ケシャ (Kesha)

Keshaケシャ

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

  • ケシャ: プレイング
    04:59

    プレイングケシャ

    SHOW MORE
    おすすめ 1

    ケシャ(Kesha)のサード・スタジオ・アルバム「レインボー(Rainbow)」からのリード・シングル曲です。

    2017.07.06
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: クレイジー・キッズ
    03:53

    クレイジー・キッズケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のセカンド・スタジオ・アルバム「ウォーリア(Warrior)」からのサード・シングル曲です。

    2013.05.29
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: カモン
    04:48

    カモンケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のセカンド・アルバム「ウォーリアー(Warrior)」に収録のシングル曲です。

    2013.01.11
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ダイ・ヤング
    03:33

    ダイ・ヤングケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のセカンド・アルバム「ウォーリアー(Warrior)」に収録のシングル曲です。

    2012.11.08
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: アニマル
    03:56

    アニマルケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「アニマル(Animal)」からのタイトル・トラック曲です。

    2011.04.04
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: スティーブン
    03:30

    スティーブンケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「アニマル(Animal)」に収録のシングル曲です。

    2011.04.04
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ブロー
    04:14

    ブローケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のアルバム(EP)「カニバル(Cannibal)」に収録のシングル曲です。

    2011.02.25
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ウィー・アー・フー・ウィー・アー
    03:33

    ウィー・アー・フー・ウィー・アーケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のアルバム(EP)「カニバル(Cannibal)」に収録のシングル曲です。

    2010.12.01
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: テイク・イット・オフ
    03:43

    テイク・イット・オフケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「Animal(アニマル)」に収録のシングル曲です。

    2010.08.10
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ユア・ラヴ・イズ・マイ・ドラッグ
    03:29

    ユア・ラヴ・イズ・マイ・ドラッグケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「Animal(アニマル)」に収録のシングル曲です。

    2010.05.12
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ブラー・ブラー・ブラー
    03:24

    ブラー・ブラー・ブラーケシャ

    SHOW MORE

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「Animal(アニマル)」に収録のシングル曲です。

    2010.02.23
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
  • ケシャ: ティック・トック
    03:35

    ティック・トックケシャ

    SHOW MORE
    おすすめ 4

    ケシャ(Ke$ha, Kesha)のファースト・アルバム「Animal(アニマル)」に収録のシングル曲です。

    2009.11.14
    洋楽歌詞
    歌詞 カタカナ
/

品詞分類

  • 主語
  • 動詞
  • 助動詞
  • 準動詞
  • 関係詞等
  • 活動期間:

    2005~現在
  • 出身地 :

    アメリカ合衆国・テネシー州・ナッシュビル

ケシャ・ローズ・セバート(Kesha Rose Sebert、1987年3月1日 - )は、ケシャ(Ke$ha)の芸名で知られるアメリカ合衆国のポップ歌手、ソングライター。

概要

ケシャは2005年、18歳の時にドクター・ルークのレコード・レーベルと契約した。以降、彼女はミュージシャンとして活動し、バック・ボーカルや作曲家として他の音楽家へ楽曲を提供した。2009年初頭にリリースされ客演で参加したフロー・ライダーのナンバーワン・シングル「ライト・ラウンド」で躍進した。

2009年の後半にリリースされたケシャのデビュー・シングル「ティック・トック」は複数の国の音楽チャートで1位を記録した。彼女のデビュー・アルバム『アニマル』は2010年1月に発売され、アメリカ合衆国、カナダ、ギリシャで1位を獲得した。更に同年9月までにケシャは世界中でアルバムを200万枚売り上げ、アルバムからは3作を超えるトップテン・シングルを生み出している。このアルバムは同年11月に『カニバル』と名付けられたミニ・アルバムを付属して再発され、先行シングル「ウィー・アー・フー・ウィー・アー」はチャートのトップに立った。

ケシャは音楽性的にベック、クイーン、ビースティ・ボーイズ、マドンナ、ジョニー・キャッシュ、ダムド、アーロン・ネヴィルといったアーティストの影響を受けている。彼女の音楽にはダンス・ポップの要素とスポークン・ワード的なラップ・スタイルが組み合わさったような楽曲が多く見られる。

生い立ちとキャリア

1987年 - 2005年:生い立ち

ケシャはロサンゼルスサンフェルナンドヴァリーで生まれた。一人親家庭で育つ。父と面識はなく、ハンガリーおよびポーランド系の血を引く彼女の母ペベ・セバートはシンガーソングライターであり、彼女を育てながら舞台に立った。家庭は経済的に苦しく、生活保護と食券に頼らざるを得なかった。ペベは家族と一緒にナッシュビルに引っ越した。母親はしばしばケシャとその兄弟(ラーガンとルイス)をレコーディングスタジオに連れて行き、ケシャが歌うのを奨励した。母はケシャに曲の書き方を教え、ケシャが高校生になった時にはしばしば一緒に曲を制作した。

