アヴィーチー (Avicii)

アヴィーチーAvicii

歌詞 カタカナ字幕付き動画 - アヴィーチー(Avicii)の楽曲一覧です。英語字幕・日本語字幕の同時表示プレーヤーを使って効果的な英語学習が行えます。

  • アヴィーチー: テイスト・ザ・フィーリング
    03:12

    テイスト・ザ・フィーリングアヴィーチー

    SHOW MORE

    アヴィーチー(Avicii)とコンラッド・シューエル(Conrad Sewell)のコラボレーションによる、コカ・コーラのキャンペーンソングです。

    2016.07.10
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: ウェイティング・フォー・ラヴ
    03:50

    ウェイティング・フォー・ラヴアヴィーチー

    SHOW MORE
    EDM

    アヴィーチー(Avicii)のセカンド・スタジオ・アルバム「ストーリーズ(Stories)」からのサード・シングル曲です。

    2015.06.26
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: ザ・ナイツ
    03:10

    ザ・ナイツアヴィーチー

    SHOW MORE

    アヴィーチー(Avicii)のスタジオ・アルバム(EP)「ザ・デイズ/ザ・ナイツ(The Days / Nights)」に収録のシングル曲です。

    2014.12.15
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: アディクテッド・トゥ・ユー
    03:23

    アディクテッド・トゥ・ユーアヴィーチー

    SHOW MORE

    アヴィーチー(Avicii)のファースト・スタジオ・アルバム「トゥルー(True)」からの4枚目のシングル曲です。

    2014.02.14
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: ヘイ・ブラザー
    04:23

    ヘイ・ブラザーアヴィーチー

    SHOW MORE

    アヴィーチー(Avicii)のファースト・スタジオ・アルバム「トゥルー(True)」からのサード・シングル曲です。

    2013.12.09
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: ユー・メイク・ミー
    03:51

    ユー・メイク・ミーアヴィーチー

    SHOW MORE

    アヴィーチー(Avicii)のファースト・スタジオ・アルバム「トゥルー(True)」からのセカンド・シングル曲です。

    2013.09.16
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
  • アヴィーチー: ウェイク・ミー・アップ
    04:33

    ウェイク・ミー・アップアヴィーチー

    SHOW MORE
    EDM

    アヴィーチー(Avicii)のファースト・スタジオ・アルバム「トゥルー(True)」からのリード・シングル曲です。

    2013.07.29
    洋楽おすすめ
    歌詞 カタカナ
/

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等
  • 活動期間:

    2007 - 現在
  • 出身地 :

    スウェーデン・ストックホルム

アヴィーチー(Avicii(サンスクリット語の「無間地獄」aviciから)1989年9月8日 - )は、スウェーデン出身のDJ、音楽プロデューサー。本名はティム・バークリング(Tim Bergling)またのアーティスト名をティム・バーグ(Tim Berg)、トム・ハングス(Tom Hangs)ともいう。

バイオグラフィ

スウェーデンの首都ストックホルム生まれ。18歳から自室で本格的に音楽活動を始める。早い時期からオランダのDJティエストから注目されていた。ティエストによる招きでイビサ島のイベントに参加する。

2010年、スウェーデンのDJジョン・ダールバックとともに楽曲「Don't Hold Back」をコラボレーションする。同年にティム・バーグ名義で発表された楽曲「Seek Bromance」が、イギリスの全英シングルチャートを始めとして10数ヶ国のチャートでトップ20を記録、オーストラリアなど複数の国でゴールドディスクを獲得する。

2011年に発表された、デヴィッド・ゲッタとコラボレーションした楽曲「Sunshine」は、第54回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネートされた。

2011年、彼のオリジナルトラックである「Fade Into Darkness」(以前のタイトル:Penguin)を、レオナ・ルイス側が無断でサンプリング、タイトル「Collide」としてリリースしようとしたため、アヴィーチー側は、レオナ・ルイス側に対して盗作したとして訴訟を起こそうとするが、のちに、アーティスト名をともに連ねることを条件にしたうえで和解が成立、「Collide」は全英シングルチャートで4位を記録する。

2011年10月28日、楽曲「Levels」をリリース、約20ヶ国あまりのチャートでトップ10内を記録。アメリカ合衆国、オーストラリア、ドイツ、イタリア、ベルギー、ノルウェー、スウェーデン、スイスといった国々でプラチナディスクを、イギリス、ニュージーランド、デンマークでゴールドディスクを獲得した。また、同楽曲により第55回グラミー賞最優秀ダンス・レコーティングにノミネートされた。

2012年、ニッキー・ロメロとともにシングル「I Could Be the One」を発表し、全英シングルチャートで1位を記録。2012年、イギリスの『DJ マガジン』による世界のトップDJリストで第3位に選ばれた。同年、マドンナの楽曲をリミックスし、また、レニー・クラヴィッツと楽曲「Superlove」を共作する。

2013年にはABBAのメンバーだったベニー・アンダーソン、ビョルン・ウルヴァースとともに、ユーロビジョン・ソング・コンテスト2013のアンセム「We Write the Story」を共作した。2013年にリリースされた楽曲「Wake Me Up!」はアロー・ブラックをフィーチャー、瞬く間に全英で1位を獲得した。2013年9月17日にデビューアルバム『True』をリリース。

ディスコグラフィ

スタジオ・アルバム

  • 「トゥルー / True」(2013年)

コンピレーション・アルバム

  • 「Avicii Presents Strictly Miami」(2011年)
  • 「The Singles」(2011年)