TED日本語 - スバンテ・ペーボ: DNAがつなぐ私たちの内なるネアンデルタール人

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

遺伝学者スバンテ・ペーボ博士が、国際的な大規模研究の結果から、現代人の祖先がアフリカを旅立った後にネアンデルタール人と交配したという、遺伝的証拠を紹介します。私たちの多くはネアンデルタール人のDNAを持っているのです。また、博士は小指の小骨から新しいヒトの種を発見した経過も説明します。

Script

今日お話したいのは 現代人と絶滅した人種の 遺伝子を研究して 何が分かるかです しかしその前に 既に知っていることを簡単に復習します 人の遺伝材料である遺伝子は 体内のほとんど全ての細胞の染色体中に DNAとして収まっています DNAはご存知のように二重らせん構造をしています そして遺伝情報は A T C G の文字で略される 4つの塩基からなる 配列として記録されます そしてこの情報は二本鎖の双方に 存在します これは重要で 新しい細胞が作られる際に二本鎖が分離し 古い鎖を鋳型として新しい鎖が合成されます この過程は ほぼ完璧です

しかし当然ながら自然界には 完璧なものなどありません 従って時には間違いが起こり 誤った文字が組み込まれます 例えば このような変異の 結果は この部屋にいる皆さんの DNA配列を比較したら分かるでしょう 私と皆さんの遺伝子を比べたなら 約1200~1300文字ごとに1文字の割合で 違いがあることでしょう そしてこの変異は 概ね時間の経過に伴い蓄積するのです 従ってチンパンジーを考慮するとヒトとの違いはさらに大きくなります 約100文字あたり1文字の割合で チンパンジーとは違いがあります

DNAや全ゲノムの 歴史に興味があるなら DNAの違いを調べることで DNAの歴史を再構築できます そしてこの歴史を語る時は 通常 このような系統樹を用います この例は非常に単純です この2人のヒトのDNA配列は ごく最近共通の祖先から分化しました さらに遡るとチンパンジーと祖先を共有します そしてこれらの変異は 概ね時間の経過と共に起こるので 遺伝子の違いを見ることで 年代を推測することができます 典型的に この2人のヒトは 約50万年前に同じ祖先から分化し チンパンジーとは 5百万年前に分化しました

この2~3年で 測定技術が発達し 多くのDNAを非常に短時間で調査可能になりました おかげで今ではわずか数時間で ヒトの全ゲノム配列を解析できるのです 当然ながら私たちは2つのヒトゲノム つまり 母親と父親から一つずつ受け継いでいます 遺伝子の長さは30億文字ほどです 自分の持つ二つのゲノムのうちで その一つを使って他の人との 違いを見ると約3百万個所あります 違いを見ると約3百万個所あります そうなると次に考えたくなるのは このような遺伝上の違いが どのように 世界に分布しているかということです 実際調べてみると まずアフリカではかなり多くの遺伝上の違いが見られます そしてアフリカ以外の地域では 遺伝上の違いはより少ないのです 驚くのも無理はありません アフリカの人口はその他の地域の 1/6 ~ 1/8 だからです にもかかわらずアフリカの人には より多くの遺伝上の違いがあるのです

さらにアフリカ以外の地域で見られる このような遺伝上の違いはほとんどが アフリカ内で見るDNA配列に 極めて共通点があります しかしアフリカ内で見ると 他の地域とは密接な共通性がない 遺伝上の違いが見られます この説明としては アフリカ人の遺伝上の違いの全体ではなく一部が 世界に広がり定着したという説が挙げられます このような遺伝子の違いそして最新の技術から 導き出された知見は次のようなものです つまり現代人は 本質的にはお互いに見分けはつかず アフリカで進化したのはごく最近で 10~20万年前のことです その後 約5~10万年前に アフリカから旅立ち その他の世界に定着したのです

このことから私がしばしば言うのは 遺伝的見地からは 私たちは皆アフリカ人だということです 私たちは今日アフリカの住人か ごく最近旅立った人のいずれかです 現代人類の直近の起源が 示すもう一つの出来事は 遺伝上の違いが 世界中に広く伝播し 多くの地域で 段階的に広がっていったことが 少なくとも鳥瞰的に見ると言えます 多様な遺伝上の違いが存在し しかも段階的に違いが広がったということは ある特定の人のゲノムから DNA配列を解析すれば 祖父母や両親が 頻繁に移動しなかった限り 極めて正確に 出身地を特定できます

しかし果たしてこれは 多くの人が考えるように 例えば異なる大陸間の人の集団の場合 大きな遺伝子的違いがあると言うのでしょうか そのような質問にも答えが分かりつつあります 例えば現在 世界中から集めた1千人分の 遺伝子配列を解析する研究が進んでいます 解析対象にはアフリカの2つの集団から 選ばれたアフリカ人185人がいます これとほぼ同数のヨーロッパと中国の人も 遺伝子配列を解析しました その結果 各個体の配列に どれだけの違いを発見できるか 何文字分が異なるか解明を始めました 違う個所は膨大で3800万個所に上ります

それよりもアフリカ人とその他の人々の間に 決定的な違いがあるか解明できます 大抵の人はおそらく 大きな違いがあると思うでしょう その決定的な違いが 何を意味するかと言うと アフリカ人の遺伝子の特定の位置に 全ての人に100%共通する文字があるのに対し アフリカ外の人では別の文字に置き換わっていることです 実は数百万もの異なる遺伝子配列のなかで そのような位置は一つもありません 驚くべきことです もしかしたら一人の誤差の結果かも知れません そこで条件を少し緩くしましょう すなわちアフリカ人の95%が 一致する文字を持ち 別の個所では95%が 別に一致する文字を持つ配列の 位置の数はいくつでしょうか その答えの数は12です

とても驚くべきことです つまり人種を比較して アフリカ出身の人と ヨーロッパあるいはアジア出身の人を見比べて ゲノムの特定の位置を指して100%の正確性を持って その人の出身地を予想できないのです そしてわずか12ヶ所の位置が 95%の確立で一致すると言えるのです 驚くべきことは 外見から判断すれば これらの人や 祖先がどこの出身か見分けがつくことです つまり 明らかな 外見上の特徴 顔立ち 肌の色 髪質などは 一つの遺伝子だけに大きく左右される訳ではなく 多くの遺伝子の違いが複合して決まるのです そして遺伝子が異なる頻度は 地域により違っているようです

また お互いに容易に気づく 明らかな外見上の特徴で 特筆すべきことは まさに文字通り 体の表面に見受けられることです つい先ほど申し上げたように 顔立ち 髪質 肌の色なのです 他にも多くの異なった特徴が 大陸間では見られ それらは食べ物の消化の方法の違いや 我々の体内に侵入しようとする 微生物に対する免疫の働きの 違いに関係しています しかし言ってみれば このような身体部分はすべて 外部環境に直接触れています 想像がつくのは こういった身体部分は 環境が及ぼす選択肢の影響を受けて 関連する遺伝子の 頻度を変えることです しかし環境に直接さらされない 身体の他の部分 例えば腎臓 肝臓 心臓などは 見る限りでは 出身地は全く分かりません 出身地は全く分かりません

もう一つ興味深いのは ヒトはアフリカの共通の祖先から 分化したと言う見方を取ると それが起こったのは約10万年前のことですが その頃 地球上ではヒトが 唯一の人類ではなかったのです 他の人類も同時に存在したのです おそらく最も有名なのはネアンデルタール人でしょう 左に示したこの人種は 右に示した現代人に比べ 骨格ががっしりしています 数十万年前 西アジアとヨーロッパに 棲んでいました 興味深い疑問は 我々が出会った時どうなったかです ネアンデルタール人はどうしたのでしょう?

この疑問に答えようとして 私の研究チームは25年以上かけて ネアンデルタール人や 数万年前に絶滅した 動物の遺骸から DNAを抽出する方法を研究しています DNAの抽出方法や 配列解析可能な形状に 変換するには様々な技術的問題が伴います 自身のDNAが 試料に混入しないよう 細心の注意が必要です また同時に大量のDNA分子の 配列を超高速に解読する技術のおかげで 昨年私たちはネアンデルタール人の ゲノム配列の第一版を公表しました 誰でもインターネット上で これまで再構築できた約55%の ネアンデルタール人のゲノムを 見ることができます そこでネアンデルタール人と 現代人のゲノムを比較し始められるのです

そこから生まれる疑問は 我々が出会ったとき何が起こったかということです 我々が出会ったとき何が起こったかということです 交配しあったのでしょうか? この疑問に答えるには 西ヨーロッパのネアンデルタール人と 現代人のゲノムとを 比較することです そこで我々は 2人の現代人との間で比較を行うこととし その手始めとして 2人のアフリカ人のゲノムを調べ 互いに異なる点やネアンデルタール人に 類似している点はどこかを調べました ネアンデルタール人はいずれのアフリカ人により近かったでしょうか? ネアンデルタール人はアフリカに棲まなかったので違いはないと予測しました ネアンデルタール人はアフリカに棲まなかったので違いはないと予測しました 彼らは同等で いずれか一方に より近いとは考えられません 結果はまさにそのとおりでした 統計的に見てネアンデルタール人は いずれのアフリカ人にも類似性がありませんでした しかしヨーロッパ人や アジア人を見ると結果は違うのです 明らかに高い頻度でネアンデルタール人は アフリカ人よりもヨーロッパ人に近いのです アフリカ人よりもヨーロッパ人に近いのです 中国人とアフリカ人を比較しても 同様です ネアンデルタール人は中国人により近いのです これもまた驚きです ネアンデルタール人は一度も中国に棲んでいません

これの説明として我々が提唱するのは 約10万年前現代人は アフリカから旅立った後に ネアンデルタール人に出会ったのです 最初はネアンデルタール人が棲んでいた 中東で出会ったと思われます もしそこで交配が起こったなら その現代人がアフリカ以外の人 全ての祖先となり 世界中の子孫に ネアンデルタール人の部分の ゲノムを広げたのです このようにして今日アフリカ以外の人は DNAの約2.5%をネアンデルタール人から 受け継いでいるのです

ネアンデルタール人のゲノムを 比較対照とし 古代人の遺骸を調べて DNAを抽出する 技術を活用して 世界中の人を対象に応用することができます これを我々が初めて行ったのが南シベリアの アルタイ山脈にある デニソワという場所です 2008年に 考古学者が山の洞窟で とても小さな骨のかけらを発見しました これはその複製です これはヒトの小指の骨であることが 考古学者らは気づきました そしてこの骨は保存状態がよかったので 我々はこの人物のDNAを解析することができ 実際ネアンデルタール人より うまく解析することができ このゲノムをネアンデルタール人や 現代人と比較してみました その結果約64万年前 この個体は ネアンデルタール人と共通のDNA配列を持つ 祖先を共有していたことが分かりました さらに80万年前まで遡ると 現代人とも共通の 祖先につながるのです

従ってこの個体の属していた集団は ネアンデルタール人と共通の祖先を持ち それよりはるか以前から独自の歴史があったのです この小さな小さな骨のかけらから 初めてその特徴が調べられた この人類の集団を 初めて発見された場所にちなんで デニソワ人と呼びます デニソワ人についてもネアンデルタール人と 同じ質問ができます 現代人の祖先との間で交配したのだろうか? この問いかけに対して デニソワ人のゲノムを 世界中の人と比較すると 驚くことに 今日のシベリア周辺の人ですら誰も デニソワ人のDNAを持っていないのです しかしパプア・ニューギニアを始めとした メラネシアや太平洋の島々の人は持っているのです おそらく これが意味するのは デニソワ人は以前はより広く分布していたのです メラネシア人の祖先がシベリアに棲んでいたとは 考え難いからです

絶滅した人種の ゲノムを研究することで 現代人がアフリカから外へ旅立ち始めた頃の 世界の様子が分かり始めているのです 西にはネアンデルタール人が棲み 東にはデニソワ人が棲んで おそらく他にも未知の人種が 棲んでいたことでしょう これらの人種の居住地域の境界線はよく分かりませんが 南シベリアには少なくとも過去のある時期 ネアンデルタール人とデニソワ人の 両方が棲んでいたことが分かっています その後アフリカのどこかで現代人が現われ アフリカを出ておそらく中東に行きました そこでネアンデルタール人に出会い交配し 世界中に広がり続け 東南アジアのどこかで デニソワ人と出会い交配し 太平洋へと向かって行ったのです その後これらの古代人は絶滅しましたが 特定の現代人の中で その一部が生き続けているのです アフリカ以外の人のDNAの2.5%は ネアンデルタール人に由来します メラネシアの人はこれに加え 約5%のDNAを デニソワ人から受け継いでいます

これが意味することは アフリカ以外の人とアフリカ人との間に 決定的な違いがあるのでしょうか? つまり アフリカ以外の人は 絶滅した人種のゲノムの一部を 受け継いでいるのに対し アフリカ人は持たないのでしょうか? そのようなことはないと思います おそらく現代人は アフリカのどこかで生まれました そして当然ながらアフリカ中にも広がり そこには古代人もいました そして別の地域でも交配したように アフリカ人から古代人のゲノムを 将来発見した際には 間違いなく アフリカの現代人の祖先もまた その古代人と交配したことが分かるでしょう

最後にまとめると 現代人と絶滅した人種との 比較ゲノム研究から 何が分かったのでしょう おそらく多くのことが分かりましたが 一つ大事な点と思い申し上げるのは 我々は常に交配してきたということです 我々は古代人と出会うたびに交配し 我々は古代人と出会うたびに交配し それ以降は現代人同士で交配を続けているのです

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

What I want to talk to you about is what we can learn from studying the genomes of living people and extinct humans. But before doing that, I just briefly want to remind you about what you already know: that our genomes, our genetic material, are stored in almost all cells in our bodies in chromosomes in the form of DNA, which is this famous double-helical molecule. And the genetic information is contained in the form of a sequence of four bases abbreviated with the letters A, T, C and G. And the information is there twice -- one on each strand -- which is important, because when new cells are formed, these strands come apart, new strands are synthesized with the old ones as templates in an almost perfect process.

