TED日本語 - リチャード・レジェット: エドワード・スノーデン氏のTEDにおけるトークに対するNSA(米国国家安全保障局) の反論

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

TED2014でのエドワード・スノーデン氏の驚きの登場の後、クリス・アンダーソンは言いました。「もし、NSAが返答したいのであれば、そうして下さい。」そう、彼らはこれに応じました。ビデオにより、NSAの副長官のリチャード・レジェットはアンダーソンの質問であるセキュリティとプライバシー保護のバランスについて答えます。

Script

クリス・アンダーソン: エドワード・スノーデン氏が 数日前に こちらに来ました 今日はそれに対する返答の機会です NSAからのゲストに聞きたい質問を 何人かの方が送ってくださいました さて リチャード・レジェットは NSA(米国国家安全保障局)の 15代 副長官であり 彼は上級の民間士官でもあり また最高執行責任者として 戦略の指導 内部ポリシーの制定を行い また長官の主任顧問としても 働いていらっしゃいます では 準備ができましたので リック・レジェットさん ようこそTED へ (拍手)

リチャード ・ レジェット: 皆さんとお話しする機会頂きとても感謝しています 会話を楽しみにしております お手配ありがとうございました

クリス: リック どうも有難うございます ご参加頂き 感謝しております NSAが表に出て オープンなところを見せていただくことは とても力強い表明です ご覧になったと思いますが エドワード ・ スノーデン氏の トークとインタビューが 数日前にここで行われました あなたはどう思われましたか? リック:興味深いものでしたね 彼が登場するとは思ってもみませんでしたし そのような素晴らしくかつ驚きの 手配をして下さった皆さんに 賛辞をお送りしたいと思います スノーデン氏が機密情報を 漏えいし始めてから 色々なことが起こりました 中には核心をついた話もあったものの 誇張やら事実半分だったりするものも 多くあったと思いますので こういったことを明らかに していきたいと思っています アメリカ合衆国において また国際的に行う この会話は とても重要だと思います とすれば 我々はそれを 事実に基づいた会話にすべきで そのように手助けしたいと 思っています

クリス: ここにいる多くの皆さんが抱いている疑問は スノーデン氏が行なったことの動機と それから 彼は逃亡する以外に 何か別の方法があったかどうかについて どうお考えですか?

リック:行方を晦ます以外にも 彼には別の方法が確かにありました 私は彼のことを 正当な告発活動を踏みにじる そんな告発者であると 位置づけています NSA で働いている 誰かがこんなことをしたら ― ここでは35,000 人以上もの人が働いていますが 彼らはすべて素晴らしい市民です 彼らは あなたの夫、父親、姉妹 兄弟、隣人、甥、友人そして親戚と同じく 皆 祖国のために また我々の同盟国のために やるべきことを行うことに 関心がある人達です もし何か懸念があるのならば 様々な相談相手がいます まずは 直接の上司 そして 組織内の 上位機構 もし それで満足できないのなら 多くの監察官がいます スノーデン氏の場合 彼には選択の余地があったのです NSA 監察長官 海軍監察長官 太平洋司令監察長官 国防総省監察長官 そして諜報機関コミュニティ監察長官などです 彼らは誰もが 彼の関心事を 機密ルートで扱い 喜んで問題提起を行ったでしょう (クリスとリックが同時に話す) 彼には議会の委員会に行くという 選択肢があり そうするための制度手続きがありましたが でも 彼はそういう事は 一切しなかったのです

クリス:スノーデン氏には 彼の懸念を提起する 他の手段があったと おっしゃいましたね それに対する反論がいくつかあります 1つは 契約社員の身分では 正社員向けの相談窓口のようなものはないと 彼は思い込んでいました 2つ目は ある他の内部告発者の追跡記録では [トーマス ・ アンドリュース・ドレイク]のように ある見方によると かなり厳しく扱われたようです そして3つ目は 彼が騒ぎ立てていたことは 彼が見つけたある特定の1つの欠陥ではなく 国の三権の各機構により 承認されたプログラムであったということです つまり そのような状況では 彼がやったことは 妥当であったと お考えになることは できないでしょうか?

リック : いいえ 私はそれに同意しません 私は ― すいません 音がマイクを通して 反響していまして ― 彼の取った行動は不適切です というのも基本的に長い目で見ると 彼が人々の命を危険に晒したという 事実があるからです 私はスノーデン氏とジャーナリストの間には 公になった多くの談話があったことを 知っていますが そこで暴露されたことは 国家安全保障や人々を危機に 晒していないということですが それは全くもって真実ではありません 実際に危機に晒しています またそこには驚くべき傲慢さもあると思います 彼は憲法の立案者よりも 良く知っていると考えていることです 政府というものが権力分立のために どのように設計され 機能しているかということ そして 行政部門と立法部門が 互いに絡み合って 監視し均衡を保ち そして 司法部門が 全体のプロセスを監督するという 概念について より良く知っていると考える 彼のそういうところが非常に傲慢です

クリス:彼がどんなふうに人々の命を 危険に晒したかについて 具体的な例を挙げて頂けますでしょうか?

リック: ええ もちろん 彼が暴露したのは (諜報)能力に関する情報ですが NSA は能力に依存する組織なのです さて外国に我々にとっての 諜報対象がいるとき 適切な関心事 例えば テロリストなどは象徴的な例ですが ― それ以外にも人身売買 麻薬密売 高度な兵器や核兵器を製造しようとする者 そして これらを流通させたり 近隣諸国への攻撃を実行するであろう 国家を含みますが この様なことは皆さんにも お心当たりのあると思いますが まさに進行中の事例がいくつもあり 我々の能力が非常に慎重 整然かつ 管理された方法で発揮されています ですから我々の能力が無制限に 公開されてしまうと 敵がそれらを見て 「うーん これには勝てないね」と認識し そこから逃げることを意味します 実際 民族国家におけるテロリスト 雑多な密輸入者 その他の者など 我々の攻撃の対象が情報の暴露により 彼らの行動を把握可能な私たちの 範疇から 逃げていることが分かっています その結果 海外の危険な地域に居る 外交官か軍人かに関わらず 我々の仲間と 同様な状況におかれている 我々の同盟国の人々が より高い危険に晒されています なぜなら 迫りくる脅威が分からないからです

クリス:一般的な反応は 彼の暴露のせいで あなた方が有していた ある種の情報へのアクセスが 断ち切られ 閉鎖されたということでした 問題視されているのは そのアクセスそのものの本質が そもそも合法的なものでは なかったということ つまり Bullrun プログラムは あなたがお話しされたような NSAによる情報へのアクセスのために (システムの)セキュリティを 弱めていると言われているようです

リック:ええ 我々の合法的な海外諜報員が 先ほど述べたような類の相手を 標的にするとき 彼らのコミュニケーションの手段として グローバル通信システムを使用します 何故ならそれは素晴らしいシステムで それは今まで人間によって考案された 最も複雑なシステムですが 驚嘆すべきもので そちらにいらっしゃる多くの方々も その製作や改良に 関わっていらっしゃいます そう実に素晴らしいシステムなのです しかし 通信システムは 我々と同盟国に対して反する活動を ― 行っている人々にも使われています そして 彼らを追跡するつもりなら 彼らを探し当てる能力を 有している必要があります そして 繰り返しますが 監視の成否は 能力の運用方法にあるのであって 能力を持っていること自体に あるのではありません さもなくば 我々は全ての悪者を インターネットの隅に押しやり badguy.comのような ドメインだけを使わせることが出来たら 素晴らしいことでしょう 我々は監視をそこに集中すれば 良いのですから でも 現実には有り得ません 政府が彼らを隔離し 行動を断とうとする能力から 彼らは逃れようとするからです ですから同じサイバー空間で 戦わなければならないのです この事をお伝えしておきましょう NSAには2つの使命があります 1つは電波諜報任務であり 残念なことですが 多くのことが 報道されたことを承知しています 残りの1つは情報保証任務であり アメリカ合衆国の国家安全保障システムを 保護するものです このシステムを用いて 大統領が使用する通信 核兵器制御のための通信 我々の軍隊が世界で使用する通信 同盟国と共に使用する通信 同盟国自身が使う通信が保護されます ですから我々は推奨規格を作り 共通の規格を使用します このような備えによって 目的とする通信を安全なものにしています

クリス: あなたが仰ることは インターネット全般について いかなる手段も合衆国の安全を 改善するものであれば 公正なやりとりであると聞こえます しかし ここが意見の 分かれるところであると思います この会場 そして世界中にいる 多くの人々はインターネットについて 異なる考え方をもっています 彼らはそれを重要な人類の発明のように 例えば グーテンベルグの 活版の発明に並ぶようなことと考えます それはすべてに知識をもたらすものです それはすべてを繋ぐものです インターネットはそういう理想的な見方で捉えられています そして その見方からすると NSAが行ったことというのは 昔 ドイツの当局が 幾つかのからくりをすべての 印刷機に取り入れることで 人々がどの本を買い 何を読むかということを 明らかにしようとしたことと 同じ行為なのです そのような観点から 人々が怒っているのだと お分かりになりますか?

リック: 勿論理解していますし ネットの 有益性について同感です そして インターネットより大きいものは 世界的な通信システムだと 申し上げたいのです インターネットが大半を占めていますが 他にも色々あります 透明性と機密とのバランスについて 人々が懸念するのは尤もなことです それはプライバシーと国家安全保障の間の 一種のバランスとして横たわっています それを正しい枠組みとは思いませんが 実際のところ透明性と機密の問題だと 思います このことは国内および国際的に 議論を行っており 我々の組織だけでなく 国民の皆さんにも オープンな形で参加してほしいのです さて他にも もう少し ― お話しすべきことがあります もう少し透明性を必要とする事柄があります 我々の権限、プロセス 監視 それから我々が誰であるかについて 我々NSAは上手く対応出来ておらず その事が 報道機関が 大々的に暴露し センセーションを引き起こした 理由の一部であると思います 誰も我々の実体を知りませんでした 「存在のない機関」「何も語らない機関」でした 我々のロゴを模したものがありますが 鷹がヘッドフォンをしているというものです これが大衆による我々のイメージなのです ですから我々の役目を もっと透明なものにする必要があります 一方 つまびらかにすべきでない事もあります 合衆国にとって不利なこと 同盟国にとって不利なこと このような国と人々の安全保障のために 提供するような情報です 作戦や能力を公開するというのは 我々が対峙する人達 つまり 一般に悪者だと認識されるような人々に 反撃の機会を与えてしまいます

クリス: しかし 世界中に 実質のところ インターネット・サービスの 殆どを提供している 米企業にとって大きな痛手を負わせることも マイナスだったのではありませんか? リック: そうです そのような企業は 我々と同じく 苦しい立場に立たされています というのも これらの企業に対して 我々が情報提供を強要しているからです 世界中の全ての国も 行っていることではありますが 全ての先進国には 合法的な傍受プログラムがあり 国の防衛のために必要な 情報提供をすることを 国は企業に要求しています そして 関与する企業は それぞれの国で同様に このようなプログラムに従っています ロシアや英国 中国 インドまたはフランス 皆さんが思いつく限りのどんな国でも そこで経営する限り そして このような暴露によって 「A社は信頼できない プライバシーが疑わしいからね」 といった風に広く捉えられる事実は 実際にその通りです どんな企業も それぞれの国で事業をすれば 同じことをするという意味で その通りです この暴露事件を逆手にとって 商売上の優位を得るために 我々の同盟国を含めた いくつかの国で こんな風に言われているのです 「ヘイ アメリカなんて信用するな でも我が国の通信会社は 信用できるよ 安全だからね」 実際に彼らは米国企業が有する 大規模な最先端技術 たとえばクラウドや インターネット ベースの技術に対抗するために このような宣伝文句を利用しています

クリス: あなたはそこで アメリカの国旗を横にして座っていますが さて合衆国憲法は不条理な 調査と押収から 免れる自由を保障しています あなたはアメリカ国民の プライバシーの権利を どのように考えますか? そのような権利というものは あるのでしょうか?

リック: はい もちろんあります 我々は大変な時間を使い 自らにプレッシャーをかけて 法外で相応しい いや 相当な時間と労力というべきですが プライバシー保護のために捧げています それはアメリカ市民だけではなく 世界中の人々の プライバシーのためでもあります ここでは様々な要素が関連してきます まず 我々は皆 同じネットワーク上にいます 私自身の通信手段として 私はあるインターネット 電子メールサービスのユーザーですが 世界中のテロリストによって もっとも多く使われている メールサービスと同じものです ですからインターネットの世界では 私はテロリストのすぐ隣に居るわけです だから私たちは 彼らの情報だけを選び出し 関連のある情報を見つけだす 必要があるのです そうすると我々は 必然的に 単に自分のことをしている アメリカ国民や 無実の外国人市民に遭遇します そこで 我々にはそのような情報を 破棄する手続きがあります 関係しない情報を見つけたときには ― 「もし」ではないのは 必ず見つけてしまうからです そういうふうにして守るのです これらは最小化の手順と呼ばれます 憲法に基づいており 検事総長によって承認されています 日々 合法的なビジネスに 勤しんでいる 国民と世界の市民のために こうやって我々は日々 情報を保護しています 1月17日の大統領演説では 我々が提供することになる 付加的な保護手続きについて 述べられました だから私は絶対に人々はプライバシーの 権利を持っていると思いますし その権利が確実に保護されるよう 最大限の努力を払っています

クリス: 外国人がアメリカ企業の インター ネット・サービスを 利用していることについては? 彼らにもプライバシーの権利はありますか?

リック: もちろん彼らも持っています 我々がこれらの企業の1つに 情報提供を強いることができるのは 3つのカテゴリのいずれか1つに 該当する時に限ります ある種の選択基準によって 識別することにより テロ抑止 もしくは(武器の)拡散や 外国における諜報の標的に関連した 人物を特定できるのです

クリス: これらのプログラムを通じて 入手した情報の多くは 本質的にはメタデータだという 事実について多く語られています それは必ずしも 誰かがメールに書いたり または電話で伝えた メッセージそのものでなくても良いのです それは手紙を書いた 「相手」や「時間」といったことなのです しかし それが議論の的になっており ここの観客のある人が 元NSAアナリストに話をしましたが 彼は ― メタデータは 実際 コアデータよりはるかに 侵害的であると言っていました 何故なら コアデータでは その人自身の言葉そのものとして 表現されていますが メタデータでは 一体誰が 導かれた結論を知っているのでしょう? それについては どうですか?

リック: その議論については 知りません いくつかの理由でメタデータは 重要だと思います メタデータは隠れようとしている人々の つながりに関する情報を提供します テロリストが我々の認知していない人々 ― テロ活動やその支援に関わっていたり もしくは国際的な制裁に違反して イランまたは北朝鮮のような国に 核兵器関連の資料を提供しようと する人々とコンタクトを取ろうとする時 彼らは非合法と分かっているから 秘密裏にしようとするのです メタデータはこのようなつながりを 明らかにします その代替手段は ずっと非効率的で はるかにプライバシーを侵害します 巨大なコンテンツの回収です メタデータはその意味では 事実 プライバシーを強化するものです 印刷されたメッセージに対する 扱いと異なり 普通の人々のメタデータのプロファイルは 保持することなく破棄します もし あなたが正当な諜報員の標的と 繋がりがない場合 あなたは我々の関心事ではありません

クリス: アメリカ全体が直面している 様々な脅威の中で テロリズムの位置づけはどうでしょう?

リック: テロは今もナンバーワンだと思います 私は 我々は未だかつてない時を経験しており より多くの場所で 物事は悪い方向へと向かい そしてテロリストが統治の欠如を利用して はびこるような そんな時代に 昔の上司 トム・ファーゴ海軍総督は それを不安定の弧と述べていました 現時点の世界において 不安の弧は様々な場所に存在し 例えばシリアのような 内戦が起こっているような場所では 何千ものとてつもない数の 外人の戦士が テロリストになる方法を学び 実践練習をするために シリアに入り込んでいるのです その中には欧米諸国や いくつかのケースでは アメリカに入国できる パスポートを保持する西洋人であり 基本的に聖戦の仕方を学んでおり そのために出国し その後(聖戦のために) 祖国に戻ってくるのです イラクのような場所では 宗派間の激しい抗争に 悩まされていて テロリズムの温床となっています 「アフリカの角」(北東地域)や アフリカのサヘル地域における テロ活動もあります 繰り返しますが 多くの脆弱な統治体制は テロ活動の温床を形成します 非常に深刻な問題です テロが1番だと思います 2番目はサイバー脅威です サイバーは3つの意味で脅威だと考えます 1つ目は 多くの方が耳にしたことがある おそらく最も一般的な方法であり 知的財産の盗難です 基本的に 諸外国が関与し 企業秘密を盗み その情報を 国営企業や 政府関連企業に提供し 技術の飛躍的進歩や ビジネス・インテリジェンスを得て 海外で契約を獲得するために使用されます それは今まさに起きていることで 非常に金銭的な痛手を被る恐れがあります いくつかの国家がやっていることです 第2に サービスを不能にする攻撃(DoS攻撃)です おそらくお気付きでしょうが 米国の金融セクターに対する この様な攻撃が 2012年以来 続発しています これも攻撃をしかける主体は国家であり 半匿名にして報復しているのです 最後の1つは破壊的な攻撃で 私をもっとも心配させるものなのです それらは増加しています 2012年に 2012年8月に サウジ ・ アラムコに対する攻撃があり 約35,000台のコンピューターを ワイパー・スタイル・ウイルスで破壊しました 1週間後に続きがあって カタールの会社が攻撃されました 2013年3月には 韓国への攻撃がありました 報道によると北朝鮮の陰謀とされますが 数千のコンピューターが破壊されました この様な攻撃は増加しています 実際このようなサイバー攻撃能力のある人物の 雇用を意思表示する者たちを 確認しています

クリス: わかりました ここでのいくつかの事柄 ほぼ問題の核心といえるものがあります 第1に リスクを見ている多くの人も その件数を見ている人も この信念 ― テロリズムが なおも 最大の脅威である ということを 理解していません 9月11日以外に ここ30-40年において 数字としては 約500人のアメリカ人が テロにより死亡しています 主に 自国のテロリストたちによるものです ここ数年間のこととなると テロリズムによって殺される確率は 落雷によって死ぬよりも はるかに少ないのです 1回の原発事故や 生物兵器によるテロ活動のようなものがあれば 統計はがらりと変わると おっしゃるかも知れませんね そういう見解をお持ちでしょうか?

リック: 2点 申し上げます 1つは9/11以降 米国において 大きな攻撃がない理由です それは偶然ではないのです それは我々や 他の諜報機関の方々や 軍隊や 世界中の同盟国の方々の 尽力の賜物なのです ご存知かもしれませんが ほんの氷山の一角に過ぎませんが NSAの作戦がテロ攻撃の阻止に 貢献したものは 54件を数えます そのうちの25件がヨーロッパにおいて その25件のうち 18件は3つの国で発生しています その内のいくつかは我々の同盟国です それでも NSAプログラムの監視をすり抜けて 攻撃を仕掛けてくるものもいます ですからテロの犠牲が少ないのは 偶然ではないのです それは尽力によるもので テロ活動を見つけ出す 諜報活動の成果なのです 法に基づく執行権限により 諸国と協力し 時には軍隊を投入して テロリストと対峙しています もう一点申し上げておきたいことは あなたが言及された核または 化学・生物兵器に対する脅威について 根拠のないものではなく 事実 何年もの間 このような兵器を入手しようとし そのような行動に出ている集団が いくつもあります

クリス: 実際のところ これら54の嫌疑の掛かっている事件の内 スノーデン氏が暴露した 物議を醸すプログラムと 何らかの関係があったものは ほとんどゼロであり 干し草の中の針を探すような事件の解決は 他のタイプの諜報を通して なされたものと言われています そしてこれらのプログラムの効果は 物議を醸すプログラムは 干し草の山をただ高くしているだけであり 本当に針を見つけるものではないと 言われています 針は 他の方法によって 発見されたと言われています それについては何かありませんか?

リック: はい 実際には その議論に関係している 2つのプログラムがあります 1つはセクション215 プログラムです 米国の電話メタデータ プログラムと もう一つは PRISMプログラムと一般に呼ばれるもので FISA改正法の第702条によるものです しかし215 プログラムだけが アメリカ合衆国に対する脅威に 関連したものです アメリカが巻き込まれた 脅威は数多く起きています きっと人々のこのような言葉を耳にするでしょう 「もしなかったら」という場合は実例がないので 諜報プログラムがなかったから 脅威は起こっていただろうと 言えないだろうと しかし それは実のところ テロリストの調査が どのように機能しているかについての 理解の欠如を示しています あなたはテレビで殺人事件の謎を 見ていると考えてみて下さい 何から始めますか?死体の調査から始め 犯罪の捜査をすすめ 問題の解決を図ります 我々はもっと早い段階 できれば死体が発生する前に 攻撃者は誰か 何をしようとしているのか ― ということを場合を想定します これには大量の情報が必要です それはモザイクのようなもので モザイクの どの1ピースが モザイクの重要な要素か 言い当てることはできませんが しかし 完全な絵を構築するには すべての情報が必要です その一方 例の54の脅威の内 非米国関連は42で プリズム・プログラム(監視プログラム)は 大いに関与しており 事実 攻撃の阻止に 寄与しました

クリス: スノーデン氏は2日前に言いました テロリズムは常に 「(諜報)行為の口実」 と諜報の世界では呼ばれていると それはこんな理由からです テロは人々の強く感情的な 反応を呼び起こすので さもなくば不可能であったであろう これらのプログラムの導入が 人々に受け入れられることです それについて 内部で 何か論議はあるのでしょうか?

リック: はい 我々はいつも このことを議論しています 議論は今でも続けられ 行政府や NSA 内部 諜報コミュニ ティーでは 何が正しく バランスの取れたもので 何が正しい行為か議論しています 大事なことを申し上げておきますが 我々が話しているプログラムは 2人の別々の大統領 2つの異なる政党により 議会によって2回 連邦裁判官によって16回 認可されたものであり NSA が勝手に作り出し 独自に実行しているのではないということです これは アメリカ合衆国政府の 合法的な活動であり アメリカ合衆国政府の 全ての各3権機関によって 合意されており マディソン大統領は誇りに思っていたでしょう

クリス: とは言っても その承認のもとで 実際に何が行われていたのかを 下院議員たちが知った時 彼らの多くはひどくショックを受けました あなた方に与えた権限で 何が行われているか正確に知りながらも 公の明るみに出されたことに対する 不条理な反応だと思いますか?

リック: 議会は大きな組織です 535人いますし メンバーも頻繁に変わりますし 下院の場合2年毎に替ります それに私は NSAは監督委員会に すべての関連情報を 提出していると思います また監視委員会が国会開催中に 報告した情報は 彼らが管理するものです 議会のメンバーは 知り得る機会があり 実際 相当な数の議員が 我々の監視責任の任務を負い 知る権限を持っていたのです そして 事実 委員会の議長が 公の場で報告しました クリス: あなたが語られたサイバー攻撃が 大いなる懸念であることは 誰も異を唱えることは 無いと思うのですが しかし 攻撃と防衛戦略には 妥協点があって 「暗号化を弱める」ことを可能にする 措置によって 悪い連中を特定することが サイバー攻撃への扉を開くことに なりかねないということについて お認めになりますか?

リック: 2点あります 1つ目は 暗号化を弱めると あなたは言われましたが 私は言っていません もう1つは NSA にはそれら両方のミッションがありますが 我々は著しく防衛に偏っており 実際に我々が脆弱性を見つけると 圧倒的にほとんどの場合 それらの製品の製造 もしくは開発に関し 責任ある人々に開示します これにはかなりの実績があり 実際に 私たちは透明性を保ち 透明性のあるレポートを発行し インターネット企業も同様に 透明性のあるレポートを発行できるような そんな提案を作ろうとしています 繰り返しになりますが 我々は自分たちが 作ったものを使います 我々は自ら推奨する基準を用い 製品を使用します 他の人達も必要とするように 我々の通信を保護することが 我々の関心事なのです

クリス: エドワード ・スノーデン氏の トークの後 代理ロボットがこのホール内を 動き回っていた時に 彼が何人かの人に 話しているのを聞きました 彼のNSA全体に対する印象を 尋ねていたのです 彼はそこであなたと働く人たちについて とても敬意を表しており 従業員たちは正しいことを行おうという 実に熱い想いを持った人達であり 問題は良くない方法で作られた ポリシーに起因するのだと 話していました 彼は確かに非常に分別をわきまえ 落ち着いて登場し 狂っているようには見えませんでした あなたは彼のやり方には 同意できないとしても 少なくとも問題点について議論の道を 彼が開いたことに同意頂けますか?

リック: 議論することは 重要だと思いますが 彼のやり方は好きになれません 他にも手段がいろいろ 有ったはずで そうすれば 我々の敵が何をしているかについての 可視性を失うことによって 我が国民や他の国の人々を 危険にさらすことがなかったでしょう しかし 本当に重要な対話だと思います

クリス: あなたと同僚との間でも 彼と司法取引を行って 恩赦すべきかという いくつかのシナリオにおいて 意見の違いがあると報告されています あなたの上司である キース・アレキサンダー長官は 法をそんな風に破った人と あなたが交渉しようものなら ひどい前例になると 発言しています しかし あなたがこう言ったと 記録されています もしスノーデンがまだ公開されていない 全ての文書を 返還することが確かに示し得るのならば 特赦は考慮されるべき取引だと まだ そうお考えですか?

リック: ええ 実際のところは あの「60 分」インタビューで 私が面白いと思うことは 誤って引用されている部分なんですね スノーデン氏に対する刑の軽減措置について 議論して頂けませんか という質問に対し 私の実際の返答は こうでした そうですね対話の価値がありますね と これはアメリカ合衆国の検事総長と 大統領も 実際に話していたことです この件は検事総長に委ねます これは彼の扱うことだからです しかしアメリカの法学には 強い伝統があって 政府にとって利益があるのならば 犯罪で起訴されている人々 と 交渉を行い 何か利点を得ようとします 常にそのような議論の余地があります 結論有りきではありませんから 常に議論の余地があるということです

クリス: 一般の人にとっては それはあたかも 彼はアメリカ合衆国 政府、あなた、他の人々に 物事を正しい方向に導き そして 将来に向けたより賢明なポリシーと やり方を見つけ出すための方法を 提示しているように思えます そんな考えも あっても良いとは思いませんか? リック: 私が関与することでも NSAが決める事ではないのです それは司法省の範疇に入る 議論といえるでしょう 私は彼らにお任せします

クリス: リック エド・スノーデン氏が彼の話を終えたとき 彼に「広める価値のある考えを共有する」 チャンスを与えました あなたにとって TEDのグループに対して 「広める価値のある考え」は何ですか?

リック: 事実を知るということだと思います これは 本当に重要な対話です その影響は NSAだけではなく 政府だけではなく 皆さん そしてインターネット企業に及びます プライバシーおよび個人データの問題は 政府よりもはるかに大きいので 事実を知ってください ニュースの見出しに惑わされず 雑多な話にだまされず 一方的な話を単に鵜呑みにしてはいけません これが私の考える 「広める価値のあるアイデア」です 我々には印 記章があり 我々は職場では記章を首紐に下げています もし耳栓をしたら 私の首紐はこう言うのです 「ダラスだ カウボーイズ達よ」 「ダラスに行け」と 私はたった今 半分の観客の方を 嫌な感じにさせましたね 暗号分析作業をする 我々の組織で働く人たちの 首紐に取り付けられたタブには 「データを見よ」と書かれています これは「広める価値のあるアイデア」です データを見てください

クリス: リック ここに来て ここにいる人たちに 素直に話すことは 勇気のいることだったと思います 過去にはNSAがほとんど 行なわなかったことです その上 技術は一層複雑になってきています あなたが登場され 重要な話をしてくださったことを とても感謝しています どうもありがとうございました

リック: ありがとう クリス

(拍手)

Chris Anderson: We had Edward Snowden here a couple days ago, and this is response time. And several of you have written to me with questions to ask our guest here from the NSA. So Richard Ledgett is the 15th deputy director of the National Security Agency, and he's a senior civilian officer there, acts as its chief operating officer, guiding strategies, setting internal policies, and serving as the principal advisor to the director. And all being well, welcome, Rick Ledgett, to TED. (Applause)

Richard Ledgett: I'm really thankful for the opportunity to talk to folks here. I look forward to the conversation, so thanks for arranging for that.

CA: Thank you, Rick. We appreciate you joining us. It's certainly quite a strong statement that the NSA is willing to reach out and show a more open face here. You saw, I think, the talk and interview that Edward Snowden gave here a couple days ago. What did you make of it? RL: So I think it was interesting. We didn't realize that he was going to show up there, so kudos to you guys for arranging a nice surprise like that. I think that, like a lot of the things that have come out since Mr. Snowden started disclosing classified information, there were some kernels of truth in there, but a lot of extrapolations and half-truths in there, and I'm interested in helping to address those. I think this is a really important conversation that we're having in the United States and internationally, and I think it is important and of import, and so given that, we need to have that be a fact-based conversation, and we want to help make that happen.

CA: So the question that a lot of people have here is, what do you make of Snowden's motivations for doing what he did, and did he have an alternative way that he could have gone?

RL: He absolutely did have alternative ways that he could have gone, and I actually think that characterizing him as a whistleblower actually hurts legitimate whistleblowing activities. So what if somebody who works in the NSA -- and there are over 35,000 people who do. They're all great citizens. They're just like your husbands, fathers, sisters, brothers, neighbors, nephews, friends and relatives, all of whom are interested in doing the right thing for their country and for our allies internationally, and so there are a variety of venues to address if folks have a concern. First off, there's their supervisor, and up through the supervisory chain within their organization. If folks aren't comfortable with that, there are a number of inspectors general. In the case of Mr. Snowden, he had the option of the NSA inspector general, the Navy inspector general, the Pacific Command inspector general, the Department of Defense inspector general, and the intelligence community inspector general, any of whom would have both kept his concerns in classified channels and been happy to address them. (CA and RL speaking at once) He had the option to go to congressional committees, and there are mechanisms to do that that are in place, and so he didn't do any of those things.

CA: Now, you had said that Ed Snowden had other avenues for raising his concerns. The comeback on that is a couple of things: one, that he certainly believes that as a contractor, the avenues that would have been available to him as an employee weren't available,two, there's a track record of other whistleblowers, like [ Thomas Andrews Drake ] being treated pretty harshly, by some views, and thirdly, what he was taking on was not one specific flaw that he'd discovered, but programs that had been approved by all three branches of government. I mean, in that circumstance, couldn't you argue that what he did was reasonable?

