TED日本語 - ジェーン・ポインター: バイオスフィア2での生活

TED日本語

TED Talks(英語 日本語字幕付き動画)

TED日本語 - ジェーン・ポインター: バイオスフィア2での生活

TED Talks

バイオスフィア2での生活
Life in Biosphere 2
ジェーン・ポインター
Jane Poynter

内容

ジェーン・ポインターがバイオスフィア2での2年間と20分の生活について語ります?この経験から、彼女は非常に過酷な環境で生命がどうすれば生き延びられるかを探ることになりました。これは、独自のTEDxイベントから採用された初めてのTEDTalkです。(南カリフォルニア大学にて)

Script

I have had the distinct pleasure of living inside two biospheres. Of course we all here in this room live in Biosphere 1. I've also lived in Biosphere 2. And the wonderful thing about that is that I get to compare biospheres. And hopefully from that I get to learn something.

So what did I learn? Well, here I am inside Biosphere 2, making a pizza. So I am harvesting the wheat, in order to make the dough. And then of course I have to milk the goats and feed the goats in order to make the cheese. It took me four months in Biosphere 2 to make a pizza. Here in Biosphere 1, well it takes me about two minutes, because I pick up the phone and I call and say, "Hey, can you deliver the pizza?"

So Biosphere 2 was essentially a three-acre, entirely sealed, miniature world that I lived in for two years and 20 minutes. (Laughter) Over the top it was sealed with steel and glass, underneath it was sealed with a pan of steel -- essentially entirely sealed. So we had our own miniature rainforest, a private beach with a coral reef. We had a savanna, a marsh, a desert. We had our own half-acre farm that we had to grow everything. And of course we had our human habitat, where we lived.

Back in the mid-'80s when we were designing Biosphere 2, we had to ask ourselves some pretty basic questions. I mean, what is a biosphere? Back then, yes, I guess we all know now that it is essentially the sphere of life around the Earth, right? Well, you have to get a little more specific than that if you're going to build one. And so we decided that what it really is is that it is entirely materially closed -- that is, nothing goes in or out at all, no material -- and energetically open, which is essentially what planet Earth is.

This is a chamber that was 1/400th the size of Biosphere 2 that we called our Test Module. And the very first day that this fellow, John Allen, walked in, to spend a couple of days in there with all the plants and animals and bacteria that we'd put in there to hopefully keep him alive, the doctors were incredibly concerned that he was going to succumb to some dreadful toxin, or that his lungs were going to get choked with bacteria or something, fungus. But of course none of that happened.

And over the ensuing few years, there were great sagas about designing Biosphere 2. But by 1991 we finally had this thing built. And it was time for us to go in and give it a go. We needed to know, is life this malleable? Can you take this biosphere, that has evolved on a planetary scale, and jam it into a little bottle, and will it survive? Big questions. And we wanted to know this both for being able to go somewhere else in the universe -- if we were going to go to Mars, for instance, would we take a biosphere with us, to live in it? We also wanted to know so we can understand more about the Earth that we all live in. Well, in 1991 it was finally time for us to go in and try out this baby. Let's take it on a maiden voyage. Will it work? Or will something happen that we can't understand and we can't fix, thereby negating the concept of man-made biospheres?

So eight of us went in : four men and four women. More on that later. (Laughter) And this is the world that we lived in. So, on the top, we had these beautiful rainforests and an ocean, and underneath we had all this technosphere, we called it, which is where all the pumps and the valves and the water tanks and the air handlers, and all of that. One of the Biospherians called it "garden of Eden on top of an aircraft carrier." And then also we had the human habitat of course, with the laboratories, and all of that. This is the agriculture. It was essentially an organic farm.

The day I walked into Biosphere 2, I was, for the first time, breathing a completely different atmosphere than everybody else in the world, except seven other people. At that moment I became part of that biosphere. And I don't mean that in an abstract sense; I mean it rather literally. When I breathed out, my CO2 fed the sweet potatoes that I was growing. And we ate an awful lot of the sweet potatoes. (Laughter) And those sweet potatoes became part of me. In fact, we ate so many sweet potatoes I became orange with sweet potato. I literally was eating the same carbon over and over again. I was eating myself in some strange sort of bizarre way.

