マライア・キャリー (Mariah Carey)

Mariah Careyマライア・キャリー

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

/

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等
  • 活動期間:

    1990~現在
  • 出身地 :

    アメリカ合衆国・ニューヨーク州・ハンティントン

マライア・キャリー(英: Mariah Carey, 1970年3月27日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優としても活躍している。音楽はブラックミュージックを基盤としている。

概要

彼女の持つ18曲の全米No.1シングル(Billboard Hot 100)はビートルズに次いで歴代2位で、女性アーティストとしては1位であり、ソロ歌手としてはエルヴィス・プレスリーと並ぶ歴代1位である。全米TOP10シングル獲得数は27曲でアーティストして歴代5位。

2000年にはWorld Music Awardsにてこれまでに最も多くのレコードを売った女性として表彰された。(男性アーティストはマイケル・ジャクソン)。これまでWorld Music Awardsにて17回受賞(アーティストとして最多)。

その他にも俳優(女優)としての受賞を含め、グラミー賞、American Music Awards、Billboard Music Awards、などの音楽4大音楽賞を含め数々の受賞歴がある。

全世界でシングルセールス6500万枚以上。アルバムセールス1億7500万枚以上。トータルセールス2億4000万枚以上のセールスを記録している。一方でデジタルセールスでは1380万ダウンロードを超えるセールス(アメリカ国内のみ)を記録している。

2009年12月に米のビルボードが発表した2000年代(過去10年)アメリカでの最大ヒット曲と最もラジオで流れた曲に 「We Belong Together 」(2005年発売)が1位になる。

1995年からはキャンプ・マライアと題された恵まれない子供たちへの社会奉仕活動を自身で設立する等、今でもチャリティー活動には欠かさず参加している。

経歴

幼少期・デビューまで

ベネズエラ系移民の父アルフレッド・ロイ(アフリカ系ベネズエラ人とアフリカ系アメリカ人のハーフ)とアイルランド系アメリカ人の母パトリシア(白人)の間に3人兄弟の末っ子として、ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ、人種差別に耐えながら幼少期を過ごした。マライアが3歳の時に両親は離婚している。

ハイスクール卒業後、マンハッタンへ移り、ウェイトレスなどをしながらチャンスを待っていた。その後、ブレンダ・K・スターのバックコーラスとなり、ブレンダに連れられて訪れたパーティー会場でCBSレコード(コロンビアレーベル、現:ソニー・ミュージックエンタテインメント (米国))のトミー・モトーラ社長へブレンダがデモテープを渡したことがきっかけとなり、1990年にVision Of Loveでデビュー。このシンデレラストーリーとデビュー直前にNBAファイナルでAmerica the Beautifulを熱唱し話題になったことから大ブレイクした。

ブレーク期(1990-1996)

デビュー当時のキャッチコピーは「7オクターブの音域を持つ歌姫」(ただし、これには誇張があって、実際のマライアの音域はG♯2~G♯7(lowG♯~hihihiG♯)の5オクターブである。5オクターブと言っても、数多く存在する歌手の中でもかなり広く、女性では不可能に近い男性並の低音域から、ハープやフルートの最高音に匹敵する超高音域のホイッスルボイスまでを自在に操っている)。音域をいっぱいにまで使った曲はデビューから今もなおよく見られる。最も高い声を出す人としてギネス・ブックに認定されていた。

アルバム『Music Box 』(1993年)、『Daydream』 (1995年)は全世界で各2500万枚を超える大ヒットとなった。Boyz II Menとのデュエット曲『ワン・スウィート・デイ』は1995年から1996年にかけてビルボードのHOT 100で16週連続No.1を獲得。この最長記録は2010年現在も破られておらず、ギネス記録に認定されている。また、2005年のMIMIからのセカンド・シングル『ウィ・ビロング・トゥゲザー』は『One Sweet Day』に次いで歴代2位の14週間1位である。

1995年、キャンプ・マライアを設立して、低所得者層の恵まれない子ども向けに芸術や就業機会を学ぶ場を提供している。同時にFresh Air Fundの設立もしていて、1700万人以上のNYの治安が悪い地域の子どもたちに無料の夏休みを提供している。

転換期(1997-2000)

1997年、アルバム『Butterfly』からのファースト・シングルの『Honey』を発表。この曲は当時の音楽界に衝撃を走らせた作品となった。マライアによるこの曲の発表によってポップスなどからR&BやHip-Hopなどがアメリカでは全盛期を迎えることになった。(現在の米でのメインストリームがR&Bになったのはこの曲がきっかけとも言われている。)