RL: No, I don't agree with that. I think that the -- sorry, I'm getting feedback through the microphone there -- the actions that he took were inappropriate because of the fact that he put people's lives at risk, basically, in the long run, and I know there's been a lot of talk in public by Mr. Snowden and some of the journalists that say that the things that have been disclosed have not put national security and people at risk, and that is categorically not true. They actually do. I think there's also an amazing arrogance to the idea that he knows better than the framers of the Constitution in how the government should be designed and work for separation of powers and the fact that the executive and the legislative branch have to work together and they have checks and balances on each other, and then the judicial branch, which oversees the entire process. I think that's extremely arrogant on his part.

CA: Can you give a specific example of how he put people's lives at risk?

RL: Yeah, sure. So the things that he's disclosed, the capabilities, and the NSA is a capabilities-based organization, so when we have foreign intelligence targets, legitimate things of interest -- like, terrorists is the iconic example, but it includes things like human traffickers, drug traffickers, people who are trying to build advanced weaponry, nuclear weapons, and build delivery systems for those, and nation-states who might be executing aggression against their immediate neighbors, which you may have some visibility into some of that that's going on right now, the capabilities are applied in very discrete and measured and controlled ways. So the unconstrained disclosure of those capabilities means that as adversaries see them and recognize, "Hey, I might be vulnerable to this," they move away from that, and we have seen targets in terrorism, in the nation-state area, in smugglers of various types, and other folks who have, because of the disclosures, moved away from our ability to have insight into what they're doing. The net effect of that is that our people who are overseas in dangerous places, whether they're diplomats or military, and our allies who are in similar situations, are at greater risk because we don't see the threats that are coming their way.

CA: So that's a general response saying that because of his revelations, access that you had to certain types of information has been shut down, has been closed down. But the concern is that the nature of that access was not necessarily legitimate in the first place. I mean, describe to us this Bullrun program where it's alleged that the NSA specifically weakened security in order to get the type of access that you've spoken of.

RL: So there are, when our legitimate foreign intelligence targets of the type that I described before, use the global telecommunications system as their communications methodology, and they do, because it's a great system, it's the most complex system ever devised by man, and it is a wonder, and lots of folks in the room there are responsible for the creation and enhancement of that, and it's just a wonderful thing. But it's also used by people who are working against us and our allies. And so if I'm going to pursue them, I need to have the capability to go after them, and again, the controls are in how I apply that capability, not that I have the capability itself. Otherwise, if we could make it so that all the bad guys used one corner of the Internet, we could have a domain, badguy.com. That would be awesome, and we could just concentrate all our efforts there. That's not how it works. They're trying to hide from the government's ability to isolate and interdict their actions, and so we have to swim in that same space. But I will tell you this. So NSA has two missions. One is the Signals Intelligence mission that we've unfortunately read so much about in the press. The other one is the Information Assurance mission, which is to protect the national security systems of the United States, and by that, that's things like the communications that the president uses, the communications that control our nuclear weapons, the communications that our military uses around the world, and the communications that we use with our allies, and that some of our allies themselves use. And so we make recommendations on standards to use, and we use those same standards, and so we are invested in making sure that those communications are secure for their intended purposes.

CA: But it sounds like what you're saying is that when it comes to the Internet at large, any strategy is fair game if it improves America's safety. And I think this is partly where there is such a divide of opinion, that there's a lot of people in this room and around the world who think very differently about the Internet. They think of it as a momentous invention of humanity, kind of on a par with the Gutenberg press, for example. It's the bringer of knowledge to all. It's the connector of all. And it's viewed in those sort of idealistic terms. And from that lens, what the NSA has done is equivalent to the authorities back in Germany inserting some device into every printing press that would reveal which books people bought and what they read. Can you understand that from that viewpoint, it feels outrageous?

RL: I do understand that, and I actually share the view of the utility of the Internet, and I would argue it's bigger than the Internet. It is a global telecommunications system. The Internet is a big chunk of that, but there is a lot more. And I think that people have legitimate concerns about the balance between transparency and secrecy. That's sort of been couched as a balance between privacy and national security. I don't think that's the right framing. I think it really is transparency and secrecy. And so that's the national and international conversation that we're having, and we want to participate in that, and want people to participate in it in an informed way. So there are things, let me talk there a little bit more, there are things that we need to be transparent about: our authorities, our processes, our oversight, who we are. We, NSA, have not done a good job of that, and I think that's part of the reason that this has been so revelational and so sensational in the media. Nobody knew who we were. We were the No Such Agency, the Never Say Anything. There's takeoffs of our logo of an eagle with headphones on around it. And so that's the public characterization. And so we need to be more transparent about those things. What we don't need to be transparent about, because it's bad for the U.S., it's bad for all those other countries that we work with and that we help provide information that helps them secure themselves and their people, it's bad to expose operations and capabilities in a way that allows the people that we're all working against, the generally recognized bad guys, to counter those.

CA: But isn't it also bad to deal a kind of body blow to the American companies that have essentially given the world most of the Internet services that matter? RL: It is. It's really the companies are in a tough position, as are we, because the companies, we compel them to provide information, just like every other nation in the world does. Every industrialized nation in the world has a lawful intercept program where they are requiring companies to provide them with information that they need for their security, and the companies that are involved have complied with those programs in the same way that they have to do when they're operating in Russia or the U.K. or China or India or France, any country that you choose to name. And so the fact that these revelations have been broadly characterized as "you can't trust company A because your privacy is suspect with them" is actually only accurate in the sense that it's accurate with every other company in the world that deals with any of those countries in the world. And so it's being picked up by people as a marketing advantage, and it's being marketed that way by several countries, including some of our allied countries, where they are saying, "Hey, you can't trust the U.S., but you can trust our telecom company, because we're safe." And they're actually using that to counter the very large technological edge that U.S. companies have in areas like the cloud and Internet-based technologies.

CA: You're sitting there with the American flag, and the American Constitution guarantees freedom from unreasonable search and seizure. How do you characterize the American citizen's right to privacy? Is there such a right?

RL: Yeah, of course there is. And we devote an inordinate amount of time and pressure, inordinate and appropriate, actually I should say, amount of time and effort in order to ensure that we protect that privacy. and beyond that, the privacy of citizens around the world, it's not just Americans. Several things come into play here. First, we're all in the same network. My communications, I'm a user of a particular Internet email service that is the number one email service of choice by terrorists around the world, number one. So I'm there right beside them in email space in the Internet. And so we need to be able to pick that apart and find the information that's relevant. In doing so, we're going to necessarily encounter Americans and innocent foreign citizens who are just going about their business, and so we have procedures in place that shreds that out, that says, when you find that, not if you find it, when you find it, because you're certain to find it, here's how you protect that. These are called minimization procedures. They're approved by the attorney general and constitutionally based. And so we protect those. And then, for people, citizens of the world who are going about their lawful business on a day-to-day basis, the president on his January 17 speech, laid out some additional protections that we are providing to them. So I think absolutely, folks do have a right to privacy, and that we work very hard to make sure that that right to privacy is protected.

CA: What about foreigners using American companies' Internet services? Do they have any privacy rights?

RL: They do. They do, in the sense of, the only way that we are able to compel one of those companies to provide us information is when it falls into one of three categories: We can identify that this particular person, identified by a selector of some kind, is associated with counterterrorist or proliferation or other foreign intelligence target.

CA: Much has been made of the fact that a lot of the information that you've obtained through these programs is essentially metadata. It's not necessarily the actual words that someone has written in an email or given on a phone call. It's who they wrote to and when, and so forth. But it's been argued, and someone here in the audience has talked to a former NSA analyst who said metadata is actually much more invasive than the core data, because in the core data you present yourself as you want to be presented. With metadata, who knows what the conclusions are that are drawn? Is there anything to that?

RL: I don't really understand that argument. I think that metadata's important for a couple of reasons. Metadata is the information that lets you find connections that people are trying to hide. So when a terrorist is corresponding with somebody else who's not known to us but is engaged in doing or supporting terrorist activity, or someone who's violating international sanctions by providing nuclear weapons-related material to a country like Iran or North Korea, is trying to hide that activity because it's illicit activity. What metadata lets you do is connect that. The alternative to that is one that's much less efficient and much more invasive of privacy, which is gigantic amounts of content collection. So metadata, in that sense, actually is privacy-enhancing. And we don't, contrary to some of the stuff that's been printed, we don't sit there and grind out metadata profiles of average people. If you're not connected to one of those valid intelligence targets, you are not of interest to us.

CA: So in terms of the threats that face America overall, where would you place terrorism?

RL: I think terrorism is still number one. I think that we have never been in a time where there are more places where things are going badly and forming the petri dish in which terrorists take advantage of the lack of governance. An old boss of mine, Tom Fargo, Admiral Fargo, used to describe it as arcs of instability. And so you have a lot of those arcs of instability in the world right now, in places like Syria, where there's a civil war going on and you have massive numbers, thousands and thousands of foreign fighters who are coming into Syria to learn how to be terrorists and practice that activity, and lots of those people are Westerners who hold passports to European countries or in some cases the United States, and so they are basically learning how to do jihad and have expressed intent to go out and do that later on in their home countries. You've got places like Iraq, which is suffering from a high level of sectarian violence, again a breeding ground for terrorism. And you have the activity in the Horn of Africa and the Sahel area of Africa. Again, lots of weak governance which forms a breeding ground for terrorist activity. So I think it's very serious. I think it's number one. I think number two is cyber threat. I think cyber is a threat in three ways: One way, and probably the most common way that people have heard about it, is due to the theft of intellectual property, so basically, foreign countries going in, stealing companies' secrets, and then providing that information to state-owned enterprises or companies connected to the government to help them leapfrog technology or to gain business intelligence that's then used to win contracts overseas. That is a hugely costly set of activities that's going on right now. Several nation-states are doing it. Second is the denial-of-service attacks. You're probably aware that there have been a spate of those directed against the U.S. financial sector since 2012. Again, that's a nation-state who is executing those attacks, and they're doing that as a semi-anonymous way of reprisal. And the last one is destructive attacks, and those are the ones that concern me the most. Those are on the rise. You have the attack against Saudi Aramco in 2012, August of 2012. It took down about 35,000 of their computers with a Wiper-style virus. You had a follow-on a week later to a Qatari company. You had March of 2013, you had a South Korean attack that was attributed in the press to North Korea that took out thousands of computers. Those are on the rise, and we see people expressing interest in those capabilities and a desire to employ them.

CA: Okay, so a couple of things here, because this is really the core of this, almost. I mean, first of all, a lot of people who look at risk and look at the numbers don't understand this belief that terrorism is still the number one threat. Apart from September 11, I think the numbers are that in the last 30 or 40 years about 500 Americans have died from terrorism, mostly from homegrown terrorists. The chance in the last few years of being killed by terrorism is far less than the chance of being killed by lightning. I guess you would say that a single nuclear incident or bioterrorism act or something like that would change those numbers. Would that be the point of view?

RL: Well, I'd say two things. One is, the reason that there hasn't been a major attack in the United States since 9/11, that is not an accident. That's a lot of hard work that we have done, that other folks in the intelligence community have done, that the military has done, and that our allies around the globe have done. You've heard the numbers about the tip of the iceberg in terms of numbers of terrorist attacks that NSA programs contributed to stopping was 54,25 of those in Europe, and of those 25,18 of them occurred in three countries, some of which are our allies, and some of which are beating the heck out of us over the NSA programs, by the way. So that's not an accident that those things happen. That's hard work. That's us finding intelligence on terrorist activities and interdicting them through one way or another, through law enforcement, through cooperative activities with other countries and sometimes through military action. The other thing I would say is that your idea of nuclear or chem-bio-threat is not at all far-fetched and in fact there are a number of groups who have for several years expressed interest and desire in obtaining those capabilities and work towards that.

CA: It's also been said that, of those 54 alleged incidents, that as few as zero of them were actually anything to do with these controversial programs that Mr. Snowden revealed, that it was basically through other forms of intelligence, that you're looking for a needle in a haystack, and the effects of these programs, these controversial programs, is just to add hay to the stack, not to really find the needle. The needle was found by other methods. Isn't there something to that?

RL: No, there's actually two programs that are typically implicated in that discussion. One is the section 215 program, the U.S. telephony metadata program, and the other one is popularly called the PRISM program, and it's actually section 702 of the FISA Amendment Act. But the 215 program is only relevant to threats that are directed against the United States, and there have been a dozen threats where that was implicated. Now what you'll see people say publicly is there is no "but for" case, and so there is no case where, but for that, the threat would have happened. But that actually indicates a lack of understanding of how terrorist investigations actually work. You think about on television, you watch a murder mystery. What do you start with? You start with a body, and then they work their way from there to solve the crime. We're actually starting well before that, hopefully before there are any bodies, and we're trying to build the case for who the people are, what they're trying to do, and that involves massive amounts of information. Think of it is as mosaic, and it's hard to say that any one piece of a mosaic was necessary to building the mosaic, but to build the complete picture, you need to have all the pieces of information. On the other, the non-U.S.-related threats out of those 54, the other 42 of them, the PRISM program was hugely relevant to that, and in fact was material in contributing to stopping those attacks.

CA: Snowden said two days ago that terrorism has always been what is called in the intelligence world "a cover for action," that it's something that, because it invokes such a powerful emotional response in people, it allows the initiation of these programs to achieve powers that an organization like yours couldn't otherwise have. Is there any internal debate about that?

RL: Yeah. I mean, we debate these things all the time, and there is discussion that goes on in the executive branch and within NSA itself and the intelligence community about what's right, what's proportionate, what's the correct thing to do. And it's important to note that the programs that we're talking about were all authorized by two different presidents,two different political parties, by Congress twice, and by federal judges 16 different times, and so this is not NSA running off and doing its own thing. This is a legitimate activity of the United States foreign government that was agreed to by all the branches of the United States government, and President Madison would have been proud.

CA: And yet, when congressmen discovered what was actually being done with that authorization, many of them were completely shocked. Or do you think that is not a legitimate reaction, that it's only because it's now come out publicly, that they really knew exactly what you were doing with the powers they had granted you?

RL: Congress is a big body. There's 535 of them, and they change out frequently, in the case of the House, every two years, and I think that the NSA provided all the relevant information to our oversight committees, and then the dissemination of that information by the oversight committees throughout Congress is something that they manage. I think I would say that Congress members had the opportunity to make themselves aware, and in fact a significant number of them, the ones who are assigned oversight responsibility, did have the ability to do that. And you've actually had the chairs of those committees say that in public. CA: Now, you mentioned the threat of cyber attacks, and I don't think anyone in this room would disagree that that is a huge concern, but do you accept that there's a tradeoff between offensive and defensive strategies, and that it's possible that the very measures taken to, "weaken encryption," and allow yourself to find the bad guys, might also open the door to forms of cyber attack?

RL: So I think two things. One is, you said weaken encryption. I didn't. And the other one is that the NSA has both of those missions, and we are heavily biased towards defense, and, actually, the vulnerabilities that we find in the overwhelming majority of cases, we disclose to the people who are responsible for manufacturing or developing those products. We have a great track record of that, and we're actually working on a proposal right now to be transparent and to publish transparency reports in the same way that the Internet companies are being allowed to publish transparency reports for them. We want to be more transparent about that. So again, we eat our own dog food. We use the standards, we use the products that we recommend, and so it's in our interest to keep our communications protected in the same way that other people's need to be.

CA: Edward Snowden, when, after his talk, was wandering the halls here in the bot, and I heard him say to a couple of people, they asked him about what he thought of the NSA overall, and he was very complimentary about the people who work with you, said that it's a really impassioned group of employees who are seeking to do the right thing, and that the problems have come from just some badly conceived policies. He came over certainly very reasonably and calmly. He didn't come over like a crazy man. Would you accept that at least, even if you disagree with how he did it, that he has opened a debate that matters?

RL: So I think that the discussion is an important one to have. I do not like the way that he did it. I think there were a number of other ways that he could have done that that would have not endangered our people and the people of other nations through losing visibility into what our adversaries are doing. But I do think it's an important conversation.

CA: It's been reported that there's almost a difference of opinion with you and your colleagues over any scenario in which he might be offered an amnesty deal. I think your boss, General Keith Alexander, has said that that would be a terrible example for others; you can't negotiate with someone who's broken the law in that way. But you've been quoted as saying that, if Snowden could prove that he was surrendering all undisclosed documents, that a deal maybe should be considered. Do you still think that?

RL: Yeah, so actually, this is my favorite thing about that "60 Minutes" interview was all the misquotes that came from that. What I actually said, in response to a question about, would you entertain any discussions of mitigating action against Snowden, I said, yeah, it's worth a conversation. This is something that the attorney general of the United States and the president also actually have both talked about this, and I defer to the attorney general, because this is his lane. But there is a strong tradition in American jurisprudence of having discussions with people who have been charged with crimes in order to, if it benefits the government, to get something out of that, that there's always room for that kind of discussion. So I'm not presupposing any outcome, but there is always room for discussion.

CA: To a lay person it seems like he has certain things to offer the U.S., the government, you, others, in terms of putting things right and helping figure out a smarter policy, a smarter way forward for the future. Do you see, has that kind of possibility been entertained at all? RL: So that's out of my lane. That's not an NSA thing. That would be a Department of Justice sort of discussion. I'll defer to them.

CA: Rick, when Ed Snowden ended his talk, I offered him the chance to share an idea worth spreading. What would be your idea worth spreading for this group?

RL: So I think, learn the facts. This is a really important conversation, and it impacts, it's not just NSA, it's not just the government, it's you, it's the Internet companies. The issue of privacy and personal data is much bigger than just the government, and so learn the facts. Don't rely on headlines, don't rely on sound bites, don't rely on one-sided conversations. So that's the idea, I think, worth spreading. We have a sign, a badge tab, we wear badges at work with lanyards, and if I could make a plug, my badge lanyard at work says, "Dallas Cowboys." Go Dallas. I've just alienated half the audience, I know. So the lanyard that our people who work in the organization that does our crypto-analytic work have a tab that says, "Look at the data." So that's the idea worth spreading. Look at the data.

CA: Rick, it took a certain amount of courage, I think, actually, to come and speak openly to this group. It's not something the NSA has done a lot of in the past, and plus the technology has been challenging. We truly appreciate you doing that and sharing in this very important conversation. Thank you so much.

RL: Thanks, Chris.

(Applause)

Chris Anderson:/ We had Edward Snowden here/ a couple days ago,/ and this is response time.//

クリス・アンダーソン: エドワード・スノーデン氏が 数日前に こちらに来ました 今日はそれに対する返答の機会です

And several of you have written to me/ with questions/ to ask our guest here/ from the NSA.//

NSAからのゲストに聞きたい質問を 何人かの方が送ってくださいました

So Richard Ledgett is the 15th deputy director of the National Security Agency,/ and he's a senior civilian officer there,/ acts as its chief operating officer,/ guiding strategies,/ setting internal policies,/ and serving as the principal advisor/ to the director.//

さて リチャード・レジェットは NSA(米国国家安全保障局)の 15代 副長官であり 彼は上級の民間士官でもあり また最高執行責任者として 戦略の指導 内部ポリシーの制定を行い また長官の主任顧問としても 働いていらっしゃいます

And all/ being well,/ welcome,/ Rick Ledgett,/ to TED.//

では 準備ができましたので リック・レジェットさん ようこそTED へ

(Applause)/ Richard Ledgett:/ I'm really thankful/ for the opportunity/ to talk to folks here.//

(拍手) リチャード ・ レジェット: 皆さんとお話しする機会頂きとても感謝しています

I look forward/ to the conversation,/ so thanks/ for arranging for that.//

会話を楽しみにしております お手配ありがとうございました

CA:/ Thank you,/ Rick.//

クリス: リック どうも有難うございます

We appreciate you/ joining us.//

ご参加頂き 感謝しております

It's certainly/ quite a strong statement/ that the NSA is willing/ to reach out/ and show a more open face here.//

NSAが表に出て オープンなところを見せていただくことは とても力強い表明です

You saw,/ I think,/ the talk and interview/ that Edward Snowden gave here/ a couple days ago.//

ご覧になったと思いますが エドワード ・ スノーデン氏の トークとインタビューが 数日前にここで行われました

What did you make of it?//

あなたはどう思われましたか?

RL:/ So I think/ it was interesting.//

リック:興味深いものでしたね

We didn't realize/ that he was going to show up/ there,/ so kudos/ to you guys for arranging a nice surprise/ like that.//

彼が登場するとは思ってもみませんでしたし そのような素晴らしくかつ驚きの 手配をして下さった皆さんに 賛辞をお送りしたいと思います

I think/ that,/ like a lot of the things/ that have come out/ since Mr.// Snowden started disclosing/ classified information,/ there were some kernels of truth/ in there,/ but a lot of extrapolations and half-truths/ in there,/ and I'm interested/ in helping to address/ those.//

スノーデン氏が機密情報を 漏えいし始めてから 色々なことが起こりました 中には核心をついた話もあったものの 誇張やら事実半分だったりするものも 多くあったと思いますので こういったことを明らかに していきたいと思っています

I think/ this is a really important conversation/ that we're having/ in the United States/ and internationally,/ and I think/ it is important and of import,/ and so given/ that,/ we need to have/ that be a fact-based conversation,/ and we want to help make/ that happen.//

アメリカ合衆国において また国際的に行う この会話は とても重要だと思います とすれば 我々はそれを 事実に基づいた会話にすべきで そのように手助けしたいと 思っています

CA:/ So the question/ that a lot of people have/ here is,/ what do you make of Snowden's motivations/ for doing/ what he did,/ and did he have an alternative way/ that he could have gone?//

クリス: ここにいる多くの皆さんが抱いている疑問は スノーデン氏が行なったことの動機と それから 彼は逃亡する以外に 何か別の方法があったかどうかについて どうお考えですか?

RL:/ He absolutely did have alternative ways/ that he could have gone,/ and I actually think/ that characterizing him/ as a whistleblower actually hurts legitimate whistleblowing activities.//

リック:行方を晦ます以外にも 彼には別の方法が確かにありました 私は彼のことを 正当な告発活動を踏みにじる そんな告発者であると 位置づけています

So what if somebody/ who works in the NSA --/ and there are over 35,000 people/ who do.//

NSA で働いている 誰かがこんなことをしたら ― ここでは35,000 人以上もの人が働いていますが

They're all great citizens.//

彼らはすべて素晴らしい市民です

They're just/ like your husbands, fathers, sisters, brothers, neighbors, nephews, friends and relatives,/ all of whom are interested/ in doing the right thing/ for their country/ and/ for our allies internationally,/ and so/ there are a variety of venues/ to address/ if folks have a concern.//

彼らは あなたの夫、父親、姉妹 兄弟、隣人、甥、友人そして親戚と同じく 皆 祖国のために また我々の同盟国のために やるべきことを行うことに 関心がある人達です もし何か懸念があるのならば 様々な相談相手がいます

First off,/ there's their supervisor,/ and up/ through the supervisory chain/ within their organization.//

まずは 直接の上司 そして 組織内の 上位機構

If folks aren't comfortable/ with that,/ there are a number of inspectors general.//

もし それで満足できないのなら 多くの監察官がいます

In the case of Mr.// Snowden,/ he had the option of the NSA inspector general,/ the Navy inspector general,/ the Pacific Command inspector general,/ the Department of Defense inspector general,/ and the intelligence community inspector general,/ any of whom would have/ both kept his concerns/ in classified channels/ and been happy/ to address them.//

スノーデン氏の場合 彼には選択の余地があったのです NSA 監察長官 海軍監察長官 太平洋司令監察長官 国防総省監察長官 そして諜報機関コミュニティ監察長官などです 彼らは誰もが 彼の関心事を 機密ルートで扱い 喜んで問題提起を行ったでしょう

(CA/ and RL speaking/ at once)/ He had the option/ to go to congressional committees,/ and there are mechanisms/ to do that/ that are in place,/ and so/ he didn't do any of those things.//

(クリスとリックが同時に話す) 彼には議会の委員会に行くという 選択肢があり そうするための制度手続きがありましたが でも 彼はそういう事は 一切しなかったのです

CA:/ Now,/ you had said/ that Ed Snowden had other avenues/ for raising his concerns.//

クリス:スノーデン氏には 彼の懸念を提起する 他の手段があったと おっしゃいましたね

The comeback/ on that is a couple of things:/ one,/ that he certainly believes/ that as a contractor,/ the avenues/ that would have been available/ to him/ as an employee weren't available,/two,/ there's a track record of other whistleblowers,/ like [ Thomas Andrews Drake ]/ being treated pretty harshly,/ by some views,/ and thirdly,/ what he was taking on/ was not one specific flaw/ that he'd discovered,/ but programs/ that had been approved by all three branches of government.//

それに対する反論がいくつかあります 1つは 契約社員の身分では 正社員向けの相談窓口のようなものはないと 彼は思い込んでいました 2つ目は ある他の内部告発者の追跡記録では [トーマス ・ アンドリュース・ドレイク]のように ある見方によると かなり厳しく扱われたようです そして3つ目は 彼が騒ぎ立てていたことは 彼が見つけたある特定の1つの欠陥ではなく 国の三権の各機構により 承認されたプログラムであったということです

I mean,/ in that circumstance,/ couldn't you argue/ that/ what he did was reasonable?//

つまり そのような状況では 彼がやったことは 妥当であったと お考えになることは できないでしょうか?

RL:/ No, I don't agree with that.//

リック : いいえ 私はそれに同意しません

I think/ that the --/ sorry,/ I'm getting/ feedback/ through the microphone/ there --/ the actions/ that he took/ were inappropriate/ because of the fact/ that he put people's lives/ at risk,/ basically,/ in the long run,/ and I know/ there's been a lot of talk/ in public/ by Mr.// Snowden/ and some of the journalists/ that say/ that the things/ that have been disclosed have not put national security and people/ at risk,/ and that is categorically not true.//

私は ― すいません 音がマイクを通して 反響していまして ― 彼の取った行動は不適切です というのも基本的に長い目で見ると 彼が人々の命を危険に晒したという 事実があるからです 私はスノーデン氏とジャーナリストの間には 公になった多くの談話があったことを 知っていますが そこで暴露されたことは 国家安全保障や人々を危機に 晒していないということですが それは全くもって真実ではありません

They actually do.//

実際に危機に晒しています

I think/ there's also/ an amazing arrogance/ to the idea/ that he knows better/ than the framers of the Constitution/ in how the government should be designed/ and work for separation of powers/ and the fact/ that the executive/ and the legislative branch have to work together/ and they have checks and balances/ on each other,/ and then/ the judicial branch,/ which oversees the entire process.//

またそこには驚くべき傲慢さもあると思います 彼は憲法の立案者よりも 良く知っていると考えていることです 政府というものが権力分立のために どのように設計され 機能しているかということ そして 行政部門と立法部門が 互いに絡み合って 監視し均衡を保ち そして 司法部門が 全体のプロセスを監督するという 概念について

I think/ that's extremely arrogant/ on his part.//

より良く知っていると考える 彼のそういうところが非常に傲慢です

CA:/ Can you give a specific example of how he put people's lives/ at risk?//

クリス:彼がどんなふうに人々の命を 危険に晒したかについて 具体的な例を挙げて頂けますでしょうか?