When it came to our atmosphere, however, it wasn't that much of a joke over the long term, because it turned out that we were losing oxygen, quite a lot of oxygen. And we knew that we were losing CO2. And so we were working to sequester carbon. Good lord -- we know that term now. We were growing plants like crazy. We were taking their biomass, storing them in the basement, growing plants, going around, around, around, trying to take all of that carbon out of the atmosphere. We were trying to stop carbon from going into the atmosphere. We stopped irrigating our soil, as much as we could. We stopped tilling, so that we could prevent greenhouse gasses from going into the air. But our oxygen was going down faster than our CO2 was going up, which was quite unexpected, because we had seen them going in tandem in the test module. And it was like playing atomic hide-and-seek. We had lost seven tons of oxygen. And we had no clue where it was.

And I tell you, when you lose a lot of oxygen -- and our oxygen went down quite far; it went from 21 percent down to 14.2 percent -- my goodness, do you feel dreadful. I mean we were dragging ourselves around the Biosphere. And we had sleep apnea at night. So you'd wake up gasping with breath, because your blood chemistry has changed. And that you literally do that. You stop breathing and then you -- (Gasps) -- take a breath and it wakes you up. And it's very irritating. And everybody outside thought we were dying. I mean, the media was making it sound like were were dying. And I had to call up my mother every other day saying, "No, Mum, it's fine, fine. We're not dead. We're fine. We're fine." And the doctor was, in fact, checking us to make sure we were, in fact, fine. But in fact he was the person who was most susceptible to the oxygen. And one day he couldn't add up a line of figures. And it was time for us to put oxygen in. And you might think, well, "Boy, your life support system was failing you. Wasn't that dreadful?" Yes. In a sense it was terrifying. Except that I knew I could walk out the airlock door at any time, if it really got bad, though who was going to say, "I can't take it anymore!"? Not me, that was for sure.

But on the other hand, it was the scientific gold of the project, because we could really crank this baby up, as a scientific tool, and see if we could, in fact, find where those seven tons of oxygen had gone. And we did indeed find it. And we found it in the concrete. Essentially it had done something very simple. We had put too much carbon in the soil in the form of compost. It broke down; it took oxygen out of the air; it put CO2 into the air; and it went into the concrete. Pretty straightforward really.

So at the end of the two years when we came out, we were elated, because, in fact, although you might say we had discovered something that was quite "uhh," when your oxygen is going down, stopped working, essentially, in your life support system, that's a very bad failure. Except that we knew what it was. And we knew how to fix it. And nothing else emerged that really was as serious as that. And we proved the concept, more or less. People, on the other hand, was a different subject. We were -- yeah I don't know that we were fixable. We all went quite nuts, I will say.

And the day I came out of Biosphere 2, I was thrilled I was going to see all my family and my friends. For two years I'd been seeing people through the glass. And everybody ran up to me. And I recoiled. They stank! People stink! We stink of hairspray and underarm deodorant, and all kinds of stuff. Now we had stuff inside Biosphere to keep ourselves clean, but nothing with perfume. And boy do we stink out here. Not only that, but I lost touch of where my food came from. I had been growing all my own food. I had no idea what was in my food, where it came from. I didn't even recognize half the names in most of the food that I was eating. In fact, I would stand for hours in the aisles of shops, reading all the names on all of the things. People must have thought I was nuts. It was really quite astonishing. And I slowly lost track of where I was in this big biosphere, in this big biosphere that we all live in. In Biosphere 2 I totally understood that I had a huge impact on my biosphere, everyday, and it had an impact on me, very viscerally, very literally.

So I went about my business: Paragon Space Development Corporation, a little firm I started with people while I was in the Biosphere, because I had nothing else to do. And one of the things we did was try to figure out: how small can you make these biospheres, and what can you do with them? And so we sent one onto the Mir Space Station. We had one on the shuttle and one on the International Space Station, for 16 months, where we managed to produce the first organisms to go through complete multiple life cycles in space -- really pushing the envelope of understanding how malleable our life systems are.

And I'm also proud to announce that you're getting a sneak preview -- on Friday we're going to announce that we're actually forming a team to develop a system to grow plants on the Moon, which is going to be pretty fun. And the legacy of that is a system that we were designing: an entirely sealed system to grow plants to grow on Mars. And part of that is that we had to model very rapid circulation of CO2 and oxygen and water through this plant system.

