TED日本語 - マレーネ・ズク: 虫たちの倒錯したセックスライフから学べること

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

マレーネ・ズクは、喜びと決然たる態度をもって昆虫の研究に臨んでいます。閃きに満ちた滑稽なトークで彼女は、驚くべき昆虫たちのセックス及び、その衝撃的とすらいえる真実について紹介します。

Script

皆さん 昆虫を怖がります 死ぬよりも (笑) 『ブック・オブ・リスト ー世界なんでもランキング』の1973年版は ベストもワーストも面白ネタも載っている ランキング本なんですが それによると 高い所と大勢の人前での演説だけが 虫よりも 恐怖ランキングの上に来るそうです ここにクモも付け加えれば 虫とクモの合計なら 一気に1位になったでしょう さて私はそういう人々とは違い 本当に昆虫が好きです 昆虫はとにかく面白くて 美しいし かわいいとすら思うときも (笑) 私だけではありません チャールズ・ダーウィンから E.O.ウィルソンまで 何世紀もの間 偉大な科学者の中には 地上で最小の生命への研究から 着想を得てきた人達がいます なぜでしょう? 昆虫の何が私達を 惹きつけてやまないんでしょうか? もちろん その理由の一つに 圧倒的な 昆虫の数が挙げられるでしょう 彼らの個体数は他のどんな動物よりも多く 未だに種全体の数すらつかめていません 絶えず新種が発見されていますしね 少なくとも100万種 あるいは1,000万種かもしれません たとえば「今月の虫」カレンダーを作ったとしたら 同じ種を使い回す事なく 8万年分ができるわけです (笑) 思い知ったか パンダと子猫! (笑)

真面目な話 昆虫は欠くべからざる存在です 私達には昆虫が必要です 私達が口にする食料のおよそ1/3は 花粉を運ぶ昆虫のおかげで 手に入るのです 科学者は昆虫を使って あらゆる重要な発見 ― ヒトの神経系の構造から 遺伝子やDNAの働きまで 解明してきました でも私が昆虫好きな一番の理由は 昆虫から ヒトの行動を 学ぶことができるからです 昆虫はヒトと似た行動をします 出会い、連れ添い、ケンカし、別れます しかもそこには愛や恨みのような物さえあります しかしその行動の動機は ヒトの動機とは全く異なり その違いにこそひらめきがつまっています そのことが最も現れる領域は 私達の最大の関心事の1つ セックスです

さて ある主張を 論じていこうと思います えっ と思われるかもしれませんが 「昆虫のセックスのほうが 人間のより面白い」 (笑) そこに見られる途方も無い多様さは 私達のオス・メスの定義に対する 思い込みを揺さぶるものです

もちろん 初めに断っておきますが 生殖のためのセックスが 全く必要ない昆虫は多くいます 雌のアブラムシは番(つがい)にならずに 小さなクローンを作ることができます まさに処女懐胎!ほらそこにも あなたの育てたバラの繁みで (笑) 昆虫のセックスと言えば 昆虫は精子さえ 人間のより面白いです ショウジョウバエの中には 精子がオスの体長よりも長い種がいます これが重要です なぜならオスは精子で競うからです カブトムシのツノのように オスの昆虫は武器で競いますが 番になった後も精子で競うんです トンボやイトトンボのオスは まるで十徳ナイフを全部広げたような ペニスを持っています (笑) 彼らはこの恐るべき道具を スコップのように使って メスの体内から 前に交尾したオスの精子を取り除きます (笑) さて このことから我々が学べる事は? (笑) いいですか この話は我々が昆虫を真似るとか 我々が見習うべき何かがある ということではありません この話も多分 そういうものではないですね? それと 昆虫界の性的カニバリズムの大流行 の話はしましたっけ? そういうことじゃありません でも昆虫たちの行動は 人間が性別ごとに割り当てた役割を ことごとく破るんです 50年代のホームコメディめいた男女のあり方を 自然界がそっくり表していると 私達が思い込んでいるフシがあります オスはいつも支配的で攻撃的であり メスはいつも受け身でシャイだと

でもそれは偏った見方です 例えば キリギリスは コオロギやバッタの仲間ですが オスはつがいの相手選びにやけに慎重で なぜなら交尾では精子のみならず メスに婚姻ギフトと 呼ばれるものも渡すからです この写真では2匹の キリギリスが写っていますね 両方とも向かって左がオスです 剣のように突起しているのが メスの産卵管です 白い泡が精子 そして緑の泡が婚姻ギフトで オスはこれを 自分自身の身体から生産します この婚礼ギフトは非常に高くつきます 重さにして 体重の1/3になることもあります ここで一旦考えてみましょう もし人間の男がセックスのたびに 20~30kgの何かを 生産しなきゃならないとしたら (笑) 今ほど頻繁には出来なくなりますね (笑) まさに キリギリスにも同じことが言えます つまりキリギリスのオスは 婚姻ギフトを贈る相手を かなり慎重に選ぶということなんです さてこのギフトは栄養豊富で メスは交尾の最中からその後も これを食べ続けます

つまり婚姻ギフトが大きいほど オスに有利で なぜならオスは精子を メスの体内に注入する時間が稼げますからね でもこれはつまりオスが交尾に とても受け身だということを意味します 一方メスは この栄養豊富な婚姻ギフトを 出来るだけ多くとろうと 交尾に極めて積極的です だからこれは典型的な 性別による役割分担ではありません より視野を広げてみるとさらに 多くの昆虫の生活において 実はオスは そこまで重要ではありません ハチ、スズメバチ、アリなどの 社会的昆虫の中には 私達が日頃目にする個体 砂糖壺の周りを行き来するアリや 花から花へ飛び回ってるミツバチ これらは全てメスです この発想に至るまでには 実に何千年もの月日がかかりました 古代ギリシャ人はすでに 働きバチよりも大きな「ドローン」という 階級の存在に気づいていたのですが 「ドローン」の怠け癖には 納得いかなかったようです なぜなら「ドローン」は 交尾の時期が来るまで ただ巣の周りをうろうろして 何もしないからです 交尾の時期以外は 巣の周りをうろうろするだけで 蜜や花粉の収集に参加しないので ギリシャ人たちは「ドローン」が オスだと分からなかったのです また 混乱の一因には 働きバチの刺す能力を知っていたため 刺すような武器を 携えているのがメスだなんて 信じ難かったこともあります アリストテレスもまた この議論に加担しようと試みました 「オーケイ 刺す個体はオスだよな」 とした途端 彼は困りました なぜならその考えで行くと オスがコロニーの中で 子育てをしていた事になり 彼はそれは完全にあり得ない と考えたようでした 多分 ハチは雌雄同体なのだと 結論したのです そういう動物はいますから これはありえるんです でも結局彼も 真実を見出すことはなかった

現代においても 例えば私の学生たちですら 目にする全ての動物を 昆虫も含めてオスと呼ぶんです 例えば 巨大な顎を使って コロニーを守る 獰猛な兵隊アリは 皆メスなんだと 学生に説明しても 今ひとつ信じてくれない (笑) 確かに 映画 『アンツ』や 『ビー・ムービー』では大抵 社会的昆虫の主役は オスとして描かれます でもまあ大したことない 映画は作り話です 話す動物まで出てくるのに ジェリー・サインフェルドっぽくって 何が悪いの? 私はそうは思いません この問題はもっと 根深い問題の一部であり 医学や健康やその他の 私達の生活の側面に 影響を及ぼす問題です

ご存知のように科学者は モデルシステムと呼ばれる手法により ラットやショウジョウバエ等の生物を ヒトを含む全ての動物の 代役として実験に使います これは ヒトに起こることは ラットにも起こるという 発想です この発想は概して正しいですが このモデルシステムの発想が 度を越してしまうこともあります 私が思うに 科学者がやってきたことは 実験で 全ての種でオスを モデルケースに使うことでした それが普通 そうあるべきだと そしてメスは例外 つまり特殊な事例として 基礎的知見ができた後にしか扱わない 昆虫に話を戻すと 思うにそれが意味するのは 人間には目の前のものを あるがままには見られないという事 なぜなら世界の舞台のほとんどが オスで占められていて メスには目立たない脇役しか回ってこない という思い込みがあるからです でもそう思い込んだ途端 私たちは 自然のあり方の多くを見落とすことになります また そうするうちに 人間を含めた 自然や生物が持ち得る多様性の有様を 見落とすことになります このため 多くの医学研究で 男性をモデルとして使ってきて その結果を男女両方に適用しようとすると うまくいかないことに気づくのです

私が虫を好きな最後の理由は 多くの人々にとってもビックリする事ですが 彼らの脳がわずかで 小さく 私達が思っている以上に 認知能力はとても低いことです 彼らの振る舞いは複雑ですが 彼らに複雑な脳はありません だから私達は 昆虫を単に 小さな人間として考えてはいけない なぜなら昆虫と人間のやり方は違うからです その擬人化しにくさこそ 私が昆虫を好きな理由です 彼らを見て 小さな人間みたいに とらえようとしても 外骨格をまとって 脚が6本あってはね (笑) そうではなく 彼ら独自のあり方を 受け入れる必要があります 何が普通で何が自然なのか 昆虫は問いかけてくれるからです

さて 人々は架空の物語を書き パラレル・ワールドについて語ります 超自然的な事物に思索を巡らせて 私達の間を死者の魂が歩いているかも などと考えたりします 異世界に対して憧れるのは 超常現象の世界に関わりたいからだ と言われています でも私は思うんです 死者に会う能力なんて 必要でしょうか? 生きた昆虫がそばにいるのに? ありがとうございました (拍手)

So, people are more afraid of insects than they are of dying. (Laughter) At least, according to a 1973 "Book of Lists" survey which preceded all those online best, worst, funniest lists that you see today. Only heights and public speaking exceeded the six-legged as sources of fear. And I suspect if you had put spiders in there, the combinations of insects and spiders would have just topped the chart. Now, I am not one of those people. I really love insects. I think they're interesting and beautiful, and sometimes even cute. (Laughter) And I'm not alone. For centuries, some of the greatest minds in science, from Charles Darwin to E.O. Wilson, have drawn inspiration from studying some of the smallest minds on Earth. Well, why is that? What is that keeps us coming back to insects? Some of it, of course, is just the sheer magnitude of almost everything about them. They're more numerous than any other kind of animal. We don't even know how many species of insects there are, because new ones are being discovered all the time. There are at least a million, maybe as many as 10 million. This means that you could have an insect-of-the-month calendar and not have to reuse a species for over 80,000 years. (Laughter) Take that, pandas and kittens! (Laughter)

More seriously, insects are essential. We need them. It's been estimated that 1 out of every 3 bites of food is made possible by a pollinator. Scientist use insects to make fundamental discoveries about everything from the structure of our nervous systems to how our genes and DNA work. But what I love most about insects is what they can tell us about our own behavior. Insects seem like they do everything that people do. They meet, they mate, they fight, they break up. And they do so with what looks like love or animosity. But what drives their behaviors is really different than what drives our own, and that difference can be really illuminating. There's nowhere where that's more true than when it comes to one of our most consuming interests -- sex.