RL:/ Yeah,/ sure.//

リック: ええ もちろん

So the things/ that he's disclosed,/ the capabilities,/ and the NSA is a capabilities-based organization,/ so/ when we have foreign intelligence targets,/ legitimate things of interest --/ like,/ terrorists is the iconic example,/ but it includes things/ like human traffickers,/ drug traffickers,/ people/ who are trying to build/ advanced weaponry,/ nuclear weapons,/ and build delivery systems/ for those,/ and nation-states/ who might be executing aggression/ against their immediate neighbors,/ which you may have some visibility/ into some of that/ that's going on/ right now,/ the capabilities are applied in very discrete and measured and controlled ways.//

彼が暴露したのは (諜報)能力に関する情報ですが NSA は能力に依存する組織なのです さて外国に我々にとっての 諜報対象がいるとき 適切な関心事 例えば テロリストなどは象徴的な例ですが ― それ以外にも人身売買 麻薬密売 高度な兵器や核兵器を製造しようとする者 そして これらを流通させたり 近隣諸国への攻撃を実行するであろう 国家を含みますが この様なことは皆さんにも お心当たりのあると思いますが まさに進行中の事例がいくつもあり 我々の能力が非常に慎重 整然かつ 管理された方法で発揮されています

So the unconstrained disclosure of those capabilities means/ that as adversaries see them/ and recognize,/ "Hey,/ I might be vulnerable/ to this,/"/ they move away/ from that,/ and we have seen targets/ in terrorism,/ in the nation-state area,/ in smugglers of various types,/ and other folks/ who have,/ because of the disclosures,/ moved away/ from our ability/ to have insight/ into what they're doing.//

ですから我々の能力が無制限に 公開されてしまうと 敵がそれらを見て 「うーん これには勝てないね」と認識し そこから逃げることを意味します 実際 民族国家におけるテロリスト 雑多な密輸入者 その他の者など 我々の攻撃の対象が情報の暴露により 彼らの行動を把握可能な私たちの 範疇から 逃げていることが分かっています

The net effect of that is/ that our people/ who are overseas in dangerous places,/ whether they're diplomats or military,/ and our allies/ who are in similar situations,/ are at greater risk/ because we don't see the threats/ that are coming their way.//

その結果 海外の危険な地域に居る 外交官か軍人かに関わらず 我々の仲間と 同様な状況におかれている 我々の同盟国の人々が より高い危険に晒されています なぜなら 迫りくる脅威が分からないからです

CA:/ So that's a general response/ saying/ that because of his revelations,/ access/ that you had to certain types of information has been shut down,/ has been closed down.//

クリス:一般的な反応は 彼の暴露のせいで あなた方が有していた ある種の情報へのアクセスが 断ち切られ 閉鎖されたということでした

But the concern is/ that the nature of that access was not necessarily legitimate in the first place.//

問題視されているのは そのアクセスそのものの本質が そもそも合法的なものでは なかったということ

I mean,/ describe to us/ this Bullrun program/ where it's alleged/ that the NSA specifically weakened security/ in order to get the type of access/ that you've spoken of.//

つまり Bullrun プログラムは あなたがお話しされたような NSAによる情報へのアクセスのために (システムの)セキュリティを 弱めていると言われているようです

RL:/ So there are,/ when our legitimate foreign intelligence targets of the type/ that I described before,/ use the global telecommunications system/ as their communications methodology,/ and they do,/ because it's a great system,/ it's the most complex system ever devised by man,/ and it is a wonder,/ and lots of folks/ in the room/ there are responsible/ for the creation and enhancement of that,/ and it's just a wonderful thing.//

リック:ええ 我々の合法的な海外諜報員が 先ほど述べたような類の相手を 標的にするとき 彼らのコミュニケーションの手段として グローバル通信システムを使用します 何故ならそれは素晴らしいシステムで それは今まで人間によって考案された 最も複雑なシステムですが 驚嘆すべきもので そちらにいらっしゃる多くの方々も その製作や改良に 関わっていらっしゃいます そう実に素晴らしいシステムなのです

But it's also used by people/ who are working against us and our allies.//

しかし 通信システムは 我々と同盟国に対して反する活動を ― 行っている人々にも使われています

And so/ if I'm going to pursue/ them,/ I need to have/ the capability/ to go after them,/ and again,/ the controls are in how I apply/ that capability, not/ that I have the capability itself.//

そして 彼らを追跡するつもりなら 彼らを探し当てる能力を 有している必要があります そして 繰り返しますが 監視の成否は 能力の運用方法にあるのであって 能力を持っていること自体に あるのではありません

Otherwise,/ if we could make it/ so that all the bad guys used one corner of the Internet,/ we could have a domain,/ badguy.com.//

さもなくば 我々は全ての悪者を インターネットの隅に押しやり badguy.comのような ドメインだけを使わせることが出来たら

That would be awesome,/ and we could just concentrate all our efforts there.//

素晴らしいことでしょう 我々は監視をそこに集中すれば 良いのですから

That's not/ how it works.//

でも 現実には有り得ません

They're trying to hide/ from the government's ability/ to isolate and interdict their actions,/ and so/ we have to swim/ in that same space.//

政府が彼らを隔離し 行動を断とうとする能力から 彼らは逃れようとするからです ですから同じサイバー空間で 戦わなければならないのです

But I will tell you/ this.//

この事をお伝えしておきましょう

So NSA has two missions.//

NSAには2つの使命があります

One is the Signals Intelligence mission/ that we've unfortunately read so much/ about in the press.//

1つは電波諜報任務であり 残念なことですが 多くのことが 報道されたことを承知しています

The other one is the Information Assurance mission,/ which is to protect the national security systems of the United States,/ and by that,/ that's things/ like the communications/ that the president uses,/ the communications/ that control our nuclear weapons,/ the communications/ that our military uses/ around the world,/ and the communications/ that we use with our allies,/ and/ that some of our allies themselves use.//

残りの1つは情報保証任務であり アメリカ合衆国の国家安全保障システムを 保護するものです このシステムを用いて 大統領が使用する通信 核兵器制御のための通信 我々の軍隊が世界で使用する通信 同盟国と共に使用する通信 同盟国自身が使う通信が保護されます

And so/ we make recommendations/ on standards/ to use,/ and we use those same standards,/ and/ so we are invested in making sure/ that those communications are secure/ for their intended purposes.//

ですから我々は推奨規格を作り 共通の規格を使用します このような備えによって 目的とする通信を安全なものにしています

CA:/ But it sounds like what you're saying/ is/ that/ when it comes to the Internet/ at large,/ any strategy is fair game/ if it improves America's safety.//

クリス: あなたが仰ることは インターネット全般について いかなる手段も合衆国の安全を 改善するものであれば 公正なやりとりであると聞こえます

And I think/ this is partly/ where there is such a divide of opinion,/ that there's a lot of people/ in this room/ and/ around the world/ who think very differently/ about the Internet.//

しかし ここが意見の 分かれるところであると思います この会場 そして世界中にいる 多くの人々はインターネットについて 異なる考え方をもっています

They think of it/ as a momentous invention of humanity,/ kind of on a par/ with the Gutenberg press,/ for example.//

彼らはそれを重要な人類の発明のように 例えば グーテンベルグの 活版の発明に並ぶようなことと考えます

It's the bringer of knowledge/ to all.//

それはすべてに知識をもたらすものです

It's the connector of all.//

それはすべてを繋ぐものです

And it's viewed in those sort of idealistic terms.//

インターネットはそういう理想的な見方で捉えられています

And/ from that lens,/ what the NSA has done/ is equivalent/ to the authorities back/ in Germany/ inserting some device/ into every printing press/ that would reveal/ which books people bought/ and what they read.//

そして その見方からすると NSAが行ったことというのは 昔 ドイツの当局が 幾つかのからくりをすべての 印刷機に取り入れることで 人々がどの本を買い 何を読むかということを 明らかにしようとしたことと 同じ行為なのです

Can/ you understand/ that from that viewpoint,/ it feels outrageous?//

そのような観点から 人々が怒っているのだと お分かりになりますか?

RL:/ I do understand/ that,/ and I actually share the view of the utility of the Internet,/ and I would argue/ it's bigger/ than the Internet.//

リック: 勿論理解していますし ネットの 有益性について同感です そして インターネットより大きいものは

世界的な通信システムだと 申し上げたいのです

The Internet is a big chunk of that,/ but there is a lot more.//

インターネットが大半を占めていますが 他にも色々あります

And I think/ that people have legitimate concerns/ about the balance/ between transparency/ and secrecy.//

透明性と機密とのバランスについて 人々が懸念するのは尤もなことです

That's sort of been couched as a balance/ between privacy and national security.//

それはプライバシーと国家安全保障の間の 一種のバランスとして横たわっています

I don't think/ that's the right framing.//

それを正しい枠組みとは思いませんが

I think it really is transparency and secrecy.//

実際のところ透明性と機密の問題だと 思います

And so/ that's the national and international conversation/ that we're having,/ and we want to participate/ in that,/ and want people/ to participate in it/ in an informed way.//

このことは国内および国際的に 議論を行っており 我々の組織だけでなく 国民の皆さんにも オープンな形で参加してほしいのです

So there are things,/ let me/ talk there/ a little bit more,/ there are things/ that we need to be transparent about:/ our authorities,/ our processes,/ our oversight,/ who we are.//

さて他にも もう少し ― お話しすべきことがあります もう少し透明性を必要とする事柄があります 我々の権限、プロセス 監視 それから我々が誰であるかについて

We,/ NSA,/ have not done a good job of that,/ and I think/ that's part of the reason/ that this has been so revelational and so sensational/ in the media.//

我々NSAは上手く対応出来ておらず その事が 報道機関が 大々的に暴露し センセーションを引き起こした 理由の一部であると思います

Nobody knew/ who we were.// We were the No Such Agency,/ the Never Say Anything.//

誰も我々の実体を知りませんでした 「存在のない機関」「何も語らない機関」でした

There's takeoffs of our logo of an eagle/ with headphones/ on around it.//

我々のロゴを模したものがありますが 鷹がヘッドフォンをしているというものです

And so/ that's the public characterization.//

これが大衆による我々のイメージなのです

And so/ we need to be more transparent/ about those things.//

ですから我々の役目を もっと透明なものにする必要があります

What we don't need to be transparent about,/ because it's bad/ for the U.S.//,/ it's bad/ for all those other countries/ that we work with and/ that we help provide information/ that helps them secure themselves and their people,/ it's bad/ to expose operations and capabilities/ in a way/ that allows the people/ that we're all/ working against,/ the generally recognized bad guys,/ to counter those.//

一方 つまびらかにすべきでない事もあります 合衆国にとって不利なこと 同盟国にとって不利なこと このような国と人々の安全保障のために 提供するような情報です 作戦や能力を公開するというのは 我々が対峙する人達 つまり 一般に悪者だと認識されるような人々に 反撃の機会を与えてしまいます

CA:/ But isn't it also bad to deal a kind of body blow/ to the American companies/ that have essentially given the world/ most of the Internet services/ that matter?//

クリス: しかし 世界中に 実質のところ インターネット・サービスの 殆どを提供している 米企業にとって大きな痛手を負わせることも マイナスだったのではありませんか?

RL:/ It is.// It's really/ the companies are in a tough position,/ as are we,/ because the companies,/ we compel them/ to provide information,/ just like every other nation/ in the world does.//

リック: そうです そのような企業は 我々と同じく 苦しい立場に立たされています というのも これらの企業に対して 我々が情報提供を強要しているからです 世界中の全ての国も 行っていることではありますが

Every industrialized nation/ in the world has a lawful intercept program/ where they are requiring companies/ to provide them/ with information/ that they need for their security,/ and the companies/ that are involved have complied with those programs/ in the same way/ that they have to do/ when they're operating/ in Russia or the U.K. or China or India or France,/ any country/ that you choose to name.//

全ての先進国には 合法的な傍受プログラムがあり 国の防衛のために必要な 情報提供をすることを 国は企業に要求しています そして 関与する企業は それぞれの国で同様に このようなプログラムに従っています ロシアや英国 中国 インドまたはフランス 皆さんが思いつく限りのどんな国でも そこで経営する限り

And so/ the fact/ that these revelations have been broadly characterized as "you can't trust company A/ because your privacy is suspect/ with them"/ is actually only accurate/ in the sense/ that it's accurate/ with every other company/ in the world/ that deals with any of those countries/ in the world.//

そして このような暴露によって 「A社は信頼できない プライバシーが疑わしいからね」 といった風に広く捉えられる事実は 実際にその通りです どんな企業も それぞれの国で事業をすれば 同じことをするという意味で その通りです

And so/ it's being picked up/ by people/ as a marketing advantage,/ and it's being marketed/ that way/ by several countries,/ including/ some of our allied countries,/ where they are saying,/ "Hey,/ you can't trust the U.S.//,/ but you can trust our telecom company,/ because we're safe."//

この暴露事件を逆手にとって 商売上の優位を得るために 我々の同盟国を含めた いくつかの国で こんな風に言われているのです 「ヘイ アメリカなんて信用するな でも我が国の通信会社は 信用できるよ 安全だからね」

And they're actually using/ that to counter the very large technological edge/ that U.S. companies have in areas/ like the cloud and Internet-based technologies.//

実際に彼らは米国企業が有する 大規模な最先端技術 たとえばクラウドや インターネット ベースの技術に対抗するために このような宣伝文句を利用しています

CA:/ You're sitting/ there/ with the American flag,/ and the American Constitution guarantees freedom/ from unreasonable search and seizure.//

クリス: あなたはそこで アメリカの国旗を横にして座っていますが さて合衆国憲法は不条理な 調査と押収から 免れる自由を保障しています

How do you characterize the American citizen's right/ to privacy?//

あなたはアメリカ国民の プライバシーの権利を どのように考えますか?

Is there such a right?//

そのような権利というものは あるのでしょうか?

RL:/ Yeah,/ of course there is.//

リック: はい もちろんあります

And we devote an inordinate amount of time and pressure,/ inordinate and appropriate,/ actually/ I should say,/ amount of time and effort/ in order to ensure/ that we protect/ that privacy./ and/ beyond that,/ the privacy of citizens/ around the world,/ it's not just Americans.//

我々は大変な時間を使い 自らにプレッシャーをかけて 法外で相応しい いや 相当な時間と労力というべきですが プライバシー保護のために捧げています それはアメリカ市民だけではなく 世界中の人々の プライバシーのためでもあります

Several things come into play here.//

ここでは様々な要素が関連してきます

First,/ we're all/ in the same network.//

まず 我々は皆 同じネットワーク上にいます

My communications,/ I'm a user of a particular Internet email service/ that is the number one email service of choice/ by terrorists/ around the world,/ number one.//

私自身の通信手段として 私はあるインターネット 電子メールサービスのユーザーですが 世界中のテロリストによって もっとも多く使われている メールサービスと同じものです

So I'm there right/ beside them/ in email space/ in the Internet.//

ですからインターネットの世界では 私はテロリストのすぐ隣に居るわけです

And/ so we need to be able to pick that apart/ and find the information/ that's relevant.//

だから私たちは 彼らの情報だけを選び出し 関連のある情報を見つけだす 必要があるのです

In doing so,/ we're going to necessarily encounter Americans/ and innocent foreign citizens/ who are just going about their business,/ and so/ we have procedures/ in place/ that shreds/ that out,/ that says,/ when you find/ that,/ not/ if you find it,/ when you find it,/ because you're certain/ to find it,/ here's/ how you protect that.//

そうすると我々は 必然的に 単に自分のことをしている アメリカ国民や 無実の外国人市民に遭遇します そこで 我々にはそのような情報を 破棄する手続きがあります 関係しない情報を見つけたときには ― 「もし」ではないのは 必ず見つけてしまうからです そういうふうにして守るのです

These are called minimization procedures.//

これらは最小化の手順と呼ばれます

They're approved by the attorney general/ and constitutionally based.//

憲法に基づいており 検事総長によって承認されています

And so/ we protect those.//

日々 合法的なビジネスに 勤しんでいる

And then,/ for people,/ citizens of the world/ who are going about their lawful business/ on a day-to-day basis,/ the president/ on his January 17 speech,/ laid out/ some additional protections/ that we are providing to them.//

国民と世界の市民のために こうやって我々は日々 情報を保護しています 1月17日の大統領演説では 我々が提供することになる 付加的な保護手続きについて 述べられました

So/ I think absolutely,/ folks do have a right/ to privacy,/ and/ that we work very hard/ to make sure/ that that right/ to privacy is protected.//

だから私は絶対に人々はプライバシーの 権利を持っていると思いますし その権利が確実に保護されるよう 最大限の努力を払っています

CA:/ What about foreigners/ using American companies/' Internet services?//

クリス: 外国人がアメリカ企業の インター ネット・サービスを 利用していることについては?

Do they have any privacy rights?//

彼らにもプライバシーの権利はありますか?

RL:/ They do.// They do,/ in the sense of,/ the only way that/ we are able to compel one of those companies/ to provide us/ information is/ when it falls into one of three categories:/ We can identify/ that this particular person,/ identified by a selector of some kind,/ is associated with counterterrorist or proliferation or other foreign intelligence target.//

リック: もちろん彼らも持っています 我々がこれらの企業の1つに 情報提供を強いることができるのは 3つのカテゴリのいずれか1つに 該当する時に限ります ある種の選択基準によって 識別することにより テロ抑止 もしくは(武器の)拡散や 外国における諜報の標的に関連した 人物を特定できるのです

CA:/ Much has been made of the fact/ that a lot of the information/ that you've obtained through these programs is essentially metadata.//

クリス: これらのプログラムを通じて 入手した情報の多くは 本質的にはメタデータだという 事実について多く語られています

It's not necessarily/ the actual words/ that someone has written in an email/ or given on a phone call.//

それは必ずしも 誰かがメールに書いたり または電話で伝えた メッセージそのものでなくても良いのです

It's/ who they wrote to/ and when,/ and so forth.//

それは手紙を書いた 「相手」や「時間」といったことなのです

But it's been argued,/ and someone here/ in the audience has talked to a former NSA analyst/ who said metadata is actually much more invasive/ than the core data,/ because in the core data/ you present yourself/ as you want to be presented.//

しかし それが議論の的になっており ここの観客のある人が 元NSAアナリストに話をしましたが 彼は ― メタデータは 実際 コアデータよりはるかに 侵害的であると言っていました 何故なら コアデータでは その人自身の言葉そのものとして 表現されていますが

With metadata,/ who knows/ what the conclusions are/ that are drawn?//

メタデータでは 一体誰が 導かれた結論を知っているのでしょう?

Is there anything to that?//

それについては どうですか?

RL:/ I don't really understand/ that argument.//

リック: その議論については 知りません

I think/ that metadata's important/ for a couple of reasons.//

いくつかの理由でメタデータは 重要だと思います

Metadata is/ the information/ that lets you find connections/ that people are trying to hide.//

メタデータは隠れようとしている人々の つながりに関する情報を提供します

So/ when a terrorist is corresponding with somebody else/ who's not known to us/ but is engaged in doing or supporting terrorist activity,/ or someone/ who's violating international sanctions/ by providing nuclear weapons-related material/ to a country/ like Iran or North Korea,/ is trying to hide/ that activity/ because it's illicit activity.//

テロリストが我々の認知していない人々 ― テロ活動やその支援に関わっていたり もしくは国際的な制裁に違反して イランまたは北朝鮮のような国に 核兵器関連の資料を提供しようと する人々とコンタクトを取ろうとする時 彼らは非合法と分かっているから 秘密裏にしようとするのです

What metadata lets/ you do/ is connect that.//

メタデータはこのようなつながりを 明らかにします

The alternative/ to that is one/ that's much less efficient and much more invasive of privacy,/ which is gigantic amounts of content collection.//

その代替手段は ずっと非効率的で はるかにプライバシーを侵害します 巨大なコンテンツの回収です

So metadata,/ in that sense,/ actually is privacy-enhancing.//

メタデータはその意味では 事実 プライバシーを強化するものです

And we don't,/ contrary/ to some of the stuff/ that's been printed,/ we don't sit there/ and grind out/ metadata profiles of average people.//

印刷されたメッセージに対する 扱いと異なり 普通の人々のメタデータのプロファイルは 保持することなく破棄します

If you're not connected to one of those valid intelligence targets,/ you are not of interest/ to us.//

もし あなたが正当な諜報員の標的と 繋がりがない場合 あなたは我々の関心事ではありません

CA:/ So/ in terms of the threats/ that face America overall,/ where would you place terrorism?//

クリス: アメリカ全体が直面している 様々な脅威の中で テロリズムの位置づけはどうでしょう?

RL:/ I think/ terrorism is still number one.//

リック: テロは今もナンバーワンだと思います

I think/ that we have never been in a time/ where there are more places/ where things are going badly/ and forming the petri dish/ in which terrorists take advantage of the lack of governance.//

私は 我々は未だかつてない時を経験しており より多くの場所で 物事は悪い方向へと向かい そしてテロリストが統治の欠如を利用して はびこるような そんな時代に

An old boss of mine,/ Tom Fargo,/ Admiral Fargo,/ used to describe it/ as arcs of instability.//

昔の上司 トム・ファーゴ海軍総督は それを不安定の弧と述べていました

And so/ you have a lot of those arcs of instability/ in the world right now,/ in places/ like Syria,/ where there's a civil war/ going on/ and you have massive numbers,/ thousands and thousands of foreign fighters/ who are coming into Syria/ to learn/ how to be terrorists and practice/ that activity,/ and lots of those people are Westerners/ who hold passports/ to European countries or in some cases/ the United States,/ and/ so they are basically learning/ how to do jihad/ and have expressed intent/ to go out/ and do that later on/ in their home countries.//

現時点の世界において 不安の弧は様々な場所に存在し 例えばシリアのような 内戦が起こっているような場所では 何千ものとてつもない数の 外人の戦士が テロリストになる方法を学び 実践練習をするために シリアに入り込んでいるのです その中には欧米諸国や いくつかのケースでは アメリカに入国できる パスポートを保持する西洋人であり 基本的に聖戦の仕方を学んでおり そのために出国し その後(聖戦のために) 祖国に戻ってくるのです

You've got places/ like Iraq,/ which is suffering from a high level of sectarian violence,/ again/ a breeding ground/ for terrorism.//

イラクのような場所では 宗派間の激しい抗争に 悩まされていて テロリズムの温床となっています

And you have the activity/ in the Horn of Africa and the Sahel area of Africa.//

「アフリカの角」(北東地域)や アフリカのサヘル地域における テロ活動もあります

Again,/ lots of weak governance/ which forms a breeding ground/ for terrorist activity.//

繰り返しますが 多くの脆弱な統治体制は テロ活動の温床を形成します

So I think/ it's very serious.// I think/ it's number/ one.//

非常に深刻な問題です テロが1番だと思います

I think/ number two is cyber threat.//

2番目はサイバー脅威です

I think/ cyber is a threat/ in three ways:/ One way,/ and probably/ the most common way/ that people have heard about it,/ is due/ to the theft of intellectual property,/ so basically,/ foreign countries/ going in,/ stealing companies/' secrets,/ and then/ providing that information/ to state-owned enterprises or companies connected to the government/ to help them/ leapfrog technology/ or to gain business intelligence/ that's then used to win contracts overseas.//

サイバーは3つの意味で脅威だと考えます 1つ目は 多くの方が耳にしたことがある おそらく最も一般的な方法であり 知的財産の盗難です 基本的に 諸外国が関与し 企業秘密を盗み その情報を 国営企業や 政府関連企業に提供し 技術の飛躍的進歩や ビジネス・インテリジェンスを得て 海外で契約を獲得するために使用されます

That is a hugely costly set of activities/ that's going on/ right now.//

それは今まさに起きていることで 非常に金銭的な痛手を被る恐れがあります

Several nation-states are doing it.//

いくつかの国家がやっていることです

Second is the denial-of-service attacks.//

第2に サービスを不能にする攻撃(DoS攻撃)です

You're probably aware/ that there have been a spate of those directed against the U.S. financial sector/ since 2012.//

おそらくお気付きでしょうが 米国の金融セクターに対する この様な攻撃が 2012年以来 続発しています

Again,/ that's a nation-state/ who is executing those attacks,/ and they're doing/ that as a semi-anonymous way of reprisal.//

これも攻撃をしかける主体は国家であり 半匿名にして報復しているのです

And the last one is destructive attacks,/ and those are the ones/ that concern me/ the most.//

最後の1つは破壊的な攻撃で 私をもっとも心配させるものなのです

Those are on the rise.//

それらは増加しています

You have the attack/ against Saudi Aramco/ in 2012,/ August of 2012.//

2012年に 2012年8月に サウジ ・ アラムコに対する攻撃があり

It took down/ about 35,000 of their computers/ with a Wiper-style virus.//

約35,000台のコンピューターを ワイパー・スタイル・ウイルスで破壊しました

You had a follow-on/ a week later/ to a Qatari company.//

1週間後に続きがあって カタールの会社が攻撃されました

You had March of 2013,/ you had a South Korean attack/ that was attributed in the press/ to North Korea/ that took out/ thousands of computers.//

2013年3月には 韓国への攻撃がありました 報道によると北朝鮮の陰謀とされますが 数千のコンピューターが破壊されました

Those are on the rise,/ and we see people/ expressing interest/ in those capabilities/ and a desire/ to employ them.//

この様な攻撃は増加しています 実際このようなサイバー攻撃能力のある人物の 雇用を意思表示する者たちを 確認しています

CA:/ Okay,/ so a couple of things here,/ because this is really the core of this,/ almost.//

クリス: わかりました ここでのいくつかの事柄 ほぼ問題の核心といえるものがあります

I mean,/ first of all,/ a lot of people/ who look at risk/ and look at the numbers don't understand this belief/ that terrorism is still the number/ one threat.//

第1に リスクを見ている多くの人も その件数を見ている人も この信念 ― テロリズムが なおも 最大の脅威である ということを 理解していません

Apart/ from September 11,/ I think/ the numbers are/ that in the last 30 or 40 years/ about 500 Americans have died from terrorism,/ mostly/ from homegrown terrorists.//

9月11日以外に ここ30-40年において 数字としては 約500人のアメリカ人が テロにより死亡しています 主に 自国のテロリストたちによるものです

The chance/ in the last few years of being killed by terrorism is far less/ than the chance of being killed by lightning.//

ここ数年間のこととなると テロリズムによって殺される確率は 落雷によって死ぬよりも はるかに少ないのです

I guess/ you would say/ that a single nuclear incident or bioterrorism act/ or something/ like that would change those numbers.//

1回の原発事故や 生物兵器によるテロ活動のようなものがあれば 統計はがらりと変わると おっしゃるかも知れませんね

Would/ that be the point of view?//

そういう見解をお持ちでしょうか?

RL:/ Well,/ I'd say two things.//

リック: 2点 申し上げます

One is,/ the reason/ that there hasn't been a major attack/ in the United States/ since 9/11,/ that is not an accident.//

1つは9/11以降 米国において 大きな攻撃がない理由です それは偶然ではないのです

That's a lot of hard work/ that we have done,/ that other folks/ in the intelligence community have done,/ that the military has done,/ and/ that our allies/ around the globe have done.//

それは我々や 他の諜報機関の方々や 軍隊や 世界中の同盟国の方々の 尽力の賜物なのです

You've heard the numbers/ about the tip of the iceberg/ in terms of numbers of terrorist attacks/ that NSA programs contributed to stopping was 54,25 of those/ in Europe, and of those 25,18 of them occurred in three countries,/ some of which are our allies,/ and some of which are beating the heck/ out of us/ over the NSA programs,/ by the way.//

ご存知かもしれませんが ほんの氷山の一角に過ぎませんが NSAの作戦がテロ攻撃の阻止に 貢献したものは 54件を数えます そのうちの25件がヨーロッパにおいて その25件のうち 18件は3つの国で発生しています その内のいくつかは我々の同盟国です それでも NSAプログラムの監視をすり抜けて 攻撃を仕掛けてくるものもいます

So/ that's not an accident/ that those things happen.//

ですからテロの犠牲が少ないのは 偶然ではないのです

That's hard work.// That's us/ finding intelligence/ on terrorist activities/ and interdicting them/ through one way or another,/ through law enforcement,/ through cooperative activities/ with other countries/ and sometimes/ through military action.//

それは尽力によるもので テロ活動を見つけ出す 諜報活動の成果なのです 法に基づく執行権限により 諸国と協力し 時には軍隊を投入して テロリストと対峙しています

The other thing/ I would say/ is/ that your idea of nuclear or chem-bio-threat is not at all far-fetched/ and in fact/ there are a number of groups/ who have for several years expressed interest and desire/ in obtaining those capabilities/ and work towards/ that.//

もう一点申し上げておきたいことは あなたが言及された核または 化学・生物兵器に対する脅威について 根拠のないものではなく 事実 何年もの間 このような兵器を入手しようとし そのような行動に出ている集団が いくつもあります

CA:/ It's also been said/ that,/ of those 54 alleged incidents,/ that as few/ as zero of them were actually anything/ to do with these controversial programs/ that Mr.// Snowden revealed,/ that it was basically through other forms of intelligence,/ that you're looking/ for a needle/ in a haystack,/ and the effects of these programs,/ these controversial programs,/ is just to add hay/ to the stack,/ not to really find the needle.//

クリス: 実際のところ これら54の嫌疑の掛かっている事件の内 スノーデン氏が暴露した 物議を醸すプログラムと 何らかの関係があったものは ほとんどゼロであり 干し草の中の針を探すような事件の解決は 他のタイプの諜報を通して なされたものと言われています そしてこれらのプログラムの効果は 物議を醸すプログラムは 干し草の山をただ高くしているだけであり 本当に針を見つけるものではないと 言われています

The needle was found by other methods.//

針は 他の方法によって 発見されたと言われています

Isn't there something/ to that?//

それについては何かありませんか?

RL:/ No, there's actually two programs/ that are typically implicated in that discussion.//

リック: はい 実際には その議論に関係している 2つのプログラムがあります

One is the section 215 program,/ the U.S. telephony metadata program,/ and the other one is popularly called the PRISM program,/ and it's actually/ section 702 of the FISA Amendment Act.//

1つはセクション215 プログラムです 米国の電話メタデータ プログラムと もう一つは PRISMプログラムと一般に呼ばれるもので FISA改正法の第702条によるものです

But the 215 program is only relevant/ to threats/ that are directed against the United States,/ and there have been a dozen threats/ where that was implicated.//

しかし215 プログラムだけが アメリカ合衆国に対する脅威に 関連したものです アメリカが巻き込まれた 脅威は数多く起きています

Now/ what you'll see/ people say publicly is there is no "but for"/ case,/ and so/ there is no case/ where,/ but for that,/ the threat would have happened.//

きっと人々のこのような言葉を耳にするでしょう 「もしなかったら」という場合は実例がないので 諜報プログラムがなかったから 脅威は起こっていただろうと 言えないだろうと

しかし それは実のところ テロリストの調査が どのように機能しているかについての 理解の欠如を示しています

You think about on television,/ you watch a murder mystery.//

あなたはテレビで殺人事件の謎を 見ていると考えてみて下さい

What do you start with?// You start with a body,/ and then/ they work their way/ from there/ to solve the crime.//

何から始めますか?死体の調査から始め 犯罪の捜査をすすめ 問題の解決を図ります

We're actually starting/ well/ before that,/ hopefully/ before there are any bodies,/ and we're trying to build/ the case/ for who the people are,/ what they're trying to do,/ and that involves massive amounts of information.//

我々はもっと早い段階 できれば死体が発生する前に 攻撃者は誰か 何をしようとしているのか ― ということを場合を想定します これには大量の情報が必要です

Think of it is as mosaic,/ and it's hard/ to say/ that any one piece of a mosaic was necessary/ to building the mosaic,/ but to build the complete picture,/ you need to have/ all the pieces of information.//

それはモザイクのようなもので モザイクの どの1ピースが モザイクの重要な要素か 言い当てることはできませんが しかし 完全な絵を構築するには すべての情報が必要です

On the other,/ the non-U.S.-related threats/ out of those 54,/ the other 42 of them,/ the PRISM program was hugely relevant/ to that,/ and in fact was material/ in contributing to stopping those attacks.//

その一方 例の54の脅威の内 非米国関連は42で プリズム・プログラム(監視プログラム)は 大いに関与しており 事実 攻撃の阻止に 寄与しました

CA:/ Snowden said two days ago/ that terrorism has always been/ what is called in/ the intelligence world "a cover/ for action,/"/ that it's something/ that,/ because it invokes such a powerful emotional response/ in people,/ it allows the initiation of these programs/ to achieve powers/ that an organization/ like yours couldn't otherwise have.//

クリス: スノーデン氏は2日前に言いました テロリズムは常に 「(諜報)行為の口実」 と諜報の世界では呼ばれていると それはこんな理由からです テロは人々の強く感情的な 反応を呼び起こすので さもなくば不可能であったであろう これらのプログラムの導入が 人々に受け入れられることです

Is there any internal debate/ about that?//

それについて 内部で 何か論議はあるのでしょうか?

RL:/ Yeah.//

リック: はい

I mean,/ we debate these things/ all the time,/ and there is discussion/ that goes on in the executive branch/ and/ within NSA/ itself/ and the intelligence community/ about what's right,/ what's proportionate,/ what's the correct thing/ to do.//

我々はいつも このことを議論しています 議論は今でも続けられ 行政府や NSA 内部 諜報コミュニ ティーでは 何が正しく バランスの取れたもので 何が正しい行為か議論しています

And it's important/ to note/ that the programs/ that we're talking/ about were all authorized by two different presidents,/two different political parties,/ by Congress twice,/ and by federal judges/ 16 different times,/ and so/ this is not NSA/ running off/ and doing its own thing.//

大事なことを申し上げておきますが 我々が話しているプログラムは 2人の別々の大統領 2つの異なる政党により 議会によって2回 連邦裁判官によって16回 認可されたものであり NSA が勝手に作り出し 独自に実行しているのではないということです

This is a legitimate activity of the United States foreign government/ that was agreed to/ by all the branches of the United States government,/ and President Madison would have been proud.//

これは アメリカ合衆国政府の 合法的な活動であり アメリカ合衆国政府の 全ての各3権機関によって 合意されており マディソン大統領は誇りに思っていたでしょう

CA:/ And yet,/ when congressmen discovered/ what was actually being done with that authorization,/ many of them were completely shocked.//

クリス: とは言っても その承認のもとで 実際に何が行われていたのかを 下院議員たちが知った時 彼らの多くはひどくショックを受けました

Or do you think/ that is not a legitimate reaction,/ that it's only/ because it's now come out/ publicly,/ that they really knew exactly what you were doing with the powers/ they had granted you?//

あなた方に与えた権限で 何が行われているか正確に知りながらも 公の明るみに出されたことに対する 不条理な反応だと思いますか?

RL:/ Congress is a big body.//

リック: 議会は大きな組織です

There's 535 of them,/ and they change out/ frequently,/ in the case of the House,/ every two years,/ and I think/ that the NSA provided all the relevant information/ to our oversight committees,/ and then/ the dissemination of that information/ by the oversight committees/ throughout Congress is something/ that they manage.//

535人いますし メンバーも頻繁に変わりますし 下院の場合2年毎に替ります それに私は NSAは監督委員会に すべての関連情報を 提出していると思います また監視委員会が国会開催中に 報告した情報は 彼らが管理するものです

I think/ I would say/ that Congress members had the opportunity/ to make themselves aware,/ and in fact/ a significant number of them,/ the ones/ who are assigned oversight responsibility,/ did have the ability/ to do that.//

議会のメンバーは 知り得る機会があり 実際 相当な数の議員が 我々の監視責任の任務を負い 知る権限を持っていたのです

And you've actually had the chairs of those committees say/ that in public.//

そして 事実 委員会の議長が 公の場で報告しました

CA:/ Now,/ you mentioned the threat of cyber attacks,/ and I don't think anyone/ in this room would disagree/ that that is a huge concern,/ but do you accept/ that there's a tradeoff/ between offensive and defensive strategies,/ and/ that it's possible/ that the very measures taken to,/ "weaken encryption,/"/ and allow yourself/ to find the bad guys,/ might also open the door/ to forms of cyber attack?//

クリス: あなたが語られたサイバー攻撃が 大いなる懸念であることは 誰も異を唱えることは 無いと思うのですが しかし 攻撃と防衛戦略には 妥協点があって 「暗号化を弱める」ことを可能にする 措置によって 悪い連中を特定することが サイバー攻撃への扉を開くことに なりかねないということについて お認めになりますか?

RL:/ So I think two things.//

リック: 2点あります

One is,/ you said/ weaken encryption.// I didn't.//

1つ目は 暗号化を弱めると あなたは言われましたが 私は言っていません

And the other one is/ that the NSA has both of those missions,/ and we are heavily biased towards defense,/ and,/ actually,/ the vulnerabilities/ that we find in the overwhelming majority of cases,/ we disclose to the people/ who are responsible/ for manufacturing or developing/ those products.//

もう1つは NSA にはそれら両方のミッションがありますが 我々は著しく防衛に偏っており 実際に我々が脆弱性を見つけると 圧倒的にほとんどの場合 それらの製品の製造 もしくは開発に関し 責任ある人々に開示します

We have a great track record of that,/ and we're actually working/ on a proposal right now/ to be transparent/ and to publish transparency reports/ in the same way that/ the Internet companies are being allowed to publish/ transparency reports/ for them.//

これにはかなりの実績があり 実際に 私たちは透明性を保ち 透明性のあるレポートを発行し インターネット企業も同様に 透明性のあるレポートを発行できるような

We want to be more transparent/ about that.//

そんな提案を作ろうとしています

So again,/ we eat our own dog food.//

繰り返しになりますが 我々は自分たちが 作ったものを使います

We use the standards,/ we use the products/ that we recommend,/ and/ so it's in our interest/ to keep our communications protected in the same way that/ other people's need/ to be.//

我々は自ら推奨する基準を用い 製品を使用します 他の人達も必要とするように 我々の通信を保護することが 我々の関心事なのです

CA:/ Edward Snowden,/ when,/ after his talk,/ was wandering the halls here/ in the bot,/ and I heard him/ say to a couple of people,/ they asked him/ about what he thought of the NSA overall,/ and he was very complimentary/ about the people/ who work with you,/ said/ that it's a really impassioned group of employees/ who are seeking to do/ the right thing,/ and/ that the problems have come from just some badly conceived policies.//

クリス: エドワード ・スノーデン氏の トークの後 代理ロボットがこのホール内を 動き回っていた時に 彼が何人かの人に 話しているのを聞きました 彼のNSA全体に対する印象を 尋ねていたのです 彼はそこであなたと働く人たちについて とても敬意を表しており 従業員たちは正しいことを行おうという 実に熱い想いを持った人達であり 問題は良くない方法で作られた ポリシーに起因するのだと 話していました

He came over certainly very reasonably/ and calmly.//

彼は確かに非常に分別をわきまえ 落ち着いて登場し

He didn't come over/ like a crazy man.//

狂っているようには見えませんでした

Would/ you accept that at least,/ even if you disagree with how he did it,/ that he has opened a debate/ that matters?//

あなたは彼のやり方には 同意できないとしても 少なくとも問題点について議論の道を 彼が開いたことに同意頂けますか?

RL:/ So I think/ that the discussion is an important one/ to have.//

リック: 議論することは 重要だと思いますが

I do not like the way/ that he did it.//

彼のやり方は好きになれません

I think/ there were a number of other ways/ that he could have done/ that that would have not endangered our people/ and the people of other nations/ through losing visibility/ into what our adversaries are doing.//

他にも手段がいろいろ 有ったはずで そうすれば 我々の敵が何をしているかについての 可視性を失うことによって 我が国民や他の国の人々を 危険にさらすことがなかったでしょう

But I do think/ it's an important conversation.//

しかし 本当に重要な対話だと思います

CA:/ It's been reported/ that there's almost a difference of opinion/ with you/ and your colleagues/ over any scenario/ in which he might be offered an amnesty deal.//

クリス: あなたと同僚との間でも 彼と司法取引を行って 恩赦すべきかという いくつかのシナリオにおいて 意見の違いがあると報告されています

I think your boss,/ General Keith Alexander,/ has said/ that that would be a terrible example/ for others;/ you can't negotiate with someone/ who's broken the law/ in that way.//

あなたの上司である キース・アレキサンダー長官は 法をそんな風に破った人と あなたが交渉しようものなら ひどい前例になると 発言しています

But you've been quoted as saying/ that,/ if Snowden could prove/ that he was surrendering all undisclosed documents,/ that a deal maybe should be considered.//

しかし あなたがこう言ったと 記録されています もしスノーデンがまだ公開されていない 全ての文書を 返還することが確かに示し得るのならば 特赦は考慮されるべき取引だと

Do you still think/ that?//

まだ そうお考えですか?

RL:/ Yeah,/ so actually,/ this is my favorite thing/ about that "60 Minutes"/ interview was all the misquotes/ that came from that.//

リック: ええ 実際のところは あの「60 分」インタビューで 私が面白いと思うことは 誤って引用されている部分なんですね

What I actually said,/ in response/ to a question about,/ would/ you entertain any discussions of mitigating action/ against Snowden,/ I said,/ yeah,/ it's worth/ a conversation.//

スノーデン氏に対する刑の軽減措置について 議論して頂けませんか という質問に対し 私の実際の返答は こうでした そうですね対話の価値がありますね と

This is/ something/ that the attorney general of the United States/ and the president also actually have both talked about this,/ and I defer to the attorney general,/ because this is his lane.//

これはアメリカ合衆国の検事総長と 大統領も 実際に話していたことです この件は検事総長に委ねます これは彼の扱うことだからです

But there is a strong tradition/ in American jurisprudence of having discussions/ with people/ who have been charged with crimes/ in order to,/ if it benefits the government,/ to get something/ out of that,/ that there's always/ room/ for that kind of discussion.//

しかしアメリカの法学には 強い伝統があって 政府にとって利益があるのならば 犯罪で起訴されている人々 と 交渉を行い 何か利点を得ようとします 常にそのような議論の余地があります

So I'm not presupposing/ any outcome,/ but there is always room/ for discussion.//

結論有りきではありませんから 常に議論の余地があるということです

CA:/ To a lay person/ it seems/ like he has certain things/ to offer the U.S.//,/ the government,/ you,/ others,/ in terms of putting things right/ and helping figure out/ a smarter policy,/ a smarter way forward/ for the future.//

クリス: 一般の人にとっては それはあたかも 彼はアメリカ合衆国 政府、あなた、他の人々に 物事を正しい方向に導き そして 将来に向けたより賢明なポリシーと やり方を見つけ出すための方法を 提示しているように思えます

Do/ you see,/ has/ that kind of possibility been entertained at all?//

そんな考えも あっても良いとは思いませんか?

RL:/ So that's out of my lane.//

リック: 私が関与することでも

That's not an NSA thing.//

NSAが決める事ではないのです

That would be a Department of Justice/ sort of discussion.//

それは司法省の範疇に入る 議論といえるでしょう

I'll defer to them.//

私は彼らにお任せします

CA:/ Rick,/ when Ed Snowden ended his talk,/ I offered him/ the chance/ to share an idea worth spreading.//

クリス: リック エド・スノーデン氏が彼の話を終えたとき 彼に「広める価値のある考えを共有する」 チャンスを与えました

What would be your idea worth spreading for this group?//

あなたにとって TEDのグループに対して 「広める価値のある考え」は何ですか?

RL:/ So I think,/ learn the facts.//

リック: 事実を知るということだと思います

This is a really important conversation,/ and it impacts,/ it's not just NSA,/ it's not just the government,/ it's you,/ it's the Internet companies.//

これは 本当に重要な対話です その影響は NSAだけではなく 政府だけではなく 皆さん そしてインターネット企業に及びます

The issue of privacy/ and personal data is much bigger/ than just the government,/ and so learn the facts.//

プライバシーおよび個人データの問題は 政府よりもはるかに大きいので 事実を知ってください

Don't rely on headlines,/ don't rely on sound bites,/ don't rely on one-sided conversations.//

ニュースの見出しに惑わされず 雑多な話にだまされず 一方的な話を単に鵜呑みにしてはいけません

So/ that's the idea,/ I think,/ worth spreading.//

これが私の考える 「広める価値のあるアイデア」です

We have a sign,/ a badge tab,/ we wear badges/ at work/ with lanyards,/ and/ if I could make a plug,/ my badge lanyard/ at work says,/ "Dallas Cowboys."//

我々には印 記章があり 我々は職場では記章を首紐に下げています もし耳栓をしたら 私の首紐はこう言うのです

Go Dallas.//

「ダラスだ カウボーイズ達よ」 「ダラスに行け」と

I've just alienated half the audience,/ I know.//

私はたった今 半分の観客の方を 嫌な感じにさせましたね

So the lanyard/ that our people/ who work in the organization/ that does our crypto-analytic work have a tab/ that says,/ "Look at the data."//

暗号分析作業をする 我々の組織で働く人たちの 首紐に取り付けられたタブには 「データを見よ」と書かれています

So that's the idea worth spreading.//

これは「広める価値のあるアイデア」です

Look/ at the data.//

データを見てください

CA:/ Rick,/ it took a certain amount of courage,/ I think,/ actually,/ to come and speak openly/ to this group.//

クリス: リック ここに来て ここにいる人たちに 素直に話すことは 勇気のいることだったと思います

It's not something/ the NSA has done a lot of in the past,/ and/ plus the technology has been challenging.//

過去にはNSAがほとんど 行なわなかったことです その上 技術は一層複雑になってきています

We truly appreciate you/ doing/ that and sharing in this very important conversation.//

あなたが登場され 重要な話をしてくださったことを とても感謝しています

Thank/ you/ so much.//

どうもありがとうございました

RL:/ Thanks,/ Chris.//

リック: ありがとう クリス

(拍手)

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

response

〈C〉(…に対する)『返事』,『返答』《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『反応』,『反響』《『to』+『名』》

〈C〉応答歌,応唱(牧師にならって合唱隊・会衆が短い祈り・歌を応答すること)

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

guest

(食事・会合・滞在などへの)『招待客』,賓客・(ホテル・下宿などの)泊まり客,宿泊人,(レストランなどの)

(ラジオ・テレビなどの番組の)ゲスト,特別出演者

(テレビなどに)ゲスト出演する《+『on』+『名』》

NSA

National Security Agency(米国の)国家安全保障局

deputy

『代理人』,代表者

(フランスなどの)代議士

《米》郡保安官代理

director

『指導者』,指揮者

(会社・法人の)『重役』,取締役

(映画・演劇・テレビ番組などの)『監督』,演出家,ディレクター

(オーケストラ・合唱団などの)指揮者(conductor)

(私立学校の)校長(principal)(施設の)所長,(役所の)局長,部長

national

『国民の』;『国家の』

『国立の』,国有の

全国的な

《修飾語を伴って》(特定国の)市民,国民

security

〈U〉『安全』,無事(safety)

〈U〉『安心』

〈U〉(犯罪・被害などに対する)警備,防衛(保護)手段《+『against』(『from』)+『名』》

〈U〉〈C〉(…に対する)担保,低当[物件]《+『for』(『against』)+『名』》

〈C〉》複数形で》株券,有価証券

agency

〈C〉『代理店』,取扱店;周旋所;代理人

〈C〉(政府の)機関,庁

〈U〉(事の達成を助ける)力,働き,作用,手段

〈U〉仲介,尽力,世話

senior

年上の

先任の, 古参の, 先輩の, 上級の; 上層の, 高級の;四年制大学の》 四年[最上]級の, 《高校の》 最高学年の; #中等教育の; 〈有価証券が〉優先権付きの, 上位の

本家の

年長者, 古老, 長老; 先任者, 古参者, 先輩, 上級者; 上官, 上役, 首席者; #《大学の》 上級生; 《大学などの》 最上級生

civilian

(軍人・警官・消防署員・聖職者に対して)一般市民,民間人,文民

(比較変化なし)民間の,一般市民の

(武官に対して)文官の

officer

『公務員』,役人(会社などの)役員,幹部

『将校』,士官

(商船の)高級船員;船長(master)

警官,巡査(policeman)

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

chief

(組織・集団の)『長』;長官,局(部,課)長;(部族の)長

『最高位の』,長である

『最も重要な』,おもな(most important; main)

operate

〈機械・身体器官などが〉『動く』,作動する

〈薬などが〉(…に)『利く』,効果を表す,作用する,影響する《+『on』(『upon』)+『名』》

(人に…の)『手術をする』《+『on』(『upon』)+『名』〈人〉+『for』+『名』》

(…に対して)軍事行動をする《+『against』+『名』》

〈機械・装置など〉‘を'『動かす』

…‘を'経営する,運営する;〈株など〉‘を'売買する

guide

〈人〉‘を'『案内する』

(…のことで)〈人〉‘に'『助言する』,‘を'指導する,導く《+『名』+『in』+『名』》

〈仕事・行動など〉‘を'『監督する』,管理する;…‘を'思い通りに動かす,支配する

『指導者』,『案内人』,ガイド

『指標』,道しるべ;規律

『旅行案内』[『書』];(…の)『手引き』,入門書《+『to』+『名』》

誘導装置,(外科用探針の)導子

《英》Girl Guidesの一員

strategy

〈U〉兵法,用兵学

〈C〉戦略,戦術

〈C〉(商売や政治上の)巧みな戦略;(ある目的に達するための)計画,方法

set

《場所を表す副詞[句]を伴って》(ある場所に)…‘を'『置く』・すえる・(ある物に)…‘を'『つける』・あてがう・当てる《+『名』+『to』+『名』》・(課題・模範として)…‘を'『課す』・出す・示す・〈宝石〉‘を'(…に)『はめ込む』《+『名』〈宝石〉+『in』+『名』》;(宝石で)…‘を'飾る《+『名』+『with』+『名』〈宝石〉》》

…‘を'『向ける』,集中する・(…に)…‘を'『配置する』,部署につける・《+『名』+『at(around, on)』+『名』》・《『set』+『名』+『to』 do》・(仕事・課題として)〈人〉'に'(…)させる・(ある状態に)…‘を'『する』・〈機械・器具など〉‘を'『調節する』・〈時計・目盛りなど〉‘を'合わせる・〈日時・制限など〉‘を'『定める』・(…に)〈値段〉‘を'『つける』・〈評価〉‘を'与える《+『名』〈値〉+『on(for)』+『名』》・〈めん鳥〉‘に'卵を抱かせる・(卵を)〈めん鳥〉‘に'抱かせる《+『名』〈めん鳥〉+『on』+『名』〈卵〉》・〈卵〉‘を'めん鳥に抱かせる;(めん鳥に)〈卵〉‘を'卵かせる《+『名』〈卵〉+『under』+『名』〈めん鳥〉》・

…‘を'固まらせる・固定する・…‘を'確立する,打ち立てる・〈髪〉‘を'セットする・(曲に)〈歌詞〉‘を'つける《+『名』〈歌詞〉+『to』+『名』〈曲〉》・(…用に)〈曲〉‘を'編曲する《+『名』〈曲〉+『for』+『名』》・〈活字〉‘を'組む・〈原稿〉‘を'活字に組む《+『up』+『名』》・〈刃物[の刃]〉‘を'とぐ・〈舞台・場面〉‘を'セットする・〈帆〉‘を'張る・〈猟犬が〉〈獲物〉‘の'位置を示す・〈太陽などが〉『沈む』,没する;傾く,衰える・固まる・固くなる・こわばる・硬直する・〈めん鳥が〉卵を抱く・《副詞[句]を伴って》〈髪が〉セットできる・《副詞[句]を伴って》(…に)〈服などが〉合う《+『on』+『名』》・〈果実などが〉実る・,実を結ぶ・《方向を表す副詞[句]を伴って》(ある方向に)向く・向かう・(ある方向から)吹く・流れる・〈猟犬が〉獲物の位置を示す・〈C〉(…の)『一組』,一式,セット《+『of』+『名』》・〈C〉『一群』・一連(の…)《+『of』+『名』》・〈C〉(…の)『仲間』,連中,一味,(特殊な)社会《+『of』+『名』》・〈C〉(テニスなどの)セット・〈C〉舞台装置・(映画などの)セット・〈U〉(…の)様子・格好・姿勢・(服などの)合いぐあい《+『of』+『名』》・〈U〉(風・潮などの)向き・方向・(考え・世論などの)傾向・すう勢《+『of』+『名』》・〈U〉《詩》日没・〈C〉さし木・若木・苗・〈C〉(ラジオの)受信機・(テレビの)受像機・〈C〉(数学で)集合・『定められた』・規定の・所定の・型にはまった・慣習的な・硬直した・こわばった・動かない・断固たる・固く決心した・《補語にのみ用いて》準備の完了した・用意して

internal

『内側の』,内部にある

『国内の』(domestic)

内からとる,内用の

policy

〈C〉(政府・政党・企業などの)『方針』,方策,政策

〈U〉処世上の知恵,抜け目のなさ,思慮分別

serve

〈人が〉〈人〉‘に'『仕える』,‘の'役に立つ;〈社会など〉‘に'尽くす

〈神・君主など〉‘に'仕える,服従する

(公職・兵役などで)〈ある期間〉‘を'『勤める』,〈判決・刑罰など〉‘に'『服する』

〈要求など〉‘を'満たす,〈目的など〉‘に'かなう

〈物が〉(…として)〈人〉‘の'役に立つ《+『名』〈人〉+『as』(『for』)+『名』》

〈食事・飲物など〉‘を'出す,〈人〉‘に'配膳する

(規則的にまたは引き続いて)(…を)…‘に'供給する《+『名』+『with』+『名』》

(テニス・バレーなどで)〈ボール〉‘を'サーブする

(人に)〈令状など〉‘を'送達する《+『名』+『on』+『名』〈人〉》;(令状などを)〈人〉‘に'送達する《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(また『service』)〈動物が〉…‘と'交尾する

(…として…のもとで)『仕える』,勤務する《+『under』(『at, on』)+『名』+『as』+『名』》

『役立つ』,利用できる

『給仕をする』,食事をすすめる

〈天候・時間などが〉都合がよい

(テニスなどで)ボールをサーブする

(テニスなどの)サープ[の番],サープの仕方

principal

(重要性・地位・価値などが)『第1の』;おもな,主要な

『長』,かしら;重要人物,主役

《しばしばP-》(小・中学校,高校の)『校長』;(特に《英》でcollegeの)学長,(時に)学寮長

《単数形で》(interest(利子),revenue(運用収益)と区別して)『元金』,基本財産

rick

(通例雨を防ぐ屋根のついた,干し草・ワラ・穀物などの)積み山,《+『of』+『名』》

〈干し草・わらなど〉‘を'山に積む 積みわら

applause

『拍手かっさい』;称賛

thankful

(人が)『感謝している;』(心・言動が)感謝に満ちた

opportunity

『機会』,好機

folk

《米はしばしば複数形で》(住所・年齢・境遇などの特殊な)『人々』

《米はしばしば複数形で》(一般の)人々,世人(people)

《話》《one's folks》『家族』;親族;両親

《古》民族,種族;国民

=folk song

《話》《呼び掛けに用いて》皆さん,お立ち合い

民衆(庶民)に起源を持つ,民衆(庶民)の;民俗の

forward

『前方へ』,前方に

『将来へ』,将来に向かって

(目立たない,隠れた状態から)表面へ,明るみへ

(日時などが)早く

《名詞の前にのみ用いて》前方の,前部の;前方への

進んだ,進歩的な

(季節などがいつもより)早い;(人が)早熟の

《補語にのみ用いて》《仕事などの)進んだ《+『with』(『in』)+『名』》

《be forward to do》すぐ(…)する;進んで(…)する(ready)

出しゃばる,生意気な,厚かましい

(フットボールなどの)前衛,フォワード(《略》fwd.)

…‘を'進める,助成する,促進する

(…に)〈手紙など〉‘を'転送する《+名+to+名》

《文》…‘を'発送する,送る(send)

conversation

(…との打ち解けた)『会話』,談話,座談《+『with』+『名』》

arrange

…'を'『整理する』,『整える』;…'を'配置する,配列する

(前もって)…'を'『手配する』,準備する

…'を'前もって決める(打ち合わせる)

…‘の'調停をする

(…用に)…'を'編曲する《+『名』+『for』+『名』》

『手配する』,準備をする

(…と…について)打ち合わせる,協定する,取り決める《+『with』+『名』+『about』(『for』)+『名』》

appreciate

〈よさ・価値など〉'を'『認める』,認識する,…‘の'よさを認める

〈作品など〉'を'『味わう』,鑑賞する

〈好意など〉'を'感謝する,ありがたく思う

〈相場・価格〉'を'上げる;…‘の'価格(相場)を上げる

相場(価格,評価)が上がる

join

〈二つ以上のもの〉‘を'『つなぐ』,結合する《+『名』+『together』(『up』)》;(…に)…‘を'つなぐ《+『名』+『to』(『onto』)+『名』》

(線などで)〈二つ以上のもの〉‘の'間を結ぶ(つなぐ)《+『名』+『by』(『with』)+『名』》

(友情・結婚などで)〈人〉‘を'結びつける《+『名』+『in』+『名』》

〈川・道などが〉…‘と'いっしょになる,合流する

〈会など〉‘に'『加入する』

(…で)〈人〉‘の'『仲間に入る』,‘と'いっしょになる《+『名』〈人〉+『in』(『for』)+『名』,+『名』〈人〉+『in』do『ing』》

(…に)『加わる』《+『in』+『名』〈事〉

+『in』 『with』+『名』〈人〉》

(人と…を)『ともにする』《+『with』+『名』〈人〉+『in』+『名』(doing)》

〈川・道などが〉『いっしょになる』,合流する

接合箇所(点,面,線);継ぎ目

certainly

『確かに』,確実;きっと,まちがいなく

《問い答えて》『承知しました』,いいですとも,もちろん

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

statement

〈U〉『声明』(『供述』)『すること』

〈C〉『声明』(『供述』)[『書』]

〈C〉(銀行などの)計算書,決算報告

〈C〉(音楽で)曲の主題の提示

willing

《補語にのみ用いて》『喜んで(快く)する』

(人・動物などが)『乗り気の』,いそいそとした

《名詞の前にのみ用いて》(行為などが)自発的な

reach

《時間などの副詞[句]を伴って》〈場所・目的地〉‘に'『着く』,『到着する』;〈人,人の耳など〉‘に'『届く』

〈ある年齢・状態など〉‘に'『達する』,到達する

〈手など〉‘を'『差し出す』,『伸ばす』《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

〈物〉‘を'『手を伸ばして取る』,‘に'手を届かせる

(電話などで)…‘と'連絡する

〈ある数量〉に達する~届く,及ぶ

〈人の心〉を動かす

(…に)『手を伸ばす』《+『out to』(『toward』)+『名』》

(物を)取ろうと手を伸ばす《+『for』+『名』》;(名声などを)手に入れようとする《+『for(after)』+『名』》

〈物事が〉(空間的・時間的に)(…)届く,達する《+『to』+『名』》

〈U〉《時にa~》(…に)『手を伸ばすこと』《+『for』+『名』》

〈U〉(手・声などの)届く範囲《+『fo』+『名』》

〈U〉(力・理解などの)及ぶ範囲

〈C〉(川の曲がり目の間の)直線流域

face

〈C〉『顔』

〈C〉表情,顔つき

〈C〉(物の)『表面』(surface),(建物の)正面(front),(貨幣・カードなどの)表《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)外観,様子《+『of』+『名』》

〈U〉面目,面子(めんつ)

〈C〉(多角面体の)面

〈C〉(活字・版の)面(印刷する部分);(活字の)書体

〈C〉(鉱山の)採掘現場

…‘に'『面する』,‘の'ほうを向く

(…のほうに)…‘を'向ける《+『名』+『toward』+『名』》

〈人が〉〈危険など〉‘に'直面する,立ち向かう,対抗する;〈危険などが〉〈人〉‘に'迫る

〈事実・現実など〉‘を'直視する,認める

(…で)〈壁など〉‘に'上塗り(上張り)をする《+『名』+『with』+『名』》

(ある場所・方角に)面する,向く《+『on』(『to』,『toward』)+『名』》

interview

(就職のためなどの)面接,面会

(取材のための)(…との)『会見』,インタビュー《+『with』+『名』》

訪問記事,インタビュー放送

(…について)〈人〉‘に'面接する;〈人〉‘を'訪問して対談する,‘と'会見する《+『名』〈人〉+『about』+『名』(do『ing』)》

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

guy

控え綱,支え綱(テント・棒などを倒れないように張る綱)

…‘に'控え綱を張る(で締める)

surprise

《しばしば受動態で》…‘を'『驚かす』,びっくりさせる

…‘を'『不意をつく』,虚をつく

…‘を'『急襲する』,寄襲する

〈U〉『驚き』

〈C〉『驚くべき物(事)』

〈U〉不意打ち,急襲

disclose

〈隠れたもの〉‘を'あらわにする,見せる(uncover)

〈秘密など〉‘を'打ち明ける,明らかにする(reveal)

classify

(…に)…'を'『分類する』,類別する,等級別にする《+『名』+『into』+『名』》

《米》〈文書類など〉'を'機密扱いにする

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

kernel

(果実の)仁(じん)

(麦・とうもろこしなどの)穀粒(grain)

(問題の)核心,眼目

truth

〈U〉(物事の)真実,事実,真相

〈U〉『真実性』,真実味,ほんとうのこと

〈C〉『真理』,原理

〈U〉誠実さ,実直さ,正直

half-truth

一部だけ真実の言葉

address

〈C〉『あて名』,住所

〈C〉『演説』;(口頭・文書による)あいさつの言葉(speech)

《文》〈U〉話しぶり,応対のしかた

〈U〉(物事を扱う)手ぎわのよさ,如才なさ

《複数形で》くどき,求愛,求婚

…‘に'『あてて手紙』(『小包』)『を出す』

(人にあてて)…‘の'あて名を書いて出す《+『名』+『to』+『名』〈人〉》

(…と)〈人〉‘に'『話にかける』,呼びかける《+『名』+『as』+『名』》

…‘に'演説する,講演する

(…に)〈抗議など〉'を'向ける《+『名』+『to』+『名』》

united

一致協力した,協調の

共同した,提携した,団結した

連合した,合併した

state

〈C〉(人・物事の)『状態』,ありさま,様子

〈C〉《a ~》《話》極度の緊張状態,異常な精神状態

〈U〉地位,階級,身分

〈C〉〈U〉《しばしばS-》『国家』,国,政府

〈C〉《時にS-》(アメリカ・オーストラリアなどの)『州』

《the States》《話》『米国』

〈U〉威厳;公式;堂々とした様子

国家の,国事に関する

《しばしばS-》《米》州の,州立の

公式の,儀式用の

import

(…から)…‘を'『輸入する』《+『名』+『from』+『名』》

《文》'‘を'意味する,‘の'意味を導入する

〈U〉(…の)『輸入』《+『of』+『名』》

〈C〉《しばしば複数形で》『輸入品』

〈U〉《文》重大,重要性

〈U〉意味,意義

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

motivation

動機を与えること,動機づけ

alternative

(二つのうち)『どちらかを選ぶべき』,二者択一の

代わりの

反体制的な,現在の社会と違った価値体系を持った

二つのものの一つを選ぶこと,二者択一

(二者のうち)選ぶべき一方

代わりのもの;他にとりうる方法

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

hurt

〈身体・身体の一部〉‘に'『苦痛を与える』;〈人〉‘に'『けがをさせる』

〈物〉‘に'『損害を与える』,〈評判など〉‘を'損なう

〈人〉‘の'感情を害する,〈人の感情〉‘を'害する

〈身体の一部が〉『痛む』

(肉体的・精神的な)痛み(苦痛)を与える

《話》《否定文で》支障がある,問題となる(matter)

〈C〉(…による)(身体の)『けが』《+『from』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(精神の)苦痛

〈C〉(物などの)損害;(誇り・感情などを)傷つけるもの《+『to』+『名』》

legitimate

(要求・目的などが)『合法的な』,法律の認める

(議論などが)『論理的な』,筋道の立った

(支出・苦情などが)正当な,もっともな

(生まれが)適法な婚姻から生じた,嫡出(ちゃくしゅつ)の

正統の

…‘を'合法化する

〈子供〉‘を'嫡出子とする

somebody

『だれか』,ある人・〈C〉〈U〉ひとかどの人物,相当な人・〈U〉(名前不詳の)だれか

citizen

(法的義務を持ち,居住権などの公民権を得ている)『国民』,公民

(特に居住権を得ている)『市民』,住民

《米》(軍人・警察管などに対して)文民,一般人

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

nephew

『おい』(自分や配偶者の兄弟姉妹のむすこ)

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

whom

《疑問代名詞》『だれを(に)』,どんな人を(に)

《関係代名詞》

《制限用法》(…する,…した)『ところの』

《非制限用法》『そしてその人を(に)』

ally

(…と)…'を'『同盟』(連合)『させる』《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

同盟国

味方

variety

{U}『変化に富んでいること』,多様性

{U}《しばしば a variety》『さまざま』(な…),いろいろ(な…)《+of+名〈複数形または集合名詞〉》

{C}(…の)『種類』(kind, sort)《+of+名》

〈C〉(特に植物の)変種;(人工的に作り出した)(…の)品種《+of+名》

(また variety show)〈U〉バラエティ(歌・ダンス・アクロバット・寸劇から成る演芸;テレビ・ミュージックホールの出し物)

venue

行為地(犯罪・不法行為などの発生地) ・現場

裁判地(裁判の行われる場所)会合場所; 開催地,予定地; (仕事などの)場所 〈米〉立場、意見 「a change of venue」で「会合場所の変更・ 裁判地の変更」

concern

〈物・事が〉…‘に'『関係する』,かかわる,影響する

《しばしば受動態で》〈事が〉〈人〉‘に'『関心を持たせる』,'を'心配させる

〈小説などが〉…‘に'ついて書かれている(受動態にできない)

〈U〉〈C〉(…との)『関係』,利害関係《+『in』(『with』)+『名』》;《しばしば複数形で》関係のある事柄,関心事

〈U〉(…に対する)『関心』,懸念,心配《+『about』(『over,for,at』)+『名』》

〈C〉事業,営業,会社,商会(firm);財閥,コンツェルン

〈U〉重大な関係,重要性

supervisor

監督者,管理人

supervisory

監督[者]の,管理[者]の

chain

『鎖』;(装飾用の)鎖

《複数形で》『束縛』,拘束;囚人をつなぐ鎖

(物事の)『連続』,つながり《+『of』+『名』》

(商店・銀行・ホテルなどの)チェーン(一連の店が同一資本のもとで連携して経営される方式;その店)

チェーン(測量で用いられる単位;約21.7m)

…'を'『鎖でつなぐ』《+『up』(『together』)+『名,』+『名』+『up』(『together』)》

within

『…以内に』

《距離》

《期間・時間》

《範囲・制限》

《おもに文・古》《場所》『…の内部に』,の中に

…の心の中に(で)

中に,内側に

『内部』

comfortable

『気持ちのよい』,快適な,安楽な,気楽な

(人・状況などが)慰めとなる,安らぎを与える

《話》(収入などが)十分な,不自由のない

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

inspector

視察官,調査官,監査人(役)

警部

general

(あるグループ)『全部の』,全部を含む

『世間一般の』,広く行き渡った

『一般の』,専門的でない

『大体の』,概略の

『陸軍大将』;(陸軍の)『将軍』,将官

概して,一般に

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

option

〈U〉選択すること,選択の権利(自由)

〈C〉(・・・として)選択できるもの;(・・・の)選択科目《+『for』+『名』》

〈C〉(・・・の)選択売買権(一定期間内に一定価格で売買する権利)《+『on』+『名』》

navy

《集合的に;《米》単数扱い,《英》単数・複数扱い》『海軍』

《集合的に;《米》単数扱い,《英》単数・複数扱い》《通例the N-》(ある国の)海軍

〈U〉=navy blue

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

command

…'を'『命令する』,命じる;…‘に'命令する

…'を'『指揮する』,‘の'支配権を握る

〈感情など〉'を'抑制する,支配する

《文》…'を'自由にする,意のままにする

〈人が〉〈同情・尊敬など〉'を'集める,‘に'値する;〈物が〉…‘に'値する

〈場所・建物が〉'を'見渡す,見晴らす,見おろす

命令する,指揮権を持つ

〈C〉『命令』,号令

〈U〉(…の)『指揮』,指揮権,支配権;(…の)支配下《+『of』+『名』》

〈U〉(感情などの)『抑制』,(…を)抑制する力《+『of』+『名』》

〈U〉《時にa~》(言語などを)自由に駆使する力,(金銭を)自由に使えること《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)見晴らし,展望《+『of』+『名』》

〈C〉管轄下の部隊,管轄区域,司令部

department

(政府・会社・学校などの組織の)『部門』,部,課;《英》(官庁の)局《米》bureau)

(フランスなどの)県,州

intelligence

『知能』,知力,理解力;知恵,そう明

(国家的に重要な)『情報』,知識

情報部,謀報機関

community

〈C〉(文化的・歴史的遺産を共有する)『共同会社』,地域会社・共同体;(共通の特質・利害を持つ人たちによる)社会,…界

《the ~》『一般社会』,公衆(the pubic)

〈U〉(財産などの)共用,共有(思想・利害などの)共通,一致《+『of』+『名』》

〈C〉(植物の)軍落,(動物の)群生

channel

〈C〉『水路』(川・湾・運河の船の通行ができる深い部分)

〈U〉河床・川底

〈C〉『海峡』

〈C〉みぞ(groove),(道路の)水渠(すいきょ)

《複数形で》(運搬・伝達の)正式の経路(手続き);(一般に)経路

〈C〉(テレビ・ラジオの)チャンネル

…‘に'水路を開く

…‘に'みぞを堀る

…'を'伝える,流す

speaking

話をする,談話の

物を言いそうな,表情たっぷりの

話すこと;談話;演説

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

congressional

会議の

《米》国会の

committee

『委員会』;《集合的に》委員[全体]

mechanism

〈C〉機械;(部分的な)機械装置

〈C〉(機械装置に似た)機構

〈C〉(物事が行われる)仕組み,方法

〈U〉機械論

avenue

(門から家に向かう)『並木道』

(都市の)『大通り』,『街路』,…街

(…に)近づく道(手段)《+『to』+『名』》

raise

…‘を'『上げる』,持ち上げる;〈倒れた物〉‘を'起こす

…‘の'量(程度,価値など)『を上げる』

〈地位,名声〉‘を'『高める』;(…の地位などに)…‘を'上げる,高くする《+『名』+『to』+『名』》

…‘を'生じさせる

…‘を'集める,調達する

《米》…‘を'育てる,栽培する,飼う

《おもに米》〈子共・家族〉‘を'扶養する,養育する

〈建物・像など〉‘を'建てる

〈気持ち・人など〉‘を'奮い立たせる

〈疑問・異議・要求など〉‘を'提起する,持ち出す

〈禁止・封鎖など〉‘を'解く

〈死者〉‘を'生き返らせる

〈パン〉‘を'ふくらませる

『賃上げ』,『昇給』;昇給額(《英》rise)

comeback

(もとの地位・人気などへの)返り咲き,カムバック;(健屋の)回復

うまい応答,しっぺ返し

believe

(現実・真実であると)〈事〉'を'『信じる』,信用する

〈人〉'を'『信じる』,信用する;〈人〉‘の'言ったことを信じる

《1,2の弱い意味に,同じ文型で用いて》…‘と'『思う』,考える(think)

信ずる;信仰する

contractor

契約人,請負人;建設業者

収縮する物;(特に)収縮筋

available

『利用できる』,『役に立つ』

(品物・情報などが)『手にはいる』

(人が)手があいている,暇である

(法律が)効力のある;《英》(切符など)有効な

track

《しばしば複数形で》(車・船などの)『通った跡』,(人・動物の)『足跡』

(人・獣などが通ってできた)『小道』

進路,航路

(行動において)採るべき道,方針,人生航路

線路

(競走のために設けられた)走走路,トラック;《集合的に》トラック競技

(録音テープの)音帯

…‘の'『跡をつける』,〈足跡〉‘を'たどる;〈動物〉‘の'臭跡を追う

〈記録計の針が〉…の進路(軌道)を観察記録する;〈カメラが〉〈被写体〉‘を'追いかけて写す

〈泥・雨など〉‘の'跡を付ける;〈床など〉‘に'足跡を付ける《+up+名,+名+up》

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

drake

雄ガモ

treat

《様態を表す副詞[句]を伴って》<人・動物など>‘を'『扱う』,待遇する・(…と)…‘を'『見なす』 (regard)《+名+as+名(形)》・<問題など>‘を'『扱う』,論じる・<病人・病気など>‘を'『治療する』,処理する・(化学薬品などで)…を処理する《+名+with+名》・(…を)<人>におごる,ごちそうする《+名<人>+to+名》・<本・講義などが>(問題などを)『扱う』,論じる《+of+名》・『おごる』,勘定をもつ・《文》(妥結・和解のために)(…と)交渉する,談判する《+with+名》・(思いがけなく)喜び(楽しみ)を与えてくれるもの・(めったにない)楽しみ・《one's treat》おごること,おごる番

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

view

〈C〉〈U〉(…を)『見ること』,ながめること,一見,一覧《+of+名》

〈U〉(…の)『視界』,視野《+of+名》

〈U〉《しばしばa ~》(…の)『ながめ』,光景,けしき《+of+名》

〈C〉(…の)風景画(写真)《+of+名》

〈C〉《しばしば単数形で》『見方』,考え方,見解

〈C〉意図

specific

《名詞の前にのみ用いて》『特定の』,一定の・『明確な』,明白な・(そのものに)『特有の』,独特の《+『to』+『名』》・〈C〉(…の)特効薬《+『for』+『名』》・《複数形で》明細,細部(details)

flaw

(ガラス・陶器などの)割れ目,ひび,傷

(…の)欠点,欠陥《+『in』+『名』》

…‘に'傷をつける

傷ができる

discover

〈今まで知らなかった物・場所〉‘を'『発見する』,見付ける

〈今まで知らなかった事〉‘を'発見する,悟る

program

(催し物,テレビ・ラジオなど全体の)『プログラム』,『番組表』

(プログラムに従って行われる個々の)『番組』;(特に)ラジオ番組,テレビ番組

(行動の)『計画』,予定[表];手順,段取り

(学校の)教科課程[表];(政党の)綱領,政策要綱

(コンピューターの)プログラム(資料ノ処理の指示)

…‘を'計画に加える(含める);(…するように)…‘の'計画を立てる《+『名』+『to』do》

(コンピューターで)…‘の'プログラムを作る;〈コンピューター〉‘に'プログラムを入れる

approve

〈事〉'を'『よいと認める』,‘に'賛成する

(正式に)…'を'認可する,承認する

《『approve of』+『名』(do『ing』)》(…を)承認する,賛成する

branch

『枝』

『支流』,支脈,支線;分家

『支店』,『支部』,支局

(学問の)『部門』,分科

枝を出す,枝を広げる

(川・道・鉄道などが)分岐する

government

〈C〉《集合的に》《しばしば『Government』》(国家・都市・その他の政体を支配する)『政府』,行政府,内閣

〈U〉『政体』,政治体制

〈U〉(…の)『統治』,政治,行政《+『of』+『名』》

〈U〉(…の)管理,運営《+『of』+『名』》

〈C〉(各種機関の)理事会,執行部

circumstance

〈C〉《複数形で》(人や行動に影響を及ぼす)『情況』,『環境』,周囲の事情;条件

〈C〉(特定の)事情,(事の)次第,でき事

〈C〉《複数形で》『経済状態』,暮らし向き,境遇

〈U〉ものものしさ,抑々しさ

〈U〉(特に一部始終を)詳細に述べること

argue

(人と…について)『議論する』,論争する,言い争う《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『on, over』)+『名』》

(…に賛成・反対して)論じる,主張する《+『for』(『in favor of, against』)+『名』》

…'を'『議論する』,論じる

(…するように)〈人〉'を'『説得する』,説き伏せる《+『名』〈人〉+『into』+『名』(do『ing』)》,(…しないように)〈人〉'を'説得する《+『名』〈人〉+『out of』+『名』》

〈物事が〉…'を'示す,表す(show)

reasonable

(人が)『理性的な』,分別のある

(物事が)理にかなった,公正の,適度な・(価格が)手ごろな

agree

〈人が〉『意見が一致する』,合意する;『同意する』,賛成する

〈物事が〉(…と)合致する,一致する《+『with』+『名』》

(…と)いっしょにうまくやる《+『with』+『名』》

(文章で)〈人称・性・数・格が〉一致する

…に意見が一致する,同意する

feedback

フィードバック(電子工学で,ある回路の出力側のエネルギーの一部を入力側へ戻し,出力の制御,修正をすること;社会学・心理学・生物などで,結果によって原因を自動的に調整する動作)

《話》(…についての)反応《+『about』+『名』》

microphone

『マイクロフォン』,拡声器

action

〈U〉『行動』,活動;精力的な活動

〈C〉『行為』,行い;《複数形で》『日常の行動』,ふるまい

〈U〉〈C〉(人間・馬などの)身ぶり,動作,所作

〈U〉(身体諸器官の)働き

〈U〉(機械などの)『働き』,機能;(薬・化学薬品などの)『作用』

〈U〉〈C〉戦闘(battle)

〈C〉(銃・ピアノなどの)アクション,作動装置

〈C〉訴訟

〈U〉(劇・物語の)本筋,筋の運び

inappropriate

不適当な,ふさわしくない

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

risk

『危険』;危害(損害)を受ける可能性《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈生命など〉‘を'『危険にさらす』

…‘を'危険(失敗,損失など)を覚悟してする

basically

基本的に,根本的に;元来は

long run

(映画・演劇の)長期興行

public

《名詞の前にのみ用いて》『公の』,『公共の』,公衆の

公開の

《名詞の前にのみ用いて》『公務の』,公務に従事する

一般に知れ渡っている,周知の

《the~》《集合的に》『一般の人々』,公衆

《the~》《a~》…界,…仲間

journalist

ジャーナリスト

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

amazing

驚くべき,びっくりさせるような

arrogance

傲慢(ごうまん),おうへい,尊大

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

constitution

〈U〉(物の)『構成』,構造《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉『体格』,体質,性分質,気質

〈C〉政体

〈C〉『憲法』,国憲

《the C-》合衆国憲法

〈U〉(制度などの)制定…(機関なとの)設立

design

{C}(形式・構造などの)略図,見取り図,設計図

〈C〉『図案』,意匠,模様

〈U〉図案法,意匠術

〈C〉(…の)『計画』,企画,目的《+『for』+『名』》

《複数形で》(…への)たくらみ,下心《+『against』(『on』,『upon』)+『名』》

〈構造など〉‘を'『設計する』

…‘の'『下絵を描く』,図案を描く

…‘を'『計画する』,頭の中で考える(plan)

…‘を'『予定する』

separation

〈C〉〈U〉『分離』,分割,別離・〈C〉(…の分離(分割)した箇所《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(合意・判決に基づく)夫婦の別居

power

〈U〉(名身が生れつき備えている,また物事を遂行できる)『能力』,『力』

〈U〉(…に対する)権力,支配権《+『over』+『名』》

〈C〉(法・官職などによる)権限

《複数形で》(生まれながらの)体力,知力,才能

〈C〉権力者,実力者;影響力のある集団;強国・大国〈U〉軍事力;国力

〈U〉強さ,力

〈C〉《通例複数形で》神;悪魔

〈U〉動力;工率,仕事率

〈U〉(電気などの)エネルギー,力

〈C〉(数学で)累乗

〈U〉(レンズの)倍率

〈U〉《a~》《話》(…の)多数,多量

〈機械〉‘に'動力を供給する

executive

『実行の』,執行力のある

『行政上の』,行政的な

〈C〉『行政官』:

《the executive》(政府の)行政部

〈C〉(会社などの)『重役』,経営陣,管理職員

legislative

立法の,立法権のある

check

〈C〉(…の)『阻止』,(…を)尻い止めること《+『to』+『名』》(stop)

〈C〉(…を)抑制(制御)する人(物)《+『to』+『名』》

〈C〉(確認のための)『引き合わせ』,照合,検査;《米》照合の印

〈C〉(預金けた手荷物の)合い礼,チッキ

〈U〉格子(こうし)じま]の織物];〈C〉格子じまの1目

〈C〉《米》『小切手』(《英》cheque)

〈C〉《米》(食堂・酒場などの)伝票,勘定書(bill)

〈C〉(チェスの)王手

…'を'『急に止める』)『阻止する』)

〈感情・行動など〉'を'『抑制する』,,抑える(restrain)

(確認のために)…'を'『照合する』;《米》…‘に'照合の印を付ける

…'を'『点検する』,検査する

《米》〈所持品など〉'を'一時預けにする

〈荷物など〉'を'チッキで送る

…‘に'格子(こうし)じまを付ける,市松模様を付ける

〈チェスで,キング〉‘に'王手をかける

〈計算などが〉(…し)合う,一至する《+『with』+『名』》

balance

〈C〉『天びん』,『はかり』

〈U〉〈C〉『つり合い』,均衡,平衡

〈U〉〈C〉(絵・デザインなどの)調和

《the~》《話》残り

《単数形で》(貯金などの)差引き残高,(取引の)収支勘定

…'を'『つり合わせる』,‘の'平衡を保つ

〈重さ・重要性〉'を'比較評価する,比べて考える

…'を'差引き勘定する

…‘と'つり合う,調和する

均衡(平衡)を保っている,つり合っている

決算する,収支が合う

(どちらを取ろうかと)迷う,ちゅうちょする

judicial

裁判の,司法の

裁判官の,裁判官にふさわしい

裁判による

oversee

〈仕事・人〉‘を'監督する

entire

《名詞の前にのみ用いて》『全体の』,全部の(whole)

『壊れていない』,無傷の

《名詞の前にのみ用いて》『無条件の』,『完全な』,全くの

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

extremely

『極端に』,非常に過度に

arrogant

〈人・態度などが〉傲慢な,おうへいな

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

foreign

『外国の』;外国からの;外国との

《名詞の前にのみ用いて》異質の,外部からの

《補語にのみ用いて》(…に)無縁の,(…と)全く異なる《+『to』+『名』》

target

(鉄砲などの)『標的』,的,攻撃目標

(批評・軽べつなどの)的,種《+of+名》

(行為などの)目標,到達目標

interest

(人・物事に対する)『興味』,『関心』《+『in』+『名』(do『ing』)》

〈C〉『関心事』,興味のまと

〈U〉興味をそそる(関心を引く)力

〈C〉《しばしば複数形で》『利益』,ため

(利益などにあずかる)権利;所有権,利権

〈U〉(借金などの)『利子』

《しばしば複数形で》《集合的に》同業者たち,関係者たち

(…に)〈人〉‘に'『興味を持たせる』,関心を起こさらる《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈人〉‘を'関係させる,‘に'関心を持たせる《+『名』〈人〉+『in』+『名』(do『ing』)》

terrorist

テロリスト,暴力主義者,恐怖政治家

暴力政治の;暴力主義者の

include

…‘を'『含む』,包含する

(…の中に)…‘を'入れる,込める《+『名』+『in』(『among, with』)+『名』》

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

trafficker

(…を)不正に取り引きする者《+in+名》

drug

『薬』,薬品,薬剤

『麻薬』,麻酔剤

〈人〉‘に'薬(特に麻酔剤)を与える

〈飲食物〉‘に'(麻酔薬・毒薬などの)薬を混ぜる

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

advanced

進出した,前進した

進歩した

上級の,高等の

(時が)進んだ,進行した

weaponry

《集合的に》武器,兵器類

兵器開発(製造)

nuclear

『核の』,細胞核の

[『原子』]『核の』

weapon

『武器』,兵器

『攻撃(防御)手段』

delivery

〈U〉〈C〉(…への)(手紙・荷物などの)『配達』,便;配達品《+『for』+『名』》

〈U〉《文》(…からの)釈放,解放《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉分娩(ぶんべん),出産

〈U〉〈C〉話しぶり,弁舌

〈U〉(野球の)投球[ぶり],(テニスなどの)打ち方

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

nation-state

民族国家

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

execute

〈計画・任務など〉‘を'『実行する』,遂行する

(…の罪で,…犯として)…‘の'『死刑を執行する』《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)

+『名』+『as』+『名』》

〈芸術品〉‘を'制作する;〈曲〉‘を'演奏する

〈法律・契約など〉‘を'執行する;〈証書など〉‘を'署名することによって完成する

aggression

〈U〉〈C〉(武力による他国への)侵略,攻撃

〈U〉〈C〉(他人の権利などへの)侵害

against

…『に対して』,に逆らって(in opposition to);…に不利に

《保護を表す動詞と共に》…『から』

…『にぶつかって』,に向かって

…『にもたれて』,に寄りかかって

(災難・事故・万一の場合など)『に備えて』,を避けるように

…『を背景として』,と対照して

…と交換に,と引き換えに

immediate

『即座の』,即時の

当座の,当面の

(時間・空間的に)すぐ近くの

直接の,じかの(direct)

visibility

〈U〉目に見えること

〈U〉〈C〉可視度,視界

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

discrete

別個の,個々の

measure

〈U〉(測って得た)『寸法』,『分量』,広さ,重さ

〈C〉(インチ・グラムの)『度量の単位』

〈U〉度量法,測瀬法

〈C〉『計量器具』(物差し,巻き尺,ますなど)

〈C〉(判断・評価などの)基準,尺度(standard)《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉限界,限度(limit)

〈U〉《時にa~》ある程度,度合いの(の・・・)《+『of』+『名』》

《複数形で》『手段』,方法;対策,処置

〈C〉法案,法令,条例

〈C〉(音楽の)小節(bar);リズム,拍子

〈U〉(詩の)韻の)韻律,格調;詩脚,歩脚(foot)

〈大きさ・広さ・量など〉‘を'『測る』

〈インチ・グラムなどが〉…‘を'測る単位である

…‘を'慎重に考える,判断する

《数量を表す副詞的用事の名詞[句]を伴って》(…の)長さ(広さ,重さなど)がある

測る,測定する

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

disclosure

〈U〉露見,暴露

〈C〉打ち明け話,暴露されたもの

adversary

敵(enemy);対抗者

vulnerable

(身体的に)傷つきやすい

攻撃(非難)を受けやすい,批判(皮肉など)に傷つきやすい;(…に)攻撃(非難)されやすい《+to+名》

terrorism

(政治的な)行為,テロ;恐怖政治

area

〈U〉〈C〉『面積』

〈C〉『地域』,『地方』(region, district)

〈C〉(活動・研究・興味などの及ぶ)『範囲』,『領域』(range)《+『of』+『名』》

〈C〉《英》=areaway 1

smuggler

密輸業者

various

『互いに異なる』,いろいろな,さまざまの

《名詞の前にのみ用いて》『いくつかの』;多くの

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

net

(魚・鳥・昆虫などを捕らえる)『網』;(人・物を保護するための)網,ネット;(各種球技用の)ネット;(ベール・カーテンなどに用いる)ネット

わな,落とし穴

(電話・ラジオなどの)情報網,通信網(network)

…‘を'網に作る(編む)

…‘を'網で捕らえる

…‘を'網でおおう;…‘に'網を張る

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

overseas

海を越えて,外国へ(abroad)

『海外の』,外国の,外国向けの

dangerous

『危険な,危ない』;危害を加える,険呑(けんのん)な

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

diplomat

外交官;外交家

駆け引きのじょうずな人

military

『軍隊の』,軍人の,戦争の

軍隊(陸・海・空軍を含む)(the armed forces)

similar

(大体において)『似ている』,類似した同様の

(図形が)相似の

situation

(人の)『立場』,状態,境遇

(事の)『事態』,形勢,情況

『位置』,環境

《文》就職口,勤め口

threat

『脅し』,脅迫

(…の)(悪い)『きざし』,前兆《+of+名(doing)》

(…にとって)危険な人(もの);不幸(災難)のもと《+to+名》

revelation

〈U〉(隠れた事実などを)『明らかにすること』,暴くこと《+『of』+『名』》

『明らかにされたこと』,暴露された事実

〈U〉(神の)啓示,黙示

《the R-》ヨハネによる黙示録(新約聖書の最後の書;《略》『Rev.』)

access

〈U〉(人・物・場所への)『接近』《+『to』+『名』》

〈C〉(…へ)接近する手段(方法)《+『to』+『名』》

〈U〉(…への)接近(入場)の権利(機会)《+『to』+『名』》

《an ~》《文》(病気の)突発;(怒り・激情の)爆発《+『of』+『名』》

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

shut

(…に対して)〈ドア・窓など〉‘を'『閉める』,閉じる(close)《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

〈本・ナイフなど〉‘を'『閉じる』,たたむ

(…の中に)…‘を'閉じ込める《+『名』+『in』(『into』)+『名』》;(…から)…‘を'締め出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》・〈店・事業など〉‘を'閉じる,閉鎖する・(ドアなどに)〈指・服など〉‘を'はさむ《+『名』+『in』+『名』》・閉じる,閉まる

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

necessarily

『必ず』,必然的に

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

allege

(十分な証拠なしに,また理由・弁解として)…'を'主張する,申し立てる

specifically

明確に(clearly)

特に,とりわけ

すなわち,言い替えれば(namely)

weaken

;‘を'『弱くする』

;‘を'薄くする

弱くなる

<人・人の態度が>軟化する,ぐらつく

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

global

球の,球形の

地球の,全世界の

全体的な,総括的な

telecommunications

電信・ラジオ・テレビによる遠距離通信

communication

〈U〉『伝達』,通報,報道

〈U〉〈C〉(…との)『通信』,文通,連絡《+『with』+『名』》

〈C〉(伝えられた)情報,消息,手紙,伝言

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》交通[機関];(通信・電話・無線などによる)連絡[機関]

〈U〉(病気の)伝染,感染

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

devise

…‘を'『工夫する』,考案する

(遺言で)〈財産〉‘を'残す

wonder

〈C〉『驚くべきもの(こと)』,驚異[の的]

〈U〉『驚異[の念]』,驚嘆,驚き

(…に)『驚く』,驚嘆する《+at+名(doing)》

(…について)『疑う』,怪しむ《+about+名(wh-節)》

《wonder+that 節》〈…ということ〉‘を'『不思議に思う』,‘に'驚く

…‘と'『思う』:《wonder+wh-節(句)…かしらと思う》

responsible

(物事が)『責任を伴う』,責任の重い

《補語にのみ用いて》(人が)(…に対して人に)『責任を負っている』,責任がある《+『to』+『名』〈人〉+『for』+『名』〈事〉(do『ing』)》

《補語にのみ用いて》《おもに米》(…の)原因である《+『for』+『名』》

(人などが)責任を果たし得る,信頼できる

creation

〈U〉(…の)『創造』,創作,創設《+『of』+『名』》

〈U〉『神が作ったもの』,天地,万信

〈C〉『創作品』

《the C-》天地創造

〈C〉最新の衣服(帽子)

enhancement

高揚,増進

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

pursue

〈獲物・犯人など〉‘を'『迫う』,追跡する

〈計画・勧告など〉‘に'『従う』

〈目的・快楽など〉‘を'追求する

〈仕事・研究・趣味など〉‘を'続ける

追う,続ける

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

otherwise

『ほかの点では』,それを別にすると

『そうでなければ』,さもないと(or else)

『別の方法で』,違ったやり方で(in a different way)

『別の』,異なった(different)

bad

『悪い』,不良の;不正な

『適当でない』,欠陥のある

《補語にのみ用いて》(…に)有害な《+『for』+『名』》

病気の

ひどい,激しい,重い

腐敗した,腐った

不快な,いやな

『へたな』,まずい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)悪いと(残念に)思っている《+『about』+『名』(『wh-節』)》

悪いこと;悪い状態

《話》ひどく,大いに(badly)

corner

『かど,すみ』

『町かど』

人目につかない片すみ,へんぴな所

苦しい立場,窮地

(株・商品などの)買い占め《+『on』+『名』》

かどにある,かどの近くの

すみに置くための,すみ用の

〈人・動物〉'を'追いつめる

〈株・商品など〉'を'買い占める

〈車などが〉かどを(きれいに,すばやく)曲がる

domain

(国の)領地,領土;(個人の)所有地

(関心・活動などの)範囲,分野

(個人・一族の)所有地

(数学で)変域(関数の独立変数がとる値の集合)

awesome

畏敬の念を起こさせる;恐ろしい

畏敬の念に満ちた;うやうやしい

concentrate

(…に)〈光線・注意など〉'を'『集中する』《+『on』+『名』》

〈液体など〉'を'濃縮する

《副詞[句]を伴って》(…に)『集中する』

専念する《+『on』+『名』》

濃縮したもの,濃縮液

effort

〈U〉〈C〉《しばしば複数形で》『努力』,骨折り

〈C〉努力の成果,労作

hide

…‘を'『隠す』

〈感情など〉‘を'人に知られないようにする,おもてに出さない,秘密にする

〈物が〉…‘を'見えなくする,おおい隠す

『隠れる』,潜む

(狩猟・撮影などのため)動物を観察する隠れ場所

isolate

(…から)…‘を'『孤立させる』;…‘を'『分離』(『隔離』)『する』《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

interdict

…‘を'妨げる,阻む,禁止する;(…しないように)…‘を'妨げる《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

(爆撃などで)〈道路・輸送路〉‘を'絶つ,はばむ

(法律上の)禁止命令

(ローマカトリックの)聖務禁止令

swim

『泳ぐ』,水泳をする

(水上・空中などに)浮かぶ

(水などの易体で)いっぱいになる,あふれる《+with+名》・(…に)浸る《+in+名》

〈物ず〉ぐるぐる回るように見える;〈頭などが〉くらくらする

〈河など〉‘を'泳いで渡る,〈ある距離〉‘を'泳ぐ

《副詞[句]を伴って》〈人など〉‘を'泳がせる;〈船〉‘を'浮かせる

『泳ぐこと』,

space

〈U〉『空間』,広がり

〈U〉『宇宙』,地球の大気圏外(outer space)