As a result of that modeling I ended up in all places, in Eritrea, in the Horn of Africa. Eritrea, formerly part of Ethiopia, is one of those places that is astonishingly beautiful, incredibly stark, and I have no understanding of how people eke out a living there. It is so dry. This is what I saw. But this is also what I saw. I saw a company that had taken seawater and sand, and they were growing a kind of crop that will grow on pure salt water without having to treat it. And it will produce a food crop. In this case it was oilseed. It was astonishing. They were also producing mangroves in a plantation. And the mangroves were providing wood and honey and leaves for the animals, so that they could produce milk and whatnot, like we had in the Biosphere.

And all of it was coming from this: shrimp farms. Shrimp farms are a scourge on the earth, frankly, from an environmental point of view. They pour huge amounts of pollutants into the ocean. They also pollute their next-door neighbors. So they're all shitting each other's ponds, quite literally. And what this project was doing was taking the effluent of these, and turning them into all of this food. They were literally turning pollution into abundance for a desert people. They had created an industrial ecosystem, of a sense.

I was there because I was actually modeling the mangrove portion for a carbon credit program, under the U.N. Kyoto Protocol system. And as I was modeling this mangrove swamp, I was thinking to myself, "How do you put a box around this?" When I'm modeling a plant in a box, literally, I know where to draw the boundary. In a mangrove forest like this I have no idea. Well, of course you have to draw the boundary around the whole of the Earth. And understand its interactions with the entire Earth. And put your project in that context.

Around the world today we're seeing an incredible transformation, from what I would call a biocidal species,one that -- whether we intentionally or unintentionally -- have designed our systems to kill life, a lot of the time. This is in fact, this beautiful photograph, is in fact over the Amazon. And here the light green are areas of massive deforestation. And those beautiful wispy clouds are, in fact, fires, human-made fires. We're in the process of transforming from this, to what I would call a biophilic society,one where we learn to nurture society. Now it may not seem like it, but we are. It is happening all across the world, in every kind of walk of life, and every kind of career and industry that you can think of. And I think often times people get lost in that. They go, "But how can I possibly find my way in that? It's such a huge subject." And I would say that the small stuff counts. It really does.

This is the story of a rake in my backyard. This was my backyard, very early on, when I bought my property. And in Arizona, of course, everybody puts gravel down. And they like to keep everything beautifully raked. And they keep all the leaves away. And on Sunday morning the neighbors leaf blower comes out, and I want to throttle them. It's a certain type of aesthetic. We're very uncomfortable with untidiness. And I threw away my rake. And I let all of the leaves fall from the trees that I have on my property. And over time, essentially what have I been doing? I've been building topsoil. And so now all the birds come in. And I have hawks. And I have an oasis. This is what happens every spring. For six weeks,six to eight weeks, I have this flush of green oasis. This is actually in a riparian area. And all of Tucson could be like this if everybody would just revolt and throw away the rake. The small stuff counts.

The Industrial Revolution -- and Prometheus -- has given us this, the ability to light up the world. It has also given us this, the ability to look at the world from the outside. Now we may not all have another biosphere that we can run to, and compare it to this biosphere. But we can look at the world, and try to understand where we are in its context, and how we choose to interact with it.

And if you lose where you are in your biosphere, or are perhaps having a difficulty connecting with where you are in the biosphere, I would say to you, take a deep breath. The yogis had it right. Breath does, in fact, connect us all in a very literal way. Take a breath now. And as you breathe, think about what is in your breath. There perhaps is the CO2 from the person sitting next-door to you. Maybe there is a little bit of oxygen from some algae on the beach not far from here. It also connects us in time. There may be some carbon in your breath from the dinosaurs. There could also be carbon that you are exhaling now that will be in the breath of your great-great-great-grandchildren. Thank you. (Applause)

私は二つのバイオスフィア(生物圏)に住むという めったにない喜びを得ました この部屋にいる我々は皆バイオスフィア1に住んでいますが 私はまたバイオスフィア2にも住んだのです そして素晴らしいことに、私はそれらのバイオスフィアを比較することができ そこから何かを学んでいると思います

何を学んだのでしょうか? これは私がバイオスフィア2の中でピザを作っているところです ピザ生地を作るために小麦を収穫し それからチーズを作るためにヤギの乳搾をして もちろんヤギも飼育します バイオスフィア2でピザを作るには4ヶ月かかりました こちらバイオスフィア1では2分しかかかりません 電話を取って 「ピザを届けてちょうだい」と言うだけですから

バイオスフィア2は 3エーカーの 外界と完全に遮断されたミニチュア世界です 私はそこで2年と20分、生活していました (笑) 上は鉄とガラスで遮断され 下は鉄の底で遮断されていました 本質的に、完全に密閉されていました そこには自前のミニチュア熱帯雨林に、 珊瑚礁のあるプライベートビーチ、 サバンナ、沼地、砂漠がありました 全ての栽培を行う半エーカーの農地と 人間が住むための居住区がありました

80年代半ば、我々がバイオスフィア2を設計していた頃 我々は非常に基本的なことを自問していました つまり、バイオスフィアとは何か? そのころ、我々が考えていたのは 「地球をとりまく生命の球体」のことでした でしょう? でも、それを作ろうと思ったらもう少し具体的にしておく必要があります そこで我々は、実際はそれは 物質的に完全に閉じていて どんな物質も出入りせず、かつ エネルギー的には開いた系と定義しました 地球がまさしくそうなのです

これはバイオスフィア2の400分の1の部屋で 「テストモジュール」と呼んでいました そしてこの人物、ジョン・アレンが 彼を生存させるために我々が持ち込んだ 植物、動物、バクテリアと共に この中で二日間過ごそうとした初日から 医師団は、彼がなにか 恐ろしい毒素にやられるか、バクテリアか菌糸かで 窒息して死んでしまうのではないかと、ひどく恐れましたが もちろんそんなことは起きませんでした

その後の数年は バイオスフィア2の設計の偉大な物語があり 1991年には バイオスフィア2が建造されました そして我々は その中に入ったのです 我々は知りたかったのです 生命はこれに順応できるか? 惑星規模に拡大した このバイオスフィアを 小さなビンに入れて それでも生命は維持できるのか? 大きな問いかけです 我々はこの答えを、ひとつは 宇宙のどこか他の場所、たとえば火星に 行くのに使えるのか知るために、 もう一つは、我々の住む地球についてより深く知るために 得たいと思いました 1991年、ついにその時が来て、我々は中に入り どうなるかを試しました 処女航海です うまくいくか? それともなにか我々が 理解や解決ができないことが起きて 人工のバイオスフィアというコンセプトが否定されるのか?

男性4人、女性4人が中に入りました そのあと増えたんですが (笑) これが我々が住んだ世界です 上には 美しい熱帯雨林と海 下には「テクノスフィア」がありました ポンプや、バルブや 水タンクや、大気処理装置などなどです メンバーの一人はこれを「空母の上のエデンの園」と 呼びました そしてもちろん居住区があり 研究室がありました ここが農園で 要するに有機農園です

バイオスフィア2に入ったその日、 私は、はじめて、 7人のメンバーと共に 世界の他と誰とも全く異なる 空気を吸っていました その瞬間、私はそのバイオスフィアの一部になったのです それは抽象的な意味でなく 文字どおりそうなのです 私が吐いた呼気のCO2が 私の栽培するサツマイモになるのです 我々はサツマイモをものすごくたくさん食べました (笑) そしてそのサツマイモが 私の一部となるのです サツマイモを食べ過ぎたせいで 自分がオレンジ色になったくらいです 私は文字通り同じ炭素をなんども繰り返し食べていました ものすごく奇妙な方法で、私は私自身を食べていたのです

しかし、大気について言えば 長期的には、そんな冗談では済みませんでした なぜなら、私たちは非常にたくさんの酸素を失っていたからです 私たちは二酸化炭素も失っていました それで私たちは炭素を「隔離」しようとしました おお、今だとこの用語も使えるのね 我々は狂ったように植物を育てました そのバイオマスを地下室に貯蔵し また植物を育て、それを何度も繰り返しました 大気から炭素を除去しようとしたのです 炭素が大気に放出されるのを防ごうとしました 土地の灌漑を最小限にしました 土を耕すのをやめました 温室効果ガスが大気に混じるのを防ぐためです それでも酸素は二酸化炭素が増えるより 早く減っていきました 予想もしなかったことです テストモジュールではそれらは一緒に変化していたからです まるで原子レベルでのかくれんぼのようなものでした 我々は7トンの酸素を失い どこにいったのか全く分かりませんでした

そして、大量の酸素を失うとどうなるかというと 我々の場合 21%から14.2%まで下がりましたが おお、恐ろしいですよ われわれはバイオスフィア内を身体を引きずるように歩いていました 夜には睡眠時無呼吸症候群がおこり 大きく息を吸い込んで目が覚めるんです 血液の組成が変わってしまっていて 本当にそうなるんです 息が止まって 深呼吸で目が覚めるんです とてもいらいらします 外界の人たちはみんな、私たちが死にかかっていると思いました メディアがそう報道したのです 私は一日おきに、母親に「大丈夫、大丈夫」と電話しなくてはなりませんでした 「私は死んでないわよ、大丈夫よ」って 実際は隊員の医師が、我々が本当に 大丈夫かどうかチェックしていました しかし実際は彼自身が一番酸素に敏感だったのです ある日、彼はついに一連の足し算ができなくなり 我々は外部から酸素を導入しました あなたはこう考えるかも つまり 「あなたの生命維持装置は 動作不能になっている 恐ろしいことだ」と たしかにある意味ではそれは恐ろしことです 事態が悪化すれば、いつでもエアロックから 歩いて出られると分かっている以外は でも誰か「もうがまんできない!」といったでしょうか? 私で無い事は確かです

しかし一方ではこれはプロジェクトの珠玉の発見でもありました なぜなら、わたしたしはこのシステムを実際に 科学の道具として動かして 7トンの酸素がどこへいってしまったのか 発見できるかどうか試すことができたからです そして、実際それは発見できました それはコンクリートのなかにあったのです 実はとても簡単なことでした 我々は過剰な炭素をコンポストの土に入れてしまい それが分解して大気から酸素を奪い CO2が大気に放出され、さらにコンクリートに蓄積されたのです とても単純なことでした

それで、2年の後に 我々は達成感と共に出て来ました たしかに、我々は 酸素が減り続けて 生命維持装置を使っての実験をやめたという とても「だめ」な結果を得ました まさしくひどい失敗でした ただし その原因と、対応方法もわかっていました それ以外に重大な問題は 起きずに コンセプトそのものは、どうにか証明したわけです 一方、われわれ被験者の問題はまた別でした 我々自身は、修復できるかわかりませんでした 言うなれば、頭が変になってしまったようでした

私がバイオスフィア2から出て来た日 私は家族や友人に会えるのでわくわくしていました それまでの2年間、ずっとガラス越しに見ていたのですから みんなが私の所に駆けてきました が、わたしはあとずさりしました 彼らはひどい臭いがしたのです! みんなひどく臭うのです! ヘアスプレーや腋の臭い消しや そういったものの臭いがするのです 私たちはバイオスフィアのなかで清潔にする道具を持っていましたが 香水の類いは持っていませんでした しかし、こちら側では臭うのです それだけでなく 私は自分の食物がどこからくるか分からなくなりました 以前は私は自分の食べるもの全てを育てていました しかし今では自分の食べ物に何が入っているか、それがどこからくるか分からなくなりました それどころか自分が食べているものの名前が半分くらいしか分かりません 店の棚のところで、何時間も 全商品の成分を調べていたりします 頭が変になったと思われているでしょう 本当に驚くべきことで 私は次第に、自分たちが住んでいる この大きなバイオスフィアの中のどこにいるか分からなくなりました バイオスフィア2では、私自身が バイオスフィアに対して常に大きな影響を持つこと、 バイオスフィアが私に影響することを理解していました とても肉体的にも、また文字通りにも

そこで私はパラゴン宇宙開発という 会社を始めました 私がバイオスフィアにいた頃の仲間と始めた小さな会社です 他にやることがありませんでしたから 私たちがやったことのひとつは バイオスフィアをどこまで小さくできるか それでなにができるかを試してみることした そのバイオスフィアをミール宇宙ステーションに載せ スペースシャトルに載せ、国際宇宙ステーションにも16ヶ月載せました われわれは、宇宙空間で完全なライフサイクルを なんども繰り返す生物を 作るのに成功しました 我々の生命システムがどこまで 順応できるかを理解する 枠組みに挑戦しました

そして、光栄にも、みなさんに、 金曜日に公開する予定の、月で生育する植物のシステムを開発する チームをつくったことを 報告いたします これはとても面白いことになるでしょう そして、その元になっているのは、私たちが設計していたシステムです 火星でも植物を育てられる、完全に分離されたシステムです その設計の過程で 酸素と二酸化炭素の非常に高速な 循環システムを設計しなくてはなりませんでした

その設計の結果、 わたしはアフリカの突端 エリトリアの各地に行くことになりました もとはエチオピアの一部だったエリトリアは 驚くほど美しく、信じられないくらい荒涼とした場所で、 私はここで人々がどうやって稼いで 生活しているかまったくわかりませんでした ものすごく乾燥しています これが私が目にしたものです が、これもまたわたしが見たものです 私は、ある会社が 海水と 砂を利用して、まったく無処理で 純粋な海水で育つ植物を育てているのを見ました 食料を作り出すのですが、 この場合はオイルシードです 私は驚きました 彼らはまたプランテーションで マングローブを育てていました マングローブは木材、蜂蜜、 動物に使われる葉となり ミルクなど、我々がバイオスフィアで 生産したようなものを生産していました

そしてそれらはすべて、エビの養殖場からもたらされます 率直に環境の観点から言うと エビの養殖場は地球の悩みの種です 大量の汚染物を海に流し込みます それはまた隣りの池も汚染します お互いに汚しあっているのです 文字通りに このプロジェクトが行おうとしているのは この汚染の流れを取り込んで すべて食物にすることです 彼らは文字通り、汚染物を砂漠の人々の財産にしているのです ある意味では工業的なエコシステムを作ったのです

実は私は国連の京都議定書の 炭素排出枠プログラムのための マングローブ分野のモデル設計の為そこにいました このマングローブの沼の設計中に 私は考えました「どうやって周りに箱を作るのか?」と 私は植物を入れる箱を設計するとき、文字通り どこを境界にすればよいか知っていますが マングローブの森でどうするかはわかりませんでした もちろん地球の周りにも境界線を引かなくてはなりません 全ては地球全体と関連しているのです そしてプロジェクトをその文脈のなかに置く必要があります

今日世界中で、我々は信じられないような変貌を目にしています それは「殺生命」型の種族、 意図的あるいはそうでなくとも 非常に多くの生命を殺すようシステムを設計した種族によるものです この美しい写真は、実は アマゾン上空からのものですが ライトグリーンの大規模な森林破壊の領域がみられ このふわふわと美しい雲は 実は人工的な山火事です 私たちは、この状態から いわば「生命順応的な」社会に変わる途上にあります そこで我々は社会を育むことを学ぶでしょう そうは思えないかもしれませんが、そうなのです それは世界中のあらゆる 生活の営みで、 あらゆる職業や 思いつくあらゆる産業界で起こっています その中で人々はしばしば迷います 「この世界でどうやって道を見つけたらいいんだ?」と それほど大掛かりな命題なのです そこでは、非常に小さなことがらが重要なのです 本当に

これは私の家の裏庭の「熊手(箒)」の話です ここがうちの裏庭です ずっと昔、わたしが(もちろん)アリゾナに 家を買った頃、庭には砂利を敷いたものです そして庭に美しく箒がけをして、落ち葉は全て取り除きました 日曜の朝、隣人が落ち葉を吹き飛ばす機械を持ち出すと それを止めたいと思いました それはある種の美意識です ちらかっているのがとても嫌だったのでしょう 私は箒をほうり出しました そして自分の土地の木から落ち葉が落ちるに任せました 時がたつと、どうなったでしょう? 私は表土を作っていたことになるのです するとたくさんの鳥がやって来て、鷹もやって来て オアシスが出来たのです 毎年春になるとこうなります 6週間か8週間は緑のオアシスになるのです ここは河岸になったのです (アリゾナの)ツーソンのどこでもこうなり得るのです 皆が立ち止まって、箒を捨てさえすれば 小さなことが、意味を持つのです

産業革命とプロメテウス(火)が 私たちに世界を照らす力をもたらしました それはまた 世界を外側から見る力も与えました 私たち全ての人が 人工のバイオスフィアで生活し その世界とこの世界を比べることはないかもしれませんが それでも私たちは世界を見渡し その枠組みの中で自分がどこにいるかを知ろうとし それとどうかかわるべきか選ぼうとすることはできます

そして、もしあなたがバイオスフィアのどこにいるか分からなくなったり あるいは自分のバイオスフィア上の位置と 繋がりが持ちにくくなったとき あなたにこう申しましょう 深呼吸をしてください ヨガの導師は正しかった 呼吸は、我々全てをつないでいます 文字通りの意味で 息をしてください あなたが息をする時 その息になにが入っているか考えてください 隣りの人からきたCO2があるでしょう 近くの海岸の海藻が作った 酸素もいくらか入っているかもしれない 息は時間ともつながっています あなたの息の中の炭素は 恐竜のものだったかもしれない あなたの吐く息の中の炭素が あなたの曾、曾、曾、曾孫の息に なるかもしれないのです ありがとうございました

― もっと見る ―
― 折りたたむ ―

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等

関連動画