歌詞 - コールドプレイ (Coldplay) : True Love

歌詞 カタカナ字幕付き 洋楽PV

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

コールドプレイ(Coldplay)の6枚目のスタジオ・アルバム「ゴースト・ストーリーズ(Ghost Stories)」に収録のシングル曲です。

トゥルー・ラヴ
True Love

作詞:

Guy Berryman, Jonny Buckland, Will Champion

作曲:

Guy Berryman, Jonny Buckland, Will Champion

Lyrics

フォー ア セカンド,/ アイ ワズ イン コントロール//
アイ ハド イット ワンス,/ アイ ロスト イット ゾウ//
アンド オール/ アローング ザ ファイアー ビロー ウッド ライズ//

アンド アイ ウィッシュ/ ユー クッド ハブ レット ミー ノウ//
ホワッツ リアリー ゴーイング/ オン ビロー//
アイブ ロスト ユー ナウ,/ ユー レット ミー/ ゴー//
バット ワン ラスト タイム//

テル/ ミー/ ユー ラヴ ミー//
イフ ユー ドント ゼン ライ//
ライ トゥ ミー//

リメンバー ワンス/ アポン ア タイム//
ホエン アイ ワズ ユアーズ/ アンド ユー ワー ブラインド//
ザ ファイアー ウッド スパークル イン ユア アイズ アンド マイン//

ソー テル ミー/ ユー ラヴ ミー//
アンド/ イフ ユー ドント ゼン ライ//
ライ トゥ ミー//

ジャスト テル ミー/ ユー ラヴ ミー//
イフ ユー ドント ゼン ライ//
ライ トゥ ミー//
イフ ユー ドント ゼン ライ//
ライ トゥ ミー//

アンド コール イット トゥルー//
コール イット/ トゥルー ラヴ//
コール/ イット トゥルー//
コール イット/ トゥルー ラヴ//

For a second, I was in control.
I had it once, I lost it though.
And all along the fire below would rise.

And I wish you could have let me know.
What's really going on below.
I've lost you now, you let me go.
But one last time.

Tell me you love me.
If you don't then lie.
Lie to me.

Remember once upon a time.
When I was yours and you were blind.
The fire would sparkle in your eyes and mine.

So tell me you love me.
And if you don't then lie.
Lie to me.

Just tell me you love me.
If you don't then lie.
Lie to me.
If you don't then lie.
Lie to me.

And call it true.
Call it true love.
Call it true.
Call it true love.

For a second,/ I was in control.//

フォー ア セカンド,/ アイ ワズ イン コントロール//

I had it once,/ I lost it though.//

アイ ハド イット ワンス,/ アイ ロスト イット ゾウ//

And all/ along the fire below would rise.//

アンド オール/ アローング ザ ファイアー ビロー ウッド ライズ//

And I wish/ you could have let me know.//

アンド アイ ウィッシュ/ ユー クッド ハブ レット ミー ノウ//

What's really going/ on below.//

ホワッツ リアリー ゴーイング/ オン ビロー//

I've lost you now,/ you let me/ go.//

アイブ ロスト ユー ナウ,/ ユー レット ミー/ ゴー//

But one last time.//

バット ワン ラスト タイム//

Tell/ me/ you love me.//

テル/ ミー/ ユー ラヴ ミー//

If you don't then lie.//

イフ ユー ドント ゼン ライ//

Lie to me.//

ライ トゥ ミー//

Remember once/ upon a time.//

リメンバー ワンス/ アポン ア タイム//

When I was yours/ and you were blind.//

ホエン アイ ワズ ユアーズ/ アンド ユー ワー ブラインド//

The fire would sparkle in your eyes and mine.//

ザ ファイアー ウッド スパークル イン ユア アイズ アンド マイン//

So tell me/ you love me.//

ソー テル ミー/ ユー ラヴ ミー//

And/ if you don't then lie.//

アンド/ イフ ユー ドント ゼン ライ//

Lie to me.//

ライ トゥ ミー//

Just tell me/ you love me.//

ジャスト テル ミー/ ユー ラヴ ミー//

If you don't then lie.//

イフ ユー ドント ゼン ライ//

Lie to me.//

ライ トゥ ミー//

If you don't then lie.//

イフ ユー ドント ゼン ライ//

Lie to me.//

ライ トゥ ミー//

And call it true.//

アンド コール イット トゥルー//

Call it/ true love.//

コール イット/ トゥルー ラヴ//

Call/ it true.//

コール/ イット トゥルー//

Call it/ true love.//

コール イット/ トゥルー ラヴ//

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

though

『…にもかかわらず』,…だけれども)although)