〈C〉〈U〉『間隔』,距離;《しばしば複数形で》空地

〈C〉(特定目的のための)『場所』

〈U〉《しばしばa~》時間

〈C〉〈U〉スペース,余白,余地

〈C〉線間(譜表において五線の間の部分)

…‘を'間隔をおいて配置する《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

mission

(…への)『使節団』,派遺団《+『to』+『名』》;(特定の任務・使命のための)隊,団

(派遺される人または団体の)任務,使命

軍事作戦上の任務

《米》在外公館

(伝道のために,特に外国に派遺される)牧師団,布教団;伝道所;《複数形で》伝道事業(活動)

(人間としての)使命

signal

(警告・指示・情報などを伝える)『信号』,合図

(…の)きっかけ,動機,導火線《+『for』+『名』》

〈人・車など〉‘に'『合図する』,信号を送る

…‘を'『合図』(信号)『で知らせる』

『合図する』,信号する

合図の,信号の

めざましい,顕著な

unfortunately

『不幸にも』,運悪く,あいにく

press

(力・重量をかけて)…‘を'『押す,圧する』

(…から)〈果汁・油など〉‘を'しぼり出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈服など〉‘に'アイロンをかける(iron)

(親愛・共感の表現として)…‘を'抱き締める,握り締める

(人をかきわけて)〈道〉‘を'押し進む

《しばしば受動態で》…‘を'圧迫する,苦しめる(harass)

(人に)〈物事〉‘を'無理に押しつける,強要する《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

(物事を)〈人〉‘に'無理に押しつける,迫る,強要する

(…を)『押す,圧する』《+『on』(『upon, against』)+『名』》

《副詞を伴って》〈衣服が〉アイロンがかかる

押し進む,突き進む;〈群衆などが〉押し寄せる,殺到する

〈時間が〉切迫している;《話》〈物事が〉急を要する

(…を)しつこくせがむ,せきたてる《+『for』+『名』》

《a~》『押すこと』,『圧迫』;握り締めること

〈C〉圧搾(縮),締め具,(果汁の)しぼり機

〈C〉《通例P-》印刷所,発行所

〈U〉印刷

《the~》(新聞・雑誌・ラジオ・テレビなどの)報道機関,言論界;《集合的に》報道陣,新聞(雑誌)記者

〈C〉《単数形で》(新聞での)論評,取り上げ方

〈U〉(押し合う)雑踏,人だかり,群衆

〈U〉(事態・仕事などの)切迫していること,火急,急迫

〈C〉《話》アイロンをかけること

assurance

〈C〉『保証』,請け合い

〈U〉『確信』,自信

〈U〉《英》保険(insurance)

protect

(危険・損害などから)…‘を'『守る』,『保護する』《+『名』+『from』(『against』)+『名』(do『ing』)》

〈国内産業〉‘を'保護する

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

recommendation

〈U〉(…を)『推薦すること』《+『of』+『名』》

〈C〉推薦状,推薦の言葉

〈C〉長所,とりえ

standard

〈C〉〈U〉『標準』,基準,水準,規範

〈C〉(度量衡の)基本単位

〈U〉〈C〉(貨幣制度の)本位

〈C〉旗,軍旗;(主義・主張などの)旗じるし

〈C〉支桂,ランプ台,しょく台

『標準の』,標準的な

定評のある,権威のある

invest

(…に)〈金など〉‘を'『投資する』《+『名』+『in』+『名』》

(…に)〈時間・努力など〉‘を'つぎ込む《+『名』+『in』+『名』(do『ing』)》

《しばしば受動態で》(権力などを)〈人〉‘に'付与する《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉‘を'就任させる

(性質・特質などを)〈人・物〉‘に'帯びさせる《+『名』+『with』+『名』》;(人・物に)〈性質・特質など〉‘を'付与する《+『名』+『in』+『名』》

《文》〈軍隊が〉…‘を'包囲する

(…に)投資する,(…を)買う《+『in』+『名』》

secure

『安定した』,確実性のある,保証されている

『安全な』

心配(疑い)のない

(土台などが)とっかりした,固定した

《文》(特に努力して)…‘を'『手に入れる』,獲得する

(危険・被害・損失などから)…‘を'『守る』,保護する《+『名』+『from』(『against』)+『名』》

(…に)‘を'『固定させる』,しっかり留める《+『名』+『to』+『名』》

〈結果など〉‘を'もたらす,確実にする

intend

…‘を'『意図する』,‘の'つもりである

(特定の目標に)…‘を'向ける,あてる《+『名』+『for』(『as』)+『名』》

(…で)…‘を'表そうとする《+『by』+『名』》

purpose

〈C〉(人の抱く)『目的』,目標,意図

〈C〉(物事の)『用途』,目的,効果

〈U〉(目的を達成しようとする)決意,意志

…‘を'目的とする,もくろむ

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

large

(同じ種類のものと比較して,形・体積・数量などが)『大きい』,多い,広い

(考えなどが)広範囲な,幅の広い,寛大な

大きく

自慢して,誇大に

fair game

猟が解禁されている獲物

(人・考えなどが嘲笑・非難の)いいかも,えじき《+『for』+『名』》

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

America

『アメリカ合衆国』,米国,アメリカ(《略》『Am.,Amer.』)

《the Americas》南北アメリカ[イタリアの航海者・探検家Amerigo Vespucciの名前に由来]

safety

〈U〉(…からの)『安全』,無事《+『from』(『against』)+『名』》

(また『safety catch』)〈U〉(銃などの)安全装置

〈C〉(アメリカンフットボールで)セーフティー(クォータバックなどのボールを持っている選手が自軍のエンド・ゾーン内にタックルされること。2得点。)

partly

『一部分』,部分的に;いくぶんか,少しは

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

divide

(部分・断片・グループなどに)…‘を'『分ける』,分割する《+『名』+『into』+『名』》

(人と)…‘を'『分け合う』《+『名』+『with』+『名』》;(人人の間で)…‘を'分配する《+『名』+『among』(『between』)+『名』》

(…から)…‘を'『分離する』,切り離す,区切る《+『名』+『from』+『名』》

(…に)〈時間など〉‘を'『割り当てる』《+『名』+『between』+『名』》

(感情的に・考え方の上で)〈人〉‘を'対立させる,分裂させる

(…で)…‘を'割る《+『名』+『by』+『名』》;(…を)…‘で'割る《+『名』+『into』+『名』》

分かれる,分岐する

(…で)分かれて対立する,分裂する《+『on』(『over』)+『名』》

割り算をする

〈C〉分水嶺

《比喩(ひゆ)的に》《the divide》生死の境

opinion

〈C〉『意見』,見解《複数形で》所信

〈C〉《good,bad;high,lowなどの修飾語を伴って》(人・物事に対する)『評仮』《+『of』+『名』》

〈U〉『世論』;(あるグループ全体の)意見

differently

(…と)『異なって』,違って,さまざまに《+『from』+『名』》

momentous

重要な,重大な(serious)

invention

〈U〉(…の)『発明』《+『of』+『名』》

〈C〉『発明品』

〈U〉〈C〉『作り事』,でっち上げ

〈U〉発明の才[のあること]

humanity

〈U〉『人間性』,人間らしさ

《集合的に》《単数・複数扱い》『人類』,人間(human beings)

〈U〉『人道』,人情味,親切(kindness);〈C〉慈善行為

《the humanities》(ギリシア・ローマの)古典文学;一般教養,人文科学

par

〈U〉同等,同価,同水準,同程度

(また『par value』)〈U〉平価,額面価格

〈U〉(程度・質・状態・数量などの)平均,標準;(精神・健康などの)常態

〈C〉(ゴルフで)標準打数,パー

《名詞の前にのみ用いて》平均の,標準の

額面の

knowledge

《時にa ~》『知識』,精通,認識,理解

(…を)知っていること《+『that 節』》

connector

(電気の)接続子,(電話の)接続器

(一般に)連絡者;(列車の)連結手;連結物;(車両の)連結器

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

idealistic

理想主義の,観念論的な;現実的でない

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

lens

『レンズ』

(目の)水晶体

equivalent

同等の,同量の,同価の

同等(同価,同量)の物;(文法で)(…の)相当語句《+『for(of)』+『名』》

authority

〈U〉(地位の持つ,また職能上与えられた)『権威』,『権力』,権限,権能

〈C〉『権力者』,権限者;《複数形で》『当局』,その筋,官庁

〈C〉(情報・助言などの)信頼すべき筋,信頼できる根拠;典拠

〈C〉(その道の)大家,権威(expert)《+『on』+『名』》

Germany

『ドイツ』(第二次世界大戦後1949年東西両ドイツに分割された)

insert

(…に)…‘を'『差し込む』,挿入する《+『名』+『in』(『into, between』)+『名』》

挿入物;(別刷りの)差し込みページ;(新聞などの)折り込みビラ

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

printing press

(大型の)印刷機

reveal

〈秘密・事実など〉‘を'『明らかにする』,あばく

〈隠されていた物〉‘を'現す,見せる(show)

viewpoint

『観点』,見地,見解(point of view)

feel

(手・指で)…‘に'『触れる』,触って調べる

(身体で)…‘を'『感じる』(進行形にできない)

(心で)…‘を'『感じる』,意識する

〈事件・状況など〉‘で'苦しむ,‘から'打撃を受ける(進行形にできない)

…‘と'『思う』,堅く信じる,悟る

…‘が'分かる

感覚がある,(感触として)感じる

〈人が〉『感じる』,思う

《『feel』+『形』》〈物が〉(…の)『感じがする』,(…の)手触りがする

(…を)探る,手探りする《+『around』(『about』)『for』(『after』)+『名』》

(物のもつ)感触,手(膚)触り

感じ,気配,ふんい気

(生まれつきの)感知力,勘

(…に)触ること《+『of』+『名』》

outrageous

法外な,とんでもない

乱暴な,残虐な;けしからぬ,ふらちな

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

utility

〈U〉『役に立つこと』

〈C〉《しばしば複数形で》(ガス・電気・水道などの)『公益事業』

chunk

(…の)厚切り,厚いかたまり《+『of』+『名』》

かなりの量(額,部分)

transparency

〈U〉透明

透明なもの,(特に)スライド[写真]

secrecy

『秘密』[の状態]

『秘密を守ること』,秘密厳守

couch

(通例,背とひじ掛けのある2‐4人掛けの)『長いす』,ソファー

診察用ベッド

《通例受動態で》《副詞[句]を伴って》〈意見など〉'を'表現する

《『couch』 one『self』》〈動物が〉うずくまる

(安全・休息・攻撃などのために)〈動物が〉ひそむ,うずくまる,かがむ

privacy

他人から干渉されない状熊(権利),プライバシー

秘密,内密

international

『国際的な』,国家間の,万国の

国際関係の

国際競技,国際試合

国際試合出場者

participate

(…に)『参加する』,加わる《+『in』+(『with』)+『名』》

inform

〈人〉‘に'『知らせる』

《inform+名+with+名》(思想・感情を)〈人・人の心〉‘に'吹き込む

(…の)情報を提供する,(…を)密告する《+『on』(upon, against)+『名』》

let

〈人・動物など〉‘に'(…)『させる』,させておく,‘を'(…する)ままにしておく(受動態にできない)

〈物事〉‘を'(…する)状態にする,‘に'(…)させる

《『let us(let's)』do》…『しよう』

《おもに英》〈土地・家など〉‘を'『貸す』賃貸する(《米》rent)

(人に)〈工事〉‘を'請け負わせる《+『名』+『to』+『名』》

(…から)〈液体・空気など〉‘を'出す,漏らす,放出する《+『名』+『out of』+『名』》

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

transparent

『透明な』,透き通った,光を通す

透けるほど薄い

(言い訳などが)見え透いた

率直な,正直な,あけひろげの

oversight

過失,見落とし

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

sensational

感覚の

(特に悪い意味で)世間をわかせる,人騒がせの

《話》きわだった,すばらしい

media

mediumの複数形

nobody

『だれも…ない』(not anybody)

取るに足らない人,つまらぬ人間

takeoff

〈C〉〈U〉(飛行機・宇宙船などの)離陸

〈C〉(跳躍の)踏み切り点

〈C〉《話》おどけた物まね

eagle

『ワシ』

ワシ印;ワシ印の旗

(ゴルフで)標準より二つ少ない打数

headphone

ヘッドフォン(電話・ラジオなどの耳に当てる受信器)

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

expose

(風雨・危険・攻撃などに)…‘を'『さらす』《+『名』+『to』+『名』》

〈秘密など〉‘を'『暴露する』;〈犯罪など〉‘を'摘発する;〈詐欺師など〉‘の'犯罪(悪行)を暴露する,‘の'仮面をはがす

〈商品〉‘を'陳列する

〈フィルム〉‘を'露出する

operation

〈U〉(…)『作用』,働き;(機械などを)『動かすこと』,操作,(企業などの)運営《+『of』+『名』》

〈U〉(機械・機能などが)『動いている状態』,働いている状態,(法律など)有効である状態

〈C〉(人に対する…の)『手術』《+『on』〈人〉+『for』+『名』〈患部・病名〉》

〈C〉《複数形で》(特に,軍の)行動;《しばしばO-》…作戦

〈C〉運算,演算

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

counter

(商店・銀行などの)『売り台』,勘定台,カウンター

(食堂などに)『カウンター』

(おもちゃの)模造貨幣

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

body blow

ボディブロー(胸骨とへその間に加えるボクシングの打撃)

痛撃,大敗

American

『アメリカ合衆国の』,米国の;アメリカ人の

北アメリカの;北米人の

南アメリカの;南米人の

南北アメリカの;南北アメリカ人の

米国人,アメリカ人

北(南)アメリカ人

=American English

company

〈U〉『来客』,客

〈C〉『会社』《略》(単数)『co.』,(複数)『cos.』;会社名の時は『Co.』)

〈U〉交際,付き合い

〈U〉『仲間』,友だち

〈C〉《集合的に》(…の)『団体』,一行,一座,劇団《+『of』+『名』》

〈C〉(陸軍の)歩兵中隊

〈C〉《集合的に》(船の)全乗組員

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

service

〈U〉〈C〉(…に対する)『奉仕』,尽力,貢献《+『to』+『名』》

〈C〉〈U〉(水道・交通などの)『公共事業』,施設

〈C〉〈U〉(宗教上の)儀式;礼拝

〈C〉(官公庁の)農局,部門;UU〉《集合的に》(ある部局の)職員

〈C〉(陸・海・空)軍;〈U〉軍務,兵役《the services》軍事力

《複数形で》〈医師・弁護士などの)業務,奉仕

〈U〉(ホテル・食堂などの)『サービス』,客扱い

〈U〉(製品などの)修理天検,アフターサービス

〈U〉(人・物が)役立つこと;有用,有効

〈C〉(食器などの)一式,一組

〈C〉〈U〉(テニス・バレーなどの)サーブ[の順番]

〈C〉〈U〉(令状などの)送達

〈機械など〉‘を'修理点検する,‘の'アフターサービスをする

…‘に'サービス(電気・ガスなど)を供給する

=serve

サービス[業]の

使用人用の

軍の

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

compel

《『compel』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'『しいる』

(人に)…'を'『強要する』《+『名』+『from』+『名』〈人〉》

nation

《集合的に》『国民』(people)

『国家』,国(country)

民族,種族(北米インディアンの)部族

lawful

『合法の』,法定の;(法律上)正当な;法律を適用できる

intercept

〈進行する人・物〉‘を'途中で捕まえる(奪う)

…‘の'進行をさえぎる;…‘を'妨げる,中断する

(数学で)〈線・平面〉‘を'2点(2線)で切り取る

require

(義務・条件として)…‘を'『必要とする』

〈物事〉‘を'『命じる』,強制する;〈人〉‘に'『命じる』

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

comply

(要求・命令・規則などに)『従う』,応ずる《+『with』+『名』》

Russia

(帝政)『ロシア』

『旧ソ連』

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

India

『インド』(公式名は 『the Republic of India』 インド共和国;首都はNew Delhi;《略》『Ind.』)

France

『フランス』(ヨーロッパの共和国;首都はParis)

choose

(多数の中から)〈人・物〉'を'『選択する』,選ぶ

〈事〉‘に'『決める』

(…の中から)『選択をする』,選ぶ《~『between』(『from』)+『名』》

欲する,望む

broadly

広く,あまねく

明白に;露骨に

大まかに

trust

〈U〉(人の誠実さ・能力,物の性能などに対する)信頼,信任,信用《+in+名》

〈C〉信頼できる人(物)

〈U〉『期待』,確信,希望

〈U〉委託,保管,管理;世話,保護

〈U〉(信頼にこたえる)義務,責任;(託された)責務

〈U〉(財産の)信託;〈C〉信託作産

〈C〉(市場を独占しようとする目的で結成された)企業合同,トラスト

〈人・物事〉‘を'『信用する』,信頼する

…を当てにする,‘に'頼る(depend on)

《trust+that節》…‘と'『期待する』,劾信する

《trust+名+to+名》(人に)…‘を'『任せる』,委託する,信託する

《trust+名+for+名》(…を)〈人〉‘に'信用貸しする,掛け売りする

(…を)信用する,信頼する《+in+名》

(…を)当てにする《+to+名(doing)》

期待する,確信する(hope)

suspect

…らしいと思う,‘の'気配を感じる

〈人〉‘を'『疑う』,‘に'嫌疑をかける

(否定的な疑い)〈物事〉‘を'『怪しいと思う』,疑う,信用しない

《話》…‘と'思う

怪しいと疑う

〈C〉容疑者

怪しい,疑わしい

accurate

『正確な』,的確な,精密な

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

marketing

市場での売買[取引き]

マーケディング(宣伝・販売・技術などを研究する経営学の分野)

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

market

〈C〉(食糧などが取り引きされる)『市場』,市(marketplace)

〈C〉(食糧品などが売られる)店

〈C〉〈U〉(商品が売買できる)『市場』,販路,取引き先

〈C〉(日用必需品の)商売,商取引き

〈〉(物品に対する)需要,要求,売れ口《+『for』+『名』》

〈C〉〈U〉『相場』,市況,市価

市場で売買する

〈食糧・物産など〉‘を'市場に出す;(市場で)〈商品〉‘を'売る

allied

同盟した,連合した

関連した,同類の

safe

安全な,危険のない

《come,arrive,bring,keepなどの補語にのみ用いて》無事な(に)

危険を引き起こさない,危害を加えない

安全を心がける,危険をおかさない

『確かな』,まちがいのない

(野球で)セーフの

『金庫』

(食料などを入れる)安全戸棚,貯蔵容器

technological

科学技術の(に関する)

edge

〈C〉『縁』,『端』;(峰などの)背

〈C〉(刃物の)『刃』;〈U〉(刃の)鋭利さ

〈U〉(欲望などの)強さ,激しさ

(…で)…‘に'『へり』(『縁』)『をつける』《+『名』+『with』+『名』》

《副詞[句]を伴って》…‘を'徐々に(注意深く)動かす

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ

〈声・感覚など〉‘を'研ぎ澄ます

(相手)‘に'小差で勝つ

横ざまに進む

じりじり進む

cloud

『雲』

(…の)『雲状のもの』《+『of』+『名』》

(昆虫・鳥・飛行機などの)大群,大集団《+『of』+『名』》

(疑惑・苦悩などの)暗い影《+『of』+『名』》

(鏡・ガラスなどの)くもり

〈煙などが〉…'を'『曇らせる』

〈事件などが〉…‘に'暗い影を投げかける,'を'汚す

〈物・事が〉〈心・頭など〉'を'ぼんやりさせる,混乱させる

〈空・ガラスなどが〉『曇る』《+『over』(『up』)》

(悩み・心配などで)〈顔などが〉曇る,暗くなる《+『over』 『with』+『名』》

flag

(国家・団体などを象徴する)『旗』;(信号用の)旗

…‘に'旗を立てる,‘を'旗で飾る

〈人・車など〉‘に'旗(手)を振って止める《+『名』+『down』,+『down』+『名』》

guarantee

(またguaranty)(商品に対する品質・修理・期間などの)『保証』;『保証書』

=guaranty1,2

保証を受ける人,被保証人

=guarantor

〈商品・品質,契約の履行など〉‘を'『保証する』,請け合う

freedom

〈U〉〈C〉『自由』

〈U〉〈C〉(束縛・義務・不安などからの)『解放』,免除《+『from』+『名』》

〈U〉自由自在,のびのびしていること〈C〉なれなれしさ,無遠慮

《the~》(市民権・会員権などの)権利享有権(権物などへの)出入りの自由,(…の)自由使用権《+『of』+『名』》

unreasonable

(人・行為などが)『理性を欠く』,無分別な

法外な,けたはずれの

seizure

〈U〉〈C〉つかむ(つかまれる)こと

〈U〉〈C〉強奪;差し押さえ;逮捕

〈C〉(病気・恐怖などが)襲うこと,発作

devote

〈生涯・労力・時間など〉‘を'『ささげる』,あてる:《『devote』+『名』+『to』+『名』(do『ing』)…に…をささげる》

inordinate

過度の,法外な

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

appropriate

…'を'『勝手に使う』,独り占めにする

(ある目的に)…'を'『あてる』,充当する《+『名』+『for』+『名』》

『適当な』,適切な

ensure

〈物事が〉〈成功など〉‘を'『保証する』,『確実にする』

(…から)〈人〉‘を'守る,安全にする(make safe)《+『名』+『against』+『名』(do『ing』)》

beyond

《場所》…『を越えて』,『の向こうに』(『へ』)

《数詞つきの句とともに》…から[いくつ目]

《時間》…『を過ぎて』,よりも遅く

《程度・範囲》…『の限度を越えて』;…『以上に』(above)

《通例否定文・疑問文で》…よりほかには,以外に

向こうに,かなたに

《the~》かなた,果て

《the [great]~》あの世

network

〈U〉〈C〉網,網細工

〈C〉『網状のもの』

〈C〉(ラジオ・テレビの)放送網

user

使用者,消費者

財産権[の使用]

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

number one

《話》本人自身,自分独自

(組織などの)長,指揮者,ボス

《名詞の前または後に形容詞的に用いて》第一,最高級

choice

〈C〉〈U〉(…を)『選択』,えり好み《+『of』+『名』》

〈U〉『選択権』,宣択の機会,宣択力

〈C〉『選ばれた物』(『人』)

〈C〉えり抜きの物,最上等品

えり抜きの,精選した

beside

《位置・場所》…『のそばに』,のわきに,の横に

…と比較して(compared with)

(要点など)をはずれて(apart from)

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

relevant

適切な

《補語にのみ用いて》(主題・当面の問題などに)関連のた《+『to』+『名』》

encounter

…‘に'『偶然出会う』

〈敵兵・危険・困難など〉‘に'『遭遇する』

(偶然の,特に敵意を含んだ)(…との)思いがけない出会い,遭遇《+『with』+『名』》

遭遇戦

innocent

(人が)『無罪の』,潔白な

(心の)純潔な,無邪気な,天真らんまんな

(物事が)悪意のない,額のない

単純な,おめでたい

《補語にのみ用いて》《話》(…を)欠いている,(…が)全然ない《+『of』+『名』》

無邪気な人,(特に)あどけない子供

お人よし,単純な人

business

〈U〉(生計のための)『職業』,商売;任務,仕事

〈C〉『店』,『会社』,商社

〈U〉『商取引』,商売

〈C〉事,事柄(matter, affair);用事,用件

《おもに否定文・疑問文で》(個人的)関心事,責任のある事

procedure

〈U〉(行動・事情などの)『進行』,進展

〈C〉(進行上の)『手順』,方法;(法律上の)『手続き』

shred

(特に細長い)切れ端;断語

《否定文で》わずか・…‘を'ずたずたに切る(裂く)

attorney general

(州などの)司法長官,法務長官

《the A- G-》(米国連邦政府の)司法長官;(英国の)法務長官(《略》『Att.Gen.』,『Atty.Gen.』)

day-to-day

毎日の,毎日起こる(なされる)

その日限りの

basis

『根拠』,基準;…制

(混合物の)主成分

lay

《場所の副詞[句]を伴って》‘を'『置く』,横たえる

‘を'『きちんと置く』(並べる),〈土台など〉‘を'すえる,〈鉄道など〉‘を'敷設する

…‘を'『用意する』,準備する

(…に)〈身体の一部〉‘を'置く,つける《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

(…に)〈信頼・愛情〉‘を'置く,寄せる,託す;〈強調・重要性など〉‘を'置く《+『名』+『on』+『名』》

〈ほこり・波・風など〉‘を'押さえる,〈恐れ亡霊など〉‘を'静める,なだめる

〈卵〉‘を'産む

〈かけ〉‘を'する;(…に)〈金〉‘を'かける《+『名』+『on』+『名』》

(…に)〈税・罰金・義務など〉‘を'課する,〈重荷・責任など〉‘を'負わせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈悪事など〉‘を'(…の)せいにする《+『名』+『against』(『to』)+『名』》

《状態を表す副詩[句]を伴って》(特によくない状態に)…‘を'『置く』,する

(…に)〈権利の主張・報告など〉‘を'提出する,申し出る《+『名』+『before』(『to』)+『名』》

(…で)…‘の'表面をおおう《+『名』+『with』+『名』》;(…に)…‘を'広げる《+『名』+『on』+『名』》

卵を産む

位置,配置,地形,地勢

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

protection

〈U〉(…から)『保護すること』,『守ること』;保護されていること《+from(against)+名》

《単数形で》(…を)防いでくれる人(物),保護者《+『from』(『against』)+『名』》

foreigner

『外国人』

外国から来た物

category

(論理学・哲学で)範疇(はんちゅう)(ある体系の中でその内容特質に応じて分けた部門)

identify

〈人・物〉‘を'『見分ける』,〈物事〉‘を'確認する

《『identify』+『名』+『with』+『名』》(二つの異なるものについて)(…と)…‘を'同じものと考える

《『identify』+『名』+『with』+『名』》《しばしば受動態で》(…に)…‘を'関係づける,密接に結びつける

《『identify with』+『名』》〈人が〉(…と)一体となる(感じる)

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

selector

選択者;選別器

セレクター(機械の操作を変えるスイッチやダイヤルなどの装置)

associate

〈人〉'を'(…の)『仲間に加える』,(…に)連合させる《+『名』〈人〉+『with』+『名』》

(…と)…'を'結びつけて考える(起こす)《+『名』+『with』+『名』》

(…と)『仲間になる』,交際する《+『with』+『名』》

(…と)合体する,提携する《+『with』+『名』》

『仲間』,『同僚』;組合員

準会員

付属物;連想されるもの

連合した;仲間の,同僚の

補助の,準…

proliferation

〈U〉《しばしばa~》(…の)拡散《+『of』+『名』》

〈U〉(細胞分裂による)増殖;〈C〉増殖部分

obtain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

《『obtain』+『名』〈人〉+『名』=『obtain』+『名』+『for』+『名』〈人〉》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'得させる,もたらす

《文》〈習慣・制度などが〉一般に実われている

actual

『現実の』,実際上の(real)

現在の,現存の

phone

〈U〉〈C〉『電話』;〈C〉『電話機』,受話器

…‘に'『電話をかける』

『電話をかける』

forth

(空間的に)『前へ』,先へ;外へ,表へ

(時間的に)『先』;今後,以後

audience

《集合的に》《単数扱い》(音楽会などの)『聴衆』,(劇・映画などの)『観衆』,『観客』,(行事などの)『見物人』

《集合的に》《単数扱い》(本などの)読者:(テレビの)視聴者,(ラジオの)聴取者

(偉い人との)『公式会見』,謁見《+『with』+『名』》

former

《名詞の前にのみ用いて》『かつての』,以前の

《the ~》(二つのうちの)『前者』(の)

analyst

(状況などの)分析者,解説者

(科学・経済・政治の)分析者

《米》精神分析家(医)(psychoanalyst)

invasive

(戦争などが)侵略的な

(言葉などが)立ち入った,出過ぎた

core

〈C〉(果物の)『しん』

〈U〉(物事の)核心

〈C〉(電気の)磁心,磁極鉄心

…‘の'しんを抜く

datum

dataの単数形

既知の事実

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

conclusion

〈C〉〈U〉『終わり』,終結,結末

〈C〉『結論』,決定,判断;(三段論法の)断案

〈U〉〈C〉(条約などの)締結,妥結

draw

…‘を'『引く』,引っぱる

《副詞[句]を伴って》…‘を'『引いて』(ある状態に)『する』

(…から)…‘を'『引き抜く』,取り出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(…から)〈液体など〉‘を'『くみ出す』,くみ上げる《+『名』+『from』+『名』》

(…から)…‘を'得る,引き出す《+『名』+『from』+『名』》

〈事〉‘を'招く,もたらす

〈人〉‘を'引きつける,引き寄せる

〈絵・図〉‘を'『線で描く』,〈線〉‘を'引く

…‘を'描写する,述べる

〈文書〉‘を'書く,作成する;〈小切手〉‘を'振り出す

〈息〉‘を'吸い込む;〈ため息〉‘を'つく

…‘を'引き伸ばす,いっぱいに張る

〈くじなど〉‘を'引く,引き当てる

〈勝負など〉‘を'引き分ける

喫水が…‘だけ'ある

《副詞[句]を伴って》『動く』,『近づく』,行く

(…に向けて)剣(ピストル)を抜く《+『on』+『名』》

《副詞[句]を伴って》人を引き付ける

《副詞[句]を伴って》『線で書く』

くじを引く

《副詞[句]を伴って》〈水が〉はける,〈パイプ・煙突などが〉通る

(勝負などが)引き分けになる

〈茶などが〉出る

〈船が〉喫水する

引くこと,抜くこと,(たばこなどの)一吸い,一服

(人を)引きつけるもの,呼び物,人気者

くじ引き,抽せん(lot)

引き分け,無勝負

argument

〈U〉〈C〉《議論》,論争,口論

〈C〉論拠,理由(reason)

〈C〉《文》(本・詩などの)要旨,概要

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

else

『そのほかに』,それ以外に

《or elseの形をとり接続詞的に》『さもないと』,そうでないと(otherwise)

engage

…‘を'『雇う』;(…として)…‘を'雇う《+『名』+『as』+『名』》;〈技術・労力など〉‘を'買う

…‘を'予約する

〈注意,関心〉‘を'引きつける

〈事が〉〈時間・労力〉‘を'『占める』,使う(occupy)

(…に)〈自分〉‘を'専念(没頭)させる,従事させる《+one『self in』+『名』(do『ing』)》

〈自分〉‘に'請け合う,約束する;〈物事〉‘を'請け合う

…‘と'交戦状態にはいる

〈歯車など〉‘を'かみ合わせる

(…に)『従事する』,たずさわる,参加する《+『in』+『名』》

交戦する

〈歯車などが〉かみ合う,(…と)かみ合う《+『with』+『名』》

support

…‘を'『支える』

〈家族など〉‘を'『養う』,扶養する

〈人・主義など〉‘を'『支持する』,擁護する

(精神的に)〈人〉‘を'力づける;(金銭的に)〈人〉‘を'援助する

〈見解など〉‘を'立証する,裏書きする

…‘に'耐える,がまんする

〈U〉(…を)『支えること』,(…の)支持,援助《+of+名》

〈U〉(重さを支える)支柱,突っ張り

〈C〉『扶養する人』;〈U〉生活費

〈U〉(精神的)支え,(経済的)援助

activity

〈U〉『活動』,働き;活力

《しばしば複数形で》(種々の)『活動』,行事;(学生の)学内(外)活動,クラブ活動

〈U〉(商況・市場などの)活発,活気

violate

〈約束・法律・条約など〉‘を'『破る』,犯す

《おもに文》〈静けさなど〉‘を'乱す,妨害する

〈神聖なもの〉‘を'汚す

《文》《遠回しに》〈女性〉‘に'暴行を加える、強姦する(rape)

sanction

〈U〉(支配者・当局の)『認可』,許可,裁可《+『of』+『名』》

〈U〉(一般に)(…の)承認,支持《+『for』+『名』》

〈C〉《複数形で》(国際法で,国際法違反国に加える)『制裁』

〈C〉(正式の)処罰,制裁;(道徳律などの)拘速[力]

〈支配者・当局が〉…‘を'認可する,裁可する,許可する《+『名』(do『ing』)》

(一般に)…‘を'承認する,支持する;〈…すること〉‘を'承認する《+do『ing』》

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

Iran

イラン共和国(旧称はPersia;首都はTeheran)

North Korea

北朝鮮 (公式名the Democratic People's Republic of Korea(朝鮮民主主義人民共和国);首都は平壌Pyongyang)

illicit

不法の,禁制の

connect

〈2個の物〉'を'『連結する』,結びつける;(…と)…'を'結合する電話でつなぐ《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

《受動態で》(…と)…'を'『関係させる』,親類関係にする《+『名』+『with』+『名』》

(…で)…'を'連想する,結びつけて考える《+『名』+『with』+『名』》

〈物・事柄などが〉(…と)関連している,つながる《+『with』+『名』(『wh-節』)》

〈交通機関が〉(…と)連絡(接続)している《+『with』+『名』》

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

efficient

『能率的な』,効率のいい

『有能な』,敏腕な

gigantic

『巨大な』,ものすごく大きな(huge)

content

〈C〉《複数形で》(容器などにはいっている)『中身』,内容物,(記録・書物などの)目次

〈U〉(書物・演説などの)趣旨

〈C〉《~》《修飾語を伴って》含有量,(容器の)容量

collection

〈U〉〈C〉(…を)『集めること』,(…の)収集,採集;(税金などの)徴集,集金《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『収集物』,収蔵物,コレクション《+『of』+『名』》

〈U〉『募金』,〈C〉寄付金,献金

〈C〉(水・ちりなどの)堆積,集積,たまり《+『of』+『名』》

contrary

『板抵の』,相いれない

逆の,逆方向の;意に反した

《話》ひねくれた,強情な,意地の悪い(perverse)

〈C〉

《the~》『正反対』;

《しばしば複随形で》相反するもの;相反する性質

(…の)反対に,逆に,(…に)反して《+『to』+『名』〈事〉,+『with』+『名』〈人〉》

stuff

『材料』,原料,資料

《話》(ばく然と)『物』

素質,本領

くだらないもの(こと);ばかげた考え

《古》布地

(…を)〈入れ物・車など〉‘に'『詰める』,詰め込む《+名+with+名》

(入れ物などに)…‘を'『押し込む』《+名+into+名》

(…で)〈穴など〉‘を'ふさぐ《+up+名+with+名》

《しばしば受動態で》《話》(食物を)〈自分,自分の復〉‘に'詰め込む

(料理の材料で)…‘に'詰め物をする《+名+with+名》

(剥製にするため)〈死んだ動物〉‘に'詰め物をする

〈投票箱〉‘に'不正票を入れる

たらふく食べる

print

…‘を'『印刷する』

〈原稿・本など〉‘を'『出版する』

…‘を'『活字体で書く』

〈写真〉‘を'『焼きつける』,〈印画〉‘を'つくる

(…に)…‘を'押してつける;(心に)…‘を'刻みつける,印象づける《+『名』+『on』+『名』》

(印刷・焼きつけなどによって)〈活字・模様・写真などが〉現れる,写る;〈紙などが〉印刷できる

〈機械が〉印刷する

活字体で書く

〈U〉『印刷』,印刷の字体

〈C〉《しばしば複合語で》(押した)跡,しるし

〈U〉プリント模様;プリント生地;〈C〉プリント地の衣服

〈C〉(写真の)印画,陽画(positive)

〈C〉版画

grind

(粉などに)〈穀物など〉‘を'『ひく』,細かく砕く《+『名』+『into(to)』+『名』》

(…から)〈粉など〉‘を'『ひいて作る』《+『名』+『from』+『名』》

〈ナイフなど〉‘を'研ぐ;〈レンズなど〉‘を'磨く

…‘を'『きしらせる』;(…に)…‘を'こすりつける《++『名』+『into』(『under』)+『名』》

〈人・圧制・貧困などが〉〈人・心など〉‘を'苦しめる,圧迫する《+『名』+『down,』+『down』+『名』》

〈回転式器具〉‘の'ハンドルを回す

《話》(人の頭などに)〈学科など〉‘を'たたき込む,詰め込む《+『名』〈学科〉+『into』+『名』》(学科などで)〈人〉‘に'骨折って教え込む《+『名』〈人〉+『in』+『名』》

〈穀物などが〉(よく,細かく)ひける,粉になる

ギーギーすれ合う,きしる

《米話》(…を)こつこつ勉強する(働く)《+『away at』(『for』)+『名』》

〈U〉粉にひくこと;研ぐこと

〈U〉(コーヒーなどの)ひいた粒の大きさ

〈C〉《話》つらくて退屈な勉強(仕事)

〈C〉《米話》がり勉屋,がりがり仕事をする人

profile

横顔,ゲロフィール

(彫象などの)側面

(背景をパックにした)輪郭,外形

(通例,図やグラフで示す)分折,分ジ違表

(新物・雑誌などの)人物紹介

…‘の'横顔を書く

《受動体で》(…を背景に)…‘の'輪郭を描く《+『名』+『against』+『名』》・犯人像を描く

average

『平均』;並み,標準

平均値

『平均の』;並みの,標準の

〈数〉'を'『平均する』

平均して…'を'する(受動態にできない)

平均して…となる

valid

(理論・理由などが)『妥当な』,しっかりした根拠のある

(契約・法律などが)『合法的な』,正式な手続きを踏んだ

(ある期間,またある条件のもとで)有効な

overall

全部の,全般的な,全面的な

(物の)端から端までの

全般的に,全面的に

端から端まで

《複数形で》胸支てつきの仕事ズボン,オーバーオール

《英》(婦人用)上っ張り

badly

『悪く』,まずく,へたに

『大いに』,『ひどく』,非常に

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

dish

〈C〉(全員分の料理を盛る)『大皿』,盛り皿,深皿

《しばしばthe ~》《複数形で集合的に》(食事に用いる,おもに陶器製の)皿類,食器類(plates,bowls,saucers,cups,knives,forksなどの総称)

〈C〉(皿に盛られた)『料理』,食品

〈C〉(…の)皿1杯の分量,一皿分《+『of』+『名』》

〈C〉《話》可愛い女の子

〈食物〉‘を'皿に盛る;〈人〉‘に'盛りつけて出す《+『名』+『up』,+『up』+『名』》

lack

…‘を'『欠く』,‘が'ない(受動態にできない)

(…になるまでに)…‘だけ'不足する《+『名』+『of』[『being』]+『名』》

〈U〉《時にa~》(必要なものの)『欠乏』,不足;(…が)ないこと《+『of』+『名』》

〈C〉欠けて(不足して)いるもの

governance

支配(統治)すること

支配(統治)されている状態

boss

『ボス』,親方;社長,所長

《米》《軽べつして》政党の首領

…'を'支配する,牛耳(ぎゅうじ)る《+『around』(『about』)『名』・+『名』+『around』(about)》

tom

(動物の)雄;(特に)雄猫

admiral

(海軍・艦隊の)『司令長官』

海軍将官,提督

アカタテハチョウ

arc

『弧』,円弧

電弧(2点間を弧状に流れる電流)

弧を描く

電弧を生じる

instability

不安定,不確定;(心の)不安定,変わりやすさ

Syria

シリア(地中海東沿岸の共和国;首都は Damascus)

civil war

〈C〉内乱,内戦

《the Civil War》(米国の)南北戦争(1861‐65)(英国の)Charles1世と国会との戦争(1642‐49)

massive

『大きくて重い』,どっしりした;大規模な

(容ぼう,特に頭が)がっちりした

(精神などが)しっかりした,堂々とした

(投薬量が)定量以上の

fighter

戦う人,戦士,闘士

プロボクサー

(またfighter plane)戦闘機

practice

〈U〉(絶えず繰り返す)『練習』,けいこ

〈C〉〈U〉(1回の)練習の時間

〈U〉(練習で得た)熟練,腕前

〈U〉(理論に対して)(…の)『実行』,実施,実際《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉(…の)『習慣』,しきたり《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(医師・弁護士などの)開業

〈C〉(医師・弁護士の)業務,仕事

…‘を'『練習する』,けいこする

(習慣的に)…‘を'『実行する』,実践する

〈弁護士・医師〉‘を'開業する

(…を)練習する,けいこをする《+『at』(『on, with』)+『名』(do『ing』)》

(弁護士・医者として)開業する,開業している《+『as』+『名』》

Westerner

(米国の)西部に住む人;西部出身の人

hold

(手などに)…‘を'『持つ』,『持っている』,つかむ,つかんでいる・〈人・物〉‘を'『押しとどめる』,押えておく,留めておく・《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)〈手・足など体の一部〉‘を'『保つ』(keep) ・〈容器などが〉〈物など〉‘を'『入れている』,収容できる(進行形にできない) ・〈重い荷物など〉‘に'耐える,持ちこたえる(bear);〈物〉‘を'支える(support) ・〈職・地位など〉‘を'占める,占めている(進行形にできない) ・〈土地・財産など〉‘を'所有している(進行形にできない) ・〈会など〉‘を'開催する,〈式〉‘を'行う・〈軍隊などが〉〈土地など〉‘を'確保する;(敵などから)〈とりでなど〉‘を'守る《+『名』+『against』+『名』》・〈注意・関心・興味など〉‘を'引きつけておく,引き留めておく・〈考え・意見など〉‘を'心にいだいている・…‘と'考える,信ずる

『しっかりと付いている』,切れ(折れ)ないでいる・(…に)『しっかりつかまっている』,しがみついている《+『to』+『名』》・(約束・信念などを)固く守る《+『to』+『名』》・《『hold』+『形』〈補〉》(…の)『ままである』・(引き続いて)有効である,当てはまる・〈U〉〈C〉(…を)‐手でつかむ(握る)こと』,把握《+『of』(『on』)+『名』》・〈U〉(人の心などを)つかむこと,支配[力],掌握《+『on』(『over』)+『名』》・〈C〉つかまるもの,手(足)がかり・(音楽の記号の)フェルマータ

passport

『旅券』,パスポート

《単数形で》(…への)手段,便法《+『to』+『名』》

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

jihad

(イスラム教を守るための)聖戦

(思想や主義のための)運動

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

intent

(特に法律用語で)『意図』,目的

suffer

(…に)『苦しむ,』悩む,心を痛める《+for+名》,(…で)苦しむ《+from+名》

〈物事が〉(…のために)損害を受ける,傷つく《+from+名》

《suffer from+名》〈人が〉(一時的な病気に)かかる,わずらわされる

〈苦痛・悲しみなど〉‘を'『受ける』,〈損害など〉‘を'被る

《suffer+名+to do》《古》(…することを)〈人〉‘に'許す

《否定文で》…‘を'『がまんする』

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

sectarian

宗派の,党派の

宗派(党派)心の強い,視野の狭い

(特定の宗派に属する)宗徒;宗派(党派)心の強い人

violence

暴力,乱暴

(…の)『激しさ』,猛烈さ,すさまじさ《+of+名》

害,損害

breed

〈動物が〉『子を生む』,繁殖する

〈物事が〉生ずる,越こる

(新種の育成,品種改良などのために)〈家畜〉‘を'『詞育する』,〈植物〉‘を'『育てる』

…‘を'『生む』,『生じさせる』

〈子供など〉‘を'育てる,しつける

(動植物の改良された)『品種』,血統

種類

ground

〈U〉《the~》『地面』,地表

〈U〉『土』,土壌;『土地』

〈C〉《しばしば複数形で》(特定の目的のための)『場所』

《複数形で》(建物の回りの)『庭』,庭園;『構内』,屋敷

〈C〉《しばしば複数形で》『根拠』(basis),理由(reason)

〈U〉(確保すべき)立場,意見;地歩

〈U〉(研究などの)分野,範囲;話題,問題

〈C〉(図案・塗りなどの)下地

〈U〉海底,水底

《複数形で》(コーヒーなどの)おり,かす

〈U〉《米》(電気装置の)アース

…‘を'地上に置く

(…に)〈主義・信念など〉‘を'基づかせる,立脚させる《+名+on+名(doing)》

〈人〉‘に'(…の)基礎(初歩)を教え込む《+名+in+名》

〈飛行機〉‘を'離陸させない

〈人〉‘を'飛行勤務をやめさせる,地上勤務にする

〈船〉‘を'座礁させる

《米》〈電線など〉‘を'接地する,アースする(《英》earth)

〈物が〉地面に落ちる(届く〉

〈船が〉座礁する

(野球で)ゴロを打つ

Horn

ホーン岬(みさき)(『Cape~』;南米の南端にある)

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

weak

(物が)『弱い』

(通常よりも)『衰えている』,力が弱い,勢いがない

(性格の点で)『弱い』,意志薄弱な

『劣っている』

(相場などが)値下がりぎみの

水っぽい,薄い

(音節・母音・語が)強勢のない,弱強勢の;(動詞が)弱変化の

breeding ground

養育場,詞育所

(特に野生動物の)繁殖地

(しばしば悪いことが)発生する所

serious

『まじめな』,厳粛な

『本気の』,冗談でない,真剣の

(物事が)『重大な』,容易ならない

(人・作品などが)重要な,偉い

probably

『たぶん』,『おそらく』

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

due

《補語にのみ用いて》(負債などが)『支払われるべき』,支払期日が来ている,満期の

《補語にのみ用いて》(敬意・考慮・金などが)(…に)当然払われるべき,与えられるべき《+『to』+『名』》

《名詞の前にのみ用いて》『当然の』,適当な,十分な

《補語にのみ用いて》《時を表す副詞[句]を伴って》(列車などが)『到着する予定で』

まさしく,真に

《通例単数形で》当然受けるべきもの

《複数形で》税金,料金,手数料,会費

theft

盗み;窃盗罪

intellectual

『知的な』,知力のいる

知性的な,そう明な,理性的な

知識人,インテリ

property

動産

steal

(…から)〈物〉‘を'『盗む』《+『名』〈物〉+『from』+『名』》

(…から)…‘を'こっそり取る,うまく手に入れる+『名』+『from』+『名』》

(野球で)〈塁〉‘を'盗む,‘に'盗塁する

盗みをする

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》こっそり動く

〈U〉《米話》こっそりと盗むこと;〈C〉盗品

〈C〉《単数形で》《米話》格安品,掘り出し物

〈C〉(野球で)盗塁

secret

『秘密の』,人目につかない

《名詞の前にのみ用いて》(人・組織などが)秘かに活動する,(感情などが)表に出ない

《補語にのみ用いて》《話》(人が)(…を)ないしょにする《+『about』+『名』》

『秘密』[の事],隠し事,ないしょの話

神秘,不思議

《単数形で》(…の)『秘けつ』,かぎ《+『of』+『名』(do『ing』)》,(…への)秘けつ《+『to』+『名』》

enterprise

〈C〉(特に勇気を要したり困難を伴う)『事業』,企て(project);大仕事

〈U〉『進取の気性』,冒険心

〈C〉商事会社(business firm)

leapfrog

かえる跳び(前の人の背を順々に跳び越える遊戯)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

gain

(努力して)…‘を'『得る』,手に入れる

…‘を'『増す』

〈競争など〉‘に'勝つ;〈賞など〉‘を'勝ち取る

《文》(特に努力をして)〈目指す場所〉‘に'到達する;〈目的など〉‘を'達成する

得をする

(…において)進歩する,よくなる,向上する;(体重・身長・能力など)増す《+in+名》

〈時計が〉進む

〈C〉(…に)加えたもの《+『to』+『名』》;(…において)増加したもの《+『in』+『名』》

《複数形で》『利益』(profits);賞金

〈U〉利益を得ること,獲得

win

(競争・競技などで)(…に)『勝つ』,優勝する《+at(in)+名》

(…に対して)勝つ,勝利を得る《+against(over)+名》

〈戦争・競技など〉‘に'『勝つ』

〈賞・名声など〉‘を'『勝ち取る』,(努力して)獲得する

〈人〉‘を'説得する,味方につける,の支持を得る

《文》〈目標など〉‘に'到達する

(特にスポーツで)勝利,勝ち

contract

(売買,請負などの)『契約』,約定(agreement),請負

契約書

…'を'『引き締める』,縮める

〈よくない事・いやな事〉'を'『身に負う』

…'を'契約する』,請け負う,約束する

〈語・音節・句など〉'を'縮約する(do notをdon't, I haveをI'veとするなど)

『縮む』,縮まる

(…を…と)契約する,請け負う《+『with』+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

costly

『高価な』;費用のかかる

損害(犠牲)の多い

attack

…'を'『襲う』,『攻撃する』;(ゲームで)…'を'攻める

(演説・文書などで)…'を'『非難する』,攻撃する

〈病気・不運などが〉…'を'襲う,冒す

〈仕事など〉‘に'勢いよく取りかかる,着手する

『攻撃をする』

〈U〉〈C〉(…に対する)『攻撃』;(ゲームの)攻め;非難《+『on』(『upon, against』)+『名』》

〈C〉発病,発作

〈U〉(仕事への)着手,開始

aware

《補語にのみ用いて》『知っている』,『気づいている』,感づいている

見聞の広い,世事に通じた

spate

《しばしばa ~》《おもに英》大量,多数(の…)《+『of』+『名』》

(突然の)供水,鉄砲水

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

financial

『財政上の』;財界の;金融上の:

sector

扇形

軍事作戦地区

(肉事などの)部門

reprisal

(特に戦争などで受けた被害に対する)報復,仕返し

destructive

『破壊的な』,破滅的な

破壊主義的な,否定的な

rise

《文》『立ち上がる』《+『up』》

《文》『起床する』,起きる

(下から上へ)『上がる』,上昇する,昇る

〈土地が〉上り[坂]になる

〈山・建物などが〉そびえ立つ(進行形にできない)

〈…の数量・価値・程度・力などが〉増す,増大する,増加する

〈地位・身分などが〉(…から…へ)上がる,高くなる《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈川などが〉高さを増す,増水する

〈パンなどが〉ふくれる

(…に)源を発する,始まる《+『from』(『in』)+『名』》(進行形にできない)

(…に)反乱を起こす,背いて立ち上がる《+『against』+『名』》

生き返る,よみがえる

(表面に)浮かび上がる

(…に)応じて立ち上がる,うまく対処する《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『上昇』《+『of』+『名』》

〈C〉(数量・価値・程度などの)増大,増加《+『in』(『of』)+『名』》

〈U〉立身;繁栄

〈C〉(…の)上り坂,上り勾配(こうばい)《+『in』(『of』)+『名』》

〈C〉丘,高台

〈C〉(…の)起源,始まり《+『of』+『名』》

《英話》昇給,昇給額(《米》raise)

〈C〉魚がえさを求めて水面に浮き上がること

August

『8月』(《略》『Aug.』)

《形容詞的に》『August heat wave』{名}〈C〉8月の暑波『August vacation』{名}〈C〉8月の休暇

computer

『計算機』;『電子計算機』

virus

ビールス,ろ過性病原体

south

〈U〉《通例the south》『南』,南方

《the south, the South》南方[地方]

《the South》(米国の)南部地方

『南の』,南部の,南向きの;南からの

『南の方へ(に)』

Korean

韓国の,朝鮮の;韓国人(の),朝鮮 (人・語)の・韓国人,朝鮮人;〈U〉朝鮮語

attribute

(物・事に)…‘の'『原因があるとする』《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)〈ある特質・性格など〉‘が'備わっていると考える《+『名』+『to』+『名』》

(ある人・時代に)…‘が'作られた(なされた)と考える《+『名』+『to』+『名』》

(また『attribution』)(本来人や物などに備わっている)属性,特性,特質《+『of』+『名』》

(神・人・地位などに)付帯しているもの,象徴となる物《+『of』+『名』》

desire

…‘を'『切望する』,要求する,希望する

…‘に'性的欲望を感じる

『願望』,欲望;要望,要求

《通例単数形で》『望みのもの』

〈C〉〈U〉(…に対する)性的欲望《+『for』+『名』》

employ

《しばしば受動態で》(…として)〈人〉‘を'『雇う』(hire)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…として)〈物・能力など〉‘を'『使う』(use)《+『名』+『as』+『名』》

《文》(…に)〈時間・精力など〉‘を'『費やす』,〈自分〉‘の'身をささげる《+『名』+『in』(『for, on』)+『名』(do『ing』)》

(…の)雇用《+『of』+『名』》

okay

=OK,O.K.

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

belief

『信念』,確信,所信

〈U〉(人・物への)『信頼』,信用《+『in』+『名』》

〈U〉(あるものの真実性・存在を)信じること,容認《+『in』+『名』》

〈U〉〈C〉(…への)信仰,信心《+『in』+『名』》

die

〈人・動物が〉『死ぬ』,〈植物が〉『枯れる』

《副詞[句]を伴って》〈音・光・風などが〉消えてゆく《+『away』》;〈火・感情などが〉次第に収まる《+『down』》;〈家系・習慣などが〉絶えてなくなる《+『out』》

〈機械が〉動かなくなる,止まる

《話》《進行形で》死ぬほど望む

mostly

『たいてい』,ほとんど;主として

homegrown

(野菜・果物などが)国内産の,近郊(地方)産の,自分のうちで作った

chance

〈C〉〈U〉『偶然』,偶然のでき事;運,めぐり合わせ

〈U〉〈C〉(何かが起こる)『公算』,見込み,可能性(probability)

〈C〉『好機』,機会(opportunity)

〈C〉危険,冒険;かけ

《『chance to』 do》〈人が〉偶然;する

《『it chances』+『that』『節』》〈物事が〉偶然に起こる

…'を'運を天に任せてする

偶然の,はずみの

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

kill

〈人・動物〉‘を'『殺す』,死亡させる

〈植物〉‘を'枯らす

…‘を'だめにする,失わせる

《話》…‘を'ひどく痛ませる(疲れさせる,不快にさせる)

〈時間〉‘を'つぶす

〈記事など〉‘を'没にする,握りつぶす

人殺しをする

殺すこと;(特に狩猟の)獲物をしとめること

(猟の)獲物

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

lightning

『いなずま』,雷光

いなずまのような,す早い

guess

(十分な根拠なしに)…‘を'『推測する』,推量する

(正確な推測で)…‘を'『言い当てる』,判断する

《『guess』+『that節』》《米》…‘と'『思う』(think, suppose),信じる(believe)

(…を)『推測する』《+『at』(『about』)+『名』》

(…についての)『推測』,推量《『at』(『about, as to』)+『名』(『wh-節』)》

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

incident

『でき事』,事件,騒ぎ

(小説・劇中の)事件,挿話

(…に)起こりやすい,ありがちな,伴って起こる《+『to』+『名』》

change

(…に)…'を'『変える』,改める《+『名』+『into』+『名』》

…'を'『取り替える』,交換する

〈小切手・為替〉'を'現金にする,〈金〉'を'両替えする;(…に)…'を'両替する《+『名』+『into』+『名』》

(…に)『変わる』,変化する《+『to』(『into』)+『名』》

(他の衣服に)着替える《+『into』+『名』》

(…に)乗り換える《+『to』+『名』》

〈C〉(…の)『変化』,移り変わり,変遷《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『取り替え』,交換;乗り換え《+『of』+『名』》

〈U〉釣り銭,小銭

numbers

数学,数学

(人員などの)数の優勢

《米》《the~》=numbers game

《古》詞句,韻文

point of view

見地,観点(viewpoint)

考え方,態度

major

『大きい』(『多い』)『ほうの』,いっそう重要な

(音階が)長調の,長音階の

《英》《昔の学校で同姓または兄弟生徒を区別するために姓の後につけて》年長の,兄の

《しばしばM-》陸軍(空軍)少佐

《米》専攻科目;専攻学生

《the majors》《米》=major leagues

(科目を)専攻する《+『in』+『名』》

accident

〈C〉『偶然』,偶発,めぐり合わせ

〈C〉『事故』,災難

globe

〈C〉『球』,球体

《the ~》『地球』(the earth)

〈C〉『地球儀』

〈C〉球形のガラス器(ガラス鉢・ランプのほや・金魚鉢など)

done

doの過去分詞

仕上がった,完成した

「(食べ物が)焼けた」の意を表す

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

iceberg

氷山

《話》冷淡な人

contribute

(…に)〈金銭など〉'を'『寄付する』,〈時間・努力など〉'を'ささげる《+『名』+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)〈作品など〉'を'寄稿する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)『寄付する』,ささげる,寄与する《+『to』(『toward, for』)+『名』(do『ing』)》

(…の)一因となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

(新聞・雑誌に)寄稿する《+『to』+『名』》

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

occur

〈異状な事が〉『起こる』

〈考えが〉『浮かぶ』

在存する,見いだされる

beat

(連続して)…'を'『たたく』,打つ(pound)

(…に)…'を'『たたきつける』,打ちつける《+『名』+『against』+『名』》

(…に)…'を'たたいて作る《+『名』+『into』+『名』》;〈金属〉'を'打ち延ばす

…'を'勢いよくかき混ぜる

〈リズム・拍子〉'を'手をたたいて(手を振って,足を踏んで)とる

〈道〉'を'踏み固めて作る

《話》〈人〉'を'困らせる,まいらせる

〈風・雨・波などが〉(…に)『打ちつける』,〈人が〉(…を)ドンドン打つ《+『at』(『against』,『in』,『on』)+『名』》

〈心臓・脈が〉鼓動する,脈打つ

ドンドン鳴る

〈船が〉風に逆らってジグザグに進む

『続けて打つこと』,連打

(心臓などの)鼓動

(警官などの)巡回(担当)区域,持ち場

拍子;手拍子,足拍子

=beatnik

《補語にのみ用いて》《俗》疲れはてた,へとへとになった

《名詞の前にのみ用いて》《話》ビート族の

heck

ちぇ,ちくしょう

(強意語として)hellの遠回しの語

law

〈U〉《the ~》《集合的に》(法律・法規を総称して)『法』

〈U〉〈C〉(個々の)『法律』,法規

〈U〉法の[統制]力

〈U〉法律学

〈U〉弁護士[業]

〈U〉《the law》警察[力],警官(police)

〈U〉法の適用(発動);訴訟(legal action)

〈C〉(科学・芸術などでの)法則,きまり

〈C〉〈U〉(一般に従うべき)おきて,ならわし,規則

enforcement

(法律などの)実施,施行

強制,強要

cooperative

協力的な,助けになる

協力の,協同の

協同組織の

協同組合

共同アパート(コーポ)

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

towards

toward

zero

〈U〉(アラビア数字の)『0,零』,ゼロ

〈U〉(温度計の)『零度』;(尺度の)零位;零点

〈U〉無,空(くう)(nothing)

〈U〉最下点,どん低

零の,ゼロの

〈計器など〉‘を'ゼロの目盛りに合わせる

controversial

議論の,論争上の論争の余地のある

議論好きの

needle

『針』,縫い針;(編物用の)かぎ針,編み棒

(レコードプレーヤーの)針;(磁石・らしん盤など各種計器の)針

外科用の針(縫合針など);注射針

針状のもの;小尖塔(しょうせんとう);とがった山頂

(マツ・モミなどの)針葉

…‘を'針で縫う(編む);…‘に'針を通す

(…のことで)〈人〉‘をいじめる,脳ます《+『名』+『about』+『名』(do『ing』)》;〈人〉‘を'いじめて(…)させる《『名』+『into』do『ing』》

縫い物(編物)をする

haystack

干し草の山(雨を防ぐため屋根をすることもある)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

hay

『干し草』(家畜の飼料)

干し草を作る

‘を'干し草にする;‘に'干し草を与える

stack

『干し草の山』,麦わらなどの山,いなむら

(一般に,物を積み上げた)『山』,(…の)積み重ね《+『of』+『名』》

(図書館などの)書架,ラック;《複数形で》(特に,図書館などの)書庫

煙突

《しばしば複数形で》《話》多数,多量(の)《+『of』+『名』》

〈干し草・本・皿など〉‘を'積み重ねる《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

(…を)〈ある場所〉‘に'積み上げる《+『名』+『with』+『名』》

《米話》(…に対して)〈カード〉‘を'不正な切り方をする《+『名』+『against』+『名』》

〈飛行機〉‘を'空港上空で旋回待機させる

山に積まれる,山になる

〈飛行機が〉空港上空で旋回待機する

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

implicate

〈証言・容疑者などが〉(犯罪などに)〈他の人〉‘を'巻き込む,関係させる《+『名』+『in』+『名』》

discussion

(…についての)『議論』,討論,検討《+『about』(『on』)+『名』》

section

〈C〉(全体を構成する個々の)『部分』,部品;(全体の中で特定の用途・機能・特徴を持った)部分,部門

〈C〉(内部構造を児す)断面図;切断面

〈U〉切断すること,(外科の)切開;〈C〉(顕微鏡などで検査する組織の)切片

〈C〉《米》セクション(郡区(township)の36分の1に当たる1平方マイル(640エーカー)の土地区画の広さ)

…‘を'区分(分割)する

…‘の'断面[図]を作る

telephony

電話通信;電話法(術)

popularly

一般に(generally)

大衆に分かるように,通俗的に

大衆の手の届くように,安く

prism

プリズム(分光に用いる透明な三角柱)

(幾何で)角柱

amendment

修正,改正;改心;〈C〉修正案

dozen

『ダース』,12個の組(《略》『doz.,dz.』)

publicly

公に,公然と;おおっぴらに

公的に,公衆によって

indicate

『…‘を'表れ(徴侯)である』(show)

『…‘を'指し示す』,指摘する

…‘を'簡単に述べる,知らせる

understanding

〈U〉(…の)『理解』,意味をつかむこと《+of+名》

〈U〉《しばしば an~》(…に)『精通』,熟達《+of+名》

〈U〉『意見』,結論

〈U〉《時に an~》(相手の立場の)共感;〈C〉《単数形で》同意,一致

〈U〉『理解力』,知力,知性(intelligence)

相手の立場を理解している,思いやりのある,話せる

investigation

(…の)『調査』,取り調べ,研究《+『of』(『into』)+『名』》

television

〈U〉『テレビ放送』(《略》TV)

(また television set)〈C〉『テレビ[受像機]』

〈U〉テレビ産業;テレビ放送技術

murder

〈U〉『殺人』謀殺,殺害

〈C〉殺人行為,殺人事件

〈U〉《話》危険なこと,命取りになること

(殺意をもって)〈人〉‘を'『殺す』,殺害する

(力不足のために)〈作品など〉‘を'だめにする,ぶちこわす

殺人を犯す

mystery

〈C〉『神秘的な物』(『事』)

〈C〉好寄心(気がかり)を起こさせる物(事)

〈C〉推理小説(劇,映画)

〈U〉『神秘[性]』

〈C〉《複数形で》(宗数的)秘法,秘教;(古代ギリシア・ローマの)神秘儀式

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

solve

〈問題など〉‘を'『解く』,解明する,解決する

crime

〈C〉(事律上の)『犯罪』,罪

〈U〉(一般に)犯罪[行為]

〈C〉《a~》『よくない行為』,ばかげた行為

hopefully

希望に満ちて;有望に

《おもに米》《文全体を修飾して》うまく行けば

mosaic

〈U〉モザイク(ガラス・木材・石などを組み合わせて図案化したもの)

〈C〉《単数形で》モザイク画;モザイク模様

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

necessary

(物事が)『必要な』,なくてはならない

『必然的な』,避けられない

complete

(比較変化なし)『全部の』,完備した

《名詞の前にのみ用いて》『完全な』,全くの

(比較変化なし)『完成した』,完結した

…'を'『仕上げる』,終える

…'を'完全なものにする,完成する

cover

(…で)…‘の'『表面をおおう』,'を'包む,かぶせる《+『名』+『with』+『名』》

(範囲が)…‘に'『及ぶ』,わたる,'を'取り扱う範囲に入れる

〈ある距離〉'を'行く,進む(受動態にできない)

…‘に'保険を掛ける

…'を'報道する,取材する

〈要塞・砲などが〉'を'制圧する

(ピストルなどで)〈人〉'を'ねらう《+『名』+『with』+『名』》

(球技などで)〈相手〉の動きなど〉'を'ふせぐ;〈地域など〉'を'守る

(…の)代役をする,身代りをする《+『for』+『名』》

〈C〉『おおい』,包むもの,カバー;ふた

〈C〉『表紙』

〈U〉隠れ場所,潜伏所

〈U〉姿を隠してくれるもの(暗闇,煙など)

〈C〉(秘密を隠すための)見せかけ

〈U〉(…の)保険《+『against』+『名』》

〈C〉封筒;(郵便小包などの)包装紙

〈C〉毛布,ふとん

invoke

(救いを求めて)〈神〉‘に'呼びかける,祈願する

…‘を'懇願する

〈悪魔など〉‘を'呼び出す

〈法律など〉‘に'訴える

powerful

『強力な』,強い

効果的な,ききめの強い

勢力のある,有力な

emotional

『感情の』,の情緒の

『感情的な』,感動しやすい

(またemotive)感情に訴える

initiation

〈U〉開始;創業

〈U〉入会,入門;〈C〉入会(入門)式

〈U〉手ほどき,伝授

achieve

〈目標など〉'を'『達成する』,‘に'到達する

〈勝利・名声・地位など〉'を'獲得する,勝ち取る

debate

〈C〉〈U〉『討論』(discussion);『論争』(dispute)

〈C〉(公式の)討論会

〈U〉熟考

…'を'『討論する』,討議する

…'を'熟慮する,熟考する(consider)

(…と…について)討論する,討議する《+『with』+『名』+『on』(『upon, about』)+『名』》

proportionate

釣り合いのとれた,比例した;(…と)釣り合いのとれた《+『to』+『名』》

correct

『事実に合った』,『正しい』,正確な

『標準(因習)に合った』,妥当な,適切な(proper)

〈誤りなど〉'を'『訂正する』,…‘の'誤りを正す

…‘の'誤りに印をつける

(…で)〈人〉'を'罰する,しかる《+『名』+『for』+『名』》

…'を'基準に合わせる,調整する,修正する

note

〈C〉《複数形で》『覚え書き』,控え,メモ

〈C〉(本文に対する)『注』,駐釈

〈C〉(形式ばらない)『短い手紙』,短信;外交上の文書

〈U〉『注目』,注意

〈U〉『重要性』(importance);顕著

〈C〉《単数形で》(声の)調子,(感情などの)しるし,兆候《+『of』+『名』》

=promissory note

〈C〉『紙幣』

〈C〉音楽;音符;(ピアノなどの)けん

…‘を'『書き留める』,記す

…‘に'『注意する』;…Iと'気づく

(取り立てて)…‘に'ついて言う,‘を'習す

authorize

〈人〉‘に'(…する)権限を与える《+『名』〈人〉+『to』 do》

〈物事〉'を'正式に認可する,公認する;(慣例によって)…'を'認める

political

《名詞の前にのみ用いて》『国家の』,政府の;『政治の』,政治上の:

《名詞の前にのみ用いて》国家(政府)に有害な

政治好きの,政治活動する

政略的な

congress

〈C〉(代議員・委員による)『大会』,代議員会,会議:

《C-》《米》『国会』,議会(the Senate「上院」とthe House [of representatives]「下院」から成る);国会の会期

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

federal

(国・州などが)『連邦の』,連邦制の

《F-》『米国連邦国家の』,米国国家の

《F-》(南北戦争当時の)北部同盟の

(南北戦争当時の)北部同盟支持者,北軍兵

judge

『裁判官』,判事

(競技・コンテストなどの)『審査員』,審判

(…の)『鑑定家』,目のきく人,(物事の)よしあしの分かる人《+『of』+『名』》

〈人・事件〉‘を'『裁判する』

〈競技など〉‘を'『審判する』,〈コンテストなど〉‘を'審査する

〈人・物事〉‘を'『判断する』,『評価する』;…‘と'[判断して]思う

(…で…を)判断する,評価する《+『of』+『名』+『by』+『名』》

(裁判官・審判などとして)(…を)裁く,判定する;(…の間の)優劣を判定する《+『between』+『名』》

own

『自分自身の』,それ自身の,特有の

『自分自身のもの』,わがもの

…‘を'『所有する』,持つ

…‘を'『認める』,白状する;…‘を'自分のものと認める

(…を)白状する,告白する《+『up to』+『名』(do『ing』)》

(…を)認める《+『to』+『名』》

Madison

マディソン(米国Wisconsin州の州都)

proud

(人が)『得意な,誇らしげな』

(人が)『誇りを持った』,自尊心のある

(人が)高慢な,威張った

《名詞の前にのみ用いて》(物事が)誇るに足る,みごとな

congressman

国会議員,下院議員

authorization

権限を与えること,委任;許可すること

completely

『完全に』,全く,十分に

reaction

{名}(…に対する)『反応』《+『to』+『名』》

〈U〉(…に対する)(政治的・社会的な)『反動』,逆コース《+『against』+『名』》

〈U〉〈C〉化学反応,化学変化

〈U〉〈C〉(物理学で)反作用

exactly

『正確に』,きちんと

ちょうど,まさしく

《否定文で》正確なところ,正確に言って,必ずしも(…でない)

《返事で》《yesの代わりに》全くそうです,そのとおりです;《not exactlyの形で否定して》必ずしもそうではない

grant

〈人の願いなど〉『‘を'かなえる』,聞き入れる

《文》(特に正式に)〈許可など〉『‘を'与える』,〈権利・年金など〉‘を'授与する,授ける

〈事柄など〉『‘を'認める』

〈C〉(…への,…からの)補助金,奨学金《+『to』(『toward,from』)+『名』》

〈U〉(…の)授与,交付;(…の)許可,承認《+『of』+『名』》

frequently

『しばしば』,たびたび

dissemination

(思想・ニュースなどの)普及,流布

throughout

《期間》『…じゅう[ずっと]』

《場所》『…の至る所に』

『全く』,すっかり,どこもかも

《期間》『始めから終りまでずっと』,終始

manage

《しばしばcan, be able toと共に》…‘を'『管理する』,運営する;…‘を'処理する

〈道具・機械など〉‘を'『じょうずに扱う』,操る;〈人・動物〉‘を'うまく使う

《『manage to』do》『なんとか』(…)『する』,うまく(…)する;《時に皮肉に》愚かにも(…)する

管理する,運営する,事を処理する;世話をする

なんとかやっていく;(…で,…なしで)間に合わせる《+『with』(『without』)+『名』》

member

(集団の)『一員』,会員,メンバー《+『of』+『名』》

《またM-》国会議員

(数式の)項,辺

《文》身体の一部;(特に)手,足

《遠回しに》男根

significant

『重要な』,重大な

『意味のある』

意味ありげな,暗示的な

assign

〈物・仕事など〉'を'『割り当てる』,あてがう,与える

(…のために)〈日時・場所〉'を'『指定する』,決める《+『名』+『for』+『名』》

〈人〉'を'『任命する』,選任する,指名する

(…に)〈原因など〉'を'帰する《+『名』+『to』+『名』》

responsibility

〈U〉『責任があること』

〈C〉『責任を負うべき事』(『物』),責務

chair

 〈C〉『いす』(通例1人用の4脚で背のあるもの;armchair, easy chair, rocking chair, swivel chairも含めていう)

《the chair》権威のある座(教授・裁伴官・司教・知事・市長などの地位)

《the chair》議長(chairperson)

《the chair》《米》(死刑用の)電気いす

…‘の'議長をつとめる,'を'司会する

…'を'いすに座らせる

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

disagree

〈物事が〉(…と)『一致しない』,食い違う《+『with』+『名』》

〈人が〉『意見が合わない』;(…について人と)意見が合わない《+『with』+『名』+『on』(『about』)+『名』(do『ing』)》

〈気候・食物などが〉(人に)合わない,適しない,害を与える《+『with』+『名』》(受動態にできない)

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

accept

(喜んで)〈物〉'を'『受け取る』,〈事〉'を'受け入れる

〈提案・決定など〉'を'受諾する,〈事態・運命など〉に従う;(特に)…‘に'しかたなく同意する

〈弁解・説明・理論など〉'を'『認める』,容認する

〈責任・任務など〉'を'『引き受ける』

〈人〉'を'受け入れる,仲間(身内)に入れる

〈手形〉'を'引き受ける

tradeoff

取り引き

offensive

『不愉快にする』,無礼な,しゃくにさわる

(感覚的に)『いやな』,不快な(disagreeable)

『攻撃の』

(スポーツで)攻撃[側]の

〈C〉攻撃,攻勢

defensive

防御の,守備の

弁護の

防御,守勢

possible

(物事が)『可能な』,実行できる

(物事が)『ありうる』,『起こりうる』

我慢できる,まずまずの

《形容詞の最上級,all, everyなどを強調して》可能な限りの

〈U〉《the ~》可能性

〈C〉可能性のある人(物,事),当選(勝利)の見込みのある人

heavily

『重く』,どさりと

重そうに,のろのろと;重苦しく

『激しく』,ひどく,大いに

bias

〈C〉(布地の裁断や縫い目の)斜線,バイアス

〈C〉〈U〉(…に対する)心理的傾向,性癖;先入観;偏見《+『toward』(『against』,『for』)+『名』》

斜めの;斜めに裁った

(…に対して)〈人〉‘に'偏見を抱かせる,〈人の意見・心〉'を'一方に片寄らせる

《+『名』+『against』(『towards, in favor of』)+『名』》

vulnerability

傷つきやすいこと,(批判・皮肉などに)弱いこと

overwhelming

圧倒的な,抗しきれない

majority

〈U〉《集合的に;時にa majority》《単数・複数扱い》『大多数』,『過半数』

〈C〉《単数形で》(下位との)得票の差;(…の)票のひらき(+『of+名』》

〈C〉《単数形で》成年,成人(英米とも21歳)

〈C〉《単数形で》陸軍(空軍)少佐の位

manufacture

〈U〉(工場における大規模の)『製造』,製作;製造工業;(一般に)作ること,製造

〈C〉《しばしば複数形で》『製品』

(工場で大規模に)(…から)…‘を'製造する,製作する《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'加工する,製品化する

〈話・口実など〉‘を'でっち上げる

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

product

『産物』;製品

(…の)結果,帰結《+『of』+『名』(do『ing』)》

(数の)積

(化学の)生成物

proposal

〈U〉『提案すること』;〈C〉『提案されたこと』

〈C〉結婚の申し込み,プロポーズ

publish

〈本・雑誌など〉‘を'『出版する』,発行する;〈作家など〉‘の'作品を出版する

…‘を'一般に知らせる,公表する

出版する,発行する

report

〈C〉(…についての(『報告』,『報道』《+『on』(『of』)+『名』》

〈C〉銃声,砲声,爆発音

〈U〉〈C〉うわさ,評判

…‘を'『報告する』,『報道する』

(上役・警察などの…のことで)〈人〉‘を'『言いつける,訴える』《+『名』〈『人』〉+『to』+『名』+『for』+『名』(doing)》

(…について)『報告する』《+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》

(…に)『出頭する』《+『for』(『to』)+『名』》

dog

雄犬;イヌ科の動物(特にイタチ・オオカミ・カワウソ)の雄

《話》《形容詞を伴って》やつ

《話》くだらない男,下劣なやつ

《米俗》粗悪な物,くだらない物

つかみ道具(氷づかみ,掛けかぎなど)

《the dogs》《英》競犬

(犬のように)…‘の'後をつける,‘に'付きまとう

recommend

…‘を'『推薦する』,推奨する

〈事〉‘を'『勧める』,勧告する

〈物事が〉…‘を'好ましてものにする,‘の'とりえとなる

(神などに)…‘を'ゆだねる《+『名』+『to』+『名』》

wander

《方向・場所を表す副詞[句]を伴って》『あてもなく歩き回る』,さまよう

(道・主題から)『それる』,はずれる,脱線する《+from(off)+名》

〈考え・言葉などが〉乱れる,取り留めがなくなる

〈山・川・道などが〉曲がりくねる

…‘を'さまよい歩く,ぶらつく

hall

『会館』,公会堂,集会場;本部,事務所

(大きな建物の一部となっている)『大広間』,ホール

(また《おもに米》『hallway』)『玄関の広間』(玄関のドアを入った所とそこから各部屋の前まで通じる廊下)

《米》(学校・ビルなどの)『廊下』,通路

学校内の特別の用途のための建物(校舎,寄宿舎,集会所,大食堂など)

《おもに英》地方の大地主の邸宅

complimentary

あいさつの,お祝いの;賞賛の;おせじの

招待の,無料の

seek

《文》…‘を'捜し求める,捜す;捜し出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『seek to』 do》《おもに文》…しようと努力する

…‘を'手に入れようとする,求める

…‘へ'自然に動く

(…を)捜す,求める《+『for』(『after』)+『名』》

problem

(特に解決の容易でない)『問題』,やっかいな事熊

《単数形で》《話》(…にとって)やっかいな人《+『to』+『名』》

(特に,数学の)問題

扱いにくい,問題の

conceive

〈考え,目的など〉'を'『心に抱く』,思う,〈計画など〉'を'思いつく

《文》〈子〉'を'はらむ

《『conceive of』+『名』(do『ing』)》(…を)想像する

reasonably

理性的に;道理にかなって

calmly

『静かに』,落ち着いて

crazy

『狂気の』,気違いの

(物事が)『途方もない』,実行不可能な

《補語にのみ用いて》『熱中している』,夢中の

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

endanger

〈生命・富・健康・計画など〉‘を'危うくする,危険にさらす

lose

〈物〉‘を'『失う』,なくす,〈人・道など〉‘を'見失う,〈仕事・権利・命など》‘を'失う

《『lose』+『名』+『名』》〈物事が〉〈人〉‘に'…‘を'失わさせる

〈勝負事・訴訟・戦争など〉‘に'『負ける』

…‘を'『保つことができなくなる』

…‘を'免れる,脱する

…‘を'『逃す』,むだにする

〈時計が〉〈ある時間〉‘だけ'『遅れる』

(…で)損をする,(…を)失う《+『in』(『on』)+『名』》

(試合・ゲームなどで)負ける《+『in』+『名』》

〈時計が〉遅れる

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

colleague

(会社・学校など,また専門職業の)『同僚』,仲間,同業者

scenario

(映画の)シナリオ,台本

(小説・戯曲の)筋書き

offer

…‘を'『申し出る』,すすめる,提供する

…‘を'『企てる』

(品物に)〈値段〉‘を'つける《+『名』〈値段〉+『for』+『名』〈品物〉》

(ある金額で)…‘を'売りに出す《+『名』+『for』+『名』〈金額〉》

(神に)…‘を'ささげる《+『up』+『名』+『to』+『名』》

〈機会などが〉現れる,起こる(occur)

(神に)ささげ物(祈り)をささげる

(女性に)求婚する

『申し出』,提案

付け値

amnesty

(おもに政治犯に対する)恩赦,特赦

terrible

『恐ろしい』,怖い

『ひどい』,すさまじい

《話》ひどく悪い,不愉快な

negotiate

(人と)〈物事〉‘を'『取り決める』,『協定する』《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

〈小切手・手形・証券など〉‘を'売却する,換金する

《話》〈障害・因難〉‘を'うまく乗り越える,切り抜ける

(人と物事について)取り決める,協定する《+『with』+『名』〈人〉+『about』(『for,on,over』)+『名』》

break

…'を'『壊す』,割る,砕く;…'を'折る

…'を'擦りむく

…'を'『役に立たなくする』,壊す

(小さな物に)〈組になった物〉'を'分ける,ばらす,〈お金〉'を'くずす《+『名』+『into』+『名』》

〈垣・へいなど〉'を'破って出る

〈法律・規則・約束など〉'を'『破る』,犯す

〈均整・秩序・配列など〉'を'破る,くずす;〈持続しているもの〉'を'中止する,妨げる

〈記録〉'を'破る,更新する

(…に)…'を'打ち明ける,知らせる《+『名』+『to』+『名』》

…'を'破産させる,倒産させる

〈気力・抵抗など〉'を'くじく;〈力・効果・強度〉'を'弱める

(…に)…‘の'位を下げる,…'を'降等させる《+『名』+『to』+『名』》

〈動物〉'を'ならす

〈人〉‘の'(…の)癖を直す《+『名』〈人〉+『of』+『名』(do『ing』)》

〈暗号など〉'を'解読する;〈事件・問題など〉を解決する,解く

《しばしば副詞[句]を伴って》『壊れる』,砕ける,割れる;破れる,破裂する

ぷっつりと切れる;中断する,途切れる;《米》仕事を中断する

はずれる,離れる,分離する《+『off』(『away』)》

故障する,壊れる,動かなくなる

突然始まる;突然変化する

夜が明ける

〈健康・気力などが〉衰える,弱る;〈心が〉悲しみに打ちひしがれる

〈株・価格などが〉急落する,暴落する

壊れた箇所,裂け目,割れ目

中断,途切れ;不和,仲たがい

休憩時間,小休止

逃亡計画,脱獄

(…に向かっての)突進

急な変化,顕著な変化

夜明け

《話》運,機会

quote

(…から)〈言葉・文章など〉‘を'『引用する』(cite)《+『名』+『from』+『名』》

…‘を'引き合いに出す

〈値段・評価額〉‘を'見積もる

…‘を'引用符で囲む

(…から)引用する《+『from』+『名』》

(…の)相場(時価)を見積もる《+『for』+『名』》

見積もり、見積価格、価格を提示されたもの

=quotation2

《複数形で》=quotation mark

prove

…‘を'『証明する』

…‘を'『試す』,検討する

《『prove』[『to be』]+『名』(『形』)》(…と)『証明される』,わかる・「で」あると判明する

surrender

(…に)…‘を'『引き渡す』,明け渡す《+名+to+名》

(感情などに)〈自分の身〉‘を'『任せる』,ゆだねる《+oneself to+名》

《文》〈権利・自由など〉‘を'『譲る』,放棄する

(…に)『降伏する』,自首する《+to+名》

(感情などに)身をゆだねる,屈服する《+to+名》

『引き渡し,降伏』,自首;譲渡,放棄

document

(証書・記録・資料などの)『文書』,書類

…‘を'事実(証拠)で裏づける

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

considered

よく考えた,熟慮した

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

misquote

…‘を'間違って引用する

entertain

〈人〉‘を'『楽しませる』

〈人〉‘を'『もてなす』,歓待する

〈感情・意見・計画など〉‘を'心に抱く

客を呼ぶ,客をもてなす,歓待する

mitigate

〈苦痛・怒りなど〉‘を'和らげる,鎮める;〈刑罰など〉‘を'軽くする

worth

(…するだけの)『価値がある』,(するに)値する《+名(doing)》

(…の)『値打ちがある』,(…と)同じ価値の《+名》

(…だけの)財産を持つ《+名》

(人・物事の)『真価』,価値

(金銭的な)『価値』,値打ち

(金額相当の)分量

富,財産

defer

…'を'『延ばす』,延期する(postpone)

lane

『小道』,横町,路地,いなか道

(船・飛行機などの)航路,(車道の)車線

(ボウリングの)レーン

tradition

{U}‐C}(昔から伝えられてきた)『しきたり,伝統』・ {C}伝説・慣例,文化遺産

jurisprudence

法学,法律学,法理学

法制,法体系,法組織

法の分野(部門)

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

benefit

〈C〉〈U〉ためになること(もの),利益,恩恵

〈C〉(国家などにより支払われる)給付金,手当

〈U〉慈善興行,募金興行

…‘の'ためになる,‘に'利益を与える

(…で)利益を得る《from(by)+名》

presuppose

(当然のこととして)…‘を'予期する,予想する;<…であること>‘を'予期する《+『that節』》;(…すると)…‘を'予想する《+『名』+『to』 do》

…‘を'前提とする;<…であること>‘を'前提する《+『that節』》

outcome

(…の)『結果』,成り行き(result)《+『of』+『名』》

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

figure

〈C〉『数字』,(特に)アラビア数字;数量,価格

《複数形で》計算,算数

〈C〉『姿』,容姿,目立つ姿

〈C〉《修飾語句を伴って》(…の)『人』;(…の)名士,大物

〈C〉(絵画・彫刻などの)人物像,肖像

〈U〉〈C〉形,形状

〈C〉『図』図形;模様,図案

〈C〉(…の)印,象徴,典型《+『of』+『名』》

〈C〉=figure of speech

〈C〉(ダンス・スケートの)フィギュア

…‘を'計算する;…‘を'合計する《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

《おもに米話》…‘を'考える

…‘を'(…の)図形に表す,(…の)模様で飾る《+『名』+『with』+『名』》

(…で)目立つ,異彩を放つ《+『in』+『名』》

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

possibility

〈C〉『可能性』,実現性;〈C〉《単数形で》『可能なこと』,ありうること,起こりそうなこと

〈C〉実現可能な事柄

〈C〉(勝利・指名などの)見込みのある人;《話》まずまずの人(物)

〈C〉《しばしば複数形で》将来性,見込み

justice

〈U〉『正義』,正しさ;『公平』,公正

〈U〉『正当性』,妥当性

〈U〉司法,裁判

〈C〉『裁判官』(judge),判事,《英》最高法院の判事,《米》最高裁判所判事

end

(細いものの)『端』,先端《+『of』+『名』》

(物語などの)『終り』,終結部《+『of』+『名』》

(物事・期間の)『最後』《+『of』+『名』》;(…に)結末をつけるもの《+『to』+『名』》

(…の)端の部分,末端部《『of』+『名』》

《しばしば複数形で》『目的』(purpose),目標(aim)

《遠回しに》死,滅亡

《しばしば複数形で》切れ端,くず,残りもの

(事業などの)部門(part)

(フットボールで)エンド)前衛両端の選手または位置)

…‘を'『終わらせる』,終える

〈物事が〉…‘の'終りとなる,‘を'締めくくる

『終わる』,終了する(come to an end)

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

impact

〈U〉〈C〉(…の…に対する)衝突,衝撃《+『of』+『名』+『against』(『on』,『upon』,『with』)+『名』》

〈C〉(…の…に対する)影響(influence)影響力《+『of』+『名』+『on』(『upon, against』)+『名』》

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

personal

『一個人の』,『個人的』;個人のための(private)

『自分自身で行う』

『身体の』,容姿の

他人の私事にふれる,私事の

個人功撃の

(文法で)人称の

(新聞の)個人消息欄

data

『資料』,事実;情報

rely

『あてにする』,たよる

headline

(新聞などの)見出し,表題

《複数形で》(ニュース放送の)おもな項目

〈新聞など〉‘に'見出しをつける

bite

…'を'『かむ』,かじる,くわえる

〈虫が〉…'を'刺す,食う

〈こしょうなどが〉…'を'刺激する;〈寒さが〉…‘に'しみる;〈霜が〉…'を'いためる;〈酸が〉…'を'腐食す

〈歯車や機械などが〉…‘に'かみ合う;〈刃物などが〉…‘に'切り(食い)込む

かむ;かみつく;〈魚が〉えさに食いつく

〈寒さが〉しみる;〈こしょうなどが〉刺激する;〈言葉などが〉(…に)食い込む《+『into』+『名』)

(歯車などが)かみ合う,空回りしない

『かむこと』,食いつくこと;(釣りで,魚の)食い

〈C〉(食べ物の)1口[分]《+『of』+『名』》;《話》軽い食事

〈C〉かみ傷,(虫などの)刺した跡

〈U〉ぴっとする刺激;辛み;(傷の)痛み;激痛

〈U〉(機械などの)かみ合い

one-sided

片寄った;不公平な(partial)

一方的な,つりあいのとれない

sign

(ある事実・状態・感情などの)『表れ』,印,気配,徴侯(indication);(…の)こん跡,計跡《+『of』+『名』》・『身ぶり』,手まね,合図

『標識』,看板

(数学・音楽などの)記号

(…の)『象徴』,シンボル(symbol)《+『of』+『名』》・《文》(…の)『前兆』,きざし《+『of』+『名』》・宮(きゅう)(黄道12区分の一つ) ・〈手紙・書類・作品など〉‘に'『署名する』・(…に)〈名前など〉‘を'書く《+『名』+『on』(『to』)+『名』》

…‘を'雇う契約に署名する・…‘を'合図する,知らせる;…に合図する・署名する・契約書に署名して雇われる

badge

『記章』,バッジ

tab

(開けるたれの)つまみ;(持つ・つるすための)ひもの輪;(区別するための)付け札,ラベル

(衣服につける装飾用の)ひも,輪,垂れ飾り;(靴の)舌革など

《話》(食事などの)勘定;つけ

wear

<服・靴・帽子・装飾品・ひげなど>‘を'『身につけている』

〈ある表情・態度など〉‘を'『表している』,示している

(使用して)…‘を'『すり減らす』,使いふるす;(摩擦などで)…‘を'を損なう

〈穴・みぞなど〉‘を'すり減らして作る(あける)

(使用・摩擦などで)『すり減る』,すり切れる

《様態・時間を表す副詞[句]を伴って》〈品物などが〉長もちする

『着用』,使用

《集合的に》《単数扱い》『衣類』,衣料品

すり切れ,消耗,摩滅

(衣類などの)耐久力,もち

lanyard

ラニヤード,括帆(かっぱん)索(帆・なわばしごなどを固定する短いロープ)

plug

(穴・すきまなどをふさぐ)『栓』,くさび

(電気の)『差し込み』,プラグ

《話》=spark plug

消火栓(fireplug)

(一口分に切った)かみたばこ

《話》(テレビ・ラジオの番組にはさんだ)宣伝,広告

《米俗》老いぼれ馬

〈穴・すきまなど〉‘を'『ふさぐ』,‘に'せんをする《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'プラグを努し込む《+『in』+『名,』+『名』+『in』》;コンセントに)…‘の'プラグを努し込む《+『名』+『into』+『名』》

《話》(…に)こつこつ(せっせと)取り組む《+『away』(『along』)『at』+『名』》

Dallas

ダラス(米国 Texas州北部の市)

cowboy

カウボーイ,牧童

alienate

(…から)…'を'遠ざける,仲たがいさせる《+『名』+『from』+『名』》

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

courage

『勇気』,度胸

openly

『公然と』,あからさまに

『率直に』,包み隠さず(frankly)

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

plus

『…を加えて,を足して』

《話》『…に加うるに』,とともに

《名詞の前にのみ用いて》(数学で)『正の』,『プラスの』

《名詞の前にのみ用いて》(電気が)『陽の』

余分の(extra)

(等級が)…の上

プラス記号,正号(plus sign)・正数(plus quantity)

《話》剰余(じょうよ),利益;付加的な要素

challenging

挑戦的な

興味をそそる,魅力的な

truly

『偽りなく』,心から

まことに,全く(indeed);ほんとうに,実に(really)

正確に,寸分違わず(exactly)

関連動画