《『名』『off(up)』,+『off(up)』+『名』》

《話》〈人〉‘を'参らせる

〈物事が〉『終わる』;〈人が〉やり終える,終わりにする《+『off』(『up』)》

(ことの)『最終段階』,結末

(家具などの)表面,表面の仕上げ(手触り);洗練

(ニスなど)仕上げの材料

死,滅亡

artist

『芸術家』;(特に)画家,彫刻家,音楽家

(また『artiste』)芸能人(俳優・歌手・ダンサーなど)

(その道の)達人,名人《+『at』(『in』)+『名』(do『ing』)》

writer

『作家』,著者(author);記者(journalist),筆者

heaven

〈C〉《通例複数形で》『天』,『空』

〈U〉(神・天使などが住む)天国,極楽

〈U〉《H-》『神』(God)

〈C〉〈U〉《話》天国のような場所;非常な幸せ

forbid

〈人〉‘に'〈物事〉‘を'『禁じる』,禁示する

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

street

(両側に歩道と建物のある)『街路』,通り;…街(通り)(《略》st.)

(歩道と区別した)車道

町内の人々

humanist

人文主義者;古典文学研究者

conference

〈C〉『会議』,協議会

〈U〉〈C〉(…との)相談,協議《+『with』+『名』》

〈C〉(学校,スポーツクラブなどの)連盟

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

comparative

『比較の』,比較による

比較的,かなりの

比較級の

比較級

literature

『文学』

文献

文筆業,著述業

《話》(特に広告,宣伝の)印刷物《+『on』(『of』)+『名』》

relevance

適切

(…に対する)関連性《+『to』+『名』》

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

French

『フランスの』,フランス人の,フランス語の,フランスふうの

〈U〉『フランス語』

《the ~》《集合的に;複数扱い》『フランス人』(国民)

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

upon

『…の上に』

venture

〈C〉〈U〉(生命や金をかける)『危険な企て,冒険』,(特に)商売上の冒険,投機

〈C〉投機の対象;冒険に賭(か)けた金(物)

〈反対されるようなこと,ばかだと思われるようなこと〉‘を'『あえて言う』,《文》…‘を'あえてする

《文》(…に)〈生命・財産など〉‘を'『危険にさらす』《+名+on(upon)+名》

《文》…‘の'『危険をおかす』,‘に'思い切っていどむ

(…に)あえて危険を冒す,(…を)思いきって進む《+on(upon)+名》

capital

『主要な』,最も重要な,第一の

『大文字の』

《おもに英》すばらしい,みごとな

元金の,資本の

生命にかかわる,死に値する

〈C〉『首都』

〈C〉『大文字』,かしら文字

〈U〉『資本』,資本金;元金;《集合的に》資本家階級

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

sensitive

(五感が)『敏感な』,感じやすい

物事を非常に気にする,神経過敏な

感光性の;(器械などが)感度のよい

consideration

〈U〉(…の)『考慮』,熟慮,考察《+『to』+『名』》

〈C〉『考慮すべき事』

〈U〉(人・物などへの)『思いやり』,配慮《+『for』+『名』》

〈C〉報酬,心づけ,償い

〈U〉《まれ》重要さ,重大さ;尊敬,丁重

crucial

決定的な;(…にとって)決定的な《+『for』(『to』+『名』)》

ethical

倫理の,今徳の;倫理学

道徳的な,(特に)職業道徳にかなった

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

musician

『音楽家』,楽士

《おもに英》作曲家

revolution

〈U〉〈C〉(…に対する)(政治的な)『革命』《+『against』(『in』)+『名』》

〈C〉(一般に)(…の)大変革《+『in』+『名』》

〈U〉回転運動;〈C〉一回転

〈U〉〈C〉(天体の)運行,公転《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉(季節などの)循環,周期《+『of』+『名』》

hum

〈ハチ・機械などが〉『ブンブンいう』,ブーンと鳴る

『鼻歌を歌う』,ハミングスル

(ちゅうちょ・当惑で)ふむふむいう

《話》〈雰囲気・事業などが〉活気がある,活発に動く;(…で)活気づく《+『with』+『名』》

…‘を'『ハミングで歌う』,鼻歌を歌って…‘を'(ある状熊に)する

(ハチ・機械などの)『ブンブン』[『うなる音』];鼻歌

(雑踏などの)ガヤガヤ]いう音],騒音

ふ‐む,う‐ん(ちゅうちょ・当惑・黙考・疑惑・不快などの声)

bar

(木または金属の)『棒』;棒状の物

横木,(戸・とびらなどの)かんぬき,横さん

(一般に)(…対する)『障害』《+『to』(『against』)+『名』》

(また『sand bar』)(河口・港口の)砂州

(光・色などの)線条,しま,帯

(酒場・旅館などの)酒を出すカウンター;バー,酒場;簡易食堂

《the~》(法廷の裁判官席・被告席・弁護士席と一般席との間の)仕切り;《比諭(ひゆ)的に》法廷

《集合的に》弁護士団,法曹界;弁護士[業]:

(楽譜の小節を分ける)縦線;小節

〈戸・門など〉‘に'『かんぬきをさす』

〈道・通行など〉'を'『妨げる』,はばむ

《通例受動態で》…‘に'線(筋)をつける

…'を'禁じる(forbid)

(…から)…'を'除外する,締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》;(…に)…'を'とじ込める《+『名』+『in』+『名』》:

…の除いて(except)

theme

『主題』,論題,題[目],テーマ

(児童・生徒の)『作文』

(曲の)主題,主旋律(一曲の中にさまざまに形を変えて繰り返し出てくる旋律)

opera

『オペラ』,歌劇

Wagner

ワグナー(Richard Wagner:1313‐83;ドイツの作曲家)

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

Norse

古代スカンジナビアの;古代スカンジナビア人(語)の

=Norwegian

《the~》《集合的に;複数扱い》(特に古代の)ノルウェー人;古代スカンジナビア人

=Norwegian

legend

〈C〉『伝説』,言い伝え;〈U〉伝説文学

〈C〉伝説上の人物

〈C〉(メダルなどの)題銘,銘(inscription)

〈C〉(地図・図表などの)説明,凡例(はんれい)

god

〈C〉(ギリシア・ローマ神話や多神教などの)『神』;(特に)男神

〈C〉(崇拝の対象となる)神像,偶像(idol)

〈C〉(神のように)崇拝される人,非常に重要なもの,非常に価値あるもの

〈U〉《G-》(キリスト教など一神教の)『神』

mythical

神話の,伝説の

神話的な,架空の

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

magical

『魔法の』;魔法による

魔法のような,不思議な

battle

〈C〉(個々の)『戦闘』,戦い;〈U〉『戦争』

〈C〉闘争

〈U〉《the~》勝利;成功

(…と)『戦う』《+『with』(『against』)+『名』》

…‘と'戦う,苦闘する

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画