Now, I will maintain. and I think I can defend, what may seem like a surprising statement. I think sex in insects is more interesting than sex in people. (Laughter) And the wild variety that we see makes us challenge some of our own assumptions about what it means to be male and female.

Of course, to start with, a lot of insects don't need to have sex at all to reproduce. Female aphids can make little, tiny clones of themselves without ever mating. Virgin birth, right there. On your rose bushes. (Laughter) When they do have sex, even their sperm is more interesting than human sperm. There are some kinds of fruit flies whose sperm is longer than the male's own body. And that's important because the males use their sperm to compete. Now, male insects do compete with weapons, like the horns on these beetles. But they also compete after mating with their sperm. Dragonflies and damselflies have penises that look kind of like Swiss Army knives with all of the attachments pulled out. (Laughter) They use these formidable devices like scoops, to remove the sperm from previous males that the female has mated with. (Laughter) So, what can we learn from this? (Laughter) All right, it is not a lesson in the sense of us imitating them or of them setting an example for us to follow. Which, given this, is probably just as well. And also, did I mention sexual cannibalism is rampant among insects? So, no, that's not the point. But what I think insects do, is break a lot of the rules that we humans have about the sex roles. So, people have this idea that nature dictates kind of a 1950s sitcom version of what males and females are like. So that males are always supposed to be dominant and aggressive, and females are passive and coy.

But that's just not the case. So for example, take katydids, which are relatives of crickets and grasshoppers. The males are very picky about who they mate with, because they not only transfer sperm during mating, they also give the female something called a nuptial gift. You can see two katydids mating in these photos. In both panels, the male's the one on the right, and that sword-like appendage is the female's egg-laying organ. The white blob is the sperm, the green blob is the nuptial gift, and the male manufactures this from his own body and it's extremely costly to produce. It can weigh up to a third of his body mass. I will now pause for a moment and let you think about what it would be like if human men, every time they had sex, had to produce something that weighed 50,60,70 pounds. (Laughter) Okay, they would not be able to do that very often. (Laughter) And indeed, neither can the katydids. And so what that means is the katydid males are very choosy about who they offer these nuptial gifts to. Now, the gift is very nutritious, and the female eats it during and after mating.

So, the bigger it is, the better off the male is, because that means more time for his sperm to drain into her body and fertilize her eggs. But it also means that the males are very passive about mating, whereas the females are extremely aggressive and competitive, in an attempt to get as many of these nutritious nuptial gifts as they can. So, it's not exactly a stereotypical set of rules. Even more generally though, males are actually not all that important in the lives of a lot of insects. In the social insects -- the bees and wasps and ants -- the individuals that you see every day -- the ants going back and forth to your sugar bowl, the honey bees that are flitting from flower to flower -- all of those are always female. People have had a hard time getting their head around that idea for millennia. The ancient Greeks knew that there was a class of bees, the drones, that are larger than the workers, although they disapproved of the drones' laziness because they could see that the drones just hang around the hive until the mating flight -- they're the males. They hang around until the mating flight, but they don't participate in gathering nectar or pollen. The Greeks couldn't figure out the drones' sex, and part of the confusion was that they were aware of the stinging ability of bees but they found it difficult to believe that any animals that bore such a weapon could possibly be a female. Aristotle tried to get involved as well. He suggested, "OK, if the stinging individuals are going to be the males ..." Then he got confused, because that would have meant the males were also taking care of the young in a colony, and he seemed to think that would be completely impossible. He then concluded that maybe bees had the organs of both sexes in the same individual, which is not that far-fetched, some animals do that, but he never really did get it figured out.

And you know, even today, my students, for instance, call every animal they see, including insects, a male. And when I tell them that the ferocious army-ant soldiers with their giant jaws, used to defend the colony, are all always female, they seem to not quite believe me. (Laughter) And certainly all of the movies -- Antz, Bee Movie -- portray the main character in the social insects as being male. Well, what difference does this make? These are movies. They're fiction. They have talking animals in them. What difference does it make if they talk like Jerry Seinfeld? I think it does matter, and it's a problem that actually is part of a much deeper one that has implications for medicine and health and a lot of other aspects of our lives.

You all know that scientists use what we call model systems, which are creatures -- white rats or fruit flies -- that are kind of stand-ins for all other animals, including people. And the idea is that what's true for a person will also be true for the white rat. And by and large, that turns out to be the case. But you can take the idea of a model system too far. And what I think we've done, is use males, in any species, as though they are the model system. The norm. The way things are supposed to be. And females as a kind of variant -- something special that you only study after you get the basics down. And so, back to the insects. I think what that means is that people just couldn't see what was in front of them. Because they assumed that the world's stage was largely occupied by male players and females would only have minor, walk-on roles. But when we do that, we really miss out on a lot of what nature is like. And we can also miss out on the way natural, living things, including people, can vary. And I think that's why we've used males as models in a lot of medical research, something that we know now to be a problem if we want the results to apply to both men and women.

Well, the last thing I really love about insects is something that a lot of people find unnerving about them. They have little, tiny brains with very little cognitive ability, the way we normally think of it. They have complicated behavior, but they lack complicated brains. And so, we can't just think of them as though they're little people because they don't do things the way that we do. I really love that it's difficult to anthropomorphize insects, to look at them and just think of them like they're little people in exoskeletons, with six legs. (Laughter) Instead, you really have to accept them on their own terms, because insects make us question what's normal and what's natural.

Now, you know, people write fiction and talk about parallel universes. They speculate about the supernatural, maybe the spirits of the departed walking among us. The allure of another world is something that people say is part of why they want to dabble in the paranormal. But as far as I'm concerned, who needs to be able to see dead people, when you can see live insects? Thank you. (Applause)

So,/ people are more afraid of insects/ than they are of dying.//

皆さん 昆虫を怖がります 死ぬよりも

(笑)

At least,/ according to a 1973 "Book of Lists"/ survey/ which preceded all those online best, worst, funniest lists/ that you see today.//

『ブック・オブ・リスト ー世界なんでもランキング』の1973年版は ベストもワーストも面白ネタも載っている ランキング本なんですが

Only heights and public speaking exceeded the six-legged/ as sources of fear.//

それによると 高い所と大勢の人前での演説だけが 虫よりも 恐怖ランキングの上に来るそうです

And I suspect/ if you had put spiders/ in there,/ the combinations of insects and spiders would have just topped the chart.//

ここにクモも付け加えれば 虫とクモの合計なら 一気に1位になったでしょう

Now,/ I am not one of those people.//

さて私はそういう人々とは違い

I really love insects.//

本当に昆虫が好きです

I think/ they're interesting and beautiful,/ and sometimes even cute.//

昆虫はとにかく面白くて 美しいし かわいいとすら思うときも

(笑)

And I'm not alone.//

私だけではありません

For centuries,/ some of the greatest minds/ in science,/ from Charles Darwin/ to E.O.// Wilson,/ have drawn inspiration/ from studying some of the smallest minds/ on Earth.//

チャールズ・ダーウィンから E.O.ウィルソンまで 何世紀もの間 偉大な科学者の中には 地上で最小の生命への研究から 着想を得てきた人達がいます

Well,/ why is that?//

なぜでしょう?

What is that keeps us coming back/ to insects?//

昆虫の何が私達を 惹きつけてやまないんでしょうか?

Some of it,/ of course,/ is just the sheer magnitude of almost everything/ about them.//

もちろん その理由の一つに 圧倒的な 昆虫の数が挙げられるでしょう

They're more numerous/ than any other kind of animal.//

彼らの個体数は他のどんな動物よりも多く

We don't even know how many species of insects/ there are,/ because new ones are being discovered all the time.//

未だに種全体の数すらつかめていません 絶えず新種が発見されていますしね

There are at least/ a million,/ maybe/ as many as 10 million.//

少なくとも100万種 あるいは1,000万種かもしれません

This means/ that you could have an insect-of-the-month calendar/ and not have to reuse/ a species/ for over 80,000 years.//

たとえば「今月の虫」カレンダーを作ったとしたら 同じ種を使い回す事なく 8万年分ができるわけです

(笑)

Take/ that,/ pandas and kittens!//

思い知ったか パンダと子猫!