アルバム『Butterfly』では、張りのあるヴォーカルよりもささやくようなコーラスやフェイクが目立つようになる。音楽的にはそれまでのアダルト・コンテンポラリーから、多くのラッパーを起用したR&B、ヒップホップ系に大きくシフトした。後に彼女がバタフライをトレードマークとしているように、一時の商業的ポップ志向から離れ、マライア独自の芸術性・音楽性を開放していくきっかけとなった。ヒップホップビートのサンプリングや、ラップとヴォーカルの融合によるクロスオーバーは、マライアが1993年頃から試みている事でもあった。またミュージック・ビデオやステージ・パフォーマンスで、胸を強調したセクシーな衣装・表現が増え、この傾向は後の作品でますます強くなっていく。

低迷期(2001-2004)

1999年のアルバム『Rainbow』を最後にソニー・ミュージックを離れEMI傘下のヴァージン・レコードに移籍。史上最高クラスの8000万ドル(当時約128億円)もの契約金が話題となった。しかし精神的・肉体的にトラブルを抱え、2001年にはテレビの生放送番組でストリップまがいのパフォーマンスをして顰蹙を買う。

同年、半自伝的な初主演映画『グリッター きらめきの向こうに』が公開されるが、興業的には失敗に終わる。そのサウンドトラックアルバムは映画の失敗、多すぎるゴシップや発売日(9月11日)がアメリカ同時多発テロ事件と重なったなどの不運もあり、低調なセールスに終わった。結局EMIからはこの1作だけで契約を打ち切られ、「リストラの一環」という不名誉な話題となった。しかし、契約打ち切り金として2800万ドル(当時約30億円)が支払われ、一瞬で得られた最多報酬としてギネスブックに掲載されている(日本では契約の関係上『Glitter』もソニーから発売され、東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパン)からは1枚もリリースされていない)。同曲のサウンドトラックからシングルカットされた「Loverboy」はビルボードのシングルセールスチャートで年間No.1を獲得している。

ほどなくしてアイランド・デフ・ジャム・ミュージック・グループ(Island/Def Jam Music Group、ユニバーサルミュージック傘下)とレコード契約を結び、2002年にアルバム『Charmbracelet』をリリースした。同年12月にプロモーション来日している。

再ブレーク(2005-2008)

そして2005年、アルバム『The Emancipation Of Mimi』を発表。1997年頃からの囁くような歌い方に加えて全盛期並みの高音が復活し、彼女の新境地を開いた。ファーストシングルの『イッツ・ライク・ザット』がヒットし、続くセカンドシングル『ウィ・ビロング・トゥゲザー』が通算14週1位を獲得、年間売り上げNo.1シングルとなり、サードシングル『Shake It Off』も6週連続2位(その時の1位は『ウィ・ビロング・トゥゲザー』であった)と大ヒット。アルバムはシングルの『ウィ・ビロング・トゥゲザー」と共に2005年の全米年間セールス1位、全世界で売上約1000万枚を超える特大ヒットとなり、The Return Of The Voiceと形容されるほどの劇的な大復活を遂げた。アメリカン・ミュージック・アワード1部門、グラミー賞3部門など数多くの賞に輝いた。この復活を受け、マライアの第二期黄金時代に突入したとも言われている。

11月には同アルバムに新曲やDVDを加えた『Ultra Platinum Edition』を発売した(日本では2006年1月に国内盤を発売)。4thシングル『Don't Forget About Us』も2週連続1位となり、同年2曲以上の1位を獲得した唯一のアーティストとなった。

2008年4月、アルバム『E=MC2』をリリース。先行シングル『タッチ・マイ・ボディ』はBillboard Hot 100で1位を獲得した。これで彼女のビルボードでのシングル1位獲得は18曲目となり、エルヴィス・プレスリーの記録に並んだ。これはビートルズの20曲に継ぐ歴代2位のタイ記録である。同時期に、アイランド・デフ・ジャムとの再契約を発表した。

さらに、『グリッター きらめきの向こうに』以来、映画から離れていたマライアの本格的映画出演が再び始まった。2008年のトライベッカ・フィルム・フェスティバル(Tribecca Film Festival)では、ハル・ベリーのオスカー受賞作となった映画『チョコレート』のプロデューサーによる作品『Tennessee』が招待作品となっている。その作品でマライアは初めてカントリーソングを披露した。

メモワール (2009)

2009年6月に発表したファーストシングル『Obsessed』では、数年来エミネムから受けていた一方的なバッシングをあざ笑うかのように、「なぜ私につきまとうの?」と歌っている。またミュージックビデオでは、エミネム風の青年に男装し、同作はスマッシュヒットとなった。だが、それ以降に予定されていた新アルバムのプロモーションへの出演キャンセルや日程変更が相次ぎ、同年9月に発売されたアルバム『Memoirs of an Imperfect Angel』は初登場1位を逃し3位にとどまり、初動セールスも前作を大きく下回るセールスとなった。

しかし、その一方でブラジルではアルバム『Memoirs of an Imperfect Angel』からのセカンドシングル『I Want To Know What Love Is」がラジオエアプレイチャートで27週連続1位になる前代未聞の新記録を達成(歴代1位)するなど、爆発的ヒットとなっている。

『Memoirs of an Imperfect Angel』は近年の作品と異なりゲストが一切参加しないアルバムであったため、多数のゲストを招いたリミックスアルバム『Angels Advocate』が企画され、ニーヨをフィーチャーした『Angels Cry」などのシングルも発表されたが、『Angels Advocate』は2010年3月の発売直前になってキャンセルされた。

妊娠、出産、ニューアルバム(2010-2011)

10月、11月発売のクリスマスアルバム『Merry Christmas II You』からのファーストシングル『Oh Santa!』を発表。ビルボードのホリデイチャートにて初登場1位を記録。

2010年11月、94年にリリースされたクリスマスアルバム『Merry Christmas』以来、16年振りとなる自身にとって2作目となるクリスマスアルバム『Merry Christmas II You』を発売。前作をチャート・初動セールス共に上回り初登場4位(前作『Merry

Christmas」は初登場30位)を記録。自身にとって16作目となるアルバムTOP10入りを果たした。またクリスマスアルバムとしては異例のR&B/Hip-Hopアルバムチャートにてビルボードチャートの歴史上2作目となる1位を記録。さらにビルボードのホリデイデジタルチャートにて1位と2位を独占するというビルボード史上初めての記録を樹立。それに続くようにTOP50以内に10曲をチャートインさせる快挙を達成。同年11月末には、マライア自身がプロデュースしたアメリカ大手ショッピングチャンネル『HSN』とのコラボレーション商品を発表。販売開始からわずか6分で完売した。

10月には、ジャスティン・ビーバーのクリスマスアルバム『Under the Mistletoe』にてマライアのクリスマスの代表曲「All I Want for Christmas Is You」をデュエットしたことを発表。 11月末には二人が共演したミュージックビデオを公開。ダイエットに成功しスリムになった姿でマライアサンタのコスプレを披露し話題となっている。

11月末には2010年11月に発売したクリスマスアルバム『Merry Christmas II You』の中からの一曲『When Christmas Comes」をジョン・レジェンドとデュエットした。

アメリカン・アイドル、再び女優業へ(2012)

7月1日に開催されたイベントBETアワード(2012)にて行われたホイットニー・ヒューストンへのトリビュートパフォーマンスにて最初にマライアがサプライズで登場し会場を驚かせた。またスピーチでは今は亡きホイットニーとの思い出を語り、途中感極まって涙ぐむ場面もあった。

7月23日、かねてから噂されていた米人気オーディション番組アメリカン・アイドルの来年度よりスタートする最新シーズンの審査員としてマライアが参加することがフォックスTVのケヴィン・ライリー社長により発表された。「TMZ.com」の報道によると1シーズン(約半年)のギャラは米リアリティ番組史上最高額の1800万ドル(日本円約14億4千万円)を超えるとのことref>“マライア・キャリーが「アメリカン・アイドル」の審査員に決定 ギャラは1年で14億円以上”. シネマトゥデイ. (2012年7月25日) 2013年3月27日閲覧。。 また、自身のツイッターにてリック・ロスとミーク・ミルを起用した新曲「Triumphant」を8月に発売することを発表した。

そして現在、新曲が8月に発表されるために年内にも14枚目となるニューアルバムが発表されるのではないかと各メディアが報道している。

ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • 「Mariah Carey / マライア」(1990)
  • 「Emotions / エモーションズ」(1991)
  • 「Music Box / ミュージック・ボックス」(1993)
  • 「Merry Christmas / メリー・クリスマス」(1994)
  • 「Daydream / デイドリーム」(1995)
  • 「Butterfly / バタフライ」(1997)
  • 「Rainbow / レインボー」(1999)
  • 「Glitter / グリッター」(2001年)
  • 「Charmbracelet / チャームブレスレット」(2002年)
  • 「The Emancipation of Mimi / MIMI - プラチナ・エディション」(2005年)
  • 「E=MC2 / E=MC2 - MIMI第2章」(2008年)
  • 「Memoirs of an Imperfect Angel / メモワール」(2009年)