歌詞 - パラモア (Paramore) : Last Hope

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

パラモア(Paramore)の4枚目のスタジオ・アルバム「パラモア(Paramore)」収録曲です。(LIVE)

ラスト・ホープ
Last Hope

作詞:

Hayley Williams, Taylor York

作曲:

Hayley Williams, Taylor York

Lyrics

アイ ドント イーブン ノウ マイセルフ/ アット オール//
アイ ソート/ アイ ウッド ビー ハッピー/ バイ ナウ//
ザ モア/ アイ トライ トゥ プッシュ/ イット,/ アイ リアライズ//
ガッタ レット ゴー オブ コントロール//

ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//

イッツ ジャスト ア スパーク//
バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//
アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//
イット キープス グローイング//

エブリ ナイト/ アイ トライ マイ ベスト/ トゥ ドリーム//
トゥモロー メイクス イット ベター//
ゼン/ アイ ウェイク アップ/ トゥ ザ コールド リアリティー//
アンド ノット ア シング ハズ チェンジド//

バット イット ウィル ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//

イッツ ジャスト ア スパーク//
バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//
アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//
イット キープス グローイング//

イッツ ジャスト ア スパーク//
バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//
アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//
イット キープス グローイング//

アンド ザ ソルト/ イン マイ ウーンズ//
イズント バーニング エニモア/ ザン イット ユースト トゥ//
イッツ ノット/ ザット アイ ドント フィール ザ ペイン//
イッツ ジャスト/ アイム ノット アフレイド オブ ハーティング エニモア//
アンド ザ ブラッド/ イン ジーズ ベインズ//
イズント ポンピング エニー レス/ ザン イット エヴァー ハズ//
アンド ザッツ ザ ホープ/ アイ ハブ//
ジ オンリー シング/ アイ ノウ/ ザッツ キーピング ミー/ アライヴ//

ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//
ガッタ レット/ イット ハプン//

イッツ ジャスト ア スパーク//
バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//
ソー/ イフ アイ レット ゴー オブ コントロール ナウ/ アイ キャン ビー ストロング//
ノー ワンズ アラウンド//
イット キープス グローイング//

イッツ ジャスト ア スパーク//
バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//
ソー/ イフ アイ キープ/ マイ アイズ クローズド ウィズ ザ ブラインド ホープ//
ノー ワンズ アラウンド//
イット キープス グローイング//

I don't even know myself at all.
I thought I would be happy by now.
The more I try to push it, I realise.
Gotta let go of control.

Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.

It's just a spark.
But it's enough to keep me going.
And when it's dark out, no one's around.
It keeps glowing.

Every night I try my best to dream.
Tomorrow makes it better.
Then I wake up to the cold reality.
And not a thing has changed.

But it will happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.

It's just a spark.
But it's enough to keep me going.
And when it's dark out, no one's around.
It keeps glowing.

It's just a spark.
But it's enough to keep me going.
And when it's dark out, no one's around.
It keeps glowing.

And the salt in my wounds.
Isn't burning anymore than it used to.
It's not that I don't feel the pain.
It's just I'm not afraid of hurting anymore.
And the blood in these veins.
Isn't pumping any less than it ever has.
And that's the hope I have.
The only thing I know that's keeping me alive.

Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.

Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.
Gotta let it happen.

It's just a spark.
But it's enough to keep me going.
So if I let go of control now I can be strong.
No one's around.
It keeps glowing.

It's just a spark.
But it's enough to keep me going.
So if I keep my eyes closed with the blind hope.
No one's around.
It keeps glowing.

I don't even know myself/ at all.//

アイ ドント イーブン ノウ マイセルフ/ アット オール//

I thought/ I would be happy/ by now.//

アイ ソート/ アイ ウッド ビー ハッピー/ バイ ナウ//

The more/ I try to push/ it,/ I realise.//

ザ モア/ アイ トライ トゥ プッシュ/ イット,/ アイ リアライズ//

ガッタ レット ゴー オブ コントロール//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

It's just a spark.//

イッツ ジャスト ア スパーク//

But it's enough/ to keep me going.//

バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//

And when it's dark out,/ no one's/ around.//

アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//

It keeps glowing.//

イット キープス グローイング//

Every night/ I try my best/ to dream.//

エブリ ナイト/ アイ トライ マイ ベスト/ トゥ ドリーム//

Tomorrow makes it better.//

トゥモロー メイクス イット ベター//

Then/ I wake up/ to the cold reality.//

ゼン/ アイ ウェイク アップ/ トゥ ザ コールド リアリティー//

And not a thing has changed.//

アンド ノット ア シング ハズ チェンジド//

But it will happen.//

バット イット ウィル ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

It's just a spark.//

イッツ ジャスト ア スパーク//

But it's enough/ to keep me going.//

バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//

And when it's dark out,/ no one's/ around.//

アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//

It keeps glowing.//

イット キープス グローイング//

It's just a spark.//

イッツ ジャスト ア スパーク//

But it's enough/ to keep me going.//

バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//

And when it's dark out,/ no one's/ around.//

アンド ホエン イッツ ダーク アウト,/ ノー ワンズ/ アラウンド//

It keeps glowing.//

イット キープス グローイング//

And the salt/ in my wounds.//

アンド ザ ソルト/ イン マイ ウーンズ//

Isn't burning anymore/ than it used to.//

イズント バーニング エニモア/ ザン イット ユースト トゥ//

It's not/ that I don't feel the pain.//

イッツ ノット/ ザット アイ ドント フィール ザ ペイン//

It's just/ I'm not afraid of hurting anymore.//

イッツ ジャスト/ アイム ノット アフレイド オブ ハーティング エニモア//

And the blood/ in these veins.//

アンド ザ ブラッド/ イン ジーズ ベインズ//

Isn't pumping any less/ than it ever has.//

イズント ポンピング エニー レス/ ザン イット エヴァー ハズ//

And that's the hope/ I have.//

アンド ザッツ ザ ホープ/ アイ ハブ//

The only thing/ I know/ that's keeping me/ alive.//

ジ オンリー シング/ アイ ノウ/ ザッツ キーピング ミー/ アライヴ//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

ガッタ レット/ イット ハプン//

It's just a spark.//

イッツ ジャスト ア スパーク//

But it's enough/ to keep me going.//

バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//

So/ if I let go of control now/ I can be strong.//

ソー/ イフ アイ レット ゴー オブ コントロール ナウ/ アイ キャン ビー ストロング//

No one's around.//

ノー ワンズ アラウンド//

It keeps glowing.//

イット キープス グローイング//

It's just a spark.//

イッツ ジャスト ア スパーク//

But it's enough/ to keep me going.//

バット イッツ イナフ/ トゥ キープ ミー ゴーイング//

So/ if I keep/ my eyes closed with the blind hope.//

ソー/ イフ アイ キープ/ マイ アイズ クローズド ウィズ ザ ブラインド ホープ//

No one's around.//

ノー ワンズ アラウンド//

It keeps glowing.//

イット キープス グローイング//

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

myself

《強意用法》《Iと同格に用いて》『私自身』

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『私自身を(に)』,自分を(に)

push

《副詞[句]を伴って》(動かすために)…‘を'『押す』,押して動かす

〈提案・要求など〉‘を'押し進める,推進する

〈人〉‘に'押しつける

…‘を'拡張する,伸ばす

〈商品など〉‘を'押しつける

《話》《進行形で》〈ある年齢〉‘に'近付く

(動かすために)(…を)『押す』,突く,押し動かす

《方向を表す副詞[句]を伴って》押し進む

〈C〉ひと押し

〈C〉奮闘,努力

got ta

got toの縮約形

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

spark

〈C〉『火花』,火の粉;(電気の)スパーク;(一般に)閃光(せんこう),(宝石などの)きらめき

〈C〉(人などの)活気,生気;(才気などの)ひらめき《+『of』+『名』》

〈C〉(事件などの)発端,発火点

《a spark》ほんの少し(の…)《+『of』+『名』》

火花を出す;閃光を発する;〈電気が〉スパークする

〈人〉‘を'かり立てて…させる《+『名』〈人〉+『to』(『into』)+『名』(do『ing』)》

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

going

《one's go・ing》『行くこと』,出発

(道路などの)状態

進行,速度

《複数形で》行為,ふるまい

《名詞の前にのみ用いて》(商店などが)盛業中の;(機械などが)動いている

《名詞の前にのみ用いて》現行の,目下の

《話》《名詞の後に用いて》現存の,現在入手できる

dark

『暗い』やみの

(毛髪・皮膚・目の)『浅黒い』,(色の)濃い

陰うつな,陰気な(gloomy)

腹黒い,悪意のある(evil)

隠した,秘密の

(意味が)明らかでない,なぞめいた

未発の;無知の

〈U〉《the~》『やみ』,暗がり(darkness)

《冠詞なしで》『夜』(night);『日暮れ』(nightfall)

〈U〉暗い色,濃い陰

no one

『だれも』…『ない』

glowing

白熱した,まっかに熱した

(体が)ほてった,紅潮した

(感情が)熱した,熱烈な

(色が)鮮やかな,燃え立つような

wake

『目を覚ます』(awake)《+up》

《文》目を覚ましたままでいる,寝ずにいる《+up》

(…に)気づく,目覚める《+up to+名》

〈人〉‘の'『目を覚まさせる』,‘を'起こす(awaken)《+名+up,+up+名》

《比喩的に》(…に)…‘を'目覚めさせる,窪づかせる,活発にする《+up+名(+名+up)+to+名》

(死者のために)通夜をする

《おもにアイルランド・イギリス北部》通夜

reality

〈U〉現実[性],実在

〈C〉(個々の)現実,事実,現物

salt

〈U〉『塩』食塩

〈U〉(化学で)塩

《複数形で》薬用塩類(Epsom salt[s],smelling salts)

〈U〉生気(刺激,興趣)を与えるもの

〈C〉《話》(特に老練な)水夫

塩の,塩を含んでいる;塩気のある,塩辛い

塩漬けにした

(土地が)塩につかった

塩信でできた,塩水の中で育つ

〈食べ物〉‘を'塩で味をつける;〈肉・魚など〉‘を'塩漬けにして保存する《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

《受動態で》(…で)〈言葉・話なで〉‘を'ぴりっとさせる,‘に'味をつける《+『名』+『with』+『名』》

wound

windの過去・過去分詞

burn

〈火・家などが〉『燃える』,『焼ける』

(火や熱によって)『焦げる』,日焼けする

『光』(『熱』)『を出す』

(…で)熱さを感じる,ほてる《+『with』+『名』》

(愛憎などで)燃える,かっかとなる《+『with』+『名』》

…'を'『燃やす』,『焼く』

…'を'焦がす;…'を'日焼けさせる

…'を'熱く感じさせる,'を'ほてらせる

…'を'燃料にする

『やけど』;焼け焦げ

『日焼け』

ロケットの噴射・(CDなどに)焼く、(音楽{おんがく}やデータなどを)(CDなどに)焼く

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

pain

〈C〉〈U〉(肉体のある部分の)『苦痛』,『痛み』

〈U〉(精神的な)『苦痛』,心痛

《複数形で》骨折り,苦労,努力

〈C〉不快感,いやな感じ;うんざりさせるもの,やっかい者

(肉体的・精神的に)…‘に'苦痛を与える(受動態にできない)

afraid

『恐れて』,こわがって

『気づかって』,心配して

気が進まない

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

blood

『血』,『血』液

流血(bloodshed);殺人

気質,気性,血気,血潮

『血統』,血縁(kinship);生まれ,家柄;《the~》王家の血統

(人種・出身国の)系

〈人〉‘に'初めての経験をさせる

〈猟犬〉‘に'初めて獲物を血を味わわせる

vein

〈C〉『静脈』

〈C〉(植物の)葉脈;(昆虫の)翅脈;(石の)石理;(木の)木目

〈C〉岩脈,鉱脈

〈U〉《しばしば a vein》(…の)傾向,性質《+of+名》

〈U〉《the vein》(…に対する)気分,気持ち《+for+名(doing)》

pump

『ポンプ』

《単数形で》ポンプで空気(ガス)を入れること

《副詞[句]を伴って》〈気体・液体〉‘を'『ポンプで入れる』(『出す』)

…‘から'ポンプで水(など)を除く《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

…‘に'ポンプで空気(など)を満たす《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

(ポンプのハンドルのように)…‘を'上下(前後)に動かす

《話》(…について)〈人〉‘を'あの手この手で問いただす(聞き出す)《+『名』+『for』(『about』)+『名』》

《話》(人に)〈知識など〉‘を'詰め込む《+『名』+『into』+『名』〈人〉》;(人から)〈情報など〉‘を'引き出す《+『名』+『out of』+『名』〈人〉》

ポンプを使う

(ポンプのように)上下に動く,鼓動する

〈水が〉噴出する

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

alive

『生きている』(living)

《しばしば最上級の形容詞と共に》現存している

活動している,有効である(active)

生き生きした,活発な

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

洋楽歌詞: