アデル (Adele)

Adeleアデル

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

/

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等
  • 活動期間:

    2006~現在
  • 出身地 :

    イングランド・ロンドン

アデル・ローリー・ブルー・アドキンス(Adele Laurie Blue Adkins、1988年5月5日 - )はイギリスの女性シンガーソングライター。

人物

ロンドンのトッテナムにて生まれる。母ペニー・アドキンスは、アデルを産んだ時は10代であり、父マーク・エヴァンスはアデルが2歳の時に家族のもとを去った。その後、母はシングルマザーとしてアデルを育てた。アデルは、父のことを許したことはないと語っている。

4歳から歌うことに夢中になり、幼い頃は友人とパーティーでスパイス・ガールズの真似をして遊んでいたという。その後9歳でブライトンに、11歳で南ロンドンに引っ越した。しかし、現在でも生まれた北ロンドンのサッカーチームであるトッテナム・ホットスパーのサポーターであるという。

16歳から作曲とギター演奏を始める。音楽学校である、ブリット・スクールを卒業。そこでは、レオナ・ルイスとジェシー・Jが同級生であった。

エタ・ジェイムズ、ジル・スコット、ロバータ・フラックなどを好きなアーティストとして挙げている。「エタ・ジェイムズの曲『Fool That I Am』を聴いて初めてシンガーになりたいと思った」と『ザ・サン』紙のインタビューで語っている。また、その曲を収録しているCDは「同じ髪型にしてもらおうとヘア・ドレッサーに見せたかったってだけ」でバーゲンの箱の中から買った、とも語っている。

2012年6月29日、恋人のSimon Koneckiとの間に授かった第一子の妊娠を発表、10月に男児を無事出産した。

歌手

2008年1月にリリースしたデビューアルバムの『19』はイギリスのアルバムチャートでは初登場で1位を記録したが、アメリカ合衆国のビルボードアルバムチャートでは初登場149位だった。

2008年10月に放送されたサタデー・ナイト・ライヴへの出演で注目を集める。

第51回グラミー賞に、主要2部門を含む4部門でノミネートされ、最優秀新人賞と最優秀ポップ女性歌手を受賞した。

2011年1月にリリースしたセカンドアルバム『21』は、19カ国で1位を獲得し、年末には売り上げが1,700万枚を超え(21世紀に発売されたアルバムとして3作目)、さらに全米ビルボードアルバムチャートにて発売以来39週連続でトップ5位以内を記録し、マイケル・ジャクソンが持っていた38週連続トップ5の記録を抜いて歴代1位になるという記録を樹立したほか、3つのギネス記録に認定されるなど、次々と快挙を達成。母国イギリスでの売り上げは400万枚を超え、国内歴代セールスは6位となっている。

第54回グラミー賞に主要3部門を含む6部門でノミネートされ、ノミネートされたすべての賞を獲得した。受賞のリストは、アルバム『21』が最優秀アルバム賞・最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムの2部門、シングル「Rolling in the Deep」が最優秀レコード賞・最優秀楽曲賞・最優秀短編音楽ビデオの3部門、同じくシングル「Someone Like You」が最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンスの1部門。

2012年10月に、映画『007 スカイフォール』のために書き下ろした曲、「skyfall」をリリースした。

ディスコグラフィ

アルバム

  • 19(2008年1月28日)
  • 21(2011年1月19日)

シングル

  • Hometown Glory(2007年)
  • Chasing Pavements(2008年)
  • Cold Shoulder(2008年)
  • Make You Feel My Love(2009年)
  • Rolling in the Deep(2010年) - 全英、全米1位。
  • Someone Like You(2011年) - 全英、全米1位。
  • Set Fire to the Rain(2011年) - 全米1位。
  • skyfall(2012年)