(笑)

真面目な話 昆虫は欠くべからざる存在です

We need them.//

私達には昆虫が必要です

It's been estimated/ that 1/ out of every 3 bites of food is made possible/ by a pollinator.//

私達が口にする食料のおよそ1/3は 花粉を運ぶ昆虫のおかげで 手に入るのです

Scientist use insects to make/ fundamental discoveries/ about everything/ from the structure of our nervous systems/ to/ how our genes and DNA work.//

科学者は昆虫を使って あらゆる重要な発見 ― ヒトの神経系の構造から 遺伝子やDNAの働きまで 解明してきました

But what I love most/ about insects is/ what they can tell us/ about our own behavior.//

でも私が昆虫好きな一番の理由は 昆虫から ヒトの行動を 学ぶことができるからです

Insects seem/ like they do everything/ that people do.//

昆虫はヒトと似た行動をします

They meet,/ they mate,/ they fight,/ they break up.//

出会い、連れ添い、ケンカし、別れます

And they do so/ with what looks like love or animosity.//

しかもそこには愛や恨みのような物さえあります

But what drives/ their behaviors is really different/ than what drives our own,/ and/ that difference can be really illuminating.//

しかしその行動の動機は ヒトの動機とは全く異なり その違いにこそひらめきがつまっています

There's nowhere/ where that's more true/ than when it comes to one of our most consuming interests --/ sex.//

そのことが最も現れる領域は 私達の最大の関心事の1つ セックスです

Now,/ I will maintain.// and I think/ I can defend,/ what may seem like a surprising statement.//

さて ある主張を 論じていこうと思います えっ と思われるかもしれませんが

I think sex/ in insects is more interesting/ than sex/ in people.//

「昆虫のセックスのほうが 人間のより面白い」

(笑)

And the wild variety/ that we see/ makes us challenge some of our own assumptions/ about what it means to be male and female.//

そこに見られる途方も無い多様さは 私達のオス・メスの定義に対する 思い込みを揺さぶるものです

Of course,/ to start with,/ a lot of insects don't need to have/ sex at all/ to reproduce.//

もちろん 初めに断っておきますが 生殖のためのセックスが 全く必要ない昆虫は多くいます

Female aphids can make little, tiny clones of themselves/ without ever mating.//

雌のアブラムシは番(つがい)にならずに 小さなクローンを作ることができます

Virgin birth,/ right there.//

まさに処女懐胎!ほらそこにも

On your rose bushes.//

あなたの育てたバラの繁みで

(笑)

When they do have sex,/ even their sperm is more interesting/ than human sperm.//

昆虫のセックスと言えば 昆虫は精子さえ 人間のより面白いです

There are some kinds of fruit flies/ whose sperm is longer/ than the male's own body.//

ショウジョウバエの中には 精子がオスの体長よりも長い種がいます

And that's important/ because the males use their sperm/ to compete.//

これが重要です なぜならオスは精子で競うからです

Now,/ male insects do compete with weapons,/ like the horns/ on these beetles.//

カブトムシのツノのように オスの昆虫は武器で競いますが

But they also compete after mating with their sperm.//

番になった後も精子で競うんです

Dragonflies and damselflies have penises/ that look kind of like Swiss Army knives with all of the attachments pulled out.//

トンボやイトトンボのオスは まるで十徳ナイフを全部広げたような ペニスを持っています

(笑)

They use these formidable devices/ like scoops,/ to remove the sperm/ from previous males/ that the female has mated with.//

彼らはこの恐るべき道具を スコップのように使って メスの体内から 前に交尾したオスの精子を取り除きます

(笑)

So,/ what can we learn from this?//

さて このことから我々が学べる事は?

(笑)

All right,/ it is not a lesson/ in the sense of us/ imitating them/ or of them/ setting an example/ for us/ to follow.//

いいですか この話は我々が昆虫を真似るとか 我々が見習うべき何かがある ということではありません

Which,/ given/ this,/ is probably just/ as well.//

この話も多分 そういうものではないですね?

And also,/ did I mention sexual cannibalism is rampant among insects?//

それと 昆虫界の性的カニバリズムの大流行 の話はしましたっけ?

So,/ no,/ that's not the point.//

そういうことじゃありません

But what I think/ insects do,/ is break a lot of the rules/ that we humans have about the sex roles.//

でも昆虫たちの行動は 人間が性別ごとに割り当てた役割を ことごとく破るんです

So,/ people have this idea/ that nature dictates kind of a 1950s sitcom version of what males and females are like.//

50年代のホームコメディめいた男女のあり方を 自然界がそっくり表していると 私達が思い込んでいるフシがあります

So/ that males are always supposed to be dominant and aggressive,/ and females are passive and coy.//

オスはいつも支配的で攻撃的であり メスはいつも受け身でシャイだと

But that's just not the case.//

でもそれは偏った見方です

So/ for example,/ take katydids,/ which are relatives of crickets/ and grasshoppers.//

例えば キリギリスは コオロギやバッタの仲間ですが

The males are very picky/ about who they mate with,/ because they not only transfer sperm/ during mating,/ they also give/ the female something called a nuptial gift.//

オスはつがいの相手選びにやけに慎重で なぜなら交尾では精子のみならず メスに婚姻ギフトと 呼ばれるものも渡すからです

You can see two katydids/ mating in these photos.//

この写真では2匹の キリギリスが写っていますね

In both panels,/ the male's the one/ on the right,/ and/ that sword-like appendage is the female's egg-laying organ.//

両方とも向かって左がオスです 剣のように突起しているのが メスの産卵管です

The white blob is the sperm,/ the green blob is the nuptial gift,/ and the male manufactures/ this/ from his own body/ and it's extremely costly/ to produce.//

白い泡が精子 そして緑の泡が婚姻ギフトで オスはこれを 自分自身の身体から生産します この婚礼ギフトは非常に高くつきます

It can weigh up/ to a third of his body mass.//

重さにして 体重の1/3になることもあります

I will now pause for a moment/ and let you think about what it would be like if human men,/ every time/ they had sex,/ had to produce/ something/ that weighed 50,60,70 pounds.//

ここで一旦考えてみましょう もし人間の男がセックスのたびに 20~30kgの何かを 生産しなきゃならないとしたら

(笑)

Okay,/ they would not be able to do that very often.//

今ほど頻繁には出来なくなりますね

(笑)

And indeed,/ neither can/ the katydids.//

まさに キリギリスにも同じことが言えます

And so/ what that means/ is the katydid males are very choosy/ about who they offer these nuptial gifts to.//

つまりキリギリスのオスは 婚姻ギフトを贈る相手を かなり慎重に選ぶということなんです

Now,/ the gift is very nutritious,/ and the female eats it/ during and after mating.//

さてこのギフトは栄養豊富で メスは交尾の最中からその後も これを食べ続けます

So,/ the bigger/ it is,/ the better/ off the male is,/ because that means more time/ for his sperm/ to drain into her body/ and fertilize her eggs.//

つまり婚姻ギフトが大きいほど オスに有利で なぜならオスは精子を メスの体内に注入する時間が稼げますからね

But it also means/ that the males are very passive/ about mating,/ whereas the females are extremely aggressive and competitive,/ in an attempt to get as many of these nutritious nuptial gifts/ as they can.//

でもこれはつまりオスが交尾に とても受け身だということを意味します 一方メスは この栄養豊富な婚姻ギフトを 出来るだけ多くとろうと 交尾に極めて積極的です

So,/ it's not exactly/ a stereotypical set of rules.//

だからこれは典型的な 性別による役割分担ではありません

Even more generally though,/ males are actually not all that important/ in the lives of a lot of insects.//

より視野を広げてみるとさらに 多くの昆虫の生活において 実はオスは そこまで重要ではありません

In the social insects --/ the bees and wasps and ants --/ the individuals/ that you see every day --/ the ants/ going back and forth/ to your sugar bowl,/ the honey bees/ that are flitting from flower/ to flower --/ all of those are always female.//

ハチ、スズメバチ、アリなどの 社会的昆虫の中には 私達が日頃目にする個体 砂糖壺の周りを行き来するアリや 花から花へ飛び回ってるミツバチ これらは全てメスです

People have had a hard time/ getting their head/ around that idea/ for millennia.//

この発想に至るまでには 実に何千年もの月日がかかりました

The ancient Greeks knew/ that there was a class of bees,/ the drones,/ that are larger/ than the workers,/ although they disapproved of the drones/' laziness/ because they could see/ that the drones just hang around the hive/ until the mating flight --/ they're the males.//

古代ギリシャ人はすでに 働きバチよりも大きな「ドローン」という 階級の存在に気づいていたのですが 「ドローン」の怠け癖には 納得いかなかったようです なぜなら「ドローン」は 交尾の時期が来るまで ただ巣の周りをうろうろして 何もしないからです

They hang around until the mating flight,/ but they don't participate in gathering nectar or pollen.//

交尾の時期以外は 巣の周りをうろうろするだけで 蜜や花粉の収集に参加しないので

The Greeks couldn't figure out/ the drones/' sex,/ and part of the confusion was/ that they were aware of the stinging ability of bees/ but they found it difficult/ to believe/ that any animals/ that bore such a weapon could possibly be a female.//

ギリシャ人たちは「ドローン」が オスだと分からなかったのです また 混乱の一因には 働きバチの刺す能力を知っていたため 刺すような武器を 携えているのがメスだなんて 信じ難かったこともあります

Aristotle tried to get involved as well.//

アリストテレスもまた この議論に加担しようと試みました

He suggested,/ "OK,/ if the stinging individuals are going to be the males ..."//

「オーケイ 刺す個体はオスだよな」 とした途端

Then/ he got confused,/ because that would have meant/ the males were also taking care of the young/ in a colony,/ and he seemed to think/ that would be completely impossible.//

彼は困りました なぜならその考えで行くと オスがコロニーの中で 子育てをしていた事になり 彼はそれは完全にあり得ない と考えたようでした

He then concluded/ that maybe bees had the organs of both sexes/ in the same individual,/ which is not that far-fetched,/ some animals do that,/ but he never really did get/ it figured out.//

多分 ハチは雌雄同体なのだと 結論したのです そういう動物はいますから これはありえるんです でも結局彼も 真実を見出すことはなかった

And you know,/ even/ today,/ my students,/ for instance,/ call every animal/ they see,/ including/ insects,/ a male.//

現代においても 例えば私の学生たちですら 目にする全ての動物を 昆虫も含めてオスと呼ぶんです

And when I tell them/ that the ferocious army-ant soldiers/ with their giant jaws,/ used to defend the colony,/ are all always female,/ they seem to not quite believe me.//

例えば 巨大な顎を使って コロニーを守る 獰猛な兵隊アリは 皆メスなんだと 学生に説明しても 今ひとつ信じてくれない

(笑)

And certainly/ all of the movies --/ Antz,/ Bee Movie --/ portray the main character/ in the social insects/ as being male.//

確かに 映画 『アンツ』や 『ビー・ムービー』では大抵 社会的昆虫の主役は オスとして描かれます

Well,/ what difference does this make?//

でもまあ大したことない

These are movies.// They're fiction.//

映画は作り話です

They have talking/ animals/ in them.//

話す動物まで出てくるのに

What difference does it make/ if they talk like Jerry Seinfeld?//

ジェリー・サインフェルドっぽくって 何が悪いの?