But nothing, of course, in nature is totally perfect, so sometimes an error is made and a wrong letter is built in. And we can then see the result of such mutations when we compare DNA sequences among us here in the room, for example. If we compare my genome to the genome of you, approximately every 1,200,1,300 letters will differ between us. And these mutations accumulate approximately as a function of time. So if we add in a chimpanzee here, we will see more differences. Approximately one letter in a hundred will differ from a chimpanzee.

And if you're then interested in the history of a piece of DNA, or the whole genome, you can reconstruct the history of the DNA with those differences you observe. And generally we depict our ideas about this history in the form of trees like this. In this case, it's very simple. The two human DNA sequences go back to a common ancestor quite recently. Farther back is there one shared with chimpanzees. And because these mutations happen approximately as a function of time, you can transform these differences to estimates of time, where the two humans, typically, will share a common ancestor about half a million years ago, and with the chimpanzees, it will be in the order of five million years ago.

So what has now happened in the last few years is that there are account technologies around that allow you to see many, many pieces of DNA very quickly. So we can now, in a matter of hours, determine a whole human genome. Each of us, of course, contains two human genomes -- one from our mothers and one from our fathers. And they are around three billion such letters long. And we will find that the two genomes in me, or one genome of mine we want to use, will have about three million differences in the order of that. And what you can then also begin to do is to say, "How are these genetic differences distributed across the world?" And if you do that, you find a certain amount of genetic variation in Africa. And if you look outside Africa, you actually find less genetic variation. This is surprising, of course, because in the order of six to eight times fewer people live in Africa than outside Africa. Yet the people inside Africa have more genetic variation.

Moreover, almost all these genetic variants we see outside Africa have closely related DNA sequences that you find inside Africa. But if you look in Africa, there is a component of the genetic variation that has no close relatives outside. So a model to explain this is that a part of the African variation, but not all of it, [ has ] gone out and colonized the rest of the world. And together with the methods to date these genetic differences, this has led to the insight that modern humans -- humans that are essentially indistinguishable from you and me -- evolved in Africa, quite recently, between 100 and 200,000 years ago. And later, between 100 and 50,000 years ago or so, went out of Africa to colonize the rest of the world.

So what I often like to say is that, from a genomic perspective, we are all Africans. We either live inside Africa today, or in quite recent exile. Another consequence of this recent origin of modern humans is that genetic variants are generally distributed widely in the world, in many places, and they tend to vary as gradients, from a bird's-eye perspective at least. And since there are many genetic variants, and they have different such gradients, this means that if we determine a DNA sequence -- a genome from one individual -- we can quite accurately estimate where that person comes from, provided that its parents or grandparents haven't moved around too much.

But does this then mean, as many people tend to think, that there are huge genetic differences between groups of people -- on different continents, for example? Well we can begin to ask those questions also. There is, for example, a project that's underway to sequence a thousand individuals -- their genomes -- from different parts of the world. They've sequenced 185 Africans from two populations in Africa. [ They've ] sequenced approximately equally [ as ] many people in Europe and in China. And we can begin to say how much variance do we find, how many letters that vary in at least one of those individual sequences. And it's a lot: 38 million variable positions.

But we can then ask: Are there any absolute differences between Africans and non-Africans? Perhaps the biggest difference most of us would imagine existed. And with absolute difference -- and I mean a difference where people inside Africa at a certain position, where all individuals -- 100 percent -- have one letter, and everybody outside Africa has another letter. And the answer to that, among those millions of differences, is that there is not a single such position. This may be surprising. Maybe a single individual is misclassified or so. So we can relax the criterion a bit and say: How many positions do we find where 95 percent of people in Africa have one variant,95 percent another variant, and the number of that is 12.

So this is very surprising. It means that when we look at people and see a person from Africa and a person from Europe or Asia, we can not, for a single position in the genome with 100 percent accuracy, predict what the person would carry. And only for 12 positions can we hope to be 95 percent right. This may be surprising, because we can, of course, look at these people and quite easily say where they or their ancestors came from. So what this means now is that those traits we then look at and so readily see -- facial features, skin color, hair structure -- are not determined by single genes with big effects, but are determined by many different genetic variants that seem to vary in frequency between different parts of the world.

There is another thing with those traits that we so easily observe in each other that I think is worthwhile to consider, and that is that, in a very literal sense, they're really on the surface of our bodies. They are what we just said -- facial features, hair structure, skin color. There are also a number of features that vary between continents like that that have to do with how we metabolize food that we ingest, or that have to do with how our immune systems deal with microbes that try to invade our bodies. But so those are all parts of our bodies where we very directly interact with our environment, in a direct confrontation, if you like. It's easy to imagine how particularly those parts of our bodies were quickly influenced by selection from the environment and shifted frequencies of genes that are involved in them. But if we look on other parts of our bodies where we don't directly interact with the environment -- our kidneys, our livers, our hearts -- there is no way to say, by just looking at these organs, where in the world they would come from.

So there's another interesting thing that comes from this realization that humans have a recent common origin in Africa, and that is that when those humans emerged around 100,000 years ago or so, they were not alone on the planet. There were other forms of humans around, most famously perhaps, Neanderthals -- these robust forms of humans, compared to the left here with a modern human skeleton on the right -- that existed in Western Asia and Europe since several hundreds of thousands of years. So an interesting question is, what happened when we met? What happened to the Neanderthals?

And to begin to answer such questions, my research group -- since over 25 years now -- works on methods to extract DNA from remains of Neanderthals and extinct animals that are tens of thousands of years old. So this involves a lot of technical issues in how you extract the DNA, how you convert it to a form you can sequence. You have to work very carefully to avoid contamination of experiments with DNA from yourself. And this then, in conjunction with these methods that allow very many DNA molecules to be sequenced very rapidly, allowed us last year to present the first version of the Neanderthal genome, so that any one of you can now look on the Internet, on the Neanderthal genome, or at least on the 55 percent of it that we've been able to reconstruct so far. And you can begin to compare it to the genomes of people who live today.

And one question that you may then want to ask is, what happened when we met? Did we mix or not? And the way to ask that question is to look at the Neanderthal that comes from Southern Europe and compare it to genomes of people who live today. So we then look to do this with pairs of individuals, starting with two Africans, looking at the two African genomes, finding places where they differ from each other, and in each case ask: What is a Neanderthal like? Does it match one African or the other African? We would expect there to be no difference, because Neanderthals were never in Africa. They should be equal, have no reason to be closer to one African than another African. And that's indeed the case. Statistically speaking, there is no difference in how often the Neanderthal matches one African or the other. But this is different if we now look at the European individual and an African. Then, significantly more often, does a Neanderthal match the European rather than the African. The same is true if we look at a Chinese individual versus an African, the Neanderthal will match the Chinese individual more often. This may also be surprising because the Neanderthals were never in China.

So the model we've proposed to explain this is that when modern humans came out of Africa sometime after 100,000 years ago, they met Neanderthals. Presumably, they did so first in the Middle East, where there were Neanderthals living. If they then mixed with each other there, then those modern humans that became the ancestors of everyone outside Africa carried with them this Neanderthal component in their genome to the rest of the world. So that today, the people living outside Africa have about two and a half percent of their DNA from Neanderthals.

So having now a Neanderthal genome on hand as a reference point and having the technologies to look at ancient remains and extract the DNA, we can begin to apply them elsewhere in the world. And the first place we've done that is in Southern Siberia in the Altai Mountains at a place called Denisova, a cave site in this mountain here, where archeologists in 2008 found a tiny little piece of bone -- this is a copy of it -- that they realized came from the last phalanx of a little finger of a pinky of a human. And it was well enough preserved so we could determine the DNA from this individual, even to a greater extent than for the Neanderthals actually, and start relating it to the Neanderthal genome and to people today. And we found that this individual shared a common origin for his DNA sequences with Neanderthals around 640,000 years ago. And further back,800,000 years ago is there a common origin with present day humans.

So this individual comes from a population that shares an origin with Neanderthals, but far back and then have a long independent history. We call this group of humans, that we then described for the first time from this tiny, tiny little piece of bone, the Denisovans, after this place where they were first described. So we can then ask for Denisovans the same things as for the Neanderthals: Did they mix with ancestors of present day people? If we ask that question, and compare the Denisovan genome to people around the world, we surprisingly find no evidence of Denisovan DNA in any people living even close to Siberia today. But we do find it in Papua New Guinea and in other islands in Melanesia and the Pacific. So this presumably means that these Denisovans had been more widespread in the past, since we don't think that the ancestors of Melanesians were ever in Siberia.

So from studying these genomes of extinct humans, we're beginning to arrive at a picture of what the world looked like when modern humans started coming out of Africa. In the West, there were Neanderthals; in the East, there were Denisovans -- maybe other forms of humans too that we've not yet described. We don't know quite where the borders between these people were, but we know that in Southern Siberia, there were both Neanderthals and Denisovans at least at some time in the past. Then modern humans emerged somewhere in Africa, came out of Africa, presumably in the Middle East. They meet Neanderthals, mix with them, continue to spread over the world, and somewhere in Southeast Asia, they meet Denisovans and mix with them and continue on out into the Pacific. And then these earlier forms of humans disappear, but they live on a little bit today in some of us -- in that people outside of Africa have two and a half percent of their DNA from Neanderthals, and people in Melanesia actually have an additional five percent approximately from the Denisovans.

Does this then mean that there is after all some absolute difference between people outside Africa and inside Africa in that people outside Africa have this old component in their genome from these extinct forms of humans, whereas Africans do not? Well I don't think that is the case. Presumably, modern humans emerged somewhere in Africa. They spread across Africa also, of course, and there were older, earlier forms of humans there. And since we mixed elsewhere, I'm pretty sure that one day, when we will perhaps have a genome of also these earlier forms in Africa, we will find that they have also mixed with early modern humans in Africa.

So to sum up, what have we learned from studying genomes of present day humans and extinct humans? We learn perhaps many things, but one thing that I find sort of important to mention is that I think the lesson is that we have always mixed. We mixed with these earlier forms of humans, wherever we met them, and we mixed with each other ever since.

Thank you for your attention.

(Applause)

What I want to talk/ to you/ about is/ what we can learn from studying the genomes of living people and extinct humans.//

今日お話したいのは 現代人と絶滅した人種の 遺伝子を研究して 何が分かるかです

But before doing that,/ I just briefly want to remind/ you/ about what you already know:/ that our genomes,/ our genetic material,/ are stored in almost all cells/ in our bodies/ in chromosomes/ in the form of DNA,/ which is this famous double-helical molecule.//

しかしその前に 既に知っていることを簡単に復習します 人の遺伝材料である遺伝子は 体内のほとんど全ての細胞の染色体中に DNAとして収まっています DNAはご存知のように二重らせん構造をしています

And the genetic information is contained in the form of a sequence of four bases abbreviated with the letters A,/ T,/ C and G.//

そして遺伝情報は A T C G の文字で略される 4つの塩基からなる 配列として記録されます

And the information is there twice --/ one/ on each strand --/ which is important,/ because/ when new cells are formed,/ these strands come apart,/ new strands are synthesized with the old ones/ as templates/ in an almost perfect process.//

そしてこの情報は二本鎖の双方に 存在します これは重要で 新しい細胞が作られる際に二本鎖が分離し 古い鎖を鋳型として新しい鎖が合成されます この過程は ほぼ完璧です

But nothing,/ of course,/ in nature is totally perfect,/ so sometimes/ an error is made/ and a wrong letter is built in.//

しかし当然ながら自然界には 完璧なものなどありません 従って時には間違いが起こり 誤った文字が組み込まれます

And we can then see the result of such mutations/ when we compare DNA sequences/ among us here/ in the room,/ for example.//

例えば このような変異の 結果は この部屋にいる皆さんの DNA配列を比較したら分かるでしょう

If we compare my genome/ to the genome of you,/ approximately every 1,200,1,300 letters will differ between us.//

私と皆さんの遺伝子を比べたなら 約1200~1300文字ごとに1文字の割合で 違いがあることでしょう

And these mutations accumulate approximately/ as a function of time.//

そしてこの変異は 概ね時間の経過に伴い蓄積するのです

So/ if we add in a chimpanzee here,/ we will see more differences.//

従ってチンパンジーを考慮するとヒトとの違いはさらに大きくなります

Approximately one letter/ in a hundred will differ from a chimpanzee.//

約100文字あたり1文字の割合で チンパンジーとは違いがあります

And/ if you're then interested/ in the history of a piece of DNA,/ or the whole genome,/ you can reconstruct the history of the DNA/ with those differences/ you observe.//

DNAや全ゲノムの 歴史に興味があるなら DNAの違いを調べることで DNAの歴史を再構築できます

And generally/ we depict our ideas/ about this history/ in the form of trees/ like this.//

そしてこの歴史を語る時は 通常 このような系統樹を用います

In this case,/ it's very simple.//

この例は非常に単純です

The two human DNA sequences go back/ to a common ancestor quite recently.//

この2人のヒトのDNA配列は ごく最近共通の祖先から分化しました

Farther back is there/ one shared with chimpanzees.//

さらに遡るとチンパンジーと祖先を共有します

And/ because these mutations happen approximately/ as a function of time,/ you can transform these differences/ to estimates of time,/ where the two humans,/ typically,/ will share a common ancestor about half a million years ago,/ and with the chimpanzees,/ it will be in the order of five million years ago.//

そしてこれらの変異は 概ね時間の経過と共に起こるので 遺伝子の違いを見ることで 年代を推測することができます 典型的に この2人のヒトは 約50万年前に同じ祖先から分化し チンパンジーとは 5百万年前に分化しました

So/ what has now happened in the last few years is/ that there are account technologies/ around that allow you/ to see many, many pieces of DNA very quickly.//

この2~3年で 測定技術が発達し 多くのDNAを非常に短時間で調査可能になりました

So/ we can now,/ in a matter of hours,/ determine a whole human genome.//

おかげで今ではわずか数時間で ヒトの全ゲノム配列を解析できるのです

Each of us,/ of course,/ contains two human genomes --/ one/ from our mothers and one/ from our fathers.//

当然ながら私たちは2つのヒトゲノム つまり 母親と父親から一つずつ受け継いでいます

And they are around three billion such letters long.//

遺伝子の長さは30億文字ほどです

And we will find/ that the two genomes/ in me,/ or one genome of mine/ we want to use,/ will have about three million differences/ in the order of that.//

自分の持つ二つのゲノムのうちで その一つを使って他の人との 違いを見ると約3百万個所あります 違いを見ると約3百万個所あります

And what you can then also begin to do/ is to say,/ "How are these genetic differences distributed across the world?"//

そうなると次に考えたくなるのは このような遺伝上の違いが どのように 世界に分布しているかということです

And/ if you do that,/ you find a certain amount of genetic variation/ in Africa.//

実際調べてみると まずアフリカではかなり多くの遺伝上の違いが見られます

And/ if you look outside Africa,/ you actually find less genetic variation.//

そしてアフリカ以外の地域では 遺伝上の違いはより少ないのです

This is surprising,/ of course,/ because in the order of six to eight times fewer people live in Africa/ than outside Africa.//

驚くのも無理はありません アフリカの人口はその他の地域の 1/6 ~ 1/8 だからです

Yet the people/ inside Africa have more genetic variation.//

にもかかわらずアフリカの人には より多くの遺伝上の違いがあるのです

Moreover,/ almost all these genetic variants/ we see outside Africa have closely related DNA sequences/ that you find inside Africa.//

さらにアフリカ以外の地域で見られる このような遺伝上の違いはほとんどが アフリカ内で見るDNA配列に 極めて共通点があります

But/ if you look in Africa,/ there is a component of the genetic variation/ that has no close relatives outside.//

しかしアフリカ内で見ると 他の地域とは密接な共通性がない 遺伝上の違いが見られます

So a model to explain this is/ that a part of the African variation,/ but not all of it,/ [ has ] gone out/ and colonized the rest of the world.//

この説明としては アフリカ人の遺伝上の違いの全体ではなく一部が 世界に広がり定着したという説が挙げられます

And together/ with the methods to date these genetic differences,/ this has led to the insight/ that modern humans --/ humans/ that are essentially indistinguishable/ from you and me --/ evolved in Africa,/ quite recently,/ between 100 and 200,000 years ago.//

このような遺伝子の違いそして最新の技術から 導き出された知見は次のようなものです つまり現代人は 本質的にはお互いに見分けはつかず アフリカで進化したのはごく最近で 10~20万年前のことです

And later,/ between 100 and 50,000 years ago or so,/ went out of Africa/ to colonize the rest of the world.//

その後 約5~10万年前に アフリカから旅立ち その他の世界に定着したのです

So/ what I often like to say/ is/ that,/ from a genomic perspective,/ we are all/ Africans.//

このことから私がしばしば言うのは 遺伝的見地からは 私たちは皆アフリカ人だということです

We either live inside Africa/ today,/ or in quite recent exile.//

私たちは今日アフリカの住人か ごく最近旅立った人のいずれかです

Another consequence of this recent origin of modern humans is/ that genetic variants are generally distributed widely/ in the world,/ in many places,/ and they tend to vary/ as gradients,/ from a bird's-eye perspective/ at least.//

現代人類の直近の起源が 示すもう一つの出来事は 遺伝上の違いが 世界中に広く伝播し 多くの地域で 段階的に広がっていったことが 少なくとも鳥瞰的に見ると言えます

And/ since there are many genetic variants,/ and they have different such gradients,/ this means/ that if we determine a DNA sequence --/ a genome/ from one individual --/ we can quite accurately estimate/ where that person comes from,/ provided/ that its parents or grandparents haven't moved around too much.//

多様な遺伝上の違いが存在し しかも段階的に違いが広がったということは ある特定の人のゲノムから DNA配列を解析すれば 祖父母や両親が 頻繁に移動しなかった限り 極めて正確に 出身地を特定できます

But does this then mean,/ as many people tend to think,/ that there are huge genetic differences/ between groups of people --/ on different continents,/ for example?//

しかし果たしてこれは 多くの人が考えるように 例えば異なる大陸間の人の集団の場合 大きな遺伝子的違いがあると言うのでしょうか

Well/ we can begin to ask/ those questions also.//

そのような質問にも答えが分かりつつあります

There is,/ for example,/ a project/ that's underway/ to sequence a thousand individuals --/ their genomes --/ from different parts of the world.//

例えば現在 世界中から集めた1千人分の 遺伝子配列を解析する研究が進んでいます

They've sequenced 185 Africans/ from two populations/ in Africa.//

解析対象にはアフリカの2つの集団から 選ばれたアフリカ人185人がいます

[ They've ] sequenced approximately equally [ as ]/ many people/ in Europe/ and/ in China.//

これとほぼ同数のヨーロッパと中国の人も 遺伝子配列を解析しました

And we can begin to say/ how much variance do we find,/ how many letters/ that vary in at least one of those individual sequences.//

その結果 各個体の配列に どれだけの違いを発見できるか 何文字分が異なるか解明を始めました

And it's a lot:/ 38 million variable positions.//

違う個所は膨大で3800万個所に上ります

But we can then ask:/ Are/ there/ any absolute differences/ between Africans and non-Africans?//

それよりもアフリカ人とその他の人々の間に 決定的な違いがあるか解明できます

Perhaps/ the biggest difference/ most of us would imagine existed.//

大抵の人はおそらく 大きな違いがあると思うでしょう

And with absolute difference --/ and I mean a difference/ where people/ inside Africa/ at a certain position,/ where all individuals --/ 100 percent --/ have one letter,/ and everybody outside/ Africa has another letter.//

その決定的な違いが 何を意味するかと言うと アフリカ人の遺伝子の特定の位置に 全ての人に100%共通する文字があるのに対し アフリカ外の人では別の文字に置き換わっていることです

And the answer/ to that,/ among those millions of differences,/ is/ that there is not a single such position.//

実は数百万もの異なる遺伝子配列のなかで そのような位置は一つもありません

This may be surprising.//

驚くべきことです

Maybe/ a single individual is misclassified/ or so.//

もしかしたら一人の誤差の結果かも知れません

So/ we can relax the criterion/ a bit/ and say:/ How many positions do we find/ where 95 percent of people/ in Africa have one variant,/95 percent/ another variant,/ and the number of that is 12.//

そこで条件を少し緩くしましょう すなわちアフリカ人の95%が 一致する文字を持ち 別の個所では95%が 別に一致する文字を持つ配列の 位置の数はいくつでしょうか その答えの数は12です

So this is very surprising.//

とても驚くべきことです

It means/ that/ when we look at people/ and see a person/ from Africa and a person/ from Europe or Asia,/ we can not,/ for a single position/ in the genome/ with 100 percent accuracy,/ predict/ what the person would carry.//

つまり人種を比較して アフリカ出身の人と ヨーロッパあるいはアジア出身の人を見比べて ゲノムの特定の位置を指して100%の正確性を持って その人の出身地を予想できないのです

And only/ for 12 positions can/ we hope to be 95 percent right.//

そしてわずか12ヶ所の位置が 95%の確立で一致すると言えるのです

This may be surprising,/ because we can,/ of course,/ look at these people/ and quite easily say/ where they/ or their ancestors came from.//

驚くべきことは 外見から判断すれば これらの人や 祖先がどこの出身か見分けがつくことです

So/ what this means/ now is/ that those traits/ we then look at and so readily see --/ facial features,/ skin color,/ hair structure --/ are not determined by single genes/ with big effects,/ but are determined by many different genetic variants/ that seem to vary/ in frequency/ between different parts of the world.//

つまり 明らかな 外見上の特徴 顔立ち 肌の色 髪質などは 一つの遺伝子だけに大きく左右される訳ではなく 多くの遺伝子の違いが複合して決まるのです そして遺伝子が異なる頻度は 地域により違っているようです

There is another thing/ with those traits/ that we so easily observe in each other/ that I think is worthwhile/ to consider,/ and that is/ that,/ in a very literal sense,/ they're really/ on the surface of our bodies.//

また お互いに容易に気づく 明らかな外見上の特徴で 特筆すべきことは まさに文字通り 体の表面に見受けられることです

They are/ what we just said --/ facial features,/ hair structure,/ skin color.//

つい先ほど申し上げたように 顔立ち 髪質 肌の色なのです

There are also a number of features/ that vary between continents/ like that/ that have to do/ with how we metabolize food/ that we ingest,/ or that have to do/ with how our immune systems deal with microbes/ that try to invade/ our bodies.//

他にも多くの異なった特徴が 大陸間では見られ それらは食べ物の消化の方法の違いや 我々の体内に侵入しようとする 微生物に対する免疫の働きの 違いに関係しています

But so those are all parts of our bodies/ where we very directly interact with our environment,/ in a direct confrontation,/ if you like.//

しかし言ってみれば このような身体部分はすべて 外部環境に直接触れています

It's easy/ to imagine/ how particularly/ those parts of our bodies were quickly influenced by selection/ from the environment/ and shifted frequencies of genes/ that are involved in them.//

想像がつくのは こういった身体部分は 環境が及ぼす選択肢の影響を受けて 関連する遺伝子の 頻度を変えることです

But/ if we look on other parts of our bodies/ where we don't directly interact with the environment --/ our kidneys,/ our livers,/ our hearts --/ there is no way/ to say,/ by just/ looking at these organs,/ where in the world/ they would come from.//

しかし環境に直接さらされない 身体の他の部分 例えば腎臓 肝臓 心臓などは 見る限りでは 出身地は全く分かりません 出身地は全く分かりません

So there's another interesting thing/ that comes from this realization/ that humans have a recent common origin/ in Africa,/ and that is/ that/ when those humans emerged around/ 100,000 years ago or so,/ they were not alone/ on the planet.//

もう一つ興味深いのは ヒトはアフリカの共通の祖先から 分化したと言う見方を取ると それが起こったのは約10万年前のことですが その頃 地球上ではヒトが 唯一の人類ではなかったのです

There were other forms of humans around,/ most famously perhaps,/ Neanderthals --/ these robust forms of humans,/ compared/ to the left here/ with a modern human skeleton/ on the right --/ that existed in Western Asia and Europe/ since several hundreds of thousands of years.//

他の人類も同時に存在したのです おそらく最も有名なのはネアンデルタール人でしょう 左に示したこの人種は 右に示した現代人に比べ 骨格ががっしりしています 数十万年前 西アジアとヨーロッパに 棲んでいました

So an interesting question is,/ what happened/ when we met?//

興味深い疑問は 我々が出会った時どうなったかです

What happened to the Neanderthals?//

ネアンデルタール人はどうしたのでしょう?

And to begin to answer such questions,/ my research group --/ since over 25 years now --/ works/ on methods to extract DNA/ from remains of Neanderthals/ and extinct animals/ that are tens of thousands of years old.//

この疑問に答えようとして 私の研究チームは25年以上かけて ネアンデルタール人や 数万年前に絶滅した 動物の遺骸から DNAを抽出する方法を研究しています

So this involves a lot of technical issues/ in how you extract the DNA,/ how you convert it/ to a form/ you can sequence.//

DNAの抽出方法や 配列解析可能な形状に 変換するには様々な技術的問題が伴います

You have to work very carefully/ to avoid contamination of experiments/ with DNA/ from yourself.//

自身のDNAが 試料に混入しないよう 細心の注意が必要です

And this then,/ in conjunction/ with these methods/ that allow very many DNA molecules/ to be sequenced very rapidly,/ allowed us/ last year/ to present the first version of the Neanderthal genome,/ so that any one of you can now look on the Internet,/ on the Neanderthal genome,/ or at least/ on the 55 percent of it/ that we've been able to reconstruct so far.//

また同時に大量のDNA分子の 配列を超高速に解読する技術のおかげで 昨年私たちはネアンデルタール人の ゲノム配列の第一版を公表しました 誰でもインターネット上で これまで再構築できた約55%の ネアンデルタール人のゲノムを 見ることができます

And you can begin to compare/ it/ to the genomes of people/ who live today.//

そこでネアンデルタール人と 現代人のゲノムを比較し始められるのです

And one question/ that you may then want to ask/ is,/ what happened/ when we met?//

そこから生まれる疑問は 我々が出会ったとき何が起こったかということです 我々が出会ったとき何が起こったかということです

Did/ we mix or not?//

交配しあったのでしょうか?

And the way to ask/ that question is to look at the Neanderthal/ that comes from Southern Europe/ and compare it/ to genomes of people/ who live today.//

この疑問に答えるには 西ヨーロッパのネアンデルタール人と 現代人のゲノムとを 比較することです

So we then look to do/ this/ with pairs of individuals,/ starting with two Africans,/ looking at the two African genomes,/ finding places/ where they differ from each other,/ and in each case ask:/ What is a Neanderthal like?//

そこで我々は 2人の現代人との間で比較を行うこととし その手始めとして 2人のアフリカ人のゲノムを調べ 互いに異なる点やネアンデルタール人に 類似している点はどこかを調べました

Does it match one African or the other African?//

ネアンデルタール人はいずれのアフリカ人により近かったでしょうか?

We would expect there/ to be no difference,/ because Neanderthals were never in Africa.//

ネアンデルタール人はアフリカに棲まなかったので違いはないと予測しました ネアンデルタール人はアフリカに棲まなかったので違いはないと予測しました

They should be equal,/ have no reason/ to be closer/ to one African/ than another African.//

彼らは同等で いずれか一方に より近いとは考えられません

And/ that's indeed/ the case.//

結果はまさにそのとおりでした

Statistically speaking,/ there is no difference/ in how often/ the Neanderthal matches one African or the other.//

統計的に見てネアンデルタール人は いずれのアフリカ人にも類似性がありませんでした

But this is different/ if we now look at the European individual and an African.//

しかしヨーロッパ人や アジア人を見ると結果は違うのです

Then,/ significantly more often,/ does/ a Neanderthal match the European/ rather than the African.//

明らかに高い頻度でネアンデルタール人は アフリカ人よりもヨーロッパ人に近いのです アフリカ人よりもヨーロッパ人に近いのです

The same is true/ if we look at a Chinese individual/ versus an African,/ the Neanderthal will match the Chinese individual more often.//

中国人とアフリカ人を比較しても 同様です ネアンデルタール人は中国人により近いのです

This may also be surprising/ because the Neanderthals were never in China.//

これもまた驚きです ネアンデルタール人は一度も中国に棲んでいません

So the model/ we've proposed to explain/ this is/ that/ when modern humans came out of Africa sometime/ after 100,000 years ago,/ they met Neanderthals.//

これの説明として我々が提唱するのは 約10万年前現代人は アフリカから旅立った後に ネアンデルタール人に出会ったのです

Presumably,/ they did so first/ in the Middle East,/ where there were Neanderthals living.//

最初はネアンデルタール人が棲んでいた 中東で出会ったと思われます

If they then mixed with each other/ there,/ then/ those modern humans/ that became the ancestors of everyone outside/ Africa carried with them/ this Neanderthal component/ in their genome/ to the rest of the world.//

もしそこで交配が起こったなら その現代人がアフリカ以外の人 全ての祖先となり 世界中の子孫に ネアンデルタール人の部分の ゲノムを広げたのです

So/ that today,/ the people/ living outside/ Africa have about two and a half percent of their DNA/ from Neanderthals.//

このようにして今日アフリカ以外の人は DNAの約2.5%をネアンデルタール人から 受け継いでいるのです

So having now/ a Neanderthal genome/ on hand/ as a reference point/ and having the technologies to look at ancient remains/ and extract the DNA,/ we can begin to apply/ them elsewhere/ in the world.//

ネアンデルタール人のゲノムを 比較対照とし 古代人の遺骸を調べて DNAを抽出する 技術を活用して 世界中の人を対象に応用することができます

And the first place/ we've done/ that is in Southern Siberia/ in the Altai Mountains/ at a place called Denisova,/ a cave site/ in this mountain here,/ where archeologists/ in 2008 found a tiny little piece of bone --/ this is a copy of it --/ that they realized/ came from the last phalanx of a little finger of a pinky of a human.//

これを我々が初めて行ったのが南シベリアの アルタイ山脈にある デニソワという場所です 2008年に 考古学者が山の洞窟で とても小さな骨のかけらを発見しました これはその複製です これはヒトの小指の骨であることが 考古学者らは気づきました

And it was well enough preserved/ so we could determine the DNA/ from this individual,/ even/ to a greater extent/ than for the Neanderthals actually,/ and start relating/ it/ to the Neanderthal genome/ and/ to people today.//

そしてこの骨は保存状態がよかったので 我々はこの人物のDNAを解析することができ 実際ネアンデルタール人より うまく解析することができ このゲノムをネアンデルタール人や 現代人と比較してみました

And we found/ that this individual shared a common origin/ for his DNA sequences/ with Neanderthals/ around 640,000 years ago.//

その結果約64万年前 この個体は ネアンデルタール人と共通のDNA配列を持つ 祖先を共有していたことが分かりました

And further back,/800,000 years ago is there/ a common origin/ with present day humans.//

さらに80万年前まで遡ると 現代人とも共通の 祖先につながるのです

So this individual comes from a population/ that shares an origin/ with Neanderthals,/ but far back/ and then have a long independent history.//

従ってこの個体の属していた集団は ネアンデルタール人と共通の祖先を持ち それよりはるか以前から独自の歴史があったのです

We call this group of humans,/ that we then described for the first time/ from this tiny, tiny little piece of bone,/ the Denisovans,/ after this place/ where they were first described.//

この小さな小さな骨のかけらから 初めてその特徴が調べられた この人類の集団を 初めて発見された場所にちなんで デニソワ人と呼びます

So we can then ask for Denisovans/ the same things/ as for the Neanderthals:/ Did/ they mix with ancestors of present day people?//

デニソワ人についてもネアンデルタール人と 同じ質問ができます 現代人の祖先との間で交配したのだろうか?

If we ask/ that question,/ and compare the Denisovan genome/ to people/ around the world,/ we surprisingly find no evidence of Denisovan DNA/ in any people/ living even close/ to Siberia today.//

この問いかけに対して デニソワ人のゲノムを 世界中の人と比較すると 驚くことに 今日のシベリア周辺の人ですら誰も デニソワ人のDNAを持っていないのです

But we do find it/ in Papua New Guinea/ and/ in other islands/ in Melanesia and the Pacific.//

しかしパプア・ニューギニアを始めとした メラネシアや太平洋の島々の人は持っているのです

So/ this presumably means/ that these Denisovans had been more widespread/ in the past,/ since we don't think/ that the ancestors of Melanesians were ever in Siberia.//

おそらく これが意味するのは デニソワ人は以前はより広く分布していたのです メラネシア人の祖先がシベリアに棲んでいたとは 考え難いからです

So/ from studying these genomes of extinct humans,/ we're beginning to arrive/ at a picture of what the world looked like when modern humans started coming/ out of Africa.//

絶滅した人種の ゲノムを研究することで 現代人がアフリカから外へ旅立ち始めた頃の 世界の様子が分かり始めているのです

In/ the West,/ there were Neanderthals;/ in the East,/ there were Denisovans --/ maybe/ other forms of humans too/ that we've not yet described.//

西にはネアンデルタール人が棲み 東にはデニソワ人が棲んで おそらく他にも未知の人種が 棲んでいたことでしょう

We don't know quite where/ the borders/ between these people were,/ but we know/ that in Southern Siberia,/ there were both Neanderthals and Denisovans at least/ at some time/ in the past.//

これらの人種の居住地域の境界線はよく分かりませんが 南シベリアには少なくとも過去のある時期 ネアンデルタール人とデニソワ人の 両方が棲んでいたことが分かっています

Then modern humans emerged somewhere/ in Africa,/ came out of Africa,/ presumably/ in the Middle East.//

その後アフリカのどこかで現代人が現われ アフリカを出ておそらく中東に行きました

They meet Neanderthals,/ mix/ with them,/ continue to spread/ over the world,/ and somewhere/ in Southeast Asia,/ they meet Denisovans and mix/ with them/ and continue on out/ into the Pacific.//

そこでネアンデルタール人に出会い交配し 世界中に広がり続け 東南アジアのどこかで デニソワ人と出会い交配し 太平洋へと向かって行ったのです

And then/ these earlier forms of humans disappear,/ but they live on a little bit/ today/ in some of us --/ in that people outside of Africa have two and a half percent of their DNA/ from Neanderthals,/ and people/ in Melanesia actually have an additional five percent approximately/ from the Denisovans.//

その後これらの古代人は絶滅しましたが 特定の現代人の中で その一部が生き続けているのです アフリカ以外の人のDNAの2.5%は ネアンデルタール人に由来します メラネシアの人はこれに加え 約5%のDNAを デニソワ人から受け継いでいます

Does this then mean/ that there is after all some absolute difference/ between people/ outside Africa/ and/ inside Africa/ in that people/ outside Africa have this old component/ in their genome/ from these extinct forms of humans,/ whereas Africans do not?//

これが意味することは アフリカ以外の人とアフリカ人との間に 決定的な違いがあるのでしょうか? つまり アフリカ以外の人は 絶滅した人種のゲノムの一部を 受け継いでいるのに対し アフリカ人は持たないのでしょうか?

Well/ I don't think/ that is the case.//

そのようなことはないと思います

おそらく現代人は アフリカのどこかで生まれました

They spread across Africa also,/ of course,/ and there were older, earlier forms of humans there.//

そして当然ながらアフリカ中にも広がり そこには古代人もいました

And/ since we mixed elsewhere,/ I'm pretty sure/ that one day,/ when we will perhaps have a genome of also/ these earlier forms/ in Africa,/ we will find/ that they have also mixed with early modern humans/ in Africa.//

そして別の地域でも交配したように アフリカ人から古代人のゲノムを 将来発見した際には 間違いなく アフリカの現代人の祖先もまた その古代人と交配したことが分かるでしょう

So to sum up,/ what have we learned from studying genomes of present day humans and extinct humans?//

最後にまとめると 現代人と絶滅した人種との 比較ゲノム研究から 何が分かったのでしょう

We learn perhaps many things,/ but one thing/ that I find sort of important/ to mention is/ that I think the lesson is/ that we have always mixed.//

おそらく多くのことが分かりましたが 一つ大事な点と思い申し上げるのは 我々は常に交配してきたということです

We mixed with these earlier forms of humans,/ wherever we met them,/ and we mixed with each other ever since.//

我々は古代人と出会うたびに交配し 我々は古代人と出会うたびに交配し それ以降は現代人同士で交配を続けているのです

Thank you/ for your attention.//

ご清聴ありがとうございました

(拍手)

extinct

(生物・民族などが)絶滅した;(貫習などが)滅びてしまった

(火山などが)活動をやめた

(火が)消えた,燃えていない

human

(動物・神に対して)『人間の』,人の

『人間らいし』,人間的な,人情味のある

〈C〉《複数形》(動物に怠して)人間(human being)

〈U〉《the human》人類

briefly

手短に,簡単に

remind

〈人〉‘に'『思い出させる』,念を押す:

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

store

〈C〉《おもに米》[小売]『店』,商店(《英》shop)

〈C〉(…の)『蓄え』,貯蔵《+『of』+『名』》

〈C〉多量,多数,たくさん(の…)《+『of』+『名』》

《複数形で》必需品,備品,用品

〈C〉倉庫,貯蔵所

(将来のために)…‘を'蓄える』《+『up』+『名』》

…‘を'『倉庫に保管する』

(…を)〈ある場所など〉‘に'供給する,用意する《+『名』〈場所〉+『with』+『名』》

almost

『ほとんど』,たいてい(nearly)

cell

(刑務所の)『独房』;(修道院の)小さい独居室

(ミツバチの)みつ房,巣穴

小さい部屋

『細胞』

電池

花粉室

(共産党などの)細胞

body

〈C〉『身体』,肉体

〈C〉(人・動物の)『胴体』

〈C〉)物の)『主要部』,本体《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)『団体』,群れ:(…のたくさんの)集まり《+『of』+『名』》

〈C〉物体,…体

〈U〉実質;(酒・味などの)こく

〈C〉《話》人

chromosome

染色体

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

contain

(それ自身の中に内容として)〈物〉'を'『含む』,入れている

…'を'『入れる容積がある』,収容できる

〈自分,自分の感情など〉'を'抑える,封じ込める,とじこめる・〈数が〉〈ある数〉'を'約数として持つ,‘で'割り切れる

〈辺が〉〈角〉'を'はさむ,〈図形〉'を'囲む

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

abbreviate

…'を'『短縮する』,短くする,切り上げる

twice

『2回』,2度

『2倍[に]』

strand

〈船〉‘を'座礁させる

《受動態で》〈人〉‘を'置き去りにする,困った状態におく

〈船が〉座礁する

〈人が〉途方に暮れる,立ち往生する

岸,浜

apart

(時間的・空間的に)『離れて』,隔って;(…から)離れて《+『from』+『名』》

区別して;(…と)別々に《+『from』+『名』》

ばらばらに

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

totally

全く,完全に

error

〈C〉『誤り』,『まちがい』

〈U〉思い違い,誤解

〈U〉〈C〉過ち,過失

〈U〉(計数の)誤差

〈C〉(野球で)エラー,失策

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

result

〈C〉〈U〉『結果』,結末;成果,効果

《複数形で》(試験・競技などの)『成績』

(…の)『結果起こる』(『生じる』)《+『from』+『名』(do『ing』)》

(…という)『結果になる』,(…に)終わる(end)《+『in』+『名』(do『ing』)》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

mutation

変化,俸転

(生物の)突然変異;その変種

compare

〈二つのもの〉'を'『比較する』,比べる;〈一つのもの〉'を'(他のものと)『比べる』《+『名』(do『ing』)+『with』(『to』)+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『たとえる』《+『名』+『to』+『名』》

〈形容詞・副詞〉‘の'比較変化形を作る

(…と)比較される;匹敵する《+『with』(『to』)+『名』》

approximately

おおよそ,だいたい(nearly)

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

accumulate

…'を'『蓄積する』,ためる

『たまる』,ふえる

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

chimpanzee

黒ショウジョウ,チンパンジー

difference

『違い』,『相違点』,意見などの食い違い

『差』,差額

history

〈U〉『歴史』;歴史学

〈C〉『歴史書』

〈C〉(人の)『経歴』,来歴;(物事の)過去,由来

〈C〉史劇

piece

(全体から分離した)『部分』,『断片』,破片

(…の)…『個』,『片』,枚《+『of』+『名』》

(セット・グループを構成するものの)一つ;(ゲームで使う)こま,チェスの歩(pawn)以外のこま

《英》硬貨(coin)

(音楽・美術・文学などの)作品《+『of』+『名』》

銃,砲,ピストル

《単位として》(布などの)1反,一巻き《+『of』+『名』》;《the~》仕事量

《俗》(性交の対象としての)女

…‘を'継ぎ合わせる

…‘を'継ぎ合わせて作る

…‘を'繕う

whole

《the ~,one's ~ の形で名詞の前に用いて》『全体の』,全部の,全…

《名詞の前にのみ用いて》(時間・距離などが)『まる』…,満…

(物が)完全な,欠けていない;《名詞の後に置いて》丸ごとで,ひとかたまりに

《冠詞をつけずに複数名詞の前に用いて》ひじょうに多くの

《古》(人が)無傷の,(肉体的に)健康な

整数の,分数を含まない

〈U〉《the ~》(…の)『全部』,全体,全量《+of+名》

〈C〉完全なもの,統一体

reconstruct

…‘を'再建する,改造(復興,復元)する

〈でき事〉‘を'再現する

observe

…‘を'『観察する』,注意して見る;…‘を'見て気づく

《『observe』+『that節』》…‘と'『述べる』,言う

〈法律・慣習・義務など〉‘を'『泉る』

〈儀式など〉‘を'『とり行う』,挙行する,〈祭日・祭など〉‘を'祝う(celebrate)

観察(観測)する

(…について)所見を述べる,論評する《+『on』(『upon』)+『名』》

generally

『普通は』(usually)

『大部分は』

『概して』,『一般的に』

depict

(絵・言葉などで)…‘を'描き表す,描写する

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

ancestor

(一人の)『先祖』,祖先(forefather)

(事物の)原型,先駆

(生物の)原型種

quite

『全く』,完全に

『かなり』,相当に,ずいぶん

ほんとうに,実際に,真に

recently

『人ごろ』,最近,このごろ

farther

(距離的に)『さらに遠く』,もっと先に

(程度が)さらに,それ以上に

(距離的に)『さらに遠い』,もっと先の

(程度が)その上の,それ以上の

share

〈U〉《時にa~》『分け前』,取り分

〈U〉《時にa ~》(費用・仕事などの)『分担』,割り当て;(割り当てられた)役割

〈C〉『株』,株式,株券

〈U〉市場占有率(market share)

…‘を'『共にする』,共に使う;…‘を'分け合う

(…の)『分配にあずかる』,分担をする;(…を)共にする《+『in』+『名』》

happen

〈でき事が〉『起こる』,発生する,生ずる

『偶然(たまたま)…する』

《『happen』 『to』+『名』》〈でき事が〉…に起こる,降りかかる

transform

(別の形・外見・性質・状態などに)…‘を'『変える』,変化させる《+名+into+名》

(物理・化学で)〈あるエネルギー〉‘を'他のエネルギーに変換する;〈電流〉‘を'変圧する

estimate

…‘を'『見積る』,概算する

《副詞[句]を伴って》〈人物・状況など〉‘を'『評価する』・判断する

(…を)見積る《+『for』+『名』》

〈C〉(寸法・数量・価値などの)『見積り』,概算,評価[額];見積書《+『of』+『名』》

〈U〉〈C〉評価,評定《+『of』+『名』》

typically

典型的に,代表的に

典型的な場合に

特徴的に

half

〈C〉〈U〉『半分』,2分の1;約半分

〈U〉《時刻を表す数詞と共に用いて》『半』,30分

〈C〉《おもに英》(2学期制の学校での)前(後)期

〈C〉(競技などの)前(後)半;(野球で1イニングの)表(裏)

〈C〉=halfback

『半分の』

不十分な,中途はんぱな

『半ば』,半分[だけ]

半時間だけ,30分だけ

不完全に

かなり,ほとんど

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

few

《aをつけて肯定的に》『少しはある』,多少の,いくつかの

《aをつけないで否定的に》『ほとんどない』,少数(少し)しかない

《aをつけて背定的に》(…の)『少数の人』(『物』)《+『of』+『名』〈複数〉》

《aをつけないで否定的に》(…の)少数の人(物)[しかない]《+『of』+『名』〈複数形〉》

《the~》少数の人たち,選ばれた人たち

account

〈C〉『計算』,勘定

〈C〉『計算書』,勘定書;簿記

〈C〉(商売の)取引;(銀行の)口座

〈C〉『説明』,報告;記事

《文》〈U〉価値(value),重要性(importance)

〈U〉根拠;理由

《『account』+『名』〈目〉+『形』(『名』,『過分』)〈補〉》(…と)…'を'考える,みなす(consider)

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

quickly

『速く』,すみやかに,機敏に,ただちに

matter

〈U〉『物質』,物体(個体・液体のいづれの状態も含む)

〈U〉《修飾語を伴って》…体,…質,…素

〈C〉(論議・関心の的となる)『事柄』,『問題』;(…に関わる)事,(…で決まる)問題《+『of』(まれ『for』)+『名』》

〈U〉《the~》(漠然と)(…にとって)困った事,やっかいな事,事故,支障《+『with』+『名』》

〈U〉『重大事』,重要性(importance),関心法

〈U〉(演説・論文などの)内容《+『of』++『名』》;(演説などの)題材《+『for』+『名』》

〈U〉《修飾語を伴って》…郵便物,…印刷物

〈U〉(傷口から出る)うみ(pus)

『重要である』,大切である

hour

〈C〉(60分としての)『1時間』(《略》h,H,hr,複hrs)

〈C〉(時計で示される)『時刻』,時

〈C〉(ある事をする)特定の時間,定刻

〈C〉(一般的な)時,時間

《複数形》勤務(営業)時間

〈C〉1時間の道のり

〈C〉(授業の)1時間,1時限;(大学などの)履習単位(1週間の授業時間数)

《the~》現在

determine

(前もって)…‘を'『決定する』,はっきりさせる

…‘を'『決心する』,決意する

《『determine』+『名』+『to』 do》〈物事が〉(…することを)〈人〉‘に'決心させる』,決意させる

…‘を'『左右する』,決定づける

〈数量・位置・速度など〉‘を'測定する,確認する

(…を)決心する,決定する《+『on』+『名』(do『ing』)》

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

distribute

(…に)…‘を'『分配する』,配る《+『名』+『to』(『among』)+『名』》

(ある区域・場所に)…‘を'『散らばらせる』,分布させる《+『名』+『over』(among』)+『名』》

(…に)〈新聞・雑誌など〉‘を'配達する,配送する《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…‘を'区分する,分類する《+『名』+『into』+『名』》

〈商品〉‘を'卸売りする

certain

《補語にのみ用いて》(主語となる人が)『碓信している』,信じて疑わない

(事が)『碓かな』,疑いのない(sure)

《名詞の前にのみ用いて》ある一定の

《名詞の前にのみ用いて》(ある程度わかっているがそれ以上ははっきりしない)『ある』…,例の…

《名詞の前にのみ用いて》いくぶんかの,多少の,ある程度の

(…のうちの)ある人々(もの),いくつか《+『of』++『名』》

amount

〈計算・金額が〉『総計』(…に)『なる』,(…に)のぼる《+『to』+『名』》

〈事が〉結局(…に)なる,(…に)等しい《+『to』+『名』》

〈U〉《the ~》『総計』,総額,総数(sum)

(ある)『量』,額

〈U〉真意;要旨

variation

{U}『変化(変動)すること』

{C}(個々の)変化;変化の量(程度)

{C}変形,変わり種;(生物の)変種

{C}(…の)変奏曲《+on+名》

Africa

『アフリカ』({略}Afr.)

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

surprising

『驚くべき』;意外な,不意の

inside

《the~》(物事の)『内部,内側』;内面

《しばしば複数形で》《話》おなか,腹

『内部の』,内側の;内面の;秘密の;(野球で)内角の

『中へ』(で),屋内で(に)(indoors)

『…の中で』(に,へ)

…以内に

moreover

『そのうえ』,さらに

variant

(同種のものと)異なった,別の

異形;(同じ単語の)異なったつづり(発音など)

closely

『ぴったりと』,きっちりと

『詳しく』,精密に

近く,接近して

密接に,仲よく

ひそかに,内密に

component

構成している,成分の

構成要素,成分

close

…'を'『閉じる』,閉める(shut)

…'を'ふさぐ(fill)

〈事務・仕事・話など〉'を'『終える』,済ませる

〈通路・施設など〉'を'一時的に閉じる,‘の'使用を一時中止する

(一つにまとまるように)…'を'つめる

〈ドア・目・花などが〉『閉じる』,閉まる;ふさがる

〈話・相談・契約などが〉『終る』,終了する,〈店などが〉終業(休業)する

くっつく,接近する(come together)

終結,結末,終り(end)

締め切り

(音楽の)終止

relative

『関係のある』,関連した

『比較上の』,相対的の

相互の,相関的な

(文法で)関係を表す

親類,親戚

関係詞,(特に)関係代名詞

model

(通名縮小した)(…の)『模型』,ひな型《+『of』+『名』》

《単数形で》(…の)『模範』,手本《+『of』+(『for』)+『名』》

(美術家・作家などの)モデル,ファッションモデル

(自動車・服装などの)型,式《+『of』+『名』》

《英》《単数形で》(…と)そっくりな人(物),(…の)生き写し《+『of』+『名』》

『模型の』,見本の

『日範的な』,申し分のない

(ある材料で)…‘の'模型を作る,‘を'型どる《+『名』+『in』+『名』〈材料〉》

(手本・型に合わせて)…‘を'作る《+『名』+『after』(『on, upon』)+『名』(a person's do『ing』)》

〈洋装・髪型などの〉‘の'モデルをする

(…で)(原型)を作る《+『in』+『名』》

(ファッションショーなどで)モデルをする

explain

…‘を'『説明する』,はっきりさせる;…‘を'釈明する

〈物事が〉…‘の'原因(理由)となる

(…を)説明する,弁明する《+『on』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

African

『アフリカの』

アフリカ黒人の

アフリカ[黒]人

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

method

〈C〉(特に秩序だった)(…の)『方法』,方式《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉〈U〉(思考行・行為・行動の)きちょうめんさ;秩序,筋道

date

〈C〉『日付』,年月日

〈U〉(歴史上の)『時代』,年代

〈C〉(…の)約束[の日]《+『for』+『名』》;《話》(異性との)デート《+『with』+『名』》

〈C〉《おもに米話》デートの相手

《複数形で》(ある人の)生没期間,生没年;(物事の)開始と終了の期日

…‘に'『日付を入れる』,年月日を書く

…‘の'『年代』(『時代』)『を定める』,年代を算定する

…'を'古くさくする,時代遅れにする

《おもに米話》〈異性〉‘と'デートする

『日付がある』;(特定の時代に)『始まる』,(…に)起源をもつ《+『from』(『back to』)+『名』》

時代遅れになる

《おもに米話》デートする

lead

《方向を表す副詞[句]を伴って》…‘を'『導く』,案内する

〈道・灯火などが〉…‘に'道筋を示す;(…へ)…‘を'導く《+『名』+『to』(『into』)+『名』》

…‘の'先頭になる,1番である

…‘の'『率いる』,指揮する

〈ある人生・生活〉‘を'経験する,生きる,送る

『先頭に立つ』,(競技・成績などで)リードスル

〈人が〉『案内する』,先導する

(…に)〈道などが〉『通じている』《+『to』+『名』》

(…の)結果となる《+『to』+『名』(do『ing』)》

〈U〉《the~》『先頭』,首位

〈C〉《a~》相手を引き離した点(時間,距離)

〈C〉模範,手本(example)

〈C〉(問題解決の)手がかり,ヒント(clue)

〈C〉(劇・映画などの)主役,主演俳優

〈C〉(新聞報道記事などの本文の前におく要約した)前文,前書き,リード

先頭の,主要な

insight

『洞察[力]』,眼織;(…を)見通す力《+『into』+『名』》

modern

『現代の』,今の

(ルネッサンス以後の)近代の,(中世に続く)近世の

(服装・設備などが)『現代的な』,モダンな(up-to-date)

現代人

(考え方・生き方などの面で)現代的な人

essentially

本質的に;本来は

《否定構文で》必然的には(necessarily)

indistinguishable

区別できない;(…から)見分けのつかない《+『from』+『名』》

evolve

〈計画・理論など〉‘を'『徐々に発展させる』

…‘を'進化させる

徐々に発展する

進化する

perspective

〈U〉『遠近[画]法』,透視図法

〈C〉遠近画,透視図

〈C〉遠景,眺め

〈U〉(距離の遠近による)物の見え方,遠近感

〈U〉〈C〉(広い視野からの)『観点』,立場,見地

〈U〉(物事の)相互関係,釣り合い

遠近法の(による)

recent

『少し前に起こった』,『つい最近あった』

そんなに離れていない時代の,近代(modern)

(また『Holocene』)《『R-』》(地質時代の)現世の,完新世の

現世,完新世(約2万前から現代まで)

exile

〈U〉(政治的な)『国外追放』;亡命

〈U〉国外に追放されていること,流刑

〈C〉(政治的な理由で)国外に追放された人;亡命者

(…から)〈人〉‘を'『国外へ追放する』《+『名』+『from』+『名』》

consequence

〈C〉『結果』,成り行き;影響

〈C〉《文》重要性,重大さ

origin

〈U〉〈C〉(…の)『起源』発端;もと,原因《+『of』+『名』》

〈U〉『生まれ』,素性,血統

〈U〉〈C〉(数学で,座標の)原点

widely

[幅が]『広く』;広範囲に

(程度において)『大いに』,はなはだしく

tend

〈人が〉(…の)『傾向がある』,(…)しがちである

〈物事が〉(ある方向に)向かう,(ある状態に)向かう

vary

(…から…に)『変わる』,変化する《+from+名+to+名》

(…の点で)『互いに異なる』,いろいろである《+in(on)+名》

…‘を'『変える』,変更する

…‘に'変化をつける,‘を'変化に富ませる

gradient

(道路・鉄道などの)勾配(こうばい),傾斜度,グラジエント・斜面

bird's-eye

鳥瞰(かん)する

概観的な

least

(littleの最上級;比較級はless)

(大きさ・程度が)『最も小さい』(『少ない』)

(重要性・身分が)最も低い

(大きさ・程度・重要性が)『最小』(『最少』,『最小限』)『の物事』

『最も少なく』(『低く』)

individual

《名詞の前にのみ用いて》『個々の』,個別の(separate)

《名詞の前にのみ用いて》『個人的な』,一個人の

『独特の』,

(全体に対する)『個人』,個体

《話》《形容詞と共に用いて》(…な)人

accurately

正確に,精密に,綿密に

person

(性別・年齢に関係なく)『人』

(人間の)『体』,身体

《単数形で》『容姿』,身なり

(文法で)人称

provide

…‘を'『供給する』,提供する,与える

《『provide』+『that』『節』》(法律などで)…‘と'『規定する』

(将来の安全・災害などに)『備える』,用意する

(家族などを)扶養する《+『for』+『名』》

grandparent

祖父母;その一方

huge

(かさ・量・程度などが)『巨大な』,ばく大な;《話》たいへんな

group

(…の)『群れ』,集まり,小集団《+of+名》

(主義・系統・種類などを同じくする人・物の)『派』,『団体』

(ポミュラーソング歌手の)グループ

(動・植物分類上の)群;(化学の)基,原子団;(地質学上の)界;(数学の)群;(言語学上の)語派

…‘を'一群に集める,一団にする《+『名』+『together』》

(系統的に)…‘を'分類する,調和よく配合する《+『名』+『together』》

集まる,群(集団)をなす

continent

自制した,禁欲的な

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

population

〈U〉〈C〉『人口』,住民の数

《the~》《集合的に》(一定地域の)『全体民』

《the~》(特定階層の)人々,連中

〈U〉〈C〉(一定の区域内にいる)動植物の個体数

equally

『平等に』,同等に;『均一に』,均等に

《文を修飾して》同時に

Europe

『ヨーロッパ』,欧州

China

『中国』(正式名『the People's Republic of China』中華人民共和国)

variance

変化,多様性;相違,不一致

variable

『変わりやすい』,一定しない,気まぐれの

変えられる,可変の,調節できる

《英》《遠回しに》(演技などが)むらがある

変化するもの,変化しやすいもの

(数学で)変数

position

〈C〉『位置;場所』;所在地

〈U〉所定の位置,適所

〈C〉『姿勢』,構え

〈U〉有利な地位(立場)

〈C〉《通例単数形で》(周囲の状況と関連する)『立場,境遇』;形勢,情況

〈C〉見解,態度

〈C〉(…としての)勤め口,職《+『as(of)+名』》

〈C〉(…の中の)地位《+『in+名』》

〈U〉(特に高い)社会的地位

《副詞[句]を伴って》…‘を'適当な(特定の)場所に置く

absolute

『まったくの』,完全な(complete)

『絶対的な力を持った』,絶対の

確かな,確固とした(certain)

無条件の,制約のない

(文法で)独立の,単独の

perhaps

『おそらく』,ことによると,ひょっとしたら,たぶん

imagine

…‘を'『想像する』,思い描く

《『imagine』+『that節』》…‘と'『思う』

《『imagine』+『wh-節』(『句』)》…かどうか‘を'推測する

想像する,考える,推測する

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

everybody

『すべての人』,万人,だれもみな

single

《名詞の前にのみ用いて》『たった一つ』(『一人』)『の』,単独の;《否定文で》ただ一つ(一人)(もない)

《名詞の前にのみ用いて》『一人用の』・『独身の』・《名詞の前にのみ用いて》個々の,別々の

単一の,単式の;(花が)一重咲きの,単弁の

《英》(切符が)片道の

〈C〉一人,1個;独身者

〈C〉《話》(ホテルの部屋,船室,列車寝台などの)一人用

〈C〉(野球で)シングルヒット,単打

《複数形で》(テニスなどの)シングルスの試合,単試合

《英》片道切符

《複数形で》《話》1ドル(ポンド)札

…‘を'1人(1個)だけ選び出す《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(野球で)シングルヒットを打つ

maybe

『たぶん』,おそらく,ことによると

relax

〈緊張・力など〉‘を'『ゆるめる』,和らける(loosen)

〈規則など〉‘を'緩和する

〈人〉‘を'楽にさせる,くつろがせる

〈緊張・力などが〉『ゆるむ』,和らぐ;〈規則などが〉緩和される

〈人が〉楽にする,くつろぐ,緊張をほぐす

criterion

(価値判断の)規準,尺度

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

Asia

『アジア』

accuracy

『正確さ』,精密

predict

(知識・経験・吹論などで)'‘を'『予報する』,『予言する』

carry

…'を'『運ぶ』,運搬する,持って行く(来る)

(身につけて)…'を'『持ち歩く』,携帯する《+『名』+『about』(『with』,『on』)+『名』》

…[の重さ]'を'支える

(特徴・特性・結果として)…'を'伴う,含む

(電線・パイプなどが)…'を'導く,伝導する

(ある点まで,ある方向へ)…'を'伸ばす,広げる《+『名』+『into』+『名』》

…'を'勝ち取る,得る;…‘の'主導権をとる

〈物事が〉(…に)〈人〉'を'かり立てる,行かせる《+『名』+『to』+『名』》

〈新聞などが〉…'を'掲載する,伝える

〈動議など〉'を'通過させる

(努力・才能によって)…'を'支える,‘の'責任を果たす

《話》…'を'援助する,‘の'首をつないでおく

〈自分〉‘の'身を処する(受動態にできない)

(ある距離まで)『達する』,届く

投票で採択される

物を運ぶ

(鉄砲の)射程;(ゴルフ・野球の飛球の)飛距離

(2つの水路間の)陸上運搬,連水陸路

運ぶこと,持っていくこと

easily

『容易に』;すらすらと;気楽に

《比較級・最上級を強めて》疑いなく,断然

trait

特性,特質,特色

readily

『快く』,『進んで』(willingly)

『容易に』,やすやすと(easily)

facial

顔の;顔用の

(マッサージや化粧品による)顔の手入れ

feature

顔の造作の一つ(目・耳・鼻・口など)

《複数形で》『容ぼう』,目鼻だち

『特徴』,特色

(ラジオ・演芸などの)『呼び物』;(店の)目玉商品;(新聞・雑誌の)特別読み物;(映画の上映番組の中で呼び物の)長編映画

…‘の'『特色をなす』

…‘を'特種にする,呼び物にする,目玉商品にする

〈俳優〉‘を'主演させる

重要な役割を演ずる

skin

〈U〉〈C〉(人・動物の)『皮膚』,肌

〈C〉〈U〉(動物からはいだ)『皮』,『毛皮』;皮製品,皮袋

〈C〉(果物・野菜の)皮

〈U〉〈C〉(液体の表面にできる)薄い膜,上皮

〈C〉(枠組み・表面などを覆う)外皮,外被,外板

〈動物・果物など〉‘の'皮をはぐ(むく)

〈手・脚など〉‘を'擦りむく

《話》(金などを)〈人〉‘から'巻き上げる《+『名』〈人〉+『of』+『名』》

〈傷口などが〉皮で覆われる《+『over』》

hair

〈C〉(人間・動物の1本の)『毛』;(植物・昆虫などの)毛

〈U〉《集合的に》『髪の毛』,毛,毛髪;(動物の)体毛

《a~》1本の毛ほどの量(距離,程度),ごくわずか

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

gene

遺伝子

effect

〈C〉〈U〉『結果』

〈C〉〈U〉(…への)『効果』,効きめ,影響《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉(色・音・形などの)印象,感銘

《複数形で》品物;身の回り品;動産,財産

(結果として)…‘を'『もたらす』;〈目的など〉‘を'果たす,遂行する

seem

(進行形にできない)(…のように)『見える』,思われる

frequency

〈U〉しばしば起こること,頻繁

〈C〉頻度数,(発生・生現などの)回数

〈C〉振動数;周波数

worthwhile

時間(費用,手間)をかけるだけの価値がある,やりがいのある

consider

(決定・決意のために)…'を'『よく考える』,熟慮する

…'を'『みなす』,思う(進行形にできない)

…'を'『考慮に入れる』,心にとめる

…'を'重んじる,尊重する;…‘に'注意(注目)する

熟慮する,考えてみる

literal

(訳などが)原文の語句に忠実な

(比喩(ひゆ)的でなく)文字通りの意味の

(人が)字句の意味にこだわる想像力のとぼしい

事実通りの,誇張のない

sense

〈C〉(五感による)『感覚』;(…の)感覚《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)『感じ』,気持ち《+『of』+『名』》

〈U〉《a~,one's~》(…の)『理解』(『認識』)『力』,観念,センス《+『of』+『名』》

《one's senses》正常な感覚,正気

〈C〉《しばしば冠詩をつけないで》分別,良識

〈C〉(行動・発言・文などの)意義,意味(meaning)《+of(in)+名(do『ing』)》

〈U〉(…の)(全体的な)意向,動向《+『of』+『名』》

…‘を'感ずる,‘に'気づく

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

ingest

<食物>‘を'摂取する

immune

免疫の

《補語にのみ用いて》(影響・攻撃・義務・税などを)免れている《+『against』(『from, to』)+『名』》

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

deal

…'を'『分配する』,分ける

《『deal』+『名』+『名』=『deal』+『名』+『at』(『to』)+『名』》〈打撃・仕打ちなど〉'を'…‘に'『加える』

〈U〉取引き

〈C〉(取引きなどの)妥協,協定

〈C〉カードゲームの札の配分

《D-》政策(policy)

《a~》《話》取扱い,待遇

microbe

微生物,(特に)細菌

invade

〈敵が〉…‘に'『侵入する』

〈人が〉…‘に'『押し寄せる』

〈権利など〉‘を'『侵害する』(violate)

〈病気などが〉…‘を'おかす

directly

『まっすぐに』,一直線に

『直接に』,じかに

『まさに』,全く(absolutely, exactly)

『すぐに』,直ちに(at once)《英話》やがて,ほどなく

…するとすぐに(as soon as)

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

direct

『まっすぐな』,一直線の(straight),直進する

(列車などが途中駅に寄らずに)直行

直系の

『直接の』,じかの

『率直な』,単刀直入の

全くの,絶対の

原典どおりの

『まっすぐに』,直行で

〈事〉‘を'『指揮する』,監督する

《文》〈人〉‘に'『命令する』,指図する

〈人〉‘に'(…への)『道を教える』《+『名』〈人〉+『to』+『名』》

(…に)〈目・注意・努力など〉‘を'『向ける』《+『名』+『to』(『at, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈音楽・演劇・映画など〉‘を'『指揮する』,演出する,監督する

(…に)〈手紙など〉‘を'あてる《+『名』+『to』+『名』》

confrontation

(…との)対決,対面,直面《+『with』+『名』》

particularly

『特に』,とりわけ

詳細に,詳しく

個々に,別々に

influence

〈U〉〈C〉(…に対する)『影響』,感化,効力《+『on』(『upon』)+『名』》

〈C〉〈U〉(…に対する)『影響力』,勢力《+『over』(『with』)+『名』》

〈C〉(…に対して)影響力を持つ人(物),勢力家,有力者《+『on』+『名』》

…‘に'『影響を与える』,‘を'左右する

selection

〈U〉《時にA~》『選ぶこと』,選抜,選出;(…から)選び出すこと《+『from』(『out of, among』)+『名』》

〈C〉(…から)『選び抜かれた人』(『物』);(…の)抜粋,選集《+『from』(『of』)+『名』》

〈C〉《単数形で》(商店などの)品揃え

〈U〉淘汰(とうた):natural selection自然淘汰

shift

〈人・場所・位置など〉‘を'『移し替える』,置き換える

…‘を'変える,取り替える

〈自動車のギヤ〉‘を'入れ変える

(…へ)『変わる』,移る《+『to』+『名』》

車のギヤを変える;〈車が〉ギヤが入れ変わる・『変換』,転換;移動

(仕事、作業の)『交替』,交替製;交替の組(人);交替時間

(特に,自動車)変速装置

やりくり[算段],一時しのぎの手段,便法;ずるい手段,策略

シフトドレス(肩から腰までまっすぐした線のゆったりしたワンピース);スリップ

involve

(必然的に)…‘を'『伴う』,引き起こす,含む(受動態にできない)

(事件などに)〈人〉‘を'『巻き込む』《+『名』+『in』+『名』》

《受動態で》(…に)〈人〉‘を'夢中にさせる《+『in』(『with』)+『名』(do『ing』)》

…‘を'込み入らす,複雑にする

kidney

腎臓;(食品としての)羊(豚など)の腎臓

《文》気質,性質,たち(nature)

liver

(ある態度で)生活する人;居住者

heart

〈C〉『心臓』;胸

〈C〉(感情の中心をなす)『心』,気持ち

〈U〉愛情,同情

〈U〉『勇気』,元気,熱意

《the ~》『中心』,内部,(物事の)本質,核心

〈C〉ハート形の物;(カードの)ハートの札

organ

『オルガン』,パイプオルガン(pipe organ),リードオルガン(reed organ),電子オルガン(electronic organ),手回しオルガン(barrel organ)

(動植物の)『器官』

(政党・会社などの)機関誌,機関紙

《しばしば複数形で》(行動・実施などの)組織,機関

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

emerge

(水中・暗やみなどから)『出てくる』,現れる(appear)《+『from』(『out of』)+『名』》

〈問題・事実などが〉出てくる

(逆境などから)浮かび上がる《+『from』+『名』》

alone

『ひとりで』,一つで,単独で;ただ…だけで

《名詞・代名詞のすぐ後に用いて》ただ…だけ(only)

planet

『惑星』,遊星

famously

すばらしく,すてきに,たいへんうまく

robust

たくましい;強壮な

体力のいる

skeleton

(人間・動物の)『骨格』,がい骨

(建物・船などの)『骨組み』

(文芸作品などの)骨子,粗筋,概要

必要最小限のもの

《話》(骨と皮ばかりに)やせこけた人(動物)

exist

『存在する』,実在する

『生在する』,生きている

生じる,見られる,起こる

western

『西の』;西へ向かう;(風などが)西からの

《しばしば Western》『西洋の』

《しばしば Western》西部の,(特に)米国西部の

《通例 Western》(共産圏に対して)西側の

西部劇;米国の開拓時代を描いた小説

several

『いくつかの』,数個(人)の

《文》《しばしばone's~》それぞれの,めいめいの,別々の

数人,数個

research

(新しい事実などの探究のための,特定の分野の)『研究』,『調査』《+『in』(『into』,『on』)+『名』》

…‘を'研究する,調査する

(…を)研究する,調査する《+into(on)+名》

extract

(…から)〈物〉‘を'『引き抜く』,抜き取る《+『名』+『from』+『名』》

(‥から)〈金・情報・約束など〉‘を'『引き出す』《+『名』+『from』+『名』》

(圧搾・蒸留などが)(…から)〈成分など〉‘を'絞り出す,抽出する《+『名』+『from』+『名』》

(…から)〈喜び・慰めなど〉‘を'引き出す,得る《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

(本などから)〈語句〉‘を'抜粋する,抜き出す《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

〈U〉〈C〉(自然の物質から調製した)濃縮液,精,エキス

〈C〉(文学作品からの)引用句,抜粋《+『from』+『名』》

remain

『残る』,存続する

『居残る』,留まる;滞在する

『相変わらず』(…)『である』

残っている

animal

(植物に対して)『動物』

(人間以外の)『動物』,けだもの

(魚・鳥などに対して)哺乳動物(mammal)

けだもの(野獣)のような人

(比較変化なし)《名詞の前にのみ用いて》動物の,動物性の,動物質の

(知的・精神的に対して)動物的な;肉欲的な

technical

『専門の』,専門的な

『工業の』,工芸の

技術の,技術上の

issue

〈U〉(印刷物などの)『発行』;(法令などの)発布,公布《+『of』+『名』》

〈C〉『発行物』,号,版

〈U〉(…の)流出《+『of』+『名』》;〈C〉流出物

〈C〉『問題』,『問題点』

〈U〉《古》《集合的に》子,子孫

〈C〉《まれ》(…の)結果,なりゆき《+『of』+『名』》

(…から)『出てくる』,流れ出る《+『from』+『名』》

(…に)由来する,(…から)起こる《+『from』+『名』(do『ing』)》

《古》(結果的に)(…に)なる《+『in』+『名』》

〈命令など〉‘を'出す,発令する;…‘を'公布する

〈雑誌など〉‘を'『発行する』

(人に)…‘を'支給する《+『名』〈物〉+『to』+『名』〈人〉》;(衣料・食糧などを)〈人〉‘に'支給する《+『名』〈人〉+『with』+『名』〈物〉》

convert

(別の物・状態・用途に)…'を'『変える』,転換する(change)《+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《米》《通例受動態で》(他の宗教・主義などに)〈人〉'を'改宗させる,転向させる《+『名』+『to』+『名』》

(…に)…'を'等価交換する,両替する《+『名』+『into』+『名』》

(ラグビー・アメリカンフットボールで)〈トライしたボール〉'を'ゴールキックして入れる

(…に)変わる《+『into』(『to』)+『名』》

《米》(…から…に)改宗(転向)する《+『from』+『名』+『to』+『名』》

〈ドルなどが〉(…に)等価交換できる《+『to』(『into』)+『名』》

改宗者,転向者

carefully

『注意深く』,気をつけて

avoid

〈危険・いやなもの〉'を'『避ける』,回避する(keep away from)

(法律上)〈抗弁など〉'を'無効にする

contamination

〈U〉汚すこと,汚染[状態]

〈C〉汚染するもの

experiment

(…の)『実験』,試み《+『in』(『on, with』)+『名』》

(…の)実験をする《+『on(upon, with)』+『名』》

yourself

《強意用法》《you と同格に用いて》『あなた自身』,ご自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『あなた自身を(に)』,自分を(に)

conjunction

〈C〉『接続詞』(and,but,for,sinceなど)

《文》〈U〉〈C〉結合,連結;(事件などの)同時発生

〈U〉合(ごう)(二つ以上の天体が同じ黄経上にあること)

rapidly

『速く』,『すみやかに』

version

(…の)『翻訳』,訳文(translation)《+of+名》;《しばしば Version》(聖書の)翻訳,欽定訳

(…についての)[個人的な]『説明』,所見,解釈《+of+名》

(ある物の)変形,脚色,…版《+of+名》

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

far

《距離》『遠くに』,遠くへ,はるかに

《時間》『ずっと後まで(に),ずっと先まで(に)』

《程度》《形容詞・副詞[句],およびその比較級を修飾して》『ずっと』,はるかに(much),たいそう

《おもに文・詩》(場所が)『遠くにある』,遠い

(二つのうち)『遠いほうの』,向こう側の

長距離(長時間)にわたる

(政治的に)極端な

mix

〈複数のもの〉‘を'『混ぜ合わせる』,混合する,混同する

…‘を'混ぜ合わせて作る,調合して作る

…‘を'寄せ集める,まとめる

〈物が〉(…と)混ざる,混合する《+『with』+『名』》

〈人が〉(他の人と)交わる,交際する《+『with』+『名』》

〈C〉〈U〉混合

〈C〉混合物(食品,薬)

〈C〉〈U〉(水・火を加えて即席にでき上がる)素(もと),ミックス

southern

『南の』,南[部]にある;南へ向かう

(風が)南からの

《しばしばS-》南部特有の,南部ふうの;(特に)米国南部の

pair

(二つで一つに用いられる物の)『組』,『対』《+『of』+『名』》

(対になる部分からなる物の)『1個』《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》夫婦,婚約中の男女;(動物の)つがい《+『of』+『名』》

《集合的に》《複数扱い》(同種または何かの関係のある物の)二人(二つ,2頭など)の組《+『of』+『名』》

…‘を'二人(2個)ずつ組にする《+『名』+『off』(『up』),+『off』(『up』)+『名』》,(…と)…‘を'組にする《+『名』+『with』+『名』》

(…と)…‘を'結婚させる《+『名』+[『up』]『with』+『名』》

二人(2個)ずつ組になる《+『off』(『up』)》

match

(1本の)『まっち』

(昔の)火縄[銃]

expect

…‘を'『予期する』,予想する

(当然のこととして)…‘を'要求する

《おもに英語》《expect that節》…と思う

equal

『等しい』,同じ

『平等の』

互角の;均等の

(任務・作業などに)耐える力がある,(…する)力量がある《+『to』+名(do『ing』)》

(…と)『同等の人(物)』《+『of』+『名』》

…‘に'等しい,匹敵する;(…の点で)…‘に'匹敵する《+『名』+『in(as)』+『名』》

reason

〈C〉〈U〉『理由』,わけ,根拠

〈U〉『理性』,判断力;道理

『論理的に孝える』

(人に)道理を悟らせる《+『with』+『名』〈人〉》

…‘を'論理的に孝える《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

《『reason』+『that節』》…‘と'推論する

〈人〉‘に'道理を悟らせて(…)させる(しないようにする)《+『名』+『into』(『out of』+『名』(do『ing』)》

indeed

《文全体または前の語を強調して》『実に』,全く

《前に言ったことを確認あるいは強調して》実は,事実はそれどころか

《譲歩を表して》『なるほど』,いかにも

『まさか』,まあ,ほんとうかい

European

『ヨーロッパ』[『人』]『の』,欧州[人]の

『ヨーロッパ人』,欧州人

significantly

意味ありげに,意味深長に

rather

『いくぶん』,やや

『それどころか』,反対に

《話》かなり,相当に

《英話》(応答に用いて)確かに,そうですとも(certainly)

true

『ほんとうの』,真実の

『本物の』,正真正銘の(real)

『誠実な』,忠実な,忠誠な(faithful)

心からの,うそ偽りのない

寸分違わない,正確に一致する,適合する

正当な,適正な,正しい(proper)

間違いない,確実な

<機械・器具などが>正確にできた,正しい位置にある;<声などが>正しい調子の

うそをつかないで,正直に

寸分違わないように,確実に

先祖の型どおりに

…‘を'正しく調整する《+up+名,+名+up》

Chinese

『中国の』;中国ふうの

『中国人の』

『中国語の』

〈C〉『中国人』

〈U〉『中国語』

versus

(訴訟・競技などで)…対(《略》v.,vs.)(against)

(比較や二者択一において)…に対して

propose

…‘を'『提案する』,申し出る

(地位・役職などに)〈人〉‘を'推薦する《+『名』〈人〉+『for』+『名』》

…‘を'『計画する』,企てる,もくろむ

(…に)〈結婚〉‘を'申し込む《+『名』+『to』+『名』》

(…に)結婚を申し込む《+『to』+『名』》

sometime

(未来の)『いつか』;そのうち

(過去の)あるとき;以前

かつての,以前の(former)

presumably

たぶん,おそらく

Middle East

中東(西はリビアから東はイラク・サウジアラビアまでの地域,時にはトルコ・イラン・アフガニスタン・パキスタンを含む)

living

『生きている』

生活の;生活に適した

『現存の』,まだ使われている

『生き生きした』,活気のある

『生き写しの』

〈U〉生存;生活状態,暮らし

〈U〉《a~,one's~》『生計』,暮らしの費用(livelihood)

《the~》《複数扱い》生きている人々

reference

〈U〉(…へ)『言及すること』,(…の)話に触れること《+『to』+『名』》;〈C〉言及した事柄

〈U〉(…を)『参照すること』,参考《+『to』+『名』》;〈C〉(本などの)出典,参考書;(出典などの)注記

〈C〉(人物・才能などの)証明書;身元保証人,照会先

point

〈C〉(針・鉛筆・剣などの)『とがった先』,(…の)先端《+『of』+『名』》

〈C〉岬(みさき)

〈C〉(小数点・句読点などの)点

〈C〉(図形上の)点

〈C〉(ある特定の)『地点』(spot),場所(place)

〈C〉(計器の目盛りなどの)『点』,『度』

〈C〉時点,瞬間

〈C〉《単数形で》(物語・議論などの)『要点』,核心《+『of』(『in』)+『名』》

〈U〉(…の)『目的』,『意義』,ねらっている点《+『of』(『in』)+『名』(do『ing』)》

〈C〉(全体の中の)個々の項目,細目(item),細部(detail)

〈C〉特徴(characteristic),特質(trait)

〈C〉(競技・学校の成績などの)得点

〈C〉ポイント(活字の大きさの単位;約1

72インチの大きさ)

(…に)〈銃・指など〉‘を'『向ける』《+『名』+『at』(『to, toward』)+『名』》

…‘に'『指し示す』《point+名+to+名…に…をさし示す》

…‘の'先をとがらせる,‘に'先を付ける

…‘に'点を打つ;…‘に'小数点を付ける;…‘に'句読点を付ける

〈猟犬が〉〈獲物〉‘を'指し示す

(…を)(指などで)『示す』,指し示す《+『at』(『to, toward』)+『名』(do『ing』)》

〈猟犬が〉獲物の位置を示す

ancient

『古代の』,大昔の(特に476年の西ローマ帝国滅亡以前をいう)

古来の

古代人

apply

(…に)…'を'『適用する』,応用する《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

(…に)…'を'『当てる』,当てがう《+『名』+『to』+『名』》

(…に)〈心・努力など〉'を'傾ける,注ぐ《+『名』+『to』+『名』(do『ing』)》

…'を'作用させる,動かす

(…に)『適用される』,当てはまる《+『to』+『名』》

申し込む,出願する;(…に…を)申し込む《+『to』+『名』+『for』+『名』》

elsewhere

『どこかよそに』,ほかの所で(somewhere else)

Siberia

シベリア

Altai Mountains

アルタイ山脈(モンゴルと旧ソ連領アジアにまたがる大山脈)

cave

『ほら穴』,(特に)横穴

〈地盤などが〉陥没する

〈帽子など〉'を'へこます

site

(町・建物などの)『場所』;敷地,用地

遺跡;(事件などの)現場

〈建物など〉‘を'位置させる(locate)

mountain

『山』

《the…Mountains》…『山脈』

《a~》山(のような…),(…の)山《+『of』+『名』》

《a~》多数(の…),多量(の…)《+『of』+『名』》

archeologist

=archaeologist

tiny

『とても小さい』,ちっぽけな

bone

〈C〉骨

〈U〉骨を作っている物質,骨質

《複数形で》骨格;死骸(がい)

〈魚など〉‘の'骨を取る

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

phalanx

方陣(古代ギリシアで,歩兵を密集させて方形に配置した陣形)

(人や物の)密集,集まり《+『of』+『名』》

little finger

(手の)小指

enough

『不足のない』,十分な

『十分な量(数)』,足りる量

『十分に』(sufficiently)

全く,すっかり

もうたくさんだ,やめてくれ(Stop!)

preserve

《文》(損傷・危害などから)…‘を'『守る,保護する』(save)《+『名』+『from』+『名』(do『ing』)》

…‘を'『維持する』,保持する,持続する

(冷凍・かん詰め・化学的処理などで)〈食物〉‘を'保存する

〈森林・鳥・魚など〉‘を'保護する

《通例複数形で》(通例びん詰めで保存する)果物の砂糖煮;ジャム

禁猟区,禁漁地

(特定の個人・グループの)領分,領域;限定品

even

『平らな』,平たんな

『同じ高さの』,同一平面の,平行の

(運動・動作・品質などが)『均一の』,規則的な,一様の,むらのない

(数・量などが)『同じの』,等しい,釣り合のとれた互角の

『偶数の』

公平な,公正な(fair)

平静な,穏やかな,落ち着いた(calm)

貸借にない,清算済みの

端数のない,ちょうどの,きっかりの

《意味を強めて,不審や意外の念を含み》…『でさえも』,までも

《比較級の前に用いて》『なおいっそう』,さらに(still,yet)

《形容詞の前または後の用いて》(…と)すら言える;《古》《時を表す副詞の前に用いて》ちょうど

…‘を'平らにする,ならす

…‘を'釣り合わせる,平均させる《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

…‘の'変動をなくする,‘を'安定させる《+『out』+『名』,+『名』+『out』》

extent

(…の)広がり,大きさ,長さ《+『of』+『名』》

(…の)『範囲』,限度,程度《+『of』+『名』》

relate

(…に)〈事件・事情など〉‘を'『物語る』《+『名』+『to』+『名』》

(…と)…‘を'『関係させる』,結びつける《+『名』+『to(with)』+『名』》

〈物・事が〉(…に)関係がある,かかわる《+『to(with)』+『名(wh・節・句)』》

(…に)〈人が〉なじむ,順応する《+『to』+『名』》

further

(距離が)『もっと遠い』,さらに先の

(時間・数量・程度などが)『もっと進んだ』,それ以上の

(距離が)『さらに遠く』,もっと先に

(時間・数量・程度などが)『もっと進んで』,なおその上に

『その上』,さらにまた(besides)

…‘を'進める,助長する,促進する(promote)

independent

(他に)『頼らない』,依存しない

『独立した』ほかの支配(影響)を受けない

『関係(関連)がない』,独自の

(収入・資産が)働かなくても暮らせるだけの

独立者,独立したもの

党派に属さない人(無所属議員,自由な投票者など)

describe

…‘を'『描写する』,‘の'特徴を述べる

〈図形など〉‘を'『描く』,‘の'輪郭をかく

surprisingly

驚くほどに

evidence

『証拠』,証拠物件

印,徴侯,形跡(indication)・(証拠をあげて)…‘を'証明する・「in evidence」で「証拠(証人)として」

New Guinea

ニューバニア(オーストラリア大陸の北方にある世界第2の大島)

island

『島』

島に似たもの;(街路上の)安全地帯(《米》safety island,《英》traffic island)

Melanesia

メラネシア(オーストラリアの東,南太平洋上の群島の総称)

Pacific

『太平洋』(the Pacific Ocean)

『太平洋の』;太平洋[沿]岸の

widespread

(翼など)広げた

広範囲にわたる,行き渡った

past

『過ぎ去った』,終わった(over)

《名詞の前にのみ用いて》『過去に起こった』,過去の,昔の

《期間を表す語の前後で完了形の文で用いて》(…の期間を)『過ぎた』,最近(…)の

《名詞の前にのみ用いて》『前任の』,元の

(文法で)過去の

(場所)『を通り越して』,の先に

(時刻)『を過ぎて』;(年齢)を過ぎて

(能力・限度など)『を越えて』,の及ばない

(ある数・量)『を越えて』,…以上

《the~》『過去』

《a~,one's~》(国などの)歴史;(人の)経歴,(特にいかがわしい)過去

過去[時制];過去形

『過ぎて』,通り越して

Melanesian

メラネシアの;メラネシア人(語)の

メラネシア人;〈U〉メラネシア語

arrive

(ある場所に)『着く』,(目的地に)『到着する』《+『at』(『in, on』)+『名』》

(ある目標・過程・断階などに)達する《+『at』+『名』》

〈時が〉来る(come)

成功する,名声を博する

〈赤ちゃんが〉生まれる

west

《the west》『西』;(…の)西方,(…の)西部《+of+名》

《the West》『西洋』西欧,欧米

《the West》《米》西部地方

《the West》(共産圏に対して)西側[諸国],西側陣営

『西の』,西部の,西向きの;西からの

『西へ』,西に;西方に

east

《the~》『東』;(…の)東方,(…の)東部《+『of』+『名』》

《the East》『東洋』(the Orient)

《the East》《米》東部地方

『東の』,東方の,東部の;東からの

『東に』,東方へ

border

『ヘリ』,縁(ふち)端(はし);端に沿った部分

(衣服・絵画などの)縁飾り,縁取り

『国境』,境界;国境地方,辺境;《the B-》《米》米国とメキシコとの国境地方;《英》イングランドとスコットとの国境地方

(…で)〈布・道など〉‘に'縁(へり)をつける《+『名』+『with』+『名』》

〈土地など〉‘に'接する

(…に)〈矢地などが〉『隣接する』《+『on』(『upon』)+『名』》

ほとんど(…に)近い《+『on』(『upon』)+『名』》

somewhere

『どこかに』(で),どこかへ

およそ,大体

あるところ,某所

continue

〈物事〉'を'『続ける』,持続する;(中断後)…'を'また始める,継続する

《しばしば受動態で》《副詞[句]を伴って》(ある位置・状態に)<人>'を'とどませる

『続く』,継続する

《副詞[句]を伴って》(ある地位・状態などに)『とどまる』

(話を一度中断してまた)続ける

spread

〈たたんだ物など〉‘を'『広げる』,伸ばす《+『out』+『名,』+『名』+『out』》

(…に)‥‘を'『薄く塗る;』(…に)‥‘を'かける,かぶせる《+『名』+『on(over)』+『名』》

(…を)…‘に'『薄く塗る;』(で)…‘を'おおう《+『名』+『with』+『名』》

…‘を'引き離す,押し広げる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)…‘を'『まき散らす』;〈知識・ニュースなど〉‘を'広める;〈病気など〉‘を'まん延させる《+『名』+『over(among)』+『名』》

〈仕事・支払いなど〉‘を'引き延ばす《+『名』+『out,』+『out』+『名』》;(ある期間に)〈支払いなど〉‘を'わたらせる《+『名』+『over(for)』+『名』》

…‘を'広げて見せる,展示する

(食事ができるように)〈食卓〉‘を'用意する,〈食卓〉‘に'料理を並べる

〈物が〉『広がる,』伸びる

《しばしば副詞[句]を伴って》(…に)〈うわさなどが〉『広まる』〈病気などが〉まん延する《+『over』+『名』》

(時間的に)延びる;(…の期間に)わたる《+『over(for)』+『名』》

〈U〉《the~》(…が)『広がること』,(…の)普及《+『of』+『名』》

〈U〉《しばしばa~》(…の)広がり,広がった距離(程度)《+『of』+『名』》

〈C〉(食卓掛けなどの)掛け布;(特に)ベッドカバー

〈C〉(食卓に出された)たくさんの食へ物,ごちそう

〈U〉〈C〉スプレッド(パンに塗るバター,ジャム,ゼリー類)

〈C〉(新聞,雑誌などの数段ぬきまたは2ページにわたる)大広告,大見出し記事

Southeast Asia

東南アジア

early

(時間・時期が)『早い』,『初期の』

昔の

(普通より,予定より)早い

近い将来の

(時間・時期的に)『早く』

(予定・ふだんより)早く

disappear

『見えなくなる』,消える,姿を消す,消滅する

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

whereas

《対立・対照などの副詞節を導く》…『であるのに反して』,なのに対して

《文》《理由の副詞節を導く》…なるがゆえに

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

sum

〈C〉《the sum》(数・量の)『合形』,総計(sum total)《+of+名》

〈U〉《時に a sum》(抽象的なことの)全体《+of+名》

〈C〉《形容詞をつけて》(…の)『額』《+of+名》

〈C〉《話》算数,算数の問題

〈U〉《the sum》(…の)要約,要旨《+of+名》

…‘を'『合計する』《+up+名,+名+up》

合計して…になる《+up to+名》

sort

『種類』,部類(kind)

性格,性質,タイプ

《おもに英話》《単数形で》(ある)種類の人

…‘を'分類する,区分けする;えり分ける,選び出す《+『名』+『out,』+『out』+『名』》

mention

…‘を'『簡潔に述べる』

…の名を挙げる

〈U〉(…について)『簡単に述べること』《+『of』+『名』(do『ing』)》

〈C〉《単数形で》『言及』

〈C〉《単数形で》(ほめるために)名を挙げること

lesson

《しばしば複数形で》『授業』,けいこ

(教科書などの)『課』

《複数形で》(授業に伴う)勉強

『教訓』,教え,戒め

(礼拝の時に読む)聖書の一節

mixed

(異なった成分(要素)のものが)混ざった,混合の,混成の

男女混合の

人種(宗教・国籍など)が違う人々の(から成る)

wherever

…『する所はどこでも』

『どこに…でも』

『いったいどこへ』(に)

attention

〈U〉(…に対する)『注意,注意力』《+『to』+『名』》

〈U〉『世話,思いやり』(consideration)

《複数形で》親切,(特に婦人に対する)心づかい

〈U〉「気をつけ」の号令,気をつけの姿勢

applause

『拍手かっさい』;称賛

関連動画