2005年、新聞に掲載されていた広告を見つけて、ケシャの家族は『シンプル・ライフ』の出演者を受け入れるホストファミリーとして同番組のエピソードでフィーチャーされた。ケシャはすでに音楽活動に取り組んでおり、デモを配っていた。ケシャは学問にも関心を示し、冷戦史の授業を聞きに行くために車でベルモント大学まで行き、勉強した。SATはほぼ満点だった。しかし、彼女は17歳でブレントウッド高校を中退した。ドクター・ルークとマックス・マーティンの導きで、本格的に音楽活動を開始する。

2005年 - 2009年:初期のキャリア

ロサンゼルス時代、彼女は低収入での生活を強いられた。副業としてウエイトレスやテレマーケティングの仕事をした。

ケシャはプリンスに音楽制作をして欲しいと思い立ち、彼のビバリーヒルズの自宅に潜入した。すぐに発見され追い出されるが、その前にデモを彼に渡すことができなかった。プリンスはその後、彼女と連絡を取らなかった。彼女はパリス・ヒルトンのシングル「ナッシング・イン・ディス・ワールド 」のバックコーラスを歌う機会を得た。そして、後にパリスの自宅のクロゼットに嘔吐するという事件を起こした。その他、トビー・ギャッドと共同でザ・ヴェロニカズのシングル『This Love』を書き 、ブリトニー・スピアーズの曲「レース・アンド・レザー」のバックコーラスを歌い、ケイティ・ペリーのシングル「キス・ア・ガール」のミュージック・ビデオに出演した。ビデオへの出演はケイティと友人であったことから実現した。彼女らはロサンゼルスでしばしば会い、音楽の才能がある多くの協力者を共有した。

2009年前半、ケシャはフロー・ライダーのシングル「ライト・ラウンド」に協力した後、主要メディアでの露出を得た。ケシャがフロー・ライダーとドクター・ルークのレコーディング・セッションで一緒になったときコラボレーションは実現した。フロー・ライダーは女性の声が欲しかった。ドクター・ルークはケシャに参加を提案した。フロー・ライダーはもう2曲レコーディングするほど気に入った。「ライト・ラウンド」のギャランティーは貰わず、彼女が自身のイメージに伴わないということも知っていたため、ミュージック・ビデオへの出演も拒否した。

まもなくケシャは多くの主要レーベルから誘いを受けた後、ドクター・ルークを通じてRCAレコードと契約し、デビュー・アルバムの制作に取り組んでいると発表された。2009年3月27日、アヴァロン・ハリウッドで行われた3OH!3のコンサートに出演し、『マイ・ファースト・キス』をデュエットで披露。彼女のデビュー・シングル「ティック・トック」は、8月初めにアメリカでデジタル・ダウンロード販売が開始され、2ヵ月後の10月後半にラジオ局で流れ始めた。その時まで、マイリー・サイラスのEP『The Time of Our Lives』、ピットブルとタイオ・クルーズのアルバムに関わったり、日報『ウィミンズ・ウェア・デイリー』の表紙を飾った。

2009年 - 現在:『アニマル』

「ティック・トック」はニュージーランドのチャートで彼女初の1位を獲得した。後にカナダ、オーストラリア、ノルウェーでも1位を獲得した。Billboard Hot 100で2010年初の1位獲得作品となり、数カ国でトップ5に入った。同シングルは61万ウィークリー・ダウンロードを記録し、女性アーティストとしては史上初のデジタル新記録を樹立した。ケシャはデジタル・セールス歴代1位のフロー・ライダーの「ライト・ラウンド」にも参加している為、1位と2位の両方の作品を歌うアーティストとなった。5週目には、ラジオエアプレーチャートの最も高い週間プレー記録を破った。

ケシャはカルヴィン・ハリスのツアーのイギリス公演、ミッキー・アヴァロンのアメリカ公演を支えた。2009年12月11日、Z100 Jingle Ballのマディソン・スクエア・ガーデンで行われた公演でパフォーマンスをした。2010年に復帰するリリス・フェアのために第52回グラミー賞に出演する。彼女のデビュー・アルバム『アニマル』は2010年1月5日に発売された。アルバムはアメリカで最初の週で15万2000枚を売上、初登場1位になった。アルバムは制作に7年を費やし、制作された200曲の内、14曲が収録されている。

ディスコグラフィ

アルバム

  • 「Animal/アニマル」(2010年5月12日)
  • 「Cannibal/カニバル」(2010年12月8日)
  • 「Warrior/ウォーリア」(2012年11月30日)