I think/ it does matter,/ and it's a problem/ that actually is part of a much deeper one/ that has implications/ for medicine and health and a lot of other aspects of our lives.//

私はそうは思いません この問題はもっと 根深い問題の一部であり 医学や健康やその他の 私達の生活の側面に 影響を及ぼす問題です

You/ all know/ that scientists use/ what we call model systems,/ which are creatures --/ white rats or fruit flies --/ that are kind of stand-ins/ for all other animals,/ including/ people.//

ご存知のように科学者は モデルシステムと呼ばれる手法により ラットやショウジョウバエ等の生物を ヒトを含む全ての動物の 代役として実験に使います

And the idea is/ that/ what's true/ for a person will also be true/ for the white rat.//

これは ヒトに起こることは ラットにも起こるという 発想です

And by and large,/ that turns out/ to be the case.//

この発想は概して正しいですが

But you can take the idea of a model system too far.//

このモデルシステムの発想が 度を越してしまうこともあります

And what I think/ we've done,/ is use males,/ in any species,/ as though they are the model system.//

私が思うに 科学者がやってきたことは 実験で 全ての種でオスを モデルケースに使うことでした

The norm.//

それが普通

The way/ things are supposed to be.//

そうあるべきだと

And females/ as a kind of variant --/ something special/ that you/ only study/ after you get the basics down.//

そしてメスは例外 つまり特殊な事例として 基礎的知見ができた後にしか扱わない

And so,/ back/ to the insects.//

昆虫に話を戻すと

I think/ what that means is/ that people just couldn't see/ what was in front of them.//

思うにそれが意味するのは 人間には目の前のものを あるがままには見られないという事

Because they assumed/ that the world's stage was largely occupied by male players and females would only have minor, walk-on roles.//

なぜなら世界の舞台のほとんどが オスで占められていて メスには目立たない脇役しか回ってこない という思い込みがあるからです

But when we do that,/ we really miss out/ on a lot of what nature is like.//

でもそう思い込んだ途端 私たちは 自然のあり方の多くを見落とすことになります

And we can also miss out/ on the way/ natural, living things,/ including/ people,/ can vary.//

また そうするうちに 人間を含めた 自然や生物が持ち得る多様性の有様を 見落とすことになります

And I think/ that's/ why we've used males/ as models/ in a lot of medical research,/ something/ that we know now/ to be a problem/ if we want the results/ to apply to both men and women.//

このため 多くの医学研究で 男性をモデルとして使ってきて その結果を男女両方に適用しようとすると うまくいかないことに気づくのです

Well,/ the last thing/ I really love about insects is something/ that a lot of people find unnerving/ about them.//

私が虫を好きな最後の理由は 多くの人々にとってもビックリする事ですが

They have little, tiny brains/ with very little cognitive ability,/ the way/ we normally think of it.//

彼らの脳がわずかで 小さく 私達が思っている以上に 認知能力はとても低いことです

They have complicated behavior,/ but they lack complicated brains.//

彼らの振る舞いは複雑ですが 彼らに複雑な脳はありません

And so,/ we can't just think of them/ as though they're little people/ because they don't do things/ the way that/ we do.//

だから私達は 昆虫を単に 小さな人間として考えてはいけない なぜなら昆虫と人間のやり方は違うからです

I really love/ that it's difficult/ to anthropomorphize insects,/ to look at them/ and just think of them/ like they're little people/ in exoskeletons,/ with six legs.//

その擬人化しにくさこそ 私が昆虫を好きな理由です 彼らを見て 小さな人間みたいに とらえようとしても 外骨格をまとって 脚が6本あってはね

(笑)

Instead,/ you really have to accept/ them/ on their own terms,/ because insects make us/ question/ what's normal/ and what's natural.//

そうではなく 彼ら独自のあり方を 受け入れる必要があります 何が普通で何が自然なのか 昆虫は問いかけてくれるからです

Now,/ you know,/ people write fiction and talk/ about parallel universes.//

さて 人々は架空の物語を書き パラレル・ワールドについて語ります

They speculate about the supernatural,/ maybe/ the spirits of the departed walking/ among us.//

超自然的な事物に思索を巡らせて 私達の間を死者の魂が歩いているかも などと考えたりします

The allure of another world is/ something/ that people say is part of why they want to dabble/ in the paranormal.//

異世界に対して憧れるのは 超常現象の世界に関わりたいからだ と言われています

But as far/ as I'm concerned,/ who needs to be able to see dead people,/ when you can see live insects?//

でも私は思うんです 死者に会う能力なんて 必要でしょうか? 生きた昆虫がそばにいるのに?

Thank you.//

ありがとうございました

(拍手)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

insect

『昆虫』;(一般に)虫

dying

dieの現在分詞

死にかかっている,ひん死の

消えかかっている,滅びかけている

臨終の

laughter

『笑い』,笑い声

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

accord

(…と)『一致する』,調和する《+『with』+『名』(『wh-』節)》

〈許可・賞賛・歓迎など〉'を'与える

〈U〉(…との)『一致』,調和(harmony)《+『with』+『名』》

〈C〉国際協定,講和

〈U〉〈C〉和音,協和音;(色の)調和

list

(…の)『表』,一覧表,目録,明細書;『名簿』,カタログ《+『of』+『名』》

…‘を'『表にする』,‘の'一覧表を作る

…‘を'目録(名簿)に載せる;(…として)…‘を'記録する《+『名+as+名(doing』)》

survey

(全体的に)〈景色など〉‘を'『見渡す』,〈情勢など〉‘を'『概観する』

(状態・価値などを確かめるため評細に)…‘を'『調査する』,検分する

〈土地〉‘を'『測量する』

土地を測量する

〈C〉〈U〉(…の)(詳細な)『調査』,検分《+of+名》

〈C〉(…を)『見渡すこと』,(…の)概観《+of+名》

〈C〉〈U〉(土地の)測量

〈C〉測量図

precede

…‘より'『先に来る』(『行く』)

…‘の'上位である,より重要である

…‘に'先だつ,‘の'先に起こる

(…で)…‘に'前置をする《+『名』+『with』+『名』》

先行する,先に(前に)来る

online

オンラインの(端末が親コンピューターに直接つながっていること)

worst

『最も悪い』,いちばんひどい,最悪の

(badly, illの最上級)『最も悪く』,いちばんひどく

『最も悪い事(物)』,最悪の事態

funny

『おかしい』

変な,妙な;疑わしい,怪しげな

《話》《補語にのみ用いて》気分が悪い,ぐあいが悪い

height

〈U〉(物の)『高さ』《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(一定の平面からの)高さ,海抜,標高

〈U〉〈C〉身長

〈C〉《しばしば複数形で単数扱い》高い所,高台

〈C〉《the~》『絶頂』,極致,まっ最中

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

exceed

〈…の限度・範囲など〉‘を'『越える』,超過する

(…の点で)…‘に'『まさる』,‘を'しのぐ《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…の)度を越える《+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)すぐれる,卓越する《+『in』+『名』(do『ing』)》

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

fear

〈C〉〈U〉『恐れ』,恐怖(dread)

〈C〉〈U〉『不安』,心配,気づかい(anxiety)

〈U〉(神に対する)おそれ,崇敬(awe)

…‘を'『恐れる』,こわがる(進行形にできない)

…‘を'『気づかう』,あやぶむ

《古》〈神など〉‘を'恐れる

恐れる,こわがる

(…を)気づかう,心配する《+『for』+『名』》

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

spider

クモ

《米》フライパン

combination

〈U〉(…の)『結合』,組み合わせ;〈C〉(…の)組み合わされたもの,結合体《+『of』+『名』》

〈U〉(…との)『連合』,団結,共同,提携;〈C〉連合体,共同体,組合《+『with』+『名』》

〈C〉=combination lock

《複数形で》(また《話》coms)コンビネーション(上下続きの肌着)

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

chart

『海図』,水路図

『図表』

…'を'図表(海図)に作る

《話》〈行動など〉'を'計画する(plan)

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

cute

(小供・物などが)『かわいい』,気のきいた

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

century

『1世紀』,100年間

(古代ローマ軍隊の)百人隊;百人組(古代ローマの選挙単位);100の1組

《米話》100ドル,100ドル紙幣

(クリケットで)100点(100runs)

mind

〈U〉(思考・知覚・意志などをつかさどる)『心』,精神

〈C〉《単数形で》(心の働きによって生じた)『知性』,理性,理解力

〈U〉正常な精神状態,正気

〈C〉意見,考え方,物の見方

〈U〉記憶,回想

《one's~》注意,精神の集中

〈C〉《単数形で》願い,意向

〈C〉《前に形容詞を伴って》(…を備えた)人

《しばしば命令文で》…‘に'『注意する』,用心する

…‘の'番をする,世話をする(look after)

〈人,助言など〉‘の'言うことを聞く,‘に'従う

《否定・疑問・条件文で》…‘を'『気にする』,『気にかける』,いやだと思う

《疑問文・否定文で》気にする,心配する,いやに思う

science

〈U〉『科学』;(特に)自然科学

〈C〉(個々の)科学,学問

〈U〉〈C〉(修練を要する)技術,わざ

Darwin

ダーウィン(Charles Robert~;1809‐82;英国の博物学者;主著The Origin of Species「種の起原」)

Wilson

ウィルソン(Thomas Woodrow Wilson;1856‐1924;米国第28代大統領1913‐21)

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

inspiration

〈U〉『霊感』,インスピレーション

〈C〉インスピレーション(霊感,激励)を与える人(物,事)

(霊感によって得た)すばらしい考え(行動),天来の妙案

〈U〉息を吸いこむこと(inhalation)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

sheer

(織物などが)『透けるほど薄い』

『純然たる』,完全な

『垂直に近い』,切り立った

完全に,全く

垂直に,険しく

magnitude

『大きさ』,規模

『重要さ』(importance);(精神的な)偉大さ,高潔

(星の)光度,等級

マグニチュード(地震の強さなどの数量的単位)

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

numerous

『非常に多い』,多数の(very many)

多数から成る(を含む)

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

specie

(紙弊に対した)正金,正貨

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

calendar

〈C〉『暦』,カレンダー

〈C〉〈U〉暦法

〈U〉〈C〉年中行事表;訴訟事件表,議事日程表

reuse

…‘を'再使用する,再生する

species

〈C〉(生物分類上の)『種』(しゅ),種族(「属」(genus)の下の単位)

〈C〉(…の)種類《+『of』+『名』》

《the ~》人類(mankind)

panda

パンダ(中国南部,チベットに住むアライグマ)

kitten

『子猫』

seriously

『真剣に』,まじめに,本気で

『重大に』,ひどく

essential

『絶対必要な』,欠くことのできない

『本質の』,本質的な

(植物・薬剤などの)エキスの,精の

(…に)不可欠の要素;(…の)主眼点,要点《+『of』+『名』》

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

fundamental

『基本的な』,基礎の

《補語にのみ用いて》(…に)絶対に必要な《『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》本質的な

(…の)基本,根本,原理《+『of』+『名』》

discovery

〈U〉『発見』;〈C〉発見した物(事)

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

nervous system

《the ~》神経系統

gene

遺伝子

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

mate

(対をなすものの)『片方』《+『to』(『of』)+『名』》

『配偶者』[の一方],連れ合い

(動物の)つがいの片方

《英》《しばしば複合語を作って》『仲間』,『友達』

(商船の船長を補佐する各階級の)航海士

…の助手

〈動物〉‘を'つがわせる

〈二つのもの〉‘を'結ぶ;(…に)…‘を'調和させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人・動物が〉(…と)仲間になる,交わる《+『with』+『名』》

〈動物が〉交尾する

fight

〈両者・数人が〉『戦う』,格闘する,殴り合い(取っ組み合い)のけんかをする;激しく口論する

…‘と'『戦う』

〈戦い〉‘を'交える,〈決闘など〉‘を'戦う

…‘を'制圧(克服)しようとする

〈犬など〉‘を'戦わせる

〈軍艦・軍隊など〉‘を'指揮する,操縦する

〈C〉(…との)『戦い』,戦闘;格闘《+『against』(『with』)+『名』》

〈C〉(…との)奮闘,闘争(struggle)《+『for』(『with』,『against』)+『名』》

(また『fighting spirit』)〈U〉『闘志』,ファイト

〈C〉(…についての)論争,口論《+『over』+『名』》

〈C〉(特にボクシングの)試合,勝負

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

animosity

(…に対する)敵意,憎しみ《+『against』(『toward』,『to』)+『名』》,(…間の)嫌悪,反目《+『between』+『名』》

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

illuminating

(問題点などを)明らかにする,解明する

nowhere

『ぞこにも』(『どこへも』,『どこでも』)…『ない』

どこにもない場所(no place);どことも知れぬ場所

無名[の状態]

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

consuming

焼き尽くす,破壊的な

圧倒的な,抵抗しがたい

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

sex

〈U〉〈C〉『性』,性別

《the~》《形容詞を伴い集合的に》『男性』,『女性』

〈U〉(男女(雌雄)間の)相違[の意識]

〈U〉性に関する事柄(情報)

〈U〉性交

〈ひよこなど〉‘の'性別を見分ける

maintain

〈ある状催・動作〉‘を'『維持する』,続ける,保つ

〈施設など〉‘を'手入れして保存する,保全する

…‘を'『主張する』,と断言する

(…を収入で)〈家族など〉‘を'『扶養する』,養う《+『名』+『on』+『名』》

(攻撃・危険から)…‘を'擁護する,守る

defend

(…から)…'を'『守る』,保護する《+『名』+『against』(『from』)+『名』(do『ing』)》

(言論などで)…'を'『擁護する』,支持する

(法廷で)〈被告〉'を'『弁護する』

防御する,身を守る

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

wild

(植物・果実・はちみつなどが)『野生の』

(鳥獣などが)『野生の』,飼い慣らされていない

(人・気性などが)『乱暴な』,無法な,手に負えない

《おもに補語に用いて》『気違いじみた』,熱狂的な,ひどく興奮した

《補語にのみ用いて》『熱望して』;夢中になって

(天候・海・時勢などが)『荒れた』,激しい

(人・種族などが)『未開の』

(土地などが)『自然のままの』,荒涼とした

(計画などが)『とっぴな』,でたらめな

的はずれの,見当違いの

乱れた,だらしない

《話》よい,愉快な

『乱暴に』,やたらに;でたらめに

荒野,荒れ地,大自然のままの状態

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

challenge

〈U〉〈C〉『挑戦』,試合の申し込み;〈C〉挑戦状

〈U〉(番兵などが怪しい者に)'だれか'と呼び掛けること

〈C〉手ごたえのある事(物)

〈U〉〈C〉(…への)異議申し立て抗議《+『to』+『名』》

〈U〉〈C〉(陪審員に対する)忌避

(競技・決闘などを)〈人〉‘に'『挑む』,挑戦する

…'に'『異議を申し立てる』

〈物事が〉〈人〉'を'奮起させる,〈興味など〉'を'呼び起こす

〈番兵・守衛などが〉…'に''だれか'と呼び掛ける

〈陪審員・裁判官〉'を'忌避する

assumption

(任務などを)引き受けること《+『of』+『名』》

(権力・権利などの)専有,横領《+『of』+『名』》

(態度などの)でしゃばり,おうへい

仮定,想定;仮説

《the A-》聖母マリアの被昇天;聖母被昇天祭(8月15日)

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

reproduce

〈場面など〉‘を'『再現する』,〈音など〉‘を'再生する

…‘を'『複製する』,『複写する』

〈動物が〉〈子孫〉‘を'生む,〈植物が〉〈同類〉‘を'繁殖させる

〈動植物が〉繁殖する

〈芸術作品などが〉複製(再生)できる

aphid

アブラムシ(草木の害虫)(plant louse)

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

clone

クロン(一個体から無性生殖で増殖した有機体群);(植物の)栄養系,(動物の)分技系

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

virgin birth

処女降誕(キリストが処女マリアから生まれたとする神学上の一説)

rose

〈C〉『バラの花』

〈C〉バラの木

〈U〉バラ色,淡紅色

〈C〉(形が)バラに似た物:(じょうろの)散水口;(リボンなどの)バラ結び;バラ模様(飾り)

『バラ色の』

バラの

sperm

〈C〉精子

〈U〉精液

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

fruit fly

[クダモノ]ミバエ(果物や野菜の害虫)

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

compete

(…と…を)『競う』,競争する《+『with』+『名』+『for』+『名』》

《通令否定文で》(…に)『匹敵する』《+『with』+『名』》

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

horn

〈C〉(牛・羊・ヤギ・シカなどの)『角』;(カタツムリの)触角;(ミミズクの)耳

〈U〉(細工の材料としての)角

〈C〉角製の物,角笛

〈C〉『警笛』

〈C〉ホルン(金管楽器で,初めは動物の角で作ったが,現在は金属やプラスチックで作る);フレンチホルモン(French horn);《俗》トランペット

〈C〉角状のもの;新月(三日月)のとがった先端

…‘を'角で突く

角でできた,角製の

beetle

甲虫,カブトムシ;(一般に)甲虫に似た虫類(ゴキブリなど)

mat

(床などに敷く)『マット』,敷物,むしろ,畳

(花びん・置き物などの)下敷き

(レスリング・体操用の)詰め物をした厚い敷物

《a ~》(毛・雑草などの)もつれ《+『of』+『名』》

〈床など〉‘に'マットを敷く,‘を'マットで覆う

…‘を'もつれさせる

もつれる

dragonfly

『トンボ』

damselfly

イトトンボ(体が細くゆっくり飛ぶトンボ)

penis

陰茎,ペニス

Swiss

『スイス人』;《the ~》《集合的に》スイス人,スイス国民

『スイスの』;スイス人の

army

《ときにA-》『陸軍』

《the A-》軍隊;(一国の全)軍隊

(共通の主義・主張のために組織された)(…の)『団体』,集団《+『of』+『名』》

(人・動物などの)大群《+『of』+『名』》

attachment

〈U〉(…に)付くこと,付着,付属;〈C〉(…の)付属品,付属装置;留め金,締め具《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(人・物・主義・理想などへの)愛着,愛情《+『for』+『名』》

〈U〉(法律用語で)逮捕,差し押え

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

formidable

『恐ろしい』

手ごわい

恐ろしいほどの

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

scoop

(小麦紛・砂糖・アイスクリームなどをすくう)ひしゃく,しゃくし,大さじ;(石炭などすくう)シャベル

(…を)1回すくう量(動作)《+『of』+『名』》

《話》(新聞の)特種(とくだね),スクープ

(…がら)…‘を'くむ,すくう《+『out』+(『up』)+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈穴など〉‘を'掘る,えぐる《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《話》〈他社〉‘を'特種で出し抜く

remove

(…から)…‘を'『取り去る』,持ち去る・(…へ)旨‘を'『移す』,移転させる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈人〉‘を'解任する,追い出す《+『名』+『from』+『名』》

(…べ)移る,移転する《+『to』+『名』》

(…との)距離,隔り《+『from』+『名』》

previous

《名詞の前にのみ用いて》(時間・順序の上で)『前の』,先の,以前の

《補語にのみ用いて》《話》早まった,せっかちすぎる

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

imitate

…‘を'『見習う』,手本にする

…‘の'『まねをする』

…‘を'『模写(模造)する』,‘に'似せて作る

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

follow

…‘の'『後について行く』;…‘の'後に続く(来る)

〈道など〉‘を'『たどる』,‘に'沿って行く

〈規則など〉‘に'『従う』

〈動きなど〉‘を'じっと見詰める,観察する

…‘を'理解する(understand)

…‘を'まねる,模範とする

〈職業〉‘に'従事する

…‘から'起こる(result from)

〈人・動物など〉‘を'追跡する,追う

『後について行く』(『来る』)

『続いて起こる』,次に来る

(論理的に)…という結論になる,当然の結果として…となる

probably

『たぶん』,『おそらく』

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

sexual

性の,男女(雌雄)の

有性生殖の

cannibalism

人食いの風習;共食い

rampant

(雑草などが)はびこった

(病気などが)流行した

《名詞の後に置いて》(紋章のライオンなどが)後ろ脚で立ち上がって前脚を振り上げた

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

rule

〈C〉『規則』,規定;法則

〈C〉『慣例』,慣習;通例,通則

〈U〉『支配』,統治;統治期間;統治権

〈C〉ものさし,定規(ruler)

〈国・人など〉‘を'『支配する』,統治する,統御する

《しばしば受動態で》〈感情などが〉〈人,人の行動など〉‘を'左右する,動かす

〈裁判所・裁判官などが〉…‘と'裁決する,決定する

〈紙〉‘に'線を引く

(…を)『支配する』,統治する《+『over』+『名』》

(…について)裁決する,判定する《+『on』+『名』》;(…に反対の)裁決をする《+『against』+『名』(do『ing』)》・〈米俗〉抜群である、最高である

role

(役者が演じる)『役』

(一般に)『役割』,任務

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

dictate

(人に)〈文章など〉‘を'『書き取らせる』,口述する《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'命じる,命令する,指図する:《『dictate』+『名』+『to』+『名』…を…に命じる》

(人に)書き取らせる,口述する《+『to』+『名』》

(…に)命令する,指図する《+『to』+『名』》

(権威ある)命令;(良心などの)命じるところ

sitcom

=situation comedy

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

suppose

(議論のために)…‘と'∴仮定する』,考えてみる;…であるとする

…‘と'『思う』,信じる,想像する

《suppose+名+to do》《受動態で》(規則・義務・責任などにより)(…することを)〈人〉‘に'予期する,条件づける

〈物事が〉…‘を'『前提[条件]にする』,必要条件とする,想定する

dominant

『支配的な』,最も有力な

(位置が)群を抜いて高い,そびえ立つ

(手・目など左右のいずれかが)力のある

(遺伝で)優性の

(音階で)第5度音の,属音の

(遺伝の)優性形質

第5度音,属音

aggressive

侵略的な,攻撃的な

積極的な,反対を恐れない

passive

『受動的な』,消極的な

服従的な,言いなりになる

(文法で)受動態の,受身の

《the~》受動態,受身の構文

動詞の受動形

coy

(特に女性の態度が)はにかむふりをする,内気を装う

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

katydid

キリギリス科の昆虫の一種(米国産)

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

cricket

コオロギ

grasshopper

バッタ・キリギリス・イナゴの類の総称

picky

ささいなことにやかましい,気むずかしい

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

nuptial

結婚の;結婚式の

《複数形で》結婚式

gift

〈C〉(…への)『贈り物』,寄贈品,寄付金《+『to』(『for』)+『名』》

〈C〉(…に対する)『生まれつきの才能』,天賦の才《+『for』(『of』)+『名』(do『ing』)》

〈U〉《古》与えること,贈与;(権力者などが持つ地位などを)与える権限

photo

『写真』[photographの短縮形]

panel

『はめ板』,鏡板,仕切り板,『パネル』(壁・天井・ドアなどを装飾する板)

(板・プラスチックなどの薄い)1枚板,合板

(絵画の)画板,パネル画;(写真の)パネル版

(飛行機・自動車などの)パネル,計器板

(スカート・ドレスなどに縫いつける)別布,パネル

《集合的に》(討論会などの)討論者団,審査団,参加者の一団

(…で)…‘に'パネルをはめる,はめ板を張る《+『名』+『with』(『in』)+『名』》

appendage

付加物,付属物

(生物の)付属器官(手・足など)

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

white

〈U〉『白』,白色

〈U〉〈C〉白いもの;(特に)『卵の白身』

〈U〉『白衣』,白色の服;《しばしば複数形で》白の制服(運動着など)

〈C〉白人

『白い』,白色の,純白の

(恐怖で人・顔・唇などが)『青白い』,血の気のない(pale)

(皮膚の色の)白い,白人の

(髪・ひげなどが)銀色の,改色の

雪のある,雪の積もった

《おもに古》潔白の,罪のない

《英》(コーヒーが)ミルク入りの

…‘を'白くする,漂白する

blob

柔らかくてぐにゃぐにゃしたものの小さいかたまり,どろどろした液体の1滴《+『of』+『名』》

green

『緑の,緑色の』,青々とした

(季節が)新緑の;(木々の緑が残って)温暖な

(果物が)うれていない;(酒・チーズなどが)熟成していない

未経験の

(食物・木材・皮などが)生の;調理して(乾燥して,なめして)ない

青野菜の;青草の

活気のある,元気な;若い

(記億などが)生々しい

〈U〉『緑色』;緑色の服[地];〈C〉緑色の絵の具

〈C〉草地,緑地,芝;(町・村の)芝の生えた共有地

〈C〉《複数形で》《米》装飾用の緑葉(緑枝);野菜,青物

〈C〉(ゴルフの)グリーン(芝を短く刈ったパット区域)

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

extremely

『極端に』,非常に過度に

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

produce

[ある場所・地域などが]…‘を'『産出する』,『生産する』

〈商品〉‘を'『製造する』;〈作品など〉‘を'作り出す

〈動植物が〉…‘を'『生じる』;〈子〉‘を'生む

…‘を'『取り出す』,提示する

〈物事が〉…‘を'引き起こす,もたらす

産出する生産する

生産物

《集合的に》農産物(特に野菜と果物)

weigh

…‘の'『重さを計る』

〈ある重さ〉‘を'『計量する』,計る

(…と比較して)…‘を'『検討する』,考慮する〈+名 against+名〉

『重さがある』,目方がかかる

(…にとって)『重要である』,(‥に)重要糸される〈+with+名〉

third

《the ~》『第3番目の』,3番目の

3分の1の

《the ~》『第3』,3番目[のもの],(月の)『3日』

〈C〉『3分の1』

〈C〉(音楽で)3度[音程]

〈U〉(自動車などの)サード(第3速)[ギア]

第3に,3番目に

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

pause

『小休止』,中断,休息;(会話,読み書きの間に入れる)一息,一区切り

(音楽の)延音記号,フェルマータ

(一時的に)『ちょっと休止する』,立ち止まる;(…するのを)ちょっとやめる

(…の所で)停滞する,ちゅうちょする《+『of』(『upon』)+『名』》

moment

〈C〉『瞬間』,瞬時

〈C〉《単違形で》(特定の)『時期』,機会,場合

《the moment》今,現在

〈U〉『重要』,重大(importance)

〈C〉《単数形で》(物理・機械で)モーメント,運動率

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

pound

『ポンド』(一般に商業で用いられる重量の単位;16オンス;約453.6グラム;{略}『1b.』)

ポンド(英国・アイルランドなどの貨幣の単位(pound sterling)およびその紙幣;もと20シリング(=240ペンス);1971年2月以後は100ペンス;{略}£)

トロイポンド(金・銀の重量単位;373.2グラム)

okay

=OK,O.K.

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

neither

《単数名詞を伴って》(二つのうちの)『どちらの…も…ない』,…のどちらも…でない

(二つのうち)『どちらも…ない』

《neither…nor~の形で》…『でも~でもない』,また…もしない,…もまた…でない

《否定文(節)に続いて》…『もまた』…『ない』,…でもなくまた…でもない

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

nutritious

栄養に富む

drain

(液体を)…‘から'『排出する』《+『名』+『of』+『名』》;(…から)〈液体〉‘を'『排出する』《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'消耗させる,枯渇させる;(…を)〈人〉‘から'消耗させる《+『名』+『of』+『名』》

〈酒など〉‘を'飲み干す,空にする

〈土地〉‘を'干上がらせる

〈土地などが〉水はけがよい;(液体を)排出する《+『of』+『名』》

〈水・液体などが〉徐々に流れ去る

〈C〉『排水設備』,排水路

〈C〉(…を)消耗(枯渇)させるもの《+『on』+『名』》

〈U〉《時にa~》(富・力などの)消耗,枯渇

egg

『卵』,卵細胞

鳥の卵;(特に)鶏卵

《英話》《形容詞を伴って》(…な)やつ

《俗》爆弾,手投げ弾

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

competitive

競争の,競争による

attempt

…'を'『企てる』,試みる

…'を'ねらう,襲う(attack)

『企て』,試み

《文》(…に対する)攻撃,襲撃《+『on』(『upon』)+『名』》

(法律用語で)(…)未逐

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

social

『社会の』,社会的な

『社交界の』,上流社会の

《名詞の前にのみ用いて》『社交の』,親睦(しんぼく)の

(アリ・ハチなどが)群居する

親睦(しんぼく)会,懇親会

bee

『はち』,(特に)みつばち(honeybee)

《米話》(趣味・仕事上の)集会,集い

(親善のための)競技会

働き者

wasp

スズメバチ,ジガバチ

怒りっぽい人

ant

『アリ』

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

sugar

〈U〉砂糖

〈C〉(1個・さじ1杯の)砂糖

〈U〉庶糖

《話》(恋人に対して呼び掛けて)ねえ

…‘に'砂糖を混ぜる(かける);…‘に'砂糖を加えて甘くする

bowl

『どんぶり,はち;わん』,茶わん,ボール

どんぶり(はち)1杯の量

(…の)丸くくぼんだ部分《+『of』+『名』》

《米》(はち形の)円形競技場(stadium)

honey

〈U〉『はちみつ』;花のみつ,糖みつ

〈U〉(みつのように)甘いもの;心地よいこと

〈C〉《おもに米話》かわいい人

〈C〉《おもに米話》りっぱなもの

はちみつの;(味・色が)はちみつのような,はちみつ入りの

〈食物など〉‘を'はちみつで甘くする

《話》〈人〉‘に'甘い言葉をかける,おせじを言う

flit

〈鳥・コウモリなどが〉すいすい(ひらひら)飛ぶ

〈思い・表情などが〉かすめる

すいすい(ひらひら)飛ぶこと

flower

〈C〉(植物の)『花』;(鑑賞用の)『草花』

〈U〉開花

〈U〉《文》(…の)最もすぐれた部分,精髄《+『of』+『名』》

〈U〉(人生・美しさなどの)盛り(prime)《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》《単数扱い》華(か)(圧縮や昇華によって得られる細かな粉末)

花が咲く

栄える,盛りに達する

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

Greek

〈C〉『ギリシア人』

〈U〉『ギリシア語』

〈U〉訳の分からない言葉

ギリシアの;ギリシア人の;ギリシア語の

drone

(特にミツバチの)雄バチ

(他人の労働で生活する)怠け者,ごくつぶし

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

worker

『仕事をする人』,勉強をする人

(暮らしのために働く)労働者

努力家,働き者

働きバチ,働きアリ

although

…『ではあるが』,…とはいいながら,…だが(though)

disapprove

…‘を'『好ましくないと思う』,‘に'賛成しない,‘を'認めない

(…に)『賛成しない』,(…を)好ましくないと思う《+『of』+『名』(a person's do『ing』)》

laziness

怠惰,無精

hang

《通例副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『掛ける』,下げる,つるす

(ちょうつがいなどで)〈ドアなど〉‘を'取り付ける《+『名』+『on』+『名』》

…‘を'絞殺する;(犯罪で)…‘を'絞首刑にする

《話》《damnの遠回しな語として,ののしりの言葉や強意表現に用いて》

〈頭など〉‘を'垂れる

(絵などで)〈部屋・壁など〉‘を'『飾る』,覆う《+『名』+『with』+『名』》;〈壁紙など〉‘を'壁に張る

《副詞[句]を伴って》(…に)『掛かる』,垂れる,ぶら下がる

(ちょうつがいなどで)〈戸などが〉取り付けられている《+『on』+『名』》

首をつる,首つり自殺をする;(犯罪で)絞首刑になる《+『for』+『名』(do『ing』)》

掛かりぐあい,下がりぐあい,垂れ方

hive

ミツバチの巣箱

巣箱に住む一群のミツバチ

人のおおぜい忙しく集まる所;がやがや集まっている群衆

〈ミツバチ〉‘を'巣箱に入れる

〈みつ〉‘を'蓄える

flight

〈U〉『飛ぶこと』;〈C〉飛行;飛行距離

〈C〉(飛行機の)定期便,(定期旅客機の)便名(flight number)

〈C〉《a ~》(鳥・昆虫・飛行機などの)『一団となって飛ぶ群れ』;(矢・弾などの)斉射《+『of』+『名』》

〈U〉(時間などが)飛ぶように過ぎること《+『of』+『名』》

〈C〉《a ... of stairs》(階と階,または踊り場と踊り場の間の)『一続きの階段』

〈C〉(思想・気持ちなどの)飛躍,高揚《+『of』+『名』》

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

gather

〈人・物〉‘を'『集める』,集合させる

〈事実・情報など〉‘を'収集する

〈果物・作物など〉‘を'取り入れる,採取する,収穫する

…‘を'徐々に増す,次第に強める

…‘を'推測する(conclude)

〈子供など〉‘を'抱く,抱きしめる

〈布〉‘に'ひだを取る,ギャザーをつける

〈多勢の人などが〉『集まる』,集合する《+『around』(《英》『round』)》

〈物事が〉徐々に増す,次第に強まる

(布などの)ひだ,ギャザー

nectar

ネクター(ギリシア神話で不老不死になるという神々の酒)

(一般に)甘美な飲み物,甘露

(花の)みつ

pollen

花粉

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

confusion

『混乱』,乱雑(disorder)

(…と…との)混同《+『of』+『名』+『with』+『名』》

当惑,ろうばい

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

bear

〈C〉『クマ』

〈C〉乱暴者

〈C〉(株式で)売り方

《the B-》クマ座

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

possibly

《文全体を修飾して》『ひょっとしたら』,『ことによると』

《canと共に用いて》《肯定文で》『なんとかして』,できる限り;《疑問文で》なんとか,どうにかして;《否定文で》どうしても,とても

Aristotle

アリストテレス(古代ギリシアの哲学者;384‐322B.C.)

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

suggest

<考え・計画など>‘を'『提案する,』言い出す

〈物事が〉…‘を'『連想させる,』思い起こさせる

…‘を'『それとなく示す』

confuse

(…と)'を'『混同する』,取り違える《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'『とまどわせる』,当惑させる

〈論点・情況・順序など〉'を'混乱させる

care

〈U〉『心配』,気がかり,悩み

〈C〉《しばしば複数形で》心配事,苦労の種

〈U〉『細心の注意』,十二分の用心

〈U〉(…の)『世話』,監督,保護《+『for(of)+名』》

〈C〉関心事,気を配るべきこと

『気にする』,心配する,関心がある

…『したいと思う』,欲する,好む

colony

『植民地』

植民団,居留民;(外国人の)集団居留地

(同ど人種・宗教・職業などの人たちが住む)『集団』,部落

(動物・鳥・虫などの)集団;(生物の)群体,群落《+『of』+『名』》

《the Colonies》アメリカ合衆国を形成した13州のイギリス植民地

completely

『完全に』,全く,十分に

impossible

『不可能な』,できない

(人・物事が)我慢ならない,耐えがたい

ほんとうとは思えない,信じがたい

conclude

《文》〈演説・論文・会合〉'を'『終わりにする』,終える

〈事柄など〉'を'『結論する』,〈行動・意見など〉'を'決定する

〈条約など〉'を'締結する,結ぶ

(…で)〈話・文などが〉『終わる』,結論になる,〈人が〉話を結ぶ《+『with』+『名』(do『ing』)》

instance

『例』,実例

場合

…‘を'例に引く

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

ferocious

恐ろしい,どう猛な,残忍な(savage)

《話》ひどい,猛烈な

soldier

(陸軍の)『軍人』,(特に)『下士官』,『兵士』

(主義・主張のために闘う勇敢な)戦士,闘士

軍人になる,軍務に服する

giant

『大男』;(物語・伝説の)『巨人』

『大人物』,偉人

『巨大な物』

巨大な,ものすごく大きい

jaw

〈C〉(上・下の)『あご』

《複数形で》口

〈C〉下あごのかっこう(感じ)

《複数形で》あごに似た物;(谷・海峡などの)狭い入口

〈U〉《話》おしゃべり;(長い)お説教

(人に)しゃべる,(特に)くどくど言う;(人に)お説教をする《+『at』+『名』〈人〉》

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

movie

(また『motion picture, moving picture』)《米》『映画』;《しばしばthe movies》《集合的に》映画(《英》cinema);映画の上映

《複数形で》映画館(《英》cinema)

《複数形で》映画産業

portray

〈人物・風景〉‘を'絵(彫刻,写真)で描く

…‘を'言葉で描写する(describe)

(舞台・映画で)…‘を'演じる

main

《名詞の前にのみ用いて》『おもな,主要な』

〈C〉《通例複数形で》(水道・ガスなどの)本管;主電線;(鉄道の)本線,幹線

〈U〉《the~》《詩》大海,大海原(おおうなばら)

character

〈U〉〈C〉(人の)『性格』,人格

〈C〉(物事が持っている)特質,特性

〈C〉《まれ》評判,名声

〈C〉《修飾語を伴って》(…の)人物;(小説・劇などの)『登場人物』

《話》(一般に)人

〈U〉《one's(the)~》(…の)資格,地位,身分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》変わり者

〈C〉(意味を表す)文字,記号,字体

fiction

〈C〉〈U〉『作り話』,作り事,虚構

〈U〉(文学様式の)『小説』,創作

jerry

=chamber pot

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

deep

(表面から下方または内部へ)『深い』

(程度が)非常な,深い

奥行きの深い,奥まった

奥深くて測りしれない,深遠な

《補語にのみ用いて》(…の)奥深いところにいる(ある)《+『in』+『名』》

(思想・感情などが)深い,強い

(色が)濃い

(音・声が)低い,太い

『深く』

〈C〉(特に海洋の)『深い所』;海溝

《the~》《文》海

《the~》《古》(冬などの)さなか

implication

〈U〉(犯罪などの)巻き添え,連座

〈U〉〈C〉含蓄,含意,裏の意味,ほのめかし

medicine

〈U〉『医学』,医術;医[師]業

〈C〉〈U〉(外用薬以外の)『薬』[『剤』],内服薬

〈U〉(北米インディアンの間で行われる)病気(悪霊)を追い払うまじない

health

『健康』,健全

(体の)状態,調子

《To one's health!》(健康を祝しての)乾杯

aspect

〈C〉〈U〉《文》(人の)『顔つき』,『表情』

〈C〉〈U〉(物の)『外観』,『様子』

〈C〉(思想・状況・計画などの)『様相』,局面,面

〈C〉(家・部屋などの)向き,方向

lives

lifeの複数形

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

creature

『生物』,動物

《しばしば愛情または軽べつを示す形容詞を前に置いて》(…の)人,(特に)(…の)女性

(人・物に)支配されるもの,(…の)とりこ,手先《+『of』+『名』》

rat

『ネズミ』

ひきょう者,裏切り者

ネズミをつかまえる

《話》(人を)裏切る,密告する《+『on』+『名』〈人〉》

stand-in

(映画・テレビの)代役,スタンドイン(本番前のテストや危険場面などでスターの代役をする人)

身代り

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

norm

《しばしば複数形で》標準,規準;一般水準;(行動の)規範,ノルマ・基準量(値)

variant

(同種のものと)異なった,別の

異形;(同じ単語の)異なったつづり(発音など)

special

『特別な』,並はずれた,例外的な

(他と異なって)『特殊な』,特別な

(人・物事に)『独特の』,専門の

特別な物(人)

《米話》…の)(値引きした)サービス品,特価[品]《+『on』+『名』》

(テレビなどの)特別番組;臨時列車

basic

『基礎の』,基本的な(fundamental)

塩基性(アルカリ性)の

front

《the~》(物の)『前面』,表;(玄関を含む建物の)正面;(…の)最前部《+『of』+『名』》

《the~》(本などの)最初の部分

〈U〉《しばしばa~》(物事に対する)態度

〈C〉(共通目的のための)共同戦線,運動,提携

〈C〉(街路・川・湖に面した)土地;《英》(海岸の)遊歩道

〈C〉戦線

《話》〈C〉世間の目をそらすための人(物);(…の)隠れみの《+『for』+『名』》

〈C〉(気象上の)前線

〈C〉前部に位置する(ある)もの(ワイシャツの胸当て,前頭部など)

『正面の』,前の;表の

(発音で)前舌音の

〈場所が〉…‘に'面する

(…を)…‘の'正面(前面)につける《+『名』+『with』+『名』》

《古》〈敵・困難・危険など〉‘に'立ち向かう,直面する

(…に)面する《+『on』(『to,toward,upon』)+『名』》

assume

(証拠はないが)…'を'『当然のことと思う』,仮定する,推測する(suppose)

〈役目・任務など〉'を'『引き受ける』〈責任〉'を'『負う』

〈人が〉〈ある生活様式・態度〉'を'身につける,とる,〈ある性質・様相など〉'を'帯びる

…‘の'ふりをする,'を'装う(pretend)

…'を'自分のものにする,奪い取る

stage

(劇場・ホールなどの)『舞台』・on stage 舞台上で・《無冠詞》・off stage 舞台の陰で 《無冠詞》:ステージ;演壇;《the~》演劇;俳優業,演劇(舞台)の仕事

(事件・活動などの)『舞台』,場所

(発達などの)『段階』,時期

(駅馬車などの止まる)駅,宿場;休憩地;(旅行における休憩地間の)旅程,行程

=stagecoach

(多段ロケットの)段

〈劇〉‘を'『上演する』,〈試合など〉‘を'公開する

(特に劇的に)…‘を'実行する,やってのける

largely

『主として』,大部分

多量に,豊富に,気前よく

occupy

〈場所・空間〉‘を'『占める』,ふさぐ;〈時間〉‘を'とる,占める

〈地位〉‘を'占める

〈軍隊〉…‘を'占領する,占拒する

(ある時間)…‘に'居る

《受動態で,またはoneselfを目的にして》(…で)〈人〉‘の'時間をとる,‘を'手いっぱいにさせる《+『名』+『by』(『with, in』)+『名』(do『ing』)》

player

『競技者』,『選手』

『俳優』,役者(actor)

『演奏者』

演奏装置,レコードプレーヤー

minor

『小さいほうの,少ない』

(階級・地位・重要性などが)『劣ったほうの』,重要でない

重大ではない

未成年の

(音楽で)短調の

未成年者

(大学の科目・課程の)副専攻科目

(音楽で)短調

《the minors》《米》=minor league

walk-on

(せりふのない)端役,通行人役

端役の俳優

miss

〈ボールなど〉‘を'『打ち損なう』,〈的(まと)など〉‘を'『外す』

〈人〉‘に'『会い損なう』,〈列車・船など〉‘を'『捕まえ損なう』;〈約束など〉‘に'間に合わない

…‘を'『見落とす』,見そこなう,見矢う

〈物事〉‘を'『逃す』,逸する

〈会合・学校など〉‘に'出席しない

…‘を'理解できない

…‘が'ない(いない)のを残念に思う

…‘が'ない(いない)のに気付く

…‘を'避ける,免れる(avoid, escape)

…‘を'欠く

…‘の'答えの間違う

的(まと)を外れる,当たり損なう;受け損なう

(…で)失敗する《+『in』+『名』》

発火しない,点火しない

やり損ない,失敗(failure);免れること,回避(escape)

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

medical

『医学の』,医術の;医者の

内科の;内科治療を要する

診察

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

women

woman の複数形

unnerve

…‘の'勇気(気力)を失わせる;…‘の'冷静さを失わせる

brain

『脳』,脳髄

《しばしば複数形で》『頭脳』,『知力』

《話》秀才,知的指導者

…‘の'頭を打ち砕く

cognitive

認識の(に関する,を要する)

normally

正常に,普通に,常態では;標準的に

complicate

…'を'複雑にする

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

little people

小妖精たち

leg

(人・動物の)『脚』

(ズボン・靴下などの)脚をおおう部分,脚部

(家具などの)脚,形(機能)が脚に似た物

(三角形の底辺を除く)一辺

(旅などの全行程の中の)一区切り,一区間

instead

『その代りとして』,それよりも

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

normal

『正常な』,『通常の』,標準の

(人が肉体・知能・情緒の発達において)平均的な,年齢相応の

(線などが)垂直な;(…に)垂直な《+『to』+『名』》・普通の;典型的な;直角をなす (to)・(実験動物が)常態の, 未処置[未免疫]の;(濃度が)規定の・常態;垂線, 法線;平均量[値]正常,通常;標準

parallel

『平行な』,同じ方向の

『対応する,同様な』

(電気の接続が)並列の,並列接続の

〈C〉『平行線(面)』

〈C〉(…と)類似(匹敵)するもの(人);(…との)類似,対応(+『to』(『with』)+『名』》

(また『parallel of latitude』)UC〉偉[度]線

…‘に'『平行している』

〈二つ以上のもの〉‘を'平行に置く,平行にする

(…で)…‘と'『対応する』,‘に'匹敵する《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

universe

《the universe,時に the Universe》『宇宙』(cosmos);森羅万象;[全]人類(humankind)

{C}世界,領域,分野

speculate

(…について)『推測する』,思い巡らす《+『about』(『on, upon』)+『名』(do『ing』)》

(株・土地などに)『投機する』《+『in』(『on』)+『名』(do『ing』)》

《『speculate』+『that節』》…と推測する

supernatural

超自然の

幽霊(よう精)の

超自然的な現象,神秘

spirit

〈U〉『精神』,心

〈C〉(超自然の)『霊魂』,霊;幽霊,妖精

〈C〉《形容詞を伴って》(ある気資・性格をもった)人

〈U〉元気,活気

〈U〉《時にa ~》気立て,気質;意気,気概

《複数形で》『気分』,きげん

〈U〉(団体などに対する)忠誠心,献心

〈C〉(全体に流れる)傾向,風潮

〈U〉《the ~》(法などの)精神

《複数形で》アルコール;強い酒

(こっそりと)〈人〉‘を'連れ去る,〈物〉‘を'持ち去る《+『名』+『away』(『off』),+『away』(『off』)+『名』》

depart

《文》(…から)(遠くへ)『立ち走る』,出発する《+『from』+『名』》

(通常のことから)『はずれる』,変わる《+『from』+『名』》

walking

歩くこと,歩行

歩き方

歩く,歩行する

歩行用の

allure

〈人〉'を'そそのかす,誘惑する

dabble

(水中で)手足をパシャパシャさせて遊ぶ,水を跳ね返す

(…に)ちょっと手を出す《+『in』(『at』)+『名』(do『ing』)》

(水の中で)…'を'パシャパシャさせる

concerned

《通例名詞の後に用いて》関係のある,かかわりのある

心配そうな,気づかっている

dead

『死んだ』,死んでいる

『生命を持っていない』

『死んだような』;(死んだように)無感覚な

効力を失った

活動していない,働いていない,通用していない(no longer active)

《名詞の前にのみ用いて》全くの,完全な(complete)

(色が)さえない;(音が)鈍い

《補語にのみ用いて》《話》疲れきった;(…で)疲れ果てた《+『from』+『名』》

《話》絶対に,完全に(completely)

(動作・行動などの停止について)ぱったり,突然

《話》まっすぐに(straight)

(暗さ・寒さなどの)最中,まっただ中《+『of』+『名』》

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画