『たとえ…でも』

《補足的に主節の後に置いて》『もっとも…ではあるが』

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

fire

『火』,炎

〈C〉『燃えているもの』,炉火,たき火

〈C〉〈U〉『火事』,火災

〈U〉(火のような)熱情,情熱

〈U〉(鉄砲などの)発射,射撃,砲火

<炉など>‘に'『燃料をくべる』,‘の'火をたく《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

…‘に'『火を付ける』,‘を'燃やす

<陶器など>‘を'焼く,焼いて作る

(…に向けて)<銃砲など>‘を'撃つ,<弾丸・ロケットなど>‘を'発射する《+『off』+『名』(+『名』+『off』)+『at』+『名』》

(…で)<感情など>‘を'燃え立たせる,<人>‘を'興奮させる《+『名』+『with』+『名』》

《話》(…)<石・ボールなど>‘を'投げつける,<質問・批評など>‘を'浴びせる《+『名』+『at』+『名』》

《話》(…から)<人>‘を'首にする,解雇する(dismiss)《+『名』+『from』+『名』》

(…に向かって)<人が>『発砲する』,<銃などが>発射される《+『名』+『at(into,on,upon』)+『名』》

below

《fly,go,sink など移動を表す動詞と結びつき方向を表して》…『の下方へ』,より低い位置へ

《位置》…『の下方で』,より低い位置に

(上手・先方に対して)…より下手に,より手前に

(度合・地位・数量などが)…『より以下で』(の)

…にふさわしくない,にさえ値しない

『下方へ向かって』,低い位置へ

下方で,低い位置で

(記述で)以下に,下記に

下級の,下位に

下記の,後述の

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

wish

《現在の反対への願望を表して》《wish+that『節』》…『であればよいのにと思う』

《過去の事実と反対の仮定・想像を表して》《wish+that『節』》…『であればよかったのにと思う』

…‘を'『望む』,したい

《『wish』+『名』〈人〉+『名』=+『名』+『to』+『名』〈人〉》〈人〉に〈あいさつ,幸運を祈る言葉など〉‘を'『述べる』,言う,祈って言う

《実現の可能性がある願望》…であればよいと思う

(…に)…‘を'押しつける,無理して頼む《+『名』+on(upon)+『名』》

(…を)『望む』,ほしがる《+for+『名』》

(…に)願いをかける《+on(upon)+『名』》

〈C〉〈U〉『願い』,願望,希望

〈C〉《複数形で》(人の幸福などを願う)『祈願』,好意

〈C〉『望みの物』,願いごと

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

lie

《場所を表す副詞[句]を伴って》『横たわる』,横になる

《状態を表す副詞[句]を伴った》『置かれている』,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)『位置する』,ある

《通例場所を表す副詞[句]を伴って》〈誤り・理由・責任・抽象的なものが〉見い出される,ある

《場所を表す副詞[句]を伴って》地下に眠る,葬られている

位置,方向;状態

upon

『…の上に』

blind

『目の見えない』,盲目の(sightless)

《補語にのみ用いて》(…を)見る目がない,気がついていない《+『to』+『名』》

盲目的な,めくらめっぽうの(reckless)

(特に車の運転者に)隠れて見えない

(通りなどが)行き止まりの,出口のない;(建築物が)窓のない

肉眼で見えないでする,計器だけに頼る

〈人〉‘の'目をくらませる,'を'盲目にする

(…に対して)〈人〉‘の'判断力(分別)を失わせる《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

『日よけ』,すだれ,よろい戸,ブラインド

人の目をごまかすもの,見せかけ

《米》(猟師の)隠れ場

目が見えなくて

sparkle

(…を受けて,…で)〈宝石・露・目などが〉『きらきら輝く』,きらめく《+『in』(『with』)+『名』》

〈会話・才気などが〉光る,ひらめく

〈ぶどう酒などが〉あわ立つ

『火花』;閃光;(…の)『きらめき』《+『of』+『名』》

(才気などの)ひらめき,光彩,異彩《+『of』+『名』》

あわ立ち

eye

〈C〉(人・動物の器官としての)『目』

〈C〉(まぶた・まつ毛・まゆ毛などを含めて,外側からみえる)『目』,目の周り

〈C〉(目の)虹彩

〈C〉『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》『視線』,まなざし

〈C〉《しばしば複数形で》警戒(観察,監視)の目

〈C〉《通例単数形で》(…に対する)鑑識眼,物を見る目,(…を)見分ける力《+『for』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》物の見方;観点

〈C〉目に似たようなもの(じゃがいもの芽・クジャクの羽の眼状の点など)

〈C〉針の目,めど

〈C〉(かぎ・ホックの)受け

〈C〉台風の目

(好奇・疑いなどの目で)…‘を'じろじろ見る,注意して見る

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

洋楽歌詞: