TED日本語 - アンジェラ・ベルチャー: 自然を使って電池を育てる

TED 日本語字幕付き動画

品詞分類

主語
動詞
助動詞
準動詞
関係詞等

Data

内容

アワビの貝殻に触発されたアンジェラ・ベルチャーは、人が利用できるようなすばらしいナノ構造を作るようにウイルスをプログラムします。定向進化を通して優秀な遺伝子を選択することで、高出力の新しい電池、例えば、クリーンな水素燃料や記録的に高効率な太陽電池などを製造するウイルスを生み出しました。どうやって実現したのかTEDxCaltechで語っています。

Script

自然界で物質はどう作られるのでしょう アワビの貝殻を持って来ました これは生物が作り出した材料です 質量の98%が 炭酸カルシウム 質量の2%が タンパク質で 生息環境にあるほかの物質より 3,000倍も頑丈にできています アワビの貝殻のような構造物は広く利用されています 例えば チョークです 自然界の物づくりは魅力的で その妙技から たくさんのことが学べます 例えば これは 肉眼で見える構造物ですが ナノスケールで 組み立てられています 遺伝子レベルでコード化されたタンパク質を使うことで 精巧な構造物を組み上げることができるのです

そこで 生命を持たない ― 例えば 太陽電池などの各種の電池に 命を持たせたらどうなるのか とても興味がわいてきます 生命を持たない物体が アワビの貝殻と同じ能力をもつ つまり 室温 大気圧下で 無害な化学物質を使って 精巧な構造物を作る能力をもち 有害な物質を 環境に出さないとしたらどうでしょう? そんなことを思い描いてきたのです シャーレで電池を育てられたら? 電池に遺伝情報を組み込んで 時間の経過とともに 進化させられたら? しかも環境に優しくできないか?

アワビの貝殻に話を戻しますが ナノ構造もそうですが もう一つ興味を引かれるのは アワビのオスとメスが協力して 遺伝情報を伝える点です 「精巧な物質は こう組み立てる」 「室温 大気圧下で こうやる」 「無害な材料で こうやる」 ケイ藻も同じです ガラスのような構造をしていて 分裂する時に 遺伝情報を伝えます 「完全なナノ構造のガラスを 海で組み上げるにはこうする」 「同じように繰り返せる」 太陽電池などの電池で 同じように できたらどうでしょう? 大好きなバイオマテリアルは 4歳の子です

育児経験者や よくご存知の方ならお分かりでしょうが 4歳の子どもは ややこしい生命体です 無理に何かをさせるのは とても大変です そこで 未来のテクノロジーについて検討する時 細菌やウイルスといった 原始的な生物の利用を考えます 新しいツールボックスを利用して 私たちにとって意味ある構造物を 作らせることが可能でしょうか?

未来のテクノロジーを検討するとき 地球誕生から考え始めます 地球に生命が生まれるまで 10億年かかりました 急速に多細胞化して 複製可能となり エネルギー供給手段として 光合成も可能になりました でも5億年ほど前 カンブリア紀に入ってようやく 海の生命が 堅い物質を作るようになりました それまでは 柔らかくふわっとしていたのです この時代 その環境には カルシウムと鉄とケイ素が 増えていました 生命体は堅い物質を作る方法を習得しました 私は これを実現したいのです 周期表の残りの元素を 生物に活用してもらうのです

生物をよく見ると DNAや抗体 タンパク質 リボゾームなど ナノ構造の物質はたくさんあります 自然界はナノスケールの 精巧な構造物を 用意してくれています HIVのような仕組みで ナノスケールの生体組織に 抗体を作らせないようにして 太陽電池を作らせるのは どうでしょう? これは自然界の貝殻です

自然界のバイオマテリアルです アワビの貝殻を割ってみると ナノ構造が見つかります 二酸化ケイ素で作られたケイ藻は 走磁性細菌といい 小さな単磁区を作って方向を判断します 共通点は ナノスケールで 組み上げられている点と タンパク質配列をコード化した DNA配列が すばらしい構造を作るための 設計図となっている点です アワビの貝殻は こういったタンパク質を使って貝殻を作っています タンパク質は負の電荷を帯びて 環境からカルシウムを取り込み カルシウムの層を作り 炭酸塩化することを繰り返します アミノ酸の化学的配列から指示が出ています 「こうやって作る」 「これが 実行するための ? DNA配列 タンパク質配列」 面白いアイデアがあります 所望の物質や元素を 組み上げるための DNA配列を見つけ出して アワビの貝殻ではなく 所望の構造物を作れるように タンパク質配列を コード化することで まだ利用されていない自然の力を利用するのです

こちらは 私の大好きな 周期表です 毎年 MITの新入生に配る周期表で こう書いてあります 「ようこそMITへ 得意分野(エレメント)を学ぼう」 裏には アミノ酸が記載されています 等電点も示してあります 何千もの人に配っています MITと書かれていますが こちらの大学でもお配りします オバマ大統領の MIT訪問時に 私の研究室にも 招くことになったので ぜひ周期表を渡したくて 夜遅くに夫に尋ねました 「どうやって周期表を渡したらいい? 持ってるとか 覚えてるとか 言われたらどうしよう」 大統領が研究室を訪れて 素晴らしい視察を終えた時 こう切り出しました 「周期表を差し上げます 緊急時に分子量を計算する必要があるかもしれませんから」 モル質量よりも分子量と言う方が オタクっぽくないかと ... 大統領は周期表を見て 「ありがとう 周期的に見るよ」 (笑) (拍手) 後日 大統領は クリーンエネルギーの講演で 周期表を出して言いました 「MITでは周期表をもらえる」

まだ言っていませんでしたが 5億年前 原始的な生命体が物質を作り始めましたが 上達まで5千万年かかりました アワビの貝殻の作り方を 5千万年かけて会得したのです 院生に求めるのは無理です 「すごいプロジェクトだけど 5千万年かかるの」 もっと迅速にやる方法を 開拓しなければなりません そこで 細菌に感染する 毒性の無いウイルスである M13バクテリオファージを使います DNAの構造がシンプルで DNA配列の切り貼りが 簡単にできます このようにウイルスを使って ランダムにタンパク質配列を発現させることができます

遺伝子工学としては簡単で 無数に繰り返すことができます 一種類のタンパク質を作る 一つの配列を除いて 同じ遺伝子をもつウイルスを 無数に 作ることができます その無数のウイルスを 一滴の液体に入れて 任意の元素と相互作用させます そして 選択と進化を経て 太陽電池の育成など所望の働きをするウイルスを 一つ選び出せます

ウイルスは自己複製できず宿主が必要ですから 膨大な中から一つ見つけたら 細菌に感染させて その特定の配列を 無数に複製させます 生物がすばらしいのは 精密で 精巧な構造物を作る点です こちらの長くて薄いウイルスに 発現能力を与えて 半導体や電池の材料を 育成させることができます

こちらは 私の研究室で育成している高出力電池です ウイルスを改良して 一部分でカーボンナノチューブを つかめるようにしてあって ほかの部分に 電池の 電極材料を育成する配列を組み込んであります さらに 電極材料を電流コレクタに接続します 選択と進化を経て 性能の悪い電池を作っていたウイルスが 性能の良い 記録的な高出力の電池を作るウイルスに変わりました すべて室温の実験台で作れます ホワイトハウスでの会見に持って行った電池が こちらです この箱の中で LEDを点灯させています もっと大きくできれば 実際にプリウスも 動かせるようになります ウイルス駆動車を運転するのが私の夢です

膨大な数の ウイルスから一つを抜き出して 大量に複製することができます 複製は実験室でできます そうやって 自己組織化させて 電池などを作らせるのです 触媒作用も利用できます これは 光触媒作用により 水が分離する例です これまでに可能になったのは ウイルスを改良して その表面に 色素吸着分子を並べて アンテナとして機能させ ウイルスを介してエネルギーを伝えることです 別の遺伝子には 水を 酸素と水素に 分解するような 無機材料を育成させます これでクリーンな燃料を作れます サンプルを持って来ました 学生は動くと言っていました ウイルスが作ったナノワイヤーが 中に入っていて 光を当てると泡立ちます このサンプルからは酸素の泡が発生します 遺伝子を操作することで デバイス性能を高める多様な材料を制御できます

最後の例は太陽電池です 太陽電池でも可能です ウイルスを改良して カーボンナノチューブの周りに 電子を輸送するための二酸化チタンを 成長させることが可能となりました 遺伝子工学により この太陽電池の効率は この種の色素増感型で実現されている 最高記録の効率にまで 到達しています 一つ持って来ましたので 後で 外に出て試してみてください ウイルス製の太陽電池です 選択と進化を経て 効率は 8パーセントから 11パーセントにすることができました

自然界の物づくりを知ること そして次のステップとして 自分で育成できるか確かめたり 自然界のやり方を 利用できるか確かめたりして 自然界に無い物質を作ることが とても重要で興味深いと分かっていただけたらうれしいです

ありがとうございました

I thought I would talk a little bit about how nature makes materials. I brought along with me an abalone shell. This abalone shell is a biocomposite material that's 98 percent by mass calcium carbonate and two percent by mass protein. Yet, it's 3,000 times tougher than its geological counterpart. And a lot of people might use structures like abalone shells, like chalk. I've been fascinated by how nature makes materials, and there's a lot of sequence to how they do such an exquisite job. Part of it is that these materials are macroscopic in structure, but they're formed at the nanoscale. They're formed at the nanoscale, and they use proteins that are coded by the genetic level that allow them to build these really exquisite structures.

So something I think is very fascinating is what if you could give life to non-living structures, like batteries and like solar cells? What if they had some of the same capabilities that an abalone shell did, in terms of being able to build really exquisite structures at room temperature and room pressure, using non-toxic chemicals and adding no toxic materials back into the environment? So that's the vision that I've been thinking about. And so what if you could grow a battery in a Petri dish? Or, what if you could give genetic information to a battery so that it could actually become better as a function of time, and do so in an environmentally friendly way?

And so, going back to this abalone shell, besides being nano-structured,one thing that's fascinating, is when a male and a female abalone get together, they pass on the genetic information that says, "This is how to build an exquisite material. Here's how to do it at room temperature and pressure, using non-toxic materials." Same with diatoms, which are shown right here, which are glasseous structures. Every time the diatoms replicate, they give the genetic information that says, "Here's how to build glass in the ocean that's perfectly nano-structured. And you can do it the same, over and over again." So what if you could do the same thing with a solar cell or a battery? I like to say my favorite biomaterial is my four year-old.

But anyone who's ever had, or knows, small children knows they're incredibly complex organisms. And so if you wanted to convince them to do something they don't want to do, it's very difficult. So when we think about future technologies, we actually think of using bacteria and virus, simple organisms. Can you convince them to work with a new toolbox, so that they can build a structure that will be important to me?

Also, when we think about future technologies, we start with the beginning of Earth. Basically, it took a billion years to have life on Earth. And very rapidly, they became multi-cellular, they could replicate, they could use photosynthesis as a way of getting their energy source. But it wasn't until about 500 million years ago -- during the Cambrian geologic time period -- that organisms in the ocean started making hard materials. Before that, they were all soft, fluffy structures. And it was during this time that there was increased calcium and iron and silicon in the environment, and organisms learned how to make hard materials. And so that's what I would like be able to do -- convince biology to work with the rest of the periodic table.

Now if you look at biology, there's many structures like DNA and antibodies and proteins and ribosomes that you've heard about that are already nano-structured. So nature already gives us really exquisite structures on the nanoscale. What if we could harness them and convince them to not be an antibody that does something like HIV? But what if we could convince them to build a solar cell for us? So here are some examples: these are some natural shells.

There are natural biological materials. The abalone shell here -- and if you fracture it, you can look at the fact that it's nano-structured. There's diatoms made out of SIO2, and they're magnetotactic bacteria that make small, single-domain magnets used for navigation. What all these have in common is these materials are structured at the nanoscale, and they have a DNA sequence that codes for a protein sequence that gives them the blueprint to be able to build these really wonderful structures. Now, going back to the abalone shell, the abalone makes this shell by having these proteins. These proteins are very negatively charged. And they can pull calcium out of the environment, put down a layer of calcium and then carbonate, calcium and carbonate. It has the chemical sequences of amino acids, which says, "This is how to build the structure. Here's the DNA sequence, here's the protein sequence in order to do it." And so an interesting idea is, what if you could take any material that you wanted, or any element on the periodic table, and find its corresponding DNA sequence, then code it for a corresponding protein sequence to build a structure, but not build an abalone shell -- build something that, through nature, it has never had the opportunity to work with yet.

And so here's the periodic table. And I absolutely love the periodic table. Every year for the incoming freshman class at MIT, I have a periodic table made that says, "Welcome to MIT. Now you're in your element." And you flip it over, and it's the amino acids with the PH at which they have different charges. And so I give this out to thousands of people. And I know it says MIT, and this is Caltech, but I have a couple extra if people want it. And I was really fortunate to have President Obama visit my lab this year on his visit to MIT, and I really wanted to give him a periodic table. So I stayed up at night, and I talked to my husband, "How do I give President Obama a periodic table? What if he says, 'Oh, I already have one,' or, 'I've already memorized it'?" (Laughter) And so he came to visit my lab and looked around -- it was a great visit. And then afterward, I said, "Sir, I want to give you the periodic table in case you're ever in a bind and need to calculate molecular weight." And I thought molecular weight sounded much less nerdy than molar mass. And so he looked at it, and he said, "Thank you. I'll look at it periodically." (Laughter) (Applause) And later in a lecture that he gave on clean energy, he pulled it out and said, "And people at MIT, they give out periodic tables."

So basically what I didn't tell you is that about 500 million years ago, organisms starter making materials, but it took them about 50 million years to get good at it. It took them about 50 million years to learn how to perfect how to make that abalone shell. And that's a hard sell to a graduate student. (Laughter) "I have this great project -- 50 million years." And so we had to develop a way of trying to do this more rapidly. And so we use a virus that's a non-toxic virus called M13 bacteriophage that's job is to infect bacteria. Well it has a simple DNA structure that you can go in and cut and paste additional DNA sequences into it. And by doing that, it allows the virus to express random protein sequences.

And this is pretty easy biotechnology. And you could basically do this a billion times. And so you can go in and have a billion different viruses that are all genetically identical, but they differ from each other based on their tips, on one sequence that codes for one protein. Now if you take all billion viruses, and you can put them in one drop of liquid, you can force them to interact with anything you want on the periodic table. And through a process of selection evolution, you can pull one out of a billion that does something that you'd like it to do, like grow a battery or grow a solar cell.

So basically, viruses can't replicate themselves; they need a host. Once you find that one out of a billion, you infect it into a bacteria, and you make millions and billions of copies of that particular sequence. And so the other thing that's beautiful about biology is that biology gives you really exquisite structures with nice link scales. And these viruses are long and skinny, and we can get them to express the ability to grow something like semiconductors or materials for batteries.

Now this is a high-powered battery that we grew in my lab. We engineered a virus to pick up carbon nanotubes. So one part of the virus grabs a carbon nanotube. The other part of the virus has a sequence that can grow an electrode material for a battery. And then it wires itself to the current collector. And so through a process of selection evolution, we went from being able to have a virus that made a crummy battery to a virus that made a good battery to a virus that made a record-breaking, high-powered battery that's all made at room temperature, basically at the bench top. And that battery went to the White House for a press conference. I brought it here. You can see it in this case -- that's lighting this LED. Now if we could scale this, you could actually use it to run your Prius, which is my dream -- to be able to drive a virus-powered car.

But it's basically -- you can pull one out of a billion. You can make lots of amplifications to it. Basically, you make an amplification in the lab, and then you get it to self-assemble into a structure like a battery. We're able to do this also with catalysis. This is the example of photocatalytic splitting of water. And what we've been able to do is engineer a virus to basically take dye-absorbing molecules and line them up on the surface of the virus so it acts as an antenna, and you get an energy transfer across the virus. And then we give it a second gene to grow an inorganic material that can be used to split water into oxygen and hydrogen that can be used for clean fuels. And I brought an example with me of that today. My students promised me it would work. These are virus-assembled nanowires. When you shine light on them, you can see them bubbling. In this case, you're seeing oxygen bubbles come out. And basically, by controlling the genes, you can control multiple materials to improve your device performance.

The last example are solar cells. You can also do this with solar cells. We've been able to engineer viruses to pick up carbon nanotubes and then grow titanium dioxide around them -- and use as a way of getting electrons through the device. And what we've found is through genetic engineering, we can actually increase the efficiencies of these solar cells to record numbers for these types of dye-sensitized systems. And I brought one of those as well that you can play around with outside afterward. So this is a virus-based solar cell. Through evolution and selection, we took it from an eight percent efficiency solar cell to an 11 percent efficiency solar cell.

So I hope that I've convinced you that there's a lot of great, interesting things to be learned about how nature makes materials -- and taking it the next step to see if you can force, or whether you can take advantage of how nature makes materials, to make things that nature hasn't yet dreamed of making.

Thank you.

I thought/ I would talk a little bit/ about how nature makes materials.//

自然界で物質はどう作られるのでしょう

I brought along/ with me/ an abalone shell.//

アワビの貝殻を持って来ました

This abalone shell is a biocomposite material/ that's 98 percent/ by mass calcium carbonate and two percent/ by mass protein.//

これは生物が作り出した材料です 質量の98%が 炭酸カルシウム 質量の2%が タンパク質で

Yet,/ it's 3,000 times tougher/ than its geological counterpart.//

生息環境にあるほかの物質より 3,000倍も頑丈にできています

And a lot of people might use structures/ like abalone shells,/ like chalk.//

アワビの貝殻のような構造物は広く利用されています 例えば チョークです

I've been fascinated by how nature makes materials,/ and there's a lot of sequence/ to/ how they do such an exquisite job.//

自然界の物づくりは魅力的で その妙技から たくさんのことが学べます

Part of it is/ that these materials are macroscopic/ in structure,/ but they're formed at the nanoscale.//

例えば これは 肉眼で見える構造物ですが ナノスケールで

They're formed at the nanoscale,/ and they use proteins/ that are coded by the genetic level/ that allow them/ to build these really exquisite structures.//

組み立てられています 遺伝子レベルでコード化されたタンパク質を使うことで 精巧な構造物を組み上げることができるのです

So something/ I think/ is very fascinating is/ what if you could give life/ to non-living structures,/ like batteries/ and/ like solar cells?//

そこで 生命を持たない ― 例えば 太陽電池などの各種の電池に 命を持たせたらどうなるのか とても興味がわいてきます

What if they had some of the same capabilities/ that an abalone shell did,/ in terms of being able to build really exquisite structures/ at room temperature and room pressure,/ using non-toxic chemicals/ and adding no toxic materials back/ into the environment?//

生命を持たない物体が アワビの貝殻と同じ能力をもつ つまり 室温 大気圧下で 無害な化学物質を使って 精巧な構造物を作る能力をもち 有害な物質を 環境に出さないとしたらどうでしょう?

So that's the vision/ that I've been thinking about.//

そんなことを思い描いてきたのです

And so/ what if you could grow a battery/ in a Petri dish?//

シャーレで電池を育てられたら?

Or,/ what if you could give genetic information/ to a battery/ so that it could actually become better/ as a function of time,/ and do so/ in an environmentally friendly way?//

電池に遺伝情報を組み込んで 時間の経過とともに 進化させられたら? しかも環境に優しくできないか?

And so,/ going back/ to this abalone shell,/ besides being nano-structured,/one thing/ that's fascinating,/ is/ when a male/ and a female abalone get together,/ they pass on the genetic information/ that says,/ "This is/ how to build an exquisite material.//

アワビの貝殻に話を戻しますが ナノ構造もそうですが もう一つ興味を引かれるのは アワビのオスとメスが協力して 遺伝情報を伝える点です 「精巧な物質は こう組み立てる」

Here's/ how to do it/ at room temperature and pressure,/ using non-toxic materials."//

「室温 大気圧下で こうやる」 「無害な材料で こうやる」

Same/ with diatoms,/ which are shown right here,/ which are glasseous structures.//

ケイ藻も同じです ガラスのような構造をしていて

Every time/ the diatoms replicate,/ they give the genetic information/ that says,/ "Here's/ how to build glass/ in the ocean/ that's perfectly nano-structured.//

分裂する時に 遺伝情報を伝えます 「完全なナノ構造のガラスを 海で組み上げるにはこうする」

And you can do it/ the same,/ over and over again."//

「同じように繰り返せる」

So what if you could do the same thing/ with a solar cell or a battery?//

太陽電池などの電池で 同じように できたらどうでしょう?

I like to say/ my favorite biomaterial is my four year-old.//

大好きなバイオマテリアルは 4歳の子です

But anyone/ who's ever had,/ or knows,/ small children knows/ they're incredibly complex organisms.//

育児経験者や よくご存知の方ならお分かりでしょうが 4歳の子どもは ややこしい生命体です

And so/ if you wanted to convince/ them/ to do something/ they don't want to do,/ it's very difficult.//

無理に何かをさせるのは とても大変です

So/ when we think about future technologies,/ we actually think of using bacteria and virus,/ simple organisms.//

そこで 未来のテクノロジーについて検討する時 細菌やウイルスといった 原始的な生物の利用を考えます

Can/ you convince them/ to work with a new toolbox,/ so that they can build a structure/ that will be important to me?//

新しいツールボックスを利用して 私たちにとって意味ある構造物を 作らせることが可能でしょうか?

Also,/ when we think about future technologies,/ we start with the beginning of Earth.//

未来のテクノロジーを検討するとき 地球誕生から考え始めます

Basically,/ it took a billion years/ to have life/ on Earth.//

地球に生命が生まれるまで 10億年かかりました

And very rapidly,/ they became multi-cellular,/ they could replicate,/ they could use photosynthesis/ as a way of getting their energy source.//

急速に多細胞化して 複製可能となり エネルギー供給手段として 光合成も可能になりました

But it wasn't/ until about 500 million years ago --/ during the Cambrian geologic time period --/ that organisms/ in the ocean started making/ hard materials.//

でも5億年ほど前 カンブリア紀に入ってようやく 海の生命が 堅い物質を作るようになりました

Before that,/ they were all soft, fluffy structures.//

それまでは 柔らかくふわっとしていたのです

And it was during this time/ that there was increased calcium and iron and silicon/ in the environment,/ and organisms learned/ how to make hard materials.//

この時代 その環境には カルシウムと鉄とケイ素が 増えていました 生命体は堅い物質を作る方法を習得しました

And so/ that's/ what I would like be able to do --/ convince biology to work with the rest of the periodic table.//

私は これを実現したいのです 周期表の残りの元素を 生物に活用してもらうのです

Now/ if you look at biology,/ there's many structures/ like DNA and antibodies and proteins and ribosomes/ that you've heard about that are already nano-structured.//

生物をよく見ると DNAや抗体 タンパク質 リボゾームなど ナノ構造の物質はたくさんあります 自然界はナノスケールの

So nature already gives us really exquisite structures/ on the nanoscale.//

精巧な構造物を 用意してくれています

What if we could harness them/ and convince them/ to not be an antibody/ that does something/ like HIV?//

HIVのような仕組みで ナノスケールの生体組織に 抗体を作らせないようにして

But what if we could convince them/ to build a solar cell/ for us?//

太陽電池を作らせるのは どうでしょう?

So here are some examples:/ these are some natural shells.//

これは自然界の貝殻です

There are natural biological materials.//

自然界のバイオマテリアルです

The abalone shell here --/ and/ if you fracture it,/ you can look at the fact/ that it's nano-structured.//

アワビの貝殻を割ってみると ナノ構造が見つかります

There's diatoms made out of SIO2,/ and they're magnetotactic bacteria/ that make small, single-domain magnets used for navigation.//

二酸化ケイ素で作られたケイ藻は 走磁性細菌といい 小さな単磁区を作って方向を判断します

What all these have in common is these materials are structured at the nanoscale,/ and they have a DNA sequence/ that codes for a protein sequence/ that gives them/ the blueprint/ to be able to build these really wonderful structures.//

共通点は ナノスケールで 組み上げられている点と タンパク質配列をコード化した DNA配列が すばらしい構造を作るための 設計図となっている点です

Now,/ going back/ to the abalone shell,/ the abalone makes this shell/ by having these proteins.//

アワビの貝殻は こういったタンパク質を使って貝殻を作っています

These proteins are very negatively charged.//

タンパク質は負の電荷を帯びて

And they can pull calcium/ out of the environment,/ put down/ a layer of calcium/ and then/ carbonate,/ calcium and carbonate.//

環境からカルシウムを取り込み カルシウムの層を作り 炭酸塩化することを繰り返します

It has the chemical sequences of amino acids,/ which says,/ "This is/ how to build the structure.//

アミノ酸の化学的配列から指示が出ています 「こうやって作る」

Here's the DNA sequence,/ here's the protein sequence/ in order to do it."//

「これが 実行するための ? DNA配列 タンパク質配列」

And so/ an interesting idea is,/ what if you could take any material/ that you wanted,/ or any element/ on the periodic table,/ and find its corresponding DNA sequence,/ then code it/ for a corresponding protein sequence/ to build a structure,/ but not build an abalone shell --/ build something/ that,/ through nature,/ it has never had the opportunity/ to work with yet.//

面白いアイデアがあります 所望の物質や元素を 組み上げるための DNA配列を見つけ出して アワビの貝殻ではなく 所望の構造物を作れるように タンパク質配列を コード化することで まだ利用されていない自然の力を利用するのです

And so here's the periodic table.//

こちらは 私の大好きな

And I absolutely love the periodic table.//

周期表です

Every year/ for the incoming freshman class/ at MIT,/ I have/ a periodic table made/ that says,/ "Welcome/ to MIT.// Now/ you're in your element."//

毎年 MITの新入生に配る周期表で こう書いてあります 「ようこそMITへ 得意分野(エレメント)を学ぼう」

And you flip it over,/ and it's the amino acids/ with the PH/ at which they have different charges.//

裏には アミノ酸が記載されています 等電点も示してあります

And so/ I give this out/ to thousands of people.//

何千もの人に配っています

And I know/ it says MIT,/ and this is Caltech,/ but I have a couple extra/ if people want it.//

MITと書かれていますが こちらの大学でもお配りします

And I was really fortunate/ to have President Obama visit my lab/ this year/ on his visit/ to MIT,/ and I really wanted to give/ him/ a periodic table.//

オバマ大統領の MIT訪問時に 私の研究室にも 招くことになったので ぜひ周期表を渡したくて

So I stayed up/ at night,/ and I talked to my husband,/ "How do I give President Obama/ a periodic table?//

夜遅くに夫に尋ねました 「どうやって周期表を渡したらいい?

What if he says,/ 'Oh,/ I already have one,/'/ or,/ 'I've already memorized it'?"// (Laughter)/ And/ so he came to visit/ my lab/ and looked around --/ it was a great visit.//

持ってるとか 覚えてるとか 言われたらどうしよう」 大統領が研究室を訪れて 素晴らしい視察を終えた時

And then afterward,/ I said,/ "Sir,/ I want to give/ you/ the periodic table/ in case you're ever/ in a bind/ and need to calculate/ molecular weight."//

こう切り出しました 「周期表を差し上げます 緊急時に分子量を計算する必要があるかもしれませんから」

And I thought/ molecular weight sounded much less nerdy/ than molar mass.//

モル質量よりも分子量と言う方が オタクっぽくないかと ...

And so/ he looked at it,/ and he said,/ "Thank you.// I'll look at it/ periodically."//

大統領は周期表を見て 「ありがとう 周期的に見るよ」

(Laughter) (Applause)/ And later/ in a lecture/ that he gave on clean energy,/ he pulled it out/ and said,/ "And people/ at MIT,/ they give out/ periodic tables."//

(笑) (拍手) 後日 大統領は クリーンエネルギーの講演で 周期表を出して言いました 「MITでは周期表をもらえる」

So basically/ what I didn't tell/ you is/ that about 500 million years ago,/ organisms starter making/ materials,/ but it took them/ about 50 million years/ to get good/ at it.//

まだ言っていませんでしたが 5億年前 原始的な生命体が物質を作り始めましたが 上達まで5千万年かかりました

It took them/ about 50 million years/ to learn/ how to perfect/ how to make that abalone shell.//

アワビの貝殻の作り方を 5千万年かけて会得したのです

And that's a hard sell/ to a graduate student.// (Laughter) "I have this great project --/ 50 million years."//

院生に求めるのは無理です 「すごいプロジェクトだけど 5千万年かかるの」

And/ so we had to develop/ a way of trying to do/ this more rapidly.//

もっと迅速にやる方法を 開拓しなければなりません

And/ so we use a virus/ that's a non-toxic virus called M13 bacteriophage/ that's job is to infect bacteria.//

そこで 細菌に感染する 毒性の無いウイルスである M13バクテリオファージを使います

Well/ it has a simple DNA structure/ that you can go in and cut and paste additional DNA sequences/ into it.//

DNAの構造がシンプルで DNA配列の切り貼りが 簡単にできます

And by doing/ that,/ it allows the virus/ to express random protein sequences.//

このようにウイルスを使って ランダムにタンパク質配列を発現させることができます

And this is pretty easy biotechnology.//

遺伝子工学としては簡単で

And you could basically do this a billion times.//

無数に繰り返すことができます

And/ so you can go in and have a billion different viruses/ that are all genetically identical,/ but they differ from each other based on their tips,/ on one sequence/ that codes for one protein.//

一種類のタンパク質を作る 一つの配列を除いて 同じ遺伝子をもつウイルスを 無数に 作ることができます

Now/ if you take all billion viruses,/ and you can put them/ in one drop of liquid,/ you can force them/ to interact with anything/ you want on the periodic table.//

その無数のウイルスを 一滴の液体に入れて 任意の元素と相互作用させます

And/ through a process of selection evolution,/ you can pull one/ out of a billion/ that does something/ that you'd like it/ to do,/ like grow a battery/ or grow a solar cell.//

そして 選択と進化を経て 太陽電池の育成など所望の働きをするウイルスを 一つ選び出せます

So basically,/ viruses can't replicate themselves;/ they need a host.//

ウイルスは自己複製できず宿主が必要ですから

Once you find/ that one/ out of a billion,/ you infect it/ into a bacteria,/ and you make millions and billions of copies of that particular sequence.//

膨大な中から一つ見つけたら 細菌に感染させて その特定の配列を 無数に複製させます

And so/ the other thing/ that's beautiful/ about biology is/ that biology gives you really exquisite structures/ with nice link scales.//

生物がすばらしいのは 精密で 精巧な構造物を作る点です

And these viruses are long and skinny,/ and we can get them/ to express the ability/ to grow something/ like semiconductors or materials/ for batteries.//

こちらの長くて薄いウイルスに 発現能力を与えて 半導体や電池の材料を 育成させることができます

Now/ this is a high-powered battery/ that we grew in my lab.//

こちらは 私の研究室で育成している高出力電池です

We engineered a virus/ to pick up/ carbon nanotubes.//

ウイルスを改良して 一部分でカーボンナノチューブを

So one part of the virus grabs a carbon nanotube.//

つかめるようにしてあって

The other part of the virus has a sequence/ that can grow an electrode material/ for a battery.//

ほかの部分に 電池の 電極材料を育成する配列を組み込んであります

And then/ it wires itself/ to the current collector.//

さらに 電極材料を電流コレクタに接続します

And so/ through a process of selection evolution,/ we went from being able to have a virus/ that made a crummy battery/ to a virus/ that made a good battery/ to a virus/ that made a record-breaking, high-powered battery/ that's all made at room temperature,/ basically/ at the bench top.//

選択と進化を経て 性能の悪い電池を作っていたウイルスが 性能の良い 記録的な高出力の電池を作るウイルスに変わりました すべて室温の実験台で作れます

And/ that battery went to the White House/ for a press conference.//

ホワイトハウスでの会見に持って行った電池が

I brought it here.//

こちらです

You can see it/ in this case --/ that's lighting/ this LED.//

この箱の中で LEDを点灯させています

Now/ if we could scale this,/ you could actually use it/ to run your Prius,/ which is my dream --/ to be able to drive a virus-powered car.//

もっと大きくできれば 実際にプリウスも 動かせるようになります ウイルス駆動車を運転するのが私の夢です

But it's basically --/ you can pull one/ out of a billion.//

膨大な数の ウイルスから一つを抜き出して

You can make lots of amplifications/ to it.//

大量に複製することができます

Basically,/ you make an amplification/ in the lab,/ and then/ you get it/ to self-assemble into a structure/ like a battery.//

複製は実験室でできます そうやって 自己組織化させて 電池などを作らせるのです

We're able/ to do this also/ with catalysis.//

触媒作用も利用できます

This is the example of photocatalytic splitting of water.//

これは 光触媒作用により 水が分離する例です

And what we've been/ able to do is engineer a virus/ to basically take dye-absorbing molecules and line/ them up/ on the surface of the virus/ so it acts as an antenna,/ and you get an energy transfer/ across the virus.//

これまでに可能になったのは ウイルスを改良して その表面に 色素吸着分子を並べて アンテナとして機能させ ウイルスを介してエネルギーを伝えることです

And then/ we give it/ a second gene/ to grow an inorganic material/ that can be used to split water/ into oxygen and hydrogen/ that can be used for clean fuels.//

別の遺伝子には 水を 酸素と水素に 分解するような 無機材料を育成させます これでクリーンな燃料を作れます

And I brought an example/ with me of that today.//

サンプルを持って来ました

My students promised me/ it would work.//

学生は動くと言っていました

These are virus-assembled nanowires.//

ウイルスが作ったナノワイヤーが

When you shine light/ on them,/ you can see them/ bubbling.//

中に入っていて 光を当てると泡立ちます

In this case,/ you're seeing/ oxygen bubbles come out.//

このサンプルからは酸素の泡が発生します

遺伝子を操作することで デバイス性能を高める多様な材料を制御できます

The last example are solar cells.//

最後の例は太陽電池です

You can also do this/ with solar cells.//

太陽電池でも可能です

We've been able to engineer viruses/ to pick up/ carbon nanotubes/ and then grow titanium dioxide/ around them --/ and use as a way of getting electrons/ through the device.//

ウイルスを改良して カーボンナノチューブの周りに 電子を輸送するための二酸化チタンを 成長させることが可能となりました

And what we've found/ is through genetic engineering,/ we can actually increase the efficiencies of these solar cells/ to record numbers/ for these types of dye-sensitized systems.//

遺伝子工学により この太陽電池の効率は この種の色素増感型で実現されている 最高記録の効率にまで 到達しています

And I brought one of those as well/ that you can play around/ with outside afterward.//

一つ持って来ましたので 後で 外に出て試してみてください

So this is a virus-based solar cell.//

ウイルス製の太陽電池です

Through evolution and selection,/ we took it/ from an eight percent efficiency solar cell/ to an 11 percent efficiency solar cell.//

選択と進化を経て 効率は 8パーセントから 11パーセントにすることができました

So I hope/ that I've convinced you/ that there's a lot of great, interesting things to be learned about how nature makes materials --/ and taking it/ the next step to see/ if you can force,/ or/ whether you can take advantage of how nature makes materials,/ to make things/ that nature hasn't yet dreamed of making.//

自然界の物づくりを知ること そして次のステップとして 自分で育成できるか確かめたり 自然界のやり方を 利用できるか確かめたりして 自然界に無い物質を作ることが とても重要で興味深いと分かっていただけたらうれしいです

Thank you.//

ありがとうございました

bit

(…の)『小片』,少量,少し(の…)《+『of』+『名』》

《a~》《話》わずかの時間,しばらく;ちよっと,少し

《米俗》12セント半;《英》小銭

=bit part

nature

〈U〉『自然』,自然界,万物;自然の力;《しばしば『N-』》(擬人化した)自然,自然の女神

〈C〉〈U〉(人・動物,あるいは物事の持っている)『本質』,性質,本性

〈C〉《単数形で》種類(sort, kind)

material

〈U〉〈C〉『材料』,『原料』;(物の)構成要素

〈U〉〈C〉『生地』,服地

〈U〉(小説・社会調査などの)『資料』,データ《+『for』+『名』》

《複数形で》用具,器具

『物質の』,有形の

『物質的な』

(精神的・知的な面に対して)肉体的,感覚的

重要な;不可欠の

(法律上)重要な,決め手になる

along

『…をたどって』,…に沿って

…の間に(during),…の途上で

『沿って』,並んで

《動作や状態の継続を強めて》前へ,進んで

(人を)連れて;(物を)持って

abalone

〈C〉アワビ;〈U〉アワビの身

shell

『貝がら』,貝;(甲虫・卵などの)堅い殻(から),(カメなどの)こうら

(種子・果実などの)『堅い外皮』,さや

殻に似た物;建物の外郭,骨組

《比喩(ひゆ)的に》(心を閉ざした)殻,打ち解けない態度

砲弾;《米》薬きょう

シェル(一人または二,三人でこぐ競漕用ボート)

〈貝など〉‘の'殻を取る,〈豆〉‘の'さやを取る

…‘に'弾丸(砲弾)を浴びせる,‘を'砲撃するる

percent

『パーセント』,100につき(…の割),100分(の…)《+『of』+『名』》《記号》%;《略》『p.c.』)

…パーセントだけ

mass

〈C〉(一定の形をもたない物に用いて)…の)『固まり』,集まり《+『of』+『名』》

〈C〉『多数』,多量(の…)《+『of』+『名』》

〈C〉《the ~》『大部分』(の…),(…の)主要部《+『of』+『名』》

〈U〉(物体の)大きさ,かさ

《the masses》『一般大衆』,庶民

〈U〉質量(物体の基本的性質を表す量)

〈人・物〉‘を'集める,一団にする

〈人・物が〉一かたまりになる,一団となる

大衆の,一般に付及した

大規模な

calcium

『カルシウム』(金属元素;化学記号は『Ca』)

carbonate

炭酸塩

…'を'炭酸塩化する,炭酸で飽和させる

…'を'炭化させる

protein

蛋白(たんばく)質

tough

(物が)『じょうぶな』

(肉などが)『堅い』

(体が)『屈強な』,じょうぶな,(人が)粘り強い,タフな

(法などが)融通のきかない,(人・意志が)がんこな

『骨の切れる』,やっかいな

《米》粗暴な

《話》不幸な,不運な,つらい

よた者,ごろつき,無法者

counterpart

(正副2通のうちの)1通,副本,写し

対応する物(人);よく似た物(人)

might

mayの過去形

《直説法で》《時制の一致により従節に用いて》

《仮定法で》

《現在の事実と反対の仮定》…『かもしれないのだが』;…してもよい

《過去の反対の推量》…『したかもしれない』

《仮定法から転じて遠回しの表現で》

《可能性・推量》『ひょっとしたら』…『かもしれない』

《疑問文で》《不確実》いったい…だろうか

《許可》…『してもよい』

《提案・依頼》…『してくれませんか』…してみてはどうだろうか

《非難・不平》…『してもよさそうなものだ』

structure

{C}(建物・橋などの)建造物

{U}(…の)構造,誠成,組織《+of~名》

{C}構造(構成)体,組織体

〈思想など〉‘を'組み立てる,組織化する

chalk

『チョーク』,白墨(はくぼく)

〈U〉白亜,チョーク(白自で柔らかく,粉末になりやすい石灰岩)

〈C〉チョークでつけた印,チョークでかいた絵

…'を'チョークで書く(印をつける)

…‘に'チョークで塗る(こする),チョークで白くする

fascinate

…‘を'魅惑する,魅了する,うっとりさせる

(恐怖などで)…‘を'動けなくする,すくませる

sequence

〈U〉〈C〉(時間の上の,また因果関係のつながりによる)『連続』,続き

〈C〉《a~》(…の)一連のもの《+『of』+『名』》

〈U〉(起こる)『順序』(order),筋道

〈C〉(…に対する)結果《+『to』+『名』》

such

《特定の種類・程度を示して》『こんな』,あんな

《類似の種類・程度を示して》『そんな』,そのような

《名詞の前にのみ用いて,強意的に》『とても』(良い,悪い,ひどい)

《補語にのみ用いて》『そのような』

そのような人(物,事)

exquisite

『絶妙な』,精巧な

(苦痛・快感などが)強烈な

(感受性が)鋭敏で洗練された

job

『職』,勤め口;(職としての)仕事

(しなければならない)『仕事』;職務

難しい(骨の折れる)仕事

手間(賃)仕事をする

(株の)仲買をする

(公職を利用して)私腹を肥やす

〈商品〉‘を'卸売りする;〈株〉‘を'仲買する

(…に)…‘を'下請けに出す《+『out』+『名』+『to』+『名』》

part

〈C〉(全体を構成する)『部分』

〈U〉《しばしばa~》(…の)『一部』,『一部分』《+『of』+『名』》

〈C〉《割合》…分の1,(比率の)1

〈C〉(機械,器具などの)部品

〈C〉(仕事などの)『役目』,分担;関与

〈U〉(対立・契約などの)一方の側

〈C〉《おもに米》(頭髪の)分け目(《おもに英》parting)

〈C〉《複数形で》地域,地方

〈C〉(演劇・影画・オペラなどの)『役』,役割り(role);(役の)せりふ

〈C〉声部,音部,パート;パート譜

(複数形で)才能,資質

…‘を'二つに(部分に)分ける;(各部分に)‘を'分ける)《+『名』+『into』(『in』)+『名』》

(…から)…を引き離す,分ける《+『名』+『from』+『名』》

(二つ以上の部分に)『分かれる』

『別れる』

(物を)手放す,処分する《+『with』+『名』〈物〉》

一部分は,部分的に,幾分

macroscopic

肉眼で見える

巨視的な

form

〈C〉〈U〉(色・材質に対して)『形』,形状,姿

〈C〉『人体』,体つき

〈C〉〈U〉『外観』,格好,人影

〈C〉〈U〉(ものの現れる)『形態』,形式

〈C〉(生物などの)『種類』,品種

〈U〉(芸術作品の)表現形式

〈U〉(特にスポーツで)(競技者の)フォーム

〈U〉(心身の)調子,元気

〈C〉(印刷された)書き込み用紙,ひな形

〈U〉《話》(ある集団などの)やり方,仕方,方式

〈C〉〈U〉しきたり,伝統的な儀式

〈C〉(英国の学校・米国のある学校で)学年,学級

〈U〉〈C〉(意味に対する)形態,形;語形

〈C〉(通例寄りかかりのない)長い木のいす

〈素材〉‘に'形を与える,(…に)…‘を'形作る《+『名』+『into』+『名』》

(素材から)…‘を'形作る《+『名』+『out of』+『名』》

…‘を'組織する,構成する

〈考えなど〉‘を'まとめる,思い付く;〈計画など〉‘を'立てる

〈習慣など〉‘を'身に付ける;〈交際など〉‘を'結ぶ

〈文章など〉‘を'組み立てる;〈複数形など〉‘を'作る

(ある順序に)配列する,整列させる

〈物が〉形を成す

生じる,現れる

(…に)なる《+『into』+『名』》

cod

=codfish 1

level

(土地などが)『平らな』,水平な,凸凹のない

『同じ高さ(程度)の』

《話》精神状態がよくつり合いのとれた,分別のある

〈U〉〈C〉(地位・程度などの一般的な)『標準』,『水準』,レベル

〈C〉(高さ・深さの基準となる)『水平面』,水平線

〈C〉〈U〉(ある物と比べたときの)『高さ』,深さ

〈C〉(建物の)階,層

〈C〉《おもに米》(水準器《英》spirit level)

〈物の表面〉‘を'『平らにする』

〈木・家など〉‘を'倒す

〈地位・程度など〉‘を'一様にする,平均する

《『level』+『名』+『at』+『名』》(目標に)〈銃など〉の水準器を合わせる

《『level』+『名』+『at』(『against』)+『名』〈人〉》(人に)〈非難など〉‘を'浴びせる

水平に,平らに

allow

〈事〉'を'『許す』,〈人〉‘に'許可を与える

〈金〉'を'与える,やる

(…のために)…'を'用意しておく,見越しておく《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

《まれ》…'を'認める

build

〈物〉'を'『組み立てる』,造る,建造する,建築する

(年月をかけて)〈事〉'を'『作り上げる』,築き上げる;《受動態で》〈体・性質〉'を'作る

〈U〉造り,講造(make)

〈U〉〈C〉体格

fascinating

魅惑的な,うっとりさせる

battery

〈C〉砲兵中隊;砲列,砲台;(軍艦の)備砲

〈C〉『電池』,バッてり‐

〈C〉一組みの器具;(関連するものの)一群,一連《+『of』+『名』》

〈C〉(野球で)バッテリー(投手と捕手)

〈U〉(法律用語で)殴打,暴行

solar cell

太陽電池

capability

能力,才能,手腕;素質,可能性

term

〈C〉『専門用語』,術語

〈C〉(一般に)語[句],言葉

《複数形で》言い道,言飯遣い

〈C〉『期間』

〈C〉〈U〉『学期』

《複数形で》(人との)間柄,仲《+with+名》

《複数形で》(協定などの)『条件』;要求額,値段

〈C〉(数式で)項

《term+名〈目〉+名(形)〈補〉》(…と)…‘を'名づける,呼ぶ

able

《補語にのみ用いて》《『be able to』 do》(…することが)『できる』

『有能な』,腕ききの,並々ならない

temperature

〈C〉〈U〉『温度』,気温

〈C〉〈U〉(人・動物の)『体温』

《a ~》平常より高い熱,高熱

pressure

〈U〉『押すこと』,『押しつけること』,圧搾,圧縮;〈C〉〈U〉『圧力』,圧力の強さ

〈U〉『圧迫』,『強制』

〈U〉(不快な)圧迫感

〈C〉〈U〉(精神的な)重荷,苦脳;(時間・金銭的)切迫

〈U〉多忙,あわただしさ

《おもに米》…‘に'圧力をかける,強制する(《英》pressurise)

chemical

『化学の』,化学上の;化学的な,化学作用による

化学薬品の,化学薬品を用いる

『化学薬品』(『製品』)

add

1〈二つ以上のもの〉'を'『合計する』《+『名』+『up』(『together』),+『up』(『together』)+『名』》

(…に)…'を'『加える』,足す,付け足す《+『名』+『to』(『and』)+『名』》

《『add』+『that』『節』》…‘と'つけ加える

足し算をする,加える

toxic

毒性の,有毒な

毒による

environment

『環境』,周囲の状況;《the~》自然環境

vision

{U}『視力』,視覚

〈C〉《単数形で》《文》非常に美しい光景(人など)

〈U〉(将来への)『見通し』,先見の明;想像力,直観力

〈C〉『心に描くもの』,空想,想像

〈C〉(…についての)考え,見解《+of+名》

〈C〉(…の)『幻』,幻影《+of+名》

grow

『成長する』,育つ,〈植物が〉生える,茂る

(類・量・程などにおいて)『増大する』,大きくなる

『しだいになる』

…‘を'成長させる,大きくする,育てる

…から生じる(起こる)

Petri dish

ペトリ皿(細菌培養などに用いる,ゆるいふたの付いた浅いガラス製またはプラスチック製の透明な皿)

information

《単数形で冠詞をつけずに》(…についての)『情報』,『知識』《『about』(『on, as to』)+『名』(『wh-節・句』)》

〈U〉案内;〈C〉案内所,案内係

actually

(まさかと思うだろうが)『実際に』,現に,ほんとうに

function

(人・物の果たすべき)『働き』,機能,役目;《しばしば複数形で》職務

(公式の)儀式,《話》大きな催し(集まり),式典

(数学で)関数

〈機械などが〉『機能を果たす』,動く

(…の)役目をする,代用となる《+『as』+『名』》

friendly

好意的な,友情のこもった,親切な

友好的,仲の良い

役に方つ;受け入ける

親善試合

besides

…『に加えて』,のほかにも《+『名』(do『ing』)》

《通例否定文・疑問文》…を除いて,以外に

さらに,その上

そのほかには,ほかには

male

『男性の』,男の;(動物が)雄の,(植物が)雄性の

《名詞の前にのみ用いて》(機械・器具などが)雄の差し込み口のある

『男性』;(動物の)雄,雄性植物

female

(動植物について)『雌の』

(特に性を区別して)『女の』,女性の

(ねじ・差し込みなど)雌の

『雌』;(性別上の)『女性』

《話》女性,婦人

pass

『通り過ぎる』,通る

〈時間が〉『過ぎる』,過ぎ去る

〈交通機関・道などが〉通っている

消え去る,なくなる:《遠回しに》死ぬ

(障害・試験などで)『通過する』,『合格する』

〈法案などが〉通過する,可決される

〈事が〉起こる

移る,変わる

〈言葉などが〉交わされる,やりとりされる

(…として)通用する《+『as』(『for』)+『名』》

(球技で)パスする

(カードゲームで)パスする,自分の番を見送る

…‘を'『通り過ぎる』,‘の'そばを通る

〈試験など〉‘に'『合格する』;〈人〉‘を'『合格させる』

…‘を'『手渡す』,回す;…‘を'伝える

…‘を'『通過させる』,動かす

〈ある点・程度など〉‘を'『越える』;〈歩行者・車など〉‘を'『追い抜く』

〈時〉‘を'『過ごす』;…‘を'経験する

〈法案など〉‘を'『通す』;〈法案などが〉〈議会など〉‘を'通過する

(…に対して)〈判決・批評など〉‘を'下す,述べる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

〈ボール・パック〉‘を'味方の選手に送る,パスする

出入許可[証];無料入場券;(鉄道などの)[フリー]パス

(試験の)合格,及第

山道,峠;細道,抜け道

《話》《a~》困った状況,危機

(奇術・ふき掃除などの)手の動き,手つき

(球技で)送球,パス;(野球で)四球による出塁

(カードゲームで)パス

diatom

珪藻(けいそう)

replicate

(統計)実施・(楽)1[数]オクターブ高い[低い]音・(葉などが)折返った・反復した・再生する・ 模写[複製]する; 折返す.〈葉など〉‘を'折り返す,曲げ返す・…‘を'繰り返す・細胞分裂で再生する

glass

〈U〉『ガラス』

〈C〉(ガラス製の)『コップ』,グラス

〈C〉(…の)『コップ(グラス)1杯[の量]』(glassful)《+『of』+『名』》

〈U〉《集合的に》『ガラス製品』,ガラス器(glassware)

〈C〉《英話》『鏡』(looking glass)

〈C〉レンズ;望遠鏡;顕微鏡

《複数形で》『眼鏡』(eyeglasses, spectacles)

〈C〉晴雨計(barometer)

〈C〉《英》砂時計(sandglass)

…‘に'ガラスをはめる,‘を'ガラスでおおう

ocean

〈C〉『大洋』,大海

《the ~》五大洋の一つ

《話》《an ~,または複数形で》ばく大(な…),広大(な…)《+『of』+『名』》

perfectly

『完全に』,申し分なく

全く,すっかり

favorite

『気に入りの』;得意の

〈C〉(…の)『お気に入り』《+『with』(『of』)+『名』》

《the ~》(レースでの)人気選手;(競馬での)人気馬,本命

incredibly

信じられないほど

complex

『いくつかの部分から成る』,複合の,合成の

『複雑な』,入りくんだ,こみいった(complicated)

複合体,合成物

コンプレックス,複合(抑圧されて心に残った複雑なしこり)

organism

有機体,生物

(国家・社会などの)有機的組織体

convince

〈人〉'を'『納得させる』

difficult

(物事が)『難しい』,困難な,骨の折れる

(人が)『気難しい』,つきあいにくい,扱いにくい

future

〈U〉〈C〉『未来』,将来

〈C〉将来の可能性,(有望な)将来性

《the ~》(文法で)未来時制,未来形

《複数形で》先物[契約]

『未来の』,将来

(文法で)未来の,未来形の

technology

科学技術,工業技術・科学(工業)技術的な方法(過程)・文明の環境利用(開発)・応用科学; 専門用語

bacteria

『バクテリア』,細菌

virus

ビールス,ろ過性病原体

simple

『簡単な』容易な,分かりやすい

(複合に対して)単一の

『単純な』,込み入っていない

『純然たる』,全くの

『飾り気のない』,簡素な,地味な,質素な

『もったいぶらない』;誠実な,実直な

お人よしの,だまされやすい

《文》地位のない,普通の,平(ひら)の

toolbox

工具箱

beginning

『初る,最初』,すべり出し(starting point)

《しばしば複形数で》初期,初めの部分,幼少期

起衡,起こり(or in)

earth

《the~,時に[the]E-》『地球』

〈U〉(天,空に対して)『地』,地面

〈U〉『土』(soil)

《the~》世界;全世界の人々

〈C〉土(ど)類(金属酸化物)

〈C〉《英》アース,接地[線]

〈C〉《おもに英》(キツネなどの)穴

〈植物〉‘に'土をかぶせる《+『op』+『名』》

《英》…‘に'アース線をつなぐ;…‘を'アースする(《米》ground)

basically

基本的に,根本的に;元来は

billion

『10億』(thousand million)

《英》『兆』(《米》trillion)

rapidly

『速く』,『すみやかに』

photosynthesis

(緑色植物の)光合成

energy

(一般的な力としての)『精力』,気力,元気

(個人の)精力,活動力

エネルギー

source

(河川の)『水源』[『地』],源

(物事の)『元』(もと),原因,根源《+『of』+『名』》

《しばしば複数形で》情報源,出所,典拠

million

『100万』

(貨幣単位の)100万

《復数形で》(…の)多数,たくさん《+『of』+『名』》

『100万の』

多数の

Cambrian

(地質時代の)カンブリア紀の

カンブリア紀(古生代の最古期)

period

(あることが続く)『期間』

(歴史的な)『時代』

(試合の)『一区切り』,ピリオド

授業時間,時限:

(循環して起こる現象などの)周期

(回転運動などの)周期

紀(地質時代の区分の一つ;era(代)の下,epoch(世)の上)

《おもに米》『ピリオド』,終止符(《英》full stop;Mr.,U.S.など略語の符号(.)も含む)

《複数形で》《文》掉尾(とうび)文(多くの節から成り,論理的に緊密な構成をもっている文)

《名詞の前にのみ用いて》ある時代[特有]の,時代物の

(文の終わりに感嘆詞的に)以上,終わり・月経(期間)

soft

(押されて形を変えるほど)『柔らかい』

(木材・金属などが,同種の中で比較的)『柔らかい』

(斤ざわりの)なめらかな,すべすべした

(声・音が)穏やかな,低い,静かな

(見た目に)どぎつくない,落ち着いた

(天候・気候が)穏やかな,温和な

(心・言動が)優しい,もの柔らかな

(体または精神などが)軟弱な,虚弱な

(市況・相場が)弱気の,下がり気味の

(水が)軟性の

(水音が)軟音の

アルコール分を含まない

柔らかに

静かに

fluffy

けばの,綿毛の;綿毛におおわれた;綿毛状の

increase

『増える』,『増大する』

(…に)…‘を'『増やす』《+『名』+『to』+『名』》

(…の)『増加』,増大;〈C〉増加量(額)《+『of』(『in』,『on』)+『名』》

iron

〈U〉『鉄』

〈U〉鉄のように堅い(強い,冷たい)こと

〈C〉鉄製の器具

〈C〉[電気]『アイロン』

〈C〉アイアン(球を打つ部分が金属のゴルフクラブ)

〈C〉《複数形で》手かせ,足かせ

《名詞の前にのみ用いて》『鉄の』,鉄製の

鉄のように堅い(強い,冷たい)

…‘に'アイロンをかける

〈人が〉アイロンをかける

silicon

ケイ素(非金属元素;化学記号はSi)

biology

『生物学』

rest

〈U〉〈C〉『休息』,休憩,休養;休息の時間(期間);(…から)解放されて休むこと《+『from』+『名』》

〈U〉〈C〉睡眠(sleep)

動かないこと,停止,静止

〈C〉《複合語に用いて》「(物を載せる)台,支え」の意を表す

〈U〉《詩》死,永眠

〈C〉(音楽で)休止;休止符

『休む』,『休息する』;(仕事などを)やめて休む《+『from』+『名』》

『安心する』,落ち着く,くつろぐ

(…に)『載っている』,『支えられている』《+『on』(『upon』)+『名』》;(…に)もたれている(lean)《+『against』+『名』》

〈光・視線などが〉(…に)注がれる,じっと留まる《+『on』(『upon』)+『名』》

(変化しないで)そのままでいる,休止(静止)する

永眠する

(訴訟事件で)証拠提出を自発的に中止する

《しばしば受動態で》…‘を'『休息(休養)させる』,休ませる

(…に)…‘を'置く,載せる,基づかせる《+『名』+『on』(『upon』)+『名』(do『ing』)》;(…に)…‘を'よりかからせる》+『名』+『against』+『名』》

〈訴訟事件〉‘の'証拠提出を自発的に中止する

periodic table

(原子番号による元素の)周期律表

DNA

deoxyribonucleic acidディオキシリボ核酸

antibody

抗体,免疫体,抗毒素

ribosome

リボゾーム(細胞質に含まれ,蛋白質とリボ核酸から成る微小粒子)

harness

『馬具』,引き具

〈馬)‘に'馬具を着ける;〈馬など〉‘を'車に着ける;〈人〉‘を'仕事に就かせる

〈自然の力〉‘を'利用する

natural

『自然のままの』,自然にある,自然が作る

自然に関する

『当然の』,あたりまえの

『生まれつきの』(inborn)

生き写しの,真に迫った

気どらない,飾らない

(音階が)本位の

(音階の)本位音;本位記号

《単数形で》《話》(…の)生来の達人,(…に)最初からうってつけの人《+『for』(『as』)+『名』》

fracture

〈U〉(特に)骨を折ること;骨を折った状熊

〈C〉割れ(裂け)目,(鉱物の)破砕面

〈足・腕などを〉‘を'骨折する;…‘を'砕く

骨折する;砕ける

fact

〈C〉『事実』,実際にある(あった)事

〈U〉真相,真実(truth)

《the~》(法律用語で)犯行

magnet

『磁石』

(魅力などで)(人の注意などを)引く人(もの)《+『of』+『名』》;(…にとって)魅力的な場所(もの)《+『to』(『for』)+『名』》

navigation

(船・飛行機の)『航行』

航海術,航空術

common

(二つ以上のものに)『共通の』,共同の,共有の

『一般の』,公共の,公衆の

『普通の』,ありふれた

慢凡な,並みの

品のない,粗野な,野卑な(vulgar)

(数式で)共通の,公約の通約の・ (文法で)通性の,通格の(男性・女性どちらの格も用いることができる) ・〈C〉《時に複数形で》共有地,公有地,共有牧草;(市町村の)公園・〈U〉共有権

blueprint

(建築・機械の設計図の)青写真

(詳細な)計画

…'を'青写真にとる

wonderful

『驚くべき』,不思議な;『すばらしい』,すてきな

negatively

否定的に

消極的に

charged

強く気持ちを動かされた

人の気持ちを強く動かす,論争を巻き起こす

pull

《しばしば副詞[句]を伴って》〈物〉‘を'『引く』,『引っ張る』,引いて動かす

〈人・人の体の一部・衣服など〉‘を'『ぐいと引っ張る』,強く引く

…‘を'引き抜く,引き離す,取りはずす

《副詞[句]を伴って》〈布など〉‘を'引き裂く,引きちぎる

〈筋肉など〉‘を'引っ張って痛める,引きつらせる

《話》〈観客・支持者など〉‘を'引きつける,集める

《話》(…に向かって)〈ナイフ・ピストルなど〉を引き抜く《+『名』+『on』+『名』》

《米話》〈悪事・策略・冒険など〉‘を'やってのける

『引っ張る』,引く

『引っ張られる』,引ける

引きずるように動く

こぐ,こいで進む

〈C〉『引くこと』,一引き

〈C〉《単数形で》(人の)引く力:〈U〉(自然の)引力

〈C〉《単数形で》必死に引っ張る(引きずる)こと

〈C〉《複合語を作って》物を引っ張る道具;引き手,取っ手,引き綱

〈C〉(液体の)一飲み,(たばこの)一服《+『at』+『名』》

〈U〉《時にa pull》《話》引き,手づる,コネ

〈U〉《米話》人を引きつける力

〈C〉(野球・ゴルフで)球を引っ張って打つこと

layer

《複合語を作って》(物を)積む人(物),置く人(物)

卵を産む鶏・層;(ペンキなどの)一塗り;一皮

(園芸で)取り木

…‘を'層にする

〈植物〉‘を'取り木する

amino acid

アミノ酸

order

〈C〉《しばしば複数形で》『命令』,指図,指令

〈U〉(物事の)『順序』,順番

〈U〉(自然界の)『秣序』

〈U〉(社会の)治安,秣序

〈U〉整頓(せいとん)された状態,きちんとしていること《good,badなどを伴って》(一般に物事の)調子, 状態

〈U〉(商品などの)『注文』《+『for』+『名』》

〈C〉調文品

〈C〉(レストランなどでの料理の)一盛り

〈C〉種類,等級,品資(kind, sort)

〈C〉(動植物分類の)目(もく)

〈C〉聖職者の階級;《複数形で》聖職

〈C〉《しばしばO-》教団,教派;(ある特殊な)社会

〈C〉《しばしばO-》勲位,勲章

〈C〉(古代ギリシャの)建築様式,柱式

…‘を'『命令する』,指図する;〈人〉‘に'命令する

《方向を表す副詞[句]を伴って》〈人〉‘に'行くように命じる

〈商品など〉‘を'『注文する』;…‘を'あつらえる

…‘を'整頓(せいとん)する,きちんとする

命令する;注文する

interesting

(物事が)『興味を起こさせる』,おもしろい

idea

(心に浮かんだ)『考え』,思考;考えること

(はっきりとした)『意見』,信念,見解

『案』,計画,着想,意図,ねらい

(哲学上の)概念,理念

element

〈C〉(物質を構成する)元素

〈C〉《修飾語[句]を伴って》(…の)(基本的な)『要素』,『成分』;《しばしば複数形で》構成分子

〈C〉(生物に固有の)生息場所,環境;(人の)適所,本領

〈C〉《古》四大(しだい)[元素](自然界の基本的構成要素と考えられていた地(earth)・水(water)・風(air)・火(fire)の4大要素の一つ)

《the elements》(雨・風・雪などの)自然力・風雨,(特に)悪天候

《the elements》(学問の)原理,初歩,概論

correspond

『一致する』,符合する,調和する;(…と)一致する《+『with』(『to』)+『名』》

(性質・機能などの点で)(…に)似ている,相当する《+『to』+『名』》

『文通する』,信通する;(…と)文通する《+『with』+『名』》

code

『法典』

(社会・階級・団体などを支配する)『規約』,おきて,慣例

『信号法』;暗号

〈通信など〉'を'暗号(信号)にする

opportunity

『機会』,好機

absolutely

『絶対的に』,完全に

無条件に,断然

《話》(返事や合いの手として)そのとおり,まったく

incoming

入って来る

次に来る

freshman

(高校・大学の)新入生,1年生

flip

…‘を'はじく,ぽんとほうり上げる,はじき上げる

…‘を'くるっとひっくり返す《+『over』+『名,』+『名』+『over』》

ぽんとはじける,ぐいと動く

《俗》興奮してぴくっとする

はじくこと,ぱちんとひっくり返すこと

(言葉などが)軽薄な;生意気な

charge

〈C〉(…の)『費用』;料金,請求代金《+『for』+『名』(do『ing』)》

〈U〉(…の)『監督』,管理,保護,世話《+『of』+『名』》;〈C〉監督(保護)される人(物)

〈C〉(…に対する)『非難』,告発,告訴《+『against』+『名』》

〈C〉突撃;突撃の合図

〈U〉〈C〉(弾薬などの)装てん,装薬;充電《+『of』+『名』》

〈C〉(…の)命令,訓令《+『of』+『名』》

〈C〉責任,義務

〈料金・支払い〉'を'〈人〉‘に'『請求する』,〈税など〉'を'課する

〈買物など〉'を'『つけにする』,掛け売りにする

(…を)〈物・容器〉‘に'詰める,入れる(fill)《+『名』+『with』+『名』》

…'を'『非難する』,責める(blame),告訴する(accuse)

(義務・仕事・責任などを)〈人〉‘に'ゆだねる,委託する《+『名』+『with』+『名』》

《『charge』+『名』+『to』 do》(…するように)〈人〉‘に'命ずる,訓示する

…‘に'突進する

(…の)値をいう,支払いを請求する《+『for』+『名』》

(…に)突撃する,突進する《+『at』(『on』)+『名』》

couple

(同種類の物が)『2個』《+『of』+『名』》

『夫婦』,男女一組

《話》(…の)いくらか,少数《+『of』+『名』》

…'を'『つなぎ合わせる』;(…に)…'を'連結する《+『名』+『to』(『with』)+『名』》

…'を'(…と)関連づける《+『名』+『with』(『to』)+『名』》

…'を'結婚させる,〈動物〉'を'つがわせる

〈動物〉交尾する

extra

『余分の』(additional);『臨時の』,特別の,割増しの

『付属するもの』(別売りの不属品など)

(新聞の)告外《+『to』+『名』》

割増し料金

(映画の)エキストラ

余分に

異常に,特別に

fortunate

『幸運な』,幸せな

さい先よい;幸運をもたらす

president

《しばしばPresident》『米国大統領』;(一般に共和国の)『大統領』

《時にPresident》(組織体の)『会長,総裁,長官』

《時にPresident》《米》『社長』

《しばしばPresident》(大学の)学長,総長

《米》議長,司会

lab

実験室(laboratory)

husband

『夫』

…‘を'節約する,倹約する

laughter

『笑い』,笑い声

sir

《時にS-》《冠詞なしで》《男性の目上の人・見知らぬ人・店の客・上官・先生・議長などに対する敬った丁寧な呼び掛け語として》『あなた』,だんな,先生,(警官などが男性を呼び止めて)おい,君

《S-》〈U〉サー

《しばしばS-》〈C〉《手紙の書き出しのあいさつに用いて》『拝啓』

case

〈C〉(…の)『実例』,事例《+『of』+『名』》

《the case》『実情』,真相

〈C〉〈U〉『場合』,情況,事情,立場

〈C〉(…の)(決定すべき)問題,重大事《+『of』+『名』》

〈C〉『訴訟』[『事件』],裁判

〈C〉(正当な)論拠,弁護;(被告または原告の)主張,申し立て

〈C〉病状,容態;(症状から見た)患者

〈C〉〈U〉格(名詞・代名詞の語形変化)

bind

(ひもで)…'を'『しばる』,'を'束ねる《+『up+『名』,+『名』+『up』》

(旨で)旨'を'『巻く』《+『名』+『with』+『名』》;〈包帯など〉'を'巻きつける《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

《しばし受動熊で》〈人〉'を'『束縛する』,‘に'義務を負わせる

(氷・セメントなどで)…'を'固める,凝結させる《+『名』+『with』+『名』》

〈人〉'を'年季奉公に出す,徒弟(‘とてい')に出す

〈本〉'を'とじる,製本する,装丁する

〈衣服が〉…'を'窮屈にする,締めつける

〈織物など〉‘に'へりをつける,縁飾りをつける

〈土・砂などが〉固まる,締まる

拘束する,拘束力がある

〈衣服が〉窮屈である

厄介な事熊

calculate

…'を'『見積もる』,算定する

《受動態で》(ある目的で)…'を'意図する(intend)

(推理・常識・体験によって)…'を'予想する,判断する,‘と'思う

見積もる;計算する

molecular

分子の,分子による

weight

〈u〉『重さ』,重量,目方;体重;《a weight》(…の)重さ《+of+名》

〈u〉重さ(重力が物体に及ぼす力)

〈u〉衡法(重量を示す体係)

〈c〉重量単位

〈c〉(はかりの)おもり,分銅;(一般に)重いもの,おもし

〈u〉重要性,価値

〈u〉《しばしば a weight》精神的な重荷,負担

(…で)…‘に'重荷を負わせる;…‘を'圧迫する;苦しめる《+名+with+名》

…‘を'重くする

sound

〈C〉〈U〉『音』,『音響』,響き・〈U〉音の聞こえる範囲・〈C〉(音声としての)音

《単数形で》(聞いたり,読んだりしたときに受ける)感じ,響き,調子・〈U〉(無意味な)音(声);騒音,ざわめき・『音を出す』,鳴る,響く・『聞こえる,思える』(進行形にできない) ・〈楽器・ベルなど〉‘を'鳴らす・(音で)…‘を'知らせる・…‘を'発音する・〈考えなど〉‘を'打診する

less

(量が)(…より)『もっと少ない』,いっそう少ない;(大きさ・価値・程度などが)(…より)『もっと少ない』,さらに劣る,もっと低い《+『than』…》

もっと少なく,…ほどでなく《+『than…』》

《形容詞・副詞の劣勢の意の比較級を作るのに用いて》…ほど…でない《+『than…』》

さらに少ない数(量)

…だけ足りない,を引いた

molar

臼歯(きゅうし)

applause

『拍手かっさい』;称賛

lecture

(…についての)『講義』,講演(speech)《+『on』+『名』》

(…についての)(長い)『説教』,訓戒《+『on』(『for』)+『名』(do『ing』)》

(…に対して…の)『講義をする』,講演をする《+『on』+『名』+『to』+『名』》

(…について)…‘に'講義する,講演する《+『名』+『on』+『名』》

(…について)‘を'訓械する,しかる《+『名』+『for』+『名』(do『ing』)》

clean energy

無公害エネルギー

starter

出発合図係,スターター

(出発線の)競走馬,競走者

《修飾語を伴って》始める人

《話》皮切り,手始め

(機械の)始動機

perfect

『完全な』,欠点のない,申し分のない

(必要なものが)『完全にそろった』

(写しなどが原物に)『正確な』

《名飼の前にのみ用いて》全くの

(文法で)完了の

《the ~》完了時制

〈C〉完了形(完了時制の動詩形)

…‘を'『完鮮にする』

sell

…‘を'『売る』,売却する

…‘を'『販売する』,商う

〈品質・値段・宣伝などが〉〈商品など〉‘の'売り行きをよくする

《話》(…を)〈人〉‘に'売り込む,受け入させる《+『名』〈人〉+『on』+『名』》

《話》〈計画・孝え・自分自身など〉‘を'売り込む

(…に)〈国家・名誉・良心など〉‘を'売る,売り渡す《+『名』+『to』+『名』》

《話》《通例受動態で》…‘を'だます,‘に'偽物を売りつける

〈商店・人が〉売る,販売する

〈商品が〉(…の値段で)売られている《+『at』(『for』)+『名』》

〈考えなどが〉(…に)受け入れられる《+with(to)+名》

《単数形で》《話》ぺてん,ごまかし

売り込み

graduate

(…を)『卒業する』《『from』+『名』》

(…から…に)除々に変わる《+『from』+『名』+『into』(『to』)+『名』》

《文》《おもに米》〈学校が〉…‘を'『卒業させる』

…‘を'段階に分ける

〈計器など〉‘に'目盛りをつける

『卒業生』

学校を卒業した;大学卒業生のための,大学院の

project

…‘を'『計画する』,企画する

(ねらって)…‘を'『投げる』;…‘を'発射する

(…に)〈光・影・映像など〉‘を'投げかける,投影する,映写する;〈声〉‘を'かける《+『名』+『on』(『onto』)+『名』》

(他の人に〈‘自分の考え・気持ち〉‘を'投げかけて伝える《+『名』+『on』(『upon』)+『名』》

(想像して,…の時間・場所・情況などの中へ)…‘を'置いてみる《+『名』+『in』(『into』)+『名』》

(得られた情報らよって)…‘を'予報する,予測する

『突き出る』,出っ張る

『計画』,企画,案

計画的な仕事;研究課題;(大ががりな)事業

《米》=housing project

develop

(今まではなかったが)…‘を'『生じさせる』,‘を'現す

…‘を'『発展させる』,伸ばす,成長させる

〈病気・悪習など〉‘に'だんだん感染する,かかりはじめる,‘を'発病させる

〈資源など〉‘を'『開発する』

…‘を'十分に考える,〈議論・主題など〉‘を'展開する

〈フイルム〉‘を'現像する

〈ないもの・隠れているものが〉『現れる』,明らかになる

(…から…に)『発展する』,発育する《+『from』+『名』+『into』+『名』》

〈フイルムが〉現像される

bacteriophage

バクテリオファージ(細菌に寄生するウィルス)

infect

〈病気が〉…‘に'『感染する』;(病気を)…‘に'感染させる,すつす《+『名』+『with』+『名』〈病気〉》

…‘に'『影響を及ぼす』

paste

(接着用の)『のり』

(一般に)のり状のもの

(菓子を作るための)練り粉,ペースト

(人造宝石用材料の)鉛ガラス;模造宝石

(…に)…‘を'『のりではる』《+『down』+『名』+『in(on)』+『名』》

(…を)…‘に'のりではり付ける《+『名』+『with』+『名』》

《俗》<顔・体など>‘を'強打する,なぐりつける

additional

『付け加えた』,追加の;特別の

express

(言葉で)〈思想・感情など〉‘を'『表現する』,言い表す,述べる

(言葉以外で)…‘を'『示す』,表す(indicate);〈数字・記号・式などが〉…‘を'表す

《英》〈荷物など〉‘を'至急便で送る

(…から)〈果汁など〉‘を'絞り出す《+『名』+『from』+『名』》

特別の,特定の

はっきりした,明白な

『至急便の』,急行の

至急便で,急行で

〈U〉(手紙・荷物などの)『至急便』

〈C〉(至急便を扱う)通運会社

〈C〉(列車・バスなどの)『急行』

random

『手当たりしだいの』,任意の;行き当たりばったりの

pretty

(女・子供などが)『きれいな』,『かわいらしい』;(事物・場所などが)きれいな,こぎれいな

(目・耳・心に)『快い』,楽しい

《名詞の前にのみ用いて》《しばしば皮肉に》みごとな,けっこうな;ひどい

《名詞の前にのみ用いて》《話》(数量・規模・範囲などが)『かなり大きい』,相当な

『かなり』(fairly);わりあいに(somewhat)

とても,ずいぶん(very)

《話》《まれ》《呼びかけに用いて》かわいい子(女)

biotechnology

《米》生物工学,人間工学)人が機械で最も能率的に仕事をするための研究)(《英》ergonomics)

times

…掛ける

identical

《the identical》『同一の』,全く同じの

『等しい』,同様な

differ

『違う』,『異なる』

『意見を異にする』

base

《文》(人や人の行動・孝えが)『卑しい』,下劣な

(金属が)質の劣った;(貨幣が)粗悪な

tip

(…の)『先』,はし,先端《+of+名》

『先端に付ける物(部分)』

…‘に'先を付ける

…‘の'先をおおう(飾る)

drop

〈しずくが〉『したたる』,垂れる《+『down』》

〈物が〉『落ちる』,落下する《+『down』》

〈人が〉『ばったり倒れる』,崩れ落ちる

『下落する』,減少する《+『off』(『away』)》

終わる,やめになる

《副詞[句]を伴って》引き離される,落後する

(…から)手を引く,やめる《+『from』(『out of』)+『名』》

(…に)ちょっと立ち寄る,(…を)ひょっこり訪ねる《+『in』(『by,over,round』)『at』(『on』)+『名』》

…‘を'『したたらせる』,垂らす

(…へ)…‘を'『落とす』,落下させる《+『名』+『into』(『on』)+『名』》

…‘を'降ろす,下げる

…‘を'減少させる

…‘を'漏らす,ふと口にする

〈人〉に〈短い手紙・伝言〉‘を'送る

《話》…‘を'なぐり倒す,撃ち落とす

《話》《副詞[句]を伴って》〈人〉‘を'乗り物から降ろす

(…から)〈ある音・文字〉‘を'落とす,抜かす,省く《+『名』+『from』+『名』》

〈人〉‘と'関係を絶つ;〈問題など〉‘を'打ち切る

…‘を'やめさせる;(…から)…‘を'追い出す《+『名from』+『名』》

(ばくちなどで)〈金〉‘を'なくす

〈C〉(…の)『しずく』,したたり《+『of』+『名』》

〈C〉(液体・事物の)少量,微量《+『of』+『名』》

〈C〉あめ玉,ドロップ

《a ~》落下,降下(fall);落下距離

《a ~》(…の)下落,減少《+『in』+『名』》

《複数形で》点滴薬

《話》《a ~》少量の酒

〈C〉《おもに米》(郵便箱などの)落とし口,差し入れ口

liquid

『液体』,流体

『液体の』,液状の

(空気・水などが)澄んだ,透明な

(音・調子などが)なめらかな,流れるような;(動作などが)なめらかな

(資産・証券・紙幣などが)流動性の(現金化しやすいこと)

force

〈U〉(物理的な)『力』,勢い;体力

〈U〉『暴力』,腕ずく

〈C〉《集合的に》(共通の目的・活動のための)集団,隊

〈C〉《しばしば複数形で》『軍隊』,部隊

〈C〉(社会的)勢力;有力な人物

〈U〉(精神あるいは知性の)力

〈U〉『影響力』,効果

〈U〉(言葉の)意味,真意

〈人〉‘に'『強いる』,無理を言う

(…から)…‘を'力ずくで手に入れる《+『名』+『from』(『out of』)+『名』》

…‘を'むりに押し出す

(容器などに)…‘を'むりに押し込む《+『名』+『into』+『名』》

(人に)…‘を'『押しつける』《+『名』+『on』(『upon』)+『名』〈人〉》

〈植物〉‘を'促成栽培する

interact

(…と)相互に作用する,影響し合う《+『with』+『名』》

process

(自然の)『作用』,過程

(物事の)『手順』,方法

(技術上の)製法,工程

召喚状,出頭令状;訴訟過程

(動植物の組織の)隆起,突起

加工(処理,調整)した

〈食品〉‘を'加工する

〈写真フイルム〉‘を'現像する

〈資料〉‘を'コンピューターにかける

…‘を'一定の手順で処理する,(整理する,調査する)

selection

〈U〉《時にA~》『選ぶこと』,選抜,選出;(…から)選び出すこと《+『from』(『out of, among』)+『名』》

〈C〉(…から)『選び抜かれた人』(『物』);(…の)抜粋,選集《+『from』(『of』)+『名』》

〈C〉《単数形で》(商店などの)品揃え

〈U〉淘汰(とうた):natural selection自然淘汰

evolution

〈U〉(徐々の)『発展』,進展,展開

〈U〉(生物の)『進化』;進化論

〈C〉(ダンス・体操などの)旋回[動作]

ca

circa

themselves

《強意用法》《[代]名詞と同格に用いて》『彼ら自身』,彼女ら自身,それら自身

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語》『彼ら自身を(に)』,彼女ら自身を(に),それら自身を(に)

host

(…の)大群,大勢《+『of』+『名』》(multitude)

once

(ただ)『1度』,『1回』

『かつて』,以前

《否定文で》一度も(…しない);《条件節で》いったん…すれば

『1度』,1回

『いったん』…『すれば』,…するとすぐに

copy

〈C〉『写す』,複写,(絵などの)模写,複製;謄本,抄本

〈C〉(同一書籍・雑誌・新聞などの)『部,冊』

〈U〉(印刷の)原稿,草稿

〈U〉ニュースねた,原稿材料

…'を'『写す,複写する』,模写する

…'を'まねた

(…から)…'を'こっそり写す,盗作する《+『名』+『from』(『off』)+『名』》

(…から…へ)『複写する』《+『from』(out of』)+『名』+『into』+『名』》

(…を)こっそり写し取る《+『from』(『off』)+『名』》

particular

《指示形容詞を伴って名詞の前にのみ用いて》(ほかでなく)『特にこの』(『あの』),特定の

《名詞の前にのみ用いて》(特定の人・物などに)『特有の』独特の,独自の

《名詞の前にのミ用いて》特別の,他と違った

(説明などが)詳細な,精密な

《補語にのみ用いて》(…について)好みがやかましい,気むずかしい;(…に)きちょうめんな《+『about』(『in, over』(+『名』)do『ing』)》

個々の事項,細目,細部

《複数形で》(…の)詳細《+『of』+『名』》

scale

《しばしば複数形で》『てんびん』,はかり

てんびんのさら

《重量を表す副詞[句]を伴って》…の目方(体重)がある

…‘を'てんびんではかる

skinny

骨と皮ばかりの,やせこけた

ability

〈U〉『能力』,力量

《複数形で》特殊な才能,優れた手腕

semiconductor

(電気の)半導体

high-powered

(機械などが)高性能の,馬力の強い

(人が)極めて精力的な

engineer

『技師』,技術家

《米》(特に鉄道の)『機関士』

巧みに事を処理する人,手腕家

(陸軍の)工兵;(海軍の)機関士官

(技師として)…‘を'設計する,建設する

…‘を'巧みに処理する,工作する

pick

(入念に)…‘を'『選ぶ』,選び取る

〈草花・果実など〉‘を'『摘む』,もぐ

〈鳥など〉‘の'羽をむしる;(…から)…‘を'むしる《+『名』+『from』+『名』》

(とがった物で)…‘を'つつく,つついて穴をあける《+『名』+『with』+『名』》

〈鳥などが〉〈えさ〉‘を'つつく,つついて食べる

〈争いなど〉‘を'しかける;(人に)〈口論など〉‘を'ふっかける《+『名』+『with』+『名』〈人〉》

(針金などで)〈錠〉‘を'こじあける

〈ポケット・さいふなど〉‘の'中身をすり取る

〈弦楽器・弦〉‘を'指で鳴らす,つまびく

入念に選ぶ

〈鳥が〉えさをつつく;(食浴がなくて)〈人が〉(…を)少しずつ食べる《+『at』+『名』》

〈U〉(…の)選択(choice),(…を)選ぶこと(権利)《+『of』+『名』》

〈C〉(…から)選択された人(物);《the~》(…から)選ばれた最上の人(物)《+『of』+『名』》

carbon

『炭素』(化学記号は『C』)

〈C〉炭素棒

〈C〉《時に〈U〉》=carbon paper

grab

…‘を'『ぎゅっとつかむ』,ひったくる・(…を)ひっつかむ《+『at』+『名』》;(…に)さっと手を伸ばす《+『for』+『名』》・不意{ふい}につかむ・取り込む・横取りする・逮捕{たいほ}する・(人の心)をとらえる・,〈人に〉強い印象を与える・を軽く飲み[食い]する・》〈...を〉大急ぎで取る[利用する]・ひっつかみ・ひったくり

electrode

電極

wire

〈U〉〈C〉『針金』,金属線

〈C〉『電線』,ケーブル;金網

《おもに米》〈U〉〈C〉『電報』(telegram)

…‘を'『針金で結ぶ』《+名+together》

(…のために)〈家など〉‘に'電線を取り付ける《+名+for+名》

〈人〉‘に'『電報を打つ』

(…に…を求めて)電報を打つ《+to+名+for+名》

itself

《強意用法》《名詞と同格に用いて》『それ自身』,『それ自体』,そのもの

《再帰用法》《動詞・前置詞の目的語として》『それ自身を』(『に』),それ自体を(に)

current

『通用している』,流通している,一般に行われている

『今の』,『現在の』

〈C〉(水・空気などの)『流れ』,流動

〈C〉〈U〉電流

〈C〉(…の)『流れ』,『風潮』,動向《+『of』+『名』》

collector

(…の)収集家,採集者《+『of』+『名』》

(…の)集金人,取り立て人;徴税官;(一般に)(…を)集める人《+『of』+『名』》

crummy

みすぼらしい,みじめな

record-breaking

記録破りの,新記録の

bench

『ベンチ』,長いす

〈U〉(職人・技師・科学者の)作業台,実験台,細工台

長くて狭い段丘

《the~》(スポーツの)選手席,ベンチ;《集合的に》補舌選手たち

〈C〉裁判官席;〈U〉裁判官の職(地位)

《集合的に》《the~》裁判官[たち]

〈C〉(英国議会などの)議席

〈選手〉'を'補欠としてベンチに座らせておく

top

〈C〉《the ~》(…の)『いちばん上の部分』,最先端,頂上

〈C〉《the ~》(…の)『最上面』,表面《+of+名》

《the ~》(…の)『最高位』,『首位』;上座《+of+名》

《the ~》(…の)『最高の程度』,頂点《+of+名》

〈C〉《the ~》(びんなどの)ふた,栓;(車の)屋根[カバー],ほろ《+of+名》

〈C〉《複数形で》(根菜の)葉の部分《+of+名》

〈C〉(上下の服の)上

《通例名詞の前にのみ用いて》

『最も高い』,いちばんの

『最上位の』,第一位(一級)の

最高程度の

…‘に'『おおい(ふた)を付ける』

…の頂上にある,頂上をおおう

…‘の'頂上に達する,‘を'登りきる

…‘を'しのぐ,‘に'まさる

<野菜・果実など>‘の'葉の部分を切る(刈り力む)

(ゴルフで)<球>‘の'上をたたく

White House

ホワイトハウス,白亜館(Washington, D.C.にある米国大統領官邸)

ホワイトハウス当局

press conference

記者会見

lighting

照明,点火

照明方法(装置)

LED

light-emitting diode

drive

(…から…へ)〈動物・敵など〉‘を'『追い立てる』,追い払う,追い出す《+『名』+『away』(『out』)『from』+『名』+『to』+『名』》

(…から)…‘を'押しやる,押し流す《+『名』+『off』(『out of』)+『名』》

〈人〉‘を'駆り立てる(force)

〈車・馬車〉‘を'『運転する』,操縦する;〈馬〉‘を'御する

《副詞[句]を伴って》(ある場所へ)〈人〉‘を'車(馬車)で運ぶ(送る)

(…に)〈くい・くぎ・ねじなど〉‘を'打ち込む,差し込む《+『名』+『in』(『into, through』)+『名』》

〈人〉‘を'酷使する

〈商売・取引など〉‘を'活発に行う,強力に進める

(…に)〈トンネルなど〉‘を'掘る,通す《+『名』+『through』+『名』》

〈動力が〉〈機械など〉‘を'運転する,動かす

『車を運転する』

《副詞[句]を伴って》車で行く,ドライブする

〈車・船などが〉(…に)突進する;〈雨・風が〉(…に)激しく吹きつける《+『against』(『into』)+『名』》

〈C〉(馬車・自動車などに)乗って行くこと,遠乗り,『ドライブ』

〈U〉(馬車・自動車で行く)道のり,行程

〈C〉(特に邸内・公園内の)車道

〈U〉〈C〉(自動車などの)駆動装置

〈C〉(目的達成のための)組織的活動,運動

〈U〉元気,迫力,精力

〈U〉突進;(軍隊の)猛攻撃

〈C〉(心理的な)動因,本能的要求

〈U〉〈C〉(ゴルフ・テニスなどの)強打

〈C〉(家畜などを)追い立てること

amplification

拡大,拡張,増大

(電気の)増幅;(レンズの)倍率

catalysis

(化学反応の)触媒現象,触媒作用

splitting

(頭痛などが)割れるような

molecule

分子《略》『mol』)

(一般に)(…の)微量《+『of』+『名』》

line

『線』,筋,けい

(色・縫い目などの)『線』,しま;(顔・手などの)しわ(wrinkle)

(物・人の)『列』,行列(row)

『綱』,糸,針金

電線,電話線,電信線

(文章の)『行』;(詩の)『行』

《しばしばa~》《話》『短い手紙』(note)

《複数形で》輪郭,外形(outline)

境界線(boundary);限界,限度(limit)

(鉄道・バスなどの)路線;航路,空路

《複数形で》せりふ

進路,道順(course);(考えなどの)筋道,方針

《しばしばone's~》(活動の)分野,方面;特意

家系,血統,血筋

在庫商品,仕入れ品

導管,パイプライン

《しばしば複数形で》戦線,防御線

…‘に'『線を引く』,筋(しま,しわ)をつける

…‘に'『沿って並ぶ;』(…を)…‘に'沿って並べる《+『名』+『with』+『名』》

surface

(物の)表面,外面;水面

《比喩的に》『うわべ』,見かけ

『表面(水面)の,』表面(水面)に関する

《比喩的に》『うわべだけの,』見かけだけの

陸(水)上輸送の

(沈んでいたものが)表面に浮上する;《話》《おどけて》(寝ていた人が)起きる

(…で)…‘に'表面をつける,〈道路〉‘を'舗装する《+名+with+名》

act

『行い』,『行為』

《しばしばA-》法令,条令

《しばしばA-》(芝居の1つの)『幕』;(演芸などの)出し物の一つ

(見せかけの)お芝居,演技

『行動する』,行う

《様態を表す副詞[句]を伴って》わざとふるまう,見せかける

〈人・物が〉(…として)動く,役割をはたす《+『as』+『名』》

〈薬が〉『作用する』,きく

舞台に立つ,出演する

〈…の役〉'を'『演ずる』;〈劇〉'を'上演する

…‘に'ふさわしくふるまう

…‘に'見せかける,‘の'ふりをする

antenna

(虫などの)触角

《特に米》(ラジオ・テレビなどの)アンテナ(aerial)

transfer

(…から…へ)〈人・物〉‘を'『移す』,移転させる,乗り換えさせる《+名〈人・物〉+from+名+to+名》

(…から…へ)〈権利・財産など〉‘を'譲り渡す,移転する《+名〈権利・財産〉+from+名+to+名》

〈絵画・デザインなど〉‘を'写す,転写する

〈人が〉(ある人・場所から他の人・場所などへ)『移る』,移される;転任する,転任させられる《+from+名+to+名》

(…から…へ)列車(バスなど)を乗り換える《+from+名+to+名》

〈U〉〈C〉(…を)『移すこと』,(…が)移転されること《+of+名》;転任,転校

〈C〉移る人(物),移される人(物);転校生,転任者

〈C〉乗り換え切符

〈C〉乗り換え場所

〈C〉写し絵

gene

遺伝子

inorganic

無生物の

無機の

split

…‘を'『縦に割る』,裂く

…‘を'分割する,ばらばらに分ける

〈利益など〉‘を'『分配する』,分け合う;〈費用など〉‘を'分担する《+『up』+『名』,+『名』+『up』》

『割れる』,裂ける

『壊れる』,砕ける,破裂する;(部分などに)分かれる,分裂する《+『up』》;(…と)けんかする《+『with』+『名』》

(急いで)去る,帰る(leave);姿を消す

(…の)割れ(裂け)目;ひび《+『in』+『名』》

仲間割れ,分裂

分け前

《しばしば複数形で》(曲芸などの)大股(おおまた)開き

(ボーリングで)スプリット(残ったピンが離れていてスペア(spare)を取りにくい形になること)

《話》(ソーダ・アルコール飲料などの)小びん

(縦に)裂けた,割れた

分裂した,分割された

oxygen

『酸素』(化学記号はO)

hydrogen

『水素』(化学記号は『H』)

fuel

〈U〉『燃料』;〈C〉(特定の種類の)燃料

〈U〉(感情などを)たきつけるもの《+『to』(『for』)+『名』》

〈炉・船など〉‘に'燃料を供給する

〈船・飛行機などが〉燃料を補給する《+『up』》

promise

〈C〉『約束』,誓い

〈U〉(…の)有望さ,見込み《+『of+名』》

〈U〉(…の)気配,きざし《+『of+名』》

〈物事〉‘を'『約束する』

…‘の'『見込みがある』,おそれがある

《話》《Iを主語にして》〈人〉‘に'断言する,保証する,警告する

約束する

《状態の副詞を伴って》(…の)見込み(望み)がある

shine

『光る,輝く』,樋り

(…で)〈目・霞などが〉生き生きとする,明るく輝く《『with』+『名』》

(…のことで)光る,きわだつ《+『in』+『名』》

(…に)…‘の'『光を向ける』,(…を)…‘で'照らす《+『名』+『on』+『名』》

〈靴・銀器など〉‘を'『みがいて光らせる』

《時にa~》『光』,花き

《しばしばa~》靴をみがくこと

日光;好天気

light

〈U〉『光,光線』;明るさ

〈U〉夜明け;日中;日光

〈C〉『明かり』(太陽・灯火など光を出すもの)

〈U〉《時にa~》光輝(brightness),(目などの)輝き

〈C〉(点火するための)火,火花

〈C〉明かり採り,採光窓

〈C〉《通例単数形で》(絵などの)明るい部分

〈U〉(…についての)知識,情報,理解《+『on』+『名』》

〈C〉(ものを見る)観点,見地;相

〈C〉この世に光を与える人;指導的な人物

…‘に'『火をつける』《+『up』+『名』+『名』+『up』》

…‘に'『明かりをつける』,‘を'照らす《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈人〉‘を'明かりをつけて案内する

〈表情など〉‘を'明るくする《+『up』+『名,』+『名』+『up』》

〈物が〉火がつく,点火する;明かりがつく《+『up』》

明るくなる,晴れ晴れする《+『up』》

『明るい』

(色が)『薄い』

bubble

〈C〉『あわ』,あぶく

〈U〉あわ立ち,あわ立ちの音

〈C〉(すぐ消える)あわのようなこと

〈C〉『シャボン玉』

『あわ立つ』

ぶくぶくと音を立てる,あわ立って流れる

〈特に女性が〉気持をわかす,はしゃぐ《+『over』》

control

〈U〉(…に対する)『統制』,抑制,制御《+『over』(『of』+『名』)

〈C〉《複数形で》(…を)統整する手段,統御法《+『on』(『over』)+『名』》

〈U〉(…を)『抑制する力』,(…の)統整力,支配力《+『over』(『of』)+『名』》

《複数形で》《単数扱い》(機械の)操縦装置

〈C〉(実験結果の)照査基準

…'を'『支配する』,統御する,管理する,監督する

〈感情など〉'を'『抑制する』,抑える

…'を'照らし合わせて調べる,照査する

multiple

多数の部分(要素)から成る,複合の,複式の

倍数

improve

…‘を'『もっとよくする』,改良する,改善する

〈時間・機会など〉‘を'『利用する』

(…の点で)『よくなる』,りっぱになる,上達する(become better)《+『in』+『名』》

device

『工夫』,『案』;《しばしば複数形で》策略

(…の)『考案物』;装置,仕掛け《+『for』+『名』(do『ing』)》

(紋章などの)図案,意匠

(文学的効果を上げるための)工夫された表現

performance

〈U〉(…の)『遂行』,実行,履行《+『of』+『名』》

〈C〉(劇・音楽などの)『公演』,上演,演奏《+『of』+『名』》

〈C〉〈U〉(人の)腕前;(機械の)性能

〈C〉(…の)(すぐれた)成果,業績《+『of』+『名』》

titanium

チタン,チタニウム(金属元素;化学記号は Ti)

dioxide

二酸化物

electron

『電子』,エレクトロン

engineering

『工学』

土木工事

efficiency

『能率』,(仕事をする)『能力』

(機械の)『効率』

record

〈C〉(…の)『記録』,(…を)記録すること《+『of』(『about』)+『名』(『wh-節』)》

〈C〉公文書;公判記録;(昔の)遺物

〈C〉(個人・団体の)『経歴』;業績;成績

〈C〉(スポーツなどの)『最高記録』,レコード

(また『disc』)〈C〉音盤,レコード

記録的な

(文書・写真などに)…‘を'『記録する』

〈計器などが〉|‘を'示す

〈音〉‘を'テープ(レコード)に吹き込む

〈作品など〉‘を'録音する

number

〈U〉〈C〉(数えて得られる)『数,数量』

〈C〉(概念としての)『数,数字』

〈C〉『番号』

〈C〉(演奏会や演劇の)番組,出し物;曲目

〈C〉(雑誌の)号

〈U〉(文法で)数(すう)

《複数形で》数の上の優勢

《複数形で》算数

〈C〉《単数形で》《話》(商品としての)洋服の1点;商品,売り物

〈C〉《単随形で》《俗》女の子

…‘を'数える

(…の中に,…として)…‘を'含める,加える《+『among』(『with, as』)+『名』》

…‘に'番号をつける

…‘の'数となる

《しばしば受動態で》…‘の'数を制限する

総計(…に)なる《+『in』+『名』〈数〉》

type

〈C〉(…の)『型』,タイプ,類型,種類(kind)《+of+名》

〈C〉(その種類の特質を最もよく表している)『典型』,手本,模範《+of+名》

〈U〉《集合的に》活字;〈C〉(1個の)活字

〈U〉(印刷された)字体,活字

〈C〉(貨幣・メダルなどの)模様,図柄

〈C〉血液型(blood group)

…‘を'タイプに打つ

(…として)…‘を'分類する《+名+as+名(doing)》

…‘の'型を決める

タイプライターを打つ

system

〈C〉(関連した部分から成る)『体系』,系統,組織[網],装置

〈C〉(教育・政治などの)『制度』,機構;《the~》体制

〈C〉(思想・学問などの)『体系』,学説

〈C〉(…の)『方法』,方式,やり方《+of doing》

〈U〉正しい方針(筋道,順序)

〈U〉《the~》(身体の)組織,系統

〈U〉《the~,one's~》身体,全身

outside

『外側』,外部,外面

『外側の』,外部の

外部からの

ごくわずかな,万が一の

最大限の

『外側に』,外へ)に,で)

…『を外に』)『で』,『の』)

…の畔囲を越えて

《おもに米》…以外には

step

『一歩』,歩み;一歩の距離,歩幅;短い距離

(階段・はしごの)『段』,踏み段;《複数形で》『階段』

(目的・目標への)『一歩』,一段階《+『to』(『toward』)+『名』》

足音

足跡

『歩調』,足取り;(ダンスの)ステップ

(目標に近づく)『手段』,方法,処置

階級,昇級

(音楽で)音程

(温度計などの)目盛り

《方向を表す副詞[句]を伴って》(…の方へ)『歩む』,一歩踏み出す,行く

(…を)踏みつける《+『on』+『名』》

〈足〉‘を'踏み出す;〈ダンス〉‘の'ステップを踏む

…‘を'歩測する《+『off』(『out』)+『名』,+『名』+『off』(『out』)》

〈段〉‘を'切り込む

whether

《名詞節(句)を導いて》…『かどうか』[ということ];『…かそれとも…か』

《whether…or…の形で,譲歩の副詞節(句)を導いて》『…であろうと…であろうと』,…にせよ…にせよ[いずれにしても]

いずれにしても,ともかく(in any case);どうしても

advantage

〈C〉(…に対する)『有利な立場』,利点,優位《+『over』+『名』》

〈U〉利益,便宜,好都合

(またvantage)〈C〉(テニスで)アドバンテージ(ジュースのあとの最初の得点)

…‘に'利益をもたらす

making

〈U〉作ること,でき上がること;(…の)製造《+『of』+『名』》

〈U〉《the~》(人を)成功(進歩)させる原因《+『of』+『名』〈人〉》

《the makings》(…の)適性,素資;(…の)材料,原料《+『of』+『名』》

関連動画